STOCKWELL, Glenn

写真a

Affiliation

Faculty of Law, School of Law

Job title

Professor

Homepage URL

http://www.f.waseda.jp/gstock/

Concurrent Post 【 display / non-display

  • Faculty of International Research and Education   Graduate School of International Culture and Communication Studies

  • Affiliated organization   Global Education Center

Education 【 display / non-display

  •  
    -
    2000

    The University of Queensland   Graduate School, Division of Linguistic Sciences   Computer Assisted Language Learning, Second Language Acquisition  

  •  
    -
    1998

    University of Southern Queensland   Graduate School, Division of Education   Second Language Education  

  •  
    -
    1995

    Bond University   Graduate School, Division of Literature and Linguistics   Applied Linguistics, Computer Assisted Language Learning  

Degree 【 display / non-display

  • Bond University (Australia)   Master of Arts in Applied Linguistics

  • University of Southern Queensland (Australia)   Master of Education

  • The University of Queensland (Australia)   Ph.D. in Applied Linguistics

Professional Memberships 【 display / non-display

  •  
     
     

    European CALL Association

  •  
     
     

    Japan Association for Language Teachers CALL-SIG

 

Research Areas 【 display / non-display

  • Educational technology

  • Foreign language education

Research Interests 【 display / non-display

  • Computer Assisted Language Learning, Second Language Acquisition, Second Language Teaching Methodology

Papers 【 display / non-display

  • Computer-assisted SLA

    Hayo Reinders, Glenn Stockwell

    The Routledge Handbook of Instructed Second Language Acquisition     361 - 375  2017.02

    DOI

  • Mobile language learning

    Glenn Stockwell

    The Routledge Handbook of Language Learning and Technology     296 - 307  2016

    DOI

  • Special issue of GLoCALL 2013-2014 selected conference papers

    Siew Ming Thang, Glenn Stockwell

    COMPUTER ASSISTED LANGUAGE LEARNING   29 ( 6 ) 1069 - 1070  2016  [Refereed]

    DOI

  • Engaging in mobile phone-based activities for learning vocabulary: An investigation in Japan and Taiwan

    Stockwell. G., &am, Liu, Y

    CALICO Journal   32 ( 2 ) 299 - 322  2015.04

  • Exploring theory in computer-assisted language learning

    Stockwell, G

    In X. Deng & R. Seow (Eds), Alternative Pedagogies in the English Language & Communication Classroom: Selected Papers from the Fourth CELC Symposium for English Language Teachers. Singapore: Centre for English Language Communication, National University of Singapore.     25 - 30  2014.06

display all >>

Books and Other Publications 【 display / non-display

  • Computer Assisted Language Learning: Diversity in Research & Practice.

    Stockwell. G

    Cambridge University Press  2012.01 ISBN: 9781107016347

  • CALL dimensions: Options and issues in Computer-Assisted Language Learning.

    Levy, M. &amp, Stockwell, G

    Lawrence Erlbaum Associates  2006.06

Research Projects 【 display / non-display

  • A longitudinal study of promoting learner autonomy of English learners through smartphones

    Project Year :

    2018.04
    -
    2021.03
     

  • A cross-institutional study into speech recognition for language learners, analyzing usage patterns

    Project Year :

    2015.04
    -
    2018.03
     

     View Summary

    The current study suggested that automatic feedback in an online language learning environment can lead to a possible increase in autonomy especially when coupled with speech recognition. However, direct [pushed] feedback, such as in an email, is unlikely to increase motivation. Learners appear to become more willing to engage in tasks when the the feedback is instant and appears objective and intelligent. A secondary result demonstrated that speech recognition could distinguish between a native speaker and a learner, but surprisingly, there was no detected correlation between speech levels graded by speech recognition and scores in a standardized written test

  • A longitudinal study on the impact of computers on motivation and learner autonomy in learners of English

    Project Year :

    2012.04
    -
    2015.03
     

     View Summary

    The current study suggested that the provision of strategies for learning English through computers can lead to slight increases in motivation, but learners are unable to utilise these strategies properly. As long as learners do not know how to improve upon their learning methods, they are unlikely to develop learner autonomy. Through providing learners with an opportunity to discuss their strategies with others, learners become more willing to engage in tasks and think more deeply about the language learning process. This results in learners reflect on the strategies that they use, and this is thought to lead to development of learner autonomy

  • Data Collection and Annotation of Relatively Spontaneous Utterances by Japanese Learners of English

    Project Year :

    2009
    -
    2013
     

     View Summary

    We collected relatively spontaneous utterances during group activities among first-year students in a Japanese university over 30 weeks / class sessions throughout the academic years. Each student took Versant English Test, an automated test of spoken English delivered over the phone, four times within the academic year, namely in April, July, October and January, so we can verify any longitudinal changes of the students' proficiency in speaking and listening. The data collected showed a number of interesting interactional phenomena that had not previously been fully recognized. As the data collection was conducted in a relatively uniform fashion over a total period of eight years, including the three years in a preceding project, we can fathom the annual changes of English fluency among the first-year students in this particular university.

display all >>

Presentations 【 display / non-display

  • Insights from replication on the factors affecting successful task implementation in mobile learning

    XVIIth International CALL Research Conference, Universitat Rovira i Virgili, Tarragona, Spain 

    Presentation date: 2015.07

  • Learner training in mobile language learning: A follow-up study

    JALTCALL 2015 Conference, Kyushu Sangyo University, Japan 

    Presentation date: 2015.06

  • Dealing with diversity in online education

    KOTESOL 2015 National Conference, Sookmyung Womens's University, Seoul, South Korea 

    Presentation date: 2015.05

  • Mobile learning for language learning: Trends, issues and a way forward

    The Digital Education Show Asia, Kuala Lumpur, Malaysia 

    Presentation date: 2015.05

  • Shifting paradigms in CALL

    AsiaCALL 2014 Conference, National Changhua University of Education, Changhua, Taiwan 

    Presentation date: 2014.11

display all >>

Specific Research 【 display / non-display

  • ソーシャルメディア活用による英語学習者に対する自律的学習の向上に関する縦断的研究

    2017  

     View Summary

    この研究の目的は、ソーシャルメディアを通して、日本人の英語学習者が自律的に学習できるようになることであった。具体的に、語彙・リスニングのタスクに取り組んでいる学生たちに、全員の学生が既に使っているLINEをソーシャルメディアとして、個別のやり取りとクラス・グループのやり取りを行った。研究の成果としては、主に3つの結果がわかった。1. 教員の助言があるほうが、積極的に取り組むようになり、教員との関係が近くなったと感じる学生が多かった。2. グループのLINEは、主に報告のために使ってほしいとの要望があった。3. グループで学生同士のやり取りをあまり行わず、逆にメッセージが多くなると、迷惑に感じることもあった。

  • コンピュータの活用による英語学習者に対する自律的動機付けの向上に関する縦断的研究

    2011  

     View Summary

    日本の大学生は英語を必要と感じるが、勉強に対する熱意を保つのは困難だと思われる。コンピュータを利用すると一時的な動機付けに繋がっている研究は頻繁にされているが、長期的になると、その熱意は衰えてしまう。学習者が各自で見られる学習者プロフィールを作成すると、より具体的な学習目標を作ることができる。この研究では、学習者プロフィールが長期的な自律的動機付けと英語に関する将来の目標に影響を与えるかを調査する。この研究では、学習者プロフィールの作成によって、英語学習者の長期的な自律的動機付けを向上していくことを目的とした。コンピュータ支援語学学習(CALL)でよく見られる短期的な研究より(Hubbard, 2004参照)、1年間をかけて学習者の変化を研究していく。具体的な研究目的は次のとおりとなった。1. 英語学習者の語彙力と文法力の実態を調べる。現段階では、多くの場合、学生の語彙数は概算されているだけであり、実際にどの単語や文法を知っているのか知らないのか調べられていないため、本研究に参加する学習者のプロフィールを作成し、具体的に調査する。2. 学習者プロフィールを学習者に提供することによって、英語に対する態度や動機付けに影響があるかを調査する。3. 学習者プロフィールを学習者に提供することによって、TOEICで測定できる英語能力に変化があるかどうかを調査する。学習者を、プロフィールを見ることのできる実験群と、従来のようにプロフィールを見ることができない対照群に分けて調査する。4. 学習者プロフィールを見ることによって、より自律的になるかどうかを調査する。学習者に、セルフ・スタディについての指導をコンピュータによって与えると、自律動機付けに繋がるかどうかを調査した。今回は準備する機関が短かったため、下準備をした上で、試用のシステムの開発を始めることができ、プロフィール作成に成功できた。予算・時間の制限で、予定していたTOEICでの測定ができなかったが、その代わりに、独自の評価方法やアンケートで語学・動機付けのレベルが上がったことが確認できた。本研究を基に、動機づけとテクノロジーの関連性についての分担執筆ができて、2012年10月ごろ英国のPalgrave McMillan出版社により出版される予定である。

  • コンピュータによる日本人大学生英語学習者の読解語彙力の調査研究

    2008  

     View Summary

     この研究では、日本人大学生英語学習者を対象にして、リーディングを通じてそれぞれの学習者の語彙力のプロフィールを作成し、学習者の不足している語彙をコンピュータと携帯電話などのモバイル・デバイスでのタスクで提供して、語彙力を向上していくことを目的とした。具体的に、日本人大学生英語学習者の語彙力の実態を調べた。方法として、実際にどの単語を知っているのか知らないのか調べられていないため、本研究に参加した学習者のプロフィールを作成し、具体的に調査した。結果的に、それぞれの学習者のプロフィール作成に成功することができ、大人数のクラスの中でも、学習の発達パターンを詳しく確認することができた。 元々2年間で行う予定だったこの研究は特定課題に切り替わり1年間になったため、ライティングまで調査することはできなかった。しかし、もう一つの目標としていたモバイル・ラーニングについては詳しく調べることができた。モバイル・ラーニングは2つの論点から調べた。まず、学習者は、語彙の練習はパソコンまたは携帯電話のどちらを選ぶかを調査し、学習者の感想も聴取した。結果として、携帯電話だけを使うという学生は非常に少なかったが、モバイル・ラーニングを完全に拒む学生もほとんどいなかったことがわかった。全体的に携帯電話の使用が少なく、理由としてパケット料金のコストや画面の大きさが挙げられた。2つ目の論点は、携帯電話で語彙のタスクを行う際には、学習にどのような影響を及ぼしているかとのことだった。それぞれのタスクの使用時間や点数を調べたところ、携帯電話を使うことによって、パソコンよりほぼ2倍の時間がかかることが分かったが、タスクの点数にはほぼ影響がないことがわかった。時間のかかる理由は、画面が小さいため、設問が同時に見られないということもあったが、それより、携帯電話を外で利用することが多いので、周辺の環境に影響され、集中できないこともあることがわかった。

Overseas Activities 【 display / non-display

  • コンピュータの活用による英語学習者に対する自律的動機付けの向上に関する縦断的研究

    2014.09
    -
    2016.08

    ベルギー   アントワープ大学

    韓国   ソウル国立大学

 

Syllabus 【 display / non-display

display all >>