小岩 正樹 (コイワ マサキ)

写真a

所属

理工学術院 創造理工学部

職名

准教授

ホームページ

http://www.lah-waseda.jp/

兼担 【 表示 / 非表示

  • 附属機関・学校   芸術学校

  • 文学学術院   文化構想学部

  • 理工学術院   大学院創造理工学研究科

  • 附属機関・学校   グローバルエデュケーションセンター

学内研究所等 【 表示 / 非表示

  • 2020年
    -
    2022年

    理工学術院総合研究所   兼任研究員

  • 2016年
    -
    2020年

    ユネスコ世界遺産研究所   プロジェクト研究所所長

学歴 【 表示 / 非表示

  • 2003年04月
    -
    2006年03月

    :早稲田大学   大学院理工学研究科 博士後期課程   建築学  

  • 2001年04月
    -
    2003年03月

    :早稲田大学   大学院理工学研究科 修士課程   建築学  

学位 【 表示 / 非表示

  • 早稲田大学   博士(工学)

  • 早稲田大学   修士(工学)

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2015年04月
    -
    継続中

    :早稲田大学芸術学校 建築科・建築設計科 非常勤講師

  • 2011年04月
    -
    継続中

    :早稲田大学文学学術院 非常勤講師

  • 2009年04月
    -
    2014年03月

    :早稲田大学高等研究所 助教

  • 2007年04月
    -
    2011年03月

    :早稲田大学芸術学校 建築科・建築設計科 非常勤講師

  • 2006年04月
    -
    2009年03月

    :早稲田大学理工学術院 創造理工学部建築学科 助手

所属学協会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     

    都市史学会

  •  
     
     

    建築史学会

  •  
     
     

    日本建築学会

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 科学社会学、科学技術史

  • 博物館学

  • 文化財科学

  • 建築史、意匠

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 日本建築史、東洋建築史

論文 【 表示 / 非表示

  • 「奈良時代後期における技術官人の出向について –木工大工および長上工を中心に –」

    小岩正樹

    『2013年度日本建築学会大会学術講演梗概集(北海道)』   F-2   327 - 328  2013年08月

  • 両国公会堂調査報告書

    小岩正樹, 米澤貴紀, 伏見唯

       2013年03月

  • 「巡礼記にみる建築の様相の記述 –『七大寺日記』と『入唐求法巡礼行記』を例に–」

    小岩正樹

    2012年度日本建築学会関東支部研究報告集   II   641 - 644  2013年03月

  • 「実忠の様と奈良諸大寺の小塔殿の建築形式 –『東大寺権別当実忠二十九ヶ条事』における小塔殿の様の研究 その1–」

    小岩正樹

    日本建築学会計画系論文集   685   683 - 692  2013年03月

    DOI

  • 「『木砕之注文』における門の木割について」

    佐々木昌孝, 永井規男, 中川武, 溝口明則, 河津優司, 坂本忠規, 小岩正樹, 米澤貴紀, 伏見唯, 山岸吉弘

    『2012年度日本建築学会大会学術講演梗概集(東海)』   F-2   795 - 796  2012年09月

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 『木砕之注文』(影印・釈文篇、解題・現代語訳篇)

    木砕之注文研究会編著

    中央公論美術出版  2013年03月

  • 『東アジアの古建築図面の歴史と特徴』

    共著

    水原華城博物館  2012年10月

  • 『日本近代建築大全〈東日本篇〉』

    共著

    講談社  2010年05月

  • 『幻都バンティアイ・チュマールの神々』

    編集担当, オリヴィエ・クニン, 写真:BAKU斉藤

    梧桐書院  2005年07月

  • 『バイヨン寺院全域の保存修復のためのマスタープラン』

    編集担当, 日本国政府アンコール遺跡救済チーム(JSA

    ユネスコ文化遺産保存日本信託基金・財団法人日本国際協力センター発行  2005年06月

全件表示 >>

Works(作品等) 【 表示 / 非表示

  • 東京都文化財ウィーク企画「すみだの文化財めぐり」担当講師、東京都墨田区教育委員会主催

  • 東京都文化財ウィーク企画「大隈講堂特別公開」担当講師、東京都新宿区地域文化部主催

  • 「和の建築と茶室」連続講座担当講師、社団法人東京建設業協会主催

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 日本古代建築造営史における「様」の研究

    若手研究(B)

  • 初期大工技術書に関する研究-「木砕之注文」にみる前近世的思想と技術について-

    基盤研究(C)

  • 建築技術史における日本古代設計技術の復元研究

    若手研究(B)

  • 大工技術の言語化に関する研究―初期大工技術書に見られる語句の用例集作成を通して―

    基盤研究(C)

  • 正倉院文書・造石山寺所関係文書からみた奈良時代の建築造営過程と建築形態の復原研究

    挑戦的萌芽研究

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 日本における建築図面の歴史

    発表年月: 2011年10月

  • 奈良時代における建築情報交流について

    発表年月: 2011年09月

特定課題研究 【 表示 / 非表示

  • 国外における日本建築史学の成立状況に関する研究

    2020年  

     概要を見る

    建築歴史・意匠のなかでも古くから研究されてきた日本建築史学の分野は、現代ではひととおりの通史が方法論とともに構築された状況にある。しかし、その一方では日本建築史の内容が世界において十分に認知されているとは言いがたい。そのため、本分野の将来的な発展を意図して、本研究は国外における日本建築史学の成立のための基盤構築を目的とする。2020年度は、世界各国の情報を収集し、比較考察を行った。COVID-19の影響で、各国において十分な調査ができなかったが、英語圏、西欧圏、アジア圏のそれぞれ一部において情報が得られた。次年度以降も基礎情報の収集を継続するとともに、各国協力者と共同して研究を展開してゆく。

  • 東アジア建築技術書の基礎的比較研究

    2020年   金柄鎭, 兪莉娜, 万長城

     概要を見る

    本研究は、建築技術書の記述(規定)と遺構の比較に着目し、16世紀以降の東アジア木造建築圏の設計技術を比較するものである。日本の木割書、中国『工程做法則例』などの技術書に記述されている木造建造物の比例的設計技法を分析した上で、日本・中国・韓国の代表的建築遺構に見る寸法組成を考察し、比較の視点をもとに東アジア木造建築の設計技術に見られる設計技術の同時代的成立過程および各国の特質性を解明することが目的である。研究は全体で3年を計画し、2020年度は前年度の成果を踏まえて、日本の設計技術書のうち中国・韓国の殿の形式に相当する仏堂の項目について、網羅的に記述内容を検討し、その特徴と韓国遺構との比較検討を行った。

  • 東アジア建築技術書の基礎的比較研究

    2019年  

     概要を見る

    本研究は、建築技術書の記述(規定)と遺構の比較に着目し、16世紀以降の東アジア木造建築圏の設計技術を比較するものである。日本の木割書、中国『工程做法則例』などの技術書に記述されている木造建造物の比例的設計技法を分析した上で、日本・中国・韓国の代表的建築遺構に見る寸法組成を考察し、東アジア木造建築の設計技術に見られる設計技術の同時代的成立過程および各国の特質性を解明することが目的である。研究は全体で3年を計画し、2019年度は資料収集に努めた。日本の設計技術書のうち中国・韓国の殿の形式に相当する仏堂の項目の収集を、研究出張を踏まえて実施し、これにより次年度以降の比較研究が可能となった。

  • クメール帝国の地方拠点遺跡と国土統治の空間構造に関する研究

    2018年   田畑幸嗣

     概要を見る

     本研究課題では、クメール帝国の寺院建立の様相や生産組織、設計計画、施工計画の様相などの学術的課題を解決するため、地方の巨大寺院遺跡を対象として調査を行った。2018年度は現在まで調査を行ってきた大プレア・カーン寺院、サンボー・プレイ・クック遺跡群の二地方遺跡を対象に現地調査を行った。いずれもアンコール時代に地方拠点遺跡として機能した重要遺構であり、精緻な実測調査に基づいた基礎資料の作成が急がれている。我々は崩壊の激しいこの二遺構において実測調査、目録作成のための記録調査を行い、地方遺跡の特性を把握するための基礎調査を行った。

  • 平安時代前期における古代律令的建築生産の変遷に関する研究

    2014年  

     概要を見る

    本研究は、平安時代前期に相当する9世紀から10世紀を対象に、建築生産史から見た造営状況の特徴について、前後代の奈良時代や平安時代後期との比較検討のうえ、明らかにすることが目的である。本年度の特定課題研究では、平安時代全般にわたって建築造営に関する事例収集とその整理に務めた。既往研究において挙げられている事例のほか、組織や人物、造営の実施事例を確認し、今後の考察のための足がかりとした。来年度はまずは9世紀の造営事情について継続して考察を行ってゆく。

全件表示 >>

 

現在担当している科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

 

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2017年04月
    -
    継続中

    日本建築学会  建築歴史・意匠委員会 幹事