FURUYAMA, Nobuhiro

写真a

Affiliation

Faculty of Human Sciences, School of Human Sciences

Job title

Professor

Homepage URL

http://www.waseda.jp/human/faculty/furuyamanobuhiro.html

Profile

Nobuhiro Furuyama was born in Kyoto, Japan in 1967. He received a Mater degree in Human Science from Waseda University in 1993, and Ph.D. in Psychology from The University of Chicago in 2001.

His research interest is to understand embodied nature of perception and action in practical and/or communicative action. To give you a flavor of what's going on in our lab, here's a few concrete examples of our research:

- Intra- and inter-personal inter-limb coordination of tapping movements:
The aim is to examine HKB model (after Haken, Kelso, and Bunz) and understand the phenomenon in terms of perception-action systems, the idea originally proposed by J.J. Gibson and developed further by people who followed Gibson's proposal.

- Microslips on gesture:
Microslips are action slips which are corrected before they become fatal error, a phenomenon originally discussed by the late Edward Reed for coffee making task.

- Gesture and discourse:
Reference can be very ambiguous due to subject drops, particle drops, etc. Here, we are looking at how repetitive use of gesture (called catchment) can help the speaker disambiguate reference. However, once a series of similar gestures are used for a particular referent(s), it can affect what to talk about, the choice usually thought to be made by the speaker's own free will.

- Gestures and home positions:
The boundary between gesture and home position is not always clear. This might be due to their definitions, because the definition of gesture refers to home position, while that of home position refers to gesture. We need to understand this not only for academic reasons, but also for meeting increasing demands of detecting gesture automatically.

and more...

Concurrent Post 【 display / non-display

  • Faculty of Human Sciences   School of Human Sciences (Online Degree Program)

  • Faculty of Human Sciences   Graduate School of Human Sciences

Education 【 display / non-display

  • 1994.10
    -
    2001.03

    The University of Chicago   Division of Social Science   Department of Psychology  

  • 1993.04
    -
    1994.08

    Waseda University   Graduate School of Human Sciences  

  • 1991.04
    -
    1993.03

    Waseda University   Graduate School of Human Sciences  

  • 1987.04
    -
    1991.03

    Waseda University   School of Human Sciences  

Degree 【 display / non-display

  • The University of Chicago   Ph.D in psychology

Research Experience 【 display / non-display

  • 2014.04
    -
    Now

    Waseda University   Faculty of Human Sciences   Professor

  • 2010.04
    -
    2014.03

    Tokyo Institute of Technology   Interdisciplinary Graduate School of Science and Engineering, Department of Computational Intelligence and Systems Science   Visiting Associate Professor

  • 2007.04
    -
    2014.03

    The Graduate University for Advanced Studies   School of Multidisciplinary Sciences, Department of Informatics   Associate Professor (Joint Appointment)

  • 2007.04
    -
    2014.03

    Research Organization of Information and Systems   National Institute of Informatics   Associate Professor

  • 2006.04
    -
    2007.03

    Research Organization of Information and Systems   National Institute of Informatics   Associate Professor

display all >>

Professional Memberships 【 display / non-display

  •  
     
     

    International Society of Ecological Psychology

  •  
     
     

    日本生態心理学会

  •  
     
     

    日本認知科学会

  •  
     
     

    日本心理学会

  •  
     
     

    日本心理臨床学会

 

Research Areas 【 display / non-display

  • Experimental psychology   psychology

  • Cognitive science   Cognitive Science

Research Interests 【 display / non-display

  • Sociocultural approach

  • embodied communication

  • gesture

  • speech

  • perception-action system

Papers 【 display / non-display

  • Postural Control in Drum Set PlayingーA Comparative Study of Tapping Data and Center-of-Pressure Data between Experts and Novices

    Yusuke Yagai, Nobuhiro Furuyama, Hiroyuki Mishima

    Cognitive Studies   26 ( 2 ) 197 - 218  2019.06  [Refereed]

  • 肢体間協調タッピング実験における個人内システムと個人間システムの比較:指の本数による安定性の違い

    児玉謙太郎, 古山宣洋

    日本生態心理学会第4回大会(2012/7/7-8, 公立はこだて未来大学)大会発表論文集     68 - 73  2012.07  [Refereed]

  • ヤドカリにおける通過可能性の知覚

    園田耕平, 古山宣洋, 森山徹, 朝倉彰, 郡司ペギオ幸夫

    日本生態心理学会第4回大会(2012/7/7-8, 公立はこだて未来大学)大会発表論文集     66 - 67  2012.07  [Refereed]

  • 動物の触知覚における普遍的特性に関する考察

    右田正夫, 森山徹, 丸山慎, 古山宣洋, 三嶋博之

    日本生態心理学会第4回大会(2012/7/7-8, 公立はこだて未来大学)大会発表論文集     66 - 67  2012.07  [Refereed]

  • 高速道路における合流可否判断の生態学的指標に向けて:合流可否判断に関する実験的検討

    古山宣洋, 近藤崇之, 中野智晴

    日本生態心理学会第4回大会(2012/7/7-8, 公立はこだて未来大学)大会発表論文集     42 - 45  2012.07  [Refereed]

display all >>

Books and Other Publications 【 display / non-display

display all >>

Other 【 display / non-display

  • 国際生態心理学会主催・第14回知覚と行為に関する国際会議組織委員(2007年7月横浜にて開催)

  • (社)計測自動制御学会システムインテグレーション部門調査研究会委員(2006-2014)

  • 日本発達心理学会特別企画委員(2003-2004)

  • 日本生態心理学会会員 (2000-至現在)

Awards 【 display / non-display

  • 12th Tokugawa Award (2012)

    2013.03   The Japanese Association of Sociolinguistic Science  

    Winner: Nobuhiro Furuyama, Hiroyasu Massaki, Kazuya Sekine

  • William Rainey Harper Dissertation Fellowship

    2000.06   The University of Chicago  

    Winner: Nobuhiro Furuyama

Research Projects 【 display / non-display

  • 対話に潜むパターンを探り当てる手法の開発~動的類似尺度を用いるアプローチ

    Project Year :

    2009
    -
    2011
     

    井上雅史

  • 心理臨床家の相互学習を活性化する『対話の場』の設計とその効果に関する研究

    Project Year :

    2007
    -
    2009
     

    花田 里欧子

  • 教示者の自発的身振りにおけるマイクロスリップと教示場面の複雑性の関係に関する研究」(課題番号19500851)

    Project Year :

    2007
    -
    2009
     

    古山 宣洋

    Authorship: Principal investigator

  • 国際生態心理学会主催第14回知覚と行為に関する国際会議

    Project Year :

    2007
     
     
     

    古山 宣洋

    Authorship: Principal investigator

     View Summary

    2007年7月横浜赤レンガ倉庫第1号館にて開催した会議開催助成(組織委員会委員長:佐々木正人東京大学教授、組織委員会副委員長:古山宣洋・三嶋博之福井大学助教授)

  • 国際生態心理学会主催第14回知覚と行為に関する国際会議

    Project Year :

    2007
     
     
     

    佐々木正人

     View Summary

    2007年7月横浜赤レンガ倉庫第1号館にて開催した会議開催助成(組織委員会委員長:佐々木正人東京大学教授、組織委員会副委員長:古山宣洋・三嶋博之福井大学助教授)

display all >>

Presentations 【 display / non-display

  • 徳川賞授与式及び記念講演「身振りにおけるマイクロスリップと視点の持続性」

    古山宣洋, 末崎裕康, 関根和生

    第31回社会言語科学会研究大会 

    Presentation date: 2013.03

  • 直前の手の位置に着目した自発的ジェスチャーの識別の 可能性の検討

    牧野遼作, 古山宣洋

    第31回社会言語科学会研究大会 

    Presentation date: 2013.03

  • Where does gesture start and what type of speech does gesture accompany? : A new insight from home-position preceding gesture

    Ryosaku Makino, Nobuhiro Furuyama

    2nd Workshop on Multimodality in Multispace Interaction 

    Presentation date: 2012.11

  • Perception-Action Systems Underlying Communication

    Nobuhiro Furuyama

    icpeal2012 (The 14th International Conference on the Processing of East Asian Languages) 

    Presentation date: 2012.10

  • 心理カウンセリング来談者の問題表現時の視点構造とマイクロスリップ:―問題の所在が遷移した事例に関する質的検討

    末崎裕康, 古山宣洋, 花田里欧子, 井上雅史, 有久亘, 入野俊夫

    日本生態心理学会第4回大会 

    Presentation date: 2012.07

display all >>

Specific Research 【 display / non-display

  • ドラム演奏の科学:表現性を生む全身のコーディネーション

    2018   三嶋博之

     View Summary

    ドラム演奏の熟練者と非熟練者では何が違うのか?本研究はドラム演奏に用いられる8ビートを課題とした実験を実施し、ドラム演奏のプロ、上中級者、初級者の間で、演奏の精度や表現(打の時間構造・打圧の変動・音響的特徴など)、およびそれらを成立させている身体の使い方(頭部・体幹・上肢・下肢の変位、重心動揺など)において、何がどのように異なるのかを明らかにすることを目的として実施した。科研費獲得に向けた予備的な研究という位置づけであったが、2019年度科研費基盤研究Cを獲得した。

  • 会話場面における身振りのマイクロスリップに関する研究

    2014  

     View Summary

    先行研究で、物語説明において話者の身振りに観察されるマイクロスリップ(錯誤に至る前に修正されるごく微細な淀み、以下MS)を検討することで、コミュニケーションが環境内のアフォーダンスにどのように制約されているのかを明らかにしつつある(古山ら,2011)。本研究は、3名による会話場面において、身振りにおけるマイクロスリップの生起条件を明らかにし、それによりこの種の相互行為を制約している人的・物的環境要因を明らかにすることを目的としている。特定課題研究においては、実験環境をセットアップし、予備的なデータを取得してデータ解析の方法を検討した。今後は他の研究費を使いながら、本研究を進めていく予定である。

 

Syllabus 【 display / non-display

display all >>

Teaching Experience 【 display / non-display

  • Advanced Topics in Intelligent Systems II (分担)

    東京工業大学大学院総合理工学研究科知能システム科学専攻(2010-2014)  

  • 複雑システム数理(分担)

    東京工業大学大学院総合理工学研究科知能システム科学専攻(2010-2014)  

  • 生態学的コミュニケーション論

    東京大学大学院教育学研究科(2011.10-2012.3)  

  • 生態心理学特論

    早稲田大学大学院人間科学研究科非常勤講師(2013.4-6)  

  • 「心理学特論(1):生態心理学」

    早稲田大学大学院・文学研究科非常勤講師(2005)  

display all >>

 

Committee Memberships 【 display / non-display

  • 2013.09
    -
    2014.08

    人事院  平成26年度「法務省専門職員(人間科学)」試験専門委員