YAMANOI, Junichi

写真a

Affiliation

Faculty of Commerce, School of Commerce

Job title

Associate Professor

Homepage URL

https://sites.google.com/site/junyamanoi/

Concurrent Post 【 display / non-display

  • Faculty of Commerce   Graduate School of Accountancy

Research Institute 【 display / non-display

  • 2019
    -
     

    産業経営研究所   兼任研究所員

Degree 【 display / non-display

  • University of Connecticut   PhD in Business Administration

Research Experience 【 display / non-display

  • 2015
    -
     

    : Associate Professor, Faculty of Commerce, Waseda University

  • 2012
    -
    2015

    : Specially-Appointed Associate Professor, Faculty of Policy Studies, Chuo University

  • 2012
    -
     

    : Postdoctoral fellow, Chinese University of Hong Kong

  • 2006
    -
    2011

    : Graduate assistant, University of Connecticut

  • 2004
    -
    2006

    : Research Associate, Waseda University

Professional Memberships 【 display / non-display

  •  
     
     

    経営戦略学会

  •  
     
     

    日本経営学会

  •  
     
     

    組織学会

  •  
     
     

    The Academy of Management

  •  
     
     

    Strategic Management Society

display all >>

 

Research Areas 【 display / non-display

  • Business administration

Research Interests 【 display / non-display

  • 企業経営、事業組織

Papers 【 display / non-display

  • CEOs’ religiosity and corporate green initiatives

    Hakaru Iguchi, Hajime Katayama, Junichi Yamanoi

    Small Business Economics    2021.01  [Refereed]

    DOI

  • Inter-organisational patent opposition network: how companies form adversarial relationships

    Tomomi Kito, Nagi Moriya, Junichi Yamanoi

    The Japanese Economic Review   72 ( 1 ) 145 - 166  2021.01  [Refereed]

     View Summary

    <title>Abstract</title>Much of the research on networks using patent data focuses on citations and the collaboration networks of inventors, hence regarding patents as a positive sign of invention. However, patenting is, most importantly, a strategic action used by companies to compete with each other. This study sheds light on inter-organisational adversarial relationships in patenting for the first time. We constructed and analysed the network of companies connected via patent opposition relationships that occurred between 1980 and 2018. A majority of the companies are directly or indirectly connected to each other and hence form the largest connected component. We found that, in the network, many companies disapprove patents in various industrial sectors as well as those owned by foreign companies. The network exhibits heavy-tailed, power-law-like degree distribution, and assortative mixing. We further investigated the dynamics of the formation of this network by conducting a temporal network motif analysis, with patent co-ownership among the companies being considered. By regarding opposition as a negative relationship and patent co-ownership as a positive relationship, we analysed where collaboration may occur in the opposition network and how such positive relationships would interact with negative relationships. The results identified the structurally imbalanced triadic motifs and the temporal patterns of the occurrence of triads formed by a mixture of positive and negative relationships. Our findings suggest that the mechanisms of the emergence of the inter-organisational adversarial relationships may differ from those of other types of negative relationships, hence necessitating further research.

    DOI

  • Acquisition announcements and stock market valuations of acquiring firms’ alliance partners: A transaction cost perspective

    JS Koo, J Yamanoi, T Sakano

    Journal of Business Research   118   129 - 140  2020.09  [Refereed]

  • The impact of family ownership on establishment and ownership modes in foreign direct investment: The moderating role of corruption in host countries

    Yamanoi, Junichi, Asaba, Shigeru

    Global Strategy Journal   8 ( 1 ) 106 - 135  2018.02  [Refereed]

     View Summary

    Copyright © 2017 Strategic Management Society Research Summary: In this study, we adopt a socioemotional wealth perspective to examine the influence of family ownership on foreign direct investment. When establishing foreign subsidiaries, firms with greater degrees of family ownership are more likely to engage in greenfield investment and full equity ownership in order to maintain family owners’ socioemotional wealth. Additionally, these relationships are more pronounced in countries with higher levels of corruption. In corrupt countries, greater control over foreign subsidiaries is necessary to restrict their corrupt behaviors, which can seriously damage the firm’s socioemotional wealth and destroy the reputation of the family owners. By using a dataset of foreign market entries by Japanese listed firms in the electronic machinery industry, we find general support for our hypotheses. Managerial Summary: We find evidence that Japanese listed electronic machinery manufacturers with larger family ownership are more likely to choose greenfield investment and full ownership when entering foreign countries. This result suggests that family owners prefer to maintain strong control on local subsidiaries, possibly for preserving their socioemotional wealth. Additionally, this tendency of family firms’ regarding the choice of greenfield investment is stronger when they enter countries with higher levels of corruption. Managers and investors of family firms might need to pay attention to family owners’ entry mode choices, which could be incentivized excessively for the preservation of socioemotional wealth, possibly at the expense of economic wealth.

    DOI

display all >>

Awards 【 display / non-display

  • Finalist, the Alan M. Rugman Most Promising Scholar Award

    2016.07   Academy of International Business  

  • Nominee, the Best Conference Paper Prize at the 31st Annual Conference of Strategic Management Society, 2011.

    2011.09  

  • Finalist, the Best Conference PhD Paper Prize at the 31st Annual Conference of Strategic Management Society, 2011.

    2011.09  

  • CIBER Dissertation Research Award, 2010.

    2010  

Research Projects 【 display / non-display

  • How does diversity of individuals affect the structure of society?: A constructive approach using adaptive networks

    Project Year :

    2019.04
    -
    2023.03
     

  • The Impact of Municipal Industrial Policy on Entrepreneurial Behaviors and Performance

    Project Year :

    2019.04
    -
    2023.03
     

  • 経営者の下方リスク回避度の定量的測定とその決定要因ならびに企業行動との関係性

    Project Year :

    2019.06
    -
    2022.03
     

     View Summary

    本研究は、ファイナンス、経済学分野において最近確立されつつある下方リスク回避度の測定方法を、経営者のリスク選好の測定に応用する方法を開発し、それを利用して、下方リスク回避度の決定要因ならびに企業行動・パフォーマンスへの影響を検証する学術的に先駆的な試みである。昨年度は、経営者のリスク選好、時間選好を測定するための質問票の作成に注力し、予備的な調査を行った。経営者を対象とした大規模調査を行う前に、質問票の妥当性を確認するため、会社員を対象とした調査が必要であった。そのため、個人のリスク選好、時間選好を測定するためにMultiple price list formatの質問票を作成し、どのような値が適切か、回収率はどの程度かについて、100名程度の保険会社の外交員を対象とした調査を行った。結果としては、当初想定していた金額、確率の選択では十分にパラメータが特定できないケースが多々あったため、修正を行い、再度予備的な調査を行うこととなった。経営者の下方リスク回避度に影響を与える属性、および、起業家的行動に関する理論モデルの構築については、順調に推移した。先行研究の調査から、経営学の領域においては、経営者のリスク選好は、パフォーマンスの変動(variance)や極端な値(extremeness)への選好としてとらえられており、上方リスクと下方リスクに関する考察は必ずしも十分に行われていないことを確認し、両者を分けることでの新たな理論的な示唆が得られることを見出した。本年度は、これらの予備的調査と理論研究の結果を受けて、新型コロナウィルスによる影響が下半期に収まることを想定して、中小企業経営者を対象とした大規模調査を行い、理論モデルの定量的な検証を行う予定である。予備的な調査を実施し、想定通りの結果が得られ、大規模調査の準備が整ったため。本年度は、昨年度に作成したリスク選好、時間選好についての質問票を用いて、中小企業経営者を対象とした大規模な調査の実施を行う予定である。そのデータを用いて、下方リスク回避度に影響を与える要因ならびにその結果について、定量的分析を行う

  • The impact of managers' work-family spillover on entrepreneurship and firm performance

    Project Year :

    2018.04
    -
    2022.03
     

  • 同族企業の後継者特性が企業のリスク行動に与える影響:定量的分析

    Project Year :

    2017.04
    -
    2021.03
     

     View Summary

    本年度は、中小企業経営者に対するインタビュー調査と文献調査から作成された理論モデルについて、質問票を作成し、東京都23区の15000社に対して調査を行い、およそ10パーセント程度の回答率で回答を得た。同族企業経営者のリスクテイキングにおいて、後継者の存在ならびに特性が現経営者の意思決定に影響を与えうることが文献調査ならびにインタビュー調査から示唆されたが、その関係性に影響を与える要因として、経営者の心理的特性が存在することが同じく示唆された。特に、同族企業経営者が創業者を兼ね、さらに「自身の力のみで築いた」というように考える場合、後継者の有無や特性にかかわらず、リスクテイキングを行うことが考察された。そのため、経営者のナルシシズムを質問票により測定し、後継者の存在・特性とリスクテイキングとの関係性に与える影響を定量的に考察することとした。同じく、経営者が事業の継続性を考えるにあたり、「お客さんや従業員に迷惑をかけられない」という利他的な性向を有している場合、後継者の有無を超えて、事業の魅力を高め、自身の親族以外にでも継いでもらうためにリスクをとるような投資を行う可能性のあることが示唆された。この点は、既存研究で発見された同族企業経営者のモチベーションの大きな部分を占める「自身の財産を子孫に残す」というものと異なる心理的背景であるため、興味深い発見である。これらについても、質問票において調査を行い、定量的な把握に努めた。本年度は東京都23区の製造業15000社への質問票調査を無事終え、データの取得ができ、また、上場企業の後継者のデータベース作成についても開始できたため。今年度に取得したデータの分析を早急に終わらせ、次年度の追加調査の目途を早めにつける。また、上場企業の後継者のデータベース作成は今年度中に終了させる

display all >>

Presentations 【 display / non-display

  • How do international business assets impact on M&amp;A performance between multinational enterprises?

    The 34th Annual Conference of the Strategic Management Society 

  • How do international business assets impact on M&A performance between multinational enterprises?

    The 34th Annual Conference of the Strategic Management Society 

  • Puppets fight as puppet masters wish: The influence of shareholder overlap on interfirm rivalry

    The 33rd Annual Conference of the Strategic Management Society 

  • Technological modularity, team communication, and team cohesion in new product development: A study of a Japanese software service firm

    The 33rd Annual Conference of the Strategic Management Society 

  • The dynamics of alliance strength: Effects of competition with peer partners in alliance portfolios

    The 73rd Annual Meeting of the Academy of Management (Business Policy and Strategy Division) 

display all >>

Specific Research 【 display / non-display

  • 運動と運動の自己有力感が仕事のモチベーションに与える影響

    2020  

     View Summary

     世界的に有名な経営者たちの写真や、日本人の年収と運動習慣のデータから、高いパフォーマンスを誇るビジネスパーソンは運動を習慣としており健康的な肉体であることがわかる。本研究では、先行研究では検証されていなかった異なる状況下での自己効力感とモチベーション間の影響に着目し、仕事へのモチベーションを高める要因として身体的及び運動自己効力感(セルフエフィカシー)を提唱した。そして、運動をすることで得られる体型への自己効力感が仕事におけるモチベーションに与える影響を検証した。会社員100名の2回分の調査票の結果をもとに統計的分析を行ったところ、正の影響があるとした仮説は支持されず、仕事へのモチベーションに対し負の影響があることが判明した。このことは、異なる状況下での自己効力感とモチベーション間の影響の存在を意味し、理論的及び社会的に重要な意義を持つと考えられる。

  • 海外駐在員の身体的、精神的健康およびパフォーマンスへの現地国の生活環境の影響

    2018  

     View Summary

     本研究の目的は、日本企業の海外駐在員を対象とし、駐在先の環境汚染の程度が海外駐在員の身体的、精神的健康を通じて駐在員のパフォーマンスにどのように影響を与えるかについて、統計的分析を用いて定量的に明らかにすることである。企業のグローバル化と海外進出の増加に伴い、海外駐在員の数は激増しているものの、駐在員の個人レベルのパフォーマンスに影響を与える要因については、いまだ研究が不足している。既存の経営学分野の研究においては、海外現地法人の組織としてのパフォーマンスに集中的に焦点が当てられ、その現地法人の運営に大きく影響する駐在員の個人レベルのパフォーマンスの決定要因についての研究はいまだ発展途上である。2014年から2017年までの日本の製造業A社に所属する海外駐在471名のデータから、環境汚染の程度についての身体的健康についての影響は見られなかったが、文化的差異については影響が示唆された。

  • 被買収企業の選択に対する買収企業との共通の借入先の特性が与える影響:統計的分析

    2017  

     View Summary

     本研究は、企業買収の文脈において、二社の企業の共通の借入先の存在とその特性が、被買収企業の選択に与える影響を定量的に明らかにすることを目的とする。既存の企業買収の研究における不足は、二点ある。第一に、買収企業と被買収企業のそれぞれの特性と関係性のみに焦点が当てられ、買収というステークホルダーの利害に大きな影響を与える企業の意思決定に対しどのような影響をもたらすかについては、研究が存在しない。第二に、既存研究が焦点を当てているのは買収後のパフォーマンスであり、買収先の選択についてはほとんど研究がなされていない。本研究はこの両者の研究の不足を補う形で展開されるため、企業買収の研究について理論的、実証的な貢献を図るものである。本研究では、1990年から2014年までの日本の上場企業間における合併買収を対象とし、各企業間に貸し付けを行っている金融機関と貸し出しの金額に焦点を当てた。予備的な結果であるが、共通の金融機関が存在する場合、より合併買収の可能性が高まることが確認された。さらに、買収、被買収先の企業において、ある金融機関の貸出金額が最も大きい場合、より両者の間での合併買収の可能性が高まることが確認された。

  • 企業の技術的知識の特性が与える研究活動の効率性への影響:定量的分析による国際比較

    2016   佐山弘樹

     View Summary

     本研究課題は、企業の特許出願において、特許が登録されるか、拒絶されるかという可能性について、国際比較を行いつつ、その決定要因を探るものである。現時点において、ビューロ・バン・ダイク社の提供するデータベースであるOrbisを利用し、1970年から2015年までのEuropean Patent Officeに登録されている世界の8100万件の特許出願について、企業データと紐づけを行い、分析を行っている。現在までに得られた予備的な分析結果であるが、特許出願のうち、特許が登録された件数は、約3100万件である。国による違いとしては、アメリカであれば、上記の期間において特許出願数は約1000万件であり、そのうち登録特許数は約590万件である。日本においては、同様の数字は、それぞれ、約2250万件、約440万件である。

  • 企業間の協調関係と競争関係の相互作用:石油化学産業のデータによるモデリング

    2015   Hiroki Sayama

     View Summary

     本研究は、企業のジョイント・ベンチャーの創設、解散による協調関係の選択と、製品市場への参入、撤退による競争関係の選択が、両者の相互作用によりどのように組成されるかを、agent-based modelingと、石油化学産業の実データを用いた統計的分析により明らかにすることを目的として、展開された。複数のエージェントが、当該市場内での提携間の競争における利得と、その競争後の提携内での利得に基づく市場参入、撤退の意思決定を行うbiform gameを作成し、シミュレーションを行った。現在、石油化学産業の提携、市場参入、撤退の実データの用いてのシミュレーションモデルの検証を行っている。

display all >>

 

Syllabus 【 display / non-display

display all >>