太田 亨 (オオタ トオル)

写真a

所属

教育・総合科学学術院 教育学部

職名

教授

ホームページ

http://www.dept.edu.waseda.ac.jp/ohta-lab/OhtaLab-website/index.html

兼担 【 表示 / 非表示

  • 理工学術院   大学院創造理工学研究科

学内研究所等 【 表示 / 非表示

  • 2020年
    -
    2022年

    理工学術院総合研究所   兼任研究員

学歴 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2004年

    早稲田大学   理工学研究科   環境資源及材料理工学専攻  

  •  
    -
    2004年

    早稲田大学   理工学研究科   環境資源及材料理工学専攻  

  •  
    -
    2000年

    九州大学   理学部   地球惑星科学科  

学位 【 表示 / 非表示

  • 早稲田大学   博士(理学)

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2013年
     
     

    :千葉大学理学研究科非常勤講師

  • 2012年
    -
     

    :早稲田大学教育・総合科学学術院 准教授

  • 2008年
    -
    2011年

    : 早稲田大学教育・総合科学学術院 専任講師

  • 2005年
    -
    2007年

    :早稲田大学教育・総合科学学術院 助手

  • 2004年
    -
    2005年

    :早稲田大学理工学総合研究センター 客員研究員

所属学協会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     

    日本地質学会

  •  
     
     

    日本堆積学会

  •  
     
     

    日本情報地質学会

  •  
     
     

    日本地球化学会

  •  
     
     

    日本鉱物科学会

全件表示 >>

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 固体地球科学

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 堆積盆解析、堆積物重力流、砂岩組成、対数比解析

論文 【 表示 / 非表示

  • Depositional ages and characteristics of Middle–Upper Jurassic and Lower Cretaceous lacustrine deposits in southeastern Mongolia

    Hitoshi Hasegawa, Hisao Ando, Noriko Hasebe, Niiden Ichinnorov, Tohru Ohta, Takashi Hasegawa, Masanobu Yamamoto, Gang Li, Bat-Orshikh Erdenetsogt, Ulrich Heimhofer, Takayuki Murata, Hironori Shinya, G. Enerel, G. Oyunjargal, O. Munkhtsetseg, Noriyuki Suzuki, Tomohisa Irino, Koshi Yamamoto

    Island Arc   27 ( 3 )  2018年05月

     概要を見る

    Lower Cretaceous lacustrine oil shales are widely distributed in southeastern Mongolia. Due to the high organic carbon content of oil shale, many geochemical studies and petroleum exploration have been conducted. Although most of the oil shales are considered to be Early Cretaceous in age, a recent study reveals that some were deposited in the Middle Jurassic. The present study aims at establishing depositional ages and characteristics of the Jurassic and Cretaceous lacustrine deposits in Mongolia. The Lower Cretaceous Shinekhudag Formation is about 250 m thick and composed of alternating beds of shale and dolomite. The Middle Jurassic Eedemt Formation is about 150 m thick and composed of alternating beds of shale, dolomitic marl, and siltstone. The alternations of shale and dolomite in both formations were formed by lake level changes, reflecting precipitation changes. Shales were deposited in the center of a deep lake during highstand, while dolomites were formed by primary precipitation during lowstand. Based on the radiometric age dating, the Shinekhudag Formation was deposited between 123.8 ±2.0 Ma and 118.5 ±0.9 Ma of the early Aptian. The Eedemt Formation was deposited at around 165–158 Ma of Callovian–Oxfordian. The calculated sedimentation rate of the Shinekhudag Formation is between 4.7 ±2.6 cm/ky and 10.0 ±7.6 cm/ky. Shales in the Shinekhudag Formation show micrometer-scale lamination, consisting of algal organic matter and detrital clay mineral couplets. Given the average thickness of micro-laminae and calculated sedimentation rate, the micro-lamination is most likely of varve origin. Both Middle–Upper Jurassic and Lower Cretaceous lacustrine oil shales were deposited in intracontinental basins in the paleo-Asian continent. Tectonic processes and basin evolution basically controlled the deposition of these oil shales. In addition, enhanced precipitation under humid climate during the early Aptian and the Callovian–Oxfordian was another key factor inducing the widespread oil shale deposition in Mongolia.

    DOI

  • Sedimentation history of the Paleoproterozoic Singhbhum Group of rocks, eastern India and its implications

    Shuvabrata De, Leena Mallik, Rajat Mazumder, Priyanka Chatterjee, Tohru Ohta, Satoshi Saito, Jeff Chiarenzelli

    EARTH-SCIENCE REVIEWS   163   141 - 161  2016年12月  [査読有り]

     概要を見る

    This paper reviews the sedimentological, geochemical and stratigraphic characteristics of the Paleoproterozoic Chaibasa and Dhalbhum Formations (the Singhbhum Group) of eastern India and presents a comparative study with other Paleoproterozoic lithostratigraphic units of India. Both the formations are entirely siliciclastic and deformed and metamorphosed, generally at greenschist to upper amphibolite facies. The older Chaibasa Formation consists of sandstone, shale and sandstone-shale interbanded (heterolithic) facies. It conformably over-lies the Late Archean-Paleoproterozoic Dhanjori Formation of terrestrial (alluvial fan-fluvial) origin. The Lower Chaibasa Member formed in a marine setting; the shale and heterolithic facies formed in a continental shelf setting below and above the storm wave base, respectively. The sandstone fades formed in a subtidal setting during sea level fall. In contrast, the Upper Chaibasa Member formed in a shallow-marine setting; both the shale and heterolithic facies formed above the storm wave base.
    In significant contrast, the overlying Dhalbhum Formation is dominated by finer clastics with much lower proportion of sandstones. The base of the terrestrial Dhalbhum Formation is a sequence boundary (unconformity). Sedimentary facies analysis clearly shows two broad facies association of terrestrial origin (fluvial and aeolian). The aeolian facies association overlies the fluvial facies association. The Dhalbhum sandstones show typical REE pattern of quartz dilution with lower concentrations compared to the mudstones. The Dhalbhum finer clastics mimic typical REE patterns resembling abundances in the continental crust. Rare earth element plots display a good match with Post-Archean Australian Shales (PAAS) including similar concentrations, steep negative slope for LREEs, negative Eu anomaly, and nearly flat HREES. The Singhbhum Paleoproterozoic succession is devoid of both chemical sediments and Paleoproterozoic glacial deposits in contrast to neighboring cratons. (C) 2016 Elsevier B.V. All rights reserved.

    DOI

  • Morphology and phylogenetic origin of the spinicaudatan Neodiestheria from the Lower Cretaceous Dalazi Formation, Yanji Basin, north-eastern China

    Gang Li, Tohru Ohta, David J. Batten, Takashi Sakai, Takeshi Kozai

    CRETACEOUS RESEARCH   62   183 - 193  2016年07月  [査読有り]

     概要を見る

    The spinicaudatan Neodiestheria Chen is an important component of the diverse Early Cretaceous Yanjiestheria fauna in eastern Asia. Examination under a scanning electron microscope of newly collected and well-preserved specimens of Neodiestheria dalaziensis Chen from the Albian Dalazi Formation of Zhixin, Jilin Province, north-eastern China, has revealed morphological features of the carapace not recognized previously, namely that puncta are not only evenly distributed on growth bands near the umbo and gradually merge into a punctate fine reticulation and dense radial lirae on each growth band in the upper-middle part of the carapace, but also occur on growth lines and within the lumina of a fine reticulum, and between radial lirae on growth bands in the middle and lower parts of the carapace. Growth bands in anteroventral, ventral and posteroventral parts of the carapace are also ornamented with transversely elongate large pits (depressions) surrounded by swellings, appearing as a large reticulum superimposed over fine reticulation and radial lirae. These ontogenetically developing morphological patterns on the growth bands of the juvenile stage of the carapace indicate that Neodiestheria is closely related phylogenetically to Triglypta Wang. (C) 2015 Elsevier Ltd. All rights reserved.

    DOI

  • 砂岩モード組成、全岩化学組成を用いた三重県四万十帯砕屑物の後背地解析

    葛原 弘毅, 太田 亨

    日本地質学会学術大会講演要旨   2016 ( 0 )  2016年

    CiNii

  • 中国・新疆ウイグル地域の中生代古環境解析 : 大陸衝突による古気候変遷

    内門 亮, 太田 亨, Li Gang

    日本地質学会学術大会講演要旨   2016 ( 0 )  2016年

    CiNii

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 地球・環境・資源 : 地球と人類の共生をめざして

    高木, 秀雄, 山崎, 淳司, 円城寺, 守, 小笠原, 義秀, 太田, 亨, 守屋, 和佳, 内田, 悦生, 大河内, 博, 香村, 一夫( 担当: 共著)

    共立出版  2019年03月 ISBN: 9784320047341

  • 日本の地質構造百選

    日本地質学会構造地質部会編

    朝倉書店  2012年05月 ISBN: 9784254162738

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 年縞から探る温室期の急激な気候変化:温暖化による気候モードジャンプの可能性

    研究期間:

    2019年04月
    -
    2022年03月
     

     概要を見る

    本研究では,白亜紀「温室期」の気候変動を数年~数十年の時間スケールで詳細に復元し,極端な温暖化が進行した後の気候安定性を考察する。代表者らの研究により,現在よりもCO2濃度が高く,極域氷床の存在しない白亜紀「温室期」にも,「氷期」に類似した急激な気候変化が起こっていたことが明らかになった。そこで本研究では,モンゴルの年縞湖成層を対象に独自の超高時間分解能な解析を行い,白亜紀「温室期」にアジア中緯度域の気温と降水量がどのような振幅・移行期間・周期性で変動したのかを調べ,その変動要因を検証する。そして,氷床の存在しない「温室期」モードにおける急激な気候変化の実態や,発生メカニズムの解明を目指す。本研究では,年縞を保存する湖成層であるモンゴルの白亜系シネフダグ層を対象として,白亜紀「温室期」の気候変動を数年~数十年の時間スケールで詳細に復元し,極端な温暖化が進行した後の気候安定性を考察することを目的とする。代表者らのこれまでの研究により,現在よりもCO2濃度が高く,極域氷床の存在しない白亜紀「温室期」にも,「氷期」に類似した千年スケールの急激な気候変化が起こっていたことが明らかになった。そこで本研究では,モンゴルの年縞湖成層(シネフダグ層)を対象に,以下5つの研究手法を行うことにより,白亜紀「温室期」の急激な気候変化の実態解明を試みている。①μXRFコアスキャナー(ITRAX)を用いた無機元素組成変動の解析,②蛍光顕微鏡による夏季藻類生産量の復元,③微小カルサイト層の微量酸素同位体比測定による湖水質変動の復元,④古細菌バイオマーカーに基づく古水温指標(TEX86)の解析,⑤無機元素組成・粘土鉱物組成の因子解析による気温と降水量因子の解析。本年度はまず①と②の研究を進め,約30万年区間に対して約5年の解像度で主要・微量元素組成分析を行い,十年~千年スケールの古環境変動を詳細に復元した。また③の手法構築を分担者の石村と共同で開始し,微小カルサイトの酸素・炭素同位体比から,年スケールの湖生物生産量や蒸発量/降水量の変動を復元可能であることが明らかになった。一方,④の古細菌バイオマーカーに基づく古水温指標(TEX86)の解析は困難であることがわかった。本研究の成果の一部は,国際誌論文2編と国内誌論文1編として公表した他,国際誌論文1編を投稿中である。また国内学会で8件の,国際学会で2件の発表を行った。また研究対象のモンゴル白亜系湖成層に関する論文(Hasegawa et al., 2018, Island Arc)が日本地質学会2019年論文賞を受賞した。本年度はまず,①と②の研究を代表者が中心になって進めた。μXRFコアスキャナーを用いて,シネフダグ層のコア試料(CSH01)の30m区間(約30万年区間)に対して0.5mm解像度(約5年の解像度)で主要・微量元素組成分析を行い,十年~千年スケールの古環境変動を詳細に復元した。また蛍光顕微鏡を用いて年縞層厚を解析し,堆積速度変化を補正した時系列変動に転換した。本年度はまた,③の研究の手法構築を分担者の石村と共同で開始した。白亜紀年縞の層厚は数十μmと極微小なため,微量炭酸塩安定同位体比測定システムと高精度マイクロミルを用いることで,1億年前の湖成年縞中の微小カルサイトからの酸素・炭素同位体比測定を試みた。その結果,微小カルサイトの酸素・炭素同位体比から,年スケールの湖生物生産量や蒸発量/降水量の変動を復元可能であることが明らかになった。また,分担者の山本が④の古細菌バイオマーカー(GDGTs)の測定を行った。しかし,測定した試料からはGDGTsが検出されず,古細菌バイオマーカーを用いた古水温指標(TEX86)の解析は困難であることがわかった。今後は,昨年度に引き続き①と②の研究を代表者が中心になって継続する。特に,μXRFコアスキャナーを用いて,より長期間(約60万年区間)の古環境変動データの解析を進め,千年スケールの変動と地球軌道要素変動との関係性を探る予定である。また分担者の石村と共同で行う③に関しては、昨年度の施行で有効性が確認されたので、本年度は分析数を増やして解析を進める。分担者の山本が進める④に関しては、シネフダグ層のコア試料からのTEX86分析が困難と判明したため、新規の古水温指標として最近提唱されたHG古水温指標(Klages et al. 2020, Nature)が同試料に適用可能かの検討を進める。⑤については分担者の太田と共同で、現生や第四紀の湖水質観測記録や堆積物の元素組成データとの比較検討を行う。以上の研究を推進し、白亜紀「温室期」の気温と降水量の変動を超高時間分解能(数年~数十年解像度)で復元し,現在よりも大気CO2濃度が高く,極域氷床が存在しない「温室期」の気候モードにおける急激な気候変化の実態や,発生メカニズムの解明を目指す

  • 東アジア大陸における白亜紀古気候の時空変化:温暖期の大気循環システムの解明

    研究期間:

    2018年04月
    -
    2021年03月
     

     概要を見る

    2018年度の研究では、北緯25°付近(北ベトナム)において、白亜紀中~後期に熱帯雨林気候から、極度の砂漠気候に移行したことを確かめた。これを受けて、2019年度は調査範囲を広げて、中国浙江省と中南部ベトナムを調査対象に追加した。このことによって、北緯20°~30°における広範囲の古気候を明らかにすることを目指した。浙江省において白亜紀当時の後背地風化度を解析した結果、温室モードの前期白亜紀では温暖湿潤気候(風化指標W値の値=60前後)から、極温室モードの中期白亜紀で乾燥気候(W値=40前後)に古気候が移行したという結果を得た。同様に、中南部ベトナムにおいては、温室モードの前期白亜紀では熱帯雨林気候(W=90前後)、極温室モードの中期白亜紀では温暖湿潤気候(W=60前後)という古気候変遷を示す結果を得た。新規解析した浙江省も中南部ベトナム両地域において、地球温暖化の時期に乾燥化が進行したことを確認したが、乾燥化の規模は北ベトナムにおけるそれより過酷なものではなかった。この事実は、熱帯雨林地域の砂漠化の範囲が、北緯25°(北ベトナム)が中心で、その北限が北緯30°(浙江省)付近、南限が北緯20°(中南部ベトナム)付近であったことを示しており、中期白亜紀に突如として始まった砂漠化の地理的範囲を特定することにつながった。浙江省・北ベトナム・中南部ベトナムにおいて採取した試料については、化学組成の分析は完了している。化学組成から、後背地・続成作用・後背地風化度の解析を進めている。後背地風化度については、前述したように、中期白亜紀にアジア大陸低緯度地域が砂漠化したことを示すことができた。かつ、その砂漠化の範囲の広がりを推定するデータを得ることができた。この結果を追認するために、粘土鉱物組成という別角度からも後背地風化度の定量を現在進行形で実施中である。北ベトナムについてはデータを出しており、砂漠化を検知した中期白亜紀には熱帯雨林気候の土壌にみられるカオリナイトが欠如していることを確認した。このように、マルチプロキシから上記の気候変遷の追認を進めている。上記のように、中期白亜紀の極温暖化によって低緯度地域が砂漠化したことが明らかになった。今後は低緯度砂漠化の影響範囲をより明確にするのと共に、赤道直下では古環境を明らかにしていきたい。そのために、南ベトナムPhu Quoc島の白亜系と、ボルネオ島Sawarakに分布する白亜系の現地調査と機器分析を実施する予定であった。白亜紀当時のPhu Quoc島の古緯度は北緯15°程度であり、Sawarakのそれは0°である。したがって、この調査地域選定によって、極温暖期における熱帯収束帯の気候応答を明らかにできると期待される。しかし、新型コロナウイルスの影響でベトナムとマレーシアへの海外渡航が困難になった問題が発生した。幸いなことに、本年度9月からベトナムから本研究課題によって学位取得を目指している博士課程留学生を迎える予定である。当該学生は現在ベトナムに滞在しており、ベトナム国内であれば新型コロナウイルスによる行動制限が課されていない。そこで、当該学生にPhu Quoc島の現地調査と試料のサンプリングを行ってもらい、秋以降に本研究室において試料の危機分析を実施することを計画している。本年度は同時に、中南部ベトナムと浙江省の試料について、X線回折装置による分析を実施し、粘土鉱物組成から後背地風化度を評価する計画である。解析結果は、北ベトナムのそれと比較しながら、中期白亜紀の極温暖モードにおける砂漠気候帯の広がりを認定する

  • 楕円フーリエ・主成分分析による粒子形状の定量と古波浪強度解析の新指標

    研究期間:

    2015年04月
    -
    2018年03月
     

     概要を見る

    本研究では、20地点の前浜の砂を採取し、粒子形状指標と波浪営力・風成営力の関係を検証した。主成分分析の結果、第1主成分は波浪営力を検出し、伸張指標と高い相関を示し、太平洋側・日本海側の海岸で対照的な値を示した。したがって、この潜在変数は、うねりの多い大海洋では、粒子が円形になることを示している。第2主成分は風成営力を検出し、円摩度指標と高い相関を示し、砂丘の存在する地点で高い値を示した。したがって、この潜在変数は、浜堤平野の発達度合いを検知しており、そのような場所では粒子が円摩されていることを示している。この結果を応用すれば、粒子形状から海洋の規模と、砂丘の発達を判別することができる

  • モンゴル白亜系湖成層のコア掘削:数万年精度でのOAE期の陸-海環境リンケージ解明

    研究期間:

    2013年04月
    -
    2016年03月
     

     概要を見る

    モンゴル南東部の白亜紀前期のシネフダグ層の湖成泥岩層を対象に,露頭とボーリング掘削による連続コアから,精密サイクル層序を確立した.凝灰岩中のジルコンのFT,U/Pb年代からその堆積年代は123-119Ma(アプチアン前期)と判定した.泥岩層の年縞の各種解析から,約2,10,40万年というミランコビッチ周期の地球軌道要素変動に起因した湖水位変動に加えて,太陽活動周期(約11年,約88年,約400年)に類似した周期の気候変動が記録されていることが判明した

  • 気候による化学風化作用の定量と古気候解析の新指標の提示

    研究期間:

    2010年04月
    -
    2013年03月
     

     概要を見る

    本研究では、土壌の化学組成と土壌生成場の気候との関係性を多変量統計学によって明らかにした。この結果,寒冷・寒冷湿潤・ステップ・温暖湿潤・乾燥・半乾燥・熱帯雨林気候帯の土壌を識別するスキーム(W 値)を開発した。さらに、このスキームを古土壌の化学組成に適応することによって古気候を解析する新たな指標を提示した。北海道と中国大陸の白亜系に対して、本手法を適応したところ、酸素同位体による既存の古気温データと相関するW 値の時系列データを得られた。したがって、W 値を利用した古気候解析方法は有効であることを確かめた

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 北海道蝦夷層群における白亜紀海洋無酸素事変の原因としての“風化仮説”の検証

    上形由布子, 高木悠花, 太田亨

    日本地質学会第122年学術大会  

    発表年月: 2015年09月

  • 四万十帯砕屑物組成の時間・空間変化様式:琉球と三重地域の広域比較

    広瀬健, 葛原弘毅, 太田亨

    日本地質学会第122年学術大会  

    発表年月: 2015年09月

  • 楕円フーリエ−主成分分析法を用いた砕屑物粒子形状の定量化および堆積場判別手法の検証

    橋本朋子, 太田亨

    日本地質学会第122年学術大会  

    発表年月: 2015年09月

  • インド東北部スインブーム地塊に分布する前期原生代潮汐堆積物のウェーブレット解析:20億年前の地球自転速度の推定

    宮田浩之, 太田亨

    日本地質学会第122年学術大会  

    発表年月: 2015年09月

  • 月着陸探査に向けた能動型蛍光X線分光計の開発状況

    日本地球惑星科学連合  

    発表年月: 2015年05月

全件表示 >>

特定課題研究 【 表示 / 非表示

  • 風化作用の定量化による,大量絶滅事変の解明:ベトナムの事例

    2020年   Nguyen Quoc Dinh

     概要を見る

    北部ベトナム・Cao Bang省には、ペルム紀–三畳紀境界の石灰岩が露出しており、大量絶滅事変研究の好条件がそろっている。当初の研究計画では、Os・Sr同位体組成、後背地風化指標、鉱物組成の測定から、大量雑滅事変の要因追求を目指していたが、コロナ禍の影響で現地踏査がおこなえなかった。この代わりに、研究協力者であるDinh氏が現地踏査によって事前調査を実施した。申請者はこの研究期間中、炭酸塩岩用のXRF分析検量線作成と、炭酸塩岩標準試料を用いたICP-MSの前処理過程・分析のフローを構築した。研究費はこれらの事前研究に使用した。今後は、これらを利用して、試料採取と化学分析を実行する予定である。

  • 22億年前の全地球凍結の新たな証拠とその意義:巨大氷河の広がりと大気酸素の誕生

    2018年  

     概要を見る

     本研究では,22億年前に発生したスノーボール・アース事変がインド北東部スィンブーム地塊においても記録されているのかを,土壌化学組成と,凍結亀裂と考えられる堆積構造の幾何学解析から検証した. 土壌化作用を風化指標W値で吟味したところ,22億年前は温暖湿潤気候から氷雪気候へ推移したことを示した.土壌亀裂の幅・深さ・間隔などは,現世の凍土に発生している凍結亀裂と幾何学的性質が一致した.したがって,堆積当時,永久凍土ないしは季節凍土が存在していた.今回の結果は,22億年前の寒冷化がインドにまで広がっており,真に全地球規模の寒冷化イベントが発生していたことを裏付けることになる.

  • 白亜紀における亜熱帯高圧帯の緯度方向シフト:地球温暖化に伴うハドレー循環の拡大と縮小

    2017年   Higuchi taro, Mazmuder Rajat

     概要を見る

    The present study investigated the geochemistry and clay mineralogy ofmudstones collected from the lower to middle Cretaceous strata distributed inVietnam and Borneo island, in order to assess the paleoclimate. We found that mineralogical and geochemical differences that the presentsample bear are due the differences in the degree of hinterland weathering. Duringearly Cretaceous, Vietnam was exposed to a severe weathering environment, whilehinterland weathering almost halted in middle Cretaceous. As for Borneo, earlyCretaceous was a time of severe weathering, which slightly calmed in middleCretaceous. The reason for the decrease can be attributed to the aridification.Two new findings can beproposed by the present result. First,the area that undergone middle Cretaceous aridification was more extensive thanpreviously thought, reaching to Vietnam, and probably prevailed further to theequatorial region (Borneo). Secondly, note that Sichuan, Simao and Korat basinsare located in the continental interior, while the studied Vietnam and Borneoregion are located in the coastline of southeast Asia. Therefore, this suggeststhat the aridification is not due to the simple enhancement of the inland dryclimate, but more likely related to a major turnover in the climate system inmid-Cretaceous.

  • 20億年前の潮汐堆積物のウェブレット解析:太古地球の自転速度の解明

    2014年  

     概要を見る

    インドに分布する20億年前の潮汐堆積物に対して、ウェブレット層厚周期解析をおこない、20億年前の地球自転速度と1年の日数を復元した。解析の結果、2.47、4.11、6.93、14.0、23.1、32.8のラミナ周期性が検知されたが、2.47から23.1のラミナ周期は突発的イベントを示していることがわかる。このことから、32.8が20億年前の大潮−小潮サイクルであると考えられる。よって、朔望月、恒星月あたりの太陽日は33.8、31.4日になる。この値から求められる20億年前の1年の日数は439日、1日の長さは20.0時間と算出される。

  • 楕円フーリエ解析による粒子形状の定量化と古波浪強度解析の新指標の提示

    2014年  

     概要を見る

    石英粒子の形状をEF-PCA分析によって定量化し、堆積環境を識別する研究と、その形状指標から、有義波高などの波浪物性値を割り出す方法を開発した。前者の目標に関しては、粒子の巨視的な形状を記述する指標と微視的な形状を記述する指標の開発に成功した。そして、氷河、河川、風成、前浜の砂の堆積環境をある程度識別できた。しかしながら、形状指標値は同じ堆積環境でも地域間によって変動することもわかった。前浜の砂粒子では、指標値は波浪営力の強い順に指標値が増大した。この事実は、営力の増大に応じて指標値がすることを示している。この関係を利用すれば、粒子の形状から波浪強度や河川規模などが予知できると考えられる。

全件表示 >>

 

現在担当している科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>