KASHIWAGI, Masayuki

写真a

Affiliation

Faculty of Human Sciences, School of Human Sciences

Job title

Professor

Concurrent Post 【 display / non-display

  • Faculty of Human Sciences   Graduate School of Human Sciences

  • Affiliated organization   Global Education Center

Education 【 display / non-display

  •  
    -
    1988

    University of Tokyo   Graduate School, Division of Agricultural Science   Agricurtural Economics  

  •  
    -
    1984

    University of Tokyo   Graduate School, Division of Agricultural Science   Agricultural Economics  

  •  
    -
    1982

    Hokkaido University   Faculty of Agriculture   Department of Agriculture  

Degree 【 display / non-display

  • Unoversity of Tokyo   PhD

Research Experience 【 display / non-display

  • 2004
    -
    2011

    Iwate University   Faculty of Agriculture

  • 2002
    -
    2009

    東京農工大学農学部 非常勤講師

  • 2007
    -
    2008

    茨城大学大学院 非常勤講師

  • 2007
    -
    2008

    Ibaraki University

  • 2003
    -
    2007

    Tokyo University of Agriculture and Tecnology, Graduate School (Professor)

display all >>

Professional Memberships 【 display / non-display

  •  
     
     

    The Association for Kyosei Studies

  •  
     
     

    The Association of Rural Planning

  •  
     
     

    The Association of Rural Planning

  •  
     
     

    日本農業経営学会

  •  
     
     

    The Farm Management of Japan

display all >>

 

Research Interests 【 display / non-display

  • Environmental Economics

Papers 【 display / non-display

  • 農地の借り手市場下における集落営農法人の経営展開と地域営農再編

    呉鳶・柏 雅之

    農業経営研究   54 ( 3 ) 31 - 36  2016.12  [Refereed]

  • 農山村地域における日本型社会的企業の意義と政策課題

    柏 雅之

    共生社会システム研究   54 ( 3 ) 1 - 24  2016.06  [Invited]

  • 中山間地域の広域集落営農取組みからみる諸生産要素の再配分―個別大規模稲作経営と集落営農法人との連携を中心に―

    呉鳶・柏 雅之

    農業経営研究   53 ( 4 ) 25 - 30  2016.03  [Refereed]

  • 社会的企業の役割-農業・農村領域におけるイギリスと日本との比較研究-

    フードシステム研究   20 ( 2 ) 155 - 163  2013  [Invited]

  • 単一支払制度の受給権取引と農業構造の変化―EUの「先端」をゆくイングランドのケース―

        37 - 52  2011

display all >>

Books and Other Publications 【 display / non-display

  • 国際化時代の農業と農政Ⅱ(戦後日本の食料・農業・農村)

    柏 雅之, 梶井功, 生源寺眞一, 矢口芳生編集( Part: Contributor)

    農林統計協会  2017.09 ISBN: 9784541041470

     View Summary

    条件不利地域問題と地域立法について分析

  • 共生社会Ⅱー共生社会をつくるー

    柏 雅之, 古沢広祐, 津谷好人, 岡野一郎編( Part: Contributor)

    農林統計出版  2016.09 ISBN: 9784897323503

  • フードチェーンと地域再生

    柏 雅之, 斎, 佐藤和憲編( Part: Contributor)

    農林統計出版  2014.07

  • 再生可能資源と役立つ市場取引

    柏 雅之( Part: Contributor)

    御茶の水書房  2014.03 ISBN: 9784275010674

     View Summary

    EUにおける直接支払制度の受給権取引と農業構造問題に関して、イングランドとスコ
    ットランドでの単一支払制度の権利取引に焦点を当てて比較分析した。

  • 戦後日本の食料・農業・農村・第15巻(地域農業と自治体農政)

    柏 雅之( Part: Contributor)

    農林統計協会  2012.10

display all >>

Misc 【 display / non-display

  • 単一支払制度の受給権取引と農業構造の変化―EUの「先端」をゆくイングランドのケース―

    柏 雅之

    農林水産政策研究所委託研究「権利取引の農林水産業への適用可能性に関する法経済学的視点からの分析」(堀口健治研究総括)研究報告書     37 - 52  2011

  • 条件不利地域直接支払政策と農業再建の論理―堡塁としての社会的企業と新たな公民連携システム―

    柏 雅之

    農業法研究   46   8 - 30  2011

  • 社会的企業と農村—欧州・イギリスでの展開から学びえるもの—

    柏 雅之

    農村計画学会誌   Vol.29,No.1   3 - 6  2010.06  [Refereed]  [Invited]

  • イギリスの農村・農業領域における社会的企業の展開と課題

    柏 雅之

    生活経済政策   149   35 - 41  2009

  • 中山間地域等直接支払政策の戦略的運用問題―人口的限界への対応方向―

    柏 雅之

    日本経済団体連合会・21世紀政策研究所プロジェクト研究報告書     57 - 70  2009

display all >>

Awards 【 display / non-display

  • a special award of Association of Rural Planning

    2003.04  

  • A special award of Japanese Society of Agricultural Economics

    2003.03  

  • A special award of the Japanese Society of Agricultural Economics

    1996.03  

Research Projects 【 display / non-display

  • 中山間地域における農業資源管理の広域的担い手システムに関する研究

    Project Year :

    2019.04
    -
    2023.03
     

     View Summary

    中山間地域農業は貴重かつ多大な多面的機能を有するにもかかわらず、過疎・高齢化によってその存続が危殆に瀕しつつある。本研究では、中山間地域営農・資源管理の新たな担い手システムのあり方を解明する。そこでのポイントは、従来の正攻法とされてきた集落営農方式の新たな展開動向の意義と限界を明らかにするなかで、旧村や戦後合併市町村域を活動エリアとする広域経営法人をコアとする広域経営システムの意義と経営的・政策的諸課題を解明することである。また本研究では、広域経営法人を日本農山村型の社会的企業と考え、これと政府との連携システムの意義と課題とを欧州との比較研究を通して明らかにしていく。新潟県の中山間地域である上越地域、中魚沼地域などの広域経営法人の実態調査を行った。そこでは既存あるいは新設の集落営農法人との役割分担関係や、作業管理システムのイノベーションについて着目した聞き取り調査を行った。そこでは、標高差を利活用した作業適期の拡大延長が中山間地域における条件不利な水田耕作の規模拡大にどのおように寄与しえるかについて検討した。田植や稲刈の集落単位の作業順番に関しては、標高差や気温のみならず、水系や栽培方法(有機・特栽米など)などの要素も関連することが明らかとなった。過疎化衰退地域である北海道利尻地域における野生動物(うみねこ)と漁業との調査した地域振興方式に関する実態調査を行った。丹後の中山間地域における水田保全方式に関する聞取り調査や伝統産業とリンクした地域再生のあり方を検討した。広島県中山間地域における広域経営法人の新たな展開動向について実態分析した。従来のは、広域内の集落営農と連携しながら広域単位での最適解を模索することが広域経営法人によってなされてきた。しかし東広島市の一部では、より広域内での最適解を模索する動きがみられるようになった。旧村や小学校区などを単位に営農活動を担う広域経営法人をいくつか束ね、それら広域経営法人を連携法人としてマネジメント対象の傘下におき、それらを包括しながらより広域単位で地域マネジメントを行い、機械コストの節減や広域地域間での標高差を活かした作業連携システムなどの模索がなされ始めている。こうした動向を調査分析した。国内の中山間地域を対象とした調査はおおむね順調に進展した。しかし、3月に予定していたイギリスにおける農村ガバナンスや条件不利地域政策に関する調査は、新型コロナウイルス問題のため、出発直前に中止に追い込まれた。2020年度は国内においても5月末まで非常事態宣言が出されようとしており(5月4日現在)、それ以後もどの程度現場の農山村地域で調査できるかが不透明である。また2019年度は断念したイギリス調査も2020年度末に実施できるかについてもきわめて不透明である。こうしたコロナウイルス問題の影響を除けば、順調に研究は進捗すると考えられる。新型コロナウイルスに関する非常事態宣言解除後の社会情勢をよく見分けながら、秋あたり以降をめどに農山村の実態調査を実施できることを願っている。実態調査が困難な場合は、過疎化による集落機能脆弱化が集落営農の新設や維持にどのような影響をもたらしているかの統計解析なども企画している

  • Extended-area Farming corporations in Hilly and Mountainous Areas: Implications and Future Policy Issues

    Project Year :

    2014.04
    -
    2018.03
     

     View Summary

    Hilly and Mountainous areas in Japan have been faced with a shrink of rural communities and a rapid increase of farmland abandonment due to a drastic declining and aging population. Such problems threaten huge and precious multi-functionalities of agriculture in the areas. In this research, I elucidated the configuration of new Extended-area Farming Corporation(EFC) responsible for fairly farming of large areas which have been emerged due to limits of conventional Community-based Farming Corporation. EFC was reexamined in the context of social enterprises of Japanese rural areas

  • Configurations and growing strategy of community management agencies for reconstruction of local farming systems in Less-Favoured Areas

    Project Year :

    2011.04
    -
    2014.03
     

     View Summary

    In this research I explicated the configuration(field work)of new community management agencies responsible for fairly large regions in Japan's Less Favoured Areas(LFAs), and revealed the strategic significance of direct payment to these agencies for the purpose of regenerating farming systems in theses regions. While treating such field work as a social enterprise in LFAs, I suggested a new significance for public-private partnership.In each of the various examples cited in this research, "stopper" agencies and systems for preventing the loss of farmland under cultivation were established at the initiated of municipalities and JA(Japan Agricultural Cooperatives) on the level of "Kyuson" or former municipalities

  • Regional Planning Studies on the Policy Reform for Agricultural Reconstruction

    Project Year :

    2009.04
    -
    2014.03
     

     View Summary

    The purpose of this regional planning study is to explore a little further into the needed policy reform for agricultural reconstruction to recover the beautiful and vital rural area in Japan, making use of the multi-purpose use structure of rural space. Economic, environmental and social perspectives were taken. Arrival points of regional planning theory, the reality of rural area and agriculture, the content of the reform aimed for agriculture reconstruction that is needed in the future, were summarized. Based on field work, field survey and discussion among research members, a final report was prepared. In the spring meeting of the Association of Rural Planning, which is the most relevant academic society, the final report was distributed to the participants

  • 権利取引の農林水産業への適用可能性に関する法経済学的視点からの分析

    Project Year :

    2009
    -
    2011
     

display all >>

Presentations 【 display / non-display

  • 農業・農村領域における社会的企業の意義と課題―イギリスと日本との比較をとおして―

    柏 雅之  [Invited]

    日本流通学会関東甲信越部会・イギリス流通研究会共催シンポジウム  (東京)  日本流通学会関東甲信越部会、イギリス流通研究会(共催)

    Presentation date: 2015.09

  • 農山村地域における日本型社会的企業の意義と課題

    柏 雅之  [Invited]

    2015年度・共生社会システム学会シンポジウム  (東京)  共生社会システム学会

    Presentation date: 2015.07

  • 社会的企業の役割―イギリスとの比較から―

    柏 雅之  [Invited]

    日本フードシステム学会ミニシンポジウム  (つくば市(筑波大学))  日本フードシステム学会

    Presentation date: 2013.06

  • Considering the Design of LFA Policies under Population Decline: A Comparsion between Japan and Europe

    Masayuki Kashiwagi  [Invited]

    PRIMAFF Symposium, Ministry of Agricurture,Forestry and Fisheries  (Tokyo)  Policies Research Institute of Ministry of Agriculture, Forestry and Fisheries(PRIMAFF)

    Presentation date: 2010.03

  • New Local Management Systems for Community Regeneration in Japan's Less-Favoured Areas: Perspective from Social Enterprises

    Masayuki Kashiwagi

    World Congress of Rural Sociology of the International Rural Sociology Association(IRSA)  (Seoul)  the International Rural Sociology Association(IRSA)

    Presentation date: 2008.08

display all >>

Specific Research 【 display / non-display

  • 中山間地域における農業・資源管理の広域経営システムに関する研究

    2019  

     View Summary

     過疎・高齢化の進行する中山間地域における農業・資源管理の新たな担い手システム形成に関する実態調査分析を行った。2019年度は、新潟県岩船郡の山間地域において展開する40ha級の個別大規模借地経営の経営管理システムに焦点を当てた調査を行った。そこでは、山間部の約20集落に分散した借地を耕作するために、標高差、水系、栽培方式(慣行栽培、特栽米栽培など)に応じた作業管理システムのあり方について分析を進めた。もう一つの担い手システムは、新潟県上越市の清里地区における広域経営法人と連携する集落営農法人の経営政略に関する分析である。広域経営法人である有限会社Gと5つの連携法人との協働関係についての分析を行った。

  • 中山間地域農業・資源管理の担い手システムに関する研究-集落営農不在地域における広域経営法人の意義と課題-

    2018  

     View Summary

    過疎・高齢化が進行する中山間地域における地域営農・資源管理の担い手システム再構築のあり方の解明が本研究の目的である。従来、集落営農がその正攻法として論じられてきたが、本研究ではその限界をベースとして、より広域をカバーする担い手システムの必要性を提起した。本研究では、旧村や戦後合併市町村域を活動エリアとする広域経営法人の意義と課題について分析を進めた。本研究では、広域経営法人として上越市の有限会社グリーンファーム清里を分析対象とした。また、規模の不経済に対抗する経営管理論的分析のために、新潟県関川村の三栄農産の分析も行った。

  • 中山間地域農業・資源管理の広域的担い手経営システム構築に関する研究

    2018  

     View Summary

    過疎・高齢化が進行する中山間地域における営農・資源管理の担い手システム再構築のあり方を分析した。本研究では、集落営農のみでこうした担い手システムは完結し得ないことを前提に、旧村・戦後合併市町村域を活動領域とする広域経営法人の可能性に注目し、これと集落営農との重層的担い手システムのあり方を解明しようとした。本研究では、熊本県菊池郡大津町の集落営農法人ネットワーク大津株式会社における地域担い手システムのあり方を分析してきた。また、こうした方式の適用可能性について、大分県西部振興局(日田市)との協働で日田地域の分析も行った。

  • 条件不利地域農業・資源管理の担い手システム再建に関する研究―広域拠点経営体の意義と課題―

    2017  

     View Summary

     中山間地域農業の担い手システム再建が急務である。従来その担い手として集落営農に脚光が集まっていたが、過疎化による労働力脆弱化と集落機能衰退によって、集落営農のみで広範な中山間地域農業・資源管理の担い手と位置付けることは限界がみえてきた。本研究では、集落営農を補完・代替するためのもうひとつの担い手システムとして旧村・戦後合併市町村レベルでの広域型担い手の必要性を提起している。本研究では、山口県における広域経営法人の展開動向に関する資料収集やヒアリングを行った。また、県立広島大学と連携を進める中で広島県内での担い手システム広域化の様態を分析し、その成果を広島市内でのシンポジウム式で報告した。

  • 中山間地域農業・資源管理の担い手としての広域経営法人の意義と課題

    2016  

     View Summary

     高知県におけるJA出資型農業生産法人や市町村農業公社の経営の実態と県の支援方式についての実態調査を行った。こうした中で、中山間地域における資源管理のための広域経営法人の存続のための経営的諸条件と政策システムの在り方を解明した。 

display all >>

 

Syllabus 【 display / non-display

display all >>

 

Committee Memberships 【 display / non-display

  • 2015
    -
    2016

    日本学術振興会  科学研究費委員会専門委員

  • 2014
    -
    2015

    農林水産省  農山漁村地域ビジネス創出人材育成プログラム検討委員会委員長

  • 2014
    -
    2015

    農林水産省  地域における食と農と福祉の連携の在り方検討会委員

  • 2010
    -
    2014

    天皇杯中央審査委員会(農林水産分野)  委員

  • 2011
    -
    2013

    日本学術振興会  国際事業委員会委員

display all >>

Social Activities 【 display / non-display

  • TV NHK総合

    2007.12
    -