アントニ ローレンス (アントニ ローレンス)

写真a

所属

理工学術院 創造理工学部

職名

教授

ホームページ

http://www.laurenceanthony.net/

プロフィール

My main research interests are in corpus linguistics, educational technology, and applications of natural language processing in foreign language teaching. Continuing from my Masters work in genre analysis, I developed software to automatically analyze texts at the sentence and discourse level for my PhD. Since then, I have been developing educational software for use by researchers, teachers, and learners in corpus linguistics, including AntConc, a freeware concordancer, AntWordProfiler, a freeware vocabulary profiler, and more recently web-based monolingual and parallel concordancers. I also participate in joint projects with researchers in the fields of science and engineering, where I act in a number of roles, sometimes serving as a technical advisor and other times as a technical writer. To date, these projects have been related to organic chemistry, mechanical engineering, and applications of machine learning techniques in computer security systems and web search systems. I also work with several national and international companies in the development of commercial software applications, and as a consultant on technical writing and presentation.

学内研究所等 【 表示 / 非表示

  • 2020年
    -
    2022年

    理工学術院総合研究所   兼任研究員

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1988年09月
    -
    1991年07月

    マンチェスタ-大学   数学部   数理学科  

  • 1999年10月
    -
    2002年12月

    バーミングハム大学大学院   英語学研究科   応用言語学博士  

  • 1994年10月
    -
    1997年07月

    バーミングハム大学大学院   英語学研究科   外国語としての英語教育修士  

学位 【 表示 / 非表示

  • 2002年12月   バーミングハム大学(イギリス)   Ph. D.

  • 1997年07月   バーミングハム大学(イギリス)   MA TEFL/TESL

  • 1991年07月   マンチェスター大学(イギリス)   BSc. Mathematical Physics

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2009年04月
    -
     

    Center for English Language Education in Science and Engineering (CELESE), School of Science and Engineering, Waseda University (Japan)   Tenured Full-Professor

  • 2004年04月
    -
    2009年03月

    Center for English Language Education in Science and Engineering (CELESE), School of Science and Engineering, Waseda University (Japan)   Tenured Associate Professor

  • 1996年04月
    -
    2004年03月

    Dept. of Information and Computer Engineering, Faculty of Engineering, Okayama University of Science (Japan)   Tenured Lecturer

  • 1993年04月
    -
    1996年03月

    Okayama University of Science (Japan)   Tenured Lecturer

  • 1991年09月
    -
    1993年03月

    Keiyu English School (Japan)   Head Teacher

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     

    全国語学教育学会

  •  
     
     

    英語コーパス学会

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 外国語教育

  • 教育工学

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 数理学

  • 英語学・教育

  • NLP

  • 教育工学

論文 【 表示 / 非表示

  • What can corpus software do?

    Anthony, L

    A O’Keeffe & M McCarthy (Eds.) The Routledge Handbook of Corpus Linguistics. Abingdon: UK. Routledge Press.    2021年  [招待有り]

    担当区分:筆頭著者, 責任著者

  • Developing computational infrastructure for the CorCenCC corpus: The National Corpus of Contemporary Welsh

    Dawn Knight, Fernando Loizides, Steven Neale, Laurence Anthony, Irena Spasic

    LANGUAGE RESOURCES AND EVALUATION   55   789 - 816  2020年07月  [査読有り]  [国際誌]  [国際共著]

     概要を見る

    Developing computational infrastructure for the CorCenCC corpus: The National Corpus of Contemporary Welsh

    DOI

  • Programming for Corpus Linguistics

    Anthony, L

    M. Paquot & S. T. Gries (Eds.) Practical Handbook of Corpus Linguistics. Berlin: Germany. Springer.    2020年  [招待有り]

    担当区分:筆頭著者, 責任著者

  • Introducing in-service English language teachers to data-driven learning for academic writing

    Meilin Chen, John Flowerdew, Laurence Anthony

    SYSTEM   87   102148 - 102148  2019年12月  [査読有り]  [国際誌]  [国際共著]

     概要を見る

    Introducing in-service English language teachers to data-driven learning for academic writing

    DOI

  • Resources for researching vocabulary

    Anthony, L

    S. Webb (Ed.) The Routledge Handbook of Vocabulary Studies. Abingdon: UK. Routledge Press.    2019年  [招待有り]

    担当区分:筆頭著者, 責任著者

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • Knowledge-based Vocabulary Lists

    Schmitt, N, Dunn, K, O'Sullivan, B, Anthony, L, Kremmel, B( 担当: 共著)

    Equinox Publishing Ltd, Sheffield: UK.  2021年

  • Introducing English for specific purposes

    Anthony, Laurence( 担当: 単著)

    Routledge  2018年05月 ISBN: 9781138936645

  • Introducing English for specific purposes

    Anthony, Laurence( 担当: 単著)

    Routledge  2018年 ISBN: 9781138936645

  • Science and engineering English marathon: Basic course (Input Lab)

    Anthony, L( 担当: 単著)

    Tokyo, Japan: ALC Press.  2011年

  • Concept building and discussion : applications

    Rose, Ralph, Anthony, Laurence( 担当: 共著)

    DTP Publishing  2010年09月 ISBN: 9784862112309

全件表示 >>

Misc 【 表示 / 非表示

  • From Language Analysis to Language Simplication with AntConc and AntWordProfiler (Summary of JAECS 2008 workshop)

    L. Anthony

    JACET Newsletter   63 ( 2 )  2008年

    担当区分:筆頭著者, 責任著者

  • Improving the Q&A Experience: A Collaborative Effort

    L. Anthony

    IEEE PCS Newsletter   52 ( 11 )  2008年

    担当区分:筆頭著者, 責任著者

  • Developing the CASEC G/GTS Automatic Writing Tutoring System

    L. Anthony

    CASEC EYE   24 ( 1 ) 3 - 3  2006年

    担当区分:筆頭著者, 責任著者

  • Concordancing with AntConc: An Introduction to Tools and Techniques in Corpus Linguistics (Summary of JACET 2006 workshop)

    L. Anthony

    JACET Newsletter   155   2085  2006年

    担当区分:筆頭著者, 責任著者

  • The Importance of Libraries in My Life

    L. Anthony

    Okayama University of Science Library News   ( 41 ) 3 - 3  2000年

    担当区分:筆頭著者, 責任著者

全件表示 >>

産業財産権 【 表示 / 非表示

  • Measurement and Tool for the Evaluation of Compositions

    特許権

  • Measurement and Tool for the Evaluation of Compositions.

    アントニ ローレンス, 林 規生, 曽根 一男, 山梨 俊夫, 前田 かおり, 山岸 康子, 椿本 弥生

    特許権

Works(作品等) 【 表示 / 非表示

  • FireAnt: A freeware social media and data analysis toolkit.

    Anthony, L., Hardaker, C.  ソフトウェア 

    2016年
    -
    継続中

  • ProtAnt: A freeware text prototypicality analysis tool

    Anthony, L, Baker, P.  ソフトウェア 

    2015年
    -
    継続中

  • AntWordProfiler: A freeware lexical profile tool

    Anthony, L  ソフトウェア 

    2014年
    -
    継続中

  • AntConc: A freeware corpus analysis tool

    Anthony, L  ソフトウェア 

    2002年
    -
    継続中

  • WebScore

    Anthony, L  ソフトウェア 

    2019年
    -
    継続中

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 早稲田大学第6回e-Teaching Award

    2018年05月  

  • 英語コーパス学会 学会賞

    2012年09月  

  • ロレアル 色の科学と芸術賞 金賞

    2005年10月  

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 多言語パラレルコーパスに基づくDDLオープンプラットフォームの高度化と教育応用

    研究期間:

    2017年04月
    -
    2021年03月
     

     概要を見る

    本研究の主な目的は,効率的な外国語教育を推進する指導法の一つとして,教育用パラレルコーパスに基づくデータ駆動型学習(Data-driven learning:DDL)支援サイトの高度化と教育応用をめざすことである。当該目的を遂行するために,平成21年より10年間,開発・公開してきた,日本人英語学習者を主な対象とするコーパスと検索ツールを搭載したオープンプラットフォーム「教育用例文コーパスSCoRE(The Sentence of Remedial English)」の第5次開発を完了した。平成30年度は以下の3点の研究を行った。1)教育用コーパスの改訂と増強: SCoREの第4次開発版(平成29年度改訂版)の例文(10,500文)の見直しと改訂を行い,新規にトピック別例文5,170文とその日本語対訳文を追加した。2)DDLオープンプラットフォームの高度化:多言語化を図るため,英・日パラレルコーパスに加えて,英語・中国語,英語・スペイン語のパラレルコーパスを収録した。さらに,英語音声読み上げ機能を追加して,最終的に「SCoRE第5次開発版」(http://www.score-corpus.org/)を公開した。3)DDL実践とDDLの普及活動:パソコンを使用したSCoREのDDL実践に加えて,SCoREの携帯端末版ツール(http://mobile.score-corpus.org/)の教室での使用を開始した。DDLの普及を図るため,DDLに興味・関心のある教員・研究者で構成されるDDL SIG を組織し,一般公開の第一回DDL SIGシンポジウムを早稲田大学大隈記念講堂小講堂にて開催した。研究成果として,2件の国際学会と7件の国内学会において発表を行い,8件の雑誌論文を公刊した。翌年度、交付申請を辞退するため、記入しない。翌年度、交付申請を辞退するため、記入しない

  • 多言語パラレルコーパスに基づくDDLオープンプラットフォームの構築と教育への応用

    研究期間:

    2013年04月
    -
    2017年03月
     

     概要を見る

    多言語パラレルコーパスを利用した外国語教育DDL(data-driven learning:データ駆動型学習)の普及に向けて,教育用パラレルコーパス,多言語検索ツール,DDL教材・質問紙・テスト等を搭載したDDLオープンプラットフォーム(http://www.score-corpus.org/)を構築し,公開した。さらに,SCoRE(Sentence Corpus of Remedial English)と名付けた当該プラットフォーム上のツールや教材を利用した指導実践によってDDLの学習効果を検証し,外国語教育現場でのコーパスの実践的利用の推進を図った

  • 大規模な注釈つきコーパス分析のための直感的コーパスツール開発

    研究期間:

    2011年04月
    -
    2014年03月
     

     概要を見る

    この研究の最終目的はコーパス分析ソフト「AntConc」に新たな機能を加え、大規模な注釈つきコーパスをより簡単に分析できることである。よって、コーパス利用者の多くのニーズに対応することができる。この目的を果たすため、3つの目標を設定した。目標1:「AntConc」をPython言語で書き直し、より簡単に機能を加えることができ、操作性を高める。目標2:「AntConc」の利用するデータベースを再設計し、10億語のコーパスを市販のノートパソコンで処理できるようにする。目標3:新しいタガーツールを作成し、短文レベルや文書レベルでのテキスト処理を可能にする。研究結果として各目標をほぼ確実に実現した

  • パラレルコーパスによる多言語教育DDLに向けて

    研究期間:

    2009年04月
    -
    2013年03月
     

     概要を見る

    パラレルコーパスを利用した多言語教育DDL(Data-DrivenLearning:データ駆動型学習)の普及に向けて,フリーウェアのバイリンガルコーパス検索サイトとスタンドアローンの多言語検索ツールを開発・公開した。また,日英パラレルコーパスを利用した英語・日本語教育の教材開発を行い,指導実践によってそれらの学習効果を検証し,外国語教育現場でのコーパスの実践的利用を推進した

  • 大規模な注釈つきコーパス分析のための直感的コーパスツール開発

    研究期間:

    2011年
    -
    2013年
     

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • Knowledge-based Vocabulary List: A List Based on Demonstrated Knowledge of Vocabulary Rather Than Frequency

    Schmitt, N, Dunn, K, Anthony, L, O'Sullivan, B, Kremmel, B[国際共著]

    AAAL 2021 Conference   (Online) 

    発表年月: 2021年05月

    開催年月:
    2021年05月
     
     

     概要を見る

    Schmitt, N., Dunn, K., Anthony, L. , O'Sullivan, B., & Kremmel, B. (2021, March 20-23). Knowledge-based Vocabulary List: A List Based on Demonstrated Knowledge of Vocabulary Rather Than Frequency. Presentation given at the AAAL 2021 Conference (Online).

  • Revisiting the concept of keyness: frequencies, dispersions, and effect sizes

    Anthony, L  [招待有り]

    JAECS Spring Symposium 2021   (Online) 

    発表年月: 2021年05月

    開催年月:
    2021年05月
     
     

     概要を見る

    Anthony, L. (2021, May 9). Revisiting the concept of keyness: frequencies, dispersions, and effect sizes. Presentation given at the JAECS Spring Symposium 2021 (Online).

  • Word profiling in corpus research: Going beyond frequency

    Anthony, L  [招待有り]

    RIBiLT Corpus Research Webinar Series 2021   (Open University of Hong Kong, Hong Kong, China.) 

    発表年月: 2021年03月

    開催年月:
    2021年03月
     
     

     概要を見る

    Word profiling in corpus research: Going beyond frequency

  • Empowering language learners through corpus linguistics, educational technology, and natural language processing tools

    Anthony, L  [招待有り]

    3rd LSP International Conference (LSPIC2021)   (Okayama, Japan.) 

    発表年月: 2021年03月

    開催年月:
    2021年03月
     
     

     概要を見る

    Empowering language learners through corpus linguistics, educational technology, and natural language processing tools

  • Extending Vocabulary Profiling To Languages Other Than English

    Anthony, L, Finlayson, N, Marsden, E, Hawkes, R, Avery, N

    46th Annual Conference of the Japan Association for English Corpus Studies (JAECS)   (Waseda University, Tokyo, Japan (Online).) 

    発表年月: 2020年11月

    開催年月:
    2020年11月
     
     

     概要を見る

    Anthony, L. , Finlayson, N., Marsden, E, Hawkes, R., & Avery, N. (2020, October 3-4). Extending Vocabulary Profiling To Languages Other Than English. Presentation given at the 46th Annual Conference of the Japan Association for English Corpus Studies (JAECS), Waseda University, Tokyo, Japan (Online).

全件表示 >>

特定課題研究 【 表示 / 非表示

  • Academic and Technical Writing Support Tool Framework for Data-Driven Vocabulary, Gram mar, and Discourse-Level Instruction

    2020年  

     概要を見る

    This research projected proceeded largely as plannedwith various components for a new data-driven learning (DDL) writing supporttool being adapted from existing tools or newly created. Over the course of theproject, these new components were publicly released in the form of updates to theAntConc, AntCorGen, AntGram, AntWordProfiler, and FireAnt tools, all of whichare freely available for download at: https://www.laurenceanthony.net/software/.In addition, the AntWordProfiler tools was completely re-written in Python witha simpler, more intuitive interface. This allows researchers and teachers tomore easily profile texts to assist in the selection and creation of vocabularylearning materials for the classroom and also facilitate data-driven learningof vocabulary by learners in classroom settings. This new version of AntWordProfileris still being tested but is planned to be released publicly in the first halfof 2021. As planned, some of the results of the project were presented at theCL2019 conference, Cardiff, UK and the 45th JAECS Annual Conference, Kochi,Japan. In addition, a number of international plenary talks on the topic of theproject were delivered in Hong Kong, Taiwan, and the Philippines. Other outputsfrom the project include two book chapters and one international refereedjournal paper.

  • 専門分野の論文コーパス作成ツール開発とリーディング・ライティングへの応用

    2019年   Römer, U.

     概要を見る

    This research project proceeded largely as planned, with various new tools and features developed for the purpose of improving the performance of the AntCorGen corpus data collection tool and assisting with teaching of reading and writing. A completely new single-word and multi-word unit (MWU) identification system was developed for the automatic identification of characteristic words and phrases in specific disciplines and specific sections of research papers, such as the abstract, introduction, and results/discussion sections. This work was presented at the 40th International Computer Archive of Modern and Medieval English (ICAME) Conference, Neuchâtel (Switzerland) together with Ute Römer of the Dept. of Applied Linguistics & ESL, Georgia State University, USA. Related work was also presented at the JALT PanSIG Conference  2019, Konan University, Nishinomiya, Japan. Future work will involve the inclusion of the newly developed tools and features into the publicly-released version of AntCorGen.

  • プロトタイプテキスト検出ツール開発とテクニカルライティングへの応用

    2016年   Paul Baker

     概要を見る

    「ProtAnt」はランカスター大学のPaul Baker教授との共同研究により開発されたプロトタイプテキスト検出ソフトウェアである。ProtAntは対象コーパスから特徴的な語彙(キーワード)を自動的に抽出し、そのキーワードの利用頻度順に全コーパステキストを並べることにより、コーパスの代表的なテキストからコーパスの外れ値におけるテキストまで、各テキストのPrototypicalityを評価することが可能となる。本研究ではProtAntを改善し、特徴的な語彙(キーワード)だけではなく、任意の語彙・フレーズ・N-gram・品詞タグ等のリストを利用し、プロトタイプテキストを検出することを可能にした。この改善により、ProtAntの正確さを向上することができ、ソフトウェアの応用がより広くなった。一つの新しい応用としては、テクニカルライティングの授業にある。アカデミック用語や専門用語のリストをProtAntにインポートすることにより、学生のレポートの中から、より良いモデルテキストを容易に探すことができる。また、同じ手法では、専門論文集からより適切な専門テキストを容易に検出できる。このプロトタイプテキストを学生に提示すれば、学生自身の分析により、自分のテクニカルライティングを向上させることが可能となる。本研究で開発されたProtAntは一般公開し、http://www.laurenceanthony.net/software/protant/で無料ダウンロードが可能である。

  • 語彙レベル評価と自動簡素のためのソフトウェアツール開発

    2013年  

     概要を見る

    「AntWordProfiler」(http://www.antlab.sci.waseda.ac.jp/software)は対象文書の語彙頻度・分布、難度レベルなどの統計的な情報を容易にかつ正確に収得できるソフトウェアであります。一方、AntWordProfilerは語彙の難度レベルを簡素化する方法は手動なので、複雑な処理の上、時間がかかるものです。また、統計的な分析機能が限られています。本研究では「AntWordProfiler」に新たな機能を足し、世界の基準となる語彙プロフィールツールを維持できるように開発を行いました。提案書で書いた目標に従って、まずは語彙の難度レベル情報が含まれているシソーラスをソフトウェアに統合しました。これによって、対象文書に含まれている難しい単語(例えば学習者の語彙レベル外の単語)を自動的に把握でき、より簡単な単語(レベル内の単語)の候補を表示・書き換えることが可能となりました。また、より高度な分析を行うため、次の目標として新たな統計機能を足し、統計の数値により、プロフィールの並び変えを可能としました。その上、インターフェースを大きく変え、対象テキストを簡素化するための情報(例えば、コーパス内・テキスト内の単語頻度、単語の位置)をより見やすくするように工夫を加えました。すべての機能を使いこなすため、新説明書を作り、ソフトウェア内で閲覧できるようにしました。2013年度中、「AntWordProfiler」のダウンロード数が大幅に増え、2013年度の数と比べ、4万6000ダウンロード増えました。以上の新機能を足したことが要因だと予想できます。また、Victoria Univ. of WellingtonのPaul Nation教授と共同で研究論文を出版し、特定課題の予算を使い世界の語彙に関する研究者が集まった「Vocab@Vic」の学会で共同研究発表も行いました。今後も、Paul Nation教授との共同研究が続きまます。2014年度中、「AntWordProfiler」に既に統合されているGSL 1000, GSL 2000, AWLの語彙リストに続き、NGSLの語彙リストも統合する予定があります。

  • 学生用のコーパス分析ソフトウエアシステムの開発

    2004年  

     概要を見る

    今回提案しているテクニカルリーディングとライティングのための統合テキスト分析ソフトウェア「AntConc」(http://www.antlab.sci.waseda.ac.jp/)は2004年度、英語教育業界で高く評価されています。2004年度には、国内外のユーザーから多数の「AntConc」の成功例の報告を受けて、そのユーザーからのソフトウェアに関する変更点や改善点の要望を最新のバージョンに反映させています。スペインの翻訳教育プログラムでは「AntConc」が活用されているし、ハワイ大学のコーパス言語学教育プログラムにも度々使われています。また、世界中でコーパス言語学のチュートリアルやセミナーでデモンストレーションソフトウェアとして利用されています。2004年度には、「AntConc」のバーションが3つリリースされ、2004年12月に最新版の「AntConc 3.0」をアップロードしました。「AntConc 3.0」は多くの点で改善され、新しいツールも含まれています。提案書で書いた目標に従って、「AntConc 3.0」にはWWWブラウザーが含まれるのでテキストのデータベースがなくてもテキスト分析が可能です。しかし、スタンドアローンのバージョンに統合することが困難であるので、2005年度中再検討し、統合する予定があります。また、「AntConc 3.0」はタッグされたデータやUnicodeデータにも対応しています。その上、新しい「Word Clusters」と「Lexical Bundles」のツールを開発し、’collocates’ や ‘associates’を容易に分析できるようになりました。その他、進化したワイルドカードも含まれているのでコンピュータに慣れていないユーザーは正規表現が分からなくても高度な分析が可能になります。改善の一つとして、GUIはより使いやすく設計し直しています。2004年の夏にミシガン大学のSwales教授とLee教授を訪問し、XMLやHTMLのようなコーパスデータフォーマットについて研究しました。その時、このデータフォーマットがどのようにコーパス言語の研究で使われているか調べて、具体的な例も幾つか紹介してもらいました。また、訪問中ミシガン大学のEnglish Language Institute(英語言語研究所)の教職員のために「AntConc」のセミナーを行いました。大阪大学大学院のテクニカルリーディングとライティングのプログラムをサポートするため、2004年の夏に大阪大学を訪問し、「AntConc」のセミナーを開催しました。また、そのプログラムの担当教員、野口教授(武庫川女子大学)と度々連絡を取り、より良いソフトウェアを開発するために変更点や改善点を検討しています。その上、大阪大学大学院で「AntConc」を授業中に使っている学生にアンケートを取り、フィードバックを新しい「AntConc」のバージョンに反映しています。2004年度には、下記のように幾つかのセミナーや発表が行われました。1)ミシガン大学でのセミナー (2004年7月)2)大阪大学でのセミナー (2004年8月)3)International Workshop on Language e-Learning 2004での発表 (2004年12月)4)会津大学でのセミナー (2005年3月)

海外研究活動 【 表示 / 非表示

  • コーパス言語学における分析ツール開発の応用

    2014年03月
    -
    2015年03月

    United Kingdom   Lancaster University

 

現在担当している科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

担当経験のある科目(授業) 【 表示 / 非表示

  • Presentation English

    早稲田大学  

    2004年04月
    -
    継続中
     

  • Technical English

    早稲田大学  

    2004年04月
    -
    継続中
     

  • Technical English

    岡山理科大学  

    1993年04月
    -
    2004年03月
     

  • Academic English

    岡山理科大学  

    1993年04月
    -
    2003年03月
     

  • TOEIC/TOEFL English

    Keiyu English School  

    1991年09月
    -
    1993年03月
     

全件表示 >>

 

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2016年
    -
    継続中

    Studies in Corpus Linguistics (SCL)  Advisory Board

  • 2015年
     
     

    National Research Foundation of South Africa  Review Board

  • 2015年
    -
     

    JACET Awards and Publications Committee  Advisory Board

  • 2015年
    -
     

    JACET Awards and Publications Committee  Advisory Board

  • 2015年
    -
     

    Journal of Asia TEFL  Editorial Board

全件表示 >>

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • Seminar for Parents of Incoming Waseda University Students

    Waseda COOP 

    2008年02月
     
     

  • From High School to University: A Perspective

    早稲田大学 

    2005年
     
     

  • Advances in Computer Technology for the English Classroom

    Okayama Japan American Cultural Exchange Society (JACES) 

    2003年
     
     

  • Image and Reality of Britain and Japan

    Okayama Japan American Cultural Exchange Society (JACES) 

    1999年
     
     

  • Looking at Japan from a Overseas

    Okayama Prefecture 

    1997年
     
     

全件表示 >>

メディア報道 【 表示 / 非表示

  • Linguistic corpora and the evolving study of language and meaning

    新聞・雑誌

    The Washington Post  

    United States  

    2017年08月

  • The software than can hunt down terrorists and trolls: System can ‘devour’ millions of social media messages to identify abusers

    新聞・雑誌

    執筆者: 本人以外  

    Daily Mail  

    UK  

    2016年04月

  • How Netflix Reverse-Engineered Hollywood

    新聞・雑誌

    執筆者: 本人以外  

    The Atlantic  

    United States  

    2014年01月

  • An Interview with Dr. Laurence Anthony

    インターネットメディア

    執筆者: 本人以外  

    CICASP, The Primate Research Institute (PRI)  

    日本  

    2012年06月

  • Linking language to science

    会誌・広報誌

    執筆者: 本人  

    Waseda University Campus Now  

    日本  

    2012年03月

全件表示 >>

学術貢献活動 【 表示 / 非表示

  • CL 2021

    学会・研究会等

    2021年07月
     
     
  • JAECS Spring Symposium 2021 Co-Chair

    大会・シンポジウム等

    JAECS  

    2021年05月
     
     
  • JAECS Annual Conference Chair

    大会・シンポジウム等

    JAECS  

    2020年10月
     
     
  • JAECS 2020

    2020年10月
     
     
  • Big Data NLP 2016. Program Committee

    大会・シンポジウム等

    Big Data NLP 2016  

    2016年12月
     
     

全件表示 >>