赤間 高雄 (アカマ タカオ)

写真a

所属

スポーツ科学学術院 スポーツ科学部

職名

教授

ホームページ

http://www.f.waseda.jp/takao-akama/top.html

兼担 【 表示 / 非表示

  • 附属機関・学校   グローバルエデュケーションセンター

  • スポーツ科学学術院   大学院スポーツ科学研究科

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1984年04月
    -
    1988年03月

    筑波大学   医学研究科   生物系  

  • 1976年04月
    -
    1982年03月

    筑波大学   医学専門学群  

学位 【 表示 / 非表示

  • 筑波大学   医学博士

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2000年
    -
    2004年

    日本女子体育大学 助教授

  • 1989年
    -
    2000年

    筑波大学 講師

所属学協会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     

    日本臨床スポーツ医学会

  •  
     
     

    日本体力医学会

  •  
     
     

    日本内科学会

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • スポーツ科学

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • スポーツ医学、アンチ・ドーピング

論文 【 表示 / 非表示

  • ヨガが高強度運動後の免疫機能および自律神経活動に及ぼす影響

    枝 伸彦, 田端 宏樹, 曽根 良太, 福地 萌々子, 原熊 健国, 赤間 高雄

    日本臨床スポーツ医学会誌   26 ( 4 ) S180 - S180  2018年11月  [査読有り]

  • Yoga stretching for improving salivary immune function and mental stress in middle-aged and older adults

    Nobuhiko Eda, Hironaga Ito, Kazuhiro Shimizu, Satomi Suzuki, Eunjae Lee, Takao Akama

    Journal of Women and Aging   30 ( 3 ) 227 - 241  2018年05月

     概要を見る

    Protection against age-related immune suppression is important in elderly individuals. This study determined the effect of yoga on mucosal immune function and mental stress. Saliva samples were collected from 23 adult women (age: 60.4 ± 10.4 years) before and after 90 minutes of yoga stretching or rest to measure secretory immunoglobulin A (SIgA), cortisol, and testosterone. The SIgA concentration and secretion rate were significantly higher after yoga than before (p &lt
    .05). The cortisol concentration and secretion rate were lower and testosterone secretion rate higher after yoga (p &lt
    .05). Yoga stretching can reduce stress and enhance mucosal immune function in elderly women.

    DOI

  • Changes in Stress and Appetite Responses in Male Power-Trained Athletes during Intensive Training Camp

    Satomi Oshima, Chisato Takehata, Ikuko Sasahara, Eunjae Lee, Takao Akama, Motoko Taguchi

    NUTRIENTS   9 ( 8 )  2017年08月  [査読有り]

     概要を見る

    An intensive consecutive high-volume training camp may induce appetite loss in athletes. Therefore, this study aimed to investigate the changes in stress and appetite responses in male power-trained athletes during an intensive training camp. The measurements at Day 2 and at the end of a 9-day intensive training camp (Camp1 and Camp2, respectively) were compared with those of the resting period (Rest) and the regular training period (Regular; n = 13). The stress state was assessed based on plasma cortisol level, salivary immunoglobulin A level, and a profile of mood states score. The sensation of appetite was assessed using visual analog scale scores, and fasting plasma acylated ghrelin, insulin, and glucose were measured. The cortisol concentrations were significantly higher at Camp2 (466.7 +/- 60.7 nmol . L-1) than at Rest (356.3 +/- 100.9 nmol .L-1; p = 0.002) or Regular (361.7 +/- 111.4 nmol . L-1; p = 0.003). Both prospective and actual food consumption significantly decreased at Camp2, and acylated ghrelin concentration was significantly lower at Camp1 (34.2 +/- 8.0 pg . m L-1) and Camp2 (32.0 +/- 8.7 pg . m L-1) than at Rest (47.2 +/- 11.2 pg . m L-1) or Regular (53.4 +/- 12.6 pg . m L-1). Furthermore, the change in acylated ghrelin level was negatively correlated with the change in cortisol concentration. This study's findings suggest that an early-phase physiological stress response may decrease the acylated ghrelin level in male power-trained athletes during an intensive training camp.

    DOI

  • Ageing and free-living daily physical activity effects on salivary beta-defensin 2 secretion

    Kazuhiro Shimizu, Yukichi Hanaoka, Takao Akama, Ichiro Kono

    JOURNAL OF SPORTS SCIENCES   35 ( 7 ) 617 - 623  2017年04月  [査読有り]

     概要を見る

    This study examined ageing and free-living daily physical activity effects on salivary human beta-defensin 2 (hBD2). A total of 168 healthy elderly and 26 healthy young volunteers underwent saliva sampling. Free-living step count, energy expenditure and activity durations at specific intensity levels (inactive, light, moderate and vigorous) were evaluated. The results show significantly lower salivary hBD2 secretion rates for elderly than for young participants (P<0.05). Data from elderly participants were stratified by steps per day using quartiles (Q1-Q4) for distribution. Elderly in quartiles respectively showed step counts of 3145 +/- 129 in Q1, 5294 +/- 83 in Q2, 7001 +/- 86 in Q3 and 10,236 +/- 416 steps day(-1) in Q4. In elderly participants, significant differences were found in the mean step count, energy expenditure and activity duration with increasing pedometer-determined activity quartiles. hBD2 secretion rates were significantly higher for Q2, Q3 and Q4 than for Q1 (P<0.05). Elderly participants in Q3 had the highest hBD2 secretion. In conclusion, these results suggest that moderate physical activity in daily living improves age-related impairment of oral immune function mediated by hBD2. For oral immune function enhancement and for prevention of upper respiratory tract infections in elderly people, we recommend accumulation of more than 7000 steps day(-1).

    DOI PubMed

  • Effect of acupuncture stimulation on salivary human beta-defensin 2 after a single strenuous exercise in young male subjects

    Hanaoka,Yukichi, Shimizu,Kazuhiro, Watanabe,Koichi, Akama,Takao, Miyamoto,Toshikazu

    Japanese Acupuncture and Moxibustion   12 ( 1 )  2016年03月

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • ニュー運動生理学Ⅱ

    宮村実晴編, 枝伸彦, 赤間高雄

    真興交易(株)医書出版部  2015年01月 ISBN: 9784880038902

  • スポーツにおける薬物治療

    赤間高雄

    オーム社  2014年12月 ISBN: 9784274216893

  • スポーツ医学【内科】

    赤間高雄, 赤間高雄

    化学同人  2014年03月 ISBN: 9784759817058

  • スポーツ指導者に必要な生理学と運動生理学の知識

    村岡功, 赤間高雄

    市村出版  2013年03月 ISBN: 9784902109306

  • スポーツ医学研修ハンドブック応用科目 ドーピング・コントロールの実際

    日本体育協会指導者育成専門委員会スポーツドクター部会, 赤間高雄

    文光堂  2012年06月 ISBN: 9784830651595

全件表示 >>

Misc 【 表示 / 非表示

  • Lactobacillus gasseri OLL2809がアスリートの免疫指標およびコンディションに及ぼす効果

    田村明, 清水和弘, 花岡裕吉, 鷲谷浩輔, 竹村雅裕, 古川拓生, 宮本俊和, 渡部厚一, 赤間高雄

    腸内細菌学雑誌   29 ( 2 ) 111  2015年04月

    J-GLOBAL

  • MG2809乳酸菌の摂取が大学ラグビー選手の口腔内免疫能に及ぼす影響

    花岡 裕吉, 清水 和弘, 鷲谷 浩輔, 田村 明, 竹村 雅裕, 古川 拓生, 宮本 俊和, 渡部 厚一, 赤間 高雄

    体力科学   64 ( 3 ) 315 - 322  2015年

     概要を見る

    The purpose of this study was to investigate the effects of <i>Lactobacillus gasseri</i> OLL2809 (MG2809) intake on salivary secretory immunoglobulin A (SIgA) secretion and incidence of upper-respiratory tract infection (URTI) symptoms among college rugby athletes. Sixty-seven subjects were assigned to a MG2809 group (n = 33) or a placebo group (n = 34) using a double-blind procedure. Each subject took MG2809 or placebo tablets for 9 weeks. Resting saliva samples were collected before (0 week) and after 2, 4, 6, 8, and 9 weeks of the MG2809 intakes. A log of URTI symptoms was kept every day during the study period. Our results showed that salivary SIgA level was significantly increased at 6 weeks in the MG2809 group (p < 0.05), although the placebo group did not show significant change. The duration of URTI symptoms episode in the MG2809 group was significantly shorter than that in the placebo (p < 0.05). These results suggest that regular intake of MG2809 may enhance oral immune function mediated by SIgA and reduce the risk of URTI in athletes.

    DOI CiNii

  • 還元型コエンザイム Q10 が中高齢者の口腔免疫能および健康関連 QOL に及ぼす効果

    清水 和弘, 亀井 雄太, 鈴木 智弓, 枝 伸彦, 花岡 裕吉, 河野 一郎, 赤間 高雄

    日本補完代替医療学会誌   12 ( 1 ) 37 - 43  2015年

     概要を見る

    目的:還元型コエンザイム Q10 (CoQ10) 摂取が中高齢者の唾液分泌型免疫グロブリン A (SIgA) および健康関連 Quality of Life (QOL) に及ぼす影響を検討すること.方法:健康な中高齢者 60 名を対象とし,CoQ10 摂取群(30 名)およびプラセボ摂取群(30 名)に無作為に分けた.摂取前および摂取 8 週間後において,唾液 SIgA 分泌速度(酵素免疫測定法)および健康関連 QOL(SF-36 による身体的・精神的側面の QOL の評価)を測定した.結果:唾液 SIgA 分泌速度は,プラセボ群では変動しなかったが,CoQ10 群では上昇傾向を示した (p = 0.08).身体的側面の QOL は両群とも有意な変動は認められなかった.精神的側面の QOL は,プラセボ群では変動しなかったが,CoQ10 群において有意に上昇し (p < 0.05),その下位項目の「活力」と「心の健康」のスコアが有意に上昇した (p < 0.05).結論:中高齢者における 8 週間の CoQ10 摂取は,唾液 SIgA による口腔免疫能および精神的側面の QOL の改善に有効である可能性が示された.

    DOI CiNii

  • スポーツ活動とコンディショニング

    清水 和弘, 赤間 高雄

    思春期学   31 ( 2 ) 197 - 202  2013年06月

    CiNii

  • 高齢者の免疫機能に影響する要因の検討

    亀井 雄太, 清水 和弘, 枝 伸彦, 野倉 圭輔, 鈴木 智弓, 赤間 高雄

    人間科学研究   23 ( 1 ) 142 - 142  2010年03月

    CiNii

全件表示 >>

Works(作品等) 【 表示 / 非表示

  • 第30回オリンピック競技大会(ロンドン)日本代表選手団本部役員(医務担当)

    2012年07月
    -
    2012年08月

  • 第16回アジア競技大会(広州)マルチサポート・ハウスドクター

    2010年11月
     
     

  • 第29回オリンピック競技大会(北京)日本代表選手団本部役員(医務担当)

    2008年08月
     
     

  • 第15回アジア競技大会(ドーハ)日本代表選手団本部ドクター

    2006年12月
     
     

  • 第4回東アジア競技大会(マカオ)日本代表選手団本部ドクター

    2005年10月
    -
    2005年11月

全件表示 >>

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 熱中症予防に役立つ唾液を用いた評価方法の検討

    研究期間:

    2018年04月
    -
    2021年03月
     

     概要を見る

    平成30年度は、研究デザインの策定、予備検討を行った。また、脱水指標の選定や試料解析業者の選定を行った。しかし、被験者を募っての本研究まで達成できなかった。研究代表者が東京オリンピック・パラリンピック競技大会開催準備に関わっているため海外出張等で多忙となり、研究が進んでいない。実験補助にアルバイトを雇用して研究を進める。被験者の募集や測定試料解析業者などの選定は進んでいる。31年度は30年度と31年度に予定していた横断的研究を進める予定である

  • 継続性運動トレーニングの実施時間帯による自然免疫増強効果の検討

    研究期間:

    2014年04月
    -
    2017年03月
     

     概要を見る

    本研究では、継続性運動トレーニングの実施時間帯による自然免疫機能に与える影響を調べるために、高齢者を対象に身体活動量および身体組成と自然免疫機能との関係をトレーニング実施時間帯と共に検討した。その結果、トレーニングの実施時間帯による自然免疫機能の効果を明らかにすることはできなかったが、加齢により自然免疫が低下することが示唆された。一方で、年齢に関係なく筋肉量を高めることで自然免疫機能を維持・向上させる可能性が示唆された

  • 唾液ストレスタンパクのモニタリングによるコンディション低下の予防に関する研究

    研究期間:

    2010年04月
    -
    2014年03月
     

     概要を見る

    本研究では,唾液中のヒートショックプロテイン70(HSP70)が競技選手および高齢者のコンディション評価指標としての有用性について検討した.一過性高強度運動で唾液HSP70が増加することを示した.また継続的な高強度運動で安静時のHSP70は顕著な変動はしないが,その原因として高強度運動に対するHSP70応答の個人差が考えられた.さらに継続的な運動で高齢者の安静時HSP70が高まり,さらにHSP70がT細胞活性経路の亢進メカニズムに関わる可能性が示された.以上より,唾液HSP70によるコンディション評価は,競技選手では個々の変動が異なるため検討が必要であり,高齢者では有用である可能性が示された

  • 唾液ストレスタンパクのモニタリングによるコンディション低下の予防に関する研究

    基盤研究(B)

    研究期間:

    2010年
    -
    2013年
     

     概要を見る

    本研究では,唾液中のヒートショックプロテイン70(HSP70)が競技選手および高齢者のコンディション評価指標としての有用性について検討した.一過性高強度運動で唾液HSP70が増加することを示した.また継続的な高強度運動で安静時のHSP70は顕著な変動はしないが,その原因として高強度運動に対するHSP70応答の個人差が考えられた.さらに継続的な運動で高齢者の安静時HSP70が高まり,さらにHSP70がT細胞活性経路の亢進メカニズムに関わる可能性が示された.以上より,唾液HSP70によるコンディション評価は,競技選手では個々の変動が異なるため検討が必要であり,高齢者では有用である可能性が示された.

全件表示 >>

特定課題研究 【 表示 / 非表示

  • 高強度運動による皮膚バリア機能低下の機序の解明

    2017年   枝 伸彦

     概要を見る

    本研究では、健常成人男性8名を対象に、高強度持久性運動が皮膚の物理的バリア関連因子に及ぼす影響を検討した。その結果、血中の脳由来神経栄養因子(Brain-derived neurotrophic factor; BDNF)とthymus and activation-regulated chemokine(TARC)が運動前と比較して運動直後に増加傾向を示し、運動直後と比較して運動30分後に有意な低下を示した。本結果から高強度運動直後のかゆみや炎症の増悪が示唆されたが、運動30分後には運動前と同等まで低下しているため、健常人の皮膚状態としては大きな変化は考えにくい。一方で、アトピー性皮膚炎患者では、高強度運動による皮膚炎症の増悪は重大な問題であり、今後は継続的な高強度運動による影響やアトピー性皮膚炎患者を対象とした研究が必要である。

  • アスリートの皮膚バリア機能評価に関する研究

    2013年  

     概要を見る

    本年度は、実際のスポーツ現場でアスリートの皮膚バリア機能評価を実施する前段階として、皮膚バリア機能が皮膚表面の黄色ブドウ球菌の増殖に与える影響を検討することとした。皮膚モデルとしてヒト3次元培養表皮LabCyte EPI-MODEL (Japan Tissue Engineering)を使用し、分泌型免疫グロブリンA (secretory immunoglobulin A; SIgA)、ディフェンシン(human β-defensin 2; HBD-2)、コアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococcus; CNS)および角質層の厚さによる黄色ブドウ球菌数や生細胞数の変動を検討する予定であった。しかしながら、ヒト3次元培養表皮を用いて細菌感染状態を検討した研究はなく、予備実験を実施し、プロトコールを確立する必要があった。実際にヒト3次元培養表皮を培養したのち、RNAやATPを測定し、生細胞数を計測した。また、培養された角質層の物理的バリア機能を評価するために皮膚透過性試験を行い、角質層のタイトジャンクションを確認した。これらの予備実験の結果から、皮膚バリア機能と黄色ブドウ球菌の増殖を検討するための具体的な研究プロトコールを確立した。また、身体活動量が皮膚バリア機能に及ぼす影響も検討した。健康な高齢者を対象とし、日常生活における身体活動量の違いが皮膚の物理的バリア機能に及ぼす影響を検討した。測定項目は、角質水分量、経皮水分蒸散量(trans-epidermal water loss; TEWL)、身体活動量とした。その結果、年齢と運動量(r=-0.406, p<0.01)、歩数(r=-0.465, p<0.01)が負の相関関係を示すことが確認され、目尻の角質水分量とTEWLに有意な負の相関関係がみられた(r=-0.326, p<0.01)。また、前期高齢者の目尻においては、歩数と角質水分量が負の相関関係を示し(r=-0.476, p<0.01)、歩数とTEWLが正の相関関係を示すことが明らかになった(r=0.365, p<0.05)。従って、前期高齢者において過度な身体活動が皮膚の物理的バリア機能を低下させる可能性が考えられるが、前腕における角質水分量およびTEWLには歩数との有意な相関関係が認められなかった。故に、ウォーキングをする際の紫外線の暴露が皮膚の物理的バリア機能を低下させると推察されるが、本研究では紫外線の暴露について検討していないため、今後さらに詳細に検討していく必要がある。

  • ドーピング禁止薬物の治療目的使用に関する研究

    2010年  

     概要を見る

    (1)治療目的使用に係る除外措置申請の現状分析ドーピング禁止物質を疾患治療のため使用する競技者は「治療目的使用に係る除外措置(Therapeutic Use Exemption : TUE)」申請を行い、承認を得なければならない。国内のTUE申請数は、2010年度(2010年4月-2月末)で140件あった。(2)呼気凝縮液の炎症関連物質測定(目的)気管支喘息の客観的な診断は、気道可逆性試験や気道過敏性試験としてスパイロメトリーで気管支収縮を間接的に測定する方法が重視されているが、検査に長時間を要し、気管支喘息の一時的悪化の危険性も伴うため、競技者の運動誘発性気管支れん縮の診断にはより簡便な方法が必要である。本研究は、競技者の負担が軽減され、簡便に採取可能な呼気凝縮液中の炎症関連物質の測定方法の開発、および呼吸機能検査との関連性を検討することを目的とした。本研究では、まず、健常者における運動前後の呼気凝縮液を採取して、検討した。(方法)健康な成人男性10名を対象とし、8分間の自転車ペダリング運動前後の呼気凝縮液を採取した。呼気凝縮液中の炎症関連物質としては、cysteinyl Leukotrienes(cysLTs:LTC4、LTD4、LTE4)を測定した。また、運動前後にはスパイロメーターを用いた呼吸機能検査も実施した。(結果)採取した呼気凝縮液中のcysLTs濃度の運動前後における有意な変化は検出できなかった。小児期の気管支喘息の既往がある対象者2名では、運動後に呼気凝縮液量、呼気量および1秒率の低下が観察された。(考察)先行研究では気管支喘息患者で発作時の呼気凝縮液のcysLTsの変化が報告されている。今後、気管支喘息の既往もある競技者や運動誘発性気管支れん縮の競技者において検討する予定である。

  • 高齢者の唾液中ストレスマーカーに関する研究

    2008年  

     概要を見る

    【緒言・目的】唾液に含まれる分泌型免疫グロブリンA (SIgA)は、感染の初期防御機構において重要な役割を果たすが加齢により低下すると考えられている。しかし、適度な身体活動によって唾液SIgA分泌が高まることも示されている。そこで本研究では、高齢者の日常における身体活動が唾液SIgA分泌に及ぼす影響について、都市部の対象者で検討すること(課題1)、さらに日常の生活習慣が高齢者の唾液SIgA分泌に及ぼす影響について検討すること(課題2)を目的とした。【方法】課題1の対象は東京都三鷹市在住の前期高齢者118名、後期高齢者166名とし、それぞれ身体活動量を昇順並べて3群に分け(前期高齢者:115および250 kcal/dayを境に3群化;後期高齢者:85および155 kcal/day)、唾液SIgA分泌速度と身体活動量との関係を検討した。課題2の対象は三鷹市在住の前期高齢者23名、後期高齢者15名とした。Quality of lifeを評価するSF-36を用いて各高齢者の身体的健康度と精神的健康度を評価した。それぞれの健康度について、日本国民の平均値と比べて高い群および低い群に分け、SIgA分泌速度との関係を検討した。【結果】課題1:統計的に有意ではないが、前期高齢者では身体活動量が最も多い群、後期高齢者では中程度の群でSIgA分泌速度が他の二群と比較して高い傾向が認められた。課題2:前期高齢者では精神的健康度が高い群のSIgA分泌速度が低い群に比べて有意に高かった(p < 0.05)。また統計的に有意ではないが、後期高齢者では身体的健康度が低い群と比較して高い群においてSIgA分泌速度が高い傾向を示した。また精神的健康度おいても同様の結果が得られた。【考察】課題1において、後期高齢者では1日の身体活動量を85~155kcal/day程度に維持することで、口腔内免疫機能を向上させる可能性が示唆された。課題2では精神的因子が唾液SIgAの分泌に影響を及ぼしている可能性が考えられた。

  • 分泌型免疫グロブリンA産生の加齢変化に対する運動の影響

    2006年  

     概要を見る

    (目的)加齢に伴って免疫機能は低下するが、免疫機能は栄養や運動などの生活習慣の影響をうけるため、高齢者において適切な運動は免疫機能を維持向上させる可能性がある。唾液中の分泌型免疫グロブリンA(secretory immunoglobulin A :SIgA)は、経口的に侵入してくる病原微生物に対する一次的防御機構で主要な役割を担う物質であり、唾液分泌速度と唾液SIgA濃度、および両者の積であるSIgA分泌速度は加齢によって低下する。高齢者の免疫機能にとって適切な運動処方について知見を得るために、高齢者のSIgA産生と身体活動量との関係を検討した。(方法)東京都三鷹市の前期高齢者67名と後期高齢者124名を対象として、唾液採取は市販の唾液採取器具(サリベット)を用い、1分間咀嚼させて採取した量を1分間の唾液分泌速度とし、唾液SIgA濃度はELISAで測定した。身体活動量はライフコーダを2週間装着してもらい、その平均値を1日あたりの身体活動量とした。以前測定した前期高齢者283名と後期高齢者119名の身体活動量と今回測定した対象者の身体活動量に有意差が認められなかったため、対象者を合算して解析した。(結果)前期高齢者においては、身体活動量が115kcal/日未満の群に比較して身体活動量が115~250kcal/日の群が有意に高いSIgA分泌速度を示した。身体活動量が250kcal/日以上の群は、身体活動量が115~250kcal/日の群と比較してSIgA分泌速度に有意差はなかった。後期高齢者においては、身体活動量が85~155kcal/日の群でSIgA分泌速度がもっとも高い値を示したものの、85kcal/日未満の群と155kcal/日以上の群とに比較して有意差は見られなかった。(結論)前期高齢者では身体活動量が115 kcal/日以上であるとSIgA産生が多く、後期高齢者では身体活動量以外の因子がSIgA産生に影響を及ぼしていると考えられる。

全件表示 >>

海外研究活動 【 表示 / 非表示

  • ドーピング防止における治療目的使用に係る除外措置に関する研究

    2010年10月
    -
    2011年09月

    ニュージーランド   Rugby World Cup2011

 

現在担当している科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

 

委員歴 【 表示 / 非表示

  •  
     
     

    (公財)日本ラグビーフットボール協会  アンチ・ドーピング委員会委員長

  •  
     
     

    (公財)日本アンチ・ドーピング機構  副会長

  •  
     
     

    (公財)東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会  メディカルディレクター

  •  
     
     

    アジアオリンピック評議会  医事委員