WATANABE, Yoshihiro

写真a

Affiliation

Faculty of Letters, Arts and Sciences, School of Culture, Media and Society

Job title

Professor

Homepage URL

http://ywata.gakkaisv.org/

Education 【 display / non-display

  •  
    -
    1991

    University of Tsukuba   Graduate School, Division of History and Anthropology  

  •  
    -
    1984

    University of Tsukuba   First Cluster of College  

Degree 【 display / non-display

  • 筑波大学   文学博士

Professional Memberships 【 display / non-display

  •  
     
     

    中国文化学会

  •  
     
     

    中国出土資料学会

  •  
     
     

    六朝学術学会

  •  
     
     

    日本中国学会

  •  
     
     

    東方学会

display all >>

 

Research Areas 【 display / non-display

  • Literature in general

  • History of Asia and Africa

  • Chinese philosophy, Indian philosophy and Buddhist philosophy

  • Chinese philosophy, Indian philosophy and Buddhist philosophy

Research Interests 【 display / non-display

  • 儒教、前漢、後漢、三国志、論語

Papers 【 display / non-display

  • 沈約『宋書』と南朝意識

    渡邉義浩

    東洋文化研究所紀要   178   25 - 63  2021.03

  • 李延寿「南北史」の大一統

    渡邉義浩

       2021.03

  • 『隋書』経籍志の史学論

    渡邉義浩

       2020.11  [Refereed]

    Authorship:Lead author

  • 北魏をめぐる史書の展開

    渡邉義浩

    RILASJOURNAL   8   右25 - 37  2020.10

    Authorship:Lead author

  • 『晉書』の御撰と正史の成立

    渡邉義浩

    三国志研究   15   1 - 14  2020.09  [Refereed]  [Invited]

    Authorship:Lead author

display all >>

Books and Other Publications 【 display / non-display

  • 『論語』の形成と古注の展開

    渡邉義浩

    汲古書院  2021.03 ISBN: 9784762966729

  • 「古典中國」の形成と王莽

    渡邉義浩( Part: Sole author)

    汲古書院  2019.08 ISBN: 9784762966385

  • 「古典中国」における小説と儒教

    渡邉義浩

    汲古書院  2017.05

  • 三国志よりみた邪馬台国-国際関係と文化を中心として

    渡邉義浩

    汲古書院  2016.04

  • 「古典中国」における文学と儒教

    渡邉義浩

    汲古書院  2015.04

display all >>

Awards 【 display / non-display

  • 2017年度 大隈記念学術褒賞

    2017.11  

  • 第二十一回 東方学会賞

    2002.11  

Research Projects 【 display / non-display

  • To realize the metrology study on the Confucian vocabularies

    Project Year :

    2014.04
    -
    2016.03
     

     View Summary

    To realize the metrology study on the Confucian vocabularies which were used in Chinese Buddhist scriptures, I have researched the cases of quotation from ”Soushenji” which was written by Ganbao in Dongjin dynasty in Buddhist writing ”Fayuanzhulin” which was written by Daoshi in Tang dynasty. On this research, I have disclosed the relation between ”Soushenji” and ”Fayuanzhulin” which is the premise of metrology study. When Daoshi who edited ”Fayuanzhulin” used Buddhist view of the cosmos, he was most conscious of ”Soushenji” in the difference of them, for ”Soushenji” recorded a lot of changes and had the theory Wuqibianhualun which pursued those principles. Daoshi who was influenced by the translator of Chengweishilun Xuanzhuang criticized Ganbao's theory Wuqibianhualun by the thought Weishi and declared Buddhist superiority

  • The international research of Han and Wei culture

    Project Year :

    2010.04
    -
    2013.03
     

     View Summary

    Publish the results of my research ;The Formation of Aristocratic Society in the Wei, Chin, and Northern and Southern Dynasties Period and the Three Teachings and LiteratureIn Collaboration with History, the History of Thought, and Literature;Developments in study of Newly Unearthed Chinese Documents.In the letterp,in addition to the basic tasks of providing information about newly unearthed documents,deciphering and interpreting them,and conducting evidential research on them, this forum was held with the aim of gaining a clear awareness of issues remaining for the future in the study of unearthed Chinese documents so as to ensure the further growth of reserch on these documents in China and Japan and also around the world

  • The new study of Confucianism in the Former and Latter Han

  • 後漢時代の豪族と儒教理念

     View Summary

    本研究は,後漢時代の在地社会に支配層であった豪族層が,在地社会における自己の勢力を伸張させるために,国家といかんる関係を結んでいくのかという問題を,後漢国家の支配理念である儒教と豪族との関係に注目することにより解明することを目的とした。そのための方法として,後漢時代の研究において,基本的な史料となる「後漢書」・「後漢紀」のうち,従来ほとんど等閑視されてきた「後漢紀」をとりあげ、その版本調査などを行った。かかる基礎作業を踏まえたうえで,後漢国家の支配の場に現れた儒教を追求し,その結果,得られた成果は,次の通りである。後漢国家に特有な支配は,前漢時代の儒教的な支配である「徳治」とは異なる支配である。前漢時代の「徳治」が、循吏による治水・灌漑や儒教による教化政策であったことに対して、後漢の儒教的な支配は,「寛治」と名づくべきものであった。「寛治」とは,後漢国家の支配の具体的な場において,在地社会における豪族の社会的な規制力を利用する支配であり,後漢時代における儒教は,それを「五強在寛」という理念によって正当化した。こうして後漢国家は,「寛治」という儒教的な支配によって,自己の支配を豪族を利用しながら現実のものと成しえたのである

Specific Research 【 display / non-display

  • 「古典中国」における物語の展開

    2020  

     View Summary

    「古典中国」において、思想は、その普及のために物語を必要とした。いわゆる諸子百家たちは、君主にみずからの思想を伝えるために物語を用意した。矛盾などで知られる『韓非子』の寓話も、儒家の物語の矛盾を暴き、法家の優位性を主張するものであった。それらの物語は、やがて、『左氏春秋』『国語』『戦国策』などにまとめられていくが、このうち『左氏春秋』が、儒家の経典である『春秋』の伝(解釈書)に加工され、『春秋左氏伝』が形成され、司馬遷や杜預から歴史の祖と仰がれることにより、物語はやがて否定し得ない史へと変容していく。本研究は、物語の展開の具体的な事例として、『春秋左氏伝』などの伝世資料のあり方を再検討した。

  • 「古典中国」における物語の展開

    2020  

     View Summary

    「古典中国」において、思想は、その普及のために物語を必要とした。いわゆる諸子百家たちは、君主にみずからの思想を伝えるために物語を用意した。矛盾などで知られる『韓非子』の寓話も、儒家の物語の矛盾を暴き、法家の優位性を主張するものであった。それらの物語は、やがて、『左氏春秋』『国語』『戦国策』などにまとめられていくが、このうち『左氏春秋』が、儒家の経典である『春秋』の伝(解釈書)に加工され、『春秋左氏伝』が形成され、司馬遷や杜預から歴史の祖と仰がれることにより、物語はやがて否定し得ない史へと変容していく。本研究は、物語の展開の具体的な事例として、『春秋左氏伝』などの伝世資料のあり方を再検討した。

  • 「古典中国」における「正」と「統」

    2019  

     View Summary

    東晋の習鑿歯が著した『漢晋春秋』は、天下を統一する「統」を最も重視する。そこに、天下の統一を失いった東晋の歴史性の反映がある。そして、「統」を優先しながらも、「王の徳」も重視する。それが「正」である。こうした「正」と「統」の考え方より導きだされたものが、「晋承漢統論」である。この論は、天人相関説が揺らいだ北宋以降に本格化する「統」を重視する正統論の嚆矢となった。とりわけ、「正統論」において重視される三国の蜀漢、就中、諸葛亮の「正」を主張したことは、習鑿歯自身は蜀漢を「正」ではあるが「正」と「統」を合わせ持つものとは考えなかったとしても、後世の蜀漢正統論に影響を与えた。

  • 「史」の文学性-范曄の『後漢書』

    2018  

     View Summary

      范曄『後漢書』の文学性は、自らが誇る「賛」の韻文、あるいは「序」「論」の美文によって、「詩人の賦」が持っていた儒教の規定する「文」の本質である「美刺」を表現したことにある。しかも、それは「文」として表現することで初めて「志」と「情」とが伝わるという范曄の文学観に裏打ちされていた。  『史記』が『春秋』を継承した批判の書、『漢書』が『尚書』を規範とした賛美の書、『三国志』が「圖讖」の正当性を確認する史書であるならば、范曄の『後漢書』は、史官の「美刺」を美文で表現しようという文学性を持つ史書なのであった。

  • 「古典中国」の成立と展開に関する学際的研究

    2017  

     View Summary

     本年の研究は、「古典中国」に関する二冊の専著を公刊した。  渡邉義浩(編)『中国史学の方法論』(汲古書院,2017年5月,301頁)は、第八回日中学者中国古代史論壇をまとめたもので、渡邉義浩個人としては、「中国貴族制と文化資本論の射程」を発表した。  渡邉義浩『「古典中国」における文学と儒教』は、儒教そして国家から貶められていた小説が、なぜ「近代中国」の「文学革命」など新文化運動の中心に成り得たのか、という問題関心から、近代によって再評価された小説ではなく、「古典中国」における小説の位置を明らかにした。その際、小説が本格的に記される唐の「伝奇」ではなく、六朝の「志怪」・「志人」を分析した点が本書の特徴である。

display all >>

 

Syllabus 【 display / non-display

display all >>

 

Social Activities 【 display / non-display

  • 邪馬台国サミット

    NHK BS 

    2021.01
    -
     

  • NHK 100分de名著

    100分de名著 

    2017.05
    -
     

     View Summary

    陳寿『三国志』

  • NHK ザ・プロファイラー

    NHK ザ・プロファイラー 

    2013.12
    -
     

     View Summary

    曹操-超人伝説の真実

  • NHK ザ・プロファイラー

    NHK ザ・プロファイラー 

    2013.12
    -
     

     View Summary

    曹操-超人伝説の真実

  • NHK BS歴史館

    NHK BS歴史館 

    2012.06
    -
     

     View Summary

    邪馬台国の魔力に迫る

display all >>