2022/01/20 更新

写真a

イケナガ タケシ
池永 剛
所属
理工学術院 大学院情報生産システム研究科
職名
教授
ホームページ
プロフィール
1964年7月8日、福岡県北九州市生まれ。福岡県立修猷館高校を卒業後、早稲田大学理工学部電気工学科にて修士号を取得。白井研究室に属し、情報システムを専攻。2002年、早稲田大学より博士(情報科学)を取得。
1990年日本電信電話(株)LSI研究所に入社、高性能ASIC向け設計・試験法の研究、実時間MPEGエンコーダチップセットの開発、超並列型実時間画像認識処理LSI等の研究に従事。また、1999年から2000年にかけて、マサチューセッツ大学Amherst校客員研究員、Weems教授の研究室に属し、実時間画像処理システムの研究に従事。2002年北九州に戻り、(財)北九州産業学術推進機構(FAIS)の招聘研究員として知的クラスタプロジェクトを推進。
2003年度より、早稲田大学大学院情報生産システム研究科システムLSI分野助教授、2006~2013年度理工学術院基幹理工学部/電子光システム学科(兼担)、2010~2013年度基幹理工学研究科電子光システム学専攻(兼坦)、現在理工学術院教授。
現 在、アプリケーションSoCや画像情報システム、特に動画像圧縮(H.264/AVC、H.264/SVC、H.265/HEVCなど)、動画像フィル ター(HDR、
超解像、ノイズ低減など)、動画像認識(特徴点抽出、物体追跡など)、動画像通信(UWB、LDPC、公開鍵暗号など)の研究開発を行っている。ま た、博士課程教育リーディングプログラム、グローバルCOE、戦略的創造研究推進事業CREST、科学技術振興調整費人材養成プログラム、知的クラスタ創世事業、科学研究費助成事業等の多くの国プロジェクトを推進。さらに、多くの企業と産学連携プロジェクトを行っている。

<学会活動>
IEEE シニア会員、電子情報通信学会(IEICE)、情報処理学会(IPSJ)、画像電子学会(IIEEJ)、各会員。電子情報通信学会英文誌C編集委員(H13~H16)、各種特集号編集幹事・編集委員。集積回路研究専門委員会委員(H17~H22)・信号処理研究専門委員会委員(H18~H23)、スマートインフォメディアシステム研究専門委員会委員(H24~)、(社)電子情報産業協会(JEITA) システムLSI技術専門委員会幹事(H15~H16)、SoC・SiPソフトウェア調査専門委員会幹事(H16~H17)。NEDO技術委員(H17~ H18)。その他、IEEE MWSCAS、IEEE APCCAS、IEEE ISCAS、ASP-DAC、ICFPT、SASIMI、ISPACS、 ASSCC、IEEE ICME、IEEE SiPS、SISA、ASICON、APSIPA ASC、VLSI-DAT等の国際会議の組織委員/プログラム委員、Asia-Pacific Signal and Information Processing Association (APSIPA) のSignal Proessing Systems TC Chairを歴任。
1988 年早稲田大学より古河山水賞、1992年電子情報通信学会学術奨励賞を受賞。DAC/ISSCC 2006 design contest (Conceputual部門1位)、第8回(2006年)/第9回(2007年) LSI IPデザイン・アワード IP賞、第10回(2008年) LSI IPデザイン・アワード IP優秀賞、画像電子学会優秀論文賞(2008年)、CSPA Best Paper Award、ISOCC Samsun Award(2009年)、ICD最優秀ポスター賞(2010年)、IMPSベストポスター賞(2012年)など多数。

兼担

  • 理工学術院   基幹理工学部

学内研究所等

  • 2020年
    -
    2022年

    理工学術院総合研究所   兼任研究員

学歴

  •  
    -
    1990年

    早稲田大学   理工学研究科   電気工学  

  •  
    -
    1990年

    早稲田大学   理工学研究科   電気工学  

  •  
    -
    1988年

    早稲田大学   理工学部   電気工学科  

学位

  • 早稲田大学 (日本)   博士(情報科学)

経歴

  • 2010年
    -
    2014年

    基幹理工学研究科電子光システム学専攻 (兼担)

  • 2007年
    -
     

    同 准教授 早稲田大学基幹理工学部電子光システム学科 (兼担)

  • 2003年
    -
    2006年

    早稲田大学大学院情報生産システム研究科 助教授

  • 2002年
    -
    2003年

    北九州産業学術推進機構 招聘研究員

  • 1999年
    -
    2002年

    NTT生活環境研究所 主任研究員

  • 1999年
    -
    2000年

    マサチューセッツ大学 客員研究員

  • 1996年
    -
    1999年

    NTTシステムエレクトロニクス研究所 研究主任

  • 1990年
    -
    1996年

    NTT LSI研究所 研究員

▼全件表示

所属学協会

  •  
     
     

    情報処理学会

  •  
     
     

    IEEE

  •  
     
     

    電子情報通信学会

  •  
     
     

    画像電子学会

  •  
     
     

    APSIPA

 

研究分野

  • 計算機システム

研究キーワード

  • システムLSI、画像処理、ネットワーク処理、ハードウエア設計、計算機アーキテクチャ

論文

  • Multi-Technology Correction Based 3D Human Pose Estimation for Jump Analysis in Figure Skating

    Limao Tian, Xina Cheng, Masaaki Honda, Takeshi Ikenaga

    International Sports Engineering Association (ISEA 2020)    2020年06月  [査読有り]

  • 3D pose reconstruction with multi-perspective and spatial confidence point group for jump analysis in figure skating

    Limao Tian, Xina Cheng, Masaaki Honda, Takeshi Ikenaga

    5th International Workshop on Pattern Recognition (IWPR 2020)    2020年06月  [査読有り]

  • Resolution Irrelevant Encoding and Difficulty Balanced Loss Based Network Independent Supervision for Multi-Person Pose Estimation

    Haiyang Liu, Dingli Luo, Songlin Du, Takeshi Ikenaga

    13th International Conference on Human System Interaction (HSI 2020)    2020年06月  [査読有り]

  • Hetero Complementary Networks with Hard-Wired Condensing Binarization for High Frame Rate and Ultra-Low Delay Dual-Hand Tracking

    Peiqi Zhang, Dingli Luo, Songlin Du, Takeshi Ikenaga

    13th International Conference on Human System Interaction (HSI 2020)    2020年06月  [査読有り]

  • Temporal Constraints and Block Weighting Judgement Based High Frame Rate and Ultra-Low Delay Mismatch Removal System

    Songlin Du, Zhe Wang, Takeshi Ikenaga

    IEICE Trans. Inf. & Syst.   Vol. E103-D ( No. 6 ) 1236 - 1246  2020年06月  [査読有り]

  • Multi-Scale Contextual Attention Based HDR Reconstruction of Dynamic Scenes

    Yipeng Deng, Qin Liu, Takeshi Ikenaga

    The 12th International Conference on Digital Image Processing (ICDIP 2020)    2020年05月  [査読有り]

  • Adaptive-Partial Template Update with Center-Shifting Recovery for High Frame Rate and Ultra-Low Delay Deformation Matching

    Songlin Du, Yuhao Xu, Tinting Hu, Takeshi Ikenaga

    IEICE Trans. Fundamentals   Vol.E102-A ( No. 12 )  2019年12月  [査読有り]

  • 3D Global and Multi-View Local Features Combination Based Qualitative Action Recognition for Volleyball Game Analysis

    Xina Cheng, Yang Liu, Takeshi Ikenaga

    IEICE Trans. Fundamentals   Vol.E102-A ( No. 12 )  2019年12月  [査読有り]

  • Representative Spatial Selection and Temporal Combination for 60fps 3D Tracking of Twelve Volleyball Players on GPU

    Xina Cheng, Yiming Zhao, Takeshi Ikenaga

    IEICE Trans. Fundamentals   Vol.E102-A ( No. 12 )  2019年12月  [査読有り]

  • Multi-Task and Multi-Level Detection Neural Network Based Real-Time 3D Pose Estimation

    Dingli Luo, Sonlin Du, Takeshi Ikenaga

    APSIPA Annual Summit and Conference (ASC 2019)    2019年11月  [査読有り]

  • Temporal Coherence Based Mismatch Removal for High Frame Rate and Ultra-Low Delay System

    Zhe Wang, Songlin Du, Takeshi Ikenaga

    International Workshop on Smart Info-Media Systems in Asia (SISA2019)    2019年09月  [査読有り]

  • Dense Trajectory Length and Direction Feature Based Player Receive Reaction Time Detection in Volleyball Game

    Yanchao Liu, Xina Cheng, Takeshi Ikenaga

    International Workshop on Smart Info-Media Systems in Asia (SISA2019)    2019年09月  [査読有り]

  • Body Part Categorization and Occlusion Detection Based Volleyball Players’ Spike Height Analysis

    Ziken Li, Xina Cheng, Takeshi Ikenaga

    International Workshop on Smart Info-Media Systems in Asia (SISA2019)    2019年09月  [査読有り]

  • Motion Statistic Based Local Homography Transformation Estimation for Mismatch Removal

    Songlin Du, Takeshi Ikenaga

    3rd International Conference on Artificial Intelligence and Virtual Reality (AIVR 2019)    2019年07月  [査読有り]

  • Low-dimensional superpixel descriptor and its application in visual correspondence estimation

    Songlin Du, Takeshi Ikenaga

    Multimedia Tools and Applications   Vol. 78 ( No. 14 ) 19457 - 19472  2019年07月  [査読有り]

  • Team Formation Mapping and Sequential Ball Motion State Based Event Recognition for Automatic Data Volley

    Linzi Liang, Xina Cheng, Takeshi Ikenaga

    IAPR International Conference on Machine Vision Applications (MVA2019)    2019年05月  [査読有り]

  • Temporally Forward Nonlinear Scale Space with Octave Prediction for High Frame Rate and Ultra-Low Delay A-KAZE Matching System

    Yuan Li, Singling Du, Takeshi Ikenaga

    IAPR International Conference on Machine Vision Applications (MVA2019)   Vol. E103-D ( No. 6 ) 1226 - 1235  2019年05月  [査読有り]

  • End-to-End Feature Pyramid Network for Real-Time Multi-Person Pose Estimation

    Dingli Luo, Sonlin Du, Takeshi Ikenaga

    IAPR International Conference on Machine Vision Applications (MVA2019)    2019年05月  [査読有り]

  • Iterative Autoencoding and Clustering for Unsupervised Feature Representation

    Songlin Du, Takeshi Ikenaga

    IEEE International Symposium on Circuits and Systems (ISCAS2019)    2019年05月  [査読有り]

  • View Priority Based Threads Allocation and Binary Search Oriented Reweight for GPU Accelerated Real-time 3D Ball Tracking

    Yilin Hou, Zwei Dang, Xian Ching, Takeshi Ikenaga

    IEICE Trans. Inf. & Syst.   Vol.E101-D ( No. 12 ) 3190 - 3198  2018年12月  [査読有り]

  • Mutual-Information-Graph Regularized Sparse Transform for Unsupervised Feature Learning

    Songlin Du, Takeshi Ikenaga

    IEEE International Symposium on Intelligent Signal Processing and Communication Systems 2018 (ISPACS2018)    2018年11月  [査読有り]

  • Model Selection Based Parallel Prediction and Image-Trajectory-Independent Estimation for Real-Time Ball Data Acquisition in Volleyball

    Xina Cheng, Takeshi Ikenaga

    IEEE International Symposium on Intelligent Signal Processing and Communication Systems 2018 (ISPACS2018)    2018年11月  [査読有り]

  • Hierarchical Progressive Trust Model for Mismatch Removal under both Rigid and Non-Rigid Transformations

    Songlin Du, Takeshi Ikenaga

    IEICE Trans. Fundamentals   Vol.E101-A ( No. 11 ) 1786 - 1794  2018年11月  [査読有り]

  • Court-Divisional Team Motion and Player Performance Curve based Automatic Game Strategy Data Acquisition for Volleyball Analysis

    Xina Cheng, Takeshi Ikenaga

    IEICE Trans. Fundamentals   Vol.E101-A ( No. 11 ) 1756 - 1765  2018年11月  [査読有り]

  • 3D Ball Motion and Relative Position Feature Based Real-time Start Scene Detection for Volleyball Game Analysis on GPU

    Guixing Liang, Xina Cheng, Takeshi Ikenaga

    The 6th IIAE International Conference on Intelligent Systems and Image Processing (ICISIP2018)    2018年09月  [査読有り]

  • Search-Free Gridding and Temporal Local Matching Based Observation for High Frame Rate and Ultra-Low Delay SLAM System

    Yuchen Yang, Songlin Du, Takeshi Ikenaga

    The 6th IIAE International Conference on Intelligent Systems and Image Processing (ICISIP2018)    2018年09月  [査読有り]

  • Ball Motion State and Abrupt Pose Features based Player Qualitative Action Recognition for Volleyball Game Analysis

    Yang Liu, Xina Cheng, Takeshi Ikenaga

    The 6th IIAE International Conference on Intelligent Systems and Image Processing (ICISIP2018)    2018年09月  [査読有り]

  • 3D Global Trajectory and Multi-view Local Motion Combined Player Action Recognition in Volleyball Analysis

    Yang Liu, Shuyi Huang, Xina Cheng, Takeshi Ikenaga

    Pacific-Rim Conference on Multimedia (PCM2018)    2018年09月  [査読有り]

  • Spatial Pixels Selection and Inter-frame Combined Likelihood Based Observation for 60fps 3D Tracking of Twelve Volleyball Players on GPU

    Yiming Zhao, Xina Cheng, Takeshi Ikenaga

    Pacific-Rim Conference on Multimedia (PCM2018)    2018年09月  [査読有り]

  • Partial Descriptor Update and Isolated Point Avoidance Based Template Update for High Frame Rate and Ultra-Low Delay Deformation Matching

    Yuhao Xu, Tinting Hu, Songlin Du, Takeshi Ikenaga

    24th International Conference on Pattern Recognition (ICPR 2018)    2018年08月  [査読有り]

  • Multi-peak Estimation for Real-time 3D Ping-Pong Ball Tracking with Double-queue Based GPU Acceleration

    Ziwei Deng, Yilin Hou, Xina Cheng, Takeshi Ikenaga

    IEICE Trans. Inf. & Syst.   Vol.E101-D ( No. 5 ) 1251 - 1259  2018年05月  [査読有り]

  • Pixel Selection and Intensity Directed Symmetry for High Frame Rate and Ultra-Low Delay Matching System

    Tingting Hu, Takeshi Ikenaga

    IEICE Trans. Inf. & Syst.   Vol.E101-D ( No. 5 ) 1260 - 1269  2018年05月  [査読有り]

  • 3D Space Motion Dense Based Team Tactical Status Detection in Volleyball Game Analysis

    Xina Cheng, Takeshi Ikenaga

    The 2nd International Conference on Digital Signal Processing (ICDSP 2018)    2018年02月  [査読有り]

  • Simultaneous Physical and Conceptual Ball State Estimation in Volleyball Game Analysis

    Xina Cheng, Norikazu Ikoma, Masaaki Honda, Takeshi Ikenaga

    IEEE International Conference on Visual Communications and Image Processing (VCIP2017)    2017年12月  [査読有り]

  • Low-Dimensional Superpixel Descriptor for Visual Correspondence Estimation in Video

    Songlin Du, Takeshi Ikenaga

    IEEE International Symposium on Intelligent Signal Processing and Communication Systems 2017 (ISPACS2017)    2017年11月  [査読有り]

  • Ball State Based Parallel Ball Tracking and Event Detection for Volleyball Game Analysis

    Xina Cheng, Norikazu Ikoma, Masaaki Honda, Takeshi Ikenaga

    IEICE Trans. Fundamentals   Vol. E100-A ( No. 11 ) 2285 - 2294  2017年11月  [査読有り]

  • AIGIF: Adaptively Integrated Gradient and Intensity Feature for Robust and Low-Dimensional Description of Local Keypoint

    Songlin Du, Takeshi Ikenaga

    IEICE Trans. Fundamentals   Vol. E100-A ( No. 11 ) 2275 - 2284  2017年11月  [査読有り]

  • Robust Ghost-Free High-Dynamic-Range Imaging by Visual Salience Based Bilateral Motion Detection and Stack Extension Based Exposure Fusion

    Zijie Wang, Qin Liu, Takeshi Ikenaga

    IEICE Trans. Fundamentals   Vol. E100-A ( No. 11 ) 2266 - 2274  2017年11月  [査読有り]

  • Local Temporal Coherence for Object-Aware Keypoint Selection in Video Sequences

    Songlin Du, Takeshi Ikenaga

    Pacific-Rim Conference on Multimedia (PCM2017)    2017年09月  [査読有り]

  • Vectorized Data Combination and Binary Search Oriented Reweight for CPU-GPU Based Real-time 3D Ball Tracking

    Ziwei Deng, Yilin Hou, Xina Cheng, Takeshi Ikenaga

    Pacific-Rim Conference on Multimedia (PCM2017)    2017年09月  [査読有り]

  • Motion State Detection based Prediction Model for Body Parts Tracking of Volleyball Players

    Fanglu Xie, Xina Cheng, Takeshi Ikenaga

    Pacific-Rim Conference on Multimedia (PCM2017)    2017年09月  [査読有り]

  • VISUAL SALIENCE AND STACK EXTENSION BASED GHOST REMOVAL FOR HIGH-DYNAMIC-RANGE IMAGING

    Zijie Wang, Qin Liu, Takeshi Ikenaga

    IEEE International Conference on Image Processing (ICIP2017)    2017年09月  [査読有り]

  • 3D Checking and Saturated Kernel Based GPU Accelerated Localization for ORB-SLAM

    Yuan Hu, Songlin Du, Takeshi Ikenaga

    International Workshop on Smart Info-Media Systems in Asia (SISA2017)    2017年09月  [査読有り]

  • Event State Based Particle Filter for Ball Event Detection in Volleyball Game Analysis

    Xina Cheng, Norikazu Ikoma, Masaaki Honda, Takeshi Ikenaga

    20th International Conference on Information Fusion (Fusion 2017)    2017年07月  [査読有り]

  • Minor Optical Flow Emphasis and Rough Shape Feature Extraction for Abnormal Motion Detection in Elevator Surveillance System

    Zhennan Wang, Songlin Du, Takeshi Ikenaga

    The 32nd International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications (ITC-CSCC2017)    2017年07月  [査読有り]

  • Racket Color Judgment Based Template Selection and Ellipse Shape Likelihood for 3D Racket Tracking in Ping-Pong

    Guannan Wu, Xina Cheng, Takeshi Ikenaga

    The 32nd International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications (ITC-CSCC2017)    2017年07月  [査読有り]

  • Multi-Feature and Balanced Search Tree Based Depth Range Definition in HEVC Inter Prediction for VLSI Implementation

    Gaoxing CHEN, Zhenyu LIU, Tetsunori KOBAYASHI, Takeshi IKENAGA

    IIEEJ Trans. on Image Electronics and Visual Computing   Vol. 5 ( No. 1 ) 1 - 9  2017年06月  [査読有り]

  • Multi-View 3D Ball Tracking with Abrupt Motion Adaptive System Model, Anti-Occlusion Observation and Spatial Density Based Recovery in Sports Analysis

    Xina Cheng, Norikazu Ikoma, Masaaki Honda, Takeshi Ikenaga

    IEICE Trans. Fundamentals   Vol. E100-A ( No. 5 ) 1215 - 1225  2017年05月  [査読有り]

  • Mixture Particle Filter with Block Jump Biomechanics Constraint for Volleyball Players Lower Body Parts Tracking”, IAPR International Conference on Machine Vision Applications (MVA2017)

    Fanglu Xie, Xina Cheng, Takeshi Ikenaga

    IAPR International Conference on Machine Vision Applications (MVA2017)    2017年05月  [査読有り]

  • Ball-like Observation Model and Multi-peak Distribution Estimation Based Particle Filter for 3D Ping-pong Ball Tracking

    Ziwei Deng, Xina Cheng, Takeshi Ikenaga

    IAPR International Conference on Machine Vision Applications (MVA2017)    2017年05月  [査読有り]

  • FPGA Implementation of High Frame Rate and Ultra-Low Delay Vision System with Local and Global Parallel based Matching

    Tingting Hu, Takeshi Ikenaga

    IAPR International Conference on Machine Vision Applications (MVA2017)    2017年05月  [査読有り]

  • Quadrant Segmentation and Ring-like Searching based FPGA Implementation of ORB matching system for Full-HD video

    Tianmin Rao, Takeshi Ikenaga

    IAPR International Conference on Machine Vision Applications (MVA2017)    2017年05月  [査読有り]

  • Real-time 3D Ball Tracking with CPU-GPU Acceleration Using Particle Filter with Multi-command queues and Stepped Parallelism Iteration

    Yilin Hou, Xina Cheng, Takeshi Ikenaga

    Second International Conference on Multimedia and Image Processing (ICMIP 2017)    2017年03月  [査読有り]

  • Content Classification based Reference Frame Reduction and Machine Learning based Non-square Block Partition Skipping for Inter Prediction of Screen Content Coding

    Yawei Wang, Gaoxing Chen, Takeshi Ikenaga

    Second International Conference on Multimedia and Image Processing (ICMIP 2017)    2017年03月  [査読有り]

  • FPGA Implementation of High Frame Rate and Ultra-Low Delay Tracking with Local-Search Based Block Matching

    Tingting Hu, Hong Wu, Takeshi Ikenaga

    International Conference on Machine Vision and Information Technology (CMVIT 2017)    2017年02月  [査読有り]

  • Player Feature Based Multi-Likelihood and Spatial Relationship Based Multi-View Elimination with Least Square Fitting Prediction for Volleyball Players Tracking in 3D Space

    Shuyi Huang, Xizhou Zhuang, Xina Cheng, Norikazu Ikoma, Masaaki Honda, Takeshi Ikenaga

    IIEEJ Trans. on Image Electronics and Visual Computing   Vol. 4 ( No. 2 ) 145 - 155  2016年12月  [査読有り]

  • Full-HD 60 fps FPGA Implementation of Spatio-Temporal Keypoint Extraction Based on Gradient Histogram and Parallelization of Keypoint Connectivity

    Takahiro Suzuki, Takeshi Ikenaga

    IEICE TRANSACTIONS ON FUNDAMENTALS OF ELECTRONICS COMMUNICATIONS AND COMPUTER SCIENCES   E99A ( 11 ) 1937 - 1946  2016年11月  [査読有り]

     概要を見る

    Recently, cloud systems have started to be utilized for services which analyze user's data in the field of computer vision. In these services, keypoints are extracted from images or videos, and the data is identified by machine learning with a large database in the cloud. To reduce the number of keypoints which are sent to the cloud, Keypoints of Interest (KOI) extraction has been proposed. However, since its computational complexity is large, hardware implementation is required for real-time processing. Moreover, the hardware resource must be low because it is embedded in devices of users. This paper proposes a hardware-friendly KOI algorithm with low amount of computations and its real-time hardware implementation based on dual threshold keypoint detection by gradient histogram and parallelization of connectivity of adjacent keypoint-utilizing register counters. The algorithm utilizes dual-histogram based detection and keypoint-matching based calculation of motion information and dense-clustering based keypoint smoothing. The hardware architecture is composed of a detection module utilizing descriptor, and grid-region-parallelization based density clustering. Finally, the evaluation results of hardware implementation show that the implemented hardware achieves Full-HD (1920x1080)-60 fps spatio-temporal keypoint extraction. Further, it is 47 times faster than low complexity keypoint extraction on software and 12 times faster than spatio-temporal keypoint extraction on software, and the hardware resources are almost the same as SIFT hardware implementation, maintaining accuracy.

    DOI

  • PU Partition Based Mode and Depth Skipping for Inter Prediction of Spatial SHVC

    Guojing Zhu, Gaoxing Chen, Pei Liu, Takeshi Ikenaga

    International Workshop on Smart Info-Media Systems in Asia (SISA2016)    2016年09月  [査読有り]

  • センシング技術を用いたスポーツ情報解析

    誉田雅彰, 池永 剛

    情報処理   Vol. 57 ( No. 8 ) 738 - 743  2016年08月  [招待有り]

  • Motion Prejudgment Dependent Mixture System Noise in System Model for Tennis Ball 3D Position Tracking by Particle Filter

    Yuan Wang, Xina Cheng, Norikazu Ikoma, Masaaki Honda, Takeshi Ikenaga

    Joint 8th International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems and 17th International Symposium on Advanced Intelligent Systems (SCIS&ISIS2016)    2016年08月  [査読有り]

  • Hardware Oriented Enhanced Category Determination Based on CTU Boundary Deblocking Strength Prediction for SAO in HEVC Encoder

    Gaoxing Chen, Zhenyu Pei, Zhenyu Liu, Takeshi Ikenaga

    IEICE Transactions on Fundamentals   Vol.E99-A ( No. 4 ) 788 - 797  2016年08月  [査読有り]

  • 身体の動作軌跡のクラスタ化に基づく特徴量を用いたバレーボールの動作検出

    久保田栄次郎, 鈴木貴大, 誉田雅彰, 池永 剛

    画像電子学会誌   Vol. 45 ( No. 3 ) 373 - 381  2016年07月  [査読有り]

  • Relative Position Feature based Dense Trajectories with Density Adapted Noise Reduction for Tennis Player Action Recognition

    Zihan Ma, Shuyi Huang, Masaaki Honda, Takeshi Ikenaga

    The 31st International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications (ITC-CSCC2016)    2016年07月  [査読有り]

  • Visual Salience based Exposure Fusion Algorithm for Ghost Removal in High-dynamic-range Imaging

    Zijie Wang, Qin Liu, Tongwei Ren, Bin Luo, Takeshi Ikenaga

    The 31st International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications (ITC-CSCC2016)    2016年07月  [査読有り]

  • Upper Coding Unit Depth Rate Distortion Cost Comparison Based Fast Intra and Interlayer Inter Prediction Mode Selection for Enhancement Layer in All Intra Spatial SHVC

    Pei Liu, Guojing Zhu, Gaoxing Chen, Takeshi Ikenaga

    The 31st International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications (ITC-CSCC2016)    2016年07月  [査読有り]

  • Fast Depth Decision for HEVC Inter Prediction Based on Spatial and Temporal Correlation

    Gaoxing Chen, Zhenyu Liu, Takeshi Ikenaga

    2016 the first International Workshop on Pattern Recognition (IWPR 2016)    2016年05月  [査読有り]

  • 次世代の映像システムの実現を目指した国際的な研究教育の取り組み

    池永 剛

    画像電子学会誌(スキャニング)   Vol. 45 ( No. 2 ) 236 - 238  2016年03月  [招待有り]

  • ANTI-OCCLUSION OBSERVATION MODEL AND AUTOMATIC RECOVERY FOR MULTI-VIEW BALL TRACKING IN SPORTS ANALYSIS

    Xina Cheng, Masaaki Honda, Norikazu Ikoma, Takeshi Ikenaga

    41st IEEE International Conference on Acoustics, Speech and Signal Processing (ICASSP 2016)    2016年03月  [査読有り]

  • Particle Filter with Least Square Fitting Prediction and Spatial Relationship based Multi-view Elimination for 3D Volleyball Players Tracking

    Shuyi Huang, Xizhou Zhuang, Norikazu Ikoma, Masaaki Honda, Takeshi Ikenaga

    12th IEEE Colloquium on Signal Processing and its Applications (CSPA 2016)    2016年03月  [査読有り]

  • Content Based Mode and Depth Skipping with Sharp and Directional Edges for Intra Prediction in Screen Content Coding

    Yutaro Kawakami, Gaoxing Chen, Takeshi Ikenaga

    12th IEEE Colloquium on Signal Processing and its Applications (CSPA 2016)    2016年03月  [査読有り]

  • Fast Enhancement Layer Intra Coding Based on Inter-channel Correlations and TU depth Correlation in SHVC

    Guojing Zhu, Gaoxing Chen, Takeshi Ikenaga

    12th IEEE Colloquium on Signal Processing and its Applications (CSPA 2016)    2016年03月  [査読有り]

  • Ghost-Free High Dynamic Range Imaging via Moving Objects Detection and Extension

    Benkang Zhang, Qin Liu, Takeshi Ikenaga

    APSIPA Annual Summit and Conference (ASC 2015)    2015年12月  [査読有り]

  • Deblocking Strength Prediction based CTU-level SAO Category Determination in HEVC Encoder

    Gaoxing Chen, Zhenyu Pei, Zhenyu Liu, Takeshi Ikenaga

    IEEE International Conference on Visual Communications and Image Processing (VCIP2015)    2015年12月  [査読有り]

  • Particle Filter with Ball Size Adaptive Tracking Window and Ball Feature Likelihood Model for Ball’s 3D Position Tracking in Volleyball Analysis

    Xina Cheng, Xizhou Zhuang, Yuan Wang, Masaaki Honda, Takeshi Ikenaga

    Pacific-Rim Conference on Multimedia (PCM2015)    2015年09月  [査読有り]

  • Motion Vector and Players’ Features based Particle Filter for Volleyball Players Tracking in 3D space

    Xizhou Zhuang, Xina Cheng, Shuyi Huang, Masaaki Honda, Takeshi Ikenaga

    Pacific-Rim Conference on Multimedia (PCM2015)    2015年09月  [査読有り]

  • Edge Detection and Frame Difference Based Exposure Fusion Algorithm for Ghost Removal in Motion-Intense High Dynamic Range Video Generation

    Qin Liu, Hao Wang, Takeshi Ikenaga

    The 1st International Conference on Advanced Imaging (ICAI 2015)    2015年06月  [査読有り]

  • Feature Detection for Gait Recognition Based on Dual Histogram of Relative Optical Flow

    Chenming DING, Takeshi IKENAGA

    IIEEJ Trans. on Image Electronics and Visual Computing   Vol. 3 ( No. 1 ) 44 - 53  2015年06月  [査読有り]

  • Temporal Information based Adaptive Coding Unit Depth Decision for Low-Complexity HEVC Inter Prediction

    Jiawang Gu, Gaoxing Chen, Zhenyu Liu, Takeshi Ikenaga

    SOFT九州支部 中国・四国支部合同支部大会    2015年03月

  • Player Tracking using Prediction After Intersection based Particle Filter for Volleyball Match Video

    Xina Cheng, Yuhi Shiina, Xizhou Zhuang, Takeshi Ikenaga

    APSIPA Annual Summit and Conference (ASC 2014)    2014年12月  [査読有り]

  • Hardware Oriented Category Pre-determination Algorithm for SAO in HEVC

    Gaoxing Chen, Zhenyu Pei, Zhenyu Liu, Takeshi Ikenaga

    APSIPA Annual Summit and Conference (ASC 2014)    2014年12月  [査読有り]

  • Motion Area based Exposure Fusion Algorithm for Ghost Removal in High Dynamic Range Video Generation

    Shuyi Huang, Qin Liu, Hao Wang, Takeshi Ikenaga

    APSIPA Annual Summit and Conference (ASC 2014)    2014年12月  [査読有り]

  • Spatio-Temporal Feature and MRF Based Keypoint of Interest for Cloud Video Recognition

    Takahiro Suzuki, Takeshi Ikenaga

    IIEEJ Trans. on Image Electronics and Visual Computing   Vol. 2 ( No. 2 ) 150 - 158  2014年12月  [査読有り]

  • LINEAR ADAPTIVE SEARCH RANGE MODEL FOR UNI-PREDICTION AND MOTION ANALYSIS FOR BI-PREDICTION IN HEVC

    Longshan Du, Zhenyu Liu, Takeshi Ikenaga, Dongsheng Wang

    IEEE International Conference on Image Processing (ICIP2014)    2014年10月  [査読有り]

  • Low Complexity SAO in HEVC Base on Class Combination, Pre-decision and Merge Separation

    Gaoxing Chen, Zhenyu Pei, Zhenyu Liu, Takeshi Ikenaga

    19th International Conference on Digital Signal Processing (DSP 2014)    2014年08月  [査読有り]

  • Car Tracking in Rear View based on Bicycle Specific Motions in Vertical Vibration and Angular Variation via Prediction and Likelihood Models with Particle Filter for Rear Confirmation Support

    Norikazu Ikoma, Yohei Mikami, Takeshi Ikenaga

    World Automation Congress (WAC2014)    2014年08月  [査読有り]

  • Smart Feature Detection Device for Cloud based Video Recognition System

    Takeshi Ikenaga, Takahiro Suzuki

    International Symposium on VLSI Design, Automation & Test (VLSI-DAT 2014)    2014年04月  [査読有り]  [招待有り]

  • Keypoint of Interest Based on Spatio-temporal Feature Considering Mutual Dependency and Camera Motion

    Takahiro Suzuki, Takeshi Ikenaga

    The Sixth International Conferences on Advances in Multimedia (MMEDIA 2014)    2014年02月  [査読有り]

  • A Mode Mapping and Optimized MV Conjunction Based H.264/SVC to H.264/AVC Transcoder with Medium-Grain Quality Scalability for Videoconferencing

    Lei Sun, Zhenyu Liu, Takeshi Ikenaga

    IEICE Trans. Fundamentals   Vol. E97-A ( No. 2 ) 501 - 509  2014年02月  [査読有り]

  • Fast Mode and Depth Decision HEVC Intra Prediction Based on Edge Detection and Partitioning Reconfiguration

    Gaoxing Chen, Lei Sun, Zhenyu Liu, Takeshi Ikenaga

    International Symposium on Intelligent Signal Processing and Communication Systems (ISPACS 2013)    2013年11月  [査読有り]

  • Low-Complexity Hybrid-Domain H.264/SVC to H.264/AVC Spatial Transcoding with Drift Compensation for Videoconferencing

    Lei Sun, Zhenyu Liu, Takeshi Ikenaga

    IEICE Trans. Fundamentals   Vol. E96-A ( No. 11 ) 2142 - 2153  2013年11月  [査読有り]

  • Keypoints of Interest Based on Spatio-Temporal Feature and MRF for Cloud Recognition System

    Takahiro Suzuki, Takeshi Ikenaga

    APSIPA Annual Summit and Conference (ASC 2013)    2013年10月  [査読有り]

  • Hand Gesture Interface Using Fourier Descriptor Filter and SVM

    Lei Gu, Takeshi Ikenaga

    The 28th International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications (ITC-CSCC2013)    2013年06月  [査読有り]

  • FAST INTRA PREDICTION FOR HEVC BASED ON PIXEL GRADIENT STATISTICS AND MODE REFINEMENT

    Gaoxing Chen, Zhenyu Pei, Lei Sun, Zhenyu Liu, Takeshi Ikenaga

    IEEE China Summit and International Conference on Signal and Information Processing (ChinaSIP 2013)    2013年06月  [査読有り]

  • Low Complexity Keypoint Extraction Based on SIFT Descriptor and Its Hardware Implementation for Full-HD 60 fps Video

    Takahiro Suzuki, Takeshi Ikenaga

    IEICE Trans. Fundamentals   Vol. E96-A ( No. 6 ) 1376 - 1383  2013年06月  [査読有り]

  • Content-Aware Write Reduction Mechanism of 3D Stacked Phase-Change RAM Based Frame Store in H.264 Video Codec System

    Sanchuan Guo, Zhenyu Liu, Guohong Li, Takeshi Ikenaga, Dongsheng Wang

    IEICE Trans. Fundamentals   Vol. E96-A ( No. 6 ) 1273 - 1282  2013年06月  [査読有り]

  • A Drift-Constrained Frequency-Domain Ultra-Low-Delay H.264/SVC to H.264/AVC Transcoder with Medium-Grain Quality Scalability for Videoconferencing

    Lei Sun, Zhenyu Liu, Takeshi Ikenaga

    IEICE Trans. Fundamentals   Vol. E96-A ( No. 6 ) 1253 - 1263  2013年06月  [査読有り]

  • Local-threshold 2D-tophat Cell Segmentation for the Two-photon Confocal Microscope Image

    Xiaoyang Yuan, Lei Gu, Takeshi Ikenaga

    IAPR International COnference on Machine Vision and Applications (MVA 2013)    2013年05月  [査読有り]

  • Fast HEVC Intra Mode Decision Using Matching Edge Detector and Kernel Density Estimation Alike Histogram Generation

    Guang Chen, Zhenyu Liu, Takeshi Ikenaga, Dongsheng Wang

    IEEE International Symposium on Circuits and Systems (ISCAS 2013)    2013年05月  [査読有り]

  • A Mode-Mapping and Optimized MV Conjunction Based MGS-Scalable SVC to AVC IPPP Transcoder

    Lei Sun, Zhenyu Liu, Takeshi Ikenaga

    IEEE International Symposium on Circuits and Systems (ISCAS 2013)    2013年05月  [査読有り]

  • A Low-complexity Quantization-domain H.264/SVC to H.264/AVC Transcoder with Medium-Grain Quality Scalability

    Lei Sun, Zhenyu Liu, Takeshi Ikenaga

    19th International Conference on Multimedia Modeling (MMM 2013)    2013年01月  [査読有り]

  • A Video conferencing-oriented Hybrid-domain H.264/SVC to H.264/AVC Spatial Transcoder

    Lei Sun, Zhenyu Liu, Takeshi Ikenaga

    13rd Pacific-rim Conference on Multimedia (PCM 2012)    2012年12月  [査読有り]

  • Recovery Method based Particle Filter for Object Tracking in Complex Environment

    Yuhi Shiina, Takeshi Ikenaga

    APSIPA Annual Summit and Conference (ASC 2012)    2012年12月  [査読有り]

  • Real-Time Both Hands Tracking Using CAMshift with Motion Mask and Probability Reduction by Motion Prediction

    Ryosuke Araki, Takeshi Ikenaga, Seiichi Gohshi

    APSIPA Annual Summit and Conference (ASC 2012)    2012年12月  [査読有り]

  • SIFT-Based Low Complexity Keypoint Extraction and Its Real-Time Hardware Implementation for Full-HD Video

    Takahiro Suzuki, Takeshi Ikenaga

    APSIPA Annual Summit and Conference (ASC 2012)    2012年12月  [査読有り]

  • A Pixel-Domain Mode-Mapping based SVC-To-AVC Transcoder with Coarse Grain Quality Scalability

    Lei Sun, Zhenyu Liu, Takeshi Ikenaga

    21st International Conference on Pattern Recognition (ICPR 2012)    2012年11月  [査読有り]

  • Hand Gesture Interface Based on Improved Adaptive Hand Area Detection and Contour Signature

    Lei Gu, Xiaoyang Yuan, Takeshi Ikenaga

    International Symposium on Intelligent Signal Processing and Communication Systems (ISPACS 2012)    2012年11月  [査読有り]

  • Subjective Assessment of Reconstruction of Super Resolution Images

    Seiichi Gohshi, Hiroyuki Sekiguchi, Yoshiyasu Shimizu, Takeshi Ikenaga

    International Conference on Signal and Image Processing (ICSIP 2012)    2012年09月  [査読有り]

  • A Low Complexity ALF based on Inter-Channel Correlation between Chroma and Luma in HEVC

    Wei-Jing Chen, Lei Sun, Lei Gu, Zhenyu Liu, Takeshi Ikenaga

    The 14th IASTED International Conference on Signal and Image Processing (SIP 2012)    2012年08月  [査読有り]

  • Low-Complexity Coarse-Level Mode-Mapping Based H.264/AVC to H.264/SVC Spatial Transcoding for Video Conferencing

    Lei Sun, Jie Leng, Jia Su, Yiqing Huang, Hiroomi Motohashi, Takeshi Ikenaga

    IEICE Trans. Inf. & Syst.   Vol. E95-D ( No. 5 ) 1313 - 1323  2012年05月  [査読有り]

  • Lagrangian Multiplier Optimization Using Markov Chain Based Rate and Piecewise Approximated Distortion Models

    Zhenyu Liu, Dongsheng Wang, Junwei Zhou, Takeshi Ikenaga

    Data Compression Conference (DCC12)    2012年04月  [査読有り]

  • Corner Detection Based Low Complexity SIFT Algorithm for Real-time Keypoints Matching

    Takahiro Suzuki, Takeshi Ikenaga

    RISP International Workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing (NCSP 2012)    2012年03月  [査読有り]

  • Lagrangian Multiplier Optimization using Correlations in Residues

    Zhenyu Liu, Dongsheng Wang, Junwei Zhou, Takeshi Ikenaga

    IEEE International Conference on Acoustics, Speech, and Signal Processing (ICASSP 2012)    2012年03月  [査読有り]

  • Adaptive-Motion-Detection-Based Skip-Mode Predecision in Motion Estimation for Video Surveillance

    Jia Su, Takeshi Ikenaga

    Journal of Signal Processing   Vol. 16 ( No. 1 ) 67 - 78  2012年01月  [査読有り]

  • Reversed Intra Prediction Based On Chroma Extraction In HEVC

    Wei Jing Chen, Jia Su, Bin Li, Takeshi Ikenaga

    International Symposium on Intelligent Signal Processing and Communication Systems (ISPACS 2011)    2011年12月  [査読有り]

  • Dual Model Particle Filter for Irregular Moving Object Tracking in Sports Scenes

    Yuhi Shiina, Takeshi Ikenaga

    APSIPA Annual Summit and Conference (ASC 2011)    2011年10月  [査読有り]

  • Real-time Hands Tracking Using Feature Point Gathering based on KLT Tracker for Man-Machine Interface

    Ryosuke Araki, Takeshi Ikenaga

    APSIPA Annual Summit and Conference (ASC 2011)    2011年10月  [査読有り]

  • Video Conferencing Oriented Low-Complexity Coarse-Level Mode-Mapping Based H.264/AVC to H.264/SVC Spatial Transcoding

    Lei Sun, Jie Leng, Jia Su, Yiqing Huang, Hiroomi Motohashi, Takeshi Ikenaga

    APSIPA Annual Summit and Conference (ASC 2011)    2011年10月  [査読有り]

  • Low Complexity Quadtree based All Zero Block Detection Algorithm for HEVC

    Jia Su, Yiqing Huang, Lei Sun, Shinichi Sakaida, Takeshi Ikenaga

    APSIPA Annual Summit and Conference (ASC 2011)    2011年10月  [査読有り]

  • Content Based Coarse to Fine Adaptive Interpolation Filter for High Resolution Video Coding

    Jia Su, Yiqing Huang, Lei Sun, Shinichi Sakaida, Takeshi Ikenaga

    IEICE Trans. Fundamentals   Vol. E94-A ( No. 10 ) 2013 - 2021  2011年10月  [査読有り]

  • 2重モデルに基づくパーティクルフィルタを用いた不規則運動物体の追跡

    椎名 雄飛, 池永 剛

    画像電子学会誌   Vol. 40 ( No. 5 ) 823 - 832  2011年09月  [査読有り]

  • マンマシンインタフェースを対象としたKLT Trackerの特徴点集合による両手領域追跡

    荒木良介, 池永 剛

    画像電子学会誌   Vol. 40 ( No. 5 ) 833 - 841  2011年09月  [査読有り]

  • Fast H.264/AVC DIRECT Mode Decision Based on Mode Selection and Predited Rate-Distortion Cost

    Xiaocong Jin, Jun Sun, Yiqing Huang, Jia Su, Takeshi Ikenaga

    IEICE Trans. Electron   Vol. E94-D ( No. 8 ) 1653 - 1662  2011年08月  [査読有り]

  • Adaptive Fast Direct Mode Decision Algorithm using Mode and Lagrangian Cost Rrediction for B Frame in H.264/AVC

    Xiaocong Jin, Jun Sun, Yiqing Huang, Jia Su, Takeshi Ikenaga

    IEEE International Conference on Multimedia & Expo (ICME 2011)    2011年07月  [査読有り]

  • Coarse to Fine Adaptive Interpolation Filter for High Resolution Video Coding

    Jia Su, Yiqing Huang, Lei Sun, Shinichi Sakaida, Takeshi Ikenaga

    IEEE International Conference on Multimedia & Expo (ICME 2011)    2011年07月  [査読有り]

  • Content Based Hierarchical Fast Coding Unit Decision Algorithm For HEVC

    Jie Leng, Lei Sun, Takeshi Ikenaga, Shinichi Sakaida

    International Conference on Multimedia and Signal Processing (CMSP 2011)    2011年05月  [査読有り]

  • Register Length Analysis and VLSI Optimization of VBS Hadamard Transform in H.264/AVC

    Zhenyu Liu, Junwei Zhou, Dongsheng Wang, Takeshi Ikenaga

    IEEE TRANSACTIONS ON CIRCUITS AND SYSTEMS FOR VIDEO TECHNOLOGY   21 ( 5 ) 601 - 610  2011年05月  [査読有り]

     概要を見る

    Fidelity range extensions of H.264/AVC adopt variable block size (VBS) transform techniques to employ 8x8/4x4 Hadamard transforms adaptively during the fractional motion estimation. In this literature, the hardwired VBS Hadamard transform accelerator is developed with the following contributions: 1) developed a hardware reusing scheme between 8x8 and 4 x 4 transforms within the architecture design; 2) devised the intermediate bit-truncation algorithm to reduce the hardware cost while maintaining the computational precision well; and 3) reduced the bit-width of sum of absolute transformed differences (SATD) value as compared to the primitive implementation, resulting in optimization in both power and hardware cost for the SATD generator implementation. With TSMC 0.18 mu m CMOS technology, the experiments demonstrate that for each VBS Hadamard transform engine, 13.0-30.4% saving in hardware cost and 12.6-32.4% saving in power consumption are achieved, whereas the incurred coding quality loss is less than 0.2089 dB in terms of BDPSNR. From the aspect of the whole encoder implementation, and considering the parallelism in searching factional pixel candidates, the proposed strategies garner 2.0-3.9% overall gate count reduction.

    DOI

  • A Novel Cache Replacement Policy via Dynamic Adaptive Insertion and Re-Reference Prediction

    Xi Zhang, Chongmin Li, Zhenyu Liu, Haixia Wang, Dongsheng Wang, Takeshi Ikenaga

    IEICE TRANSACTIONS ON ELECTRONICS   E94C ( 4 ) 468 - 476  2011年04月  [査読有り]

     概要を見る

    Previous research illustrates that LRU replacement policy is not efficient when applications exhibit a distant re-reference interval. Recently RRIP policy is proposed to improve the performance for such kind of workloads. However, the lack of access recency information in RRIP confuses the replacement policy to make the accurate prediction. To enhance the robustness of RRIP for recency-friendly workloads, we propose an Dynamic Adaptive Insertion and Re-reference Prediction (DAI-RRP) policy which evicts data based on both re-reference prediction value and the access recency information. DAI-RRP makes adaptive adjustment on insertion position and prediction value for different access patterns, which makes the policy robust across different workloads and different phases. Simulation results show that DAI-RRP outperforms LRU and RRIP. For a single-core processor with a 1 MB 16-way set last-level cache (LLC), DAI-RRP reduces CPI over LRU and Dynamic RRIP by an average of 8.1% and 2.7% respectively. Evaluations on quad-core CMP with a 4 MB shared LLC show that DAI-RRP outperforms LRU and Dynamic RRIP (DRRIP) on the weighted speedup Metric by an average of 8.1% and 15.7% respectively. Furthermore, compared to LRU, DAI-RRP consumes the similar hardware for 16-way cache, or even less hardware for high-associativity cache. In summary, the proposed policy is practical and can be easily integrated into existing hardware approximations of LRU.

    DOI

  • Highly Parallel and Fully Reused H.264/AVC High Profile Intra Predictor Generation Engine for Super Hi-Vision 4k4k@60 fps

    Yiqing Huang, Xiaocong Jin, Jin Zhou, Jia Su, Takeshi Ikenaga

    IEICE Trans. Electron   Vol. E94-C ( No. 4 ) 468 - 476  2011年04月  [査読有り]

  • Multi Objective Optimization based Fast Motion Detector

    Jia Su, Xiaocong Jin, Takeshi Ikenaga

    The 17th International Conference on Multimedia Modeling (MMM2011)    2011年01月  [査読有り]

  • Rate-Distortion Optimization based Skip Mode Early Detection in H.264

    Qin Liu, Takeshi Ikenaga

    International Symposium on Intelligent Signal Processing and Communication Systems (ISPACS 2010)    2010年12月  [査読有り]

  • Content based Low-Complexity Mode Decision using Super Macroblock for Next Generation Coding Standard

    Jie Leng, Shinichi Sakaida, Takeshi Ikenaga

    APSIPA Annual Summit and Conference (ASC 2010)    2010年12月  [査読有り]

  • One Pass Enhanced Adaptive Interpolation for High-Resolution Video Coding

    Jia Su, Shinichi Sakaida, Takeshi Ikenaga

    APSIPA Annual Summit and Conference (ASC 2010)    2010年12月  [査読有り]

  • Architecture and Circuit Optimization of Hardwired Integer Motion Estimation Engine for H.264/AVC

    Zhenyu Liu, Dongsheng Wang, Takeshi Ikenaga

    IEICE Trans. Fundamentals   Vol. E93-A ( No. 11 ) 2065 - 2073  2010年11月  [査読有り]

  • 動きを考慮したKLT Tracker特徴点選択アルゴリズムとそのハードウェアエンジンの実現

    佐々木 毅, 河根 広大, 池永 剛

    The Journal of the IIEEJ (画像電子学会誌)   Vol. 39 ( No. 5 ) 590 - 597  2010年09月  [査読有り]

  • Low Complexity Mode Depended Local Adaptive Interpolation Filter for Next Generation Video Coding

    Jin Zhou, Shinichi Sakaida, Takeshi Ikenaga

    Signal and Image Processing (SIP 2010)    2010年09月  [査読有り]

  • Low Complexity Homography Matrix based SIFT for Real-time 2D Rigid Object Tracking

    Ying Lu, Chengjiao Guo, Jingbang Qiu, Takeshi Ikenaga

    Signal and Image Processing (SIP 2010)    2010年09月  [査読有り]

  • Multiple Likelihoods and State Noises Based Particle Filter for Long-lived Full Occlusion Handling

    Chengjiao Guo, Ying Lu, Xiangzhong Fang, Takeshi Ikenaga

    Signal and Image Processing (SIP 2010)    2010年09月  [査読有り]

  • Multiple Likelihood Models based Particle Filter for Long-term Full Occlusion

    Chengjiao Guo, Ying Lu, Takeshi Ikenaga

    The Journal of the IIEEJ (画像電子学会誌)   Vol. 39 ( No. 5 ) 580 - 589  2010年09月  [査読有り]

  • 未来を切り拓く最先端 VLSI テクノロジー : 1.メディア処理における超低消費電力SoC技術

    後藤 敏, 池永 剛, 吉村 猛, 木村 晋二, 戸川 望

    情報処理   Vol. 51 ( No. 7 ) 837 - 845  2010年07月  [招待有り]

  • Constant Bit-Rate Multi-Stage Rate Control for Rate-Distortion Optimized H.264/AVC Encoders

    Shuijiong Wu, Peilin Liu, Yiqing Huang, Qin Liu, Takeshi Ikenaga

    IEICE Trans. Inf. & Syst.   Vol. E93-D ( No. 7 ) 1716 - 1726  2010年07月  [査読有り]

  • Complicated Scene Retrieval Using Block Voting Mechanism and Weak Feature Selection Based on Bag-of-Features

    Bingrong Wang, Lei Sun, Jia Su, Takeshi Ikenaga

    4th International Conference on New Trends in Information Science and Service Science (NISS2010)    2010年05月  [査読有り]

  • Robust Online Tracking Using Orientation and Color Incorporated Adaptive Models in Particle Filter

    Cheng Guo, Ying Lu, Takeshi Ikenaga

    4th International Conference on New Trends in Information Science and Service Science (NISS2010)    2010年05月  [査読有り]

  • Estimation-Correction Scheme based Articulated Object Tracking using SIFT Features and Mean Shift Algorithm

    Ying Lu, Chengjiao Guo, Takeshi Ikenaga

    4th International Conference on New Trends in Information Science and Service Science (NISS2010)    2010年05月  [査読有り]

  • 北九州だより グローバルな情報化社会に向けたグローバルな人材育成を目指して

    池永 剛

    IEICE Fundamentals Review   Vol. 3 ( No. 4 )  2010年04月  [査読有り]

  • Real-time Non-rigid Object Tracking Using CAMShift with Weighted Back Projection

    Lei Sun, Bingrong Wang, Takeshi Ikenaga

    International Conference on Computational Science and Applications (ICCSA 2010)    2010年03月  [査読有り]

  • Linear Divided Difference Filter and Weighted Erosion Filter based Fast Motion Estimation Algorithm

    Jia Su, Qin Liu, Takeshi Ikenaga

    International Conference on Computational Science and Applications (ICCSA 2010)    2010年03月  [査読有り]

  • Highly Parallel Fractional Motion Estimation Engine for Super Hi-Vision 4k×4k@60fps

    Yiqing Huang, Takeshi Ikenaga

    IEICE Trans. Electron   E93C ( 3 ) 244 - 252  2010年03月  [査読有り]

    DOI

  • Adaptively Adjusted Gaussian Mixture Models for Surveillance Applications

    Tianci Huang, Xiangzhong Fang, Jingbang Qiu, Takeshi Ikenaga

    The Sixteen International Conference on Multimedia Modeling (MMM2010)    2010年01月  [査読有り]

  • Fully Utilized and Low Design Effort Architecture for H.264/AVC Intra Predictor Generation

    Yiqing Huang, Qin Liu, Takeshi Ikenaga

    The Sixteen International Conference on Multimedia Modeling (MMM2010)    2010年01月  [査読有り]

  • 8x8 transformation based all zero block detection for H.264/AVC encoder

    Jia Su, Qin Liu, Takeshi Ikenaga

    The Journal of the IIEEJ (画像電子学会誌)   Vol. 39 ( No. 1 ) 12 - 22  2010年01月  [査読有り]

  • Motion Detection Based Motion Estimation Algorithm for Video Surveillance Application

    Jia Su, Qin Liu, Takeshi Ikenaga

    International Symposium on Intelligent Signal Processing and Communication Systems (ISPACS 2009)    2009年12月  [査読有り]

  • Fast Spatial Direct Mode Decision for B Slice Based on Temporal Information in H.264 Standard

    Xiaocong Jin, Yiqing Huang, Qin Liu, Shuijiong Wu, Takeshi Ikenaga

    International Symposium on Intelligent Signal Processing and Communication Systems (ISPACS 2009)    2009年12月  [査読有り]

  • Macroblock and Motion Feature Analysis to H.264/AVC Fast Inter Mode Decision

    Yiqing Huang, Qin Liu, Shuijiong Wu, Zhewen Zheng, Takeshi Ikenaga

    IEICE Trans. Fundamentals   Vol. E92-A ( No. 12 ) 3361 - 3368  2009年12月  [査読有り]

  • Hardware Optimizations of Variable Block Size Hadamard Transform for H.264/AVC FRExt

    Zhenyu Liu, Takeshi Ikenaga

    International Conference on Image Processing (ICIP2009)    2009年11月  [査読有り]

  • Macroblock Feature and Motion Involved Multi-stage Fast Inter Mode Decision Algorithm in H.264/AVC Video Coding

    Yiqing Huang, Qin LIU, Takeshi Ikenaga

    International Conference on Image Processing (ICIP2009)    2009年11月  [査読有り]

  • Architecture Optimization for H.264/AVC Propagate Partial SAD Engine in HDTV Application

    Yiqing Huang, Takeshi Ikenaga

    International SoC Design Conference (ISOCC2009)    2009年11月  [査読有り]

  • Adaptive Sub-sampling based Reconfigurable SAD Tree Architecture for HDTV

    Yiqing Huang, Qin Liu, Satoshi Goto, Takeshi Ikenaga

    IEICE Trans. Fundamentals   Vol. E92-A ( No. 11 ) 2819 - 2829  2009年11月  [査読有り]

  • On Bit Allocation and Lagrange Multiplier Adjustment for Rate-Distortion Optimized H.264 Rate Control

    Shuijiong Wu, Peilin Liu, Yiqing Huang, Qin Liu, Takeshi Ikenaga

    IEEE 2009 International Workshop on Multimedia Signal Processing (MMSP-09)    2009年10月  [査読有り]

  • Highly Parallel Fractional Motion Estimation Engine for Super Hi-Vision 4kx4k@60fps

    Yiqing Huang, Qin LIU, Takeshi Ikenaga

    IEEE 2009 International Workshop on Multimedia Signal Processing (MMSP-09)    2009年10月  [査読有り]

  • Analysis of Adaptive Algorithm to Power Aware Designs for H.264/AVC Integer Motion Estimation Engine in HDTV Application (Invited talk)

    Yiqing Huang, Takeshi Ikenaga

    8th International Conference on ASIC (ASICON2009)    2009年10月  [査読有り]  [招待有り]

  • Parallel Improved Low Design Effort H.264/AVC Fractional Motion Estimation Engine for Super Hi-Vision Application

    Yiqing Huang, Takeshi Ikenaga

    8th International Conference on ASIC (ASICON2009)    2009年10月  [査読有り]

  • 実時間KLT Tracker向きハードウェアエンジンの実現

    坂寄貴宏, 池永 剛

    画像電子学会誌   Vol. 38 ( No. 5 ) 656 - 663  2009年09月  [査読有り]

  • A FPGA-Based Real-Time Hardware Accelerator for Orientation Calculation Part in SIFT

    Jingbang Qiu, Ying Lu, Tianci Huang, Takeshi Ikenaga

    5th International Conference on Intelligent Information Hiding and Multimedia Signal Processing (IIHMSP-2009)    2009年09月  [査読有り]

  • Temporal Cooperated Gaussian Mixture Models for Real-time Surveillance with Ghost Detection

    Tianci Huang, Chengjiao Guo, Qingbang Qiu, Takeshi Ikenaga

    5th International Conference on Intelligent Information Hiding and Multimedia Signal Processing (IIHMSP-2009)    2009年09月  [査読有り]

  • A 7-Round Parallel Hardware-Saving Accelerator for Gaussian and DoG Pyramid Construction Part in SIFT

    Jingbang Qiu, Tianci Huang, Takeshi Ikenaga

    9th Asian Conference on Computer Vision (ACCV 2009)    2009年09月  [査読有り]

  • Rate-Distortion Optimized Multi-Stage Rate Control Algorithm for H.264/AVC Video Coding

    Shuijiong Wu, Yiqing Huang, Qin Liu, Takeshi Ikenaga

    17th European Signal Processing Conference (EUSIPCO 2009)    2009年08月  [査読有り]

  • 二一世紀 アンビエント情報化社会の実現に向けて

    池永 剛

    早稲田学報   ゲンダイを読む第17回  2009年08月

  • Fast Inter Mode Decision Algorithm Based On Macroblock and Motion Feature Analysis For H.264/AVC Video Coding

    Yiqing Huang, Qin Liu, Takeshi Ikenaga

    17th European Signal Processing Conference (EUSIPCO 2009)    2009年08月  [査読有り]

  • Rate-Distortion Optimized Multi-Stage Rate Control Algorithm for H.264/AVC Video Coding

    Shuijiong Wu, Yiqing Huang, Qin Liu, Takeshi Ikenaga

    17th European Signal Processing Conference (EUSIPCO 2009)    2009年08月  [査読有り]

  • A Foreground Extraction Algorithm Based on Adaptively Adjusted Gaussian Mixture Models

    Tianci Huang, Qingbang Qiu, Takeshi Ikenaga

    5th International Conference on Digital Content, Multimedia Technology and its Applications (IDC 2009)    2009年08月  [査読有り]

  • A FPGA-Based Dual-Pixel Processing Pipelined Hardware Accelerator for Feature Point Detection Part in SIFT

    Jingbang Qiu, Tianci Huang, Takeshi Ikenaga

    5th International Conference on Digital Content, Multimedia Technology and its Applications (IDC 2009)    2009年08月  [査読有り]

  • VLSI Oriented Fast Motion Estimation Algorithm Based On Pixel Difference, Block Overlapping And Motion Feature Analysis

    Yiqing Huang, Qin Liu, Satoshi Goto, Takeshi Ikenaga

    IEICE Trans. Fundamentals   Vol. E92-A ( No. 8 ) 1986 - 1999  2009年08月  [査読有り]

  • Motion Estimation Optimization for H.264/AVC Using Source Image Edge Features

    Zhenyu Liu, Junwei Zhou, Satoshi Goto, Takeshi Ikenaga

    IEEE TRANSACTIONS ON CIRCUITS AND SYSTEMS FOR VIDEO TECHNOLOGY   19 ( 8 ) 1095 - 1107  2009年08月  [査読有り]

     概要を見る

    The H.264/AVC coding standard processes variable block size motion-compensated prediction with multiple reference frames to achieve a pronounced improvement in compression efficiency. Accordingly, the computation of motion estimation increases in proportion to the product of the number of reference frame and the number of intermode. The mathematical analysis in this paper illustrates that the motion-compensated prediction errors are mainly determined by the detailed textures in the source image. The image block being rich in textures contains numerous high-frequency signals, which make variable block size and multiple reference frame techniques essential. On the basis of rate-distortion theory, in this paper, the spatial homogeneity of an image block is made as a relative concept with respect to the current quantization step. For the homogenous block, its futile reference frames and intermodes can be eliminated efficiently. It is further revealed that the sum of absolute differences value of an image block is mainly determined by the sum of its edge gradient amplitude and the current quantization step. Consequently, the image content-based early termination algorithm is proposed, and it outperforms the original method adopted by JVT reference software. Moreover, the dynamic search range algorithm based on the edge gradient amplitude of source image block is analyzed. One eminent advantage of the proposed edge-based algorithms is their efficiency to the macroblock-pipelining architecture, and another desirable feature is their orthogonality to fast block-matching algorithms. Experimental results show that when these algorithms are integrated with hybrid unsymmetrical-cross multi-hexagongrid search, an averaged 31.4-60.0% motion estimation time can be saved, whereas the averaging BDPSNR loss is 0.0497 dB for all tested sequences.

    DOI

  • Intra Mode Decision for Reducing Block Types and Prediction Modes Based on Edge Information in H.264/AVC

    Zhewen Zheng, Yiqing Huang, Qin Liu, Takeshi Ikenaga

    The 24th International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications (ITC-CSCC2009)    2009年07月  [査読有り]

  • Bit-Usage Analysis Based Frame Layer QP Adjustment for H.264/AVC Rate Control at Low Bit-Rate

    Shuijiong Wu, Yiqing Huang, Qin Liu, Takeshi Ikenaga

    The 24th International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications (ITC-CSCC2009)    2009年07月  [査読有り]

  • Spatial Feature Based Reconfigurable H.264/AVC Integer Motion Estimation Architecture for HDTV Video Encoder

    Yiqing Huang, Qin Liu, Takeshi Ikenaga

    16th International Conference on Digital Signal Processing (DSP2009)    2009年07月  [査読有り]

  • Content aware configurable architecture for H.264/AVC integer motion estimation engine

    Yiqing Huang, Qin Liu, Takeshi Ikenaga

    IEEE International Conference on Multimedia & Expo (ICME 2009)    2009年06月  [査読有り]

  • A Hardware Accelerator with Variable Pixel Representation & Skip Mode Prediction for Feature Point Detection Part of SIFT Algorithm

    Jingbang Qiu, Tianci Huang, Yiqing Huang, Takeshi Ikenaga

    IAPR Conference on Machine Vision Applications (MVA 2009)    2009年05月  [査読有り]

  • Robust Background Segmentation Using Background Models for Surveillance Application

    anci Huang, Jingbang Qiu, Takahiro Sakayori, Takeshi Ikenaga

    IAPR Conference on Machine Vision Applications (MVA 2009)    2009年05月  [査読有り]

  • Reconfigurable SAD Tree Architecture based on Adaptive Sub-sampling in HDTV Application

    Yiqing Huang, Qin Liu, Satoshi Goto, Takeshi Ikenaga

    ACM GLSVLSI 2009    2009年05月  [査読有り]

  • An Ultra-Low Bandwidth Design Method for MPEG-2 to H.264/AVC Transcoding

    Xianghui Wei, Takeshi Ikenaga, Satoshi Goto

    IEICE Trans. Fundamentals   Vol. E92-A ( No. 4 ) 1072 - 1079  2009年04月  [査読有り]

  • Hardware-Oriented Early Detection Algorithms for 4 x 4 and 8 x 8 All-Zero Blocks in H.264

    Qin Liu, Yiqing Huang, Satoshi Goto, Takeshi Ikenaga

    IEICE TRANSACTIONS ON FUNDAMENTALS OF ELECTRONICS COMMUNICATIONS AND COMPUTER SCIENCES   E92A ( 4 ) 1063 - 1071  2009年04月  [査読有り]

     概要を見る

    H.264 is the latest HDTV video compression standard, which provides a significant improvement in coding efficiency at the cost of huge computation complexity. After transform and quantization, if all the coefficients of the block's residue data are zero, this block is called all-zero block (AZB). Provided that an AZB can be detected early, the process of transform and quantization on an AZB can be skipped, which reduces significant redundant Computations. In this paper, a theoretical analysis is performed for the sufficient condition for AZB detection. As a result, a partial sum of absolute difference (SAD) based 4 x 4 AZB detection algorithm is derived. And then, a hardware-oriented AZB detection algorithm is proposed by modifying the order of SAD calculation. Furthermore, a quantization parameter (QP) oriented 8 x 8 AZB detection algorithm is proposed according to the AZB's statistical analysis. Experimental results show that the proposed algorithm outperforms the previous methods in all cases and achieves major improvement of computation reduction in the range from 6.7% to 42.3% for 4 x 4 blocks, from 0.24% to 79.48% for 8 x 8 blocks. The computation reduction increases as QP increases.

    DOI

  • Hardware Accelerator for Feature Point Detection Part of SIFT Algorithm & Corresponding Hardware-Friendly Modification

    Jingbang Qiu, Takeshi Ikenaga, Tianci Huang

    The 15th Workshop on Synthesis And System Integration of Mixed Information technologies (SASIMI 2009)    2009年03月  [査読有り]

  • Motion Detection Based On Background Modeling And Performance Analysis For Outdoor Surveillance

    Tianci Huang, Jingbang Qiu, Takahiro Sakayori, Satoshi Goto, Takeshi Ikenaga

    International Conference on Computer modeling and simulation (ICCMS2009)    2009年02月  [査読有り]

  • A Macroblock-Level Rate Control Algorithm for H.264/AVC Video Coding with Context-Adaptive MAD Prediction Model

    Wu Shuijiong, Huang Yiqing, Ikenaga Takeshi

    International Conference on Computer modeling and simulation (ICCMS2009)    2009年02月  [査読有り]

  • A high throughput LDPC decoder design based on novel delta-value message-passing schedule

    Wen Ji, Xing Li, Takeshi Ikenaga, Satoshi Goto

    IPSJ Transactions on System LSI Design Methodology   2   122 - 130  2009年  [査読有り]

     概要を見る

    In this paper, we propose a partially-parallel irregular LDPC decoder for IEEE 802.11n standard targeting high throughput applications. The proposed decoder has several merits: (i) The decoder is designed based on a novel deltavalue based message passing algorithm which facilitates the decoding throughput by redundant computation removal. (ii) Techniques such as binary sorting, parallel column operation, high performance pipelining are used to further speed up the message-passing procedure. The synthesis result in TSMC 0.18 CMOS technology demonstrates that for (648,324) irregular LDPC code, our decoder can achieve 8 times increasement in throughput, reaching 418 Mbps at the frequency of 200 MHz. © 2009 Information Processing Society of Japan.

    DOI

  • A low bandwidth Integer Motion Estimation module for MPEG-2 to H.264 transcoding

    Xianghui Wei, Takeshi Ikenaga, Satoshi Goto

    IPSJ Transactions on System LSI Design Methodology   2   114 - 121  2009年  [査読有り]

     概要を見る

    A low-bandwidth Integer Motion Estimation (IME) module is proposed for MPEG-2 to H.264 transcoding. Based on bandwidth reduction method proposed in Ref. 1), a ping-pang memory control scheme combined with Partial Sum of Absolute Differences (SAD) Variable Block Size Motion Estimation (VBSME) architecture are realized. Experiment results show bandwidth of the proposed architecture is 70.6% of H.264 regular IME (Level C+ scheme, 2 Macro Block (MB) stitched vertically), while the on-chip memory size is 11.7% of that. © 2009 Information Processing Society of Japan.

    DOI

  • Macroblock feature based adaptive propagate partial SAD architecture for HDTV application

    Yiqing Huang, Qin Liu, Takeshi Ikenaga

    IPSJ Transactions on System LSI Design Methodology   2   263 - 273  2009年  [査読有り]

     概要を見る

    A macroblock (MB) feature based adaptive propagate partial SAD architecture is proposed in this paper. Firstly, by using edge detection operator, the homogeneous MB is detected before motion estimation and three hardware friendly subsampling patterns are adaptively selected for MB with different homogeneity. The proposed architecture uses four different processing elements to realize adaptive subsampling scheme. Secondly, in order to achieve data reuse and power reduction in memory part, the reference pixels in search window are reorganization into two memory groups, which output pixel data interactively for adaptive subsampling. Moreover, a compressor tree based circuit level optimization is included in our design to reduce hardware cost. Synthesized with TSMC 0.18 um technology, averagely 10 k gates hardware can be reduced for the whole IME engine based on our optimization. With 481 k gates at 110.5 MHz, an 720-p, 30-fps HDTV integer motion estimation engine is designed. Compared with previous work, our design can achieve 39.8% reduction in power consumption with only 3.44% increase in hardware. © 2009 Information Processing Society of Japan.

    DOI

  • Compressor Tree Based Processing Element Optimization in Propagate Partial Sad Architecture

    Yiqing Huang, Qin Liu, Takeshi Ikenaga

    IEEE Asia-Pacific Conference on Circuits and Systems (APCCAS2008)    2008年12月  [査読有り]

  • High Throughput VLSI Architecture of a Fast Mode Decision Algorithm for H.264/AVC Intra Encoding

    Tianruo Zhang, Guifen Tian, Takeshi Ikenaga, Satoshi Goto

    IEICE Trans. Fundamentals   Vol. E91-A ( No. 12 ) 3630 - 3637  2008年12月  [査読有り]

  • A High Performance Partially-Parallel Irregular LDPC Decoder Based on Sum-Delta Message Passing Schedule

    Wen Ji, Yuta Abe, Takeshi Ikenaga, Satoshi Goto

    IEICE Trans. Fundamentals   Vol. E91-A ( No. 12 ) 3622 - 3629  2008年12月  [査読有り]

  • A 820 Mb/s Baseband Processor LSI based on LDPC Coded OFDM for UWB Systems

    Shinsuke Ushiki, Koichi Nakamura, Kazunori Shimizu, Qi Wang, Yuta Abe, Satoshi Goto, Takeshi Ikenaga

    IEEE Asian Solid-State Circuits Conference (A-SSCC 2008)    2008年11月  [査読有り]

  • Optimized 2-D SAD Tree Architecture of Integer Motion Estimation for H.264/AVC

    Yibo FAN, Takeshi Ikenaga, Satoshi Goto

    16th IFIP/IEEE international conference on very large scale integration (VLSI-SoC 2008)    2008年10月  [査読有り]

  • A Motion Vector Difference based Self-Incremental Adaptive Search Range Algorithm for Variable Block Size Motion Estimation

    Zhenxing Chen, Qin Liu, Takeshi Ikenaga, Satoshi Goto

    IEEE International Conference on Image Processing (ICIP2008)    2008年10月  [査読有り]

  • Early Detection Algorithms for 8×8 All-Zero Blocks in H.264/AVC

    Qin Liu, Yiqing Huang, Takeshi Ikenaga

    IEEE 2008 International Workshop on Multimedia Signal Processing (MMSP-08)    2008年10月  [査読有り]

  • Optimization of Propagete Partial SAD and SAD Tree Motion Estimation Hardwired Engine for H.264

    Zhenyu Liu, Satoshi Goto, Takeshi Ikenaga

    IEEE International Conference on Computer Design (ICCD 2008)    2008年10月  [査読有り]

  • Macroblock Feature based Complexity Reduction for H.264/AVC Motion Estimation

    Yiqing Huang, Qin Liu, Takeshi Ikenaga

    IEICE Trans. Fundamentals   Vol. E91-A ( No. 10 ) 2934 - 2944  2008年10月  [査読有り]

  • Variable Block Size Motion Vector Retrieval Schemes for H.264 Inter Frame Error Concealment

    Lei Wang, Jun Wang, Satoshi Goto, Takeshi Ikenaga

    IEICE Trans. Fundamentals   Vol. E91-A ( No. 10 ) 2945 - 2953  2008年10月  [査読有り]

  • Standard deviation and Intra prediction mode based Adaptive Spatial Error Concealment (SEC) in H.264/AVC

    Jun Wang, Lei Wang, Takeshi Ikenaga, Satoshi Goto

    IEICE Trans. Fundamentals   Vol. E91-A ( No. 10 ) 2954 - 2953  2008年10月  [査読有り]

  • 適応的な画素間引きと計算予測打ち切りによる超低計算量動き検出アルゴリズム

    平塚 誠一郎, 後藤 敏, 池永 剛

    電子情報通信学会論文誌D   Vol. J91-D ( No. 8 ) 2080 - 2088  2008年08月  [査読有り]

  • Fast VBSME Design using Reconfigurable Hardware Architecture and Search Range Reduction

    Yibo Fan, Takeshi Ikenaga, Satoshi Goto

    The 10th IASTED International Conference on Signal and Image Processing (SIP 2008)    2008年08月  [査読有り]

  • Half Pixel Cost Distribution based Simplified Fractional Motion Estimation

    Yiqing Huang, Qin Liu, Takeshi Ikenaga

    The 10th IASTED International Conference on Signal and Image Processing (SIP 2008)    2008年08月  [査読有り]

  • VLSI Oriented Group-based Algorithm for Multiply reference Frame Fractional Motion Estimation in H.264/AVC

    Wenqi You, Yao Ma, Yang Song, Yan Zhuang, Takeshi Ikenaga, S. Goto

    The 10th IASTED International Conference on Signal and Image Processing (SIP 2008)    2008年08月  [査読有り]

  • 4 x 4 SAD and SATD based all Zero Block Detection Algorithm in H.264/AVC

    Qin Liu, Yiqing Huang, Takeshi Ikenaga

    The 10th IASTED International Conference on Signal and Image Processing (SIP 2008)    2008年08月  [査読有り]

  • Bandwidth Reduction Schemes for MPEG-2 to H.264 Transcoder Design

    Xianghui Wei, Wenqi You, Gui-fen Tian, Yan Zhuang, Takeshi Ikenaga, Satoshi Goto

    16th European Signal Processing Conference (EUSIPCO 2008)    2008年08月  [査読有り]

  • Early Detection Algorithms for 4x4 and 8x8 All-Zero Blocks in H.264/AVC

    Qin Liu, Yiqing Huang, Takeshi Ikenaga

    16th European Signal Processing Conference (EUSIPCO 2008)    2008年08月  [査読有り]

  • Edge Block Detection and Motion Vector Information Based Fast VBSME Algorithm

    Qin Liu, Yiqing Huang, Satoshi Goto, Takeshi Ikenaga

    IEICE Trans. Fundamentals   Vol. E91-A ( No. 8 ) 1935 - 1943  2008年08月  [査読有り]

  • Content-Aware Fast Motion Estimation for H.264/AVC

    Zhenyu Liu, Satoshi Goto, Takeshi Ikenaga

    IEICE Trans. Fundamentals   Vol. E91-A ( No. 8 ) 1944 - 1952  2008年08月  [査読有り]

  • 8x8 transformation based all zero block detection for H.264/AVC encoder

    Jia Su, Qin Liu, Satoshi Goto, Takeshi Ikenaga

    The 23rd International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications (ITC-CSCC2008)    2008年07月  [査読有り]

  • A Novel Rate Control Algorithm for H.264/AVC

    Zhao Min, Takeshi Ikenaga, Satoshi Goto

    The 23rd International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications (ITC-CSCC2008)    2008年07月  [査読有り]

  • A Novel Rate Control Algorithm for H.264/AVC

    Zhao Min, Takeshi Ikenaga, Satoshi Goto

    The 23rd International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications (ITC-CSCC2008)    2008年07月  [査読有り]

  • 8x8 transformation based all zero block detection for H.264/AVC encoder

    Jia Su, Qin Liu, Satoshi Goto, Takeshi Ikenaga

    The 23rd International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications (ITC-CSCC2008)    2008年07月  [査読有り]

  • A Power-Saving 1GBPS Irregular LDPC Decoder based on High-Efficiency Message-Passing

    Wenming Tang, Wen Ji, Xianghui Wei, Takeshi Ikenaga, Satoshi Goto

    The 23rd International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications (ITC-CSCC2008)    2008年07月  [査読有り]

  • A Resource Preserved MAC Protocol for QoS Provided UWB Ad Hoc Network

    Jiachen Zhou, Yiqing Huang, Takeshi Ikenaga

    The 23rd International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications (ITC-CSCC2008)    2008年07月  [査読有り]

  • An Extended Small Diamond Search Algorithm for Fast Block Motion Estimation

    Chang-Uk Jeong, Takeshi Ikenaga, Satoshi Goto

    The 23rd International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications (ITC-CSCC2008)    2008年07月  [査読有り]

  • An adaptive Spatial Error Concealment (SEC) with more accurate MB type decision in H.264/AVC

    Jun Wang, Lei Wang, Takeshi Ikenaga, Satoshi Goto

    The 5th IET Visual Information Engineering 2008 Conference (VIE'08)    2008年07月  [査読有り]

  • An Adaptive Spatial Error Concealment for H.264/AVC Video Stream

    Jun Wang, Lei Wang, Takeshi Ikenaga, Satoshi Goto

    International Conference on Signal Processing and Multimedia Application (SIGMAP2008)    2008年07月  [査読有り]

  • A Low-cost Reconfigurable Architecture for AES Algorithm

    Yibo Fan, Takeshi Ikenaga, Satoshi Goto

    International Conference on Information and Communications Security (ICICS 2008)    2008年07月  [査読有り]

  • Hardware-Oriented Direction-Based Fast Fractional Motion Estimation Algorithm in H.264/AVC

    Yang Song, Yao Ma, Zhenyu Liu, Takeshi Ikenaga, Satoshi Goto

    IEEE International Conference on Multimedia & Expo (ICME 2008)    2008年06月  [査読有り]

  • Fast Motion Estimation for H.264/AVC Using Image Edge Features

    Zhenyu Liu, Satoshi Goto, Takeshi Ikenaga

    IEEE International Conference on Multimedia & Expo (ICME 2008)    2008年06月  [査読有り]

  • モバイル向け0.3mW 1.4mm2 動き検出プロセッサLSI

    平塚 誠一郎, 後藤 敏, 池永 剛

    電子情報通信学会論文誌C   Vol. J91-C ( No. 5 ) 304 - 310  2008年05月  [査読有り]

  • VLSI Friendly Computation Reduction Scheme in H.264/AVC Motion Estimation

    Yiqing Huang, Satoshi Goto, Takeshi Ikenaga

    IEEE International Symposium on Circuits and Systems (ISCAS2008)    2008年05月  [査読有り]

  • A Cost-Efficient Partially-Parallel Irregular LDPC Decoder Based on Sum-Delta Message Passing Algorithm

    Wen Ji, Yuta Abe, Takeshi Ikenaga, Satoshi Goto

    ACM GLSVLSI 2008    2008年05月  [査読有り]

  • Motion feature and Hadamard coefficient-based fast multiple reference frame motion estimation for H.264

    Zhenyu Liu, Lingfeng Li, Yang Song, Shen Li, Satoshi Goto, Takeshi Ikenaga

    IEEE TRANSACTIONS ON CIRCUITS AND SYSTEMS FOR VIDEO TECHNOLOGY   18 ( 5 ) 620 - 632  2008年05月  [査読有り]

     概要を見る

    In the state-of-the-art video coding standard', H.264/AVC, the encoder is allowed to search for its prediction signals among a large number of reference pictures that have been decoded and stored in the decoder to enhance its coding efficiency. Therefore, the computation complexity of the motion estimation (ME) increases linearly with the number of reference picture. Many fast multiple reference frame ME algorithms have been proposed, whose performance, however, will be considerably degraded in the hardwired encoder design due to the macroblock (MB) pipelining architecture. Considering the limitations of the traditional four-stage MB pipelining architecture, two fast multiple reference frame ME algorithms are proposed here. First, on the basis of mathematical analysis, which reveals that the efficiency of multiple reference frames will be degraded by the relative motion between the camera and the objects, for the slow-moving MB, the authors adopt the multiple reference frames but reduce their search range. On the other hand, for the fast-moving MB, the first previous reference frame is used with the full search range during the ME processing. The mutually exclusive feature between the large search range and the multiple reference frames makes the computation saving performance of the proposed algorithm insensitive to the nature of video sequence. Second, following the Hadamard transform coefficient-based all_zeros block early detection algorithm, two early termination criteria are proposed. These methods ensure the pronounced computation saving efficiency when the encoded video has strong spatial homogeneity or temporal stationarity. Experimental results show that 72.7%-93.7% computation can be saved by the proposed fast algorithms with an average of 0.0899 dB coding quality degradation. Moreover, these fast algorithms can be combined with fast block matching algorithms to further improve their speedup performance.

    DOI

  • Rate Estimation of RD optimization for Intra mode decision of H.264/AVC

    Yan Zhuang, Takeshi Ikenaga, Satoshi Goto

    Congress on Image and Signal Processing (CISP 2008)    2008年05月  [査読有り]

  • COMPLEXITY CURVE BASED METHOD FOR EVALUATING ADAPTIVE SEARCH RANGE ALGORITHMS IN MOTION ESTIMATION

    Zhenxing Chen, Takeshi Ikenaga, Satoshi Goto

    Congress on Image and Signal Processing (CISP 2008)    2008年05月  [査読有り]

  • A Hardware-Oriented High Precision Motion Vector Prediction Scheme for MPEG-2 to H.264 Transcoding

    Xianghui Wei, Wenming Tang, Guifen Tian, Takeshi Ikenaga, Satoshi Goto

    Congress on Image and Signal Processing (CISP 2008)    2008年05月  [査読有り]

  • Adaptive Motion Vector Retrieval Schemes for H.264 Error Concealment

    Lei Wang, Jun Wang, Satoshi Goto, Takeshi Ikenaga

    Congress on Image and Signal Processing (CISP 2008)    2008年05月  [査読有り]

  • An Efficient Fast Mode Decision Algorithm for H.264/AVC Intra Prediction

    Guifen Tian, Tianruo Zhang, Xianghui Wei, Takeshi Ikenaga, Satoshi Goto

    Congress on Image and Signal Processing (CISP 2008)    2008年05月  [査読有り]

  • A Video Quality Preserved Fast Motion Estimation Algorithm for H.264/AVC

    Wenqi You, Yang Song, Takeshi Ikenaga, Satoshi Goto

    Congress on Image and Signal Processing (CISP 2008)    2008年05月  [査読有り]

  • Adaptive Subsampling and Motion Feature based Fast H.264 Motion Estimation

    Yiqing Huang, Qin Liu, Satoshi Goto, Takeshi Ikenaga

    Congress on Image and Signal Processing (CISP 2008)    2008年05月  [査読有り]

  • Aliasing Error Reduction Based Fast VBSME Algorithm

    Qin Liu, Yiqing Huang, Satoshi Goto, Takeshi Ikenaga

    Congress on Image and Signal Processing (CISP 2008)    2008年05月  [査読有り]

  • Inter Search Mode Reduction Based Parallel Propagate Partial SAD Architecture for Variable Block Size Motion Estimation in H.264/AVC

    Yiqing Huang, Zhenyu Liu, Yang Song, Satoshi Goto, Takeshi Ikenaga

    IEICE Trans. Fundamentals   Vol. E91-A ( No. 4 ) 987 - 997  2008年04月  [査読有り]

  • A 41 mW VGA@30 fps quadtree video encoder for video surveillance systems

    Qin Liu, Seiichiro Hiratsuka, Kazunori Shimizu, Shinsuke Ushiki, Satoshi Goto, Takeshi Ikenaga

    IEICE TRANSACTIONS ON ELECTRONICS   E91C ( 4 ) 449 - 456  2008年04月  [査読有り]

     概要を見る

    Video surveillance systems have a huge market, as indicated by the number of installed cameras, particularly for low-power systems. In this paper, we propose a low-power quadtree video encoder for video surveillance systems. It features a low-complexity motion estimation algorithm, an application-specific ME-MC processor, a dedicated quadtree encoder engine and a processor control-based clock-gating technique. A chip capable of encoding 30 fps VGA (640 x 480) at 80 MHz is fabricated using 0.18 mu m CMOS technology. A total of 153 K gates with 558 kbits SRAM have been integrated into a 5.0 mm x 3.5 mm die. The power consumption is 40.87 mW at 80 MHz for VGA at 30 fps and 1.97 mW at 3.3 MHz for QCIF at 15 fps.

    DOI

  • Reconfigurable variable block size motion estimation architecture for search range reduction algorithm

    Yibo Fan, Takeshi Ikenaga, Satoshi Goto

    IEICE TRANSACTIONS ON ELECTRONICS   E91C ( 4 ) 440 - 448  2008年04月  [査読有り]

     概要を見る

    Variable Block Size Motion Estimation (VBSME) costs a lot of computation during video coding. Search range reduction algorithm is widely used to reduce computational cost of motion estimation. Current VBSME designs are not suitable for this algorithm. This paper proposes a reconfigurable design of VBSME which can be efficiently used with search range reduction algorithm. While using proposed design, n x m reference MBs form an MB array which can be processed in parallel. n and m can be configured according to the new search range shape calculated by algorithm. In this way, the parallelism of proposed design is very flexible and can be adapted to any search range shape. The hardware resource is also fully used while performing VBSME. There are two primary reconfigurable modules in this design: PEGA (PE Group Array) and SAD comparator. By using TSMC 0.18 mu m standard cell library, the implementation results show that the hardware cost of design which uses 16 PEGs (PE Groups) is about 179 K Gates, the clock frequency is 167 MHz.

    DOI

  • Low Power LDPC Code Decoder Architecture based on Intermediate Message Compression Technique

    Kazunori Shimizu, Nozomu Togawa, Takeshi Ikenaga, Satoshi Goto

    IEICE Trans. Fundamentals   Vol. E91-A ( No. 4 ) 1054 - 1061  2008年04月  [査読有り]

  • A High-speed Design of Montgomery Multiplier

    Yibo Fan, Takeshi Ikenaga, Satoshi Goto

    IEICE Trans. Fundamentals   Vol. E91-A ( No. 4 ) 971 - 977  2008年04月  [査読有り]

  • Adaptive Search Range Algorithms for Variable Block Size Motion Estimation in H.264/AVC

    ZhenXing Chen, Yang Song, Takeshi Ikenaga, Satoshi Goto

    IEICE Trans. Fundamentals   Vol. E91-A ( No. 4 ) 1015 - 1022  2008年04月  [査読有り]

  • Inter Search Mode Reduction Based Parallel Propagate Partial SAD Architecture for Variable Block Size Motion Estimation in H.264/AVC

    Yiqing Huang, Zhenyu Liu, Yang Song, Satoshi Goto, Takeshi Ikenaga

    IEICE Trans. Fundamentals   Vol. E91-A ( No. 4 ) 987 - 997  2008年04月  [査読有り]

  • High Throughput Partially-Parallel Irregular LDPC Decoder Based on Delta-Value Message-Passing Schedule

    Wen Ji, Takeshi Ikenaga, Satoshi Goto

    International Symposium on VLSI Design, Automation & Test (VLSI-DAT 2008)    2008年04月  [査読有り]

  • A Hardware/Software Co-solution to Achieving High Throughput Required by Motion Estimation Part in H.264/AVC HDTV Real-time Application

    Zhenxing Chen, Takeshi Ikenaga, Satoshi Goto

    International Symposium on VLSI Design, Automation & Test (VLSI-DAT 2008)    2008年04月  [査読有り]

  • Rate Estimation in RDO of H.264/AVC

    Yan Zhuang, Takeshi Ikenaga, Satoshi Goto

    第21回回路 とシステム軽井沢ワークショップ    2008年04月  [査読有り]

  • SAD Accumulation Termination Algorithm and Early Loop Termination Decision based High Quality Fast Motion Estimation for H.264/AVC

    Wenqi You, Yang Song, Xianghui Wei, Takeshi Ikenaga, Satoshi Goto

    第21回回路 とシステム軽井沢ワークショップ    2008年04月  [査読有り]

  • A Low-cost LSI Design of AES against DPA Attack by Hiding Power Information

    Yibo Fan, Takeshi Ikenaga, Yukiyasu Tsunoo, Satoshi Goto

    第21回回路 とシステム軽井沢ワークショップ    2008年04月  [査読有り]

  • High-throughput design of high-efficiency message passing partially parallel irregular-LDPC decoder based on 802.11n

    Yuta Abe, Xing Li, Kazunori Shimizu, Takeshi Ikenaga, Satoshi Goto

    International Conference in Embedded Systems and Intelligent Technology (ICESIT 2008)    2008年02月  [査読有り]

  • An Unequal Secure Encryption Scheme For H.264/AVC Video Compression Standard

    Yibo Fan, Jidong Wang, Takeshi Ikenaga, Yukiyasu Tsunoo, Satoshi Goto

    IEICE Trans. Fundamentals   Vol. E91-A ( No. 1 ) 12 - 21  2008年01月  [査読有り]

  • Hardware Evaluation of eSTREAM Stream Cipher Candidates in Phase 3 Profile 2: Moustique, Pomaranch and Decim v2

    Yibo Fan, Jidong Wang, Takeshi Ikenaga, Yukiyasu Tsunoo, Satoshi Goto

    Symposium on Cryptography and Information Security (SCIS2008)    2008年01月  [査読有り]

  • A hardware architecture of CABAC encoding and decoding with dynamic pipeline for H.264/AVC

    Lingfeng Li, Yang Song, Shen Li, Takeshi Ikenaga, Satoshi Goto

    JOURNAL OF SIGNAL PROCESSING SYSTEMS FOR SIGNAL IMAGE AND VIDEO TECHNOLOGY   50 ( 1 ) 81 - 95  2008年01月  [査読有り]

     概要を見る

    This paper presents a compact hardware architecture of Context-Based Adaptive Binary Arithmetic Coding (CABAC) codec for H.264/AVC. The similarities between encoding algorithm and decoding algorithm are explored to achieve remarkable hardware reuse. System-level hardware/software partition is conducted to improve overall performance. Meanwhile, the characteristics of CABAC algorithm are utilized to implement dynamic pipeline scheme, which increases the processing throughput with very small hardware overhead. Proposed architecture is implemented under 0.18 mu m technology. Results show that the core area of proposed design is 0.496 mm(2) when the maximum clock frequency is 230 MHz. It is estimated that the proposed architecture can support CABAC encoding or decoding for HD1080i resolution at a speed of 30 frame/s.

    DOI

  • A Novel Dynamic Search Range Decision Method for Variable Block Size Motion Estimation in H.264/AVC

    Zhenxing Chen, Yang Song, Takeshi Ikenaga, Satoshi Goto

    Sixth International Conference on Information, Communications and Signal Processing (ICICS 2007)    2007年12月  [査読有り]

  • A New Video Encryption Scheme for H.264/AVC

    Yibo Fan, Jidong Wang, Takeshi Ikenaga, Yukiyasu Tsunoo, Satoshi Goto

    Pacific-rim Conference on Multimedia (PCM 2007)    2007年12月  [査読有り]

  • H.264/AVC Real-Time Encoder SOC for HDTV1080P

    Takeshi Ikenaga

    The 2007 Global COE Workshop between Waseda and NTU    2007年12月  [査読有り]

  • A High Throughput Multiple Transform Architecture for H.264/AVC Fidelity Range Extensions

    Yao Ma, Yang Song, Satoshi Goto, Takeshi Ikenaga

    Jornal of Semiconductor Technology and Science   Vol. 7 ( No. 4 ) 247 - 253  2007年12月  [査読有り]

  • Hardware friendly adaptive search range algorithm for variable block size motion estimation in H.264/AVC

    Zhenxing Chen, Yang Song, Takeshi Ikenaga, Satoshi Goto

    International Symposium on Intelligent Signal Processing and Communication Systems (ISPACS 2007)    2007年11月  [査読有り]

  • Variable Block Size Error Concealment Scheme based on H.264/AVC Non-normative Decoder

    Lei Wang, Jun Wang, Satoshi Goto, Takeshi Ikenaga

    International Symposium on Intelligent Signal Processing and Communication Systems (ISPACS 2007)    2007年11月  [査読有り]

  • Fast Motion Estimation Algorithm Based on Edge B lock Detection and Motion Vector Information

    Qin Liu, Zhenxing Chen, Satoshi Goto, Takeshi Ikenaga

    International Symposium on Intelligent Signal Processing and Communication Systems (ISPACS 2007)    2007年11月  [査読有り]

  • Hardware Freiendly Background Analysis Based Complexity Reduction in H.264/AVC Multiple Reference Frames Motion Estimation

    Yiqing Huang, Zhenyu Liu, Satoshi Goto, Takeshi Ikenaga

    International Symposium on Intelligent Signal Processing and Communication Systems (ISPACS 2007)    2007年11月  [査読有り]

  • An MRF Model-Based Approach to the Detection of Rectangular Shape Objects in Color Images

    Yangxing Liu, Takeshi Ikenaga, Satoshi Goto

    Signal Processing   Vol. 87 ( Issue 11 ) 2649 - 2658  2007年11月  [査読有り]

  • Rectangle Region Based Stereo Matching for Building Reconstruction

    Jing Wang, Toru Miyazaki, Hirokazu Koizumi, Makoto Iwata, Jongwha Chong, Hiroyuki Yagyu, Hideo Shimazu, Takeshi Ikenaga, Satoshi Goto

    Jornal of Ubiquitous Convergence Technology   Vol. 1 ( No. 1 ) 9 - 17  2007年11月  [査読有り]

  • An improved inter frame error concealment in H.264/AVC

    Jun Wang, Lei Wang, Shen Li, Takeshi Ikenaga, Satoshi Goto

    The 7th International Conference on ASIC (ASICON2007)    2007年10月  [査読有り]

  • H.264/AVC Fractional Motion Estimation Engine with Computation Reusing in HDTV1080p Real-Time Encoding Applications

    Yang Song, Ming Shao, Zhenyu Liu, Shen Li, Lingfeng Li, Takeshi Ikenaga, Satoshi Goto

    IEEE Workshop on Signal Processing Systems (SiPS 2007)    2007年10月  [査読有り]

  • 32-Parallel SAD Tree Hardwired Engine for Variable Block Size Motion Estimation in HDTV1080p Real-Time Encoding Application

    Zhenyu Liu, Yang Song, Ming Shao, Shen Li, Lingfeng Li, Satoshi goto, Takeshi Ikenaga

    IEEE Workshop on Signal Processing Systems (SiPS 2007)    2007年10月  [査読有り]

  • Mixed Bus Width Architecture for Low Cost AES VLSI Design

    Yibo Fan, Jidong Wang, Takeshi Ikenaga, Satoshi Goto

    The 7th International Conference on ASIC (ASICON2007)    2007年10月  [査読有り]

  • A Partial Scramble Scheme for H.264 Video

    Jidong Wang, Yibo Fan, Takeshi Ikenaga, Satoshi Goto

    The 7th International Conference on ASIC (ASICON2007)    2007年10月  [査読有り]

  • Unequal error protected transmission with dynamic classification in H.264/AVC

    Jun Wang, Shen Li, Kazunori Shimizu, Takeshi Ikenaga, Satoshi Goto

    The 7th International Conference on ASIC (ASICON2007)    2007年10月  [査読有り]

  • An improved inter frame error concealment in H.264/AVC

    Jun Wang, Lei Wang, Shen Li, Takeshi Ikenaga, Satoshi Goto

    The 7th International Conference on ASIC (ASICON2007)    2007年10月  [査読有り]

  • Cost Efficient Propagate Partial SAD Architecture for Integer Motion Estimation in H.264/AVC

    Yiqing Huang, Zhenyu Liu, Satoshi Goto, Takeshi Ikenaga

    The 7th International Conference on ASIC (ASICON2007)    2007年10月  [査読有り]

  • A 41mW VGA@30fps Quadtree Video Encoder for Video Surveillance Systems

    Qin Liu, Seiichiro Hiratsuka, Satoshi Goto, Takeshi Ikenaga

    The 7th International Conference on ASIC (ASICON2007)    2007年10月  [査読有り]

  • Video Compression LSI: Past, Present, and Future Trends

    Takeshi Ikenaga

    The 7th International Conference on ASIC (ASICON2007)    2007年10月  [査読有り]

  • A High Throughput Multiple Transform Architecture for H.264/AVC Fidelity Range Extensions

    Yao Ma, Yang Song, Takeshi Ikenaga, Satoshi Goto

    International SoC Design Conference (ISOCC 2007)    2007年10月  [査読有り]

  • Efficient fully-parallel LDPC decoder design with improved simplified min-sum algorithms

    Qi Wang, Kazunori Shimizu, Takeshi Ikenaga, Satoshi Goto

    IEICE TRANSACTIONS ON ELECTRONICS   E90C ( 10 ) 1964 - 1971  2007年10月  [査読有り]

     概要を見る

    In this paper we introduce an area and power efficient fully-parallel LDPC decoder design, which keeps the BER performance while consuming less hardware resources and lower power compared with conventional decoders. For this decoder, we firstly propose two improved simplified min-sum algorithms, which enable the decoder to reduce the hardware implementation complexity and area: hardware consumption of check operation module is reduced by 40%, while achieving a negligible performance loss compared with the general min-sum algorithm. To reduce the power dissipation of the decoder, we also proposed a power-saved strategy according to which the message evolution halts as the parity-check condition is satisfied. This strategy reduces more than 50% power under food channel condition. The synthesis result in 0.18 mu m CMOS technology shows our decoder based on (648,540) irregular LDPC code of WLAN (802.11n) protocol achieves 8 10 [Mbps] throughput with 283 [mW] power consumption.

    DOI

  • デジタルシネマ用JPEG 2000 エンコーダ向け並列CBMアルゴリズム及びLSI アーキテクチャ

    伊東 健, 中村 創, 後藤 敏, 池永 剛

    画像電子学会誌   Vol. 36 ( No. 9 ) 650 - 656  2007年09月  [査読有り]

  • キュービック補間に基づく魚眼画像の高画質補正アルゴリズム及び専用ハードウェアエンジンの提案

    森隆 寛, 外村 元伸, 大住 勇治, 後藤 敏, 池永 剛

    画像電子学会誌   Vol. 36 ( No. 9 ) 680 - 687  2007年09月  [査読有り]

  • Cost-Efficient Partially-Parallel Irregular LDPC Decoder with Message Passing Schedule

    Xing Li, Yuta Abe, Kazunori Shimizu, Zhen Qiu, Takeshi Ikenaga, Satoshi Goto

    International Symposium on Integrated Circuits (ISIC-2007)    2007年09月  [査読有り]

  • Partially-Parallel Irregular LDPC Decoder Based on Improved Message Passing Schedule

    Xing Li, Kazunori Shimizu, Zhen Qiu, Takeshi Ikenaga, Satoshi Goto

    IEEE MWSCAS/NEWCAS 2007    2007年08月  [査読有り]

  • Power-Efficient LDPC Code Decoder Architecture

    Kazunori Shimizu, Nozomu Togawa, Takeshi Ikenaga, Satoshi Goto

    IEEE International Symposium on Low Power Electronics and Design (ISLPED 2007)    2007年08月  [査読有り]

  • Ultra Low-Complexity Fast Variable Block Size Motion Estimation Algorithm in H.264/AVC

    Yang Song, Zhenyu Liu, Takeshi Ikenaga, Satoshi Goto

    International Conference on Multimedia & Expo (ICME 2007)    2007年07月  [査読有り]

  • VLSI Oriented Fast Multiple Reference Frame Motion Estimation Algorithm for H.264/AVC

    Zhenyu Liu, Lingfeng Li, Yang Song, Satoshi Goto, Takeshi Ikenaga

    International Conference on Multimedia & Expo (ICME 2007)    2007年07月  [査読有り]

  • Adaptive Edge Detection Pre-Process Multiple Reference Frames Motion Estimation in H.264/AVC

    Yiqing Huang, Zhenyu Liu, Satoshi Goto, Takeshi Ikenaga

    International Conference on Communications, Circuits and Systems (ICCCAS2007)    2007年07月  [査読有り]

  • A 1.41W H.264/AVC Real-Time Encoder SOC for HDTV1080P

    Zhenyu Liu, Yang Song, Ming Shao, Shen Li, Lingfeng Li, Shunichi Ishiwata, Masaki Nakagawa, Satoshi Goto, Takeshi Ikenaga

    2007 Symposium on VLSI Circuits    2007年06月  [査読有り]

  • Enhanced Strict Multilevel Successive Elimination Algorithm for Fast Motion Estimation

    Yang Song, Zhenyu Liu, Takeshi Ikenaga, Satoshi Goto

    International Symposium on Circuits and Systems (ISCAS2007)    2007年05月  [査読有り]

  • Hardware Architecture Design of CABAC Codec for H.264/AVC

    Lingfeng Li, Yang Song, Takeshi Ikenaga, Satoshi Goto

    International Symposium on VLSI Design, Automation & Test (VLSI-DAT 2007)    2007年04月  [査読有り]

  • Power-Saved 1.35Gbps Irregular LDPC Decoder based on Simplified Min-Sum Algorithm

    Qi Wang, Kazunori Shimizu, Takeshi Ikenaga, Satoshi Goto

    International Symposium on VLSI Design, Automation & Test (VLSI-DAT 2007)    2007年04月  [査読有り]

  • Lossless VLSI Oriented Full Computation Reusing Algorithm for H.264/AVC Fractional Motion Estimation

    Ming Shao, Zhenyu Liu, Satoshi Goto, Takeshi Ikenaga

    IEICE Trans. Fundamentals   Vol. E90-A ( No. 4 ) 756 - 763  2007年04月  [査読有り]

  • Lossy Strict Multilevel Successive Elimination Algorithm for Fast Motion Estimation

    Yang Song, Zhenyu Liu, Takeshi Ikenaga, Satoshi Goto

    IEICE Trans. Fundamentals   Vol. E90-A ( No. 4 ) 764 - 770  2007年04月  [査読有り]

  • An Efficient Encryption Scheme for H.264 Format Video Streams

    Jidong Wang, Yibo Fan, Takeshi Ikenaga, Satoshi Goto

    第20回回路 とシステム軽井沢ワークショップ    2007年04月  [査読有り]

  • Motion-content based Search Range Prediction in Variable Block Size Motion Estimation

    ZhenXing Chen, Yang Song, Takeshi Ikenaga, Satoshi Goto

    第20回回路 とシステム軽井沢ワークショップ    2007年04月  [査読有り]

  • Inter Search Mode Reduction Based Parallel Propagate Partial SAD Architecture for Variable Block Size Motion Estimation in H.264/AVC

    Yiqing Huang, Zhenyu Liu, Yang Song, Satoshi Goto, Takeshi Ikenaga

    第20回回路 とシステム軽井沢ワークショップ    2007年04月  [査読有り]

  • Fragmented Edges Grouping for Monocular Building Extraction

    Jing Wang, Makoto Iwata, Hirokazu Koizumi, Hideo Shimazu, Satoshi Goto, Takeshi Ikenaga

    第20回回路 とシステム軽井沢ワークショップ    2007年04月  [査読有り]

  • A real-time parallel architecture for human face detection based on the Algorithm Architecture Adequation approach

    Dmitriev Ivan, Grandpierre Thierry, Akil Mohamed, Ghorayeb Hicham, Satoshi Goto, Takeshi Ikenaga

    第20回回路 とシステム軽井沢ワークショップ    2007年04月  [査読有り]

  • A High-speed Design of Montgomery Multiplier

    Yibo Fan, Takeshi Ikenaga, Satoshi Goto

    第20回回路 とシステム軽井沢ワークショップ    2007年04月  [査読有り]

  • A VLSI Architecture Design of an Edge Based Fast Intra Prediction Mode Decision Algorithm for H.264/AVC

    Shen Li, Xianghui Wei, Takeshi Ikenaga, Satoshi Goto

    ACM Great Lakes Symposium on VLSI (GLSVLSI 2007)    2007年03月  [査読有り]

  • Hardware-Efficient Propagate Partial SAD Architecture for Variable Block Size Motion Estimation in H.264/AVC

    Zhenyu Liu, Yiqing Huang, Yang Song, Satoshi Goto, Takeshi Ikenaga

    ACM Great Lakes Symposium on VLSI (GLSVLSI 2007)    2007年03月  [査読有り]

  • No Compression Ratio Reduction H.264 Video Scrambling

    Jidon Wang, Yibo Fan, Xiaoyang Zeng, Takeshi Ikenaga, Satoshi Goto

    Symposium on Cryptography and Information Security (SCIS2007)   3B3-1  2007年01月  [査読有り]

  • Hardware Reuse Architecture for High-Radix Scalable Montgomery Multiplier

    Yibo Fan, Xiaoyang Zeng, Takeshi Ikenaga, Satoshi Goto

    Symposium on Cryptography and Information Security (SCIS2007)   2E2-1  2007年01月  [査読有り]

  • Low-Power Partial Distortion Sorting Fast Motion Estimation Algorithms and VLSI Implementation

    Yang Song, Zhenyu Liu, Takeshi Ikenaga, Satoshi Goto

    IEICE Trans. Inf. & Syst.   Vol. E90-D ( No. 1 ) 108 - 117  2007年01月  [査読有り]

  • Content-based complexity reduction methods for MPEG-2 to H.264 video transcoding

    Shen Li, Lingfeng Li, Takeshi Ikenaga, Shunichi Ishiwata, Masataka Matsui, Satoshi Goto

    IEICE Trans. Inf. & Syst.   Vol. E90-D ( No. 1 ) 90 - 98  2007年01月  [査読有り]

  • Geometrical, Physical and Text/Symbol Analysis Based Approach of Traffic Sign Detection System

    Yangxing Liu, Takeshi Ikenaga, Satoshi Goto

    IEICE Trans. Inf. & Syst.   Vol. E90-D ( No. 1 ) 208 - 216  2007年01月  [査読有り]

  • Two-steps cross-diamond fast search algorithm on motion estimation in H.264

    Qin Liu, Seiichiro Hiratsuka, Satoshi Goto, Takeshi Ikenaga

    2007 INTERNATIONAL CONFERENCE ON COMMUNICATIONS, CIRCUITS AND SYSTEMS PROCEEDINGS, VOLS 1 AND 2     782 - +  2007年  [査読有り]

     概要を見る

    Motion estimation plays a key role in the h.264/AVC. It is the most computationally intensive module. Although many fast motion estimation algorithms have been proposed to reduce the huge calculation complexity instead of full search, the motion estimation time still can not satisfy the critical real-time applications' needs. This paper proposes a fast search based on a two-steps coarse to fine strategy by Cross and Diamond search patterns. And we also combines some motion vector predictors and early terminations technique to reduce search points. The experiment results shows that this fast search algorithm has reduced 60% search points and 20% Motion Estimation time compared with UMHexagonS algorithm, with only less than 0.04dB loss in the video quality.

  • Scale Invariance Based Salient Contour Detection

    Jing Wang, Takeshi Ikenaga, Satoshi Goto

    Journal of the Institute of Image Electronics Engineers of Japan   36 ( 5 ) 710 - 720  2007年  [査読有り]

     概要を見る

    Contour detection is a fundamental step to scene analysis and interpretation. However, because contours often locate in rich texture background it is still a difficult task in realistic vision. Through multi-scale analysis, it becomes clear that edge responses of real object contours are relatively stable across scales, while those from noise or texture background are not. In this paper, a salient contour detection method is proposed based on the scale invariance of piecewise linear approximation of real object contours. Firstly, an image pyramid is efficiently constructed by repeatedly smoothing and sub-sampling the image. Secondly, the piecewise linear approximation of contours in multiple scales are extracted and then a collinear line grouping process is implemented to improve the connectivity of the contours. Thirdly, the new salient line segments are generated based on the analysis on the stability of line segments across scales. Experimental results show that the proposed method can effectively improve the connectivity and saliency of the contour detection compared with the former method. © 2007, The Institute of Image Electronics Engineers of Japan. All rights reserved.

    DOI

  • A VLSI Architecture for Variable Block Size Motion Estimation in H.264/AVC with Low Cost Memory Organization

    Yang Song, Zhenyu Liu, Takeshi Ikenaga, Satoshi Goto

    IEICE Trans. Fundamentals   Vol. E89-A ( No. 12 ) 3594 - 3601  2006年12月  [査読有り]

  • Power-Efficient LDPC Decoder Architecture based on Accelerated Message-Passing Schedule

    Kazunori Shimizu, Tatsuyuki Ishikawa, Nozomu Togawa, Takeshi Ikenaga, Satoshi Goto

    IEICE Trans. Fundamentals   Vol. E89-A ( No. 12 ) 3602 - 3612  2006年12月  [査読有り]

  • A Fine-Grain Scalable and Low Memory Cost Variable Block Size Motion Estimation Architecture for H.264/AVC

    Zhenyu Liu, Yang Song, Satoshi Goto, Takeshi Ikenaga

    IEICE Trans. Electronics   Vol. E89-C ( No. 12 ) 1928 - 1936  2006年12月  [査読有り]

  • A Novel Hybrid Approach of Color Image Segmentation

    Yangxing Liu, Takeshi Ikenaga, Satoshi Goto

    IEEE Asia-Pacific Conference on Circuits and Systems (APCCAS2006)    2006年12月  [査読有り]

  • Robust Scalable Video Transmission using Object-Oriented Unequal Loss Protection over Internet

    Zhen Qiu, Takeshi Ikenaga, Satoshi Goto

    IEEE Asia-Pacific Conference on Circuits and Systems (APCCAS2006)    2006年12月  [査読有り]

  • Enhanced Partial Distortion Sorting Fast Motion Estimation Algorithm for Low-Power Applications

    Yang Song, Takeshi Ikenaga, Satoshi Goto, Zhenyu Liu

    IEEE Asia-Pacific Conference on Circuits and Systems (APCCAS2006)    2006年12月  [査読有り]

  • A CABAC Encoding Core with Dynamic Pipeline for H.264/AVC Main Profile

    Lingfeng Li, Yang Song, Takeshi Ikenaga, Satoshi Goto

    IEEE Asia-Pacific Conference on Circuits and Systems (APCCAS2006)    2006年12月  [査読有り]

  • Complexity Based Fast Coding Mode Decision for MPEG-2 / H.264 Video Transcoding

    Shen Li, Lingfeng Li, Takeshi Ikenaga, Shunichi Ishiwata, Masataka Matsui, Satoshi Goto

    IEEE Asia-Pacific Conference on Circuits and Systems (APCCAS2006)    2006年12月  [査読有り]

  • Memory-Efficient Accelerating Schedule for LDPC Decoder

    Kazunori Shimizu, Nozomu Togawa, Takeshi Ikenaga, Satoshi Goto

    IEEE Asia-Pacific Conference on Circuits and Systems (APCCAS2006)    2006年12月  [査読有り]

  • Lossy Strict Multilevel Successive Elimination Algorithm for Fast Motion Estimation

    Yang Song, Zhenyu Liu, Takeshi Ikenaga, Satoshi Goto

    IEEE International Symposium on Intelligent Signal Processing and Communication Systems (ISPACS 2006)    2006年12月  [査読有り]

  • Multi-Resolution Analysis Based Salient Contour Extraction

    Jing Wang, Kazuo Kunieda, Makoto Iwata, Hirokazu Koizumi, Hideo Shimazu, Takeshi Ikenaga, Satoshi Goto

    IEEE International Symposium on Intelligent Signal Processing and Communication Systems (ISPACS 2006)    2006年12月  [査読有り]

  • A 0.3mW 1.4mm2 Motion Estimation Processorfor Mobile Video Application

    Seiichiro Hiratsuka, Satoshi Goto, Takeshi Ikenaga

    IEEE Asian Solid-State Circuits Conference (A-SSCC 2006)    2006年11月  [査読有り]

  • An Efficient and Accurate Approach of Detecting Elliptical Objects in Color Images

    Yangxing Liu, Takeshi Ikenaga, Satoshi Goto

    IEEE 8th Internal Conference on Signal Processing (ICSP2006)    2006年11月  [査読有り]

  • A Fully Automatic Approach of Color Image Edge Detection

    Yangxing Liu, Takeshi Ikenaga, Satoshi Goto

    IEEE International Conference on Systems, Man and Cybernetics (SMC2006)    2006年10月  [査読有り]

  • Object Oriented Unequal Loss Protection with Product Codes for Wireless Video Transmission

    Zhen Qiu, Takeshi Ikenaga, Satoshi Goto

    The IET International Conference on Wireless, Mobile & Multimedia Networks (ICWMMN 2006)    2006年10月  [査読有り]

  • High Speed Floorplanner with Soft Module

    Yukio Yamakoshi, Takeshi Yoshimura, Takeshi Ikenaga, Satoshi Goto

    International SoC Design Conference (ISOCC2006)    2006年10月  [査読有り]

  • 奥行情報を用いた携帯端末向けリアルタイム人物抽出LSI

    有門 智弘, 平塚誠一郎, 後藤 敏, 池永 剛

    画像電子学会誌   Vol. 35 ( No. 5 ) 453 - 460  2006年09月  [査読有り]

  • A Novel Approach of Rectangular Shape Object Detection in Color Images Based on An MRF Model

    Yangxing Liu, Satoshi Goto, Takeshi Ikenaga

    IEEE International Conference on Cognitive Informatics (ICCI2006)    2006年07月  [査読有り]

  • 適応型トリーに基づく低計算量動画圧縮方式

    平塚 誠一郎, 後藤 敏, 馬場 孝明, 池永 剛

    電子情報通信学会論文誌D   Vol. J89-D ( No. 6 ) 1297 - 1305  2006年06月  [査読有り]

  • Geometrical, Physical and Text/Symbol Analysis Based Approach of Traffic Sign Detection System

    Yangxing Liu, Takeshi Ikenaga, Satoshi Goto

    IEEE Intelligent Vehicle Symposium (IV2006)    2006年06月  [査読有り]

  • Low-Pass Filter Based VLSI Oriented Variable Block Size Motion Estimation Algorithm for H.264

    Zhenyu Liu, Yang Song, Takeshi Ikenaga, Satoshi Goto

    IEEE International Conference on Acoustics, Speech, and Signal Processing (ICASSP 2006)    2006年05月  [査読有り]

  • High Performance VLSI Architecture of Fractional Motion Estimation in H.264 for HDTV

    Changqi Yang, Satoshi Goto, Takeshi Ikenaga

    IEEE International Symposium on Circuits and Systems (ISCAS2006)    2006年05月  [査読有り]

  • A Parallel LSI Architecture for LDPC Decoder Improving Message-Passing Schedule

    Kazunori Shimizu, Tatsuyuki Ishikawa, Nozomu Togawa, Takeshi Ikenag, Satoshi Goto

    IEEE International Symposium on Circuits and Systems (ISCAS2006)    2006年05月  [査読有り]

  • An Ultra-Low Complexity Motion Estimation Algorithm and its Implementation of Specific Processor

    Seiichiro Hiratsuka, Satoshi Goto, Takeshi Ikenaga

    IEEE International Symposium on Circuits and Systems (ISCAS2006)    2006年05月  [査読有り]

  • Hardware Architecture of Efficient Message-Passing Schedule based on Modified Min-Sum Algorithm for Decoding LDPC Codes

    Kazunori Shimizu, Tatsuyuki Ishikawa, Nozomu Togawa, Takeshi Ikenaga, Satoshi Goto

    The 13th Workshop on Synthesis And System Integration of Mixed Information technologies (SASIMI 2006)    2006年04月  [査読有り]

  • A 232MHz Variable Block Size Integer Motion Estimation Processor with System-in-Silicon DRAM for H.264/AVC

    Zhenyu Liu, Yang Song, Satoshi Goto, Takeshi Ikenaga, Kouichi Kumagai, Yoshihiro Mabuchi, Kenji Yoshida

    IEEE Symposium on Low-Power and High-Speed Chips (COOL Chips IX)    2006年04月  [査読有り]

  • Loss Free VLSI Oriented Full Computation Reusing Algorithm for H.264 Fractional Motion Estimation

    Ming Shao, Zhenyu Liu, Satoshi Goto, Takeshi Ikenaga

    第19回 回路とシステム軽井沢ワークショップ    2006年04月  [査読有り]

  • A Strict Successive Elimination Algorithm for Fast Motion Estimation

    Yang Song, Zhenyu Liu, Takeshi Ikenaga, Satoshi Goto

    第19回 回路とシステム軽井沢ワークショップ    2006年04月  [査読有り]

  • High Performance Chip Design on H.264/AVC Integer Motion Estimation for 1080HDTV Based on SiS Multi-Chip Architecture

    Changqi Yang, Kouichi Kumagai, Yoshihiro Mabuchi, Kenji Yoshida, Takeshi Ikenaga, Satoshi Goto

    Picture Coding Symposium (PCS 2006)    2006年04月  [査読有り]

  • Feature-Based Early-Termination Approach for Multi-Frame Motion Estimation of H.264/AVC

    Lingfeng Li, Shen Li, Takeshi Ikenaga, Shunichi Ishiwata, Masataka Matsui, Satoshi Goto

    Picture Coding Symposium (PCS 2006)    2006年04月  [査読有り]

  • A Pipeline Parallel Tree Architecture for Full Search Variable Block Size Motion Estimation in H.264/AVC

    Zhenyu Liu, Yang Song, Takeshi Ikenaga, Satoshi Goto

    Picture Coding Symposium (PCS 2006)    2006年04月  [査読有り]

  • 61.5mW 2048-bit RSA Cryptographic Co-processor LSI based on N bit-wised Modular Multiplier

    Toru Hisakado, Nobuyuki Kobayashi, Satoshi Goto, Takeshi Ikenaga, Kunihiko Higashi, Ichiro Kitao, Yukiyasu Tsunoo

    International Symposium on VLSI Design, Automation & Test (VLSI-DAT 2006)    2006年04月  [査読有り]

  • VLSI Architecture for Variable Block Size Motion Estimation in H.264/AVC with Low Cost Memory Organization

    Yang Song, Zhenyu Liu, Takeshi Ikenaga, Satoshi Goto

    International Symposium on VLSI Design, Automation & Test (VLSI-DAT 2006)    2006年04月  [査読有り]

  • High-Throughput LDPC Decoder for long code-length

    Tatsuyuki Ishikawa, Kazunori Shimizu, Takeshi Ikenaga, Satoshi Goto

    International Symposium on VLSI Design, Automation & Test (VLSI-DAT 2006)    2006年04月  [査読有り]

  • Scalable VLSI Architecture for Variable Block Size Integer Motion Estimation in H.264/AVC

    Yang Song, Zhenyu Liu, Satoshi Goto, Takeshi Ikenaga

    IEICE Trans. Fundamentals   Vol. E89-A ( No. 4 ) 979 - 988  2006年04月  [査読有り]

  • Partially-Parallel LDPC Decoder Achieving High-Efficiency Message-Passing Schedule

    Kazunori Shimizui, Tatsuyuki Ishikawa, Nozomu Togawa, Takeshi Ikenaga, Satoshi Goto

    IEICE Trans. Fundamentals   Vol. E89-A ( No. 4 ) 969 - 978  2006年04月  [査読有り]

  • A Hardware Implementation of a Content-Based Motion Estimation Algorithm for Real-Time MPEG-4 Video Coding

    Shen Li, Takeshi Ikenaga, Hideki Takeda, Masataka Matsui, Satoshi Goto

    IEICE Trans. Fundamentals   Vol. E89-A ( No. 4 ) 932 - 940  2006年04月  [査読有り]

  • A Contour-Based Robust Algorithm for Text Detection in Color Images

    Yangxing Liu, Satoshi Goto, Takeshi Ikenaga

    IEICE Trans. Inf. & Syst.   Vol. E89-D ( No. 3 ) 1221 - 1230  2006年03月  [査読有り]

  • System-in-Silicon Architecture and its Application to an H.264/AVC Motion Estimate for 1080HDTV

    K. Kumagai, C. Yang, H. Izumino, N. Narita, K. Shinjo, S-I. Iwashita, Y. Nakaoka, T. Kawamura, H. Komabashiri, T. Minato, A. Ambo, T. Suzuki, Z. Liu, Y. Song, S. Goto, T. Ikenaga, Y. Mabuchi, K. Yoshida

    IEEE International Solid-State Circuits Conference (ISSCC2006)    2006年02月  [査読有り]

  • ASIC Implementation of LDPC Decoder Accelerating Message-Passing Schedule

    Kazunori Shimizu, Tatsuyuki Ishikawa, Nozomu Togawa, Takeshi Ikenaga, Satoshi Goto

    IEEE International Solid-State Circuits Conference (ISSCC2006), DAC/ISSCC 2006 Student Design Contest (Conceptual Category: 1st Place Winner)    2006年02月  [査読有り]

  • An MRF Model Based Algorithm of Triangular Shape Object Detection in Color Images

    Yangxing Liu, Takeshi Ikenaga, Satoshi Goto

    International Journal of Information Technology   Vol. 12 ( No. 2 ) 55 - 65  2006年02月  [査読有り]

  • A power disturbance circuit for A5/1 resistant to power analysis attack

    Wei Dai, Tohru Hisakado, Zhenyu Liu, Satoshi Goto, Takeshi Ikenaga, Yukiyasu Tsunoo

    Symposium on Cryptography and Information Security (SCIS2006)    2006年01月  [査読有り]

  • High-Throughput Decoder for Low-Density Parity-Check Code

    Tatsuyuki Ishikawa, Kazunori Shimizu, Takeshi Ikenaga, Satoshi Goto

    IEEE Asia and South Pacific Design Automation Conference 2006 (ASP-DAC)    2006年01月  [査読有り]

  • A Selective Video Encryption Scheme for MPEG Compression Standard

    Gang Liu, Takeshi Ikenaga, Satoshi Goto, Takaaki Baba

    IEICE Trans. Fundamentals   Vol. E89-A ( No. 1 ) 194 - 202  2006年01月  [査読有り]

  • Real-time Automatic Moving Object Extraction and Tracing Based on Improved Active Control Model

    Yunchuan Geng, Yangxing Liu, Satoshi Goto, Takeshi Ikenaga

    International Symposium on Intelligent Signal Processing and Communication Systems (ISPACS2005),    2005年12月  [査読有り]

  • A VLSI Array Processing Oriented Fast Fourier Transform Algorithm and Hardware Implementation

    Zhenyu Liu, Yang Song, Takeshi Ikenaga, Satoshi Goto

    IEICE Trans. Fundamentals   Vol. E88-A ( No. 12 ) 3523 - 3530  2005年12月  [査読有り]

  • Partial-Parallel LDPC Decoder Based on High-Efficiency Message-Passing Algorithm

    Kazunori Shimizu, Tatsuyuki Ishikawa, Nozomu Togawa, Takeshi Ikenaga, Satoshi Goto

    IEEE International Conference on Computer Design (ICCD-2005)    2005年10月  [査読有り]

  • A VLSI Architecture for Motion Compensation Interpolation in H.264/AVC

    Yang Song, Zhenyu Liu, Satoshi Goto, Takeshi Ikenaga

    The 6th International Conference on ASIC (ASICON2005)    2005年10月  [査読有り]

  • AN ACCURATE AND LOW COMPLEXITY APPROACH OF DETECTING CIRCULAR SHAPE OBJECTS IN STILL COLOR IMAGES

    Yangxing Liu, Satoshi Goto, Takeshi Ikenaga

    IEEE International Conference on Image Processing (ICIP2005)    2005年09月  [査読有り]

  • Inter-symbol Interference Suppression employing Subcarrier Group Selection for OFDM-TDD Transmit Diversity

    Fumiaki Maehara, Takeshi Ikenaga, Fumio Takahata, Satoshi Goto

    IEEE International Symposium on Wireless Communications Systems (ISWCS 2005)    2005年09月  [査読有り]

  • An MRF Model Based Algorithm of Triangular Shape Object Detection in Color Images

    Yangxing Liu, Satoshi Goto, Takeshi Ikenaga

    International Conference on Intelligent Computing (ICIC’05)    2005年08月  [査読有り]

  • A Robust Algorithm for Text Detection in Color Images

    Yangxing Liu, Satoshi Goto, Takeshi Ikenaga

    The 8th International Conference on Document Analysis and Recognition (ICDAR2005)    2005年08月  [査読有り]

  • A Highly Parallel Architecture for Deblocking Filter in H.264/AVC

    Lingfeng Li, Satoshi Goto, Takeshi Ikenaga

    IEICE Trans. Inf. & Syst.   Vol. E88-D ( No.7 ) 1623 - 1629  2005年07月  [査読有り]

  • Reconfigurable Adaptive FEC System Based on Reed-Solomon Code with Interleaving

    Kazunori Shimizu, Nozomu Togawa, Takeshi Ikenaga, Satoshi Goto

    IEICE Trans. Inf. & Syst.   Vol. E88-D ( No.7 ) 1526 - 1537  2005年07月  [査読有り]

  • Content-Based Motion Estimation with Extend Temporal-Spatial Analysis

    Shen Li, Yong Jiang, Takeshi Ikenaga, Satoshi Goto

    IEICE Trans. Inf. & Syst.   Vol. E88-D ( No.7 ) 1561 - 1568  2005年07月  [査読有り]

  • A LOCALLY SUBSAMPLING ALGORITHM FOR SOFTWARE BASED MOTION ESTIMATION

    Seiichiro Hiratsuka, Satoshi Goto, Takaaki Baba, Takeshi Ikenaga

    IEEE International Symposium on Circuits and Systems (ISCAS2005)    2005年05月  [査読有り]

  • A VLSI Array Processing Oriented Fast Fourier Transform Algorithm and Hardware Implementation

    Zhenyu Liu, Yang Song, Takeshi Ikenaga, Satoshi Goto

    ACM GLSVLSI 2005    2005年04月  [査読有り]

  • Motion Estimation Algorithm Modification and Implementation in H.264/AVC

    Yang Song, Zhenyu Liu, Satoshi Goto, Takeshi Ikenaga

    第18回回路とシステム軽井沢ワークショップ    2005年04月  [査読有り]

  • Content-based Motion Estimation VLSI Design for Real-time MPEG-4 Video Coding

    Shen Li, Satoshi Goto, Takeshi Ikenaga, Hideki Takeda, Masataka Matusi

    第18回回路とシステム軽井沢ワークショップ    2005年04月  [査読有り]

  • An Efficient Deblocking Filter Architecture with 2-Dimensional Parallel Memory for H.264/AVC

    Lingfeng Li, Satoshi Goto, Takeshi Ikenaga

    IEEE Asia and South Pacific Design Automation Conference 2005 (ASP-DAC)    2005年01月  [査読有り]

  • Reconfigurable Adaptive FEC System with Interleaving

    Kazunori Shimizu, Nozomu Togawa, Takeshi Ikenaga, Satoshi Goto

    IEEE Asia and South Pacific Design Automation Conference 2005 (ASP-DAC)    2005年01月  [査読有り]

  • A HIGH SECURITY AND LOW OVERHEAD SELECTIVE VIDEO ENCRYPTION SCHEME FOR MPEG COMPRESSION STANDARD

    Gang Liu, Satoshi Goto, Takaaki Baba, Takeshi Ikenaga

    Symposium on Cryptography and Information Security (SCIS2005)    2005年01月  [査読有り]

  • Video Coding Algorithm based on Adaptive Tree for Low Electricity Consumption

    Seiichiro Hiratsuka, Satoshi Goto, Takaaki Baba, Takeshi Ikenaga

    IEEE Asia-Pacific Conference on Circuits and Systems (APCCAS2004)    2004年12月  [査読有り]

  • Reconfigurable Adaptive FEC System for Reliable Wireless Communications

    Kazunori Shimizu, Nozomu Togawa, Takeshi Ikenaga, Masao Yanagisawa, Satoshi Goto, Tatsuo Ohtsuki

    IEEE Asia-Pacific Conference on Circuits and Systems (APCCAS2004)    2004年12月  [査読有り]

  • No Bit Overhead MPEG Video Scrambling based on Event Shuffle in Frequency Domain

    Gang Liu, Satoshi Goto, Takaaki Baba, Takeshi Ikenaga

    IEEE Asia-Pacific Conference on Circuits and Systems (APCCAS2004)    2004年12月  [査読有り]

  • N bit-wise Modular Multiplier Architecture for Public Key Cryptography

    Tohru Hisakado, Nobuyuki Kobayashi, Takeshi Ikenaga, Takaaki Baba, Satoshi Goto, Kunihiko Higashi, Ichiro Kitao, Yukiyasu Tsunoo

    IEEE International Carnahan Conference on Security Technology (ICCST2004),    2004年10月  [査読有り]

  • Improving the TCP performance to support mobile multimedia application

    Chao Liu, Satoshi Goto, Takeshi Ikenaga, Takaaki Baba

    The Second International Conference on Advances in Mobile Multimedia (MoMM2004)    2004年09月  [査読有り]

  • Content-based Motion Estimation with Extended Temporal-Spatial Analysis

    Shen Li, Yong Jiang, Takeshi Ikenaga, Satoshi Goto

    The 47th IEEE International Midwest Symposium on Circuits and Systems (MWSCAS2004)    2004年07月  [査読有り]

  • An Efficient Algorithm/Architecture Codesign for Image Encoders

    Jinku Choi, Nozomu Togawa, Takeshi Ikenaga, Satoshi Goto, Masao Yanagisawa, Tatsuo Ohtsuki

    The 47th IEEE International Midwest Symposium on Circuits and Systems (MWSCAS2004)    2004年07月  [査読有り]

  • Real-time morphology processing using highly parallel 2-D cellular automata CAM(2)

    T Ikenaga, T Ogura

    IEEE TRANSACTIONS ON IMAGE PROCESSING   9 ( 12 ) 2018 - 2026  2000年12月  [査読有り]

     概要を見る

    Mathematical morphology is a promising computer paradigm based on set theory and has many applications in image processing. Although some architectures have been proposed, there are as yet no compact, practical computers that can handle a variety of morphological operations with large, complex structuring elements at video rates. This has prevented the great potential of morphology from being fully realized. This paper describes a morphology processing method that uses a highly parallel two-dimensional (2-D) cellular automaton architecture called it CAM(2) (Cellular AutoMata on Content Addressable Memory). Nem mapping methods achieve high-throughput complex morphology processing. Evaluation results show that CAM(2) performs one morphological operation for basic structuring elements within 30 mus. Furthermore, CAM(2) can also handle an extremely large and complex structuring element of 100 x 100 at video rates. CAM(2) will increase the potential use of morphology and make a significant contribution to the development of various real-time image processing systems.

  • A Fully-parallel 1Mb CAM LSI for Real-time Pixel-parallel Image Processing

    Takeshi Ikenaga, Takeshi Ogura

    IEEE Journal of Solid-State Circuit   Vol. 35 ( No. 4 )  2000年04月  [査読有り]

  • Content Addressable Memory LSI for 2D Cellular Automata Machine

    Takeshi Ikenaga, Takeshi Ogura

    International Workshop on Advanced LSIs and Devices    1999年06月  [査読有り]

  • A Fully-parallel 1Mb CAM LSI for Real-time Pixel-parallel Image Processing

    Takeshi Ikenaga, Takeshi Ogura

    IEEE Int'l Solid-State Circuit conf. (ISSCC99)   Vol. 35 ( No. 4 )  1999年02月  [査読有り]

  • CAM2: A Highly-parallel Two-dimensional Cellular Automaton Architecture

    Takeshi Ikenaga, Takeshi Ogura

    IEEE Trans. on Computers   Vol. 47 ( No. 7 )  1998年07月  [査読有り]

  • A DTCNN Universal Machine based on Highly-parallel 2D Cellular Automata CAM2

    Takeshi Ikenaga, Takeshi Ogura

    IEEE Trans. on Circuits and Systems I   Vol. 45 ( No. 5 )  1998年05月  [査読有り]

  • Real-time Morphology Processing using Highly-parallel 2D Cellular Automata CAM2

    Takeshi Ikenaga, Takeshi Ogura

    IEEE International conference on Image Processing (ICIP-97)    1997年11月  [査読有り]

  • Discrete-time Cellular Neural Networks using Highly-parallel 2D Cellular Automata CAM2

    Takeshi Ikenaga, Takeshi Ogura

    International Symp. Nonlinear Theory and its Applications (NOLTA 1996)    1996年10月  [査読有り]

  • CAM2: A Highly-parallel 2-D Cellular Automata Architecture for Real-time and Palm-top Pixel-level Image Processing

    Takeshi Ikenaga, Takeshi Ogura

    Euro-Par 1996    1996年08月  [査読有り]

  • Two-chip MPEG-2 video encoder

    T Kondo, K Suguri, M Ikeda, T Abe, H Matsuda, T Okubo, K Oguro, Y Tashiro, N Ono, T Minami, R Kusaba, T Ikenaga, N Shibata, R Kasai, K Otsu, F Nakagawa, Y Sato

    IEEE MICRO   16 ( 2 ) 51 - 58  1996年04月  [査読有り]

  • A Distributed BIST Technique and Its Test Design Platform for VLSIs

    T. Ikenaga, T. Ogura

    IEICE Trans. on Electronics   Vol.E78-C ( No.11 )  1995年11月  [査読有り]

  • A Test Design Platform for Shorter TAT Implementation of a Distributed BIST Structure

    Takeshi Ikenaga, Takeshi Ogura

    European Design and Test Conf. (ED&TC95)    1995年03月  [査読有り]

  • A Built-In Self-Test Structure for Arithmetic Execution Units of VLSIs

    T. Ikenaga, J. Takahashi

    IEICE Trans. on Electronics   Vol.J77-C-II ( No.10 ) 419 - 427  1994年10月  [査読有り]

  • Special Purpose Processor Design System Realizing Algorithm Described by Higher Level Language

    Takeshi Ikenaga, Katsuhiko Shirai

    IPSJ Trans.   Vol.32 ( No.11 ) 1445 - 1456  1991年11月  [査読有り]

  • Design system for special purpose processor executing algorithms described by higher level language

    Katsuhiko Shirai, Takeshi Ikenaga, H. Kitabatake

    Third Annual IEEE ASIC Seminar and Exhibit    1990年03月  [査読有り]

▼全件表示

書籍等出版物

  • 情報システムとヒューマンインタフェース:情報化社会を変革する動画像圧縮LSIの技術動向

    白井克彦監修, 池永 剛他

    早稲田大学出版部  2010年03月 ISBN: 9784657101099

Misc

  • D-12-49 パーティクルフィルタを用いた二物体同時追跡に基づくリカバリー手法(D-12.パターン認識・メディア理解B(コンピュータビジョンとコンピュータグラフィックス),一般セッション)

    椎名 雄飛, 池永 剛

    電子情報通信学会総合大会講演論文集   2012 ( 2 ) 143 - 143  2012年03月

    CiNii

  • 差分情報に基づくパーティクルフィルタを用いた複雑環境下における物体追跡

    椎名 雄飛, 池永 剛

    電子情報通信学会技術研究報告. PRMU, パターン認識・メディア理解   111 ( 430 ) 173 - 178  2012年02月

     概要を見る

    パーティクルフィルタは,多数の粒子による予測に基づく手法であり,ロバストな物体追跡アルゴリズムとして,様々な応用がなされている.しかし,物体の色や形状に基づく尤度計算によって各粒子の尤度を決定しているため,同じような色・形状を持った物体や背景に追跡領域が奪われてしまうという問題があった.そこで本論文では,同色背景や同色物体が潜む複雑環境下での高精度な追跡を目的とした,差分情報に基づくパーティクルフィルタを提案する.本提案では,フレーム間差分によって得られた動物体の情報を尤度計算に組み込むことによって,複雑環境下においても高精度な追跡を可能にしている.本アルゴリズムをソフトウェア実装し,バレーボールシーンのボール追跡に適用した結果,高精度な追跡が可能であることを確認した.

    CiNii

産業財産権

  • 画像処理装置、画像処理方法及び画像処理プログラム

    5337667

    池永 剛, 佐々木 毅

    特許権

  • 補間器及び小数動き推定装置

    後藤 敏, 池永 剛, 楊 長旗

    特許権

  • SAD演算器

    後藤 敏, 池永 剛, 宋 揚, 岡村 陽介

    特許権

  • 付加情報処理装置、情報処理装置、及び、記憶装置

    池永 剛, 後藤 敏

    特許権

  • 画像処理装置、画像処理方法、画素抽出方法、それらの方法をコンピュータにより実行可

    池永 剛, 馬場 孝明, 後藤 敏

    特許権

  • LDPC符号検出装置及びLDPC符号検出方法

    後藤 敏, 池永 剛, 戸川 望, 清水 一範

    特許権

  • 画像信号の符号化方法および装置

    池永 剛, 後藤 敏, 馬場 孝明

    特許権

  • 乗算剰余演算器及び情報処理装置

    4170267

    池永 剛, 後藤 敏

    特許権

  • 乗算剰余演算器及び情報処理装置

    4180024

    後藤 敏, 池永 剛

    特許権

  • 動き推定方法及び動き推定装置、並びにプログラム

    4537136

    後藤 敏, 李 申, 池永 剛

    特許権

▼全件表示

受賞

  • Best Presentation Award

    2020年06月   5th International Workshop on Pattern Recognition (IWPR 2020)   3D pose reconstruction with multi-perspective and spatial confidence point group for jump analysis in figure skating  

    受賞者: Limao Tian, Xina Cheng, Masaaki Honda, Takeshi Ikenaga

  • Waseda University Presidential Teaching Award

    2020年01月   早稲田大学  

    受賞者: 池永 剛

  • Best Presentation Award

    2019年08月   3rd International Conference on Artificial Intelligence and Virtual Reality (AIVR 2019)   Motion Statistic Based Local Homography Transformation Estimation for Mismatch Removal  

    受賞者: Songlin Du, Takeshi Ikenaga

  • Best Presentation Award

    2018年09月   The 6th IIAE International Conference on Intelligent Systems and Image Processing (ICISIP2018)   Search-Free Gridding and Temporal Local Matching Based Observation for High Frame Rate and Ultra-Low Delay SLAM System  

    受賞者: Yuchen Yang, Songlin Du, Takeshi Ikenaga

  • Best Paper Award

    2017年11月   IEEE International Symposium on Intelligent Signal Processing and Communication Systems 2017 (ISPACS2017)   Low-Dimensional Superpixel Descriptor for Visual Correspondence Estimation in Video  

    受賞者: Songlin Du, Takeshi Ikenaga

  • Best Presentation Award

    2017年03月   Second International Conference on Multimedia and Image Processing (ICMIP 2017)   Real-time 3D Ball Tracking with CPU-GPU Acceleration Using Particle Filter with Multi-command queues and Stepped Parallelism Iteration  

    受賞者: Yilin Hou, Xina Cheng, Takeshi Ikenaga

  • Best Paper Award

    2016年03月   12th IEEE Colloquium on Signal Processing and its Applications (CSPA 2016)  

    受賞者: Yutaro Kawakami, Gaoxing Chen, Takeshi Ikenaga

  • Certificate of APSIPA Distinguished Lecturer Program

    2015年12月   APSIPA  

    受賞者: Takeshi Ikenaga

  • Best Paper Award

    2014年05月   The Sixth International Conferences on Advances in Multimedia (MMEDIA 2014)   Keypoint of Interest Based on Spatio-temporal Feature Considering Mutual Dependencyand Camera Motion  

    受賞者: Takahiro Suzuki, Takeshi Ikenaga

  • Best Paper Award

    2014年03月   Journal of Signal Processing   Adaptive-Motion-Detection-Based Skip-Mode Predecision in Motion Estimation for Video Surveillance  

    受賞者: Jia Su, Takeshi Ikenaga

  • ベストポスター賞

    2011年10月   映像メディア処理シンポジウム   ウェアラブル型ハンズフリーデジカメ実現のためのハンドジェスチャインタフェース  

    受賞者: 岩﨑義将, 池永 剛

  • ICD最優秀ポスター賞

    2010年05月   LSIとシステムのワークショップ2010   KLT Trackerを用いたリアルタイム動き検出システム  

    受賞者: 筬島 敏光, 河根 広大, 佐々木 毅, 下袴田 直樹, 岡本 隆浩, 大住 勇治, 池永 剛

  • Samsung Award

    2009年11月   International SoC Design Conference (ISOCC2009)   Architecture Optimization for H.264/AVC Propagate Partial SAD Engine in HDTV Application  

    受賞者: Yiqing Huang, Takeshi Ikenaga

  • Best Paper Award

    2009年03月   The 5th International Colloquium on Signal Processing and its Applications (CSPA 2009)   VLSI Oriented Fast Motion Estimation Algorithm Based on Macroblock and Motion Feature Analysis  

    受賞者: Yiqing Huang, Takeshi Ikenaga

  • 画像電子学会論文誌優秀論文賞

    2008年06月   画像電子学会   キュービック補間に基づく魚眼画像の高画質補正アルゴリズム及び専用ハードウェアエンジンの提案  

    受賞者: 森隆 寛, 外村 元伸, 大住 勇治, 後藤 敏, 池永 剛

  • IP優秀賞

    2008年04月   第10回LSI IPデザイン・アワード   1.41W フルハイビジョン用H.264/AVCエンコーダSoC  

    受賞者: 池永 剛, 劉 振宇, 宋 楊, 邵 明, 李 申, 李 凌峰, 後藤 敏, 石渡俊一, 中河正樹

  • Samsung Electronics Award Silver Prize

    2007年10月   International SoC Design Conference   A High Throughput Multiple Transform Architecture for H.264/AVC Fidelity Range Extensions  

    受賞者: Yao Ma, Yang Song, Takeshi Ikenaga, Satoshi Goto

  • IP賞

    2007年05月   第9回LSI IPデザイン・アワード   1.14Gb/s 15360bit LDPC符号復号器  

    受賞者: 清水一範, 池永剛, 後藤敏

  • IP賞

    2006年05月   第8回LSI IPデザイン・アワード   高セキュリティを実現するIPsecプラットフォーム  

    受賞者: 東 邦彦, 大塚 重和, 深澤 宏, 嶋崎 真也, 鈴木 孝一郎, 古川 輝幸, 久門 亨, 後藤 敏, 池永 剛

  • DAC/ISSCC 2006 Student Design Contest, Conceptual Category: 1st Place Winner

    2006年02月   DAC/ISSCC   ASIC Implementation of LDPC Decoder Accelerating Message-Passing Schedule  

    受賞者: Kazunori Shimizu, Tatsuyuki Ishikawa, Nozomu Togawa, Takeshi Ikenaga, Satoshi Goto

  • 技術賞

    1999年01月   NTT 入出力システム研究所  

    受賞者: 池永 剛

  • 革新研究賞

    1996年12月   NTTシステムエレクトロニクス研究所  

    受賞者: 池永 剛

  • 研究実用化賞

    1995年12月   NTT LSI研究所  

    受賞者: 池永 剛

  • 学術奨励賞

    1992年03月   電子情報通信学会  

    受賞者: 池永 剛

  • 古河山水賞

    1988年03月   早稲田大学  

    受賞者: 池永 剛

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • カメラからの映像情報を入力とした完全自動3次元スポーツ解析技術

    研究期間:

    2016年04月
    -
    2019年03月
     

     概要を見る

    本研究では、解析データに基づく高度なゲーム戦略の実現や、新たな情報を付加したTVスポーツ中継システムなどを対象として、複数の高精細ビデオカメラから撮影した実試合の映像情報を入力とした完全自動3次元スポーツシーン解析技術の実現を目指した取り組みを行なった。この結果、バレーボールにおいて、ボールや選手の3次元位置などをを99%以上の精度で、実時間で処理できる事を確認した。さらに、レシーブ、トス、スパイクなど、どのようなプレーがなされたかのイベント情報や、アタックの型や時間、有効なアタッカーやブロッカーの数、セッターの位置など、アタックの効果を示す戦略情報に対しても自動取得可能な事を確認した。実試合に適用可能な高精度な完全自動3次元スポーツ解析技術により、あらゆるバレーボール試合の多様な解析データが人手を介さず簡易に取得可能となる。これにより、バレーボール戦略の構築に、従来にない全く新しい手段を提供できることになり、スポーツ科学の世界に新たな可能性とインパクトを与えるものと思われる。さらに、実際に、ナショナルチーム等と協力しながら、オリンピック等の国際試合のメダル等の結果につなげていくことにより、社会的にも大きなインパクトを示せる。さらに本提案で検討・実現した各種3次元情報取得の基盤技術は、将来的に卓球、テニスなど幅広いスポーツに展開でき、将来のスポーツ産業への貢献も期待できる

  • 実態情報学博士プログラム(プログラム担当)

    博士課程教育リーディングプログラム

    研究期間:

    2013年
    -
    2019年
     

  • スポーツ解析(研究代表)

    研究期間:

    2016年
    -
    2018年
     

  • カメラからの映像情報を入力とした完全自動3次元スポーツ解析技術

    科学研究費助成事業(早稲田大学)  科学研究費助成事業(挑戦的萌芽研究)

    研究期間:

    2016年
    -
    2018年
     

  • 非線形超解像を用いた低コスト超高精細動画像圧縮システムの研究

    研究期間:

    2014年04月
    -
    2017年03月
     

     概要を見る

    本研究は、高臨場感動画像通信・放送サービス実現のコアとなる、超高精細動画像向けHEVC圧縮システムの低コスト化を可能とする技術を創出する事を目標に取り組んできた。3年間の活動を通じて、HEVCさらには、その拡張標準であるSHVC、SSCに対し、多様なハードウェア向きアルゴリズム、およびその低演算量化の成果を発信した。また、映像機器、放送・通信関連企業とも積極的に交流を深め、高精細映像システムをソリューションビジネスに生かす応用面での検討として、スポーツ解析技術、監視カメラなど幅広い取り組みも行った

  • 非線形超解像を用いた低コスト超高精細動画像圧縮システムの研究

    科学研究費助成事業(早稲田大学)  科学研究費助成事業(基盤研究(B))

    研究期間:

    2014年
    -
    2016年
     

  • 高速映像システム(研究代表)

    研究期間:

    2015年
    -
     
     

  • 超高精細動画像向け画像圧縮LSI構成法の研究

    研究期間:

    2011年04月
    -
    2014年03月
     

     概要を見る

    本研究は、次世代の高臨場感動画像通信・放送サービス実現のコアとなる、超高精細動画像向け低演算量画像圧縮アルゴリズム、アーキテクチャの実現を目標に取り組んできた。3年間の活動を通じて、動き予測、適応型補間フィルタ、直交変換・量子化など、動画像圧縮の基本処理に対する成果を始めとして、2013年1年に標準化されたHEVC (High Efficiency Video Coding)の新機能であるイントラ予測やSAOなど多様な成果を発信した。映像機器、放送・通信関連企業に対する技術交流も積極的に行ってきており、4KやSuperHDTVなどの超高精細動画像サービス実現に向けた動きが活発になっている

  • カメラ向け画質評価(分担)

    研究期間:

    2013年
    -
    2014年
     

  • 超高精細動画像向け画像圧縮LSI構成法の研究

    科学研究費助成事業(早稲田大学)  科学研究費助成事業(基盤研究(B))

    研究期間:

    2011年
    -
    2013年
     

     概要を見る

    本研究は、次世代の高臨場感動画像通信・放送サービス実現のコアとなる、超高精細動画像向け低演算量画像圧縮アルゴリズム、アーキテクチャの実現を目標に取り組んできた。3年間の活動を通じて、動き予測、適応型補間フィルタ、直交変換・量子化など、動画像圧縮の基本処理に対する成果を始めとして、2013年1年に標準化されたHEVC (High Efficiency Video Coding)の新機能であるイントラ予測やSAOなど多様な成果を発信した。映像機器、放送・通信関連企業に対する技術交流も積極的に行ってきており、4KやSuperHDTVなどの超高精細動画像サービス実現に向けた動きが活発になっている。

  • 映像トランスコード技術に関する研究(研究代表)

    研究期間:

    2012年
     
     
     

  • 次世代画像符号化方式(研究代表)

    研究期間:

    2010年
    -
    2012年
     

  • 高機能材料デバイスとシステム開発研究(研究メンバー)

    ハイテク・リサーチ・センター整備事業:

    研究期間:

    2007年
    -
    2012年
     

  • アンビエントSoC教育研究の国際拠点 (副研究総括、事業推進担当者)

    グローバルCOE

    研究期間:

    2007年
    -
    2012年
     

  • 超低消費電力メディア処理SoCの研究(研究メンバー)

    CREST

    研究期間:

    2006年
    -
    2012年
     

  • スーパーハイビジョン映像符号化LSIの研究 (研究代表)

    研究期間:

    2008年
    -
    2010年
     

  • ローム研究助成 (研究代表)

    研究期間:

    2009年
     
     
     

  • 画像処理認識技術の研究開発 (研究代表)

    研究期間:

    2008年
    -
    2009年
     

  • 画像符号化SoC開発 (研究代表)

    研究期間:

    2008年
     
     
     

  • ICTアプリケーションLSI IPとその設計基盤技術の研究(研究メンバー)

    知的クラスターII

    研究期間:

    2007年
    -
    2008年
     

  • 次世代FPGA向けアプリケーション技術の研究 (研究代表)

    研究期間:

    2007年
    -
    2008年
     

  • 車載向け画像認識システムの研究開発 (分担)

    研究期間:

    2007年
    -
    2008年
     

  • ICTアプリケーションIP開発 (分担)

    研究期間:

    2007年
    -
    2008年
     

  • 超高精細画像向け画像コーデックの研究開発 (分担)

    研究期間:

    2007年
    -
    2008年
     

  • 超低消費電力画像圧縮LSI (分担)

    研究期間:

    2005年
    -
    2007年
     

  • 高速無線通信 (分担)

    研究期間:

    2005年
    -
    2007年
     

  • システムLSI設計のための基盤ソフトウェア(プロジェクトメンバー)

    科学技術振興調整費人材養成

    研究期間:

    2003年
    -
    2007年
     

  • JPEG2000の高速アルゴリズム (研究代表)

    研究期間:

    2005年
    -
    2006年
     

  • 耐タンパ暗号処理LSI (研究代表)

    研究期間:

    2005年
    -
    2006年
     

  • 画像処理用システムLSI (研究代表)

    研究期間:

    2005年
    -
    2006年
     

  • Silicon in Silicon技術を用いた画像処理LSI (分担)

    研究期間:

    2004年
    -
    2006年
     

  • 動的再構成可能LSI (研究代表)

    研究期間:

    2004年
    -
    2006年
     

  • 画像セキュリティLSI (研究代表)

    研究期間:

    2004年
    -
    2006年
     

  • ユビキタス情報処理用システムLSI(研究代表)

    知的クラスター

    研究期間:

    2002年
    -
    2006年
     

  • 携帯機器用統合画像処理エンジンLSI (研究代表)

    研究期間:

    2002年
    -
    2006年
     

  • RSA暗号の高速演算アルゴリズム (研究代表)

    研究期間:

    2002年
    -
    2006年
     

  • 動画像圧縮アプリケーション開発 (研究代表)

    研究期間:

    2005年
     
     
     

  • 高性能公開鍵暗号処理LSI (研究代表)

    研究期間:

    2002年
    -
    2004年
     

  • インテリジェントセンシング用インタフェースLSI (研究代表)

    研究期間:

    2003年
     
     
     

  • ユビキタス無線通信用動的再構成可能LSI (研究代表)

    研究期間:

    2002年
    -
    2003年
     

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 映像センサを用いたスポーツ情報解析

    池永 剛  [招待有り]

    電子情報通信学会スマートインフォメディアシステム研究会  

    発表年月: 2016年12月

  • Video Processing System Industry - Challenge for innovation -

    Takeshi Ikenaga  [招待有り]

    APSIPA Distinguished Lecture Program in Nanyang  

    発表年月: 2015年12月

  • Video Processing System Industry - Challenge for innovation -

    Takeshi Ikenaga  [招待有り]

    APSIPA Distinguished Lecture Program in Tokyo Insititue of Technology  

    発表年月: 2015年06月

  • Video Processing System Industry - Challenge for innovation -

    Takeshi Ikenaga  [招待有り]

    APSIPA Distinguished Lecture Program in Nanjing University  

    発表年月: 2015年05月

  • Video Processing System Industry - Challenge for innovation -

    Takeshi Ikenaga  [招待有り]

    APSIPA Distinguished Lecture Program in Southeast University  

    発表年月: 2015年05月

  • Temporal Information based Adaptive Coding Unit Depth Decision for Low-Complexity HEVC Inter Prediction

    Jiawang Gu, Gaoxing Chen, Zhenyu Liu, Takeshi Ikenaga

    SOFT九州支部 中国・四国支部合同支部大会  

    発表年月: 2015年03月

  • 身体の動作軌跡のクラスタ化に基づく特徴量を用いたバレーボールの動作検出

    久保田 栄次郎, 誉田 雅彰, 池永 剛

    画像電子学会第272回研究会  

    発表年月: 2015年02月

  • APSIPA SPS TC Special lecture in Chulalongkorn University

    Takeshi Ikenaga  [招待有り]

    APSIPA  

    発表年月: 2014年12月

  • APSIPA SPS TC Special lecture in Tohoku University

    Takeshi Ikenaga  [招待有り]

    APSIPA  

    発表年月: 2014年06月

  • Smart Feature Detection Device for Cloud based Video Recognition System

    Takeshi Ikenaga  [招待有り]

    International Symposium on VLSI Design, Automation & Test (VLSI-DAT 2014)  

    発表年月: 2014年04月

  • 自転車特有の角度変化と上下振動を考慮した予測・尤度モデルを用いたパーティクルフィルタによる後方確認支援向け車両追跡

    三上洋平, 生駒哲一, 池永 剛

    電子情報通信学会パターン認識・メディア理解研究会  

    発表年月: 2014年03月

  • 車載機器向けHCIのための動き特徴量と追跡を用いた手輪郭補正と指の長さの2段階閾値に基づくクリック動作検出

    北尾 雄一朗, 池永 剛

    電子情報通信学会パターン認識・メディア理解研究会  

    発表年月: 2014年03月

  • クラス結合とブロック境界予測に基づいたHEVCのハードウェア向けSAOアルゴリズム

    裴 振宇, 陳 高星, 劉 振宇, 池永 剛

    電子情報通信学会画像工学研究会  

    発表年月: 2014年03月

  • 画像内の肌色ノイズ領域除去を目的とした動き情報と追跡処理を用いた手領域検出手法

    北尾 雄一朗, 池永 剛

    28回信号処理シンポジウム  

    発表年月: 2013年11月

  • クラス結合と事前決定に基づいたHEVCのサンプルアダプティブオフセットにおける低演算処理

    裴 振宇, 陳 高星, 池永 剛

    28回信号処理シンポジウム  

    発表年月: 2013年11月

  • APSIPA SPS TC Special lecture in National Chao-Tung University

    Takeshi Ikenaga  [招待有り]

    APSIPA  

    発表年月: 2013年03月

  • APSIPA SPS TC Special lecture in National Cheng-Kung University

    Takeshi Ikenaga  [招待有り]

    APSIPA  

    発表年月: 2013年03月

  • 動的背景差分と照明環境を考慮した影面積変化によるプロジェクター向けジェスチャーインタフェース

    奥山顕太, 池永剛

    火の国シンポジウム2013  

    発表年月: 2013年03月

  • CAMshift法を用いた指追跡と指の長さ変化の分析による空中クリック動作認識

    北尾 雄一朗, 池永 剛

    2013年電子情報通信学会総合大会  

    発表年月: 2013年03月

  • 再構成超解像におけるイテレーションと画質

    合志 清一, 関口 裕之, 清水 嘉泰

    映像情報メディア学会2012年冬季大会  

    発表年月: 2012年12月

  • エンハンシングとスムージングを両立した非線形偏微分方程式に基づく高画質化手法

    清水 嘉泰, 池永 剛

    映像メディア処理シンポジウム(IMPS 2012)  

    発表年月: 2012年10月

  • 対象静止時にも対応した動きと色を特徴量とするCAMshift による実時間両手追跡手法

    荒木 良介, 池永 剛

    映像メディア処理シンポジウム(IMPS 2012)  

    発表年月: 2012年10月

  • CAMshift 法による手と指の同時追跡を用いたクリック動作認識

    北尾 雄一朗, 池永 剛

    映像メディア処理シンポジウム(IMPS 2012)  

    発表年月: 2012年10月

  • 配ヒストグラムを利用した特徴点検出と特徴量記述の並列ハードウェア実装

    鈴木 貴大, 池永 剛

    映像メディア処理シンポジウム(IMPS 2012)  

    発表年月: 2012年10月

  • 再構成型超解像の新たな課題

    合志 清一, 関口 裕之, 清水 嘉泰, 池永 剛

    2012年電子情報通信学会ソサイエティ大会  

    発表年月: 2012年09月

  • 超解像化映像の主観評価

    合志 清一, 関口 裕之, 清水 嘉泰, 池永 剛

    2012年電子情報通信学会ソサイエティ大会  

    発表年月: 2012年09月

  • 非線形処理を用いた映像の超解像化

    合志 清一, 関口 裕之, 清水 嘉泰, 池永 剛

    2012年電子情報通信学会ソサイエティ大会  

    発表年月: 2012年09月

  • 非線形超解像技術の提案と画質評価

    合志 清一, 関口 裕之, 清水 嘉泰, 池永 剛

    電子情報通信学会パターン認識・メディア理解研究会  

    発表年月: 2012年09月

  • 動きマスクと動き予測を適用したCAMshift による実時間両手領域検出・追跡手法

    荒木 良介, 池永 剛

    第18回画像センシングシンポジウム  

    発表年月: 2012年06月

  • 手領域における重みづけを用いたMeanshiftによる指先追跡

    北尾 雄一朗, 荒木 良介, 池永 剛

    第18回画像センシングシンポジウム  

    発表年月: 2012年06月

  • コーナー検出に基づく低演算SIFTのFPGAによる実時間処理

    鈴木 貴大, 池永 剛

    第18回画像センシングシンポジウム  

    発表年月: 2012年06月

  • 特徴領域に基づくパーティクルフィルタを用いた複雑環境下における物体追跡

    椎名 雄飛, 池永 剛

    第18回画像センシングシンポジウム  

    発表年月: 2012年06月

  • ウェアラブル型デジタルカメラ実現のための手指領域を用いたハンドジェスチャインタフェース

    岩義将, 池永 剛

    画像電子学会第260回研究会  

    発表年月: 2012年03月

  • 粒子予測と均等分割に基づくパーティクルフィルタの高速化手法

    三上洋平, 池永 剛

    2012年電子情報通信学会総合大会  

    発表年月: 2012年03月

  • パーティクルフィルタを用いた二物体同時追跡に基づくリカバリー手法

    椎名雄飛, 池永 剛

    2012年電子情報通信学会総合大会  

    発表年月: 2012年03月

  • モーションマスクを利用したCAMshiftによる実時間手領域検出・追跡手法

    荒木良介, 池永 剛

    2012年電子情報通信学会総合大会  

    発表年月: 2012年03月

  • コーナー検出に基づく低演算量SIFTアルゴリズムの実時間ハードウェア実装

    鈴木貴大, 池永 剛

    2012年電子情報通信学会総合大会  

    発表年月: 2012年03月

  • Special lecture in Shanghai Jiao Tong University

    Takeshi Ikenaga  [招待有り]

    APSIPA  

    発表年月: 2012年02月

  • Special lecture in Fudan University

    Takeshi Ikenaga  [招待有り]

    APSIPA  

    発表年月: 2012年02月

  • Special lecture in Nanjing University

    Takeshi Ikenaga  [招待有り]

    APSIPA  

    発表年月: 2012年02月

  • Special lecture in Tsinghua University

    Takeshi Ikenaga  [招待有り]

    APSIPA  

    発表年月: 2012年02月

  • 差分情報に基づくパーティクルフィルタを用いた複雑環境下における物体追跡

    椎名雄飛, 池永 剛

    電子情報通信学会パターン認識・メディア理解研究会  

    発表年月: 2012年02月

  • ウェアラブル型ハンズフリーデジカメ実現のためのハンドジェスチャインタフェース

    岩崎義将, 池永 剛

    映像メディア処理シンポジウム(IMPS 2011)  

    発表年月: 2011年10月

  • 積分画像によるコーナー検出とSIFT特徴量を組み合わせた実時間マッチング

    鈴木貴大, 池永 剛

    映像メディア処理シンポジウム(IMPS 2011)  

    発表年月: 2011年10月

  • 非線形フィルタに基づく高精細ディスプレイ向け実時間超解像システム

    清水 嘉泰, 池永 剛

    第17回画像センシングシンポジウム  

    発表年月: 2011年06月

  • スポーツシーンにおける不規則運動物体追跡を目指した2重モデル型パーティクルフィルタ

    椎名 雄飛, 池永 剛

    第17回画像センシングシンポジウム  

    発表年月: 2011年06月

  • マンマシンインターフェースを対象としたKLT Trackerの特徴点集合による両手領域追跡

    荒木 良介, 池永 剛

    第17回画像センシングシンポジウム  

    発表年月: 2011年06月

  • 輝度値の勾配変化とラプラシアンに基づいた非線形フィルタによる低演算量超解像とそのハードウェア実装

    清水嘉泰, 池永 剛

    第44回 機能集積情報システム研究会  

    発表年月: 2011年03月

  • 曲率に基く特徴点抽出とラベリングによる追跡を行う実時間ハンドジェスチャインタフェース

    岩崎義将, 池永 剛

    火の国シンポジウム2011  

    発表年月: 2011年03月

  • KLT Tracker を用いた特徴点集合による手領域追跡

    荒木良介, 池永 剛

    2011年電子情報通信学会総合大会  

    発表年月: 2011年03月

  • 2 重モデルに基づくパーティクルフィルタを用いた不規則運動物体の追跡

    椎名雄飛, 池永 剛

    2011年電子情報通信学会総合大会  

    発表年月: 2011年03月

  • ハイパスフィルタおよび周辺画素の差分二乗和を利用した非線形フィルタによる低演算量超解像フィルタ

    清水嘉泰, 池永 剛

    2011年電子情報通信学会総合大会  

    発表年月: 2011年03月

  • フレーム間移動量による適応型パーティクルフィルタを用いた垂直方向の不規則運動物体の追跡

    椎名 雄飛, 池永 剛

    画像電子学会第254回研究会  

    発表年月: 2010年11月

  • KLT Trackerを用いたリアルタイム動き検出システム

    筬島 敏光, 河根 広大, 佐々木 毅, 下袴田 直樹, 岡本 隆浩, 大住 勇治, 池永 剛

    LSIとシステムのワークショップ2010  

    発表年月: 2010年05月

  • 動きを考慮したKLT Tracker による実時間動き検出システムの実現

    河根広大, 佐々木毅, 岡本隆浩, 筬島敏光, 池永剛

    第41回 機能集積情報システム研究会  

    発表年月: 2010年03月

  • 普及型FPGAを用いたKLT Trackerの実時間処理システムの実現

    河根広大, 佐々木毅, 岡本隆浩, 筬島敏光, 池永剛

    画像電子学会第250回研究会  

    発表年月: 2010年03月

  • 動きを考慮したKLT Trackerによる特徴点選択ハードウェアエンジンの実現

    佐々木毅, 河根広大, 岡本隆浩, 筬島敏光, 池永剛

    画像電子学会第250回研究会  

    発表年月: 2010年03月

  • 重みマスクを用いたKLT Tracker による動きを考慮した特徴点抽出法

    佐々木 毅, 河根 広大, 池永 剛, 岡本 隆浩, 筬島 敏光

    第24回 信号処理シンポジウム  

    発表年月: 2009年11月

  • 普及型FPGAを用いた実時間KLT Trackerの低コスト実装

    河根 広大, 佐々木 毅, 池永 剛, 岡本 隆浩, 筬島 敏光

    第24回 信号処理シンポジウム  

    発表年月: 2009年11月

  • Analysis of Adaptive Algorithm to Power Aware Designs for H.264/AVC Integer Motion Estimation Engine in HDTV Application

    Yiqing Huang, Takeshi Ikenaga  [招待有り]

    APSIPA  

    発表年月: 2009年10月

  • 動きを考慮したKLT Trackerの特徴点抽出法

    佐々木 毅, 河根 広大, 池永 剛

    電子情報通信学会ソサイエティ大会  

    発表年月: 2009年09月

  • 実時間KLT Trackerを用いた移動体検出システムの実現

    河根 広大, 坂寄 貴宏, 池永 剛

    LSIとシステムのワークショップ2009  

    発表年月: 2009年05月

  • 1D-based 2D Gaussian Convolution Unit Based Hardware Accelerator for Gaussian & DoG Pyramid Construction in SIFT

    Jingbang Qiu, Tianci Huang, Takeshi Ikenaga

    電子情報通信学会総合大会  

    発表年月: 2009年03月

  • メディア処理応用からの機能集積情報システムの実現

    池永 剛  [招待有り]

    第38回機能集積情報システム研究会  

    発表年月: 2009年03月

  • An Edge Information Based Block Size Decision Method for Intra Mode Decision in H.264/AVC

    Zhewen Zheng, Takeshi Ikenaga, Qin Liu, Yiqing Huang

    電子情報通信学会総合大会  

    発表年月: 2009年03月

  • Multi-Stage Based Inter Mode Decision Algorithm in H.264/AVC

    iqing Huang, Qin Liu, Takeshi Ikenaga

    電子情報通信学会総合大会  

    発表年月: 2009年03月

  • Bayesian Decision Based All-Zero Block Detection Algorithm in H.264/AVC

    Qin Liu, Yiqing Huang, Takeshi Ikenaga

    電子情報通信学会総合大会  

    発表年月: 2009年03月

  • Macroblock Level Rate Control for H.264/AVC Based on Model Parameter Update and Weighted Reference Calculation

    Shuijiong Wu, Yiqing Huang, Qin Liu, Takeshi Ikenaga

    電子情報通信学会総合大会  

    発表年月: 2009年03月

  • 1D-based 2D Gaussian Convolution Unit Based Hardware Accelerator for Gaussian & DoG Pyramid Construction in SIFT

    Jingbang Qiu, Tianci Huang, Takeshi Ikenaga

    電子情報通信学会総合大会  

    発表年月: 2009年03月

  • A GMM based Foreground Extraction Algorithm in Complex Background for Surveillance System

    Tian ci Huang, Jing bang Qiu, Takeshi Ikenaga

    電子情報通信学会総合大会  

    発表年月: 2009年03月

  • 実時間KLT Trackerの特徴点追跡ハードウェアの実現

    坂寄貴宏, 河根広大, 池永 剛

    電子情報通信学会総合大会  

    発表年月: 2009年03月

  • 実時間KLT Trackerの特徴点抽出ハードウェアの実現

    河根広大, 坂寄貴宏, 池永 剛

    電子情報通信学会総合大会  

    発表年月: 2009年03月

  • 実時間KLT Tracker向きハードウェアエンジンの実現

    坂寄貴宏, 池永 剛

    電子情報通信学会画像工学研究会  

    発表年月: 2009年03月

  • LDPC符号化OFDM-UWB方式に基づく820Mb/s ベースバンド処理LSI

    牛木 慎祐, 中村 浩一, 清水 一範, 王 棋, 阿部 裕太, 後藤 敏, 池永 剛

    電子情報通信学会集積回路研究会  

    発表年月: 2009年01月

  • eSTREAMストリーム暗号への差分電力解析

    久門 亨, 角尾 幸保, 池永 剛, 後藤 敏

    電子情報通信学会論文誌A  

    発表年月: 2008年11月

  • A Fast Block Type Decision Algorithm for H.264/AVC Intra Prediction

    Guifen Tian, Tianruo Zhang, Takeshi Ikenaga, Satoshi Goto

    電子情報通信学会ソサイエティ大会  

    発表年月: 2008年09月

  • A Novel Hardware-Friendly Regular 3-Step Integer Motion Estimation Algorithm for H.264/AVC

    Wenqi You, Xianghui Wei, Yang Song, Takeshi Ikenaga, Satoshi Goto

    電子情報通信学会ソサイエティ大会  

    発表年月: 2008年09月

  • VLSI Design of Level C Bandwidth Reduction Scheme for MPEG-2 to H.264/AVC Transcoding

    魏 湘輝, 池永 剛, 後藤 敏

    電子情報通信学会ソサイエティ大会  

    発表年月: 2008年09月

  • 簡易型KLT Trackerによる実時間動きベクトル抽出処理

    坂寄貴宏, 後藤 敏, 池永 剛

    電子情報通信学会ソサイエティ大会  

    発表年月: 2008年09月

  • メディア処理応用からのアンビエントSoC実現への取り組み

    池永 剛

    アンビエント グローバルCOEシンポジュウム  

    発表年月: 2008年06月

  • Rate Estimation in RDO of H.264/AVC

    Yan Zhuang, Takeshi Ikenaga, Satoshi Goto

    第21回回路 とシステム軽井沢ワークショップ  

    発表年月: 2008年04月

  • SAD Accumulation Termination Algorithm and Early Loop Termination Decision based High Quality Fast Motion Estimation for H.264/AVC

    Wenqi You, Yang Song, Xianghui Wei, Takeshi Ikenaga, Satoshi Goto

    第21回回路 とシステム軽井沢ワークショップ  

    発表年月: 2008年04月

  • A Low-cost LSI Design of AES against DPA Attack by Hiding Power Information

    Yibo Fan, Takeshi Ikenaga, Yukiyasu Tsunoo, Satoshi Goto

    第21回回路 とシステム軽井沢ワークショップ  

    発表年月: 2008年04月

  • 高効率Message-Passingスケジュールを用いたイレギュラーLDPC復号器の高速マルチレート設計

    阿部 裕太, 唐 文明, 李 星, 清水一範, 池永 剛, 後藤 敏

    第21回回路 とシステム軽井沢ワークショップ  

    発表年月: 2008年04月

  • An adaptive order for error concealment in H.264/AVC

    Jun Wang, Takeshi Ikenaga, Satoshi Goto

    電子情報通信学会集積回路研究会  

    発表年月: 2008年03月

  • Adaptive Spatial EC based on Numerical Measures of Edge Statistical Model

    Jun Wang, Takeshi Ikenaga, Satoshi Goto

    電子情報通信学会総合大会  

    発表年月: 2008年03月

  • A Mode Reduction Based Fast Integer Motion Estimation Algorithm for HDTV

    Wenqi You, Yang Song, Guifen Tian, Takeshi Ikenaga, Satoshi Goto

    電子情報通信学会総合大会  

    発表年月: 2008年03月

  • RATE ESTIMATION USING LINEAR PROGRAMMING IN RDO OF H.264AVC

    Yan Zhuang, Tianruo Zhang, Guifen Tian, Takeshi Ikenaga, Satoshi Goto

    電子情報通信学会総合大会  

    発表年月: 2008年03月

  • Level C+ Bandwidth Reduction Method for MPEG-2 to H.264 Transcoding

    Xianghui Wei, Hsing-Ying Ho, Weinqi You, Takeshi Ikenaga, Satoshi Goto

    電子情報通信学会総合大会  

    発表年月: 2008年03月

  • A Fast Mode Decision Algorithm for H.264/AVC Intra Prediction

    Guifen Tian, Tianruo Zhang, Wenqi You, Takeshi Ikenaga, Satoshi Goto

    電子情報通信学会総合大会  

    発表年月: 2008年03月

  • Group-Based Prediction Scheme on Multiple Reference Frame Fractional Motion Estimation in H.264/AVC

    Yao Ma, Yang Song, Yan Zhuang, Wenqi You, Takeshi Ikenaga, Satoshi Goto

    電子情報通信学会総合大会  

    発表年月: 2008年03月

  • High Throughput Rate-1/2 Partially-Parallel Irregular LDPC Decoder

    Wen Ji, Yuta Abe, Takeshi Ikenaga, Satoshi Goto

    電子情報通信学会総合大会  

    発表年月: 2008年03月

  • Integer Search Position Based Fast Motion Estimation in H.264/AVC

    Yiqing Huang, Satoshi Goto, Takeshi Ikenaga

    電子情報通信学会総合大会  

    発表年月: 2008年03月

  • Cross Low Pass Filter Based Subsampling Algorithm for H.264/AVC Motion Estimation

    Qin Liu, Satoshi Goto, Takeshi Ikenaga

    電子情報通信学会総合大会  

    発表年月: 2008年03月

  • A Novel Fast Block Type Decision Algorithm for Intra Prediction in H.264/AVC High Profile

    張 天若, 田 貴芬, 池永 剛, 後藤 敏

    電子情報通信学会総合大会  

    発表年月: 2008年03月

  • Prediction-based Center-bias Fast Fractional Motion Estimation Algorithm for H.264/AVC

    何 信瑩, 池永 剛, 後藤 敏

    電子情報通信学会総合大会  

    発表年月: 2008年03月

  • 長い符号長に適した低消費電力高効率Message-PassingLDPCデコーダーの設計

    田島直樹, 阿部裕太, 清水一範, 池永 剛, 後藤 敏

    電子情報通信学会集積回路研究会  

    発表年月: 2008年03月

  • 高効率Message-Passing スケジュールを用いた部分並列型イレギュラーLDPC復号器のマルチレート化設計

    阿部裕太, 田島直樹, 李 星, 清水一範, 池永 剛, 後藤 敏

    電子情報通信学会集積回路研究会  

    発表年月: 2008年03月

  • LDPC符号化OFDM方式における高速ベースバンド処理アーキテクチャの提案

    牛木慎祐, 中村浩一, 清水一範, 王 棋, 阿部裕太, 後藤 敏, 池永 剛

    電子情報通信学会集積回路研究会  

    発表年月: 2008年03月

  • H.264/AVCエラーコンシールメントに基づくUEPメディアシステムの消費電力削減手法

    田島直樹, 阿部裕太, 清水一範, 池永 剛, 後藤 敏

    電子情報通信学会総合大会  

    発表年月: 2008年03月

  • 動き予測のためのダイヤモンドウェッブ格子の探索アルゴリズム

    鄭 椙旭, 池永 剛, 後藤 敏

    電子情報通信学会総合大会  

    発表年月: 2008年03月

  • 高効率メッセージパッシングイレギュラーLDPC復号器の面積削減方法

    唐 文明, 阿部裕太, 池永 剛, 後藤 敏

    電子情報通信学会総合大会  

    発表年月: 2008年03月

  • メモリベース並列化FFT回路におけるメモリマッピング法

    牛木慎祐, 中村浩一, 清水一範, 後藤 敏, 池永 剛

    電子情報通信学会総合大会  

    発表年月: 2008年03月

  • A Hardware-oriented Hybrid Fast Mode Decision Algorithm in H.264/AVC Intra Encoder

    張 天若, 李 申, 林 恒遙, 池永 剛, 後藤 敏

    22回信号処理シンポジウム  

    発表年月: 2007年11月

  • Pixel Difference and Motion Feature Analysis to Complexity Reduction in H.264/AVC Motion Estimation

    黄 異青, 劉 振宇, 池永 剛, 後藤 敏

    22回信号処理シンポジウム  

    発表年月: 2007年11月

  • LDPC符号化UWB-OFDM方式におけるインターリーブ手法に関する提案

    中村浩一, 牛木慎祐, 清水一範, 後藤敏, 池永剛

    22回信号処理シンポジウム  

    発表年月: 2007年11月

  • 802.11nに準拠したLDPC誤り訂正符号の高速化設計

    阿部 裕太, 清水 一範, 李 星, 池永 剛, 後藤 敏

    第11回システムLSIワークショップ  

    発表年月: 2007年11月

  • ユビキタス・アンビエント情報化社会に向けた動画像圧縮LSI

    池永 剛  [招待有り]

    電子情報通信学会信号処理研究会  

    発表年月: 2007年10月

  • Video Compression LSI: Past, Present, and Future Trends

    Takeshi Ikenaga  [招待有り]

    The 7th International Conference on ASIC (ASICON2007)  

    発表年月: 2007年10月

  • ユビキタス・アンビエント情報化社会に向けた動画像圧縮LSI

    池永 剛  [招待有り]

    電子情報通信学会信号処理研究会  

    発表年月: 2007年10月

  • 動画像圧縮LSIの技術動向

    池永 剛  [招待有り]

    情報処理学会オーディオビジュアル複合情報処理研究会  

    発表年月: 2007年09月

  • 不均一誤り保護方式を用いたメディア処理システムの計算量削減手法

    田島直樹, 清水一範, 池永剛, 後藤敏

    情報処理学会オーディオビジュアル複合情報処理研究会  

    発表年月: 2007年09月

  • 動画像圧縮LSIの技術動向

    池永 剛  [招待有り]

    情報処理学会オーディオビジュアル複合情報処理研究会  

    発表年月: 2007年09月

  • OFDM無線通信向き高速・低消費電力FFT回路の提案

    牛木 慎祐, 清水 一範, 中村 浩一, 後藤 敏, 池永 剛

    電子情報通信学会集積回路研究会  

    発表年月: 2007年05月

  • An Efficient Encryption Scheme for H.264 Format Video Streams

    Jidong Wang, Yibo Fan, Takeshi Ikenaga, Satoshi Goto

    第20回回路 とシステム軽井沢ワークショップ  

    発表年月: 2007年04月

  • Motion-content based Search Range Prediction in Variable Block Size Motion Estimation

    ZhenXing Chen, Yang Song, Takeshi Ikenaga, Satoshi Goto

    第20回回路 とシステム軽井沢ワークショップ  

    発表年月: 2007年04月

  • Inter Search Mode Reduction Based Parallel Propagate Partial SAD Architecture for Variable Block Size Motion Estimation in H.264/AVC

    Yiqing Huang, Zhenyu Liu, Yang Song, Satoshi Goto, Takeshi Ikenaga

    第20回回路 とシステム軽井沢ワークショップ  

    発表年月: 2007年04月

  • Fragmented Edges Grouping for Monocular Building Extraction

    Jing Wang, Makoto Iwata, Hirokazu Koizumi, Hideo Shimazu, Satoshi Goto, Takeshi Ikenaga

    第20回回路 とシステム軽井沢ワークショップ  

    発表年月: 2007年04月

  • A real-time parallel architecture for human face detection based on the Algorithm Architecture Adequation approach

    Dmitriev Ivan, Grandpierre Thierry, Akil Mohamed, Ghorayeb Hicham, Satoshi Goto, Takeshi Ikenaga

    第20回回路 とシステム軽井沢ワークショップ  

    発表年月: 2007年04月

  • A High-speed Design of Montgomery Multiplier

    Yibo Fan, Takeshi Ikenaga, Satoshi Goto

    第20回回路 とシステム軽井沢ワークショップ  

    発表年月: 2007年04月

  • 高効率Message-Passingスケジュールを用いたLDPC復号器の低消費電力化

    清水 一範, 戸川 望, 池永 剛, 後藤 敏

    第20回回路 とシステム軽井沢ワークショップ  

    発表年月: 2007年04月

  • 高集積可能なソフトモジュール向けFixed-Outlineフロアプランナ

    山腰 由紀夫, 吉村 猛, 池永 剛, 後藤 敏

    第20回回路 とシステム軽井沢ワークショップ  

    発表年月: 2007年04月

  • 高効率Message-Passing スケジュールを用いた部分並列型イレギュラーLDPC復号器

    李 星, 清水一範, 池永 剛, 後藤 敏

    電子情報通信学会集積回路研究会  

    発表年月: 2007年03月

  • eSTREAM 提案暗号へのDPA解析報告

    久門 亨, 角尾 幸保, 深澤 宏, 庄司 陽彦, 後藤 敏, 池永 剛

    Symposium on Cryptography and Information Security (SCIS2007)  

    発表年月: 2007年01月

  • RSA暗号を実装したINSTAC-32に対するサイドチャネル攻撃実験

    深澤 宏, 東 邦彦, 後藤 敏, 池永 剛, 角尾 幸保, 久門 亨, 庄司 陽彦

    Symposium on Cryptography and Information Security (SCIS2007)  

    発表年月: 2007年01月

  • 楕円曲線暗号向けGF(2m) 上のDigit-Serial 乗算器の設計

    奈良竜太, 小原俊逸, 清水一範, 戸川望, 池永剛, 柳澤政生, 後藤敏, 大附辰夫

    電子情報通信学会VLSI設計技術研究会  

    発表年月: 2007年01月

  • モバイル向け0.3mW、1.4mm2動き検出プロセッサLSI

    平塚 誠一郎, 清水一範, 後藤 敏, 池永 剛

    電子情報通信学会集積回路研究会  

    発表年月: 2006年12月

  • キュービック補間を用いた魚眼レンズ画像の高画質補正アルゴリズムのFPGAを用いた実時間処理

    森 隆寛, 外村元伸, 大住 勇治, 池永 剛

    第10回システムLSIワークショップ  

    発表年月: 2006年11月

  • キュービック補間を用いた魚眼レンズ画像の高画質補正アルゴリズムの提案

    森 隆寛, 外村元伸, 池永 剛

    第5回情報科学技術フォーラム(FIT2006)  

    発表年月: 2006年09月

  • System-in-Silicon (SiS) 技術と動き探索エンジンへの応用

    熊谷浩一, Changqi Yang, 泉野人志, 成田信幸, 新城恵介, 岩下伸一, 中岡裕司, 河村智弘, 駒走英雄, 湊 司, 安保厚志, 鈴木隆昌, Zhenyu Liu, Yang Song, 後藤 敏, 池永 剛, 間淵 義宏, 吉田 健人

    電子情報通信学会集積回路研究会  

    発表年月: 2006年05月

  • Loss Free VLSI Oriented Full Computation Reusing Algorithm for H.264 Fractional Motion Estimation

    Ming Shao, Zhenyu Liu, Satoshi Goto, Takeshi Ikenaga

    第19回 回路とシステム軽井沢ワークショップ  

    発表年月: 2006年04月

  • A Strict Successive Elimination Algorithm for Fast Motion Estimation

    Yang Song, Zhenyu Liu, Takeshi Ikenaga, Satoshi Goto

    第19回 回路とシステム軽井沢ワークショップ  

    発表年月: 2006年04月

  • FIFOバッファによる高効率Message-Passingスケジュールを用いたLDPC復号器

    清水一範, 石川達之, 戸川望, 池永剛, 後藤敏

    第19回 回路とシステム軽井沢ワークショップ  

    発表年月: 2006年04月

  • A Derivative Bit Error Rate Model of UWB-Impulse Radio in the Presence of Inter-Symbol Interference

    Danyang Qu, Fumiaki Maehara, Satoshi Goto, Takeshi Ikenaga

    火の国情報シンポジウム2006  

    発表年月: 2006年03月

  • 動きベクトルによるスポーツ映像の競技シーン検出手法の提案

    奥川雄紀, 後藤 敏, 池永 剛

    情報処理学会第68回全国大会  

    発表年月: 2006年03月

  • 奥行情報を用いた携帯端末向けリアルタイム人物抽出LSI

    有門智弘, 後藤 敏, 池永 剛

    電子情報通信学会集積回路研究会  

    発表年月: 2006年03月

  • デジタルシネマ用JPEG 2000エンコーダ向け並列CBMアルゴリズム及びLSIアーキテクチャ

    伊東 健, 池永 剛, 中村 創

    電子情報通信学会集積回路研究会  

    発表年月: 2006年03月

  • 261MHz Parallel Tree Architecture for Full Search Variable Block Size Motion Estimation in H.264/AVC

    Zhenyu Liu, Yang Song, Takeshi Ikenaga, Satoshi Goto

    電子情報通信学会集積回路研究会  

    発表年月: 2006年01月

  • ストリーム暗号に対するDPA

    久門 亨, 角尾 幸保, 後藤 敏, 池永 剛

    Symposium on Cryptography and Information Security (SCIS2006)  

    発表年月: 2006年01月

  • メモリ容量削減手法を用いた高スループットLDPC復号器

    石川達之, 清水一範, 池永 剛, 後藤 敏

    電子情報通信学会集積回路研究会  

    発表年月: 2006年01月

  • Algorithm, architecture and system imtegration for video codec LSI

    Takeshi Ikenaga

    The 2nd Joint Waseda-NTU Workshop on Semiconductor Design  

    発表年月: 2005年12月

  • 復号特性を考慮した検査行列に基づく部分並列LDPC復号器

    劉 建廷, 清水 一範, 石川 達之, 池永 剛, 後藤 敏

    第9回システムLSIワークショップ  

    発表年月: 2005年11月

  • 携帯端末でのテレビ電話映像における奥行情報を用いた人物抽出アルゴリズム及びそのハードウェア化の提案

    有門智弘, 後藤 敏, 池永 剛

    第9回システムLSIワークショップ  

    発表年月: 2005年11月

  • 超低演算量な動き検出アルゴリズムと専用プロセッサへの実装

    塚誠一郎, 後藤 敏, 池永 剛

    電子情報通信学会信号処理/集積回路研究会  

    発表年月: 2005年10月

  • 携帯端末でのテレビ電話映像における奥行情報を用いた背景隠蔽

    有門智弘, 後藤 敏, 池永 剛

    電気関係学会九州支部第57回連合大会  

    発表年月: 2005年09月

  • Min-Sumアルゴリズムを用いたLDPC復号器のメモリ削減手法

    石川達之, 清水一範, 池永 剛, 後藤 敏

    電子情報通信学会VLD研究会  

    発表年月: 2005年06月

  • Motion Estimation Algorithm Modification and Implementation in H.264/AVC

    Yang Song, Zhenyu Liu, Satoshi Goto, Takeshi Ikenaga

    第18回回路とシステム軽井沢ワークショップ  

    発表年月: 2005年04月

  • Content-based Motion Estimation VLSI Design for Real-time MPEG-4 Video Coding

    Shen Li, Satoshi Goto, Takeshi Ikenaga, Hideki Takeda, Masataka Matusi

    第18回回路とシステム軽井沢ワークショップ  

    発表年月: 2005年04月

  • 信頼度の伝播効率を改善する部分並列LDPC復号器の実装と評価

    清水一範, 石川達之, 戸川望, 池永剛, 後藤敏

    第18回回路とシステム軽井沢ワークショップ  

    発表年月: 2005年04月

  • 適応型ツリーに基づく低計算量動画像圧縮アルゴズム

    平塚誠一郎, 後藤 敏, 馬場孝明, 池永 剛

    電子情報通信学会画像工学研究会(IE)  

    発表年月: 2005年03月

  • ハンディカムで撮影されたMPEG画像向け可変速早送りアルゴリズム及びそのハードウェア化の提案

    増永宏一, 後藤 敏, 池永 剛

    電子情報通信学会総合大会  

    発表年月: 2005年03月

  • MPEG画像向け可変速早送りアルゴリズム及びそのハードウェア化の提案

    増永宏一, 後藤 敏, 池永 剛

    電子情報通信学会ICD/VLD共催研究会  

    発表年月: 2005年03月

  • Sum-Productアルゴリズムにおける信頼度の伝播を改善する部分並列LDPC復号器の実装と評価

    清水一範, 石川達之, 戸川 望, 池永 剛, 後藤 敏

    電子情報通信学会ICD/VLD共催研究会  

    発表年月: 2005年03月

  • 低消費電力RSA暗号LSI

    久門 亨, 小林伸行, 池永 剛, 後藤 敏, 馬場孝明, 東 邦彦, 北尾一郎, 角尾幸保

    電子情報通信学会総合大会  

    発表年月: 2005年03月

  • 高性能GF(p)演算器を搭載した楕円曲線暗号LSI

    小林 伸行, 久門 亨, 内田 純平, 後藤 敏, 池永 剛, 角尾 幸保

    Symposium on Cryptography and Information Security (SCIS2005)  

    発表年月: 2005年01月

  • Video Processing SoC

    Takeshi Ikenaga

    NTU-Waseda System LSI Workshop  

    発表年月: 2004年11月

  • 動画圧縮のための三次元ウェーブレット変換

    張 青, 平塚誠一郎, 池永 剛, 後藤 敏, 馬場 孝明

    第19回信号処理シンポジウム  

    発表年月: 2004年11月

  • 固定カメラで撮影されたMPEG画像向け可変早送りのアルゴリズムおよびハードウェアの提案

    増永宏一, 後藤 敏, 池永 剛

    第8回システムLSIワークショップ  

    発表年月: 2004年11月

  • 楕円曲線暗号のLSI化

    小林伸行, 久門 亨, 内田純平, 後藤 敏, 池永 剛, 角尾幸保

    第8回システムLSIワークショップ  

    発表年月: 2004年11月

  • 公開鍵暗号向けモンゴメリ乗算剩余演算器

    久門 亨, 小林伸行, 池永 剛, 後藤 敏

    第8回システムLSIワークショップ  

    発表年月: 2004年11月

  • N bit-wise モンゴメリ乗算回路を搭載した楕円曲線暗号回路の実装

    小林伸行, 久門 亨, 内田純平, 後藤 敏, 池永剛, 角尾幸保

    電子情報通信学会ソサイエティ大会  

    発表年月: 2004年09月

  • ユビキタス情報化社会に向けたアプリケーションSoC

    池永 剛, 後藤 敏, 馬場孝明, 戸川 望

    計測自動制御学会 第4回 制御部門大会  

    発表年月: 2004年05月

  • System LSI education strategy at Waseda University

    Takeshi Ikenaga

    Waseda Univ. System LSI International Workshop  

    発表年月: 2004年01月

  • 多ビット乗算における演算回数の削減について

    久門 亨, 木村晋二, 池永 剛, 馬場孝明, 後藤 敏

    システムLSIワークショップ 2003  

    発表年月: 2003年11月

  • マルチモーダルインタフェースを用いた家庭内情報システム

    北端美紀, 池永剛, 野島久雄, 内村国治, 山下清美

    日本認知科学会第19回認知科学学会大会  

    発表年月: 2002年06月

  • キャラクターエージェントとのインタラクションの検討 —自己像表示を使ったインタフェースの評価—

    北端美紀, 池永剛, 野島久雄, 内村国治, 山下清美

    ヒューマンインタフェース学会第5回ノンバーバールインタフェース研究会  

    発表年月: 2002年03月

  • 個人化時代の家族間コミュニケーションを支援するシステムのあり方

    北端美紀, 池永剛, 野島久雄, 内村国治, 山下清美

    電子情報通信学会ネットワーク社会とライフスタイル時限研究会  

    発表年月: 2001年12月

  • 家庭内情報化におけるマルチモーダルインタフェースの役割

    北端美紀, 池永剛, 野島久雄, 内村国治, 山下清美

    日本認知科学会第18回認知科学学会大会  

    発表年月: 2001年06月

  • 超並列型2次元セルラーオートマトンCAM2を用いた実時間パターンスペクトラム処理

    池永 剛, 小倉 武

    情処第55回全大  

    発表年月: 1997年09月

  • トリー型ネットワークを用いた連想メモリへの高速データ転送法

    池永 剛, 小倉 武

    信学会全大97年秋  

    発表年月: 1997年09月

  • 超並列型2次元セルラーオートマトンCAM2を用いた実時間 Morphology

    池永 剛, 小倉 武

    信学技法  

    発表年月: 1997年01月

  • 超並列型2次元セルラーオートマトンCAM2を用いたDiscrete-time CNN

    池永 剛, 小倉 武

    情処第53回全大  

    発表年月: 1996年09月

  • 超並列型2次元セルラーオートマトンCAM2を用いたGray Scale Morphology

    池永 剛, 小倉 武

    信学会全大96年秋  

    発表年月: 1996年09月

  • 超並列型2次元セルラーオートマトン:CAM2

    池永 剛, 小倉 武

    信学技法  

    発表年月: 1996年04月

  • リアルタイムMPEG2符号化LSIの構成

    松田宏朗, 池田充郎, 安部哲哉, 草場律, 池永剛, 笠井良太

    96年春信学全大  

    発表年月: 1996年03月

  • 超並列型2次元セルラーオートマトン:CAM2

    池永 剛, 小倉 武

    情処第52回全大  

    発表年月: 1996年03月

  • 超並列型2次元セルラーオートマトンCAM2を用いたMorphology

    池永 剛, 小倉 武

    信学会全大96年春  

    発表年月: 1996年03月

  • 規則的パターンと乱数パターンを組み合わせたBIST構成法

    池永 剛, 小倉 武

    信学会全大 95年春  

    発表年月: 1995年03月

  • 大規模LSI用分散型BIST構成法とその設計支援環境

    池永 剛, 小倉 武

    信学技報  

    発表年月: 1994年11月

  • 大規模LSI用分散型BISTの設計環境

    池永 剛, 小倉 武

    情処第49回全大  

    発表年月: 1994年09月

  • 高性能DSP LSIの演算ユニットに対するBIST構成

    池永 剛, 小倉 武, 笠井 良太

    信学会全大 93年秋  

    発表年月: 1993年09月

  • 乱数伝搬度に着目したBIST評価手法

    池永 剛, 高橋 淳一, 小倉 武

    情処第45回全大  

    発表年月: 1992年10月

  • 分散型BIST向きパターン圧縮器

    池永 剛, 高橋 淳一

    信学会全大92年秋  

    発表年月: 1992年09月

  • DSP-LSIに適したBIST構成法

    池永 剛, 高橋 淳一

    信学技法  

    発表年月: 1992年06月

  • 演算器向きパターン発生器の提案-繰り返しLFSR-

    池永 剛, 高橋 淳一

    92年春季信学全大  

    発表年月: 1992年03月

  • 機能完全性を保証する加算器のテストパターン作成手法

    池永 剛, 山内 寛紀, 高橋 淳一

    信学技報  

    発表年月: 1991年05月

  • 複数のアルゴリズムを実行する専用プロセッサの設計とその評価

    池永 剛, 白井 克彦

    情処第40回全大  

    発表年月: 1990年03月

  • 複数のアルゴリズムを実行する専用プロセッサのアーキテクチャ設計

    池永 剛, 白井 克彦

    情処研報  

    発表年月: 1990年02月

  • 高位の仕様記述に基づく専用プロセッサ設計支援システム

    池永 剛, 竹沢 寿幸, 白井 克彦

    情処第39回全大  

    発表年月: 1989年10月

  • 専用プロセッサ設計における制御系の検討

    竹沢寿幸, 池永剛, 白井克彦

    情処研報  

    発表年月: 1988年05月

  • ハードウェアとソフトウェアを含んだ専用回路設計開発支援システム

    竹沢寿幸, 上野聡, 池永剛, 白井克彦

    88年春信学全大  

    発表年月: 1988年03月

▼全件表示

特定課題研究

  • CNNを用いたカスタマイズ可能な3D人物姿勢推定基盤

    2020年   Sonlin Du

     概要を見る

    ヒューマンマシンインタラクションや歩行動作など医療・介護などにおける人物の特徴的な動きに対する姿勢推定のためのカスタマイズ可能なCNN基盤実現を目指した取り組みを行った。人物の姿勢推定の高精度化のため、解像度に無関係なエンコーディングや難易度をバランスしたロス関数など、CNNのネットワークに依存しないSupervision手法を提案し、従来手法であるOpenPoseと比較して、4.9%の精度向上を達成した。さらに、2値のCNNネットワークを直接ハードワイヤー型で実装可能な技術やFPGA実装とGPU実装のヘテロ型のネットワーク構成により、超高速・超低遅延(1.3ms)と高精度化を両立可能な両手追跡技術を実現した。本研究に関連する成果として、3件の英文論文誌、3件の国際会議に採択された。 

  • 映像センシングによるスポーツ選手の3次元動作取得システムの実現

    2020年   Xian Cheng, Qin Liu

     概要を見る

    多様なスポーツ競技に対し、高度な戦略立案やプレーの評価を可能とするスポーツ解析システムの実現を目的として、ビデオカメラから撮影した実試合/競技の映像を入力としたスポーツ解析技術の検討を行った。バレーボールのスパイクの高さを自動取得に関しては、身体部分の分類と観察モデルに基づくオクルージョン検出手法を考案し、92.86%の精度で、平均誤差7.45cmでスパイクの高さを検出可能であることを確認した。フィギュアスケートのジャンプ動作時の3D姿勢推定に関しては、時間的な滑らかさと尤度分布に基づく離散確率ポイントの選択手法、マルチパースペクティブと組み合わせの統合に基づく大規模な会場の3D再構成技術、空間信頼点群と複数の制約に基づく人間の骨格推定などを考案し、関節レベルで92.96%、体全体で82.32%の精度で3D姿勢推定可能なことを確認した。本研究に関連する成果として、1件のIEICEの英文誌、6件の国際会議に採択された。 

  • カメラからの映像情報を入力とした完全自動3次元スポーツ解析技術

    2019年  

     概要を見る

    技術面から高度なバレーボールの戦略立案を可能とするシステムの実現を目的として、複数のビデオカメラから撮影した実試合の映像を入力とした種々の解析データの完全自動取得技術の検討を行なった。その結果、GTX1080Tiを用いることにより97%の追跡精度を保ったまま12人の選手を60fpsで追跡可能な技術、ボールや選手の3D位置情報と多視点からの局所特徴を組み合わせることによりバレーボールのプレーの質を自動評価可能とする技術、レシーブの反応時間を94%の精度で取得可能な技術、スパイクの手の高さを7cmの精度で取得可能な技術などを実現した。本研究に関連する成果として、2件のIEICEの英文誌、5件の国際会議に採択された。 

  • CNNに基づく1ms人物動作認識アルゴリズムおよびFPGA実装

    2019年  

     概要を見る

    次世代の超臨場感インタラクティブ応用のコアとなる、マッチング処理、CNNに基づく分類処理を対象とした超高速、超低遅延映像処理システムの実現を目的として研究を行った。前年度実現したORBのロバスト化のため、時間的な一貫性に基づく独自のミスマッチ除去アルゴリズム、Temporally forwardingに基づく超低遅延A-KAZEアルゴリズムを考案し、FPGAに実装した結果、VGA動画を784fpsのフレームレート、0.8msの遅延で処理できることを実証した。また、2段のヘテロ型CNNネットワークに基づく両手追跡アルゴリズムを考案し、超高速処理実現への見通しを得た。本研究に関連する成果として、2件のIEICEの英文誌、4件の国際会議に採択された。 

  • スポーツTV中継のための実時間バレーボール複数選手追跡システムの実現

    2018年   程 曦娜

     概要を見る

    複数の高精細ビデオカメラから撮影した実試合の映像を入力とした完全自動3次元スポーツシーン解析技術の検討を行ってきている。本研究では、スポーツTV中継等の応用をにらみ、12名の選手に対する既提案の追跡アルゴリズムに対し、GPUを用いる事により、実時間化(60fps)を行うことを目標として検討を行った。体の領域に制約を加えた予測モデル、色情報に重みを置いた画素選択法、HSV-Sovelを切り替える時間方向の高速化などの手法を提案し、処理の高速化を可能にした。GPU上に実装した結果、96.73%の追跡精度を保ったまま、16.01msで処理できることを確認した。本研究に関連する成果として、3件のIEICEの英文誌、6件の国際会議に採択された。 

  • 実環境下における高臨場インタラクティブ応用のための超低遅延映像処理システムの実現

    2018年  

     概要を見る

    次世代の超臨場感インタラクティブ応用のコアとなる、超高速、超低遅延映像処理システムの実現を目的として研究を行った。前年度実現した局所特徴量処理としてORBのロバスト化のため、剛体を想定した種々の変形に対する頑健性の向上に焦点を当てて取り組んだ。キーポイントを加える際に部分的にアップデートする手法、ハミング距離に基づく柔軟なROI算出方法、中心に重みを置いたリカバリー手法などの考案した。提案アルゴリズムに対するハードウェアを実現し、FPGAに実装した結果、VGA動画を、784fpsのフレームレート、0.8msの遅延で処理できることを実証した。本研究に関連する成果として、2件のIEICEの英文誌、5件の国際会議に採択された。

  • プレミアム・スポーツコンテンツ実現のための実時間スポーツ解析システムの実現

    2017年  

     概要を見る

    複数の高精細ビデオカメラから撮影した実試合の映像を入力とした完全自動3次元スポーツシーン解析技術の検討を行ってきている。本研究では、スポーツTV中継等の応用をにらみ、既提案のアルゴリズムに対し、GPUを用いる事により、実時間化(60fps)を行うことを目標として検討を行った。視線を優先するスレッド割り当て方法、バイナリ探索に基づく再重み付け並列化手法を提案し、処理の高速化を可能にした。GPU上に実装した結果、99.23%の追跡精度を保ったまま、3.4msで処理(CPU実装の20倍以上)できることを確認した。本研究に関連する成果として、3件のIEICEの英文誌、7件の国際会議に採択された。

  • 実環境下における高臨場インタラクティブ応用のための超低遅延映像処理システムの実現

    2017年  

     概要を見る

    次世代の超臨場感インタラクティブ応用のコアとなる、超高速、超低遅延映像処理システムの実現を目的として研究を行った。幅広い映像処理の基盤となる局所特徴量処理としてORBを取り上げ、Harrisを用いた特徴点検出やレジスターを用いた並列テンプレートマッチング方式、さらにはブロックを2つの領域に分けそれぞれの画素値の総和の差により対称性を求め、回転方向を算出するハード向きアルゴリズムなどを考案した。ハードウェアを実現し、FPGAに実装することにより、VGA動画を、1306fpsのフレームレート、0.8msの遅延で処理できることを実証した。本研究に関連する成果として、2件のIEICEの英文誌、4件の国際会議に採択された。

  • 高精細・高フレームレート映像を入力とした実時間特徴抽出システムの実現と応用展開

    2016年  

     概要を見る

    次世代の超臨場感インタラクティブ応用のコアとなる、高精細・高フレームレート映像を入力とした実時間特徴抽出システムの研究を行った。ロバストな追跡アルゴリズムとして、既に幅広い実環境応用に用いられているKLT Trackerを取り上げ、ブロック毎の極大値検索による新たな特徴点選択手法、サブ画素精度でのブロックマッチングの最適構成、新たな特徴点座標のメモリ格納法を考案した。提案をFPGAに実装することにより、VGA動画を、784fpsのフレームレート、0.762msの遅延で処理できることを実証した。関連成果として、IEICEの英文誌、CMVIT2017、MVA2017の国際会議に採択された。

  • バレーボール戦略解析のための映像情報を用いたボール追跡・選手動作認識

    2015年  

     概要を見る

    2020年の東京オリンピック開催に向けて、データ分析に基づくスポーツ戦略への取り組みが活発化している。中でもバレーボールは、各種解析データがゲームの勝敗に及ぼす効果は大きく、新たな技術開発が期待されている。本研究は、ビデオカメラからの映像情報を用いて、ボールの位置や、選手の動作などのデータを自動抽出するシステムの実現を目的として研究を行った。ボールや選手の3D位置追跡に関しては、バーティクルフィルターを用い、予測モデルや尤度推定を工夫することにより、いずれも99%を超える高い追跡精度を達成した。また、選手の動作解析は、Dense Trajectoriesを用いた手法を考案し、基本動作を検出できることを確認した。

  • 高精細映像を入力とした一般動物体認識システムの実現とその クラウド応用

    2014年  

     概要を見る

    情報爆発の時代において、メディアデータそのものを検索のキーとしたクラウドサービスの重要性が高くなってきている。本研究は、Full HD映像を入力とした認識システムを実現し、将来のクラウドサービスの実現に資することを目的としている。キーとなる特徴抽出処理としては、厳しい条件下でロバストな抽出が可能なSIFTを取り上げ、映像に対応させるため、時間方向への拡張を行った。今年度は特に、特徴点の時空間的な特徴に加えて、特徴点間の連結性にも着目することにより、重要な特徴点のみを抽出可能なアルゴリズムを考案した。

  • 超高精細動画像向け画像圧縮LSI構成法の研究

    2010年  

     概要を見る

     本研究では、次世代の高臨場感動画像通信・放送サービス実現のコアとなる、超高精細(7680×4320画素)動画像圧縮を方式仕様、アルゴリズム、LSIアーキテクチャの3つの視点から評価・検討を行い、5~10年先のLSI製造技術(10~20nm)を想定した場合における、LSI実現可能性、最適アルゴリズム・アーキテクチャ構成を明確化する事を目的に取り組んできている。 具体的には、動き予測処理、モード選択などH.264に用いられている技術に加えて、現在標準化がすすめられているH.265/HEVCで検討されている16×16を超える大きなブロックを用いたスーパーマクロブロック、適応型の内挿フィルター、インループフィルターなどに注力し、高精細画像を対処として、高画質かつ低演算量なアルゴリズムの検討を進めた。 その結果、整数画素精度動き予測処理においては、アーキテクチャおよび回路レベルの最適化により、Propagate Partial SADやSADツリーの低ハードウェア化を可能な見通しを得た。本成果は、IEICEの英文誌に採択された。また、スーパーマクロブロックに関しては、コンテンツベースのモード選択手法を考案し、適応型の内装フィルターに関しては、処理の1パス化により演算量を大きく削減可能な手法を考案し、それぞれ国際会議等の成果を発信した。 これらの成果は、適宜、関連企業との議論を行い成果の実用化を検討するとともに、H.265/HEVCなどに関しては、国際標準化への提案も模索した。

  • 超高精細動画像向け画像圧縮LSI構成法の研究

    2009年   黄 異青

     概要を見る

    メディア処理SoCの主要課題として、プロジェクト当初より取り組んできているH.264エンコーダLSIのさらなる低消費電力化を図るため、エンコーダ処理を各要素に切り分け、それぞれに対し低演算量化・低消費電力化が可能なハードウェアアルゴリズム構成法、LSIアーキテクチャ構成法の検討を進めた。H.264エンコーダの中で特に大きな演算量を占め、電力消費の主な要因となっている処理は、IME(整数画素精度動き予測処理)、FME(少数画素精度動き予測処理)、Inter/Intraモード選択処理の3つとなっており、90%以上の演算量/電力を占めている。特にこれらの低演算量化に注力し、あらゆる視点に立った提案評価をおこなってきた。IMEでは、算術解析、理論解析(レート歪理論など)により、テキスチャーと予測誤差の関係、高周波信号と可変ブロック処理や参照フレーム数の関係、差分絶対値和とエッジの分布との関係などを明確化し、それらに基づく、画像コンテンツによる初期演算打ち切り手法や、ブロック中のエッジ分布に基づく動的な探索範囲アルゴリズムなどを考案し、画質を落とすことなく30%-60%の演算量を削減可能な事を明らかにした。さらにこれらのエンコーダLSIへの組込み方法を明確にした。また、FMEに関しては、主要モジュールであるアダマール変換器に対し、ハードウェア再利用、ノイズ解析に基づく中間データのビット打ち切り、SATD処理のビット幅削減、SATD生成のためのCSA回路、クロックゲーティングなどの手法を提案した。評価により、画質を落とすことなく12~32%の電力を削減できる見通しを得た。さらに、Interモードに関しては、17個のモード選択処理が必要なInterモードに対して、均一な画像に対するモードスキップ処理や空間的・時間的解析に基づく早期判断処理手法などを提案し、画質を落とすことなく33%-66%の演算量削減を図った。

  • 高性能動画像通信処理用SoC技術の研究

    2007年  

     概要を見る

    本特定課題プロジェクトのテーマである「高性能動画像通信処理用SoC技術」の確立を目指し、動画像圧縮SoC、無線通信処理SoCの2つの分野を中心に検討を行った。動画像圧縮SoCでは、最先端の動画圧縮国際標準であるH.264/AVCを対象とし、低電力並びに高性能(フルハイビジョン画像)を両立可能なエンコーダLSIの実現を目指し検討を進めた。特に多くの演算量を必要とする整数画素精度動き予測処理に対しては、周波数解析、背景解析、動きの特徴解析などにより余分な処理を低減可能なハードウェア向きアルゴリズム手法を考案した。また、ハード量削減が可能な差分絶対値和演算アーキテクチャや演算回路などを考案し、従来例と比較し優位性を確認した。さらに、通信路でエラーが生じた場合も画質を落とすことなく通信が可能となる新たなエラーコンシールメント手法を考案した。また、こられを発展させ、将来の放送応用を含め大きな市場が期待されるスーパーHDTV(7680x4320 at 60fps)を対象とした検討に着手した。無線通信処理SoCに関しては、ハイビジョンクラスの動画像通信が可能となる700Mbpsクラスの高スループットかつ高信頼を達成可能なベースバンド処理アーキテクチャの検討を進めた。最先端の誤り訂正処理であるLDPCと最先端の無線通信処理であるOFDM UWBを組み合わせた評価用ハードウェアシミュレータを構築し、その評価に基づくLSIアーキテクチャを考案した。さらには、UMC 0.13um CMOS(5mm角)のプロセス技術を用いLSIの第一次試作を行った。以上の取り組みは、相乗効果を出すため、現在推進中のグローバルCOEプログラム(アンビエントSoC教育研究の国際拠点)、CRESTや知的クラスタプロジェクトなどと密にリンクを取りながら推進した。

  • セキュア画像圧縮LSI技術の研究

    2005年  

     概要を見る

    動画メディアは、TV電話、ビデオレター、ネットワークカメラ(監視用・介護用)など、ホームネットワーク上においても幅広く流通し始めており、セキュリティおよびプライバシーの観点から、そのセキュア化は、極めて重要となってきている。本研究課題では、動画像圧縮手法として最も幅広く用いられているMPEGコーデックに焦点を絞り、セキュア化のアルゴリズム検討を行った。MPEG符号データのうち、DC係数およびAC係数に対する暗号手法として、それぞれDCEA(DC Coefficient Encryption Algorithm)法、Event Shuffle法を考案した。DCEAは、MPEG符号の中で最も重要なDC係数に対し、シャッフルとDEC暗号の組み合わせによりセキュア化を図る手法であり、Event Shuffleは、AC係数に対しVLC処理する際に、イベントレベルでシャッフルすることにより符号化効率を落とさずセキュア化が可能となる手法である。評価により、符号量やハードウェアのオーバーヘッドを極力抑えた中で動画像を効率よく保護できることを確認した。本成果は、IEICE Trans. Fundamentals(2006年1月)等に採択された。また、独自低電力画像圧縮方式に基づくハードウェア化の検討や、次世代の画像圧縮方式として、普及が望まれるH.264エンコーダーのハードウェア化の検討に着手し、LSI開発を行った。H.264の動き予測処理エンジンに関する成果は、ISSCC2006等に採択された。さらに暗号LSI実現の際に重要となる実装攻撃対処法への検討にも着手した。両者の成果を効果的に融合させて、今後、独自画像圧縮方式及びH.264のセキュアLSI化の実現へと発展させていく予定である。

  • ユビキタス情報処理端末用システムLSI構成法に関する研究

    2004年  

     概要を見る

    本プロジェクトのテーマであるユビキタス情報処理用システムLSI構成法の確立を目指し、暗号処理用SoC、ネットワーク処理用SoC画像処理用SoCの3つの応用分野に対し検討を行った。暗号処理SoCでは、考案した多ビット乗算器構成法に基づき、TSMC0.18umを用いたRSA暗号LSI、およびローム0.35umを用いた楕円暗号LSIの試作(2品種)を行った。以上の取り組みを通じて世界最高レベルの暗号コアが得られることを実証評価した。また、新たなターゲットとして、今後の市場拡大が見込まれるストリーム暗号の検討に着手し、様々な実装攻撃を評価するための環境を構築し、新たなストリーム暗号の実現に向けた基本検討を開始した。ネットワーク処理SoCに関しては、既存FPGAデバイスを用いて,最適FEC処理を実現する環境適応型通信処理システムを構築した。また、次世代の符号化方式として注目を集めているLDPF符号のハードウェアを検討した。画像処理SoCでは、国際標準MPEG4準拠で計算量が少なく符号量が増加しない暗号化方式を開発。独自の動画圧縮では動きの大きい領域について動き補償をする方式を提案し、動き補償を従来の5倍以上高速化するアルゴリズムを開発した。以上の取り組みは、北九州・福岡地域で展開されている知的クラスタプロジェクトと密にリンクを取りながら推進した。

▼全件表示

 

現在担当している科目

▼全件表示

 

委員歴

  • 2018年
    -
     

    SISA Technical Program Committee Member 2018

  • 2017年
    -
     

    SISA Technical Program Committee Member 2017

  • 2016年
    -
    2017年

    電子情報通信学会英文論文誌A(小特集号) 編集委員

  • 2016年
    -
     

    SISA Technical Program Committee Member 2016

  • 2015年
    -
    2016年

    Asia-Pacific Signal and Information Processing Association (APSIPA): Distinguished Lecturers

  • 2014年
    -
    2016年

    画像電子学会 財務理事

  • 2015年
    -
     

    Asia-Pacific Signal and Information Processing Association (APSIPA): Technical Committee Past Chair

  • 2015年
    -
     

    SISA Technical Program Committee Member 2015

  • 2015年
    -
     

    GlobalSIP Technical Program Committee Member 2015

  • 2014年
    -
     

    VLSI-DAT Technical Program Committee Member 2013-2014

  • 2014年
    -
     

    SISA Technical Program Committee Member 2014

  • 2014年
    -
     

    ISIPS Technical Program Committee Member 2014

  • 2014年
    -
     

    ASPIPA ASCTechnical Program Committee Co-Chairs 2014

  • 2013年
    -
    2014年

    Asia-Pacific Signal and Information Processing Association (APSIPA): Technical Committee Chair

  • 2013年
    -
     

    APSIPA ASC Technical Program Committee Co-Chairs 2013

  • 2013年
    -
     

    ASICON Technical Program Committee Member

  • 2013年
    -
     

    SISA Technical Program Committee Member 2013

  • 2012年
    -
     

    IEEE SiPS Program Committee Member 2012

  • 2012年
    -
     

    電子情報通信学会スマートインフォメディアシステム研究会 専門委員

  • 2011年
    -
    2012年

    Asia-Pacific Signal and Information Processing Association (APSIPA): Technical Committee Secretary

  • 2006年
    -
    2011年

    電子情報通信学会信号処理研究会 専門委員

  • 2010年
    -
     

    電子情報通信学会英文論文誌C(小特集号) 編集委員

  • 2005年
    -
    2010年

    電子情報通信学会集積回路研究会 専門委員

  • 2009年
    -
     

    電子情報通信学会機能集積情報システム研究会 専門委員

  • 2009年
    -
     

    International Symposium on Intelligent Signal Processing and Communication Systetms (ISPACS): Technical Program Committee

  • 2009年
    -
     

    International Conference on Multimedia & Expo (ICME): Technical Program Committee

  • 2009年
    -
     

    Asia-Pacific Signal and Information Processing Association (APSIPA): Techinical Committee member

  • 2008年
    -
    2009年

    Workshop on Synthesis andn System Integration of Mixed Information Technologies (SASIMI): Technical Program Commitee

  • 2008年
    -
    2009年

    IEEE Asian Solid-State Circuits Conference (ASSCC): Technical Program Commitee

  • 2007年
    -
    2009年

    システムLSIワークショップ 実行委員

  • 2007年
    -
    2008年

    電子情報通信学会英文論文誌C(小特集号) 編集幹事

  • 2007年
    -
    2008年

    電子情報通信学会英文論文誌A(小特集号) 編集委員

  • 2007年
    -
    2008年

    電子情報通信学会英文論文誌C(小特集号) 編集委員

  • 2007年
    -
    2008年

    電子情報通信学会総合大会実行委員

  • 2007年
    -
     

    Jornal of Ubiquitous Convergence Technology Editor

  • 2007年
    -
     

    International Conference on Field-Programmable Technology Organizing commitiee (publication chair)

  • 2006年
     
     

    ASP-DAC: Technical Program Commitee

  • 2004年
    -
    2006年

    IEEE ISCAS Review Commitee Member

  • 2004年
    -
    2005年

    (社)電子情報産業協会 SoC・SiPソフトウェア専門委員会 幹事

  • 2004年
    -
    2005年

    電子情報通信学会英文論文誌A(小特集号) 編集委員

  • 2004年
     
     

    IEEE APCCAS Technical Progam Commitiee

  • 2001年
    -
    2004年

    電子情報通信学会英文論文誌C 編集委員

  • 2002年
    -
    2003年

    (社)電子情報産業協会システムLSI技術専門委員会 幹事

▼全件表示