2022/05/26 更新

写真a

コニシ トキカズ
小西 暁和
所属
法学学術院 大学院法務研究科
職名
教授

兼担

  • 法学学術院   法学部

  • 法学学術院   大学院法学研究科

学歴

  •  
    -
    2008年03月

    早稲田大学   大学院法学研究科   公法学専攻  

    博士後期課程

  •  
    -
    2002年03月

    早稲田大学   大学院法学研究科   公法学専攻  

    修士課程

  •  
    -
    1999年03月

    早稲田大学   法学部  

学位

  • 早稲田大学   修士(法学)

経歴

  • 2015年
    -
    継続中

    早稲田大学法学学術院教授

  • 2008年
    -
    継続中

    早稲田大学社会安全政策研究所研究所員(専任研究員)

  • 2018年
    -
    2020年

    立正大学法学部非常勤講師

  • 2010年
    -
    2015年

    早稲田大学法学学術院准教授

  • 2006年
    -
    2013年

    国士舘大学法学部非常勤講師

  • 2008年
    -
    2010年

    早稲田大学法学学術院専任講師

  • 2006年
    -
    2010年

    埼玉大学経済学部非常勤講師

  • 2008年
    -
    2009年

    東京学芸大学教育学部非常勤講師

  • 2007年
    -
    2008年

    早稲田大学大学院法学研究科研究補助員

  • 2007年
    -
    2008年

    早稲田大学社会安全政策研究所客員研究員

  • 2006年
    -
    2008年

    財団法人矯正協会附属中央研究所客員研究員

  • 2006年
    -
    2007年

    早稲田大学大学院法学研究科客員研究助手

  • 2003年
    -
    2006年

    早稲田大学法学学術院(法学部)助手

  • 2002年
    -
    2003年

    早稲田大学大学院法学研究科教務補助

▼全件表示

所属学協会

  •  
     
     

    日本法哲学会

  •  
     
     

    日本犯罪社会学会

  •  
     
     

    Asian Criminological Society

  •  
     
     

    American Society of Criminology

  •  
     
     

    日本刑法学会

 

研究分野

  • 刑事法学

研究キーワード

  • 刑事政策、犯罪者処遇法、少年法、犯罪学

論文

  • 「特定少年」に対する「虞犯」規定の適用除外について

    小西暁和

    法律時報   94 ( 2 ) 40 - 47  2022年02月  [招待有り]

  • Criminal Law and Procedure [Developments in 2020—Activities of Academic Societies]

    Tokikazu Konishi, Sakiko Ishida

    Waseda Bulletin of Comparative Law   ( 40 ) 126  2022年01月

  • Criminal Law and Procedure [Developments in 2020—Major Judicial Decisions]

    Tokikazu Konishi, Sakiko Ishida

    Waseda Bulletin of Comparative Law   ( 40 ) 100 - 104  2022年01月

  • Criminal Law and Procedure [Developments in 2020—Major Legislation &Treaties]

    Tokikazu Konishi, Sakiko Ishida

    Waseda Bulletin of Comparative Law   ( 40 ) 59 - 62  2022年01月

  • 日本儿童福利制度与儿童福利設施

    小西暁和 / (訳)李程

    社会治理(北京師範大学社会発展与公共政策学院)   ( 65 ) 21 - 28  2021年09月

  • COVID-19と刑事政策

    小西暁和

    罪と罰   58 ( 2 ) 68 - 72  2021年03月

  • これからのBBS運動(〈連載〉更生保護座談会シリーズ④)

    小西暁和, 橋本夏希, 棚橋央登, 今福章二

    更生保護   72 ( 2 ) 46 - 49  2021年02月

  • Criminal Law and Procedure [Developments in 2019—Activities of Academic Societies]

    Tokikazu Konishi

    Waseda Bulletin of Comparative Law   ( 39 ) 141 - 144  2021年01月

  • アメリカ合衆国における感染症対策と刑事法の対応―ニューヨーク州及びニューヨーク市に焦点を当てて―

    小西暁和

    刑事法ジャーナル   ( 66 ) 10 - 16  2020年11月

  • 処遇勧告に関する抗告の適否(大阪高決平31・3・15)

    小西暁和

    判例時報   ( 2452 ) 131 - 136  2020年10月

  • 日本のストーカー規制における現状と課題―王皇玉教授の報告に対するコメントとして―

    小西暁和

    早稲田大学法務研究論叢   ( 5 ) 174 - 179  2020年10月

  • 「児童相談所を起点とした機関連携」に関する調査報告(早稲田大学社会安全政策研究所・警察政策研究センター共催公開研究会「『少年を犯罪から守るための機関連携』のあり方」開催記録)

    小西暁和

    早稲田大学社会安全政策研究所紀要   ( 11 ) 122 - 133  2020年02月

  • Criminal Law and Procedure [Developments in 2018—Activities of Academic Societies]

    Tokikazu Konishi

    Waseda Bulletin of Comparative Law   ( 38 ) 135 - 138  2020年01月

  • History, Aim, and Structure of the Juvenile Justice System in Japan

    Tokikazu Konishi

    早稲田大学法務研究論叢   ( 4 ) 107 - 122  2019年10月

  • 平成の刑事政策

    小西暁和

    刑事法ジャーナル   ( 61 ) 43 - 49  2019年08月

  • (書評)太田達也著『仮釈放の理論―矯正・保護の連携と再犯防止』(2017年、慶應義塾大学出版会)

    小西暁和

    刑事法ジャーナル   ( 59 ) 137 - 139  2019年02月

  • Criminal Law and Procedure [Developments in 2017—Activities of Academic Societies]

    Tokikazu Konishi

    Waseda Bulletin of Comparative Law   ( 37 ) 102 - 104  2019年01月

  • 少年法の意義と使命

    小西暁和

    罪と罰   55 ( 2 ) 124 - 130  2018年03月

  • Criminal Law and Procedure [Developments in 2016—Activities of Academic Societies]

    Tokikazu Konishi

    Waseda Bulletin of Comparative Law   ( 36 ) 83 - 85  2018年01月

  • Medical Services Crises in Prisons [Topics of Japanese Law 2016—Current Topics of Japanese Law]

    Tokikazu Konishi

    Waseda Bulletin of Comparative Law   ( 36 ) 149 - 151  2018年01月

  • Criminal Law and Procedure [Developments in 2015—Activities of Academic Societies]

    Tokikazu Konishi

    Waseda Bulletin of Comparative Law   ( 35 ) 85 - 87  2017年01月

  • 子どもシェルターの現状と課題―機関・団体連携を視野に

    小西暁和, 石井花梨, 高橋温, 金子重紀, 岡聰志

    司法福祉学研究   ( 16 ) 115 - 119  2016年08月

  • アメリカ合衆国が国連児童の権利に関する条約を批准しないことについて

    ミホ・アカダ=ヘンリー, N, ポンテル=ギルバート・ガイス, 訳, 小西暁和

    比較法学   50 ( 1 ) 121 - 143  2016年06月

  • Criminal Law and Procedure [Developments in 2014—Activities of Academic Societies]

    Tokikazu Konishi

    Waseda Bulletin of Comparative Law   ( 34 ) 142 - 145  2016年01月

  • 少年に対する不定期刑についての刑事政策論的考察(2・完)

    小西暁和

    早稲田法学   90 ( 4 ) 1 - 24  2015年12月

  • 少年に対する不定期刑についての刑事政策論的考察(1)

    小西暁和

    早稲田法学   90 ( 3 ) 1 - 22  2015年10月

  • 児童福祉の領域における子どもの非行・虐待防止のための民間による支援の現状と課題―子どもシェルターに焦点を当てて―

    小西暁和

    早稲田大学社会安全政策研究所紀要   ( 7 ) 301 - 317  2015年08月

  • Criminal Law and Procedure [Developments in 2013—Major Legislation & Treaties]

    Tokikazu Konishi

    Waseda Bulletin of Comparative Law   ( 33 ) 28 - 31  2015年01月

  • Criminal Law and Procedure [Developments in 2013—Major Judicial Decisions]

    Tokikazu Konishi

    Waseda Bulletin of Comparative Law   ( 33 ) 72 - 75  2015年01月

  • Criminal Law and Procedure [Developments in 2013—Activities of Academic Societies]

    Tokikazu Konishi

    Waseda Bulletin of Comparative Law   ( 33 ) 96 - 98  2015年01月

  • 刑罰を用いない統制—「強制」の再定位—

    ベンジャミン・J・グールド, 訳, 小西暁和

    比較法学   47 ( 3 ) 225 - 278  2014年03月

  • 子どもを犯罪から守るための児童相談所の役割と連携—具体的事例から考える

    小西暁和

    月刊福祉   97 ( 1 ) 58 - 59  2014年01月

  • Strengthening the Child Guidance Functions in the Child Welfare System: Toward Early Solutions for Child Maltreatment and Delinquency Cases

    Tokikazu Konishi

    Waseda Bulletin of Comparative Law   ( 32 ) 1 - 10  2014年01月

  • Criminal Law and Procedure [Developments in 2012—Major Legislation & Treaties]

    Tokikazu Konishi

    Waseda Bulletin of Comparative Law   ( 32 ) 23 - 26  2014年01月

  • Criminal Law and Procedure [Developments in 2012—Major Judicial Decisions]

    Tokikazu Konishi

    Waseda Bulletin of Comparative Law   ( 32 ) 59 - 62  2014年01月

  • Criminal Law and Procedure [Developments in 2012—Activities of Academic Societies]

    Tokikazu Konishi

    Waseda Bulletin of Comparative Law   ( 32 ) 82 - 85  2014年01月

  • 児童相談所を起点とした多機関連携の仕組みの分析・提言

    小西暁和

    刑政   124 ( 8 ) 80 - 90  2013年08月

  • (書評)「相澤仁[編集代表]、柏女霊峰・澁谷昌史[編集]『子どもの養育・支援の原理—社会的養護総論(やさしくわかる社会的養護シリーズ①)』(明石書店・2012年)」

    小西暁和

    司法福祉学研究   ( 13 ) 260 - 262  2013年07月

  • 児童相談所と多機関連携—警察との連携をめぐる問題

    小西暁和

    季刊現代警察   ( 137 ) 11 - 16  2013年01月

  • Criminal Law and Procedure [Developments in 2011—Major Legislation & Treaties]

    Tokikazu Konishi

    Waseda Bulletin of Comparative Law   ( 31 ) 21 - 24  2013年01月

  • Criminal Law and Procedure [Developments in 2011—Major Judicial Decisions]

    Tokikazu Konishi

    Waseda Bulletin of Comparative Law   ( 31 ) 52 - 56  2013年01月

  • Criminal Law and Procedure [Developments in 2011—Activities of Academic Societies]

    Tokikazu Konishi

    Waseda Bulletin of Comparative Law   ( 31 ) 82 - 84  2013年01月

  • 児童相談所を起点とした機関連携に関する質問紙調査の結果について—独立行政法人科学技術振興機構社会技術研究開発センター研究開発プログラム〈犯罪からの子どもの安全〉研究開発プロジェクト「子どもを犯罪から守るための多機関連携モデルの提唱」における研究の一環として—

    小西暁和

    早稲田大学社会安全政策研究所紀要   ( 4 ) 265 - 277  2012年03月

  • Criminal Law and Procedure [Developments in 2010—Major Legislation & Treaties]

    Tokikazu Konishi

    Waseda Bulletin of Comparative Law   ( 30 ) 45 - 48  2012年01月

  • Criminal Law and Procedure [Developments in 2010—Major Judicial Decisions]

    Tokikazu Konishi

    Waseda Bulletin of Comparative Law   ( 30 ) 76 - 80  2012年01月

  • Criminal Law and Procedure [Developments in 2010—Activities of Academic Societies]

    Tokikazu Konishi

    Waseda Bulletin of Comparative Law   ( 30 ) 106 - 109  2012年01月

  • 「非行少年」と責任能力(3・完)

    小西暁和

    早稲田法学   86 ( 4 ) 99 - 125  2011年10月

  • 社会内処遇活性化の拠点としての更生保護施設の活用の方向性に関する多角的検討—実態調査結果報告書—

    石川正興, 渡辺則芳, 辰野文理, 小西暁和, 宍倉悠太

    平成20-22年度科学研究費補助金(基盤研究(C)一般)報告書     1 - 258  2011年03月

  • 精神科医療と少年保護司法システム

    小西暁和

    早稲田大学社会安全政策研究所紀要   ( 3 ) 49 - 75  2011年03月

  • 薬物自己使用事犯者に対する処遇の現状と方向性

    小西暁和

    石川正興編「薬物犯罪の現状と対応—第4回日中犯罪学学術シンポジウム報告書—」     89 - 104  2011年02月

  • 更生保護施設参観記(その三)—更生保護施設の新たな展開—

    小西暁和

    更新会だより   ( 54 ) 12 - 15  2010年07月

  • (書評)「鴨下守孝『受刑者処遇読本』(小学館集英社プロダクション刊)」

    小西暁和

    刑政   121 ( 6 ) 33  2010年06月

  • 「非行少年」と責任能力(2)

    小西暁和

    早稲田法学   85 ( 4 ) 1 - 28  2010年06月

  • 「非行少年」と責任能力(1)

    小西暁和

    早稲田法学   85 ( 2 ) 51 - 68  2010年03月

  • Fraud by Certified Public Accountants in Japan and the United States

    Tokikazu Konishi

    Asian Journal of Criminology   5 ( 2 ) 99 - 107  2010年

     概要を見る

    In recent years, Japanese and American societies have been beset by massive corporate scandals involving accounting firms and their certified public accountants (CPAs). These scandals included major accounting frauds by CPAs and have led to deep distrust of corporate accounting in both societies. This paper provides a detailed probe into three major financial scandals in Japan and United States: Enron, Kanebo, and Livedoor. Case histories are used to highlight both the characteristics of frauds perpetrated by CPAs as well as the social reactions to these economic crimes in Japan and the US. Finally, the paper outlines similarities and differences in CPA frauds perpetrated in both countries and considers how cultural variations play a major role in producing these outcomes. © 2010 Springer Science+Business Media B.V.

    DOI

  • 少年保護事件の調査・審判と保護処分の現状

    小西暁和

    石川正興編「少年非行に対する法的対応—第3回日中犯罪学学術シンポジウム報告書—」     64 - 80  2009年11月

  • 大正11年少年法における「虞犯少年」規定とその運用

    小西暁和

    比較法制研究(国士舘大学比較法制研究所)   ( 32 ) 29 - 57  2009年11月

  • 旧少年法下の「虞犯少年」

    小西暁和

    早稲田大学社会安全政策研究所紀要   ( 1 ) 113 - 135  2009年03月

  • 少年矯正の歴史的展開—年表編—

    保木正和, 木村正孝, 岡部俊六, 小西暁和

    財団法人矯正協会附属中央研究所平成18-19年度特別研究報告書     1 - 338  2008年03月

  • 触法少年・虞犯少年に対する少年法・児童福祉法の二元的保護システムに関する考察—実態調査結果報告書—

    石川正興, 渡辺則芳, 守山正, 加藤直隆, 小西暁和

    平成17-19年度科学研究費補助金(基盤研究(C)一般)報告書     1 - 196  2008年03月

  • 「虞犯少年」に対応するシステムに関する考察—少年保護司法システムと児童福祉行政システムを中心として—

    小西暁和

    早稲田法学   83 ( 2 ) 45 - 91  2008年01月

  • 日本の経済犯罪におけるパラドックス—サリドマイド禍・ロッキード事件・構造的な政治汚職—

    ヘンリー・N・ポンテル=ギルバート・ガイス, 訳, 小西暁和

    社会科学論集(埼玉大学経済学会)   ( 123 ) 49 - 63  2008年01月

  • Forensic Accounting in Japan

    Tokikazu Konishi, Henry N. Pontell, Gilbert Geis

    Journal of Forensic Accounting   8 ( 1/2 ) 141 - 154  2007年12月

  • 組織犯罪(イタリア) その2

    ジョヴァンニ・タンブリーノ, 小西暁和

    CAニュースレター(海外矯正情報)   ( 45 ) 1 - 6  2007年11月

  • 矛盾を包み込んだものとしての日本の「法」—法制度に見られる「子供」に対する眼差しの変遷を通して—

    小西暁和

    比較文明   ( 23 ) 70 - 87  2007年11月

  • 組織犯罪(イタリア) その1

    ジョヴァンニ・タンブリーノ, 小西暁和

    CAニュースレター(海外矯正情報)   ( 44 ) 1 - 6  2007年10月

  • (書評)「鴨下守孝『全訂 新行刑法要論』(東京法令出版刊)」

    小西暁和

    刑政   118 ( 5 ) 41  2007年05月

  • On the Concept of the Pre-Delinquent Juvenile in Japan: Its Construction and the Impact

    Tokikazu Konishi

    Waseda Bulletin of Comparative Law   ( 25 ) 1 - 18  2007年03月

  • 黒い霧とホワイトカラー族—経済犯罪の日米比較—

    ヘンリー・N・ポンテル, 小西暁和

    比較法学   40 ( 3 ) 63 - 88  2007年03月

  • 「虞犯少年」概念の構造(6・完)—公正さと教育的配慮の矛盾相克する場面として—

    小西暁和

    早稲田法学   82 ( 1 ) 121 - 164  2006年11月

  • (書評)「鴨下守孝=松本良枝編『矯正用語事典』(東京法令出版刊)」

    小西暁和

    刑政   117 ( 8 ) 141  2006年08月

  • 「虞犯少年」概念の構造(5)—公正さと教育的配慮の矛盾相克する場面として—

    小西暁和

    早稲田法学   81 ( 4 ) 289 - 330  2006年07月

  • ホワイト・カラー犯罪とアメリカ合衆国における大金融破綻—会社支配による詐欺的行為と会社法の経済構造—

    ヘンリー・N・ポンテル, 小西暁和

    比較法学   39 ( 2 ) 91 - 121  2006年01月

  • 「虞犯少年」概念の構造(4)—公正さと教育的配慮の矛盾相克する場面として—

    小西暁和

    早稲田法学   81 ( 1 ) 91 - 123  2005年12月

  • 「虞犯少年」概念の構造(3)—公正さと教育的配慮の矛盾相克する場面として—

    小西暁和

    早稲田法学   80 ( 4 ) 185 - 208  2005年08月

  • 「虞犯少年」概念の構造(2)—公正さと教育的配慮の矛盾相克する場面として—

    小西暁和

    早稲田法学   80 ( 1 ) 111 - 130  2004年12月

  • 「虞犯少年」概念の構造(1)—公正さと教育的配慮の矛盾相克する場面として—

    小西暁和

    早稲田法学   79 ( 3 ) 123 - 139  2004年03月

  • 「少年=子供」考—少年法制法理研究序説—

    小西暁和

    早稲田大学大学院法研論集   ( 93 ) 81 - 106  2000年02月

▼全件表示

書籍等出版物

  • 社会福祉学習双書2022 第13巻 権利擁護を支える法制度/刑事司法と福祉〔改訂第1版〕(小西暁和は「第3部 刑事司法と福祉/第1章 刑事司法・少年司法」(213-227頁)を執筆)

    『社会福祉学習双書』編集委員会編

    社会福祉法人全国社会福祉協議会  2022年02月

  • 寺崎嘉博先生古稀祝賀論文集[下巻](小西暁和「ドイツにおける少年に対する不定期刑の消長」447-466頁)

    山口厚, 酒巻匡, 大澤裕, 川出敏裕編

    成文堂  2021年12月

  • 更生保護学事典(小西暁和は「家庭裁判所における各種処分の決定」(124-125頁)・「保護処分の種類:社会内処遇処分と施設内処遇処分」(125頁)の項目を執筆)

    日本更生保護学会編

    成文堂  2021年12月

  • 社会福祉学習双書2021 第13巻 権利擁護を支える法制度/刑事司法と福祉(小西暁和は「第3部 刑事司法と福祉/第1章 刑事司法・少年司法」(207-221頁)を執筆)

    『社会福祉学習双書』編集委員会編

    社会福祉法人全国社会福祉協議会  2020年12月

  • アメリカのホワイトカラー犯罪―名誉なき巨富

    スティーブン・M・ロソフ=ヘンリー, N, ポンテル=ロバート・H・ティルマン, 訳, 赤田実穂, 川崎友巳, 小西暁和

    成文堂  2020年07月

  • 日本大百科全書(小西暁和は「国際法務総合センター」・「国連アジア極東犯罪防止研修所」の項目を執筆)

    小学館編

    小学館(デジタルコンテンツとして「コトバンク( https://kotobank.jp/ )」及び「ジャパンナレッジJapanKnowledge( http://japanknowledge.com/ )」にて掲載)  2020年03月

  • 刑事政策の新たな潮流―石川正興先生古稀祝賀論文集―(小西暁和「『ケア』と『制裁』―北欧の犯罪者処遇に関する一試論―」191-217頁)

    吉開多一, 小西暁和編

    成文堂  2019年05月

  • 創生期のアメリカ少年司法((訳)小西暁和「第5章 非行の医療化」163-194頁)

    デビッド・S・タネンハウス, 石川正興監訳

    成文堂  2015年11月 ISBN: 9784792351618

  • 日本大百科全書(須々木主一=小西暁和は「分類処遇」・「累進処遇」の項目を執筆)

    小学館編

    小学館(デジタルコンテンツとして「コトバンク( https://kotobank.jp/ )」及び「ジャパンナレッジJapanKnowledge( http://japanknowledge.com/ )」にて掲載)  2015年11月

  • 日本大百科全書(小西暁和は「少年院」・「少年鑑別所」・「永山基準」の項目を執筆)

    小学館編

    小学館(デジタルコンテンツとして「コトバンク( https://kotobank.jp/ )」及び「ジャパンナレッジJapanKnowledge( http://japanknowledge.com/ )」にて掲載)  2015年09月

  • 野村稔先生古稀祝賀論文集(小西暁和「少年法上の『内省』概念」663-679頁)

    高橋則夫, 松原芳博, 松澤伸編

    成文堂  2015年03月 ISBN: 9784792351434

  • 曽根威彦先生・田口守一先生古稀祝賀論文集[下巻] (小西暁和「少年法上の『非行』成立要件に関する一考察—『犯罪』・『触法』概念に焦点を当てて—」909-925頁)

    高橋則夫, 川上拓一, 寺崎嘉博, 甲斐克則, 松原芳博, 小川佳樹編

    成文堂  2014年03月 ISBN: 9784792351076

  • 子どもを犯罪から守るための多機関連携の現状と課題—北九州市・札幌市・横浜市の三政令市における機関連携をもとに—(小西暁和「児童相談所を起点とした多機関連携の仕組みの分析・提言」58-95頁)

    石川正興編著

    成文堂  2013年06月 ISBN: 9784792319908

  • Handbook of Asian Criminology (Tokikazu Konishi, “Diversity Within an Asian Country: Japanese Criminal Justice and Criminology,” pp. 213-222)

    Jianhong Liu, Susyan Jou, Bill Hebenton

    Springer  2012年12月 ISBN: 9781461452171

  • 中日犯罪学之比較研究—中日犯罪学学術研討会論文集(1-4)(小西暁和「少年保護事件的調査、審判与保護処分的現状」237-247頁、「毒品自身使用犯之処遇的現状和方向性」315-325頁)

    王牧=張凌主編

    中国検察出版社  2011年08月 ISBN: 9787510205026

  • 日本大百科全書 (小西暁和は「少年刑務所」・「保護処分」の項目を執筆。須々木主一=小西暁和は「仮釈放」・「執行猶予」・「少年院」・「少年鑑別所」・「少年審判」・「少年犯罪」・「少年法」・「組織暴力犯罪」・「犯罪者予防更生法」・「非行少年」・「婦人補導院」・「保安処分」・「保護観察」・「保護司」の項目を執筆)

    小学館編

    小学館 (デジタルコンテンツとして「Yahoo!百科事典( http://100.yahoo.co.jp/ )」及び「ジャパンナレッジ( http://www.japanknowledge.com/top/freedisplay )」にて掲載)  2010年09月

  • 刑事法判解研究 2010年第1集(総第16集) (小西暁和/(訳)林少波=蘇明月「少年与死刑適用標準—評議最高法院第三小法庭2006年6月20日判決」229-236頁)

    趙秉志主編

    人民法院出版社  2010年07月 ISBN: 9787510901058

  • 犯罪学へのアプローチ—日中犯罪学学術シンポジウム報告書— (小西暁和「少年保護事件の調査・審判と保護処分の現状」225-241頁)

    石川正興編

    成文堂  2010年05月 ISBN: 9784792318734

  • 京師刑事政策評論 第3巻 (小西暁和/(訳)蘇明月「日本少年保護事件的調査、審判与保護処分的現状」349-359頁)

    盧建平主編

    北京師範大学出版社  2010年04月 ISBN: 9787303109173

  • 確認刑事政策・犯罪学用語250 (小西暁和は「公衆参加」(7頁)・「被害者なき犯罪」(7-8頁)・「非行少年」(59頁)・「犯罪少年」(59-60頁)・「触法少年」(60頁)・「虞犯少年」(60頁)・「不良行為少年」(65-66頁)・「税法違反」(88頁)・「金融商品取引法違反」(88頁)・「独占禁止法違反」(88-89頁)の項目を執筆)

    石川正興, 小野正博, 山口昭夫編

    成文堂  2007年03月 ISBN: 9784792317614

  • 交通刑事法の現代的課題 岡野光雄先生古稀記念 (小西暁和「交通反則通告制度の刑事政策論的意義」579-592頁)

    曽根威彦, 田口守一, 野村稔, 石川正興, 高橋則夫編

    成文堂  2007年02月 ISBN: 9784792317492

  • International Handbook of White-Collar and Corporate Crime (Shin Matsuzawa and Tokikazu Konishi, "Crimes by Lawyers in Japan and the Responsibilities of Professionals," pp. 424-435)

    Henry N. Pontell, Gilbert Geis

    Springer  2006年11月 ISBN: 9780387341101

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 重大非行事案防止のための多機関連携による非行少年等とその家庭への支援に関する研究

    研究期間:

    2017年04月
    -
    2020年03月
     

     概要を見る

    本研究では、重大非行事案防止のための多機関連携による非行少年等とその家庭への支援に関し研究を行っており、昨年度に引き続き第3年度も「①資料の収集」、「②実態調査」及び「③検討会の開催」を行った。まず、「①資料の収集」に関しては、関連する国内外の論文や書籍等を収集し、その資料の整理・分析を行った。とりわけ本年度は、多機関連携による非行少年等とその家庭への支援の枠組みを形成する上で一つの土台となり得る「子供・若者計画」に関して重点的に資料収集を実施した。また、「②実態調査」に関しては、「①資料の収集」で得られた分析結果なども踏まえながら、本年度も、多機関連携を積極的に実施しているオーストラリアにおいて開催された第4回世界保護観察会議に出席し同国の多機関連携の現状を把握するとともに、ニューサウスウェールズ州の関係機関(保護観察所(Community Corrections Office))での聞き取り調査などを実施した。また、来日されたニューサウスウェールズ大学キャロル・ローソン准講師との間で、オーストラリア(とりわけ、ACT(オーストラリア首都特別地域))における少年裁判所(Children’s Court)と児童相談所(Children and Youth Protection Service)の連携等について意見交換を行うことができた。ACTでは少年裁判所と児童相談所が連携し、児童相談所のケースマネージャーがリスクアセスメントツールを用いて作成した報告書を少年裁判所の審判に活用する形で、虐待部門と非行部門の連携が進み始めている点に特徴があるとのことであった。さらに、「③検討会の開催」に関しては、上記「①資料の収集」や「②実態調査」を行う毎に研究協力者等も交えて実施し、それまでの研究内容を検討するとともに、今後の方向性について協議した。研究計画調書において第3年度は、前半に第2年度までの調査で不足していた項目の補足を行うべく「補足調査」のみを行うものとしていた。これに関して、既に第2年度までに、神奈川(神奈川県・横浜市)、福岡(福岡県・北九州市・福岡市)、広島(広島県・広島市)、大阪(大阪府・大阪市・堺市)、京都(京都府・京都市)、新潟(新潟県・新潟市)、宮城(宮城県)といった先進的な多機関連携の取組みを実施している各地域を網羅的に調査しており、国内各地の多機関連携の取組みに関してデータが十分収集できている。この点、オーストラリアにおいて少年非行・児童虐待等に関して多機関連携の取組みを積極的に実施していることが判明したため、第2年度にオーストラリア(とりわけ、ACT(オーストラリア首都特別地域))にて調査研究を実施した。そこで、当該調査研究において不足していた項目の補足を行うべく、第3年度にオーストラリアにおいて「補足調査」を遂行した。また、研究計画調書において第3年度の後半(11月頃以降を予定)では、「④研究成果の取りまとめ」を重点的に行うものとしていた。この点、2020年2月に提出した「補助事業期間延長承認申請書」記載の通り、本年度から法学部と大学院法務研究科の兼務とならざるを得ず、教育及び会議等学内業務の負担が倍になり、研究時間が十分取れない状態となった。また、2019年10月に北京の中国政法大学・北京師範大学で研究成果に関して報告をする予定であったが台風19号による欠航で中止となり、2020年3月にも同様に両大学で報告をする運びとなったが新型コロナウイルス感染症の流行で再度中止となった。そのため、補助事業期間を延長し、第4年度において集中的に「④研究成果の取りまとめ」を行うことになる。上記事情があるものの、研究期間全体を見通すならば、現在までの達成度は「おおむね順調に進展している。」と言える。補助事業期間が延長されたため最終の第4年度となった2020年度においては、第1~3年度の研究実績を踏まえつつ、基本的には、「④研究成果の取りまとめ」を集中的に行うこととする。ただし、必要に応じて、適宜、「①資料の収集」、「②実態調査」及び「③検討会の開催」も行うこととしたい。そのことにより、研究成果の更なる精緻化が期待できると考える。「④研究成果の取りまとめ」では、これまで実施した調査研究で得られたデータを踏まえて多機関連携が現在どのような効果を生んでいるかも含め、重大非行事案防止のための多機関連携による非行少年等とその家庭への支援のあり方を検証する。また、最終年度となるため、できる限り研究成果を広く社会へ発信していくことにしたい。紀要等の印刷物において論文等として公刊する他、新型コロナウイルス感染症の流行状況によりまだ十分見通せないものの可能であれば公開の発表の場においても(第3年度に予定していた中国など海外が困難な場合は国内で)報告していくことを予定している

  • 非行少年・犯罪者に対する就労支援システムの展開可能性に関する考察

    研究期間:

    2015年04月
    -
    2018年03月
     

     概要を見る

    本研究では、日本国内及び北欧を中心としたヨーロッパにおける犯罪者等に対する就労支援の実態調査を行い、日本での展開可能性を考察した。その結果、日本では犯罪者等に対する就労支援のネットワーク化・システム化が課題であることがわかった。ヨーロッパ諸国では、犯罪者を社会的弱者として捉え、他の社会的弱者と一緒に就労支援を行う形での「混成型就労支援」を実施しているほか、軽微な犯罪を行った者の社会復帰支援策は社会福祉行政システムに委ねられており、刑事司法と社会福祉行政がわが国よりも密接に連結していることが判明した。こうした取組みはわが国における犯罪者等に対する就労支援の展開にとって示唆に富む

  • 重大な触法少年事件防止のための多機関連携のあり方に関する実証的研究

    研究期間:

    2015年04月
    -
    2017年03月
     

     概要を見る

    平成19年の少年法等の一部を改正する法律により触法少年事件の対応に変更が加えられた。本法施行以降、事件発生後の対応については、その変更された仕組みに基づいて各関係機関が一定の運用を行っている。一方で、重大な触法少年事件の発生防止のために、学校・教育委員会、警察、児童相談所といった各行政機関が積極的に連携し対応している地域があるほか、子どもの居場所づくりという観点から民間主導で予防的に活動している地域があることも判明した

  • 子どもの非行・虐待防止のための地域社会ネットワークの実証的研究

    研究期間:

    2012年04月
    -
    2015年03月
     

     概要を見る

    本研究では、少年警察・学校教育・児童福祉・更生保護の各領域における、子どもの非行・虐待防止に関わる民間団体に焦点を当て、それらが地域社会ネットワークで果たしている役割について調査研究を行った。領域毎にグループを構成し、各領域で画期的な取組みを行っている各種団体の聞き取り調査を実施して分析・考察を行った。いずれの領域においても、地域差が見られるものの民間団体は公的機関と多様な連携方策を展開している。研究成果については、研究母体となった早稲田大学社会安全政策研究所の研究会においても報告を行い、また紀要に論文等の形で掲載したほか、同研究所のホームページでも随時情報発信を行った

  • 独立行政法人科学技術振興機構社会技術研究開発センター研究開発プログラム〈犯罪からの子どもの安全〉研究開発プロジェクト「犯罪から子どもを守るための多機関連携モデルの提唱」

    研究期間:

    2009年
    -
    2012年
     

  • 財団法人社会安全研究財団調査研究事業(早稲田大学総合研究機構社会安全政策研究所委託事業)「少年非行に関する多角的研究」

    研究期間:

    2006年
    -
    2012年
     

  • 財団法人社会安全研究財団調査研究事業(自主研究)「来日外国人組織犯罪受刑者調査研究」

    研究期間:

    2009年
    -
    2011年
     

  • 社会内処遇活性化の拠点としての更生保護施設の活用の方向性に関する多角的検討

    科学研究費助成事業(早稲田大学)  科学研究費助成事業(基盤研究(C))

    研究期間:

    2008年
    -
    2010年
     

     概要を見る

    本研究では、2007年に成立した更生保護法第51条において、更生保護施設を保護観察対象者の処遇拠点として利用できることが明記されたことに伴い、当該施設における処遇の実態を解明し、将来のあり方を模索するための基礎資料の収集を行い、分析を加えた。具体的には、2008年度からの3か年の間に、更生保護施設および関係機関(地域生活定着支援センター・保護観察所・刑務所)への聞き取り調査・アンケート調査を実施して客観的な知見を集め、その成果を雑誌や学会で報告したほか、最終的に冊子として刊行した。

  • 科学研究費補助金基盤研究(C)「社会内処遇活性化の拠点としての更生保護施設の活用の方向性に関する多角的検討」

    研究期間:

    2008年
    -
    2010年
     

  • 財団法人矯正協会附属中央研究所特別研究「少年矯正の歴史的展開」

    研究期間:

    2006年
    -
    2007年
     

  • 財団法人矯正協会附属中央研究所特別研究「問題行動の見られる少年に対する処遇の国際比較」

    研究期間:

    2006年
    -
    2007年
     

  • 触法少年・虞犯少年に対する少年法・児童福祉法の二元的保護システムに関する考察

    科学研究費助成事業(早稲田大学)  科学研究費助成事業(基盤研究(C))

    研究期間:

    2005年
    -
    2007年
     

     概要を見る

    本研究では、少年法と児童福祉法の二元的な少年保護法制の交錯領域を、触法少年と虞犯少年の二つの非行少年に分けて考察した。そこでの主要な関心は、現行の二元的な少年保護システムの問題点と、その解決策を検討剔出することにあった。本研究では、二元的少年保護システムの歴史的沿革を丹念にフォローし、そこでの知見を踏まえつつ、実態を解明した。具体的な研究内容は以下の通りである。
    1.触法少年における二元的保護システムの研究
    (1)二元的保護システムの歴史的沿革について、第二次世界大戦以前と以後の二期に分けて研究した。
    (2)北海道地区(札幌矯正管区)・近畿地区(大阪矯正管区)・関東地区(東京矯正管区)における児童自立支援施設・少年院等の機関での触法少年に対する処遇の実態を調査した。
    2.虞犯少年における二元的な保護システムの研究
    (1)二元的保護システムの歴史的沿革について、第二次世界大戦以前と以後の二期に分けて研究した。
    (2)北海道地区(札幌矯正管区)・近畿地区(大阪矯正管区)・関東地区(東京矯正管区)における児童自立支援施設・少年院等の機関での虞犯少年に対する処遇の実態を調査した。
    上記各(2)の実態調査については、調査票並びに聞き取り調査実施時に書き取った記録等を基に処遇の実態を分析した。分析の結果として、児童自立支援施設・少年院の各施設において処遇を受けている児童・少年の近年の特質、各施設における特色ある処遇実践と処遇上で現在抱えている問題点、また、各施設が近年の少年法や児童福祉法の改正に対して持っているスタンスの違いなどが明らかになった。

  • 科学研究費補助金基盤研究(C)「触法少年・虞犯少年に対する少年法・児童福祉法の二元的保護システムに関する考察」

    研究期間:

    2005年
    -
    2007年
     

  • 問題行動の見られる少年・児童に対する法的対応の意義

     概要を見る

    本研究では、わが国に関し、問題行動の見られる.年・児童に対する処遇・支援の重要性が明確化されると共に、その方法として、柔軟な行政的対応(多様な行政機関の適切な連携による処遇・支援)の必要性が認識された。また、そうした処遇・支援の法的限界を制度上担保させつつ、必要に応じて一層強力な処遇・支援を実施する上では、司法機関を中心とした「問題解決型裁判所」のような多機関連携のあり方も有効であると考えられる

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 少年法の改正と理念―課題と展望―

    小西暁和

    日本刑法学会第100回大会(ワークショップ10「少年司法制度の課題と展望」)(会場: 関西学院大学)  

    発表年月: 2022年05月

  • 「罪」と「罰」から日韓関係を考える

    小西暁和

    第3回「日韓関係における法と政治」研究会(早稲田大学比較法研究所共同研究)(会場: オンライン形式(Zoomミーティング))  

    発表年月: 2022年04月

  • 「新型コロナ禍」における刑事法上の課題(シンポジウム『ウィズコロナ時代の犯罪学』)

    小西暁和  [招待有り]

    第58回日本犯罪学会総会(会場: オンライン形式(Zoomミーティング)/大会校: 国際医療福祉大学)  

    発表年月: 2021年11月

  • 「特定少年」に対する「虞犯」規定の適用除外について

    小西暁和

    第112回早稲田大学刑事法学研究会(会場: オンライン形式(Zoomミーティング))  

    発表年月: 2021年10月

  • 少年に対する不定期刑再考

    小西暁和

    日本刑法学会第99回大会(研究報告)(会場: オンライン形式(Zoomウェビナー)/大会校: 東洋大学)  

    発表年月: 2021年05月

  • 少年に対する不定期刑再考

    小西暁和

    第110回早稲田大学刑事法学研究会(会場: オンライン形式(Zoomミーティング))  

    発表年月: 2021年04月

  • 「第三報告:ストーカー行為の犯罪化に関する研究(跟蹤糾纏行為犯罪化之趨勢)」早稲田側コメント

    小西暁和

    2019年度早稲田大学大学院法務研究科・國立臺灣大學法律學院学術交流『刑事法ワークショップ』(会場: 早稲田大学)  

    発表年月: 2019年10月

  • 教育と自由刑の関係に関する一考察

    小西暁和

    第69回早稲田大学社会安全政策研究所(WIPSS)定例研究会  

    発表年月: 2019年03月

  • 「児童相談所を起点とした機関連携」に関する調査報告

    小西暁和

    公開研究会(第62回早稲田大学社会安全政策研究所(WIPSS)定例研究会)『「少年を犯罪から守るための機関連携」のあり方』(会場: 早稲田大学)   早稲田大学社会安全政策研究所、警察政策研究センター  

    発表年月: 2018年01月

  • フィンランド(第二次)・デンマーク・スウェーデン調査結果報告

    小西暁和

    シンポジウム『北欧における犯罪者処遇の現在―フィンランド・デンマーク・スウェーデン調査結果報告会―』(会場: 早稲田大学)   早稲田大学社会安全政策研究所、同比較法研究所「北欧法制の研究会」  

    発表年月: 2017年12月

  • Recent Problems Faced by Japanese Prisons(日本の刑務所が直面する近時の諸問題)

     [招待有り]

    A special lecture at ‘Qualitative Research Methods’ class (at Department of Sociology, John Jay College of Criminal Justice, the City University of New York, New York City, New York)  

    発表年月: 2016年03月

  • 少年に対する不定期刑の現状と課題—歴史的展開を踏まえて—

    第42回早稲田大学社会安全政策研究所(WIPSS)定例研究会  

    発表年月: 2014年09月

  • Strengthening the Child Guidance Functions in the Child Welfare System: Toward Early Solutions for Child Maltreatment and Delinquency Cases(児童福祉システムにおける児童相談機能の強化—児童虐待ケース及び非行ケースの早期解決に向けて—)

    The 4th Annual Conference of the Asian Criminological Society (Individual Paper Presentation) (at Lotte Hotel Seoul, Seoul, Republic of Korea)  

    発表年月: 2012年08月

  • 児童相談所を起点とした多機関連携の現状と課題

    独立行政法人科学技術振興機構社会技術研究開発センタ-研究開発プログラム〈犯罪からの子どもの安全〉研究開発プロジェクト「子どもを犯罪から守るための多機関連携モデルの提唱」公開シンポジウム(第二次)『三政令市(北九州市・札幌市・横浜市)における子どもを犯罪から守るための多機関連携の仕組みの現状と課題』(会場: 早稲田大学)  

    発表年月: 2012年03月

  • 児童相談所を起点とした機関連携—北九州市・札幌市・横浜市における調査研究を通して—

    第26回早稲田大学社会安全政策研究所(WIPSS)定例研究会  

    発表年月: 2012年02月

  • Treatment for Drug-Dependent Offenders(薬物依存を有する犯罪者の処遇)

     [招待有り]

    The 148th International Training Course, ‘Drug Offender Treatment: New Approaches to an Old Problem’ (at the United Nations Asia and Far East Institute for the Prevention of Crime and the Treatment of Offenders (UNAFEI), Tokyo)  

    発表年月: 2011年05月

  • Certified Public Accountants’ Treacheries: Account Rigging in Japan and the U.S.(公認会計士達の背信行為—日米の粉飾決算事例を通して—)

    The 62nd Annual Meeting of the American Society of Criminology (Individual Paper Presentation) (at San Francisco Marriott Marquis, San Francisco, California)  

    発表年月: 2010年11月

  • 薬物自己使用事犯者に対する処遇の現状と方向性

    第4回日中犯罪学学術シンポジウム『日中薬物犯罪の現状と対策』(会場: 中華人民共和国海南省海口市海南燕泰国際大酒店)  

    発表年月: 2010年11月

  • Organized Crime Groups and Japanese Society(組織犯罪集団と日本社会)

     [招待有り]

    TCU (Texas Christian University) Summer Abroad 2010, ‘Japan: Crime, Criminal Justice, and Social Problems’ (at Waseda Hoshien Student Christian Center, Tokyo)  

    発表年月: 2010年05月

  • 精神科医療と少年保護司法システム

    第13回早稲田大学社会安全政策研究所(WIPSS)定例研究会  

    発表年月: 2009年12月

  • 少年保護事件の調査・審判と保護処分の現状

    第3回日中犯罪学学術シンポジウム『少年非行に対する法的対応』(会場: 早稲田大学)  

    発表年月: 2009年09月

  • 「非行少年」と責任能力

    第52回早稲田大学刑事法学研究会  

    発表年月: 2009年07月

  • Organized Crime in Japan(日本における組織犯罪)

     [招待有り]

    TCU (Texas Christian University) Summer Abroad 2009, ‘Japan: Crime, Criminal Justice, and Social Problems’ (at Rihga Royal Hotel Tokyo, Tokyo)  

    発表年月: 2009年05月

  • 旧少年法下の「虞犯少年」

    第1回早稲田大学社会安全政策研究所(WIPSS)定例研究会  

    発表年月: 2007年11月

  • Pre-Delinquent Juvenile: Its Social Construction and the Impact in Japan(虞犯少年—日本におけるその社会的構築と影響—)

    The 59th Annual Meeting of the American Society of Criminology (Individual Paper Presentation) (at Atlanta Marriott Marquis, Atlanta, Georgia)  

    発表年月: 2007年11月

  • Fraud by Certified Public Accountants in Japan and the U.S.(公認会計士による不正の日米比較)

    A Joint Graduate Conference on Crime, Law, and Society (Waseda University and University of California, Irvine), ‘Individuals, Organizations, and the Law: Comparative and International Perspectives’ (at University of California, Irvine, Irvine, California)  

    発表年月: 2007年11月

  • 「虞犯少年」概念の構造—司法の観点から—

    第33回早稲田大学刑事法学研究会  

    発表年月: 2005年10月

  • 「虞犯少年」概念の構造—立法の観点から—

    第26回早稲田大学刑事法学研究会  

    発表年月: 2004年05月

▼全件表示

特定課題研究

  • 非行少年等とその家庭への支援に向けた多機関連携の各国の動向に関する調査研究

    2019年  

     概要を見る

     非行少年・被虐待児童を始めとする問題を抱えた児童・少年に対する支援は、児童・少年自身のみならず、その家庭に対する支援も当然必須となっている。ただ、こうした支援は単一の機関(国又は地方自治体)だけでは十分に対応できず、民間団体との協力が必要となる。今回は、こうした非行少年等とその家庭への支援に向けた多機関連携の各国の動向に関して文献調査を中心に研究を実施した。例えば、「セイフティ・ハウス」(オランダ)、「ファミリー・ジャスティス・センター」(アメリカ等)、「ファミリー・リレーションシップ・センター」(オーストラリア)などが結節点として機能し非行少年等の問題について家庭への支援も含め対応している。

  • 児童福祉行政システムにおける多機関連携を通じた少年非行への対応の課題とその克服策

    2018年  

     概要を見る

     国内では、宮城県警察本部及び「少年サポートセンターせんだい」において聞き取り調査を行った。また、国外では、オーストラリア首都特別地域を訪問し、少年裁判所、家庭裁判所、少年刑務所(「ビンベリ・ユース・ジャスティス・センター」)、「ファミリー・リレーションシップ・センター」等で聞き取り調査を実施した。これらの調査を通じ、児童相談所では人的・物的資源が限られている中で他機関との連携により「非行相談」に適正かつ有効に対応する必要性が以前にも増して高まっていること、また問題を抱えた少年とその家庭への支援に関わる民間団体との協力が機動力・柔軟性という観点からも大きな意味を持っていることを改めて認識した。

  • 自由刑における「作業」の意義に関する比較法的考察

    2017年  

     概要を見る

     本年度は主にスカンディナヴィア諸国を比較対象として検討したが、いずれの国々においても、刑法ではなく、行刑法たる刑務所収容法等で受刑者に対し作業が義務化されている。また、作業のみならず、教科教育・処遇プログラムの受講もまた同様に義務付けられており、いずれにも参加した場合には所定の報奨金が支払われる仕組みとなっている。作業の内容も受刑者の社会復帰に資するように職業訓練・資格取得をも含むものとなっており、本人の職業上の技能低下防止及び技能向上にも配慮されている。  なお近年、社会奉仕活動という形での義務的な労働を刑に位置付ける動きが他の欧州各国も含め見られるが、この点についても今後考察する必要があろう。

  • アメリカ合衆国とドイツにおける少年に対する不定期刑制度の歴史的展開

    2015年  

     概要を見る

     アメリカ合衆国では1876年にニューヨーク州のエルマイラ感化監で少年及び若年成人に対する不定期刑を採用し、「エルマイラ制」としてモデル化された。このエルマイラ制の理想像はわが国の少年法制にも大きな影響を及ぼした。1970年代になると改善・社会復帰理念に対する批判が強まり不定期刑制度の収縮傾向が見られたが現在でも不定期刑制度は存続している。ドイツでは1941年にナチス政権下で少年に対する不定期刑が導入されたが、法的観点からの疑義と共に有効性・実効性の欠如が示された結果1990年に廃止された。その際には刑期を定める基準が不明確であり裁判・執行段階で法的安定性及び予見可能性の要請に十分応じられていないことが考慮されていた。

  • 米国少年司法における「ステイタス・オフェンダー」規定の歴史的変遷とわが国への影響

    2005年  

     概要を見る

    2005年度特定課題研究助成費を利用し、アメリカ合衆国で「ステイタス・オフェンダー」(Status Offender)を取り巻く現況に関する資料収集・実態調査を実施した。とりわけ、ニューヨーク市で現在、実施されている「ステイタス・オフェンダー」に対するFamily Assessment Programを開発したヴェラ司法研究所(Vera Institute of Justice)のClaire Shubik研究員からプログラム実施後の効果について詳細な説明を受けることができた。また、「ステイタス・オフェンダー」に対する法制度に関する研究を行っているカリフォルニア大学アーバイン校のCheryl L. Maxson教授と意見交換を行うこともできた。以上の資料収集・実態調査の結果として、アメリカ合衆国内の「ステイタス・オフェンダー」に対する法制度の近年の動向と、その問題点を十分に把握することができた。1970年代・80年代に高まりを見せた「ステイタス・オフェンダー」に対する「脱施設収容化」(Deinstitutionalization)の波は一段落着いたが、現在一般化しているプロベーションによる処分に関しても新たな動きが出てきている。特にニューヨーク市では、ソーシャルワーカーによる家庭の支援という児童福祉の視点から「ステイタス・オフェンダー」に対する法制度を構成し直している。こうした試みは、家庭内で問題を抱えている場合が多い非行少年に対して初期段階で適切な介入を行う方法を今後わが国で再検討する上でも十分参考になるであろう。ただ、わが国の近年での児童虐待ケースの急増という課題を考慮しながら、児童福祉の領域における人的・物的資源の限界を明確に踏まえることが必要である。これらの知見から得られた研究成果を、平成18年度中に『比較法学』(早稲田大学比較法研究所発行)もしくは『中央研究所紀要』(財団法人矯正協会附属中央研究所発行)に掲載する予定である。

 

現在担当している科目

▼全件表示

 

委員歴

  • 2019年10月
    -
    継続中

    第32期 東京都青少年問題協議会  委員

  • 2019年04月
    -
    継続中

    更生保護法人更新会  理事

  • 2019年01月
    -
    継続中

    公益財団法人矯正協会  研究アドバイザー

  • 2018年07月
    -
    継続中

    神奈川県再犯防止推進会議  構成員(座長)

  • 2009年11月
    -
    2014年02月

    神奈川県・横浜市地域連携研究会  委員