MORITA, Yusuke

写真a

Affiliation

Faculty of Human Sciences, School of Human Sciences

Job title

Professor

Concurrent Post 【 display / non-display

  • Faculty of Human Sciences   Graduate School of Human Sciences

  • Faculty of Education and Integrated Arts and Sciences   School of Education

Education 【 display / non-display

  • 1996.04
    -
    1999.09

    Tokyo Institute of Technology   Graduate School of Decision Science and Technology   Department of Human System Sciences  

    Educational Technology

  • 1996
    -
    1999

    Tokyo Institute of Technology   Graduate School of Decision Science and Technology   Department of Human System Science  

  • 1993.04
    -
    1995.03

    Tokyo Gakugei University   Graduate School of Education   Science Education  

  • 1989.04
    -
    1993.03

    Tokyo Gakugei University   Faculty of Education   Department of Science Education  

Degree 【 display / non-display

  • Tokyo Institute of Technology   Ph.D.

Research Experience 【 display / non-display

  • 2020.04
    -
    Now

    Waseda University   Faculty of Human Sciences   Professor

  • 2007.04
    -
    2020.03

    Waseda University   Faculty of Human Sciences   Associate Professor

  • 2014.03
    -
    2015.03

    Massachusetts Institute of Technology   Visiting Researcher

  • 2004.04
    -
    2007.03

    Associate Prof, Nagasaki University

  • 2004.11
    -
    2005.09

    Visiting Scholar, University of Texas at Austin

display all >>

Professional Memberships 【 display / non-display

  •  
     
     

    Society of Japan Science Teaching

  •  
     
     

    Japanese Cognitive Science Society

  •  
     
     

    Japan Society for Infomation and Systems in Education

  •  
     
     

    The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers

  •  
     
     

    Association for the Advancement of Computing in Education

display all >>

 

Research Areas 【 display / non-display

  • Science education

  • Educational technology

Research Interests 【 display / non-display

  • Educational Technology, Science Education

Papers 【 display / non-display

  • Trends in Practices of STEM / STEAM Education on Research in Science Education

    MARUYAMA Masaki, MORITA Yusuke

    Proceedings of the Annual Meeting of Japan Society for Science Education   44   289 - 292  2020

    DOI CiNii

  • Practical Study on STEM Education for School Teacher Training Course Students

    MARUYAMA Masaki, NAGAHAMA Toru, KITAZAWA Takeshi, SETOZAKI Norio, MORITA Yusuke

    JSSE Research Report   34 ( 3 ) 303 - 308  2019

    DOI CiNii

  • Assessing Allocation of Attention to High-speed Educational Videos with P300 Elicited by Vibratory Probe Stimuli

    Toru NAGAHAMA, Yuta NATORI, Naoto IWATSUKI, Issaku KAWASHIMA, Yusuke MORITA, Keiko MOMOSE

    Japan Journal of Educational Technology   42 ( Suppl ) 41 - 44  2018.12  [Refereed]

    Authorship:Corresponding author

    DOI

  • Effects Analysis of High Speed Educational Videos: Focusing on Student’s Learning Styles and Dual Channel Model

    Toru Nagahama, Yusuke Morita

      41 ( 4 ) 345 - 362  2018.04  [Refereed]

    Authorship:Last author, Corresponding author

  • Effects of Teaching Skills by Using ICT of Teacher Training Course Students According to Timing of Experiential Learning about ICT Utilization in Education

    北澤 武, 瀬戸崎 典夫, 森田 裕介, 福本 徹

    Educational Information Research   34 ( 1 ) 3 - 16  2018  [Refereed]

    Authorship:Corresponding author

     View Summary

    In this research, we focused on teaching skills using ICT of teacher training university students. They directly experienced to use ICT that they had not use in a class. We analyzed not only their recognition about teaching skills using ICT but also their understanding and motivation towards teaching with ICT, in terms of the difference of ICT direct experience between early and latter period of the classes. From the results, in the group who conducted the ICT direct experience in the 14th class, a few items improved after the final class. In addition, we found that their recognition about "C-3: in a way that is easy to understand, I teach children how to express their ideas and give presentations using computers and presentation software" that was the teachers' ICT instruction capabilities checklist item had a correlation to their recognition about "I can teach students using ICT considering the scenes of learning (simultaneous learning, individual learning and collaborative learning)." On the other hand, in the group who conducted the ICT direct experiences in the 4th class, their recognition about "B) ability to use ICT in class" and "C) ability to teach children how to use ICT" of the teachers' ICT instruction capabilities checklist categories were increased. In addition, we found that the categories had a correlation to "I understood the way of teach that students ICT using."

    DOI CiNii J-GLOBAL

display all >>

Books and Other Publications 【 display / non-display

  • 教育工学選書 教育工学研究の方法「教育システム・ツールの開発」

    森田裕介, 清水康敬, 中山実, 向後千春

    ミネルヴァ書房  2012.12

  • 教育心理学のエチュード「情報:情報教育と情報通信技術を活用した教育」

    森田裕介

    川島書店  2012.06

  • CD-ROM版 中学校理科教育実践講座(理論編3「自然事象についての知識・理解の評価」

    森田裕介

    2003

  • 情報教育重要語300の基礎知識「適性処遇交互作用」

    森田裕介

    明治図書  2001

  • 情報教育重要語300の基礎知識「映像メディア」

    森田裕介

    明治図書  2001

Misc 【 display / non-display

  • Small Private Online Courses (SPOC)の近年の動向

    石井雄隆, 森田裕介

    日本教育工学会 SIG-05 ゲーム学習・オープンエデュケーション レポート2018     26 - 27  2018.09  [Invited]

    Internal/External technical report, pre-print, etc.  

  • グローバルMOOCにおける修了率と動画再生ログの分析

    石井雄隆, アダムゴードン, 平賀純, 永間広宣, 森田裕介, 山名早人

    日本教育工学会研究報告集   17 ( 5 ) 151 - 154  2017.12

    Rapid communication, short report, research note, etc. (scientific journal)  

  • 実践共同体の形成を目指したファカルティデベロップメントのデザインと実践

    森田裕介, 山岸直司, 石井雄隆, 渡邉文枝

    日本教育工学会第33回全国大会予稿集     15 - 16  2017.09

    Research paper, summary (national, other academic conference)  

display all >>

Awards 【 display / non-display

  • Best Paper Award

    2017.09   Japan Society for Educational Technology   Development and Evaluation of the Usefulness of Collaborative Learning on the Tangible AR Learning Equipment for Astronomy Education

    Winner: Norio Setozaki, Kohei Suzuki, Tsutomu Iwasaki, Yusuke Morita

  • Best Poster Design Award

    2013.11   Asia-Pacific Society for Computers in Education   Evaluation of AR Learning Equipment for Astronomy Education

    Winner: Norio Setozaki, Tsutomu Iwasaki, Yusuke Morita

  • AACE Outstanding Poster Award (ED-MEDIA 2010)

    2010.06  

  • JSSE Outstanding Presentation Award

    2009.08  

  • AACE Outstanding Poster Award (ED-MEDIA 2004)

    2004.06  

display all >>

Research Projects 【 display / non-display

  • 探究と課題解決・デザイン活動を融合したSTEAM教育カリキュラムの構築と評価

    Project Year :

    2020.04
    -
    2025.03
     

     View Summary

    本研究課題では,探究と課題解決・デザイン活動を融合したSTEAM教育カリキュラムの考案,ならびに,STEAM教育教材の開発を行う.そして,DBR(Design Based Research)による実践授業と評価を行う.考案するSTEAM教育カリキュラムは,幼稚園,小学校,中学校,高校,高等専門学校,大学を対象とし,教科横断型でかつ文理融合的に統合した学びのフレームワークである.「探究型」の学びである理数系(理学系)科目,「課題解決型」の学びである技術・情報系(工学部系)科目,「デザイン型」の学びであるアート・ものづくり系(芸術系)科目を融合し,STEAM教育プログラムの事例を作成する

  • ウェアラブル生体情報測定機器を用いた学習者の状態・特性把握手法の開発

    Project Year :

    2020.04
    -
    2023.03
     

     View Summary

    生体計測を用いた教育評価には,意欲や関心,態度といった情意領域における評価を可能にするだけでなく,授業期間内の時系列的評価など,多くのアドバンテージがある。本研究では,デジタルファブリケーション技術やIoT(Internet of Things)技術を組み合わせ,現場で運用しやすい計測器を作成し計測環境を再デザインすることで,計測に伴う物的・人的コストを大幅に削減し,実際の授業場面における大規模測定を可能にする。また,授業参加者から得られた生体反応(心拍数,発汗)の解釈に,様々な生理心理学的知見を適用することで,学習者の状態・特性の把握を可能にし,授業評価の客観性・教育効率の向上を目指す

  • 共感性を創出する没入型タンジブル平和学習システムの開発

    Project Year :

    2020.04
    -
    2023.03
     

     View Summary

    本研究は,仮想オブジェクトと物理オブジェクトをシームレスに連動させた相互作用を提供するタンジブル操作によって,創作活動を取り入れた没入型タンジブル平和学習システムを開発し,原爆被害に対する共感性創出について評価する.本システムは,原爆投下前の建物を3Dプリンタで出力した実物模型を入力インタフェースとする.さらに,原爆投下前の街並みを再現することでVR環境にも同様の街並みが構築される仕組みを設ける.学習者は,VRセットを用いて自らが構築したVR環境を探索しながら学習することができる.さらに,中学生・高校生を対象とした定量的かつ定性的評価を行うことで,原爆被害に対する共感性創出について評価する

  • Establishment of Monitoring Method for Learning Activities by Measuring Biometric Information toward Supporting Adaptive Learning

    Project Year :

    2018.06
    -
    2020.03
     

  • Online learning platform for massive and diverse learners

    Project Year :

    2017.04
    -
    2020.03
     

display all >>

Specific Research 【 display / non-display

  • SPOCを用いた反転型ファカルティデベロップメント研修の実践と評価

    2019  

     View Summary

    本課題は,SPOC(Small Private Online Course)を用いた反転型ファカルティデベロップメント(FD)研修を導入し,その効果を明らかにすることを目的とした.早稲田大学大学総合研究センター(CTLT)と,米国ワシントン大学CTLは,2017年度に協働でSPOCを開発した.そして,2018年度海外FD研修から,事前に参加者に視聴させてから研修を行う形式を導入した.2019年度は,SPOCの長さを改善し,同様に実施した.実験においては,作成した動画のオリジナルについて,内容がひとまとまりになるよう10分程度に分割し,提示した.分割にあたっては,動画編集等の作業を行なった.視聴後のアンケート調査の結果から,コンテンツを分割することによって,視聴しやすさなどの主観評価の得点が向上した.また,事後に行った米国ワシントン大学での海外FD研修において,参加者の事前学習が効果的であるという意見をいただいた.

  • アクティブラーニングにおける最適なグループ構成手法の提案

    2018   長濱澄

     View Summary

    本研究では,学習者の特性を考慮したグループ構成を行い,段階的に議論参加できるよう工夫する授業支援方法の提案を目的とした.対面授業では,教員による解説,議論,発表が含まれていた.提案は次の三段階で支援することである.まず,学習者特性(活動的学習者,内省的学習者)を確認する.次に,授業におけるグループ構成を15コマの授業の中で段階的に行っていく.特に,内省的学習者については,序盤では同じ学習スタイルの学習者でグループを構成し,議論に慣れさせる必要がある.最後に,授業後半において,発表機会が少なかった学習者に発表を促すよう指示をする.提案した授業デザインの効果を多角的に検証することが今後の課題である.

  • ウエアラブルデバイスを用いた生体情報計測による学習活動のモニタリング手法の開発

    2017   長濱澄, 宮西祐香子

     View Summary

    本研究では,ウエアラブルデバイスを用いて生体情報計測を行い、学習活動をモニタリングする方法を提案した。大学生9名を対象に、動画視聴(安静期)と課題遂行(課題期)を実施し、それぞれの場面における指尖容積脈波を測定した。また、主観評価質問紙を用いて、実験時の主観的な感情状態を回答させた。ストレス指標と主観評価質問紙との関連性について重回帰分析を行なった結果、主観評価質問紙で測定した項目のうち、理解度項目と疲労度項目において、ストレス指標値を推定できることが示唆された。主観的に十分に理解できない状況で、主観的に疲労を感じているときに、もっとも被験者のストレス指標値が高くなることが明らかになった。

  • ロボットを介した遠隔学習における学習者への効果的なフィードバックに関する検討

    2016   岸磨貴子, 長濱澄

     View Summary

     本研究では,大学生28 名を対象とし,社会的存在感の観点から研究を行った.まず,大学生間で分身ロボットを操作して会話を行ったグループ14 名(統制群)と,特別支援学校の生徒が操作した分身ロボットと会話を行ったグループ14 名(実験群)に分けた.次に,分身ロボットの印象や評価を検討するための実験を行った.その結果,「発話者(生徒)に親しみを感じた」,「分身ロボットの動きの意図は理解できた」,「特別支援教育に興味を持った」という質問の回答には,有意な差があった.以上のことから,特別支援学校の生徒が分身ロボットを操作したほうが,効果的なコミュニケーションとなることが明らかになった.

  • 大学教育の改善を目的としたアクティブラーニングに関する基礎研究

    2015  

     View Summary

    本研究課題では,学習者の特性とアクティブラーニングとの関連性について分析を行った.申請者が担当している授業「教育工学」ならびに「情報メディア教育論」は,反転授業(Flipped Class)で実施されている.反転授業とは,オンデマンド授業を自宅で視聴し,大学においてグループディスカッションとプレゼンテーションを行う授業の形態である. まず,Felder’s ILS (Index of Learning Styles) を用いて,学習者特性のひとつである活動(Active)-内省(Reflective)指標についてデータを収集した.次に,活動的な学習者と,内省的な学習者のグループを意図的に構成し,ディスカッション時における活動との関連性を分析した.その結果,学習者の特性によって,ディスカッションのプロセスに相違があることが明らかとなった.

display all >>

Overseas Activities 【 display / non-display

  • 情報メディアを活用した次世代教育の展望

    2014.03
    -
    2015.03

    米国   マサチューセッツ工科大学

 

Syllabus 【 display / non-display

display all >>

 

Committee Memberships 【 display / non-display

  • 2016.07
    -
    Now

    Japan Society for Educational Technology  Exective Board Member

  • 2015.09
    -
    2018.08

    Japan Society for Science Education  executive board members

  • 2015.09
    -
    2018.08

    日本科学教育学会  理事

  • 2017.06
    -
     

    Japan Broadcasting Corporation  Committee of High School Online Education

  • 2017.06
    -
     

    日本放送協会  高校通信教育委員会委員

display all >>