岡野 俊行 (オカノ トシユキ)

写真a

所属

理工学術院 先進理工学部

職名

教授

ホームページ

http://www.okano.sci.waseda.ac.jp

兼担 【 表示 / 非表示

  • 附属機関・学校   グローバルエデュケーションセンター

  • 理工学術院   大学院先進理工学研究科

学内研究所等 【 表示 / 非表示

  • 2020年
    -
    2022年

    理工学術院総合研究所   兼任研究員

  • 2014年
    -
    2023年

    スマートライフサイエンス研究所   プロジェクト研究所所長

学位 【 表示 / 非表示

  • 京都大学   博士(理学)

所属学協会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     

    日本生化学会

  •  
     
     

    日本時間生物学会

  •  
     
     

    日本分子生物学会

  •  
     
     

    日本比較生理生化学会

  •  
     
     

    日本生物物理学会

全件表示 >>

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 生物物理学

論文 【 表示 / 非表示

  • Moonlight controls lunar-phase-dependency and regular oscillation of clock gene expressions in a lunar-synchronized spawner fish, Goldlined spinefoot

    Yuki Takeuchi, Ryo Kabutomori, Chihiro Yamauchi, Hitomi Miyagi, Akihiro Takemura, Keiko Okano, Toshiyuki Okano

    Scientific Reports   8 ( 1 ) 6208  2018年12月  [査読有り]

     概要を見る

    Goldlined spinefoot, Siganus guttatus, inhabits tropical and subtropical waters and synchronizes its spawning around the first quarter moon likely using an hourglass-like lunar timer. In previous studies, we have found that clock genes (Cryptochrome3 and Period1) could play the role of state variable in the diencephalon when determining the lunar phase for spawning. Here, we identified three Cry, two Per, two Clock, and two Bmal genes in S. guttatus and investigated their expression patterns in the diencephalon and pituitary gland. We further evaluated the effect on their expression patterns by daily interruptions of moonlight stimuli for 1 lunar cycle beginning at the new moon. It significantly modified the expression patterns in many of the examined clock(-related) genes including Cry3 in the diencephalon and/or pituitary gland. Acute interruptions of moonlight around the waxing gibbous moon upregulated nocturnal expressions of Cry1b and Cry2 in the diencephalon and pituitary gland, respectively, but did not affect expression levels of the other clock genes. These results highlighted the importance of repetitive moonlight illumination for stable or lunar-phase-specific daily expression of clock genes in the next lunar cycle that may be important for the lunar-phase-synchronized spawning on the next first quarter moon.

    DOI

  • Light- and circadian-controlled genes respond to a broad light spectrum in Puffer Fish-derived Fugu eye cells

    Keiko Okano, Shoichi Ozawa, Hayao Sato, Sawa Kodachi, Masaharu Ito, Toshiaki Miyadai, Akihiro Takemura, Toshiyuki Okano

    SCIENTIFIC REPORTS   7   46150  2017年04月  [査読有り]

     概要を見る

    Some cell lines retain intrinsic phototransduction pathways to control the expression of light- regulated genes such as the circadian clock gene. Here we investigated the photosensitivity of a Fugu eye, a cell line established from the eye of Takifugu rubripes, to examine whether such a photosensitive nature is present. Microarray analysis identified 15 genes that showed blue light- dependent change at the transcript level. We investigated temporal profiles of the light- induced genes, as well as Cry and Per, under light- dark, constant light (LL), and constant dark (DD) conditions by quantitative RT- PCR. Transcript levels of Per1a and Per3 genes showed circadian rhythmic changes under both LL and DD conditions, while those of Cry genes were controlled by light. All genes examined, including DNAdamage response genes and photolyase genes, were upregulated not only by blue light but also green and red light, implying the contribution of multiple photopigments. The present study is the first to identify a photosensitive clock cell line originating from a marine fish. These findings may help to characterize the molecular mechanisms underlying photic synchronization of the physiological states of fishes to not only daily light- dark cycles but also to various marine environmental cycles such as the lunar or semi- lunar cycle.

    DOI

  • Rhodopsin in the Dark Hot Sea: Molecular Analysis of Rhodopsin in a Snailfish, Careproctus rhodomelas, Living near the Deep-Sea Hydrothermal Vent

    Rie Sakata, Ryo Kabutomori, Keiko Okano, Hiromasa Mitsui, Akihiro Takemura, Tetsuya Miwa, Hiroyuki Yamamoto, Toshiyuki Okano

    PLOS ONE   10 ( 8 ) e0135888  2015年08月  [査読有り]

     概要を見る

    Visual systems in deep-sea fishes have been previously studied from a photobiological aspect; however, those of deep-sea fish inhabiting the hydrothermal vents are far less understood due to sampling difficulties. In this study, we analyzed the visual pigment of a deep-sea snailfish, Careproctus rhodomelas, discovered and collected only near the hydrothermal vents of oceans around Japan. Proteins were solubilized from the C. rhodomelas eyeball and subjected to spectroscopic analysis, which revealed the presence of a pigment characterized by an absorption maximum (lambda(max)) at 480 nm. Immunoblot analysis of the ocular protein showed a rhodopsin-like immunoreactivity. We also isolated a retinal cDNA encoding the entire coding sequence of putative C. rhodomelas rhodopsin (CrRh). HEK293EBNA cells were transfected with the CrRh cDNA and the proteins extracted from the cells were subjected to spectroscopic analysis. The recombinant CrRh showed the absorption maximum at 480 nm in the presence of 11-cis retinal. Comparison of the results from the eyeball extract and the recombinant CrRh strongly suggests that CrRh has an A(1)-based 11-cis-retinal chromophore and works as a photoreceptor in the C. rhodomelas retina, and hence that C. rhodomelas responds to dim blue light much the same as other deep-sea fishes. Because hydrothermal vent is a huge supply of viable food, C. rhodomelas likely do not need to participate diel vertical migration and may recognize the bioluminescence produced by aquatic animals living near the hydrothermal vents.

    DOI

  • Overexpression in Yeast, Photocycle, and in Vitro Structural Change of an Avian Putative Magnetoreceptor Cryptochrome4

    Hiromasa Mitsui, Toshinori Maeda, Chiaki Yamaguchi, Yusuke Tsuji, Ryuji Watari, Yoko Kubo, Keiko Okano, Toshiyuki Okano

    BIOCHEMISTRY   54 ( 10 ) 1908 - 1917  2015年03月  [査読有り]

     概要を見る

    Cryptochromes (CRYs) have been found in a wide variety of living organisms and call function a blue light photoreceptors, circadian clock molecules, or magnetoreceptors. Non-mammalian vertebrates have CRY4 in addition to the CRY1 and CRY2 circadian clock con-Toner-its. Though the function of CRY4 is not well understood, chicken CRY4 (cCRY4) may be a magnetoreceptor because of its high level of expression in the retina and light-dependent structural,changes in retinal homogenates. To farther Characterize the photosensitive nature of cCRY4, we developed an expression system using budding yeast and purified cCRY4 at yields of submilligrams of protein per liter with binding of the flavin adenine dinucleotide (FAD) chromophore. Recombinant cCRY4 dissociated from. anti-cCRY4 C1 mAb, which recognizes the C-terminal region of cCRY4, in a light-dependent manner and showed a light-dependent change in its trypsin digestion pattern, suggesting that cCRY4 changes its conformation with light irradiation in the absence of other retinal factors. Combinatorial analyses with UV-visible spectroscopy and immunoprecipitation revealed that there is chromophore reduction in the cCRY4 photocycle and formation of a flavosemiquinone radical intermediate that is likely accompanied by a conformational change in the carboxyl-terminal region. Thus, cCRY4 seems to be an intrinsically photosensitive and photoswitchable molecule and may exemplify a vertebrate model of cryptochrome with possible function as a photosensor and/or magnetoreceptor.

    DOI

  • Hypothalamic Expression and Moonlight-Independent Changes of Cry3 and Per4 Implicate Their Roles in Lunar Clock Oscillators of the Lunar-Responsive Goldlined Spinefoot

    Riko Toda, Keiko Okano, Yuki Takeuchi, Chihiro Yamauchi, Masato Fukushiro, Akihiro Takemura, Toshiyuki Okano

    PLOS ONE   9 ( 10 ) e109119  2014年10月  [査読有り]

     概要を見る

    Lunar cycle-associated physiology has been found in a wide variety of organisms. Studies suggest the presence of a circalunar clock in some animals, but the location of the lunar clock is unclear. We previously found lunar-associated expression of transcripts for Cryptochrome3 gene (SgCry3) in the brain of a lunar phase-responsive fish, the Goldlined spinefoot (Siganus guttatus). Then we proposed a photoperiodic model for the lunar phase response, in which SgCry3 might function as a phase-specific light response gene and/or an oscillatory factor in unidentified circalunar clock. In this study, we have developed an anti-SgCRY3 antibody to identify SgCRY3-immunoreactive cells in the brain. We found immunoreactions in the subependymal cells located in the mediobasal region of the diencephalon, a crucial site for photoperiodic seasonal responses in birds. For further assessment of the lunar-responding mechanism and the circalunar clock, we investigated mRNA levels of Cry3 as well as those of the other clock(-related) genes, Period (Per2 and Per4), in S. guttatus reared under nocturnal moonlight interruption or natural conditions. Not only SgCry3 but SgPer4 mRNA levels showed lunar phase-dependent variations in the diencephalon without depending on light condition during the night. These results suggest that the expressions of SgCry3 and SgPer4 are not directly regulated by moonlight stimulation but endogenously mediated in the brain, and implicate that circadian clock(-related) genes may be involved in the circalunar clock locating within the mediobasal region of the diencephalon.

    DOI

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 生物時計の分子生物学(分担)

    シュプリンガー・フェアラーク東京  1999年

  • 試験監督のいない学校(分担)

    東方出版  1996年

  • ピノプシンによる光シグナル伝達と生物時計(共著) 「細胞内シグナル伝達のしくみ」(分担)

    羊土社・新臨床医のための分子医学シリーズ  1996年

  • 視覚の分子生物学:図説分子病態学(共著)

    中外医学社  1995年

  • 視細胞における色受容:その分子機構と進化(共著) 視覚の進化と脳

    朝倉書店  1992年

Misc 【 表示 / 非表示

  • 概日時計の異なる段階におけるCLOCKとBMAL1の周期的リン酸化(Rhythmic phosphorylation of CLOCK and BMAL1 at different phases of circadian clock)

    吉種 光, 高尾 敏文, ズ・ゴク・ヒエン, 岡野 俊行, 深田 吉孝

    日本生化学会大会プログラム・講演要旨集   82回   4P - 461  2009年09月

  • E‐box依存性転写のDNA結合とその阻害のためのCLOCK臨界のSer38/Ser42リン酸化

    吉種光, 高尾敏文, 里見佳典, ズ ゴク‐ヒエン, 岡野俊行, 深田吉孝

    Program Abstr 6th Congr Asian Sleep Res Soc 34th Annu Meet Jpn Soc Sleep Res 16th Annu Meet Jpn Soc Chronobiol Jt Congr 2009     242  2009年

    J-GLOBAL

  • ファルネシル欠失トランスデューシンγサブユニットを発現する視細胞の光応答解析

    小島 大輔, 葛西 秀俊, 櫻井 啓輔, 岡野 俊行, 今井 啓雄, 中尾 和貴, 中谷 敬, 七田 芳則, 饗場 篤, 深田 吉孝

    日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集   81回・31回   2T15 - 9  2008年11月

  • 概日時計作働におけるCLOCKの転写促進の抑圧におけるCLOCKリン酸化の重要な役割(CLOCK phosphorylation plays a key role for the suppression of its transactivation in circadian clockwork)

    吉種 光, 岡野 俊行, 深田 吉孝

    日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集   81回・31回   4T16 - 2  2008年11月

  • E‐boxを介した転写抑制において重要な役割を果たすCLOCKの過リン酸化

    吉種光, 岡野俊行, 深田吉孝

    時間生物学   14 ( 2 ) 72  2008年10月

    J-GLOBAL

全件表示 >>

産業財産権 【 表示 / 非表示

  • 光感受性遺伝子発現調節システム

    岡野 俊行

    特許権

受賞 【 表示 / 非表示

  • New Investigator Award, American Society for Photobiology

    2002年  

  • 日本比較生理生化学会 吉田奨励賞

    1995年  

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 動物のGPSを支える光駆動型地磁気受容体分子の構造と機能

    研究期間:

    2017年04月
    -
    2021年03月
     

     概要を見る

    申請書に記載の研究計画に基づき下記の研究を行った。【1】光・磁気受容体クリプトクロムの立体構造の決定:酵母を用いて高純度のクリプトクロムを大量に得ることに成功したことを受けてこれまでに、多数の条件をスクリーニングしたものの結晶は得られていない。そこで、構造が安定しないと推定されるカルボキシ末端郎行きを削った多数の変異体を用いて、さらに検討したものの結晶は得られなかった。そこで、引き続き条件を検討続けると共に、結晶化に替わる構造推定手段としてMD計算を用いて立体構造を推定した。推定した構造を元に、光反応に伴う発色団近傍の電子移動を推定し、変異体を作成・解析した。【2】光・磁気受容体クリプトクロムの光反応機構の解析:光を受容した直後の光反応を検討するために、ミリ秒分光法を用いた解析を行った。ここでは、中間体を含めた詳細な光反応過程を推定するため、特異値分解法を利用した解析を行った。その結果、興味深いことに光照射直後において、これまで観察された中性ラジカルの前駆体であるアニオンラジカル体がサブミリ秒スケールで安定に生じていることが判明した。アニオンラジカル体が他のクリプトクロムよりも安定に存在していたことから、アニオンラジカル体の形成前後において高効率の磁気応答反応が起こっている可能性が考えられた。【3】光・磁気受容体クリプトクロムの光依存的な磁気応答反応の検出:クリプトクロムの磁気応答反応の検出には、クリプトクロムを分子レベルで一定方向に並べることが重要である。そこで、これまでに得たモノクローナル抗体の一本鎖抗体を大腸菌において大量に発現し、変性・再生を経て高純度に得ることに成功した。特に、クリプトクロムのカルボキシ末端を認識するC13抗体は、温度変化に応じて結合力が変化することが判明したため、この性質を利用して、タンパク質精製・可逆的固定化を行う基本技術を確立した。クリプトクロムの結晶化について条件検討を続けるのと並行して、その過程で確立した高純度試料の精製方法を利用することによって、これまで不可能であった高速分光が可能となった。現在は、発現量の少ない変異体の大量精製も可能となりつつあり、結晶構造は確定できていないものの、光反応過程を知るために必須の高濃度試料が得られた点が、今後の研究展開の大きな突破口となっており、その点が大きな進展である。また、クリプトクロムアフィニティー精製方法の詳細な検討過程において、温度感受性の一本鎖抗体を用い、温度変化によって高純度タンパク質精製が可能となった。この方法は他のクリプトクロムにも応用可能であると同時に、タンパク質の固定化技術にもつながる可能性があり、以上を総合して、概ね順調に進展していると判断した。研究1の結晶化に関してはひきつづき条件検討をつづける。具体的には、これまで用いてきた酵母以外の宿主にも広げて純度の高いタンパク質の精製を試みる。また、立体構造解明のリスクも考え、MDシミュレーションで得られた予測立体構造の正しさについて、変異体の光反応解析と酵素部分分解解析、ならびに、反応する抗体のエピトープ解析などを合わせて、総合的に評価・検討する。研究3の磁気応答反応の検出には、分子固定化技術と光反応の検出技術の両方の確立が必要であり、これまでにない新規の技術開発が必要と考えられた。高速分光法を導入することによって、分子固定を行わずとも、磁気効果を検出できる可能性が考えられた。そこで、光反応の検出にやや重点を置きたい。つまり、固定化方法はひきつづき検討しつつも、並行して蛍光等を用いてクリプトクロムの構造変化のリアルタイム検出ができないかを検討する予定である

  • 月齢応答機構の解明に向けたモデル細胞の創出

    研究期間:

    2018年06月
    -
    2020年03月
     

     概要を見る

    申請書に記載の研究計画に基づき下記の研究を行った。【1】実験室内での月光環境の再現:本研究の準備段階において、多数のLEDを組み合わせた人工月光装置を考案・作成していた。これをさらに大型にし、多数の細胞あるいは魚個体に与えられる装置を複数完成した。また、人工月光装置をPCより制御し、1ヶ月以上にわたって光強度を実際の月齢変動応じて再現できるようにした。【2】Fugu Eye細胞を用いた月光応答性および概月時計機能の検証:上で作成した人工月光装置のもとでFugu Eye細胞を培養し、光に応じて遺伝子発現がどのような影響をうけるのかを調べた。その結果、DNA修復経路に関わる遺伝子の発現が月光によって有意に上昇することがわかった。概月時計機能の有無を検証するためには、長期にわたって細胞を培養することが必要不可欠である。そこで、Fugu Eye細胞を2ヶ月間培養できる条件を検討・決定した。また、Fugu Eyeとの比較対象のため、さまざまな光条件のもとでの時計遺伝子発現の変化をzebrafishやドジョウといった月光応答性を持たない生物でも調べた。【3】人工月光周期下におけるゴマアイゴ幼魚の月周期応答性の検証:人工月光装置のもとで、ゴマアイゴ幼魚の月周期応答性を検証するためには、リアルタイムで行動を測定する必要がある。そのための赤外線カメラおよび赤外線投光装置を作成した。そこで現在、得られた画像を行動データに変換するための専用のプログラムの開発を進めている。また、トラフグの幼魚が、ゴマアイゴの幼魚より安定的に入手できる可能性が高まったため、ゴマアイゴと並行してトラフグの幼魚の行動も合わせて測定を検討している。研究【1】に関しては、多数の細胞や魚に対して、同一の波長分布をもった微弱な光を均一に照射することが必要である。このためには、多数のLEDの光を混合し、インキュベータ内において一定強度に保つことが重要である。このために、狭い範囲で光を均一にするための工夫が必要であった。さらに、月光の強度を月齢および時刻(月の高度が変化するため)に応じて刻々と変化させる必要があり、PCから制御することとした。光量変化にともなってスペクトルが変化しないように回路を工夫するなど、細かな調整が必要であったが、概ね当初の予定を十分に満たす装置の作成が完了した。研究【2】に関しては、研究【1】での装置作成の完成を待つことなく、一定光量の月光装置を用いて先に並行して実験を行った。その結果、月光応答遺伝子の候補を見つけることができ、現在、完成した装置を用いての測定を開始した。月齢応答を調べる実験は、細胞の準備を含めて数ヶ月を要するため、結果はまだ出ていないが、本研究の終了までには十分間に合う計画にて遂行中である。研究【3】に関しては、ゴマアイゴの幼魚(約5cm)が入手できなかったため、より大きな個体(約15cm)を用いることとした。そのため、当初予定していた赤外線センサーを用いる計画を変更し、赤外線カメラを用いることとした。これにより、データ解析に手間はかかるものの、行動パターンの解析も可能となり、将来的に得られるデータが増大した。以上を総合して、概ね順調に進展していると判断した。研究はほぼ予定通りに進んでおり、当初の予定通り、以下の研究をおこなう。研究【1】に関しては、すでにおおよその目的を完了した。研究【2】に関しては、Fugu Eye細胞に月光応答性があることも判明した。そこで今後は、完成した人工月光装置のもとで、実際の月齢に即したパターンで継続的に月光刺激を与えた際に、概日時計遺伝子および光応答遺伝子に月齢依存的な遺伝子変動が見られるかどうか、さらに、月齢刺激の後に月光刺激を与えなかった場合にも月齢依存的な変動が観察されるかどうかを調べ、Fugu Eye細胞に概月性があるかどうかを検討する。研究【3】に関しては、完成した赤外測定系を用いて、ゴマアイゴおよびフグ稚魚の行動を測定する。行動解析プログラムを完成し、測定で得られるデータを元に、行動パラメータを算出し、月光応答性について検証する。以上の解析を通して、Fugu Eye細胞に概月リズムが存在し、概月時計のモデル細胞として利用可能かどうかを検証する

  • 熱帯性魚類の月齢同調産卵を制御する脳内ネットワークの探索

    研究期間:

    2016年04月
    -
    2018年03月
     

     概要を見る

    熱帯から温帯域に広く分布するアイゴ科魚類は、繁殖期の間、種ごとに特定の月齢で一斉に産卵する月齢同調産卵を行う。本研究ではゴマアイゴの脳内で発現する時計遺伝子を網羅的に同定し、月の満ち欠けに応じた月光の周期的な変化が時計遺伝子発現におよぼす影響について精査した。その結果、月光に即時的に応答する時計遺伝子と、月光刺激により1周期のみ月周変動する時計遺伝子の存在が明らかとなった。本結果からゴマアイゴは月光刺激によって約1ヶ月の時間を計測可能な砂時計型のタイマーを利用して産卵月齢を認知することが考えられた

  • 快適かつ健康な生活リズムを実現する室内照明環境制御法の開発

    研究期間:

    2016年04月
    -
    2018年03月
     

     概要を見る

    光はヒトの概日時計に作用し、睡眠・覚醒リズムのみならず、全身において恒常性の維持に多大な影響を及ぼす。夜間の光は、生活リズムの混乱と同時に莫大な電力の消費を引き起こしている。一方、光環境への生理応答作用に関する基礎研究から得られる知見を生活リズムの改善に利用する研究は少ない。そこで本研究では、体内時計の調節、快適健康な生活環境の実現と電力エネルギー消費の抑制等を目標とし、視覚の生理応答特性を利用した光環境制御技術の開発を目指した。その結果、光量変動を意識させないまま減光することを可能にする光制御方法を考案することができた

  • 温度感受性モノクローナル抗体を利用した新しいタンパク質精製・制御系の確立

    研究期間:

    2014年04月
    -
    2016年03月
     

     概要を見る

    我々が開発したニワトリCRY4のC末端付近をエピトープとするモノクローナル抗体は、抗原ペプチドとの結合において温度依存性を示す。本研究では、これを利用し、エピトープをタグとして利用することによって、任意のタンパク質の精製に利用できる可能性を検討した。その結果、グルタチオンSトランスフェラーゼや黄色蛍光タンパク質を温度依存的に精製することに成功した。本技術は、タンパク質の新しいタグおよび精製方法の確立であり、タンパク質の局在や機能の温度依存的な制御をはじめ、さまざまな分野への応用が期待される

全件表示 >>

特定課題研究 【 表示 / 非表示

  • 温度依存的タンパク質制御法の開発

    2019年  

     概要を見る

    温度情報を分子情報に変換する変換素子を創成し、温度に依存して分子間相互作用を自在に制御することができれば、温度情報をもとに分子制御を行うことが可能となる。本研究では、申請者らが最近開発した、温度応答ペプチドを利用したタンパク質制御系(THETA system) [Miura et al., Commun. Biol. (2019)]の応用を目指し、新たな生体分子操作の共通基盤を構築することを目指した。具体的には、THETA systemを構成するTHETALおよびTHETASを異なるリンカーで結合した複数のタンデムリピートタンパク質を多数作製し、相互作用と安定性を調べた。

  • 新規青色光受容体分子の発現精製および機能解析

    2018年  

     概要を見る

    申請者らが10年以上にわたって研究対象としてきたクリプトクロムは、鳥類では網膜に多量に存在し(Watari et al., 2012)、光エネルギーを利用した磁気受容分子の最有力候補として注目されている。本研究では、クリプトクロムファミリー分子の新規メンバーを含めたタンパク質解析を行った。ゼブラフィッシュおよびキンカチョウのクリプトクロムを酵母において発現させ、高純度に精製して分子解析を行った。また、フグ細胞における発現も解析した結果、弱光に応答して発現が変化することが明らかになった。

  • 温度による生体操作にむけた温度感受性タグの改良と利用

    2018年  

     概要を見る

    我々はこれまでに、2つのモノクローナル抗体(C1mAb、C13mAb)がニワトリクリプトクロム4に対して、それぞれ光と温度変化に依存して結合状態が変化することを見出した。本研究では、これらの抗体を利用し、光タグと温度タグによるタンパク質の高速かつ高純度な濃縮・精製法を実現することを目指した基礎研究を行った。その結果、C13mAbの温度依存性を利用して、ニワトリ網膜およびcCRY4発現酵母細胞からのタンパク質の特異的な精製に成功した。さらに、これらの系を利用した光タグと温度タグシステムの改良を目的とし、C13mAbの一本鎖抗体を作成し、ゲルに固定化してタンパク質精製に利用することに成功した。

  • 新しい青色光受容分子の強制発現系の構築と分子性状解析

    2016年  

     概要を見る

    クリプトクロム(CRY)は、広く生物界に存在する青色光受容分子であり、光の受容や磁気の検知といった多様な機能を担うと推定される。我々はこれまでに、種々の動物においてCRY分子を多数同定した。さらに、ニワトリCRY4に関しては、酵母を用いた発現と抗CRY4抗体を用いた免疫アフィニティー精製系を確立することに成功した。そこで本研究では、この系をさらに改良し同時に、他のCRYの同定と発現解析、ならびに精製したCRY4を用いた分光学的解析ならびに生化学的解析を行った。

  • 青色光とラジカルを利用する情報受容タンパク質群の分子基盤

    2014年  

     概要を見る

    クリプトクロム(CRY)は、広く生物界に存在する青色光受容分子であり、磁気受容能も含めて、組織特異的に多様な機能を担うと推定されている。CRYは、光センサーとして遺伝子発現調節や概日時計発振に関与し、また磁気受容分子としての機能も想定されるが、オプシン類に比べると機能解析が遅れている。これまでに、種々の動物においてCRY分子を多数同定し、特にニワトリCRY4に関しては最近、酵母を用いた発現・精製系を確立することに成功した。そこで本研究では、この系のさらなる改良を目指すと同時に、他のCRYタンパク質の精製法の確立、ならびに精製したCRY4を用いた分光学的解析ならびに生化学的解析により、光受容の分子機構を解析した。

全件表示 >>

 

現在担当している科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>