SASAKI, Yo

写真a

Affiliation

Faculty of Science and Engineering, School of Creative Science and Engineering

Job title

Professor

Homepage URL

http://www.waseda.jp/sem-yoh/

Concurrent Post 【 display / non-display

  • Faculty of Science and Engineering   Graduate School of Creative Science and Engineering

  • Affiliated organization   Global Education Center

Research Institute 【 display / non-display

  • 2020
    -
    2022

    理工学術院総合研究所   兼任研究員

Education 【 display / non-display

  •  
    -
    1986

    Tokyo Institute of Technology   Graduate School, Division of Integrated Science and Engineering  

  •  
    -
    1984

    Waseda University   Faculty of Science and Engineering   Department of Architecture  

Degree 【 display / non-display

  • 東京大学   博士(工学)

  • University of Tokyo   Dr. Engineering

Professional Memberships 【 display / non-display

  • 2020.10
    -
    Now

    Science Council of Japan (SCJ)

  •  
     
     

    造園学会

  •  
     
     

    日本都市計画学会

  •  
     
     

    日本建築学会

  •  
     
     

    土木学会

 

Research Areas 【 display / non-display

  • Architectural planning and city planning

  • Civil engineering plan and transportation engineering

Research Interests 【 display / non-display

  • Urban desgin/planning, Arcitecture of infrastructure, Landscape

Papers 【 display / non-display

  • A STUDY ON A LANDSCAPE CHARACTER SPECIFICATION METHOD FOCUSING ON “SPATIAL DEPTH TRANSITION” IN URBAN AREA

    Shiori TSUCHIDA, Yoh SASAKI

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. D1 (Architecture of Infrastructure and Environment)   76 ( 1 ) 112 - 122  2020  [Refereed]

    DOI

  • Information design for understanding the regional environment as a base of disaster awareness - A case study of booklet design for a wetland environment -

    Yoh SASAKI, Hironao KOZAWA, Takumi WATANABE, Kodai YOSHIZAWA

    2019 International Conference on Climate Change, Disaster Management and Environmental Sustainability    2019  [Refereed]

  • 街路の形態的特性に基づく媒介中心性と形成年代との関係性に関する研究

    高野裕作, 佐々木葉

    土木学会論文集D3(土木計画学)   Vol.74 ( No.3 ) 183 - 192  2018  [Refereed]

    DOI

  • REVIEW OF RESEARCH TRENDS IN WATERSHED-BASED LAND USE ANALYSIS

    LIM Luong, Sasaki Yoh

    Journal of Japan Society of Civil Engineering (D3 Category)   Vol.4 ( No.1 ) 227 - 242  2016  [Refereed]

    DOI

  • A STUDY OF HISTORIC QUARTER STREETSCAPES BASED ON TYPOLOGY OF TOURIST-ORIENTED ACTIVITY —A STUDY CASE OF GEORGE TOWN AND HANOI

    Teh Yee Sing, Sasaki Yoh

    Journal of Japan Society of Civil Engineering (D1 Category)   Vol.4 ( No.1 ) 162 - 154  2016  [Refereed]

    DOI

display all >>

Books and Other Publications 【 display / non-display

  • 新しい都市の形:世界が変わるために 日本のエコデモのための8つのフレームワーク

    土肥真人, 佐々木葉, 杉田早苗, 福永順彦, 矢口哲也, 山下三平, 山本真紗子( Part: Contributor, 6章 風景が都市のフレームワークになる時 <想像力のフレームワーク>)

    (一財)エコロジカル・デモクラシー財団  2021.08

  • 交通まちづくり 地方都市からの挑戦

    原田昇編著, 羽藤英二, 高見淳史編集幹事, 佐々木葉

    鹿島出版会  2015

  • ようこそドボク学科へ 都市・環境・デザイン・まちづくりと土木の学び方

    佐々木葉監修

    学芸出版  2015

  • ゼロから学ぶ土木の基本 景観とデザイン

    佐々木葉

    オーム社  2015

  • 風景とローカルカバナンス 春の小川はなぜ消えたのか(分担執筆)

    中村良夫, 鳥越皓之編著, 佐々木葉

    早稲田大学出版部  2014

display all >>

Misc 【 display / non-display

  • 地域およびその認識の風景を考えるためのノート

    佐々木葉

    土木学会景観・デザイン研究講演集   16   471 - 479  2020.12

    Authorship:Lead author

  • 景観研究の方法について考える

    佐々木葉

    土木学会景観・デザイン研究講演集   15   202 - 209  2019.12

    Authorship:Lead author

  • 首都高速道路の路線網計画および構造物設計の思想と手法に関する通史的考察

    小澤 広直, 佐々木 葉

    土木学会 土木史研究講演集   Vol.39   69 - 80  2019

  • 新潟市における潟をめぐる市民活動の特徴

    佐々木 葉, 安達 幸輝, 外山 実咲, 橋本 航征, 渡邉 拓巳, 小澤 広直

    土木学会 土木計画学研究・講演集   Vol.57   21-04 (1-8)  2018

  • 戦後土木施設としての首都高速道路の特質に関する一考察

    佐々木 葉, 小澤 広直

    土木学会 土木史研究講演集   Vol.38   209 - 214  2018

display all >>

Awards 【 display / non-display

  • 土木学会出版文化賞

    2016.06   ようこそドボク学科へ

  • Civi Engineering Design Prize 2013

    2014.01  

  • 土木学会論文賞

    2010.06   歴史的ボーストリングトラスを転用したりんどう橋のデザイン

  • Civi Engineering Design Prize 2004

    2005.06  

Research Projects 【 display / non-display

  • A study on the Methodology and Theory about the Landscape Planning for the Regional Sustainability

    Project Year :

    2011
    -
    2013
     

     View Summary

    This study aims to develop the methodology and theory about the Landscape Planning which contributes to the Regional Sustainability. The results of this study are summarized into three categories.
    Firstly, in order to establish principles of the Landscape Planning, we developed the new theoretical model to understand the Regional Landscape, and we referred to the "European Landscape Convention" to compare the principles of this study. Secondly, we tried various analysis methods to describe the regional landscape, which were categorized into three points, static scene, dynamic sequence and lifescape. Thirdly, we investigated the cases about regional governance for preservation, activation and inheritance of regional landscape as the practical operations to realize the principles of this study.
    These results were published on the seminar held in 23/1/2014 at JSCE.

  • A Study on Planning Methods for Transport-Oriented Machizukuri

    Project Year :

    2011
    -
    2013
     

     View Summary

    This research project aimed to develop new systematic planning methods for Transport-oriented Machizukuri, a value creation-oriented transport planning, from the following three aspects; (1) methods for the vision formulation and the explanation to citizens in order to facilitate the smooth process from planning to implementation; (2) techniques for the survey and the analysis that are applicable to capturing typical scenes, such as the daily life behavior of the elderly and the excursion behavior in city centers; and (3) institutional and non-institutional frameworks for planning, consensus building, implementation and human resource development.

  • Development of Strategic Assessment Technology for Open-Platform based "Machidukuri" Design and Planning

    Project Year :

    2007
    -
    2009
     

     View Summary

    For avoiding spatial discontinuities, functional fragmentations, or visual incompatibilities of urban built environments due to individually planned or self-sufficiently executed "Machidukuri" projects, this research has developed Strategic Assessment Technology for Open-Platform based "Machidukuri" Design and Planning that enables to accommodate cross-scale evaluations of projected goals of each "Machidukuri" concerning their implications to larger-scale and long-range planning goals at a city-wide scale.

  • Study on Dual Strategies for a Local City in the Aging Society-Planned Retreat from Suburban Areas and Restructuring of Central Built-Up Areas

    Project Year :

    2004
    -
    2006
     

     View Summary

    This study, of which Toyota City in Aichi Prefecture is selected as a case, shows that the dual strategies, namely "planned retreat from suburban areas" and "restructuring of central built-up areas" are required for Japanese local cities under the rapid population decline and aging, and indicates the practical methodologies for implementation.
    1. Examination of future situation: Quality of Life (QoL), infrastructure maintenance cost, and environmental load are the fundamental factors for analyzing sustainable urban form, and that the necessity for dual strategy is indicated. The reduction effect of infrastructure maintenance cost by compact urban area is evaluated through Generation Accounting method.
    2. Evaluation indices for political goals : A multi-dimensional methodology for evaluating QoL, infrastructure maintenance cost, and environmental load is developed. This is applied to the examination of urban form, and the result shows that cluster-typed urban form is appropriate in terms of QoL improvement.
    3. Physical design of built-up areas : The automatic generation system for 3-dimensional virtual urban form to examine the design of a built-up area is developed. Comparison of s

display all >>

Presentations 【 display / non-display

  • 計画の仕事におけるダイバーシティーとは −ニューヨークの状況をもとに考える−

    佐々木 葉

    土木学会 年次学術講演会講演概要集 

    Presentation date: 2019

  • Can River Restoration Projects Make Community and Professionals Sustainable? - A Case Study of a Small Urban River restoration in Japan

    SASAKI Yoh

    Civil Engineering Conference in the Asian Region (CECAR7) 

    Presentation date: 2016

  • Transformation of land use Pattern in Phnom Penh City as a Watershed Scale

    LIM Luong, SASAKI Yoh

    Civil Engineering Conference in the Asian Region (CECAR7) 

    Presentation date: 2016

  • Methodology to Evaluate the Urban Spatial Characteristics of Tradtional Cities by Watershed-Based Analysis

    LIM Luong, SASAKI Yoh

    Science Council of Asia Conference and Interational Symposium 

    Presentation date: 2015

Specific Research 【 display / non-display

  • 地域水系基盤デザイン学の構築による景観まちづくりへの実装化と政策展開

    2020  

     View Summary

    土木分野の実践的景観研究を踏まえたフィールド知と形式知が融合した学術知「実践デザイン学」を目指し,「水」に注目した「地域水系基盤デザイン」のための計画技術と政策展開をめざす研究である.地域水系基盤とは「生業や暮らしを支え,地域文化や社会規範を形成してきた川・湖沼・用水・湧水などの水を資源とした社会基盤の総称」であり,(A)概念の明確化と分析手法を土木計画学研究発表会での企画セッションとその後のフォローアップ研究会の開催によって,(B)広義のデザイン手法のための構成要素収集を新潟県福島潟での市民活動マネジメントの現況と課題調査および世界における湿地復元事例のデーターベース化として実施した.

  • 地域水系基盤の再生・強化のための計画・デザイン手法の共創的構築

    2019  

     View Summary

    地域の景観資源であり地域文化を形成してきた用水や湧水などの水資源は,利用と災害,スケールや主体の多様性を有したインフラであり,こうした特性を踏まえた総合的な計画が必要である.本研究課題では,水に関わる社会基盤の空間と主体とを一体的に捉えた「地域水系基盤」という概念を提示して,その計画・デザイン手法を構築することを目指し,そのために関連する実践事例や研究アプローチに関わる情報を持ち寄り議論した.また新潟市福島潟をフィールドとして,地域の中学生の体験と認識,潟を活動の場とする市民グループの活動状況に関わる調査を実施した.以上から地域水系基盤の概念の意義を確認する一方,その対象や様相が広いことから,研究手法とその成果の価値を第三者に伝えることの難しさが明らかとなった.

  • 持続的地域環境形成を目指した地域水系基盤のマネジメント&デザインの実践手法の開発

    2018  

     View Summary

    人口減少や災害激甚化による地域マネジメント力の低下や,景観資源でもある水資源の管理の衰退に対して,水に関わる社会基盤の空間と主体とを一体的に捉えた「地域水系基盤」という概念を提示し,その計画・デザイン手法を構築することを本研究課題で目指している.そのため新潟市の潟を対象とした市民活動による環境との関わりの実態,治水インフラのデザイン等についてフィールド調査を行ない,その現状と課題を明らかにした.また地域水系基盤をベースとした地域ビジョンの可視化の国内外事例を題材にした研究会を開催し,可視化の手法や計画策定の主体等などを議論し,地域水系基盤の概念の重要性とそれに基づく計画手法の論点を抽出した.

  • 地域への意識の深化と身近な環境向上に資する地域景観計画に関する研究

    2014  

     View Summary

    特筆すべき景観資源の保全や創造によらず、身近な生活環境の向上に資する地域景観計画の検討に資する知見をえるため、一般的な市街地の回遊によってえられる人々の生活環境の認識構造を、2種類の現場歩行実験によって明らかにした。①一般的な住宅地を対象とした来訪者と住民という2つの属性の被験者による写真投影法実験の結果から、2つの属性に共通する生活の風景をとらえる枠組みを示すことが出来た。②回遊性の高い繁華街である下北沢と自由ヶ丘において、自由な回遊行動実験を行い、会話のプロトコル分析と発話の環境特性を対照させた結果、回遊行動は4パタンに分類可能であること、また一連の行動の場面転換がおきる環境の特徴を把握することが出来た。

  • 地域マネジメントとしての景観計画の立案および視覚的表現手法の開発

    2010  

     View Summary

    H20年度に日本大学、岐阜大学、京都大学と連携して行ってきた岐阜県恵那市における景観計画策定WSの成果を引き継いで、H21年度には、以下のような成果を得た。まず当該地域において作成した地域絵図を計画立案や住民参加の議論の場において用いる意義として、地域認識の多層性、連携のアイディアの誘発といった地域マネジメント上重要な効果が促進されることを確認した。その際、絵図を描く方位とデフォルメする要素が特に重要であることが明らかとなった。この成果は土木学会景観デザイン研究発表会にて発表した。次に、恵那市明智町の中心部の町並みを対象としたまちづくりルールの議論のために、連続立面図およびファサード構成要素のカタログを視覚的資料として作成した。明智はこれまで日本大正村というコンセプトでまちづくりを進めてきたが、その漠然とした言葉のイメージに影響された地域認識は、必ずしも景観指針とはなり得ず、多様な特色を有した履歴の重層性の存在に着目するという新たな地域認識に基づいたまちづくりおよび景観整備の方向が提示できた。かねてより街並協定に基づいたまちなみづくりが行われていた岐阜県郡上八幡において、軒下の提灯や行燈といったしつらえの実態と創出経緯の調査を行った結果、住民が操作しやすいこれらに地域の景観認識やまちづくり活動の特質がよく表れていることが確認された。以上のような具体的な地域でのフィールド調査と地域住民との議論を進める中で、地域のマネジメントとしての景観計画の議論では、使用する視覚的媒体は代表的な場所の写真や地図だけでは不十分であり、広域の骨格構造を反映するとともに地域や場所間の連なりを直感的に把握できる絵図と、極めて身近で使用に伴う身体的感覚をともなった小さな要素の集積という両側面から、視覚的環境把握を可視化する手法が有効であることが確認された。

display all >>

Overseas Activities 【 display / non-display

  • 空間と社会の再生のためのパブリックデザインの実践的言論構築

    2015.04
    -
    2016.03

    アメリカ   Pratt Institute

 

Syllabus 【 display / non-display

display all >>