日野 泰志 (ヒノ ヤスシ)

写真a

所属

文学学術院 文学部

職名

教授

兼担 【 表示 / 非表示

  • 文学学術院   大学院文学研究科

学位 【 表示 / 非表示

  • 西オンタリオ大学(カナダ)   心理学博士

所属学協会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     

    日本心理学会

  •  
     
     

    American Psychological Association

  •  
     
     

    Psychonomic Society

 

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 認知心理学、言語心理学

論文 【 表示 / 非表示

  • The Phonological Unit of Japanese Kanji Compounds: A Masked Priming Investigation

    Masahiro Yoshihara, Mariko Nakayama, Rinus G. Verdonschot, Yasushi Hino

    JOURNAL OF EXPERIMENTAL PSYCHOLOGY-HUMAN PERCEPTION AND PERFORMANCE   43 ( 7 ) 1303 - 1328  2017年07月  [査読有り]

     概要を見る

    Using the masked priming paradigm, we examined which phonological unit is used when naming Kanji compounds. Although the phonological unit in the Japanese language has been suggested to be the mora, Experiment 1 found no priming for mora-related Kanji prime-target pairs. In Experiment 2, significant priming was only found when Kanji pairs shared the whole sound of their initial Kanji characters. Nevertheless, when the same Kanji pairs used in Experiment 2 were transcribed into Kana, significant mora priming was observed in Experiment 3. In Experiment 4, matching the syllable structure and pitch-accent of the initial Kanji characters did not lead to mora priming, ruling out potential alternative explanations for the earlier absence of the effect. A significant mora priming effect was observed, however, when the shared initial mora constituted the whole sound of their initial Kanji characters in Experiments 5. Lastly, these results were replicated in Experiment 6. Overall, these results indicate that the phonological unit involved when naming Kanji compounds is not the mora but the whole sound of each Kanji character. We discuss how different phonological units may be involved when processing Kanji and Kana words as well as the implications for theories dealing with language production processes.

    DOI

  • Phonological-Orthographic Consistency for Japanese Words and Its Impact on Visual and Auditory Word Recognition

    Yasushi Hino, Yuu Kusunose, Shinobu Miyamura, Stephen J. Lupker

    JOURNAL OF EXPERIMENTAL PSYCHOLOGY-HUMAN PERCEPTION AND PERFORMANCE   43 ( 1 ) 126 - 146  2017年01月  [査読有り]

     概要を見る

    In most models of word processing, the degrees of consistency in the mappings between orthographic, phonological, and semantic representations are hypothesized to affect reading time. Following Hino, Miyamura, and Lupker's (2011) examination of the orthographic-phonological (O-P) and orthographic-semantic (O-S) consistency for 1,114 Japanese words (339 katakana and 775 kanji words), in the present research, we initially attempted to measure the phonological-orthographic (P-O) consistency for those same words. In contrast to the O-P and O-S consistencies, which were equivalent for kanji and katakana words, the P-O relationships were much more inconsistent for the kanji words than for the katakana words. The impact of kanji words' P-O consistency was then examined in both visual and auditory word recognition tasks. Although there was no effect of P-O consistency in the standard visual lexical-decision task, significant effects were detected in a lexical-decision task with auditory stimuli, in a perceptual identification task using masked visual stimuli, and in a lexical-decision task with degraded visual stimuli. The implications of these results are discussed in terms of the impact of P-O consistency in auditory and visual word recognition.

    DOI

  • Phonological-Orthographic Consistency for Japanese Words and Its Impact on Visual and Auditory Word Recognition

    Yasushi Hino, Yuu Kusunose, Shinobu Miyamura, Stephen J. Lupker

    JOURNAL OF EXPERIMENTAL PSYCHOLOGY-HUMAN PERCEPTION AND PERFORMANCE   43 ( 1 ) 126 - 146  2017年01月

     概要を見る

    In most models of word processing, the degrees of consistency in the mappings between orthographic, phonological, and semantic representations are hypothesized to affect reading time. Following Hino, Miyamura, and Lupker's (2011) examination of the orthographic-phonological (O-P) and orthographic-semantic (O-S) consistency for 1,114 Japanese words (339 katakana and 775 kanji words), in the present research, we initially attempted to measure the phonological-orthographic (P-O) consistency for those same words. In contrast to the O-P and O-S consistencies, which were equivalent for kanji and katakana words, the P-O relationships were much more inconsistent for the kanji words than for the katakana words. The impact of kanji words' P-O consistency was then examined in both visual and auditory word recognition tasks. Although there was no effect of P-O consistency in the standard visual lexical-decision task, significant effects were detected in a lexical-decision task with auditory stimuli, in a perceptual identification task using masked visual stimuli, and in a lexical-decision task with degraded visual stimuli. The implications of these results are discussed in terms of the impact of P-O consistency in auditory and visual word recognition.

    DOI

  • Masked semantic priming effects from the prime's orthographic neighbours

    Yuu Kusunose, Yasushi Hino, Stephen J. Lupker

    JOURNAL OF COGNITIVE PSYCHOLOGY   28 ( 3 ) 275 - 296  2016年04月  [査読有り]

     概要を見る

    The present research involved masked priming lexical decision experiments using, in the crucial condition, masked primes with an orthographic neighbour that was semantically related to the target. Regardless of the lexicality of the prime, a significant priming effect was observed when the relatedness proportion (RP, that is, the proportion of primes and targets that were directly related on the "word" trials) was 2/3 (Experiments 1 and 2). No effect emerged, however, when the RP was 0 (Experiment 3). These results indicate that lexical/semantic activation arises automatically for both the prime and its neighbours. This activated lexical/semantic information appears to be evaluated together with the lexical/semantic information activated by the target, creating a decision bias during the decision-making process, but only when that information often provides a clue as to the nature of the correct decision. Our results, therefore, also provide support for the retrospective account of masked semantic priming.

    DOI

  • 仮名・漢字表記語の性質と読みのプロセス

    日野泰志

    立命館文学 藤健一教授退職記念論集   641   165 - 181  2015年03月

全件表示 >>

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 言語障害児・者を対象とした包括的言語検査に基づいた認知神経心理学的評価基準の開発

    研究期間:

    2018年04月
    -
    2023年03月
     

     概要を見る

    刺激素材を作成し、健常児・者を対象とした予備調査を行った。1.発話:まんがの説明 「鶴の恩返し」、「サッカーボール」、「犬の散歩」の3課題の刺激絵の作成し、健常者データの収集を進めている。2.聴覚的理解:単音節・単語 100モーラを録音し標準データを収集している。また、100モーラに雑音をかけて健常者で、異調音でほぼ100%正答する単音節を決定した。単語は4モーラ単語4語1セット、ターゲットは高親密度、高・低心像性を考慮した。語特性として高親密度のみ使用するモーラ数は、4モーラ、各モーラでセットにした。品詞は名詞と動詞で、心像性は高低の両方を考慮した。3.聴覚的理解:文 刺激絵を完成し、刺激音の録音した。Jingyi Zhang先生が作成したサイコパイを使用した。4.発話:名詞呼称 小中学生のデータを取集した。再現性を検討した。5.復唱 ターゲット語は、非語の復唱に合わせて拗音は除外した。非語の復唱課題におけるターゲット語はバイモーラ頻度の低い刺激から選択した。6.音読 ターゲット語は表記妥当性を優先した。基準は、4.3以上。20語作成し、最終的に10語に絞る。漢字単語音読刺激は2種類作成する。一種類は、ひらがな、カタカナの属性に合わせた漢字単語、二種類は、非一貫非典型語(成人用)である。漢字非語音読は一貫性の高いものを選択した。7.発話:名詞呼称、書称 30語程度を選択した。ターゲット語は、名称一致率の高い語を選んだ。刺激絵を作成した。反応時間の基準を2秒、動作説明も2秒を基準とする。小学校1・2年の配当字から選んだ。書称の刺激絵の8つを作成した。呼称の絵も30個作成した。8.書取 漢字単語書取(小学1-2年配当)1・2年配当の漢字から作成した漢字二字熟語のリストから、小学校1・2年の教科書に出てくる語彙を選択した。十分な検討を経て検査項目を確定し、予備調査に入ることができた。 発話:まんが説明では、鶴の恩返し、という誰でも知っている物語とともに、個々のコマを記述することによって談話として成立する課題と最後のコマに至る展開に推論を必要とする課題を開発することができた。また、発話評価として、失語症および言語発達障害の症候に基づく評価項目を作成した。聴覚的理解:単音節・単語・文では、プロのアナウンサーに音響学的に理想的な環境で音源を録音することができた。単音節に関しては標準音源に雑音をかけ健常者で100%正答可能な範囲を特定した。単語はその親密度と心像性の値を明らかにして選択した。単語・文ともテスト実施をプログラム化して、聴覚的理解過程を評価できるようにした。発話:名詞呼称では、広範囲の名詞について小学生、中学生および成人の予備調査データを得ることができ、再現性等に関して十分な統計学的根拠を示すことができる。復唱では、単語・非語ともにバイモーラ頻度を考慮した検査語を選択することができた。音読では、表記妥当性を基準とした基準として目標語を選択した。予備調査結果を解析し、項目案を再検討する。発話:名詞呼称では、失語症データーの収集をはじめる。動作説明の刺激作成を行う。復唱では、失語症者用と小児用に分けるべきか、データに基づいて検討する。音読では、単語および非語について失語症者において特異的な読みの誤りが出現するかどうか検討する。書字では、ターゲット語のカテゴリーについては健常者データ収集後に正答率によって再検討する。予備調査結果に基づいて記録用紙の最終版および検査器具を確定する。そして、最終的なスクリーニング項目を決定する。ヒントの提示法を含む採点法を作成しする。各下位検査の施行法や時間制限についても検討する

  • 漢字熟語の形態素処理と漢字の形態-意味対応の一貫性

    研究期間:

    2018年04月
    -
    2023年03月
     

     概要を見る

    今年度は、昨年度に引き続き漢字熟語を読む際に、個々の漢字に対応する形態素への分解と、語全体レベルの表象への統合のプロセスが介在するかどうかについて検討するための研究を行うと共に、語の形態-意味対応の一貫性が語彙判断課題の成績にどのような効果を示すのかという問題について検討した。<BR>前者の研究には、漢字三字熟語を使用した。1)先頭の単漢字が後続の二字熟語を修飾する構造を持つ漢字三字熟語ターゲットに先行して、同じ形態素構造を共有する漢字三字熟語プライムを提示した際に、形態素構造の一致による関係プライミング効果が観察できるかどうか、2)関係プライミング効果の観察には、修飾子の共有が不可欠なのかどうかという2つの問題について語彙判断課題を使って検討した。昨年度、単一試行内で、プライムとターゲットを提示した際、先頭漢字の共有の有無に関係なく有意な関係プライミング効果が検出された。今年度は、英語による先行研究と同じように、単一刺激提示による課題を使って関係プライミング効果の観察を試みたところ、関係プライミング効果は、先頭漢字(修飾子)を共有する語ペアに対してのみ観察され(e.g., 亜硝酸 - 亜寒帯)、先頭漢字を共有しない語ペアには観察されなかった(e.g., 腕次第 - 亜寒帯)。<BR>後者の研究では、Hino, Miyamura & Lupker (2011)のデータを使って語の形態-意味対応の一貫性を操作した刺激セットを作成し、語彙判断課題を行った。この課題では、行動データの収集に加えて、事象関連電位の測定も行ったところ、行動データには、一貫性効果は観察されなかったが、低一貫語に対するN400の振幅が高一貫語に対するN400の振幅よりも有意に大きくなることが明らかとなった。漢字三字熟語を使った関係プライミング効果に関する検討では、課題の違いによって異なるデータパターンが観察されたことから、これがどのような理由によるのかをさらに検討する必要が生じているものの、研究は順調に進んでいる。また、プライムとターゲットを同一試行内で提示する課題では、関係プライミング効果の大きさが非語刺激の種類によって変動することも確認できたことから、この効果が形態素を統合する際の処理において生じる効果であることが確認された。<BR>次に、語レベルの形態-意味対応の一貫性に関する研究では、行動データには有意な効果は観察されなかったものの、事象関連電位のN400の振幅に有意な一貫性効果が認められた。この事実は、大きな発見であると考えている。これについては、今後もさらに検討を進めたい。今年度の研究を通して、漢字熟語を読む際に、形態素への分解のプロセスと、分解された形態素を語全体レベルの表象に統合するプロセスとが介在する可能性を示唆するデータを確認することができた。また、異なる課題において異なるパターンの関係プライミング効果が観察されたことから、関係プライミング効果を生じるメカニズムとして、自動的処理と方略的処理が関与する可能性を考える必要があるものと思われる。この点については、非語刺激の種類によって、効果の大きさがどのように変動するのかという問題や関連性比率を操作した場合に効果の大きさがどのように変動するのかなどの検討を新たに計画している。<BR>語レベルの形態-意味対応の一貫性に関する研究では、行動データには有意な効果は観察されなかったものの、事象関連電位のN400の振幅に一貫性効果が観察されたことから、今後、事象関連電位についてもさらに研究を進めたいと考えている。<BR>また、漢字レベルの形態-意味対応の一貫性についても測定し、漢字の共有による形態素プライミング効果が一貫性という変数によりどのように変動するのかという問題についても、今後、取り組んで行く予定である

  • 漢字熟語の形態素処理と漢字の形態-意味対応の一貫性

    基盤研究(C)

    研究期間:

    2018年04月
    -
    2023年03月
     

  • 日英バイリンガルの視覚的単語認識:L2表記表象と処理システム詳細の解明

    研究期間:

    2015年04月
    -
    2019年03月
     

     概要を見る

    本研究は、日英バイリンガルの視覚的単語認識について、特に表記の表象について焦点を当てて研究を行うものである。従来のバイリンガル研究は、表記の同じバイリンガルを対象にしたものが多かった。表記の同じバイリンガルは、第二言語(L2)の視覚的単語処理についても、第一言語の(L1)の表記表象および熟練した形態処理システムを使用することができることから、L2語の表記表象に関する調査の重要性は低いとされてきた。しかしながら、日英バイリンガルのような表記の異なるバイリンガルは、L2語を習得する際に、 L1語とは別の、新しい表記文字を覚え、また新たな表象を発達させる必要がある。本研究は、そのような表記の異なるバイリンガルの特徴が、L2語表象の発達にどのような影響を与えるのか、そしてその表記形態がL1語話者のL1語表象、および表記の同じバイリンガルのL2語表象のされかたとどの程度まで同様に発達するのか、またその限界点を探るために行うものであった。<BR>最終年度である今年度は、昨年に続いて、文字表象の発達について研究を行った。具体的には、アルファベット文字の大文字と小文字の間に抽象的な表象が発達するのかどうか、という問題を、反復プライミング効果を指標として新たな実験を行った。前回までの実験では、比較的熟練度の高いバイリンガルを対象として研究を行い、そのポピュレーションにおいては、L1話者と同様の抽象的な表象が発達することを示したが、今年度は、より熟練度の低いバイリンガルを調査の対象とした。研究の結果TOEIC500点程度の英語学習者といえる被験者でも既に大文字と小文字間に抽象的な表象が発達することを示す実験結果を得た

  • 仮名・漢字表記語の読みにおける音韻情報の役割

    研究期間:

    2012年04月
    -
    2017年03月
     

     概要を見る

    本研究では,仮名・漢字語を読む際の処理差について検討した。仮名・漢字語を読む際には,いずれの場合も,音韻情報が自動的に活性化され,語の形態親近性が高い場合には形態情報から,直接,意味情報が活性化されるが,語の形態親近性が低い場合には,音韻情報を介して意味情報が活性化されることが明らかとなった。一方,音韻-形態対応の一貫性を測定したところ,漢字語は仮名語と比べて音韻-形態対応の一貫性が低く,さらに,この差は,語を読んだり,聞き取ったりする際の処理に効果を持つことが明らかとなった。このように,仮名・漢字語間の処理差を検討する場合,語の音韻-形態対応の性質の違いによる効果を考慮する必要があるだろう

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • Semantic ambiguity and the process of generating meaning from print.

    The 43rd Annual Meeting of the Psychonomic Society, Kansas City, MO, U.S.A..  

  • Masked homophone priming effects for Japanese kanji words

    54th Annual Meeting of the Psychonomic Society  

  • 仮名・漢字語の聴覚的語彙判断課題における音韻隣接語数の効果

    日野泰志

    第21回認知神経心理学研究会   (仙台)  認知神経心理学研究会  

    発表年月: 2018年10月

  • カタカナ語の読みにおける形態素処理プロセス

    吉原将大, 日野泰志

    第21回認知神経心理学研究会   (仙台)  認知神経心理学研究会  

    発表年月: 2018年10月

  • 日本語を使った意味距離効果の検討

    日野泰志

    日本心理学会第82回大会   (仙台)  日本心理学会  

    発表年月: 2018年09月

全件表示 >>

特定課題研究 【 表示 / 非表示

  • 語の形態-意味間の対応関係における一貫性効果の検討

    2020年  

     概要を見る

     実験参加者に刺激ペアに対する関連あり・なし判断を求める関連性判断課題を使って、ターゲット語の形態-意味対応の一貫性効果の観察を試みた。語の形態-意味対応の一貫性とは、ある語の形態類似語が類似の意味を共有する程度を反映した変数である。実験では、行動データばかりでなく事象関連電位においても一貫性効果の観察を試みた。その結果、行動データには有意な一貫性効果は観察されなかったものの、事象関連電位のN400の振幅に有意な一貫性効果が観察された。同様の効果は、昨年度実施した語彙判断課題においても観察されたが、課題間で効果の頭皮上分布に差異が認められた。これらの結果から、語の意味活性化プロセスにおいては、形態類似語の意味も活性化し、活性化された意味間の不一致性の評価を介して最終的は語の意味が選択されるという処理が介在すると共に、このプロセス、特に、活性化された意味間の不一致性の評価を介した意味選択のプロセスは、課題遂行のための方略の影響を受ける可能性が高いものと思われる。

  • 語の形態-意味間の対応関係における-一貫性効果の検討

    2019年  

     概要を見る

    実験参加者に刺激に対する語-非語判断を求める語彙判断課題を使って、語の形態-意味対応の一貫性効果の観察を試みた。語の形態-意味対応の一貫性とは、ある語の形態類似語が類似の意味を共有する程度を反映した変数である。本研究では、この変数の効果を行動データばかりでなく事象関連電位も含めて検討した。実験の結果、行動データには一貫性効果は観察されなかったものの、事象関連電位のN400の振幅に一貫性効果が認められた。この結果は、語の意味活性化プロセスにおいては、形態類似語の意味も活性化し、意味間の不一致性が評価されて最終的は語の意味が選択されるという処理が介在する可能性を示唆するものと思われる。

  • 漢字熟語の形態素処理と漢字の形態-意味対応の一貫性

    2018年  

     概要を見る

     漢字熟語を読む際に、個々の形態素レベルの表象の活性化プロセスと、形態素レベルの表象を語全体レベルの表象に統合するプロセスとが介在するのかという問題を検討するために漢字三字熟語ペアを用いた語彙判断実験を行った。漢字三字熟語を読む際に、個々の漢字に対応する形態素レベルの表象が活性化されるなら、漢字三字熟語ペアが同じ先頭漢字を共有する場合に有意なプライミング効果が期待される。また、形態素レベルの表象を語全体レベルの表象に統合するプロセスが介在するなら、同じ形態素構造を共有する漢字三字熟語ペアには有意な関係プライミング効果が期待される。実験データは、これらの予測に一致するものであった。

  • 語の形態-意味対応と音韻-意味対応の一貫性効果

    2017年  

     概要を見る

     最近,語の意味類似性の評価にベクトル空間モデル(VSM)が利用されるようになってきた(e.g., Marelli, Amenta &amp; Crepaldi, 2015)。語の意味類似性を評価するVSMでは,文中に出現する語を,その前後に隣接する他の語の統計情報を使って符号化し,語ベクトルを作成する。Harris (1954)のdistributional hypothesis によれば,類似の文脈中に出現する語は,類似の意味を持つ可能性が高いため,前後に隣接する語が類似している語同士は,類似の意味を持つ可能性が高い。この仮説に従えば,上記の方法で作成した語ベクトルの類似度を計算すると,語ペア間の意味類似性を反映した値を得ることができる。また,Buchanan, Westbury &amp; Burgess (2001)及びSiakaluk, Buchanan &amp; Westbury (2003)は,VSMモデルを使って,ある語の語ベクトルから意味空間上で10番目に近い位置にある語ベクトルまでの”意味距離”を計算し,それを実験変数として操作したところ,語彙判断課題やカテゴリー判断課題の成績に有意な”意味距離”効果が観察されたことを報告している。そこで,本研究では,Mikolov, Chen, Corrado &amp; Dean (2013)によって開発された“word2vec”を使って,2017 年 2月 22 日時点の日本語wikipedia全文と現代日本語書き言葉均衡コーパス(Maekawa, Yamazaki, Ogiso, Maruyama, Ogura, Kashino, Yamaguchi, Tanaka &amp; Den, 2014)とを結合して作成したコーパスを学習させることで語ベクトルを作成した。この語ベクトルを使って,Hino, Miyamura &amp; Lupker (2011)が収集した12,378個の語ペアに対する意味類似性評定値と,語ベクトル・データから計算したコサイン類似度とを比較したところ,有意な正の相関が観察された(r = .619, p &lt; .001)。そこで,これらの語ベクトルを使って,語の“意味距離”の操作を試みたところ,語彙判断課題において有意な“意味距離”効果を再現することができた。“意味距離”が近い語に対する反応の方が,“意味距離”が遠い語に対する反応よりも有意に反応時間が短かった。これらの結果は,“word2vec”を使って日本語コーパスを学習させて作成した語ベクトルは,人が持つ語の意味に関する知識をある程度反映していることを示唆するものであった。

  • 語の音韻-形態対応の一貫性と形態親近性評定値との関係の検討

    2017年  

     概要を見る

    語を読む作業を求められる語認知課題の成績は,個々の語の親しみの程度を反映する形態親近性評定値に強く依存する(e.g., Gernsbacher, 1984)。しかし,形態親近性評定値がどのような要因の影響を受けるのかという問題は,必ずしも十分に明らかになっているわけではない。そこで,本研究では,まず,天野・近藤(2003)の単語親密度データベースから,形態隣接語と音韻隣接語をそれぞれ1語以上持つ漢字語32,990語と仮名語3,405語を対象に,語の形態親近性評定値と音韻-形態対応の一貫性との間の関係について検討した。その結果,漢字語の形態親近性評定値は,音韻-形態対応の一貫性に依存するが,仮名語の形態親近性評定値は,音韻-形態対応の一貫性には依存しないことが明らかとなった。漢字語を聞き取る際,正しい綴りの情報を検索できるかどうかは,音韻-形態対応の一貫性に依存するため,一貫性が高いほど,語の聞き取り経験が形態親近性に効果を持つことになる。一方,仮名語は,モーラと文字の対応規則に基づいて容易に正しい綴りを検索できるため,仮名語の形態親近性は,音韻-形態対応の一貫性に依存しない可能性が高い。これらの仮説が正しいなら,漢字語を聞き取る際には,音韻隣接語が綴りの検索に貢献し,音韻-形態対応の一貫性が課題成績に効果を持つのに対して,仮名語を聞き取る際には,音韻隣接語が綴りの検索に貢献しないため,音韻-形態対応の一貫性効果も音韻隣接語数の差異による効果も観察されないはずである。そこで,聴覚刺激を使った語彙判断課題において,漢字語と仮名語の音韻-形態対応の一貫性効果の観察を試みたところ,確かに,有意な一貫性効果は漢字語に対してのみ観察された。さらに,仮名語を使って音韻隣接語数による効果の観察を試みたところ,音韻隣接語数による効果は認められなかった。

全件表示 >>

海外研究活動 【 表示 / 非表示

  • 語彙判断課題における語の意味数と意味間の関連性効果

    2009年10月
    -
    2010年09月

    カナダ゙   西オンタリオ大学

 

現在担当している科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>