黒田 一雄 (クロダ カズオ)

写真a

所属

国際学術院 大学院アジア太平洋研究科

職名

教授

兼担 【 表示 / 非表示

  • 附属機関・学校   グローバルエデュケーションセンター

学内研究所等 【 表示 / 非表示

  • 2018年
    -
    2023年

    国際教育協力研究所   プロジェクト研究所所長

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1993年08月
    -
    1996年08月

    コーネル大学   大学院博士課程   教育・開発社会学  

  • 1992年09月
    -
    1993年08月

    スタンフォード大学   大学院修士課程   国際教育開発  

  • 1991年09月
    -
    1992年08月

    アジア経済研究所開発スクール  

  • 1985年04月
    -
    1989年03月

    早稲田大学   政治経済学部   経済学科  

学位 【 表示 / 非表示

  • スタンフォード大学(米国)   M.A.

  • コーネル大学(米国)   Ph.D.

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2020年09月
    -
    継続中

    早稲田大学   アジア太平洋研究センター   所長

  • 2020年09月
    -
    継続中

    早稲田大学   大学院アジア太平洋研究科   研究科長

  • 2018年06月
    -
    継続中

    公益財団法人 アジア学生文化協会   理事

  • 2009年12月
    -
    継続中

    公益財団法人 ユネスコアジア文化センター   評議員

  • 2009年02月
    -
    継続中

    国際協力機構   緒方貞子平和開発研究所   客員研究員

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     

    Comparative and International Education Society

  •  
     
     

    国際開発学会

  •  
     
     

    日本比較教育学会

  •  
     
     

    アフリカ教育学会

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 教育社会学

  • 国際関係論

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 国際高等教育論

  • 国際教育協力論

  • 国際教育開発論

  • 比較国際教育学

論文 【 表示 / 非表示

  • Implications for Teacher Training and Support for Inclusive Education: Empirical Evidence from Cambodia

    Diana Kartika, Kazuo Kuroda

    The SAGE Handbook of Inclusion and Diversity in Education, 446-467    2019年  [査読有り]

  • Internationalization of Higher Education and Student Mobility in Japan and Asia

    Kazuo Kuroda, Miki Sugimura, Yuto Kitamura, Asada Sarah

    Background paper prepared for the 2019 Global Education Monitoring Report: Migration, displacement and education: Building bridges, not walls, UNESCO and JICA Research Institute 2018    2018年

    担当区分:筆頭著者

  • Teacher and Parental Perspectives of Barriers for Inclusive and Quality Education in Mongolia

    Yuriko Kameyama, Kazuo Kuroda, Yuji Utsumi, Yuka Hosoi

    JICA-RI Working Paper   159   1 - 68  2018年  [査読有り]

  • Implications for Teacher Training and Support for Inclusive Education in Cambodia: An Empirical Case Study in a Developing Country

    Kazuo Kuroda, Diana Kartika, Yuto Kitamura

    JICA-RI Working Paper   148   1 - 49  2017年03月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者

  • Regionalization of higher education in Asia

    Kazuo Kuroda

    The Palgrave Handbook of Asia Pacific Higher Education     141 - 156  2016年10月  [査読有り]

    DOI

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 日本の国際教育協力 : 歴史と展望

    萱島, 信子, 黒田, 一雄( 担当: 共編者(共編著者))

    東京大学出版会  2019年09月 ISBN: 9784130513500

  • 「日本の国際教育協力の過去・現在・未来」 萱島信子・黒田一雄編著 2019. 『日本の国際教育協力:歴史と展望』389-422頁

    萱島信子, 黒田一雄( 担当: 共著)

    東京大学出版会  2019年

  • 「国際教育協力に対する理念的視角と世界・日本の教育協力の展開」萱島信子・黒田一雄編著 2019. 『日本の国際教育協力:歴史と展望』1-31頁

    黒田一雄, 萱島信子( 担当: 共著)

    東京大学出版会  2019年

  • 「国際的市民意識形成に対する留学のインパクト」 196-209頁 横田雅弘・太田浩・新見有紀子編『海外留学がキャリアと人生に与えるインパクト-大規模調査による留学の効果測定』

    黒田一雄( 担当: 分担執筆)

    学文堂  2018年03月

  • 「教育の国際潮流・国際目標達成における『体験の言語化』の可能性」早稲田大学平山郁夫記念ボランティアセンター編『体験の言語化』265p-271p

    黒田一雄

    成文堂  2016年11月

全件表示 >>

Misc 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

その他 【 表示 / 非表示

  • 学会発表等

     概要を見る

    学会発表等

    Kazuo Kuroda, “Disabilities and Inclusive Education in the Context of SDGs” May 22nd, 2019 XVII World Congress of Comparative Education Societies “The Future of Education” Cancun, 2019

    Kazuo Kuroda, “Inclusive Education as a Quality Strategy for Achieving SDGs Goal 4” August 7th, 2019, World Education Research Association Focal Meeting10th Anniversary, Gakushuin University, Tokyo

    Kazuo Kuroda “Globalization and the Development of Global Governance of Education - A Typology of Approaches” April 18th, 2019, The 63rd Annual Conference of Comparative and International Education Society (CIES), San Francisco, USA

    Kazuo Kuroda “Cross-border Collaborative Degree Programs in Asia- Implications from JICA RI conducted survey for 1000 programs”
    Mar. 28th 2019 Session organized by UMAP (University Mobility in Asia Pacific), APAIE (Asia Pacific Association for International Education) Annual Conference and Exhibition in Kuala Lumpur

    "Global Governance of Inclusive Education: Background of JICA RI Study"
    Mar. 8, 2018 JICA Panel on Disability and Inclusive Education in Asian Developing Countries at the 62nd Comparative and International Education Society (CIES) Annual Conference (Mexico City)

    "Global Governance of Inclusive Education: A Case of Cambodia"
    Dec. 11-12, 2017 JICA Panel on Disability and Inclusive Education in Developing Countries at World Congress on Special Needs Education (University of Cambridge, UK)

    "Global Governance of Inclusive Education as Quality Strategy"
    Mar. 8, 2017 JICA Panel on Disability and Inclusive Education in Developing Countries at the 61st Comparative and International Education Society (CIES) Annual Conference (Atlanta)

    "Disability and Inclusive Education in Mongolia"
    Mar. 7, 2016 Comparative and International Education Society Annual Conference (Vancouver)

    "Exploring Long-term Impact of Study Abroad and Fostering a Global Minded Workforce"
    2016年3月2日 Asia Pacific Association for International Education Annual Conference (Melbourne)

    "Japan’s Educational Cooperation Policies and its Implications for a Post-2015 World" (With Dr. Hayashi Makiko)
    2016年1月25日 Comparative Education Society of Asia (De Lasalle University, Manila)

    「海外留学の長期的なインパクト:キャリア、能力・スキル、意識・行動、人生の満足度」(渡部由紀・新見有紀子・太田浩(一橋大学)芦沢真五(東洋大学)との共同発表)
    2015年6月13日日本比較教育学会第51回全国大会(宇都宮大学)

    「途上国における障害児教育-インクルージョンと「特殊」の狭間で
    2015年6月12日日本比較教育学会第51回全国大会(宇都宮大学)ラウンドテーブル

    "Disability and Inclusive Education for the Post-2015 Agenda Setting"
    2015年3月12日 Comparative and International Education Society Annual Conference (Washington DC)

    "Equity, Quality and Policy Process: How to Monitor the Post 2015 Education Framework? "
    2015年3月10 日 Comparative and International Education Society Annual Conference (Washington DC)

    黒田一雄 「困難な状況にある子どもの教育-インクルーシブ教育の課題と可能性」
    2014年11月国際開発学会第25回全国大会(千葉大学)

    "The Institutional Prospects of Cross-Border Higher Education for East Asian Regional Integration: An Analysis of the JICA Survey of Leading Universities in East Asia"
    2014年7月日本比較教育学会第50回全国大会(名古屋大学)ラウンドテーブル

    "Perception Gap in Inclusive Education and Special Education -Focusing on pupils with disability in Malawi- " (with Jun Kawaguchi)
    2012年7月 Africa-Asia Educational Collaborative Research Symposium (早稲田大学) organized by Africa-Asia University Dialogue for Educational Development

    “Cross-border higher education for regional integration: Analysis of the JICA-RI survey for leading universities in East Asia. “ (with Yuki Takako and Kyuwon Kang)
    2011年5月 Comparative and International Education Society Annual Conference (Montreal)

    “Modeling Cross-border Higher Education in East Asia” (with Yuki Takako)
    2010年12月International Higher Education Forum 2010 (上智大学)

    “Cross-border Higher Education for Regional Integration: Analysis of the JICA Survey for Leading Universities in East Asia” (with Yuki Takako and Kyuwon Kang)
    2010年12月国際開発学会第21回全国大会 (早稲田大学)

    “Political and Economic Implications of Cross-Border Higher Education in the Context of Asian Regional Integration” (with Yuki Takako and Kyuwon Kang)
    2010年6月日本比較教育学会第46回全国大会(神戸大学)

    “Development Studies and Comparative Education: Contrasting characteristics among articles on education in developing countries appeared in various academic journals “ (with Jun Kawaguchi)
    2010 年6月 World Congress of Comparative Education Societies (Istanbul)

    “Political and Economic Implications of Cross-Border Higher Education in the Context of Asian Regional Integration” (with Yuki Takako and Kyuwon Kang)
    2010 年6月 World Congress of Comparative Education Societies (Istanbul)

    “Cross-border Higher Education in East Asia; Empirical Analysis of Asian Leading Universities and International Collaborative Degree Programs” (with Yuki Takako and Kyuwon Kang)
    2010年3月 Comparative and International Education Society Annual Conference (Chicago)

    “Transnational Education in the Context of Asian Regional Integration” (with David Passarelli)
    2009年9月 10th UKFIET Oxford International Conference on Education and Development

    「アジアの高等教育におけるリージョナリズムの実証的考察」
    2009年6月日本比較教育学会第45回全国大会(東京学芸大学)

    “Searching for new Asian regional frameworks in higher education – issues and prospects”
    2009年3月Comparative and International Education Society Annual Conference (Charleston)

    “Integrating Asia through International Higher Education - Concepts and Prospects”
    2008年10月 3rd Worldwide Forum for Comparative Education (Beijing Normal University)

    「アジア教育協力フレームワークの構築」
    2008年7月 早稲田大学グローバルCOE「アジア地域統合のための世界的人材育成拠点」共同研究大会

    「アジア地域協力・地域統合のための国際高等教育フレームワークの展開-予備的考察」
    2008年6月 日本比較教育学会第44回全国大会(東北大学)

    “International Cooperation and Waseda University: Recent Development and Future Prospects”
    Paper presented at UNIVERSITAS 21 Workshop on MDGs (University College Dublin) 2008.5

    「障害児とEFA-インクルーシブ教育の課題と可能性」
    2008年4月 第一回アフリカ教育研究フォーラム(広島大学)

    “Evaluating Japanese Educational Cooperation: Implications for international policy discussions in 2008“
    2008年3月Comparative and International Education Society Annual Conference (New York)

    “Trends of International Higher Education in Asia - What can we achieve through transnational education within Asia?”
    2008年3月Asia Pacific Association for International Education Annual Conference

    「アジアの地域協力・地域統合のための国際高等教育フレームワークの構築を目指して」
    2008年1月早稲田大学グローバルCOEプログラム「アジア地域統合のための世界的人材育成拠点」早稲田大学国際部共催 アジア国際高等教育シンポジウム

    「『東アジア共同体』形成における国際教育交流の役割と理念」
    2007年6月日本比較教育学会第43回全国大会(筑波大学)

    “International Student Mobility for the Formation of an East Asian Community“
    2007年3月Comparative and International Education Society Annual Conference (Baltimore)

    “International Student Mobility and an East Asian Community“
    2007年1月 Comparative Education Society of Asia Biennial Conference (University of Hong Kong)

    「東アジア共同体形成のための国際教育交流」
    2005年12月早稲田大学21世紀COE国際公開シンポジウム「東アジア共同体のダイナミズム」

    「現代アジア学における高等教育研究の予備的考察」
    2005年12月早稲田大学21世紀COE「現代アジア学の創生」第2回共同研究大会

    「東アジア高等教育研究に向けた理論的視座と政策的視座-共同体形成のため研究課題の模索」
    2005年9月中国・南開大学日本研究院主催国際シンポジウム『東アジアにおける教育改革と交流』

    “Strategies for Promoting Virtual Higher Education: General Considerations on Africa and Asia”
    2005年8月 2nd Worldwide Comparative Education Forum (北京師範大学)

    「日本における国際教育開発論の構築と新たなる展開」
    2005年6月 日本比較教育学会第41回大会(日本大学)ラウンドテーブルにて発表

    “The Politics of BEGIN: Developments and New Directions of Japanese Educational Aid Policy”
    2003年9月 Oxford International Conference on Education and Development

    “Formulating Japan’s Policies for International Cooperation for Education”
    2003年3月 Comparative and International Education Society (New Orleans)

    「発展途上国における女子教育の阻害要因と振興策に関する一考察」
    2002年7月 日本比較教育学会(九州大学)

    「日本・東アジアの教育経験の発展途上国への移転可能性研究に関する試論」
    2001年12月 第5回国際教育協力フォーラム

    “Educational Productivity Research in the Contexts of Developed and Developing Countries”
    2001年9月Comparative Education Society of Asia Conference(Taipei Normal University)

    「日本の新たな教育協力-タンザニア・スクールマッピングの経験」
    2001年7月 日本比較教育学会第37回大会(京都大学)ラウンドテーブル「アフリカの教育と国際協力」

    「発展途上国における教育政策統計調査の運営方法に関する一考察」
    2001年7月 日本比較教育学会第37回大会(京都大学)

    「アフリカ7カ国における初等教育就学児童の読解力の男女間格差に関する統計的考察」
    2000年6月 日本比較教育学会第36回大会(早稲田大学)

    「発展途上国における女子教育の教育経済学的考察」
    2000年6月 日本比較教育学会第36回大会(早稲田大学)ラウンドテーブル組織・発表

    “Potentials of Japanese Educational Aid to Developing Countries”
    2000年3月Comparative and International Education Society (Washington, DC) シンポジア組織・発表

    “Meeting Manpower Needs: Roles of Nonformal Education in Thailand”
    1998年3月Comparative and International Education Society (Buffalo)

    “Priorities of Educational Policy for Economic Development”
    1997年3月Comparative and International Education Society Mexico City大会にて発表

    “The Impact of the Educational Gender Gap on Economic Development in Cross Section of Countries”
    1996年9月日本国際政治学会/International Studies Association 幕張合同大会にて発表

    "Statistical Analysis of Objectives of Official Development Assistance"
    1996年4月Association for Asian Studies Honolulu 大会にて発表

    "Education for Economic Development in Cross Section of Countries"
    1996年3月22nd Annual Third World Conference Chicago大会にて発表

    "Women's Education for Economic Development in Cross Section of Countries"
    1996年3月 Comparative and International Education Society Williamsburg大会にて発表 ERIC Database No. ED397481

    "Financing Education for Economic Development in Cross Section of Countries"
    1995年11月Global Conference on Poverty Alleviation and Social Development (Association for the Advancement of Policy, Research and Development in the Third World主催) Las Vegas大会にて発表 ERIC Database No. ED397480

    "Effective Schools Research from Japanese Perspective"
    1995年10月Comparative and International Education Society North-East/Mid-West Regional Conference (Buffalo) にて発表 ERIC Database No. ED397482

    "Allocating Resources to Academic or Vocational Secondary Education for Economic Development?"
    1995年10月Comparative and International Education Society North-East/Mid-West Regional Conference (Buffalo) にて発表 ERIC Database No. ED397484

    "Foreign Study for Development or Dependency of Developing Countries?"
    1995年3月American Educational Research Association San Francisco 大会にて発表 ERIC Database No. ED397485

    "A Comparative Analysis of Aid Policies for Human Resource Development: United States and Japan" (with Sarah Pickert)
    1995年2月International Studies Association Chicago 大会にて発表 ERIC Database No. ED397483

受賞 【 表示 / 非表示

  • 特別賞

    2020年11月   国際開発学会  

  • UNIVERSITAS 21 AWARD

    2019年05月   UNIVERSITAS 21  

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • アジアにおける高等教育の連結性とイノベーションに関する統合的地域研究

    基盤研究(A)

    研究期間:

    2020年04月
    -
    2025年03月
     

    北村 友人, 杉村 美紀, 米澤 彰純, 黒田 一雄, 太田 浩

     概要を見る

    本研究は、アジアの高等教育とそこで起こっているイノベーションを、国家間・大学間の競争と協力という2つの側面から総合的・多面的に分析する。それは、国を単位とするマクロ・レベルの研究と大学や研究者を単位とするミクロ・レベルの研究を組み合わせると共に、定性的な研究と定量的な研究を混合して行うことで、より包括的にアジアの大学について検証する、統合的な地域研究である

  • アジア・アフリカの開発学ー日本の開発協力経験に基づくフィールドからの体系化

    基盤研究(B)

    研究期間:

    2020年04月
    -
    2023年03月
     

    佐藤 仁, 峯 陽一, 高橋 基樹, 黒田 一雄

     概要を見る

    日本の政府開発援助(以下, ODA)は, 半世紀を超える歴史をもつ。本研究ではODAの歴史的変転をアジア・アフリカでのフィールドワークを通じて知財化することを目指す。特に従来の日本のODAの主な受け手であったアジア諸国における「人づくり」の経験と, 新たな援助対象であるアフリカ地域を調査対象に, 政府間だけでなく, 政府と民間企業, 地域住民の相互関係に注目した「ODAの質」の解明に挑む。また, 研究成果を政策に活用するために国際協力機構(JICA)と密に協力し, 開発協力経験に内在する日本的な「実践知」を浮き彫りにしながら, 欧米とは一線を画した「アジア・アフリカの開発学」を展望する

  • SDGs第4目標達成に貢献する教育のグローバルガバナンスの理論化と実証

    基盤研究(B)

    研究期間:

    2018年04月
    -
    2023年03月
     

    黒田 一雄, 丸山 英樹, 米原 あき, 杉村 美紀, KARTIKA DIANA, 川口 純

  • アジア太平洋地域の学生交流促進に向けた実証的研究-UMAPの活性化をめざして-

    基盤研究(A)

    研究期間:

    2017年04月
    -
    2022年03月
     

    高橋 一男, 堀田 泰司, 芦沢 真五, 北村 友人, 黒田 一雄, 廣里 恭史, 小幡 浩司, 新田 功, 太田 浩, 関山 健, 花田 真吾, 小早川 裕子, 田中 祐輔

     概要を見る

    平成29年度の研究はNAFSA年次大会(アメリカ)、EAIE年次大会(スペイン)、第6回APEC高等教育協力会議(ロシア)、AIEC年次大会(オーストラリア)、CBIE(カナダ)、APAIE(シンガポール)などに出席し、UMAPを中心としたアジア太平洋地域における学生交流に関する発表を行うとともに、国際会議・大会に出席している政府関係者及び、大学関係者に対するヒアリングを行い、国の政策と大学の国際戦略の関係について分析を行った。その中でも、特に英語圏であるカナダとアメリカが、UMAPへの参加を表明するなど、学生交流に関する新たな関心と問題意識が生まれていることが確認できた。
    8月18、19日にはUMAP国際事務局を担当する東洋大学、留学生教育学会と連携し、カナダ、アメリカ、オーストラリアから学生交流に関する専門家を招聘し、国際フォーラムとワークショップを開催した。アジア太平洋諸国の大学がどのような大学間連携を模索しているか、というニーズ調査を推進するための意見交換をおこなった。また、オーストラリア、カナダ、米国など発足当初のUMAPには参加していた英語圏諸国から関係機関の代表に参加を得て、今後、これらの国からUMAPへの参加を得ていくための課題検証について意見交換をおこなった。本フォーラムとワークショップには国内外の大学教員、大学職員、政府関係者等の150人を超える参加を得られた。
    2月15日、19日、3月26日にUMAPタスクフォース会議を開催し、本科研メンバーと各国国内委員会の代表が意見交換を行った。その中で、UMAPに実際に係る専門家に対し行ったSWOT分析や、日本国内のUMAP参加大学、非参加大学に対するUMAPに関するアンケート調査の分析を行い、今後のUMAPプログラムの発展に寄与するいくつかのアクションプランが提言された。

  • 大学教育のグローバル・スタディーズ 競争・連携・アイデンティティ

    基盤研究(B)

    研究期間:

    2016年07月
    -
    2020年03月
     

    米澤 彰純, 吉田 文, 北村 友人, 黄 福涛, 黒田 一雄, 太田 浩, 米澤 由香子

     概要を見る

    本研究では、グローバル化により大きく変化してきた世界の大学教育の特質とその中での日本の位置づけを、特に学士課程のあり方の変化に注目して検討を行った。学士課程教育は、入り口に当たる中等教育までが国・地方の枠組みの支配的な影響下にあるのに対し、出口にあたる学卒労働市場、大学院教育においてグローバル化への趨勢が顕著という異なる2つの状況にはさまれ、社会システムとしてジレンマを抱えていると我々は考える。
    この状況への対応は各国で多様であり、一元的に整理できない。具体的には、韓国では、1990年代以降の民主化による教育課程編成の自由化・多様化が学生や経済ニーズに対応する形での英語による教育プログラムの普及につながり、マレーシアでは、大学教育の発展の方向性が、多民族国家として教育を通じた国民統合と英語を中心としたグローバル・地域展開との間で揺れ動いて展開し、オランダは、もともとは欧州大陸型の一般教育をもたない修士までの一貫教育を大学教育の基盤としていたが、現在は、英語で留学生との共修を基本とするuniversity collegeとよばれる教育組織・プログラムが拡大、オーストラリアでは、中等教育までの国の教育システムとしては、多文化主義の浸透が進んでいるが、高等教育では、留学生を多数受けいれる反面で英語を唯一の共通言語とする方針が貫かれ、多文化主義が進まない現状がみられる。
    日本の学士課程は、世界的に見れば、まだこのような直接的なグローバル化の影響は少ない方に入るが、近い将来、このようなジレンマのなかで学士課程教育のあり方が大きく転換していく可能性がある。これに対しては、単純なキャッチアップや政策借用的な議論ではなく、固有の社会的文脈に立ち返った議論が必要となる。以上の研究成果、国際書籍・論文の出版、国際ワークショップの開催等で発表した。

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • Asian Regional Cooperation of Higher Education – How can the Chinese and Japanese universities collaboratively contribute to the development of a community with a shared future for mankind?

    黒田一雄  [招待有り]

    Xiamen University Humanities and Social Sciences International Forum  

    発表年月: 2021年04月

  • Regional Report: Japan

    黒田一雄  [招待有り]

    Asia-Pacific Association for International Education (APAIE) Conference  

    発表年月: 2021年03月

  • Regional Governance and Cooperation of Higher Education in Northeast and Southeast Asia

    Kazuo Kuroda  [招待有り]

    2020 Online Forum on Education Cooperation in South & Southeast Asia organized by Yunnan Provincial Department of Education, China  

    発表年月: 2020年10月

  • インクルージョンと教育

    黒田一雄  [招待有り]

    広島大学教育開発国際協力研究センター(CICE)・国際協力機構(JICA) 教育協力NGOネットワーク(JNNE)共催Global Education Monitoring Report 2020ローンチ ウェビナー(オンライン)  

    発表年月: 2020年09月

  • International Higher Education in the Post- Corona World

    黒田一雄  [招待有り]

    RECSIE Special Webinar Series: What can we do? International education during the Covid-19 pandemic(Online)Series V : Covid-19 and Paradigm Shift of International Education  

    発表年月: 2020年05月

全件表示 >>

特定課題研究 【 表示 / 非表示

  • アジアの教育モデルに関する包括的研究

    2020年  

     概要を見る

         本研究は、このように国際的な「協力」と「競争」の中にあるアジアの教育に関して、その特徴と課題を、初等中等教育における読解力や数学能力などの認知的学力形成に加えて、21世紀に益々重要性を増しつつあるコミュニケーション能力・問題解決能力といった非認知的学力や、高等教育にまで対象を広げて、明らかにすることにより、欧米を中心に発展してきた教育学の学問体系に挑戦するとともに、アジアから世界の教育・学習の高度化に貢献することを目的とする。(1)  2020年8月5日に日本比較教育学会・ユネスコアジア太平洋教育事務局と協力し、JCES Online Seminar on Inclusive Education in Asia-Pacific Region を開催した。(2)  2020年12月2日にユネスコアジア太平洋教育事務局・東京大学などと協力し、Webinar Series 2020 Transforming Education in the Era of New Normal Experiences and Prospects in Asia-Pacificを開催した。(3) JICA研究所との共同により東京大学出版会から出版した『日本の国際教育協力―歴史と展望』が国際開発学会特別賞を受賞した。

  • 現代アジア教育学の創生と挑戦

    2020年  

     概要を見る

    2020年8月5日に日本比較教育学会・ユネスコアジア太平洋教育事務局と協力し、JCES Online Seminar on Inclusive Education in Asia-Pacific Region を開催した。2020年12月2日にユネスコアジア太平洋教育事務局・東京大学などと協力し、Webinar Series 2020Transforming Education in the Era of New Normal Experiences and Prospects inAsia-Pacificを開催した。(3) JICA研究所との共同により東京大学出版会から出版した『日本の国際教育協力―歴史と展望』が国際開発学会特別賞を受賞した。

  • 発展途上国における留学の開発・外交へのインパクト研究

    2019年  

     概要を見る

    本研究では、海外留学が途上国開発におよぼすインパクトを明らかにするために、途上国で知識基盤形成の拠点となり指導的人材の育成に重要な役割を果たす主要な大学を取り上げて、教員の海外留学に関する次の量的研究と質的研究をおこなう。量的研究では、アセアンの主要大学の大学教員を対象に海外留学経験や留学の成果と開発インパクトについての意識などに関する質問紙調査を行い、教員の海外留学が教員個人と教員の所属する大学や社会にどのようなインパクトをもたらしたのかを明らかにする。本年度は、学会などでの発表や資料収集を重ねたうえで、ベトナム国家大学ハノイ校及びハノイ理工大学の教員へのサーベイ調査の準備を行った。

  • 教育のグローバルガバナンスの歴史的展開

    2017年  

     概要を見る

    従来、教育は国民国家の枠組みで、そのあり方が議論され、政策が形成され、実践がなされてきた。教育学研究においても、その学知は国民国家を前提として探求され、蓄積されてきたと言える。しかし、社会経済の急速なグローバル化を受けて、国際社会は、教育の世界的現状をもグローバルイシューとして認識し、協調・協力して解決していくためのグローバルガバナンスの枠組みを形成する必要のあることを、様々な国際協議の場で確認してきた。本研究は、日本の国際教育協力を対象に、国際政治学や国際経済学の理論的な枠組みを応用することによって分析を行い、教育のグローバルガバナンスに対する理論的な分析視角を構築すべく進めてきた。

  • ラオスにおけるインクルーシブ教育政策の展開とその応用

    2016年  

     概要を見る

    本研究では、途上国における障がい児教育に焦点を当て、より質の高い教育の在り方を再検討するものである。研究結果を基に、実証研究の蓄積が遅れている本分野における学術界への貢献と合わせて、ポスト2015に向けた日本の新教育協力戦略に対する有益な示唆を導出することを目的とする。  プロジェクトの実施に当たっては、当初はラオスを想定していたが、現地での協力の得にくさなどから、カンボジアにフィールドを変えて、教育省やJICA研究所の協力を得ながら、聞き取り調査を行った。 本研究の成果は、ユネスコ、世界銀行、北米比較国際教育学会、カンボジア教育省と政策セミナーなどで発表された。また、論文としては、JICA研究所から発行された。

全件表示 >>

 

現在担当している科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

担当経験のある科目(授業) 【 表示 / 非表示

  • 人間開発とSDGs

    日越大学  

    2019年
    -
    継続中
     

  • グローバルリーダーシップ入門

    日越大学  

    2019年
    -
    継続中
     

  • 日本の教育

    北京大学現代日本研究センター(国際関係学院)  

    2017年
    -
    継続中
     

  • 比較国際教育政策

    早稲田大学大学院アジア太平洋研究科  

    2003年04月
    -
    継続中
     

  • 発展途上国の教育開発と国際協力

    早稲田大学大学院アジア太平洋研究科  

    2003年04月
    -
    継続中
     

全件表示 >>

 

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2021年09月
    -
    継続中

    日本学術会議  環境学委員会 環境思想・環境教育分科会環境教育の思想的アプローチ検討小委員会 委員

  • 2020年01月
    -
    継続中

    World Council of Comparative Education Societies (WCCES)  Chair, Research Standing Committee

  • 2020年
    -
    継続中

    国際交流基金  外部評価委員 (「日本研究基盤整備」プログラム及び「アジアネットワーク形成支援助成」)

  • 2020年
    -
    継続中

    日本学術振興会  スーパーグローバル大学創成支援事業プログラム委員会委員

  • 2019年12月
    -
    継続中

    文部科学省  WWL(ワールドワイドラーニング)コンソーシアム構築支援事業 企画評価会議 委員

全件表示 >>