Updated on 2022/05/19

写真a

 
SHIMADA, Hironori
 
Affiliation
Faculty of Human Sciences, School of Human Sciences
Job title
Professor

Concurrent Post

  • Faculty of Human Sciences   Graduate School of Human Sciences

  • Affiliated organization   Global Education Center

  • Faculty of Social Sciences   Graduate School of Social Sciences

Education

  •  
    -
    1996

    Waseda University   Graduate School of Human Sciences   Health Sciences  

Degree

  • Waseda University   Ph.D.

Research Experience

  • 2008
    -
    Now

    Faculty of Human Sciences, Waseda University, Professor

  • 2004
    -
    2008

    Faculty of Human Sciences, Waseda University, Asscociate Professor

  • 2003
    -
    2004

    School of Human Sciences, Waseda University, Asscociate Professor

  • 2000
    -
    2003

    Faculty of Humanities, and Graduate School of Humanities, Niigata University, Asscociate Professor

  • 1997
    -
    1999

    Faculty of Humanities, and Graduate School of Humanities, Niigata University, Assistant Proffesor

  • 1996
    -
    1997

    Faculty of Integrated Arts and Sciences, and Graduate School of Biosphere Science, Hiroshima University, Research Assistant

▼display all

Professional Memberships

  •  
     
     

    Japanese Union of Psychological Associations

  •  
     
     

    Japanese Association of Educational Psychology

  •  
     
     

    Japanese Association of Health Psychology

  •  
     
     

    Japan Society of Stress Management

  •  
     
     

    Japanese Asscociation of Behavioral and Coginitive Therapies

  •  
     
     

    日本心身医学会関東甲信越地方会

  •  
     
     

    (一社)日本公認心理師協会

  •  
     
     

    埼玉県家庭教育振興協議会

  •  
     
     

    (一社)公認心理師の会

  •  
     
     

    日本心身医学会関東地方会

  •  
     
     

    Japanese Association of Certified Public Psychogists

  •  
     
     

    埼玉県公認心理師協会

  •  
     
     

    Japanese Society of Certified Clinical Psychogists

  •  
     
     

    Japanese Association of Criminal Psychology

  •  
     
     

    Japanese Society of Autogenic Therapy

  •  
     
     

    Japan Association for School Mental Health

  •  
     
     

    Japanese Union of Associations for Psychomedical Therapy

  •  
     
     

    Japanese Society of Social Psychology

  •  
     
     

    Japanese Group Dynamics Association

  •  
     
     

    Japanese Society of Mood Disorders

  •  
     
     

    Japanese Association of School Health

  •  
     
     

    Japanese Psychological Association

  •  
     
     

    Japanese Society of Psychosomatic Medicine

  •  
     
     

    Japanese Society of Behavioral Medicine

  •  
     
     

    Japanese Society of Anxiety and Related disorders

  •  
     
     

    Japanese Association of Stress Science

  •  
     
     

    Japanese Association of Counseling Science

  •  
     
     

    Japanese Association of Cognitive Therapy

▼display all

 

Research Areas

  • Educational psychology

  • Hygiene and public health (non-laboratory)

  • Hygiene and public health (laboratory)

  • Clinical psychology

Research Interests

  • Clinical Psychology, Cognitive Behavioral Therapy, Applied Health Sciences, Stress Management, Educational Psychology, Public Health and Health Science, Social Psychology

Papers

  • The effect of distraction versus post-event processing on cortisol recovery in individuals with elevated social anxiety

    Maeda, Shunta, Moriishi,Chihiro, Ogishima,Hiroyoshi, Shimada,Hironori

    Comprehensive Psychoneuroendocrinology     in press  2022.06  [Refereed]

  • コロナ禍における子どもの心理的ストレスと学校適応感に関する記述的検討

    西原希里子, 嶋田洋徳

    ストレス科学(日本ストレス学会)   36 ( 3 ) in press  2022.05  [Refereed]

  • The aggressiveness of customer service counter personnel in handling complains

    Ohmura,Mikiko, Otsuki,Tomu, Shimada,Hironori

    Bulletin of Faculty of Human Relations (Otsuma Women's University)   23 ( 1 ) 155 - 161  2022.02

  • Individuals with Hikikomori and their families’ cognitive behavioral factors: A prospective study

    Nonaka,Shunsuke, Shimada,Hironori, Sakai,Motohiro

    Current Psychology(Springer)   41 ( 1 ) online  2022.02  [Refereed]

    DOI

  • 犯罪被害者支援:警察と民間における公認心理師の活動

    杉岡正也, 齋藤梓, 嶋田洋徳

    公認心理師(公認心理師編集委員会)   2 ( 4 ) 61 - 65  2022.02

  • インターネットゲーム障害におけるキュー・エクスポージャーに影響を及ぼす要因の検討

    大山一樹, 三住倫生, 山口昂亮, 野村和孝, 浅見祐香, 嶋田洋徳

    早稲田大学臨床心理学研究(早稲田大学人間科学学術院心理相談室)   21 ( 1 ) 75 - 83  2021.12  [Refereed]

  • 外傷体験の内容と外傷後認知および対人関係様式との関係性の検討

    森石千尋, 角岡真帆, 嶋田洋徳

    早稲田大学臨床心理学研究(早稲田大学人間科学学術院心理相談室)   21 ( 1 ) 27 - 33  2021.12  [Refereed]

  • スポーツ選手のバーンアウト症状に対するマインドセット傾向およびセルフ・エフィカシーの関連性:予備的検討

    姜来娜, 呉衡基, 嶋田洋徳

    早稲田大学臨床心理学研究(早稲田大学人間科学学術院心理相談室)   21 ( 1 ) 9 - 16  2021.12  [Refereed]

  • 小児わいせつ型性犯罪者の再犯防止を目的とした認知行動療法の動向と課題

    三住倫生, 野村和孝, 山口昂亮, 浅見祐香, 姜来娜, 嶋田洋徳

    早稲田大学臨床心理学研究(早稲田大学人間科学学術院心理相談室)   21 ( 1 ) 17 - 26  2021.12  [Refereed]

  • 環境との相互作用を基盤とした幼児のソーシャルスキルトレーニングに関する展望

    堀川柚, 三井梓実, 嶋田洋徳

    早稲田大学臨床心理学研究(早稲田大学人間科学学術院心理相談室)   21 ( 1 ) 57 - 65  2021.12  [Refereed]

  • 親支援の効果に及ぼす親の状態の影響性に関する研究の展望

    田中茉優, 堀川柚, 三井梓実, 嶋田洋徳

    早稲田大学臨床心理学研究(早稲田大学人間科学学術院心理相談室)   21 ( 1 ) 85 - 93  2021.12  [Refereed]

  • A review of the treatment mechanism of cognitive behavioral therapy for psychosomatic disorders

    NISHIHARA Kiriko, HORIKAWA Yui, KANG Rae Na, MITSUI Azumi, SHIMADA Hironori

      21 ( 1 ) 67 - 73  2021.12  [Refereed]

  • ギャンブル障害患者に対するリラプス・プリベンションに基づく集団認知行動療法の効果:ギャンブル行動と適応状態を指標とした検討

    田中佑樹, 野村和孝, 嶋田洋徳, 中川桂子, 小柴梓, 菅野真由香, 大石泰史, 大石裕代, 大石雅之

    認知行動療法研究(日本認知・行動療法学会)   47 ( 3 ) 319 - 329  2021.09  [Refereed]

  • A systematic review of the effects of teacher mental health on students

    Horikawa,Yui, Nonaka,Shunsuke, Shimada,Hironori

    Japanese Journal of Stress Management Research (Japan Society of Stress Management)   17 ( 2 ) 75 - 88  2021.09  [Refereed]

  • Effects of cortisol on retrieval of extinction memory in individuals with social anxiety

    Moriishi,Chihiro, Maeda,Shunta, Ogishima,Hiroyoshi, Shimada,Hironori

    Comprehensive Psychoneuroendocrinology (Elsevier)   7   100060 - 100060  2021.08  [Refereed]

    DOI

  • Confirmation of competencies in stress management and future development

    Koseki, Shunsuke, Sugiyama, Chikaze, Kishino, Rina, Ina, Yuka, Mitsui, Azumi, Nukui, Yu, Yamaguchi, Kosuke, Moriishi, Chihiro, Ichinose, Hideshi, Shimada, Hironori

    Japanese Journal of Stress Management Research (Japan Society of Stress Management)   17 ( 1 ) 41 - 48  2021.07  [Refereed]

  • The role and future development of stress management education in the fields of education and special education practice

    Ichinose, Hideki, Koseki, Shunsuke, Shimada, Hironori

    Japanese Journal of Stress Management Research (Japan Society of Stress Management)   17 ( 1 ) 2 - 9  2021.07  [Refereed]

  • COVID-19 and psychological stress in children and adolescents

    Sato, Megumi, Kang, Rae Na, Shimada, Hironori

    Psychiatry   38 ( 6 ) 715 - 722  2021.06

    Authorship:Corresponding author

  • Cognitive and behavioral features on the process of Kleptomania

    Asami, Yuka, Nomura, Kazutaka, Shimada, Hironori, Ohishi Hiroyo, Ohishi Masayuki

    Japanese Journal of Psychology (Japanese Psychological Association)   92 ( 2 ) 100 - 110  2021.06  [Refereed]

     View Summary

    <p>The present study aimed to clarify the cognitive and behavioral features of the process from the onset of stealing to the development of kleptomania. We also analyzed the differences between kleptomania and shoplifting for personal gain. Semi-structured interviews were conducted with 25 participants (15 patients with kleptomania, 4 shoplifters, and 6 with other addictions). An analysis based on a modified grounded theory approach (M-GTA) revealed 24 concepts and 5 categories. We identified four stages of the process of kleptomania. The stages were "first theft," "increasing frequency of stealing," "pathological stealing" where the act of stealing was more beneficial than the stolen goods, followed by "automatic stealing" whenever they steal automatically in their favorite stores. We identified "breaking dependence on stealing" as the fifth category. In contrast, shoplifters for personal gain did not move into "pathological stealing." Thus, it is assumed that the development of kleptomania involves a series of processes from starting to steal to addiction, then, it is assumed to enter a dependent stage from the stage of "pathological stealing." </p>

    DOI CiNii

  • Development of a smartphone application for cognitive behavioral stress management: An examination of the effectiveness on workers

    Tanaka,Yuki, Shimada,Hironori, Okajima,Isa, Ishii,Miho, Nomura,Kazutaka

      47 ( 2 ) 153 - 165  2021.05  [Refereed]

  • Effects of reducing attentional bias for alcohol stimuli on impulsive behavior: Examination considering differences in functions of drinking behavior

    Takesawa, Midori, Tanaka, Yuki, Asami, Yuka, Nomura, Kazutaka, Shimada, Hironori

    Journal of Health Psychology Research (Japanese Association of Health Psychology)   33 ( 2 ) 115 - 124  2021.03  [Refereed]

  • The effect of functional aspects of assertive behavior on adaptation in undergraduate and graduate students

    Kato, Misaki, Horikawa, Yui, Nonaka, Shunsuke, Minami, Kaori, Hashimoto, Rui, Shimada, Hironori

    Waseda Journal of Human Sciences (Faculty of Human Sciences, Waseda University)   33 ( 2 ) 257 - 267  2021.03  [Refereed]

  • Development of the Japanese version of Inventory of Statements About Self-injury and classification of nonsuicidal self-injury in adolescents based on its functions

    Iijima, Yuya, Uemura, Midori, Katsuragawa, Taisuke, Shimada, Hironori

    Journal of Health Psychology Research (Japanese Association of Health Psychology)   33 ( 2 ) 103 - 114  2021.02  [Refereed]

  • Behavioral repertoire of families for coping with individuals with Hikikomori (prolonged social withdrawal) in Japan

    Nonaka,Shunsuke, Shimada,Hironori, Sakai,Motohiro

    Japanese Psychological Research (Japanese Psychological Association)   63 ( 1 ) 13 - 25  2021.01  [Refereed]

    DOI

  • 在日コリアンにおける罰への感受性と認知的フュージョンが対人ストレス過程に及ぼす影響

    姜来娜, 森石千尋, 呉衡基, 韓昌道, 嶋田洋徳

    ストレスマネジメント研究(日本ストレスマネジメント学会)   16 ( 2 ) 80 - 81  2020.12  [Refereed]

  • An understanding of shoplifting based on functional analysis focusing on cognitive control ability

    Asami, Yuka, Nomura, Kazutaka, Shimada, Hironori

    Waseda Journal of Clinical Psychology (Counceling Room, Faculty of Human Sciences, Waseda University)   20 ( 1 ) 35 - 42  2020.12  [Refereed]

  • An understanding of work engagement in the workplace based on cognitive behavioral theory

    Nukui, Yu, Asami, Yuka, Shimada, Hironori

    Waseda Journal of Clinical Psychology (Counceling Room, Faculty of Human Sciences, Waseda University)   20 ( 1 ) 81 - 88  2020.12  [Refereed]

  • 窃盗症患者のストレス関連症状に関する研究動向:認知行動療法の機能分析的観点に基づく理解

    石川満里聖, 浅見祐香, 野村和孝, 嶋田洋徳

    ストレスマネジメント研究(日本ストレスマネジメント学会)   16 ( 2 ) 66 - 67  2020.12  [Refereed]

  • スポーツにおける競技パフォーマンス向上を目的とした心理学的介入に関する研究動向:競技スポーツにおける認知行動療法の適用に向けて

    加藤海咲, 堀川柚, 嶋田洋徳

    ストレスマネジメント研究(日本ストレスマネジメント学会)   16 ( 2 ) 64 - 65  2020.12  [Refereed]

  • 中国人留学生におけるストレスコーピングとストレス反応の実態:中国人大学生および日本人大学生との比較

    前田駿太, 趙智勇, 嶋田洋徳

    ストレスマネジメント研究(日本ストレスマネジメント学会)   16 ( 2 ) 68 - 69  2020.12  [Refereed]

  • ダルク利用者に対する短期マインドフルネス介入の適用の試み

    田中佑樹, 竹澤緑, 野中俊介, 野村和孝, 嶋田洋徳

    ストレスマネジメント研究(日本ストレスマネジメント学会)   16 ( 2 ) 36 - 37  2020.12  [Refereed]

  • Recent research trends in defusion exercises: A systematic review of the function of the exercise

    Kang, Rae Na, Sato, Tomoya, Tanaka, Yuki, Furukawa, Junya, Shimada, Hironori

    Waseda Journal of Clinical Psychology (Counceling Room, Faculty of Human Sciences, Waseda University)   20 ( 1 ) 51 - 59  2020.12  [Refereed]

    CiNii

  • Examining of intervention contexts that promote maintenance and generalization of cognitive behavioral therapy for children and adolescents

    Mitsui, Azumi, Horikawa, Yui, Kato, Misaki, Shimada, Hironori

    Waseda Journal of Clinical Psychology (Counceling Room, Faculty of Human Sciences, Waseda University)   20 ( 1 ) 71 - 80  2020.12  [Refereed]

  • Effect of cognitive behavioral therapy with attentional bias modification for alcohol related stimuli on prevention of recurrence of drinking behavior

    Takesawa,Midori, Tanaka,Yuki, Nomura,Kazutaka, Shimada,Hironori

      2019   7 - 30  2020.11

  • Effects of depressive symptoms, feelings, and interoception on reward-based decision-making: Investigation using reinforcement learning model

    Ogishima,Hiroyoshi, Maeda,Shunta, Tanaka,Yuki, Shimada,Hironori

    Brain Sciences (Molecular Diversity Preservation International)   10 ( 8 ) 508 - 508  2020.08  [Refereed]

     View Summary

    Background: In this study, we examined the relationships between reward-based decision-making in terms of learning rate, memory rate, exploration rate, and depression-related subjective emotional experience, in terms of interoception and feelings, to understand how reward-based decision-making is impaired in depression. Methods: In all, 52 university students were randomly assigned to an experimental group and a control group. To manipulate interoception, the participants in the experimental group were instructed to tune their internal somatic sense to the skin-conductance-response waveform presented on a display. The participants in the control group were only instructed to stay relaxed. Before and after the manipulation, the participants completed a probabilistic reversal-learning task to assess reward-based decision-making using reinforcement learning modeling. Similarly, participants completed a probe-detection task, a heartbeat-detection task, and self-rated scales. Results: The experimental manipulation of interoception was not successful. In the baseline testing, reinforcement learning modeling indicated a marginally-significant correlation between the exploration rate and depressive symptoms. However, the exploration rate was significantly associated with lower interoceptive attention and higher depressive feeling. Conclusions: The findings suggest that situational characteristics may be closely involved in reward exploration and highlight the clinically-meaningful possibility that intervention for affective processes may impact reward-based decision-making in those with depression.

    DOI

  • Applications and problems of cognitive behavioral therapy in the forensic and criminal areas and addiction problems

    Nomura, Kazutaka, Shimada, Hironori, Kamimura, Eiichi

    Japanese Journal of Behavioral and Cognitive Therapies (Japanese Association of Behavioral and Cognitive Therapies)   46 ( 2 ) 121 - 131  2020.05  [Refereed]

  • Examination of suitability of developmental stage and technique in stress management education for children and adolescents

    Osao, Masumi, Tanaka, Yuki, Komiyama, Nao, Shimada, Hironori

    Journal of Health Psychology Research (Japanese Association of Health Psychology)   32 ( Special Issue ) 173 - 183  2020.03  [Refereed]

    DOI

  • Development post-event processing questionnaire Japanese version: Measurement of retrospective thinking that affects the maintenance of social anxiety symptoms

    Igarashi, Yuri, Shimada, Hironori

    Bulletin of Center for Clinical Psychology, Tokyo Kasei University (Center for Clinical Psychology, Tokyo Kasei University)   20 ( 1 ) 35 - 44  2020.03  [Refereed]

  • Classification of clinical subtypes of gambling disorder according to the maintenance mechanisms of problem behaviors: Based on continuity of severity in treatment- and community-recruited samples

    Tanaka, Yuki, Nomura, Kazutaka, Shimada, Hironori, Ohishi, Hiroyo, Ohishi, Masayuki

    Behavioral Science Research (Japanese Association of Behavioral Science)   58 ( 2 ) 105 - 117  2020.03  [Refereed]

  • Effect of distraction on post-event processing in those with socially anxiety sample

    Moriishi, Chihiro, Maeda, Shunta, Ogishima, Hiroyoshi, Shimada, Hironori

    Japanese Journal of Cognitive Therapy (Japanese Association of Cognitive Therapy)   13 ( 1 ) 59 - 69  2020.02  [Refereed]

    CiNii

  • Validity and reliability of the Japanese version of the Kleptomania Symptom Assessment Scale: A comparison between individuals with kleptomania and prisoners in Japan

    Asami,Yuka, Nomura,Kazutaka, Shimada,Hironori, Ohishi,Hiroyo, Ohishi,Masayuki

    Comprehensive Psychiatry (Elsevier)   96 ( 1 ) 152133 - 152133  2020.02  [Refereed]  [International journal]

     View Summary

    INTRODUCTION: In Japan, the rate of recidivism among thieves is high, some of which may be caused by kleptomania. The purpose of this study was to translate the Kleptomania Symptom Assessment Scale (K-SAS) into Japanese and validate its psychometric properties in a Japanese sample. A second purpose of the study was to evaluate the validity of K-SAS to discriminate between individuals with kleptomania and shoplifters not affected by the disorder. METHODS: The original K-SAS was translated by researchers. The back-translation of the scale into English was conducted by a professional translator who was fluent in both languages. The items on the Japanese version of K-SAS were deemed appropriate for the Japanese context after being reviewed by a forensic psychiatry specialist. The sample included 22 kleptomania patients, 26 shoplifters, and 47 healthy adults. We tested the scale properties and validity to discriminate between the three groups. RESULTS: The Japanese version of the K-SAS showed adequate reliability and validity. Individuals affected by kleptomania had significantly higher scores than shoplifters and healthy adults. Furthermore, the K-SAS score of kleptomania was not correlated with typical antisocial tendencies. Moreover, the K-SAS score for kleptomania was not correlated with psychometric scales related to obsessive-compulsive disorder and borderline personality disorder. CONCLUSIONS: The Japanese version of the K-SAS is a useful assessment tool for distinguishing between individuals with kleptomania and shoplifters not affected by the disorder in Japan.

    DOI PubMed

  • Family behavioral repertoires and family interaction influence the adaptive behaviors of individuals with hikikomori

    Nonaka,Shunsuke, Shimada,Hironori, Sakai,Motohiro

    Frontiers in Psychiatry (Frontiers Media)   10 ( 977 ) online  2020.01  [Refereed]

    DOI

  • Current status and issues of collaboration between teachers, school counselor and social school workers

    Mimura, Naoshi, Horikawa, Yui, Yoshida, Haruna, Kato, Misaki, Shimada, Hironori

    Waseda Journal of Clinical Psychology (Counceling Room, Faculty of Human Sciences, Waseda University)   19 ( 1 ) 129 - 130  2019.12  [Refereed]

  • Examination of the aspect of assessment required for individualization in cognitive behavioral therapy for children and adolescents: Individualization in stress management education and social skills training

    Kato, Misaki, Horikawa, Yui, Yoshida, Haruna, Mimura, Naoshi, Shimada, Hironori

    Waseda Journal of Clinical Psychology (Counceling Room, Faculty of Human Sciences, Waseda University)   19 ( 1 ) 141 - 151  2019.12  [Refereed]

  • Examination of the view of assessment in consultation with teachers

    Horikawa, Yui, Nonaka, Shunsuke, Shimada, Hironori

    Waseda Journal of Clinical Psychology (Counceling Room, Faculty of Human Sciences, Waseda University)   19 ( 1 ) 153 - 168  2019.12  [Refereed]

  • Examination of assessment methods and intervention methods appropriate for cognitive behavior characteristic of parent and child in the parent training

    Yoshida, Haruna, Nonaka, Shunsuke, Horikawa, Yui, Kato, Misaki, Shimada, Hironori

    Waseda Journal of Clinical Psychology (Counceling Room, Faculty of Human Sciences, Waseda University)   19 ( 1 ) 169 - 178  2019.12  [Refereed]

  • Recent trend of interoceptive exposure

    Kan, Rae Na, Furukawa, Junya, Ogishima, Hiroyoshi, Shimada, Hironori

    Waseda Journal of Clinical Psychology (Counceling Room, Faculty of Human Sciences, Waseda University)   19 ( 1 ) 179 - 190  2019.12  [Refereed]

    CiNii

  • Reliability and validity of the Children's Depression Inventory-Japanese version

    Ozono,Shuichi, Nagamitsu,Shinichiro, Matsuishi,Toyojiro, Yamashita,Yushiro, Ogata,Akiko, Suzuki,Shinichi, Mashida,Naoki, Koseki,Shunsuke, Sato,Hiroshi, Ishikawa,Shinichi, Togasaki,Yasuko, Sato,Yoko, Sato,Shoji, Sasaki,Kazuyoshi, Shimada,Hironori, Yamawaki,Shigeto

    Pediatrics international (Japan Pediatric Society)   61 ( 11 ) 1159 - 1167  2019.11  [Refereed]  [International journal]

     View Summary

    BACKGROUND: Depression has major negative consequences for individuals and society, and psychological assessment tools for early disease detection are needed. The aim of this study was to investigate the reliability and validity of an updated Japanese version of the Children's Depression Inventory (CDI-J) and set a cut-off score for the detection of depression. METHODS: The participants consisted of 465 children and adolescents aged 7-17 years. The control (CON) groups consisted of students recruited from elementary and junior-high school (CONEJ) and children recruited from among hospital staff members (CONRE), while the outpatient clinical (OPC) groups consisted of pediatric psychosomatic outpatients (OPCPD) and adolescent psychiatric outpatients (OPCPS). The CON and OPC CDI-J scores underwent factor analysis using varimax rotation, followed by measurement invariance analysis. The Youth Self-Report (YSR) was administered to assess concurrent validity. The Mini-International Neuropsychiatric Interview was administered to the OPC group to diagnose current depressive symptoms. Receiver operating characteristics (ROC) analysis was conducted to evaluate case-finding performance and to set cut-off points for the detection of depression. RESULTS: The CDI-J was reliable in terms of internal consistency (Cronbach α = 0.86; mean inter-item correlation, 0.16). Re-test reliability was substantial (mean interval 18 days: γ = 0.59, P < 0.05). The four-factor solution exhibited adequate internal consistency (range, 0.52-0.73) and correspondence (Pearson correlation of 0.65 with the YSR) for both the CON and OPC groups. On ROC analysis the optimal cut-off score was 23/24. CONCLUSION: The CDI-J can be used as a reliable and well-validated instrument alongside standard diagnostic procedures.

    DOI PubMed

  • Effect of psychological support for families of individuals with Hikikomori: A systematic review of the approaches for improving Hikikomori

    Nonaka, Shunsuke, Osao, Masumi, Shimada, Hironori

    Japanese Journal of Counceling Science (Japanese Association of Counceling Science)   52 ( 2 ) 87 - 98  2019.10  [Refereed]

  • The Relationship between the degree of social anxiety and avoidance behavior focused on the change in facial expressions and social contexts: A pilot study with a small socially anxious sample using movie stimuli

    Moriishi, Chihiro, Yamashita, Ayumi, Maeda Shunta, Ogishima, Hiroyoshi, Shimada, Hironori

    Waseda Journal of Human Sciences (Faculty of Human Sciences, Waseda University)   32 ( 2 ) 245 - 251  2019.09  [Refereed]

    CiNii

  • Acute cortisol response to a psychosocial stressor is associated with heartbeat perception

    Maeda,Shunta, Ogishima,Hiroyoshi, Shimada,Hironori

    Physiology & Behavior (Elsevier)   207 ( 1 ) 132 - 138  2019.08  [Refereed]

    DOI

  • Impact of cognitive processing after events on social anxiety: Mechanism of maintaining social anxiety symptoms by post event processing, rumination, worry

    Igarashi, Yuri, Shimada, Hironori

    Bulletin of Center for Clinical Psychology, Tokyo Kasei University (Center for Clinical Psychology, Tokyo Kasei University)   19 ( 1 ) 47 - 55  2019.03  [Refereed]

  • 性非行少年に対する再非行防止を目指した認知行動療法

    野村和孝, 嶋田洋徳

    ケース研究(家庭事件研究会)   ( 334 ) 4 - 32  2019.02  [Invited]

  • Effects of self-monitoring on coping repertoire in stress management education

    Nonaka, Shunsuke, Hara, Takeshi, Osao, Masumi, Morita, Noriko, Shimada, Hironori

    Journal of Health Psychology Research (Japanese Association of Health Psychology)   31 ( 2 ) 113 - 121  2019.02  [Refereed]

    DOI

  • Effects of group social skills training for elementary and middle school children adding attention training on maintenance and generalization of social skills: Comparison of effectiveness between high and low reward sensitivity groups

    Osawa, Chihaya, Hashimoto, Rui, Shimada, Hironori

    Japanese Journal of Educational Psychology (Japanese Association of Educational Psychology)   66 ( 4 ) 300 - 312  2018.12  [Refereed]

  • Effects of commitment for club activity on selecting coping strategy in adolescents

    Saito, Ayano, Tanaka, Yuki, Nonaka, Shunsuke, Shimada, Hironori

    Japanese Journal of School Health (Japanese Association of School Health)   60 ( 5 ) 277 - 284  2018.12  [Refereed]

  • Altered gamma-band activity as a potential biomarker for the recurrence of major depressive disorder

    Yamamoto,Tetsuya, Sugaya,Nagisa, Siegle,Greg J, Kumano,Hiroaki, Shimada,Hironori, Machado,Sergio, Murillo-Rodriguez,Eric, Rocha,Nuno B, Nardi,Antonio E, Takamura,Masahiro, Okamoto,Yasumasa, Yamawaki,Shigeto

    Frontiers in Psychiatry (Frontiers Media)   9   691  2018.12  [Refereed]

    DOI PubMed

  • Cognitive reappraisal moderates the effect of post-event processing on social anxiety: A short-term prospective study

    Maeda,Shunta, Shimada,Hironori, Sato,Tomoya

    International Journal of Cognitive Therapy (International Association for Cognitive Psychotherapy)   11 ( 4 ) 359 - 373  2018.12  [Refereed]

    DOI

  • The function of job-hunting anxiety among Japanese university students

    Karube, Yuki, Tanaka, Yuki, Kawasaki, Yutaka, Murata, Miki, Nagasaku, Minoru, Shimada, Hironori

    Waseda Journal of Clinical Psychology (Counceling Room, Faculty of Human Sciences, Waseda University)   18 ( 1 ) 19 - 27  2018.12  [Refereed]

  • The effect of interoceptive exposure for social anxiety tendencies

    Fukasawa, Katsuji, Maeda, Shunta, Ogishima, Hiroyoshi, Shimada, Hironori

    Waseda Journal of Clinical Psychology (Counceling Room, Faculty of Human Sciences, Waseda University)   18 ( 1 ) 37 - 44  2018.12  [Refereed]

  • Effect of functional aspects of fear of evaluations on social anxiety symptoms

    Moriishi, Chihiro, Yamashita, Ayumi, Maeda, Shunta, Ogishima, Hiroyoshi, Shimada, Hironori

    Waseda Journal of Clinical Psychology (Counceling Room, Faculty of Human Sciences, Waseda University)   18 ( 1 ) 51 - 57  2018.12  [Refereed]

    CiNii

  • Recent issues about attentional bias modification for alcohol use disorder and the future prospects

    Takesawa, Midori, Tanaka, Yuki, Nomura, Kazutaka, Shimada, Hironori

    Waseda Journal of Clinical Psychology (Counceling Room, Faculty of Human Sciences, Waseda University)   18 ( 1 ) 101 - 109  2018.12  [Refereed]

  • Characteristics of family Interaction of Individuals with hikikomori (prolonged social withdrawal) from the viewpoint of behavior theory

    Nonaka,Shunsuke, Shimada,Hironori, Sakai,Motohiro

    Japanese Psychological Research (Japanese Psychological Association)   61 ( 3 ) 153 - 165  2018.08  [Refereed]

    DOI

  • Assessing adaptive behaviors of individuals with hikikomori (prolonged social withdrawal): Development and psychometric evaluation of parent-report scale

    Nonaka,Shunsuke, Shimada,Hironori, Sakai,Motohiro

    International Journal of Culture and Mental Health (Taylor & Francis)   11 ( 3 ) 280 - 294  2018.07  [Refereed]

    DOI

  • School stress and stress management education: From the points of view of cognitive behavioral therapy

    Shimada, Hironori, Tanaka, Yuki

    Japanese Journal of Stress Sciences (Japanese Association of Stress Science)   32 ( 4 ) 303 - 312  2018.06  [Refereed]

  • Development and consideration of effectiveness of group stress management program for children living at the welfare facility for children with disabilities

    Koseki, Mami, Koseki, Shunsuke, Shimada, Hironori

    Human Developmental Research   32 ( 1 ) 45 - 54  2018.05

  • Review of analog studies on problematic eating behaviors in Japan and future directions for clinical practices

    Tanabe, Yasuko, Tashiro, Kyoko, Tanaka, Yuki, Shimada, Hironori

    Journal of Health Psychology Research (Japanese Association of Health Psychology)   30 ( Special issue ) 179 - 186  2018.02  [Refereed]

    DOI

  • Recent issues and future prospects of programs for preventing eating disorders in adolescent girls

    Mine, Sayuri, Tashiro, Kyoko, Shimada, Hironori

    Journal of Health Psychology Research (Japanese Association of Health Psychology)   30 ( Special issue ) 187 - 194  2018.02  [Refereed]

    DOI

  • Future directions in research on cognitive behavioral models of eating disorders: A review of studies assessing abnormal eating behavior and cognitive tasks, and psychophysiological, and behavioral measures

    Tashiro, Kyoko, Shimada, Hironori

    Journal of Health Psychology Research (Japanese Association of Health Psychology)   30 ( Special issue ) 195 - 200  2018.02  [Refereed]

    DOI

  • Future directions in the research and practice of cognitive behavioral therapy for gambling disorders: Focusing on legal gambling

    Tanaka, Yuki, Nomura, Kazutaka, Shimada, Hironori

    Journal of Health Psychology Research (Japanese Association of Health Psychology)   30 ( Special issue ) 203 - 209  2018.02  [Refereed]

    DOI

  • Perspective on psychological approach for illegal gambling problems

    Nomura, Kazutaka, Asami, Yuka, Shimada, Hironori

    Journal of Health Psychology Research (Japanese Association of Health Psychology)   30 ( Special issue ) 211 - 216  2018.02  [Refereed]

     View Summary

    <p>In Japan, gambling has been illegal except for certain types of gambling. Some types of gambling were recently legalized with the Integrated Resort (IR) Promotion Law for setting up casino resorts. However, this law does not legalize all acts of illegal gambling. Therefore, we examined the possibility of adopting psychological approaches to treat problems related to illegal gambling. Results suggested the significance of using functional analysis to examine the problem of illegal gambling as gambling disorders. Furthermore, personal traits associated with illegal gambling need to be ascertained. Then, to solve illegal gambling problems, these findings should be integrated with efforts to improve and rehabilitate individuals in the Japanese judicial and criminal justice systems, such as avoiding risk-situations and setting adaptive goals. Accumulating knowledge of psychological approaches remains a task for the future.</p>

    DOI CiNii

  • Effects of cognitive reappraisal and acceptance on reduction of negative emotion:Focusing on the moderating effects of cognitive load

    Tanaka, Yuki, Maeda, Shunta, Yamashita, Ayumi, Tomoya, Sato, Shimada, Hironori

    Japanese Journal of Cognitive Therapy (Japanese Association of Cognitive Therapy)   11 ( 1 ) 92 - 101  2018.02  [Refereed]

  • 性犯罪へのCBT

    嶋田洋徳, 野村和孝

    臨床心理学(臨床心理学編集委員会)   18 ( 1 ) 73 - 76  2018.01  [Invited]

  • Stress of patients with cardiovascular disease and their families/caregivers

    Hashimoto, Rui, Shimada, Hironori

    Stress Science Research (Public Health Research Foundation)   32 ( 1 ) 18 - 24  2017.12  [Refereed]  [Invited]

  • Research on the factors impact on “IBASHO” consciousness, self-affirmation and life satisfaction in adolescents: From attitude survey for youth in Tokushima

    Tajima, Daiki, Matsuda, Tomohiro, Yoshida Reona, Furukawa, Hanae, Yamamoto, Tetsuya, Furukawa, Hirokazu, Sato, Kenji, Shimada, Hironori, Sakai, Motohiro

    Journal of human sciences, Faculty of Integrated Arts and Sciences, the University of Tokushima (Faculty of Integrated Arts and Sciences, the University of Tokushima)   25 ( 1 ) 17 - 22  2017.12  [Refereed]

  • The Influence of Empathy and Contextual Understanding on the Performance of Social Skills

    Yamaoka, Kosuke, Morita, Noriko, Osao, Masumi, Nonaka, Shunsuke, Maeda, Shunta, Shimada, Hironori

    Waseda Journal of Clinical Psychology (Counceling Room, Faculty of Human Sciences, Waseda University)   17 ( 1 ) 69 - 76  2017.12  [Refereed]

  • An understanding of kleptomania based on cognitive behavioral theory: Recent trend and future prospects

    Asami, Yuka, Nomura, Kazutaka, Tanaka, Yuki, Shimada, Hironori

    Waseda Journal of Clinical Psychology (Counceling Room, Faculty of Human Sciences, Waseda University)   17 ( 1 ) 85 - 94  2017.12  [Refereed]

    CiNii

  • Recent issues about the relationship between interoceptive awareness and depression and the future prospects

    Ogishima, Hiroyoshi, Maeda, Shunta, Shimada, Hironori

    Waseda Journal of Clinical Psychology (Counceling Room, Faculty of Human Sciences, Waseda University)   17 ( 1 ) 95 - 106  2017.12  [Refereed]

  • Recent issues of functional behavioral consultation in regular classes in Japan

    Nakagawa, Tomoharu, Nonaka, Shunsuke, Shimada, Hironori

    Waseda Journal of Clinical Psychology (Counceling Room, Faculty of Human Sciences, Waseda University)   17 ( 1 ) 115 - 125  2017.12  [Refereed]

  • 「あのときは運が悪かった」と言う性加害者を叱責すべきか:認知行動療法

    嶋田洋徳

    臨床心理学(臨床心理学編集委員会)   17 ( 6 ) 790 - 792  2017.11  [Invited]

  • Post-event processing predicts impaired cortisol recovery following social stressor: The moderating role of social anxiety

    Maeda,Shunta, Sato,Tomoya, Shimada,Hironori, Tsumura,Hideki

    Frontiers in Psychology (Frontiers Media)   8   1919  2017.10  [Refereed]

     View Summary

    There is growing evidence that individuals with social anxiety show impaired cortisol recovery after experiencing social evaluative stressors. Yet, little is known regarding the cognitive processes underlying such impaired cortisol recovery. The present study examined the effect of post-event processing (PEP), referred to as repetitive thinking about social situations, on cortisol recovery following a social stressor. Forty-two non-clinical university students (23 women, 19 men, mean age = 22.0 +/- 2.0 years) completed the Trier Social Stress Test (TSST), followed by a thought sampling procedure which assessed the frequency of PEP reflecting the TSST. A growth curve model showed PEP and social anxiety interactively predicted cortisol recovery. In particular, PEP predicted impaired cortisol recovery in those with low levels of social anxiety but not in those with high levels of social anxiety, which contradicted the initial hypothesis. These findings suggest that PEP is differentially associated with cortisol recovery depending on levels of social anxiety. The possible mechanisms underlying these findings were discussed in terms of protective inhibition framework.

    DOI

  • The effects of empathy and synchronicity on aggressive behavior in junior high school students

    Osao, Masumi, Nonaka, Shunsuke, Morita, Noriko, Shimada, Hironori

    Japanese Journal of Stress Management Research (Japan Society of Stress Management)   13 ( 2 ) 58 - 66  2017.10  [Refereed]

  • Effects of habitual use as a reason for smoking on the desire to smoke under stressful conditions

    Nonaka, Shunsuke, Shimada, Hironori, Sakai, Motohiro

    Journal of Health Psychology Research (Japanese Association of Health Psychology)   30 ( 1 ) 9 - 17  2017.08  [Refereed]

    DOI

  • Adaptation and validation of the Japanese version of the Gambling Urge Scale

    Tanaka,Yuki, Nomura,Kazutaka, Shimada,Hironori, Maeda,Shunta, Ohishi,Hiroyo, Ohishi,Masayuki

    International Gambling Studies (Taylor & Francis)   17 ( 2 ) 192 - 204  2017.05  [Refereed]

     View Summary

    In Japan, accurately assessing and targeting gambling urges is important for the treatment of gambling disorder because people are constantly exposed to external triggers that elicit gambling urges. However, a valid measure that assesses gambling urges has not been adequately established. Therefore, the purpose of this study was to examine the psychometric properties of the Japanese version of the Gambling Urge Scale (GUS-J), which is a well-known valid 6-item instrument in English-speaking countries. Two hundred and thirty-nine participants completed questionnaires, 86 of which met the criteria for a probable gambling disorder. As with the original GUS, the GUS-J was demonstrated to be a one-factor model that accounted for 63.82% of the total item variance, with all items demonstrating loadings of .40 or higher. With regard to reliability, the GUS-J showed good internal consistency (alpha = .88). Furthermore, validity based on evidence of relationships with other variables, especially convergent and concurrent validity of the GUS-J, were supported by several analyses that examined hypotheses based on previous findings. In conclusion, this study showed that the GUS-J has good psychometric properties as an assessment tool for gambling urges in Japanese people and it will be useful for future clinical practice and research.

    DOI

  • Translation and initial validation of the Japanese version of the self-beliefs related to social anxiety scale

    Maeda,Shunta, Shimada,Hironori, Sato,Tomoya, Tashiro,Kyoko, Tanaka,Yuki

    Psychological Reports (Sage)   120 ( 2 ) 305 - 318  2017.04  [Refereed]

     View Summary

    Cognitive models of social anxiety posit that there are several types of maladaptive beliefs responsible for persistent social anxiety. Although these beliefs are theoretically important, currently there is no validated measure of these beliefs in Japan. In the present study, we translated into Japanese a well-validated measure of these beliefs, the Self-Beliefs Related to Social Anxiety (SBSA) Scale. The psychometric properties of the scale were also examined in two nonclinical samples (ns=401 and 30). Using confirmatory factor analysis, the Japanese version of the SBSA was found to have a correlated three-factor structure that consisted of "conditional beliefs," "unconditional beliefs," and "high standard beliefs." In addition, the Japanese version of the SBSA and its subscales demonstrated good internal consistency reliability and test-retest reliability. The Japanese version of the SBSA also demonstrated good convergent and divergent validity. Future applications of the Japanese version of the SBSA are discussed.

    DOI

  • Psychological changes of school absentees who participated in camp programs incorporating the buddy system

    Tanaka, Yuki, Tanabe, Yasuko, Inoue, Atsuko, Sato, Hiroshi, Ishikawa, Shin-ichi, Shimada, Hironori

    Stress Science Research (Public Health Research Foundation)   31 ( 1 ) 31 - 40  2017.03  [Refereed]

    DOI

  • Multiple exemplar training of relational responding in accordance with comparative and temporal relation in young children: Establishing derived relational responding and transformation of stimulus function as generalized operant behavior

    Uemura, Midori, Otsuki, Tomu, Shimada, Hironori

    Behavioral Science Research (Japanese Association of Behavioral Science)   55 ( 2 ) 117 - 128  2017.03  [Refereed]

  • 本人不在のカウンセリングをどう切り抜けるか? ひきこもりケースにおける認知行動療法的家族支援の観点から

    野中 俊介, 嶋田 洋徳

    臨床心理学(臨床心理学編集委員会)   17   72 - 75  2017.01

  • Cortisol Responses to Psychological Stressors in Social Anxiety Disorder: A Meta-Analysis

    Maeda, Shunta, Masuda, Yuto, Sato, Tomoya, Shimada, Hironori

    Anxiety Disorder Research (Japanese Society of Anxiety and Related Disoreder)   8 ( 1 ) 46 - 57  2016.12  [Refereed]

    DOI

  • Summer Camp to Support Children with School Maladjustment: Practices Intended for Support Based on Individual Psychological Assessments

    Tanaka, Yuki, Tsunoda, Aya, Tanabe, Yasuko, Ozeki, Yumi, Osaka, Rin, Hinuma, Tomoko, Shima, Taiki, Katsuragawa, Taisuke, Okajima, Isa, Shimada, Hironori

    Waseda Journal of Clinical Psychology (Counceling Room, Faculty of Human Sciences, Waseda University)   16 ( 1 ) 19 - 34  2016.12  [Refereed]

  • Effects of Intimacy and the Interpretation Bias to Assertive Behavior in Junior High School Students

    Osao, Masumi, Nonaka, Shunsuke, Morita, Noriko, Denzumi, Shino, Yokoyama, Takahiro, Kawagoe, Anri, Yamano, Miki, Shimada, Hironori

    Waseda Journal of Clinical Psychology (Counceling Room, Faculty of Human Sciences, Waseda University)   16 ( 1 ) 37 - 44  2016.12  [Refereed]

  • Effect of Exposure Techniques Using Different Stimulus Presentation Procedures on Social Anxiety: A Pilot Study with a Small Healthy Student Sample

    Masuda, Yuto, Maeda, Shunta, Sato, Tomoya, Sensaki, Jun, Shimada, Hironori

    Waseda Journal of Clinical Psychology (Counceling Room, Faculty of Human Sciences, Waseda University)   16 ( 1 ) 127 - 135  2016.12  [Refereed]

  • Recent Issues in the Functional Analytic Approach to Studying Rule-Governed Behavior

    Uemura, Midori, Ohtsuki, Tomu, Shimada, Hironori

    Waseda Journal of Clinical Psychology (Counceling Room, Faculty of Human Sciences, Waseda University)   16 ( 1 ) 137 - 148  2016.12  [Refereed]

  • The Effect of Mindfulness Mediation for Attentional Function: A Meta-Analysis

    Ogishima, Hiroyoshi, Maeda, Shunta, Masuda, Yuto, Shimada, Hironori

    Waseda Journal of Clinical Psychology (Counceling Room, Faculty of Human Sciences, Waseda University)   16 ( 1 ) 149 - 162  2016.12  [Refereed]

  • Examination of Assessment Methods and Intervention Methods Appropriate for Cognitive Behavior Characteristic of Children and Adolescents in the Stress management Education

    Morita, Noriko, Nonaka, Shunsuke, Osao, Masumi, Shimada, Hironori

    Waseda Journal of Clinical Psychology (Counceling Room, Faculty of Human Sciences, Waseda University)   16 ( 1 ) 175 - 189  2016.12  [Refereed]

  • The effect of mindfulness and goal-setting focused cognitive behavioral group therapy on recidivist prisoners with high relapse risk of amphetamine-use

    Nomura, Kazutaka, Abe, Shoko, Shimada, Hironori

    Japanese Journal of Criminal Psychology (Japanese Association of Criminal Psychology)   54 ( 1 ) 13 - 29  2016.09  [Refereed]

    DOI

  • Relationship among automatic thoughts, activities and events, and affect in children

    Tsumura,Hideki, Shimada,Hironori, Oshikawa,Yuki, Kawata,Mari

    International Journal of Cognitive Therapy (International Association for Cognitive Psychotherapy)   9 ( 3 ) 203 - 216  2016.09  [Refereed]

     View Summary

    Negative automatic thoughts and pleasant activities are associated with negative affect (NA) and positive affect (PA), respectively. However, it has not been confirmed whether negative and positive automatic thoughts and aversive and pleasant activities and events are uniquely associated with NA and PA. Further, automatic thoughts are believed to be more associated with affect in older children. To test these possibilities, 234 fourth and sixth graders completed the Positive and Negative Affect Schedule for Children, the Automatic Thought Inventory for Children, and a pleasant and aversive activity and event survey. Analyses revealed that negative automatic thoughts and aversive activities and events were associated with NA, and positive automatic thoughts and pleasant activities and events were associated with PA for both fourth and sixth graders. Expectancy for support was associated with NA only for sixth graders. The results indicate the valence-specific relationship, but only partial support was obtained for age differences in the strength of the relationship.

    DOI

  • An account of self-control in children from the perspective of Relational Frame Theory

    Uemura, Midori, Ohtsuki, Tomu, Shimada, Hironori

    Japanese Journal of Behavior Therapy (Japanese Association of Behavioral and Cognitive Therapies)   42 ( 3 ) 387 - 398  2016.09  [Refereed]

  • Effectiveness of behavioral consultation on Yogo teachers' self-efficacy related to health counseling

    Ishigaki, Kumiko, Shimada, Hironori

    Japanese Journal of School Health (Japanese Association of School Health)   58 ( 2 ) 95 - 106  2016.06  [Refereed]

  • ソーシャルスキルトレーニング

    嶋田洋徳, 石垣久美子

    児童心理学の進歩[2016年版](日本児童研究所)   55 ( 1 ) 204 - 224  2016.06  [Refereed]  [Invited]

  • 報酬接近型および回避型のギャンブル障害患者におけるリスクを伴うギャンブル行動の生起メカニズムの差異に関する実証的検討

    田中佑樹, 野村和孝, 嶋田洋徳

    特定非営利活動法人依存学推進協議会研究助成プログラム研究成果報告書2016(特定非営利活動法人依存学推進協議会)     169 - 174  2016.06

  • Educational counseling focused on "Chu-Ichi Gap" (markedly increasing school non-attendance and bullying in 7th grade) and cooperation of elementary school-middle school

    Kamimura,Eiichi, Souma,Seiichi, Aoyama,Syuji, Ueno,Masahiro, Shimada,Hironori

    Annual Report of Educational Psychology in Japan ()   55 ( 1 ) 243 - 250  2016.03

  • The effect of goal setting on cognition of performance in socially anxious individuals

    Tachibana, Miki, Maeda, Shunta, Tanaka, Yuki, Sato Tomoya, Shimada, Hironori, Koseki, Shunsuke

    Stress Science Research (Public Health Research Foundation)   31 ( 1 ) 23 - 30  2016.03  [Refereed]

    DOI

  • Support for a mother of children with developmental disorders and excessive mand: A case study

    Uemura, Midori, Sagarifuji, Yuu, Ohtsuki, Tomu, Shimada, Hironori

    Waseda Journal of Clinical Psychology (Counceling Room, Faculty of Human Sciences, Waseda University)   15 ( 1 ) 3 - 11  2015.12  [Refereed]

  • Influence of identity status and self efficacy on vocational indecision in undergraduates

    Ishii, Miho, Hirayama, Eiji, Nomura, Kazutaka, Maeda, Shunta, Shimada, Hironori

    Waseda Journal of Clinical Psychology (Counceling Room, Faculty of Human Sciences, Waseda University)   15 ( 1 ) 45 - 52  2015.12  [Refereed]

  • Stress management education based on cognitive behavioral therapy for children and adolescents: Recent issues and future prospects

    Morita, Noriko, Nonaka, Shunsuke, Osao, Masumi, Shimada, Hironori

    Waseda Journal of Clinical Psychology (Counceling Room, Faculty of Human Sciences, Waseda University)   15 ( 1 ) 143 - 153  2015.12  [Refereed]

  • Effect of behavioral theory population parent training: A study by the meta-analysis

    Udagawa, Shiho, Nonaka, Shunsuke, Shimada, Hironori

    Waseda Journal of Clinical Psychology (Counceling Room, Faculty of Human Sciences, Waseda University)   15 ( 1 ) 155 - 163  2015.12  [Refereed]

  • Stress-induced cortisol is associated with generation of non-negative interpretations during cognitive reappraisal

    Tsumura,Hideki, Sensaki,Jun, Shimada,Hironori

    BioPsychoSocial Medicine (Japanese Society of Psychosomatic Medicine)   9   23 - 23  2015.11  [Refereed]

     View Summary

    Background: Enhanced processing of emotional stimuli after stress exposure is reported to be associated with stress-induced cortisol. Because enhanced emotional information processing could make cognitive emotion regulation more difficult, it was hypothesized that stress-induced cortisol would be associated with non-negative interpretation generation associated with the cognitive reappraisal processes.
    Methods: A total of 36 participants (Mean age = 21.3 years, SD = 1.8) watched video clips of depression-related stressful situations before and after the administration of a stress induction task. They were then asked to generate as many non-negative interpretations as possible to reduce the depressive mood. Saliva samples were obtained before and after the stress induction task to measure change in the cortisol level.
    Results: Participants were allocated post-hoc to either a responder (n = 19) or non-responder group (n = 17) based on the cortisol response to the stress induction task. The number of non-negative interpretations generated following the stress induction task was reduced only in the cortisol responders. The number of post-stress non-negative interpretations was fewer in the responder group when compared by sex, baseline cortisol level, and the number of pre-stress non-negative interpretations, statistically controlled.
    Conclusions: Although baseline cortisol and sex may have impacted the results, the results suggest that stress-induced cortisol is associated with difficulty in non-negative interpretation generation during the cognitive reappraisal process.

    DOI

  • Misconceptions of group norms concerning coping are a risk for negative social interaction: A cross-sectional study using the vignette method

    Morimoto,Hiroshi, Ayabe,Naoko, Shimada,Hironori, Hashimoto,Rui

    Mental Health and Prevention (Elsevier)   3 ( 4 ) 143 - 151  2015.11  [Refereed]

     View Summary

    Greater use of a norm-violating coping strategy relates to higher risk of negative social interactions and to higher distress. We examined the factors that are linked to the use of a norm-violating coping strategy and those that moderate the relationship between the coping strategy used and social interaction. Results of a cross-sectional survey for 74 Japanese undergraduate students and 68 Japanese workers indicated that, in a group with frequent contact, misconceptions about group norms concerning coping strategy relate to more negative social interactions. To draw causal inferences, a replication study with a large sample from heterogeneous cultural backgrounds is necessary.

    DOI

  • Fluency in Formation of Relational Framing and Physiological Responses in Social Anxiety Subtypes: A Perspective of Relational Frame Theory

    Sato, Tomoya, Hashimoto, Rui, Shimada, Hironori, Ohtsuki, Tomu

    Japanese Journal of Behavioral Medicine (Japanese Society of Behavioral Medicine)   21 ( 2 ) 91 - 98  2015.10  [Refereed]

  • Differential effects of defusion strategies using different verbal stimuli and exposure to verbal stimuli on anxiety symptoms

    Sato, Tomoya, Hashimoto, Rui, Maeda, Shunta, Yamashita, Ayumi, Shimada, Hironori, Ohtsuki, Tomu

    Japanese Journal of Behavioral Medicine (Japanese Society of Behavioral Medicine)   21 ( 2 ) 99 - 108  2015.10  [Refereed]

  • Coping orientation and psychological distress in healthcare professionals: The utility of appraising coping acceptability

    Morimoto,Hiroshi, Shimada,Hironori, Tanaka,Hideki

    Japanese Psychological Research (Japanese Psychological Association)   57 ( 4 ) 300 - 312  2015.10  [Refereed]

     View Summary

    The purpose of this study was to examine interaction effects of healthcare professionals' coping orientation (i.e., engagement versus disengagement) and appraisal of coping acceptability (ACA) on psychological distress, taking into account the individuals' job specificity and the psychological climate in their work environment. A cross-sectional survey was conducted, and Japanese healthcare professionals (N=189; 117 female; mean age: 40.1 +/- 11.2 years) reported the coping strategies that they employed for task-related or interpersonal stressors, their cognitive appraisal of the stressors, their ACA, and the psychological distress evoked by the stressors. The results showed that adding consideration of the ACA to the variable of coping orientation significantly improved predictions of psychological distress for both task and interpersonal stressors. There was no significant interaction between the coping orientation and the use of coping strategies that incorporated the ACA. These results suggest that considering the ACA, in addition to the coping orientation, would be useful for understanding individual differences in the mediators of healthcare professionals' coping in stressful situations.

    DOI

  • The effects of mindfullness training for children with inattentive and hyperactive/impulsive behaviors

    Yamashita, Ayumi, Minosaki, Koji, Nishikawa, Maki, Mori, Ayaka, Shimada, Hironori

    Waseda Journal of Human Sciences (Faculty of Human Sciences, Waseda University)   28 ( 2 ) 225 - 235  2015.10  [Refereed]

  • Perceived support in workplace, negative attitude toward using social support, and stress response

    Morimoto, Hiroshi, Asuka Tanoue, Emi Matsuo, Sugaya, Nagisa, Shimada, Hironori

    Japanese Journal of Stress Sciences (Japanese Association of Stress Science)   30 ( 1 ) 37 - 45  2015.09  [Refereed]

  • Effect of personal interactions among classrooms on reduction of children's stress responses in class-wide social skills trainings: Practical research using the method of behavioral observation

    Watanabe, Shiori, Nomura, Kazutaka, Shimada, Hironori

    Japanese Journal of Stress Management Research (Japan Society of Stress Management)   11 ( 2 ) 130 - 137  2015.07  [Refereed]

  • 司法・矯正領域における研究の動向:認知行動療法を中心に

    嶋田洋徳, 熊野宏昭

    臨床心理学(臨床心理学編集委員会)   15 ( 4 ) 499 - 502  2015.07

  • The relationship between psychological distress and coping strategies: Their perceived acceptability within a socio-cultural context of employment, and the motivation behind their choices

    Morimoto,Hiroshi, Shimada,Hironori

    International Journal of Stress Management (American Psychological Association)   22 ( 2 ) 159 - 182  2015.05  [Refereed]

     View Summary

    The purpose of this study was to examine whether the relationship between psychological distress and coping strategies that consider sociocultural beliefs about coping differs depending on the types of coping strategies and the motivation behind their choice. We considered the sociocultural beliefs about coping to be equivalent to the individual's appraisal of the group's acceptance of their coping strategy (i.e., appraisal of coping acceptability). Japanese employees (n = 737; 536 male and 201 female individuals; mean age 38.8 years, SD = 11.0) of an information technology company participated in the study. The results showed that, regardless of the type of coping strategy (i.e., problem-focused, emotion-focused, or avoidant coping), greater use of coping strategies presumed to be in line with sociocultural beliefs was related to lower psychological distress for task stressors, whereas greater use of problem-focused coping presumed to be in line with sociocultural beliefs was related to lower psychological distress for interpersonal stressors. The motivation for employing the chosen coping strategy was significantly related to psychological distress for task stressors, but not for interpersonal stressors. Although there were some significant interactions between the use of coping strategies, presumed being in line with sociocultural beliefs, and the motivation behind that choice, the interaction effect was small. These results suggest that the motivation for using a chosen coping strategy can affect the effectiveness of coping strategies, independent from the selective use of coping strategies made in consideration of sociocultural beliefs.

    DOI

  • Development of a Japanese version of the lifestyle behaviour checklist for young children

    Minosaki, Koji, Morita, Noriko, Shimada, Hironori

    The Journal of Family Education Research Institute (The Hitachi Global Foundation)   37 ( 1 ) 145 - 154  2015

    CiNii

  • Effect of prolonged stress on the adrenal hormones of individuals with irritable bowel syndrome

    Sugaya,Nagisa, Izawa,Shuhei, Saito,Keisuke, Shirotsuki,Kentaro, Nomura,Shinobu, Shimada,Hironori

    BioPsychoSocial Medicine (Japanese Society of Psychosomatic Medicine)   9   4 - 4  2015.01  [Refereed]

     View Summary

    Background: The purpose of this study was to investigate the effect of prolonged stress on the salivary adrenal hormones (cortisol, dehydroepiandrosterone [DHEA], DHEA-sulfate [DHEA-S]) of individuals with irritable bowel syndrome (IBS).
    Methods: The participants were female college students, including 10 with IBS and 16 without IBS (control group), who were scheduled for a 2-week teaching practice at a kindergarten. Participants were asked to collect saliva for determining adrenal hormones immediately and 30 min after awakening and before sleep, 2 weeks before the practice, the first week of the practice, the second week of the practice, and a few days after the practice.
    Results: Regarding cortisol/DHEA ratio, significantly increased levels were found during the first week of the practice, and a significant interaction between group and time was found; the ratio at 30 min after awakening in the IBS group was higher than that in the control group. For the other adrenal hormone indexes, no significant differences due to the presence of IBS were found.
    Conclusions: Individuals with IBS showed an elevated cortisol/DHEA ratio after awakening compared with individuals without IBS, and the elevated ratio peaked under the prolonged stress. The present study suggests that the cortisol effect is dominant in individuals with IBS under prolonged stress.

    DOI

  • Effects of others' gaze direction on facial imformation processing in individuals with social anxiety

    Yamashita, Ayumi, Sato, Tomoya, Tanaka, Yuki, Shimada, Hironori

    Waseda Journal of Clinical Psychology (Counceling Room, Faculty of Human Sciences, Waseda University)   14 ( 1 ) 109 - 117  2015.01  [Refereed]

  • Factors influencing the maintenance of dysfunctional beliefs in social anxiety: Recent issues and future prospects

    Maeda, Shunta, Sato, Tomoya, Tanaka, Yuki, Shimada, Hironori

    Waseda Journal of Clinical Psychology (Counceling Room, Faculty of Human Sciences, Waseda University)   14 ( 1 ) 169 - 178  2015.01  [Refereed]

  • The present condition and the subject about measurement of a parent-and-child interaction

    Udagawa, Shiho, Minosaki, Koji, Shimada, Hironori

    Waseda Journal of Clinical Psychology (Counceling Room, Faculty of Human Sciences, Waseda University)   14 ( 1 ) 179 - 186  2015.01  [Refereed]

  • Recent issues about factors that influence the function of emotion regulation strategies

    Tanaka, Yuki, Sato, Tomoya, Maeda, Shunta, Ayumi Yamashita, Shimada, Hironori

    Waseda Journal of Clinical Psychology (Counceling Room, Faculty of Human Sciences, Waseda University)   14 ( 1 ) 187 - 195  2015.01  [Refereed]

  • The recent Issues of workplace stress management interventions for adults

    Marumoto, Yuko, Nomura, Kazutaka, Morimoto, Hiroshi, Shimada, Hironori

    Waseda Journal of Clinical Psychology (Counceling Room, Faculty of Human Sciences, Waseda University)   14 ( 1 ) 197 - 205  2015.01  [Refereed]

  • Effects of walking exercise on cognitive appraisal, depressive mood, and attentional resources in self-focused attention

    Tsumura, Hideki, Shimada, Hironori

    Japanese Journal of Health Psychology (Japanese Association of Health Psychology)   27 ( 2 ) 124 - 130  2014.12  [Refereed]

    DOI

  • Effects of distraction on negative behaviors and salivary alpha-amylase under mildly stressful medical procedures for brief inpatient children

    Tsumura,Hideki, Shimada,Hironori, Morimoto,Hiroshi, Hinuma,Chihiro, Kawano,Yoshiko

    Journal of Health Psychology(Sage)   19 ( 8 ) 1079 - 1088  2014.08  [Refereed]

     View Summary

    Inconsistent results have been reported on the effects of distraction on negative emotions during medical procedures in infants. These differing results may be attributable to the fact that the effects are apparent under a mildly stressful medical procedure. A total of 17 infants, 18 preschoolers, and 15 school-aged children who were hospitalized were administered, monitoring for vital signs, a mildly stressful medical procedure, by a nurse in a uniform with attractive character designs as a distractor. Consistent with the hypothesis, participating infants showed fewer negative behaviors and lower salivary alpha-amylase levels when distracted. The results support the efficacy of distraction in infants under a mildly stressful medical procedure.

    DOI

  • Substance abuse treatment efficacy for reoffending prisoners regarding amphetamine use relapse risk : A comparison of cognitive behavioral group therapy, self-help meeting, and waiting list

    Nomura, Kazutaka, Abe, Shoko, Shimada, Hironori

    Japanese Journal of Criminal Psychology (Japanese Association of Criminal Psychology)   52 ( 1 ) 1 - 15  2014.08  [Refereed]

    DOI

  • Sociocultural Beliefs, As Well As Goodness of Fit, Influence the Effectiveness of Coping in Japanese Workers

    Morimoto,Hiroshi, Shimada,Hironori, Ozaki,Kenichi

    International Journal of Behavioral Medicine (International Society of Behavioral Medicine)   21 ( 3 ) 447 - 455  2014.06  [Refereed]

     View Summary

    Although the goodness-of-fit hypothesis (GOFH) is one of the most important theories in research about the effect of coping on distress related to different stressful situations, there has been a mixed response to it in the literature.
    The present study examined whether the effect of the sociocultural context in stressful situations is consistent with the GOFH. The study investigated sociocultural beliefs about the appropriateness of different coping strategies in a given group as the sociocultural context.
    Japanese employees (N = 1,156) of an information technology company reported their appraisal of stressors' controllability, the coping strategies they employed for the stressors, their sociocultural beliefs about coping strategies, and their psychological distress in response to the stressors.
    The GOFH was supported only for problem-focused coping with task stressors and not for interpersonal stressors. The applicability of the GOFH differed by sociocultural beliefs about coping, namely an appraisal of what coworkers might think about the appropriateness of the coping method.
    These results suggest that it is important for managing stress to consider the sociocultural context as well as the GOFH.

    DOI

  • The specificity of cognitive reactivity in recurrent major depressive episodes

    Tetsuya Yamamoto, Miki Yamano, Hironori Shimada, Ken Ichikawa, Makoto Nakaya

    Shinrigaku Kenkyu   85 ( 1 ) 29 - 39  2014.04  [Refereed]

     View Summary

    The present study examined cognitive vulnerability to relapses of depression by clarifying the characteristics of "cognitive reactivity" in people with recurrent major depressive episodes. Study 1-1 and 1-2 developed a Japanese version of the Leiden Index of Depression Sensitivity-Revised (LEIDS-R), which assessed cognitive reactivity, and evaluated the reliability and validity of the scale. Study 2 examined the characteristics of cognitive reactivity which differentiate people with recurrent major depressive episodes from people with a single episode or none. The Japanese version of the LEIDS-R was shown to have reasonable reliability and validity. Participants with recurrent major depressive episodes showed more repetitive thoughts about negative issues and avoidance from internal and external aversive events when depressive mood was induced, compared to participants with only a single episode of depression. These results suggest that the characteristics of cognitive reactivity are important considerations for preventing relapse of depression.

    DOI PubMed

  • Construction of cognitive domains in patients with traumatic brain injury

    Yamano-Ikeda,Miki, Nakaya,Makoto, Takeda,Mihoko, Kikuchi,Yoko, Tone,Osamu, Hara,Mutsuya, Tomita,Hiroki, Shimada,Hironori

    Minerva Psichiatrica (Italian Society of Social Psychiatry)   55 ( 1 ) 25 - 33  2014.03  [Refereed]

  • Relationships among changing or quitting jobs and stress coping and mental health in dental hygienists

    Suzuki, Minori, Tashiro, Kyoko, Ayabe, Naoko, Hashimoto, Rui, Shimada, Hironori

    Waseda Journal of Clinical Psychology (Counceling Room, Faculty of Human Sciences, Waseda University)   13 ( 1 ) 87 - 98  2014.01  [Refereed]

  • Recent issue of strategies that improve therapeutic outcomes in exposure therapy

    Sato, Tomoya, Maeda, Shunta, Yamashita, Ayumi, Sensaki, Jun, Chahara, Hitomi, Shimada, Hironori

    Waseda Journal of Clinical Psychology (Counceling Room, Faculty of Human Sciences, Waseda University)   13 ( 1 ) 109 - 118  2014.01  [Refereed]

  • A study of intervention based on the information processing for anger and aggressive behavior of children and adolescents

    Tabei, Miki, Minosaki, Koji, Hashimoto, Rui, Shimada, Hironori

    Waseda Journal of Clinical Psychology (Counceling Room, Faculty of Human Sciences, Waseda University)   13 ( 1 ) 119 - 128  2014.01  [Refereed]

  • The recent issues of cognitive behavioral therapy for families with a mentally ill member

    Nagano, Kyoko, Nomura, Kazutaka, Shimada, Hironori

    Waseda Journal of Clinical Psychology (Counceling Room, Faculty of Human Sciences, Waseda University)   13 ( 1 ) 129 - 139  2014.01  [Refereed]

  • Possible application of behavioral activation therapy in class-wide interventions

    Narukawa, Ryo, Yamano-Ikeda, Miki, Yokoyama, Takahiro, Shimada, Hironori

    Waseda Journal of Clinical Psychology (Counceling Room, Faculty of Human Sciences, Waseda University)   13 ( 1 ) 141 - 150  2014.01  [Refereed]

  • Recent issues of looming cognitive style

    Maeda, Shunta, Mori, Ayaka, Sato, Tomoya, Shimada, Hironori

    Waseda Journal of Clinical Psychology (Counceling Room, Faculty of Human Sciences, Waseda University)   13 ( 1 ) 151 - 159  2014.01  [Refereed]

  • A review of processing of facial stimuli eliciting avoidance behavior in socially anxious individuals

    Yamashita, Ayumi, Sato, Tomoya, Sensaki, Jun, Shimada, Hironori

    Waseda Journal of Clinical Psychology (Counceling Room, Faculty of Human Sciences, Waseda University)   13 ( 1 ) 161 - 169  2014.01  [Refereed]

  • Evidence-based research for reason of prolonged social withdrawal (Hikikomori)

    Sakai, Motohiro, Ueda, Kenta, Shimada, Hironori

    Journal of Human Sciences The University of Tokushima (Faculty of Integrated Arts and Sciences, The University of Tokushima)   21 ( 1 ) 13 - 22  2013.12  [Refereed]

  • Irritable bowel syndrome, its cognition, anxiety sensitivity, and anticipatory anxiety in panic disorder patients

    Sugaya,Nagisa, Yoshida,Eiji, Yasuda,Shin, Tochigi,Mamoru, Takei,Kunio, Ohtani,Toshiyuki, Otowa,Takeshi, Minato,Takanobu, Umekage,Tadashi, Sakano,Yuji, Chen,Junwen, Shimada,Hironori, Nomura,Shinobu, Okazaki,Yuji, Kaiya,Hisanobu, Tanii,Hisashi, Sasaki,Tsukasa

    Psychiatry and Clinical Neurosciences (Japanese Society of Psychiatry and Neurology )   67 ( 6 ) 397 - 404  2013.09  [Refereed]

     View Summary

    Aim The present study examined the effect of irritable bowel syndrome (IBS), cognitive appraisal of IBS, and anxiety sensitivity on anticipatory anxiety (AA) and agoraphobia (AG) in patients with panic disorder (PD). Methods We examined 244 PD patients who completed a set of questionnaires that included the Rome II Modular Questionnaire to assess the presence of IBS, the Anxiety Sensitivity Index (ASI), the Cognitive Appraisal Rating Scale (CARS
    assessing the cognitive appraisal of abdominal symptoms in four dimensions: commitment, appraisal of effect, appraisal of threat, and controllability), and items about the severity of AA and AG. The Mini International Neuropsychiatric Interview was used to diagnose AG and PD. Results After excluding individuals with possible organic gastrointestinal diseases by using 'red flag items,' valid data were obtained from 174 participants, including 110 PD patients without IBS (PD/IBS[-]) and 64 with IBS (PD/IBS[+]). The PD/IBS[+] group had higher AA and higher comorbidity with AG than the PD/IBS[-] group. In the PD/IBS[+] group, the controllability score of CARS was significantly correlated with AA and ASI. Multiple regression analysis showed a significant effect of ASI but not of controllability on AA in PD/IBS[+] subjects. Conclusion This study suggested that the presence of IBS may be related to agoraphobia and anticipatory anxiety in PD patients. Cognitive appraisal could be partly related to anticipatory anxiety in PD patients with IBS with anxiety sensitivity mediating this correlation. © 2013 The Authors. Psychiatry and Clinical Neurosciences © 2013 Japanese Society of Psychiatry and Neurology.

    DOI PubMed

  • Effects of a cognitive behavioral therapy intervention on school stress in a community

    Shimada, Hironori

    Japanese Journal of Stress Sciences (Japanese Association of Stress Science)   28 ( 2 ) 79 - 89  2013.08  [Refereed]

  • Implicit Relational Assessment Procedure (IRAP) as a methodology for testing natural verbal relations and psychological flexibility

    Ohtsuki, Tomu, Kishita, Naoko, Kubo, Ayako, Shimada, Hironori

    Japanese Journal of Behavior Therapy (Japanese Association of Behavior Therapy)   39 ( 2 ) 99 - 110  2013.05  [Refereed]

  • Effects of Problem-Solving Skills Training that is arranged based on the children’s cognitive development

    Takahashi, Fumito, Shimada, Hironori

    Human Developmental Research (Center of Developmental Education and Research)   27 ( 1 ) 31 - 38  2013.05

  • The effect of mindfulness training for school aged children with ADHD symptoms

    Fujita, Ayaka, Hashimoto, Rui, Shimada, Hironori

    Human Developmental Research (Center of Developmental Education and Research)   26 ( 1 ) 181 - 184  2013.05

  • Relationship between relational reactions in verbal stimuli and avoidance behavior in acrophobia tendency

    Kawai, Tomonori, Uruwashi, Miki, Kubo, Ayako, Shimada, Hironori, Kumano, Hiroaki

    Waseda Journal of Clinical Psychology (Counceling Room, Faculty of Human Sciences, Waseda University)   12 ( 1 ) 29 - 37  2013.01  [Refereed]

  • The relationships among family communication, family systems, and abnormal eating behavior in female university students

    Mine, Sayuri, Itoh, Ken-ichi, Hashimoto, Rui, Shimada, Hironori

    Waseda Journal of Clinical Psychology (Counceling Room, Faculty of Human Sciences, Waseda University)   12 ( 1 ) 91 - 100  2013.01  [Refereed]

  • Recent issues in the application of implicit attitude in clinical psychology

    Sato, Tomoya, Nomura, Kazutaka, Tamada, Ayaka, Sensaki, Jun, Matsumoto, Hiromu, Shimada, Hironori

    Waseda Journal of Clinical Psychology (Counceling Room, Faculty of Human Sciences, Waseda University)   12 ( 1 ) 131 - 139  2013.01  [Refereed]

  • Cognitive-Behavioral Therapy in reinstatement assistance programs for people with depression: A review

    Nagano, Kyoko, Chiba, Hiroaki, Shimada, Hironori

    Waseda Journal of Clinical Psychology (Counceling Room, Faculty of Human Sciences, Waseda University)   12 ( 1 ) 141 - 152  2013.01  [Refereed]

  • Differences in the implementation of cognitive behavioral therapy for sexual offender recidivism in institutional and community-based treatment environments

    Nomura, Kazutaka, Matsumoto, Hiromu, Narukawa, Ryo, Shimada, Hironori

    Waseda Journal of Clinical Psychology (Counceling Room, Faculty of Human Sciences, Waseda University)   12 ( 1 ) 153 - 160  2013.01  [Refereed]

  • Does stressor evaluation mediate sociocultural influence on coping selection? An investigation using Japanese employees

    Morimoto,Hiroshi, Shimada,Hironori, Ozaki,Kenichi

    International Journal of Stress Management (American Psychological Association)   20 ( 1 ) 1 - 19  2013.01  [Refereed]

     View Summary

    The present study empirically examined previously inconsistent findings between Aldwin (Aldwin, C. M., 1994. Stress, coping, and development. New York, NY: The Guilford Press) and Slavin, Rainer, McCreary, and Gowda's (Slavin, L. A., Rainer, K. L., McCreary, M. L., &amp
    Gowda, K. K., 1991. Toward a multicultural model of the stress process. Journal of Counseling &amp
    Development, 70, 156-163) models regarding sociocultural influence on coping selection. In particular, we examined whether stressor evaluation serves as a mediating factor in the relationship between sociocultural beliefs concerning coping and coping selection among a sample of Japanese employees (n = 1,087). Results showed that although stressor evaluation significantly mediated the relationship between sociocultural beliefs concerning coping and coping selection, this mediating effect was small. These results did not support Aldwin's model, but did support Slavin et al.'s model, suggesting that merely managing how individuals evaluate stressors might be insufficient for regulating the influence of sociocultural beliefs concerning coping on coping selection © 2013 American Psychological Association.

    DOI

  • 病的賭博に対するセミオープン形式の集団認知行動療法プログラムの取り組み:ドロップアウト率と参加者の相互作用の観点から

    野村和孝, 田代恭子, 嶋田洋徳, 綾部直子, 田口紀美子, 町田好美, 藤丸悦子, 大石裕代, 大石雅之

    日本アルコール関連問題学会雑誌(日本アルコール関連問題学会)   14 ( 2 ) 95 - 100  2012.12  [Refereed]

  • 中高生を対象としたストレスマネジメント教育

    嶋田洋徳, 五十川ちよみ

    臨床心理学(金剛出版)   12 ( 6 ) 783 - 788  2012.11  [Invited]

  • 嗜癖の問題に対するストレスマネジメント介入

    野村和孝, 嶋田洋徳

    臨床心理学(金剛出版)   12 ( 6 ) 815 - 817  2012.11  [Invited]

  • The effects of attention retraining on depressive mood and cortisol responses to depression-related stimuli

    Tsumura,Hideki, Shimada,Hironori, Nomura,Kazutaka, Sugaya,Nagisa, Suzuki,Katsuhiko

    Japanese Psychological Research (Japanese Psychological Association)   54 ( 4 ) 400 - 411  2012.11  [Refereed]

     View Summary

    Although it has been reported that attentional bias at an early stage is found in depression, no study has investigated the effects of modification of attentional bias at an early stage on depressive mood and cortisol response to a stressor. Therefore, this study tested the hypotheses that the modification of attentional bias at an early stage would reduce depressive mood and cortisol response. Fifty-three participants were allocated alternately either to the training or the control group. They were administered attention retraining for modification of attentional bias or a sham attention task, and then underwent a stress task. With respect to depressive mood response, depressive mood increased in response to a stress task in the control group, while for high-dysphoric participants in the training group, depressive mood response remained constant. These results indicate that attention retraining is efficacious for reducing depressive mood response. With respect to cortisol response, the percentage change in cortisol is associated with the amount of change in the attentional bias index scores. The results suggest the possibility that attention retraining could reduce cortisol response.

    DOI

  • Depression, social function, and employees' difficulties in returning to work because of depression

    Tanoue, Asuka, lto, Daisuke, Shimizu, Kaori, Ohno, Mayuko, Shirai, Mari, Shimada, Hironori, Suzuki, Shin-ichi

    Japanese Journal of Behavior Therapy (Japanese Association of Behavior Therapy)   38 ( 3 ) 193 - 202  2012.09  [Refereed]

  • コーピングの有効性における Goodness-of-fit 仮説とコーピングの選択理由の関連

    Morimoto, Hiroshi, Kishita, Naoko, Shimada, Hironori

    Japanese Journal of Behavioral Medicine (Japanese Society of Behavioral Medicine)   18 ( 1 ) 3 - 11  2012.09  [Refereed]

  • Cognitive dysfunctions after recovery from major depressive episodes

    Yamamoto,Tetsuya, Shimada,Hironori

    Applied Neuropsychology: Adult (American Board of Professional Neuropsychology)   19 ( 3 ) 183 - 191  2012.09  [Refereed]

    DOI

  • Relationship between cognitive factors and anxiety in individuals with irritable bowel syndrome

    Sugaya,Nagisa, Nomura,Shinobu, Shimada,Hironori

    International Journal of Behavioral Medicine (International Society of Behavioral Medicine)   19 ( 3 ) 308 - 315  2012.09  [Refereed]

     View Summary

    Individuals with irritable bowel syndrome (IBS) have high anxiety. There is insufficient information about the relationships between concrete cognitive contents and anxiety in IBS.
    The present study investigated the relationship between cognitive factors and anxiety in individuals with IBS.
    The participants were 1,087 college students (male, 506; female, 576; unidentified, 5; age, 19.72 +/- 1.76 years) who completed a set of questionnaires that included the Rome II Modular Questionnaire (based on diagnostic criteria for IBS), Anxiety Sensitivity Index (ASI), Cognitive Appraisal Rating Scale (CARS; subscales: commitment, appraisal of effect, appraisal of threat, and controllability) for measuring symptom-related cognition, an item about attention to abdominal symptoms, the Hospital Anxiety and Depression Scale-Anxiety Scale (HADS-A), and an item regarding the presence of avoidant behavior due to anxiety of IBS symptoms.
    The participants included 881 individuals without IBS and 206 individuals with IBS. Individuals with IBS had higher ASI and HADS-A scores than those of the individuals belonging to the control group (p &lt; 0.001). Subscale scores of CARS (except those of controllability and attention to IBS symptoms) significantly correlated with the ASI and HADS-A scores (p &lt; 0.01). Individuals with IBS and avoidant behavior had higher subscale scores of CARS (except those of controllability and attention to IBS symptoms) and higher HADS-A scores (p &lt; 0.05). The hypothetical models containing ASI scores, subscale scores of CARS (except those of controllability), and HADS-A scores with and without attention to IBS symptoms exhibited a good fit.
    Severe anxiety sensitivity in individuals with IBS related to their symptom-related cognition, and the altered cognition increases anxiety, leading to the possible development of a disabling condition.

    DOI

  • 標準的認知療法プログラム脱落防止のための工夫:大うつ病性障害の1症例を通じて

    池田美樹, 仲谷誠, 嶋田洋徳

    認知療法研究(日本認知療法学会)   5 ( 2 ) 170 - 171  2012.08  [Refereed]

  • Effect of class-based cognitive restructuring and social skills training on subjective school adjustments of high school students who have experienced school non-attendance

    Mori, Yuki, Minosaki, Koji, Morimoto, Katsuaki, Nagase, Yuko, Shimada, Hironori

    Japanese Journal of Stress Management Research (Japan Society of Stress Management)   9 ( 1 ) 41 - 48  2012.07  [Refereed]

  • Cognitive behavioral approach for psychological stress symptoms in school-age children with autism spectrum disorder

    Minosaki, Koji, Shimada, Hironori

    Human Developmental Research (Center of Developmental Education and Research)   26 ( 1 ) 131 - 140  2012.05

  • Adrenal hormone response and psychophysiological correlates under psychosocial stress in individuals with irritable bowel syndrome

    Sugaya,Nagisa, Izawa,Shuhei, Kimura,Kenta, Ogawa,Namiko, Yamada,Chris Kosuke, Shirotsuki,Kentaro, Mikami,Ikuyo, Hirata,Kanako, Nagano,Yuichiro, Nomura,Shinobu, Shimada,Hironori

    International Journal of Psychophysiology (International Organization of Psychophysiology)   84 ( 1 ) 39 - 44  2012.04  [Refereed]

     View Summary

    Objective: In this study, we investigated levels and relative ratios of adrenal hormones (including cortisol, dehydroepiandrosterone [DHEA], and DHEA-sulfate [DHEA-S]) and their psychophysiological correlates under acute psychosocial stress in individuals with irritable bowel syndrome (IBS).Methods: Fifty-three college students participated in the study (male: 42, female: 11; mean age: 22.64 years), including 13 individuals with IBS (IBS group) and 40 individuals without IBS (control group). The participants were exposed to a standardized laboratory stressor, which included delivering a speech and performing a mental arithmetic task. We measured subjective stress levels and salivary cortisol, DHEA, and DHEA-S levels at relevant time points before, during, and after the tasks.Results: DHEA-S level and the DHEA-S/DHEA ratio in the IBS group were significantly lower than those in the control group, and the cortisol/DHEA-S ratio in the IBS group was higher than that in the control group throughout the experiment. In the IBS group, the appraisal of a threat was positively correlated with cortisol levels (r = 0.61), and the appraisal of controllability was negatively correlated with cortisol levels (r = -0.64) and with the cortisol/DHEA ratio (r = -0.71). The control group showed a significant positive correlation between the appraisal of threat and cortisol levels (r = 0.32).Conclusion: The present study indicates that individuals with IBS had lower DHEA-S levels, and that their stressful cognitive appraisals under acute psychosocial stress caused the effects of cortisol to dominate. This adrenal hormone response may be involved in exacerbating abdominal symptoms in individuals with IBS. (C) 2012 Elsevier B.V. All rights reserved.

    DOI

  • Acutely elevated cortisol in response to stressor is associated with attentional bias toward depression-related stimuli but Is not associated with attentional function

    Tsumura,Hideki, Shimada,Hironori

    Applied Psychophysiology and Biofeedback (Association for Applied Psychophysiology and Biofeedback)   37 ( 1 ) 19 - 29  2012.03  [Refereed]

     View Summary

    Cortisol induces attentional bias toward a negative stimulus and impaired attentional function. Depressed individuals have high levels of cortisol, and exhibit an attentional bias toward a depression-related stimulus and impaired processing speed and executive attention, which are components of attentional function. Therefore, the study tested the hypotheses that an acute increase in cortisol in response to a stressor is associated with attentional bias toward a depression-related stimulus and impaired processing speed and executive attention. Thirty-six participants were administered the dot-probe task for the measurement of attentional bias toward a depression-related stimulus and the Trail Making Test A and B for the measurement of processing speed and executive attention before and after a mental arithmetic task. It was revealed that attentional bias toward a depression-related stimulus following the stressor was observed only among the responders (i.e., participants with cortisol elevation in response to a stressor). On the other hand, no differences in the performance of processing speed and executive attention were noted between the responders and non-responders. The results indicate that acutely elevated cortisol is related to attentional bias, but is not related to processing speed and executive attention. The results have an implication for the etiology of depression.

    DOI

  • Difficulties in applying Problem-Solving Training to individuals with Schizophrenia

    Chiba, Hiroaki, Shimada, Hironori, Maruki, Yuichi, Sato, Tamae, Asano, Hiromi, Shimazawa, Waki, Yamano, Miki, Fujita, Ayaka

    Waseda Journal of Clinical Psychology (Counceling Room, Faculty of Human Sciences, Waseda University)   11 ( 1 ) 3 - 13  2012.03  [Refereed]

  • Consultation based on cognitive behavioral theory for amother whose son is unable to attend school due to orthostatic dysregulation

    lto, Daisuke, Kawata, Mari, Shimada, Hironori, Suzuki, Shin-ichi

    Waseda Journal of Clinical Psychology (Counceling Room, Faculty of Human Sciences, Waseda University)   11 ( 1 ) 17 - 26  2012.03  [Refereed]

  • Modified TSST according to the features of psychiatric disorders and future issues

    Tsumura, Hideki, Horiuchi, Keiko, Shimada, Hironori

    Waseda Journal of Clinical Psychology (Counceling Room, Faculty of Human Sciences, Waseda University)   11 ( 1 ) 95 - 103  2012.03  [Refereed]

  • Depression, social function, and employees' difficulties in returning to work because of depression

    Tanoue, Asuka, lto, Daisuke, Shimizu, Kaori, Ohno, Mayuko, Shirai, Mari, Shimada, Hironori, Suzuki, Shin-ichi

    Japanese Journal of Behavior Therapy (Japanese Association of Behavior Therapy)   38 ( 1 ) 11 - 22  2012.01  [Refereed]

  • The effect of familiarity and expression of video games on anger response and emotion after playing

    Kubo, Ayako, Shimada, Hironori

    Japanese Journal of Stress Management Research (Japan Society of Stress Management)   8 ( 1 ) 13 - 20  2011.09  [Refereed]

  • Effects of Problem-SoIving Training for aggressive behavior and stress responses on high school students based on assessment of invoIvement's form for interpersonal conflict situations

    Koseki, Shunsuke, Tanno, Megumi, Koseki, Mami, Shimada, Hironori

    Japanese Journal of Stress Management Research (Japan Society of Stress Management)   8 ( 1 ) 31 - 38  2011.09  [Refereed]

  • Effects of psychosocial factors on cognitive behavior therapy for preventing recidivism by sex offenders: A meta-analysis

    Nomura, Kazutaka, Yamamoto, Tetsuya, Hayashi, Kyoko, Tsumura, Hideki, Shimada, Hironori

    Japanese Journal of Behavior Therapy (Japanese Association of Behavior Therapy)   37 ( 3 ) 143 - 155  2011.09  [Refereed]

  • A behavioral account of human language and cognition from the point of view of relational frame theory: A review of research on the trans formation of stimulus functions

    Kishita, Naoko, Ohtsuki, Tomu, Igarashi, Yuri, Kubo, Ayako, Takahashi, Minoru, Shimada, Hironori, Muto, Takashi

    Japanese Journal of Behavior Therapy (Japanese Association of Behavior Therapy)   37 ( 2 ) 65 - 75  2011.05  [Refereed]

  • Effects of automatic thoughts and social skills on childhood depression: A prospective view that takes into consideration the effects of the grade and the school term

    Koseki, Shunsuke, Takahashi, Fumito, lto, Daisuke, Kaneko, Yui, Tanoue, Asuka, Ohno, Mayuko, Ohtsuki, Tomu, Suzuki, Shin-ichi, Shimada, Hironori, Sasaki, Kazuyoshi, Fujita, Tsugumichi

    Japanese Journal of Cognitive Therapy (Japanese Association of Cognitive Therapy)   4 ( 1 ) 57 - 65  2011.04  [Refereed]

  • Effects of acceptance-based coping on task performance and subjective stress

    Kishita,Naoko, Shimada,Hironori

    Journal of Behavior Therapy and Experimental Psychiatry (Elsevier)   42 ( 1 ) 6 - 12  2011.03  [Refereed]

     View Summary

    This paper examines the interactive effects of acceptance-based coping and job control on task performance, subjective stress, and perceived control. Forty-eight undergraduate and graduate students first participated in brief educational programs based on either acceptance or control coping strategies. They then participated in a 30-min high workload task under either high or low job control conditions. The results demonstrated a significant interactive effect of acceptance-based coping and job control on perceived control and task performance. No such effect was found for subjective stress. We conclude that to improve employees&apos; perceived control and job performance, there should be an increase not only in job control through work redesign, but also in psychological acceptance. (C) 2010 Elsevier Ltd. All rights reserved.

    DOI

  • Effect of the gap between loneliness and the degree of social support on the QOL of the elderly people living alone

    Ayabe, Naoko, Yamaguchi, Aiko, Hashimoto, Rui, Shimada, Hironori

    Waseda Journal of Clinical Psychology (Counceling Room, Faculty of Human Sciences, Waseda University)   10 ( 1 ) 19 - 26  2011.03  [Refereed]

  • Influence of the behavior directed toward others and the satisfaction from adopting the behavior in the tendency for over-adaptation and adjustment

    Fujita, Ayaka, Sato, Tomoya, Ichikawa, Ken, Nomura, Kazutaka, Shimada, Hironori

    Waseda Journal of Clinical Psychology (Counceling Room, Faculty of Human Sciences, Waseda University)   10 ( 1 ) 27 - 34  2011.03  [Refereed]

  • Combined effect of social problem-solving training and promotion of perceived social support on school adjustment in children

    Hayashi, Kyoko, Tanaka, Juri, Tsumura, Hideki, Shimada, Hironori

    Waseda Journal of Clinical Psychology (Counceling Room, Faculty of Human Sciences, Waseda University)   10 ( 1 ) 47 - 56  2011.03  [Refereed]

  • Possible application of and potential problems with the use of Acceptance and Commitment Therapy in obesity treatment

    Kubo, Ayako, Hashimoto, Rui, Shimada, Hironori

    Waseda Journal of Clinical Psychology (Counceling Room, Faculty of Human Sciences, Waseda University)   10 ( 1 ) 101 - 110  2011.03  [Refereed]

  • Application of cognitive behavioural approaches for sex offenders with autistic spectrum disorders

    Nomura, Kazutaka, Minosaki, Koji, Hayashi, Kyoko, Shimada, Hironori

    Waseda Journal of Clinical Psychology (Counceling Room, Faculty of Human Sciences, Waseda University)   10 ( 1 ) 111 - 121  2011.03  [Refereed]

  • Recent investigations on the psychological interventions for attention bias in anxiety and depression

    Tsumura, Hideki, Morimoto, Hiroshi, Sato, Tomoya, Akiba, Yuho, Shimada, Hironori

    Waseda Journal of Clinical Psychology (Counceling Room, Faculty of Human Sciences, Waseda University)   10 ( 1 ) 123 - 133  2011.03  [Refereed]

  • The relation monitoring of face and perspective with interpretation and anger in elementary school children

    Kurimoto, Mai, Nomura, Kazutaka, Shimada, Hironori, Sato, Yoko

      19 ( 1 ) 15 - 22  2011.03

  • Development of the reason for selection of coping scale

    Morimoto, Hiroshi, Kishita, Naoko, Shimada, Hironori

    Stress Science Research (Public Health Research Foundation)   26 ( 1 ) 33 - 39  2011.03  [Refereed]

  • Cognitive and behavioral features on the recovery process of loss

    Takei, Yuko, Shimada, Hironori, Suzuki, Shin-ichi

    Japanese Journal of Counceling Science (Japanese Association of Counceling Science)   44 ( 1 ) 50 - 59  2011.02  [Refereed]

  • Effect of cognitive behavioral approaches focused on cognitive dysfunction on relapse prevention in patients with major depressive disorders: A review

    Yamamoto, Tetsuya, Yamano, Miki, Tanoue, Asuka, Ichikawa, Ken, Kawata, Mari, Tsumagari, Shiho, Shimada, Hironori

    Japanese Journal of Behavior Therapy (Japanese Association of Behavior Therapy)   37 ( 1 ) 33 - 45  2011.01  [Refereed]

  • Relationship between depressive severity and the certainty of prediction in interpersonal events

    Tsumura, Hideki, Nomura, Kazutaka, Shimada, Hironori

    Japanese Journal of Cognitive Therapy (Japanese Association of Cognitive Therapy)   3 ( 1 ) 69 - 78  2010.09  [Refereed]

  • Interpretation bias for ambiguous social behavior among individuals with high and low levels of social anxiety

    Kanai,Yoshihiro, Sasagawa,Satoko, Chen,Junwen, Shimada,Hironori, Sakano,Yuji

    Cognitive Therapy and Research (Springer)   34 ( 3 ) 229 - 240  2010.06  [Refereed]

    DOI

  • The validity of goodness of fit hypnosis in interpersonal stress: In terms of the functionality of coping and their combinations

    Morimoto, Hiroshi, Shimada, Hironori

    Japanese Journal of Health Psychology (Japanese Association of Health Psychology)   23 ( 1 ) 85 - 92  2010.06  [Refereed]

  • Factors correlating depression and social adaptation for depression: Using the ATQ-R. TAC, KISS

    Tanoue, Asuka, Ito, Daisuke, Ohno, Mayuko, Shirai, Mari, Shimada, Hironori, Suzuki, Shin-ichi

    Japanese Journal of Behavior Therapy (Japanese Association of Behavior Therapy)   36 ( 2 ) 95 - 106  2010.06  [Refereed]

  • Influence of the expectancy fulfillment on psychological stress responses in temporary employee

    Tanoue, Asuka, Mizushima, Hidetoshi, Shimada, Hironori, Suzuki, Shin-ichi

    Japanese Journal of Counceling Science (Japanese Association of Counceling Science)   43 ( 2 ) 141 - 149  2010.06  [Refereed]

  • Effects of smiling manipulation on negative cognitive process during self-focused attention

    Tetsuya Yamamoto, Shinkichi Sugimori, Hironori Shimada

    Shinrigaku Kenkyu   81 ( 1 ) 17 - 25  2010.04  [Refereed]

     View Summary

    The experiment was conducted to investigate the effects of smiling expression on cognitive and emotional processes during the introduction of negative mood and cognition by self-focused attention. The mechanisms underlying such effects were also examined, with reference to Interacting Cognitive Subsystems framework (Teasdale &amp
    Barnard, 1993). We induced the self-focused attention for all 33 participants but the timing and type of facial expressions manipulated differed among three conditions: control condition (required to move the facial muscles which are unrelated with smiling), buffer condition (required to "smile" before the selffocused attention), and attenuation condition (required to "smile" after the self-focused attention). The results showed that the negative mood was increased in the control group while it was decreased in two experimental groups. Furthermore, the positive mood was decreased in the control group, and increased in the buffer group. The contents of spontaneous thought during experiment were more positive among two "smile" conditions than control condition. These results suggest the importance of smiling before and during negative self-focused attention.

    DOI PubMed

  • Development of coping scale according to the type of stressors for workers

    Morimoto, Hiroshi, Shimada, Hironori

    Job Stress Research (Japan Association of Job Stress Research)   17 ( 2 ) 119 - 132  2010.04  [Refereed]

  • Effect of day-to-day variations in adrenal cortex hormone levels on abdominal symptoms

    Sugaya,Nagisa, Izawa,Shuhei, Ogawa,Namiko, Shirotsuki,Kentaro, Kobayashi,Hitomi, Yamada,Kosuke C, Tsumura,Hideki, Nomura,Shinobu, Shimada,Hironori

    BioPsychoSocial Medicine   4   2 - 2  2010.03  [Refereed]

     View Summary

    Introduction: The hypothalamic-pituitary-adrenal axis is known to be related to abdominal symptoms, and the relationship between abdominal pain and cortisol secretory patterns has been previously investigated using a cross-sectional approach. Here, we investigated the effect of day-to-day variations in salivary cortisol and dehydroepiandrosterone-sulfate levels on abdominal symptoms in healthy individuals.Methods: Eleven college students (4 males and 7 females) participated in this study. The participants were asked to collect their saliva immediately after awakening and before bedtime for eight consecutive days. They also completed a questionnaire about abdominal symptoms before bedtime. The linear mixed model was applied to analyze the effects of the day-by-day variability or the 8-day average adrenal hormone level (at awakening, before bedtime, slope from awakening to bedtime) on abdominal symptoms.Results: The day-to-day variability of cortisol levels before bedtime was negatively related with loose stool, while the day-to-day variability of the cortisol slope was positively correlated with loose stool. A low 8-day average dehydroepiandrosterone-sulfate level at awakening was positively related with frequent bowel movements, loose stool, and long bouts of severe abdominal pain. Likewise, a low 8-day average dehydroepiandrosterone-sulfate slope was positively related with long bouts of abdominal pain.Conclusions: Low cortisol levels before bedtime and a steeper diurnal cortisol slope during the day may be related to bouts of diarrhea during the day. © 2010 Sugaya et al
    licensee BioMed Central Ltd.

    DOI

  • Cognitive behavioral approaches to personality change due to traumatic brain injury

    Yamano, Miki, Nakaya, Makoto, Shimada, Hironori

    Waseda Journal of Clinical Psychology (Counceling Room, Faculty of Human Sciences, Waseda University)   9 ( 1 ) 35 - 46  2010.03  [Refereed]

  • The examination of the effects of psychosocial factors on childhood depression

    Kaneko, Yui, Koseki, Shunsuke, Ito, Daisuke, Nakazawa, Kanako, Shimizu, Yuu, Ohtsuki, Tomu, Shimada, Hironori, Sasaki, Kazuyoshi, Suzuki, Shin-ichi

    Waseda Journal of Clinical Psychology (Counceling Room, Faculty of Human Sciences, Waseda University)   9 ( 1 ) 75 - 85  2010.03  [Refereed]

  • The influence of rumination over events on depression in children

    Sumi, Saori, Himeno, Yaena, Kimura, Yasuhiro, Shimada, Hironori

    Waseda Journal of Clinical Psychology (Counceling Room, Faculty of Human Sciences, Waseda University)   9 ( 1 ) 137 - 145  2010.03  [Refereed]

  • Effect of observational strategies for assessment on class-wide social skills training of children

    Tanno, Megumi, Fujimoto, Shino, Koseki, Shunsuke, Shimada, Hironori

    Waseda Journal of Clinical Psychology (Counceling Room, Faculty of Human Sciences, Waseda University)   9 ( 1 ) 147 - 158  2010.03  [Refereed]

  • Modifying and buffer effects of smiling on negative emotions

    Yamamoto, Tetsuya, Sugimori, Shinkichi, Shimada, Hironori

    Waseda Journal of Clinical Psychology (Counceling Room, Faculty of Human Sciences, Waseda University)   9 ( 1 ) 159 - 166  2010.03  [Refereed]

  • Relationship among junior high-school teachers' attitudes toward workplace, coping, and stress responses

    Mori, Yuki, Nishimoto, Takehiko, Morimoto, Hiroshi, Shimada, Hironori

    Waseda Journal of Clinical Psychology (Counceling Room, Faculty of Human Sciences, Waseda University)   9 ( 1 ) 191 - 196  2010.03  [Refereed]

  • A review on the functional side of empathy in preventing sexual offence

    Nomura, Kazutaka, Shimada, Hironori

    Waseda Journal of Clinical Psychology (Counceling Room, Faculty of Human Sciences, Waseda University)   9 ( 1 ) 197 - 206  2010.03  [Refereed]

  • Recent issues of research ethics in clinical psychology

    Shimada, Hironori, Nomura, Kazutaka, Yamamoto, Tetsuya, Tsumura, Hideki

    Waseda Journal of Clinical Psychology (Counceling Room, Faculty of Human Sciences, Waseda University)   9 ( 1 ) 207 - 220  2010.03  [Refereed]

  • The role of cortisol in augmentation of depressive symptoms: A meta-analysis

    Tsumura, Hideki, Shimada, Hironori

    Waseda Journal of Clinical Psychology (Counceling Room, Faculty of Human Sciences, Waseda University)   9 ( 1 ) 221 - 229  2010.03  [Refereed]

  • Problem-solving training and aggressive behavior in early adolescents

    Takahashi, Fumito, Koseki, Shunsuke, Shimada, Hironori

    Japanese Journal of Behavior Therapy (Japanese Association of Behavior Therapy)   36 ( 1 ) 69 - 81  2010.01  [Refereed]

  • Development of an Aggressive Behavior Scale for Children: Examination of its reliability and validity

    Takahashi, Fumito, Sato, Hiroshi, Nagasaku, Minoru, Noguchi, Miyuki, Shimada, Hironori

    Japanese Journal of Cognitive Therapy (Japanese Association of Cognitive Therapy)   2 ( 1 ) 75 - 85  2009.10  [Refereed]

  • Correlation between negative evaluation for "Hikikomori" and stress response of parents

    Sakai, Motohiro, Takizawa, Mizue, Nakamura, Hikaru, Ueda, Kenta, Ishikawa, Shin-ichi, Nagasaku, Minoru, Sato, Hiroshi, Inoue, Atsuko, Shimada, Hironori, Sakano, Yuji

    Japanese Journal of Counceling Science (Japanese Association of Counceling Science)   42 ( 3 ) 207 - 217  2009.10  [Refereed]

  • Negative interpretation of bodily sensations in social anxiety

    Kanai,Yoshihiro, Sasagawa,Satoko, Chen,Junwen, Suzuki,Shin-ichi, Shimada,Hironori, Sakano,Yuji

    International Journal of Cognitive Therapy (International Association for Cognitive Psychotherapy)   2 ( 3 ) 292 - 307  2009.09  [Refereed]

    DOI

  • Development of a Japanese version of the Children's Depression Inventory (CDI)

    Mashida, Naoki, Ogata, Akiko, Ozono, Shuichi, Koseki, Shunsuke, Sato, Hiroshi, Ishikawa, Shin-ichi, Togasaki, Yasuko, Sato, Yoko, Sato, Shoji, Sasaki, Kazuyoshi, Shimada, Hironori, Yamawaki, Shigeto, Suzuki, Shin-ichi

    Japanese Journal of Behavior Therapy (Japanese Association of Behavior Therapy)   35 ( 3 ) 219 - 232  2009.09  [Refereed]

    DOI

  • Effects of class assessment-based class-wide social skills training

    Koseki, Shunsuke, Takahashi, Fumito, Shimada, Hironori, Sasaki, Kazuyoshi, Fujita, Tsugumichi

    Japanese Journal of Behavior Therapy (Japanese Association of Behavior Therapy)   35 ( 3 ) 245 - 255  2009.09  [Refereed]

    DOI

  • Characteristics of Social Anxiety in Japanese Youth: The Applicatien of Social Phobia and Anxiety Inventory for Children (SPAI-C)

    Sasagawa, Satoko, Takahashi, Fumito, Sato, Hiroshi, Akamatsu, Aki, Shimada, Hironori, Nomura, Shinobu

    Japanese Journal of Psychosomatic Medicine (Japanese Society of Psychosomatic Medicine)   49 ( 8 ) 909 - 921  2009.08  [Refereed]

    DOI

  • Developmental trends in children's aggression and social problem-solving

    Takahashi,Fumito, Koseki,Shunsuke, Shimada,Hironori

    Journal of Applied Developmental Psychology (Elsevier)   30 ( 3 ) 265 - 272  2009.05  [Refereed]

     View Summary

    The purposes of this study were to clarify how social problem-solving processes develop and to identify developmentally-sensitive intervention components for children&apos;s aggression. Elementary and junior-high school Japanese students (N = 1100) from urban public schools participated in the present investigation. Their alternative thinking skills, solution evaluation, and aggressive behaviors were assessed. Results showed that age was predictive of the application of appropriate problem-solving skills to problematic situations. Alternative thinking skills predicted children&apos;s aggressive behavior across all grades. Evaluative thinking about aggression becomes predictive of aggressive behavior in children in grades 6 and above. Accordingly, traditional problem-solving training which deals with both alternative thinking and solution evaluation is likely to be effective for older children, while younger children would benefit from problem-solving skills training focused on alternative thinking. Crown Copyright (C) 2009 Published by Elsevier Inc. All rights reserved.

    DOI

  • Effects of group social skills training on reduction of depression levels: Focused on setting up appropriate target skills

    Koseki, Shunsuke, Kimura, Yasuhiro, Yamaguchi, Mami, Takahashi, Fumito, Shimada, Hironori, Sasaki, Kazuyoshi, Fujita, Tsugumichi

    Journal for the Science of Schooling (Joint Graduate School in the Science of School Education, Hyogo University of Teacher Education)   10 ( 1 ) 39 - 44  2009.03  [Refereed]

  • 認知療法による怒りのコントロール

    嶋田洋徳, 小関俊祐

    精神科(精神科編集委員会)   14 ( 2 ) 147 - 153  2009.02  [Invited]

  • Development of an Aggressive Behavior Scale for Adolescents: Sccale reliability and validity

    Takahashi, Fumito, Sato, Hiroshi, Noguchi, Miyuki, Nagasaku, Minoru, Shimada, Hironori

    Japanese Journal of Behavior Therapy (Japanese Association of Behavior Therapy)   35 ( 1 ) 53 - 66  2009.01  [Refereed]

  • 行動療法の進歩

    嶋田洋徳, 野村和孝

    心療内科(心療内科編集委員会)   12 ( 6 ) 476 - 485  2008.11  [Refereed]

  • Workplace maladjustment: Current status and furure directions

    Morimoto, Hiroshi, Shimada, Hironori

    Job Stress Research (Japan Association of Job Stress Research)   15 ( 4 ) 287 - 296  2008.10  [Refereed]

  • Development of the Menstrual Pain Vigilance and Awareness Questionnaire (M−PVAQ): Validity and reliability in female university students

    Imai, Chizuko, Imai, Shoji, Shimada, Hironori

    Japanese Journal of Psychosomatic Medicine (Japanese Society of Psychosomatic Medicine)   48 ( 9 ) 787 - 794  2008.09  [Refereed]

  • The process of recovery from traumatic experiences in college students

    Yagisawa, Asako, Niwa, Nao, Nomura, Kazutaka, Shimada, Hironori, Kamimura, Eiichi

    Japanese Journal of Traumatic Stress: Official Journal of the Japanese Society for Traumatic Stress Studies (Japanese Society for Traumatic Stress Studies)   6 ( 2 ) 191 - 199  2008.09  [Refereed]

  • Development and validation of a Japanese version of the Retrospective Self-Report of Inhibition scale

    Sasagawa, Satoko, Kanai, Yoshihiro, Chen, Junwen, Shimada, Hironori, Sakano, Yuji

    Japanese Journal of Behavior Therapy (Japanese Association of Behavior Therapy)   34 ( 3 ) 285 - 295  2008.09  [Refereed]

  • ストレスの主観評価

    嶋田洋徳, 津村秀樹

    Bio Industry(シーエムシー出版)   25 ( 6 ) 27 - 34  2008.06  [Refereed]

  • Cognitive error and self-reports of social skills and social anxiety in children

    Kakei, Kayoko, Sato, Hiroshi, Ishikawa, Shin-ichi, Shimada, Hironori, Sato, Yoko

    Japanese Journal of Behavior Therapy (Japanese Association of Behavior Therapy)   34 ( 2 ) 113 - 125  2008.05  [Refereed]

  • Post-Event Processing and interpretations of social situations

    Igarashi, Yuri, Shimada, Hironori

    Japanese Journal of Behavior Therapy (Japanese Association of Behavior Therapy)   34 ( 2 ) 149 - 161  2008.05  [Refereed]

  • Development of the Pain Vigilance and Awareness Questionnaire (M-PVAQ): Validity and reliability in female university students

    Imai, Chizuko, Imai, Shoji, Shimada, Hironori

    Japanese Journal of Behavioral Medicine (Japanese Society of Behavioral Medicine)   14 ( 1 ) 15 - 20  2008.03  [Refereed]

  • 対話プロセスの数量的分析:システム機能分析を用いて

    今井正司, 今井千鶴子, 嶋田洋徳, 根建金男

    心療内科(心療内科編集委員会)   12 ( 2 ) 163 - 168  2008.03  [Refereed]

  • Effects of class-wide cognitive psychological education in the 3rd grade children: Effects on depression level and automatic thoughts

    Koseki, Shunsuke, Takahashi, Fumito, Shimada, Hironori, Sasaki, Kazuyoshi, Fujita, Tsugumichi

    Journal of Human Development and Clinical Psychology (Center for Research on Human Development and Clinical Psychology, Hyogo University of Teacher Education)   14 ( 1 ) 9 - 16  2008.03  [Refereed]

  • The relationships among perceived social support, achievement motivation and self-esteem in university students

    Niwa, Nao, Miguchi, Masahiro, Shimada, Hironori

    Waseda Journal of Clinical Psychology (Counceling Room, Faculty of Human Sciences, Waseda University)   7 ( 1 ) 69 - 79  2008.02  [Refereed]

  • The prospects of the intervention study that aimed at psychological-clinical prevention for the maladjustment in school

    Isogawa, Chiyomi, Niwa, Nao, Fujimoto, Shino, Shimada, Hironori

    Waseda Journal of Clinical Psychology (Counceling Room, Faculty of Human Sciences, Waseda University)   7 ( 1 ) 143 - 155  2008.02  [Refereed]

  • Return to work for employees who are absent form work due to mental disorder: Current status and future directions

    Morimoto, Hiroshi, Tanoue, Asuka, Nouno, Jyunko, Mizushima, Hidetoshi, Eto, Yumi, Osawa, Chihiro, Hashimoto, Rui, Matsuura, Kei, Kimura, Yasuhiro, Shimada, Hironori

    Waseda Journal of Clinical Psychology (Counceling Room, Faculty of Human Sciences, Waseda University)   7 ( 1 ) 157 - 166  2008.02  [Refereed]

  • A study on the relationship between social skills acquisition and social performance in chidren with social anxiety

    Himeno, Yaena, Shimada, Hironori

    Japanese Journal of Counceling Science (Japanese Association of Counceling Science)   41 ( 1 ) 12 - 19  2008.02  [Refereed]

  • Practical application of behavior assessment: System structural anelyses for a child with a developmental disorder

    Imai, Shoji, Imai, Chizuko, Shimada, Hironori

    Japanese Journal of Behavior Therapy (Japanese Association of Behavior Therapy)   34 ( 1 ) 1 - 15  2008.01  [Refereed]

  • The pain experience of adolescents: From the viewpoint of gender differences

    Imai, Chizuko, Imai, Shoji, Shimada, Hironori

    Journal of Japanese Society of Psychosomatic Obstetrics and Gynecology (Japanese Society of Psychosomatic Obstetrics and Gynecology)   12 ( 3 ) 474 - 480  2007.11  [Refereed]

  • Interpretation bias for other people's ambiguous behavior by individuals likely to have social anxiety disorder or taijin kyofusho

    Kanai, Yoshihiro, Sasagawa, Satoko, Chen, Junwen, Shimada, Hironori, Sakano, Yuji

    Japanese Journal of Behavior Therapy (Japanese Association of Behavior Therapy)   33 ( 2 ) 97 - 110  2007.09  [Refereed]

  • The effect of anxiety sensitivity on the pain experience of female university students

    Imai, Chizuko, Imai, Shoji, Shimada, Hironori

    Journal of Japanese Society of Psychosomatic Obstetrics and Gynecology (Japanese Society of Psychosomatic Obstetrics and Gynecology)   12 ( 2 ) 309 - 316  2007.04  [Refereed]

  • The influence of interpretative bias on state anxiety in social situations

    Igarashi, Yuri, Kinoshita, Katsuhisa, Shimada, Hironori

    Waseda Journal of Human Sciences (Faculty of Human Sciences, Waseda University)   20 ( 1 ) 1 - 20  2007.03  [Refereed]

  • Development of an Aggressive Behavior Scale and examination of its reliability and validity

    Sato, Hiroshi, Takahashi, Fumito, Sugiyama, Keiichi, Sakai, Motohiro, Shimada, Hironori

    Japanese Journal of Behavior Therapy (Japanese Association of Behavior Therapy)   33 ( 1 ) 33 - 44  2007.03  [Refereed]

  • A cognitive and behavioral intervention for depression in fifth grade children

    Koseki, Shunsuke, Shimada, Hironori, Sasaki, Kazuyoshi

    Japanese Journal of Behavior Therapy (Japanese Association of Behavior Therapy)   33 ( 1 ) 45 - 57  2007.03  [Refereed]

  • The differences between self and observer ratings of social skills in college students with shyness

    Himeno, Yaena, Osawa, Chihiro, Takahashi, Fumito, Shimada, Hironori

    Waseda Journal of Clinical Psychology (Counceling Room, Faculty of Human Sciences, Waseda University)   6 ( 1 ) 47 - 56  2007.02  [Refereed]

  • The influence of camp for children of non school attendance on mental health: Effectiveness of social interaction games

    Iida, Aya, Nozaki, Kentaro, Kawasaki, Masako, Shimada, Hironori, Kanno, Jun

    Waseda Journal of Clinical Psychology (Counceling Room, Faculty of Human Sciences, Waseda University)   6 ( 1 ) 66 - 77  2007.02  [Refereed]

  • The relationship between safety behaviors and self-focused attention with social anxiety

    Nomura, Kazutaka, Miwa, Atsuko, Igarashi, Yuri, Shimada, Hironori

    Waseda Journal of Clinical Psychology (Counceling Room, Faculty of Human Sciences, Waseda University)   6 ( 1 ) 111 - 121  2007.02  [Refereed]

  • The effects of parental role behavior on child and adolescent social anxiety

    Sasagawa, Satoko, Takahashi, Fumito, Sato, Hiroshi, Akamatsu, Aki, Shimada, Hironori, Nomura, Shinobu

    Waseda Journal of Clinical Psychology (Counceling Room, Faculty of Human Sciences, Waseda University)   6 ( 1 ) 123 - 132  2007.02  [Refereed]

  • Current status and history of studies related to theory, measurement, and intervention regarding careers

    Tanoue, Asuka, Mizushima, Hidetoshi, Takahashi, Fumito, Shimada, Hironori

    Waseda Journal of Clinical Psychology (Counceling Room, Faculty of Human Sciences, Waseda University)   6 ( 1 ) 167 - 178  2007.02  [Refereed]

  • Help-seeking behavior in families of individuals in the state of "Hikikomori"

    Nakamura, Hikaru, Iwanaga, Kanako, Sakai, Motohiro, Shimotsu, Sakie, Inoue, Atsuko, Ueda, Kenta, Shimada, Hironori, Sakano, Yuji, Kanazawa, Yoshinobu

    Japanese Journal of Mental Health (Japanese Association for Mental Health)   21 ( 2 ) 26 - 34  2006.12  [Refereed]

  • Negative and positive automatic thoughts and symptoms of depression and anxiety in childhood

    Sato, Hiroshi, Shimada, Hironori

    Japanese Journal of Behavior Therapy (Japanese Association of Behavior Therapy)   32 ( 1 ) 1 - 13  2006.03  [Refereed]

  • Development of the Japanese version of the Social Problem-Solving Inventory-Revised and examination of its reliability and validity

    Sato, Hiroshi, Takahashi, Fumito, Matsuo, Miyabi, Sakai, Motohiro, Shimada, Hironori, Chen, Junwen, Kaiya, Hisanobu, Sakano, Yuji

    Japanese Journal of Behavior Therapy (Japanese Association of Behavior Therapy)   32 ( 1 ) 15 - 30  2006.03  [Refereed]

  • Research trends in cognitive behavior therapy for depression in children

    Sato, Hiroshi, Shimada, Hironori

    Japanese Journal of Behavior Therapy (Japanese Association of Behavior Therapy)   32 ( 1 ) 31 - 44  2006.03  [Refereed]

  • The effect of stress reduction of social support to social anxiety tendency

    Koseki, Shunsuke, Shimada, Hironori, Sasaki, Kazuyoshi

    Journal of Human Development and Clinical Psychology (Center for Research on Human Development and Clinical Psychology, Hyogo University of Teacher Education)   12 ( 1 ) 33 - 42  2006.03  [Refereed]

  • Development of a training manual for leaders of stress management programs

    Kawase, Eri, Ono, Kumiko, Kaneko, Kumi, Nagao, Kenji, Shimada, Hironori

    Waseda Journal of Clinical Psychology (Counceling Room, Faculty of Human Sciences, Waseda University)   5 ( 1 ) 53 - 64  2006.02  [Refereed]

  • Reemergence due to contextual changes in operant responses of rats: ABA renewal effects and AAB renewal effects

    Nouno, Jyunko, Nagase, Eiji, Shimada, Hironori

    Waseda Journal of Clinical Psychology (Counceling Room, Faculty of Human Sciences, Waseda University)   5 ( 1 ) 99 - 109  2006.02  [Refereed]

  • Adolescent anorexia nervosa: An investigation of differences by era and region

    Tanoue, Asuka, Sakano, Yuji, Shimada, Hironori

    Waseda Journal of Clinical Psychology (Counceling Room, Faculty of Human Sciences, Waseda University)   5 ( 1 ) 111 - 118  2006.02  [Refereed]

  • The efficacy of cognitive behavioral intervention for adults with Attention-Dificit/Hyperactivity Disorder

    Miwa, Atsuko, Iida, Aya, Ogura, Yoko, Tanoue, Asuka, Ngao, Kenji, Nouno, Jyunko, Nozaki, Kentaro, Shimada, Hironori

    Waseda Journal of Clinical Psychology (Counceling Room, Faculty of Human Sciences, Waseda University)   5 ( 1 ) 119 - 131  2006.02  [Refereed]

  • Theoretical background and clinical application of attention training

    Sato, Chizuko, Imai, Shoji, Shimada, Hironori

    Waseda Journal of Clinical Psychology (Counceling Room, Faculty of Human Sciences, Waseda University)   5 ( 1 ) 133 - 141  2006.02  [Refereed]

  • The influential factors on eating disorders among female high-school students

    Ono, Kumiko, Shimada, Hironori

    Japanese Journal of Psychosomatic Medicine (Japanese Society of Psychosomatic Medicine)   45 ( 7 ) 511 - 520  2005.07  [Refereed]

  • Development of the questionnaire for subjective satisfaction about stress coping and the influence of subjective satisfaction about stress coping on stress responses

    Ono,Kumiko, Ueda,Kenta, Takahashi,Fumito, Igarashi,Yuri, Kaneko,Kumi, Akamatsu,Aki, Shimada,Hironori

    Japanese Health Psychology (Japanese Association of Health Psychology)   12 ( 1 ) 1 - 13  2005.07  [Refereed]

  • Effects of social comparison and motivation on task-specific self-efficacy

    Ono,Kumiko, Shimada,Hironori

    Japanese Health Psychology (Japanese Association of Health Psychology)   12 ( 1 ) 15 - 25  2005.07  [Refereed]

  • The effect of self-help group for parents to reduce stress responses of parents with "Hikikomori" persons

    Ueda, Kenta, Sakai, Motohiro, Sato, Hiroshi, Ishikawa, Shin-ichi, Nakamura, Hikaru, Shimada, Hironori, Sakano, Yuji

    Japanese Journal of Stress Management Research (Japan Society of Stress Management)   2 ( 1 ) 55 - 60  2005.03  [Refereed]

  • Influence of cognitive evaluation for provider of social support on the effect of stress reduction and task performance

    Koseki, Shunsuke, Shimada, Hironori, Sasaki, Kazuyoshi

    Journal of Human Development and Clinical Psychology (Center for Research on Human Development and Clinical Psychology, Hyogo University of Teacher Education)   11 ( 1 ) 63 - 72  2005.03  [Refereed]

  • Interpretative bias in social situations: Assessment of interpretative bias by video task

    Igarashi, Yuri, Shimada, Hironori

    Waseda Journal of Clinical Psychology (Counceling Room, Faculty of Human Sciences, Waseda University)   4 ( 1 ) 3 - 14  2005.02  [Refereed]

  • The influence of cognitive bias on persistence of gambling behavior

    Ono, Kumiko, Ueda, Kenta, Sato, Chizuko, Shimada, Hironori

    Waseda Journal of Clinical Psychology (Counceling Room, Faculty of Human Sciences, Waseda University)   4 ( 1 ) 57 - 67  2005.02  [Refereed]

  • Antisocial behavior of children and adolescents and its psychosocial factors

    Takahashi, Fumito, Akamatsu, Aki, Igarashi, Yuri, Kaneko, Kumi, Sato, Chizuko, Shimada, Hironori

    Waseda Journal of Clinical Psychology (Counceling Room, Faculty of Human Sciences, Waseda University)   4 ( 1 ) 89 - 97  2005.02  [Refereed]

  • Development and validation of the Japanese version of social phobia scale and social interaction anxiety scale

    Kanai, Yoshihiro, Sasagawa, Satoko, Chen, Junwen, Suzuki, Shin-ichi, Shimada, Hironori, Sakano, Yuji

    Japanese Journal of Psychosomatic Medicine (Japanese Society of Psychosomatic Medicine)   44 ( 11 ) 841 - 850  2004.11  [Refereed]

  • Development of a short fear of negative evaluation scale for Japanese using item response theory

    Sasagawa, Satoko, Kanai, Yoshihiro, Muranaka, Yasuko, Suzuki, Shin-ichi, Shimada, Hironori, Sakano, Yuji

    Japanese Journal of Behavior Therapy (Japanese Association of Behavior Therapy)   30 ( 2 ) 87 - 98  2004.09  [Refereed]

  • Influence of the cognitive evaluation of past bullied experience on the self-esteem of undergraduate students

    Inoue, Atsuko, Fukazawa, Michiko, Shimada, Hironori, Sakano, Yuji

    Waseda Journal of Clinical Psychology (Counceling Room, Faculty of Human Sciences, Waseda University)   3 ( 1 ) 15 - 25  2004.03  [Refereed]

  • Comparison of the Social Avoidance and Distress Scale (SAD) and the Liebowitz Social Anxiety Scale (LSAS) based on Item Response Theory (IRT)

    Sasagawa, Satoko, Kanai, Yoshihiro, Chen, Junwen, Shimada, Hironori, Sakano, Yuji

    Waseda Journal of Clinical Psychology (Counceling Room, Faculty of Human Sciences, Waseda University)   3 ( 1 ) 55 - 64  2004.03  [Refereed]

  • The influence of assertion behavior on eating disorder tendencies: Comparison between female high school students and female undergraduate students

    Shimada, Hironori, Ono, Kumiko

    Waseda Journal of Clinical Psychology (Counceling Room, Faculty of Human Sciences, Waseda University)   3 ( 1 ) 65 - 73  2004.03  [Refereed]

  • A study of anger attack in university students

    Sugiyama, Keiichi, Sakai, Motohiro, Chen, Junwen, Nomura, Shinobu, Shimada, Hironori, Kaiya, Hisanobu, Sakano, Yuji

    Waseda Journal of Clinical Psychology (Counceling Room, Faculty of Human Sciences, Waseda University)   3 ( 1 ) 75 - 82  2004.03  [Refereed]

  • The stress responses of parents with a person in the state of "Hikikomori"

    Ueda, Kenta, Sakai, Motohiro, Sato, Hiroshi, Ishikawa, Shin-ichi, Nakamura, Hikaru, Yamazaki, Kumiko, Shimada, Hironori, Sakano, Yuji

    Waseda Journal of Clinical Psychology (Counceling Room, Faculty of Human Sciences, Waseda University)   3 ( 1 ) 93 - 100  2004.03  [Refereed]

  • The effect of classroom-based social skills training on stress responses

    Hori, Akihito, Shimada, Hironori, Sasaki, Kazuyoshi

    Journal of Human Development and Clinical Psychology (Center for Research on Human Development and Clinical Psychology, Hyogo University of Teacher Education)   10 ( 1 ) 25 - 32  2004.03  [Refereed]

  • Coping styles and attentional bias

    Kanai, Yoshihiro, Shimada, Hironori, Sakano, Yuji

    Japanese Journal of Behavior Therapy (Japanese Association of Behavior Therapy)   29 ( 2 ) 159 - 170  2003.09  [Refereed]

  • Social skills training and psychological stress responses: Junior high school students

    Shimada, Hironori

    Japanese Journal of Behavior Therapy (Japanese Association of Behavior Therapy)   29 ( 1 ) 37 - 48  2003.03  [Refereed]

  • Item analysis of heterosocial anxiousness scale according to Item Response Theory

    Shimada, Hironori, Inoue, Kazuya, Wada, Misako

    Study of Cultural Science Studies in Humanities (Faculty of Humanities, Niigata University)   110 ( 1 ) 1 - 15  2002.12  [Refereed]

  • 長期体験合宿が児童生徒の心理的側面に及ぼす影響

    嶋田洋徳

    変動する社会における社会病理現象に関する総合的研究(新潟大学大学院現代社会文化研究科)   6 ( 1 ) 56 - 61  2002

  • The relationship between smoking intention of junior high school students and smoking behavior and the attitude of bringing up in their parents

    Otake, Keiko, Shimai, Satoshi, Shimada, Hironori

    Japanese Journal of School Health (Japanese Association of School Health)   43 ( 5 ) 426 - 434  2001.12  [Refereed]

  • Changes over time of coping behavior and stress responses

    Suzuki, Shin-ichi, Shimada, Hironori, Sakano, Yuji

    Japanese Journal of Psychology (Japanese Psychological Association)   72 ( 4 ) 290 - 297  2001.10  [Refereed]

  • Psychological stress and social support

    Shimada, Hironori

    Japanese Journal of Stress Sciences (Japanese Association of Stress Science)   16 ( 1 ) 40 - 50  2001.03  [Refereed]

  • 不登校児童生徒への初期対応について考える

    神村栄一, 嶋田洋徳

    変動する社会における社会病理現象に関する総合的研究(新潟大学大学院現代社会文化研究科)   5 ( 1 ) 37 - 43  2001

  • 中学生の保護者の地域社会参加と規範意識との関係

    嶋田洋徳, 神村栄一

    変動する社会における社会病理現象に関する総合的研究(新潟大学大学院現代社会文化研究科)   5 ( 1 ) 45 - 54  2001

  • Development of the Japanese version of the Müller Anger Coping Questionnaire (MAQ)

    Otake, Keiko, Shimai, Satoshi, Soga, Sachiko, Utsuki, Narisuke, Yamasaki, Katsuyuki, Oashi, Osamu, Sakai, Akiko, Nishi, Nobuo, Matsushima, Yumiko, Shimada, Hironori, Ando, Akihito

    Japanese Journal of Research on Emotions (Japan Society for Research on Emotions)   7 ( 1 ) 13 - 24  2000.09  [Refereed]

  • Development of the Japanese version of the Buss-Perry Aggression Questionnaire (BAQ)

    A Ando, S Soga, K Yamasaki, S Shimai, H Shimada, N Utsuki, O Oashi, A Sakai

    JAPANESE JOURNAL OF PSYCHOLOGY   70 ( 5 ) 384 - 392  1999.12  [Refereed]

     View Summary

    The Aggression Questionnaire (Buss & Ferry, 1992) has been used to investigate links between personality factors and health outcomes. We developed the Japanese version of the Buss-Perry Aggression Questionnaire (BAQ) and assessed validity and reliability of the scale. Study I (N = 1 125 college students) used a 45-item rating questionnaire measuring each of four components of aggression: Anger, Hostility, Physical Aggression, and Verbal Aggression. Four aggression subscales emerged clearly from exploratory factor analysis. Study II (N = 611 college students) used a 24-item questionnaire and replicated factor structure and factor loadings of Study 1. The scales were shown to be highly internally consistent, and stable at appropriate levels over 4-month time period. Normative data, factorial validity, and external evidence of construct, convergent, and discriminant validity for the scales were also presented.

  • Development of Self-Disclosure Scale and Its implications in health psychology

    Shimada, Hironori, Sato, Kenji

    Study of Cultural Science Studies in Humanities (Faculty of Humanities, Niigata University)   101 ( 1 ) 17 - 34  1999.12  [Refereed]

  • 教育場面における臨床心理学的研究の動向と課題:行動的アプローチを中心に

    嶋田洋徳

    教育心理学年報(日本教育心理学会)   38 ( 1 ) 120 - 129  1999.03  [Invited]

  • The investigation of effort-distress dimension in stress coping process according to high factor analysis

    Suzuki, Shin-ichi, Shimada, Hironori, Sakano, Yuji

    Stress Science Research (Public Health Research Foundation)   14 ( 1 ) 1 - 13  1999.03  [Refereed]

  • 中学生の攻撃的問題行動の発現に及ぼす学校ストレスと個人差の影響

    嶋田洋徳, 神村栄一

    都市化と社会病理現象に関する総合的研究(新潟大学大学院現代社会文化研究科)   3 ( 1 ) 93 - 97  1999

  • The effect of hardiness on occupational stress

    Umano, Rikiya, Shimada, Hironori, Sakano, Yuji

    Japanese Journal of Health Psychology (Japanese Association of Health Psychology)   11 ( 2 ) 25 - 36  1998.12  [Refereed]

  • The role of emotional and behavioral coping strategies in elementary school children

    Otake, Keiko, Shimai, Satoshi, Shimada, Hironori

    Japanese Journal of Health Psychology (Japanese Association of Health Psychology)   11 ( 2 ) 37 - 47  1998.12  [Refereed]

  • Effects of social support and self-efficacy on psychological stress responses in chronic disease patients

    Kim, Woe Sook, Shimada, Hironori, Sakano, Yuji

    Japanese Journal of Psychosomatic Medicine (Japanese Society of Psychosomatic Medicine)   38 ( 5 ) 317 - 323  1998.06  [Refereed]

  • School stress and school bullying

    Shimada, Hironori

    Journal of Educational Research in School Bullying (Center for School Education Research and Development, Faculty of School Education, Hiroshima University)   2 ( 1 ) 43 - 53  1998.03  [Refereed]

  • The comparison of causal attributional style between Japanese and Korean high school students

    Shimada, Hironori

    Study of Cultural Science Studies in Humanities (Faculty of Humanities, Niigata University)   96 ( 1 ) 1 - 16  1998.03  [Refereed]

  • Development of the short-form version of Life Style Index-J

    Suzuki, Taira, Yoda, Asako, Koshikawa, Fusako, Sugiwaka, Hiroko, Shimada, Hironori, Seto, Masahiro, Agari, Ichiro

    Japanese Journal of Health Psychology (Japanese Association of Health Psychology)   10 ( 2 ) 31 - 43  1997.12  [Refereed]

  • Development of a new psychological Stress Response Scale (SRS-18) and investigation of the reliability and the validity

    Suzuki, Shin-ichi, Shimada, Hironori, Miura, Masae, Katayanagi, Koji, Umano, Rikiya, Sakano, Yuji

    Japanese Journal of Behavioral Medicine (Japanese Society of Behavioral Medicine)   4 ( 1 ) 22 - 29  1997.12  [Refereed]

  • Attempt to develop the school maladjustment scale for elementary school children

    Togasaki, Yasuko, Akiyama, Kasumi, Shimada, Hironori, Sakano, Yuji

    Waseda Human Science Research (Graduate School of Human Sciences, Waseda University)   6 ( 1 ) 207 - 220  1997.09  [Refereed]

  • The relationship between self-efficacy on health behavior and stress responses in chronic disease patients

    Kim,Woe Sook, Shimada,Hironori, Sakano,Yuji

    Japanese Journal of Psychosomatic Medicine (Japanese Society of Psychosomatic Medicine)   1997yr ( 1 ) 90 - 95  1997.08  [Refereed]

  • Successive changes of test anxiety in junior high school students - From the viewpoint of psychological stress

    M Miura, H Shimada, Y Sakano

    JAPANESE JOURNAL OF EDUCATIONAL PSYCHOLOGY   45 ( 1 ) 31 - 40  1997.03  [Refereed]

     View Summary

    The purpose of this study was to investigate the successive changes of test anxiety in junior high school students from the viewpoint of psychological stress process. Scale on stress responses, cognitive appraisals scale, self-efficacy scale and coping scale were administered to 411 junior high school students 6 times : from 2 weeks before to 1 week after a mid-term examination. Subjects also completed the Test Anxiety Scale (TAS) to assess their trait test anxiety. According to the result of ANOVA on session, it was revealed that subjects who appraised the test as more threatening, used more coping, and exhibited higher stress responses before than after the exam. Self-efficacy scores decreased as sessions went by. Moreover, subjects who showed high TAS scores appraised the test as more threatening and important, and exhibited higher stress responses than those who showed low TAS scores. The results of this study suggested that successive change pattern of stress responses, cognitive appraisals, self-efficacy, and coping were important to understand the process of test anxiety in junior high school students.

  • Attempt to develop the school maladjustment scale for elementary school children

    Togasaki, Yasuko, Akiyama, Kasumi, Shimada, Hironori, Sakano, Yuji

    Stress Science Research (Public Health Research Foundation)   12 ( 1 ) 13 - 25  1997.03  [Refereed]

  • Psychosomatic problems after the Great Hanshin Earthquake in January 1995 (Ⅱ): Physical stress responses

    Sakano, Yuji, Shimada, Hironori, Tsujiuchi, Takuya, Ito, Katsuhito, Akabayashi, Akira, Yoshiuchi, Kazuhiro, Nomura, Shinobu, Kuboki, Tomifusa, Suematsu, Hiroyuki

    Japanese Journal of Psychosomatic Medicine (Japanese Society of Psychosomatic Medicine)   36 ( 8 ) 649 - 656  1996.12  [Refereed]

  • Psychosomatic problems after the Great Hanshin Earthquake in January 1995 (Ⅱ): Physical stress responses

    Tsujiuchi, Takuya, Yoshiuchi, Kazuhiro, Shimada, Hironori, Ito, Katsuhito, Akabayashi, Akira, Kumano, Hiroaki, Nomura, Shinobu, Kuboki, Tomifusa, Sakano, Yuji, Suematsu, Hiroyuki

    Japanese Journal of Psychosomatic Medicine (Japanese Society of Psychosomatic Medicine)   36 ( 8 ) 657 - 665  1996.12  [Refereed]

  • Developmental change of perceived availability of social support

    Shimada, Hironori

    Memoirs of the Faculty of Integrated Arts and Sciences, Hiroshima University, Ser.VI, Science reports (Faculty of Integrated Arts and Sciences, Hiroshima University)   22 ( 1 ) 115 - 128  1996.12

  • The buffering effects of acquired social skills on psychologiical school stress in elementary school children

    Shimada, Hironori, Togasaki, Yasuko, Okayasu, Takahiro, Sakano, Yuji

    Japanese Journal of Behavior Therapy (Japanese Association of Behavior Therapy)   22 ( 2 ) 9 - 20  1996.09  [Refereed]

  • The relationship between self-efficacy on health behavior and stress responses in chronic disease patients

    Kim, Woe Sook, Shimada, Hironori, Sakano, Yuji

    Japanese Journal of Psychosomatic Medicine (Japanese Society of Psychosomatic Medicine)   36 ( 6 ) 499 - 505  1996.08  [Refereed]

  • Effects of cognitive appraisal for school stressors on stress coping and stress responses in elementary school children

    Shimada, Hironori, Miura, Masae, Sakano, Yuji, Agari, Ichiro

    Japanese Journal of Counceling Science (Japanese Association of Counceling Science)   29 ( 2 ) 89 - 96  1996.08  [Refereed]

  • Alleviation effects of self-efficacy on psychological stress in junior high school students

    Shimada, Hironori

    Waseda Human Science Research (Graduate School of Human Sciences, Waseda University)   5 ( 1 ) 55 - 68  1996.07  [Refereed]

  • Investigation of statistical evaluation of outliers in data analysis

    Suzuki, Shin-ichi, Sato, Kenji, Tomiie, Tadadki, Shimada, Hironori, Sakano, Yuji

    Waseda Human Science Research (Graduate School of Human Sciences, Waseda University)   5 ( 1 ) 279 - 291  1996.07  [Refereed]

  • A review on cognitive variables in cognitive behavior therapy

    Sakano, Yuji, Suzuki, Shin-ichi, Asano, Keiko, Ebihara, Yuka, Kobayashi, Mizuki, Shimada, Hironori

    Waseda Studies in Human Sciences (School of Human Sciences, Waseda University)   9 ( 1 ) 143 - 162  1996.03  [Refereed]

  • An investigation of expression level of psychological stress responses according to the item response theory

    Suzuki, Shin-ichi, Shimada, Hironori, Sakano, Yuji

    Stress Science Research (Public Health Research Foundation)   11 ( 1 ) 1 - 10  1996.03  [Refereed]

  • Enhancement of tolerance to psychological stress in children

    Shimada,Hironori, Sakano,Yuji

    Proceedings International Conference on Stress Management Education (International Conference on Stress Management Education)   1996yr ( 1 ) 29 - 36  1996.01  [Refereed]

  • 大震災と心的外傷後ストレス障害(PTSD)

    坂野雄二, 嶋田洋徳

    心身医療(心身医療研究会)   7 ( 12 ) 1584 - 1588  1995.12

  • A study of the construction of a casual model for school stress in elementary school children

    Shimada, Hironori, Sakano, Yuji, Agari, Ichiro

    Waseda Human Science Research (Graduate School of Human Sciences, Waseda University)   4 ( 1 ) 53 - 68  1995.06  [Refereed]

  • Recent trends of research on stress management

    Sakano, Yuji, Oshima, Noriko, Tomiie, Tadaaki, Shimada, Hironori, Akiyama, Kasumi, Matsumoto, Satoko

    Waseda Studies in Human Sciences (School of Human Sciences, Waseda University)   8 ( 1 ) 121 - 141  1995.04  [Refereed]

  • The relationship between difficulty of social skills and stress responses in elementary school children

    Shimada, Hironori, Akiyama, Kasumi, Togasaki, Yasuko, Sakano, Yuji

    Stress Science Research (Public Health Research Foundation)   10 ( 1 ) 1 - 12  1995.03  [Refereed]

  • The effects of social support on stress coping in junior high school students

    Miura, Masae, Shimada, Hironori, Sakano, Yuji

    Stress Science Research (Public Health Research Foundation)   10 ( 1 ) 13 - 24  1995.03  [Refereed]

  • Development of stress response scale for children

    Shimada, Hironori, Togasaki, Yasuko, Sakano, Yuji

    Japanese Journal of Health Psychology (Japanese Association of Health Psychology)   7 ( 2 ) 46 - 58  1994.12  [Refereed]

  • 児童生徒の心理的ストレスと学校不適応の指導に関する研究:小,中,高校生を対象として

    坂野雄二, 嶋田洋徳, 岡安孝弘

    研究助成論文集(安田生命社会事業団)   29 ( 2 ) 65 - 74  1994.11

  • The effect of cognitive appraisal for psychological stressors on stress coping in in junior high school students

    Sakano, Yuji, Miura, Masae, Shimada, Hironori

    Journal of Human Sciences (Advanced Research Center for Human Sciences, Waseda University)   7 ( 1 ) 5 - 13  1994.07  [Refereed]

  • The Relationship among stress coping with automatic thoughts, state anxiety and depressive symptom in college students

    Kodama, Masahisa, Katayanagi, Koji, Shimada, Hironori, Sakano, Yuji

    Journal of Human Sciences (Advanced Research Center for Human Sciences, Waseda University)   7 ( 1 ) 14 - 26  1994.07  [Refereed]

  • The relationship between appraisal of life stress and social anxiety in college students

    Sakano, Yuji, Shimada, Hironori, Kubo, Yoshio, Fukashiro, Kazunobu

    Journal of Human Sciences (Advanced Research Center for Human Sciences, Waseda University)   7 ( 1 ) 27 - 36  1994.07  [Refereed]

  • Development of irrational belief scale (JIBT-20)

    Mori, Haruko, Hasegawa, Kouichi, Ishikuma, Toshinori, Shimada, Hironori, Sakano, Yuji

    Waseda Studies in Human Sciences (School of Human Sciences, Waseda University)   3 ( 1 ) 43 - 58  1994.06  [Refereed]

  • An investigation of the validity of the general self-efficacy scale (GSES) according to item response theory

    Shimada, Hironori, Asai, Kuniji, Sakano, Yuji, Agari, Ichiro

    Waseda Studies in Human Sciences (School of Human Sciences, Waseda University)   3 ( 1 ) 77 - 90  1994.06  [Refereed]

  • The effect of individual differences in cognitive responses on psychological stress responses in senior high school students

    Sakano, Yuji, Shimada, Hironori, Miura, Masae, Mori, Haruko, Oda, Mihoko, Saruwatari, Sueharu

    Waseda Studies in Human Sciences (School of Human Sciences, Waseda University)   7 ( 1 ) 75 - 90  1994.03  [Refereed]

  • Research on type A behavior pattern in the US and Japan: Recent trends and problems

    Sakano, Yuji, Seto, Masahiro, Shimada, Hironori, Hasegawa, Naoko

    Waseda Studies in Human Sciences (School of Human Sciences, Waseda University)   7 ( 1 ) 167 - 185  1994.03  [Refereed]

  • Development of the short-form Marlowe-Crowne's social desirability scale for Japanese population

    Kamimura, Eiichi, Shimada, Hironori

    Stress Science Research (Public Health Research Foundation)   9 ( 1 ) 7 - 18  1994.03  [Refereed]

  • Alleviation effects of social support on school stress in junior high school students

    Okayasu, Takahiro, Shimada, Hironori, Sakano, Yuji

    Japanese Journal of Educational Psychology (Japanese Association of Educational Psychology)   41 ( 3 ) 302 - 312  1993.12  [Refereed]

  • Psychological stress and coping processes in elementary school children: The relationship between perceived social support and stress response

    Shimada, Hironori

    Waseda Human Science Research (Graduate School of Human Sciences, Waseda University)   2 ( 1 ) 27 - 44  1993.05  [Refereed]

  • Measurements of stress responses in psychosocial stress research

    Okayasu, Takahiro, Katayanagi, Koji, Shimada, Hironori, Kubo, Yoshio, Sakano, Yuji

    Waseda Studies in Human Sciences (School of Human Sciences, Waseda University)   6 ( 1 ) 125 - 134  1993.03  [Refereed]

  • Development of the perceived social support scalefor elementary school children (short-form)

    Shimada, Hironori, Okayasu, Takahiro, Sakano, Yuji

    Stress Science Research (Public Health Research Foundation)   8 ( 1 ) 1 - 12  1993.03  [Refereed]

  • Measurements of stress responses in psychosocial stress research

    Okayasu, Takahiro, Katayanagi, Koji, Shimada, Hironori, Kubo, Yoshio, Sakano, Yuji

    Stress Science Research (Public Health Research Foundation)   8 ( 1 ) 13 - 23  1993.03  [Refereed]

  • THE RELATIONSHIP BETWEEN EVALUATION OF SCHOOL STRESSORS AND STRESS RESPONSES IN JUNIOR-HIGH-SCHOOL STUDENTS

    T OKAYASU, H SHIMADA, Y NIWA, T MORI, N YATOMI

    JAPANESE JOURNAL OF PSYCHOLOGY   63 ( 5 ) 310 - 318  1992.12  [Refereed]

     View Summary

    The purpose of this study is to develop a school stressor scale from the events experienced frequently by junior high school students in their daily school life, and to examine the relationship between school stressors and stress responses. In study 1, factor analysis of data by 552 students revealed four main factors ''teacher'', ''friend'', ''club activity'', and ''study'', which were extracted from initial set of 72 items. In study II, factor analysis of 50 items, of which 39 items were extracted in study I, and 11 new items of free-description type, of data by 622 students, revealed that main stressors in junior high school were following six, ''teacher'', ''friend'', ''club activity'', ''study'', ''rule'', and ''official activity''. Furthermore, multiple regression analyses revealed that ''friend'' strikingly correlated with ''depressive-anxious emotion'' and ''study'' did with '' cognition-thought of helplessness''.

  • The relationship between psychological stress and the learning motivation in elementary school children

    Shimada, Hironori, Okayasu, Takahiro, Sakano, Yuji

    Japanese Journal of Health Psychology (Japanese Association of Health Psychology)   5 ( 1 ) 7 - 19  1992.06  [Refereed]

  • Development of stress response scale for junior high school students

    Okayasu, Takahiro, Shimada, Hironori, Sakano, Yuji

    Waseda Studies in Human Sciences (School of Human Sciences, Waseda University)   5 ( 1 ) 23 - 29  1992.03  [Refereed]

  • Recent trend of studies on psychological stress: On measuring stressors in school

    Okayasu, Takahiro, Shimada, Hironori, Kamimura, Eiichi, Yamano, Miki, Sakano, Yuji

    Waseda Studies in Human Sciences (School of Human Sciences, Waseda University)   5 ( 1 ) 149 - 158  1992.03  [Refereed]

  • Recent trend and development of experimental researches on the relationship between cognitive coping and fear-anxiety response

    Kamimura, Eiichi, Yamano, Miki, Takahiro Okayasu, Shimada, Hironori, Sakano, Yuji

    Waseda Studies in Human Sciences (School of Human Sciences, Waseda University)   5 ( 1 ) 159 - 170  1992.03  [Refereed]

▼display all

Books and Other Publications

  • 学校で活かす認知行動療法

    嶋田洋徳( Part: Sole author)

    ほんの森出版  2021.10 ISBN: 9784866141237

  • 自立活動の視点に基づく高校通級指導プログラム:認知行動療法を活用した特別支援教育

    嶋田洋徳, 小関俊祐, 髙田久美子, 嶋田洋徳( Part: Edit)

    金子書房  2020.02 ISBN: 9784760826766

  • 認知行動療法事典

    嶋田洋徳, 日本認知, 行動療法学会( Part: Edit)

    丸善出版  2019.08 ISBN: 9784621303825

  • 集団認知行動療法の理論と実際

    嶋田洋徳, 野村和孝, 津村秀樹

    金子書房  2018.08 ISBN: 9784760826674

  • 性犯罪者への治療的・教育的アプローチ

    門本泉, 嶋田洋徳( Part: Joint editor)

    金剛出版  2017.09 ISBN: 9784772415804

  • 60のケースから学ぶ認知行動療法

    東條光彦, 大河内浩人, 嶋田洋徳, 鈴木伸一, 金井嘉宏( Part: Joint editor)

    北大路書房  2012.12 ISBN: 9784762827891

  • 司法・犯罪心理学

    嶋田洋徳, 浅見祐香( Part: Contributor)

    講談社サイエンティフィック  2022.05

  • 実践!健康心理学:シナリオで学ぶ健康増進と疾病予防

    嶋田洋徳( Part: Contributor)

    北大路書房  2022.04

  • 司法・犯罪心理学

    嶋田洋徳, 浅見祐香( Part: Contributor)

    ミネルヴァ書房  2022.04

  • 現代の臨床心理学3:臨床心理介入法

    嶋田洋徳, 野村和孝( Part: Contributor)

    東京大学出版会  2021.12 ISBN: 9784130151733

  • もう一歩上を目指す人のための集団認知行動療法治療者マニュアル

    嶋田洋徳, 浅見祐香( Part: Contributor)

    金剛出版  2021.06 ISBN: 9784772418324

  • 社会福祉学習双書2021:心理学と心理的支援

    社会福祉学習双書編集委員会, 嶋田洋徳( Part: Contributor)

    全国社会福祉協議会  2020.12 ISBN: 9784793513619

  • 公認心理師必携テキスト改訂第2版

    嶋田洋徳, 田部井三貴, 福島哲夫, 尾久裕紀, 山蔦圭輔, 本田周二, 望月聡( Part: Contributor)

    学研メディカル秀潤社  2020.04 ISBN: 9784780913729

  • 第2回公認心理師試験問題解説

    嶋田洋徳( Part: Contributor)

    学研メディカル秀潤社  2020.03 ISBN: 9784780913736

  • 健康心理学事典

    日本健康心理学会( Part: Edit)

    丸善出版  2019.10 ISBN: 9784621303764

  • 公認心理師国試必須センテンス

    嶋田洋徳( Part: Contributor)

    学研メディカル秀潤社  2018.06 ISBN: 9784780913330

  • 公認心理師必携テキスト

    嶋田洋徳, 田部井三貴, 福島哲夫, 尾久裕紀, 山蔦圭輔, 本田周二, 望月聡( Part: Contributor)

    学研メディカル秀潤社  2018.04 ISBN: 9784780912920

  • 地域におけるひきこもり支援ガイドブック:長期高年齢化による生活困窮を防ぐ

    野中俊介, 境泉洋, 嶋田洋徳( Part: Contributor)

    金剛出版  2017.10 ISBN: 9784772415828

  • 健康心理学:シリーズ心理学と仕事12

    嶋田洋徳, 石垣久美子, 尾棹万純( Part: Contributor)

    北大路書房  2017.09 ISBN: 9784762829956

  • マイ・ライフ・デザイン:自立へのナビゲーション

    嶋田洋徳, 根本豊, 石垣久美子( Part: Joint author)

    東京都教育委員会  2017.03

  • 公認心理師必携 精神医療・臨床心理の知識と技法

    嶋田洋徳, 下山晴彦, 中嶋義文, 鈴木伸一, 花村温子, 滝沢龍( Part: Contributor)

    医学書院  2016.09 ISBN: 9784260027991

  • 児童心理学の進歩[2016年版]

    嶋田洋徳, 石垣久美子, 日本児童研究所, 監, 稲垣佳世子, 河合優年, 斉藤こずゑ, 高橋恵子, 高橋知音, 山祐嗣( Part: Contributor)

    金子書房  2016.06 ISBN: 9784760899562

  • 行動医学テキスト

    佐藤友哉, 嶋田洋徳, 行動医学( Part: Contributor)

    中外医学社  2015.10 ISBN: 9784498048287

  • ヒューマンインタフェースのための計測と制御(普及版)

    嶋田洋徳, 津村秀樹( Part: Joint author)

    シーエムシー出版  2014.11 ISBN: 9784781309064

  • 誠信心理学辞典[新版]

    嶋田洋徳( Part: Contributor)

    誠信書房  2014.09 ISBN: 9784414305074

  • 認知行動療法とブリーフセラピーの接点

    嶋田洋徳, 津川秀夫, 大野裕史( Part: Contributor)

    日本評論社  2014.04 ISBN: 9784535983922

  • 新版心理学事典

    嶋田洋徳, 藤永保, 監, 内田伸子, 繁枡算男, 杉山憲( Part: Contributor)

    平凡社  2013.12 ISBN: 9784582106039

  • 関係フレーム理論(RFT)をまなぶ:言語行動理論・ACT入門

    嶋田洋徳, 藤田彩香, 佐藤友哉, 山本淳一, 監修,武藤崇, 熊野宏昭( Part: Joint translator)

    星和書店  2013.12 ISBN: 9784791108626

  • 子ども問題事典

    嶋田洋徳, 蓑崎浩史, 日本子ども社会学会研究刊行委員会( Part: Contributor)

    ハーベスト社  2013.07 ISBN: 9784863390454

  • 心理学教育の視点とスキル

    嶋田洋徳, 日本心理学会心理学教育研究会

    ナカニシヤ出版  2012.12 ISBN: 9784779505065

  • よくわかる健康心理学

    嶋田洋徳, 石川利江, 森和代, 茂木俊彦

    ミネルヴァ書房  2012.08 ISBN: 9784623061570

  • 社会福祉学習双書:学びを深める福祉キーワード集

    嶋田洋徳, 社会福祉法人全国社会福祉協議会社会福祉学習双書編集委員会

    全国社会福祉協議会  2011.12 ISBN: 9784793510434

  • 日常生活・災害ストレスマネジメント教育:教師とカウンセラーのためのガイドブック

    嶋田洋徳, 石垣久美子, 竹中晃二, 冨永良喜

    サンライフ企画  2011.09 ISBN: 9784904011379

  • 心理臨床学事典

    嶋田洋徳, 理臨床学

    丸善出版  2011.08 ISBN: 9784621084083

  • 認知行動療法家のためのACTガイドブック

    武藤崇, 嶋田洋徳

    星和書店  2011.08 ISBN: 9784791107827

  • ストレス科学事典

    嶋田洋徳, 日本ストレス学会, パブリックヘルスリサーチ

    実務教育出版  2011.06 ISBN: 9784788960848

  • 認知行動療法事典

    嶋田洋徳, 他(内山喜久雄, 大野裕, 久保木富房, 坂野雄二, 沢宮容子, 富家直明( Part: Joint translator)

    日本評論社  2010.12 ISBN: 9784535982796

  • 性犯罪の行動科学:発生と再発の抑止に向けた学際的アプローチ

    嶋田洋徳, 田口真二, 平伸二, 池田稔, 桐生正幸

    北大路書房  2010.09 ISBN: 9784762827273

  • アクティブ・チャイルド60min.:子どもの身体活動ガイドライン

    嶋田洋徳, 津村秀樹

    サンライフ企画  2010.04 ISBN: 9784904011249

  • 中学・高校で使える人間関係スキルアップ・ワークシート:ストレスマネジメント教育で不登校生徒も変わった!

    嶋田洋徳, 坂井秀敏, 菅野純, 山崎茂雄

    学事出版  2010.03 ISBN: 9784761917326

  • ストレス百科事典

    嶋田洋徳, ストレス百科事典翻訳刊行委員会

    丸善  2009.12 ISBN: 9784621081112

  • ズバッと解決ファイル:達人と学ぶ!特別支援教育・教育相談のコツ

    嶋田洋徳

    金子書房  2009.10 ISBN: 9784760823475

  • 現代心理学入門:進化と文化のクロスロード

    嶋田洋徳, 西本武彦, 大藪泰, 福澤一吉, 越川房子

    川島書店  2009.05 ISBN: 9784761008512

  • ヒューマンインターフェースのための計測と制御

    嶋田洋徳, 津村秀樹

    シーエムシー出版  2009.03 ISBN: 9784781300894

  • 社会福祉学習双書:心理学

    嶋田洋徳, 社会福祉協議会

    全国社会福祉協議会出版部  2009.03 ISBN: 9784793509674

  • 新たな地平を拓く研究者たち:飛躍する「早稲田大学」の研究活動

    嶋田洋徳, 日経, 企画大学取材班

    日経BP企画  2008.12 ISBN: 9784861303784

  • カウンセリング心理学事典

    嶋田洋徳, 田上明日香

    誠信書房  2008.11 ISBN: 9784414305111

  • 認知行動療法の技法と臨床

    嶋田洋徳, 内山喜久雄, 坂野雄二

    日本評論社  2008.10 ISBN: 9784535982789

  • 「健康福祉」人間科学

    嶋田洋徳, 中島義明, 木村一郎

    朝倉書店  2008.06 ISBN: 9784254505283

  • ストレスの科学と健康

    嶋田洋徳

    共立出版  2008.01 ISBN: 9784320061590

  • PSI(Public Health Research Foundation Type Stress Inventory)マニュアル:小学生用・中学生用・高校生用

    坂野雄二, 岡安孝弘, 嶋田洋徳

    実務教育出版  2007.01

  • 実践!ソーシャルスキル教育:中学校

    嶋田洋徳, 相川充, 佐藤正二

    図書文化  2006.11 ISBN: 4810064832

  • 不安障害の臨床心理学

    嶋田洋徳, 坂野雄二, 丹野義彦, 杉浦義典

    東京大学出版会  2006.09 ISBN: 4130111205

  • 対人関係と適応の心理学:ストレス対処の理論と実践

    嶋田洋徳, 五十嵐友里, 谷口弘一, 福岡欣治

    北大路書房  2006.09 ISBN: 4762825271

  • 教育評価辞典

    嶋田洋徳, 辰野千尋, 石田恒好, 北尾倫彦

    図書文化社  2006.06 ISBN: 4810064719

  • 健康のための心理学

    嶋田洋徳, 佐藤千鶴子

    保育出版  2006.04 ISBN: 4938795574

  • 学校におけるSST実践ガイド:子どもの社会的スキル指導

    嶋田洋徳, 佐藤正二, 佐藤容子

    金剛出版  2006.03 ISBN: 4772409068

  • 実践!ソーシャルスキル教育:小学校

    嶋田洋徳, 佐藤正二, 相川充

    図書文化社  2005.11 ISBN: 4810054586

  • 臨床心理学キーワード:補訂版

    嶋田洋徳

    有斐閣  2005.10 ISBN: 4641058695

  • 人間の許容限界事典

    嶋田洋徳, 山崎昌廣, 坂本和義, 関邦博

    朝倉書店  2005.10 ISBN: 4254101910

  • ストレスマネジメント:「これまで」と「これから」

    嶋田洋徳, 小野久美子

    ゆまに書房  2005.09 ISBN: 4843318132

  • 「命を大切にする教育」をどう進めるか:「児童生徒の問題行動対策重点プログラム」の検討

    嶋田洋徳

    教育開発研究所  2005.05 ISBN: 4873809045

  • 新・心理学の基礎知識

    嶋田洋徳, 中島義明, 繁桝算男, 箱田裕司

    有斐閣  2005.01 ISBN: 4641183112

  • 学校,職場,地域におけるストレスマネジメント実践マニュアル

    嶋田洋徳, 嶋田洋徳, 鈴木伸一

    北大路書房  2004.09 ISBN: 4762824089

  • メンタルヘルス導入・展開の完全マニュアル

    嶋田洋徳

    フィスメック  2004.06 ISBN: 4939037320

  • <ケーススタディ>認知行動カウンセリング(現代のエスプリ別冊)

    嶋田洋徳, 内山喜久雄, 上田雅夫

    至文堂  2004.04 ISBN: 4784360344

  • ストレススケールガイドブック

    嶋田洋徳, 青木和夫, 長田久雄, 児玉昌久, 小杉正太郎, 坂野雄二

    実務教育出版  2004.02 ISBN: 478896080X

  • エビデンス・ベースト・カウンセリング(現代のエスプリ別冊)

    嶋田洋徳, 内山喜久雄, 坂野雄二

    至文堂  2004.01 ISBN: 4784360336

  • 健康教育概論

    嶋田洋徳, 康心理学

    実務教育出版  2003.09 ISBN: 478896094X

  • 心の科学

    嶋田洋徳

    北大路書房  2003.04 ISBN: 4762823112

  • セルフ・エフィカシーの臨床心理学

    嶋田洋徳, 坂野雄二, 前田基成

    北大路書房  2002.08 ISBN: 4762822639

  • 医療の行動科学 II:医療行動科学のためのカレント・トピックス

    嶋田洋徳

    北大路書房  2002.07 ISBN: 4762822590

  • 攻撃性の行動科学:発達・教育編

    嶋田洋徳, 戸ヶ崎泰子, 吉川由香, 山崎勝之, 島井哲志

    ナカニシヤ出版  2002.06 ISBN: 4888486743

  • 健康心理アセスメント概論

    嶋田洋徳, 康心理学

    実務教育出版  2002.06 ISBN: 4788960923

  • 現代カウンセリング事典

    嶋田洋徳

    金子書房  2001.12 ISBN: 4760823026

  • たばこ:ホントの常識

    嶋田洋徳, 原一雄, 春日齋, 岡本勝, 訳

    山愛書院  2001.08 ISBN: 4434012568

  • 学習性無力感:パーソナル・コントロールの時代をひらく理論

    嶋田洋徳

    二瓶社  2000.07 ISBN: 4931199690

  • イライラのマネジメント:ストレスとつきあうためのセルフ・ヘルプガイド

    島井哲志, 嶋田洋徳

    法研  2000.05

  • 子どものパーソナリティと社会性の発達:測定尺度つき

    嶋田洋徳, 三浦正江, 堀野緑, 濱口佳和, 宮下一博

    北大路書房  2000.05 ISBN: 4762821802

  • 教育相談學

    嶋田洋徳

    教育科学社  2000.03 ISBN: 8982873902

  • 臨床心理学キーワード

    嶋田洋徳

    有斐閣  2000.03 ISBN: 4641058695

  • 人はなぜ人を恐れるか:対人恐怖と社会恐怖

    嶋田洋徳, 坂野雄二, 不安, 抑うつ臨床研究会

    日本評論社  2000.02 ISBN: 4535561486

  • 実践入門教育カウンセリング:学校で生かすカウンセリングの理論と技法

    嶋田洋徳

    川島書店  1999.11 ISBN: 4761007117

  • 教育相談重要用語300の基礎知識

    嶋田洋徳, 鑪幹八郎, 一丸藤太郎, 鈴木康之

    明治図書  1999.08 ISBN: 4180266113

  • スクールカウンセラー事例ファイル3:情動・行動障害

    嶋田洋徳

    福村出版  1999.06 ISBN: 4571245238

  • 小中学生の心理的ストレスと学校不適応に関する研究

    嶋田洋徳

    風間書房  1998.12 ISBN: 475991112X

  • 健康心理学辞典

    嶋田洋徳, 康心理学

    実務教育出版  1997.10 ISBN: 4788960753

  • 子どものためのストレス・マネジメント教育:対症療法から予防措置への転換

    嶋田洋徳

    北大路書房  1997.01 ISBN: 4762820628

  • 臨床教育相談学

    嶋田洋徳

    金子書房  1996.12 ISBN: 4760838074

  • 「喫煙」ホントの常識:ある医者の視点から

    嶋田洋徳, 原一雄, 春日齋, 訳

    たばこ総合研究センター  1996.05

▼display all

Misc

  • 大規模災害以降に顕在化しうる心理社会的困難への集団認知行動療法

    小関俊祐, 嶋田洋徳

    日本心理医療諸学会連合第33回大会プログラム・抄録集     5  2022.03

    Other  

  • 長期的結果とのバランスを考えよう

    堀川柚, 嶋田洋徳

    ストレス&ヘルスケア   ( 242 ) 7 - 7  2021.10

    Article, review, commentary, editorial, etc. (trade magazine, newspaper, online media)  

  • コーピングの機能を調べよう

    森石千尋, 嶋田洋徳

    ストレス&ヘルスケア   ( 241 ) 7 - 7  2021.07

  • コーピングレパートリーを増やそう

    浅見祐香, 嶋田洋徳

    ストレス&ヘルスケア   ( 240 ) 7 - 7  2021.04

    Article, review, commentary, editorial, etc. (trade magazine, newspaper, online media)  

  • メディアや広告に関わる自制心および感情調整能力強化のためのプログラム(教師用マニュアル)

    竹中晃二, 保崎則雄, 嶋田洋徳, 大須理英子, 松井智子

    早稲田大学人間科学総合研究センター研究プロジェクト「児童・生徒を対象としたメディア・エンパワメントの強化」     1 - 6  2021.03

    Internal/External technical report, pre-print, etc.  

  • 児童・生徒を対象としたメディア・エンパワメント強化

    竹中晃二, 保崎則雄, 嶋田洋徳, 大須理英子, 松井智子

    2020年度早稲田大学人間総合研究センター研究プロジェクト報告書     1 - 44  2021.03

    Meeting report  

  • 性犯罪再犯防止指導(R3)への期待:認知行動療法の立場から

    嶋田洋徳

    刑政(矯正協会)   131 ( 12 ) 12 - 21  2020.12

    Internal/External technical report, pre-print, etc.  

  • 性犯罪者の理解と処遇(任用研修課程高等科第52回研修)

    嶋田洋徳

    法務省矯正研修所(CD-ROM)    2020.11

    Internal/External technical report, pre-print, etc.  

  • 司法・犯罪心理学

    浅見祐香, 嶋田洋徳, 田部井三貴

    公認心理師(協同出版)   1 ( 3 ) 44 - 51  2020.11

    Article, review, commentary, editorial, etc. (trade magazine, newspaper, online media)  

  • 認知行動療法の基礎

    嶋田洋徳

    更生保護(日本更生保護協会)   71 ( 9 ) 12 - 17  2020.09

    Internal/External technical report, pre-print, etc.  

  • 「公認心理師と認知行動療法」の特集にあたって

    嶋田洋徳

    認知行動療法研究(日本認知・行動療法学会)   46 ( 2 ) 47 - 48  2020.05

    Article, review, commentary, editorial, etc. (scientific journal)  

  • 健康福祉科学科行動臨床心理学研究室

    嶋田洋徳

    人間科学研究(早稲田大学人間科学学術院)   33 ( 1 ) 75 - 76  2020.03

    Article, review, commentary, editorial, etc. (bulletin of university, research institution)  

  • 認知行動療法を活用した積極的な生徒指導の進め方:相互随伴性に基づいた教員研修会の実施による教師にもやさしい生徒指導技術の獲得

    三村尚志, 嶋田洋徳

    令和元年度埼玉県長期研修教員(生徒指導等)研究成果報告書     1 - 90  2020.03

    Internal/External technical report, pre-print, etc.  

  • BAQ 日本版 Buss-Perry 攻撃性質問紙 Buss-Perry Aggression Questionnaire

    安藤明人, 曽我祥子, 山崎勝之, 島井哲志, 嶋田洋徳, 宇津木成介, 大芦治, 坂井明子

    三京房    2019.03

    Other  

  • 実践入門!学校における認知行動療法:第24回:学校の主流型支援と認知行動療法型支援の比較・整理

    嶋田洋徳

    月刊学校教育相談(ほんの森出版)   33 ( 4 ) 49 - 53  2019.03

    Article, review, commentary, editorial, etc. (trade magazine, newspaper, online media)  

  • 実践入門!学校における認知行動療法:第23回:さまざまな学校行事等を適応支援に活用する

    嶋田洋徳

    月刊学校教育相談(ほんの森出版)   33 ( 3 ) 50 - 53  2019.02

    Article, review, commentary, editorial, etc. (trade magazine, newspaper, online media)  

  • 実践入門!学校における認知行動療法:第22回:児童生徒の理解にモニタリング記録を活用する

    嶋田洋徳

    月刊学校教育相談(ほんの森出版)   33 ( 1 ) 50 - 53  2019.01

    Article, review, commentary, editorial, etc. (trade magazine, newspaper, online media)  

  • 実践入門!学校における認知行動療法:第21回:学校の「ニーズ」にどのように応えるのか

    嶋田洋徳

    月刊学校教育相談(ほんの森出版)   32 ( 14 ) 50 - 53  2018.12

    Article, review, commentary, editorial, etc. (trade magazine, newspaper, online media)  

  • 実践入門!学校における認知行動療法:第20回:学校の中で心理職の専門性を発揮する

    嶋田洋徳

    月刊学校教育相談(ほんの森出版)   32 ( 13 ) 48 - 51  2018.11

    Article, review, commentary, editorial, etc. (trade magazine, newspaper, online media)  

  • 実践入門!学校における認知行動療法:第19回:ストレスマネジメント教育を活用する

    嶋田洋徳

    月刊学校教育相談(ほんの森出版)   32 ( 12 ) 50 - 53  2018.10

    Article, review, commentary, editorial, etc. (trade magazine, newspaper, online media)  

  • 実践入門!学校における認知行動療法:第18回:保護者と学校の関係性への支援

    嶋田洋徳

    月刊学校教育相談(ほんの森出版)   32 ( 11 ) 50 - 53  2018.09

    Article, review, commentary, editorial, etc. (trade magazine, newspaper, online media)  

  • 実践入門!学校における認知行動療法:第17回:相談室活用の素地づくり

    嶋田洋徳

    月刊学校教育相談(ほんの森出版)   32 ( 10 ) 46 - 50  2018.08

    Article, review, commentary, editorial, etc. (trade magazine, newspaper, online media)  

  • 実践入門!学校における認知行動療法:第16回:学校内の行動コンサルテーション

    嶋田洋徳

    月刊学校教育相談(ほんの森出版)   32 ( 8 ) 50 - 53  2018.07

    Article, review, commentary, editorial, etc. (trade magazine, newspaper, online media)  

  • ひきこもり支援

    野中 俊介, 嶋田 洋徳

    臨床心理学(金剛出版)   18 ( 4 ) 464 - 465  2018.07

  • 実践入門!学校における認知行動療法:第15回:「チーム」づくりと認知行動療法

    嶋田洋徳

    月刊学校教育相談(ほんの森出版)   32 ( 7 ) 48 - 51  2018.06

    Article, review, commentary, editorial, etc. (trade magazine, newspaper, online media)  

  • 実践入門!学校における認知行動療法:第14回:いわゆる「生徒指導」に認知行動療法を用いる

    嶋田洋徳

    月刊学校教育相談(ほんの森出版)   32 ( 6 ) 48 - 51  2018.05

    Article, review, commentary, editorial, etc. (trade magazine, newspaper, online media)  

  • 実践入門!学校における認知行動療法:第13回:学校の中における適応支援の提案のコツ

    嶋田洋徳

    月刊学校教育相談(ほんの森出版)   32 ( 5 ) 50 - 53  2018.04

    Article, review, commentary, editorial, etc. (trade magazine, newspaper, online media)  

  • 禁煙に役立つ喫煙動機の個人差に応じたアプローチ

    野中 俊介, 嶋田 洋徳

    ヘルスサイコロジスト   75   6 - 6  2018.04

  • 実践入門!学校における認知行動療法:第12回:問題解決訓練で「答えの出し方」を教える

    嶋田洋徳

    月刊学校教育相談(ほんの森出版)   32 ( 4 ) 46 - 50  2018.03

    Article, review, commentary, editorial, etc. (trade magazine, newspaper, online media)  

  • 『コーピングリレーション』:認知行動療法に基づくストレスマネジメント教育

    嶋田洋徳

    会報(石川県高等学校定時制通信制教育研究会)   44   45 - 45  2018.03

    Article, review, commentary, editorial, etc. (other)  

  • 児童の不適応状態に応じた生徒指導体制の立案:ケースフォーミュレーションに基づいた事例検討型研修会が教員の生徒指導に対する自己効力感および対処法略に及ぼす影響

    中川智晴, 嶋田洋徳

    平成29年度埼玉県生徒指導担当研修教員研修報告書     1 - 88  2018.03

    Internal/External technical report, pre-print, etc.  

  • 実践入門!学校における認知行動療法:第11回:子どもの認知の変容を試みる

    嶋田洋徳

    月刊学校教育相談(ほんの森出版)   32 ( 3 ) 48 - 52  2018.02

    Article, review, commentary, editorial, etc. (trade magazine, newspaper, online media)  

  • The studies on problems of well-being in Japanese working women: Promoting working women's health

    Mori Kazuyo, Yogo Masao, Shimada Hironori

      30 ( Special issue ) 121 - 121  2018.02

    Article, review, commentary, editorial, etc. (scientific journal)  

    DOI CiNii

  • 摂食障害に対する認知行動療法の適用を想定した基礎研究の貢献と課題:実践現場への研究知見の活用に向けて

    嶋田洋徳, 佐藤寛

    Journal of Health Psychology Research(日本健康心理学会)   30 ( Special issue ) 169 - 169  2018.02

    Article, review, commentary, editorial, etc. (scientific journal)  

    DOI

  • 実践入門!学校における認知行動療法:第10回:不安な気持ちを乗り越える:エクスポージャー

    嶋田洋徳

    月刊学校教育相談(ほんの森出版)   32 ( 1 ) 48 - 51  2018.01

    Article, review, commentary, editorial, etc. (trade magazine, newspaper, online media)  

  • 実践入門!学校における認知行動療法:第9回:認知行動療法のケース整理の視点

    嶋田洋徳

    月刊学校教育相談(ほんの森出版)   31 ( 14 ) 48 - 51  2017.12

    Article, review, commentary, editorial, etc. (trade magazine, newspaper, online media)  

  • 実践入門!学校における認知行動療法:第8回:相談室と教室の居心地のバランスを支援に活かす

    嶋田洋徳

    月刊学校教育相談(ほんの森出版)   31 ( 13 ) 46 - 49  2017.11

    Article, review, commentary, editorial, etc. (trade magazine, newspaper, online media)  

  • 実践入門!学校における認知行動療法:第7回:不適応行動は「別の行動」に置き換える

    嶋田洋徳

    月刊学校教育相談(ほんの森出版)   31 ( 12 ) 48 - 51  2017.10

    Article, review, commentary, editorial, etc. (trade magazine, newspaper, online media)  

  • 実践入門!学校における認知行動療法:第6回:もともと持っている行動レパートリーの「機能」を活かす

    嶋田洋徳

    月刊学校教育相談(ほんの森出版)   31 ( 11 ) 46 - 50  2017.09

    Article, review, commentary, editorial, etc. (trade magazine, newspaper, online media)  

  • 実践入門!学校における認知行動療法:第5回:SSTの効果をより高める

    嶋田洋徳

    月刊学校教育相談(ほんの森出版)   31 ( 10 ) 48 - 51  2017.08

    Article, review, commentary, editorial, etc. (trade magazine, newspaper, online media)  

  • 実践入門!学校における認知行動療法:第4回:認知の変容は「目標」ではなく適応促進の「手段」

    嶋田洋徳

    月刊学校教育相談(ほんの森出版)   31 ( 8 ) 48 - 51  2017.07

    Article, review, commentary, editorial, etc. (trade magazine, newspaper, online media)  

  • 今月の本棚:現代社会における子どものストレス

    嶋田洋徳

    児童心理(金子書房)   71 ( 8 ) 127 - 127  2017.06

    Article, review, commentary, editorial, etc. (trade magazine, newspaper, online media)  

  • 実践入門!学校における認知行動療法:第3回:「環境が変わると行動が変わる」を見立てに活用

    嶋田洋徳

    月刊学校教育相談(ほんの森出版)   31 ( 7 ) 46 - 50  2017.06

    Article, review, commentary, editorial, etc. (trade magazine, newspaper, online media)  

  • 実践入門!学校における認知行動療法:第2回:適応的な行動を引き出す「環境」づくり

    嶋田洋徳

    月刊学校教育相談(ほんの森出版)   31 ( 6 ) 48 - 51  2017.05

    Article, review, commentary, editorial, etc. (trade magazine, newspaper, online media)  

  • 実践入門!学校における認知行動療法:第1回:認知行動療法の事象のとらえ方

    嶋田洋徳

    月刊学校教育相談(ほんの森出版)   31 ( 5 ) 48 - 51  2017.04

    Article, review, commentary, editorial, etc. (trade magazine, newspaper, online media)  

  • 「親の学習」埼玉県家庭学習支援プログラム集

    嶋田洋徳, 和田明広, 伊地知幸子, 萩野裕佳里, 並木利美子, 山本多美子, 栗原敏枝

    埼玉県教育委員会「親の学習」埼玉県家庭学習支援プログラム集     1 - 101  2017.03

    Article, review, commentary, editorial, etc. (other)  

  • 創立10年目によせて(勁い心を育てる)

    嶋田洋徳

    東京都立稔ヶ丘高等学校創立10周年記念誌     70 - 70  2016.11

    Other  

  • 性犯罪再犯防止指導開始後10年を迎えて

    猪爪祐介, 芳賀浩二, 古根俊之, 中島良徳, 嶋田洋徳

    刑政(矯正協会)   127 ( 4 ) 38 - 57  2016.04

    Internal/External technical report, pre-print, etc.  

  • 不適応につながる学校ストレスとは

    嶋田洋徳, 野中俊介

    児童心理(金子書房)   70 ( 4 ) 58 - 62  2016.02  [Invited]

  • 学校不適応問題に対する認知行動療法の適用〜非・反社会的行動への具体的対応〜

    嶋田洋徳

    日本学校教育相談会第26回中央研修会研修会資料集(日本学校教育相談学会)     42 - 42  2016.01

  • 臨床心理学からみた「うそ」の理解

    前田駿太, 嶋田洋徳

    心理学ワールド(日本心理学会)   71 ( 1 ) 17 - 20  2015.10

    Article, review, commentary, editorial, etc. (scientific journal)  

  • 震災対策における都民等の意識調査:平成25年度

    藤森立男, 菅原健介, 嶋田洋徳, 沢崎真史, 清水裕, 永房典之

    警視庁警備心理学研究会(警視庁)     1 - 207  2014.03

    Internal/External technical report, pre-print, etc.  

  • Colloquium '12 in Shinshu Utsushigahara

    Japanese journal of behavior therapy   39 ( 3 ) 165 - 166  2013.09

    CiNii

  • ストレスは書いて減らす

    嶋田洋徳

    AERA   26 ( 17 ) 14 - 15  2013.04

    Article, review, commentary, editorial, etc. (trade magazine, newspaper, online media)  

  • よりよい人間関係を築き人間性を高める生徒指導・教育相談の推進と充実を図る研究

    中條信裕, 嶋田洋徳

    平成25年度埼玉県長期研修教員研修報告書     1 - 58  2013.03

    Internal/External technical report, pre-print, etc.  

  • 「PSI(パブリックヘルスリサーチ版ストレスインベントリー)」の特徴とその活用方法

    嶋田洋徳, 綾部直子, 生川良

    しんりけんさ(日本心理検査振興協会)   40 ( 1 ) 14 - 15  2013

  • 首都直下地震に対する都民等の意識調査

    藤森立男, 菅原健介, 嶋田洋徳, 沢崎真史, 清水裕, 永房典之

    警視庁警備心理学研究会(警視庁)     1 - 220  2013

  • 黒氏・藤井・菅野論文へのコメント

    嶋田洋徳

    臨床心理学研究(早稲田大学人間科学学術院心理相談室)   12 ( 1 ) 16 - 17  2013

  • 再犯防止に向けた認知行動療法の考え方

    嶋田洋徳, 野村和孝

    更生保護   63 ( 11 ) 20 - 23  2012.11

  • 首都直下型地震発生時における都民等の意識調査

    小熊均, 藤森立男, 菅原健介, 嶋田洋徳, 清水裕, 永房典之

    警視庁警備心理学研究会(警視庁)     1 - 310  2012

  • 食品素材の抗ストレス作用解析および集中力向上の解析

    嶋田洋徳

    早稲田大学人間総合研究センター受託研究2010-2011(平成22-23)年度研究調査報告書     1 - 208  2012

  • APEC警備に対する都民等の意識調査:平成22年度

    小熊均, 藤森立男, 菅原健介, 嶋田洋徳, 清水裕, 永房典之

    警視庁警備心理学研究会(警視庁)     1 - 420  2011

  • 青年期の強迫性障害に対する強迫観念の外在化と暴露反応妨害法

    田上明日香, 嶋田洋徳

    行動療法研究   36 ( 3 ) 252 - 252  2010.09

    Rapid communication, short report, research note, etc. (scientific journal)  

    CiNii

  • ドメスティック・バイオレンス(DV)被害者に対するソーシャルワーク的介入と認知行動療法

    伊藤大輔, 嶋田洋徳

    行動療法研究   36 ( 3 ) 250 - 250  2010.09

    Rapid communication, short report, research note, etc. (scientific journal)  

    CiNii

  • 強迫行為で社会生活(修学)が阻害されていると訴える男性のcase formulation(ポスター発表,コロキウム報告)

    杉山 雅彦, 嶋田 洋徳

    行動療法研究   36 ( 3 ) 253 - 253  2010.09

    CiNii

  • 当初の実態把握の不適切さから支援が混乱した不登校事例

    多賀谷智子, 嶋田洋徳

    行動療法研究   36 ( 3 ) 251 - 251  2010.09

    Rapid communication, short report, research note, etc. (scientific journal)  

    CiNii

  • 不登校傾向および対人関係における不安を主訴とする男子生徒への認知行動的支援の経過

    橋本塁, 嶋田洋徳

    行動療法研究   36 ( 3 ) 249 - 249  2010.09

    Rapid communication, short report, research note, etc. (scientific journal)  

    CiNii

  • 子どもの健康と適応を守る学校予防教育:「研究者専門家会議」ならびに「学校教員専門家会議」報告書

    安藤美華代, 嶋田洋徳

    鳴門教育大学予防教育科学教育研究センター(鳴門教育大学)   -   1 - 235  2010

  • 「親の学習」プログラムによる家庭教育支援の進め方の調査研究

    嶋田洋徳, 板橋充

    埼玉県立総合教育センター研究報告書(埼玉県立総合研究センター)   335 ( 1 ) 1 - 65  2010

  • 機動隊員の意識調査:警備警察の基盤強化を目指して

    小熊均, 藤森立男, 菅原健介, 嶋田洋徳, 清水裕, 永房典之

    警視庁警備心理学研究会(警視庁)   -   1 - 257  2010

  • 一人ひとりに機能するストレス・マネジメントを目指して

    嶋田洋徳

    メンタルヘルスネットワークレポート(フィスメック)   29 ( 1 ) 7 - 10  2010

  • ストレスと子どもの攻撃行動との関係

    嶋田洋徳

    児童心理(金子書房)   64 ( 17 ) 1444 - 1448  2010

  • 認知行動療法をベースとした支援を子どもに提供する意義

    嶋田洋徳

    児童心理(金子書房)   64 ( 18 ) 13 - 21  2010

  • 山口・菅野論文へのコメント:通常学級に在籍する自閉傾向がある児童の支援事例

    嶋田洋徳

    臨床心理学研究(早稲田大学人間科学学術院心理相談室)   9 ( 1 ) 32 - 33  2010

  • GSESC-R質問用紙

    福井至, 飯島政範, 小山繭子, 中山ひとみ, 小松智賀, 小田美穂子, 嶋田洋徳, 坂野雄二

    こころネット   - ( - )  2009

  • 効果的な家庭教育支援のための体系的な学習内容についての調査研究報告書

    斎藤哲瑯, 嶋田洋徳

    アド・インターフェース(平成20年度文部科学省委託事業)   -   1 - 288  2009

  • 市内小中学校の児童生徒不登校ゼロを目指した校内支援体制及び未然防止の取組について

    井上美加, 杉江純子, 石井浩美, 青木ひかり, 日和万里子, 北村さやか, 嶋田洋徳

    平成20年度埼玉県所沢市立教育センター研究員研究紀要(埼玉県所沢市立教育センター)   254 ( 1 ) 25 - 46  2009

  • コーピング・リレーションタイム授業教材(第3版)

    嶋田洋徳, 菅野純, 山崎茂雄, 五十川ちよみ, 藤本志乃, 長澤克己, 丹野恵, 小宮山みなみ

    早稲田大学人間科学学術院・東京都立稔ヶ丘高等学校   - ( - ) 1 - 88  2009

  • 危機管理(テロ等)に対する都内の意識調査:平成20年度

    小熊均, 藤森立男, 菅原健介, 嶋田洋徳, 清水裕, 永房典之

    警視庁警備心理学研究会(警視庁)   - ( - ) 1 - 410  2009

  • 児童生徒の生きる力の育成を目指したストレスマネジメント実践に関する研究

    嶋田洋徳

    平成19年度~平成20年度科学研究費補助金(基盤研究(C))研究成果報告書(早稲田大学人間科学学術院)   - ( - ) 1 - 138  2009

  • 親の学習プログラムによる家庭教育支援の進め方の調査研究(中間報告)

    嶋田洋徳, 板橋充

    埼玉県立総合教育センター研究報告書(埼玉県立総合研究センター)   324 ( 1 ) 1 - 30  2009

  • ズバッと解決ファイル:「うそ」をつく子

    嶋田洋徳

    児童心理(金子書房)   63 ( 2 ) 268 - 273  2009

  • 授業コーピング・リレーションタイム:人間関係力の育成に向けた認知行動的アプローチ

    坂井秀敏, 嶋田洋徳

    月刊生徒指導(学事出版)   39 ( 10 ) 38 - 44  2009

  • フラストレーション耐性の心理学

    小関俊祐, 嶋田洋徳

    児童心理(金子書房)   63 ( 14 ) 1307 - 1312  2009

  • 日本心理医療諸学会連合(UPM)

    嶋田洋徳

       2008.08

    Other  

  • 大学生の就職に対するプロセスの変化とその認知行動的介入方法の効果検討

    嶋田洋徳

    2007年(平成19年)度早稲田大学人間総合研究センター受託研究研究調査報告書(早稲田大学人間科学学術院)   - ( - ) 1 - 128  2008.03

  • コーピング・リレーションタイム授業教材(第2版)

    菅野純, 嶋田洋徳, 山崎茂雄, 五十川ちよみ, 村上菜々子, 藤本志乃, 山本哲也

    東京都立稔ヶ丘高等学校・早稲田大学人間科学学術院   - ( - ) 1 - 100  2008

  • 不登校の支援と理解のあり方

    嶋田洋徳

    ひこばえ(全国情緒障害教育研究協議会)   39 ( 1 ) 44 - 49  2008

  • 何が子どものメンタルヘルスを低下させているか

    嶋田洋徳

    児童心理(金子書房)   62 ( 9 ) 23 - 30  2008

  • サポーターさん,ありがとう!

    嶋田洋徳

    科学へ~!(子どもの科学教育を推進するちきゅうの会)   4 ( 1 ) 33 - 37  2007

  • ストレスマネジメントプログラムを用いた児童生徒の生きる力の育成に関する研究

    嶋田洋徳

    平成17年度~平成18年度科学研究費補助金(基盤研究(C))研究成果報告書(早稲田大学人間科学学術院)   - ( - ) 1 - 101  2007

  • コーピング・リレーションタイム授業教材(第1版)

    菅野純, 嶋田洋徳, 笹のぶえ, 鍋田修身, 小倉容子, 川崎雅子, 五十川ちよみ, 村上菜々子

    東京都立稔ヶ丘高等学校・早稲田大学人間科学学術院   - ( - ) 1 - 90  2007

  • 親の学習プログラム集

    嶋田洋徳, 吉川はる奈, 並木茂夫, 石川薫, 染谷和美, 山本三環, 福田由美子, 大井章人

    埼玉県教育委員会   - ( - ) 1 - 116  2007

  • 親の学習プログラム集の手引

    嶋田洋徳, 吉川はる奈, 並木茂夫, 山本三環, 石川薫, 大井章人, 福田由美子, 染谷和美, 永田祐子

    埼玉県教育委員会   - ( - ) 1 - 96  2007

  • ストレスに対応する力を育てる

    嶋田洋徳

    児童心理(金子書房)   61 ( 3 ) 151 - 157  2007

  • 学級集団の開発を目的とした心理教育プログラムの実際

    嶋田洋徳

    教育心理学年報(日本教育心理学会)   46 ( 1 ) 12 - 13  2007

  • 認知行動療法とは?

    嶋田洋徳

    更生保護(法務省保護局)   58 ( 4 ) 12 - 17  2007

  • ストレスの心理学

    嶋田洋徳

    指導と評価(図書文化)   53 ( 10 ) 48 - 51  2007

  • 学生生活調査報告書

    嶋田洋徳

    2006年度 第24回 学生生活調査報告書 早稲田大学学生部    2006.10

    Other  

  • 不登校の理解と支援の在り方

    嶋田洋徳

    第39回全国情緒障害教育研究協議会埼玉大会大会要項(全国情緒障害教育研究会)   39 ( 1 ) 14 - 15  2006.08

  • 教育現場における学生ボランティア活動と課題

    嶋田洋徳

    月刊学校教育相談(ほんの森出版)   20 ( 8 ) 22 - 25  2006.07  [Refereed]  [Invited]

  • 性犯罪者処遇プログラム:プログラムの基礎となる理論背景

    嶋田洋徳

    法律のひろば(ぎょうせい)   59 ( 6 ) 17 - 24  2006.06

  • 地域におけるストレスマネジメント推進のための指導者教育に関する研究

    嶋田洋徳

    平成17年度厚生労働科学研究費補助金(長寿科学総合研究事業)総括・分担研究報告書(大阪府立健康科学センター健康生活推進部)     123 - 144  2006.03

    Internal/External technical report, pre-print, etc.  

  • 所沢市における児童・生徒期の健康づくり:アンケート調査の結果を踏まえて

    嶋田洋徳

    平成17年度「健康日本21所沢市計画」策定基礎調査調査報告書(早稲田大学人間科学学術院「健康日本21所沢市計画」委員会)     25 - 44  2006.03

    Internal/External technical report, pre-print, etc.  

  • ひきこもり家族実態アンケート調査・調査結果:調査結果による各専門家による意見

    嶋田洋徳

    さいたま市議会行政研究会政務調査事業ひきこもり家族の実態に関する調査報告書(さいたま市議会ひきこもり家族調査委員会:平野祐次委員長)     46 - 46  2006.03

    Internal/External technical report, pre-print, etc.  

  • 性犯罪者処遇プログラム研究会報告書

    小畠秀吾, 角谷慶子, 嶋田洋徳, 妹尾栄一, 信田さよ子, 針間克己, 藤本哲也, 山上皓

    性犯罪者処遇プログラム研究会(法務省矯正局・保護局)     1 - 90  2006.03

    Internal/External technical report, pre-print, etc.  

  • ニート・ひきこもりの心理(ビジュアル臨床心理学入門)

    嶋田洋徳

    サン・エデュケーショナル(VHS,DVD)    2006

  • PSI:小学生用

    坂野雄二, 岡安孝弘, 嶋田洋徳

    実務教育出版    2006

    Other  

  • PSI:中学生用

    坂野雄二, 岡安孝弘, 嶋田洋徳

    実務教育出版    2006

    Other  

  • PSI:高校生用

    坂野雄二, 岡安孝弘, 嶋田洋徳

    実務教育出版    2006

    Other  

  • マルチラテラル心理学(CD-ROM)

    嶋田洋徳, 中島義明, 繁枡算男, 箱田裕司, 安藤清志, 子安増生, 坂野雄二, 立花政夫

    有斐閣    2006

    Article, review, commentary, editorial, etc. (trade magazine, newspaper, online media)  

  • 心と体のストレスをチェックしよう!

    嶋田洋徳

    科学へ~!(子どもの科学教育を推進するちきゅうの会)   2 ( 1 ) 24 - 28  2006

  • 原因をチェックして,ストレスを軽くしよう!

    嶋田洋徳

    科学へ~!(子どもの科学教育を推進するちきゅうの会)   3 ( 1 ) 45 - 49  2006

  • 子どもの健康講座:悩みごとをひとりで抱えていませんか?

    嶋田洋徳

    教育広報ところざわ   86   4 - 5  2006

  • 老人保健事業の推進のためのITを活用した地域健康づくりの推進方策と指導者教育法の確立に関する研究

    中村正和, 坂根直樹, 内藤義彦, 増居志津子, 山口幸生, 足達淑子, 嶋田洋徳, 大野ゆう子

    平成16年度~平成17年度厚生労働科学研究費補助金(長寿科学総合研究事業)総合研究報告書(大阪府立健康科学センター健康生活推進部)     1 - 27  2006

    Internal/External technical report, pre-print, etc.  

  • 児童・生徒期の健康づくり(7歳~18歳)

    嶋田洋徳

    「健康ところ21」健康日本21所沢市計画(埼玉県所沢市)     38 - 52  2006

  • スーパーサマースクール3年間の軌跡

    嶋田洋徳

    平成17年度彩の国スーパーサマースクール事業報告書(埼玉県教育委員会)     1 - 5  2006

    Internal/External technical report, pre-print, etc.  

  • ストレスマネジメント教育

    嶋田洋徳

    現代のエスプリ(至文堂)   471 ( 1 ) 142 - 147  2006

  • ソーシャルスキルトレーニング

    嶋田洋徳, 飯田綾

    現代のエスプリ(至文堂)   471 ( 1 ) 156 - 161  2006

  • イライラのマネジメント:ストレスコーピングのための指導用解説書(第2版)

    嶋田洋徳, 小野久美子, 川瀬英理, 金子久美, 小倉容子, 田上明日香, 長尾賢治

    早稲田大学人間科学学術院嶋田研究室     1 - 100  2005.12

    Rapid communication, short report, research note, etc. (bulletin of university, research institution)  

  • 学生生活調査報告書

    嶋田洋徳

    2005年度第24回学生生活調査報告書早稲田大学学生部    2005.10

    Other  

  • 「カウンセリング技法の実習3:認知行動カウンセリング」

    嶋田洋徳

    PHRFヘルスケアカウンセラー養成講座:実践コース テキスト2     19 - 32  2005.04

    Lecture material (seminar, tutorial, course, lecture, etc.)  

  • イライラのマネジメント:ストレスコーピングのための指導用解説書

    嶋田洋徳, 小野久美子, 川瀬英理, 金子久美, 長尾賢治

    早稲田大学人間科学学術院嶋田研究室     1 - 96  2005.04

    Rapid communication, short report, research note, etc. (bulletin of university, research institution)  

  • 「ひきこもり」の実態に関する調査報告書2:全国引きこもりKHJ親の会における実態

    境 泉洋, 植田健太, 中村 光, 嶋田洋徳, 金沢吉展, 坂野雄二, NPO法人全国引きこもりKHJ親の会

    志學館大学人間関係学部境研究室     1 - 96  2005.03

    Internal/External technical report, pre-print, etc.  

  • 調査研究

    嶋田洋徳, 高橋 史, 赤松亜紀, 石川信一, 佐藤 寛, 井上敦子, 沢崎俊之

    平成16年度彩の国スーパーサマースクール:事業報告書     56 - 84  2005.03

  • イライラのマネジメント:ストレスコーピングのための指導用解説CD-ROM

    嶋田洋徳, 島井哲志

    早稲田大学人間科学学術院嶋田研究室     1 - 96  2005.03

    Article, review, commentary, editorial, etc. (trade magazine, newspaper, online media)  

  • 所沢市における小・中学生の健康と心理的特徴:アンケート調査の概要

    嶋田洋徳, 赤松亜紀, 高橋史, 飯田綾, 野崎健太郎, 長尾賢治

    平成16年度「健康日本21所沢市計画」策定基礎調査調査報告書(早稲田大学人間科学学術院「健康日本21所沢市計画」委員会)     15 - 39  2005.03

    Internal/External technical report, pre-print, etc.  

  • 地域におけるストレスマネジメント推進のための指導者教育に関する研究

    嶋田洋徳, 小野久美子, 川瀬英理

    平成16年度厚生労働科学研究費補助金(長寿科学総合研究事業)総括・分担研究報告書(大阪府立健康科学センター健康生活推進部)     123 - 127  2005.03

    Internal/External technical report, pre-print, etc.  

  • 本事業のプログラム内容に関する検討

    嶋田洋徳, 高橋史, 赤松亜紀, 石川信一, 佐藤寛, 井上敦子

    平成16年度彩の国スーパーサマースクール事業報告書(埼玉県教育委員会)     56 - 65  2005.02

    Internal/External technical report, pre-print, etc.  

  • 本事業における不登校児童生徒の不安と抑うつに対する効果の検討

    嶋田洋徳, 高橋史, 赤松亜紀, 石川信一, 佐藤寛, 井上敦子

    平成16年度彩の国スーパーサマースクール事業報告書(埼玉県教育委員会)     66 - 78  2005.02

    Internal/External technical report, pre-print, etc.  

  • 本事業における参加児童生徒の自己認知の時系列的変化に関する検討

    嶋田洋徳, 高橋史, 赤松亜紀, 石川信一, 佐藤寛, 井上敦子

    平成16年度彩の国スーパーサマースクール事業報告書(埼玉県教育委員会)     79 - 84  2005.02

    Internal/External technical report, pre-print, etc.  

  • 過度のストレスを与える親・教師

    嶋田洋徳

    児童心理(金子書房)   59 ( 11 ) 1037 - 1042  2005

  • 「カウンセリング技法の実習3:認知行動カウンセリング」

    嶋田洋徳

    PHRFヘルスケアカウンセラー養成講座:実践コース テキスト2     3 - 22  2004.04

    Lecture material (seminar, tutorial, course, lecture, etc.)  

  • 「カウンセリングの諸理論:認知行動カウンセリング」

    嶋田洋徳

    PHRFヘルスケアカウンセラー養成講座:基礎コース テキスト1     45 - 70  2004.04

    Lecture material (seminar, tutorial, course, lecture, etc.)  

  • 認知行動カウンセリングをめぐって

    嶋田洋徳

    現代のエスプリ別冊:<ケーススタディ>認知行動カウンセリング(至文堂)     15 - 44  2004.04

    Article, review, commentary, editorial, etc. (trade magazine, newspaper, online media)  

  • 行動科学に基づいた喫煙、飲酒等の生活習慣改善のための指導者教育養成システムの確立に関する研究

    嶋田洋徳

    平成13年度〜15年度 厚生労働科学研究費補助金がん予防等健康科学総合研究事業 総合研究報告書     1 - 64  2004.03

    Internal/External technical report, pre-print, etc.  

  • 集団交流ゲームと社会的スキルの獲得

    嶋田洋徳, 高橋史, 境泉洋, 井上敦子, 下津咲絵

    平成15年度彩の国スーパーサマースクール事業報告書(埼玉県教育委員会)     34 - 38  2004.03

    Internal/External technical report, pre-print, etc.  

  • ストレスコーピングのための指導者教育養成法の確立:指導用解説書の作成とその検討

    島井哲志, 嶋田洋徳

    平成15年度厚生労働科学研究費補助金(がん予防等健康科学総合研究事業)総括・分担研究報告書(大阪府立健康科学センター健康生活推進部)     59 - 115  2004.03

    Internal/External technical report, pre-print, etc.  

  • 「ひきこもり」の実態に関する調査報告書:全国引きこもりKHJ親の会における実態

    境泉洋, 植田健太, 中村光, 嶋田洋徳, 坂野雄二, 全国引きこもりKHJ親の会

    平成15年度調査報告書(早稲田大学大学院行動臨床心理学研究室)     1 - 39  2004.01

    Internal/External technical report, pre-print, etc.  

  • 心を科学する:「認知行動療法」入門

    嶋田洋徳

    メンタルヘルスネットワークレポート(フィスメック)   4 ( 1 ) 1 - 4  2004

  • 認知行動カウンセリングの学校実践

    嶋田洋徳

    進路ジャーナル(実務教育出版)   491 ( 1 ) 2 - 10  2004

  • ストレス免疫訓練法

    嶋田洋徳

    第32回カウンセリング研修会神奈川大会(日本カウンセリング学会)     1 - 8  2003.07

    Article, review, commentary, editorial, etc. (scientific journal)  

  • ストレスマネジメント・プロジェクト

    児玉昌久, 嶋田洋徳

    2002年度人間総合研究センター事業報告書     36 - 45  2003.03

    Internal/External technical report, pre-print, etc.  

  • 学校へのかかわり方をどう考えるか

    嶋田洋徳

    平成14年度スクールカウンセラー活用事業報告集(新潟県教育委員会)     42 - 42  2003.03

    Internal/External technical report, pre-print, etc.  

  • 妙高キッズ・アドベンチャー:事業の評価

    嶋田洋徳

    平成14年度文部科学省委託事業:長期サマーキャンプの企画と評価(独立行政法人国立少年自然の家国立妙高少年自然の家)     41 - 49  2003.03

    Internal/External technical report, pre-print, etc.  

  • ストレスコーピングのための指導者教育養成法の確立:「メンタルヘルスセミナー」アンケート結果の検討

    島井哲志, 嶋田洋徳, 大竹恵子

    平成14年度厚生労働科学研究費補助金(健康科学総合研究事業)分担研究報告書(大阪府立健康科学センター健康生活推進部)     1 - 10  2003.03

    Internal/External technical report, pre-print, etc.  

  • 事業の企画と概要

    嶋田洋徳

    平成14年度文部科学省委託悩みを抱える青少年を対象とした体験活動推進事業「オープン・ザ・ドア!」事業報告書(独立行政法人国立少年自然の家国立妙高少年自然の家)     3 - 14  2003.01

    Internal/External technical report, pre-print, etc.  

  • 避けられないストレスに対処するには?:入門・ストレス免疫訓練法

    嶋田洋徳

    老施協(全国老人福祉施設協議会)   366 ( 1 ) 17 - 19  2003

  • 人にとって有害なストレス・役立つストレス

    嶋田洋徳

    児童心理(金子書房)   57 ( 19 ) 32 - 39  2003

  • 摂食障害における身体像知覚の歪み測定のためのシステムの開発

    神村栄一, 染谷俊幸, 田中弘子, 嶋田洋徳, 鈴木由紀子

    平成13年度新潟大学プロジェクト推進経費(学際的研究プロジェクト)研究成果報告書     1 - 52  2002.04

    Internal/External technical report, pre-print, etc.  

  • 子どものストレスにどう対処すればよいのか

    嶋田洋徳

    教育心理学年報(日本教育心理学会)   41 ( 1 ) 38 - 41  2002.03

    Article, review, commentary, editorial, etc. (scientific journal)  

  • ストレスへの自己対応法・新しい考え方REBT(論理情動行動療法)の職場への活用(別冊・使用資料)

    嶋田洋徳

    平成13年度特別保健福祉事業健康保険組合におけるメンタルヘルスの啓発・推進事業報告書:別冊・使用資料(健康保険組合連合会)     1 - 23  2002.03

    Internal/External technical report, pre-print, etc.  

  • 学校とSC(スクールカウンセラー)との連携

    嶋田洋徳

    平成13年度スクールカウンセラー活用事業報告集(新潟県教育委員会)     73 - 73  2002.03

    Internal/External technical report, pre-print, etc.  

  • ストレスへの自己対応法・新しい考え方REBT(論理情動行動療法)の職場への活用

    嶋田洋徳

    平成13年度特別保健福祉事業健康保険組合におけるメンタルヘルスの啓発・推進事業報告書(健康保険組合連合会)     6 - 57  2002.03

    Internal/External technical report, pre-print, etc.  

  • ストレスコーピングのための指導者教育養成法の確立に関する研究:教育内容の検討とニーズ評価

    島井哲志, 嶋田洋徳, 大竹恵子

    平成13年度厚生科学研究費補助金(健康科学総合研究事業)総括・分担研究報告書(大阪府立健康科学センター健康生活推進部)     1 - 116  2002.03

    Internal/External technical report, pre-print, etc.  

  • メンタルヘルス研修マニュアルIII

    嶋田洋徳, 宮城まり子, 橋口英俊, 内山喜久雄, 夏目誠, 島悟, 河野友信

    健康保険組合連合会   3 ( 1 ) 11 - 20  2002

  • 友人関係がストレスになる子

    嶋田洋徳

    児童心理(金子書房)   56 ( 17 ) 1662 - 1666  2002

  • アンケートの集計から

    嶋田洋徳

    平成13年度主催事業妙高キッズ・アドベンチャー:未知の旅(独立行政法人国立少年自然の家国立妙高少年自然の家)     78 - 79  2001.12

    Internal/External technical report, pre-print, etc.  

  • イライラのマネジメント

    島井哲志, 嶋田洋徳

    平成10~12年度厚生科学研究費補助金(健康科学総合研究事業)総括・分担研究報告書(大阪府立健康科学センター健康生活推進部)     23 - 44  2001.03

    Internal/External technical report, pre-print, etc.  

  • ストレスコーピングのための方法論の確立と指導者教育法の開発

    島井哲志, 嶋田洋徳

    平成12年度厚生科学研究費補助金(健康科学総合研究事業)総括・分担研究報告書(大阪府立健康科学センター健康生活推進部)     63 - 135  2001.03

    Internal/External technical report, pre-print, etc.  

  • 思いっきり中学生!:そのこころとからだ

    神村栄一, 嶋田洋徳, 新田初美, 伊藤雅人, 小野郁夫, 勝見弘子, 田崎薫子, 柳修二, 本間正人

    平成12年度家庭教育振興委員会(新潟市教育委員会)     1 - 54  2001.03

    Article, review, commentary, editorial, etc. (other)  

  • 中村論文に対するコメント:青年におけるストレッサーの精神的健康,対人不安に対する影響とソーシャルサポートの効果について:友人関係の観点から

    嶋田洋徳

    東洋英和女学院大学心理相談室紀要   4 ( 1 ) 268 - 271  2001.02

    Book review, literature introduction, etc.  

  • メンタルヘルス研修マニュアルII

    川上憲人, 内山喜久雄, 夏目 誠, 嶋田洋徳

    健康保険組合連合会   2 ( 1 ) 171 - 173  2001

  • 児童・生徒の精神保健調査にかかわる調査:4年後(47ヶ月後)のまとめから

    植本雅治, 川口貞親, 嶋田洋徳

    阪神淡路大震災が小中学生にもたらした心理的影響調査報告書(神戸市教育委員会)     1 - 16  2000.11

    Internal/External technical report, pre-print, etc.  

  • 成長に必要なストレス・無用なストレス

    嶋田洋徳

    児童心理(金子書房)   54 ( 2 ) 174 - 180  2000

  • 不安発作を訴える女子大学生への社会的スキル訓練の適用

    嶋田洋徳

    ヘルスケアカウンセリングケース研究(パブリックヘルスリサーチセンター)   104 ( 1 ) 1 - 2  2000

  • 学校カウンセリング:今後どうなるか:専門性を認め合うことから始まる

    嶋田洋徳

    学校運営研究(明治図書)   39 ( 12 ) 51 - 51  2000

  • 思春期の子どもたちのストレス状況:データから

    嶋田洋徳

    児童心理(金子書房)   54 ( 18 ) 133 - 140  2000

  • e教師 スクールカウンセリング学習システム

    嶋田洋徳

    e教師(臨床教育相談学)(CD-ROM)    1999.04

    Article, review, commentary, editorial, etc. (trade magazine, newspaper, online media)  

  • ストレスコーピングのための方法論の確立と指導者教育法の開発

    嶋田洋徳, 島井哲志

    平成11年度厚生科学研究費補助金(健康科学総合研究事業)研究報告書     1 - 4  1999

    Internal/External technical report, pre-print, etc.  

  • ストレスコーピングのための方法論の確立と指導者教育法の開発

    嶋田洋徳, 島井哲志

    平成10年度厚生科学研究費補助金(健康科学総合研究事業)研究報告書     1 - 5  1998

    Internal/External technical report, pre-print, etc.  

  • 学校教育と学校ストレス研究

    嶋田洋徳

    心理学ワールド(日本心理学会)   1 ( 1 ) 19 - 22  1998

  • 子どもが受ける学校ストレス・家庭ストレス

    嶋田洋徳

    児童心理(金子書房)   52 ( 18 ) 14 - 22  1998

  • 心理検査別活用情報3:性格検査を相談に生かす

    嶋田洋徳

    教育相談研究(実務教育出版)   86 ( 1 ) 12 - 14  1997

  • 子どものストレスの中核

    嶋田洋徳

    教育相談研究(実務教育出版)   87 ( 1 ) 10 - 13  1997

  • 自信をつける

    嶋田洋徳

    児童心理(金子書房)   50 ( 13 ) 1233 - 1238  1996

  • 小学生のストレス

    嶋田洋徳

    指導と評価(図書文化)   41 ( 11 ) 12 - 16  1995

  • 自己決定の心理学

    嶋田洋徳

    児童心理(金子書房)   49 ( 17 ) 1793 - 1799  1995

  • 子どもの「学校ストレス」をどう和らげるか

    嶋田洋徳

    児童心理(金子書房)   48 ( 3 ) 109 - 116  1994

  • 喫煙動機尺度の妥当性

    嶋田洋徳

    喫煙情報レファレンス(たばこ総合研究センター)   1993 ( 2 ) 2 - 6  1993

  • 喫煙の状況によって喫煙のリスクのとらえ方がどのように異なるのか

    嶋田洋徳

    喫煙情報レファレンス(たばこ総合研究センター)   1993 ( 3 ) 2 - 8  1993

▼display all

Awards

  • JSSM Awards

    2018.07  

  • JAHP Awards

    2018.06  

  • JABCT Awards

    2017.09  

  • 日本ストレスマネジメント学会学会賞(共同)

    2017.07  

  • JABT Awards

    2006.10  

  • JABT Awards

    2004.09  

  • JACS Awards

    2001.08  

  • JSBM Awards

    2001.02  

  • JSPM Awards

    1997.11  

  • JAHP Awards

    1997.06  

▼display all

Research Projects

  • クラス集団を活用した児童生徒の個に応じた認知行動療法的ストレスマネジメントの確立

    Project Year :

    2018.04
    -
    2021.03
     

     View Summary

    本研究は、ストレスマネジメントプログラムを学校のクラス集団をベースとして実施するにあたり、児童生徒の認知行動的な個人差に応じたプログラムを実践する際の環境要因としての「クラス集団」を最大限に活用する方法論を構築、体系化することを目的としている。令和元年度は、その一環として、認知行動療法に分類され、児童生徒の問題解決能力を高めることが可能であるとされる問題解決訓練を取り上げ、価値の明確化の程度の個人差が問題行動の改善(攻撃行動の低減)に及ぼす影響を検討することを目的とした。公立および私立の小中学校に在籍する小学生186名、中学生189名を対象として、問題解決訓練のみを行う標準群と、価値の明確化の手続きを加えた問題解決訓練を行う介入群の2群にクラス単位で振り分けて介入を実施した。その結果、小学生においては、介入群の価値の明確化の程度を高める手続きに効果が見られず、群にかかわらず攻撃行動が低減したことが示された。また、コーピングレパートリーは両群ともに変化が見られなかった。中学生においては、介入群の価値の明確化の程度は高まったものの、両群ともに攻撃行動が低減し,両群にはその程度の差がないことが示された。また、コーピングレパートリーは群にかかわらず増加したことが示された。これらの結果から、児童生徒の攻撃行動の低減に対しては、価値の明確化の手続きは必ずしも有効ではなく、これまで通りの手続きを用いて体験的理解を促すことの方が重要であることが示唆された。また、小学生においては、心理的ストレスに対する理解をすることが攻撃行動の低減に有効である可能性がある一方で、中学生においては、コーピングレパートリーが増えることが有効である可能性が示唆された。令和元年度は、当初計画よりも小規模になってしまったが、実験的介入データに関しては収集することができた。他のデータに関しては、研究協力校の都合で、実験的介入の時期が1月以降になってしまい、さらに、新型コロナウイルスの影響で小中学校が休校になってしまい、データ収集そのものができなくなってしまった状況である。令和元年度に実施したストレスマネジメント実践介入のデータに基づいて、研究成果等の発表を行うこととする。また、これまでに収集したデータに基づきながら、適切な児童生徒の個人差変数を検討、設定し、それらを考慮したストレスマネジメントプログラムの体系化を行うことを試みることとする

  • Establishment of practical method of cognitive behavior therapy-based stress management according to individual characteristics in children and adolescents

    Project Year :

    2015.04
    -
    2018.03
     

     View Summary

    This study examined a method to offer an approach tailored to the individual characteristics of each child and adolescent in the classroom in a cognitive behavioral therapy-based stress management program. This program aimed to reduce psychological stress related to problem behaviors and mental or physical symptoms, and to enhance stress tolerance. The results suggest that this approach tailored to the individual characteristics of each child and adolescent enhanced the effects of the cognitive behavioral therapy-based stress management program

  • Development of assessment measures to evaluate the effectiveness of a cognitive behavioral therapy-based stress management program for children and adolescents

    Project Year :

    2012.04
    -
    2015.03
     

     View Summary

    The present study examined measures to assess variables that moderate the effects of a classroom-based cognitive behavioral therapy-based stress management program for children and adolescents. For this purpose, the effects of a stress management program that consisted of specific stress-inducing scenarios was examined. Results showed that changes in context-matching values and attentional bias toward rewards, and anger-inducing stimuli enhanced the effects of the stress management program. These results indicate the usefulness of the measures in assessing these variables

  • Behavioral Science of Formation and Functions of Pseudoscientific Beliefs

     View Summary

    Six studies were conducted to examine physiological, cognitive, behavioral and social mechanisms of formation and functions of pseudoscientific beliefs, and utility of scientific education for change of the beliefs.Study 1 revealed that people has general preference of number selection. It was suggested that the preference is formed through communication in social interaction and that this preference of number selection is one primitive type of superstition.Study 2 aimed to investigate the relationships between hypnagogic imagery and EEG stages. Results of this study showed that the hypnagogic imageries changed from waking daydreams to hypnagogic imageries or NREM sleep dreams as a function of progress of hypnagogic EEG stages.Study 3 investigated the effects of personal factors on the paranormal beliefs. Results revealed that beliefs in existence of ghost and reincarnation and superstition were mainly effected by external attribution, and that level of anxiety affected only beliefs in existences of undefined creatures and cultures.The purpose of study 4 was to examine effects of social-psychological factors on formation of paranormal belief. Results showed that strength of paranormal belief were positively associated with the acceptance of the phenomena in the interpersonal communication. Beliefs in supernatural power, ghost and reincarnation were also associated with attitude toward science and spirituality.In study 5, using a longitudinal design, the effect of scientific education on change of paranormal beliefs in kanashibari phenomenon was investigated. Results showed that (1) personal experience of kanashibari was associated with paranormal belief in and desire for scientific clarification of this phenomenon, and (2) scientific education on kanashibari phenomenon had effect on perceived importance of scientific clarification on the phenomenon.Study 6 investigated the relationship between the pseudoscientific beliefs in latent functions of the brain and the need for cognitive closure. People high in need for closure perceived higher possibility of scientific clarification on paranormal function of the brain than did people low an cognitive closure. But scientific education on functions of the brain weakened the relationship between the need for closure and pseudoscientific belief in the brain

Presentations

  • 小学校におけるアタッチメントを意識した心理的支援(2):小学校における児童のアタッチメント測定に関する文献検討

    原口幸, 岩崎美奈子, 嶋田洋徳

    日本発達心理学会第33回大会発表論文集,193 

    Presentation date: 2022.03

  • コロナ禍における育児ストレスの変化に随伴性知覚および行動レパートリーの程度が及ぼす影響

    三住倫生, 田中茉優, 三井梓実, 堀川柚, 嶋田洋徳

    日本発達心理学会第33回大会発表論文集,100 

    Presentation date: 2022.03

  • 親支援の効果に及ぼす親の状態の影響性に関する研究の展望

    田中茉優, 堀川柚, 三井梓実, 嶋田洋徳

    日本発達心理学会第33回大会発表論文集,137 

    Presentation date: 2022.03

  • 潜在連合テスト(IAT)を用いた親密なパートナーに対する攻撃性(Intimate Partner Violence)測定の試み

    山口昂亮, 大山一樹, 三住倫生, 浅見祐香, 野村和孝, 嶋田洋徳

    早稲田大学応用脳科学研究所カンファレンス2022,P11 

    Presentation date: 2022.02

  • インターネットゲーム障害におけるキュー・エクスポージャーの有効性の検討

    大山一樹, 三住倫生, 山口昂亮, 野村和孝, 浅見祐香, 嶋田洋徳

    早稲田大学応用脳科学研究所カンファレンス2022,P09 

    Presentation date: 2022.02

  • 中学高校生における対人交流場面に関する記述的検討

    西原希里子, 三井梓実, 嶋田洋徳

    早稲田大学応用脳科学研究所カンファレンス2022,P08 

    Presentation date: 2022.02

  • マインドフルネス技法を用いた認知行動療法による臨床的効果の記述的検討:デルファイ法を用いた予備的研究

    三住倫生, 浅見祐香, 山口昂亮, 野村和孝, 嶋田洋徳

    早稲田大学応用脳科学研究所カンファレンス2022,P04 

    Presentation date: 2022.02

  • 窃盗行動の自動性を促進する認知的要因の検討:IAT,IRAPを用いた検討

    浅見祐香, 嶋田洋徳

    早稲田大学応用脳科学研究所カンファレンス2022,P03 

    Presentation date: 2022.02

  • アディクション領域でのエビデンス・ベイスト・プラクティス:公認心理師の役割と他職種との連携

    原田隆之, 野村和孝, 嶋田洋徳, 横光健吾, 村瀬華子, 蒲生裕司

    2021年度アルコール・薬物依存関連学会合同学術総会プログラム・講演抄録集,171-174 

    Presentation date: 2021.12

    Event date:
    2021.12
     
     
  • 大学生の生活習慣が学業ストレス場面におけるコーピングの実行およびストレス反応に及ぼす影響

    浅見祐香, 土屋里咲子, 石川満里聖, 野村和孝, 嶋田洋徳

    日本健康心理学会第34回大会発表論文集,98 

    Presentation date: 2021.11

  • 中学高校生の学校生活で体験される友人とのかかわり場面に関する記述的検討

    西原希里子, 三井梓実, 嶋田洋徳

    日本健康心理学会第34回大会発表論文集,96 

    Presentation date: 2021.11

  • インターネットゲーム障害におけるキュー・エクスポージャーに影響を及ぼす要因の検討

    大山一樹, 三住倫生, 山口昂亮, 野村和孝, 浅見祐香, 嶋田洋徳

    日本健康心理学会第34回大会発表論文集,72 

    Presentation date: 2021.11

  • 小児わいせつ型性犯罪者の再犯防止を目的とした認知行動療法の動向と課題

    三住倫生, 野村和孝, 山口昂亮, 浅見祐香, 姜来娜, 嶋田洋徳

    日本健康心理学会第34回大会発表論文集,69 

    Presentation date: 2021.11

  • 職場環境に対する文脈評価の視点尺度の作成

    姜来娜, 森本浩志, 田中佑樹, 深澤克二, 嶋田洋徳

    日本健康心理学会第34回大会発表論文集,112 

    Presentation date: 2021.11

  • コンサルテーションにおける効果の向上を目的とした教師側の要因の検討

    堀川柚, 嶋田洋徳

    日本健康心理学会第34回大会発表論文集,67 

    Presentation date: 2021.11

  • 健康心理学研究における自然言語処理の活用可能性を考える

    本田周二, 狩野芳伸, 嘉瀬貴祥, 村中誠司, 荒牧英治, 嶋田洋徳

    日本健康心理学会第34回大会発表論文集,23-24 

    Presentation date: 2021.11

  • 司法・犯罪分野の認知行動療法の体系化

    嶋田洋徳, 野村和孝, 有野雄大, 谷真如, 寺田孝, 安部尚子, 中川桂子, 山田英治

    日本認知・行動療法学会第47回大会発表論文集,61-62 

    Presentation date: 2021.10

  • 子どものストレスと認知行動療法:Special Interest Group(SIG)としての活動を開始して

    清水栄司, 嶋田洋徳, 石川信一, 佐藤寛, 戸ヶ崎泰子

    日本認知・行動療法学会第47回大会発表論文集,54-55 

    Presentation date: 2021.10

  • 認知行動療法の理論と発展

    嶋田洋徳

    日本認知・行動療法学会第47回大会 

    Presentation date: 2021.10

  • BIS傾向を考慮した認知行動療法型ストレスマネジメントにおける脱フュージョン・エクササイズの効果

    姜来娜, 佐藤友哉, 田中佑樹, 嶋田洋徳

    日本認知・行動療法学会第47回大会発表論文集,186-187 

    Presentation date: 2021.10

  • 司法・犯罪分野における科学者−実践家モデルに基づく公認心理師の社会貢献

    原田隆之, 野村和孝, 嶋田洋徳, 伊藤大輔, 西中宏吏, 浦田洋

    日本犯罪心理学会第59回大会,194-205 

    Presentation date: 2021.10

  • 再犯リスク尺度 Inventory of Offender Risk, Needs, and Strengths(IORNS)日本語版作成の試み

    浅見祐香, 野村和孝, 嶋田洋徳

    日本犯罪心理学会第59回大会,118-119 

    Presentation date: 2021.10

  • 窃盗IRAP(Implicit Relational Assessment Procedure)開発に向けた予備的検討:窃盗に対する接近的態度の測定

    浅見祐香, 野村和孝, 嶋田洋徳

    日本認知・行動療法学会第47回大会 

    Presentation date: 2021.10

  • 年代別にみるポジティブアプローチと認知行動的要因の程度が労働者のメンタルヘルスに与える影響の検討

    貫井侑, 松永美紀, 浅見祐香, 嶋田洋徳

    日本認知・行動療法学会第47回大会 

    Presentation date: 2021.10

  • 親の育児困難感に及ぼす子どもの人数と随伴性知覚の影響

    田中茉優, 加藤海咲, 三井梓実, 姜来娜, 堀川柚, 嶋田洋徳

    日本認知・行動療法学会第47回大会 

    Presentation date: 2021.10

  • スマートフォンに対する回避機能を有する過剰使用が適応指標に与える影響の検討

    大山一樹, 山口昂亮, 浅見祐香, 野村和孝, 嶋田洋徳

    日本認知・行動療法学会第47回大会 

    Presentation date: 2021.10

  • 家庭の経済的状況による親の随伴性知覚の程度と養育行動の関連性

    三住倫生, 三井梓実, 姜来娜, 堀川柚, 嶋田洋徳

    日本認知・行動療法学会第47回大会 

    Presentation date: 2021.10

  • 薬物依存者の回復過程におけるソーシャルサポート知覚阻害・促進要因の検討:ダルク入寮者による手記の質的分析を通して

    山口昂亮, 浅見祐香, 田中佑樹, 野村和孝, 嶋田洋徳

    日本認知・行動療法学会第47回大会 

    Presentation date: 2021.10

  • 今ストレスマネジメントにできること:多職種の立場から

    星茂行, 三村理加, 藤井靖, 矢島潤平, 嶋田洋徳

    日本ストレスマネジメント学会第19回学術大会・研修会 

    Presentation date: 2021.09

  • 心身症に対する認知行動療法の治療メカニズムのあり方に関する考察

    西原希里子, 堀川柚, 姜来娜, 三井梓実, 嶋田洋徳

    日本ストレスマネジメント学会第19回学術大会・研修会 

    Presentation date: 2021.09

  • インターネット・ゲーム障害傾向者の時間管理傾向に関する考察

    山口昂亮, 浅見祐香, 嶋田洋徳

    日本ストレスマネジメント学会第19回学術大会・研修会 

    Presentation date: 2021.09

  • 新規学卒者における強化感受性の差異が職場適応に及ぼす影響の検討

    森石千尋, 田中佑樹, 森本浩志, 嶋田洋徳

    日本ストレスマネジメント学会第19回学術大会・研修会 

    Presentation date: 2021.09

  • 窃盗症における窃盗行動喚起に関連する認知的要因の検討

    浅見祐香, 石川満里聖, 野村和孝, 嶋田洋徳, 大石裕代, 大石雅之

    日本心理学会第85回大会 

    Presentation date: 2021.09

  • ひきこもり状態にある人とその家族に焦点を当てた認知行動療法的アプローチにおけるアセスメント方略と支援のあり方

    野中俊介, 嶋田洋徳

    日本心理学会第85回大会 

    Presentation date: 2021.09

  • ストレスマネジメントの基礎の基礎

    嶋田洋徳

    日本ストレスマネジメント学会第19回学術大会・研修会プレセミナー 

    Presentation date: 2021.08

  • 教育現場における認知行動療法の実践的活用における最近の展開

    嶋田洋徳, 小関俊祐, 野村和孝, 三井梓実, 西原希里子, 田中茉優, 杉山智風, 新川広樹, 三村尚志, 菅野純

    日本教育心理学会第63回総会発表論文集 

    Presentation date: 2021.08

  • Examing the relationship between stress response to task stress and resilience

    Mori,Kohei, Ogishima,Hiroyosgi, Moriishi,Chihiro, Shimada,Hironori

    7th Asian Cognitive Behavior Therapy Conference, Kuala Lumpur, Malaysia 

    Presentation date: 2021.07

    Event date:
    2021.07
     
     
  • Formulation of a systematic cognitive behavioral program to promote cross-cultural adaption

    Mitsui,Azumi, Kuroda,Kaho, Horikawa,Yui, Shimada,Hironori

    7th Asian Cognitive Behavior Therapy Conference, Kuala Lumpur, Malaysia 

    Presentation date: 2021.07

    Event date:
    2021.07
     
     
  • Effects of self-compassion on enviromental reward observation, depression and anxiety symptoms

    Aizawa,Minako, Kitagawa,Yumi, Asami,Yuka, Nomura,Kazutaka, Shimada,Hironori

    7th Asian Cognitive Behavior Therapy Conference, Kuala Lumpur, Malaysia 

    Presentation date: 2021.07

    Event date:
    2021.07
     
     
  • Effects of alexithymia tendency and degree of behavioral activation on depressive symptoms in undergraduate students

    Nishihara,Kiriko, Aizawa,Minako, Mitsui,Azumi, Horikawa,Yui, Shimada,Hironori

    7th Asian Cognitive Behavior Therapy Conference, Kuala Lumpur, Malaysia 

    Presentation date: 2021.07

    Event date:
    2021.07
     
     
  • Effects of metacognition and mentalization on interpersonal adjustment

    Hamada,Kana, Sato,Kenji, Moriishi,Chihiro, Shimada,Hironori

    7th Asian Cognitive Behavior Therapy Conference, Kuala Lumpur, Malaysia 

    Presentation date: 2021.07

    Event date:
    2021.07
     
     
  • Effects of reward perception and distress tolerance improvement on kleptomania symptoms, using Cognitive Behavioral Group Therapy

    Asami,Yuka, Nomura,Kazutaka, Shimada,Hironori, Ohishi,Hiroyo, Ohishi,Masayuki

    7th Asian Cognitive Behavior Therapy Conference, Kuala Lumpur, Malaysia 

    Presentation date: 2021.07

    Event date:
    2021.07
     
     
  • Effects of traumatic experiences on negative cognitions and interpersonal styles

    Moriishi,Chihiro, Kadooka,Maho, Shimada,Hironori

    7th Asian Cognitive Behavior Therapy Conference, Kuala Lumpur, Malaysia 

    Presentation date: 2021.07

    Event date:
    2021.07
     
     
  • Could Implicit Relational Assesment Procedure (IRAP) be useful as recidivism prevention assesment for offenders?

    Asami,Yuka, Shimada,Hironori

    16th International Congress of Behavioural Medicine, Glasgow, United Kingdom 

    Presentation date: 2021.06

    Event date:
    2021.06
     
     
  • The effects of sensitivity to punishment and cognitive fusion on sychological stress process

    Kang,Rae Na, Tanaka,Yuki, Shimada,Hironori

    16th International Congress of Behavioural Medicine, Glasgow, United Kingdom 

    Presentation date: 2021.06

    Event date:
    2021.06
     
     
  • BIS傾向者における脱フュージョン・エクササイズの有効性の検討

    姜来娜, 荻島大凱, 嶋田洋徳

    応用脳科学カンファレンス2021プログラム,6  (早稲田大学(WEB))  早稲田大学応用脳科学研究所(早稲田大学・WEB)

    Presentation date: 2021.02

    Event date:
    2021.02
     
     
  • うつ症状と内受容感覚知覚の関係:心拍誘発電位を用いた検討

    荻島大凱, 嶋田洋徳

    応用脳科学カンファレンス2021プログラム,3  (早稲田大学(WEB))  早稲田大学応用脳科学研究所(早稲田大学・WEB)

    Presentation date: 2021.02

    Event date:
    2021.02
     
     
  • 急性ストレス/コルチゾールが不安反応の再発に及ぼす影響:システマティックレビュー

    森石千尋, 嶋田洋徳

    応用脳科学カンファレンス2021プログラム,3  (早稲田大学(WEB))  早稲田大学応用脳科学研究所(早稲田大学・WEB)

    Presentation date: 2021.02

    Event date:
    2021.02
     
     
  • 窃盗関連Implicit Relational Assessment Procedure(IRAP)開発の試み

    浅見祐香, 嶋田洋徳

    応用脳科学カンファレンス2021プログラム,3  (早稲田大学(WEB))  早稲田大学応用脳科学研究所(早稲田大学・WEB)

    Presentation date: 2021.02

    Event date:
    2021.02
     
     
  • 学校現場における管理職のメンタルヘルスの現状と課題

    堀川柚, 嶋田洋徳

    日本学校メンタルヘルス学会第24回大会プログラム・抄録集,31  (静岡県立大学(WEB))  日本学校メンタルヘルス学会(静岡県立大学・WEB)

    Presentation date: 2021.02

  • さまざまな脱フュージョン・エクササイズと機能的側面 :システマティックレビュー

    姜来娜, 佐藤友哉, 田中佑樹, 古川潤弥, 嶋田洋徳

    第27回日本行動医学会学術総会抄録集,46  (東京都港区(WEB))  日本行動医学会(国際医療福祉大学・WEB)

    Presentation date: 2020.12

  • コーピングの選択がレジリエンスの程度とストレス反応との関連性に及ぼす影響

    森滉平, 森石千尋, 荻島大凱, 嶋田洋徳

    第27回日本行動医学会学術総会抄録集,71  (東京都港区(WEB))  日本行動医学会(国際医療福祉大学・WEB)

    Presentation date: 2020.12

  • 再犯・再非行防止指導における指導者の動機づけに関する心理学的要因の記述的検討

    篠山義郎, 星野芳之, 安部尚子, 西尾昌哉, 須藤隆行, 工藤弘人, 野村和孝, 嶋田洋徳

    犯罪心理学研究(日本犯罪心理学会第58回大会発表論文集),58(特別号),14-15  (大阪府吹田市(WEB))  日本犯罪心理学会(大阪大学・WEB)

    Presentation date: 2020.11

  • 再犯・再非行防止指導における指導者が抱く葛藤尺度の作成および信頼性と妥当性の検討

    浅見祐香, 野村和孝, 嶋田洋徳, 星野芳之, 安部尚子, 篠山義郎, 西尾昌哉, 須藤隆行, 工藤弘人

    犯罪心理学研究(日本犯罪心理学会第58回大会発表論文集),58(特別号),16-17  (大阪府吹田市(WEB))  日本犯罪心理学会(大阪大学・WEB)

    Presentation date: 2020.11

  • 再犯・再非行防止指導における指導者が抱く葛藤と職務環境の関連

    西尾昌哉, 安部尚子, 野村和孝, 星野芳之, 篠山義郎, 須藤隆行, 工藤弘人, 浅見祐香, 嶋田洋徳

    犯罪心理学研究(日本犯罪心理学会第58回大会発表論文集),58(特別号),18-19  (大阪府吹田市(WEB))  日本犯罪心理学会(大阪大学・WEB)

    Presentation date: 2020.11

  • 再犯・再非行防止指導における指導者のスキル遂行に影響を及ぼす心理学的要因の検討

    星野芳之, 野村和孝, 安部尚子, 篠山義郎, 西尾昌哉, 須藤隆行, 工藤弘人, 浅見祐香, 嶋田洋徳

    犯罪心理学研究(日本犯罪心理学会第58回大会発表論文集),58(特別号),20-21  (大阪府吹田市(WEB))  日本犯罪心理学会(大阪大学・WEB)

    Presentation date: 2020.11

  • 薬物への依存における報酬・罰感受性の心理臨床への応用:システマティック・レビュー

    山口昂亮, 石川満里聖, 浅見祐香, 野村和孝, 嶋田洋徳

    日本健康心理学会第32回大会  (東京都千代田区(WEB))  日本健康心理学会(日本健康心理学会理事会・WEB)

    Presentation date: 2020.11

  • 職場におけるワーク・エンゲイジメントに対する行動論的理解の試み

    貫井侑, 浅見祐香, 嶋田洋徳

    日本健康心理学会第32回大会  (東京都千代田区(WEB))  日本健康心理学会(日本健康心理学会理事会・WEB)

    Presentation date: 2020.11

  • 児童青年期を対象とした認知行動療法における維持・般化を促進する介入内容の検討

    三井梓実, 堀川柚, 加藤海咲, 嶋田洋徳

    日本健康心理学会第33回大会  (東京都千代田区(WEB))  日本健康心理学会(日本健康心理学会理事会・WEB)

    Presentation date: 2020.11

  • Behavioral repertoire of families for coping with individuals with Hikikomori (Prolonged Social Withdrawal) in Japan

    Nonaka, Shunsuke, Shimada, Hironori, Sakai, Motohiro

    日本健康心理学会第33回大会  (東京都千代田区(WEB))  日本健康心理学会(日本健康心理学会理事会・WEB)

    Presentation date: 2020.11

  • “3密の回避”は私たちのメンタルヘルスに何をもたらしたのか?:健康心理学の研究と貢献

    谷口敏淳, 笹尾敏明, 市倉加奈子, 石本雄真, 嶋田洋徳

    日本健康心理学会第33回大会  (宮城県仙台市(Web))  日本健康心理学会(日本健康心理学会理事会・WEB)

    Presentation date: 2020.11

  • 矯正・保護・地域における心理的支援の連携のあり方:性犯罪者に対する公的支援と民間支援

    有野雄大, 寺田孝, 嶋田洋徳, 中川桂子

    公認心理師の会2020年度年次総会論文集,15-18  (東京都目黒区(WEB))  公認心理師の会(東京大学・WEB)

    Presentation date: 2020.10

  • 親の認知行動的特徴が子どもの社会的行動に及ぼす影響の発達的変化

    加藤海咲, 野中俊介, 輕部雄輝, 嶋田洋徳

    日本教育心理学会第62回総会発表論文集,272  (静岡県浜松市(WEB))  日本教育心理学会(日本教育心理学会総会企画委員会・WEB)

    Presentation date: 2020.09

  • ダイバーシティの推進に向けてCBTは何ができるか:多様性を推進する多様な現場から

    佐藤美幸, 松永美希, 伊藤義徳, 戸ヶ崎泰子, 嶋田洋徳, 清水栄司

    日本認知・行動療法学会第46回大会プログラム・発表論文集,66-67  (広島県広島市(WEB))  日本認知・行動療法学会(広島大学・WEB)

    Presentation date: 2020.09

  • 司法・犯罪分野・嗜癖問題における認知行動療法の実践で必要とされる コンピテンスの検討

    嶋田洋徳, 野村和孝, 安部尚子, 谷真如, 田部井三貴, 伊藤大輔, 村瀬華子, 原田隆之, 別司ちさと

    日本認知・行動療法学会第46回大会プログラム・発表論文集,83-84  (広島県広島市(WEB))  日本認知・行動療法学会(広島大学・WEB)

    Presentation date: 2020.09

  • 窃盗症の発症過程における認知と行動の変化

    浅見祐香, 野村和孝, 田中佑樹, 嶋田洋徳, 中川桂子, 大石裕代, 大石雅之

    日本認知・行動療法学会第46回大会プログラム・発表論文集,148-149  (広島県広島市(WEB))  日本認知・行動療法学会(広島大学・WEB)

    Presentation date: 2020.09

  • 非自殺的な自傷行為における回復と自傷行為に対する認知的評価の関連性

    飯島有哉, 桂川泰典, 嶋田洋徳

    日本認知・行動療法学会第46回大会プログラム・発表論文集,165-166  (広島県広島市(WEB))  日本認知・行動療法学会(広島大学・WEB)

    Presentation date: 2020.09

  • セルフコンパッションと敵意帰属バイアスが親密なパートナーに対する衝動的な攻撃行動に及ぼす影響

    山口昂亮, 石川満里聖, 浅見祐香, 野村和孝, 嶋田洋徳

    日本認知・行動療法学会第46回大会プログラム・発表論文集,263-264  (広島県広島市(WEB))  日本認知・行動療法学会(広島大学・WEB)

    Presentation date: 2020.09

  • 青年期における文脈と発達段階を考慮したストレスコーピングが学校適応に及ぼす影響

    三井梓美, 加藤海咲, 堀川柚, 嶋田洋徳

    日本認知・行動療法学会第46回大会プログラム・発表論文集,265-266  (広島県広島市(WEB))  日本認知・行動療法学会(広島大学・WEB)

    Presentation date: 2020.09

  • セルフコンパッション訓練が外的な恥とやせ願望の低減に及ぼす効果の検討

    相澤未奈子, 石川満里聖, 野村和孝, 嶋田洋徳

    日本認知・行動療法学会第46回大会プログラム・発表論文集,277-278  (広島県広島市(WEB))  日本認知・行動療法学会(広島大学・WEB)

    Presentation date: 2020.09

  • リスク状況における反応の変容を意図した集団認知行動療法の適用がギャンブル障害患者の適応状態の改善に及ぼす影響

    田中佑樹, 野村和孝, 嶋田洋徳, 秋葉杏樹, 伊藤里菜, 大石裕代, 大石雅之

    日本認知・行動療法学会第46回大会プログラム・発表論文集,317-318  (広島県広島市(WEB))  日本認知・行動療法学会(広島大学・WEB)

    Presentation date: 2020.09

  • 児童の攻撃行動に対する価値の明確化の介入効果の検討

    姜来娜, 小宮山尚, 野中俊介, 荻島大凱, 浅見祐香, 嶋田洋徳

    日本認知・行動療法学会第46回大会プログラム・発表論文集,331-332  (広島県広島市(WEB))  日本認知・行動療法学会(広島大学・WEB)

    Presentation date: 2020.09

  • 労働者に対するコーピング適合性の評価と価値の明確化の程度がコーピングレパートリーおよび職務パフォーマンスに及ぼす影響

    古川潤弥, 上田愛, 荻島大凱, 浅見祐香, 嶋田洋徳

    日本認知・行動療法学会第46回大会プログラム・発表論文集,342-343  (広島県広島市(WEB))  日本認知・行動療法学会(広島大学・WEB)

    Presentation date: 2020.09

  • 行動嗜癖における潜在指標に関する研究動向

    石川満里聖, 浅見祐香, 野村和孝, 嶋田洋徳

    日本認知・行動療法学会第46回大会プログラム・発表論文集,357-358  (広島県広島市(WEB))  日本認知・行動療法学会(広島大学・WEB)

    Presentation date: 2020.09

  • 他者視点取得の程度が子どものソーシャルスキルの獲得に及ぼす影響

    加藤海咲, 堀川柚, 嶋田洋徳

    日本認知・行動療法学会第46回大会プログラム・発表論文集,365-366  (広島県広島市(WEB))  日本認知・行動療法学会(広島大学・WEB)

    Presentation date: 2020.09

  • 認知行動療法の理論と発展

    嶋田洋徳

    日本認知・行動療法学会第46回大会プログラム・発表論文集,375  (広島県広島市(WEB))  日本認知・行動療法学会(広島大学・WEB)

    Presentation date: 2020.09

  • 社交不安におけるコルチゾール反応の回復に認知的情報処理過程が及ぼす影響

    前田駿太, 嶋田洋徳

    日本心理学会第84回大会発表論文集,165  (東京都文京区(WEB))  日本心理学会(東洋大学・WEB)

    Presentation date: 2020.09

  • 中学生における「カースト」のギャップ意識と価値の明確化の程度が学校適応感に及ぼす影響

    姜来娜, 広田佳苗, 小宮山尚, 浅見祐香, 野中俊介, 嶋田洋徳

    日本心理学会第84回大会発表論文集,331  (東京都文京区(WEB))  日本心理学会(東洋大学・WEB)

    Presentation date: 2020.09

  • 社交不安におけるコルチゾール反応の程度が不安反応の再発に及ぼす影響

    森石千尋, 前田駿太, 荻島大凱, 嶋田洋徳

    日本心理学会第84回大会発表論文集,337  (東京都文京区(WEB))  日本心理学会(東洋大学・WEB)

    Presentation date: 2020.09

  • リスク状況下におけるセルフ・コントロールがギャンブル障害患者の適応状態に及ぼす影響

    田中佑樹, 野村和孝, 嶋田洋徳, 荻島大凱, 大石裕代, 大石雅之

    日本心理学会第84回大会発表論文集,338  (東京都文京区(WEB))  日本心理学会(東洋大学・WEB)

    Presentation date: 2020.09

  • 万引き行動に対する機能分析的再理解の試み

    浅見祐香, 野村和孝, 嶋田洋徳

    日本心理学会第84回大会発表論文集,359  (東京都文京区(WEB))  日本心理学会(東洋大学・WEB)

    Presentation date: 2020.09

  • 児童生徒における他者視点取得の程度と適応状態の関連性に関する展望

    加藤海咲, 堀川柚, 嶋田洋徳

    日本心理学会第84回大会発表論文集,512  (東京都文京区(WEB))  日本心理学会(東洋大学・WEB)

    Presentation date: 2020.09

  • 小学生における非機能的信念と情動調整方略がソーシャルスキルの実行に及ぼす影響

    堀川柚, 堀内瑛世, 野中俊介, 加藤海咲, 嶋田洋徳

    日本心理学会第84回大会発表論文集,561  (東京都文京区(WEB))  日本心理学会(東洋大学・WEB)

    Presentation date: 2020.09

  • 労働者のコーピング適合性の評価が価値の明確化およびコーピングレパートリーに及ぼす影響

    古川潤弥, 上田愛, 荻島大凱, 嶋田洋徳

    日本心理学会第84回大会発表論文集,600  (東京都文京区(WEB))  日本心理学会(東洋大学・WEB)

    Presentation date: 2020.09

  • さまざまな脱フュージョン・エクササイズと機能的側面~システマティックレビュー~

    姜来娜, 佐藤友哉, 田中佑樹, 古川潤弥, 嶋田洋徳

    日本行動医学会学術総会プログラム・抄録集 

    Presentation date: 2020

    Event date:
    2020
     
     
  • 不登校状態の子どもの不安に対する認知行動療法に基づく支援の検討

    姜来娜, 堀川柚, 嶋田洋徳

    第26回日本行動医学会学術総会プログラム・抄録集,48  (東京都新宿区)  日本行動医学会(東京医科大学)

    Presentation date: 2019.12

  • 食物関連刺激に対する態度の変容が摂食行動の改善に及ぼす影響:代替行動のレパートリーの程度に焦点を当てて

    石川満里聖, 竹澤緑, 田中佑樹, 野村和孝, 嶋田洋徳

    第26回日本行動医学会学術総会プログラム・抄録集,49  (東京都新宿区)  日本行動医学会(東京医科大学)

    Presentation date: 2019.12

  • 内部感覚エクスポージャー治療の最近の研究動向:内部感覚エクスポージャーの適用についてのシステマティックレビュー

    古川潤弥, 姜来娜, 荻島大凱, 嶋田洋徳

    第26回日本行動医学会学術総会プログラム・抄録集,50  (東京都新宿区)  日本行動医学会(東京医科大学)

    Presentation date: 2019.12

  • アルコール刺激への特異的な注意に焦点を当てた介入効果の予備的検討

    竹澤緑, 野村和孝, 田中佑樹, 嶋田洋徳, 玉榮伸康, 大石裕代, 大石雅之

    第26回日本行動医学会学術総会プログラム・抄録集,57  (東京都新宿区)  日本行動医学会(東京医科大学)

    Presentation date: 2019.12

  • 食物関連刺激に対する態度の変容が摂食行動の改善に及ぼす影響〜代替行動のレパートリーの程度に焦点を当てて〜

    石川満里聖, 竹澤緑, 田中佑樹, 野村和孝, 嶋田洋徳

    第26回日本行動医学会学術総会 プログラム・抄録集 

    Presentation date: 2019.12

    Event date:
    2019.12
     
     
  • 身体合併症を繰り返す長期経過の神経性やせ症の一例

    原広一郎, 吉内一浩, 嶋田洋徳, 石川俊男, 田村奈穂, 中川彰子  [Invited]

    日本心理医療諸学会連合第32回大会プログラム・抄録集,20  (千葉県千葉市)  日本心理医療諸学会連合(千葉大学)

    Presentation date: 2019.11

  • 研究実践力を高めるための方法論を習得する

    嶋田洋徳, 岩野卓, 三浦佳代, 伊藤正哉, 杉山崇

    日本健康心理学会第32回大会発表論文集,66-67  (東京都足立区)  日本健康心理学会(久留米大学)

    Presentation date: 2019.09

  • 心理学的支援における多職種・地域連携の研究動向と課題

    本田周二, 佐藤友哉, 池田美樹, 境泉洋, 北見由奈, 野村和孝, 嶋田洋徳

    日本健康心理学会第32回大会発表論文集,70-71  (東京都足立区)  日本健康心理学会(久留米大学)

    Presentation date: 2019.09

  • 健康心理学の研究実践領域における現状と課題

    嶋田洋徳, 井澤修平, 小関俊祐, 上地広昭, 岸太一, 田中共子, 山蔦圭輔, 大竹恵子

    日本健康心理学会第32回大会発表論文集,56-57  (東京都足立区)  日本健康心理学会(久留米大学)

    Presentation date: 2019.09

  • 教師のメンタルヘルスが児童生徒に対する指導方略に及ぼす影響

    堀川柚, 野中俊介, 吉田遥菜, 三村尚志, 嶋田洋徳

    日本健康心理学会第32回大会発表論文集,75  (東京都足立区)  日本健康心理学会(久留米大学)

    Presentation date: 2019.09

  • 勤労者に対する努力-報酬不均衡状態に着目したストレスマネジメント研修の効果

    前田駿太, 山岡恒佑, 嶋田洋徳

    日本健康心理学会第32回大会発表論文集,80  (東京都足立区)  日本健康心理学会(久留米大学)

    Presentation date: 2019.09

  • ペアレントトレーニングにおける親子の状態像に応じたアセスメントと介入方法の検討

    吉田遥菜, 野中俊介, 堀川柚, 嶋田洋徳

    日本健康心理学会第32回大会発表論文集,80  (東京都足立区)  日本健康心理学会(久留米大学)

    Presentation date: 2019.09

  • 児童青年期におけるストレス反応および学校適応に影響を及ぼす要因の発達的変化の検討

    加藤海咲, 嶋田洋徳

    日本健康心理学会第32回大会発表論文集,80  (東京都足立区)  日本健康心理学会(久留米大学)

    Presentation date: 2019.09

  • 負の強化事態における行動変動性を測定する課題の開発とその妥当性の検討

    荻島大凱, 岡田奈那美, 嶋田洋徳

    日本健康心理学会第32回大会発表論文集,93  (東京都足立区)  日本健康心理学会(久留米大学)

    Presentation date: 2019.09

  • 認知行動療法に基づく高等学校における心理的支援の有効性と課題

    嶋田洋徳, 小関俊祐, 野村和孝, 大谷哲弘, 吉田遙菜, 齋藤彩乃, 加藤海咲, 杉山智風, 菅野純

    日本教育心理学会第61回総会発表論文集,128-129  (東京都世田谷区)  日本教育心理学会(日本大学)

    Presentation date: 2019.09

  • 児童生徒における非構造的ダイエット行動に対する認知行動的特徴の影響の発達的変化

    加藤海咲, 小宮山尚, 吉田遙菜, 輕部雄輝, 嶋田洋徳

    日本教育心理学会第61回総会発表論文集,648  (東京都世田谷区)  日本教育心理学会(日本大学)

    Presentation date: 2019.09

  • 子育てをする親の認知行動的タイプの差異が子どもの適応行動に及ぼす影響

    吉田遙菜, 野中俊介, 嶋田洋徳

    日本教育心理学会第61回総会発表論文集,523  (東京都世田谷区)  日本教育心理学会(日本大学)

    Presentation date: 2019.09

  • ACTを基盤とした抑うつ症状および社交不安症状の重症度による拒絶に対する過敏性の状態像の検討

    堀川柚, 荻島大凱, 嶋田洋徳

    日本心理学会第83回大会発表論文集,969  (大阪府茨木市)  日本心理学会(立命館大学)

    Presentation date: 2019.09

  • 認知行動療法の不易流行

    嶋田洋徳, 清水栄司, 熊野宏昭, 小野昌彦, 大野裕史, 土屋政雄, 神村栄一

    日本認知・行動療法学会第45回大会プログラム・発表論文集,81-82  (愛知県名古屋市)  日本認知・行動療法学会(中京大学)

    Presentation date: 2019.09

  • 親の育児経験が養育行動の遂行プロセスに及ぼす影響

    吉田遙菜, 野中俊介, 堀川柚, 輕部雄輝, 嶋田洋徳

    日本認知・行動療法学会第45回大会プログラム・発表論文集,399-400  (愛知県名古屋市)  日本認知・行動療法学会(中京大学)

    Presentation date: 2019.09

  • 中高年者の攻撃行動に対するストレスマネジメント介入の効果

    渡邊佳子, 中山怜子, 田中佑樹, 尾棹万純, 嶋田洋徳, 三浦正江

    日本認知・行動療法学会第45回大会プログラム・発表論文集,329-330  (愛知県名古屋市)  日本認知・行動療法学会(中京大学)

    Presentation date: 2019.09

  • 多職種連携と認知行動療法:公認心理師の職責

    野村和孝, 佐藤友哉, 垣内文夫, 大澤ちひろ, 輕部雄輝, 嶋田洋徳

    日本認知・行動療法学会第45回大会プログラム・発表論文集,99-100  (愛知県名古屋市)  日本認知・行動療法学会(中京大学)

    Presentation date: 2019.08

  • 公認心理師に求められる卒後研修

    鈴木伸一, 五十嵐友里, 小関俊祐, 境泉洋, 田上明日香, 嶋田洋徳

    日本認知・行動療法学会第45回大会プログラム・発表論文集,83-84  (愛知県名古屋市)  日本認知・行動療法学会(中京大学)

    Presentation date: 2019.08

  • 侵入思考に影響を及ぼす心理的要因の記述的検討

    日沼咲, 荻島大凱, 尾棹万純, 嶋田洋徳, 西川將巳

    日本認知・行動療法学会第45回大会プログラム・発表論文集,255-256  (愛知県名古屋市)  日本認知・行動療法学会(中京大学)

    Presentation date: 2019.08

  • 生きることとストレスマネジメント

    緒方広海, 佐藤恵, 土屋朋子, 中村孝一, 嶋田洋徳, 中島健一  [Invited]

    日本ストレスマネジメント学会第18回大会学術総会・研修会プログラム・抄録集,13-17  (東京都杉並区)  日本ストレスマネジメント学会(オフィスかけはし)

    Presentation date: 2019.08

  • セルフ・コンパッションの向上を用いたストレスマネジメント介入が労働者のメンタルヘルスに及ぼす影響

    上田愛, 荻島大凱, 深澤克二, 田中佑樹, 嶋田洋徳

    日本ストレスマネジメント学会第18回大会学術総会・研修会プログラム・抄録集,37  (東京都杉並区)  日本ストレスマネジメント学会(オフィスかけはし)

    Presentation date: 2019.08

  • スポーツ選手の自己効力感およびマインドセットがバーンアウト症状に及ぼす影響

    姜来娜, 呉衡基, 荻島大凱, 嶋田洋徳

    日本ストレスマネジメント学会第18回大会学術総会・研修会プログラム・抄録集,49  (東京都杉並区)  日本ストレスマネジメント学会(オフィスかけはし)

    Presentation date: 2019.08

  • 子どもの攻撃行動に対する認知行動的特徴に応じた介入効果の検討(1):児童生徒の認知行動的特徴が学校適応に及ぼす影響

    加藤海咲, 尾棹万純, 野中俊介, 堀川柚, 小宮山尚, 吉田遙菜, 嶋田洋徳

    日本ストレスマネジメント学会第18回大会学術総会・研修会プログラム・抄録集,53  (東京都杉並区)  日本ストレスマネジメント学会(オフィスかけはし)

    Presentation date: 2019.08

  • 子どもの攻撃行動に対する認知行動的特徴に応じた介入効果の検討(2):児童生徒の認知行動的タイプの差異が攻撃行動に及ぼす影響

    吉田遙菜, 尾棹万純, 野中俊介, 堀川柚, 小宮山尚, 加藤海咲, 嶋田洋徳

    日本ストレスマネジメント学会第18回大会学術総会・研修会プログラム・抄録集,54  (東京都杉並区)  日本ストレスマネジメント学会(オフィスかけはし)

    Presentation date: 2019.08

  • 子どもの攻撃行動に対する認知行動的特徴に応じた介入効果の検討(3):代替行動の般化に焦点を当てた問題解決訓練の介入効果の検討

    小宮山尚, 尾棹万純, 野中俊介, 吉田遙菜, 加藤海咲, 嶋田洋徳

    日本ストレスマネジメント学会第18回大会学術総会・研修会プログラム・抄録集,55  (東京都杉並区)  日本ストレスマネジメント学会(オフィスかけはし)

    Presentation date: 2019.08

  • 認知行動療法に基づく支援に必要な教員のアセスメントの観点の検討

    堀川柚, 野中俊介, 吉田遙菜, 加藤海咲, 小宮山尚, 姜来娜, 嶋田洋徳

    日本ストレスマネジメント学会第18回大会学術総会・研修会プログラム・抄録集,56  (東京都杉並区)  日本ストレスマネジメント学会(オフィスかけはし)

    Presentation date: 2019.08

  • The effect of a coping repertoire, appraisal of coping acceptability in the workplace context, and self-compassion on stress response and job performance of employees

    Shimada, Hironori, Fukasawa, Katsuji, Tanaka, Yuki, Kang, Rae Na, Furukawa, Junya

    Proceedings of the 9th World Congress of Behavioral & Cognitive Therapies Vol.II Posters, 225  (Berlin, Germany)  World Congress Comittee

    Presentation date: 2019.07

  • Do cognitive behavior therapy-type stress management techniques improve workers’ productivity?: A study using meta-analysis

    Ueda, Ai, Nakayama, Reiko, Takesawa, Midori, Ogishima, Hiroyoshi, Tanaka, Yuki, Shimada, Hironori

    Proceedings of the 9th World Congress of Behavioral & Cognitive Therapies Vol.II Posters, 229  (Berlin, Germany)  World Congress Comittee

    Presentation date: 2019.07

  • Improvement in assessment ability of elementary and junior high school teachers influences adaptation of Japanese students

    Horikawa, Yui, Nonaka, Shunsuke, Tanaka, Yuki, Ogishima, Hiroyoshi, Mimura, Naoshi, Shimada, Hironori

    Proceedings of the 9th World Congress of Behavioral & Cognitive Therapies Vol.II Posters, 258  (Berlin, Germany)  World Congress Comittee

    Presentation date: 2019.07

  • The effect of intervention for families of individuals with hikikomori (prolonged social withdrawal) according to cognitive behavioral characteristics

    Kadokura, Mana, Nonaka, Shunsuke, Shimada, Hironori

    Proceedings of the 9th World Congress of Behavioral & Cognitive Therapies Vol.II Posters, 260-261  (Berlin, Germany)  World Congress Comittee

    Presentation date: 2019.07

  • The degree of parental influence on the degree of clarification of children’s value

    Komiyama, Nao, Nonaka, Shunsuke, Yoshida, Haruna, Karube, Yuki, Kato, Misaki, Shimada, Hironori

    Proceedings of the 9th World Congress of Behavioral & Cognitive Therapies Vol.II Posters, 262-263  (Berlin, Germany)  World Congress Comittee

    Presentation date: 2019.07

  • Cognitive behavioral characteristics influencing diet behavior in child students

    Kato, Misaki, Komiyama, Nao, Yoshida, Haruna, Kadokura, Mana, Karube, Yuki, Shimada, Hironori

    Proceedings of the 9th World Congress of Behavioral & Cognitive Therapies Vol.II Posters, 265-266  (Berlin, Germany)  World Congress Comittee

    Presentation date: 2019.07

  • The influence of parental cognitive features on child-rearing behavior

    Yoshida, Haruna, Nonaka, Shunsuke, Komiyama, Nao, Karube, Yuki, Shimada, Hironori

    Proceedings of the 9th World Congress of Behavioral & Cognitive Therapies Vol.II Posters, 289-290  (Berlin, Germany)  World Congress Comittee

    Presentation date: 2019.07

  • Effect of functional aspects of fear of evaluations on social anxiety symptoms

    Moriishi, Chihiro, Yamashita, Ayumi, Maeda, Shunta, Ogishima, Hiroyoshi, Shimada, Hironori

    Proceedings of the 9th World Congress of Behavioral & Cognitive Therapies Vol.II Posters, 31  (Berlin, Germany)  World Congress Comittee

    Presentation date: 2019.07

  • A pilot study on the development of a behavioral measure of self-compassion

    Samizo, Hideki, Moriishi, Chihiro, Ogishima, Hiroyoshi, Shimada, Hironori

    Proceedings of the 9th World Congress of Behavioral & Cognitive Therapies Vol.II Posters, 37-38  (Berlin, Germany)  World Congress Comittee

    Presentation date: 2019.07

  • Differences in perceived social support and psychological recovery through participation in self-help groups among drug addicts

    Kitagawa,Yumi, Tanaka, Yuki, Takesawa, Midori, Nomura, Kazutaka, Shimada, Hironori

    Proceedings of the 9th World Congress of Behavioral & Cognitive Therapies Vol.II Posters, 60  (Berlin, Germany)  World Congress Comittee

    Presentation date: 2019.07

  • Implementation of a cognitive behavioral group therapy program in rolling form for sexual addiction patients: A pilot study

    Nomura, Kazutaka, Tanaka, Yuki, Shimada, Hironori, Oishi, Hiroyo, Oishi, Masayuki

    Proceedings of the 9th World Congress of Behavioral & Cognitive Therapies Vol.II Posters, 63-64  (Berlin, Germany)  World Congress Comittee

    Presentation date: 2019.07

  • Is problem drinking maintained by positive strengthening?

    Takesawa, Midori, Tanaka, Yuki, Nomura, Kazutaka, Shimada, Hironori

    Proceedings of the 9th World Congress of Behavioral & Cognitive Therapies Vol.II Posters, 66  (Berlin, Germany)  World Congress Comittee

    Presentation date: 2019.07

  • The effect of reducing implicit approach toward foods on eating behavior

    Ishikawa, Marise, Takesawa, Midori, Tanaka, Yuki, Nomura, Kazutaka, Shimada, Hironori

    Proceedings of the 9th World Congress of Behavioral & Cognitive Therapies Vol.II Posters, 77-78  (Berlin, Germany)  World Congress Comittee

    Presentation date: 2019.07

  • Does the use of smartphone applications to encourage flexible execution of stress coping enhance effect of cognitive behavior stress management?

    Kimura, Mikiko, Tanaka, Yuki, Shimada, Hironori

    Proceedings of the 9th World Congress of Behavioral& Cognitive Therapies Vol.II Posters, 110  (Berlin, Germany)  World Congress Comittee

    Presentation date: 2019.07

  • Affective realism hypothesis on depression and anxiety: An analysis of the perspective of reinforcement learning

    Ogishima, Hiroyoshi, Maeda, Shunta, Tanaka, Yuki, Nomura, Kazutaka, Takahashi, Kanami, Shimada, Hironori

    Proceedings of the 9th World Congress of Behavioral & Cognitive Therapies Vol.II Posters, 119-120  (Berlin, Germany)  World Congress Comittee

    Presentation date: 2019.07

  • Effects of Cognitive-Behavioral Therapy with mindfulness on kleptomania

    Yuka Asami, Kazutaka Nomura, Hironori Shimada, Hiroyo Ohishi, Masayuki Ohishi

    6th International Conference on Behavioral Addictions 

    Presentation date: 2019.06

    Event date:
    2019.06
     
     
  • 中学生における社会的スキル獲得が対人相互作用に及ぼす影響

    堀川柚, 野中俊介, 嶋田洋徳

    日本発達心理学会第30回大会(早稲田大学) 

    Presentation date: 2019.03

    Event date:
    2019.03
     
     
  • 性犯罪者リスクアセスメントツールの開発

    原田 隆之, 野村 和孝, 嶋田 洋徳

    犯罪心理学研究  日本犯罪心理学会

    Presentation date: 2019.03

    Event date:
    2019.03
     
     
  • コーピングの柔軟性の獲得を促進するスマートフォンアプリケーションを用いたストレスマネジメントの効果

    田中佑樹, 石井美穂, 岡島義, 野村和孝, 嶋田洋徳

    第11回日本不安症学会学術大会抄録集,107  (岐阜県岐阜市)  日本不安症学会(岐阜大学)

    Presentation date: 2019.03

  • 認知的予期処理が社交場面に対するコルチゾール反応に及ぼす影響

    前田駿太, 嶋田洋徳

    第11回日本不安症学会学術大会抄録集,147  (岐阜県岐阜市)  日本不安症学会(岐阜大学)

    Presentation date: 2019.03

  • 子どもの攻撃行動に対する認知行動的特徴に応じた介入効果の検討(3)

    小宮山 尚, 尾棹 万純, 野中 俊介, 吉田 遥菜, 加藤 海咲, 嶋田 洋徳

    日本ストレスマネジメント学会 

    Presentation date: 2019.08

    Event date:
    2019
     
     
  • 認知行動療法に基づく支援に必要な教師のアセスメントの観点の検討

    堀川 柚, 野中 俊介, 吉田 遥菜, 加藤 海咲, 小宮山 尚, 姜 来娜, 嶋田 洋徳

    日本ストレスマネジメント学会 

    Presentation date: 2019.08

    Event date:
    2019
     
     
  • 指導者のケアについて改めて考える

    浦田洋, 嶋田洋徳, 平野貴子, 辻野琢也

    日本犯罪心理学会第56回大会(犯罪心理学研究),56(特別号),286-288  (奈良県奈良市)  日本犯罪心理学会(奈良女子大学)

    Presentation date: 2018.12

  • 性犯罪者の心理社会的要因が 被害者に対する感情反応に及ぼす影響(1):犯罪形態が場面に対する反応性に及ぼす影響

    星野芳之, 野村和孝, 西尾昌哉, 安部尚子, 飯野忠樹, 篠山義郎, 嶋田洋徳

    日本犯罪心理学会第56回大会(犯罪心理学研究),56(特別号),34-35  (奈良県奈良市)  日本犯罪心理学会(奈良女子大学)

    Presentation date: 2018.12

  • 性犯罪者の心理社会的要因が 被害者に対する感情反応に及ぼす影響(2):心理的要因が場面に対する反応性に及ぼす影響

    安部尚子, 野村和孝, 西尾昌哉, 星野芳之, 飯野忠樹, 篠山義郎, 嶋田洋徳

    日本犯罪心理学会第56回大会(犯罪心理学研究),56(特別号),36-37  (奈良県奈良市)  日本犯罪心理学会(奈良女子大学)

    Presentation date: 2018.12

  • 性犯罪者の心理社会的要因が 被害者に対する感情反応に及ぼす影響(3):場面に対する反応性と静的リスクとの関連

    篠山義郎, 野村和孝, 西尾昌哉, 星野芳之, 安部尚子, 飯野忠樹, 嶋田洋徳

    日本犯罪心理学会第56回大会(犯罪心理学研究),56(特別号),38-39  (奈良県奈良市)  日本犯罪心理学会(奈良女子大学)

    Presentation date: 2018.12

  • ロリング形式の集団認知行動療法プログラム実施の試み:性嗜好障害患者を対象としたパイロットスタディ

    野村和孝, 田中佑樹, 嶋田洋徳

    日本犯罪心理学会第56回大会(犯罪心理学研究),56(特別号),184-185  (奈良県奈良市)  日本犯罪心理学会(奈良女子大学)

    Presentation date: 2018.12

  • ダルクを利用する薬物依存経験者の心理的回復に影響を及ぼす個人要因の検討

    田中佑樹, 野村和孝, 嶋田洋徳

    日本犯罪心理学会第56回大会(犯罪心理学研究),56(特別号),206-207  (奈良県奈良市)  日本犯罪心理学会(奈良女子大学)

    Presentation date: 2018.12

  • 親の認知的特徴がペアレントトレーニングの効果に及ぼす影響の現状と課題

    吉田遥菜, 堀川柚, 野中俊介, 嶋田洋徳

    日本学校保健学会第65回学術大会発表講演集,204  (大分県大分市)  日本学校保健学会(大分大学)

    Presentation date: 2018.12

  • セクシャル・マイノリティにおけるカミングアウトが主観的適応感に及ぼす影響

    岡田奈那美, 田中佑樹, 嶋田洋徳

    日本学校保健学会第65回学術大会発表講演集,221  (大分県大分市)  日本学校保健学会(大分大学)

    Presentation date: 2018.12

  • 学校集団における相互作用が子どもの社会的スキル訓練の効果に及ぼす影響の現状と課題

    堀川柚, 吉田遥菜, 野中俊介, 嶋田洋徳

    日本学校保健学会第65回学術大会発表講演集,125  (大分県大分市)  日本学校保健学会(大分大学)

    Presentation date: 2018.12

  • ストレス社会をしなやかに生きる:認知行動療法型ストレスマネジメント

    嶋田洋徳  [Invited]

    広島修道大学大学院人文科学研究科心理学専攻臨床心理学領域開設記念講演会  (広島県広島市)  広島修道大学

    Presentation date: 2018.11

  • 学校に活かす認知行動療法

    嶋田洋徳  [Invited]

    第26回教育講演会  (東京都文京区)  日本心理検査協会・日本心理検査振興協会

    Presentation date: 2018.11

  • 心理教育と同盟関係:援助対象者との共通言語を創る

    三田村仰, 稲垣貴彦, 嶋田洋徳, 大月友, 東斉彰

    日本認知・行動療法学会第44回大会プログラム・発表論文集,83-84  (東京都港区)  日本認知・行動療法学会(兵庫教育大学)

    Presentation date: 2018.10

  • 関係フレーム理論によるセルフ・コントロールに対する新たな理解

    上村碧, 大月友, 嶋田洋徳

    日本認知・行動療法学会第44回大会プログラム・発表論文集,85-86  (東京都港区)  日本認知・行動療法学会(兵庫教育大学)

    Presentation date: 2018.10

  • 嗜癖行動に対する「心理的アセスメント」に基づく介入とは?:認知行動療法の最前線

    田中佑樹, 嶋田洋徳, 近藤あゆみ, 横光健吾, 村瀬華子, 朝倉崇文, 野村和孝, 神村栄一

    日本認知・行動療法学会第44回大会プログラム・発表論文集,108-109  (東京都港区)  日本認知・行動療法学会(兵庫教育大学)

    Presentation date: 2018.10

  • 鍼施術を用いた身体感覚への注目が注意機能と気分に及ぼす影響

    寺脇藍, 荻島大凱, 田中佑樹, 嶋田洋徳, 金澤潤一郎

    日本認知・行動療法学会第44回大会プログラム・発表論文集,298-299  (東京都港区)  日本認知・行動療法学会(兵庫教育大学)

    Presentation date: 2018.10

  • 苦痛耐性の向上を目的とした痛みに対する対処方略の効果検討

    森石千尋, 前田駿太, 荻島大凱, 嶋田洋徳

    日本認知・行動療法学会第44回大会プログラム・発表論文集,334-335  (東京都港区)  日本認知・行動療法学会(兵庫教育大学)

    Presentation date: 2018.10

  • マインドフルネスが内受容感覚知覚の正確さに及ぼす影響についての最近の研究動向

    荻島大凱, 嶋田洋徳

    日本認知・行動療法学会第44回大会プログラム・発表論文集,350-351  (東京都港区)  日本認知・行動療法学会(兵庫教育大学)

    Presentation date: 2018.10

  • アルコール使用障害における注意バイアス修正訓練に関する研究動向

    竹澤緑, 田中佑樹, 野村和孝, 嶋田洋徳

    日本認知・行動療法学会第44回大会プログラム・発表論文集,386-387  (東京都港区)  日本認知・行動療法学会(兵庫教育大学)

    Presentation date: 2018.10

  • Kleptomania Symptom Assessment Scale(K-SAS)日本語版の信頼性と妥当性検討

    浅見祐香, 野村和孝, 田中佑樹, 嶋田洋徳, 大石裕代, 大石雅之

    日本認知・行動療法学会第44回大会プログラム・発表論文集,422-423  (東京都港区)  日本認知・行動療法学会(兵庫教育大学)

    Presentation date: 2018.10

  • 機能的アセスメントに基づく事例検討型研修会が教師の生徒指導に対するセルフエフィカシーおよび対処方略に及ぼす影響

    中川智晴, 堀川柚, 野中俊介, 嶋田洋徳

    日本認知・行動療法学会第44回大会プログラム・発表論文集,180-181  (東京都港区)  日本認知・行動療法学会(兵庫教育大学)

    Presentation date: 2018.10

  • 食行動異常を示す者における怒り反すうが摂食量に及ぼす影響:生活支障度の差異の観点から

    岡田奈那美, 深澤克二, 石川美希, 田中佑樹, 嶋田洋徳

    日本認知・行動療法学会第44回大会プログラム・発表論文集,216-217  (東京都港区)  日本認知・行動療法学会(兵庫教育大学)

    Presentation date: 2018.10

  • 不登校の子どもをもつ親の自助グループ参加が子どもの行動変容プロセスに及ぼす影響

    正田温子, 門倉愛, 野中俊介, 嶋田洋徳

    日本認知・行動療法学会第44回大会プログラム・発表論文集,246-247  (東京都港区)  日本認知・行動療法学会(兵庫教育大学)

    Presentation date: 2018.10

  • 児童生徒の認知行動的な個人差に応じたストレスマネジメント教育の効果

    森田典子, 尾棹万純, 野中俊介, 嶋田洋徳

    日本認知・行動療法学会第44回大会プログラム・発表論文集,260-261  (東京都港区)  日本認知・行動療法学会(兵庫教育大学)

    Presentation date: 2018.10

  • 児童生徒の怒り感情と認知的特徴が攻撃行動に及ぼす影響

    吉田遥菜, 川越杏梨, 小宮山尚, 野中俊介, 嶋田洋徳

    日本認知・行動療法学会第44回大会プログラム・発表論文集,266-267  (東京都港区)  日本認知・行動療法学会(兵庫教育大学)

    Presentation date: 2018.10

  • 児童生徒の攻撃行動に対する随伴性モニタリングに焦点を当てた心理教育の効果

    小宮山尚, 川越杏梨, 吉田遥菜, 野中俊介, 嶋田洋徳

    日本認知・行動療法学会第44回大会プログラム・発表論文集,268-269  (東京都港区)  日本認知・行動療法学会(兵庫教育大学)

    Presentation date: 2018.10

  • 児童生徒における社会的スキルとストレスの程度が学校適応感に及ぼす影響

    堀川柚, 吉田遥菜, 小宮山尚, 門倉愛, 齋藤彩乃, 野中俊介, 嶋田洋徳

    日本認知・行動療法学会第44回大会プログラム・発表論文集,274-275  (東京都港区)  日本認知・行動療法学会(兵庫教育大学)

    Presentation date: 2018.10

  • アルコール使用障害における注意バイアス修正訓練に関する研究動向

    竹澤緑, 田中佑樹, 野村和孝, 嶋田洋徳

    日本認知・行動療法学会 第44回大会 プログラム・発表論文集 

    Presentation date: 2018.10

    Event date:
    2018.10
     
     
  • 社交不安傾向者におけるPost-Event Processingにディストラクションが及ぼす影響

    森石千尋, 前田駿太, 荻島大凱, 嶋田洋徳

    日本心理学会第82回大会発表論文集,251  (宮城県仙台市)  日本心理学会(東北大学)

    Presentation date: 2018.09

  • アルコール関連刺激への注意バイアスが衝動的行動に及ぼす影響

    竹澤緑, 浅見祐香, 田中佑樹, 野村和孝, 嶋田洋徳

    日本心理学会第82回大会発表論文集,263  (宮城県仙台市)  日本心理学会(東北大学)

    Presentation date: 2018.09

  • 心理社会的ストレッサーに対するコルチゾール反応は心拍知覚を促進する

    前田駿太, 嶋田洋徳

    日本心理学会第82回大会発表論文集,268  (宮城県仙台市)  日本心理学会(東北大学)

    Presentation date: 2018.09

  • 親の育児ストレスと認知的特徴が養育行動に及ぼす影響

    吉田遙菜, 齋藤彩乃, 野中俊介, 嶋田洋徳

    日本教育心理学会第60回総会発表論文集,400  (神奈川県横浜市)  日本教育心理学会(慶應義塾大学)

    Presentation date: 2018.09

  • ひきこもり状態にある人の来談行動維持プロセスに影響を及ぼす諸要因の検討

    門倉愛, 野中俊介, 嶋田洋徳

    日本教育心理学会第60回総会発表論文集,399  (神奈川県横浜市)  日本教育心理学会(慶應義塾大学)

    Presentation date: 2018.09

  • 学校の文脈に認知行動療法を活用する:公認心理師に求められる教育心理学分野における役割

    嶋田洋徳, 小関俊祐, 野村和孝, 中川智晴, 髙田久美子, 吉田遙菜, 野中俊介, 菅野純

    日本教育心理学会第60回総会発表論文集,40-41  (神奈川県横浜市)  日本教育心理学会(慶應義塾大学)

    Presentation date: 2018.09

  • アルコール関連刺激への注意バイアスが 衝動的行動に及ぼす影響

    竹澤緑, 浅見祐香, 田中佑樹, 野村和孝, 嶋田洋徳

    日本心理学会 第82回大会 

    Presentation date: 2018.09

    Event date:
    2018.09
     
     
  • The effect of interoceptive awareness on depressive mood and reward perception

    Ogishima, Hiroyoshi, Maeda, Shunta, Shimada, Hironori

    32nd annual conference of the European Health Psychology, 475  (Galway, Ireland)  European Health Psychology Society

    Presentation date: 2018.08

  • 認知行動療法を中核としたストレスマネジメント教育

    嶋田洋徳

    日本ストレスマネジメント学会第17回学術大会・研修会抄録集,21  (兵庫県姫路市)  日本ストレスマネジメント学会(兵庫教育大学)

    Presentation date: 2018.07

  • 抑うつにおける自己注目が外的刺激への反応低下によって増悪している可能性の検討

    荻島大凱, 前田駿太, 嶋田洋徳

    第15回日本うつ病学会総会プログラム・抄録集,209  (東京都新宿区)  日本うつ病学会(東京医科大学)

    Presentation date: 2018.07

  • 随伴性モニタリングの操作による価値の明確化の獲得に及ぼす認知的発達の差異

    小宮山尚, 岡田奈那美, 斎藤彩乃, 野中俊介, 嶋田洋徳

    日本ストレスマネジメント学会第17回学術大会・研修会抄録集,29  (兵庫県姫路市)  日本ストレスマネジメント学会(兵庫教育大学)

    Presentation date: 2018.07

  • 児童生徒の社会的スキル訓練における行動論的アセスメント方略の現状と課題

    堀川柚, 斎藤彩乃, 野中俊介, 嶋田洋徳

    日本ストレスマネジメント学会第17回学術大会・研修会抄録集,30  (兵庫県姫路市)  日本ストレスマネジメント学会(兵庫教育大学)

    Presentation date: 2018.07

  • 親の養育行動が幼児の社会的スキルに及ぼす影響

    吉田遥菜, 堀川柚, 斎藤彩乃, 野中俊介, 嶋田洋徳

    日本ストレスマネジメント学会第17回学術大会・研修会抄録集,31  (兵庫県姫路市)  日本ストレスマネジメント学会(兵庫教育大学)

    Presentation date: 2018.07

  • 入眠困難における認知的フュージョンが入眠時認知プロセスに及ぼす影響

    岡田奈那美, 澤畑和幸, 石井美穂, 田中佑樹, 野村和孝, 嶋田洋徳

    日本ストレスマネジメント学会第17回学術大会・研修会抄録集,38  (兵庫県姫路市)  日本ストレスマネジメント学会(兵庫教育大学)

    Presentation date: 2018.07

  • 価値の明確化の操作を取り入れたストレスマネジメント教育が労働者の職務パフォーマンスに及ぼす影響

    田中佑樹, 加藤あい子, 嶋田洋徳

    日本ストレスマネジメント学会第17回学術大会・研修会抄録集,52  (兵庫県姫路市)  日本ストレスマネジメント学会(兵庫教育大学)

    Presentation date: 2018.07

  • 再体験症状を主訴とする者に対する適応向上を目指した支援方法に関する研究動向

    深澤克二, 水沼玲奈, 田中佑樹, 嶋田洋徳

    日本ストレスマネジメント学会第17回学術大会・研修会抄録集,56  (兵庫県姫路市)  日本ストレスマネジメント学会(兵庫教育大学)

    Presentation date: 2018.07

  • The effect of rumination and interoceptive awareness on depression

    Ogishima, Hiroyoshi, Shimada, Hironori

    2nd Regional Meeting of International Society for Adolescent Psychiatry and Psychology, 27  (Osaka, Japan)  Osaka City University

    Presentation date: 2018.06

  • 健康心理学テクニカルワークショップ:論文ではわからない研究・実践の「コツ」を知る

    嶋田洋徳, 金井嘉宏, 原田和弘, 島崎崇史, 井澤修平, 野村和孝  [Invited]

    日本健康心理学会第31回大会・日本ヒューマン・ケア心理学会学術集会第20回大会合同大会プログラム,18-19  (京都府京都市)  日本健康心理学会(京都橘大学)

    Presentation date: 2018.06

  • 心身の健康増進に寄与するビックデータ活用法

    嶋田洋徳, 吉本潤一郎, 荒巻英治, 山本哲也, 山蔦圭輔  [Invited]

    日本健康心理学会第31回大会・日本ヒューマン・ケア心理学会学術集会第20回大会合同大会プログラム,7-8  (京都府京都市)  日本健康心理学会(京都橘大学)

    Presentation date: 2018.06

  • 労働者における価値の明確化の程度およびストレス状態の差異が職務パフォーマンスに及ぼす影響

    田中佑樹, 加藤あい子, 嶋田洋徳

    日本健康心理学会第31回大会・日本ヒューマン・ケア心理学会学術集会第20回大会合同大会プログラム,23  (京都府京都市)  日本健康心理学会(京都橘大学)

    Presentation date: 2018.06

  • ステレオタイプな「望ましい健康像」の再検討

    野村和孝, 佐藤友哉, 野中俊介, 田中佑樹, 前田駿太, 嶋田洋徳, 大竹恵子

    日本健康心理学会第31回大会・日本ヒューマン・ケア心理学会学術集会第20回大会合同大会プログラム,29-30  (京都府京都市)  日本健康心理学会(京都橘大学)

    Presentation date: 2018.06

  • ひきこもり状態にある人の適応的行動評価手法:本人評定による予備的検討

    野中俊介, 嶋田洋徳, 境泉洋

    第10回日本不安症学会学術大会抄録集,104  (東京都西東京市)  日本不安症学会(早稲田大学)

    Presentation date: 2018.03

  • 社交不安傾向者における反すう思考がコルチゾール反応の回復に及ぼす影響

    前田駿太, 嶋田洋徳

    第10回日本不安症学会学術大会抄録集,114  (東京都西東京市)  日本不安症学会(早稲田大学)

    Presentation date: 2018.03

  • 健康心理学テクニカルワークショップ:―論文ではわからない研究・実践の「コツ」を知る―

    日本健康心理学会研究推進委員会, 嶋田 洋徳, 金井 嘉宏, 原田 和弘, 島崎 崇史, 井澤 修平, 野村 和孝

    日本健康心理学会大会発表論文集  一般社団法人 日本健康心理学会

    Presentation date: 2018

    Event date:
    2018
     
     
  • 学級集団における相互作用が子どもの社会的スキル訓練の効果に及ぼす影響の現状と課題

    堀川 柚, 吉田 遥菜, 野中 俊介, 嶋田 洋徳

    日本学校保健学会第65回学術大会 

    Presentation date: 2018

    Event date:
    2018
     
     
  • 嗜癖行動に対する「心理的アセスメント」に基づく介入とは?―認知行動療法の最前線―

    田中 佑樹, 嶋田 洋徳, 野中 俊介, 横光 健吾, 近藤 あゆみ, 村瀬 華子, 朝倉 崇文, 野村 和孝, 神村 栄一

    日本認知・行動療法学会第44回大会 

    Presentation date: 2018

    Event date:
    2018
     
     
  • 攻撃行動の低減を目的とした心理教育の介入効果の差異の検討

    小宮山 尚, 川越 杏梨, 吉田 遥菜, 野中 俊介, 嶋田 洋徳

    日本認知・行動療法学会第44回大会 

    Presentation date: 2018

    Event date:
    2018
     
     
  • 養育行動が幼児の社会的スキルに及ぼす影響

    吉田 遥菜, 堀川 柚, 齋藤 彩乃, 野中 俊介, 嶋田 洋徳

    日本ストレスマネジメント学会 

    Presentation date: 2018

    Event date:
    2018
     
     
  • ひきこもり状態にある人の来談行動維持プロセスに影響を与える諸要因の検討

    門倉 愛, 野中 俊介, 嶋田 洋徳

    日本教育心理学会第60回総会 

    Presentation date: 2018

    Event date:
    2018
     
     
  • ひきこもり状態にある人の適応的行動評価手法―本人評定による予備的検討―

    野中 俊介, 嶋田 洋徳, 境 泉洋

    第10回日本不安症学会学術大会 

    Presentation date: 2018

    Event date:
    2018
     
     
  • ACTに基づく心理教育が顧客対応窓口要員のワークエンゲージメントに及ぼす影響

    木村美樹子, 大月友, 田中佑樹, 嶋田洋徳

    第24回日本行動医学会学術総会(行動医学研究),23(Supplement),51  (東京都中央区)  日本行動医学会(聖路加国際大学)

    Presentation date: 2017.12

  • 児童生徒のマインドフルネス方略を加えた問題解決訓練の検討

    齋藤彩乃, 野中俊介, 嶋田洋徳

    日本学校保健学会第64回学術大会プログラム,43.  (宮城県仙台市)  日本学校保健学会(宮城教育大学)

    Presentation date: 2017.11

  • 抑うつ症状と内受容感覚知覚の正確さの関連性に関する最近の研究動向

    荻島大凱, 前田駿太, 嶋田洋徳

    第33回日本ストレス学会学術総会(ストレス科学),32(2),173.  (大阪府柏原市)  日本ストレス学会(関西福祉科学大学)

    Presentation date: 2017.10

  • ポジティブ心理学によるストレス:ポジティブ心理学と学校ストレス:認知行動療法の立場から

    嶋田洋徳  [Invited]

    第33回日本ストレス学会学術総会(ストレス科学),32(2),133.  (大阪府柏原市)  日本ストレス学会(関西福祉科学大学)

    Presentation date: 2017.10

  • 就職活動の遂行における不安の機能的側面に関する検討 (1):相関分析を用いた個人差の記述

    田中佑樹, 輕部雄輝, 川崎由貴, 村田美樹, 永作稔, 嶋田洋徳

    日本キャリア教育学会第39回研究大会研究発表論文集,100-101.  (新潟県上越市)  日本キャリア教育学会(上越教育大学)

    Presentation date: 2017.10

  • 就職活動の遂行における不安の機能的側面に関する検討 (2):共分散構造分析を用いた実証モデルの提案

    輕部雄輝, 田中佑樹, 川崎由貴, 村田美樹, 永作稔, 嶋田洋徳

    日本キャリア教育学会第39回研究大会研究発表論文集,102-103.  (新潟県上越市)  日本キャリア教育学会(上越教育大学)

    Presentation date: 2017.10

  • 青年期の攻撃行動における心理教育の刺激呈示の工夫の試み:マインドフルネス呼吸法を習得するために

    齋藤彩乃, 嶋田洋徳

    日本教育心理学会第59回総会発表論文集,572.  (愛知県名古屋市)  日本教育心理学会(名古屋大学)

    Presentation date: 2017.10

  • 公認心理師の活動における認知行動療法の優位性

    嶋田洋徳, 神村栄一, 角田亮, 蒲生裕司, 清水栄司, 谷口敏淳, 輕部雄輝, 加藤哲文  [Invited]

    日本認知・行動療法学会第43回大会プログラム・発表論文集,81-82.  (新潟県新潟市)  日本認知・行動療法学会(新潟大学)

    Presentation date: 2017.09

  • 拒絶に対する過敏性と認知的フュージョンが抑うつ症状および社交不安症状に及ぼす影響

    堀川柚, 荻島大凱, 山岡恒佑, 増田悠斗, 嶋田洋徳

    日本認知・行動療法学会第43回大会プログラム・発表論文集,425-426.  (新潟県新潟市)  日本認知・行動療法学会(新潟大学)

    Presentation date: 2017.09

  • 苦痛耐性の程度が価値に沿った行動の遂行と抑うつに及ぼす影響

    荻島大凱, 村上貴一, 前田駿太, 嶋田洋徳

    日本認知・行動療法学会第43回大会プログラム・発表論文集,445-446.  (新潟県新潟市)  日本認知・行動療法学会(新潟大学)

    Presentation date: 2017.09

  • 社交不安傾向者への内部感覚エクスポージャーの効果

    深澤克二, 前田駿太, 荻島大凱, 山岡恒佑, 嶋田洋徳

    日本認知・行動療法学会第43回大会プログラム・発表論文集,465-466.  (新潟県新潟市)  日本認知・行動療法学会(新潟大学)

    Presentation date: 2017.09

  • 不登校児童生徒に対する外部資源利用の直接的支援が親のストレス反応に及ぼす要因の検討

    正田温子, 尾棹万純, 森田典子, 野中俊介, 前田駿太, 嶋田洋徳

    日本認知・行動療法学会第43回大会プログラム・発表論文集,483-484.  (新潟県新潟市)  日本認知・行動療法学会(新潟大学)

    Presentation date: 2017.09

  • コーピング実行の柔軟性と心配の程度が抑うつに及ぼす影響

    潮姿寿枝, 前田駿太, 嶋田洋徳, 小野寺敦志

    日本認知・行動療法学会第43回大会プログラム・発表論文集,501-502.  (新潟県新潟市)  日本認知・行動療法学会(新潟大学)

    Presentation date: 2017.09

  • 言語使用に対する完全主義的認知と言語能力が異文化適応に及ぼす影響の検討

    黒田夏帆, 浅見祐香, 猪俣菜津美, 嶋田洋徳, 野村和孝

    日本認知・行動療法学会第43回大会プログラム・発表論文集,523-524.  (新潟県新潟市)  日本認知・行動療法学会(新潟大学)

    Presentation date: 2017.09

  • 強迫信念の程度と確認行動の繰り返しが記憶の確信度に及ぼす影響

    岡田奈那美, 石川美希, 田中佑樹, 嶋田洋徳

    日本認知・行動療法学会第43回大会プログラム・発表論文集,525-526.  (新潟県新潟市)  日本認知・行動療法学会(新潟大学)

    Presentation date: 2017.09

  • 集団認知行動療法におけるロリング形式の適用の試み:窃盗症患者を対象としたパイロットスタディ

    浅見祐香, 野村和孝, 田中佑樹, 嶋田洋徳, 大石裕代, 大石雅之

    日本認知・行動療法学会第43回大会プログラム・発表論文集,203-204.  (新潟県新潟市)  日本認知・行動療法学会(新潟大学)

    Presentation date: 2017.09

  • 社会人生活の初期適応に影響を与える要因の検討(1):学生当時の就職活動経験過程との相関分析

    輕部雄輝, 田中佑樹, 嶋田洋徳

    日本認知・行動療法学会第43回大会プログラム・発表論文集,207-208.  (新潟県新潟市)  日本認知・行動療法学会(新潟大学)

    Presentation date: 2017.09

  • ひきこもり状態にある人の行動論的観点からみた家族内相互作用の特徴

    野中俊介, 嶋田洋徳, 境泉洋

    日本認知・行動療法学会第43回大会プログラム・発表論文集,215-216.  (新潟県新潟市)  日本認知・行動療法学会(新潟大学)

    Presentation date: 2017.09

  • ギャンブル障害における問題行動の機能的側面の差異がキューへの反応として生じる渇望の程度に及ぼす影響

    田中佑樹, 野村和孝, 嶋田洋徳, 石井美穂, 大石裕代, 大石雅之

    日本認知・行動療法学会第43回大会プログラム・発表論文集,217-218.  (新潟県新潟市)  日本認知・行動療法学会(新潟大学)

    Presentation date: 2017.09

  • 終業後の仕事に関連した反すうとコーピングの実行の程度が労働者のリカバリーおよびパフォーマンスに及ぼす影響

    松井貴代, 前田駿太, 嶋田洋徳

    日本認知・行動療法学会第43回大会プログラム・発表論文集,281-282.  (新潟県新潟市)  日本認知・行動療法学会(新潟大学)

    Presentation date: 2017.09

  • 青年期の組織コミットメントが認知的評価およびコーピング選択に及ぼす影響

    齋藤彩乃, 野中俊介, 嶋田洋徳

    日本認知・行動療法学会第43回大会プログラム・発表論文集,289-290.  (新潟県新潟市)  日本認知・行動療法学会(新潟大学)

    Presentation date: 2017.09

  • 幼児期の肥満傾向における生活習慣行動と全般的な行動傾向との関連

    蓑崎浩史, 嶋田洋徳

    日本認知・行動療法学会第43回大会プログラム・発表論文集,303-304.  (新潟県新潟市)  日本認知・行動療法学会(新潟大学)

    Presentation date: 2017.09

  • 共感性に関する認知行動療法的介入が性加害経験者の性犯罪行動リスクに及ぼす影響

    野村和孝, 嶋田洋徳

    日本心理学会第81回大会プログラム,64.  (福岡県久留米市)  日本心理学会(久留米大学)

    Presentation date: 2017.09

  • Post-Event Processingが社交不安の維持に及ぼす影響:短期縦断調査による検討

    前田駿太, 佐藤友哉, 嶋田洋徳

    日本心理学会第81回大会プログラム,85.  (福岡県久留米市)  日本心理学会(久留米大学)

    Presentation date: 2017.09

  • 認知的負荷の程度が異なる状況下における認知的再評価およびアクセプタンスの実行が不快情動の低減に及ぼす効果

    田中佑樹, 前田駿太, 佐藤友哉, 山下歩, 嶋田洋徳

    日本心理学会第81回大会プログラム,84.  (福岡県久留米市)  日本心理学会(久留米大学)

    Presentation date: 2017.09

  • Post-Event Processingが社交不安の維持に及ぼす影響:短期縦断調査による検討

    前田駿太, 佐藤友哉, 嶋田洋徳

    日本心理学会第81回大会プログラム,85.  (福岡県久留米市)  日本心理学会(久留米大学)

    Presentation date: 2017.09

  • ひきこもり状態にある人の適応的行動アセスメント:親評定尺度の作成と心理測定学的特徴の検討

    野中俊介, 嶋田洋徳, 境泉洋

    日本心理学会第81回大会プログラム,87.  (福岡県久留米市)  日本心理学会(久留米大学)

    Presentation date: 2017.09

  • ダルクを利用する薬物依存経験者の心理的回復過程:「仲間」とのかかわりの機能に着目した記述的検討

    田中佑樹, 和田紗耶香, 野中俊介, 野村和孝, 輕部雄輝, 石井美穂, 浅見祐香, 荻島大凱, 嶋田洋徳

    第52回日本アルコール・アディクション医学会学術総会(日本アルコール・アディクション医学会雑誌),52(4),218.  (神奈川県横浜市)  日本アルコール・アディクション医学会(慶應義塾大学)

    Presentation date: 2017.09

  • ギャンブル障害に対する心理学的アプローチの展開:IR推進法に伴うカジノ設置に向けて

    野村和孝, 岡田瞳, 田中佑樹, 浅見祐香, 村瀬華子, 嶋田洋徳, 岸太一

    日本健康心理学会第30回記念大会プログラム,17-18  (東京都千代田区)  日本健康心理学会(明治大学)

    Presentation date: 2017.09

  • 集団の特徴を踏まえたストレスマネジメントの実践の工夫:機能する手続きの立案のために

    小関俊祐, 小野はるか, 土屋さとみ, 黒田夏帆, 齋藤彩乃, 野中俊介, 三浦正江, 嶋田洋徳

    日本健康心理学会第30回記念大会プログラム,21-22  (東京都千代田区)  日本健康心理学会(明治大学)

    Presentation date: 2017.09

  • 認知行動理論に基づく窃盗症の理解:研究動向および今後の展望

    浅見祐香, 野村和孝, 田中佑樹, 嶋田洋徳

    第2回犯罪学合同大会大会プログラム(日本犯罪心理学会第55回大会プログラム),73.  (東京都渋谷区)  日本犯罪心理学会(國學院大学)

    Presentation date: 2017.09

  • 日本健康心理学会における利益相反と出版倫理(2):学会会員間の考え方の共有を目指して

    大竹恵子, 嶋田洋徳, 岡安孝弘, 岩永誠, 大森美香, 岡村尚昌, 前田駿太

    日本健康心理学会第30回記念大会プログラム,8-9  (東京都千代田区)  日本健康心理学会(明治大学)

    Presentation date: 2017.09

  • メンタルヘルスの理解と保持増進に寄与する脳科学

    山本哲也, 嶋田洋徳

    日本健康心理学会第30回記念大会プログラム,14  (東京都千代田区)  日本健康心理学会(明治大学)

    Presentation date: 2017.09

  • 中国人留学生のストレス反応に影響を及ぼす要因:文化的差異の視点から

    前田駿太, 増田悠斗, 嶋田洋徳

    日本健康心理学会第30回記念大会プログラム,31.  (東京都千代田区)  日本健康心理学会(明治大学)

    Presentation date: 2017.09

  • 少年の再非行関連要因に関する研究の動向:「犯罪心理学研究」のレビュー

    齋藤彩乃, 田中佑樹, 門本泉, 嶋田洋徳

    第2回犯罪学合同大会大会プログラム(日本犯罪心理学会第55回大会プログラム),62.  (東京都渋谷区)  日本犯罪心理学会(國學院大学)

    Presentation date: 2017.09

  • 成人の再犯関連要因に関する研究の動向:「犯罪心理学研究」のレビュー

    田中佑樹, 齋藤彩乃, 鍛治龍男, 嶋田洋徳

    第2回犯罪学合同大会大会プログラム(日本犯罪心理学会第55回大会プログラム),62.  (東京都渋谷区)  日本犯罪心理学会(國學院大学)

    Presentation date: 2017.09

  • 認知行動理論に基づく窃盗症の理解ー研究動向および今後の展望ー(ポスター発表)

    浅見祐香, 野村和孝, 田中佑樹, 嶋田洋徳

    第2回犯罪学合同大会大会プログラム(日本犯罪心理学会第55回大会プログラム) 

    Presentation date: 2017.09

    Event date:
    2017.09
     
     
  • Post-event rumination and impaired cortisol recovery following social-evaluative stressors in social anxiety

    Shunta Maeda, Hironori Shimada

    31st Conference of the European Health Psychology Society Conference Abstracts,455.  (Padova, Italy)  Univeirsity of Padova

    Presentation date: 2017.08

  • ダルクを利用する薬物依存経験者の心理的回復過程 「仲間」とのかかわりの機能に着目した記述的検討

    田中 佑樹, 和田 紗耶香, 野中 俊介, 野村 和孝, 輕部 雄輝, 石井 美穂, 浅見 祐香, 荻島 大凱, 嶋田 洋徳

    日本アルコール・薬物医学会雑誌  (一社)日本アルコール・アディクション医学会

    Presentation date: 2017.08

    Event date:
    2017.08
     
     
  • コーピングの柔軟性の獲得を促進するアプリケーションの開発:勤労者に対するストレスマネジメントの個別化を目指した検討

    田中佑樹, 石井美穂, 嶋田洋徳, 野村和孝

    日本ストレスマネジメント学会第16回学術大会・研修会プログラム・発表論文集,34.  (北海道札幌市)  日本ストレスマネジメント学会(室蘭工業大学)

    Presentation date: 2017.07

  • 中学生の攻撃行動に対する問題解決訓練および情動調整方略の効果:マインドフルネスに焦点を当てて

    齋藤彩乃, 野中俊介, 嶋田洋徳

    日本ストレスマネジメント学会第16回学術大会・研修会プログラム・発表論文集,29.  (北海道札幌市)  日本ストレスマネジメント学会(室蘭工業大学)

    Presentation date: 2017.07

  • コーピングの柔軟性の獲得を促進するアプリケーションの開発:勤労者に対するストレスマネジメントの個別化を目指した検討

    田中佑樹, 石井美穂, 嶋田洋徳, 野村和孝

    日本ストレスマネジメント学会第16回学術大会・研修会プログラム・発表論文集,34.  (北海道札幌市)  日本ストレスマネジメント学会(室蘭工業大学)

    Presentation date: 2017.07

  • 中国人留学生におけるストレスコーピングとストレス反応の関係:日本人大学生および中国人大学生との比較

    前田駿太, 趙智勇, 嶋田洋徳, 森和代

    日本ストレスマネジメント学会第16回学術大会・研修会プログラム・発表論文集,40.  (北海道札幌市)  日本ストレスマネジメント学会(室蘭工業大学)

    Presentation date: 2017.07

  • 中学生における組織コミットメントが認知的評価,コーピング選択に及ぼす影響

    齋藤彩乃, 野中俊介, 嶋田洋徳

    第14回日本うつ病学会総会・第17回日本認知療法・認知行動療法学会プログラム・抄録集,307.  (東京都新宿区)  日本認知療法・認知行動療法学会(慶應義塾大学)

    Presentation date: 2017.07

  • 認知行動療法型ストレスマネジメント教育

    嶋田洋徳  [Invited]

    早稲田大学人間総合研究センターシンポジウム抄録集,2.  (東京都新宿区)  早稲田大学人間総合研究センター

    Presentation date: 2017.07

  • ひきこもり状態にある人に対する家族の対応行動の特徴

    野中俊介, 嶋田洋徳, 境泉洋

    日本コミュニティ心理学会第20回記念大会,44–45.  (東京都千代田区)  日本コミュニティ心理学会(上智大学)

    Presentation date: 2017.07

  • コーピングの柔軟性の獲得を促進するアプリケーションの開発――勤労者に対するストレスマネジメントの個別化を目指した検討――

    田中佑樹, 石井美穂, 嶋田洋徳, 野村和孝

    日本ストレスマネジメント学会第16回学術大会・研修会プログラム・発表論文集 

    Presentation date: 2017.07

    Event date:
    2017.07
     
     
  • ギャンブル障害に対する心理学的アプローチの展開:―IR推進法に伴うカジノ設置に向けて―

    野村 和孝, 岡田 瞳, 田中 佑樹, 浅見 祐香, 村瀬 華子, 嶋田 洋徳, 岸 太一

    日本健康心理学会大会発表論文集  一般社団法人 日本健康心理学会

    Presentation date: 2017

    Event date:
    2017
     
     
  • 中学生の攻撃行動に対する問題解決訓練および情動調整方略の効果―マインドフルネスに焦点を当てて―

    齋藤 彩乃, 野中 俊介, 嶋田 洋徳

    日本ストレスマネジメント学会第16回学術大会・研修会 

    Presentation date: 2017

    Event date:
    2017
     
     
  • ひきこもり状態にある人の適応的行動アセスメント―親評定尺度の作成と心理測定学的特徴の検討―

    野中 俊介, 嶋田 洋徳, 境 泉洋

    日本心理学会第81回大会 

    Presentation date: 2017

    Event date:
    2017
     
     
  • 学校現場の今日的問題を教育心理学的視点から考える:認知行動療法の可能性

    嶋田洋徳, 大沼泰枝, 金綱知征, 澤田匡人, 松嶋秀明, 杉山雅彦, 神村栄一

    日本認知・行動療法学会第42回大会プログラム・発表論文集,74-75  (徳島県徳島市)  日本認知・行動療法学会(早稲田大学)

    Presentation date: 2016.10

  • 「介護者」から考える「認知症」問題(1):認知・行動療法的アプローチの可能性

    武藤崇, 森本浩志, 竹田伸也, 嶋田洋徳

    日本認知・行動療法学会第42回大会プログラム・発表論文集,96-97  (徳島県徳島市)  日本認知・行動療法学会(早稲田大学)

    Presentation date: 2016.10

  • “集団”認知行動療法の貢献と課題:集団CBTが個人CBTと同等あるいはそれ以上の効果を生み出すために

    田代恭子, 嶋田洋徳, 野村和孝, 小関俊祐, 岡田眞ノ典, 杉山笹彦

    日本認知・行動療法学会第42回大会プログラム・発表論文集,102-103  (徳島県徳島市)  日本認知・行動療法学会(早稲田大学)

    Presentation date: 2016.10

  • 大学生の就職活動中の活動維持行動と就職活動後の就職不安との関係:相関分析を用いた探索的検討

    輕部雄輝, 佐藤純, 杉江征, 嶋田洋徳

    日本認知・行動療法学会第42回大会プログラム・発表論文集,322-323  (徳島県徳島市)  日本認知・行動療法学会(早稲田大学)

    Presentation date: 2016.10

  • 職場環境に対する文脈の評価がストレスマネジメント介入の効果に及ぼす影響

    猪俣菜津美, 森本浩志, 石井美穂, 野村和孝, 嶋田 洋徳

    日本認知・行動療法学会第42回大会プログラム・発表論文集,348-349  (徳島県徳島市)  日本認知・行動療法学会(早稲田大学)

    Presentation date: 2016.10

  • 大学生における主張行動が適応状態に及ぼす影響

    尾棹万純, 野中俊介, 森田典子, 長野恭子, 嶋田洋徳

    日本認知・行動療法学会第42回大会プログラム・発表論文集,380-381  (徳島県徳島市)  日本認知・行動療法学会(早稲田大学)

    Presentation date: 2016.10

  • 強化感受性とソーシャルサポート知覚の様相がストレス場面におけるコーピングの選択理由と実行およびストレス反応に及ぼす影響

    曽我眞澄, 田代恭子, 鈴木みのり, 田中佑樹, 嶋田洋徳

    日本認知・行動療法学会第42回大会プログラム・発表論文集,414-415  (徳島県徳島市)  日本認知・行動療法学会(早稲田大学)

    Presentation date: 2016.10

  • Gambling Urge Scale 日本語版の作成

    田中佑樹, 野村和孝, 嶋田洋徳, 前田駿太, 寺門志保, 大石裕代, 大石雅之

    日本認知・行動療法学会第42回大会プログラム・発表論文集,426-427  (徳島県徳島市)  日本認知・行動療法学会(早稲田大学)

    Presentation date: 2016.10

  • 比較関係と時間関係の派生的関係反応と刺激機能の変換の確立:児童に対する複数の範例による訓練効果の検討

    上村碧, 大月友, 嶋田洋徳

    日本認知・行動療法学会第42回大会プログラム・発表論文集,432-433  (徳島県徳島市)  日本認知・行動療法学会(早稲田大学)

    Presentation date: 2016.10

  • ストレスマネジメント教育におけるセルフモニタリングがコーピングレパートリーおよびストレス反応に及ぼす影響

    原剛, 尾棹万純, 野中俊介, 森田典子, 嶋田洋徳

    日本認知・行動療法学会第42回大会プログラム・発表論文集,444-445  (徳島県徳島市)  日本認知・行動療法学会(早稲田大学)

    Presentation date: 2016.10

  • 自己評価の信念およびコーピングスタイルが食行動に及ぼす影響の発達的変化

    美根早由里, 田代恭子, 田邉泰子, 寺門志保, 嶋田洋徳

    日本認知・行動療法学会第42回大会プログラム・発表論文集,448-449  (徳島県徳島市)  日本認知・行動療法学会(早稲田大学)

    Presentation date: 2016.10

  • 情動に関する信念と摂食障害関連症状および生活支障度の関連性に関する記述的検討

    田邉泰子, 田代恭子, 中本智恵美, 嶋田洋徳

    日本認知・行動療法学会第42回大会プログラム・発表論文集,450-451  (徳島県徳島市)  日本認知・行動療法学会(早稲田大学)

    Presentation date: 2016.10

  • 健康維持における行動レパートリーと衝動性が心身の健康状態に及ぼす影響:健康を阻害するリスク行動の機能的側面に着目した検討

    石井美穂, 平川祐子, 野村和孝, 田中祐樹, 嶋田洋徳

    日本認知・行動療法学会第42回大会プログラム・発表論文集,452-453  (徳島県徳島市)  日本認知・行動療法学会(早稲田大学)

    Presentation date: 2016.10

  • とくしまの青少年に関する意識調査(1) ― 自己肯定感と生活満足度に影響を与える要因の探索的研究

    松田智大, 田島大暉, 吉田玲於奈, 古川華江, 山本哲也, 古川洋和, 佐藤健二, 嶋田洋徳, 境泉洋

    日本認知・行動療法学会第42回大会プログラム・発表論文集,480-481  (徳島県徳島市)  日本認知・行動療法学会(早稲田大学)

    Presentation date: 2016.10

  • とくしまの青少年に関する意識調査(2) ― 生徒、学生の家庭における経験が家庭での居場所感に与える影響

    田島大暉, 吉田玲於奈, 松田智大, 古川華江, 山本哲也, 古川洋和, 佐藤健二, 嶋田洋徳, 境泉洋

    日本認知・行動療法学会第42回大会プログラム・発表論文集,482-483  (徳島県徳島市)  日本認知・行動療法学会(早稲田大学)

    Presentation date: 2016.10

  • 親の養育行動の機能的側面と中学生の社会的スキルの関連

    森田典子, 野中俊介, 蓑崎浩史, 宇田川詩帆, 嶋田洋徳

    日本認知・行動療法学会第42回大会プログラム・発表論文集,492-493  (徳島県徳島市)  日本認知・行動療法学会(早稲田大学)

    Presentation date: 2016.10

  • 日本認知・行動療法学会会員に期待する地域社会のニーズ:臨床現場では何が求められているのか

    嶋田洋徳, 境泉洋, 猪爪祐介, 日詰正文, 坪田知広, 丹野義彦

    日本認知・行動療法学会第42回大会プログラム・発表論文集,66-67  (徳島県徳島市)  日本認知・行動療法学会(早稲田大学)

    Presentation date: 2016.10

  • 犯罪者に対する再犯防止を目的とした認知行動療法

    嶋田洋徳, 野村和孝

    日本認知・行動療法学会第42回大会プログラム・発表論文集,515  (徳島県徳島市)  日本認知・行動療法学会(早稲田大学)

    Presentation date: 2016.10

  • 通院治療を受けるがん患者の家族が抱える困難および心理的苦悩に関する予備的研究

    市川拓翔, 村田美樹, 橋本塁, 嶋田洋徳, 三浦正江

    日本認知・行動療法学会第42回大会プログラム・発表論文集,241-242  (徳島県徳島市)  日本認知・行動療法学会(早稲田大学)

    Presentation date: 2016.10

  • 日本語版 Anticipatory Social Behaviors Questionnaire の作成

    前田駿太, 佐藤友哉, 嶋田洋徳

    日本認知・行動療法学会第42回大会プログラム・発表論文集,271-272  (徳島県徳島市)  日本認知・行動療法学会(早稲田大学)

    Presentation date: 2016.10

  • 親の育児信念と実際の養育行動の実行が育児ストレスに及ぼす影響

    野原こずえ, 宇田川詩帆, 蓑崎浩史, 嶋田洋徳, 三浦正江

    日本認知・行動療法学会第42回大会プログラム・発表論文集,300-301  (徳島県徳島市)  日本認知・行動療法学会(早稲田大学)

    Presentation date: 2016.10

  • ひきこもり状態に対する介入の展望:行動論的アプローチが対象とする状態像の特徴

    野中 俊介, 嶋田 洋徳, 境 泉洋

    日本認知・行動療法学会第42回大会プログラム・発表論文集,306-307  (徳島県徳島市)  日本認知・行動療法学会(早稲田大学)

    Presentation date: 2016.10

  • 職場環境に対する文脈の評価がストレスマネジメント介入の効果に及ぼす影響

    猪俣奈津美, 森本浩志, 石井美穂, 野村和孝, 嶋田洋徳

    日本・認知行動療法学会第42回大会プログラム・発表論文集 

    Presentation date: 2016.10

    Event date:
    2016.10
     
     
  • 健康維持における行動レパートリーと衝動性が心身の健康状態に及ぼす影響ー健康を阻害するリスク行動の機能的側面に着目した検討ー

    石井美穂, 平川祐子, 野村和孝, 田中佑樹, 嶋田洋徳

    日本・認知行動療法学会第42回大会プログラム・発表論文集 

    Presentation date: 2016.10

    Event date:
    2016.10
     
     
  • とくしまの青少年に関する意識調査 (1) ―自己肯定感と生活満足度に影響を与える要因の探索的研究―

    松田智大, 田島大暉, 吉田玲於奈, 古川華江, 山本哲也, 古川洋和, 佐藤健二, 嶋田洋徳, 境泉洋

    とくしまの青少年に関する意識調査 (1) ―自己肯定感と生活満足度に影響を与える要因の探索的研究― 

    Presentation date: 2016.10

    Event date:
    2016.10
     
     
  • とくしまの青少年に関する意識調査 (2) ―生徒,学生の家庭における経験が家庭での居場所感に与える影響―

    田島大暉, 吉田玲於奈, 松田智大, 古川華江, 山本哲也, 古川洋和, 佐藤健二, 嶋田洋徳, 境泉洋

    日本行動療法学会第42回大会発表論文集 

    Presentation date: 2016.10

    Event date:
    2016.10
     
     
  • メンタルヘルスが壊れる前に適切に予防を行う

    竹中晃二, 島津明人, 嶋田洋徳, 山田冨美雄, 田中恭子

    日本健康心理学会第29回大会,2  (岡山県岡山市)  岡山大学

    Presentation date: 2016.09

  • 集団に対するストレスマネジメントのアセスメントと実践

    嶋田洋徳, 小関俊祐, 石井美穂, 伊藤拓, 山蔦圭輔

    日本健康心理学会第29回大会,14  (岡山県岡山市)  岡山大学津島キャンパス

    Presentation date: 2016.09

  • 女性の犯罪に焦点を当てた研究の動向-「犯罪心理学研究」のレビュー-

    田中佑樹, 齋藤彩乃, 神藤彩子, 門本泉, 嶋田洋徳

    日本犯罪心理学会  (東京都文京区)  東洋大学

    Presentation date: 2016.09

  • 児童生徒における攻撃行動の変容の持続に焦点を当てた問題解決訓練の理論的検討

    尾棹万純, 森田典子, 野中俊介, 嶋田洋徳

    日本学校保健学会第63回大会,不明  (不明)  不明

    Presentation date: 2016.08

  • ストレスマネジメント教育における児童生徒の認知行動的特徴に応じた刺激提示の工夫の試み

    森田典子, 野中俊介, 尾棹万純, 嶋田洋徳

    日本ストレスマネジメント学会第15回学術大会・研修会プログラム・発表論文集,25  (大分県別府市)  別府大学

    Presentation date: 2016.07

  • 組織コミットメントが認知的評価,コーピング選択に及ぼす影響

    齋藤彩乃, 横山貴洸, 野中俊介, 嶋田洋徳

    日本ストレスマネジメント学会第15回学術大会・研修会プログラム・発表論文集,38  (大分県別府市)  別府大学

    Presentation date: 2016.07

  • Mental health status and support system in disaster relief workers after the Great East Japan Earthquake

    Ikeda, Miki, Katsumi, Atsushi, Nakaya, Makoto, Shimada, Hironori, Yatsuda, Kengo

    The 31th International Congress of Psychology  (Yokohama, Japan)  Japanese Psychological Association and Science Council of Japan under the auspices of the International Union of Psychological Science

    Presentation date: 2016.07

  • Experiential avoidance mediates the relationship between worry and avoidance behaviors

    Murata, Miki, Kanetsuki, Masaru, Shimada, Hironori, Hashimoto, Rui, Maeda, Shunta, Tashiro, Kyoko, Tanabe, Yasuko

    The 31th International Congress of Psychology  (Yokohama, Japan)  Japanese Psychological Association and Science Council of Japan under the auspices of the International Union of Psychological Science

    Presentation date: 2016.07

  • A review of effectiveness of the treatment formats in cognitive behavioral group therapy for addictive behaviors

    Inomata, Natsumi, Shimada, Hironori

    The 31th International Congress of Psychology  (Yokohama, Japan)  Japanese Psychological Association and Science Council of Japan under the auspices of the International Union of Psychological Science

    Presentation date: 2016.07

  • A review of the outcome and process variable in intervention for addictive behaviors

    Ishii, Miho, Shimada, Hironori

    The 31th International Congress of Psychology  (Yokohama, Japan)  Japanese Psychological Association and Science Council of Japan under the auspices of the International Union of Psychological Science

    Presentation date: 2016.07

  • CBGT for addiction related to popular entertainment

    The 31th International Congress of Psychology  (Yokohama, Japan)  Japanese Psychological Association and Science Council of Japan under the auspices of the International Union of Psychological Science

    Presentation date: 2016.07

  • A longitudinal study of the Job‐Hunting Maintenance Processes among Japanese university students and assertive behavior

    Karube, Yuki, Sato, Jun, Sugie, Masashi

    The 31th International Congress of Psychology  (Yokohama, Japan)  Japanese Psychological Association and Science Council of Japan under the auspices of the International Union of Psychological Science

    Presentation date: 2016.07

  • Effect of CRAFT to Parents of Individuals with Prolonged Social Withdrawal (HIKIKOMORI) : Based on treatment as usual

    Sakai, Motohiro (Japa, Terai, Daido A, Tanaka, Natsuko, Nonaka, Shunsuke, Oakazaki, Tsuyoshi, Yamamoto, Aya, Moriki, Hiroko, Ishimoto, Yasuhito, Yasaka, Yuki, Tajima, Daiki, Hattori, Hideyuki, Matsuda, Tomohiro, Yoshida, Reona

    The 31th International Congress of Psychology  (Yokohama, Japan)  Japanese Psychological Association and Science Council of Japan under the auspices of the International Union of Psychological Science

    Presentation date: 2016.07

  • Relation between features of the problem‐solving and depressive symptoms in Japanese school‐aged children

    Minosaki, Koji, Shimada, Hironori

    The 31th International Congress of Psychology  (Yokohama, Japan)  Japanese Psychological Association and Science Council of Japan under the auspices of the International Union of Psychological Science

    Presentation date: 2016.07

  • The influence of cognitive features on the adaptation of individuals with Kleptomania

    Nomura, Kazutaka, Tanaka, Yuki, Tanabe, Yasuko, Shimada, Hironori, Koshiba, Azusa, Yamamura, Keiko, Hamaguchi, Mami, Terakado, Shiho, Oishi, Masayuki

    The 31th International Congress of Psychology  (Yokohama, Japan)  Japanese Psychological Association and Science Council of Japan under the auspices of the International Union of Psychological Science

    Presentation date: 2016.07

  • Differences in the effect of video feedback on social anxiety between junior high school and high school students

    Nonaka, Shunsuke, Kawagoe, Anri, Shimada, Hironori

    The 31th International Congress of Psychology  (Yokohama, Japan)  Japanese Psychological Association and Science Council of Japan under the auspices of the International Union of Psychological Science

    Presentation date: 2016.07

  • Evaluation of methods to prevent aggressive and bullying behaviors among children and adolescents in Japan

    Osao, Masumi, Shimada, Hironori

    The 31th International Congress of Psychology  (Yokohama, Japan)  Japanese Psychological Association and Science Council of Japan under the auspices of the International Union of Psychological Science

    Presentation date: 2016.07

  • Effects of the Japanese parent‐child relationship on social skill of the child

    Morita, Noriko, Udagawa, Shiho, Minosaki, Koji, Shimada, Hironori

    The 31th International Congress of Psychology  (Yokohama, Japan)  Japanese Psychological Association and Science Council of Japan under the auspices of the International Union of Psychological Science

    Presentation date: 2016.07

  • Cognitive processing and cortisol responses in social anxiety

    Maeda, Shunta, Shimada, Hironori

    The 31th International Congress of Psychology  (Yokohama, Japan)  Japanese Psychological Association and Science Council of Japan under the auspices of the International Union of Psychological Science

    Presentation date: 2016.07

  • Challenges in improving "traditional" exposure paradigms for social anxiety: Empirical findings and future prospects

    Masuda, Yuto, Shimada, Hironori

    The 31th International Congress of Psychology  (Yokohama, Japan)  Japanese Psychological Association and Science Council of Japan under the auspices of the International Union of Psychological Science

    Presentation date: 2016.07

  • Cognitive processing and cortisol responses in social anxiety

    Maeda, Shunta, Shimada, Hironori

    The 31th International Congress of Psychology  (Yokohama, Japan)  Japanese Psychological Association and Science Council of Japan under the auspices of the International Union of Psychological Science

    Presentation date: 2016.07

  • Effects of cognitive defusion for generalized type of social anxiety

    Sato, Tomoya, Shimada, Hironori, Ohtsuki, Tomu

    The 31th International Congress of Psychology  (Yokohama, Japan)  Japanese Psychological Association and Science Council of Japan under the auspices of the International Union of Psychological Science

    Presentation date: 2016.07

  • Effects of mindfulness training that emphasizes interoceptive awareness of maladaptive eating behaviors

    Ishikawa, Miki, Tashiro, Kyoko, Tanabe, Yasuko, Murata, Miki, Shimada, Hironori

    The 31th International Congress of Psychology  (Yokohama, Japan)  Japanese Psychological Association and Science Council of Japan under the auspices of the International Union of Psychological Science

    Presentation date: 2016.07

  • A study of functional aspects of the relationship between anger and assertive behavior

    Osao, Masumi, Hashimoto, Rui, Nagano, Kyoko, Nonaka, Shunsuke, Morita, Noriko, Hironori, Shimada

    The 31th International Congress of Psychology  (Yokohama, Japan)  Japanese Psychological Association and Science Council of Japan under the auspices of the International Union of Psychological Science

    Presentation date: 2016.07

  • Cortisol reactivity in social anxiety: Meta-analysis and underlying mechanisms

    Shunta Maeda

    International Journal of Psychology, 51(supplement1),630  (Yokohama, Japan) 

    Presentation date: 2016.07

  • Effects of actual behavior and children's perceptions of parents' rearing behavior on social skills

    Morita, Noriko, Udagawa, Shiho, Minosaki, Koji, Shimada, Hironori

    The 31th International Congress of Psychology  (Yokohama, Japan)  Japanese Psychological Association and Science Council of Japan under the auspices of the International Union of Psychological Science

    Presentation date: 2016.07

  • Effects of anxiety about job hunting on behaviors related to finding a job

    Tanabe, Yasuko, Kawasaki, Yutaka, Murata, Miki, Tashiro, Kyoko, Shimada, Hironori

    The 31th International Congress of Psychology  (Yokohama, Japan)  Japanese Psychological Association and Science Council of Japan under the auspices of the International Union of Psychological Science

    Presentation date: 2016.07

  • Differences in the cognitive behavioral characteristics of gambling disorder patients with maintained problem behaviors by different contingencies

    Tanaka, Yuki, Nomura, Kazutaka, Shimada, Hironori, Terakado, Shiho, Yao, Nozomi, Ohishi, Hiroyo, Ohishi, Masayuki

    The 31th International Congress of Psychology  (Yokohama, Japan)  Japanese Psychological Association and Science Council of Japan under the auspices of the International Union of Psychological Science

    Presentation date: 2016.07

  • The effects of difficulty of context understanding and empathy on acquirement of social skills

    Yamaoka, Kosuke, Morita, Noriko, Osao, Masumi, Nonaka, Shunsuke, Shimada, Hironori

    The 31th International Congress of Psychology  (Yokohama, Japan)  Japanese Psychological Association and Science Council of Japan under the auspices of the International Union of Psychological Science

    Presentation date: 2016.07

  • Evidence‐based research for Hikikomori (prolonged social withdrawal) in Japan

    Nonaka, Shunsuke, Hironori, Shimada

    The 31th International Congress of Psychology  (Yokohama, Japan)  Japanese Psychological Association and Science Council of Japan under the auspices of the International Union of Psychological Science

    Presentation date: 2016.07

  • An examination of assessment and intervention methods for stress management education based on the individual cognitive behavior differences of children and adolescents

    Noriko Morita, Shunsuke Nonaka, Masumi Osao, Hironori Shimada

    The 6th Asian Congress of Health Psychology  (Yokohama, Japan)  The Japanese Association of Health Psychology

    Presentation date: 2016.07

  • Research trends of trends in research on individual differences affect aggressive behavior in for adolescents

    Masumi Osao, Shunsuke Nonaka, Noriko Morita, Hironori Shimada

    The 6th Asian Congress of Health Psychology  (Yokohama, Japan)  The Japanese Association of Health Psychology

    Presentation date: 2016.07

  • Outcome measures of psychological interventions for addiction

    Yuka Asami, Yuki Tanaka, Miho Ishii, Kazutaka Nomura, Hironori Shimada

    The 6th Asian Congress of Health Psychology  (Yokohama, Japan) 

    Presentation date: 2016.07

  • Cognitive appraisal and organizational commitment predict problem-solving coping for stressors related to club activities in high school

    Ayano Saito, Shunta Maeda, Takahiro Yokoyama, Anri Kawagoe, Hironori Shimada

    The 6th Asian Congress of Health Psychology  (Yokohama, Japan)  The Japanese Association of Health Psychology

    Presentation date: 2016.07

  • The effects of social skills and cultural identity on overseas japanese students’ culture shock symptoms

    Aoi Hosokawa, Natsumi Inomata, Miho Ishii, Kazutaka Nomura, Hironori Shimada

    The 6th Asian Congress of Health Psychology  (Yokohama, Japan)  The Japanese Association of Health Psychology

    Presentation date: 2016.07

  • The effect of interpersonal interactions during stay abroad on behavioral characteristics and flexibility in returnee students

    Miho Ishii, Yukie Yagi, Natsumi Inomata, Kazutaka Nomura, Hironori Shimada

    The 6th Asian Congress of Health Psychology  (Yokohama, Japan)  The Japanese Association of Health Psychology

    Presentation date: 2016.07

  • The effect of mindfulness training on attentional functions: A meta-analysis

    Hiroyoshi Ogishima, Yuto Masuda, Shunta Maeda, Hironori Shimada

    The 6th Asian Congress of Health Psychology  (Yokohama, Japan)  The Japanese Association of Health Psychology

    Presentation date: 2016.07

  • The relationship between hikikomori severity and cognitive-behavioral family factors: A two-year follow-up study

    Shunsuke Nonaka, Shimada Hironori

    INTERNATIONAL JOURNAL OF PSYCHOLOGY  ROUTLEDGE JOURNALS, TAYLOR & FRANCIS LTD

    Presentation date: 2016.07

    Event date:
    2016.07
     
     
  • Changes in anticipatory processing predict social anxiety and maladaptive beliefs: A short-term prospective study

    Shunta Maeda, Tomoya Sato, Hironori Shimada

    8th World Congress of Behavioural and Cognitive Therapies Congress Handbook, 70  (Melbourne, Australia)  Australian association for cognitive and behaviour therapy

    Presentation date: 2016.06

  • Do overeating women have a positive implicit attitude toward high-fat food?

    Kyoko Tashiro, Yasuko Tanabe, Tomu Ohtsuki, Hironori Shimada

    8th World Congress of Behavioural and Cognitive Therapies Congress Handbook, 72  (Melbourne, Australia)  Australian association for cognitive and behaviour therapy

    Presentation date: 2016.06

  • Recent trends and future prospects of support system for school absentees in Japan

    Masumi Osao, Noriko Morita, Shunsuke Nonaka, Hironori Shimada

    8th World Congress of Behavioural and Cognitive Therapies Congress Handbook, 65  (Melbourne, Australia)  Australian association for cognitive and behaviour therapy

    Presentation date: 2016.06

  • Effects of the actual rearing behavior of the parents and children's cognition for the rearing behavior of the parents on social skills

    Noriko Morita, Shiho Udagawa, Koji Minosaki, Hrionori Shimada

    8th World Congress of Behavioural and Cognitive Therapies Congress Handbook, 65  (Melbourne, Australia)  Australian association for cognitive and behaviour therapy

    Presentation date: 2016.06

  • Influence of identity status and self efficacy on vocational indecision in undergraduates

    Miho Ishii, Eiji Hirayama, Kazutaka Nomura, Shunta Maeda, Hironori Shimada

    8th World Congress of Behavioural and Cognitive Therapies Congress Handbook, 65  (Melbourne, Australia)  Australian association for cognitive and behaviour therapy

    Presentation date: 2016.06

  • The relationship between Hikikomori severity and cognitive-behavioral family factors: A two-year prospective follow-up study

    Shunsuke Nonaka, Motohiro Sakai, Hironori Shimada

    8th World Congress of Behavioural and Cognitive Therapies Congress Handbook, 68  (Melbourne, Australia)  Australian association for cognitive and behaviour therapy

    Presentation date: 2016.06

  • The effect of mindfulness and goal-setting focused cognitive behavioral group therapy on recidivist prisoners using amphetamine in Japan

    Kazutaka Nomura, Shoko Abe, Hironori Shimada

    8th World Congress of Behavioural and Cognitive Therapies Congress Handbook, 62  (Melbourne, Australia)  Australian association for cognitive and behaviour therapy

    Presentation date: 2016.06

  • Attribution bias does not moderate the effect of cognitive-behavioral group therapy based on functional analysis for gambling disorders in Japan

    Yuki Tanaka, Kazutaka Nomura, Hironori Shimada, Shiho Terakado, Eiko Naganawa, Hiroyo Ohishi, Masayuki Ohishi

    8th World Congress of Behavioural and Cognitive Therapies Congress Handbook, 62  (Melbourne, Australia)  Australian association for cognitive and behaviour therapy

    Presentation date: 2016.06

  • 刑事施設における薬物事犯者の薬物再使用リスクに及ぼす要因の検討ー依存性と反社会性に着目した調査研究ー

    野村和孝, 東本愛香, 西中宏吏, 五十嵐禎人

    第12回司法精神医学会大会,59  (千葉県千葉市)  千葉大学

    Presentation date: 2016.06

  • 社交不安における心理的ストレッサーに対するコルチゾール反応:メタ分析による検討

    前田駿太, 佐藤友哉, 嶋田洋徳

    第8回日本不安症学会学術大会抄録集,122  (千葉県千葉市)  千葉大学

    Presentation date: 2016.02

  • 養育スキルのあり方と育児信念およびストレス反応との関連性

    宇田川詩帆, 嶋田洋徳

    日本学校メンタルヘルス学会第19回大会プログラム・抄録集,63  (東京都品川区)  立正大学

    Presentation date: 2016.01

  • 中学生における攻撃行動を遂行する程度とその理由:操作の受け手側に焦点を当てた場面別の検討

    尾棹万純, 野中俊介, 嶋田洋徳

    日本学校メンタルヘルス学会第19回大会プログラム・抄録集,76  (東京都品川区)  立正大学

    Presentation date: 2016.01

  • ひきこもり状態に対する介入の展望──行動論的アプローチが対象とする状態像の特徴──

    野中 俊介, 嶋田 洋徳, 境 泉洋

    日本認知・行動療法学会第42回大会 

    Presentation date: 2016

    Event date:
    2016
     
     
  • ストレスマネジメント教育における児童生徒の認知行動的特徴に応じた刺激呈示の工夫の試み

    森田 典子, 野中 俊介, 尾棹 万純, 嶋田 洋徳

    日本ストレスマネジメント学会第15回大会 

    Presentation date: 2016

    Event date:
    2016
     
     
  • 組織コミットメントが認知的評価,コーピング選択に及ぼす影響――大学生と高校生の差異を踏まえて――

    齋藤 彩乃, 横山 貴洸, 野中 俊介, 嶋田 洋徳

    日本ストレスマネジメント学会第15回大会 

    Presentation date: 2016

    Event date:
    2016
     
     
  • 日本語版Beliefs about Emotions Scaleの作成と信頼性・妥当性の検討

    田邉泰子, 田代恭子, 中本智恵美, 嶋田洋徳, 野村和孝, 鈴木みのり, 丸本裕子

    第19回日本摂食障害学会学術集会プログラム・抄録集,60  (福岡県福岡市)  九州大学

    Presentation date: 2015.10

  • 機能分析に基づく集団認知行動療法プログラム(OGA)を適用したギャンブル障害患者の心理社会的機能の経時的変化:マルチレベル分析によるギャンブル行動の機能に焦点を当てた検討

    田中佑樹, 野村和孝, 嶋田洋徳, 寺門志保, 矢尾望, 吉田恵里子, 長縄瑛子, 大石裕代, 大石雅之

    第22回日本行動医学会学術総会抄録集,55  (宮城県仙台市)  東北大学

    Presentation date: 2015.10

  • 性犯罪加害者に対する集団認知行動療法

    嶋田洋徳

    日本認知・行動療法学会第41回大会プログラム・抄録集(早稲田大学)  (宮城県仙台市) 

    Presentation date: 2015.10

  • 性犯罪加害者の再犯防止に対する認知行動療法の現状と課題:アセスメントと介入に焦点を当てて

    田代恭子, 野村和孝, 古根俊之, 別司ちさと, 坂井誠, 嶋田洋徳

    日本認知・行動療法学会第41回大会プログラム・抄録集,46-47  (宮城県仙台市)  早稲田大学

    Presentation date: 2015.10

  • 他者評価懸念の様相による社交不安の程度の差異

    猪俣菜津美, 山下歩, 前田駿太, 田中佑樹, 佐藤友哉, 嶋田洋徳

    日本認知・行動療法学会第41回大会プログラム・抄録集,244-245  (宮城県仙台市)  早稲田大学

    Presentation date: 2015.10

  • 子どものひきこもり状態と親の生活の質の関連

    野中俊介, 境泉洋, 嶋田洋徳

    日本認知・行動療法学会第41回大会プログラム・抄録集,70-71  (宮城県仙台市)  早稲田大学

    Presentation date: 2015.10

  • 吃音者に対するアクセプタンス方略の獲得を目的とした心理学的介入の効果

    伊藤定衛, 佐藤友哉, 田中佑樹, 前田駿太, 嶋田洋徳

    日本認知・行動療法学会第41回大会プログラム・抄録集,116-117  (宮城県仙台市)  早稲田大学

    Presentation date: 2015.10

  • 社交不安傾向者の目標設定がパフォーマンスの自己評価に与える影響

    立花美紀, 前田駿太, 田中佑樹, 佐藤友哉, 嶋田洋徳, 小関俊祐

    日本認知・行動療法学会第41回大会プログラム・抄録集,224-225  (宮城県仙台市)  早稲田大学

    Presentation date: 2015.10

  • 情動に関する信念が情動と食行動に及ぼす影響

    田邉泰子, 田代恭子, 野村和孝, 鈴木みのり, 丸本裕子, 嶋田洋徳

    日本認知・行動療法学会第41回大会プログラム・抄録集,268-269  (宮城県仙台市)  早稲田大学

    Presentation date: 2015.10

  • 親の養育行動と中学生の生活習慣行動との関連:中学生へのLifestyle Behaviour Checklist 適用の試み

    蓑﨑浩史, 嶋田洋徳

    日本認知・行動療法学会第41回大会プログラム・抄録集,148-149  (宮城県仙台市)  早稲田大学

    Presentation date: 2015.10

  • 累犯刑務所の薬物依存離脱指導におけるマインドフルネス方略の活用の試み

    安部尚子, 野村和孝, 嶋田洋徳

    日本犯罪心理学会第53回大会プログラム,25  (宮城県仙台市)  東北大学

    Presentation date: 2015.09

  • 窃盗癖を有する精神疾患患者の感情に対する認知行動的特徴の検討

    野村和孝, 田中佑樹, 嶋田洋徳, 大石雅之

    日本犯罪心理学会第53回大会プログラム,25  (宮城県仙台市)  東北大学

    Presentation date: 2015.09

  • 注意バイアスの修正が認知的再評価における解釈の生成および抑うつ症状に及ぼす効果

    津村秀樹, 千先純, 嶋田洋徳

    日本心理学会第79回大会発表論文集,454  (愛知県名古屋市)  名古屋大学

    Presentation date: 2015.09

  • 社交不安の予測における解釈バイアスの効果:信念バイアスによる調整効果に着目した検討

    前田駿太, 佐藤友哉, 嶋田洋徳

    日本心理学会第79回大会発表論文集,467  (愛知県名古屋市)  名古屋大学

    Presentation date: 2015.09

  • 学校におけるストレスマネジメント教育の実践

    小関俊祐, 嶋田洋徳

    日本健康心理学会第28回大会発表論文集,23  (東京都町田市)  桜美林大学

    Presentation date: 2015.09

  • 摂食障害を想定した認知行動療法的基礎研究の貢献と課題:アナログ研究の知見から探る実践現場への還元

    嶋田洋徳, 田代恭子, 田邉泰子, 美根早由里, 山蔦圭輔, 佐藤友哉

    日本健康心理学会第28回大会発表論文集,47-48  (東京都町田市)  桜美林大学

    Presentation date: 2015.09

  • 親子相互作用場面が親の視線および解釈バイアスに及ぼす影響の予備的検討

    宇田川詩帆, 蓑﨑浩史, 嶋田洋徳

    日本教育心理学会第57回総会発表論文集,643  (新潟県新潟市)  新潟大学

    Presentation date: 2015.08

  • 中学生における攻撃行動と共感性および同調性との関連性

    尾棹万純, 生川良, 川越杏梨, 嶋田洋徳

    日本教育心理学会第57回総会発表論文集,646  (新潟県新潟市)  新潟大学

    Presentation date: 2015.08

  • AD/HD児の実行機能が家庭における社会的スキルの遂行に及ぼす影響

    川越杏梨, 横山貴洸, 橋本塁, 嶋田洋徳

    日本教育心理学会第57回総会発表論文集,647  (新潟県新潟市)  新潟大学

    Presentation date: 2015.08

  • 親の養育行動に対する生徒の認知が養育行動と社会的スキルの関連に及ぼす影響

    森田典子, 蓑﨑浩史, 宇田川詩帆, 嶋田洋徳

    日本教育心理学会第57回総会発表論文集,651  (新潟県新潟市)  新潟大学

    Presentation date: 2015.08

  • ASDを有する青年期の子どもの行動に対する親の認知的評価の特徴:親の心理的ストレス状態による差異の検討

    蓑﨑浩史, 嶋田洋徳

    日本教育心理学会第57回総会発表論文集,729  (新潟県新潟市)  新潟大学

    Presentation date: 2015.08

  • 教育臨床における認知行動療法の貢献と課題:各領域の実践から探る学校教育現場への還元

    嶋田洋徳, 小関俊祐, 五十嵐友里, 和田美佐子, 佐藤友哉, 相場恵美子, 佐藤博子, 菅野純

    日本教育心理学会第57回総会発表論文集,32-33  (新潟県新潟市)  新潟大学

    Presentation date: 2015.08

  • 中1ギャップと小中接続を教育相談から考える:研究・実践の成果と今後の課題

    神村栄一, 青山修司, 上野昌弘, 相馬誠一, 嶋田洋徳

    日本教育心理学会第57回総会発表論文集,27  (新潟県新潟市)  新潟大学

    Presentation date: 2015.08

  • コーピングスキル支援と認知行動療法:セルフ・モニタリング法の活用

    嶋田洋徳

    日本ストレスマネジメント学会第14回学術大会・研修会論文集,15  (千葉県流山市)  江戸川大学

    Presentation date: 2015.08

  • 児童生徒の集団を対象としたストレスマネジメント教育に関する研究動向と課題

    尾棹万純, 森田典子, 野中俊介, 嶋田洋徳

    日本ストレスマネジメント学会第14回学術大会・研修会論文集,23  (千葉県流山市)  江戸川大学

    Presentation date: 2015.08

  • 親の養育行動に対する認知が中学生の社会的スキルおよび社交不安に及ぼす影響

    森田典子, 蓑﨑浩史, 前田駿太, 嶋田洋徳

    日本ストレスマネジメント学会第14回学術大会・研修会論文集,32  (千葉県流山市)  江戸川大学

    Presentation date: 2015.08

  • 親の養育行動と子どもの抑うつとの関連:養育行動に対する親子間の認知の差異による検討

    蓑﨑浩史, 森田典子, 嶋田洋徳

    日本ストレスマネジメント学会第14回学術大会・研修会論文集,33  (千葉県流山市)  江戸川大学

    Presentation date: 2015.08

  • Investigating delay of gratification in children from the perspective of relational frame theory

    Midori Uemura, Tomu Ohtsuki, Hironori Shimada

    ACBS Annual World Conference 13 program, 26  (Berlin, Germany)  the Association for Contextual Behavioral Science

    Presentation date: 2015.07

  • ひきこもり状態の程度に及ぼす家族の観点からの要因の検討

    野中俊介, 境泉洋, 嶋田洋徳

    日本コミュニティ心理学会第18回大会発表論文集,48-49  (東京都町田市)  法政大学

    Presentation date: 2015.06

  • The effect of the long-term camp program aimed at cultivating adaptive social behavior on the interpersonal self-efficacy, anxiety, and depression of school absentees

    Yuki Tanaka, Yasuko Tanabe, Shunta Maeda, Atsuko Inoue, Hiroshi Sato, Shinichi Ishikawa, Hironori Shimada

    5th Asian Cognitive Behavior Therapy Conference Abstract Proceedings, 118-120  (Nanjing, China)  Asian Cognitive Behavioral Therapy Association

    Presentation date: 2015.05

  • Effect of class-wide social skills training with peer monitoring for children

    Yasuhiro Kimura, Tomoya Sato, Hironori Shimada

    5th Asian Cognitive Behavior Therapy Conference Abstract Proceedings, 128  (Nanjing, China)  Asian Cognitive Behavioral Therapy Association

    Presentation date: 2015.05

  • Belief bias predicts dysfunctional beliefs related to social anxiety over time

    Shunta Maeda, Natsumi Inomata, Yuto Masuda, Yuki Tanaka, Tomoya Sato, Hironori Shimada

    5th Asian Cognitive Behavior Therapy Conference Abstract Proceedings, 63-65  (Nanjing, China)  Asian Cognitive Behavioral Therapy Association

    Presentation date: 2015.05

  • Effect of exposure techniques using different stimulus presentation procedures on social anxiety

    Yuto Masuda, Shunta Maeda, Ayumi Yamashita, Tomoya Sato, Hironori Shimada

    5th Asian Cognitive Behavior Therapy Conference Abstract Proceedings, 79-80  (Nanjing, China)  Asian Cognitive Behavioral Therapy Association

    Presentation date: 2015.05

  • Effects of interpretation bias and intimacy on assertive behavior in junior high school students

    Anri Kawagoe, Shino Denzumi, Ryo Narukawa, Masumi Osao, Takahiro Yokoyama, Miki Yamano-Ikeda, Hironori Shimada

    5th Asian Cognitive Behavior Therapy Conference Abstract Proceedings, 129-131  (Nanjing, China)  Asian Cognitive Behavioral Therapy Association

    Presentation date: 2015.05

  • The effect of attainable goal-setting on self-appraisal in individuals with social anxiety

    Miki Tachibana, Shunta Maeda, Ayumi Yamashita, Tomoya Sato, Hironori Shimada, Shunsuke Koseki

    5th Asian Cognitive Behavior Therapy Conference Abstract Proceedings, 137-138  (Nanjing, China)  Asian Cognitive Behavioral Therapy Association

    Presentation date: 2015.05

  • Time-dependent effects of cortisol on the bias of attention function

    Hironori Shimada, Miki Murata, Jun Sensaki, Shunta Maeda, Ayumi Yamashita, Tomoya Sato, Miho Ishii

    5th Asian Cognitive Behavior Therapy Conference Abstract Proceedings, 141-143  (Nanjing, China)  Asian Cognitive Behavioral Therapy Association

    Presentation date: 2015.05

  • I combined the procedures of interpretation bias modification training: Effects of social skills training on students' social anxiety

    Shiho Udagawa, Ayaka Mori, Kohji Minosaki, Noriko Morita, Hironori Shimada

    5th Asian Cognitive Behavior Therapy Conference Abstract Proceedings, 159-161  (Nanjing, China)  Asian Cognitive Behavioral Therapy Association

    Presentation date: 2015.05

  • 脳波指標と認知課題を用いた食行動異常に関する潜在的連合の検討

    田代恭子, 田邉泰子, 佐藤友哉, 嶋田洋徳, 大月友

    早稲田大学応用脳科学研究所シンポジウム2015  (埼玉県所沢市)  早稲田大学

    Presentation date: 2015.03

  • 外傷性脳損傷者に対する認知行動療法的アプローチの適用における課題

    池田美樹, 綾部直子, 千葉裕明, 佐藤友哉, 嶋田洋徳, 仲谷誠

    第7回日本不安症学会学術大会抄録集,107  (広島県広島市)  高知大学

    Presentation date: 2015.02

  • 学級集団を対象とした個別化の手続きを用いたストレスマネジメント教育が児童の抑うつ・不安に及ぼす影響

    生川良, 嶋田洋徳

    第7回日本不安症学会学術大会抄録集,128  (広島県広島市)  高知大学

    Presentation date: 2015.02

  • 社交不安の予測における信念バイアスの効果

    前田駿太, 佐藤友哉, 山下歩, 田中佑樹, 嶋田洋徳

    第7回日本不安症学会学術大会抄録集,141  (広島県広島市)  高知大学

    Presentation date: 2015.02

  • 他者の視線方向の変化と文脈の差異が社交不安傾向者の回避行動に及ぼす影響

    田中佑樹, 斉藤純輝, 山下歩, 前田駿太, 佐藤友哉, 嶋田洋徳

    第7回日本不安症学会学術大会抄録集,144  (広島県広島市)  高知大学

    Presentation date: 2015.02

  • 他者からの評価の種類と注目量が社交不安の回避行動に及ぼす影響

    山下歩, 佐藤友哉, 前田駿太, 田中佑樹, 嶋田洋徳

    第7回日本不安症学会学術大会抄録集,145  (広島県広島市)  高知大学

    Presentation date: 2015.02

  • 中学生における攻撃行動を遂行する程度とその理由──操作の受け手側に焦点を当てた場面別の検討──

    尾棹 万純, 野中 俊介, 嶋田 洋徳

    日本学校メンタルヘルス学会第19回大会 

    Presentation date: 2015

    Event date:
    2015
     
     
  • 認知行動療法入門

    嶋田洋徳

    第52回全国学生相談研修会報告書,74-75  (東京都千代田区)  東京工業大学

    Presentation date: 2014.12

  • Static-99日本語版を用いた性犯罪者・性依存症者のリスクアセスメント

    北條 正順, 原田 隆之, 野村 和孝, 嶋田 洋徳, 斉藤 章佳, 林 開, 榎本 稔, 深間内 文彦

    性とこころ  日本「性とこころ」関連問題学会

    Presentation date: 2014.12

    Event date:
    2014.12
     
     

     View Summary

    性犯罪または性的問題行動により、都内Aクリニックにて治療を求めた399名を対象に、性犯罪の静的リスク要因を測定するツールであるStatic-99によるリスクアセスメントを行い、その予測的妥当性を確認した。カルテ及びインテークからの情報を元に、Static-99日本語版の評価用紙を用いて、対象者のリスクを得点化した。コーディングの結果から対象者を低リスク(49名)、低-中リスク(77名)、中-高リスク(193名)、高リスク(80名)の4群に分類した。分析の結果、高リスク群の平均年齢が、低リスク及び低-中リスク群に比較して有意に低かった。高リスク群では他の群に比較してリラプスが有意に多く、リスクレベルと再犯の有無に関して、妥当性を確認した。低リスク群では、社会人、既婚者が有意に多く、高リスク群では無職・学生、未婚者が有意に多かった。対象行動に関して、高リスク群では露出症が有意に多く、中-高リスク群では窃視症が有意に多かった。

  • 子どもの心身症に活かす行動医学的アプローチ

    大矢幸弘, 岡島義, 三井知代, 福土審, 冨家直明, 嶋田洋徳  [Invited]

    第21回日本行動医学会学術総会抄録集,13  (埼玉県所沢市)  早稲田大学

    Presentation date: 2014.11

  • 2型糖尿病患者におけるセルフエフィカシーがセルフケア行動に及ぼす機能性の検討

    橋本塁, 浅井志高, 加藤浩之, 永井義夫, 太田明雄, 田中逸, 嶋田洋徳

    第21回日本行動医学会学術総会抄録集,64  (埼玉県所沢市)  早稲田大学

    Presentation date: 2014.11

  • 認知行動療法に関する生徒指導・教育相談研修会のあり方

    嶋田洋徳, 小関俊祐, 楠見潔, 中條信裕, 蓑﨑浩史, 小関真実, 菅野純

    日本教育心理学会第56回総会発表論文集,46-47  (兵庫県神戸市)  神戸大学

    Presentation date: 2014.11

  • 児童青年期のインターネットおよびゲーム依存に対する心理的介入の効果

    宇田川詩帆, 蓑﨑浩史, 川越杏梨, 嶋田洋徳

    日本教育心理学会第56回総会発表論文集,243  (兵庫県神戸市)  神戸大学

    Presentation date: 2014.11

  • 中高生の社交不安に対するビデオフィードバックの介入効果の差異の検討

    川越杏梨, 蓑﨑浩史, 宇田川詩帆, 嶋田洋徳

    日本教育心理学会第56回総会発表論文集,249  (兵庫県神戸市)  神戸大学

    Presentation date: 2014.11

  • 認知機能の程度が行動活性化技法の介入プロセスにおける快活動および報酬知覚に与える影響

    横山貴洸, 佐藤友哉, 橋本塁, 嶋田洋徳

    日本認知・行動療法学会第40回大会プログラム・抄録集,282-283  (富山県富山市)  早稲田大学

    Presentation date: 2014.11

  • うつ病当事者に対する家族のケア行動と主観的な困難感の関連

    長野恭子, 野村和孝, 橋本塁, 嶋田洋徳

    日本認知・行動療法学会第40回大会プログラム・抄録集,342-343  (富山県富山市)  早稲田大学

    Presentation date: 2014.11

  • 社交不安における他者の視線の方向が表情の情報処理過程に及ぼす影響

    山下歩, 佐藤友哉, 前田駿太, 田中佑樹, 嶋田洋徳

    日本認知・行動療法学会第40回大会プログラム・抄録集,346-347  (富山県富山市)  早稲田大学

    Presentation date: 2014.11

  • 日本語版 Self-Beliefs related to Social Anxiety scale 開発の試み

    前田駿太, 佐藤友哉, 山下歩, 田中佑樹, 嶋田洋徳

    日本認知・行動療法学会第40回大会プログラム・抄録集,348-349  (富山県富山市)  早稲田大学

    Presentation date: 2014.11

  • 回避機能の直接的および派生的な獲得が潜在指標と脳波指標に及ぼす影響

    佐藤友哉, 山下歩, 前田駿太, 嶋田洋徳, 大月友

    日本認知・行動療法学会第40回大会プログラム・抄録集,356-357  (富山県富山市)  早稲田大学

    Presentation date: 2014.11

  • セミオープン形式の集団認知行動療法プログラム(OAN)が物質乱用患者の対処傾向と社会的機能に及ぼす影響の検討

    野村和孝, 田中佑樹, 嶋田洋徳, 寺門志保, 吉田恵里子, 長縄瑛子, 大石裕代, 大石雅之

    日本認知・行動療法学会第40回大会プログラム・抄録集,425-426  (富山県富山市)  早稲田大学

    Presentation date: 2014.11

  • スクールカウンセリングで子どもの強迫性障害治療として曝露反応妨害法を用いた事例

    佐藤千草, 小林奈穂美, 嶋田洋徳

    日本認知・行動療法学会第40回大会プログラム・抄録集,23  (富山県富山市)  早稲田大学

    Presentation date: 2014.11

  • 小中学校教員に対する機能分析研修の形式と教員の許容度が生徒指導における自己効力感および見立てと対応に及ぼす影響

    寺門志保, 野村和孝, 嶋田洋徳, 美根早由里, 前田駿太, 長縄瑛子, 大石雅之

    日本認知・行動療法学会第40回大会プログラム・抄録集,134-135  (富山県富山市)  早稲田大学

    Presentation date: 2014.11

  • 親子相互作用場面における親の視線および子どもへの働きかけに関する検討

    宇田川詩帆, 蓑﨑浩史, 森彩香, 川越杏梨, 前田駿太, 嶋田洋徳

    日本認知・行動療法学会第40回大会プログラム・抄録集,146-147  (富山県富山市)  早稲田大学

    Presentation date: 2014.11

  • Lifestyle Behaviour Checklist 日本語版作成の試み

    蓑﨑浩史, 宇田川詩帆, 川越杏梨, 嶋田洋徳

    日本認知・行動療法学会第40回大会プログラム・抄録集,148-149  (富山県富山市)  早稲田大学

    Presentation date: 2014.11

  • 関係フレーム理論による児童のセルフコントロールに対する理解

    上村碧, 大月友, 嶋田洋徳

    日本認知・行動療法学会第40回大会プログラム・抄録集,164-165  (富山県富山市)  早稲田大学

    Presentation date: 2014.11

  • 情動調整方略の差異とワーキングメモリ負荷の程度が不快情動の低減に及ぼす影響

    田中佑樹, 佐藤友哉, 前田駿太, 山下歩, 嶋田洋徳

    日本認知・行動療法学会第40回大会プログラム・抄録集,186-187  (富山県富山市)  早稲田大学

    Presentation date: 2014.11

  • 不快情動喚起の程度とコーピング方略の差異が方略の案出数に与える影響

    村田美樹, 佐藤友哉, 山下歩, 千先純, 前田駿太, 嶋田洋徳

    日本認知・行動療法学会第40回大会プログラム・抄録集,254-255  (富山県富山市)  早稲田大学

    Presentation date: 2014.11

  • P2-48 回避機能の直接的および派生的な獲得が潜在指標と脳波指標に及ぼす影響(一般演題ポスター,認知行動療法のポテンシャル)

    佐藤 友哉, 山下 歩, 前田 駿太, 嶋田 洋徳, 大月 友

    日本認知・行動療法学会大会プログラム・抄録集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 2014.11

    Event date:
    2014.11
     
     
  • P2-43 社交不安における他者の視線の方向が表情の情報処理過程に及ぼす影響(一般演題ポスター,認知行動療法のポテンシャル)

    山下 歩, 佐藤 友哉, 前田 駿太, 田中 佑樹, 嶋田 洋徳

    日本認知・行動療法学会大会プログラム・抄録集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 2014.11

    Event date:
    2014.11
     
     
  • P2-83 セミオープン形式の集団認知行動療法プログラム(OAN)が物質乱用患者の対処傾向と社会的機能に及ぼす影響の検討(一般演題ポスター,認知行動療法のポテンシャル)

    野村 和孝, 田中 佑樹, 嶋田 洋徳, 寺門 志保, 吉田 恵理子, 長縄 瑛子, 大石 裕代, 大石 雅之

    日本認知・行動療法学会大会プログラム・抄録集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 2014.11

    Event date:
    2014.11
     
     
  • P2-44 日本語版Self-Beliefs related to Social Anxiety scale開発の試み(一般演題ポスター,認知行動療法のポテンシャル)

    前田 駿太, 佐藤 友哉, 山下 歩, 田中 佑樹, 嶋田 洋徳

    日本認知・行動療法学会大会プログラム・抄録集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 2014.11

    Event date:
    2014.11
     
     
  • P2-41 うつ病当事者に対する家族のケア行動と主観的な困難感の関連(一般演題ポスター,認知行動療法のポテンシャル)

    長野 恭子, 野村 和孝, 橋本 塁, 嶋田 洋徳

    日本認知・行動療法学会大会プログラム・抄録集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 2014.11

    Event date:
    2014.11
     
     
  • P1-27 小中学校教員に対する機能分析研修の形式と教員の許容度が生徒指導における自己効力感および見立てと対応に及ぼす影響(一般演題ポスター,認知行動療法のポテンシャル)

    寺門 志保, 野村 和孝, 嶋田 洋徳, 美根 早由里, 前田 駿太, 長縄 瑛子, 大石 雅之

    日本認知・行動療法学会大会プログラム・抄録集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 2014.11

    Event date:
    2014.11
     
     
  • P2-11 認知機能の程度が行動活性化技法の介入プロセスにおける快活動および報酬知覚に与える影響(一般演題ポスター,認知行動療法のポテンシャル)

    横山 貴洸, 佐藤 友哉, 橋本 塁, 嶋田 洋徳

    日本認知・行動療法学会大会プログラム・抄録集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 2014.11

    Event date:
    2014.11
     
     
  • P1-87 不快情動喚起の程度とコーピング方略の差異が方略の案出数に与える影響(一般演題ポスター,認知行動療法のポテンシャル)

    村田 美樹, 佐藤 友哉, 山下 歩, 千先 純, 前田 駿太, 嶋田 洋徳

    日本認知・行動療法学会大会プログラム・抄録集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 2014.11

    Event date:
    2014.11
     
     
  • P1-33 親子相互作用場面における親の視線および子どもへの働きかけに関する検討(一般演題ポスター,認知行動療法のポテンシャル)

    宇田川 詩帆, 蓑崎 浩史, 森 彩香, 川越 杏梨, 前田 駿太, 嶋田 洋徳

    日本認知・行動療法学会大会プログラム・抄録集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 2014.11

    Event date:
    2014.11
     
     
  • P1-53 情動調整方略の差異とワーキングメモリ負荷の程度が不快情動の低減に及ぼす影響(一般演題ポスター,認知行動療法のポテンシャル)

    田中 佑樹, 佐藤 友哉, 前田 駿太, 山下 歩, 嶋田 洋徳

    日本認知・行動療法学会大会プログラム・抄録集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 2014.11

    Event date:
    2014.11
     
     
  • 小中学校教員に対する機能分析研究の形式と教員の許容度が生徒指導における自己効力感および見立てと対応に及ぼす影響

    寺門志保, 野村和孝, 嶋田洋徳, 美根早由里, 前田駿太, 長縄瑛子, 大石雅之

    日本認知・行動療法学会第40会大会プログラム・抄録集 

    Presentation date: 2014.11

    Event date:
    2014.11
     
     
  • 性犯罪加害者に対する集団認知行動療法

    嶋田洋徳

    日本認知・行動療法学会第40回大会プログラム・抄録集,20  (富山県富山市)  早稲田大学

    Presentation date: 2014.11

  • 身体的リスクを伴う勤労者に対するストレスマネジメント教育がストレス反応と安全配慮行動に及ぼす影響

    木村美樹子, 池田美樹, 嶋田洋徳

    日本ストレスマネジメント学会第13回学術大会・研修会プログラム・抄録集,52  (大阪府大阪市)  大阪教育大学

    Presentation date: 2014.10

  • 職場の管理監督者のセルフモニタリング能力の向上が自身のストレス反応軽減に及ぼす影響

    丸本裕子, 池田美樹, 生川良, 嶋田洋徳

    日本ストレスマネジメント学会第13回学術大会・研修会プログラム・抄録集,56  (大阪府大阪市)  大阪教育大学

    Presentation date: 2014.10

  • 依存症の家族教室プログラムの開発と実施の試み(2)-情動調整型と機能分析型の比較―

    野村和孝, 濱口真実, 矢尾 望, 田口紀美子, 大石裕代, 嶋田洋徳, 大石雅之

    日本アルコール・薬物医学会雑誌 

    Presentation date: 2014.10

    Event date:
    2014.10
     
     
  • 学校教育現場におけるストレスマネジメント教育が女子中学生の食行動に及ぼす影響

    美根早由里, 田代恭子, 寺門志保, 宇田川詩帆, 川越杏梨, 嶋田洋徳

    第14回日本認知療法学会第18回日本摂食障害学会学術集会合同学会プログラム・抄録集,215  (大阪府大阪市)  大阪教育大学

    Presentation date: 2014.09

  • ダイエット行動に影響を及ぼす心理社会的要因の発達的変化に関する検討

    田代恭子, 山下史, 美根早由里, 嶋田洋徳, 大月友

    第14回日本認知療法学会第18回日本摂食障害学会学術集会合同学会プログラム・抄録集,111  (大阪府大阪市)  大阪教育大学

    Presentation date: 2014.09

  • 性犯罪者の再犯防止に対する認知行動療法:普及と課題

    別所ちさと, 千田恵吾, 田代恭子, 野村和孝, 嶋田洋徳

    第14回日本認知療法学会第18回日本摂食障害学会学術集会合同学会プログラム・抄録集,80  (大阪府大阪市)  大阪教育大学

    Presentation date: 2014.09

  • コーピング実行後の社会的相互作用が実行者のストレス反応に与える影響の緩衝要因の検討:対人ストレス場面における検討

    森本浩志, 綾部直子, 橋本塁, 美根早由里, 嶋田洋徳

    日本心理学会第78回大会発表論文集,343  (京都府京都市)  同志社大学

    Presentation date: 2014.09

  • 認知行動療法に基づくストレスマネジメント:セルフ・モニタリング法の活用

    嶋田洋徳

    日本心理医療諸学会連合第27回大会プログラム・抄録集,12  (東京都世田谷区)  早稲田大学

    Presentation date: 2014.09

  • 司法矯正領域における集団認知行動療法:グループという力の活用の観点から

    寺田孝, 安部尚子, 只野智弘, 野村和孝, 浦田洋, 嶋田洋徳

    日本犯罪心理学会第52回大会,犯罪心理学研究,52(特別号),225-236  (東京都新宿区)  早稲田大学

    Presentation date: 2014.09

  • 時間の関係反応と随伴性の特定の関連:「こうすると,ああなる!」の発見を担う行動レパートリーの検討

    上村碧, 大月友, 嶋田洋徳

    日本行動分析学会第32回年次大会発表論文集,34  (青森県弘前市)  弘前大学

    Presentation date: 2014.06

  • Effect of acquisition of avoidance through a direct or a derived learning on an implicit measure

    Tomoya Sato, Ayumi Yamashita, Shunta Maeda, Hironori Shimada, Tomu Ohtsuki

    ACBS Annual World Conference 12 program, 63  (Minneapolis, USA)  the Association for Contextual Behavioral Science

    Presentation date: 2014.06

  • Self-control and relational framing: Investigating the relationship between self-control and relational framing in accordance with temporal and comparative relationship in children

    Midori Uemura, Tomu Ohtsuki, Hironori Shimada

    ACBS Annual World Conference 12 program, 64  (Minneapolis, USA)  the Association for Contextual Behavioral Science

    Presentation date: 2014.06

  • 性犯罪者リスク・スケールStatic-99日本語版の開発

    原田 隆之, 野村 和孝, 嶋田 洋徳, 大石 雅之

    犯罪心理学研究  日本犯罪心理学会

    Presentation date: 2014.03

    Event date:
    2014.03
     
     
  • 認知行動療法に基づく被害者共感性プログラムが性犯罪者の視点取得と共感的反応に及ぼす影響の検討

    野村 和孝, 嶋田 洋徳, 原田 隆之, 大石 雅之

    犯罪心理学研究  日本犯罪心理学会

    Presentation date: 2014.03

    Event date:
    2014.03
     
     
  • 認知行動療法の理論と実際:達人に学ぶ,認知行動療法のツボ

    嶋田洋徳

    日本コミュニケーション障害学会第44回講習会  (東京都文京区)  上智大学

    Presentation date: 2014.03

  • 子どもの不安・うつとストレスマネジメント:教育現場における認知行動療法の実践

    嶋田洋徳

    日本不安障害学会公開市民講座・不安の医学第21回都民講演会  (東京都文京区)  医療法人和楽会赤坂クリニック

    Presentation date: 2014.02

  • P1-10 The Relationship between Temporal Relational Responding and Specifying the Contingency

    UEMURA Midori, OHTSUKI Tomu, SHIMADA Hironori

    Presentation date: 2014

    Event date:
    2014
     
     
  • JB05 認知行動療法に関する生徒指導・教育相談研修会のあり方(自主企画シンポジウム)

    嶋田 洋徳, 小関 俊祐, 楠見 潔, 中條 信裕, 蓑崎 浩史, 小関 真実, 菅野 純

    日本教育心理学会総会発表論文集  日本教育心理学会

    Presentation date: 2014

    Event date:
    2014
     
     
  • PA089 児童青年期のインターネットおよびゲーム依存に対する心理的介入の効果(臨床,ポスター発表A)

    宇田川 詩帆, 蓑崎 浩史, 川越 杏梨, 嶋田 洋徳

    日本教育心理学会総会発表論文集  日本教育心理学会

    Presentation date: 2014

    Event date:
    2014
     
     
  • 児童青年期のストレスコーピングと行動活性化療法

    嶋田洋徳

    早稲田大学人間総合研究センター公開シンポジウムヘルシーエイジング:健康と運動ホップ・ステップ・ジャンプ  (東京都新宿区)  早稲田大学

    Presentation date: 2013.12

  • 社交不安に対する注意バイアス修正訓練の効果に影響を及ぼす諸要因の検討

    前田駿太, 佐藤友哉, 嶋田洋徳

    第29回日本ストレス学会学術総会,ストレス科学,28,230  (徳島県徳島市)  徳島大学

    Presentation date: 2013.11

  • 認知行動療法に基づく被害者共感性プログラムが性犯罪者の視点取得と共感的反応に及ぼす影響の検討

    安部尚子, 野村和孝, 嶋田洋徳

    日本犯罪心理学会第51回大会,犯罪心理学研究,51,6-7  (大阪府柏原市)  大阪教育大学

    Presentation date: 2013.09

  • 累犯刑務所における薬物依存離脱指導が覚せい剤使用者の薬物再使用リスクに及ぼす影響:Self-helpミーティング形式と集団認知行動療法形式の比較

    安部尚子, 野村和孝, 嶋田洋徳

    日本犯罪心理学会第51回大会,犯罪心理学研究,51,8  (大阪府柏原市)  大阪教育大学

    Presentation date: 2013.09

  • 性犯罪者リスク・スケールStatic-99日本語版の開発

    原田隆之, 野村和孝, 嶋田洋徳, 大石雅之

    日本犯罪心理学会第51回大会,犯罪心理学研究,51,16-17  (大阪府柏原市)  大阪教育大学

    Presentation date: 2013.09

  • 持続的な不眠症状と入眠時の認知活動がネガティブな自動思考および抑うつ気分に及ぼす影響

    千先純, 山本哲也, 久保絢子, 野村和孝, 嶋田洋徳

    日本心理学会第77回大会発表論文集,291  (北海道札幌市)  北海道医療大学

    Presentation date: 2013.09

  • コーピング選択における社会的文脈の評価と社会的相互作用:対人ストレス場面における検討

    森本浩志, 綾部直子, 橋本塁, 美根早由里, 嶋田洋徳

    日本心理学会第77回大会発表論文集,385  (北海道札幌市)  北海道医療大学

    Presentation date: 2013.09

  • γ波に見られる選択的注意とコントロール不可能性を有する心配との関連性に関する検討

    玉田絢香, 山本哲也, 嶋田洋徳

    日本心理学会第77回大会発表論文集,426  (北海道札幌市)  北海道医療大学

    Presentation date: 2013.09

  • 性犯罪被害に対する視点取得と感情反応の関連

    野村和孝, 松本拡, 佐藤友哉, 嶋田洋徳

    日本心理学会第77回大会発表論文集,452  (北海道札幌市)  北海道医療大学

    Presentation date: 2013.09

  • 共感性が置き換えられた攻撃行動および直接的攻撃行動に及ぼす影響の差異の検討

    長沼里美, 嶋田洋徳, 越智啓太

    日本心理学会第77回大会発表論文集,931  (北海道札幌市)  北海道医療大学

    Presentation date: 2013.09

  • コルチゾールが抑うつを維持する情報処理過程に及ぼす影響

    津村秀樹, 嶋田洋徳

    日本心理学会第77回大会発表論文集,L(2)  (北海道札幌市)  北海道医療大学

    Presentation date: 2013.09

  • エビデンス・ベースト・カウンセリングの新たな発展性

    沢崎達夫, 清水幹夫, 嶋田洋徳, 齋藤清二, 佐野秀樹

    日本カウンセリング学会第46回大会発表論文集,22  (埼玉県比企郡)  東京電機大学

    Presentation date: 2013.08

  • Classroom-based cognitive behavioral group therapy

    Hironori Shimada

    (Tokyo, Japan)  Japanese Association of Behavior Therapy

    Presentation date: 2013.08

  • Group social skills training adding attention Training affects on social maintenance and generalization along with the psychological adjustment among school children

    (Tokyo, Japan)  Japanese Association of Behavior Therapy

    Presentation date: 2013.08

  • Different effects on anger reactions of attentional bias and coping interventions for elementary and junior high school students (2): A longitudinal study

    (Tokyo, Japan)  Japanese Association of Behavior Therapy

    Presentation date: 2013.08

  • Descriptive research about reflection and brooding that is both aspects of rumination

    (Tokyo, Japan)  Japanese Association of Behavior Therapy

    Presentation date: 2013.08

  • The influence of group cognitive behavior therapy program (OGA) onpathological gambling patient's cognitive biases and coping tendency

    (Tokyo, Japan)  Japanese Association of Behavior Therapy

    Presentation date: 2013.08

  • 学会員の活動現況と今後の学会の方向性:学会員アンケートに基づいて

    日本行動療法学会第39回大会プログラム,86  (東京都豊島区)  早稲田大学

    Presentation date: 2013.08

  • 言語行動の基礎研究と行動療法

    嶋田洋徳, 山本淳一

    日本行動療法学会第39回大会発表論文集,CBJABA-EL  (東京都豊島区)  早稲田大学

    Presentation date: 2013.08

  • Effects of parental behavior on children's anxiety-related reactions

    4th Asian Cognitive Behavior Therapy Conference Program, 339 (A-P-005)  (Tokyo, Japan) 

    Presentation date: 2013.08

  • Study on the causal relationship between cognitive and behavioral factors and depressive symptoms in children with autistic features

    4th Asian Cognitive Behavior Therapy Conference Program, 40 (A-P-017)  (Tokyo, Japan) 

    Presentation date: 2013.08

  • Different effects on anger reactions of attentional bias and coping interventions for elementary and junior high school students(Ⅰ): A cross-sectional study

    4th Asian Cognitive Behavior Therapy Conference Program, 42 (A-P-035)  (Tokyo, Japan) 

    Presentation date: 2013.08

  • The relationship between psychological flexibility, school stressors and feeling of school avoidance

    4th Asian Cognitive Behavior Therapy Conference Program, 42 (A-P-033)  (Tokyo, Japan) 

    Presentation date: 2013.08

  • Association between increase in coping variation and stress responses in elementary school children

    4th Asian Cognitive Behavior Therapy Conference Program, 44 (A-P-050)  (Tokyo, Japan) 

    Presentation date: 2013.08

  • Effects of sociocultural context in cognitive appraisal of coping flexibility and psychological distress

    4th Asian Cognitive Behavior Therapy Conference Program, 46 (A-P-072)  (Tokyo, Japan) 

    Presentation date: 2013.08

  • Cognitive-behavioral therapy in reinstatement assistance programs for people with depression: A review

    4th Asian Cognitive Behavior Therapy Conference Program, 53 (A-P-134)  (Tokyo, Japan) 

    Presentation date: 2013.08

  • Effects of others' gaze direction on facial information processing in social anxiety disorder

    4th Asian Cognitive Behavior Therapy Conference Program, 56 (A-P-163)  (Tokyo, Japan) 

    Presentation date: 2013.08

  • Alexithymia mediates the relationship between social anxiety and attentional bias

    4th Asian Cognitive Behavior Therapy Conference Program, 56 (A-P-160)  (Tokyo, Japan) 

    Presentation date: 2013.08

  • Relearning associations using the Implicit Association Test to improve social anxiety

    4th Asian Cognitive Behavior Therapy Conference Program, 57 (A-P-164)  (Tokyo, Japan) 

    Presentation date: 2013.08

  • Cognitive impairments and awareness of social behavior dysfunction in patients with traumatic brain injury

    4th Asian Cognitive Behavior Therapy Conference Program, 58 (A-P-174)  (Tokyo, Japan) 

    Presentation date: 2013.08

  • The role of visceral sensation and possibility of psychological clinical intervention for eating disorder

    4th Asian Cognitive Behavior Therapy Conference Program, 58 (A-P-177)  (Tokyo, Japan) 

    Presentation date: 2013.08

  • The impact of cognitive function on pleasant activity and reward observation within the intervention process of behavioral activation

    4th Asian Cognitive Behavior Therapy Conference Program, 60 (A-P-200)  (Tokyo, Japan) 

    Presentation date: 2013.08

  • ソーシャルスキルトレーニングの有効性が期待できる条件:教育の場でどのような時にSSTは有効なのか?

    日本教育心理学会第55回総会発表論文集,S114-S115  (東京都豊島区) 

    Presentation date: 2013.08

  • 保健室での対応に役立つ臨床心理学的アプローチ:認知行動療法の立場から

    日本ストレスマネジメント学会第12回学術大会・研修会プログラム・抄録集,11 

    Presentation date: 2013.07

  • 行動論的生徒指導研修の小中学校教員のストレス低減効果の可能性

    日本ストレスマネジメント学会第12回学術大会・研修会プログラム・抄録集,42 

    Presentation date: 2013.07

  • 職場ストレス研究における動機づけ面接法の適用可能性

    日本ストレスマネジメント学会第12回学術大会・研修会プログラム・抄録集,43 

    Presentation date: 2013.07

  • Differences in mechanism between the Word Repeating Technique and exposure to verbal stimuli

    World Congress of Behavioral and Cognitive Therapies 2013 Abstract Book, 154-155  (Lima, Peru) 

    Presentation date: 2013.07

  • Influence of cognitive and behavioral factors on depressive symptoms in children with autistic features

    World Congress of Behavioral and Cognitive Therapies 2013 Abstract Book, 318-319  (Lima, Peru) 

    Presentation date: 2013.07

  • Determinants of the evaluation of coping method appropriateness in a sociocultural context

    World Congress of Behavioral and Cognitive Therapies 2013 Abstract Book, 476-477  (Lima, Peru) 

    Presentation date: 2013.07

  • Effect of interactional contingency between caregiver and depressed individuals on distress in caregivers:Functional analysis using retrospective episodes

    World Congress of Behavioral and Cognitive Therapies 2013 Abstract Book, 664-665  (Lima, Peru) 

    Presentation date: 2013.07

  • 婚約者の性的問題行動に起因して適応障害を示した女性に対する認知行動療法の適用

    日本「性とこころ」関連問題学会第5回学術研究大会プログラム・抄録集,125-133. 

    Presentation date: 2013.06

  • うつにならない:小さなストレスをためないためのセルフ・モニタリング法

    パブリックヘルスリサーチセンター2012年度ストレス科学シンポジウム 

    Presentation date: 2013.03

  • 2型糖尿病患者のセルフケア行動に及ぼす要因の検討(1):糖尿病患者特有の不安に焦点を当てて

    第19回日本行動医学会学術総会,107 

    Presentation date: 2013.03

  • 2型糖尿病患者のセルフケア行動に及ぼす要因の検討(2):日本語版Diabetes Knowledge Testの開発

    第19回日本行動医学会学術総会,108 

    Presentation date: 2013.03

  • γ波に見られる選択的注意とコントロール不可能性を有する心配の関連についての検討

    早稲田大学応用脳科学研究所シンポジウム2013 

    Presentation date: 2013.02

  • 認知行動療法とストレスコーピング

    第83回健康心理学研修会 

    Presentation date: 2013.02

  • 盗撮および公然わいせつの性加害行為者へ認知行動療法を行った事例

    日本行動療法学会行動療法コロキウム'12 in 信州美ヶ原,行動療法研究,39,165-166 

    Presentation date: 2013.02

  • 完全主義が抑うつと不安に及ぼす影響:完全主義の二面性の再検討

    第5回日本不安障害学会学術大会抄録集,133 

    Presentation date: 2013.02

  • パニック障害に対するインターネット式認知行動療法におけるサポートの有無がパニック症状に及ぼす影響

    第5回日本不安障害学会学術大会抄録集,123 

    Presentation date: 2013.02

  • 学級集団への認知行動療法アプローチ:特に粗暴傾向の改善にむけて

    日本行動療法学会認知行動療法セミナー:認知行動療法の最前線2013 

    Presentation date: 2013.01

  • I-5. 注意バイアス変容訓練がコルチゾールおよび抑うつ気分に及ぼす効果(一般演題,第117回日本心身医学会関東地方会演題抄録)

    津村 秀樹, 野村 和孝, 菅谷 渚, 嶋田 洋徳

    心身医学  一般社団法人 日本心身医学会

    Presentation date: 2013

    Event date:
    2013
     
     
  • Current Status of Eye Disease Screening : A Discussion Based on the Tajimi Study

    Japanese Journal of Psychosomatic Medicine  Japanese Society of Psychosomatic Medicine

    Presentation date: 2013

    Event date:
    2013
     
     
  • JE01 ソーシャルスキルトレーニングの有効性が期待できる条件 : 教育の場でどのような時にSSTは有効なのか?(自主企画シンポジウム)

    嶋田 洋徳, 小関 俊祐, 小関 真実, 田平 綾, 大沢 知隼, 石垣 久美子, 菅野 純

    日本教育心理学会総会発表論文集  日本教育心理学会

    Presentation date: 2013

    Event date:
    2013
     
     
  • 学校におけるストレスマネジメントの実際

    第28回日本ストレス学会総会抄録集,ストレス科学,27,164 

    Presentation date: 2012.12

  • 地域社会がストレス科学に求めるもの:学校ストレスとストレス科学

    第28回日本ストレス学会総会抄録集,ストレス科学,27,196 

    Presentation date: 2012.12

  • 児童生徒のストレッサーがストレス反応に及ぼす影響:PSIを用いた縦断的検討(1)

    日本教育心理学会第54回総会発表論文集,617 

    Presentation date: 2012.11

  • クラス集団のストレッサーの状態が児童生徒のストレス反応に及ぼす影響:PSIを用いた縦断的検討(2)

    日本教育心理学会第54回総会発表論文集,618 

    Presentation date: 2012.11

  • 身体活動の要素を組み合わせたストレスマネジメント教育の実践

    日本教育心理学会第54回総会発表論文集,620 

    Presentation date: 2012.11

  • 精神的充足および社会的適応力と身体活動量が生徒の心理的ストレス反応に及ぼす影響

    日本教育心理学会第54回総会発表論文集,633 

    Presentation date: 2012.11

  • 学級集団を対象にした認知行動療法的介入の実践

    日本教育心理学会第54回総会発表論文集,866-867 

    Presentation date: 2012.11

  • うつ病関連疾患を持つ者の家族が抱える困難感に関する記述的検討

    日本カウンセリング学会第45回大会,94 

    Presentation date: 2012.10

  • アクセプタンス技法およびディストラクション技法が社会的場面における注意容量に及ぼす影響

    日本行動療法学会第38回大会発表論文集,256-257 

    Presentation date: 2012.09

  • Word Repeating Technique と言語刺激に対する曝露の作用機序の差異に関する検討

    日本行動療法学会第38回大会発表論文集,258-259 

    Presentation date: 2012.09

  • 高所関連 Implicit Relational Assessment Procedure(IRAP)に用いる刺激語の反応特性の比較

    日本行動療法学会第38回大会発表論文集,262-263 

    Presentation date: 2012.09

  • 将来と過去に対する認知的フュージョンと抑うつとの関連の検討

    日本行動療法学会第38回大会発表論文集,342-343 

    Presentation date: 2012.09

  • パニック障害に対するインターネットを用いた認知行動療法の効果と研究課題

    日本行動療法学会第38回大会発表論文集,372-373 

    Presentation date: 2012.09

  • 物質乱用におけるアルコール依存患者とアンフェタミン依存患者のコーピングスキルの差異と社会的機能の関連

    日本行動療法学会第38回大会発表論文集,136-137 

    Presentation date: 2012.09

  • ASDを持つ児童青年の心理的症状に対する認知行動療法の効果に関する展望

    日本行動療法学会第38回大会発表論文集,180-181 

    Presentation date: 2012.09

  • 性犯罪再犯防止を目的とした認知行動療法の実施における施設内処遇と社会内処遇の差異の検討

    日本行動療法学会第38回大会発表論文集,208-209 

    Presentation date: 2012.09

  • 電車内痴漢行為における他者感情認知と感情反応の検討

    日本行動療法学会第38回大会発表論文集,210-211 

    Presentation date: 2012.09

  • P1-35 ASDを持つ児童青年の心理的症状に対する認知行動療法の効果に関する展望(一般演題(ポスター),テーマ:認知行動療法の「今」)

    蓑崎 浩史, 嶋田 洋徳

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 2012.09

    Event date:
    2012.09
     
     
  • P2-46 将来と過去に対する認知的フュージョンと抑うつとの関連の検討(一般演題(ポスター),テーマ:認知行動療法の「今」)

    香山 雄介, 熊野 宏昭, 久保 絢子, 嶋田 洋徳, 福井 至

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 2012.09

    Event date:
    2012.09
     
     
  • P2-4 Word Repeating Techniqueと言語刺激に対する曝露の作用機序の差異に関する検討(一般演題(ポスター),テーマ:認知行動療法の「今」)

    佐藤 友哉, 橋本 塁, 嶋田 洋徳

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 2012.09

    Event date:
    2012.09
     
     
  • P2-61 パニック障害に対するインターネットを用いた認知行動療法の効果と研究課題(一般演題(ポスター),テーマ:認知行動療法の「今」)

    飯坂 彩乃, 堀内 恵子, 佐藤 友哉, 嶋田 洋徳, 横光 健吾, 坂野 雄二

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 2012.09

    Event date:
    2012.09
     
     
  • P2-3 アクセプタンス技法およびディストラクション技法が社会的場面における注意容量に及ぼす影響(一般演題(ポスター),テーマ:認知行動療法の「今」)

    椿 明日香, 野村 和孝, 佐藤 友哉, 山口 あい子, 嶋田 洋徳

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 2012.09

    Event date:
    2012.09
     
     
  • P2-6 高所関連Implicit Relational Assessment Procedure (IRAP)に用いる刺激語の反応特性の比較(一般演題(ポスター),テーマ:認知行動療法の「今」)

    川井 智理, 宇留鷲 美紀, 久保 絢子, 嶋田 洋徳, 熊野 宏昭

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 2012.09

    Event date:
    2012.09
     
     
  • P1-49 性犯罪再犯防止を目的とした認知行動療法の実施における施設内処遇と社会内処遇の差異の検討(一般演題(ポスター),テーマ:認知行動療法の「今」)

    嶋田 洋徳, 野村 和孝, 松本 拡, 生川 良

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 2012.09

    Event date:
    2012.09
     
     
  • P1-13 物質乱用におけるアルコール依存患者とアンフェタミン依存患者のコーピングスキルの差異と社会的機能の関連(一般演題(ポスター),テーマ:認知行動療法の「今」)

    田代 恭子, 野村 和孝, 綾部 直子, 中西 桃子, 大石 裕代, 大石 雅之, 嶋田 洋徳

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 2012.09

    Event date:
    2012.09
     
     
  • 性犯罪加害者に対する集団認知行動療法

    日本行動療法学会第38回大会発表論文集,20 

    Presentation date: 2012.09

  • 歯科衛生士の離職・転職行動とストレスコーピングおよび精神的健康との関連

    日本歯科衛生学会第7回学術大会,148 

    Presentation date: 2012.09

  • 電車内痴漢行為場面における共感的反応と共感性の関連

    日本心理学会第76回大会発表論文集,467 

    Presentation date: 2012.09

  • Enhanced increase in cortisol/DHEA ratio under prolonged stress in individuals with irritable bowel syndrome

    42nd International Society of Psychoneuroendocrinology Conference, ***** 

    Presentation date: 2012.09

  • 認知神経科学的観点に基づくうつ病再発の脆弱性メカニズムの統合的理解

    日本心理学会第76回大会発表論文集,L(1) 

    Presentation date: 2012.09

  • 物質乱用に対する強化随伴性を軸とした集団認知行動療法が物質乱用患者の心理社会的要因とQOLに及ぼす影響

    第34回日本アルコール関連問題学会大会プログラム・抄録集,107 

    Presentation date: 2012.09

  • 小学生における社会的スキルおよび身体活動の行動変容ステージがストレス反応に及ぼす影響

    日本健康心理学会第25回大会発表論文集,74 

    Presentation date: 2012.09

  • 中学生における社会的スキルおよび身体活動の行動変容ステージがストレス反応に及ぼす影響

    日本健康心理学会第25回大会発表論文集,75 

    Presentation date: 2012.09

  • コーピングの選択理由尺度の妥当性の検討

    日本健康心理学会第25回大会発表論文集,78 

    Presentation date: 2012.09

  • 女子大学生における家族間のコミュニケーションと家族機能および食行動異常との関連

    日本健康心理学会第25回大会発表論文集,98 

    Presentation date: 2012.09

  • 病的賭博に対する集団認知行動療法プログラムが病的賭博患者の心理社会的要因およびQOLに及ぼす影響

    中西桃子, 田口紀美子, 野村和孝, 田代恭子, 嶋田洋徳, 綾部直子, 大石裕代, 大石雅之

    第34回日本アルコール関連問題学会抄録集 

    Presentation date: 2012.09

    Event date:
    2012.09
     
     
  • Is the goodness-of-fit hypothesis useful for reducing stress response? :Examination from the viewpoint of appraisal of approval of coping strategy by others

    12th International Congress of Behavioral Medicine, ***** 

    Presentation date: 2012.08

  • 電車内痴漢行為場面における共感的反応と共感性の関連

    野村 和孝, 東本 愛香, 小畠 秀吾, 嶋田 洋徳

    日本心理学会大会発表論文集  (公社)日本心理学会

    Presentation date: 2012.08

    Event date:
    2012.08
     
     
  • 集団社会的スキル訓練による相互作用の変容が児童生徒のストレス反応に及ぼす影響

    日本ストレスマネジメント学会第11回学術大会・研修会プログラム・抄録集,34 

    Presentation date: 2012.07

  • 相互作用を促進させる身体活動の要素を組み合わせたストレスマネジメント教育が児童のストレス反応に及ぼす影響

    日本ストレスマネジメント学会第11回学術大会・研修会プログラム・抄録集,35 

    Presentation date: 2012.07

  • 対人摩耗経験が大学生の対人ストレスコーピングとストレス反応に及ぼす影響:友人関係の親密性別の検討

    日本ストレスマネジメント学会第11回学術大会・研修会プログラム・抄録集,36 

    Presentation date: 2012.07

  • 総合病院看護師の職場ストレスと抑うつ症状との関連

    日本ストレスマネジメント学会第11回学術大会・研修会プログラム・抄録集,37 

    Presentation date: 2012.07

  • うつ病の再発をもたらす認知的脆弱性の病態メカニズムに関する認知神経科学的検討

    第9回日本うつ病学会総会プログラム・抄録集,194 

    Presentation date: 2012.07

  • コルチゾールが抑うつ喚起場面に対する適応的解釈に及ぼす影響

    第9回日本うつ病学会総会プログラム・抄録集,198 

    Presentation date: 2012.07

  • 学校臨床場面における認知行動療法の適用

    日本心理臨床学会第5回地区研修会(北海道地区) 

    Presentation date: 2012.07

  • うつ病再発因子の認知的脆弱性にかかわる脳病態の検討

    山本哲也, 菅谷 渚, 嶋田洋徳, 熊野宏昭, 岡本泰昌, 山脇成人

    平成24年度包括型脳科学研究推進支援ネットワーク 脳と心のメカニズム第13回夏のワークショップ 

    Presentation date: 2012.07

    Event date:
    2012.07
     
     
  • うつ病の再発にかかわる認知的脆弱性の神経生理学的基盤の検討

    山本哲也, 菅谷 渚, 嶋田洋徳, 熊野宏昭, 岡本泰昌, 山脇成人

    「青春脳」若手・女性研究者向け夏合宿 

    Presentation date: 2012.07

    Event date:
    2012.07
     
     
  • 電車内痴漢行為の再犯防止を目的としたアクセプタンス方略の効果検討:性犯罪再犯防止におけるアクセプタンス方略の果たす役割について

    日本「性とこころ」関連問題学会第4回学術研究大会プログラム,27 

    Presentation date: 2012.06

  • Difference of mechanism between Word Repeating Technique and exposure to verbal stimuli

    International RFT/IRAP Meeting Program, 24 

    Presentation date: 2012.03

  • 発達障害「面接室で支える広汎性発達障害のある青年の就労:自分の特徴を知り、不都合な症状をやり過ごし、日常の対処につなげる」

    日本行動療法学会行動療法コロキウム’11 in 多摩湖プログラム,7 

    Presentation date: 2012.03

  • 社交不安反応のサブタイプにおける潜在的連合と生理的反応の特徴

    第4回日本不安障害学会学術大会抄録集,150 

    Presentation date: 2012.02

  • D1. 学級集団を対象にした認知行動療法的介入の実践(自主企画シンポジウム)

    嶋田 洋徳, 小関 俊祐, 小関 真実, 田上 明日香, 橋本 塁, 野村 和孝, 蓑崎 浩史

    日本教育心理学会総会発表論文集  日本教育心理学会

    Presentation date: 2012

    Event date:
    2012
     
     
  • PF-028 クラス集団のストレッサーの状態が児童生徒のストレス反応に及ぼす影響 : PSIを用いた縦断的検討(2)(臨床,ポスター発表)

    嶋田 洋徳, 綾部 直子, 蓑崎 浩史, 岡安 孝弘, 蓑地 一夫

    日本教育心理学会総会発表論文集  日本教育心理学会

    Presentation date: 2012

    Event date:
    2012
     
     
  • PF-027 児童生徒のストレッサーがストレス反応に及ぼす影響 : PSIを用いた縦断的検討(1)(臨床,ポスター発表)

    綾部 直子, 池田 美樹, 嶋田 洋徳, 岡安 孝弘, 蓑地 一夫

    日本教育心理学会総会発表論文集  日本教育心理学会

    Presentation date: 2012

    Event date:
    2012
     
     
  • PF-043 精神的充足および社会的適応力と身体活動量が生徒の心理的ストレス反応に及ぼす影響(臨床,ポスター発表)

    大沢 知隼, 林 響子, 木村 泰博, 嶋田 洋徳, 菅野 純

    日本教育心理学会総会発表論文集  日本教育心理学会

    Presentation date: 2012

    Event date:
    2012
     
     
  • PF-030 身体活動の要素を組み合わせたストレスマネジメント教育の実践(臨床,ポスター発表)

    生川 良, 蓑崎 浩史, 大沢 知隼, 小関 俊祐, 嶋田 洋徳

    日本教育心理学会総会発表論文集  日本教育心理学会

    Presentation date: 2012

    Event date:
    2012
     
     
  • リスクの知覚が大学生の飲酒による否定的結果に及ぼす影響

    第18回日本行動医学会学術総会,53 

    Presentation date: 2011.12

  • 薬物依存症に対する集団認知行動療法プログラムの開発と実施

    第18回日本行動医学会学術総会,56 

    Presentation date: 2011.12

  • PTSD症状に対する認知行動療法的アプローチ:自己コントロール感に焦点をあてた一症例

    日本行動療法学会第37回大会発表論文集,132-133 

    Presentation date: 2011.11

  • ペアレント・トレーニングが子どもの行動変容に及ぼす効果の検討

    日本行動療法学会第37回大会発表論文集,346-347 

    Presentation date: 2011.11

  • 臨床心理場面におけるTSSTの有用性に関する研究展望

    日本行動療法学会第37回大会発表論文集,390-391 

    Presentation date: 2011.11

  • 小学5年生に対する「解決策の案出」プロセスに焦点化した問題解決スキル訓練の効果

    日本行動療法学会第37回大会発表論文集,396-397 

    Presentation date: 2011.11

  • 友人とのつきあい方がソーシャルサポートおよび社会的スキルの向上を目的とした介入の学校不適応感低減効果に及ぼす影響

    日本行動療法学会第37回大会発表論文集,398-399 

    Presentation date: 2011.11

  • 集団社会的スキル訓練における集団の相互作用が児童生徒の学校適応感に及ぼす影響

    日本行動療法学会第37回大会発表論文集,400-401 

    Presentation date: 2011.11

  • 問題志向性へのトレーニングが統合失調症を持つ者の社会生活機能に及ぼす影響に関する記述的検討

    日本行動療法学会第37回大会発表論文集,402-403 

    Presentation date: 2011.11

  • 中学生の主張行動が友人関係における適応状態と心理的ストレス反応に及ぼす影響 (1):断る場面に焦点を当てて

    日本行動療法学会第37回大会発表論文集,420-421 

    Presentation date: 2011.11

  • 中学生の主張行動が友人関係における適応状態と心理的ストレス反応に及ぼす影響 (2):頼む場面に焦点をあてて

    日本行動療法学会第37回大会発表論文集,422-423 

    Presentation date: 2011.11

  • 男子高校生の認知的傾向と攻撃性との関連:攻撃性における情動,認知,行動的側面から

    日本行動療法学会第37回大会発表論文集,430-431 

    Presentation date: 2011.11

  • 関係性攻撃における社会的情報処理プロセスが被操作行動に与える影響

    日本行動療法学会第37回大会発表論文集,432-433 

    Presentation date: 2011.11

  • 価値の明確化を取り入れた認知再構成法が抑うつ症状に及ぼす影響

    日本行動療法学会第37回大会発表論文集,452-453 

    Presentation date: 2011.11

  • 体重関連 Implicit Relational Assessment Procedure(IRAP)に用いる刺激語の反応特性の検討

    日本行動療法学会第37回大会発表論文集,458-459 

    Presentation date: 2011.11

  • 記憶固定が具体的記憶検索訓練における概括的記憶検索の修正効果に及ぼす影響

    日本行動療法学会第37回大会発表論文集,472-473 

    Presentation date: 2011.11

  • アクセプタンスおよび価値の明確化を取り入れたストレスマネジメント心理教育が労働者のストレス反応に及ぼす影響

    日本行動療法学会第37回大会発表論文集,206-207 

    Presentation date: 2011.11

  • むちゃ食い傾向とストレスが女性の摂食行動に及ぼす影響

    日本行動療法学会第37回大会発表論文集,250-251 

    Presentation date: 2011.11

  • 心配がワーキングメモリのサブシステムに及ぼす影響

    日本行動療法学会第37回大会発表論文集,264-265 

    Presentation date: 2011.11

  • 性犯罪再犯防止を目的とした認知行動療法におけるアセスメントと効果測定の課題

    日本行動療法学会第37回大会発表論文集,316-317 

    Presentation date: 2011.11

  • 性犯罪再犯防止を目的とした共感性アプローチの認知行動論的検討

    日本行動療法学会第37回大会発表論文集,318-319 

    Presentation date: 2011.11

  • P1-52 心配がワーキングメモリのサブシステムに及ぼす影響(一般演題(ポスター),現在から未来へ 我が国における認知行動療法の展開)

    玉田 絢香, 山本 哲也, 椿 明日香, 嶋田 洋徳

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 2011.11

    Event date:
    2011.11
     
     
  • P2-35 小学5年生に対する「解決策の案出」プロセスに焦点化した 問題解決スキル訓練の効果(一般演題(ポスター),現在から未来へ 我が国における認知行動療法の展開)

    高橋 史, 嶋田 洋徳

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 2011.11

    Event date:
    2011.11
     
     
  • P2-37 集団社会的スキル訓練における集団の相互作用が児童生徒の学校適応感に及ぼす影響(一般演題(ポスター),現在から未来へ 我が国における認知行動療法の展開)

    林 響子, 橋本 塁, 嶋田 洋徳

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 2011.11

    Event date:
    2011.11
     
     
  • P2-36 友人とのつきあい方がソーシャルサポートおよび社会的スキルの向上を目的とした介入の学校不適応感低減効果に及ぼす影響(一般演題(ポスター),現在から未来へ 我が国における認知行動療法の展開)

    森 優貴, 嶋田 洋徳

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 2011.11

    Event date:
    2011.11
     
     
  • P2-48 中学生の主張行動が友人関係における適応状態と心理的ストレス反応に及ぼす影響(2) : 頼む場面に焦点を当てて(一般演題(ポスター),現在から未来へ 我が国における認知行動療法の展開)

    大沢 知隼, 渡辺 詩織, 蓑崎 浩史, 佐藤 友哉, 嶋田 洋徳

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 2011.11

    Event date:
    2011.11
     
     
  • P2-47 中学生の主張行動が友人関係における適応状態と心理的ストレス反応に及ぼす影響(1) : 断る場面に焦点を当てて(一般演題(ポスター),現在から未来へ 我が国における認知行動療法の展開)

    渡辺 詩織, 大沢 知隼, 蓑崎 浩史, 佐藤 友哉, 嶋田 洋徳

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 2011.11

    Event date:
    2011.11
     
     
  • P2-32 臨床心理場面におけるTSSTの有用性に関する研究展望(一般演題(ポスター),現在から未来へ 我が国における認知行動療法の展開)

    堀内 恵子, 大沢 知隼, 玉田 絢香, 田部井 三貴, 千葉 裕明, 津村 秀樹, 嶋田 洋徳

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 2011.11

    Event date:
    2011.11
     
     
  • P2-10 ペアレント・トレーニングが子どもの行動変容に及ぼす効果の検討(一般演題(ポスター),現在から未来へ 我が国における認知行動療法の展開)

    蓑崎 浩史, 小関 俊祐, 岡島 純子, 佐々木 和義, 嶋田 洋徳, 大月 友

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 2011.11

    Event date:
    2011.11
     
     
  • P2-63 価値の明確化を取り入れた認知再構成法が抑うつ症状に及ぼす影響(一般演題(ポスター),現在から未来へ 我が国における認知行動療法の展開)

    土井 理美, 津村 秀樹, 河田 真理, 嶋田 洋徳, 横光 健吾, 坂野 雄二

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 2011.11

    Event date:
    2011.11
     
     
  • P2-53 関係性攻撃における社会的情報処理プロセスが被操作行動に与える影響(一般演題(ポスター),現在から未来へ 我が国における認知行動療法の展開)

    椿 明日香, 北川 俊来, 菅谷 渚, 森 優貴, 嶋田 洋徳

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 2011.11

    Event date:
    2011.11
     
     
  • P2-66 体重関連Implicit Relational Assessment Procedure(IRAP)に用いる刺激語の反応特性の検討(一般演題(ポスター),現在から未来へ 我が国における認知行動療法の展開)

    久保 絢子, 橋本 塁, 嶋田 洋徳

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 2011.11

    Event date:
    2011.11
     
     
  • P1-23 アクセプタンスおよび価値の明確化を取り入れたストレスマネジメント心理教育が労働者のストレス反応に及ぼす影響(一般演題(ポスター),現在から未来へ 我が国における認知行動療法の展開)

    河田 真理, 嶋田 洋徳

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 2011.11

    Event date:
    2011.11
     
     
  • P1-78 性犯罪再犯防止を目的とした認知行動療法における アセスメントと効果測定の課題(一般演題(ポスター),現在から未来へ 我が国における認知行動療法の展開)

    嶋田 洋徳, 野村 和孝

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 2011.11

    Event date:
    2011.11
     
     
  • 児童生徒の生きる力を育むストレスマネジメント教育:認知行動療法に基づく包括的アプローチ

    第58回日本学校保健学会,学校保健研究,53,Suppl.,163 

    Presentation date: 2011.11

  • 行動科学的コンサルテーションが健康相談活動における養護教諭の自己効力感に及ぼす影響

    第58回日本学校保健学会,学校保健研究,53,Suppl.,386 

    Presentation date: 2011.11

  • 心配がワーキングメモリのサブシステムに及ぼす影響.

    玉田絢香, 山本哲也, 椿 明日香, 嶋田洋徳

    日本行動療法学会第37回大会発表論文集, 

    Presentation date: 2011.11

    Event date:
    2011.11
     
     
  • コルチゾールが情報処理速度および注意制御機能に及ぼす影響

    第11回日本認知療法学会抄録集,96 

    Presentation date: 2011.10

  • 価値の明確化の操作が抑うつ症状に与える影響の検討

    第11回日本認知療法学会抄録集,140 

    Presentation date: 2011.10

  • 標準的認知療法プログラムの脱落防止のための工夫:大うつ病性障害の一症例を通じて

    第11回日本認知療法学会抄録集,76 

    Presentation date: 2011.09

  • 歯科治療恐怖症を呈する歯科受診患者の認知的特徴と認知行動論的対応の検討

    日本歯科衛生士学会第6回学術大会,日本歯科衛生学会雑誌,6,1,221 

    Presentation date: 2011.09

  • 集団へのアプローチ:学校での集団認知行動療法

    日本行動療法学会認知行動療法セミナー:認知行動療法の最前線 

    Presentation date: 2011.09

  • 社会不安の情報処理過程における post-event processing の役割

    日本心理学会第75回大会発表論文集,L(18) 

    Presentation date: 2011.09

  • 日本語版 Young Adult Alcohol Consequences Questionnaire の開発と信頼性および妥当性の検討

    日本心理学会第75回大会発表論文集,368 

    Presentation date: 2011.09

  • 性加害行為場面における共感的反応と攻撃性の関連

    日本心理学会第75回大会発表論文集,463 

    Presentation date: 2011.09

  • うつ病休職者の社会的機能および職場復帰の困難感に及ぼす認知行動的要因の検討

    日本心理学会第75回大会発表論文集,L(14) 

    Presentation date: 2011.09

  • 抑うつの認知バイアスにおける時系列的な認知処理過程の探索的検討

    日本心理学会第75回大会発表論文集,317 

    Presentation date: 2011.09

  • うつ病寛解者における認知機能障害:基礎的知見と臨床実践からの展望

    日本心理学会第75回大会発表論文集,WS(9) 

    Presentation date: 2011.09

  • コルチゾールが抑うつ関連刺激に対する注意バイアスに及ぼす影響

    日本心理学会第75回大会発表論文集,304 

    Presentation date: 2011.09

  • 職場ストレッサ—とソーシャル・サポートが休職者支援に対する心理的負担感に及ぼす影響

    日本健康心理学会第24回大会発表論文集,102 

    Presentation date: 2011.09

  • 抑うつの認知バイアスにおける時系列的な認知処理過程の探索的検討.

    山本哲也, 菅谷 渚, 嶋田洋徳, 熊野宏昭

    日本心理学会第75回大会,2EV007, 

    Presentation date: 2011.09

    Event date:
    2011.09
     
     
  • Implicit cognition in Japanese sex offenders with frotteurism

    16th World Congress of the International Society for Criminology The Book of Abstracts, 310 

    Presentation date: 2011.08

  • 性加害行為場面における共感的反応と攻撃性の関連

    野村 和孝, 東本 愛香, 小畠 秀吾, 嶋田 洋徳

    日本心理学会大会発表論文集  (公社)日本心理学会

    Presentation date: 2011.08

    Event date:
    2011.08
     
     
  • ストレスマネジメント教育における学級集団行動アセスメントが児童のメンタルヘルスに及ぼす効果

    日本教育心理学会第53回総会発表論文集・抄録集,458 

    Presentation date: 2011.07

  • 学校での心理的介入におけるニーズとアセスメントの対応

    日本教育心理学会第53回総会発表論文集・抄録集,662-663 

    Presentation date: 2011.07

  • 学校臨床場面における認知行動療法の適用

    日本心理臨床学会第1回地区研修会(甲信越・北陸地区)専門技法研修 

    Presentation date: 2011.07

  • ギャンブル依存症に対する集団認知行動療法の開発と実施

    第33回日本アルコール関連問題学会抄録集,87 

    Presentation date: 2011.07

  • Influence of individual differences in behavioral tendencies and selection of stress-coping behavior on stress responses in negotiatory situations within the Japanese workplace

    3rd Asian Cognitive Behavior Therapy Conference Final Program &amp; Abstracts, 110 

    Presentation date: 2011.07

  • Effect of stop rules on binge-eating behavior

    3rd Asian Cognitive Behavior Therapy Conference Final Program &amp; Abstracts, 115-116 

    Presentation date: 2011.07

  • The effect of goal clarification and concentration on distraction

    3rd Asian Cognitive Behavior Therapy Conference Final Program &amp; Abstracts, 87 

    Presentation date: 2011.07

  • The effect of cognitive reconstruction method with values clarification on depressive symptoms in college students

    3rd Asian Cognitive Behavior Therapy Conference Final Program &amp; Abstracts, 90 

    Presentation date: 2011.07

  • Characteristics of cognitive functions after recovery from major depressive episodes

    3rd Asian Cognitive Behavior Therapy Conference Final Program &amp; Abstracts, 91-92 

    Presentation date: 2011.07

  • Difference of association between word stimuli in subtypes of social anxiety

    3rd Asian Cognitive Behavior Therapy Conference Final Program &amp; Abstracts, 92 

    Presentation date: 2011.07

  • Influence of sex offender treatment program on sex offenders in Japan: an exploratory study

    3rd Asian Cognitive Behavior Therapy Conference Final Program &amp; Abstracts, 104 

    Presentation date: 2011.07

  • Functional aspects of self-instruction effect on social functioning among individuals with schizophrenia

    3rd Asian Cognitive Behavior Therapy Conference Final Program &amp; Abstracts, 54-55 

    Presentation date: 2011.07

  • The effect of instructed coping on junior high school student's self-help perception and stress responses

    3rd Asian Cognitive Behavior Therapy Conference Final Program &amp; Abstracts, 59-60 

    Presentation date: 2011.07

  • Measurement of effects of parent training on children with behavioral problems (II)

    3rd Asian Cognitive Behavior Therapy Conference Final Program &amp; Abstracts, 68-69 

    Presentation date: 2011.07

  • The effect of three dimensions of social support on anxiety symptoms in children

    3rd Asian Cognitive Behavior Therapy Conference Final Program &amp; Abstracts, 69-70 

    Presentation date: 2011.07

  • Developmental differences in the relationship between automatic thought, activity and negative and positive affects

    3rd Asian Cognitive Behavior Therapy Conference Final Program &amp; Abstracts, 71 

    Presentation date: 2011.07

  • Measurement of effects of parent training on children with behavioral problems (I)

    3rd Asian Cognitive Behavior Therapy Conference Final Program &amp; Abstracts, 74 

    Presentation date: 2011.07

  • Effect of impulse control by habituation of delayed reinforcement on compulsive buying behavior

    3rd Asian Cognitive Behavior Therapy Conference Final Program &amp; Abstracts, 79 

    Presentation date: 2011.07

  • "Reason of choosing" is the key in assertive behavior to stress responses and friendship satisfaction among adolescents

    3rd Asian Cognitive Behavior Therapy Conference Final Program &amp; Abstracts, 79-80 

    Presentation date: 2011.07

  • The effects of behavior assessment in classwide social skills traning for elementary school children

    3rd Asian Cognitive Behavior Therapy Conference Final Program &amp; Abstracts, 80 

    Presentation date: 2011.07

  • The influence of induced worry on episodic buffer capacity

    3rd Asian Cognitive Behavior Therapy Conference Final Program &amp; Abstracts, 80 

    Presentation date: 2011.07

  • The relation between cognitive tendency and aggression

    3rd Asian Cognitive Behavior Therapy Conference Final Program &amp; Abstracts, 81-82 

    Presentation date: 2011.07

  • 認知神経科学的観点に基づくうつ病再発の脆弱性メカニズムの統合的理解

    第14回精神神経内分泌免疫学(PNEI)研究集会抄録集 

    Presentation date: 2011.07

  • 26-J-10 学校での心理的介入におけるニーズとアセスメントの対応(自主企画)

    嶋田 洋徳, 小関 俊祐, 高橋 史, 水野 智恵子, 林 響子, 北爪 直美, 菅野 純

    日本教育心理学会総会発表論文集  日本教育心理学会

    Presentation date: 2011.07

    Event date:
    2011.07
     
     
  • うつ病休職者の職場復帰の困難感と社会的機能との関連

    第8回日本うつ病学会総会プログラム・抄録集,158 

    Presentation date: 2011.07

  • 性犯罪再犯防止の取り組みにおけるアセスメントについて:Implicit Association Test の適用

    日本「性とこころ」関連問題学会第3回学術研究大会プログラム・抄録集,31 

    Presentation date: 2011.06

  • 社交不安傾向のサブタイプにおける言語刺激間の連合の差異に関する検討

    第17回日本行動医学会学術総会プログラム・抄録集,53 

    Presentation date: 2011.03

  • 食物への強化価が情動的摂食に及ぼす影響

    第17回日本行動医学会学術総会プログラム・抄録集,57 

    Presentation date: 2011.03

  • Salivary coritisol and DHEA-S response under acute psychosocial stress in individuals with irritable bowel syndrome

    68th American Psychosomatic Society Meeting Abstracts, A-63 

    Presentation date: 2011.03

  • Salivary cortisol and DHEA-S response under acute psychosocial stress in individuals with irritable bowel shydrome.

    Sugaya, N, Izawa, S, Kimura, K, Ogawa, N, Yamada, K, Shirotsuki, K, Mikami, I, Hirata, K, Nagano, Y, Nomura, S, Shimada, H

    American Psychosomatic Society 69th Annual Scientific Meeting  (Texas, USA) 

    Presentation date: 2011.03

  • P6-09 ストレスマネジメント教育における学級集団行動アセスメントが児童のメンタルヘルスに及ぼす効果(学校心理学,ポスター発表)

    水野 智恵子, 石垣 久美子, 山本 哲也, 嶋田 洋徳

    日本教育心理学会総会発表論文集  日本教育心理学会

    Presentation date: 2011

    Event date:
    2011
     
     
  • うつ病休職者の職場復帰支援:認知行動療法はどの程度寄与できているのか?

    日本行動療法学会第36回大会プログラム&抄録・発表論文集,296-297 

    Presentation date: 2010.12

  • 養育放置行動を示す保護者の類型化に関する検討

    日本行動療法学会第36回大会プログラム&抄録・発表論文集,316-317 

    Presentation date: 2010.12

  • 行動特性とコーピング選択にかかわる認知が対人交渉場面におけるコーピングの有効性に及ぼす影響

    日本行動療法学会第36回大会プログラム&抄録・発表論文集,326-327 

    Presentation date: 2010.12

  • 性加害行為経験者の再犯防止を目的とした認知行動療法の最近の動向:メタ分析を用いた検討

    日本行動療法学会第36回大会プログラム&抄録・発表論文集,336-337 

    Presentation date: 2010.12

  • 他者評価懸念と認知的モニタリング能力が児童における社交不安とスピーチ場面のパフォーマンス能力に及ぼす影響

    日本行動療法学会第36回大会プログラム&抄録・発表論文集,382-383 

    Presentation date: 2010.12

  • スピーチ場面における安全確保行動の妨害がパフォーマンスに対する評価に及ぼす影響

    日本行動療法学会第36回大会プログラム&抄録・発表論文集,384-385 

    Presentation date: 2010.12

  • 自動思考と活動性がネガティブおよびポジティブ情動に及ぼす影響における発達的差異

    日本行動療法学会第36回大会プログラム&抄録・発表論文集,428-429 

    Presentation date: 2010.12

  • 大うつ病エピソード経験者における認知機能の特徴:認知機能とストレッサーの相互作用が抑うつ症状に及ぼす影響

    日本行動療法学会第36回大会プログラム&抄録・発表論文集,438-439 

    Presentation date: 2010.12

  • 勤労者のサポート利用妨害認知パターンがストレス反応に及ぼす影響

    日本行動療法学会第36回大会プログラム&抄録・発表論文集,444-445 

    Presentation date: 2010.12

  • 気晴らしの有効性における目標明確化の意図と集中の影響性

    日本行動療法学会第36回大会プログラム&抄録・発表論文集,454-455 

    Presentation date: 2010.12

  • P2-76 勤労者のサポート利用妨害認知パターンがストレス反応に及ぼす影響(一般演題(ポスター発表),切れる最新の理論と途切れない地道な実践)

    河田 真理, 松尾 恵美, 田上 明日香, 菅谷 渚, 嶋田 洋徳

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 2010.12

    Event date:
    2010.12
     
     
  • P1-24 サポート知覚促進の要素を取り入れた問題解決訓練が児童の学校適応感に及ぼす影響(一般演題(ポスター発表),切れる最新の理論と途切れない地道な実践)

    林 響子, 田中 寿理, 津村 秀樹, 嶋田 洋徳

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 2010.12

    Event date:
    2010.12
     
     
  • P1-16 中学生に対する課題解決方略教授がストレス反応の低減と自助努力認知の向上に及ぼす影響(一般演題(ポスター発表),切れる最新の理論と途切れない地道な実践)

    藤田 彩香, 津村 秀樹, 森 優貴, 嶋田 洋徳

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 2010.12

    Event date:
    2010.12
     
     
  • P2-2 うつ病休職者の職場復帰支援 : 認知行動療法はどの程度寄与できているのか?(一般演題(ポスター発表),切れる最新の理論と途切れない地道な実践)

    田上 明日香, 伊藤 大輔, 清水 馨, 大野 真由子, 白井 麻理, 嶋田 洋徳, 鈴木 伸一

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 2010.12

    Event date:
    2010.12
     
     
  • P1-23 児童における表情のモニタリングおよび視点取得が場面の解釈と怒り感情喚起に及ぼす影響(一般演題(ポスター発表),切れる最新の理論と途切れない地道な実践)

    栗本 真衣, 野村 和孝, 嶋田 洋徳, 佐藤 容子

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 2010.12

    Event date:
    2010.12
     
     
  • P2-17 行動特性とコーピング選択にかかわる認知が対人交渉場面におけるコーピングの有効性に及ぼす影響(一般演題(ポスター発表),切れる最新の理論と途切れない地道な実践)

    綾部 直子, 田上 明日香, 石垣 久美子, 森本 浩志, 嶋田 洋徳

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 2010.12

    Event date:
    2010.12
     
     
  • P1-35 児童生徒理解における機能分析的視点の習得が小中学校教師のストレス低減に及ぼす影響(一般演題(ポスター発表),切れる最新の理論と途切れない地道な実践)

    佐々木 里恵, 山野 美樹, 久保 絢子, 嶋田 洋徳, 熊野 宏昭

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 2010.12

    Event date:
    2010.12
     
     
  • P2-22 性加害行為経験者の再犯防止を目的とした 認知行動療法の最近の動向 : メタ分析を用いた検討(一般演題(ポスター発表),切れる最新の理論と途切れない地道な実践)

    嶋田 洋徳, 野村 和孝, 山本 哲也, 津村 秀樹, 林 響子

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 2010.12

    Event date:
    2010.12
     
     
  • P2-45 他者評価懸念と認知的モニタリング能力が児童における 社交不安とスピーチ場面のパフォーマンス能力に及ぼす影響(一般演題(ポスター発表),切れる最新の理論と途切れない地道な実践)

    秋葉 勇鳳, 久保 絢子, 野村 和孝, 嶋田 洋徳

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 2010.12

    Event date:
    2010.12
     
     
  • P2-68 自動思考と活動性がネガティブおよびポジティブ情動に及ぼす影響における発達的差異(一般演題(ポスター発表),切れる最新の理論と途切れない地道な実践)

    津村 秀樹, 押川 勇気, 河田 真理, 嶋田 洋徳

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 2010.12

    Event date:
    2010.12
     
     
  • P2-46 スピーチ場面における安全確保行動の妨害がパフォーマンスに対する評価に及ぼす影響(一般演題(ポスター発表),切れる最新の理論と途切れない地道な実践)

    渡辺 詩織, 椿 明日香, 蓑崎 浩史, 嶋田 洋徳

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 2010.12

    Event date:
    2010.12
     
     
  • P2-73 大うつ病エピソード経験者における認知機能の特徴 : 認知機能とストレッサーの相互作用が抑うつ症状に及ぼす影響(一般演題(ポスター発表),切れる最新の理論と途切れない地道な実践)

    山本 哲也, 嶋田 洋徳

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 2010.12

    Event date:
    2010.12
     
     
  • 中学生に対する課題解決方略教授がストレス反応の低減と自助努力認知の向上に及ぼす影響

    日本行動療法学会第36回大会プログラム&抄録・発表論文集,172-173 

    Presentation date: 2010.12

  • 児童における表情のモニタリングおよび視点取得が場面の解釈と怒り感情喚起に及ぼす影響

    日本行動療法学会第36回大会プログラム&抄録・発表論文集,186-187 

    Presentation date: 2010.12

  • サポート知覚促進の要素を取り入れた問題解決訓練が児童の学校適応感に及ぼす影響

    日本行動療法学会第36回大会プログラム&抄録・発表論文集,188-189 

    Presentation date: 2010.12

  • 児童生徒理解における機能分析的視点の習得が小中学校教師のストレス低減に及ぼす影響

    日本行動療法学会第36回大会プログラム&抄録・発表論文集,210-211 

    Presentation date: 2010.12

  • 性犯罪に関する態度や経験が性加害行為に対する随伴性認知に及ぼす影響

    日本行動療法学会第36回大会プログラム&抄録・発表論文集,282-283 

    Presentation date: 2010.12

  • 日本語版 Acceptance and Action Questionnaire for Weight-Related(AAQW)の作成

    日本行動療法学会第36回大会プログラム&抄録・発表論文集,284-285 

    Presentation date: 2010.12

  • 大うつ病エピソードの経験が認知機能に及ぼす影響

    第117回日本心身医学会関東地方会,心身医学,53,698 

    Presentation date: 2010.10

  • 注意バイアス変容訓練がコルチゾールおよび抑うつ気分に及ぼす影響

    第117回日本心身医学会関東地方会,心身医学,53,698 

    Presentation date: 2010.10

  • 抑うつ症状の増強におけるコルチゾールの役割:メタ分析による検討

    第10回日本認知療法学会・第23回日本サイコオンコロジー学会合同大会プログラム・抄録集,141 

    Presentation date: 2010.09

  • 薬物依存に対する心理学的介入の展開

    日本心理学会第74回大会発表論文集,WS(42) 

    Presentation date: 2010.09

  • 小中学生の発達的変化をふまえた問題解決訓練の攻撃行動変容効果

    日本心理学会第74回大会発表論文集,L(20) 

    Presentation date: 2010.09

  • 注意バイアスが心理的ストレッサーに対するコルチゾール反応に及ぼす影響

    日本心理学会第74回大会発表論文集,403 

    Presentation date: 2010.09

  • 敵意の高い児童に対する社会的スキル訓練がサポート知覚および学校適応感に及ぼす影響

    日本心理学会第74回大会発表論文集,406 

    Presentation date: 2010.09

  • 性加害行為経験者の共感的反応と随伴性認知の関連

    日本心理学会第74回大会発表論文集,434 

    Presentation date: 2010.09

  • サッカー競技における不決断傾向と運動強度が意志決定における情報収集方略および決断時間に及ぼす影響

    日本心理学会第74回大会発表論文集,760 

    Presentation date: 2010.09

  • コーピングの有効性における個人と職場の容認度評定の乖離の媒介効果

    日本心理学会第74回大会発表論文集,1265 

    Presentation date: 2010.09

  • わが国の臨床心理学に世界のグローバルスタンダードをどうすると導入できるのか:認知行動療法と行動医学の発展に向けた20年間の奮闘

    日本心理学会第74回大会発表論文集,ITLM(1) 

    Presentation date: 2010.09

  • 過敏性腸症候群における心理社会的ストレス負荷時の認知的評価・不安・副腎皮質ホルモンの関連

    日本心理学会第74回大会発表論文集,380 

    Presentation date: 2010.09

  • 関係フレーム理論(RFT)の展開 (1):行動分析学における言語と認知(応用編)

    日本心理学会第74回大会発表論文集,WS(5) 

    Presentation date: 2010.09

  • 心理的健康教育・予防教育実施における学校のアセスメント

    日本心理学会第74回大会発表論文集,WS(19) 

    Presentation date: 2010.09

  • 記憶の検索訓練がもたらす抑うつ低減効果の促進要因の検討

    日本心理学会第74回大会発表論文集,287 

    Presentation date: 2010.09

  • うつ病休職者のうつ症状および社会適応と職場復帰の困難感の関連

    日本心理学会第74回大会発表論文集,289 

    Presentation date: 2010.09

  • Implicit Relational Assessment Procedure(IRAP)の信頼性および妥当性の検討

    日本心理学会第74回大会発表論文集,331 

    Presentation date: 2010.09

  • コーピングの容認度に対する個人と周囲の評価のズレがストレス反応に与える影響:領域合致仮説との比較

    日本健康心理学会第23回大会発表論文集,32 

    Presentation date: 2010.09

  • 学校現場におけるコンサルテーションの理論と実際:コンサルテーションの効果を共有するために

    日本教育心理学会第52回総会発表論文集,166-167 

    Presentation date: 2010.08

  • 児童における目標の意図と問題解決能力がストレス反応および学校不適応感に及ぼす影響

    日本教育心理学会第52回総会発表論文集,539 

    Presentation date: 2010.08

  • 電車内痴漢行為経験者の視点取得と共感的反応の関連

    日本教育心理学会第52回総会発表論文集,623 

    Presentation date: 2010.08

  • 日本になじむ予防教育の導入:学校のホンネ

    日本教育心理学会第52回総会発表論文集,146-147 

    Presentation date: 2010.08

  • 集団における攻撃行動の維持に関する強化随伴性のアセスメントに基づく介入の効果検討

    日本教育心理学会第52回総会発表論文集,329 

    Presentation date: 2010.08

  • 性加害行為経験者の共感的反応と随伴性認知の関連

    野村 和孝, 東本 愛香, 小畠 秀吾, 嶋田 洋徳

    日本心理学会大会発表論文集  (公社)日本心理学会

    Presentation date: 2010.08

    Event date:
    2010.08
     
     
  • 過敏性腸症候群における心理社会的ストレス負荷時の認知的評価・不安・副腎皮質ホルモンの関連

    菅谷渚, 井澤修平, 木村健太, 小川奈美子, 山田クリス孝介, 城月健太郎, 三上育葉, 平田華奈子, 長野祐一郎, 野村忍, 嶋田洋徳

    日本心理学会大会発表論文集 

    Presentation date: 2010.08

    Event date:
    2010.08
     
     
  • 児童の不安症状低減プログラム作成のための基礎的研究:ソーシャルサポートとの関連について

    日本ストレスマネジメント学会第9回学術大会・研修会プログラム・抄録集,25 

    Presentation date: 2010.07

  • J037 学校現場におけるコンサルテーションの理論と実際 : コンサルテーションの効果を共有するために(自主シンポジウム)

    嶋田 洋徳, 小関 俊祐, 菅野 純, 五十川 ちよみ, 山口 真実, 石垣 久美子

    日本教育心理学会総会発表論文集  日本教育心理学会

    Presentation date: 2010.07

    Event date:
    2010.07
     
     
  • K401 電車内痴漢行為経験者の視点取得と共感的反応の関連(口頭セッション67 非行)

    野村 和孝, 東本 愛香, 小畠 秀吾, 嶋田 洋徳

    日本教育心理学会総会発表論文集  日本教育心理学会

    Presentation date: 2010.07

    Event date:
    2010.07
     
     
  • うつ病休職者の職場復帰の不安尺度とうつ症状および社会適応との関連

    田上明日香

    第7回日本うつ病学会総会,161  (石川県金沢市)  金沢大学

    Presentation date: 2010.06

  • うつ病復職者に対する集団認知行動療法の効果:3カ月フォローアップの検討

    第7回日本うつ病学会総会,158  (石川県金沢市)  金沢大学

    Presentation date: 2010.06

  • 記憶の検索過程への介入が概括的な記憶の想起に及ぼす影響

    第7回日本うつ病学会総会,133  (石川県金沢市)  金沢大学

    Presentation date: 2010.06

  • 注意バイアスの変容が心理的ストレッサーに対する抑うつ気分に及ぼす影響

    津村秀樹, 野村和孝, 野添健太, 嶋田洋徳

    第7回日本うつ病学会総会,132  (石川県金沢市)  金沢大学

    Presentation date: 2010.06

  • Effect of controllability and goal oriented strategy in stressor on effectiveness of distraction coping

    6th World Congress of Behavioral and Cognitive Therapies Program, 111 

    Presentation date: 2010.06

  • Relationship between cognitive impairment and social behavior dysfunction in patients with traumatic brain injury

    6th World Congress of Behavioral and Cognitive Therapies Program, 112 

    Presentation date: 2010.06

  • The effects of memory retrieval training in college students on memory retrieval processes and depression

    6th World Congress of Behavioral and Cognitive Therapies Program, 113 

    Presentation date: 2010.06

  • Effect of word repeating technique on verbal stimulus function and speech anxiety

    6th World Congress of Behavioral and Cognitive Therapies Program, 93 

    Presentation date: 2010.06

  • Differences and similarities between post-event processing, rumination and worry in a non-clinical population

    6th World Congress of Behavioral and Cognitive Therapies Program, 94 

    Presentation date: 2010.06

  • The effect of susceptibility to the mass media on body image and dieting behavior in eating disorder tendency

    6th World Congress of Behavioral and Cognitive Therapies Program, 96 

    Presentation date: 2010.06

  • An examination of cognition interference with support use concerning child care of the mother who has infant

    6th World Congress of Behavioral and Cognitive Therapies Program, 97 

    Presentation date: 2010.06

  • The precursory event and accelerator factor of the dysfunctional compulsive buying

    6th World Congress of Behavioral and Cognitive Therapies Program, 99 

    Presentation date: 2010.06

  • Group cognitive behavior therapy with a focus on return to work: Program at day care for major depressive disorder

    6th World Congress of Behavioral and Cognitive Therapies Program, 99 

    Presentation date: 2010.06

  • Descriptive study on the support of cognitive-behavioral therapy for people who have experienced loss

    6th World Congress of Behavioral and Cognitive Therapies Program, 100 

    Presentation date: 2010.06

  • Influence of self-focused attention on attentional resources of individuals with depressiogenic schema

    6th World Congress of Behavioral and Cognitive Therapies Program, 100 

    Presentation date: 2010.06

  • School-based cognitive behavioral intervention for depressive symptoms in junior high school students

    6th World Congress of Behavioral and Cognitive Therapies Program, 101 

    Presentation date: 2010.06

  • The effect of perceived social support on school adjustment in children with reactive-inexpressive aggressiveness: From the perspective of the social skill's mediation model

    6th World Congress of Behavioral and Cognitive Therapies Program, 102 

    Presentation date: 2010.06

  • Effects of self-monitoring on class-wide social skills training for children

    6th World Congress of Behavioral and Cognitive Therapies Program, 103 

    Presentation date: 2010.06

  • Does the conventional coping concept predict adaptability of the social environment?: Examination in the interpersonal stress

    6th World Congress of Behavioral and Cognitive Therapies Program, 85 

    Presentation date: 2010.06

  • The relationship between cognitive appraisal and adrenal hormone under psychosocial stress in individuals with irritable bowel syndrome

    6th World Congress of Behavioral and Cognitive Therapies Program, 86 

    Presentation date: 2010.06

  • Effects of problem-solving training on aggressive behaviors in Japanese early adolescents

    6th World Congress of Behavioral and Cognitive Therapies Program, 88 

    Presentation date: 2010.06

  • 不登校傾向および対人関係における不安を主訴とする男子生徒への認知行動的支援の経過

    日本行動療法学会行動療法コロキウム’09 in 釜山,行動療法研究,36,249 

    Presentation date: 2010.03

  • ドメスティック・バイオレンス(DV)被害者に対するソーシャルワーク的介入と認知行動療法

    日本行動療法学会行動療法コロキウム’09 in 釜山,行動療法研究,36,250 

    Presentation date: 2010.03

  • 当初の実態把握の不適切さから支援が混乱した不登校事例

    日本行動療法学会行動療法コロキウム’09 in 釜山,行動療法研究,36,251 

    Presentation date: 2010.03

  • 青年期の強迫性障害に対する強迫観念の外在化と暴露反応妨害法

    日本行動療法学会行動療法コロキウム’09 in 釜山,行動療法研究,36,252 

    Presentation date: 2010.03

  • 強迫行為で社会生活(修学)が阻害されていると訴える男性の case formulation

    日本行動療法学会行動療法コロキウム’09 in 釜山,行動療法研究,36,253 

    Presentation date: 2010.03

  • 社会的活動性を検討したケース

    日本行動療法学会行動療法コロキウム’09 in 釜山,行動療法研究,36,254 

    Presentation date: 2010.03

  • 記憶の検索訓練がもたらす抑うつ低減効果の促進要因の検討.

    山本哲也, 嶋田洋徳

    日本心理学会第74回大会, 1AM079, 

    Presentation date: 2010

    Event date:
    2010
     
     
  • 大うつ病エピソード経験者における認知機能の特徴―認知機能とストレッサーの相互作用が抑うつ症状に及ぼす影響―.

    山本哲也, 嶋田洋徳

    日本行動療法学会第36回大会発表論文集, 

    Presentation date: 2010

    Event date:
    2010
     
     
  • 虚血性心疾患対象の認知行動療法プログラムによる生活習慣改善 (6):プログラム終了後の長期的効果の検討

    第66回日本循環器心身医学会抄録集,57 

    Presentation date: 2009.12

  • 虚血性心疾患対象の認知行動療法プログラムによる生活習慣改善 (7):再検査入院まで9カ月プログラム

    第66回日本循環器心身医学会抄録集,58 

    Presentation date: 2009.12

  • 虚血性心疾患対象の認知行動療法プログラムによる生活習慣改善 (8):行動の維持に及ぼす要因の検討

    第66回日本循環器心身医学会抄録集,59 

    Presentation date: 2009.12

  • 小学生の抑うつに関する学年の影響を考慮した縦断的調査

    第35回日本行動療法学会・第9回日本認知療法学会プログラム&抄録・発表論文集,177 

    Presentation date: 2009.10

  • 中学生の社会的情報処理における検索過程がストレス反応の低減に及ぼす影響

    第35回日本行動療法学会・第9回日本認知療法学会プログラム&抄録・発表論文集,402-403 

    Presentation date: 2009.10

  • 社会的情報処理モデルに基づく社会的スキル訓練が中学生のストレス反応に及ぼす効果

    第35回日本行動療法学会・第9回日本認知療法学会プログラム&抄録・発表論文集,408-409 

    Presentation date: 2009.10

  • 被開示行動に対するオープナーの認知がストレス反応に及ぼす影響

    第35回日本行動療法学会・第9回日本認知療法学会プログラム&抄録・発表論文集,410-411 

    Presentation date: 2009.10

  • コーピング選択にかかわる認知とコーピングとのパターンがストレス反応に及ぼす影響:ストレス状況の違いを考慮に入れた検討

    第35回日本行動療法学会・第9回日本認知療法学会プログラム&抄録・発表論文集,416-417 

    Presentation date: 2009.10

  • ストレッサーに対するコントロール可能性と目標的意味づけが気晴らしコーピングの有効性に及ぼす影響

    第35回日本行動療法学会・第9回日本認知療法学会プログラム&抄録・発表論文集,422-423 

    Presentation date: 2009.10

  • 完全主義的認知と対処行動およびストレス反応の関連:統制可能性の違いによる差異の検討

    第35回日本行動療法学会・第9回日本認知療法学会プログラム&抄録・発表論文集,434-435 

    Presentation date: 2009.10

  • 中学生に対する感情コントロール訓練が3タイプの攻撃行動に及ぼす影響

    第35回日本行動療法学会・第9回日本認知療法学会プログラム&抄録・発表論文集,448-449 

    Presentation date: 2009.10

  • 中学生の認知的再体制化における異なる視点取得が怒り感情の低減に及ぼす影響

    第35回日本行動療法学会・第9回日本認知療法学会プログラム&抄録・発表論文集,450-451 

    Presentation date: 2009.10

  • うつ病休職者の職場復帰の不安尺度作成の試み

    第35回日本行動療法学会・第9回日本認知療法学会プログラム&抄録・発表論文集,490-491 

    Presentation date: 2009.10

  • 個人と職場のコーピングの容認度評定の一致・不一致とストレス反応の関連

    第35回日本行動療法学会・第9回日本認知療法学会プログラム&抄録・発表論文集,496-497 

    Presentation date: 2009.10

  • 過敏性腸症候群における破局的思考と症状重症度との関連:病型を用いた比較

    第35回日本行動療法学会・第9回日本認知療法学会プログラム&抄録・発表論文集,512-513 

    Presentation date: 2009.10

  • Implicit Relational Assessment Procedure(IRAP)日本語版の開発(2):試行数の妥当性に関する検討

    第35回日本行動療法学会・第9回日本認知療法学会プログラム&抄録・発表論文集,520-521 

    Presentation date: 2009.10

  • 抑うつ関連刺激に対する注意バイアスと抑うつ症状の関連

    第35回日本行動療法学会・第9回日本認知療法学会プログラム&抄録・発表論文集,524-525 

    Presentation date: 2009.10

  • 大学生における記憶情報の検索訓練が抑うつ生起に及ぼす抑制効果

    第35回日本行動療法学会・第9回日本認知療法学会プログラム&抄録・発表論文集,530-531 

    Presentation date: 2009.10

  • 思考抑制時における想起対象の違いが心理,生理的指標に及ぼす影響

    第35回日本行動療法学会・第9回日本認知療法学会プログラム&抄録・発表論文集,532-533 

    Presentation date: 2009.10

  • 喪失体験に対する認知行動療法的援助に関する記述的研究

    第35回日本行動療法学会・第9回日本認知療法学会プログラム&抄録・発表論文集,534-535 

    Presentation date: 2009.10

  • 日常のストレス対処スタイルと失恋体験のストレス対処の一致度が回復に及ぼす影響

    第35回日本行動療法学会・第9回日本認知療法学会プログラム&抄録・発表論文集,536-537 

    Presentation date: 2009.10

  • post-event processing の思考様式における特徴

    第35回日本行動療法学会・第9回日本認知療法学会プログラム&抄録・発表論文集,570-571 

    Presentation date: 2009.10

  • 行動療法と認知療法に活かす統計手法の最前線:数式を“極力”使わない統計シンポジウム

    第35回日本行動療法学会・第9回日本認知療法学会プログラム&抄録・発表論文集,106-107 

    Presentation date: 2009.10

  • 喫煙動機における習慣因子がストレス状況下での喫煙欲求に及ぼす影響

    第35回日本行動療法学会・第9回日本認知療法学会プログラム&抄録・発表論文集,228-229 

    Presentation date: 2009.10

  • 遅延強化に対する馴化が衝動性および衝動買い行動に及ぼす効果

    第35回日本行動療法学会・第9回日本認知療法学会プログラム&抄録・発表論文集,232-233 

    Presentation date: 2009.10

  • 更生保護施設被保護者の社会的スキルが社会復帰過程の適応に及ぼす影響

    第35回日本行動療法学会・第9回日本認知療法学会プログラム&抄録・発表論文集,240-241 

    Presentation date: 2009.10

  • 乳幼児をもつ母親の育児に関するサポート利用妨害認知の検討:育児ストレスとの関連

    第35回日本行動療法学会・第9回日本認知療法学会プログラム&抄録・発表論文集,314-315 

    Presentation date: 2009.10

  • 教師評定用攻撃行動尺度の妥当性および信頼性の検討

    第35回日本行動療法学会・第9回日本認知療法学会プログラム&抄録・発表論文集,330-331 

    Presentation date: 2009.10

  • 児童に対する集団社会的スキル訓練実施時のセルフモニタリングを用いた集団の評価

    第35回日本行動療法学会・第9回日本認知療法学会プログラム&抄録・発表論文集,348-349 

    Presentation date: 2009.10

  • 児童の攻撃行動のタイプ別にみた認知的,行動的特徴の検討

    第35回日本行動療法学会・第9回日本認知療法学会プログラム&抄録・発表論文集,352-353 

    Presentation date: 2009.10

  • 知覚されたソーシャルサポートが反応的不表出性攻撃児の学校適応感に及ぼす影響:社会的スキルの媒介モデルの観点から

    第35回日本行動療法学会・第9回日本認知療法学会プログラム&抄録・発表論文集,354-355 

    Presentation date: 2009.10

  • 教師への行動コンサルテーション方略を用いたストレスマネジメント支援:教師の受容タイプによる介入効果の差異

    第35回日本行動療法学会・第9回日本認知療法学会プログラム&抄録・発表論文集,372-373 

    Presentation date: 2009.10

  • 中学校教師の職場環境への認知がコーピングとストレス反応に及ぼす影響

    第35回日本行動療法学会・第9回日本認知療法学会プログラム&抄録・発表論文集,374-375 

    Presentation date: 2009.10

  • 評価の認知が動機づけの自己決定性を媒介として自己調整学習方略に及ぼす影響

    第35回日本行動療法学会・第9回日本認知療法学会プログラム&抄録・発表論文集,380-381 

    Presentation date: 2009.10

  • P2-30 中学生に対する感情コントロール訓練が3タイプの攻撃行動に及ぼす影響(一般演題(ポスター発表),認知行動療法を全国民に提供するために、総力の結集を!)

    丹野 恵, 角 沙織, 高橋 史, 嶋田 洋徳

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 2009.10

    Event date:
    2009.10
     
     
  • P1-62 児童に対する集団社会的スキル訓練実施時のセルフモニタリングを用いた集団の評価(一般演題(ポスター発表),認知行動療法を全国民に提供するために、総力の結集を!)

    小関 俊祐, 高橋 史, 蓑崎 浩史, 佐々木 和義, 藤田 継道, 嶋田 洋徳

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 2009.10

    Event date:
    2009.10
     
     
  • P1-45 乳幼児をもつ母親の育児に関する サポート利用妨害認知の検討 : 育児ストレスとの関連(一般演題(ポスター発表),認知行動療法を全国民に提供するために、総力の結集を!)

    津曲 志帆, 津村 秀樹, 藤本 志乃, 嶋田 洋徳

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 2009.10

    Event date:
    2009.10
     
     
  • P1-64 児童の攻撃行動のタイプ別にみた認知的,行動的特徴の検討(一般演題(ポスター発表),認知行動療法を全国民に提供するために、総力の結集を!)

    中村 千夏, 丹野 恵, 山口 真実, 嶋田 洋徳, 神村 栄一

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 2009.10

    Event date:
    2009.10
     
     
  • P2-9 社会的情報処理モデルに基づく社会的スキル訓練が中学生のストレス反応に及ぼす効果(一般演題(ポスター発表),認知行動療法を全国民に提供するために、総力の結集を!)

    角 沙織, 丹野 恵, 藤本 志乃, 高橋 史, 嶋田 洋徳

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 2009.10

    Event date:
    2009.10
     
     
  • P2-22 完全主義的認知と対処行動およびストレス反応の関連 : 統制可能性の違いによる差異の検討(一般演題(ポスター発表),認知行動療法を全国民に提供するために、総力の結集を!)

    三浦 文華, 津村 秀樹, 木村 泰博, 森本 浩志, 嶋田 洋徳

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 2009.10

    Event date:
    2009.10
     
     
  • P2-10 被開示行動に対するオープナーの認知がストレス反応に及ぼす影響(一般演題(ポスター発表),認知行動療法を全国民に提供するために、総力の結集を!)

    石垣 久美子, 山本 哲也, 青木 ゆりあ, 嶋田 洋徳

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 2009.10

    Event date:
    2009.10
     
     
  • P2-62 過敏性腸症候群における破局的思考と症状重症度との関連 : 病型を用いた比較(一般演題(ポスター発表),認知行動療法を全国民に提供するために、総力の結集を!)

    山野 美樹, 山田 美郷, 菅谷 渚, 石垣 久美子, 嶋田 洋徳

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 2009.10

    Event date:
    2009.10
     
     
  • P2-73 喪失体験こ対する認知行動療脚的援助に関する記述的研究(一般演題(ポスター発表),認知行動療法を全国民に提供するために、総力の結集を!)

    古賀 晴美, 橋本 塁, 丹野 恵, 嶋田 洋徳, 鈴木 伸一

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 2009.10

    Event date:
    2009.10
     
     
  • P2-66 Implicit Relational Assessment Procedure(IRAP) 日本語版の開発(2) : 試行数の妥当性に関する検討(一般演題(ポスター発表),認知行動療法を全国民に提供するために、総力の結集を!)

    久保 絢子, 木下 奈緒子, 大月 友, 嶋田 洋徳

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 2009.10

    Event date:
    2009.10
     
     
  • P1-53 教師評定用攻撃行動尺度の妥当性および信頼性の検討(一般演題(ポスター発表),認知行動療法を全国民に提供するために、総力の結集を!)

    高橋 史, 嶋田 洋徳

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 2009.10

    Event date:
    2009.10
     
     
  • P2-74 日常のストレス対処スタイルと失恋体験のストレス対処の一致度が回復に及ぼす影響(一般演題(ポスター発表),認知行動療法を全国民に提供するために、総力の結集を!)

    堀籠 めぐみ, 野村 和孝, 高橋 亜依, 嶋田 洋徳

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 2009.10

    Event date:
    2009.10
     
     
  • P2-91 post-event processingの思考様式における特徴(一般演題(ポスター発表),認知行動療法を全国民に提供するために、総力の結集を!)

    五十嵐 友里, 山本 哲也, 嶋田 洋徳

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 2009.10

    Event date:
    2009.10
     
     
  • P2-68 抑うつ関連刺激に対する注意バイアスと抑うつ症状の関連(一般演題(ポスター発表),認知行動療法を全国民に提供するために、総力の結集を!)

    津村 秀樹, 野村 和孝, 野添 健太, 嶋田 洋徳

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 2009.10

    Event date:
    2009.10
     
     
  • P1-2 喫煙動機における習慣因子がストレス状況下での喫煙欲求に及ぼす影響(一般演題(ポスター発表),認知行動療法を全国民に提供するために、総力の結集を!)

    野中 俊介, 野添 健太, 高橋 亜依, 嶋田 洋徳, 境 泉洋

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 2009.10

    Event date:
    2009.10
     
     
  • SY-3 行動療法と認知療法に活かす統計手法の最前線 : 数式を"極力"使わない統計シンポジウム(自主企画シンポジウム,認知行動療法を全国民に提供するために、総力の結集を!)

    佐藤 寛, 石川 信一, 笹川 智子, 佐藤 寛, 野口 美幸, 嶋田 洋徳

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 2009.10

    Event date:
    2009.10
     
     
  • P1-8 更生保護施設被保護者の社会的スキルが社会復帰過程の適応に及ぼす影響(一般演題(ポスター発表),認知行動療法を全国民に提供するために、総力の結集を!)

    野村 和孝, 嶋田 洋徳

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 2009.10

    Event date:
    2009.10
     
     
  • P1-74 教師への行動コンサルテーション方略を用いたストレスマネジメント支援 : 教師の受容タイプによる介入効果の差異(一般演題(ポスター発表),認知行動療法を全国民に提供するために、総力の結集を!)

    山口 真実, 嶋田 洋徳

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 2009.10

    Event date:
    2009.10
     
     
  • P2-71 大学生における記憶情報の検索訓練が抑うつ生起に及ぼす抑制効果(一般演題(ポスター発表),認知行動療法を全国民に提供するために、総力の結集を!)

    山本 哲也, 嶋田 洋徳

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 2009.10

    Event date:
    2009.10
     
     
  • P1-75 中学校教師の職場環境への認知がコーピングとストレス反応に及ぼす影響(一般演題(ポスター発表),認知行動療法を全国民に提供するために、総力の結集を!)

    森 優貴, 西本 武彦, 嶋田 洋徳

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 2009.10

    Event date:
    2009.10
     
     
  • P2-51 うつ病休職者の職場復帰の不安尺度作成の試み(一般演題(ポスター発表),認知行動療法を全国民に提供するために、総力の結集を!)

    田上 明日香, 伊藤 大輔, 大野 真由子, 嶋田 洋徳, 鈴木 伸一

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 2009.10

    Event date:
    2009.10
     
     
  • P1-65 知覚されたソーシャルサポートが反応的不表出性攻撃児の学校適応感に及ぼす影響 : 社会的スキルの媒介モデルの観点から(一般演題(ポスター発表),認知行動療法を全国民に提供するために、総力の結集を!)

    林 響子, 山本 哲也, 角 沙織, 嶋田 洋徳

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 2009.10

    Event date:
    2009.10
     
     
  • The relationship between Cognitive Factors and Agoraphobia in Panic Disorder Patients with Irritable Bowel Syndrome

    Sugaya, N, Yoshida, E, Yasuda, S, Tochigi, M, Takei, K, Otani, T, Otowa, T, Minato, T, Umekage, T, Sakano, Y, Chen, J, Nomura, S, Shimada, H, Tanii, H, Sasaki, T, Okazaki, Y, Kaiya, H

    20th World Congress on Psychosomatic Medicine, Panminerva Medica, 51, Supplement 1, 105-106.  (Torino, Italy) 

    Presentation date: 2009.09

  • 中学生を対象とした抑うつ低減プログラムの実践

    日本教育心理学会第51回総会発表論文集,185 

    Presentation date: 2009.09

  • Implicit Relational Assessment Procedure(IRAP)日本語版の開発

    日本心理学会第73回大会発表論文集,432 

    Presentation date: 2009.08

  • 児童に対する認知行動的アプローチを用いた抑うつ低減効果の検討

    日本心理学会第73回大会発表論文集,L(16) 

    Presentation date: 2009.08

  • 中学生の抑うつに影響を及ぼす自動思考と社会的スキルの影響

    日本心理学会第73回大会発表論文集,388 

    Presentation date: 2009.08

  • 大学生における記憶情報の検索訓練が記憶の検索過程に及ぼす効果

    日本心理学会第73回大会発表論文集,339 

    Presentation date: 2009.08

  • ネガティブな刺激に対する選択的注意が抑うつ気分に及ぼす影響

    日本心理学会第73回大会発表論文集,356 

    Presentation date: 2009.08

  • 性犯罪者の再犯防止維持要因の記述的検討:性犯罪者の認知的,行動的対処に焦点をあてて

    日本心理学会第73回大会発表論文集,484 

    Presentation date: 2009.08

  • コーピングとストレス反応の関連におけるコーピングの容認度の媒介効果

    日本心理学会第73回大会発表論文集,1292 

    Presentation date: 2009.08

  • 大学生における記憶情報の検索訓練が記憶の検索過程に及ぼす効果.

    山本哲也, 嶋田洋徳

    日本心理学会第73回大会発表論文集, 1PM066, 

    Presentation date: 2009.08

    Event date:
    2009.08
     
     
  • うつ症状と社会適応に関連する心理社会的要因の検討 (1):集団認知行動療法の効果は復職後も維持されるのか?

    第6回日本うつ病学会総会プログラム・抄録集,119 

    Presentation date: 2009.07

  • うつ症状と社会適応に関連する心理社会的要因の検討 (2):職場復帰のために必要な支援は何か?

    第6回日本うつ病学会総会プログラム・抄録集,120 

    Presentation date: 2009.07

  • うつ症状と社会適応に関連する心理社会的要因の検討 (3):社会適応を高めるにはどのような支援が必要か?

    第6回日本うつ病学会総会プログラム・抄録集,121 

    Presentation date: 2009.07

  • ディストラクションが自己注目によるネガティブな認知に対するアクセシビリティの高まり,および抑うつ気分に及ぼす影響

    第6回日本うつ病学会総会プログラム・抄録集,120 

    Presentation date: 2009.07

  • 児童の行動傾向に即した担任からの働きかけが集団社会的スキル訓練の効果に及ぼす影響

    日本ストレスマネジメント学会第8回大会・学会主催第8回研修会プログラム・抄録集,61 

    Presentation date: 2009.07

  • 対人葛藤場面に対する関与形態に配慮した集団ストレスマネジメントが高校生の攻撃行動に及ぼす影響

    日本ストレスマネジメント学会第8回大会・学会主催第8回研修会プログラム・抄録集,62 

    Presentation date: 2009.07

  • PEPの間接的操作が社会不安に与える影響:現実的な自己イメージの知覚によるPEPの操作

    第1回日本不安障害学会大会,不安障害研究,1,252-253 

    Presentation date: 2009.03

  • 就労に関する不安と抑うつ症状が社会適応に及ぼす影響:うつ病患者の就業状況による比較を通して

    第1回日本不安障害学会大会,不安障害研究,1,312-313 

    Presentation date: 2009.03

  • コーピングの選択理由尺度の作成と信頼性・妥当性の検討

    第15回日本行動医学会学術総会抄録集,40 

    Presentation date: 2009.02

  • 性犯罪者の再犯防止維持要因の記述的検討

    野村和孝, 東本愛香, 小畠秀吾, 嶋田洋徳

    日本心理学会第73回大会発表論文集 

    Presentation date: 2009

    Event date:
    2009
     
     
  • 大学生における記憶情報の検索訓練が抑うつ生起に及ぼす抑制効果.

    山本哲也, 嶋田洋徳

    日本行動療法学会第35回大会発表論文集, 

    Presentation date: 2009

    Event date:
    2009
     
     
  • 知覚されたソーシャルサポートが反応的不表出性攻撃児の学校適応感に及ぼす影響,

    林響子, 山本哲也, 角沙織, 嶋田洋徳

    日本行動療法学会第35回大会発表論文集, 

    Presentation date: 2009

    Event date:
    2009
     
     
  • 被開示行動に対するオープナーの認知がストレス反応に及ぼす影響,

    石垣久美子, 山本哲也, 青木ゆりあ, 嶋田洋徳

    日本行動療法学会第35回大会発表論文集, 

    Presentation date: 2009

    Event date:
    2009
     
     
  • post-event processingの思考様式における特徴,

    五十嵐友里, 山本哲也, 嶋田洋徳

    日本行動療法学会第35回大会発表論文集, 

    Presentation date: 2009

    Event date:
    2009
     
     
  • 虚血性心疾患患者を対象とする認知行動療法プログラムを用いた生活習慣改善の試み (3):面接時間の短縮に焦点を当てて

    第65回日本循環器心身医学会抄録集,85 

    Presentation date: 2008.11

  • 虚血性心疾患患者を対象とする認知行動療法プログラムを用いた生活習慣改善の試み (4):プログラムの短縮化と生活習慣の維持に焦点を当てて

    第65回日本循環器心身医学会抄録集,86 

    Presentation date: 2008.11

  • 虚血性心疾患患者を対象とする認知行動療法プログラムを用いた生活習慣改善の試み (5):プログラムに影響を及ぼす要因の検討

    第65回日本循環器心身医学会抄録集,87 

    Presentation date: 2008.11

  • うつ病休職者に対する集団認知行動療法の試み:うつ症状と職場復帰への不安の推移の視点から

    日本行動療法学会第34回大会発表論文集,346-347 

    Presentation date: 2008.11

  • Acceptance-Based Coping が主観的コントロール感およびタスクパフォーマンスに及ぼす影響

    日本行動療法学会第34回大会発表論文集,394-395 

    Presentation date: 2008.11

  • ポジティブな認知が抑うつ的認知処理に及ぼす影響:ポジティブな代替思考を用いた思考抑制が認知的再体制化に及ぼす効果

    日本行動療法学会第34回大会発表論文集,404-405 

    Presentation date: 2008.11

  • 職場に適合的・不適合的なコーピングに関する予備的検討

    日本行動療法学会第34回大会発表論文集,412-413 

    Presentation date: 2008.11

  • 筆記内容の相違が怒り低減に及ぼす効果

    日本行動療法学会第34回大会発表論文集,432-433 

    Presentation date: 2008.11

  • Post-Event Processing Questionnaire 日本語版の開発

    日本行動療法学会第34回大会発表論文集,444-445 

    Presentation date: 2008.11

  • 行動活性化がストレス場面の解釈および抑うつ気分に及ぼす影響

    日本行動療法学会第34回大会発表論文集,450-451 

    Presentation date: 2008.11

  • 心配傾向とネガティブな出来事に対する予測可能性が対処行動に及ぼす影響

    日本行動療法学会第34回大会発表論文集,456-457 

    Presentation date: 2008.11

  • 注意機能が月経痛の低減に及ぼす影響

    日本行動療法学会第34回大会発表論文集,458-459 

    Presentation date: 2008.11

  • 中学生における自動思考が問題解決方略の案出内容に及ぼす影響

    日本行動療法学会第34回大会発表論文集,460-461 

    Presentation date: 2008.11

  • 非機能的な衝動買い行動生起時の先行事象および促進要因の検討

    日本行動療法学会第34回大会発表論文集,468-469 

    Presentation date: 2008.11

  • 喪失体験からの回復過程における認知と対処行動の変化

    日本行動療法学会第34回大会発表論文集,508-509 

    Presentation date: 2008.11

  • 調査実施時の教示方法が中学生の自己評定に及ぼす影響

    日本行動療法学会第34回大会発表論文集,518-519 

    Presentation date: 2008.11

  • 問題解決場面における自伝的記憶と抑うつとの関連

    日本行動療法学会第34回大会発表論文集,522-523 

    Presentation date: 2008.11

  • 学校現場における集団行動療法的介入の現状と課題

    日本行動療法学会第34回大会発表論文集,WS90-WS91 

    Presentation date: 2008.11

  • 解決策の効果検証訓練による問題解決プロセスの改善効果

    日本行動療法学会第34回大会発表論文集,166-167 

    Presentation date: 2008.11

  • 更生保護施設被保護者の認知的特徴に対する社会的スキル訓練の効果検討

    日本行動療法学会第34回大会発表論文集,176-177 

    Presentation date: 2008.11

  • 高校生の学校不適応感改善を目指した認知的介入授業の効果

    日本行動療法学会第34回大会発表論文集,180-181 

    Presentation date: 2008.11

  • 高校生を対象とした包括的ストレスマネジメント教育プログラム開発に向けて

    日本行動療法学会第34回大会発表論文集,182-183 

    Presentation date: 2008.11

  • 児童生徒のソーシャル・サポートに焦点をあてた認知的介入方法の検討:サポート利用の次元に着目して

    日本行動療法学会第34回大会発表論文集,196‐197 

    Presentation date: 2008.11

  • 大学生の肯定的・否定的随伴性の認知が行動の生起に及ぼす影響

    日本行動療法学会第34回大会発表論文集,210-211 

    Presentation date: 2008.11

  • 児童用一般性セルフエフィカシー尺度改訂版(GSESC‐R)の作成

    日本行動療法学会第34回大会発表論文集,240‐241 

    Presentation date: 2008.11

  • グループワークにおける目標志向性とストレス反応の関連 (1):メンバーの効力感と課題特異的ストレスに及ぼす影響

    日本行動療法学会第34回大会発表論文集,286-287 

    Presentation date: 2008.11

  • グループワークにおける目標志向性とストレス反応の関連 (2):リーダーへの満足感とストレス反応に及ぼす影響の検討

    日本行動療法学会第34回大会発表論文集,288-289 

    Presentation date: 2008.11

  • グループワークにおける目標志向性とストレス反応の関連 (3):リーダー特性がメンバーのリーダー依存性に与える影響

    日本行動療法学会第34回大会発表論文集,290-291 

    Presentation date: 2008.11

  • 児童期の不安症状と対人場面における認知の誤りの関連

    日本行動療法学会第34回大会発表論文集,320‐321 

    Presentation date: 2008.11

  • 中学生における身体感覚への気づき:抑うつ・不安・および怒りとの関連

    日本行動療法学会第34回大会発表論文集,512-513 

    Presentation date: 2008.11

  • P1-27 児童生徒のソーシャル・サポートに焦点をあてた認知的介入方法の検討 : サポート利用の次元に着目して(一般演題(ポスター発表),サイコセラピーの融合とより良き社会的貢献を目指して)

    丹羽 奈緒, 嶋田 洋徳

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 2008.11

    Event date:
    2008.11
     
     
  • P1-34 大学生の肯定的・否定的随伴性の認知が行動の生起に及ぼす影響(一般演題(ポスター発表),サイコセラピーの融合とより良き社会的貢献を目指して)

    角 沙織, 野添 健太, 丹野 恵, 石垣 久美子, 野村 和孝, 津村 秀樹, 嶋田 洋徳

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 2008.11

    Event date:
    2008.11
     
     
  • P4-40 調査実施時の教示方法が中学生の自己評定に及ぼす影響(一般演題(ポスター),サイコセラピーの融合とより良き社会的貢献を目指して)

    山口 真実, 藤本 志乃, 小関 俊祐, 高橋 史, 嶋田 洋徳

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 2008.11

    Event date:
    2008.11
     
     
  • P4-10 注意機能が月経痛の低減に及ぼす影響(一般演題(ポスター),サイコセラピーの融合とより良き社会的貢献を目指して)

    今井 千鶴子, 今井 正司, 嶋田 洋徳

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 2008.11

    Event date:
    2008.11
     
     
  • P3-47 筆記内容の相違が怒り低減に及ぼす効果(一般演題(ポスター),サイコセラピーの融合とより良き社会的貢献を目指して)

    石垣 久美子, 高橋 亜依, 高橋 史, 山口 さやか, 嶋田 洋徳

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 2008.11

    Event date:
    2008.11
     
     
  • P4-6 行動活性化がストレス場面の解釈および抑うつ気分に及ぼす影響(一般演題(ポスター),サイコセラピーの融合とより良き社会的貢献を目指して)

    津村 秀樹, 嶋田 洋徳

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 2008.11

    Event date:
    2008.11
     
     
  • P3-33 ポジティブな認知が抑うつ的認知処理に及ぼす影響 : ポジティブな代替思考を用いた思考抑制が認知的再体制化に及ぼす効果(一般演題(ポスター),サイコセラピーの融合とより良き社会的貢献を目指して)

    大澤 ちひろ, 野村 和孝, 嶋田 洋徳

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 2008.11

    Event date:
    2008.11
     
     
  • P4-11 中学生における自動思考が問題解決方略の案出内容に及ぼす影響(一般演題(ポスター),サイコセラピーの融合とより良き社会的貢献を目指して)

    高橋 亜依, 山本 哲也, 高橋 史, 嶋田 洋徳

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 2008.11

    Event date:
    2008.11
     
     
  • P4-15 非機能的な衝動買い行動生起時の先行事象および促進要因の検討(一般演題(ポスター),サイコセラピーの融合とより良き社会的貢献を目指して)

    橋本 塁, 嶋田 洋徳

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 2008.11

    Event date:
    2008.11
     
     
  • P4-42 問題解決場面における自伝的記憶と抑うつとの関連(一般演題(ポスター),サイコセラピーの融合とより良き社会的貢献を目指して)

    山本 哲也, 木下 奈緒子, 嶋田 洋徳

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 2008.11

    Event date:
    2008.11
     
     
  • P3-28 Acceptance-Based Copingが主観的コントロール感およびタスクパフォーマンスに及ぼす影響(一般演題(ポスター),サイコセラピーの融合とより良き社会的貢献を目指して)

    木下 奈緒子, 丹野 恵, 久保 絢子, 五十嵐 友里, 津村 秀樹, 山本 哲也, 嶋田 洋徳

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 2008.11

    Event date:
    2008.11
     
     
  • P4-35 喪失体験からの回復過程における認知と対処行動の変化(一般演題(ポスター),サイコセラピーの融合とより良き社会的貢献を目指して)

    武井 優子, 五十川 ちよみ, 五十嵐 友里, 嶋田 洋徳, 鈴木 伸一

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 2008.11

    Event date:
    2008.11
     
     
  • P2-39 児童期の不安症状と対人場面における認知の誤りの関連(一般演題(ポスター発表),サイコセラピーの融合とより良き社会的貢献を目指して)

    松尾 真裕子, 山本 哲也, 藤本 志乃, 嶋田洋徳, 三浦 正江

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 2008.11

    Event date:
    2008.11
     
     
  • SY-3 学校現場における集団行動療法的介入の現状と課題(自主シンポジウム3,サイコセラピーの融合とより良き社会的貢献を目指して)

    小関 俊祐, 高橋 史, 嶋田 洋徳, 大対 香奈子, 戸ヶ崎 泰子, 杉山 雅彦

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 2008.11

    Event date:
    2008.11
     
     
  • P4-37 中学生における身体感覚への気づき : 抑うつ・不安・および怒りとの関連(一般演題(ポスター),サイコセラピーの融合とより良き社会的貢献を目指して)

    藤本 志乃, 山口 真実, 小関 俊祐, 高橋 史, 嶋田 洋徳

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 2008.11

    Event date:
    2008.11
     
     
  • P3-4 うつ病休職者に対する集団認知行動療法の試み : うつ症状と職場復帰への不安の推移の視点から(一般演題(ポスター),サイコセラピーの融合とより良き社会的貢献を目指して)

    田上 明日香, 伊藤 大輔, 大野 真由子, 嶋田 洋徳, 鈴木 伸一

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 2008.11

    Event date:
    2008.11
     
     
  • P1-12 解決策の効果検証訓練による問題解決プロセスの改善効果(一般演題(ポスター発表),サイコセラピーの融合とより良き社会的貢献を目指して)

    高橋 史, 山本 哲也, 嶋田 洋徳

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 2008.11

    Event date:
    2008.11
     
     
  • P1-19 高校生の学校不適応感改善を目指した認知的介入授業の効果(一般演題(ポスター発表),サイコセラピーの融合とより良き社会的貢献を目指して)

    五十川 ちよみ, 嶋田 洋徳

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 2008.11

    Event date:
    2008.11
     
     
  • P1-17 更生保護施設被保護者の認知的特徴に対する社会的スキル訓練の効果検討(一般演題(ポスター発表),サイコセラピーの融合とより良き社会的貢献を目指して)

    野村 和孝, 山本 哲也, 角 沙織, 嶋田 洋徳

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 2008.11

    Event date:
    2008.11
     
     
  • P1-20 高校生を対象とした包括的ストレスマネジメント教育プログラム開発に向けて(一般演題(ポスター発表),サイコセラピーの融合とより良き社会的貢献を目指して)

    山田 容子, 川崎 雅子, 五十川 ちよみ, 村上 菜々子, 笹 のぶえ, 鍋田 修身, 嶋田 洋徳

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 2008.11

    Event date:
    2008.11
     
     
  • 不登校生徒を対象としたキャンプ活動の心理的効果

    日本教育心理学会第50回総会発表論文集,532 

    Presentation date: 2008.10

  • 状況の解読の確信度が問題解決方略の案出に及ぼす影響

    日本教育心理学会第50回総会発表論文集,734 

    Presentation date: 2008.10

  • 児童における対人反応選択と実行の一致度が不適応感に及ぼす影響:反すうに焦点をあてて

    日本教育心理学会第50回総会発表論文集,242 

    Presentation date: 2008.10

  • 反すう傾向が児童の不安症状に及ぼす影響

    日本教育心理学会第50回総会発表論文集,243 

    Presentation date: 2008.10

  • 健康・適応領域における感情研究の新たな展開 (2):正負感情,コーピング,そして心身健康・ストレス

    日本心理学会第72回大会発表論文集,WS(62) 

    Presentation date: 2008.09

  • 児童における認知的反すうが社会的スキルの習得および遂行に及ぼす影響

    日本心理学会第72回大会発表論文集,1338 

    Presentation date: 2008.09

  • 児童における出来事についての反復的な想起と抑うつ症状との関連

    日本心理学会第72回大会発表論文集,335 

    Presentation date: 2008.09

  • 思考抑制の逆説的効果と気分の相互作用

    日本心理学会第72回大会発表論文集,354 

    Presentation date: 2008.09

  • 仕事の裁量度および Acceptance-Based Coping がタスクパフォーマンスと主観的ストレスに及ぼす影響

    日本心理学会第72回大会発表論文集,363 

    Presentation date: 2008.09

  • 更生保護施設被保護者の社会復帰過程における認知的特徴の検討

    日本心理学会第72回大会発表論文集,421 

    Presentation date: 2008.09

  • 喪失体験からの回復過程における認知と対処行動の変化

    日本心理学会第72回大会発表論文集,1021 

    Presentation date: 2008.09

  • インターンシップ経験が進路選択の効力感に及ぼす影響

    日本心理学会第72回大会発表論文集,1304 

    Presentation date: 2008.09

  • 中学生における反すう傾向が抑うつ症状と自動思考に及ぼす影響

    日本心理学会第72回大会発表論文集,299 

    Presentation date: 2008.09

  • 派遣社員の期待充足とストレス反応の関連:キャリアカウンセリング来談者を対象として

    日本心理学会第72回大会発表論文集,1372 

    Presentation date: 2008.09

  • TVゲームの表現の特異性がプレイ後の怒り反応および感情的側面に与える影響

    日本健康心理学会第21回大会発表論文集,12 

    Presentation date: 2008.09

  • 従来のコーピング概念は環境への適合性を予測しうるか?:対人ストレッサーにおける検討

    日本健康心理学会第21回大会発表論文集,22 

    Presentation date: 2008.09

  • 社会人基礎力がストレス反応表出に与える影響

    日本健康心理学会第21回大会発表論文集,29 

    Presentation date: 2008.09

  • 日本語版 Acceptance and Action Questionnaire-II 作成の試み

    日本健康心理学会第21回大会発表論文集,46 

    Presentation date: 2008.09

  • 心理的柔軟性がネガティブなライフイベントに及ぼす緩和効果

    日本健康心理学会第21回大会発表論文集,47 

    Presentation date: 2008.09

  • 派遣社員の期待充足の分類とカウンセラーの支援内容の関連:キャリアカウンセリングでの支援を通して

    日本健康心理学会第21回大会発表論文集,70 

    Presentation date: 2008.09

  • 日本語版Acceptance and Action Questionnaire-II作成の試み

    木下奈緒子, 山本哲也, 嶋田洋徳

    日本健康心理学会第21回大会発表論文集, 

    Presentation date: 2008.09

    Event date:
    2008.09
     
     
  • Coping patterns and subjective satisfaction about stress coping in interpersonal stress

    10th International Congress of Behavioral Medicine Abstract Book, 219-220 

    Presentation date: 2008.08

  • Cognitive and behavioral features on the recovery process of loss

    10th International Congress of Behavioral Medicine Abstract Book, 233 

    Presentation date: 2008.08

  • Influence of frequency of life events on accuracy in prediction of depressed people

    10th International Congress of Behavioral Medicine Abstract Book, 233 

    Presentation date: 2008.08

  • Quantitative study on common points and differences between client-centered therapy and rational emotive behavior therapy

    10th International Congress of Behavioral Medicine Abstract Book, 235 

    Presentation date: 2008.08

  • The influence of social anxiety tendency on stress reduction of social support in japanese college freshman

    10th International Congress of Behavioral Medicine Abstract Book, 247 

    Presentation date: 2008.08

  • Effect of mediation factor of subjective satisfaction for result of coping in interpersonal stress situation

    10th International Congress of Behavioral Medicine Abstract Book, 249 

    Presentation date: 2008.08

  • Effects of rumination on tendencies of depressive disorders and anxiety disorders in children

    10th International Congress of Behavioral Medicine Abstract Book, 90 

    Presentation date: 2008.08

  • Effect of coping self-statements on pain experience: The role of anxiety sensitivity

    10th International Congress of Behavioral Medicine Abstract Book, 107-108 

    Presentation date: 2008.08

  • Inference of bystanders concering bullying behavior

    10th International Congress of Behavioral Medicine Abstract Book, 121 

    Presentation date: 2008.08

  • The relationship between the both expressing and decoding skills and the feeling of school maladjustment

    10th International Congress of Behavioral Medicine Abstract Book, 121 

    Presentation date: 2008.08

  • The relation between the rumination on positive and negative events and the depression in children

    10th International Congress of Behavioral Medicine Abstract Book, 121 

    Presentation date: 2008.08

  • Rumination effects on children's performance of social skills

    10th International Congress of Behavioral Medicine Abstract Book, 122 

    Presentation date: 2008.08

  • Differences and similarities between rumination and post-event processing in a non-clinical population

    10th International Congress of Behavioral Medicine Abstract Book, 125 

    Presentation date: 2008.08

  • 性犯罪者再犯罪防止プログラムの有効性 社会内トリートメントの視点から

    野村 和孝, 東本 愛香, 嶋田 洋徳, 小畠 秀吾, 山上 晧

    日本社会精神医学会雑誌  (一社)日本社会精神医学会

    Presentation date: 2008.07

    Event date:
    2008.07
     
     
  • 自己教示が痛みの主観的評価に及ぼす影響:不安感受性の機能を考慮して

    第14回日本行動医学会学術総会 

    Presentation date: 2008.03

  • クライアントとカウンセラー間における対話構造の数量的表現

    第14回日本行動医学会学術総会 

    Presentation date: 2008.03

  • 認知的反すうが児童の適応状態に与える影響(2)−抑うつ傾向と不安障害傾向を指標として−

    山本哲也, 五十嵐友里, 藤本志乃, 嶋田洋徳

    日本行動医学会第14回学術総会 

    Presentation date: 2008.03

    Event date:
    2008.03
     
     
  • 認知的反すうが児童の適応状態に与える影響(1)−社会的スキルの遂行を指標として−

    藤本志乃, 山本哲也, 五十嵐友里, 嶋田洋徳

    日本行動医学会第14回学術総会 

    Presentation date: 2008.03

    Event date:
    2008.03
     
     
  • 認知的反すうが児童の適応状態に与える影響(3)−主観的学校不適応感を指標として−

    五十嵐友里, 山本哲也, 藤本志乃, 嶋田洋徳

    日本行動医学会第14回学術総会 

    Presentation date: 2008.03

    Event date:
    2008.03
     
     
  • 性犯罪者再犯罪防止プログラムの有効性:社会内トリートメントの視点から

    第27回日本社会精神医学会,44 

    Presentation date: 2008.02

  • 健康・適応領域における感情研究の新たな展開(2):-正負感情、コーピング、そして心身健康・ストレス-

    山崎 勝之, 桾本 知子, 佐々木 恵, 井澤 修平, 嶋田 洋徳

    日本心理学会大会発表論文集  公益社団法人 日本心理学会

    Presentation date: 2008

    Event date:
    2008
     
     
  • 更生保護施設被保護者の認知的特徴に対する社会的スキル訓練の効果

    野村和孝, 山本哲也, 角沙織, 嶋田洋徳

    日本行動療法学会第34回大会発表論文集 

    Presentation date: 2008

    Event date:
    2008
     
     
  • ポジティブな認知が抑うつ的認知処理に及ぼす影響-ポジティブな代替思考を用いた思考抑制が認知的再体制化に及ぼす効果-

    大澤ちひろ, 野村和孝, 嶋田洋徳

    日本行動療法学会第34回大会発表論文集 

    Presentation date: 2008

    Event date:
    2008
     
     
  • 仕事の裁量度およびAcceptance-Based Copingがタスクパフォーマンスと主観的ストレスに及ぼす影響

    木下奈緒子, 五十嵐友里, 津村秀樹, 山本哲也, 嶋田洋徳

    日本心理学会第72回大会, 

    Presentation date: 2008

    Event date:
    2008
     
     
  • 児童における対人反応選択と実行の一致度が不適応感に及ぼす影響

    藤本志乃, 山本哲也, 五十嵐友里, 嶋田洋徳

    日本教育心理学会第50回総会,PC1-46, 

    Presentation date: 2008

    Event date:
    2008
     
     
  • Acceptance-Based Copingが主観的コントロール感およびタスクパフォーマンスに及ぼす影響

    木下奈緒子, 丹野 恵, 久保絢子, 五十嵐友里, 津村秀樹, 山本哲也, 嶋田洋徳

    日本行動療法学会第34回大会発表論文集, P3-28, 

    Presentation date: 2008

    Event date:
    2008
     
     
  • 虚血性心疾患患者を対象とする認知行動療法プログラムを用いた生活習慣改善の試み(5) ―プログラムに影響を及ぼす要因の検討―

    山本哲也, 橋本塁, 武井優子, 今井千鶴子, 田上明日香, 森本浩志, 能野淳子, 津村秀樹, 姫野弥栄奈, 大熊 あとよ, 木原 貴代子, 高田 志帆, 嶋村 良枝, 高橋 智子, 山崎かおり, 立松 栄治, 鈴木 豪, 桑原 和江, 上野 敦子, 大西 聡, 小林 清香, 井上 敦子, 西村 勝治, 志賀 剛, 嶋田 洋徳, 鈴木 伸一, 石郷岡純, 萩原誠久, 笠貫 宏

    第65回日本循環器心身医学会発表抄録集, 

    Presentation date: 2008

    Event date:
    2008
     
     
  • 虚血性心疾患患者を対象とする認知行動療法プログラムを用いた生活習慣改善の試み(4) ―プログラムの短縮化と生活習慣の維持に焦点を当てて―

    橋本 塁, 山本哲也, 武井優子, 今井千鶴子, 田上明日香, 森本浩志, 能野淳子, 津村秀樹, 姫野弥栄奈, 大熊あとよ, 木原貴代子, 高田志帆, 嶋村良枝, 高橋智子, 山崎かおり, 立松栄治, 鈴木 豪, 桑原和江, 上野敦子, 大西 聡, 小林清香, 井上敦子, 西村勝治, 志賀 剛, 嶋田洋徳, 鈴木伸一, 石郷岡純, 萩原誠久, 笠貫 宏

    第65回日本循環器心身医学会発表抄録集 

    Presentation date: 2008

    Event date:
    2008
     
     
  • 虚血性心疾患患者を対象とする認知行動療法プログラムを用いた生活習慣改善(3) ―面接時間の短縮に焦点を当てて―

    武井優子, 橋本 塁, 山本哲也, 今井千鶴子, 田上明日香, 森本浩志, 能野淳子, 津村秀樹, 姫野弥栄奈, 大熊あとよ, 木原貴代子, 高田志帆, 嶋村良枝, 高橋智子, 山崎かおり, 立松栄治, 鈴木 豪, 桑原和江, 上野敦子, 大西 聡, 小林清香, 井上敦子, 西村勝治, 志賀 剛, 嶋田洋徳, 鈴木伸一, 石郷岡純, 萩原誠久, 笠貫 宏

    第65回日本循環器心身医学会発表抄録集, 

    Presentation date: 2008

    Event date:
    2008
     
     
  • 治療方法の選好順序における個人内の「ズレ」の検討

    第111回日本心身医学会関東地方会,心身医学,49,937 

    Presentation date: 2007.12

  • 学校現場におけるストレスマネジメント

    日本行動療法学会第33回大会発表論文集,63 

    Presentation date: 2007.12

  • 個別指導場面から集団指導場面への移行時における復元効果の検討

    日本行動療法学会第33回大会発表論文集,446-447 

    Presentation date: 2007.12

  • 周囲の児童のサポート行動の動機づけにモデリングが及ぼす影響

    日本行動療法学会第33回大会発表論文集,484-485 

    Presentation date: 2007.12

  • 周囲の子どもたちを含めた学級内支援の検討:自閉症スペクトラム障害の行動特徴を示す児童に対して

    日本行動療法学会第33回大会発表論文集,514-515 

    Presentation date: 2007.12

  • キャリアカウンセリング来談者の継時的変化の検討

    日本行動療法学会第33回大会発表論文集,550-551 

    Presentation date: 2007.12

  • 子どもの抑うつに対する認知行動的アプローチ

    日本行動療法学会第33回大会発表論文集,68-69 

    Presentation date: 2007.12

  • 認知行動療法と性犯罪者処遇プログラム

    日本行動療法学会第33回大会発表論文集,82 

    Presentation date: 2007.12

  • 高校生の認知的特徴が学校不適応感に及ぼす影響

    日本行動療法学会第33回大会発表論文集,264-265 

    Presentation date: 2007.12

  • 中途採用者の職場ストレスへの適応過程の検討

    日本行動療法学会第33回大会発表論文集,266-267 

    Presentation date: 2007.12

  • 出来事の生起頻度が抑うつ者の予測の正確さに及ぼす影響

    日本行動療法学会第33回大会発表論文集,280-281 

    Presentation date: 2007.12

  • 児童生徒のソーシャルサポート機能の有効性の認知が心理的ストレス過程に及ぼす影響

    日本行動療法学会第33回大会発表論文集,286-287 

    Presentation date: 2007.12

  • 外傷体験からの回復過程としての適応に至るプロセスモデルの検討

    日本行動療法学会第33回大会発表論文集,292-293 

    Presentation date: 2007.12

  • 大学生における痛み経験の実態調査:性差の観点から

    日本行動療法学会第33回大会発表論文集,300-301 

    Presentation date: 2007.12

  • 大学生の社会人基礎力が進路選択行動に対する自己効力感に与える影響

    日本行動療法学会第33回大会発表論文集,306-307 

    Presentation date: 2007.12

  • 笑顔が感情的側面と認知的側面に及ぼす影響:ネガティブな感情の喚起状況において

    日本行動療法学会第33回大会発表論文集,316-317 

    Presentation date: 2007.12

  • 女子児童生徒における摂食障害傾向の認知行動モデルの検討

    日本行動療法学会第33回大会発表論文集,320-321 

    Presentation date: 2007.12

  • 入眠困難に影響を及ぼす認知活動の機能的側面についての検討

    日本行動療法学会第33回大会発表論文集,326-327 

    Presentation date: 2007.12

  • 大学生の意志決定スタイルの自己認知が進路の決定学習プログラムの効果に及ぼす影響の検討

    日本行動療法学会第33回大会発表論文集,328-329 

    Presentation date: 2007.12

  • P2-33 女子児童生徒における摂食障害傾向の認知行動モデルの検討(ポスター発表II,教育・福祉・健康分野への進展)

    三輪 温子, 嶋田 洋徳

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 2007.11

    Event date:
    2007.11
     
     
  • P1-40 対人葛藤状況におけるストレスコーピングに対する主観的満足感の媒介要因の検討(2) : コーピングおよびコーピング選択に対する認知とコーピング結果に対する主観的満足感との関係(ポスター発表I,教育・福祉・健康分野への進展)

    木村 泰博, 森本 浩志, 嶋田 洋徳

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 2007.11

    Event date:
    2007.11
     
     
  • P1-17 表出性・非表出性の社会的スキルが主観的学校不適応感に及ぼす影響(ポスター発表I,教育・福祉・健康分野への進展)

    高橋 亜依, 姫野 弥栄奈, 山田 容子, 嶋田 洋徳

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 2007.11

    Event date:
    2007.11
     
     
  • P2-05 高校生の認知的特徴が学校不適応感に及ぼす影響(ポスター発表II,教育・福祉・健康分野への進展)

    五十川 ちよみ, 嶋田 洋徳

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 2007.11

    Event date:
    2007.11
     
     
  • P2-31 笑顔が感情的側面と認知的側面に及ぼす影響 : ネガティブな感情の喚起状況において(ポスター発表II,教育・福祉・健康分野への進展)

    山本 哲也, 杉森 伸吉, 嶋田 洋徳

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 2007.11

    Event date:
    2007.11
     
     
  • P1-19 児童における認知的及び感情的要因が社会的スキルの遂行に及ぼす影響(ポスター発表I,教育・福祉・健康分野への進展)

    藤本 志乃, 大澤 ちひろ, 五十川 ちよみ, 嶋田 洋徳

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 2007.11

    Event date:
    2007.11
     
     
  • P2-37 大学生の意思決定スタイルの自己認知が進路の決定学習プログラムの効果に及ぼす影響の検討(ポスター発表II,教育・福祉・健康分野への進展)

    橋本 塁, 水島 秀聡, 田上 明日香, 嶋田 洋徳

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 2007.11

    Event date:
    2007.11
     
     
  • P2-36 入眠困難に影響を及ぼす認知活動の機能的側面についての検討(ポスター発表II,教育・福祉・健康分野への進展)

    垣内 文夫, 三輪 温子, 佐藤 寛, 嶋田 洋徳

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 2007.11

    Event date:
    2007.11
     
     
  • P2-16 児童生徒のソーシャルサポート機能の有効性の認知が心理的ストレス過程に及ぼす影響(ポスター発表II,教育・福祉・健康分野への進展)

    丹羽 奈緒, 嶋田 洋徳

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 2007.11

    Event date:
    2007.11
     
     
  • P2-26 大学生の社会人基礎力が進路選択行動に対する自己効力感に与える影響(ポスター発表II,教育・福祉・健康分野への進展)

    水島 秀聡, 木村 泰博, 田上 明日香, 嶋田 洋徳

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 2007.11

    Event date:
    2007.11
     
     
  • P2-13 出来事の生起頻度が抑うつ者の予測の正確さに及ぼす影響(ポスター発表II,教育・福祉・健康分野への進展)

    津村 秀樹, 五十川 ちよみ, 大澤 ちひろ, 丹羽 奈緒, 野村 和孝, 姫 野, 水島 秀聡, 嶋田 洋徳

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 2007.11

    Event date:
    2007.11
     
     
  • P1-36 社会的場面における解釈バイアスが状態不安に与える影響(ポスター発表I,教育・福祉・健康分野への進展)

    五十嵐 友里, 嶋田 洋徳

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 2007.11

    Event date:
    2007.11
     
     
  • P3-73 キャリアカウンセリング来談者の継時的変化の検討(ポスター発表III,教育・福祉・健康分野への進展)

    田上 明日香, 嶋田 洋徳

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 2007.11

    Event date:
    2007.11
     
     
  • 認知行動療法と性犯罪者処遇プログラム(自主シンポジウムII-1,教育・福祉・健康分野への進展)

    嶋田 洋徳

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 2007.11

    Event date:
    2007.11
     
     
  • O1-1 就職先選好順序における意思決定の数量的検討 : Fuzzy測度-Choquet積分モデルを適用して(一般演題I,教育・福祉・健康分野への進展)

    今井 正司, 今井 千鶴子, 嶋田 洋徳

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 2007.11

    Event date:
    2007.11
     
     
  • 子どもの抑うつに対する認知行動的アプローチ(内山記念賞受賞講演)

    佐藤 寛, 嶋田 洋徳

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 2007.11

    Event date:
    2007.11
     
     
  • P1-14 中学生に対するリラクセーションが解決策の案出訓練の効果におよぼす影響(ポスター発表I,教育・福祉・健康分野への進展)

    高橋 史, 水島 秀聡, 五十川 ちよみ, 嶋田 洋徳

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 2007.11

    Event date:
    2007.11
     
     
  • P1-43 スピーチ場面における社会不安傾向者の安全確保行動に関する検討(ポスター発表I,教育・福祉・健康分野への進展)

    野村 和孝, 嶋田 洋徳

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 2007.11

    Event date:
    2007.11
     
     
  • P2-19 外傷体験からの回復過程としての適応に至るプロセスモデルの検討(ポスター発表II,教育・福祉・健康分野への進展)

    八木澤 麻子, 丹羽 奈緒, 野村 和孝, 嶋田 洋徳, 神村 栄一

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 2007.11

    Event date:
    2007.11
     
     
  • 就職先選好順序における意志決定の数量的検討:Fuzzy 測度-Choquet 積分モデルを適用して

    日本行動療法学会第33回大会発表論文集,122-123 

    Presentation date: 2007.11

  • 中学生に対するリラクセーションが解決策の案出訓練の効果におよぼす影響

    日本行動療法学会第33回大会発表論文集,166-167 

    Presentation date: 2007.11

  • リラクセーションが児童の社会的スキルの遂行に及ぼす影響

    日本行動療法学会第33回大会発表論文集,170-171 

    Presentation date: 2007.11

  • 表出性・非表出性の社会的スキルが主観的学校不適応感に及ぼす影響

    日本行動療法学会第33回大会発表論文集,172-173 

    Presentation date: 2007.11

  • 児童における認知的及び感情的要因が社会的スキルの遂行に及ぼす影響

    日本行動療法学会第33回大会発表論文集,176-177 

    Presentation date: 2007.11

  • 社会的場面における解釈バイアスが状態不安に与える影響

    日本行動療法学会第33回大会発表論文集,210-211 

    Presentation date: 2007.11

  • 対人葛藤状況におけるストレスコーピングに対する主観的満足感の媒介要因の検討 (1):コーピングおよびコーピング選択に対する認知とその主観的満足感との関係

    日本行動療法学会第33回大会発表論文集,216-217 

    Presentation date: 2007.11

  • 対人葛藤状況におけるストレスコーピングに対する主観的満足感の媒介要因の検討 (2):コーピングおよびコーピング選択に対する認知とコーピング結果に対する主観的満足感との関係

    日本行動療法学会第33回大会発表論文集,218-219 

    Presentation date: 2007.11

  • スピーチ場面における社会不安傾向者の安全確保行動に関する検討

    日本行動療法学会第33回大会発表論文集,224-225 

    Presentation date: 2007.11

  • 大学生におけるポジティブな自動思考の特徴と抑うつ気分に及ぼす影響

    日本行動療法学会第33回大会発表論文集,226-227 

    Presentation date: 2007.11

  • 一過性の有酸素運動における運動強度が心理的側面に及ぼす影響

    日本スポーツ心理学会第34回大会研究発表抄録集,168-169 

    Presentation date: 2007.11

  • 児童青年期における自動思考と不安症状の関連

    笹川智子

    日本カウンセリング学会第40回大会,98  (沖縄県那覇市)  琉球大学

    Presentation date: 2007.11

  • 子ども用問題解決尺度の作成と信頼性・妥当性の検討

    高橋史

    日本カウンセリング学会第40回大会,97  (沖縄県那覇市)  琉球大学

    Presentation date: 2007.11

  • マインドフルネス・ベイスド・カウンセリング:新しい実践の方法

    伊藤義徳

    日本カウンセリング学会第40回大会,61  (沖縄県那覇市)  琉球大学

    Presentation date: 2007.11

  • Developmental trends of the effect of problem-solving on aggressive behavior in children

    Proceedings of Association for Advancement of Behavior Therapy 40th Annual Convention, 273 

    Presentation date: 2007.11

  • 対人葛藤状況におけるストレスコーピングに対する主観的満足感の媒介要因の検討 (3):領域合致得点とコーピングレパートリーと主観的満足感の関係

    第23回日本ストレス学会学術総会抄録集,ストレス科学,22(2),50 

    Presentation date: 2007.11

  • 虚血性心疾患患者を対象とする認知行動療法プログラムを用いた生活習慣改善の試み―第2報―

    田上明日香, 森本浩志, 姫野弥栄奈, 今井千鶴子, 橋本 塁, 山本哲也, 津村秀樹, 能野淳子, 大熊あとよ, 木原貴代子, 高田志帆, 嶋村良枝, 高橋智子, 立松栄治, 鈴木 豪, 桑原和江, 上野敦子, 大西 聡, 小林清香, 井上敦子, 西村勝治, 志賀 剛, 嶋田洋徳, 鈴木伸一, 笠貫 宏

    第2回生活習慣病認知行動療法研究会 

    Presentation date: 2007.11

    Event date:
    2007.11
     
     
  • 認知行動療法を用いた生活習慣改善の試み:虚血性心疾患患者を対象として

    第64回日本循環器心身医学会抄録集,52 

    Presentation date: 2007.10

  • アロマセラピーが心臓カテーテル検査を受ける患者の心理・身体面に与える影響について

    第64回日本循環器心身医学会抄録集,58 

    Presentation date: 2007.10

  • 高校生の学校不適応改善を目指した認知的アプローチの効果

    第7回日本認知療法学会プログラム・抄録集,53 

    Presentation date: 2007.10

  • 発話プロセス構造の可視化にともなう数量的表現:システム構造分析を用いて

    第110回日本心身医学会関東地方会,心身医学,48,1066 

    Presentation date: 2007.09

  • 子どもの抑うつと認知行動療法

    日本心理学会第71回大会発表論文集,L10 

    Presentation date: 2007.09

  • 痛みへの注意と痛み症状との関連

    日本心理学会第71回大会発表論文集,300 

    Presentation date: 2007.09

  • ネガティブ感情喚起時に笑顔が連想内容の改善に及ぼす効果

    日本心理学会第71回大会発表論文集,321 

    Presentation date: 2007.09

  • 社会不安傾向とソーシャルサポートがストレス反応に及ぼす影響:大学新入生を対象とした短期縦断的研究

    日本心理学会第71回大会発表論文集,1156 

    Presentation date: 2007.09

  • 大学新入生のソーシャルスキルとソーシャルサポートが心理的ストレス反応に及ぼす影響

    日本心理学会第71回大会発表論文集,1157 

    Presentation date: 2007.09

  • キャリアカウンセリングを希求する派遣社員の類型化による状態像の検討

    日本心理学会第71回大会発表論文集,1214 

    Presentation date: 2007.09

  • 中学生を対象とした認知的介入授業の取り組み

    日本教育心理学会第49回総会発表論文集,608 

    Presentation date: 2007.09

  • 笑顔がネガティブな感情の緩和・表出抑制に及ぼす効果

    日本教育心理学会第49回総会発表論文集,395 

    Presentation date: 2007.09

  • 不登校児童生徒を対象としたキャンプ活動が抑うつ・不安および対人的自己効力感に及ぼす影響

    日本教育心理学会第49回総会発表論文集,287 

    Presentation date: 2007.09

  • 性犯罪者処遇プログラムの実施について:認知行動療法の立場から

    日本犯罪心理学会第45回大会,犯罪心理学研究,43 

    Presentation date: 2007.09

  • 中学生用攻撃行動尺度の作成と信頼性・妥当性の検討

    日本健康心理学会第20回記念大会発表論文集,171 

    Presentation date: 2007.09

  • Examination of the cognitive behavioral intervention to the temporary employee who does request for the career counseling

    Examination of the cognitive behavioral intervention to the temporary employee who does request for the career counseling 

    Presentation date: 2007.07

  • The effects of learning the decision-making strategy for occupational choice in Japanese college students

    The effects of learning the decision-making strategy for occupational choice in Japanese college students 

    Presentation date: 2007.07

  • Successive changes of cognitive, behavioral and emotional responses in early turnover

    Successive changes of cognitive, behavioral and emotional responses in early turnover 

    Presentation date: 2007.07

  • The relationship between social supports and stress responses in Japanese freshman: A longitudinal study focusing on the numbers and functions of new friends

    The relationship between social supports and stress responses in Japanese freshman: A longitudinal study focusing on the numbers and functions of new friends 

    Presentation date: 2007.07

  • The relationships between achievement motivation, social support and self-esteem in Japanese university students

    The relationships between achievement motivation, social support and self-esteem in Japanese university students 

    Presentation date: 2007.07

  • The relationships between safety behaviors and self-focused attention with social anxiety

    The relationships between safety behaviors and self-focused attention with social anxiety 

    Presentation date: 2007.07

  • Influence of positive automatic thoughts on performance of social skills

    Influence of positive automatic thoughts on performance of social skills 

    Presentation date: 2007.07

  • Relationship between depressive symptoms and accuracy in predictions of future life events

    Relationship between depressive symptoms and accuracy in predictions of future life events 

    Presentation date: 2007.07

  • Effects of smiling on modification and prevention of negative emotion and thoughts

    Effects of smiling on modification and prevention of negative emotion and thoughts 

    Presentation date: 2007.07

  • Influence of the showing and decoding skills on feeling of school maladjustment in children

    Influence of the showing and decoding skills on feeling of school maladjustment in children 

    Presentation date: 2007.07

  • Differences of firstly generated solutions between aggressive and non-aggressive children

    Differences of firstly generated solutions between aggressive and non-aggressive children 

    Presentation date: 2007.07

  • The process of recovery from traumatic experiences

    The process of recovery from traumatic experiences 

    Presentation date: 2007.07

  • Influence of cognitive and emotional factor on performance of social skills in children

    Influence of cognitive and emotional factor on performance of social skills in children 

    Presentation date: 2007.07

  • The investigation on the relationship between social skills acquisition and performance in children with social anxiety

    The investigation on the relationship between social skills acquisition and performance in children with social anxiety 

    Presentation date: 2007.07

  • Cognitive behavioural consultation by a school counselor in Japanese public school: A case study of a child with school refusing behavior

    Cognitive behavioural consultation by a school counselor in Japanese public school: A case study of a child with school refusing behavior 

    Presentation date: 2007.07

  • The effect of modeling on circumambient children’s support for children with pervasive developmental disorder

    The effect of modeling on circumambient children’s support for children with pervasive developmental disorder 

    Presentation date: 2007.07

  • Application of attention training to menstrual pain

    Application of attention training to menstrual pain 

    Presentation date: 2007.07

  • The influence of PEP on interpretation in social situation

    The influence of PEP on interpretation in social situation 

    Presentation date: 2007.07

  • シャイネスを示す大学生における社会的スキルの獲得とその認知との関連

    第13回日本行動医学会学術総会プログラム・抄録集,36 

    Presentation date: 2007.03

  • Pain Vigilance and Awareness Questionnaire 日本語版の作成と信頼性・妥当性の検討

    第13回日本行動医学会学術総会プログラム・抄録集,41 

    Presentation date: 2007.03

  • 社会不安傾向とソーシャルサポートがストレス反応に及ぼす影響―大学新入生を対象とした短期的縦断研究―

    野村和孝, 五十川ちよみ, 嶋田洋徳

    日本心理学会第71回大会発表論文集 

    Presentation date: 2007

    Event date:
    2007
     
     
  • 性犯罪者再犯罪防止プログラムの有効性-社会内トリートメントの視点から-

    野村和孝, 東本愛香, 嶋田洋徳, 小畠秀吾, 山上皓

    第27回日本社会精神医学会 

    Presentation date: 2007

    Event date:
    2007
     
     
  • 笑顔が感情的側面・認知的側面に及ぼす影響 −ネガティブな感情の喚起状況において−

    山本哲也, 杉森伸吉, 嶋田洋徳

    日本行動療法学会第33回大会発表論文集, 

    Presentation date: 2007

    Event date:
    2007
     
     
  • 認知行動療法を用いた生活習慣改善の試み―虚血性心疾患患者を対象として―

    森本浩志, 田上明日香, 姫野弥栄奈, 今井千鶴子, 橋本 塁, 山本哲也, 津村秀樹, 能野淳子, 大熊あとよ, 木原貴代子, 高田志帆, 嶋村良枝, 高橋智子, 立松栄治, 鈴木豪, 桑原和江, 上野敦子, 大西 聡, 小林清香, 井上敦子, 西村勝治, 志賀 剛, 嶋田洋徳, 鈴木伸一, 笠貫 宏

    第64回日本循環器心身医学会抄録集, 

    Presentation date: 2007

    Event date:
    2007
     
     
  • 子どもと共に私も歩こう:子どもの成長をささえる認知行動療法

    九州心理学会第67回大会プログラム,12-13 

    Presentation date: 2006.11

  • Psychometric properties of the Japanese version of the Social Problem-Solving Inventory-Revised(SPSI-R)

    Proceedings of Association for Advancement of Behavior Therapy 40th Annual Convention, 199 

    Presentation date: 2006.11

  • Differences of firstly generated solutions between aggressive and nonaggressive children

    Proceedings of Association for Advancement of Behavior Therapy 40th Annual Convention, 100 

    Presentation date: 2006.11

  • ソーシャルサポートが児童の攻撃性に及ぼす影響

    日本心理学会第70回大会発表論文集,356 

    Presentation date: 2006.11

  • 小中学生の抑うつにおける自己評定と親評定の差異

    日本心理学会第70回大会発表論文集,357 

    Presentation date: 2006.11

  • 母親の養育態度と中学生の摂食障害傾向の関連性の検討

    日本心理学会第70回大会発表論文集,360 

    Presentation date: 2006.11

  • 親の養育態度と子どもの社会的スキルおよび抑うつとの関連

    日本心理学会第70回大会発表論文集,361 

    Presentation date: 2006.11

  • 児童の多義的場面における認知の変容が怒り感情および攻撃行動の低減に及ぼす効果

    日本心理学会第70回大会発表論文集,396 

    Presentation date: 2006.11

  • 性犯罪に心理学はどのように取り組むか (3):性犯罪の発生と再発の予防に向けて

    日本心理学会第70回大会発表論文集,W8 

    Presentation date: 2006.11

  • 臨床行動分析 (2)

    日本心理学会第70回大会発表論文集,W19 

    Presentation date: 2006.11

  • Menstrual Pain Vigilance and Awareness Questionnaire(M-PVAQ)の作成:月経痛への注意と月経痛による身体的・心理的症状との関連

    日本心理学会第70回大会発表論文集,305 

    Presentation date: 2006.11

  • ソーシャルスキルが期待されたソーシャルサポートに及ぼす影響:大学新入生を対象とした短期的縦断研究

    日本行動療法学会第32回大会発表論文集,294-295 

    Presentation date: 2006.10

  • 小学生用攻撃行動尺度の作成と信頼性・妥当性の検討

    日本行動療法学会第32回大会発表論文集,296-297 

    Presentation date: 2006.10

  • 大学生の達成動機がソーシャルサポートと自尊感情に及ぼす影響

    日本行動療法学会第32回大会発表論文集,298-299 

    Presentation date: 2006.10

  • 学校場面における認知行動的コンサルテーション

    日本行動療法学会第32回大会発表論文集,300-301 

    Presentation date: 2006.10

  • 大学生におけるオペンラント行動の復元効果の検討:再発の理解と再発予防に向けて

    日本行動療法学会第32回大会発表論文集,308-309 

    Presentation date: 2006.10

  • 中学生の摂食障害傾向とコーピングスタイルの関連

    日本行動療法学会第32回大会発表論文集,310-311 

    Presentation date: 2006.10

  • 高校生の認知および行動の特徴と学校適応について:経験頻度の高い対人ストレス場面を用いて

    日本行動療法学会第32回大会発表論文集,314-315 

    Presentation date: 2006.10

  • 児童の社会的スキルの自己評価と抑うつとの関連:自己否定的な認知の影響を考慮して

    日本行動療法学会第32回大会発表論文集,332-333 

    Presentation date: 2006.10

  • Childhood Anxiety Sensitivity Index 日本語版作成の試み

    日本行動療法学会第32回大会発表論文集,352-353 

    Presentation date: 2006.10

  • 抑うつ症状が予測の正確さに及ぼす影響

    日本行動療法学会第32回大会発表論文集,360-361 

    Presentation date: 2006.10

  • 社会不安傾向者における安全確保行動と自己注目との関係

    日本行動療法学会第32回大会発表論文集,362-363 

    Presentation date: 2006.10

  • 社会恐怖傾向を示す児童の社会的スキルとその遂行との関連

    日本行動療法学会第32回大会発表論文集,364-365 

    Presentation date: 2006.10

  • Post-event processing が社会的状況における解釈に及ぼす影響

    日本行動療法学会第32回大会発表論文集,366-367 

    Presentation date: 2006.10

  • 精神科デイケアにおけるSSTの効果に関する検討:思いやりのあるコミュニケーションを目指して

    日本行動療法学会第32回大会発表論文集,374-375 

    Presentation date: 2006.10

  • 賭博常習者における認知行動的特徴の検討

    日本行動療法学会第32回大会発表論文集,384-385 

    Presentation date: 2006.10

  • 軽度発達障害児への支援計画に活かせる「システム行動分析」の提案

    日本LD学会第15回大会発表論文集,422-423 

    Presentation date: 2006.10

  • 問題行動を示す児童への学級内における対応:問題行動を示す児童を担当したことのある教員へのインタビューを通して

    日本行動療法学会第32回大会発表論文集,154-155 

    Presentation date: 2006.10

  • 情動喚起状態における情動コンピテンスが社会的情報処理に及ぼす影響

    日本行動療法学会第32回大会発表論文集,174-175 

    Presentation date: 2006.10

  • 早期離職に至る認知と情動の継時的変化

    日本行動療法学会第32回大会発表論文集,232-233 

    Presentation date: 2006.10

  • ポジティブな自動思考が社会的スキルの遂行に及ぼす影響

    日本行動療法学会第32回大会発表論文集,234-235 

    Presentation date: 2006.10

  • 月経痛に対する注意トレーニングの適用:事例研究を通じて

    日本行動療法学会第32回大会発表論文集,242-243 

    Presentation date: 2006.10

  • キャリアカウンセリングを希求する派遣社員の類型化の試み

    日本行動療法学会第32回大会発表論文集,244-245 

    Presentation date: 2006.10

  • P2A-30 高校生の認知および行動の特徴と学校適応について : 経験頻度の高い対人ストレス場面を用いて(ポスター発表2A(学校臨床),行動療法の先端性と一般性)

    小倉 容子, 嶋田 洋徳

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 2006.10

    Event date:
    2006.10
     
     
  • P2A-20 ソーシャルスキルが期待されたソーシャルサポートに及ぼす影響 : 大学新入生を対象とした短期的縦断研究(ポスター発表2A(学校臨床),行動療法の先端性と一般性)

    五十川 ちよみ, 丹波 秀夫, 小杉 正太郎, 嶋田 洋徳

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 2006.10

    Event date:
    2006.10
     
     
  • P1B-44 キャリアカウンセリングを希求する派遣社員の類型化の試み(ポスター発表1B(基礎研究・ストレス・精神保健),行動療法の先端性と一般性)

    田上 明日香, 嶋田 洋徳

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 2006.10

    Event date:
    2006.10
     
     
  • P2A-28 中学生の摂食障害傾向とコーピングスタイルの関連(ポスター発表2A(学校臨床),行動療法の先端性と一般性)

    三輪 温子, 飯田 綾, 能野 淳, 野崎 健太郎, 高橋 史, 嶋田 洋徳

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 2006.10

    Event date:
    2006.10
     
     
  • P1B-38 早期離職に至る認知と情動の継時的変化(ポスター発表1B(基礎研究・ストレス・精神保健),行動療法の先端性と一般性)

    水島 秀聡, 田上 明日香, 高橋 史, 嶋田 洋徳

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 2006.10

    Event date:
    2006.10
     
     
  • P1B-43 月経痛に対する注意トレーニングの適用 : 事例研究を通じて(ポスター発表1B(基礎研究・ストレス・精神保健),行動療法の先端性と一般性)

    佐藤 千鶴子, 今井 正司, 嶋田 洋徳

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 2006.10

    Event date:
    2006.10
     
     
  • P2A-21 小学生用攻撃行動尺度の作成と信頼性・妥当性の検討(ポスター発表2A(学校臨床),行動療法の先端性と一般性)

    高橋 史, 佐藤 寛, 永作 稔, 野口 美幸, 嶋田 洋徳

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 2006.10

    Event date:
    2006.10
     
     
  • P1B-9 情動喚起状態における情動コンピテンスが社会的情報処理に及ぼす影響(ポスター発表1B(基礎研究・ストレス・精神保健),行動療法の先端性と一般性)

    千賀 則史, 嶋田 洋徳

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 2006.10

    Event date:
    2006.10
     
     
  • P1A-22 問題行動を示す児童への学級内における対応 : 問題行動を示す児童を担当したことのある教員へのインタビューを通して(ポスター発表1A(発達障害・育児・親指導),行動療法の先端性と一般性)

    飯田 綾, 嶋田 洋徳

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 2006.10

    Event date:
    2006.10
     
     
  • P2B-9 児童の社会的スキルの自己評価と抑うつとの関連 : 自己否定的な認知の影響を考慮して(ポスター発表2B(うつ・不安・精神医療),行動療法の先端性と一般性)

    佐藤 寛, 高橋 史, 赤松 亜紀, 嶋田 洋徳

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 2006.10

    Event date:
    2006.10
     
     
  • P2A-23 学校場面における認知行動的コンサルテーション(ポスター発表2A(学校臨床),行動療法の先端性と一般性)

    嶋田 洋徳

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 2006.10

    Event date:
    2006.10
     
     
  • P2B-24 社会不安傾向者における安全確保行動と自己注目との関係(ポスター発表2B(うつ・不安・精神医療),行動療法の先端性と一般性)

    野村 和孝, 三輪 温子, 五十嵐 友里, 嶋田 洋徳

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 2006.10

    Event date:
    2006.10
     
     
  • P2B-26 Post-event processingが社会的状況における解釈に及ぼす影響(ポスター発表2B(うつ・不安・精神医療),行動療法の先端性と一般性)

    五十嵐 友里, 嶋田 洋徳

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 2006.10

    Event date:
    2006.10
     
     
  • P2B-25 社会恐怖傾向を示す児童の社会的スキルとその遂行との関連(ポスター発表2B(うつ・不安・精神医療),行動療法の先端性と一般性)

    姫野 弥栄奈, 野崎 健太郎, 小倉 容子, 嶋田 洋徳

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 2006.10

    Event date:
    2006.10
     
     
  • P2B-19 Childhood Anxiety Sensitivity Index日本語版作成の試み(ポスター発表2B(うつ・不安・精神医療),行動療法の先端性と一般性)

    井上 敦子, 笹川 智子, 佐藤 寛, 嶋田 洋徳

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 2006.10

    Event date:
    2006.10
     
     
  • P2B-23 抑うつ症状が予測の正確さに及ぼす影響(ポスター発表2B(うつ・不安・精神医療),行動療法の先端性と一般性)

    津村 秀樹, 五十川 ちよみ, 大澤 ちひろ, 丹羽 奈緒, 野村 和孝, 姫野 弥栄奈, 水島 秀聡, 嶋田 洋徳

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 2006.10

    Event date:
    2006.10
     
     
  • 思春期・児童期への認知再体制化への可能性を探る

    神村栄一, 嶋田洋徳

    第6回日本認知療法学会大会抄録集,90  (東京都文京区)  東京大学

    Presentation date: 2006.10

  • 児童の多義的場面における認知の変容が怒り感情および攻撃行動の低減に及ぼす効果

    第6回日本認知療法学会大会抄録集,91 

    Presentation date: 2006.10

  • 親の養育態度と子どもの特性不安との関連の検討

    第6回日本認知療法学会大会抄録集,138 

    Presentation date: 2006.10

  • 学級集団の開発を目的とした心理教育プログラムの実際

    日本教育心理学会第48回総会発表論文集,S10-S11 

    Presentation date: 2006.09

  • 児童を対象とした健康教育プログラムの実践と課題

    日本健康心理学会第19回大会発表論文集,S25-S26 

    Presentation date: 2006.09

  • 指導者のためのストレスマネジメント教育プログラム作成の試み

    日本健康心理学会第19回大会発表論文集,133 

    Presentation date: 2006.09

  • 指導者のためのストレスマネジメント教育プログラム実施の試み(第1報):ワークショップ方式を用いたプログラム

    日本健康心理学会第19回大会発表論文集,134 

    Presentation date: 2006.09

  • 指導者のためのストレスマネジメント教育プログラム実施の試み(第2報):e-learning 方式を用いたプログラム

    日本健康心理学会第19回大会発表論文集,135 

    Presentation date: 2006.09

  • 社会的問題解決が児童の攻撃行動に及ぼす影響の発達的変化

    日本カウンセリング学会第39回大会発表論文集,124 

    Presentation date: 2006.08

  • 月経痛に対する注意トレーニングの適用

    第12回日本行動医学会学術総会プログラム・抄録集,32 

    Presentation date: 2006.03

  • 子ども用怒り感情尺度の作成と信頼性妥当性の検討

    第12回日本行動医学会学術総会プログラム・抄録集,44 

    Presentation date: 2006.03

  • 特性怒りと怒り自己陳述,および攻撃行動の関連

    杉山恵一

    第4回認知療法学会・第5回認知療法研修会,134  (北海道札幌市)  北海道医療大学

    Presentation date: 2006.02

  • 社会的問題解決が攻撃行動の生起におよぼす影響

    第, 回認知療法学会, 第, 回認知療法研修会

    高橋史  (北海道札幌市)  北海道医療大学

    Presentation date: 2006.02

  • カウンセリング領域における認知療法の活用に向けて

    佐藤健二, 嶋田洋徳

    第4回認知療法学会・第5回認知療法研修会,54  (北海道札幌市)  北海道医療大学

    Presentation date: 2006.02

  • 学級集団の開発を目的とした心理教育プログラムの実際(準備委員会企画シンポジウム1)

    淵上 克義, 神山 貴弥, 鈴木 教夫, 栗原 慎二, 嶋田 洋徳, 石隈 利紀

    日本教育心理学会総会発表論文集  日本教育心理学会

    Presentation date: 2006

    Event date:
    2006
     
     
  • Childhood Anxiety Sensitivity Index日本語版作成の試み

    井上敦子, 笹川智子, 佐藤寛, 嶋田洋徳

    日本行動療法学会大会発表論文集 

    Presentation date: 2006

    Event date:
    2006
     
     
  • Social problem-solving skills as predictors of anger and aggressive behavior

    Proceedings of Association for Advancement of Behavior Therapy 39th Annual Convention, 86-87 

    Presentation date: 2005.11

  • Effects of social problem-solving on depression and anxiety in children

    Proceedings of Association for Advancement of Behavior Therapy 39th Annual Convention, 95 

    Presentation date: 2005.11

  • 気分変調性障害への自律訓練法とREBT法との併用の効果

    日本自律訓練学会第28回大会抄録集,69 

    Presentation date: 2005.10

  • 日本語版 Behavioral Anger Response Questionnaire(BARQ)の作成

    日本行動療法学会第31回大会発表論文集,294-295 

    Presentation date: 2005.10

  • 除去されたオペラント反応の文脈変化による再出現:ABA復元効果およびAAB復元効果の検討

    日本行動療法学会第31回大会発表論文集,310-311 

    Presentation date: 2005.10

  • 大学生における痛み経験について

    日本行動療法学会第31回大会発表論文集,324-325 

    Presentation date: 2005.10

  • ストレス事態における原因帰属がコーピングの柔軟性に及ぼす影響

    日本行動療法学会第31回大会発表論文集,336-337 

    Presentation date: 2005.10

  • 職場が提供する精神保健サービスを利用することに対する従業員のコスト−ベネフィットの検討

    日本行動療法学会第31回大会発表論文集,366-367 

    Presentation date: 2005.10

  • 社会不安傾向者の記憶バイアスに関する検討

    日本行動療法学会第31回大会発表論文集,396-397 

    Presentation date: 2005.10

  • 社会不安における注意バイアスと解釈バイアス

    日本行動療法学会第31回大会発表論文集,402-403 

    Presentation date: 2005.10

  • 児童の社会的スキルと認知の誤りが社会不安へ及ぼす影響

    日本行動療法学会第31回大会発表論文集,404-405 

    Presentation date: 2005.10

  • 神経性食欲不振症の学校における実態調査

    日本行動療法学会第31回大会発表論文集,432-433 

    Presentation date: 2005.10

  • 痩身志向者の自己受容に関する研究:肯定的自己モニタリング導入効果の検討

    日本行動療法学会第31回大会発表論文集,434-435 

    Presentation date: 2005.10

  • 中学生の社会的問題解決能力と摂食障害傾向との関連

    日本行動療法学会第31回大会発表論文集,436-437 

    Presentation date: 2005.10

  • 中学生における社会的スキル訓練が心理的ストレス反応に及ぼす影響

    日本行動療法学会第31回大会発表論文集,S62-S63 

    Presentation date: 2005.10

  • 学校における行動アセスメントと支援:システム構造分析を応用した分析方法の提案

    日本行動療法学会第31回大会発表論文集,124-125 

    Presentation date: 2005.10

  • 自閉症的行動特徴への態度に接触機会が及ぼす影響

    日本行動療法学会第31回大会発表論文集,152-153 

    Presentation date: 2005.10

  • ひきこもり状態にある人の家族に対する集団認知行動的介入の効果

    日本行動療法学会第31回大会発表論文集,216-217 

    Presentation date: 2005.10

  • 高校生の社会的スキルについて:孤独感との関連から

    日本行動療法学会第31回大会発表論文集,266-267 

    Presentation date: 2005.10

  • 社会的問題解決能力尺度短縮版(SPSI-RS)の小中学生への適用の試み

    日本行動療法学会第31回大会発表論文集,270-271 

    Presentation date: 2005.10

  • 児童期の社会不安と不安場面に対する認知

    日本行動療法学会第31回大会発表論文集,274-275 

    Presentation date: 2005.10

  • 児童生徒における一般性セルフ・エフィカシーの測定

    日本行動療法学会第31回大会発表論文集,288-289 

    Presentation date: 2005.10

  • P2B-29 神経性食欲不振症の学校における実態調査(ポスター発表4(不安・抑うつ・精神医療),人間科学としての行動療法の展開)

    田上 明日香, 坂野 雄二, 嶋田 洋徳

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 2005.10

    Event date:
    2005.10
     
     
  • P2B-14 社会不安における注意バイアスと解釈バイアス(ポスター発表4(不安・抑うつ・精神医療),人間科学としての行動療法の展開)

    五十嵐 友里, 嶋田 洋徳

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 2005.10

    Event date:
    2005.10
     
     
  • P1A-41 ひきこもり状態にある人の家族に対する集団認知行動的介入の効果(ポスター発表1(発達障害・育児・親指導),人間科学としての行動療法の展開)

    境 泉洋, 植田 健太, 中村 光, 嶋田 洋徳, 坂野 雄二

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 2005.10

    Event date:
    2005.10
     
     
  • P1B-25 高校生の社会的スキルについて : 孤独感との関連から(ポスター発表2(学校臨床),人間科学としての行動療法の展開)

    小倉 容子, 織田 正美, 嶋田 洋徳

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 2005.10

    Event date:
    2005.10
     
     
  • 中学生における社会的スキル訓練が心理的ストレス反応に及ぼす影響(内山記念賞受賞講演II,人間科学としての行動療法の展開)

    嶋田 洋徳

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 2005.10

    Event date:
    2005.10
     
     
  • P2B-11 社会不安傾向者の記憶バイアスに関する検討(ポスター発表4(不安・抑うつ・精神医療),人間科学としての行動療法の展開)

    野崎 健太郎, 高橋 史, 五十嵐 友里, 嶋田 洋徳

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 2005.10

    Event date:
    2005.10
     
     
  • P1B-27 社会的問題解決能力尺度短縮版(SPSI-RS)の小中学生への適用の試み(ポスター発表2(学校臨床),人間科学としての行動療法の展開)

    高橋 史, 赤松 亜紀, 佐藤 寛, 嶋田 洋徳, 坂野 雄二

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 2005.10

    Event date:
    2005.10
     
     
  • P1A-9 自閉症的行動特徴への態度に接触機会が及ぼす影響(ポスター発表1(発達障害・育児・親指導),人間科学としての行動療法の展開)

    飯田 綾, 佐藤 寛, 赤松 亜紀, 嶋田 洋徳

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 2005.10

    Event date:
    2005.10
     
     
  • P2A-1 日本語版Behavioral Anger Response Questionnaire(BARQ)の作成(ポスター発表3(基礎研究・ストレス・精神保健),人間科学としての行動療法の展開)

    山内 剛, 嶋田 洋徳, 坂野 雄二

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 2005.10

    Event date:
    2005.10
     
     
  • P1B-29 児童期の社会不安と不安場面に対する認知(ポスター発表2(学校臨床),人間科学としての行動療法の展開)

    笹川 智子, 高橋 史, 赤松 亜紀, 佐藤 寛, 嶋田 洋徳, 野村 忍

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 2005.10

    Event date:
    2005.10
     
     
  • P2A-22 ストレス事態における原因帰属がコーピングの柔軟性に及ぼす影響(ポスター発表3(基礎研究・ストレス・精神保健),人間科学としての行動療法の展開)

    長尾 賢治, 金子 久美, 五十嵐 友里, 嶋田 洋徳

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 2005.10

    Event date:
    2005.10
     
     
  • P2B-31 中学生の社会的問題解決能力と摂食障害傾向との関連(ポスター発表4(不安・抑うつ・精神医療),人間科学としての行動療法の展開)

    佐藤 寛, 赤松 亜紀, 高橋 史, 嶋田 洋徳, 坂野 雄二

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 2005.10

    Event date:
    2005.10
     
     
  • P2B-30 痩身志向者の自己受容に関する研究 : 肯定的自己モニタリング導入効果の検討(ポスター発表4(不安・抑うつ・精神医療),人間科学としての行動療法の展開)

    三輪 温子, 越川 房子, 嶋田 洋徳

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 2005.10

    Event date:
    2005.10
     
     
  • 長期宿泊型体験活動による不登校児童生徒の心理的変化 (1)

    日本教育心理学会第47回総会発表論文集,606 

    Presentation date: 2005.09

  • 長期宿泊型体験活動による不登校児童生徒の心理的変化 (2)

    日本教育心理学会第47回総会発表論文集,607 

    Presentation date: 2005.09

  • 生徒と教師による不適応評定の比較:不安症状の高低に着目して

    日本教育心理学会第47回総会発表論文集,647 

    Presentation date: 2005.09

  • 痛みへの対処方略について:一般的な痛みと月経痛との比較

    日本心理学会第69回大会発表論文集,381 

    Presentation date: 2005.09

  • 児童青年に対する認知行動療法の理論と実践:基礎研究の臨床への応用可能性

    日本心理学会第69回大会発表論文集,W37 

    Presentation date: 2005.09

  • パーソナリティとしての攻撃性と攻撃行動の生起頻度との関連

    日本心理学会第69回大会発表論文集,326 

    Presentation date: 2005.09

  • Social Phobia and Anxiety Inventory for Children の発達的検討

    日本心理学会第69回大会発表論文集,286 

    Presentation date: 2005.09

  • 「怒りを抑えられない」ケースに関する症例検討

    日本健康心理学会第18回大会・日本心理医療諸学会連合第18回学術大会合同大会発表論文集,(18) 

    Presentation date: 2005.09

  • 児童における身体活動の行動変容ステージと抑うつ,社会的スキルとの関係

    日本健康心理学会第18回大会・日本心理医療諸学会連合第18回学術大会合同大会発表論文集,143 

    Presentation date: 2005.09

  • 現代社会問題への認知行動療法の貢献

    日本健康心理学会第18回大会・日本心理医療諸学会連合第18回学術大会合同大会発表論文集,S11-S14 

    Presentation date: 2005.09

  • Social skills training in coping PSD stress

    The International College of Psychosomatic Medicine 18th World Congress, Journal of Psychosomatic Research, 58(6), S27-S28 

    Presentation date: 2005.08

  • Influence of psychosocial factors on eating disorders in Japanese female high school students

    The International College of Psychosomatic Medicine 18th World Congress, Journal of Psychosomatic Research, 58(6), S70 

    Presentation date: 2005.08

  • Effects of social problem-solving on depression and anxiety in children

    The International College of Psychosomatic Medicine 18th World Congress, Journal of Psychosomatic Research, 58(6), S57 

    Presentation date: 2005.08

  • Social problem-solving skills as predictors of anger and aggressive behavior

    The International College of Psychosomatic Medicine 18th World Congress, Journal of Psychosomatic Research, 58(6), S58 

    Presentation date: 2005.08

  • Psychometric properties of the Social Phobia and Anxiety Inventory for Children (SPAI-C) in Japanese elementary school students

    The International College of Psychosomatic Medicine 18th World Congress, Journal of Psychosomatic Research, 58(6), S61-S62 

    Presentation date: 2005.08

  • 所沢市における小・中学生のメンタルヘルス調査1/2:保護者から見たこどもの状態

    日本カウンセリング学会第38回大会発表論文集,307-308 

    Presentation date: 2005.08

  • 所沢市における小・中学生のメンタルヘルス調査②:サポート源別の知覚されたソーシャルサポートが抑うつ症状に及ぼす影響

    日本カウンセリング学会第38回大会発表論文集,309-310 

    Presentation date: 2005.08

  • 不登校児童生徒におけるキャンプ活動の心理的効果

    日本ストレスマネジメント学会第4回大会抄録集,68 

    Presentation date: 2005.07

  • アサーション行動が摂食障害傾向に及ぼす影響:女子高校生と女子大学生の比較検討

    日本心身医学会第46回学術総会,心身医学,45(Supplement),128 

    Presentation date: 2005.05

  • カウンセリング領域における認知療法の活用に向けて

    第4回日本認知療法学会大会抄録集,54 

    Presentation date: 2005.02

  • 特性怒りと怒り自己陳述,および攻撃行動の関連

    第4回日本認知療法学会大会抄録集,134 

    Presentation date: 2005.02

  • コーピング選択に対する主観的満足度が心理的ストレス反応に及ぼす影響

    第11回日本行動医学会学術総会抄録集,49 

    Presentation date: 2005.02

  • 賭博行動の維持における認知的バイアスの検討

    第11回日本行動医学会学術総会抄録集,54 

    Presentation date: 2005.02

  • ひきこもり状態にある人の外出行動に対する機能分析尺度(MAS-J)の確認的因子分析

    第11回日本行動医学会学術総会抄録集,55 

    Presentation date: 2005.02

  • 社会的問題解決が攻撃行動の生起におよぼす影響

    第4回日本認知療法学会大会抄録集,67 

    Presentation date: 2005.02

  • PF045 長期宿泊型体験活動による不登校児童生徒の心理的変化(1)(ポスター発表F,研究発表)

    赤松 亜紀, 高橋 史, 井上 敦子, 佐藤 寛, 石川 信一, 嶋田 洋徳

    日本教育心理学会総会発表論文集  日本教育心理学会

    Presentation date: 2005

    Event date:
    2005
     
     
  • PF046 長期宿泊型体験活動による不登校児童生徒の心理的変化(2)(ポスター発表F,研究発表)

    高橋 史, 赤松 亜紀, 井上 敦子, 佐藤 寛, 石川 信一, 嶋田 洋徳

    日本教育心理学会総会発表論文集  日本教育心理学会

    Presentation date: 2005

    Event date:
    2005
     
     
  • PF086 生徒と教師による不適応評定の比較 : 不安症状の高低に着目して(ポスター発表F,研究発表)

    井上 敦子, 嶋田 洋徳, 坂野 雄二

    日本教育心理学会総会発表論文集  日本教育心理学会

    Presentation date: 2005

    Event date:
    2005
     
     
  • 不安感受性が痛みへの恐怖や認知的対処方略に及ぼす影響

    日本行動療法学会第30回大会発表論文集,264-265 

    Presentation date: 2004.10

  • 対人不安における解釈バイアス:解釈バイアスの測定法を再考して

    日本行動療法学会第30回大会発表論文集,266-267 

    Presentation date: 2004.10

  • 大学生の対人ストレス場面の差異が対処方略の選択に及ぼす影響

    日本行動療法学会第30回大会発表論文集,268-269 

    Presentation date: 2004.10

  • 児童におけるストレス反応と攻撃反応の関連

    日本行動療法学会第30回大会発表論文集,276-277 

    Presentation date: 2004.10

  • 認知行動的アプローチを用いたスクールカウンセリング:中学校におけるSC実践活動の教員評価

    日本行動療法学会第30回大会発表論文集,278-279 

    Presentation date: 2004.10

  • 攻撃行動尺度作成の試み (1):行動としての“攻撃”の分類と測定

    日本行動療法学会第30回大会発表論文集,296-297 

    Presentation date: 2004.10

  • 攻撃行動尺度作成の試み (2):妥当性と信頼性の検討

    日本行動療法学会第30回大会発表論文集,298-299 

    Presentation date: 2004.10

  • ソーシャル・サポートの効果に影響を及ぼす要因の検討

    日本行動療法学会第30回大会発表論文集,302-303 

    Presentation date: 2004.10

  • O-05 児童における抑うつ症状の認知的メカニズム(口頭発表I,研究発表,わが国の行動療法の現状と将来への展望)

    佐藤 寛, 嶋田 洋徳

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 2004.10

    Event date:
    2004.10
     
     
  • P-80 認知行動的アプローチを用いたスクールカウンセリング : 中学校におけるSC実践活動の教員評価(ポスター発表II,研究発表,わが国の行動療法の現状と将来への展望)

    嶋田 洋徳

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 2004.10

    Event date:
    2004.10
     
     
  • P-34 中学生における不安障害症状と学校不適応感(ポスター発表I,研究発表,わが国の行動療法の現状と将来への展望)

    井上 敦子, 嶋田 洋徳, 坂野 雄二

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 2004.10

    Event date:
    2004.10
     
     
  • P-90 攻撃行動尺度作成の試み(2) : 妥当性と信頼性の検討(ポスター発表II,研究発表,わが国の行動療法の現状と将来への展望)

    杉山 恵一, 高橋 史, 佐藤 寛, 境 泉洋, 嶋田 洋徳

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 2004.10

    Event date:
    2004.10
     
     
  • P-92 ソーシャル・サポートの效果に影響を及ぼす要因の検討(ポスター発表II,研究発表,わが国の行動療法の現状と将来への展望)

    小関 俊祐, 嶋田 洋徳, 佐々木 和義

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 2004.10

    Event date:
    2004.10
     
     
  • P-89 攻撃行動尺度作成の試み(1) : 行動としての"攻撃"の分類と測定(ポスター発表II,研究発表,わが国の行動療法の現状と将来への展望)

    高橋 史, 杉山 恵一, 佐藤 寛, 境 泉洋, 嶋田 洋徳

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 2004.10

    Event date:
    2004.10
     
     
  • P-16 ひきこもり状態にある人の親を通じた機能分析尺度(MAS-J)作成の試み(ポスター発表I,研究発表,わが国の行動療法の現状と将来への展望)

    植田 健太, 境 泉洋, 中村 光, 嶋田 洋徳, 坂野 雄二

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 2004.10

    Event date:
    2004.10
     
     
  • P-74 対人不安における解釈バイアス : 解釈バイアスの測定法を再考して(ポスター発表II,研究発表,わが国の行動療法の現状と将来への展望)

    五十嵐 友里, 嶋田 洋徳

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 2004.10

    Event date:
    2004.10
     
     
  • P-17 ひきこもり状態にある人の家族における受療行動(4)(ポスター発表I,研究発表,わが国の行動療法の現状と将来への展望)

    中村 光, 岩永 可奈子, 境 泉洋, 下津 咲絵, 井上 敦子, 植田 健太, 嶋田 洋徳, 坂野 雄二

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 2004.10

    Event date:
    2004.10
     
     
  • P-24 社会不安と不安感受性の関連(ポスター発表I,研究発表,わが国の行動療法の現状と将来への展望)

    金井 嘉宏, 松岡 紘史, 笹川 智子, 陳 峻文, 嶋田 洋徳, 坂野 雄二

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 2004.10

    Event date:
    2004.10
     
     
  • 児童における抑うつ症状の認知的メカニズム

    日本行動療法学会第30回大会発表論文集,102-103 

    Presentation date: 2004.10

  • ひきこもり状態にある人の親を通じた機能分析尺度(MAS-J)作成の試み

    日本行動療法学会第30回大会発表論文集,150-151 

    Presentation date: 2004.10

  • ひきこもり状態にある人の家族における受療行動 (4)

    日本行動療法学会第30回大会発表論文集,152-153 

    Presentation date: 2004.10

  • 社会不安と不安感受性の関連

    日本行動療法学会第30回大会発表論文集,166-167 

    Presentation date: 2004.10

  • 中学生における不安障害症状と学校不適応感

    日本行動療法学会第30回大会発表論文集,186-187 

    Presentation date: 2004.10

  • アサーションの認知的側面と行動的側面の関連の検討

    日本行動療法学会第30回大会発表論文集,204-205 

    Presentation date: 2004.10

  • 不登校児童生徒を対象とした集団交流ゲームの試み:社会的スキルの獲得を目指して

    日本カウンセリング学会第37回大会発表論文集,338-339 

    Presentation date: 2004.09

  • ひきこもり状態にある人の家族における受療行動 (1)

    日本カウンセリング学会第37回大会発表論文集,344-345 

    Presentation date: 2004.09

  • ひきこもり状態にある人の家族における受療行動 (2):受療意欲に関連する要因

    日本カウンセリング学会第37回大会発表論文集,346-347 

    Presentation date: 2004.09

  • ひきこもり状態にある人の家族における受療行動 (3):心理的医療機関への来談に関連する要因

    日本カウンセリング学会第37回大会発表論文集,348-349 

    Presentation date: 2004.09

  • 児童の抑うつ症状における素因ストレスモデルとストレス媒介モデルの比較 (2):縦断的研究による検討

    日本カウンセリング学会第37回大会発表論文集,444-445 

    Presentation date: 2004.09

  • 大学生用アサーション尺度開発の試みと信頼性・妥当性の検討

    日本カウンセリング学会第37回大会発表論文集,170-171 

    Presentation date: 2004.09

  • Social Phobia and Anxiety Inventory for Children(SPAI-C)の因子構造の検討

    日本カウンセリング学会第37回大会発表論文集,268-269 

    Presentation date: 2004.09

  • 児童青年に対する認知行動療法の理論と実践

    日本心理学会第68回大会発表論文集,W47 

    Presentation date: 2004.09

  • ひきこもり状態に対する大学生の意識

    日本心理学会第68回大会発表論文集,360 

    Presentation date: 2004.09

  • 対人ストレスの最前線 (1):対人ストレス研究の意義

    日本心理学会第68回大会発表論文集,W30 

    Presentation date: 2004.09

  • 外傷体験に対する認知的評価と外傷反応の関連の検討

    日本心理学会第68回大会発表論文集,317 

    Presentation date: 2004.09

  • 中学生における不安障害症状と機能的身体症状との関連

    日本心理学会第68回大会発表論文集,327 

    Presentation date: 2004.09

  • The Retrospective Self-Report of Inhibition 日本語版作成の試み

    日本心理学会第68回大会発表論文集,278 

    Presentation date: 2004.09

  • 児童の抑うつ症状における素因ストレスモデルとストレス媒介モデルの比較 (1):横断的研究による検討

    日本健康心理学会第17回大会発表論文集,320-321 

    Presentation date: 2004.09

  • The influence of the subjective satisfaction about stress coping on stress responses (1)

    Asian Congress of Health Psychology Abstracts, 299 

    Presentation date: 2004.08

  • The influence of the subjective satisfaction about stress coping on stress responses (2)

    Asian Congress of Health Psychology Abstracts, 300 

    Presentation date: 2004.08

  • The Retrospective Self‐Report of Inhibition日本語版作成の試み

    笹川智子, 金井嘉宏, CHEN J, 嶋田洋徳, 坂野雄二

    日本心理学会大会発表論文集 

    Presentation date: 2004.08

    Event date:
    2004.08
     
     
  • ストレスマネジメントの方法論と効果測定

    日本ストレスマネジメント学会第3回大会抄録集,S19 

    Presentation date: 2004.07

  • 産業場面におけるストレスマネジメントの展開

    日本ストレスマネジメント学会第3回大会抄録集,S23-S31 

    Presentation date: 2004.07

  • ストレスコーピングのための指導者教育養成法の確立に関する研究:指導用解説書の作成とその検討

    日本ストレスマネジメント学会第3回大会抄録集,49 

    Presentation date: 2004.07

  • 社会的問題解決能力が特性怒りと攻撃行動に及ぼす影響

    日本ストレスマネジメント学会第3回大会抄録集,64 

    Presentation date: 2004.07

  • ストレスコーピングに対する主観的満足度がストレス反応に及ぼす影響 (1)

    日本ストレスマネジメント学会第3回大会抄録集,68 

    Presentation date: 2004.07

  • ストレスコーピングに対する主観的満足度がストレス反応に及ぼす影響 (2)

    日本ストレスマネジメント学会第3回大会抄録集,69 

    Presentation date: 2004.07

  • ストレスコーピングに対する主観的満足度がストレス反応に及ぼす影響 (3)

    日本ストレスマネジメント学会第3回大会抄録集,70 

    Presentation date: 2004.07

  • An investigation of “Hikikomori”: Nationwide Study (I)

    World Congress of Behavioral and Cognitive Therapies 2004 Abstracts, 276 

    Presentation date: 2004.07

  • Social skills of recidivists in an institution for offender rehabilitation

    World Congress of Behavioral and Cognitive Therapies 2004 Abstracts, 278 

    Presentation date: 2004.07

  • A relationship between anger attack and depression

    World Congress of Behavioral and Cognitive Therapies 2004 Abstracts, 279 

    Presentation date: 2004.07

  • The effect of aggression on stress responses in elementary school children

    World Congress of Behavioral and Cognitive Therapies 2004 Abstracts, 280 

    Presentation date: 2004.07

  • The relationship between assertive cognition and assertive behavior in Japanese undergraduate students

    World Congress of Behavioral and Cognitive Therapies 2004 Abstracts, 286 

    Presentation date: 2004.07

  • Social skills training and psychological stress responses in junior high school students

    World Congress of Behavioral and Cognitive Therapies 2004 Abstracts, 287 

    Presentation date: 2004.07

  • Interpretive bias for bodily sensations in social anxiety disorder

    World Congress of Behavioral and Cognitive Therapies 2004 Abstracts, 241 

    Presentation date: 2004.07

  • Interpretation bias in interpersonal situations

    World Congress of Behavioral and Cognitive Therapies 2004 Abstracts, 241 

    Presentation date: 2004.07

  • The actual condition survey of “Hikikomori”: Nationwide Study (II)

    World Congress of Behavioral and Cognitive Therapies 2004 Abstracts, 243 

    Presentation date: 2004.07

  • The effect of anxiety sensitivity and cognitive coping strategies on the experience of pain

    World Congress of Behavioral and Cognitive Therapies 2004 Abstracts, 244 

    Presentation date: 2004.07

  • Social problem solving, career decision-making self-efficacy and employment anxiety

    World Congress of Behavioral and Cognitive Therapies 2004 Abstracts, 246 

    Presentation date: 2004.07

  • Effect of social support on stress reduction and task performance

    World Congress of Behavioral and Cognitive Therapies 2004 Abstracts, 256 

    Presentation date: 2004.07

  • Effects of the differences in interpersonal stressful events on the selection of coping strategies

    World Congress of Behavioral and Cognitive Therapies 2004 Abstracts, 216 

    Presentation date: 2004.07

  • Differential patterns in the social skills of socially anxious individuals

    World Congress of Behavioral and Cognitive Therapies 2004 Abstracts, 220 

    Presentation date: 2004.07

  • 学校で生かす認知行動療法

    日本教育相談研究会研究集会レポート,1-4 

    Presentation date: 2004.02

  • ストレスコーピングのための指導者養成プログラム作成の試み (1):ワークショップ開催時のアンケート結果から

    第10回日本行動医学会学術総会抄録集,47 

    Presentation date: 2003.12

  • ストレスコーピングのための指導者養成プログラム作成の試み (2):プログラム内容の立案

    第10回日本行動医学会学術総会抄録集,48 

    Presentation date: 2003.12

  • ひきこもり状態と親のストレス反応に関する検討

    第10回日本行動医学会学術総会抄録集,51 

    Presentation date: 2003.12

  • スクールカウンセリングにおける認知行動的方法の役割:中学校における行動カウンセリング的アプローチ

    日本カウンセリング学会第36回大会発表論文集,S65 

    Presentation date: 2003.11

  • カウンセリングと認知行動療法

    日本カウンセリング学会第36回大会発表論文集,S48-S49 

    Presentation date: 2003.11

  • 女子高校生における摂食障害傾向に及ぼす要因の検討

    日本健康心理学会第16回大会発表論文集,250-251 

    Presentation date: 2003.11

  • ひきこもり親の会におけるストレス反応低減効果の検討

    日本健康心理学会第16回大会発表論文集,198-199 

    Presentation date: 2003.11

  • ひきこもり状態にある人の家族のストレス反応

    日本健康心理学会第16回大会発表論文集,200-201 

    Presentation date: 2003.11

  • 不合理な信念が特性怒り,及び怒り表出に与える影響

    日本行動療法学会第29回大会発表論文集,196-197 

    Presentation date: 2003.10

  • 社会不安と他者の行動に対する解釈バイアスの関連性

    日本行動療法学会第29回大会発表論文集,206-207 

    Presentation date: 2003.10

  • 日本における社会不安障害の特徴の検討

    日本行動療法学会第29回大会発表論文集,208-209 

    Presentation date: 2003.10

  • いじめ行為に対する第三者の認知に関する検討

    日本行動療法学会第29回大会発表論文集,220-221 

    Presentation date: 2003.10

  • ひきこもり状態にある人が示す外出行動 (1):ひきこもり状態にない人との比較

    日本行動療法学会第29回大会発表論文集,250-251 

    Presentation date: 2003.10

  • ひきこもり状態にある人の家族の考えとストレス反応

    日本行動療法学会第29回大会発表論文集,252-253 

    Presentation date: 2003.10

  • ひきこもり状態にある人の親に対する認知行動的介入の効果:ストレス反応の低減について

    日本行動療法学会第29回大会発表論文集,254-255 

    Presentation date: 2003.10

  • ひきこもり状態にある人の行動的特徴と親のストレス反応の関連について

    日本行動療法学会第29回大会発表論文集,256-257 

    Presentation date: 2003.10

  • P-78 ひきこもり状態にある人の家族の考えとストレス反応(ポスター発表,青少年をはぐくむための行動療法とは)

    永作 稔, 滝沢 瑞枝, 石川 信一, 境 泉洋, 佐藤 寛, 井上 敦子, 下津 咲絵, 植田 健太, 中村 光, 嶋田 洋徳, 坂野 雄二

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 2003.10

    Event date:
    2003.10
     
     
  • P-50 不合理な信念が特性怒り,及び怒り表出に与える影響(ポスター発表,青少年をはぐくむための行動療法とは)

    川瀬 英理, 境 泉洋, 嶋田 洋徳, 坂野 雄二

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 2003.10

    Event date:
    2003.10
     
     
  • P-80 ひきこもり状態にある人の行動的特徴と親のストレス反応の関連について(ポスター発表,青少年をはぐくむための行動療法とは)

    植田 健太, 境 泉洋, 佐藤 寛, 石川 信一, 中村 光, 滝沢 瑞枝, 永作 稔, 井上 敦子, 下津 咲絵, 嶋田 洋徳, 坂野 雄二

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 2003.10

    Event date:
    2003.10
     
     
  • P-77 ひきこもり状態にある人が示す外出行動(1) : ひきこもり状態にない人との比較(ポスター発表,青少年をはぐくむための行動療法とは)

    中村 光, 境 泉洋, 植田 健太, 石川 信一, 嶋田 洋徳, 坂野 雄二, 金沢 吉展

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 2003.10

    Event date:
    2003.10
     
     
  • P-62 いじめ行為に対する第三者の認知に関する検討(ポスター発表,青少年をはぐくむための行動療法とは)

    嶋田 洋徳

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 2003.10

    Event date:
    2003.10
     
     
  • P-79 ひきこもり状態にある人の親に対する認知行動的介入の効果 : ストレス反応の低減について(ポスター発表,青少年をはぐくむための行動療法とは)

    境 泉洋, 植田 健太, 石川 信一, 滝沢 瑞枝, 永作 稔, 井上 敦子, 佐藤 寛, 下津 咲絵, 中村 光, 嶋田 洋徳, 坂野 雄二

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 2003.10

    Event date:
    2003.10
     
     
  • P-56 日本における社会不安障害の特徴の検討(ポスター発表,青少年をはぐくむための行動療法とは)

    陳 峻〓, 笹川 智子, 金井 嘉宏, 嶋田 洋徳, 坂野 雄二

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 2003.10

    Event date:
    2003.10
     
     
  • P-55 社会不安と他者の行動に対する解釈バイアスの関連性(ポスター発表,青少年をはぐくむための行動療法とは)

    金井 嘉宏, 笹川 智子, 陳 峻文, 嶋田 洋徳, 坂野 雄二

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 2003.10

    Event date:
    2003.10
     
     
  • P-4 社会不安障害版Social Skills Scaleの作成(ポスター発表,青少年をはぐくむための行動療法とは)

    笹川 智子, 金井 嘉宏, 陳 峻〓, 嶋田 洋徳, 坂野 雄二

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 2003.10

    Event date:
    2003.10
     
     
  • 社会不安障害版 Social Skills Scale の作成

    日本行動療法学会第29回大会発表論文集,104-105 

    Presentation date: 2003.10

  • 大学生用アサーション尺度作成の試み

    日本行動療法学会第29回大会発表論文集,106-107 

    Presentation date: 2003.10

  • ストレスマネジメントを考える (3):実践拡大に向けての課題と対策

    日本心理学会第67回大会発表論文集,S67 

    Presentation date: 2003.09

  • 大学生における Anger Attack に関する検討

    日本心理学会第67回大会発表論文集,989 

    Presentation date: 2003.09

  • 児童・青年に対する認知行動療法の理論と実践

    石川信一

    日本心理学会第67回大会発表論文集  (東京都文京区)  東京大学

    Presentation date: 2003.09

  • 社会恐怖傾向者と対人恐怖症傾向者における他者のあいまいな行動に対する解釈バイアス

    日本心理学会第67回大会発表論文集,288 

    Presentation date: 2003.09

  • FNE 短縮版の信頼性と妥当性の検討

    日本心理学会第67回大会発表論文集,293 

    Presentation date: 2003.09

  • FNE短縮版の信頼性と妥当性の検討

    笹川智子, 金井嘉宏, CHEN J, 鈴木伸一, 嶋田洋徳, 坂野雄二

    日本心理学会大会発表論文集 

    Presentation date: 2003.08

    Event date:
    2003.08
     
     
  • 社会恐怖傾向者と対人恐怖症傾向者における他者のあいまいな行動に対する解釈バイアス

    金井嘉宏, 笹川智子, 井上敦子, CHEN J, 嶋田洋徳, 坂野雄二

    日本心理学会大会発表論文集 

    Presentation date: 2003.08

    Event date:
    2003.08
     
     
  • 不登校介入時におけるストレス反応の変化

    日本行動療法学会第28回大会発表論文集,162-163 

    Presentation date: 2002.11

  • 小学生を対象とした集団社会的スキル訓練のストレス反応軽減効果

    日本行動療法学会第28回大会発表論文集,172-173 

    Presentation date: 2002.11

  • P-40 小学生を対象とした集団社会的スキル訓練のストレス反応軽減効果(研究発表(ポスター発表3))

    堀 明人, 嶋田 洋徳, 佐々木 和義

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 2002.11

    Event date:
    2002.11
     
     
  • P-35 不登校介入時におけるストレス反応の変化(研究発表(ポスター発表3))

    嶋田 洋徳

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 2002.11

    Event date:
    2002.11
     
     
  • O-2 否定的評価に対する恐れと対人恐怖症傾向の関係(研究発表(口頭発表1))

    金井 嘉宏, 笹川 智子, 嶋田 洋徳, 坂野 雄二

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 2002.11

    Event date:
    2002.11
     
     
  • 否定的評価に対する恐れと対人恐怖症傾向の関係

    日本行動療法学会第28回大会発表論文集,48-49 

    Presentation date: 2002.11

  • 課題特異的セルフ・エフィカシーに及ぼす社会的比較と動機づけの影響

    日本健康心理学会第15回大会発表論文集,318-319 

    Presentation date: 2002.10

  • 対処行動はどのような理由で選択されているのか

    日本健康心理学会第15回大会発表論文集,184-185 

    Presentation date: 2002.10

  • ストレスマネジメントを考える (2):方法論を中心として

    日本心理学会第66回大会発表論文集,S52 

    Presentation date: 2002.09

  • 中学生とその保護者の攻撃性特性の比較と関連性

    日本心理学会第66回大会発表論文集,897 

    Presentation date: 2002.09

  • 健康影響因としての性格と行動:研究をはばむ難問は克服できるか (3)

    日本心理学会第66回大会発表論文集,S25 

    Presentation date: 2002.09

  • 児童生徒の心理的ストレスと不適応行動

    日本カウンセリング学会第35回大会発表論文集,S14 

    Presentation date: 2002.08

  • EBC(Evidence-based Counseling)の意義と機能

    日本カウンセリング学会第35回大会発表論文集,S25 

    Presentation date: 2002.08

  • セルフ・エフィカシーを高める要因の検討

    新潟心理学会第38回大会プログラム 

    Presentation date: 2002.03

  • 長期体験合宿が小中学生の認知行動的変容に及ぼす影響

    新潟心理学会第38回大会プログラム 

    Presentation date: 2002.03

  • 子どものストレスにどう対処すればよいのか

    嶋田洋徳

    教育心理学年報(日本教育心理学会) 

    Presentation date: 2002

    Event date:
    2002
     
     
  • 断続登校生徒における登校行動とストレス反応の関係

    日本カウンセリング学会第34回大会発表論文集,330-331 

    Presentation date: 2001.11

  • ストレスマネジメントを考える:コーピングを中心として

    日本心理学会第65回大会発表論文集,S52 

    Presentation date: 2001.11

  • 中学生の攻撃性と性格特性

    日本心理学会第65回大会発表論文集,533 

    Presentation date: 2001.11

  • 攻撃性と自尊感情の関連

    日本心理学会第65回大会発表論文集,534 

    Presentation date: 2001.11

  • 情動知能と攻撃性の諸側面

    日本心理学会第65回大会発表論文集,535 

    Presentation date: 2001.11

  • 情動知能と将来の希望職種

    日本心理学会第65回大会発表論文集,536 

    Presentation date: 2001.11

  • 中学生における学校ストレスと規範意識との関係

    日本心理学会第65回大会発表論文集,765 

    Presentation date: 2001.11

  • 中学生の学校ストレス軽減に及ぼす心理的教育の効果

    日本健康心理学会第14回大会発表論文集,172-173 

    Presentation date: 2001.11

  • 中学生のコーピングパターンとストレス反応との関係

    日本行動療法学会第27回大会発表論文集,203-204 

    Presentation date: 2001.10

  • 対処スタイルが注意バイアスに及ぼす影響

    日本行動療法学会第27回大会発表論文集,255-256 

    Presentation date: 2001.10

  • P・J・5 対処スタイルが注意バイアスに及ぼす影響(ポスター発表J)

    金井 嘉宏, 嶋田 洋徳, 坂野 雄二

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 2001.09

    Event date:
    2001.09
     
     
  • 子どものストレスにどう対処すればよいのか:小学生と中学生のストレス

    日本教育心理学会第43回総会発表論文集,S22-S23 

    Presentation date: 2001.09

  • 中学生の心理的ストレスに及ぼす保護者の養育態度の影響

    日本教育心理学会第43回総会発表論文集,652 

    Presentation date: 2001.09

  • 中学校教師が「危険な兆候」ととらえる生徒の特徴

    日本教育心理学会第43回総会発表論文集,365 

    Presentation date: 2001.09

  • 中学生の喫煙意図と保護者の喫煙行動,養育態度との関係

    日本教育心理学会第43回総会発表論文集,49 

    Presentation date: 2001.09

  • The effects of psychological stress and hostility on aggressive behavior in junior high school students

    World Congress of Behavioral and Cognitive Therapies Addendum, 2 

    Presentation date: 2001.07

  • The effects of aggression and locus of control on aggressive behavior of children

    World Congress of Behavioral and Cognitive Therapies Proceedings, 36 

    Presentation date: 2001.07

  • 長期体験合宿が小中学生とサポーターの認知的評価に及ぼす影響

    新潟心理学会第39回大会プログラム 

    Presentation date: 2001.02

  • 中学生用攻撃性質問紙(HAQ-S)の信頼性と妥当性の検討

    日本心理学会第64回大会発表論文集,901 

    Presentation date: 2000.11

  • 高次因子分析による認知的評価と対処行動の関連性の検討

    日本心理学会第64回大会発表論文集,855 

    Presentation date: 2000.11

  • ストレスマネジメント:過去,現在を見直し,将来を語る:認知行動的アプローチを用いた学校ストレスマネジメント

    日本健康心理学会第13回大会発表論文集,51 

    Presentation date: 2000.08

  • ストレス対処行動測定尺度の階層構造:Tri-axial coping scale(Tac-24)の検討

    日本健康心理学会第13回大会発表論文集,154-155 

    Presentation date: 2000.08

  • 不登校への効果的対応策としてのカウンセリングのあり方:基本的カウンセリング3種の効果の比較検討

    日本カウンセリング学会第33回大会発表論文集,66-67 

    Presentation date: 2000.08

  • 児童用一般性セルフ・エフィカシー尺度改訂版の作成と信頼性,妥当性の検討

    日本行動療法学会第26回大会発表論文集,158-159 

    Presentation date: 2000.08

  • 集会を利用した社会的スキル訓練導入の試み:中学生を対象として

    日本行動療法学会第26回大会発表論文集,190-191 

    Presentation date: 2000.08

  • P-D-6 児童用一般性セルフエフィカシー尺度改訂版の作成と信頼性,妥当性の検討(ポスター発表D)

    戸ヶ崎 泰子, 小田 美穂子, 嶋田 洋徳

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 2000.05

    Event date:
    2000.05
     
     
  • 気分誘導法としてのヴェルテン法の効果の検討

    日本行動療法学会第25回大会発表論文集,162-163 

    Presentation date: 1999.11

  • P-44 気分誘導法としてのヴェルテン法の効果の検討(ポスター発表5)

    松永 和, 嶋田 洋徳, 神村 栄一

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 1999.11

    Event date:
    1999.11
     
     
  • P-11 小学生における主張訓練のストレス反応軽減効果(ポスター発表2)

    太田 玲子, 嶋田 洋徳, 神村 栄一

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 1999.11

    Event date:
    1999.11
     
     
  • P-10 児童のストレス反応に及ぼす自尊感情と社会的スキルの影響(ポスター発表2)

    嶋田 洋徳, 太田 玲子, 戸ヶ崎 泰子

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 1999.11

    Event date:
    1999.11
     
     
  • 児童のストレス反応に及ぼす自尊感情と社会的スキルの影響

    日本行動療法学会第25回大会発表論文集,94-95 

    Presentation date: 1999.11

  • 小学生における主張訓練のストレス反応軽減効果

    日本行動療法学会第25回大会発表論文集,96-97 

    Presentation date: 1999.11

  • 情動の表出は健康にどのような影響を与えるのか

    日本健康心理学会第12回大会発表論文集,10 

    Presentation date: 1999.10

  • 認定健康心理士の社会的役割について:学校における健康心理士の活動

    日本健康心理学会第12回大会発表論文集,69 

    Presentation date: 1999.10

  • 大学生のテストストレスに及ぼす対処の継時的変化の影響

    日本健康心理学会第12回大会発表論文集,200-201 

    Presentation date: 1999.10

  • 小学生の学校ストレス軽減に及ぼす心理的教育の効果

    日本健康心理学会第12回大会発表論文集,262-263 

    Presentation date: 1999.10

  • 児童のセルフ・エフィカシー向上による学校ストレスマネジメント

    日本心理学会第63回大会発表論文集,162 

    Presentation date: 1999.09

  • ストレスと学習性無力感:媒介因としての個人要因を中心として:ハーディネスの観点から

    日本心理学会第63回大会発表論文集,(47) 

    Presentation date: 1999.09

  • 小学生用攻撃性質問紙(HAQC)に関する研究 (2):攻撃性とストレス反応

    日本心理学会第63回大会発表論文集,717 

    Presentation date: 1999.09

  • 小学生用攻撃性質問紙(HAQC)に関する研究 (3):ストレス・コーピングとの関連について

    日本心理学会第63回大会発表論文集,718 

    Presentation date: 1999.09

  • 症例検討4

    嶋田洋徳

    行動療法コロキウム’99イン新潟 

    Presentation date: 1999.08

  • 学校における「こころとからだの健康教育」の実践:学校の中で実践できるストレスマネジメント教育

    日本教育心理学会第41回総会発表論文集,58-59 

    Presentation date: 1999.08

  • 中学生におけるサポート利用可能性と援助希求コーピングがストレス反応に及ぼす影響

    日本教育心理学会第41回総会発表論文集,707 

    Presentation date: 1999.08

  • 攻撃性の性格特性としての位置づけ:小学生用攻撃性質問紙(HAQC)を用いて

    日本教育心理学会第41回総会発表論文集,342 

    Presentation date: 1999.08

  • 攻撃性と社会的スキルの関係:中学生用攻撃性質問(HAQS)を用いて

    日本教育心理学会第41回総会発表論文集,343 

    Presentation date: 1999.08

  • 場面緘黙の中学生に対するかかわりから

    日本行動療法学会行動療法コロキウム'99 in 新潟,1-2 

    Presentation date: 1999.08

  • PC34 攻撃性と社会的スキルの関係 : 中学生用攻撃性質問(HAQS)を用いて

    大竹 恵子, 島井 哲志, 嶋田 洋徳, 山崎 勝之, 狩野 裕

    日本教育心理学会総会発表論文集  日本教育心理学会

    Presentation date: 1999.07

    Event date:
    1999.07
     
     
  • 学校における「こころとからだの健康教育」の実践(学校における「こころとからだの健康教育」の実践)

    島井 哲志, 山崎 勝之, 嶋田 洋徳, 笠井 裕子, 松田 文子

    日本教育心理学会総会発表論文集  日本教育心理学会

    Presentation date: 1999.07

    Event date:
    1999.07
     
     
  • 中学生の攻撃行動に及ぼす学校ストレスの影響

    日本カウンセリング学会第32回大会発表論文集,1-2 

    Presentation date: 1999.07

  • 認知行動カウンセリング:児童期の問題に対する認知行動カウンセリング

    日本カウンセリング学会第32回大会資料集 

    Presentation date: 1999.07

  • 地域における心理学の果たす役割:社会・臨床臨床心理学の立場から

    新潟心理学会第35回大会プログラム 

    Presentation date: 1999.01

  • 中学生のセルフ・エフィカシー向上によるテストストレス軽減効果

    日本行動療法学会第24回大会発表論文集,136-137 

    Presentation date: 1998.11

  • 中学生の攻撃行動と学校ストレスとの関連:中学生用攻撃性質問紙(HAQS)を用いて

    日本心理学会第62回大会発表論文集,191 

    Presentation date: 1998.10

  • 中学生のセルフエスティームに関する研究 (1):セルフエスティームと社会的スキルの関係

    日本心理学会第62回大会発表論文集,962 

    Presentation date: 1998.10

  • 中学生のセルフエスティームに関する研究 (2):セルフエスティームと学校ストレスの関係

    日本心理学会第62回大会発表論文集,963 

    Presentation date: 1998.10

  • 中学生用攻撃性質問紙(HAQS)の作成 (1):中学生のデータによる因子的妥当性・信頼性の検討

    日本心理学会第62回大会発表論文集,930 

    Presentation date: 1998.10

  • 中学生用攻撃性質問紙(HAQS)の作成 (2):因子的妥当性,信頼性,因子間相関,性差の検討

    日本心理学会第62回大会発表論文集,931 

    Presentation date: 1998.10

  • 小中学生のストレス反応の表出水準に関する検討

    日本カウンセリング学会第31回大会発表論文集,312-313 

    Presentation date: 1998.08

  • New development of stress management program for children: A cognitive behavioral perspective: Cognitive-behavioral intervention to reduce psychological stress in children and adolescence

    World Congress of Behavioral and Cognitive Therapies Abstracts, 30 

    Presentation date: 1998.07

  • 社会的スキル訓練が心理的ストレス反応に及ぼす影響

    日本行動療法学会第23回大会発表論文集,153-154 

    Presentation date: 1997.11

  • P-34 社会的スキル訓練が心理的ストレス反応に及ぼす影響(ポスター発表)

    嶋田 洋徳, 戸ヶ崎 泰子, 三浦 正江

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 1997.11

    Event date:
    1997.11
     
     
  • 小学生における情動焦点コーピングと不安との関係

    日本行動医学会第4回学術総会・日本行動分析学会第15回年次大会プログラム・発表論文集,21 

    Presentation date: 1997.11

  • 子どもの学校ストレスとその対応

    日本健康心理学会第10回記念大会発表論文集,9 

    Presentation date: 1997.10

  • 小学生の社会的スキルとソーシャルサポートの利用可能性との関係

    日本健康心理学会第10回記念大会発表論文集,154-155 

    Presentation date: 1997.10

  • 中学生の社会的スキルの変化が心理的ストレス過程に及ぼす影響

    日本健康心理学会第10回記念大会発表論文集,156-157 

    Presentation date: 1997.10

  • 小学生のストレス対処における情動焦点コーピングの実態と役割

    日本健康心理学会第10回記念大会発表論文集,72-73 

    Presentation date: 1997.10

  • ハーディネスのストレス反応軽減効果

    日本健康心理学会第10回記念大会発表論文集,80-81 

    Presentation date: 1997.10

  • 高校生の数学の不得意感に影響を及ぼす要因の検討:単元,学年,性別の検討

    日本教育心理学会第39回総会発表論文集,583 

    Presentation date: 1997.09

  • 児童生徒の学校ストレスの日韓比較 (1):小学生を対象として

    日本教育心理学会第39回総会発表論文集,228 

    Presentation date: 1997.09

  • 児童生徒の学校ストレスの日韓比較 (2):中学生を対象として

    日本教育心理学会第39回総会発表論文集,229 

    Presentation date: 1997.09

  • 児童生徒の学校ストレスの日韓比較 (3):高校生を対象として

    日本教育心理学会第39回総会発表論文集,230 

    Presentation date: 1997.09

  • 児童のストレス反応の軽減に及ぼすソーシャルサポートの効果:先生へのサポート期待の介入

    日本教育心理学会第39回総会発表論文集,231 

    Presentation date: 1997.09

  • 高校生がテストに対して行うコーピングの継時的変化

    日本教育心理学会第39回総会発表論文集,238 

    Presentation date: 1997.09

  • 高校生における数学のセルフ・エフィカシー情報源の測定

    小田美穂子

    日本心理学会第61回大会発表論文集,413  (兵庫県西宮市)  関西学院大学

    Presentation date: 1997.09

  • 大学生のストレス反応の継時測定

    嶋田洋徳

    日本心理学会第61回大会発表論文集,898  (兵庫県西宮市)  関西学院大学

    Presentation date: 1997.09

  • 日本版 Buss-Perry 攻撃性質問紙(BAQ)の作成 (3):社会人のデータによる因子的妥当性・信頼性の検討

    日本心理学会第61回大会発表論文集,905 

    Presentation date: 1997.09

  • 日本版 Buss-Perry 攻撃性質問紙(BAQ)の作成 (4):社会人を対象とした調査結果による因子得点,性差,因子間の検討,および大学生との比較

    日本心理学会第61回大会発表論文集,906 

    Presentation date: 1997.09

  • 学校教員の心理的ストレスが児童の学校ストレスに及ぼす影響

    産業・組織心理学会第13回大会発表論文集,135-137 

    Presentation date: 1997.09

  • Effects of social support and self-efficacy on psychological stress responses in chronic disease patients

    14th World Congress on Psychosomatic Medicine, 101 

    Presentation date: 1997.08

  • セルフ・エフィカシー向上による学校ストレスマネジメント

    日本カウンセリング学会第30回大会発表論文集,462-463 

    Presentation date: 1997.07

  • 知覚されたソーシャルサポートの発達的変化

    日本行動療法学会第22回大会発表論文集,156-157 

    Presentation date: 1996.12

  • P-39 知覚されたソーシャルサポートの発達的変化(ポスター発表,21世紀の空へ翔ベ-フィールドを越えた行動療法の発展)

    嶋田 洋徳, 三浦 正江, 坂野 雄二

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 1996.12

    Event date:
    1996.12
     
     
  • 青年期における自動思考と情動反応性が対人不安に及ぼす影響

    日本行動療法学会第22回大会発表論文集,92-93 

    Presentation date: 1996.12

  • 慢性疾患患者におけるソーシャルサポートのストレス軽減効果

    日本健康心理学会第9回大会発表論文集,94-95 

    Presentation date: 1996.11

  • 不登校やいじめの問題を学校ストレスという観点から考える:学校問題の学校ストレスモデルからの理解

    日本教育心理学会第38回総会発表論文集,S80 

    Presentation date: 1996.11

  • 高校生の数学のテスト不安における認知的変数の影響 (6):数学の学習動機とテスト不安の関連

    日本教育心理学会第38回総会発表論文集,434 

    Presentation date: 1996.11

  • 主観的情動反応性と対人不安の関連

    日本健康心理学会第9回大会発表論文集,52-53 

    Presentation date: 1996.11

  • 中学生用ストレス反応尺度の信頼性・妥当性の検討

    日本教育心理学会第38回総会発表論文集,257 

    Presentation date: 1996.11

  • 小学生のソーシャルサポートの有効性の検討

    日本教育心理学会第38回総会発表論文集,268 

    Presentation date: 1996.11

  • 大学生のテスト不安の継時的変化

    日本心理学会第60回大会発表論文集,910 

    Presentation date: 1996.09

  • 小学生の社会的スキルの変化がストレス反応に及ぼす影響

    日本心理学会第60回大会発表論文集,382 

    Presentation date: 1996.09

  • カウンセリングにおけるストレスマネジメントの適正化と効率化 (2):小中学校教育の視点から

    日本カウンセリング学会第29回大会発表論文集,23 

    Presentation date: 1996.05

  • 小中学生におけるセルフ・エフィカシーの学校ストレス低減効果

    日本カウンセリング学会第29回大会発表論文集,206-207 

    Presentation date: 1996.05

  • 中学生の知覚されたソーシャルサポートが学校ストレッサーに対して行うコーピングに及ぼす影響

    日本カウンセリング学会第29回大会発表論文集,208-209 

    Presentation date: 1996.05

  • Effect of self-efficacy of health behavior on stress responses in patients with chronic diseases

    4th International Congress of Behavioral Medicine Abstracts, 158 

    Presentation date: 1996.03

  • Enhancement of tolerance to psychological stress in children

    Proceedings of the International Conference on Stress Management Education 1996, 29-36 

    Presentation date: 1996.01

  • 児童の知覚するソーシャルサポートが社会的スキルと学校適応感に及ぼす影響

    日本行動療法学会第21回大会発表論文集,178-179 

    Presentation date: 1995.12

  • 社会的スキルの変化が友人関係と学校不適応感に及ぼす影響

    日本行動療法学会第21回大会発表論文集,180-181 

    Presentation date: 1995.12

  • 社会不安の認知行動的要素と表出次元に関する一考察

    日本行動療法学会第21回大会発表論文集,194-195 

    Presentation date: 1995.12

  • 暴力映像と敵意性が情動と攻撃行動に及ぼす影響

    日本行動療法学会第21回大会発表論文集,200-201 

    Presentation date: 1995.12

  • P-34 児童の知覚するソーシャルサポートが社会的スキルと学校適応感に及ぼす影響(ポスター発表-3,研究発表)

    秋山 香澄, 嶋田 洋徳, 戸ヶ崎 泰子, 坂野 雄二

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 1995.12

    Event date:
    1995.12
     
     
  • P-6 児童における一般性セルフ・エフィカシーの測定(1) : ストレス反応との関連を中心として(ポスター発表-1,研究発表)

    小田 美穂子, 嶋田 洋徳, 坂野 雄二

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 1995.12

    Event date:
    1995.12
     
     
  • P-42 社会不安の認知行動的要素と表出次元に関する一考察(ポスター発表-3,研究発表)

    久保 義郎, 深代 和信, 嶋田 洋徳, 坂野 雄二

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 1995.12

    Event date:
    1995.12
     
     
  • P-9 児童のストレス軽減に及ぼす要因に関する検討(ポスター発表-1,研究発表)

    嶋田 洋徳, 坂野 雄二, 上里 一郎

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 1995.12

    Event date:
    1995.12
     
     
  • P-10 新しい心理的ストレス反応尺度(SRS-18)の妥当性の検討(ポスター発表-1,研究発表)

    鈴木 伸一, 嶋田 洋徳, 三浦 正江, 片柳 弘司, 坂野 雄二

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 1995.12

    Event date:
    1995.12
     
     
  • P-7 セルフ・エフィカシーと心理的ストレス反応の表出との関連(ポスター発表-1,研究発表)

    金 外淑, 嶋田 洋徳, 坂野 雄二, 上里 一郎

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 1995.12

    Event date:
    1995.12
     
     
  • P-35 社会的スキルの変化が友人関係と学校不適応感に及ぼす影響(ポスター発表-3,研究発表)

    戸ヶ崎 泰子, 嶋田 洋徳, 坂野 雄二, 上里 一郎

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 1995.12

    Event date:
    1995.12
     
     
  • 児童における一般性セルフ・エフィカシーの測定 (1):ストレス反応との関連を中心として

    日本行動療法学会第21回大会発表論文集,122-123 

    Presentation date: 1995.12

  • セルフ・エフィカシーと心理的ストレス反応の表出との関連

    日本行動療法学会第21回大会発表論文集,124-125 

    Presentation date: 1995.12

  • 児童のストレス軽減に及ぼす要因に関する検討

    日本行動療法学会第21回大会発表論文集,128-129 

    Presentation date: 1995.12

  • 新しい心理的ストレス反応尺度(SRS-18)の妥当性の検討

    日本行動療法学会第21回大会発表論文集,130-131 

    Presentation date: 1995.12

  • 小中学生の心理的ストレスに及ぼす認知行動的変数の影響

    日本行動医学会第2回学術総会論文集,110-111 

    Presentation date: 1995.11

  • 新しい心理的ストレス反応尺度(SRS-18)の作成

    日本行動医学会第2回学術総会論文集,112-113 

    Presentation date: 1995.11

  • 高校生の性格特性と心理的ストレス過程の関連

    日本健康心理学会第8回大会発表論文集,98-99 

    Presentation date: 1995.11

  • 児童生徒のストレス過程に及ぼすセルフ・エフィカシーの効果

    日本健康心理学会第8回大会発表論文集,100-101 

    Presentation date: 1995.11

  • 中学生の社会的スキルと友人関係および学校不適応感の関連

    日本健康心理学会第8回大会発表論文集,152-153 

    Presentation date: 1995.11

  • 高校生における数学のセルフ・エフィカシー情報源の測定

    日本心理学会第59回大会発表論文集,413 

    Presentation date: 1995.10

  • 大学生のストレス反応の継時的測定

    日本心理学会第59回大会発表論文集,898 

    Presentation date: 1995.10

  • 高校生の数学のテスト不安における認知的変数の影響 (3):テスト不安尺度に反映される不安の男女差

    日本教育心理学会第37回総会発表論文集,606 

    Presentation date: 1995.09

  • 高校生の数学のテスト不安における認知的変数の影響 (4):テストに関する原因帰属を中心として

    日本教育心理学会第37回総会発表論文集,607 

    Presentation date: 1995.09

  • 高校生の数学のテスト不安における認知的変数の影響 (5):到達度別セルフ・エフィカシーを中心として

    日本教育心理学会第37回総会発表論文集,608 

    Presentation date: 1995.09

  • 小学生のコーピングパターンとストレス反応との関連

    日本教育心理学会第37回総会発表論文集,556 

    Presentation date: 1995.09

  • 中学生の社会的スキルが友人関係と学校不適応感に及ぼす影響

    日本教育心理学会第37回総会発表論文集,557 

    Presentation date: 1995.09

  • 小学生の社会的スキルの獲得とストレス反応の関連

    日本教育心理学会第37回総会発表論文集,558 

    Presentation date: 1995.09

  • Effects of cognitive appraisal for school stressors on stress coping and stress responses in elementary school children

    World Congress of Behavioural &amp; Cognitive Therapies Addendum, 1 

    Presentation date: 1995.07

  • 震災後のストレス性障害とストレス対処モデル

    阪神大震災とストレス・マネジメント講演・シンポジウム抄録集,101 

    Presentation date: 1995.06

  • 高校生の学校ストレッサーとストレス反応との関連

    日本カウンセリング学会第28回大会発表論文集,142-143 

    Presentation date: 1995.05

  • 高校生におけるコーピングとその学校ストレス低減効果

    日本カウンセリング学会第28回大会発表論文集,144-145 

    Presentation date: 1995.05

  • 高校生の中途退学指向性の研究

    日本カウンセリング学会第28回大会発表論文集,146-147 

    Presentation date: 1995.05

  • 認知的変数が社会不安の表出に及ぼす影響 (1)

    日本行動療法学会第20回大会発表論文集,152-153 

    Presentation date: 1994.10

  • 認知的変数が社会不安の表出に及ぼす影響 (2)

    日本行動療法学会第20回大会発表論文集,154-155 

    Presentation date: 1994.10

  • 20 高校生の数学のテスト不安と対処行動(研究発表(ポスター発表-1))

    森 治子, 嶋田 洋徳, 小田 美穂子, 三浦 正江, 坂野 雄二

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 1994.10

    Event date:
    1994.10
     
     
  • 13 学校ストレスと登校意識の関連(1) : 小学生を中心とした検討(研究発表(ポスター発表-1))

    戸ヶ崎 泰子, 嶋田 洋徳, 秋山 香澄, 坂野 雄二

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 1994.10

    Event date:
    1994.10
     
     
  • 14 学校ストレスと登校意識の関連(2) : 中学生を中心とした検討(研究発表(ポスター発表-1))

    嶋田 洋徳, 戸ヶ崎 泰子, 岡安 孝弘, 上里 一郎, 坂野 雄二

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 1994.10

    Event date:
    1994.10
     
     
  • 59 認知的変数が社会不安の表出に及ぼす影響(2)(研究発表(ポスター発表-3))

    久保 義郎, 嶋田 洋徳, 深代 和信, 坂野 雄二

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 1994.10

    Event date:
    1994.10
     
     
  • 19 高校生のテスト不安と目標点,予想点,および学業成績の関連(研究発表(ポスター発表-1))

    小田 美穂子, 嶋田 洋徳, 森 治子, 三浦 正江, 坂野 雄二

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 1994.10

    Event date:
    1994.10
     
     
  • 11 慢性疾患患者のストレス対処と心理的ストレス反応(研究発表(ポスター発表-1))

    金 外淑, 嶋田 洋徳, 坂野 雄二, 荒井 裕

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 1994.10

    Event date:
    1994.10
     
     
  • 58 認知的変数が社会不安の表出に及ぼす影響(1)(研究発表(ポスター発表-3))

    深代 和信, 嶋田 洋徳, 久保 義郎, 坂野 雄二

    日本行動療法学会大会発表論文集  一般社団法人日本認知・行動療法学会

    Presentation date: 1994.10

    Event date:
    1994.10
     
     
  • 慢性疾患患者のストレス対処と心理的ストレス反応

    日本行動療法学会第20回大会発表論文集,58-59 

    Presentation date: 1994.10

  • 中学生の友人との関係における学校ストレッサーとコーピングの関連について

    日本行動療法学会第20回大会発表論文集,60-61 

    Presentation date: 1994.10

  • 学校ストレスと登校意識の関連 (1):小学生を中心とした検討

    日本行動療法学会第20回大会発表論文集,62-63