WATANABE, Yoshihiro

写真a

Affiliation

Faculty of Letters, Arts and Sciences, School of Culture, Media and Society

Job title

Professor

Homepage URL

http://ywata.gakkaisv.org/

Education 【 display / non-display

  •  
    -
    1991

    University of Tsukuba   Graduate School, Division of History and Anthropology   史学専攻  

  •  
    -
    1984

    University of Tsukuba   First Cluster of College   人文学類・史学専攻  

Degree 【 display / non-display

  • 筑波大学   文学博士

Professional Memberships 【 display / non-display

  •  
     
     

    六朝学術学会

  •  
     
     

    東方学会

  •  
     
     

    中国出土資料学会

  •  
     
     

    中国文化学会

  •  
     
     

    日本中国学会

display all >>

 

Research Areas 【 display / non-display

  • History of Asia and Africa

  • Chinese philosophy, Indian philosophy and Buddhist philosophy

  • Literature in general

  • Chinese philosophy, Indian philosophy and Buddhist philosophy

Research Interests 【 display / non-display

  • 儒教、前漢、後漢、三国志、論語

Papers 【 display / non-display

  • 沈約『宋書』と南朝意識

    渡邉義浩

    東洋文化研究所紀要   178   25 - 63  2021.03

  • 李延寿「南北史」の大一統

    渡邉義浩

       2021.03

  • 『隋書』経籍志の史学論

    渡邉義浩

       2020.11  [Refereed]

    Authorship:Lead author

  • 北魏をめぐる史書の展開

    渡邉義浩

    RILASJOURNAL   8   右25 - 37  2020.10

    Authorship:Lead author

  • 『晉書』の御撰と正史の成立

    渡邉義浩

    三国志研究   15   1 - 14  2020.09  [Refereed]  [Invited]

    Authorship:Lead author

display all >>

Books and Other Publications 【 display / non-display

  • 『論語』の形成と古注の展開

    渡邉義浩

    汲古書院  2021.03 ISBN: 9784762966729

  • 「古典中國」の形成と王莽

    渡邉義浩( Part: Sole author)

    汲古書院  2019.08 ISBN: 9784762966385

  • 「古典中国」における小説と儒教

    渡邉義浩

    汲古書院  2017.05

  • 三国志よりみた邪馬台国-国際関係と文化を中心として

    渡邉義浩

    汲古書院  2016.04

  • 「古典中国」における文学と儒教

    渡邉義浩

    汲古書院  2015.04

display all >>

Awards 【 display / non-display

  • 2017年度 大隈記念学術褒賞

    2017.11  

  • 第二十一回 東方学会賞

    2002.11  

Research Projects 【 display / non-display

  • To realize the metrology study on the Confucian vocabularies

    Project Year :

    2014.04
    -
    2016.03
     

     View Summary

    To realize the metrology study on the Confucian vocabularies which were used in Chinese Buddhist scriptures, I have researched the cases of quotation from ”Soushenji” which was written by Ganbao in Dongjin dynasty in Buddhist writing ”Fayuanzhulin” which was written by Daoshi in Tang dynasty. On this research, I have disclosed the relation between ”Soushenji” and ”Fayuanzhulin” which is the premise of metrology study. When Daoshi who edited ”Fayuanzhulin” used Buddhist view of the cosmos, he was most conscious of ”Soushenji” in the difference of them, for ”Soushenji” recorded a lot of changes and had the theory Wuqibianhualun which pursued those principles. Daoshi who was influenced by the translator of Chengweishilun Xuanzhuang criticized Ganbao's theory Wuqibianhualun by the thought Weishi and declared Buddhist superiority

  • The international research of Han and Wei culture

    Project Year :

    2010.04
    -
    2013.03
     

     View Summary

    Publish the results of my research ;The Formation of Aristocratic Society in the Wei, Chin, and Northern and Southern Dynasties Period and the Three Teachings and LiteratureIn Collaboration with History, the History of Thought, and Literature;Developments in study of Newly Unearthed Chinese Documents.In the letterp,in addition to the basic tasks of providing information about newly unearthed documents,deciphering and interpreting them,and conducting evidential research on them, this forum was held with the aim of gaining a clear awareness of issues remaining for the future in the study of unearthed Chinese documents so as to ensure the further growth of reserch on these documents in China and Japan and also around the world

  • The new study of Confucianism in the Former and Latter Han

     View Summary

    本研究は、両漢儒教に対して新たなる方法論による総合的な研究を行った。第一に、従来、中国哲学・東洋史・中国文学のように分かれて研究されてきた両漢文化を複合的に学際的に研究する方法論を取り、第二に、出土資料の研究成果を積極的に取り入れた。その結果、研究代表者は一冊の研究書を、共同研究の成果としては毎年一冊ずつ計四冊の研究書を出版し、両漢儒教の研究を大きく進展させた

  • 後漢時代の豪族と儒教理念

     View Summary

    本研究は,後漢時代の在地社会に支配層であった豪族層が,在地社会における自己の勢力を伸張させるために,国家といかんる関係を結んでいくのかという問題を,後漢国家の支配理念である儒教と豪族との関係に注目することにより解明することを目的とした。そのための方法として,後漢時代の研究において,基本的な史料となる「後漢書」・「後漢紀」のうち,従来ほとんど等閑視されてきた「後漢紀」をとりあげ、その版本調査などを行った。かかる基礎作業を踏まえたうえで,後漢国家の支配の場に現れた儒教を追求し,その結果,得られた成果は,次の通りである。後漢国家に特有な支配は,前漢時代の儒教的な支配である「徳治」とは異なる支配である。前漢時代の「徳治」が、循吏による治水・灌漑や儒教による教化政策であったことに対して、後漢の儒教的な支配は,「寛治」と名づくべきものであった。「寛治」とは,後漢国家の支配の具体的な場において,在地社会における豪族の社会的な規制力を利用する支配であり,後漢時代における儒教は,それを「五強在寛」という理念によって正当化した。こうして後漢国家は,「寛治」という儒教的な支配によって,自己の支配を豪族を利用しながら現実のものと成しえたのである

Specific Research 【 display / non-display

  • 「古典中国」における「正」と「統」

    2019  

     View Summary

    東晋の習鑿歯が著した『漢晋春秋』は、天下を統一する「統」を最も重視する。そこに、天下の統一を失いった東晋の歴史性の反映がある。そして、「統」を優先しながらも、「王の徳」も重視する。それが「正」である。こうした「正」と「統」の考え方より導きだされたものが、「晋承漢統論」である。この論は、天人相関説が揺らいだ北宋以降に本格化する「統」を重視する正統論の嚆矢となった。とりわけ、「正統論」において重視される三国の蜀漢、就中、諸葛亮の「正」を主張したことは、習鑿歯自身は蜀漢を「正」ではあるが「正」と「統」を合わせ持つものとは考えなかったとしても、後世の蜀漢正統論に影響を与えた。

  • 「古典中国」における物語の展開

    2020  

     View Summary

    「古典中国」において、思想は、その普及のために物語を必要とした。いわゆる諸子百家たちは、君主にみずからの思想を伝えるために物語を用意した。矛盾などで知られる『韓非子』の寓話も、儒家の物語の矛盾を暴き、法家の優位性を主張するものであった。それらの物語は、やがて、『左氏春秋』『国語』『戦国策』などにまとめられていくが、このうち『左氏春秋』が、儒家の経典である『春秋』の伝(解釈書)に加工され、『春秋左氏伝』が形成され、司馬遷や杜預から歴史の祖と仰がれることにより、物語はやがて否定し得ない史へと変容していく。本研究は、物語の展開の具体的な事例として、『春秋左氏伝』などの伝世資料のあり方を再検討した。

  • 何晏『論語集解』との比較から見た鄭玄『論語註』の位相

    2013  

     View Summary

    漢を代表する経学者である鄭玄の『論語注』は、宋代には散佚した。その後、他本からの輯佚が試みられ、さらに、一九六九年に吐魯番のアスターナ三六三号墓より出土した「卜天寿本」など、唐代の抄本も発見されている。これらを合わせると、約八七〇条から成る鄭注論語の六〇%以上が判明したことになる。 これに対して、曹魏の何晏・孫邕・鄭仲・曹羲・荀顗の共編に成る『論語集解』は、孔安国など七名の注を取捨選択し、何晏の解釈を加えたものである。『論語集解』は、宋廖氏世綵堂本(元盱郡覆刊)が完存するほか、敦煌・吐魯番より出土した唐代抄本、日本の室町時代の写本、正平本ほか日本伝承の版本など多くの本が残る。 鄭玄ではなく王肅の経学が尊重された南朝においては、鄭玄の『論語注』は低調であり、鄭玄の経学が主流であった北朝では鄭玄の『論語注』だけが学官に立てられた。隋までは、両者が学官に立てられ、民間では盛んであったはずの鄭玄の『論語注』は、なぜ散佚したのであろうか。 鄭玄の『論語注』が亡び、『論語集解』が伝存した外的要因は、『論語集解』が、皇侃の『論語義疏』を経て、邢昺の『論語注疏』へと受け継がれたこと、および朱子の『論語集注』以降、それ以前の本が顧みられなくなったことに求められる。それを踏まえた上で、本稿は、鄭玄『論語注』が選択されなかった内的要因をその特徴に探るものである。 鄭玄『論語注』が後世に継承されず、何晏『論語集解』が選ばれた理由はどこにあるのだろうか。鄭玄『論語注』は、鄭玄経学の一環としての『論語』解釈であるため、鄭玄学を修めるための基礎が身につく、という利点を持つ。したがって、鄭玄学が隆盛した北朝では、鄭玄の『論語注』だけに学官が立てられた。また、その解釈の学問的価値は、義疏学に引かれる『論語』の解釈が、すべて鄭玄注であることに端的に表れている。経学として『論語』を修めるのであれば、鄭玄『論語注』の方が優れている。 これに対して、何晏『論語集解』は、鄭玄『論語注』の持つ経学的な広がりを削除しているため、『論語』を『論語』の中だけで学ぶことができる。また、儒教のみならず、玄学にも広がりを持つ解釈であるため、玄学はもとより仏教との親和性が高い。皇侃の『論語義疏』が『論語集解』を底本とした理由である。こうした『論語集解』の玄学的「兼」の解釈は、三教融合を目指す唐の文化風潮に適合していた。 こうした両者の利点に、唐において次第に『論語集解』が優越性を持っていった理由を求めることができる。それに加えて、鄭玄『論語注』が散佚した最大の理由は、人が生涯のうちに修めていく学問体系に占める『論語』の位置に求めることができる。『論語』は、童蒙の書であった。鄭玄学が、学問のすべてでは無くなっていた唐の時代に、鄭玄学の粋を集めた『論語』の解釈を子供に強要することは大きな意味を持たなくなっていたのである。

  • 『論語』の解釈よりみた日中思想の比較研究

    2014  

     View Summary

      現在完存する最古の『論語』である何晏の『論語集解』、断片的に出土している鄭玄の『論語注』以前の論語である定州『論語』について、『論語注』との関係を考察した。その結果、定州『論語』は、『漢書』芸文志に、鄭玄『論語注』へと継承されたと伝わる張禹の『論語』の未定稿本ではないか、との仮説に到達した。それを実証するために、『春秋繁露』に残る『斉論』と比較して、その結果を『東方学』に掲載した。また、張禹の論語に直接繋がる『魯論』、校勘に用いられた『斉論』とは別に存在した『古論』が、『史記』の仲尼弟子列伝に残ることを『孔子家語』との関わりから論証し、『中国-社会と文化』に掲載した。

  • 「古典中国」の成立と展開

    2014  

     View Summary

      中国の理想的な国家モデルである「古典中国」は、王莽期に形成され、後漢「儒教国家」により確立した。「古典中国」は、「大一統」を原則とし、それを保つ手段として「郡県」と「封建」が対照的に語られる。「大一統」の障害となる私的な土地の集積に対しては「井田」を準備し、あらゆる価値基準を国家のもとに収斂するために、「学校」が置かれる。また、「古典中国」の支配の正統性は、「天子」という称号に象徴される。さらに、現実に中国を脅かす異民族を包含する世界観として、華夷思想を持つのである。「「古典中国」の成立と展開」では、その全体像を示した。「班固の賦作と「雅・頌」」は、それに関わる個別研究である。

display all >>

 

Syllabus 【 display / non-display

display all >>

 

Social Activities 【 display / non-display

  • 邪馬台国サミット

    NHK BS 

    2021.01
    -
     

  • NHK 100分de名著

    100分de名著 

    2017.05
    -
     

     View Summary

    陳寿『三国志』

  • NHK ザ・プロファイラー

    NHK ザ・プロファイラー 

    2013.12
    -
     

     View Summary

    曹操-超人伝説の真実

  • NHK ザ・プロファイラー

    NHK ザ・プロファイラー 

    2013.12
    -
     

     View Summary

    曹操-超人伝説の真実

  • NHK BS歴史館

    NHK BS歴史館 

    2012.06
    -
     

     View Summary

    邪馬台国の魔力に迫る

display all >>