OZAWA, Shigeto

写真a

Affiliation

Faculty of Human Sciences, School of Human Sciences

Job title

Professor

Homepage URL

https://www.ozaken.org/

Concurrent Post 【 display / non-display

  • Faculty of Human Sciences   Graduate School of Human Sciences

  • Affiliated organization   Global Education Center

Education 【 display / non-display

  • 1999.04
    -
    2004.03

    Japan Advanced Institute of Science and Technology   School of Knowledge Science  

  • 1995.04
    -
    1999.03

    Keio University   Faculty of Environmental Information  

Degree 【 display / non-display

  • 2004.03   北陸先端科学技術大学院大学   博士(知識科学)

Research Experience 【 display / non-display

  • 2021.04
    -
    Now

    Waseda University   Faculty of Human Sciences

  • 2010.04
    -
    2021.03

    Waseda University   Faculty of Human Sciences

  • 2007.10
    -
    2010.03

    国立大学法人 大分大学高等教育開発センター 准教授

  • 2006.04
    -
    2007.09

    国立大学法人 大分大学高等教育開発センター 講師

  • 2005.04
    -
    2007.03

    Yasuda Women's College   Department of Kindergarten Education

display all >>

Professional Memberships 【 display / non-display

  •  
     
     

    Liberal and General Education Society of Japan

  •  
     
     

    Japanese Cognitive Science Society

  •  
     
     

    Japan Society for Educational Technology

 

Research Areas 【 display / non-display

  • Educational technology

Research Interests 【 display / non-display

  • 教育工学、学習支援、学習科学、協調学習、高等教育

Papers 【 display / non-display

  • 組織業績と部下育成を両立するマネジャーが行う中堅社員に対する経験学習の促進と内省支援の質的研究

    廣松 ちあき, 尾澤 重知

    日本教育工学会論文誌   45 ( 1 ) 43 - 65  2021  [Refereed]

  • Qualitative Study on the Characteristics of the Reflection Process of Mid-level Employees Requiring Reflective Support

    HIROMATSU Chiaki, OZAWA Shigeto

    Educational technology research   42 ( 1 ) 61 - 79  2020  [Refereed]

     View Summary

    <p>Recently, during in-house human resource development, a company expects mid-level employees to expand on experiential learning through reflection. This study assesses the current state of mid-level employee reflection. We conducted semi-structured interviews targeting mid-level employees, who have improved in business performance but are not learning sufficiently from their experience, and performed an analysis based on the modified grounded theory approach (M-GTA). We found that mid-level employees requiring reflective support have a process of (1) reflecting on the problem-resolution process at work and (2) taking a multifaceted approach to examining their inner characteristics based on feedback from others. By examining internal characteristics, it could be difficult to solve a problem when employees have conflicting personal beliefs and views on work and ideal self-images. Specifically, the fact that behavior does not change due to conflict indicates the possibility that it could be the reason learning from experience is viewed as insufficient by others, including bosses. The study describes the necessity of reflective support from bosses or colleagues to encourage mid-level employees to take the initiative on personal behavioral change.</p><p></p>

    DOI CiNii

  • A Qualitative Study of Formation process of Work Values and Briefs in Experimental-learning in Mid-level employees Requirng Reflective Support

    HIROMATSU Chiaki, OZAWA Shigeto

    Japan Journal of Educational Technology   43 ( 4 ) 363 - 380  2020  [Refereed]

     View Summary

    <p>In this study, semi-structured interviews were conducted with mid-level employees who require reflective support to find out the experiences that formed their work values and beliefs. The interviews were analyzed using the Trajectory Equifinality Approach (TEA). Results showed that through the experiences of "confronting the challenges arising from work," "assuming new positions through transfers or reassignment," and "having to deal with unexpected complications despite being entrusted with a high-responsibility job that must be completed alone," the employees struggled with conflicts between the expectations and demands of superiors, colleagues, and clients and an organizational environment that concentrates on work achievement. The employees deepened their understanding of how they engaged with their work, not only through their experiences of success but also through those of failure. Through these, the employees became conscious of their work values and beliefs. Such work values and beliefs included not only "role norms as a functioning member of society," "performing work autonomously," and "contributing to others," all of which had been advocated as appropriate work values and beliefs held by business people, but also "enhancing both personal and work life." Finally, we examined the effects that reflective support provided by superiors had in establishing mid-level employees' work values and beliefs, as well as supporting their growth toward becoming experts.</p>

    DOI CiNii

  • Qualitative Study on the Characteristics of the Reflection Process of Mid-level Employees Requiring Reflective Support

    HIROMATSU Chiaki, OZAWA Shigeto

    Japan Journal of Educational Technology   42 ( 4 ) 297 - 312  2019  [Refereed]

     View Summary

    <p>Recently, during in-house human resource development, a company expects mid-level employees to expand experiential learning through reflection. The present study aims to assess the current state of mid-level employees' reflection. We conducted semi-structured interviews targeting mid-level employees who improve business performance but are not considered to be learning sufficiently from their experiences, and performed an analysis based on the modified grounded theory approach (M-GTA). We found that, mid-level employees requiring reflective support have a process of (1) reflecting on the problem-resolution process at work, and (2) taking a multifaceted approach to examining their inner characteristics based on feedback from others. Through the process of examining internal characteristics, it could be difficult to solve a problem when employees have conflicting personal beliefs and views on work and personal ideal self-images. Specifically, the fact that behavior does not change as a result of conflict indicates the possibility that it could be the reason that learning from experience is viewed as insufficient from the viewpoint of others, including bosses. In the discussion, the authors describe the necessity of reflective support from bosses or work colleagues to facilitate mid-level employees' taking the initiative on personal behavioral change.</p><p></p>

    DOI CiNii

  • Study for Realization Learning Evaluation Using Scanned Worksheets in Higher Education

    AMIOKA Takayuki, MORI Yuki, EGI Hironori, OZAWA Shigeto

    Japan Journal of Educational Technology   41 ( 3 ) 245 - 253  2018  [Refereed]

     View Summary

    <p>The goal of this research is the development of an efficient method for evaluating the worksheets students submit for each class. To begin with, we scanned the hand-written worksheets students submit at the end of every class, turning them into quantifiable data. Next, we focused on the file size of the quantified worksheets and carried out an analysis using the following steps. First, observing the different file sizes, we separated the students into multiple groups. Second, observing changes to the file size, we conducted a cluster analysis. Third, based on the results of the above analysis, we examined their relation to learning outcomes. Here, learning outcomes constitute: (1) self-evaluation of skills and abilities acquired in the class, (2) self-evaluation of whether or not the class was helpful, (3) grades received for end-of-semester reports. As a result of conducting a quantifiable analysis of the above, we ascertained that the group comprising students with large file sizes tended towards higher learning outcomes compared to other groups. Conversely, we were unable to discover a significant gap between the small and average-sized file groups. Thus, it is possible to evaluate learning outcomes even when using a simple indicator such as file size. We anticipate the findings of this research have the potential for further applicability.</p>

    DOI CiNii

display all >>

Misc 【 display / non-display

Research Projects 【 display / non-display

  • 教育補助者の熟達を評価する行動記録システムの開発と組織的運用による成長モデル構築

    Project Year :

    2019.04
    -
    2022.03
     

     View Summary

    アクティブラーニングのような学習者の主体的・能動的な活動を深化させるには,TA, LA, メンターなどの教育補助者の協力が不可欠である.教育補助者の活躍に資するために,以下の三点に取り組む.(1)教育補助者の行動を記録して熟達をはかるウェアラブルシステムを開発する.(2)教育補助者の行動と熟達に関する教員・学生・教育補助者自身の意識を調査し,ルーブリックと成長モデルを構築する.(3)複数の機関において行動記録システムの組織的な運用を行い,教育補助者の熟達をルーブリックおよび成長モデルと照合する.開発した行動記録システムの有用性と,教育補助者の振り返りと行動変容を促すことができたかを検証する

  • アクティブラーニングにおける学生の授業中の行動と学習プロセスに関する研究

    Project Year :

    2018.04
    -
    2021.03
     

     View Summary

    本研究の目的は、学生の授業理解のプロセスの特徴を明らかにすることで、理解や状況に応じた学習への適切な介入方法を提案すること、及び教授支援方法を検討することである。これを実現するために本研究では、大学教育におけるアクティブラーニング型の授業を対象として、学生が「何を書いているか(ライティング)」「どのような思考をしているか」について、授業中の学生の行動と理解のプロセスの検討を行っている。研究手法としては、学生がワークシート等に記入している内容をリアルタイムで把握するデジタルペンを用いて、学生の授業中のライティングのプロセスや内容の分析を行っている。また、授業中の学生の思考のプロセスを検討するために、疑問を随時、ワークシートに書くことを促す手法を開発し、その評価を行った。2018年度春学期、秋学期に実施した授業実践研究、及び、その前提となる実験的研究を通して、以下のことを明らかにした。第一に、ライティングに関して、約2割の学生が、本来、ワークシートに記入すべき時間ではない時間(グループ学習や講義中)に、何らかの記入を行っており、これがグループ活動や授業理解の妨げになっている可能性が示された。また、事後のインタビューの結果、このような活動は、ワークシートの記入内容が自身の成績評価と直結しているという誤認識から生じている可能性が示された。学生の評価懸念や、評価指標の理解を、どのように変えていくかが、今後重要になってくると考えられる。第二に、疑問を随時書かせる試みは、授業内容の理解度が高い場合には有効だが、低い場合には逆に理解の妨げになっていることを明らかにした。一方、ノートテイキングを得意としていない学生にとっては、疑問を随時書かせるという介入方法が授業へのコミットメントを高め、授業の振り返りを通した理解深化にも肯定的な影響を与えている可能性を示唆できた。本研究は、実際の大学教育現場を対象とした授業実践研究であり、研究代表者が所属大学で開講している授業(学部・大学院)を研究対象としている。いずれもアクティブラーニング型の授業であり、前期・後期各2科目の実践を研究対象としている。2018年度は、予定通り授業実践の中で、ライティングプロセスやグループ学習プロセスについて必要なデータを得ることができた。研究実績の概要で示したように、具体的な研究手法としては、学生がワークシート等に記入している内容をリアルタイムで把握するデジタルペンを用いて、学生の授業中のライティングのプロセスや内容の分析を行っている。また、授業中の学生の思考のプロセスを検討するために、疑問を随時、ワークシートに書くことを促す手法を開発し、その評価を予定通り行った。当初予定していた画像解析は、利用予定だった(株)オムロンの画像センシング技術ヒューマンビジョンコンポ(HVC)の一部製品の販売終了などの影響を受け、代替手段の構築に時間を要した。しかし、2019年1月以降、遅れを取り戻すことができた。現状得られたデータ分析でも、ライティングに関して、約2割の学生が、本来、ワークシートに記入すべき時間ではない時間(グループ学習や講義中)に、何らかの記入を行っていること、また、これを量的に推定することが可能であることを明らかにするなど成果を上げている。本研究に関連する成果(網岡など 2018)では、ワークシートの記載内容と、学習成果との関係を定量的に検討し、ワークシートの記述量の変動が重要な指標になることを明らかにしてきた。これに本提案のライティングのプロセスの検討を加えることで、どこで学習者がつまづき、どのようなフィードバックを返すことが適切かを明らかにすることが、本研究の最終的な目標である。これまでの研究では、本来ライティングすべきではない時間に書く行為が学習の阻害になっていると考えられるため、この改善策を検討する。また、事後のインタビューの結果、このような活動は、ワークシートの記入内容が自身の成績評価と直結しているという誤認識から生じている可能性が示されているため、学生の評価懸念や、評価指標の理解の変容にも着目した研究を行っていきたい。また、疑問を随時書かせる手法は、授業内容の理解度が高い場合には有効だが、低い場合には逆に理解の妨げになっており、低い場合の介入方法を検討している。本研究は、これまで申請者が実績のあるライティングプロセスの計測に加え、新たな教授法(発話思考法のライティングへの応用)や表情計測を組み合わせる内容であり、研究の独自性の高さと、実現可能性を両立しているが、画像解析など技術の変化が大きい領域でもあるため、最新の技術動向にも目を向けていく必要がある。共同研究者の江木、森らとは、定期的に研究の進捗報告を行っており、これを継続する

  • Inquiry of value of developing Academic Portfolio and support for its dissemination

    Project Year :

    2015.04
    -
    2018.03
     

     View Summary

    Structured Academic Portfolio (SAP) and a workshop for a support of creating SAP were developed. By questionnaire survey to creators and creation supporters, it was confirmed that the value of SAP is in deep reflection with respect to their activities. In addition, it was suggested that the quality of support of the creationg supporters, in particular, was important for the workshop. Structured Nursing Portfolio Chart (SNP chart) specializing in a certain discipline (nursing) as an derivative version of SAP chart, which is an efficient tool for creating SAP. These simple tools are also an effective method to enhance reflection, confirming that it is a good introduction to heavier reflection tool

  • Face-to-face Lecture Support System based on Indicating Backgound Data of Students

    Project Year :

    2015.04
    -
    2018.03
     

     View Summary

    This research focuses on the method to visualize the circumstances of students in the classroom. Learning Management System(LMS) is introduced and widely used for collecting materials of students like reports, attendances and online tests. We defined such the collected materials as "Background Data" for supporting teachers and Teaching Assistants(TAs) in understanding and assisting students during classes.The developed system in this research collects Background Data from LMS. Teachers and TAs wear head-mounted displays, which provide them with a direct visual representation of students' current and historical class performances. The system enables them to determine which students are facing difficulty and provide them with extra support

  • The Development and Evaluation of Learning Support Method and Support System for Effective Poster Presentation

    Project Year :

    2015.04
    -
    2018.03
     

     View Summary

    In this study, learning programs for students to learn effective poster presentation methods and support systems for improving their poster presentation in university education were developed and evaluated. The quantitative and qualitative analysis of the learning portfolio produced by the students, and their interaction and expressions during the presentations, revealed the efficacy of the programs and the proposed systems. The results confirmed the impact of promoting the visualizations of one ’s research during the poster preparation and found that the ways how one directs questions to the audience influence one’s overall impression on the audience

display all >>

Presentations 【 display / non-display

  • Analyses of comparative gaze with eye-tracking technique for peer-reviewing classrooms

    IEEE 14th Int'l Conf. on Advanced Learning Technologies (ICALT 2014) 

    Presentation date: 2015.07

  • Analyses of Comparative Gaze with Eye-Tracking Technique during Classroom Observations,

    AACE Society for Information Technology and Teacher Education International Conf. 2014 (SITE 2014), 

    Presentation date: 2014.03

  • A Case Study of a Course including Wikipedia Editing Activity for Undergraduate Students

    International Conference on Computers in Education(ICCE 2013) 

    Presentation date: 2013.11

  • The Development of a Method to Analyze Lectures Using Questions

    World Conference on E-Learning in Corporate, Government, Healthcare, and Higher Education 

    Presentation date: 2011.10

  • An Effective Utilization of On-demand Video As a Resource of Electronic Teaching Portfolios

    World Conference on Educational Multimedia, Hypermedia and Telecommunication 

    Presentation date: 2009.06

display all >>

Specific Research 【 display / non-display

  • 在宅学習における学生の授業中の行動と学習プロセスに関する研究

    2020  

     View Summary

    本研究では、新型コロナウイルス感染症等の影響により在宅での学習を余儀なくされている学生を対象として、学生の自宅等での学習行動と、特定の科目等における学習プロセスを明らかにすることを目指した。研究方法としては、(1) 学生の学習履歴の分析、(2) 経験サンプリング法(ESM: Experience sampling method)による主観的報告と、ウェアラブルセンサーを用いた生体情報の分析を採用した。Moodle等での活動履歴と自己報告の内容の分析を行った結果、自己報告の内容と実際の記録は必ずしも一致しないことを明らかにした。センサーを併用することで、実際の記録をもとにした内省を促す可能性が示された。

  • 高精度位置測定デバイスを用いたティーチングアシスタントの授業中の行動評価

    2019  

     View Summary

    本研究は、いわゆるアクティブラーニング型の授業(問題発見・解決型のプロジェクト型学習)の支援を目的とした。本研究では、ティーチングアシスタント(TA)が学生に対して行う支援行動を定量的に把握するために、高精度の位置情報システムを用いて、位置情報の推定及び、それに基づくグループ学習や個人に対する指導・助言時間の計測を行った。また、この内容をTAに対してリアルタイムでフィードバックを行うシステム開発の試行を行った。本システムの導入によって、TAによる机間巡視行動を定量的に把握が可能になったことに加え、1グループあたりの指導・助言時間の計測によって、より効果的な指導ができる可能性を明らかにした。&nbsp;

  • ウェアラブルデバイスを用いたティーチングアシスタントの授業中の行動評価

    2018  

     View Summary

    大学教育におけるアクティブラーニング型の授業、とりわけプロジェクト型学習の授業においてはティーチングアシスタント(TA)による支援が欠かせない。しかし、教員にとっては通常の履修学生の指導助言に加え、TAチームの活動への支援やマネジメントが負担となる場合がある。本研究では、TAが学生に対して行う支援をより高度化するために、高精度の位置情報システムを用いてTAの行動を把握し、フィードバックを行うシステムを開発した。授業内で複数回試行した結果、机間巡視などのTAの行動や履修学生とのコミュニケーションの時間など定量的な測定が可能であり、TAの活動の振り返りに有効であることが分かった。

  • 「デザインシンキング」重視型授業の展開と実践における評価

    2016  

     View Summary

    デザインシンキングとは、創造性を高め、イノベーションを促進する方法論のことである。近年、大学教育や企業内人材育成などにおいてデザインシンキングを教育・研修手法として取り入れる事例が増えている。本研究では、デザインシンキングの実践領域の成果と、教育工学や学習科学分野の融合を図り、大学教育向け(少人数、大人数教室)のプログラムの開発と評価方法の開発を目指した。昨年度に続く実践研究の結果、30人、200〜300人規模の双方の授業で、デザインシンキングで重視されるプロトタイピングや、思考過程の可視化を促進することができた。以上の研究成果に基づくテキストの作成と、学会発表、論文投稿を行った。

  • 「デザインシンキング」重視型授業に向けた調査と授業内での試行的実施

    2015  

     View Summary

     近年、大学教育や企業内人材育成などにおいて「デザインシンキング(デザイン思考)」が広がりを見せている。デザインシンキングとは、創造性を高め、イノベーションを促進する方法論のことである。 本研究では、デザインシンキングの実践領域で生み出されている成果と教育工学や学習研究分野の融合を図り、大学教育向け(少人数、大人数教室)のプログラムの開発と評価方法の開発を目指した。実践研究の結果、30人規模、300人規模の双方の授業で、デザインシンキングで重視されるプロトタイピング(試作の重視)や、思考過程の可視化を促すことが可能であることを明らかにした。成果の一部を、日本教育工学会研究会などで発表した。

display all >>

 

Syllabus 【 display / non-display

display all >>