小野田 弘士 (オノダ ヒロシ)

写真a

所属

理工学術院 大学院環境・エネルギー研究科

職名

教授

ホームページ

http://www.f.waseda.jp/onoda/

プロフィール

2006年3月早稲田大学大学院理工学研究科博士後期課程修了。博士(工学)。2006年4月より早稲田大学環境総合研究センター講師、2008年4月より同准教授、2014年4月より早稲田大学大学院環境・エネルギー研究科准教授、2017年4月同教授(現職)。
2003年8月、環境系の大学発ベンチャー㈱早稲田環境研究所を設立し、代表取締役に就任。2011年4月から2017年11月まで取締役(非常勤)。2010年4月から2015年3月まで埼玉県環境エネルギー統括参与(非常勤)。
研究分野は、環境配慮設計、LCA、資源循環技術・システム、エネルギーマネジメントシステム、再生可能エネルギー熱利用技術・システム、未利用バイオマス利活用技術・システム、次世代モビリティシステム、スマートコミュニティ等

兼担 【 表示 / 非表示

  • 理工学術院   大学院創造理工学研究科

  • 理工学術院   創造理工学部

学内研究所等 【 表示 / 非表示

  • 2020年
    -
    2022年

    理工学術院総合研究所   兼任研究員

学歴 【 表示 / 非表示

  • 2001年04月
    -
    2006年03月

    早稲田大学   理工学研究科   機械工学専攻  

  • 2001年04月
    -
    2006年03月

    早稲田大学   理工学研究科   機械工学専攻  

  • 1997年04月
    -
    2001年03月

    早稲田大学   理工学部   機械工学科  

学位 【 表示 / 非表示

  • 早稲田大学   博士(工学)

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2017年04月
    -
     

    早稲田大学   理工学術院大学院環境・エネルギー研究科   教授

  • 2011年04月
    -
    2017年11月

    株式会社早稲田環境研究所   取締役(非常勤)

  • 2014年04月
    -
    2017年03月

    早稲田大学   理工学術院大学院環境・エネルギー研究科   准教授

  • 2008年04月
    -
    2014年03月

    早稲田大学   環境総合研究センター   准教授

  • 2003年08月
    -
    2011年03月

    株式会社早稲田環境研究所   代表取締役

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     

    日本LCA学会

  •  
     
     

    環境科学会

  •  
     
     

    日本エネルギー学会

  •  
     
     

    廃棄物資源循環学会

  •  
     
     

    日本機械学会

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 熱工学

  • 環境負荷低減技術、保全修復技術

  • 環境政策、環境配慮型社会

  • 環境影響評価

  • 地球資源工学、エネルギー学

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Smart approaches to waste management for post-COVID-19 smart cities in Japan

    Hiroshi Onoda

    IET Smart Cities   Volume 2 ( Issue 2 ) 89 - 94  2020年06月  [査読有り]

    DOI

  • Evaluation and Improvement Proposals for a Business Facility Solar and Ground-Heat Hybrid Heat Supply System

    Daiki Yoshidome, Ryo Kikuchi, Andante Hadi Pandyaswargo, Hiroshi Onoda

    Sustainable Production, Life Cycle Engineering and Management     557 - 573  2021年  [査読有り]

    担当区分:最終著者, 責任著者

     概要を見る

    © 2021, Springer Nature Singapore Pte Ltd. In this study, we proposed improvements based on actual measured data of a hybrid heat supply system that uses solar heat and ground heat as the heat sources of a restaurants complex in Honjo city, Saitama, Japan. Our evaluation from the actual monitoring measurements showed that the solar heat collection efficiency was 50–60%. The geothermal Heat Pump’s Coefficient of Performance decreased significantly in the summer. We propose to set the heat insulation and burial depth of the piping from the ground heat collection to the heat pump and recommends five units of 5 units of solar heat collectors as the most ideal scenario.

    DOI

  • Efforts to reduce co<inf>2</inf> Emissions in the Japanese Automobile Recycling Industry

    Sosho Kitajima, Hiroshi Onoda

    Sustainable Production, Life Cycle Engineering and Management     163 - 174  2021年  [査読有り]

    担当区分:最終著者, 責任著者

     概要を見る

    © 2021, Springer Nature Singapore Pte Ltd. A CO2 reduction program “Green Point Club”, researched and developed by Waseda University and Japan Automobile Parts Recyclers Association (JAPRA), was announced in 2007 as a groundbreaking effort that has been developed to add a new “Environmental Contribution Index” to recycling parts. With the momentum of CO2 reduction such as abnormal temperature increasing, we promoted the use of recycled parts of vehicles will help to reduce the CO2 reduction effect. In this study, we summarize the CO2 reduction figures from using recycled parts in the past 10 years in Japan and verified it. We would like to the spread the method such as cooperation with the administration, information exchange with foreign countries, point return etc. and aim at further usage expansion.

    DOI

  • The Readiness Levels of Japan Supported Biomass Energy Conversion Technology Development Projects in Emerging Southeast Asia: Verification of the J-TRA Results

    Issui Ihara, Andante Hadi Pandyaswargo, Hiroshi Onoda

    Sustainable Production, Life Cycle Engineering and Management     541 - 555  2021年  [査読有り]

     概要を見る

    © 2021, Springer Nature Singapore Pte Ltd. We compared the readiness levels of Japan supported biomass energy conversion technology development projects in emerging Southeast Asia measured with two different methodologies; (1) levels as stated by the project fund provider, and (2) Technology Readiness Assessment (J-TRA) method. Results show that while the first method could tell the general idea about a technology development progress, the Technology Readiness Level (TRL) of J-TRA is better at indicating the project bottlenecks.

    DOI

  • Estimating the energy demand and growth in off-grid villages: Case studies from Myanmar, Indonesia, and Laos

    Andante Hadi Pandyaswargo, Mengyi Ruan, Eiei Htwe, Motoshi Hiratsuka, Alan Dwi Wibowo, Yuji Nagai, Hiroshi Onoda

    Energies   13 ( 20 )  2020年10月  [査読有り]

    担当区分:最終著者

     概要を見る

    © 2020 by the authors. Under the Sustainable Development Goals (SDGs), the world has pledged to "leaving no one behind". Responding to goal No. 7 on the agenda, efforts to provide modern energy to all the world population must be pushed forward. This is important because electrification in the rural area can indirectly support opportunities for social and economic development resulting in an acceleration of the eradication of poverty. The research goal of this study is to contribute insights about the scale of energy demand in unelectrified villages in the Southeast Asian countries and to discuss some factors that might influence the energy demand growth. This is done by making projections based on surveys and interviews, including a time-use survey, in three off-grid villages located in Myanmar, Indonesia, and Laos. Our analysis presented the living condition, highlight the types of energy sources, how, and in what rhythms people use energy on a daily basis in those villages. The demands in each case study villages were then projected based on several constructed scenarios. It was found that the factors of household size, proximity to the city, climate, and topography may influence the present and future growth of energy demands in the villages. The estimated energy demand may be useful for project managers to design a pilot off-grid energy system project in a similar environment and pointed out important factors to consider when formulating off-grid energy policies in the region.

    DOI

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 失敗から学ぶ「早稲田式」地域エネルギービジネス

    小野田弘士( 担当: 単著)

    エネルギーフォーラム  2017年06月

Misc 【 表示 / 非表示

  • 住民協働を促進する地域情報システムの開発:~豊島廃棄物等処理事業における情報可視化による合意形成事例~

    中野 健太郎, 永井 祐二, 小野田 弘士

    国際P2M学会研究発表大会予稿集   2020 ( 0 ) 161 - 175  2020年

     概要を見る

    豊島廃棄物等処理事業とは、香川県土庄町豊島の西部に汚染土壌を含む約90万トンの産業廃棄物が不法投棄された豊島事件の廃棄物等の無害化・再資源化による全量撤去を行う事業である。平成12年の公害調停成立後、行政と住民が互いに主体として関わる「共創」を理念として事業が開始され、その進捗において、住民と事業主体である香川県に対し、定量的データの3Dモデル化等によって可視化することにより、事業進捗の監視や検討材料として住民協働を情報面で支援する地域情報システムを構築してきた。本研究では、情報系価値基盤の強化により、行政と住民の共創を可能にする地域情報システムのP2Mでの位置づけを分析する。

    DOI CiNii

  • 福島復興における多世代共創プロジェクトマネジメントの実践と分析

    中野 健太郎, 李 洸昊, 永井 祐二, 小野田 弘士, 松岡 俊二

    国際P2M学会研究発表大会予稿集   2020 ( 0 ) 161 - 170  2020年

     概要を見る

    福島原発事故から9年が経過するが、未だに住民の帰還が困難な自治体もあり、地域の復興への意欲を維持することが難しくなっている。また、事故処理も30~40年の歳月を必要するとされており、世代を渡る長期的な取り組みや意思決定が要求される。こうした福島復興へのプロジェクト構築には多世代多様主体による共創のプロジェクトマネジメントが必要となる。本研究は、ふくしま学(楽)会におけるFuture Sessionの取り組みなどを通じて、長期戦略である社会イノベーションの実現に向け、市民それぞれが自分ごとに落とし込み、個別のプロジェクトを積み重ねることによるプロジェクトの継続性をP2Mの視点から分析する。

    DOI CiNii

  • 飲食店街区における太陽熱・地中熱ハイブリッド熱源システムの実測評価

    吉留大樹, 菊池亮, 本田亮太, 小野田弘士

    環境科学会2019年会     111 - 111  2019年09月

  • ミャンマーの無電化地域におけるエネルギー需要の予測手法の構築

    阮梦依, Pandyaswargo, Andante Hadi, 小野田弘士, Htwe Ei ei, Mandalay Technological University

    環境科学会2019年会講演要旨集     108 - 108  2019年09月

  • 清掃工場の労働安全におけるナッジの活用に関する検討

    井口 琢朗, 鄒 亮星, 小野田 弘士

    廃棄物資源循環学会研究発表会講演集 30(0)     111  2019年09月

     概要を見る

    循環型社会の構築に向けて重要な役割を占める廃棄物処理・リサイクル施設等の静脈施設においては、処理対象物の変動等を原因とした事故やトラブルが比較的高い頻度で発生していることは否定できない。とくに清掃工場においては、さまざまな事故・トラブルが起こっている。そこで、清掃工場において事故・トラブルに関するリスクを低減する方法のひとつとしてのナッジによる作業員の不安全行動の防止に着目した。清掃工場の作業員に安全安心面でのナッジによる有効性を検証することを目的に調査実施した。具体的には、保護メガネに関する事故事例の画像と文章を用いて、現場にポスターを掲示し、効果を検証した。本報では想像しやすい保護メガネの事例を扱ったが、今後は想像しづらい非定常の事故事例等を対象としたナッジの有効性を調査する。

全件表示 >>

産業財産権 【 表示 / 非表示

  • 環境配慮行動提案システム、環境負荷低減支援システム及びプログラム

    5618273

    小野田 弘士, 永田 勝也

    特許権

  • 自動販売機の最適配置診断装置及び最適配置診断装置用プログラム

    4905882

    永田 勝也, 小野田 弘士, 新見 大, 長谷川 功, 本田 麻衣

    特許権

受賞 【 表示 / 非表示

  • JSME環境工学総合シンポジウム研究奨励表彰

    2018年   日本機械学会環境工学部門   圧縮空気エンジン搭載小型モビリティの開発と性能評価  

    受賞者: 八木勝也, 松浦加奈, 小野田弘士

  • 日本機械学会環境工学部門功績賞

    2014年11月   一般社団法人日本機械学会  

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 静脈系サプライチェーンマネジメントのための情報通信技術の導入可能性と効果分析(3-1905)

    研究期間:

    2019年04月
    -
    2022年03月
     

  • 中小廃棄物処理施設におけるエネルギー回収に関する調査

    研究期間:

    2019年10月
    -
    2020年03月
     

  • 温暖化防止に向けた廃棄物エネルギーの産業利用の可能性調査 -蒸気供給・熱利用による高効率エネルギー利用-

    研究期間:

    2019年06月
    -
    2020年03月
     

  • 建築物における低炭素化およびAI・IoTの導入可能性に関する検討

    研究期間:

    2019年04月
    -
    2020年03月
     

  • 戸建住宅におけるエネルギーシステムの高度化に関する研究

    研究期間:

    2017年04月
    -
    2020年03月
     

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 廃棄物エネルギーの利活用に係る推進の意義等について

    小野田弘士  [招待有り]

    低炭素・省CO2型廃棄物処理システムに係る廃棄物エネルギーの利活用に関する説明会(東京)   (東京都)  環境省  

    発表年月: 2020年03月

  • 地域エネルギービジネスの現状と方向性~各地域の取り組み事例を中心として~

    小野田弘士  [招待有り]

    唐津市版脱炭素イノベーションによる地域循環共生圏を考える地域エネルギーセミナー   (佐賀県佐賀市)  唐津市  

    発表年月: 2020年02月

  • 廃棄物エネルギーの産業利用の可能性について~廃プラスチックの有効利用方策のアプローチとして~

    小野田弘士  [招待有り]

    令和元年度廃棄物のリサイクル推進マッチングセミナー   (千葉県千葉市)  千葉県  

    発表年月: 2020年02月

  • 地域循環共⽣圏による地域産業の活性化に向けて

    小野田弘士  [招待有り]

    令和元年度たからの環ワークショップ〜地域循環共⽣圏の形成に向けて〜in 秋⽥   (秋田県秋田市)  環境省環境再⽣・資源循環局総務課リサイクル推進室  

    発表年月: 2019年11月

  • バイオマスの環境施策とビジネス事情について

    小野田弘士  [招待有り]

    地球環境技術推進懇談会 2019年度第2回講演会   (大阪府)  (一財)大阪科学技術センター 地球環境技術推進懇談会  

    発表年月: 2019年10月

全件表示 >>

特定課題研究 【 表示 / 非表示

  • 空気エンジン駆動型マイクロモビリティの開発と性能評価

    2014年  

     概要を見る

    本研究では、空気エンジンで駆動する超軽量小型モビリティULV (Ultra Light-weight Vehicle)の設計・開発を行った。回転バランス型シリンダの原理を応用した空気エンジンの搭載を前提とし、その性能試験装置を構築した。その結果、ULVへの搭載モデルの最高出力は450Wであり、このときの断熱効率は約44%であった。省エネルギー性を追究しているULVの必要出力は423Wであることから、ULVの駆動源として活用可能であることを確認した。以上に基づき、従来開発してきたULVの車両をベースに空気エンジン駆動型ULV(ULV-Air)の設計・製作を行った。その結果、空気エンジンの性能値から航続可能距離を試算したところ、約7kmとなった。

 

現在担当している科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

 

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2019年05月
    -
    2021年03月

    NEDO  技術委員

  • 2019年02月
    -
    2021年02月

    環境省  中央環境審議会臨時委員

  • 2019年04月
    -
    2021年01月

    中央区  中央区清掃・リサイクル推進協議会(委員)

  • 2018年01月
    -
    2020年11月

    荒川区  荒川区清掃審議会(委員)

  • 2019年04月
    -
    2020年04月

    経済産業省  総合資源エネルギー調査会臨時委員

全件表示 >>