2022/08/11 更新

写真a

チョー ボー
張 望
所属
国際学術院 国際教養学部
職名
准教授
プロフィール

早稲田大学国際教養学部准教授。専門は、日中関係論、国際関係論。2002年香港中文大学日本研究学科卒業。2004年同大学政治與行政學系修士課程(M.Phil.)修了。2009年早稲田大学にて博士号(学術)取得。主な著書に、Political Survival and Yasukuni in Japan’s relations with China (London: Routledge, 2017) (単著);『军国主义复活了吗?:解读中日关系和日本安全』(邦訳:軍国主義は復活したのか?:日中関係と日本の安全保障)、(Hong Kong: Thinkers Publication,2006)(単著)など。英文研究論文は国際学術誌 The Pacific Review, Pacific Affairs, Journal of Contermporary East Asia Studies などに多数掲載されている。 研究分野: 日中関係論、日本の外交・防衛政策、国内政治と外交政策のリンケージ、北東アジアにおける比較戦略文化と安全保障。

兼担

  • 附属機関・学校   グローバルエデュケーションセンター

学歴

  • 2006年
    -
    2009年

    早稲田大學   アジア太平洋研究科  

    博士

  • 2002年
    -
    2004年

    香港中文大学   政治学研究科  

  • 1999年
    -
    2002年

    香港中文大學   日本研究学科  

学位

  • 早稲田大学   博士 (国際関係学)

  • 香港中文大學   修士(政治学)

所属学協会

  •  
     
     

    アジア政経学会

  •  
     
     

    日本国際政治学会

 

研究分野

  • 国際関係論

研究キーワード

  • 国際関係理論、日中関係

論文

▼全件表示

書籍等出版物

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • Foreign-Domestic Linkages in China's Foreign Policy to Japan (2010-2015)

    研究期間:

    2017年04月
    -
    2020年03月
     

     概要を見る

    -Achievements: In this fiscal year, three major achievements have been accomplished: 1) Participation of an international conference on China-Japan relations that is jointly organized by the Waseda Institute of Contemporay Chinese Studies and Fudan University in Shanghai. During the conference , I gave a presentation related to China-Japan relations, particularly in the context of US-Japan-China relations and new Trump administration since 2017. Chinese scholars from Fudan University gave an insightful perspective on how Chinese side view Japan and US-Japan relations in East Asia and South China Sea in recent years. 2) Accomplishment of translation and proofreading of my articles and book related to China-Japan relations. 3) One article related to China-Japan relations was accepted to publish in China in 2019.<BR>-Unexpected Obstacles: I have originally scheduled to visit mainland or Hong Kong around February 2020. The purpose of the research trip is to conduct the final round of data collection and plan to negotiate with possible publishers. However, due to the unexpected outbreak of Covid-19 in early 2020, the research trip has to be canceled urgently due to the consideration of individual security

  • Foreign-Domestic Linkages in China's Foreign Policy to Japan (2010-2015)

    日本学術振興会 科学研究費助成事業 

    研究期間:

    2017年
    -
    2019年
     

講演・口頭発表等

  • 岸田時代の日本政治と日中関係

    張望  [招待有り]

    复旦大学陈树渠比较政治发展研究中心、中国  

    発表年月: 2021年11月

  • Japan’s Strategic Choice toward the Rise of China during the second Abe administration: From Balancing to Hedging

    張望  [招待有り]

    Seminar, Department of Politics and Public Administration, University of Hong Kong(香港大学)   (University of Hong Kong) 

    発表年月: 2019年02月

  • 日中関係:内政と外交のリンケージの視点からの分析

    国際シンポジウム「東アジア地域の平和と市民社会」, 早稲田大学、日本   (東京) 

    発表年月: 2016年07月

  • Useful Adversaries: Understanding Foreign-Domestic Linkages in China-Japan relations

     [招待有り]

    国際ワークショップ New Directions of Chinese Foreign Policy   (台北)  政治学研究所、中央研究院、台湾  

    発表年月: 2016年06月

  • Political Survival and the Yasukuni Shrine Controversy in Japan’s relations with China

     [招待有り]

    “Major Issues on China ”   East Asian Institute, National University of Singapore (シンガポール国立大学)  

    発表年月: 2016年03月

  • 日中関係研究の方法論:歴史学と国際関係学の融合の可能性

    2015年度人間文化研究機構(NIHU)現代中国地域研究拠点・国際シンポジウム, 愛知大學、名古屋  

    発表年月: 2016年02月

  • “Double-Edged Diplomacy: The Role of Political Survival in Japan`s China Policy”

    張望  [招待有り]

    "China-Japan Relations and the Role of the U.S”, University of California, San Diego (米国カリフォルニア大学サンディエゴ校) USA,.  

    発表年月: 2014年03月

▼全件表示

特定課題研究

  • Foreign-Domestic Linkages in China's Foreign Policy toward Japan (2010-2015)

    2016年   Tse-Kang Leng

     概要を見る

    The research examines the influence ofdomestic politics to Chinese foreign relations with Japan in the 2010s. By examining two casesafter the Chinese fishing trawler collision incident in 2010 and improvementsof China-Japan relations since 2013, this research offers an alternativeinterpretation to China’s Japan policy in the post-Cold War era by highlightingdomestic legitimacy of political leaders and the power rivalry within theChinese Communist Party (CCP). The empirical findings support the theoretical assumption stated in the proposal submitted&nbsp;

 

現在担当している科目

▼全件表示

 

委員歴

  • 2017年
    -
    継続中

    英文学術誌《 Journal of Contemporary East Asian Studies》  副編集長

  • 2012年04月
    -
    2016年08月

    英文学術誌 《 The Journal of Contemporary China Studies》  副編集長