2022/08/11 更新

写真a

コウノ ワカナ
鴻野 わか菜
所属
教育・総合科学学術院 教育学部
職名
教授

学歴

  • 2000年10月
    -
    2002年09月

    国立ロシア人文大学大学院 歴史人文学部ロシア文学史学科  

  • 1997年04月
    -
    2002年09月

    東京大学   人文社会系研究科   欧米文化研究専攻 スラヴ語スラヴ文学専門分野 博士課程  

  •  
    -
    2002年

    東京大学  

  • 1999年10月
    -
    2000年09月

    国立ロシア人文大学歴史人文学部ロシア文学史学科  

  • 1995年04月
    -
    1997年03月

    東京大学 人文社会系研究科   欧米文化研究専攻 スラヴ語スラヴ文学専門分野 修士課程  

  • 1991年04月
    -
    1995年03月

    東京外国語大学外国語学部   ロシヤ東欧語学科ロシヤ語専攻  

▼全件表示

学位

  • 東京大学   博士(文学)

  • Russian State University for Humanities   Kandidat

経歴

  • 2007年04月
    -
    2018年03月

    千葉大学文学部   准教授

  • 2006年10月
    -
    2007年03月

    千葉大学文学部国際言語文化学科   助教授

  • 2002年10月
    -
    2006年09月

    千葉大学文学部国際言語文化学科   専任講師

所属学協会

  •  
     
     

    日本比較文学会

  •  
     
     

    表象文化論学会

  •  
     
     

    日本ロシア文学会

 

研究分野

  • ヨーロッパ文学

研究キーワード

  • ロシア文学 Russian literature ロシア美術 Russian Art ロシア文化 Russian Culture 現代美術 Modern Art 比較文学 Comparative literature 比較文化 Cultural studies 表象

  • Russian literature Russian Art Russian Culture Modern Art Comparative literature Cultural studies

Misc

  • ロシア現代美術におけるフェミニズムとLGBT (SPECIAL FEATURE : GENDER IS OVER!? : 性をめぐるアートと想像力) -- (歴史と理論をより深く知る フェミニズム+クィア・アート史入門 : 1960-2017)

    鴻野 わか菜

    美術手帖 : monthly art magazine   69 ( 1061 ) 110 - 113  2017年11月

    CiNii

  • はじめに : 鴻野わか菜編 『生存と共生 : 人文学の現在 (2)』 千葉大学大学院人文社会科学研究科研究プロジェクト報告書 第313集 2017年

    鴻野 わか菜

    千葉大学大学院人文社会科学研究科研究プロジェクト報告書 = Chiba University Graduate School of Humanities and Social Sciences Research Project Reports   313   1 - 6  2017年02月

    CiNii

  • アレクサンドル・ポノマリョフの詩「陽光降りそそぐ極圏の終わらない昼」と南極ビエンナーレ

    鴻野 わか菜

    千葉大学大学院人文社会科学研究科研究プロジェクト報告書 = Chiba University Graduate School of Humanities and Social Sciences Research Project Reports   313   118 - 127  2017年02月

    CiNii

  • ニキータ・アレクセーエフ「日本についての書簡」

    鴻野 わか菜, Алексеев Никита

    千葉大学大学院人文社会科学研究科研究プロジェクト報告書 = Chiba University. Graduate School of Humanities and Social Sciences Research Project Reports   320   30 - 37  2017年02月

    CiNii

  • 書評 『チェーホフ : 七分の絶望と三分の希望』著 沼野充義

    鴻野 わか菜

    れにくさ = Реникса : 現代文芸論研究室論集   ( 7 ) 147 - 149  2017年

    CiNii

  • 海と空の間で : アレクサンドル・ポノマリョフ

    鴻野 わか菜

    千葉大学大学院人文社会科学研究科研究プロジェクト報告書 = Chiba University Graduate School of Humanities and Social Sciences Research Project Reports   299   37 - 55  2016年02月

    CiNii

  • [展覧会評] ニキータ・アレクセーエフ「テーブルクロス、野菜、プーチンの女性の化身」展 : 2014年9月12日-10月12日

    鴻野 わか菜

    千葉大学大学院人文社会科学研究科研究プロジェクト報告書 = Chiba University Graduate School of Humanities and Social Sciences Research Project Reports   304   107 - 109  2016年02月

    CiNii

  • 空への階段 : ターニャ・バダニナの芸術

    鴻野 わか菜

    千葉大学人文社会科学研究   ( 30 ) 24 - 36  2015年03月

     概要を見る

    ターニャ・バダニナ(1955年生)は、ドローイング、版画、コラージュ、オブジェ等を制作するロシアの現代美術作家である。拙論では、バダニナの作品で多用される「白」、「記号」、「翼」、「服」、「花」、「円柱」、「階段」等の象徴性と機能を分析した上で、芸術と科学の融合をめざすバダニナの越境的な知のあり方や、「創作活動は祈りに、祈りは創作活動に変容しうる」という芸術観の特性を論じる。また、バダニナが異国での共同アーティスト・イン・レジデンスに長年関心を持ち、その土地の歴史や宗教にインスピレーションを受け、その場所の素材を用いて制作することを好む作家であることをふまえて、「大地の芸術祭 越後妻有トリエンナーレ2015」のためのバダニナの新作プランも取り上げ、彼女の過去の作品と比較しながら、そのコンセプトについて考察する。

    CiNii

  • 大地の作家 : ウラジーミル・ナセトキン

    鴻野 わか菜

    千葉大学大学院人文社会科学研究科研究プロジェクト報告書 = Chiba University Graduate School of Humanities and Social Sciences Research Project Reports   289   43 - 54  2015年02月

    CiNii

  • イリヤ&エミリア・カバコフ《棚田》と《人生のアーチ》 : トータル・インスタレーションと/としてのパブリック・プロジェクト

    鴻野 わか菜

    NACT review : bulletin of the National Art Center, Tokyo : 国立新美術館研究紀要   ( 2 ) 106 - 119  2015年

    CiNii

  • 【研究ノート】 新生ロシア映画におけるチェチェンの表象

    鴻野 わか菜

    千葉大学比較文化研究   2   111 - 126  2014年07月

    CiNii

  • ぼくのファシズム(真理をいくつか) : 『人間主義の反乱』から〔抄訳〕 (特集 ロシア : 帝政からソ連崩壊、そしてウクライナ危機の向こう側) -- (ロシアという問い)

    メドヴェージェフ キリル, 鴻野 わか菜, 古賀 義顕

    現代思想   42 ( 10 ) 224 - 245  2014年07月

    CiNii

  • レオニート・チシコフの共生のユートピア : 「僕の月」、幻想的生物、未来派の夢

    鴻野 わか菜

    千葉大学人文社会科学研究   ( 28 ) 205 - 217  2014年03月

     概要を見る

    ロシア現代美術を代表する作家の一人であり、アーティスト、パフォーマー、詩人、小説家、脚本家、絵本作家、出版家、キュレーターとして多彩な活動を続けるレオニート・チシコフ(Леонид Тишков 1953年生)の作品を解説する。チシコフの創作世界の特徴を、共生のユートピア、「新しい世界」の創出、美術と文学の融合、世界文化への関心という観点から分析する。

    CiNii

  • 翻訳と改題 空と大地のあいだで : フセヴォロト・ネクラーソフ

    ネクラーソフ フセヴォロト, 鴻野 わか菜

    千葉大学人文研究   ( 43 ) 181 - 197  2014年

    CiNii

  • 書評 神奈川県立近代美術館,世田谷美術館,東京新聞(編)『松本瑠樹コレクション ユートピアを求めて ポスターに見るロシア・アヴァンギャルドとソヴィエト・モダニズム』

    鴻野 わか菜

    ロシア語ロシア文学研究   ( 46 ) 164 - 170  2014年

    CiNii

  • 【研究ノート】 現代ロシア詩人の肖像-ドミートリー・プリゴフ

    鴻野 わか菜

    千葉大学比較文化研究   1   150 - 155  2013年11月

    CiNii

  • ソ連崩壊後の文学 : 詩の朗読会の歴史

    鴻野 わか菜

    Slavistika : 東京大学大学院人文社会系研究科スラヴ語スラヴ文学研究室年報   28   267 - 281  2013年03月

     概要を見る

    研究ノート

    CiNii

  • ドミトリー・クズミンの翼--肯定の詩学

    鴻野 わか菜

    千葉大学人文社会科学研究   ( 23 ) 1 - 21  2011年09月

     概要を見る

    В данной статье рассматриваются мировоззрение и основные мотивы поэзии Дмитрия Кузьмина, отраженные в его первом сборнике «Хорошо быть живым. Стихотворения и переводы»( 2008). Впервом разделе данной работы определяются задачи исследования и приводится краткая биографияпоэта. Во втором разделе анализируются особенности «объективизма» у Кузьмина. В сравнении со стихотворениями американского поэта «объективистской» школы Чарльза Резникоффа, оказавшего влияние на Кузьмина, поэзию последнего отличает сильный интерес к индивидуальной человеческой жизни. По словам самого поэта, останавливать неповторимые и выразительные мгновенья абсолютноиндивидуальной жизни – главная тема его творчества. В поэзии Кузьмина метро является важным мотивом, символизирующим этот мир, в котором человек встречается с другими «на мгновенье» и сознает невозможность отождествления с ними. Мотив окна( мотив мельком увиденной комнаты через окно) также служит символом жизни, эфемерной встречи с другими, символом остановленных мгновений. В третьем разделе данной статьи, где рассмотрены стихотворения Кузьмина・・・

    CiNii

  • 非公認芸術と絵本 (特集 ロシアの絵本の魅力と日本)

    鴻野 わか菜

    ユーラシア研究   ( 39 ) 38 - 43  2008年11月

    CiNii

  • 2007年度「日本ロシア文学会」学会特別企画 プレシンポジウム要旨 生きのびるためのアート--ロシア美術の最前線

    鴻野 わか菜

    ロシア語ロシア文学研究   ( 40 ) 117 - 119  2008年

    CiNii

  • イリヤ・カバコフのトータル・インスタレーションにおけるリアリティ (第2回スラヴィアーナ・シンポジウム--創作におけるリアリテイ--ロシア・ソビエト文化と現在)

    鴻野 わか菜

    Славиана   ( 21 ) 3 - 13  2006年

    CiNii

  • 東欧/ロシア (ようこそ! 絵本の世界へ--《とっておきの一冊》とめぐりあうために……) -- (世界の絵本事情)

    鴻野 わか菜

    別冊国文学   ( 59 ) 70 - 72  2005年12月

    CiNii

  • 明日、ロシアで(10)グリーシャ・ブルスキン--「不完了体過去」の芸術

    鴻野 わか菜

    窓   ( 133 ) 30 - 33  2005年10月

    CiNii

  • Наука и оккультизм. Глаз, возрождающий мир, в романе 《Москва》 А. Белого (現代文芸研究のフロンティア(7))

    鴻野 わか菜

    「スラブ・ユーラシア学の構築」研究報告集   ( 9 ) 18 - 40  2005年09月

    CiNii

  • 展覧会 渦巻くモスクワ--アート・裁判・ビエンナーレ 第1回国際モスクワ現代美術ビエンナーレ

    鴻野 わか菜

    美術手帖   57 ( 864 ) 133 - 137  2005年05月

    CiNii

  • 政治とアニメーション『チェブラーシカ』の夢と現実 (特集 動く絵画〈アニメーション〉)

    鴻野 わか菜

    美術手帖   57 ( 862 ) 64 - 67  2005年03月

    CiNii

  • 政治とアニメーション 『チェブラーシカ』の夢と現実

    BT美術手帖   56 ( 860 ) 64 - 67  2005年

  • 都市の生、人の生 : アンドレイ・ベールイ『ペテルブルク』における夏の園

    鴻野 わか菜

    Japanese Slavic and East European studies   25   53 - 70  2005年

     概要を見る

    In Andrei Bely's "Petersburg" we can see parallelism between the images of Petersburg and the images of the Summer Garden. First, in the novel both toposes are places which belong to Peter the Great. The author emphasizes that Peter the Great loved these two places so much and that he himself drew a rough plan of them. Secondly, both places are full of straight lines, which in "Petersburg" symbolize reason, civilization and cosmos, while the fog and vast spaces of Siberia symbolize nature and chaos. A further example of parallelism may be found in their common motif of "stones bitten and broken by sharp teeth of time". In our view, it is important that the author describes the Summer Garden as a place lying in ruins over and over. It is obvious that the description of the dilapidated Summer Garden, which has strong resemblance with Petersburg in the novel, expresses the author's tragic outlook not only on this town, but also on the world and human future. We should note that in "Petersburg" the Summer Garden and Petersburg represent human destiny. It seems reasonable to suppose that episodes of comical women in the Summer Garden symbolize lost human ideal. In these episodes Bely parodies images of "Eternal Feminine (vechnaya zhenstvennost)" with which he became exceedingly obsessed at one time. For poets of Russian symbolism the ideal of the Eternal Feminine was one of most beautiful and precious beliefs. However, in "Petersburg" Bely changes this image from the sublime to the ridiculous. It is important that the author selects the Summer Garden, when he parodies the ideal of the Eternal Feminine. In European mythology and literature a garden is a place, which is associated with sacred women. Garden is the best image to create a double parody of the Eternal Feminine.

    CiNii

  • 現代ロシア映画における英雄と復員兵

    鴻野 わか菜

    千葉大学人文研究   ( 34 ) 173 - 190  2005年

    CiNii

  • 書評 沼野恭子著『アヴァンギャルドな女たち ロシアの女性文化』五柳書院

    鴻野 わか菜

    ロシア語ロシア文学研究   ( 37 ) 146 - 149  2005年

    CiNii

  • 明日、ロシアで(8)テロルとアート

    鴻野 わか菜

    窓   ( 131 ) 24 - 27  2005年01月

    CiNii

  • 絵本とプロパガンダ--1920-30年代ソ連の戦争絵本試論 (特集 プロパガンダと文学)

    鴻野 わか菜

    世界文学   ( 100 ) 20 - 30  2004年12月

    CiNii

  • 明日、ロシアで(7)孤独に行け--ドミトリー・アヴァリアーニ追悼(後)

    鴻野 わか菜

    窓   ( 130 ) 30 - 33  2004年10月

    CiNii

  • エリア別リポート モスクワ (特集 グローバル時代のアートシーンがわかる 世界のアート・パワー!--海外17都市&エリア2000-2004最新リポート)

    鴻野 わか菜

    美術手帖   56 ( 851 ) 96 - 99  2004年07月

    CiNii

  • 明日、ロシアで(6)孤独に行け--ドミトリー・アヴァリアーニ追悼(中)

    鴻野 わか菜

    窓   ( 129 ) 38 - 43  2004年07月

    CiNii

  • 明日、ロシアで(5)孤独に行け--ドミトリー・アヴァリアーニ追悼(前)

    鴻野 わか菜

    窓   ( 128 ) 34 - 37  2004年04月

    CiNii

  • イリヤ&エミリア・カバコフ 私たちの場所はどこ?

    淡交社    2004年

  • 幻のロシア絵本 1920-30年代

    淡交社    2004年

  • 絵本とプロパガンダ――1920-30年代ソ連の戦争絵本試論

    世界文学第   ( 100 ) 20 - 30  2004年

  • ロシア系ユダヤ人アーティストの現在(2003年度学会報告要旨)

    鴻野 わか菜

    ロシア語ロシア文学研究   ( 36 )  2004年

    CiNii

  • 明日、ロシアで(4)大好きな画廊--モスクワ・現代美術のある場所

    鴻野 わか菜

    窓   ( 127 ) 34 - 37  2003年12月

    CiNii

  • 明日、ロシアで(3)象が絵を描く時--コマール&メラミッドの傑作を探して

    鴻野 わか菜

    窓   ( 126 ) 38 - 41  2003年10月

    CiNii

  • 明日、ロシアで(2)ロシア<国語教科書>の現在

    鴻野 わか菜

    窓   ( 125 ) 26 - 29  2003年07月

    CiNii

  • 明日、ロシアで(1)路上生活者の手記--ロシア、ホームレスの記録

    鴻野 わか菜

    窓   ( 124 ) 22 - 27  2003年04月

    CiNii

  • アンドレイ・ベールイ『銀の鳩』における <理想郷> の表象

    鴻野 わか菜

    Slavistika : 東京大学大学院人文社会系研究科スラヴ語スラヴ文学研究室年報   18   53 - 67  2003年03月

    CiNii

  • チェーホフと太宰治 日本の『桜の園』論

    スラヴ文化研究   3   58 - 64  2003年

  • 『銀の鳩』における理想郷のイメージ

    『スラヴィスチカ No.18』   No.18  2003年

  • コマール&メラミッドの傑作を探して

    企画・監修 川村記念美術館(淡交社)    2003年

  • アンドレイ・ベールイ『銀の鳩』における<聖域>(2002年度学会報告要旨)

    鴻野 わか菜

    ロシア語ロシア文学研究   ( 35 )  2003年

    CiNii

  • アンドレイ・ベールイ『銀の鳩』における<酩酊>のトポス

    鴻野 わか菜

    Japanese Slavic and East European studies   23   83 - 102  2003年

     概要を見る

    アンドレイ・ベールイの『銀の鳩』の&lt;酩酊&gt;のトポス(=野、居酒屋)を、文学・文化的コンテクストにおいて検討することは、作品の主題、他の文学作品との影響関係を明確にするだけでなく、作品の根底にある世界観が同時代の思潮にどのように村峙させられているかを示唆する。第一に&lt;野&gt;の描写を、『銀の鳩』ではワインがセクトの奥義のメタファーであることを念頭に考察する。&lt;野&gt;は、物語の冒頭では「空ろな空間」だが、主人公ダリヤリスキーがセクトに眩惑されると同時に「夕焼けのワイン」で満たされ、彼がセクトに幻滅すると同時に「空ろな灰色の野」に戻る。&lt;野&gt;とダリヤリスキーの精神状態をパラレルに措くことで、作者はダリヤリスキーの悲劇と死をロシアの野に投影している。&lt;野&gt;は、チュッチェフ、メレシコフスキー、ベールイ自身が、ロシア的イデー創生の場として夢みたトポスであり、他ならぬこの場に終末の色彩を付与することによって、古い理念の失墜が暗示される。また&lt;野の酩酊&gt;の描写は、ベールイが傾倒したアルゴナウタイ神話やオカルトの文脈で理解することもできる。第二に&lt;村の居酒屋&gt;の描写を、ロシア文学で措かれる酒場のイメージと比較することにより、『銀の鳩』では&lt;居酒屋&gt;が「主人公の運命を決定する場所」というドストエフスキー的な酒場の要素と、「酩酊してもう一つの世界をかいまみる」というブロークの『見知らぬ女』的要素を持つことを示す。しかしブロークの詩では、酒場は酩酊した主人公=夢想者が夢の世界と現実世界を行き来するトポスであるのに対し、『銀の鳩』の&lt;居酒屋&gt;は間接的に&lt;セクトへの扉&gt;として機能している。粗野で地獄絵のような&lt;居酒屋&gt;の描写は、ブロークの措く高貴な神秘的酩酊に村するアイロニーでもあり、あらゆる&lt;酩酊&gt;、すなわち&lt;神話&gt;信仰全般(ソフィア崇拝、新興宗教、当時文壇に蔓延していたオカルト主義等)に対する痛烈な批判として読むことができる。

    CiNii

  • А. Чехов и О. Дадзай: Я буду писать шедевр-японский ≪Вишневый сад≫

    鴻野 わか菜

    スラヴ文化研究   3   58 - 64  2003年

    CiNii

  • 絵本画家イリヤ・カバコフ (特集 絵本と美術--童心とアヴァンギャルドのワンダーランド)

    鴻野 わか菜

    美術手帖   54 ( 828 ) 41 - 60  2002年12月

    CiNii

  • モスクワ・アート通信(4)バラノフ=ロッシーネ 知られざるアヴァンギャルド画家

    鴻野 わか菜

    窓   ( 122 ) 18 - 21  2002年10月

    CiNii

  • モスクワ・アート通信(3)国境に魅せられて--アレクサンドル・ミッタのドラマトゥルギー

    鴻野 わか菜

    窓   ( 121 ) 28 - 31  2002年07月

    CiNii

  • モスクワ・アート通信(2)ロシアの梟はヴィーナスの夢をみるか--ロシア美術とフェミニズム

    鴻野 わか菜

    窓   ( 120 ) 29 - 33  2002年04月

    CiNii

  • ふれる、ということ--あるいは映像と建築の「蜜月」

    鴻野 わか菜

    早稲田文学 〔第9次〕   27 ( 2 ) 76 - 86  2002年03月

    CiNii

  • ロシアの梟はヴィーナスの夢をみるか-ロシア美術とフェミニズム

    窓   ( 120 ) 29 - 33  2002年

  • 不思議への扉--イリヤ・カバコフの絵本

    BT美術手帖   54 ( 828 ) 53 - 60  2002年

  • 「アンドレイ・ベールイ『銀の鳩』、アレクサンドル・ブローク『運命の歌』の空間構造と人物」(ロシア語)

    学校・大学における文学教育の問題   Vo.2 芸術作品の時空間   135 - 139  2002年

  • 美女と野獣 ロシア文化とグローバリズム

    InterCommunication   ( 42 ) 58 - 65  2002年

  • Cultural Contexts of <Ships> in Bely's Silver Dove

    Japanese Slavic and East European Studies Vol.22   1-16  2002年

  • End of Russia. Theme of Religion in Bely's Ash

    Acta Slavica Iaponica No.19   pp.243-264  2002年

  • Narrative in Bely's Silver Dove

    Studies in Slavic Culture No.1   37-50  2002年

  • Comparative Studies Bely's Silver Dove and Short Story No.2

    Slaviana No.17   45懼_50  2002年

  • Images of Forest in Bely's Silver Dove

    Russian and Russian Literature   67-73  2002年

  • Studies in Bely's Silver Dove and Blok's Song of Destiny

    Time and Space in Literature Vo.2   pp.135-139  2002年

  • ベールイ『銀の鳩』のロシア的空間 : 20世紀初頭ロシア文学の「新民族主義」のコンテクスト

    掲載誌『ロシア語ロシア文学研究第34号』 日本ロシア文学会   67-73頁  2002年

  • 『銀の鳩』における酩酊の空間

    『Japanese Slavic and East European Studies Vol.23』   pp.83-102  2002年

  • アンドレイ・ベールイ『銀の鳩』、アレクサンドル・ブローク『運命の歌』の空間構造と人物

    学校・大学における文学教育の問題 Vo.2 芸術作品の時空間   pp.135-139  2002年

  • ベールイ『銀の鳩』における舟のイメージの文化的背景

    『Japanese Slavic and East European Studies Vol.22』   pp.1-16  2002年

  • アンドレイ・ベールイ『銀の鳩』における「船」の文化的コンテクスト

    鴻野 わか菜

    Japanese Slavic and East European studies   22   1 - 16, 157-158  2002年

     概要を見る

    アンドレイ・ベールイの『銀の鳩』には、物語の鍵となるいくつかの船のイメージがあり、作者は船を描くにあたって、様々な文化的コンテクスト、1)ロシア民話、2)聖書、3)ロシア異教、4)西洋文化のシンボル体系、5)ワーグナーのオペラ『さまよえるオランダ人』、6)ピョートル大帝、7)ギリシャ神話のアルゴー船、を用いている。第一に、物語に登場する新興宗教〈鳩の宗〉の教義の中心に、「信徒が集う〈船〉を建造する」というモチーフがある。新興宗教のリーダー、クデヤーロフは、共同体としての船を語る際、船を削る鑿の音を表す擬音語として「Tyap-Lyap」という言葉を用いているが、これはロシア民話で魔法の船を建造する時に使われる表現である。新興宗教のリーダーがこの言葉を使って船の建造を語った時点では、彼の持つ魔術的力について読者はまだ知らされていないが、実はロシア民話の魔法の船のモチーフによって、クデヤーロフの魔術者的性格はすでに暗示されているのである。作者自身語っているように、〈鳩の宗〉は架空の宗教であるが、鞭身派をイメージの源泉としている。鞭身派の信者は、信徒の共同体を〈船〉と呼ぶことが広く知られている。ベールイは、文化学者プルガーヴィン、ボンチ=ブルーエヴィチの著作を通じて鞭身派の教義について知識を得ており、〈鳩の宗〉のイメージ形成にあたって明らかに実際の新興宗教をモデルにしていた。物語にはもうひとつ重要な船のイメージがある。主人公ダリヤリスキーは、婚約者カーチャの邸宅を追放されたことを契機として〈鳩の宗〉に身を投じることになるが、彼は邸宅を追われる際、ふりかえって「船のように飛び去る邸宅」を眺める。ここには、船を愛の住処、幸せの象徴として位置づける西洋のシンボル体系が影響している。また、注意したいのは、ダリヤリスキーにとっては、純情な乙女カーチャの愛も、セクトの魅惑的な教義も、同じ船のメタファーで捉えられていることである。ダリヤリスキーは、救済、幸福を求めて〈船〉を渡り歩く旅人であり、永遠の航海者という点では、ロシア象徴主義詩人の愛好したワーグナーの『さまよえるオランダ人』と重なりあう。ベールイは20世紀初頭、ギリシャ神話のアルゴー船物語に惹かれ、「アルゴナウタイ同盟」というグループを作り「日常の神話化」をめざした。特に1904年前後にこの理想に強く惹かれたベールイは、ギリシャ神話をモチーフにした詩を数多く残しているが(詩集『瑠璃のなかの黄金』)、『銀の鳩』を執筆した1909年の時点では、若き日の理想に苦い幻滅を感じていた。『銀の鳩』で船がセクトの共同体、不幸な「さまよえるオランダ人」の船として登場するのも、アルゴー船へのアイロニーとして捉えることができる。旧来の理想に飽き足らず、新しい救済を求める旅に出ようとするのは、ダリヤリスキーだけでなく作家自身の姿でもある。

    CiNii

  • 美女と野獣--ロシア文化とグローバリズム (特集 グローバリゼーションとメディア・カルチャー)

    鴻野 わか菜

    インタ-コミュニケ-ション   11 ( 4 ) 58 - 65  2002年

    CiNii

  • Парад и белье: "ностальгия" в современной русской культуре

    鴻野 わか菜

    スラヴ文化研究   2   26 - 31  2002年

    CiNii

  • モスクワ・アート通信(1)海を渡る蝶--世界文学としてのHaiku

    鴻野 わか菜

    窓   ( 119 ) 18 - 21  2001年12月

    CiNii

  • 現代ロシア文化におけるノスタルジー 下着とパレード (特集 北緯R度の文学)

    鴻野 わか菜

    早稲田文学 〔第9次〕   26 ( 5 ) 51 - 59  2001年09月

    CiNii

  • <Wine> in Bely's Silver Dove

    Wine in Literature    2001年

  • Objects in Kabakov's works

    20 century. Person. Objects    2001年

  • ベールイ『銀の鳩』のセクトの酩酊

    文学における酒    2001年

  • 記憶の詩学 カバコフのインスタレーションにおける<物>

    20世紀 時代・人・物    2001年

  • 「ベールイ『銀の鳩』における舟のイメージの文化的背景」(ロシア語)

    Japanese Slavic and East European Studies   22   1 - 16  2001年

  • 下着とパレード 現代ロシア文化におけるノスタルジー

    早稲田文学   ( 3月号 ) 76 - 86  2001年

  • <Wine> in Bely's Silver Dove

    Wine in Literature    2001年

  • Objects in Kabakov's works

    20 century. Person. Objects    2001年

  • 灼熱と覚醒のナラティブ--アンドレイ・ベールイ『銀の鳩』論

    鴻野 わか菜

    スラヴ文化研究   1   37 - 50  2001年

    CiNii

  • 「記憶」の森のカードたち--ロシア文学・美術案内 (特集 日露関係が動く) -- (現代ロシア文化への誘い)

    鴻野 わか菜

    外交フォーラム   13 ( 13 ) 66 - 67  2000年12月

    CiNii

  • ユートピアの後に芸術は可能か? : 国際シンポジウムの記録 1999年10月16日、於東京大学

    鴻野 わか菜

    Slavistika : 東京大学大学院人文社会系研究科スラヴ語スラヴ文学研究室年報   15   240 - 252  2000年08月

     概要を見る

    研究室だより

    CiNii

  • ふれる、ということ あるいは映像と建築の「蜜月」

    早稲田文学   ( 9月号 ) 51 - 59  2000年

  • 「記憶の詩学 カバコフのインスタレーションにおける<物>」(ロシア語)

    20世紀 時代・人・物     67 - 73  2000年

  • 天使の記録 イリヤ・カバコフ『10のアルバム』

    多分野交流論集 とどまる力と越え行く流れ 文化の境界と交通 pp.245-260     245 - 260  2000年

  • イリヤ・カバコフ : <記憶>の物語

    鴻野 わか菜

    ロシア語ロシア文学研究   ( 32 ) 215 - 216  2000年

    CiNii

  • 劫火のむこうに : ブリューソフの詩人観

    鴻野 わか菜

    Slavistika : 東京大学大学院人文社会系研究科スラヴ語スラヴ文学研究室年報   14   38 - 51  1999年03月

    CiNii

  • Image of Poet in Bryusov懼_ works

    Slavistica No.14   38-51  1999年

  • ロシアのジャポニスム

    Молодяков Василий, 鴻野 わか菜

    窓   ( 106 ) 6 - 9  1998年09月

    CiNii

  • 喜多川歌麿筆 芥川図

    Shishkina Galina, 鴻野 わか菜

    國華   ( 1229 ) 13,47 - 49  1998年03月

    CiNii

  • Paintings in Bely's Petersburg

    Russian and Russian Literature   17-31  1998年

  • 手法としての(終末)・ベールイ『ペテルブルグ』における絵画の象徴性

    鴻野 わか菜

    『ロシア語ロシア文学研究第30号』   ( 30 ) 17 - 31  1998年

     概要を見る

    В этой статье я анализирую текст романа А. Белого &lt;&lt;ПеТербург&gt;&gt; с точки зрения символики картин, развешенных в доме Аблеуховых. Картины содержат намек не только на концовку романа, но и на мотивирвку поступков действующих лиц. Более того, картины помогают понять самобытность мировоззрения писателя. Во-первых, помпейские фрески в доме Аблеуховых ─ одна из метафор взрыва, &lt;&lt;конца&gt;&gt;. Руины Помпеи, раскопанные в 1748 г., долгое время вызывали вдохновение у европейских писаелей и художников. И в России в 1833 г. К. Брюлловым была написана замечательная картина &lt;&lt;Последний день Помпеи&gt;&gt;, которая сыграла большую роль в создании мифа о гибеле Петербурга. Впервые помпейские фрески появляются в романе в эпизоде, связанном с передачей террористом Александром Дудкиным банки Николаю Аблеухову, не подозревавшему, что в ней находися бомба. Вернувшийя в зо время домой отец Николая ─ Аполлон Аблеухов невзнауай бросает взгляд на помпейские фрески, словно угадав, что дом может быть разрушен взрывом. В случайном взгляде Аполлона на фрески раскрывается неоднозначность его поведения, которым Белый хотел выразить свое переживание эсхатологии. В этом эпизоде возникает связь между будущим и настоящим. Переживание двух мигов в одно и то же время являют Белому вечность и сущность чувства эсхатологии. Во-вторых, следует сказать и о копии картины Давида &lt;&lt;Distribution des aigles par Napoleon premier&gt;&gt;. Сначала на этой картине была изображена Жозефина, но после развода с ней Наполеона и его женитьбы на доери австрийского императора художник убрал с картины фигуру Жозефины. Впервые об этой картине заходит речь в отсутствие жены Аполлона. Таким образом, для Белого главная идея этой картины заключается именно в символическом отсутствии женщины, что, в свою очередь, связано и с идеей Соловьева об утрате &lt;&lt;вечной женственности&gt;&gt;. Эта художественная деталь используется писателем дла усиления лейтмотива всеобщего &lt;&lt;конца&gt;&gt;. Кроме того, в сопоставлении Наполеона и Аполлона можно видеть скрытую в характере Аполлона двойственность: сверхчеловеческую силу и человеческую слабость. В этой двойственности можно видеть и борьбу между хаосом и космосом. Именно в столкновении хаоса и космоса заключается самый значительный

    CiNii

  • S.G.セミュ-ノヴァ,A.G.ガ-チェヴァ編著『ロシアの宇宙精神』

    鴻野 わか菜

    化学史研究   24 ( 1 ) 65 - 66  1997年05月

    CiNii

  • Geometric Symbols in Bely's Petersburg

    Slaviana No.12   57-80  1997年

  • Petersburg in Bely's Petersburg

    Slaviana No.12   26-56  1997年

  • 玉葱とキャベツ : ロシア文化における二つのパラダイム (〈ロシア特集〉 20世紀末ロシアから何が見えてくるか?)

    ゲニス アレクサンドル, 鴻野 わか菜

    総合文化研究   1   69 - 80  1997年

    CiNii

  • Geometric Symbols in Bely's Petersburg

     

  • Petersburg in Bely's Petersburg

     

  • Paintings in Bely's Petersburg

     

  • Image of Poet in Bryusov懼_ works

     

  • Cultural Contexts of <Ships> in Bely's Silver Dove

     

  • End of Russia. Theme of Religion in Bely's Ash

     

  • Narrative in Bely's Silver Dove

     

  • Comparative Studies Bely's Silver Dove and Short Story No.2

     

  • Images of Forest in Bely's Silver Dove

     

  • Studies in Bely's Silver Dove and Blok's Song of Destiny

     

▼全件表示

受賞

  • Award of Japanse Society of Russian Studies

    1997年  

  • 日本ロシア文学会学会奨励賞

    1997年  

  • Award of Japanse Society of Russian Studies

    1997年  

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • Russian Symbolism Art

    研究期間:

    1997年
    -
     
     

  • ロシア20世紀初頭美術・文化

    研究期間:

    1997年
    -
     
     

特定課題研究

  • アートプロジェクトの現在

    2021年  

     概要を見る

    イリヤ・カバコフを中心とするロシア東欧のアーティストの作品について調査を進め、その成果を、鴻野わか菜編著『カバコフの夢』(現代企画室、2021年8月)全76ページとして発表した。また、美術と文学の接点について、鴻野わか菜「ロシア文学」『文藝年鑑2021』(日本文藝家協会、2021年6月)80 – 82頁、鴻野わか菜「ロシア歌曲を読むIX アレクサンドル・ブローク「ガマユーン 予言の鳥」『日本アレンスキー協会会報』21号(日本アレンスキー協会、2021年8月)4- 5頁等にまとめた。

  • アートプロジェクトにおける芸術と空間

    2020年  

     概要を見る

    I.ユダヤ系ロシア人アーティスト、イリヤ・カバコフの作品を調査し、《プロジェクト宮殿》や《作家のライブラリー》等の作品を用いて、いかにカバコフのアーカイブを構築、設置するかという課題について、作家と協議し、国際共同研究を行った。II. ロシア現代アートにおける宇宙のテーマについての研究をさらに展開し、学会発表をふまえてレオニート・チシコフの作品における宇宙性、ロシア宇宙主義との関わり等についての論文を執筆した。III. パンデミックの時代のロシア現代アートについて作家やキュレーターに聞き取りを行い、論考にまとめた。

  • 国際芸術祭における芸術と空間

    2019年  

     概要を見る

    瀬戸内国際芸術祭を中心にフィールドワークを行い、ロシアのアーティスト、レオニート・チシコフの作品を現地で調査した他、チシコフと共同討議を行い、現地では作家と共にロシア美術と絵本をめぐるワークショップを開催した。また、近年日本の芸術祭に参加したロシアのアーティスト、アレクサンドル・ポノマリョフ、レオニート・チシコフ、ウラジーミル・ナセトキン、ターニャ・バダニナ、アリョーナ・イワノワ=ヨハンソン、ニキータ、アレクセーエフらの作品における宇宙、大きな世界のモチーフ、日本文化とのつながりを研究し、その成果を市原湖畔美術館で展覧会として発表すると共に、共著にまとめた。

  • アートプロジェクトの成立と変容に関する国際比較研究

    2018年  

     概要を見る

    アート・プロジェクトの内容、目的、意義について、国内外の多数の事例を文献とフィールドワークを通じて比較検討し、アートプロジェクトの変容と今後の可能性を文化史的な視点から明らかにすることを目的とする研究を行った。 2018年7-8月には、「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2018」において南極ビエンナーレ展示の参加作家(アレクサンドル・ポノマリョフ、アリョーナ・イワノワ=ヨガンソン、アレクセイ・コズィリら)と共同討議を行い、同芸術祭の国際シンポジウム「南極の人文学的諸問題」(2018年7月30日、奴奈川キャンパス)で司会進行を務め、参加作家らと共に共同研究の成果を発表した。

 

現在担当している科目

▼全件表示