広瀬 統一 (ヒロセ ノリカズ)

写真a

所属

スポーツ科学学術院 スポーツ科学部

職名

教授

ホームページ

http://hirose-labo.jimdo.com/

兼担 【 表示 / 非表示

  • スポーツ科学学術院   大学院スポーツ科学研究科

  • 附属機関・学校   グローバルエデュケーションセンター

学歴 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2004年

    東京大学   総合文化研究科   身体運動科学  

  •  
    -
    2004年

    東京大学   総合文化研究科   身体運動科学  

  •  
    -
    1997年

    早稲田大学   人間科学部   スポーツ科学科  

学位 【 表示 / 非表示

  • 東京大学   博士(学術)

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2010年02月
    -
    2015年08月

    ジェフユナイテッド市原・千葉   ユースアカデミー   コンディショニングコーチ

  • 2009年02月
    -
    2010年02月

    京都サンガ   ユースアカデミー   コンディショニングコーチ

  • 2007年02月
    -
    2009年01月

    名古屋グランパス   ユースアカデミー   コンディショニングコーチ

  • 2008年02月
    -
     

    公益財団法人 日本サッカー協会   サッカー女子日本代表   フィジカルコーチ

  • 2007年02月
    -
     

    JFAアカデミー福島   女子チーム   コンディショニングアドバイザー

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     

    日本トレーニング科学会

  •  
     
     

    日本アスレティックトレーニング学会

  •  
     
     

    European College of Sports Science

  •  
     
     

    日本体育学会

  •  
     
     

    日本体力医学会

全件表示 >>

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • スポーツ科学

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • アスレティックトレーニング、コンディショニング、スポーツ外傷・障害予防、タレント識別、発育発達、サッカー

論文 【 表示 / 非表示

  • Effects of an Injury Prevention Program on Anterior Cruciate Ligament Injury Risk Factors in Adolescent Females at Different Stages of Maturation

    Reiko Otsuki, Daniel Benoit, Norikazu Hirose, Toru Fukubayashi

    JOURNAL OF SPORTS SCIENCE AND MEDICINE   20 ( 2 ) 365 - 372  2021年06月

     概要を見る

    The ideal timing to implement anterior cruciate ligament injury prevention programs with respect to maturation is unclear. The purpose of this study was to investigate the effects of an injury prevention program on knee mechanics in early-, late-, and postpubertal females. In the study, 178 adolescent female basketball players were assigned to six groups: early-pubertal training, early-pubertal control, late-pubertal training, and late-pubertal control, post-pubertal training, and post-pubertal control. The training groups performed an injury prevention program for six months. Medial knee displacement, knee flexion range of motion, and the probability of high knee abduction moment were assessed before and after the training period. After the six-month training period, medial knee displacement was significantly increased in the early-pubertal control group whereas it was unchanged in the early-pubertal training group. Knee flexion range of motion was significantly decreased in the early-pubertal control group whereas it did not change in the early-pubertal training group. The probability of high knee abduction moment was increased in the early-pubertal control group whereas it was unchanged in the earl-pubertal training group. The probability of high knee abduction moment was also decreased in the post-pubertal training group whereas it did not change in the post-pubertal control group. The program limited the development of high-risk movement patterns associated with maturation in early puberty while improving the knee mechanics in post-pubertal adolescents. Therefore, an injury prevention program should be initiated in early puberty and continue through the post-puberty years.

    DOI

  • Effect of Different Slopes of the Lower Leg during the Nordic Hamstring Exercise on Hamstring Electromyography Activity

    Toshiaki Soga, Daichi Nishiumi, Atsuya Furusho, Kei Akiyama, Norikazu Hirose

    JOURNAL OF SPORTS SCIENCE AND MEDICINE   20 ( 2 ) 216 - 221  2021年06月  [国際誌]

     概要を見る

    The purpose of this study was to examine whether the NHE with an increased lower leg slope angle would enhance hamstring EMG activity in the final phase of the descend. The hamstring EMG activity was measured, the biceps femoris long head (BFlh) and the semitendinosus (ST). Fifteen male volunteers participated in this study. Subjects performed a prone leg curl with maximal voluntary isometric contraction to normalize the hamstring EMG activity. Subsequently, subjects performed the NHE, with the help of a certified strength and conditioning specialist, while the lower leg slope angle were randomly set at 0 degrees (NH), 20 degrees (N20), and 40 degrees (N40). To compare hamstring EMG activity during the NHE variations, the knee flexion angle was set in the range from 0 degrees to 50 degrees, divided into five phases (0-10 degrees, 10-20 degrees, 20-30 degrees, 30-40 degrees and 40-50 degrees), where 0 degrees indicated that the knee was fully extended. To calculate the knee extension angular velocity, the knee flexion angle divided by time, and break point angle (BPA) was the angle at which 10 degrees/s was exceeded. In the statistical analysis, a two-way repeated measures ANOVA was used for the hamstring EMG activity and a one-way repeated measures ANOVA was used for the BPA. The EMG activity of the BFlh and the ST in N20 and N40 was significantly higher than in NH at knee flexion angle of 0-20 degrees (p < 0.05). For the BPA, NH (57.75 degrees +/- 13.28 degrees), N20 (36.27 degrees +/- 9.89 degrees) and N40 (16.26 degrees +/- 9.58 degrees) were significantly higher in that order (p < 0.05). The results of this study revealed that the NHE with an increased lower leg slope angle shifted the BPA to the lower knee flexion angle and enhanced the hamstring EMG activity in the final phase of the descent.

    DOI PubMed

  • Greater knee varus angle and pelvic internal rotation after landing are predictive factors of a non-contact lateral ankle sprain.

    Shinshiro Mineta, Takayuki Inami, Takuma Hoshiba, Ayako Higashihara, Tsukasa Kumai, Suguru Torii, Norikazu Hirose

    Physical therapy in sport : official journal of the Association of Chartered Physiotherapists in Sports Medicine   50   59 - 64  2021年04月  [国際誌]

     概要を見る

    OBJECTIVES: This study aimed to clarify the kinematic, kinetic characteristics associated with lateral ankle sprain. DESIGN: A 16-month prospective cohort study. SETTING: Laboratory. PARTICIPANTS: A total of 179 college athletes. MAIN OUTCOME MEASURES: Joint kinematics, moment during single-leg landing tasks, and ankle laxity were measured. The attendance of each participating team, injury mechanism, existence of body contact, presence of orthosis, with or without medical diagnosis, and periods of absence were recorded. RESULTS: Twenty-nine participants incurred lateral ankle sprain during non-contact motion. The Cox regression analysis revealed that greater knee varus peak angle (hazard ratio: 1.16 [95% confidence interval: 1.10-1.22], p < 0.001) and greater pelvic internal rotation peak angle toward the support leg were associated with lateral ankle sprain (hazard ratio: 1.08 [95% confidence interval: 1.02-1.15], p = 0.009). The cut-off values for each predictive factor were -0.17° (area under the curve = 0.89, p < 0.001) and 6.63° (area under the curve = 0.74, p < 0.001), respectively. CONCLUSIONS: A greater knee varus peak angle and pelvic internal rotation peak angle after single-leg landing are predictive factors for lateral ankle sprain.

    DOI PubMed

  • The effect of foam rollers of varying densities on range of motion recovery.

    Takuma Yanaoka, Akane Yoshimura, Risa Iwata, Momoko Fukuchi, Norikazu Hirose

    Journal of bodywork and movement therapies   26   64 - 71  2021年04月  [国際誌]

     概要を見る

    OBJECTIVE: This study aimed to compare the effect of different density foam rollers on range of motion recovery. METHOD: Ten active men completed two, 3-day trials in random order. During the experimental trials, all participants performed 2 min of foam rolling (FR) using a medium-density (medium trial) or hard-density (hard trial) foam roller on the right posterior thigh after completing the 90-min Loughborough Intermittent Shuttle Test (LIST). The hip joint range of motion (ROM), muscle hardness, and muscle soreness were assessed before and after the LIST and at 0 min, 20 min, 60 min, 24 h, and 48 h after FR intervention. Serum creatine kinase (CK) concentrations were assessed before the LIST and at 60 min, 24 h, and 48 h after FR intervention. The contralateral leg in each trial was used as a control. RESULTS: The ROM at 0 min, 20 min, 60 min, 24 h, and 48 h after FR intervention were higher in the right leg (the massage leg) than in the left leg (the contralateral leg) (p < 0.05). In the right leg, the ROM at 0 min after FR intervention was higher than after the LIST (p < 0.05). There were no significant differences between the medium and hard trials for ROM. Muscle hardness, muscle soreness, and serum CK concentration were not affected by FR. CONCLUSION: FR has a positive effect on ROM recovery. Moreover, the two roller densities provided similar ROM recovery.

    DOI PubMed

  • Biceps Femoris Muscle is Activated by Performing Nordic Hamstring Exercise at a Shallow Knee Flexion Angle

    Norikazu Hirose, Masaaki Tsuruike, Ayako Higashihara

    Journal of Sports Science and Medicine     275 - 283  2021年03月

     概要を見る

    The semitendinosus (ST) muscle is primarily used during Nordic hamstring exercise (NHE), which is often prescribed for preventing hamstring injury, though the biceps femoris long head (BFlh) muscle that is more susceptible to injuries. Thus, this study aimed to identify the modulation of BFlh muscle activity with different knee flexion angles during NHE using an inclined platform. Fourteen male athletes performed NHE and maintained their position at maximum inclination (NH). Subjects also performed isometric NHE using a platform inclined to 50° (ICL) and 40° (ICH), and the knee flexion angle was controlled to 50° and 30°. The electromyography (EMG) activity of the BFlh, ST, semimembranosus, gluteus maximus, elector spinae, and rectus abdominus muscles was determined during each exercise. The EMG of the ST was higher than that of the BFlh during NHE and the highest of all muscles in all exercises (p &lt; 0.05). Moreover, the activity of the BFlh tended to be higher than that of the ST for ICH than for ICL, regardless of the knee joint angle. The activity of the BFlh becomes equivalent to that of the ST during NHE at a knee flexion angle of less than 50°. These results indicate that performing NHE at a shallow knee flexion angle will enhance the activity of the BFlh muscle.

    DOI

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 競技種目特性からみたリハビリテーションとリコンディショニング 「競技における素早さ」

    広瀬統一, 小林寛之, 福林徹 編

    文光堂  2014年

  • スポーツ指導者に必要な生理学と運動生理学の知識 「応急処置」

    広瀬統一

    市村出版  2013年

  • 加齢と発育の科学 「第二部−2 子どもの運動不足と体力低下」

    広瀬統一, 高石昌弘, 監修, 樋口満, 佐竹隆

    大修館書店  2012年

  • スポーツトレーナーマニュアル 第Ⅲ部−2−D 「バランスエクササイズ」

    広瀬統一, 武藤芳照, 鹿倉二郎, 小林寛和

    南江堂  2011年

  • スポーツトレーナーマニュアル 第Ⅲ部−2−E 「コーディネーションエクササイズ」

    広瀬統一, 武藤芳照, 鹿倉二郎, 小林寛和

    南江堂  2011年

全件表示 >>

Misc 【 表示 / 非表示

  • Longitudinal Age-Related Morphological and Physiological Changes in Adolescent Male Basketball Players

    Yuta Sekine, Seigo Hoshikawa, Norikazu Hirose

    JOURNAL OF SPORTS SCIENCE AND MEDICINE   18 ( 4 ) 751 - 757  2019年12月   [ 国際誌 ]

     概要を見る

    This study aimed to examine longitudinal age-related changes in muscle morphology and jump and sprint performances of youth athletes. The subjects of this longitudinal study were 41 youth male basketball players who were assigned to late, mid, and early groups based on differences regarding the estimated age at peak height velocity. The vastus medialis, vastus intermedius, rectus femoris, vastus lateralis, biceps brachii, and triceps brachii thicknesses were assessed using ultrasonography. The subjects' anaerobic capacities were evaluated based on Abalakov jumps and 20-m sprint time. After 1 year, the vastus medialis and biceps brachii thicknesses increased significantly in all groups, and the rectus femoris, vastus intermedius, and vastus lateralis thicknesses increased significantly in the late and mid groups, but not in the early group. The Abalakov jumps and 20-m sprint time improved significantly in all groups. The early group's 10-m sprint time improved significantly. Cross-sectional comparisons showed that after 1 year, the early group' s Abalakov jumps and 20-m sprint time at baseline, its Abalakov jumps, and 10-m and 20-m sprint times were significantly better than those in the mid and late groups. Hence, significant muscle growth occurred before the athletes reached the age at peak height velocity. During puberty, late maturers' sprint times and jump performances may not catch up with those of early maturers. The speed and tempo of the morphological growth and anaerobic ability of athletes in the same age category depend on athletes' biological maturity.

    PubMed

  • 送風冷却を併用した短期的暑熱順化トレーニングの効果検証

    増田雄太, 永島計, 坂井禎良, 広瀬統一

    日本生気象学会雑誌   54 ( 3 ) S28 - S28  2017年10月

    J-GLOBAL

  • 運動休憩中のファニングによる,その後の疲労感に与える影響の評価

    永島計, 坂井禎良, 広瀬統一

    日本生気象学会雑誌   53 ( 3 ) S71 - S71  2016年10月

    J-GLOBAL

  • 暑熱環境下での間欠的運動時における中間冷却が持久的パフォーマンスに及ぼす影響

    坂井禎良, 永島計, 広瀬統一

    体力科学   64 ( 6 ) 639 - 639  2015年12月

    J-GLOBAL

  • アジリティおよび身体バランスのトレーニング (特集 パフォーマンス向上のためのスポーツ医・科学) -- (パフォーマンス向上のためのトレーニング方法)

    広瀬 統一, 峯田 晋史郎

    臨床スポーツ医学   32 ( 2 ) 172 - 185  2015年02月

    CiNii

全件表示 >>

Works(作品等) 【 表示 / 非表示

  • 第17回アジア大会、サッカー女子日本代表、準優勝

    その他 

    2014年09月
    -
     

  • 第18回AFCアジアカップ (サッカー女子日本代表) 優勝

    その他 

    2014年05月
    -
     

  • Algarve Cup、サッカー女子日本代表、準優勝

    その他 

    2014年03月
    -
     

  • EAFF女子東アジアカップ、サッカー女子U23日本代表、3位

    その他 

    2013年09月
    -
     

  • Algarve Cup、サッカー女子日本代表

    その他 

    2013年03月
    -
     

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 最優秀ポスター賞

    2017年12月   NSCAジャパン  

    受賞者: 周藤晃平, 峯田晋史郎, 広瀬統一

  • 若手科学的奨励研究者賞

    2016年01月   日本トレーニング指導者協会   足関節内反捻挫好発者の動的および静的バランスの質的評価と要因解析  

    受賞者: 峯田晋史郎

  • 優秀ポスター賞

    2015年12月   NSCAジャパン   方向転換動作の遅速に寄与する顕在的因子、潜在的因子の抽出  

    受賞者: 佐々部孝紀

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 運動機能回復に関わるエラーモニタリングの神経機序解明

    研究期間:

    2017年04月
    -
    2021年03月
     

  • 成長期男女サッカー選手の成熟度を考慮した運動能力発達と成熟度簡易評価指標の検討

    研究期間:

    2016年04月
    -
    2019年03月
     

     概要を見る

    本研究は成長期男女サッカー選手の形態と運動能力が発達する時期を、身長発育急増(PHVA)で区分けした成長段階を用いて明らかにすることを主目的とした。PHVA評価指標の検討と、各年齢の運動能力リファレンスデータ確立も目的とした。本研究の結果、跳躍能力はPHVA年齢の1年後(女子)や2年後(男子)に変化し、除脂肪体重の変化以外の要因も影響すること、方向転換能力はPHVA前に変化し、減速能力向上が主に影響すること、間欠的運動能力の変化はPHVA区分で差がないことが明らかとなった。また、PHVA推定式のMaturity Offset法はPHVAを高く見積もり、補正が必要であることが明らかとなった。成長期の男女サッカー選手の各種運動能力の発達はすべて成長段階によって異なると考えられてきたが、実際にはその年間発達が成長段階の影響を受けるものと受けにくいものに分類できることが明らかとなり、今後の発育発達研究に新たな分析視点をもたらしたことは学術的に意義深い。特にパワー系能力はPHVA以降に発達することが示され、この時期に焦点を当てたトレーニング指針作成に貢献できる点で臨床上の有用性は高いと考える。さらに既存のMaturity Offset法は日本人の場合、低年齢ではPHVAを低く見積もる(早熟傾向)ため、値を補正する必要性を明らかにしたことも臨床上は意義深いと考える

  • 女性アスリートの方向転換能力向上要因分析と年代別トレーニングプログラム構築

    基盤研究(C)

    研究期間:

    2012年
    -
    2014年
     

     概要を見る

    初年度の横断的検討の結果、競技レベルの高い女子サッカー選手は優れた方向転換能力(COD)を持つこと、CODは高校生年代に顕著に変化すること、若年者(12~16歳)と成人(17歳~成人)では、CODと相関を持つ体力要素が異なることが明らかとなった。そのため、25年度は女子サッカー選手のCODのA:縦断的な変化分析、B:説明因子としてのテクニックの影響分析、C:トレーニングプログラムの検討、の3点を目的として研究を行った。
    A:女子サッカー選手のCODの縦断的変化:45名の中・高生女子サッカー選手の身長、体重、10m×5COD、10m/40m走、バウンディング、スクワットジャンプ、カウンタームーブメントジャンプの年間変化量を検討した。その結果、CODは13歳から17歳までの各年代で有意(p<0.05)に発達する一方、13-16歳、17-18歳のCODとその他の測定項目の年間変化量には有意な相関が見られなかった。これらのことはCODのトレーナビリティが中学生から高校生前期に高いこと、またCODは他の体力要素とは独立して発達することを示唆する。
    B:女子サッカー選手のCODスピードとテクニックの関係:18名の中・高・大学生女子サッカー選手の10m×5CODテスト中の停止期および減速期の膝屈曲角度および重心位置を年代間で比較検討した。その結果、減速期の重心位置は大学生が高校生よりも有意に低かった。一方、停止期の重心位置に群間差が見られないことから、優れたCODを有する選手は、減速期に重心位置を低くし、そのまま重心変位が少ない状態で方向転換をしていることが示された。
    C:トレーニングプログラムの検討: 上述の結果から、COD向上プログラムとして、減速から停止局面での重心変移量軽減のためのコアトレーニング、トリプルフレクションのトレーニングを構築し、介入することとした。

  • 成長期トップレベルアスリートの事象関連電位の変化と骨年齢の関係

     概要を見る

    本研究は成長期アスリートの中枢情報処理能力とパフォーマンスとの関連と、成長期の中枢情報処理能力の変化と生物学的成熟度との関連存明らかにすることを目的として研究を遂行した。その結果パフォーマンスレベルによって手(HRT)、足(FRT)、手足同時(CRT)の条件で評価した選択反応時間は、パフォーマンスレベルの高い群が有意に素早い反応時間を有していた(CRT,p<0.001;FRT,p<0.001;HRT,p<0.05)。上述したように中枢での情報処理能力が球技系アスリートのパフォーマンスレベルと関連があることが示唆されたが、このような能力の発達は成熟の個人差が著しい成長期前〜中期にあるとされている。そこで成熟度を骨年齢で評価し、運択反応時間の横断的・縦断的変化との関係、そして事象関連電位(N200、P300)の変化との関係を検討した。その結果選択反応時間のなかで全身の動きが必要となる条件(CRT)で骨年齢との関連があり、さらにERPではN200潜時は10歳から12歳にかけて徐々に短縮する傾向を示し、暦年齢(r=-0.51、P<0.05)、骨年齢(r=-0.50、p<0.05)ともに有意な相関を示した。一方P300も同様に10歳から12歳にかけて緩やかに短縮し、骨年齢とのみ有意な相関を示した(r=-0.50、p<0.05)。これらの結果から、成長期サッカー選手の中枢情報処理能力は10歳から12歳という期間に徐々に発達するが、この変化に対して骨年齢のような生物学的成熟が少なからず影響することが推察された。本研究は中枢情報処理能力の変化に生物学的成熟が影響し、さらに急激に発達する時期が成熟の急進期と一致することを示唆するものとして非常に興味深い結果といえよう

  • 生物学的成熟度を考慮した球技系トップアスリートのタレント発掘指標

     概要を見る

    本研究では選択的全身反応時間のタレント発掘指標としての有用性と、選択的全身反応時間の発達に対する生物学的成熟度の影響について明らかにすることを目的とした。その結果、中学生年代の選択反応時間の遅速は、短期的なサッカー選手のキャリアに影響するだけでなく、長期的にも優れた選択反応能力を持つ児童がプロ選手になる可能性が高いことが示唆された。一方小学生年代とは異なり、中学生年代では選択的全身反応時間の発達に対し、生物学的な成熟の影響は少ないものと考えられた

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • Maturity Offset法を用いたユースサッカー選手の成熟度評価の妥当性と運動能力の変化に対する影響

    日本フットボール学会  

    発表年月: 2010年12月

  • The spurt in skeletal maturation does not explain the advances in skeletal maturation in elite youth soccer players.

    Youth Sports 2010  

    発表年月: 2010年12月

  • Talent Identification in Football

    KNSU International Conference 2010  

    発表年月: 2010年10月

  • Milk peptide intake might reduce muscle damage after eccentric exercise

    13th European College of Sports Sciences  

    発表年月: 2008年07月

  • 成長期サッカー選手の産まれ月による形態的特徴と成熟度

    第6回日本発育発達学会  

    発表年月: 2008年03月

全件表示 >>

特定課題研究 【 表示 / 非表示

  • 加速度計を用いたコンディショニング(体調管理)指標開発

    2020年   山崎和也

     概要を見る

    本研究はウェアラブル加速度計を用いて、コンディショニング指標を開発することを目的とした。大学生ラグビー選手を対象に通常練習期と長期活動休止期(緊急事態宣言発出下)の日常生活における安静時間を加速度計を用いて評価し、比較した。また体調関連指標として睡眠時間、疲労感、睡眠の質、筋肉痛、ストレス、気分、HRV(lnRMSSD)及び起床時心拍(HRR)の計測を行った。その結果、主観的指標は制限期に好値を示したが、日常安静量は低値を示し、HRVも低値を示した。このように主観指標と客観指標は異なり、日常活動量を定量化することで生活変化と関連する体調変化を読み取れる可能性が示唆された。

  • 成長期男女サッカー選手の成熟度を考慮した運動能力発達と成熟度簡易評価指標の検討

    2019年  

     概要を見る

    本研究は成長期男女サッカー選手を対象とし、成熟度を考慮した運動能力発達の特徴を明らかにすることと、それをスポーツ現場においても簡便に行えるための成熟度評価指標の開発を目的としている。これまでに、小学生および中学生のサッカー選手を対象として研究を行い、スピードや筋力が成熟度の遅速の影響を受けること、そして両者の関係は成熟が早いことによる形態的な特徴、すなわち除脂肪体重の増大が直接的に影響していることを明らかにした。(本研究の一部はJournal of Strength and Conditioning Research, 34 (2), 2020,P382-388.に掲載)一方で、トレーニング介入による変化をみると、身長が急激に伸びる時期(PHVA)の1.5年前と1.5年後までの選手を対象に筋力向上を目的とした介入研究結果(股関節伸展運動)では、両者ともに筋力が向上し、対象とした範囲に限った場合には、必ずしも成熟の遅速が介入による筋力の増大に影響しない可能性が示された。しかしながら、PHVA後の選手の筋厚が増加するなど、影響がみられる項目もあり、継続した調査が必要であると考えられた。上記の成果から、成長期サッカー選手の育成現場において子どもの成熟度の遅速を把握することは、トレーニング効果を最大化するためには必要であることが推察された。これを受けて、子どもの形態変化からPHVAを推測する予測式の開発を進めており、データ収集までが一部終了している。今後、予測式の開発と一般化するためのシステムの構築を目指す。

  • 大学ラグビー選手の脳震盪および頭部打撃受傷回数と脳機能の関係

    2015年  

     概要を見る

    本研究は脳震盪既往数と認知機能の関係について明らかにすることを目的とした。対象は大学生ラグビー選手448名とした。認知機能評価にはCogSportを用い、脳震盪様症状の既往歴数から対象者を脳震盪経験無し(113名),既往歴1~3回(218名),既往歴4回以上(137名)に群分けして測定値を比較した。その結果、単純・選択反応時間、長期・短期記憶課題の4項目において1~3回群よりも&gt;4回群は反応時間が遅延していた。このように複数回の頭部外傷既往者の認知機能が大学生の時点で遅延していることから、衝突系スポーツを行う選手に対して低年齢からの安全管対策立案,および継続的な頭部外傷と認知機能の関係についての検討が必要であると考えられた。

  • 球技系女性アスリートの体力・運動能力向上トレーニングの科学的基礎構築

    2015年   内藤

     概要を見る

     本研究では大学生男女サッカー選手のACTN3遺伝子多型による運動能力の差異を横断的に比較した。対象は大学生男子(87名)と女子(80名)サッカー選手とし、摂取された口腔粘膜からACTN3遺伝子多型の同定(RR、RX、XX)を行い、スピード(50m走)、パワー(5段跳び)、間歇的持久力(Yo-Yo intermittent recovery test)の測定値をRR、RX、XX群間で比較した。その結果、男子大学サッカー選手におけるRR型はXX型よりも50m走スピードで有意に速い値を示した(6.67 ± 0.31s vs 6.86± 0.27s, p=0.038)。一方、女子大学サッカー選手においては、フィジカル測定項目の全てにおいて遺伝子多型間に有意差は認められず、特に女子選手においてはACTN3遺伝子多型間が運動能力に影響していないことが示唆された。

  • バスケットボール選手の足部アライメント不良による下肢傷害発症メカニズムの検証

    2012年  

     概要を見る

    バスケットボールでは下肢、特に足部・足関節や膝関節の傷害が好発し、主にジャンプの着地時に頻発する。下肢スポーツ傷害を引き起こす内的要因のひとつとして足部形態、特に足部内側縦アーチ(以下、足部アーチ)や踵骨傾斜角度が挙げられる。足部アーチと踵骨傾斜角度は荷重時に変位することで荷重ストレスの緩衝に寄与するが、過度なアーチ低下や踵骨角度変位は衝撃緩衝能の低下や、運動連鎖の観点から膝関節の挙動に影響を与え、下肢傷害の危険因子となりうる。したがってジャンプ動作時の足部形態と足部および膝関節の挙動の関係を検討することは下肢傷害発症リスクとメカニズムを明らかにし、傷害予防指針を作成する上で重要である。そこで本研究では次元足型計測機を使用し、男子バスケットボール選手の足部形態測定を行い、足部形態と足関節・膝関節挙動との関係を解析し、下肢の傷害発症メカニズムとの関係について検討することを目的とした。本研究の結果、男子バスケットボール選手の足部アーチ高は12歳(40.5mm)から15歳(46.2mm)まで上昇し、さらに踵骨が回外方向へ変化することが示された。これらの選手のうち、踵骨回内/アーチ高の低下(扁平足)と踵骨回外/上昇(ハイアーチ)が認められた選手12名(両群各6名)を対象に、両上前腸骨、大転子、膝関節内側/外側裂隙、足関節内外踝、踵骨上端、下端にマーカーを貼付し、片脚ランニングジャンプをハイスピードカメラ4台で撮影した。動作をジャンプへの踏み込み期とジャンプからの着地期に二分し、さらに踏み込みと着地期のHeel strike(Initial contact)期、Foot flat期、膝関節最大屈曲期の合計6期における1)膝関節屈曲角度、2)骨盤外転角度、3)骨盤回旋角度、4)膝関節回旋角度、5)膝関節変位量(膝関節の回内方向への変位)、6)踵骨傾斜角度を解析した。これらの値を回内群と回外群でT検定を用いて比較検討した。統計学的有意水準は危険率5%未満とした。その結果、踵骨回内群は着地時により大きな踵骨回内挙動を示し(回内群 25.2°vs. 回外群 18.3°)、特に踵骨回内+アーチ低下を呈するものの変化が顕著であることが示された。この結果は踵骨過回内の場合には、同骨の挙動に関与する後脛骨筋や長母指屈筋などの伸張性ストレスを増大し、足部や下腿の障害リスクとなる得ることを示唆するものと考えられる。また、踵骨過回内、過回外による膝関節の挙動には変化が少なく、この要因として着地時の骨盤の挙動変位が少ないことが推察された。このことから膝関節の傷害発症リスクを検討する際には足部と骨盤の双方からの検討が必要であると考えられた。本研究結果から、バスケットボール選手のアーチ高や踵骨傾斜角度は経年的に上昇あるいは回外変位することが明らかとなった。このような変化を示す中で、踵骨の過回内や過回外を呈する選手はジャンプ着地時の踵骨角度変化の増大を引き起こし、傷害発症リスクが増大する可能性が示唆された。一方で、膝関節の傷害発症に関しては、骨盤帯の影響も大きく、今後傷害予防指針作成に向けてはインソールなどの足部アライメントに対する対策に加え、骨盤帯の挙動にも着目する必要があると考えられた。

全件表示 >>

海外研究活動 【 表示 / 非表示

  • サッカー選手の体力特性分析とコンディション評価指標の検討

    2015年09月
    -
    2016年09月

    米国   サンノゼ州立大学

 

現在担当している科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

 

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2018年11月
    -
    継続中

    日本臨床スポーツ医学会  編集委員

  • 2018年05月
    -
    継続中

    日本アスレティックトレーニング学会  代表理事

  • 2016年10月
    -
    2018年06月

    日本アスレティックトレーニング学会  編集委員長

  • 2018年05月
    -
     

    International Journal of Sport and Health Sciences  Editor

  • 2016年04月
    -
     

    日本トレーニング学会  副編集委員長