Updated on 2022/01/24

写真a

 
TANG, Liang
 
Affiliation
Faculty of Political Science and Economics, School of Political Science and Economics
Job title
Professor

Concurrent Post

  • Faculty of Political Science and Economics   Graduate School of Political Science

  • Faculty of Political Science and Economics   Graduate School of Economics

  • Affiliated organization   Global Education Center

Degree

  • 慶應義塾大学   法学博士

Professional Memberships

  •  
     
     

    アジア政経学会

  •  
     
     

    日本国際政治学会

  •  
     
     

    日本比較政治学会

 

Research Areas

  • Politics

Research Interests

  • 中国の政治と外交、比較政治

Books and Other Publications

  • 漸進民主

    唐亮

    八方文化  2004

  • 変貌する中国政治

    唐亮

    東京大学出版会  2001

  • 『現代中国の党政関係』

    唐亮

    慶應義塾大学出版会  1997

Awards

  • 大平正芳記念賞」(受賞作『変貌する中国政治—漸進路線と民主化』東京大学出版会、2001年)

    2002  

  • 発展途上国研究奨励賞(受賞作『現代中国の党政関係』(慶應義塾大学出版会、1997年)

    1998  

Research Projects

  • Comparative Empirical and Public Policy Study on Civil Society and Urban Governance between Japan and Asia

    Project Year :

    2020.04
    -
    2025.03
     

  • comprehensive research on China's politcal elites: selection, competition and governance

    Project Year :

    2018.04
    -
    2022.03
     

  • A Study to elucidate corruption paradox in contemporary China

    Project Year :

    2017.04
    -
    2022.03
     

  • Comparative Local Governance (State-Civil Society Relations) in Asia and Japan

    Project Year :

    2016.04
    -
    2021.03
     

  • Rising Nationalism in China and its impact on the Chinese foreign policy

    Project Year :

    2013.04
    -
    2016.03
     

     View Summary

    Focusing on the diversification and increasing autonomy of Chinese society from the state, this research found the existence of diversified popular nationalism besides government-made nationalism. Among them, illiberal nationalism existed mainly in the weak, leftist intellectuals, and they played a central role in anti-foreign countries events. Liberal nationalism emphasizes compliance with international rules and external cooperation. The Chinese government tries to utilize nationalism from the standpoint of maintaining the one-party system. In the meantime, it also tries to restrict and even punish radial activities, in order to promote open-door policy and keep social stability

  • 中国抗議型維権活動拡大のメカニズム:認知の解放・支配方式の転換・動員手段の多様化

    科学研究費助成事業(早稲田大学)  科学研究費助成事業(基盤研究(A))

    Project Year :

    2013
    -
    2016
     

     View Summary

    2013年度は計8回の研究会、国際セミナーを開催した。研究分担者はそれぞれの分担から研究構想を提示し、中国・抗議型維権運動に関する分析の枠組みを議論したほか、日本国内外の専門家をゲスト講師に迎え、諸外国の社会運動との比較の可能性を探り、研究助言を得た。共同研究作業のほか、研究分担者は分担に沿う形で初歩的な研究を行い、現地調査を実施して文献資料を収集し、維権運動の参加者、政府や企業の関係者、専門家、NGOなどの支援団体、メディア関係者に対する聞き取り調査を行った。
    以下の研究項目について、基礎的な研究が行われ、初歩的な進展があった。1)人々の政治意識、特に法的権利意識は何を背景にどのように変化してきたか、意識の変化はどのように抗議型維権運動に繋がったか、2)民衆はなぜ司法、行政の救済手段でなく、集団抗議活動を維権手段として選ぶ傾向にあるか、抗議型維権手段の選択と政府の対応方法、または官民紛争解決のメカニズムとはいかなる関係にあるか。3)環境NGOや弱者支援団体、地域コミュニティ、同窓会、同好会のほか、維権支援団体や人権弁護士などが如何なる支援活動を展開しているか、自発的な大衆抗議活動と比べれば、動員ネットワークの存在は運動のフレーム、レパートリ、ソーシャル・メディアの活用、マスメディアや政府機関への働きかけにいかなる影響を与えるか。3)政治的機会構造との関連で、抗議活動に対する当局の対応策、権利に関する政府の公式見解、弾圧コストの変化、政府内の利害関係は維権運動にいかなる影響を与えているか。4)サイバー・コミュニティの形成、ソーシャル・メディアの発信能力はいかに情報伝達、ネットワーク構築の機能を通して維権運動の発生と拡大に影響を与えているか。
    中国・抗議型維権運動に関する初歩的な研究成果は、各分担者の執筆論文、学会報告、講義、講演の形で公表された。

  • Zhongnanhai Studies: Socio-political research on Chinese Communist Party

    Project Year :

    2011.04
    -
    2015.03
     

     View Summary

    We have conducted extensive in-depth interviews and opinion surveys on perceptions and images of the Chinese Communist Party (CCP) and its party members with cooperation from Chinese counterparts, aiming at positioning CCP as a socio-political organization.Cross analysis revealed weakening Party-State relations and declining Party’s accountability toward people. In consideration of remaining strong trust to governments, in particular central government, it is considered that the Party’s fragility could be compensated by state actors’ resilience. In this sense, the CCP’s Survival Strategy can be confirmed as still functioning

  • elite,governance,political and social cleavage and values

    Project Year :

    2008.11
    -
    2013.03
     

     View Summary

    This research project regard political system as main part of the development model. While China Russia and India has recently emerged as regional powers because of their size and rapid industrialization, the development model is different among these countries. Taking political elites, political cohesion, national integration and social stability, governing capability, transitional strategy as medium variables, this research project examined that how political and economic system, level of economic and social development, culture and tradition as independent variables, influence their choice of the development model, and how effective are the development models in regional countries

  • General Overview of "Comparative Research on Major Regional Powers in Eurasia"

    Project Year :

    2008.04
    -
    2013.03
     

  • The Politics of Harmonious Society: A Comprehensive Study of the Formulation and Implementation of an Harmonious Developmental Policy

    Project Year :

    2010
    -
    2012
     

     View Summary

    This project analyzed the political process of reforming and establishing institutions for interest coordination in contemporary China, where supposedly reform policies were to be introduced to create a “harmonious society”. Our study has shown that spontaneous or desperate attempts at expressing interests have gained force “from below”, while the response “from above” by the Chinese Communist Party has been delayed since the Party is afraid of relativizing the absolute power that it has enjoyed so far. We could also ascertain that the proliferation of new technology such as the Chinese version of Twitter contributes to strengthening the pressure “from below”.

  • Bottom-up Political Reform : Comprehensive Study of Political Participation in China's Social Transformation

    Project Year :

    2007
    -
    2009
     

     View Summary

    We have found that political activity at the grassroots level in China has been activated in various areas due to marketisation and economic development. However, empirical research into developments in the activities of the mass media, people's congresses, flat owners' associations, peasants, etc., also revealed that signs of what could be called "bottom-up" reforms are yet to emerge. A major cause of this is the control of the Party that sets a limit to these activities. The future reform therefore depends on how the Party will deal with the developing dynamics at the grassroots level.

  • Structural Change in Chinese Politics and Revival of Regional Power

     View Summary

    This team conducted research into the structure of rule in the Peoples Republic of China, the relations of the center with the regions, policymaking, the role of bureaucratic system in politic and the economy, the dynamics of regional politics and related issue.The subject of our team is to analyze whether the change of the relation between center and regions has brought out the change of Political system itself or not. That is still debating.Tang Liang has researched personnel management of CCP and concluded that CCP has sill controled regions strongly. Thao Hongwei has analyzed double roles and functions of a secretary of province party committee. Sawada Yukari has researched the fact-findings of social guarantee system on regional levels. She indicated that although social structural changes has occurred since starting reform and open-door policy, social guarantee system by regional government has not fulfilled function fully. Nakai Yashihumi carried out research into the relation between center and regional government on the foreign economic policies by inquirying the case studies of north-east areas. Kokuhun Ryosei tried to analyze changes the bureaucratic system on the top of these members

  • 現代中国の党-軍関係に関する実証的研究

     View Summary

    現代中国の党-軍関係は政治状況あるいは時期によって変わってくる。平成11年度の研究は文化大革命を例に上層部の権力闘争の動きと軍部との関わりを検証したが、平成12年度の研究は重点を改革期に当て、最近に公表された文献や現地調査などから得た資料を整理し、権力の世代交代、政治の変化および経済社会構造の変動がいかに党-軍関係の変容をもたらしているかを分析した。その主な結論は以下の通りである。(1)改革以前、「革命世代」は中国の政治、軍事を牛耳り、特に、軍の出身者が中央から地方に至るまで、各分野の実権を握っていた。改革期に入り、「革命世代」の高齢化に加えて、共産党政権は幹部の「若返り」、「高学歴」を主張した結果、「革命世代」の幹部は各級政治指導部、軍部の第一線から退いた。それに代わって、「テクノクラート」世代は登場してきた。各級権力機関で、軍出身の指導者がすでに例外となってきた。(2)世代交代に加えて、改革期の政局は比較的に高い安定性を見せてきた。その結果、1989年の天安門事件を除いて、軍部は政治の表舞台に登場する状況がなかった。改革以前と比べれば、軍部の「脱政治化」と文人政治家による軍隊の統制が進んでいる。江沢民は非軍人出身の政治指導者として軍の最高指導者に就任し、軍部の実権を握っている。近年、「第4世代」への最高権力移譲が行われる中で、江沢民の後継者と見られる胡錦涛はすでに中央軍事委員会の第1副主席に就任し、軍の掌握に動き出している。(3)法治国家の建設を背景として、国防法を中心とする軍関連の法律、法規は整備されつつ、軍隊に対する共産党の統制手段が変わってきている。1998年夏、党中央は軍隊がビジネス活動の規制に乗り出し、軍関連企業の経営権を中央と地方の当局に移譲するように指示した。軍隊の「プロフェッショナル化」が緩やかに進んでいる

  • Mass Media Marketization and Media Reportage Reform in China

     View Summary

    In Mao's period, institutions of mass media were governmental organizations, most of which lacked consciousness of management and competition in media market, because governmental budgets provided full financial supports to them. Since 1980's, newspapers, television and radio stations have been asked to be profitable or self-reliance in finance, Chinese mass media began to consider needs of readers and audience, and had to make reportage reforms. Because institutions of mass media increased greatly, competition in media market become more and more intensive. As a result of the competition, the party organs such as people's daily have been declining, newspapers, magazines and programs of TV and radio which stress on needs of citizens become more and more popular and influential. The communist government still controls mass media by appointing cadres, restricting activities of the press. But on the other hand, the authority had to promote marketization process of mass media with conditions and expand reportage freedom little by little under the pressures from domestic and international society

  • China's Market Economy And Transformation Of The State

     View Summary

    During the years from 2001 to 2003, the work "China's Market Economy And Transformation Of The State" was completed, the application for aid to publish has been submitted.This book is constituted by 3 major parts and 10 Chapters, focuses on the development of China's Market Economy and the changes of State role, especially on the grassroots' level, it's reality and task.Part I : Grassroots Democracy And It's Limits. Examines the realities of basic level democratic elections. The lit Chapter tracks down the four stages of the development of rural area grassroots' level election, describes the peasants' adaptation to them and analyses the problems. The 2nd Chapter analyzes the relation between Party cells and the Villagers Association. The 3rd Chapter focus on the election of People's Representatives in the urban area, shows the birth of voluntary candidate and the trend towards real competitive election.Part II : Rural Governance And The Crisis Of "Three Agrics" The 4^<th> Chapter deals with the "Three Agrics" etc., Agriculture, Village and Peasants problems from a view of political science. The 5^<th> Chapter is a research on the reformation of taxation mechanisms in the rural area, based on the field research in the trial province Anhui. The 6^<th> Chapter deals with the County Area Economy. The 7^<th> Chapter analyses the famous "Wenzhou Model", how it became possible, and points out the importance of the role of local government.Part III : The Transformation Of Urban Cities and The Growth Of Civil Society Tackles the tremendous changes as the result of the transformation from "Unit Man" to "Social Man". The 8^<th> Chapter analyses different types of "Community". The 9^<th> Chapter describes the commercialization of housing and its relation with urban local organization from a legal point of view. The 10^<th> Chapter examines the surprisingly high speed development of IT industry and proves the impossibility for the Party to control information

  • Social Corporatism in Contemporary China

     View Summary

    People' s Republic of China has been witnessing unprecedented transformation process in the light of the state-society relations. This research project has aimed at finding how the society in contemporary China has penetrated into the state' s sphere, focusing bottom-up process of autonomous society into the state governance.Since we signed the agreement with China Labour Institute in 2004 under the general scheme of this project, we have conducted joint research poll surveys on the behavior and awareness of trade unions directors at local grassroots level. 1811 samples from Beijing, Shanghai, Liaoning, Zhejiang, Guandong and other regions have been successfully collected and analyzed. Same sort of endeavor of scrutinizing grassroots level political leadership have been made at Sichuan Province. 200 samples of personal data of rural elites at County/Xian governments, congress and party branch including family background, academic achievement, career paths and even political awareness were obtained through joint research with Sichuan Academy of Social Science.In order to put these first-hand research findings into the international comparison and reference, this project had organized the international conference at December 10th, 2007 in Tokyo under the title of 'Governance in grassroots China'. On this opportunity, this research project has been summarized through the discussion with scholars from the other regions and disciplines, and the principal result of this research is scheduled to be published by the Hosei University Press in this coming autumn

  • The Engagement Policy of International Society and Political Changes in China

     View Summary

    This project was to examine the effectiveness of the engagement policy of the international society on political changes in China. In my research, I analyzed two contradictory points of the Government initiated political reform. Which the Chinese Communist Party(CCP) maintains the one-party rule and is still reluctant to accept political pluralism, the promotion of political institution reforms have been moving in the direction of democracy and freedom. Through the case study of engagement over China's human right issues, I developed a theoretical framework to assess the effectiveness of the engagement policy based on an examination of the different engagement approaches by the international society, which include external pressure, strategy dialogue, information engagement and technical support, assessed the impact of the engagement policy on political changes in China

  • A Study on Societal Aspect of China's Communist Party

     View Summary

    Having identified the CPC as an "organization", the CPC's existence, although seemingly in crisis during a period of reform and opening up, has been ultimately with the critical elements strengthened by the internal and external environmental changes. Taking those changes as a good opportunity, the largest political party in the world and at the same time the largest-scale interests organization, is being reinforced by the restructuring of its base of existence and then consolidating its new raison d'etre

  • Comparative studies on political transition : relations between preconditions and the costs of democratization, consolidation of democratic institutions

     View Summary

    Depending on the cost of political transition, democratization process can be divided into such patterns as soft landing, hard landing and a hybridin-between soft landing and hard landing. Even after regime transition, the quality of democracy after the transition in different countries is not necessarily the same. The preconditions for democratization, including level of economic development, the political consciousness of the middle class, the provisional status of rule of law, and the maturity of civil society, has monumental impact on the cost of political transition and the maturation of the democratic polity. In extant literature, democratization process is divided into two stages, the political transition and the consolidation of democracy thereafter. This research find it necessary to expand our scope of research to include the building of democratic infrastructure.

  • A field research on the private enterprises in China's Zhejiang province

     View Summary

    It was private enterprises that have led the economic growth of Zhe jiang province in China. While various places in this province have a common feature of formation of an industrial cluster, they have various features related to the ownership pattern of the enterprise, the relation to the distribution sector, and the level of participation of the local government. The private enterprises of Zhe jiang province are urged by the conversion to a new growth method facing the phase that the enterprise in other regions have strengthened competitive edge

▼display all

Specific Research

  • 中国地方政府のイノベーションー推進体制を中心に―

    2020  

     View Summary

    本研究は中国地方政府の政策/制度イノベーションはどのような構造的な特徴を持つかを解明しようとするものである。2020年度は改革期に焦点を当て、「イノベーションに関する地方間競争の分析」を中心に研究を進めてきた。第一に、地域実験方式はイノベーションの主な手法である。中国政府は経済の活性化を図るために、大胆な制度改革、経済改革を進めてきた。他方、過激な制度改革は失敗する場合、経済や社会的な混乱を招きかねない。改革期の中共は改革の経験を蓄積し、失敗のリスクを抑えるために、一部の地域でイノベーション(改革)を先行させる手法を多用した。第二に、地域間の競争はイノベーションの発生と拡散に重大な影響を与えた。鄧小平は「先富論」を打ち出し、発展の実績は指導者の昇進にとって重要である。その場合、GDPや財政収入の増加は指標として採用されるが、制度・政策に関するイノベーション、特に全国レベルでイノベーションはモデル、手本として認められた場合、指導者への評価が上がり、昇進する機会が増える。他地域は発展を図るために、そのモデルを積極的に導入する傾向が強い。その意味で、イノベーションは拡散する。第三に、中国は地理条件や人口構成、経済社会的水準といった点では、地域の多様性をもつ。それはイノベーションの多様化にも影響を与えている。

  • 中国の地方政府における制度改革のメカニズム

    2019  

     View Summary

    2019年度は比較分析の手法を用いて、2つの側面から中国地方政府の政策/制度イノベーションの構造的な特徴について初歩的な分析作業を行った。第1は政策イノベーションの動機に関する研究である。民主主義国家では、定期に行われる競争選挙は地方の政治エリートを促す要素であるが、改革期の中国では、共産党の支配の正当性は発展の実績に大きく依存するため、上級機関は経済発展などの実績を政治昇進の主な要素の1つとする。第二は政策の決定と実施のシステム関する研究である。民主主義国家では、諸政党間、担当行政機関、利害関係者、NGOは関係者としてその過程に参加し、妥協を重ねるが、一党支配の中国では、決定はトップダウン型である。

  • 権威主義体制の変容とNGOの発展空間: 改革解放期の中国を事例として

    2017  

     View Summary

    The proportion of China’smiddle class has steadily increased among the working-age population as itseconomy has registered high growth. The development of education and media hasbrought modern ideas and enhanced people’s consciousness about democracy,freedom, human rights, justice and equality. Increasing globalization,liberalization, and information flows also contribute to the change in theideational landscape. As a result, civil society organizations that draw &nbsp;membership from the middle class have experiencedsteady increase as well. More NGOs are active in more fields. The scope for citizens’participation has enlarged, and the NGOs’ influence on the public opinion aswell as on the making and implementation of some public policies is increasing.The NGOs are a check on the government too. Overall, NGOs have become apositive force in reforming the Chinese society. All these augur well fordemocracy, as they constitute a crucial part of the initial conditions for futuredemocratic transition. &nbsp;Weneed to keep our expectations under check, however. China’s middle class, andthe civil society organizations are far from being mature social formations. Afterall, China’s level of economic development still lags behind that of thedeveloped countries. Either out of fear or habit, the Chinese citizens are notclamoring for the opportunity to participate in the political process. Theystill lack the experience for self-regulation and self-governance while thegovernment continues to exert tight control on them.

  • 中産階級の政治的立場に関する多次元的分析

    2016  

     View Summary

    今年度の研究は中国を例に、中産階級の政治的な立場の変化を次のように検証した。1980年代、経済成長は初期段階にあり、中産階級は未熟でしたが、民主化を強く支持した。それは民主化運動の盛り上がりにつながった。1990年代以降、持続的な高度成長によって、中産階級は拡大し、全体として国全体の発展状況に満足し、安定重視の保守志向も強く見られた。しかし、それは中産階級は民主化の目標を放棄するのではなく、民主化の軟着陸とそれに必要とされる諸条件を重視した結果でもある。現状では、中産階級は市民社会の発展、制度改革や政治改良に積極的な姿勢を見せ、農民や労働者より政治参加の意思と能力は高い。 

  • 中産階級の政治的立場に関する多次元的分析

    2015  

     View Summary

    中産階級と民主化との関係は民主化研究の重要課題の一つである。リプセットらは中産階級を媒介変数とし、経済発展が民主化を促進するという有名な仮説を提起した。それに対し、権威主義国家を対象とする多くの実証研究は、中産階級が経済利益を重視する立場から、政治的無関心か権威主義体制との癒着関係を指摘し、リプセット仮説を批判した。本研究は中産階級の政治的意識・立場が多面的であり、また状況によって変化するといった事実に着目し、中産階級と民主化との関係を以下のように論じる。1)中産階級の政治的多様性は多様な価値の存在によるものである。2)経済発展の水準は中産階級の諸価値に対する政治的バランス感覚の変化をもたらす。3)中産階級の成熟度よりも、国の発展状況(安定的な発展、発展の停滞、危機的状況の発生)のほうは中産階級の民主化への支持に大きな影響を与えるが、中産階級の成熟度は民主化のパターン(体制移行のコスト、民主政の質)に決定的な影響を与える

  • 改革期の中国における政治指導者の選抜過程と権威主義体制の適応能力:選抜基準・育成過程・政治人脈・特質

    2013  

     View Summary

    1980年代以降、中国政府は若手指導者の選抜・育成をガバナンス向上、一党支配体制の生き残り戦略の一環とし、制度的に取り組んできた。本研究では、中央指導者の選抜・育成に焦点を当て、選抜のプロセスを次のような3つの段階に分け、研究作業を行った。暫定の結論は以下のようなものである。第1段階は、候補者(後備幹部)の選定である。各級政府は政治戦略の一環として候補者の選定を行う。一つのポストに複数の候補者を推薦したうえで選考を行われるために、選考過程は一定の競争性をもたせる。実力者、トップの目に留まるのは、スピード出世を実現し、中央実力者に上り詰める重要条件である。既存の研究では、政治実力者との出会いをパトロン・クライアントの文脈で解釈することが多かったが、本研究は、登用されるまで複雑な選考過程、複数以上の候補者間の競争で勝ち残らなければならないことに着目し、実力者との「出会い」以外に能力重視の点をも強調したい。第2段階は、若手指導者が重要ポストを務めている期間である。それは上層部が若手エリートの政治的立場、能力(バランス、団結力)が試される観察期間でもある。一部の若手指導者は要職を務めた間で、政治的立場や能力不足の問題でレースから脱落した。王兆国の左遷はその例である。他方、胡錦涛や温家宝は試練を乗り越え、最終的に最高指導部入りを果たした。第3の段階は、次期指導者が決定されてから、最高ポストに就任するまでの認知期間=権力基盤の形成期である。民主主義国家では、有権者の支持は権力の合法性、政治的権威を確立する方法である。他方、中国では、選挙というより、現行の執行部、少数の実力者、特に最高指導者が後継者を選考し決定する。そのために、新しい政治指導者、特に最高指導者は選挙とは別の方法で権力基盤を確立しなければならない。特に、最高指導者は軍の掌握が重要である。軍掌握の一環として、トップの候補者は軍事委員会副主席に就任するのが慣例である。

  • 中国・政治社会の変容と「抗議型維権活動」拡大のメカニズム

    2012  

     View Summary

    維権運動とは政府や企業による権利の侵害に対する大衆の権利回復闘争である。一九九〇年代半ば前後、維権運動は主として女性、児童、老人や消費者の権利の保護を中心とした。その後、維権運動は次のように拡大してきた。第一に、維権の領域は経済的権利から、教育、生活保障、社会正義などの社会的権利、言論自由や選挙権などの政治的権利へと広がり、参加者は女性、老人、消費者から出稼ぎ労働者(農民工)、lay-off、失業をさせられた元国営企業の労働者、定年退職者、失地農民、立ち退きの住民、マンションなどの所有権者、エイズ患者、直訴者(上訪人員)、民主化活動家へと拡大してきた。次に、人々は主として合法的権益、つまり現行の法体系に定められる権利の保護を中心に求めているが、法改正による権利の拡大を訴える場合もしばしばである。さらに、人々は司法制度の活用や政府機関・メディアへの働きかけを維権の手段として使うほか、デモ、ストライキ、座り込み、請願、集団直訴、集会、交通妨害、暴動などの対抗型手段を頻繁に使っている。政治社会の変容、特に以下の要素は維権運動の拡大につながっている。第一に、国民の自立性、権利意識、参加意識の向上である。市場経済化、グローバル化、情報化、価値の多様化が進み、人々の政治意識が徐々に高まり、下から政府に権利の実現を訴え、国家などの侵害から自らの利益を守ろうとする。第二に、政府の変容である。中国政府は法律、政策の範囲内という条件付きで維権活動の正当性を認め、各級の労働組合、婦人連合会および消費者協会など官製の団体が関連の「維権」活動を支持し、世論が維権行動を高く評価する中で、維権は今や政治意識の覚醒、市民社会の成長および大衆政治参加のシンボルとして徐々に定着し、大きな合法性、正当性を得た。また、抗議型の維権活動に対し、政府は安定重視の立場から事態の鎮静化を図らなければならないが、従来と違って露骨な抑圧的手段をある程度控えざるを得ず、金銭補償によって問題を解決する傾向が強まっている。第三に、ネット社会の出現である。今まで、中国政府は結社の自由や報道の自由を制限し、不満の連携・動員を厳しく制限してきたが、ネット社会が進む中で、インターネットは不完全でありながらも、結社の自由、報道の自由の代替手段としての役割を果たしている。具体的に、新興メディアがいち早く事件を伝え、社会の暗部を暴露し、鋭い政治批判を展開することで、不満を共有化させ、抗議活動の組織や与論の動員を行っている.

  • 中国式民主化の論理と実践 -コーポラティズムの視点を中心に-

    2009  

     View Summary

    本研究は文献資料の収集・整理、現地での聞き取り調査を行い、分析を行った結果として、以下のような要旨を中心に中間報告書を取り纏めようとしている。第1に、欧米型民主政は普通選挙、複数政党制、表現の自由、権力のチェック・アンド・バランス、軍隊に対する文民統制および法による支配などを基本制度とするが、「中国式民主政」はあくまでも共産党の政治指導権を前提とし、国民の政治的権利と自由に対して引き続き様々な制限を設けている。他方、社会主義政治体制の維持を前提として、中国共産党は政治改革を行い、国民に対して政治的自由と権利の緩やかな拡大を認め、政策決定は民意の表出、集約、調整をいっそう重視し、政治運営は民主的な手法を取り入れようとしている。第2に、政治協商会議制度、全人代などの人事配置、政策決定過程における民主諸党派、大衆団体、社会団体などの参加からみると、中国の政治体制はコーポラティズム的な要素を強く持っている。中国のコーポラティズムは以下の特徴を有する。①欧米では、公共政策の過程に直接参加する団体は、労働組合と経営者団体であるが、中国では、民主諸党派、工商連合会、全国総工会、全国婦女連合会、青年団、文芸団体および数多くの業界団体はそれぞれ担当の立場から政策の協議に参加する。政策協議の範囲が比較的に広い。②欧米型のコーポラティズムは政治的多元主義の存在を前提とし、社会団体の自主性が高い。中国では、民主諸党派および関連団体などは必ず共産党の指導を受け入れなければなない。欧米型のコーポラティズムは社会コーポラティズムとするならば、中国のコーポラティズムは国家コーポラティズムである。第3に、中国共産党は引き続き政治的指導権を発揮しながら、政治改革の推進によって社会団体などの自主性を拡大し、民意を政治に反映させることである。それは決して欧米型民主政でないが、欧米型民主政の理念、制度、手法を部分的に取り入れることにはなる。したがって、中国共産党が主張している中国式民主政の建設は事実上、国家コーポラティズムの拡大と改善である。ただし、下からの民主化運動も存在している。それが目指しているところは、拡大版の国家コーポラティズムを特徴とする中国式民主政ではく、欧米型民主政である。

▼display all

Overseas Activities

  • 中国・抗議型維権運動拡大メカニズム

    2015.03
    -
    2016.03

    中国   浙江大学公共管理学院

 

Syllabus

▼display all