Updated on 2022/12/04

写真a

 
KANAZAWA, Takashi
 
Affiliation
Faculty of Law, School of Law
Job title
Professor

Concurrent Post

  • Faculty of Law   Graduate School of Law

  • Faculty of Law   Waseda Law School

Degree

  • Waseda University   MA in Law

Professional Memberships

  •  
     
     

    Japan Association for Studies of Constitutional Law

  •  
     
     

    憲法理論研究会

 

Research Areas

  • Public law

Research Interests

  • Constitutional Law

Papers

  • Cass R. Sunstein の司法ミニマリズムに関する一考察(1)

    金澤 孝

    早稲田大学大学院法研論集   ( 109 ) 25(318) - 47(296)

  • Cass R. Sunstein の司法ミニマリズムに関する一考察(2) —熟議民主政における裁判所—

    金澤 孝

    早稲田大学大学院法研論集   ( 110 ) 81(404) - 105(380)

  • Cass R. Sunstein の司法ミニマリズムに関する一考察(3) —熟議民主政における裁判所—

    金澤 孝

    早稲田大学大学院法研論集   ( 111 ) 51(502) - 73(480)

  • Cass R. Sunstein の司法ミニマリズムに関する一考察(4・完) —熟議民主政における裁判所—

    金澤 孝

    早稲田大学法研論集   ( 112 ) 29(228) - 51(206)

  • Developments in 2003 on Constitutional law

    MIZUSHIMA, Asaho, KANAZAWA, Takashi

    Waseda Bulletin of Comparative Law   23

▼display all

Misc

  • Constitutional Law and Administrative Law <Activities of Academic Societies, Developments in 2005>

    Mizushima Asaho, Kanazawa Takashi

    Waseda bulletin of comparative law   25   147 - 149  2007.03

    CiNii

  • Constitutional Law <Major Legislation & Treaties, Developments in 2003>

    Mizushima Asaho, Kanazawa Takashi

    Waseda bulletin of comparative law   23   29 - 34  2005.01

    CiNii

  • Constitutional Law <Major Judicial Decisions, Developments in 2003>

    Mizushima Asaho, Kanazawa Takashi

    Waseda bulletin of comparative law   23   62 - 67  2005.01

    CiNii

Specific Research

  • 熟議民主政論の起源とその展開 そして現在-理論と歴史-

    2004  

     View Summary

     標記の研究課題につき、本年度は主として熟議民主政論の「現在」、具体的には「理論」面の文献研究を行った。 はじめに、熟議民主政論に関する代表的アンソロジー、JON ELSTER ed., DELIBERATIVE DEMOCRACY、JAMES BOHMAN & WILLIAM REHG eds., DELIBERATIVE DEMOCRACYの2冊を検討し、熟議民主政論には手続的民主主義と実体的民主主義の2つの立場があり、前者の思想的バックボーンがハーバーマス(Juergen Habermas)、後者がロールズ(John Rawls)であることを確認した。 担当者自身はロールズの立場に近いため、次にロールズの著書POLITICAL LIBERALISMとそれ以降の著書・論文、加えて関連する諸文献(FORDHAM LAW REVIEW 72巻が特集する2003年11月の追悼シンポジウム等々)を検討し、彼の政治的リベラリズムが現在のアメリカ熟議民主政論の議論枠組であることを再度確認した。 さて、担当者は課題研究と並行して熟議民主政の代表的論者の一人であるサンスティン(Cass R. Sunstein)の憲法学研究も進めていたのであるが、彼はロールズに依拠しながらも他方においてリベラリズムの枠には収まらないプラグマティズム思想の影響が強いことも明らかになった。熟議民主政の観点からは「表現の自由」論を見ておくべきだと考え、彼の論説も収める最新のアンソロジー、LEE C. BOLLINGER & GEOFFREY R. STONE eds., ETERNALLY VIGILANTと関連著書・論文を検討した。このとき担当者が特に注目したのはデュウイ(John Dewey)の民主主義論に依拠するポゥスト(Robert C. Post)である。そこから「憲法文化」が重要な鍵となることが明らかになった。 こうして本年度は、リベラリズムとプラグマティズムを前提に「表現の自由」と「憲法文化」を二本柱として熟議民主政の理論的側面を検討したことになる。ひきつづきこれらを「歴史」的側面から研究する予定である。

 

Syllabus

▼display all