Updated on 2024/04/13

写真a

 
HARADA, Munehiko
 
Affiliation
Faculty of Sport Sciences
Job title
Professor Emeritus
Degree
Ph.D. ( Pennsylvania State University (USA) )

Professional Memberships

  •  
     
     

    Japan Society of Sports Industry

  •  
     
     

    Japanese Society of Management for Physical Education and Sports

  •  
     
     

    Asian Association of Sport Management

  •  
     
     

    Japanese Association for Sport Management

Research Areas

  • Sports sciences

Research Interests

  • sport management, sport marketing

Awards

  • 日本スポーツ産業学会奨励賞

    2006.07  

  • 日本体育スポーツ経営学会学会賞

    2003.03  

 

Papers

  • スポーツ・マネジメント

    原田宗彦

    体育の科学   57 ( 1 ) 4 - 8  2007.01

  • トップスポーツビジネスは、街、人、経済をこう変える

    原田宗彦

    体育科教育   55 ( 1 ) 32 - 35  2007.01

  • 交通広告による情報接触度とプロ野球観戦に関する研究—特に大阪近鉄バファローズに注目して—

    竹中陽三, 原田宗彦

    大阪体育大学紀要   35   15 - 23  2004

  • W杯の観戦が日本と韓国における中学生のサッカー行動へ与える影響に関する研究—「みる」スポーツと「する」スポーツの関連に注目して—

    林直也, 原田宗彦

    大阪体育大学紀要   35   1 - 13  2004

     View Summary

    The purposes of this study were to consider the effects of spectator sport on the participation sport from the viewpoints of watching World Cup games, and to compare the influence in Japan and Korea. The subjects of this study were the junior high school students who watched World Cup. This study focused the attitude toward the behavior and behavioral intention. These concepts of attitude and intention are important when predicting people's behavior. Therefore, this study clarified the change of attitude and intention after the World Cup, and compared the difference between Japan and Korea. As the results of analyses, the students who watched World Cup showed that the attitude toward the soccer behavior and behavioral intention became distinctly improved. The magnitude of the improvement in Korea was larger than Japan. Next, we analyzed the data from the students who had never played soccer before World Cup. As the results, Japan and Korea showed that their attitude toward the soccer behavior and behavioral intention became distinctly improved after World Cup. Thus, these things, it became clear that watching World Cup games also affected the students who had not carried out soccer. From these results, it became clear that watching World Cup games affected a junior high school student's behavior in Japan and Korea, and especially the influence in Korea was strong. These suggest that spectator sport affects a participation sport.

    CiNii

  • Sports Management 20「クラブ事業のマネジメント」

    原田宗彦

    月刊体育施設   11   56 - 58  2003.11

  • Sports Management 19「企業スポーツと地域スポーツのクラブ事業化」

    原田宗彦

    月刊体育施設   9   54 - 56  2003.09

  • Sports Management 18「転換期にある日本のスポーツ:クラブ経営のパラダイムシフト」

    原田宗彦

    月刊体育施設   7   42 - 44  2003.07

  • スポーツビジネス入門 第1回 「日本の余暇政策とスポーツ行動(1)」

    原田宗彦

    月刊体育施設   5   30 - 32  2003.05

  • Sports Management 17「スポーツ施設の固定的な媒体価値を利用した権利ビジネス」

    原田宗彦

    月刊体育施設   3   70 - 73  2003.03

  • 中高年の運動アドヒアランスに影響する因子に関する研究

    大工谷新一, 鈴木俊明, 原田宗彦

    理学療法学   30 ( 2 ) 48 - 54  2003

  • Direct and interaction effects ofteam identification and satisfaction on intention to attend games

    Matsuoka,H, Chelladurai,P, Harada,M

    Sport Marketing Quarterly   12 ( 4 ) 244 - 253  2003

  • Sports Management 16「サッカースタジアムとイベント(後編)東北アジアの統合サッカー市場がもたらすベネフィット」

    原田宗彦

    月刊体育施設   1   40 - 42  2003.01

  • Sports Management 15「サッカースタジアムとイベント(前編)東北アジアにおける統合サッカー市場の出現」

    原田宗彦

    月刊体育施設   11   18 - 20  2002.11

  • 日本大百科辞典(ニッポニカ)

    原田宗彦

    小学館    2002.11

  • 朝日現代用語辞典 知恵蔵

    原田宗彦

    朝日新聞社    2002.11

  • 新しい体育・スポーツ理論

    原田宗彦

    大修館書店    2002.11

  • メガイベント開催時のピーク需要考慮した10スタジアム

    原田宗彦

    月刊体育施設   10   38 - 40  2002.10

  • スポーツビジネスの世界

    原田宗彦

    郵政   639   1 - 10  2002.10

  • Sports Management 14「アマチュアスポーツと公共施設:バスケットボール」

    原田宗彦

    月刊体育施設   9   50 - 52  2002.09

  • ワールドカップを楽しむ

    原田宗彦

    産経新聞 6月12日夕刊    2002.06

  • ワールドカップを楽しむ

    原田宗彦

    産経新聞 6月5日夕刊    2002.06

  • スポーツイベントの経済学

    原田宗彦

    平凡社新書    2002.06

  • ワールドカップを楽しむ

    原田宗彦

    産経新聞 5月29日夕刊    2002.05

  • ワールドカップを楽しむ

    原田宗彦

    産経新聞 5月22日夕刊    2002.05

  • Sports Management 13「プロスポーツと公共体育施設-大相撲の地方巡業」

    原田宗彦

    月刊体育施設   5   46 - 48  2002.05

  • 現代人が求めるスポーツのベネフィット

    原田宗彦

    人間生活工学   3 ( 2 ) 3 - 6  2002.04

    CiNii

  • Sports Management 12「プロスポーツと公共体育施設-プロレス経営学」

    原田宗彦

    月刊体育施設   3   22 - 24  2002.03

  • Sports Management 10「プロスポーツビジネスにおける経験価値マーケティング①」

    原田宗彦

    月刊体育施設   10   64 - 66  2001.11

  • Sports Management 9「プロスポーツが提供する商品の本質 」

    原田宗彦

    月刊体育施設   9   72 - 74  2001.09

  • Sports Management8「プロスポーツ経営に習うアマチュアスポーツの振興」

    原田宗彦

    月刊体育施設   7   34 - 36  2001.07

  • Sports Management7「プロスポーツにおけるクラブ事業の活性化」

    原田宗彦

    月刊体育施設   5   84 - 86  2001.05

  • 1日1万歩が身体にいい理由

    原田宗彦

    歩くマガジン「WALK」関西版 2001年春夏号    2001.04

  • オリンピックにおける放映権とインターネット権の展開をIOCセミナーから見る

    原田宗彦

    月刊ニューメディア    2001.04

  • 大学ランキング 2002年版

    原田宗彦

    朝日新聞社     248 - 253  2001.04

  • Sports Management 6「プロスポーツにおけるクラブ

    原田宗彦

    月刊体育施設   3   14 - 16  2001.03

  • レクリエーション・コーディネーター・テキスト

    原田宗彦

    (財)日本レクリエーション協会     181 - 186  2001.03

  • 大阪五輪の招致と成功のカギ

    原田宗彦

    イグザミナ   ( 2月号 )  2001.02

  • Sports Management 11「プロスポーツビジネスにおける経験価値マーケティング②」

    原田宗彦

    月刊体育施設    2001.01

  • オリンピック教育:21世紀を担う青少年に夢と感動を

    原田宗彦

    産業新潮   50 ( 1 )  2001.01

  • Sports Management5「公共スポーツ施設のマネジメント②」

    原田宗彦

    月刊体育施設   1   80 - 82  2001.01

  • 高齢社会と医療スポーツ

    原田宗彦

    臨床スポーツ医学   18 ( 1 ) 1 - 6  2001.01

  • Sports Management 4「公共スポーツ施設のマネジメント①」

    原田宗彦

    月刊体育施設   11   80 - 83  2000.11

  • Sports Management 3「スポーツとマネジメント③」

    原田宗彦

    月刊体育施設   9   58 - 60  2000.09

  • 2002年ワールドカップ大会と国際交流

    原田宗彦

    アイハウスニュース   28  2000.08

  • 「ホモ・ルーデンス都市関西」

    原田宗彦

    21世紀の関西を考える会報告書     1 - 116  2000.08

  • Sports Management 2「スポーツとマネジメント②」

    原田宗彦

    月刊体育施設   7   64 - 67  2000.07

  • Sports Management 1「スポーツとマネジメント①」

    原田宗彦

    月刊体育施設   5   70 - 73  2000.05

  • 地域スポーツ振興における新しい民間セクターの役割

    原田宗彦

    体育の科学   ( 50 ) 194 - 198  2000.03

  • スポーツが都市(まち)を変える

    原田宗彦

    (財)勤労者福祉施設協会    2000.02

  • スポーツ経営学

    山下秋二, 原田宗彦

    大修館書店     46 - 43  1999.12

  • 北京は当確なのか?

    原田宗彦

    毎日新聞「言」 10月 9日朝刊    1999.10

  • Aging and Rcereation

    原田宗彦

    WLRA Journal    1999.10

  • The influence of new team entry upon brand switching in the J-league

    Munehiko Harada, Hirotaka Matsuoka

    Sport Marketing Quarterly   8 ( 3 ) 21 - 30  1999.09

  • スポーツの経営学

    池田 勝, 原田宗彦

    杏林書院     63 - 83  1999.08

  • 次世代のスポーツ施設のあり方

    原田宗彦

    ベース設計資料   ( 97 ) 60 - 63  1999.07

  • ホモルーデンス都市を目指して

    原田宗彦

    (財)大阪都市協会     79 - 80  1999.06

  • 新しい軽スポーツのすすめ

    原田宗彦

    杏林書院    1999.05

  • 改訂スポーツ産業論入門

    原田宗彦

    杏林書院    1999.04

  • ダイビング事業のポジショニング

    原田宗彦

    スキューバダイビング事業協同組合     151 - 159  1999.03

  • 青少年とスポーツ

    原田宗彦

    青少年問題研究   48 ( 48 ) 53 - 62  1999.03

    CiNii

  • スポーツ社会システム論序説:経済論的パーステクティブ

    佐々木 康, 原田宗彦, 守能信次

    総合保健体育科学   22 ( 1 ) 39 - 45  1999.03

  • スポーツ施設における仮設の意味と有効利用

    原田宗彦, 石川昌紀

    月刊体育施設   7   26 - 30  1998.10

  • 都市の深刻化サイクルとスポーツによる都市経営(後編)

    原田宗彦

    月刊体育施設   6   48 - 50  1998.09

  • 都市の深刻化サイクルとスポーツによる都市経営(前編)

    原田宗彦

    月刊体育施設   5   86 - 88  1998.07

  • キャンプクラブ・組織のマネジメント

    原田宗彦

    (社)日本キャンプ協会キャンプ専門科目テキスト     50 - 56  1998.06

  • スポーツに親しむまちづくり(3)

    原田宗彦

    月刊体育施設   5   74 - 76  1998.05

  • サッカーの経済学

    原田宗彦

    「ワールドカップがわかる」アエラ・ムック・シリーズ     80 - 84  1998.04

  • 生涯学習事業のマーケティング

    原田宗彦

    社会教育     8 - 11  1998.02

  • オリンピックと都市政策

    原田宗彦

    経済人     36 - 38  1998.02

  • スポーツに親しむまちづくり(2)

    原田宗彦

    月刊体育施設   2   72 - 74  1998.02

  • Changing relationship between work and leisure after the "bubble economy" in Japan

    M Harada

    LOISIR & SOCIETE-SOCIETY AND LEISURE   21 ( 1 ) 195 - 212  1998  [Refereed]

     View Summary

    The relationship between work and leisure in Japan has changed drastically during the past 15 years. One of the biggest factors contributing to the change was the so-called "bubble economy" which began to expand in the latter half of the 1980s. It produced the growing misconception that consumption was a virtue, and fuelled the sharp growth that the leisure industry enjoyed. In an attempt to thwart criticism from overseas that the Japanese were overworked "economic animals", the government placed the task of shortening annual working hours near the top of the political agenda. As a result, working hours were greatly shortened and the gradual descent to a standard 1800 hour target had begun. Although a rise has occurred since the "bubble" burst because of the ensuing economic collapse and recession, the value system governing work and leisure has changed a lot. The traditional feeling of guilt that the Japanese have harboured about taking time off is now buried in the past. The trend is particularly strong in the younger generation. As Japan makes the change from a society that placed economic growth at its core to a mature society that pursues a better quality of life, finding a creative balance between work and leisure will become an important issue.

  • スポーツに親しむまちづくり(1)

    原田宗彦

    月刊体育施設   12   62 - 64  1997.12

  • スポーツ・フォア・オール

    青木泰三, 大利一雄, 原田宗彦

    「次代へのステップ」     132 - 135  1997.12

  • 香港スポーツ発展局の役割

    原田宗彦

    月刊体育施設   10   84 - 86  1997.10

  • スポーツ振興における民間活力の利用

    原田宗彦

    みんなのスポーツ   9   14 - 19  1997.09

  • スポーツ振興機関としてのロッテルダム・トップスポーツの役割

    原田宗彦

    月刊体育施設   8   96 - 98  1997.08

  • スポーツ施設マネジメントと管理・運営費の削減

    原田宗彦

    ベース設計資料   85   62 - 65  1997.07

  • オリンピックの誘致と都市経営: 大阪市の事例

    原田宗彦

    月刊体育施設   6   76 - 78  1997.06

  • 生涯スポーツ振興プラン21

    原田宗彦

    三田市教育委員会    1997.06

  • スポーツ施設の管理・運営費の削減

    原田宗彦

    月刊体育施設   4   26 - 31  1997.04

  • Economic impact of themepark development by input-output analysis:a process toward local industrialization of leisure services

    Koh Sasaki, Munehiko Harada, Shinji Morino

    Managing Leisure   2   29 - 38  1997.04

  • スポーツ産業論

    原田宗彦

    「スポーツ学のみかた」アエラ・ムック・シリーズ     138 - 140  1997.04

  • スポーツファンの社会学

    杉本厚夫, 原田宗彦

    世界思想社     149 - 170  1997.03

  • レジャー・スポーツ サービス論

    原田宗彦

    建帛社     129 - 197  1997.03

  • わが国におけるスポーツ都市づくり:大阪の試み

    原田宗彦

    月刊体育施設   2   48 - 50  1997.02

  • 産業連関分析による医療費削減の経済評価:「水」環境整備による生体改善のケースから

    佐々木 康, 原田宗彦, 守能信次

    スポーツ産業学研究   7 ( 2 ) 9 - 18  1997

     View Summary

    Reduction of tremendous medical expenses is a social task in Japan. As a discriminative strategy in swimming-pool management, a unique health improvement program has appeared which has effectiveness for "chronic atopic dermatitis". This would have a possibility for curing the disease and for reducing medical expenses. In this case study, the authors discuss the program, and the structure of the medical expenses in the economic society by using an "Input/Output analysis". This analysis shows the demand structures in industrial society according to economic activity. The sports industry should be expected to supply unique services such as the discriminative health improvement program in alliance with medical area, and to accumulate evidence of its effectiveness for reduction of medical expenses and health promotion.

    DOI CiNii

  • スポーツの経済倫理:産業連関分析から捉える経済便益の価値

    原田宗彦

    体育の科学   47 ( 1 ) 73 - 76  1997.01

    CiNii

  • スポーツの集客効果と都市経営

    原田宗彦

    チェンバー   7   24 - 26  1997.01

  • スポーツ心を引き出そう-マーケティングの手法を学ぶ-

    原田宗彦

    みんなのスポーツ     10 - 13  1996.12

  • アメリカにおけるスポーツ都市(後編):見るスポーツによる都市活性化

    原田宗彦

    月刊体育施設   12   54 - 56  1996.12

  • アメリカにおけるスポーツ都市(前編):スポーツと都市経営

    原田宗彦

    月刊体育施設   10   42 - 44  1996.10

  • スポーツ施設論

    原田宗彦

    建築と社会     38 - 41  1996.10

  • ポスト国体のスポーツ振興とその空間

    原田宗彦

    季刊「生涯学習空間」   2   34 - 39  1996.08

  • 英国におけるスポーツ都市:シェフィールド市の事例

    原田宗彦

    月刊体育施設   8   44 - 46  1996.08

  • Experiential benefits of Japanese outdoor recreationists

    William P.Stewart, Junnya Fujimoto,Jin Nagazumi, Munehik Harada

    Society and Leisure   19 ( 2 ) 589 - 601  1996.08

  • スポーツ白書

    池田 勝, 原田宗彦

    SSF笹川スポーツ財団     166 - 179  1996.08

  • プロ・スポーツ観戦者の誘致距離に関する研究

    松岡宏高, 藤本淳也, 原田宗彦

    大阪体育大学紀要   27   63 - 70  1996.07

    CiNii

  • WORK, LEISURE AND THE QUALITY OF LIFE:A GLOBAL PERSPECTIVE

    Munehiko Harada, J.B.Schor, T.Beckers, C.Gratton, S.Holiday, P.Peters

    LEISURE INDUSTRIES RESEARCH CENTRE     34 - 52  1996.07

  • 生涯学習時代の体育・スポーツ

    原田宗彦

    月刊女子体育   6月号  1996.06

  • わが国の“巨大スポーツイベント・国体”の検証(後編)

    原田宗彦

    月刊体育施設   6   94 - 96  1996.06

  • わが国の“巨大スポーツイベント・国体”の検証(前編)

    原田宗彦

    月刊体育施設   5   86 - 88  1996.05

  • 健康・スポーツ都市宣言のその後

    原田宗彦

    月刊体育施設   4   80 - 82  1996.04

  • スポーツによる地域活性化(後編)

    原田宗彦

    月刊体育施設   3   50 - 52  1996.03

  • 地域振興におけるスタジアム開発の役割

    原田宗彦

    月間レジャー産業   354   150 - 154  1996.03

  • スポーツによる地域活性化(前編)

    原田宗彦

    月刊体育施設   2   90 - 92  1996.02

  • WORLD LEISURE PARTICIPATION:Freetime in the global village

    Munehiko Harada, J.Bason, H.K.Cordell, G.Cushman, S.Darcy, C.Gratton, B.Jung, A.Laidler, B.Lewis, B.L.Macdonald, c.Maiztegui-Onate, J.Martin

    CAB International     153 - 164  1996

  • スポーツがまちを変える

    原田宗彦

    月刊体育施設   1   46 - 49  1996.01

  • コミュニティスポーツ振興の戦略的展開

    原田宗彦

    月刊レジャー産業   351   56 - 62  1995.12

  • 余暇とスポーツ

    原田宗彦

    余暇行政情報誌 季刊スコレー     10 - 15  1995.10

  • 青少年の「旅」と「旅行」

    原田宗彦

    ユースネットワーク     4  1995.10

  • プロ・スポーツ観戦回数に影響を及ぼす要因に関する研究

    藤本淳也, 松岡宏高, 原田宗彦

    大阪体育大学紀要   27   51 - 62  1995.08

  • スポーツ振興における潜在的スポーツ参加に関する研究

    藤本淳也, 長積 仁, 原田宗彦

    大阪体育大学紀要   26   101 - 110  1995.08

  • 学校におけるコートの有効利用

    原田宗彦

    季刊雑誌「教育と施設」    1995.07

  • わが国におけるスポーツマネジメント

    原田宗彦

    レジャーレクリエーシイッ研究所ニューズレター     3  1995.06

  • 米国スポーツマネジメント事情

    原田宗彦

    レジャーレクリエーシイッ研究所ニューズレター     3  1995.06

  • 地域特性に応じたフィットネスクラブのあり方に関する調査研究

    原田宗彦, 池田 勝, 海老原 修, 世戸俊男, 堀山修一, 松永敬子

    (財)産業研究所     17 - 26  1995.05

  • スポーツ産業論入門

    原田宗彦

    杏林書院     1 - 236  1995.05

  • 生涯スポーツの振興に向けたメディアへの期待

    原田宗彦

    スポーツと健康   1   17 - 20  1995.01

  • Towards a renaissance of leisure in Japan

    原田宗彦

    Leisure Studies   18   277 - 287  1994.10

  • Jリーグに続け:プロスポーツの将来

    原田宗彦

    通産省     1 - 155  1994.10

  • 企業フィットネス・プログラムの効果に関する研究 -特に体力測定,健康教育,通信制健康教育のプログラムに着目して-

    松永敬子, 池田 勝, 原田宗彦

    大阪体育大学紀要   25   111 - 122  1994.08

  • わが国の体育・スポーツ経営学研究における方法論的課題-特にスポーツ参加者研究の外部妥当性に着目して-

    長積 仁, 原田宗彦, William,P,Stewnrt, 藤本淳也

    大阪体育大学紀要   25   53 - 60  1994.08

  • 身体活動の社会心理的ベネフィットに関する研究

    鈴木由美, 池田 勝, 原田宗彦

    大阪体育大学紀要   25   31 - 42  1994.08

    CiNii

  • スポーツマーケティング

    原田宗彦

    体育の科学   44 ( 7 ) 665 - 672  1994.07

  • 生涯スポーツのすすめ

    寺田光世, 原田宗彦

    京都府教育庁指導部保健体育課     27 - 35  1994.06

  • 海外の書籍 この一冊 “パターノ: ルールの人”

    原田宗彦

    コーチングクリニック     84  1994.06

  • 宝塚市スポーツ振興10カ年計画報告書

    原田宗彦

    宝塚市     1 - 42  1994.06

  • スポーツビジネス研究会報告書

    原田宗彦

    通産省     5 - 174  1994.06

  • 海外の書籍 この一冊“映像の中のフィールド”

    原田宗彦

    コーチングクリニック     84  1994.05

  • レクリエーション・マネジメント

    中藤保則, 原田宗彦

    大修館     26 - 79  1994.05

  • Early and Later Life Sport Participation Patterns Among the Activ Elderly in Japan

    原田宗彦

    Journal of Aging and Physical Activity   2   105 - 114  1994.04

  • 海外の書籍 この一冊“カレッジスポーツの政治経済学”

    原田宗彦

    コーチングクリニック     84  1994.03

  • スポーツ産業学講座6:健康ビジネス

    原田宗彦

    スポーツビジネス   2   40 - 41  1994.02

  • A life course perspective and patterns among middleaged Japanese

    藤本淳也, 原田宗彦

    Leisure in Different Worldes.   1   209 - 216  1994

  • モダンダンスの魅力

    原田宗彦

    女子体育     53 - 54  1993.12

  • フォーディズムからポストモダンティヘ

    土屋基明, 原田宗彦

    体育の科学   1   1019 - 1022  1993.12

  • ICDF'93 の渉外担当を受け持って

    原田宗彦

    女子体育     41 - 42  1993.10

  • スポーツ産業学講座1:スポーツビジネスとは何か?

    原田宗彦

    スポーツビジネス9   9   38 - 39  1993.09

  • スポーツ支援活動の推進課題

    原田宗彦

    スポーツと健康 №7   7   13 - 16  1993.07

  • レジャサイズのすすめ(下)

    原田宗彦

    スポーツビジネス5   5   34 - 35  1993.05

  • レジャサイズのすすめ(中)

    原田宗彦

    スポーツビジネス4   4   36 - 37  1993.04

  • レジャサイズのすすめ(上)

    原田宗彦

    スポーツビジネス   3   38 - 39  1993.03

  • 中高年者の余暇活動参加パターに関する研究

    原田宗彦, 藤本淳也

    レクリエーション研究   24  1993.02

  • YMCA戦略

    原田宗彦, 山根誠之

    YMCA出版     1 - 159  1993.01

  • 国民体育大会に対する開催地住民の意識

    原田宗彦, 鴨井 啓, 富山浩三

    体育学研究   37 ( 3 )  1992.12

  • ボディ&マインド

    原田宗彦

    スポーツビジネス   10   42 - 44  1992.09

  • トレーニングルームの利用者ニーズ

    原田宗彦

    ベース設計資料   60   72 - 74  1992.09

  • 野外レクリエーション施設におけるサービス・クオリティ評価に関する研究

    原田宗彦, 藤本淳也

    大阪体育大学紀要   23  1992.08

  • スポーツの観戦者行動に関する研究

    原田宗彦, 藤本淳也

    大阪体育大学紀要   23  1992.08

  • スポーツ・ビジネスと生涯スポーツ(世界のSports for All ①)

    原田宗彦

    体協時報     16 - 19  1992.05

  • 余暇生活開発法

    上柿和生, 原田宗彦

    日本レクリエーション協会   5   45 - 62  1992.01

  • レジャー・マネジメント論

    小川 明, 田辺英蔵, 辻中俊樹, 中藤保則, 原田宗彦

    日本レクリエーション協会     27 - 38  1991.12

  • プログラムの評価と新しいプログラムの開発(スポーツ・マネジメント短期連載シリーズ9)

    原田宗彦, J.クロンプトン

    スポーツビジネス   10   35 - 40  1991.10

  • 会員継続における価格の心理(スポーツ・マネジメント短期連載シリーズ8)

    原田宗彦, J.クロンプトン

    スポーツビジネス   9   51 - 54  1991.09

  • マシンの生み出す便益プロモート

    原田宗彦

    体育施設   8   19 - 21  1991.08

  • 会員継続戦略:意志決定と社会的強化(スポーツ・マネジメント短期連載シリーズ7)

    原田宗彦, J.クロンプトン

    スポーツビジネス   8   43 - 47  1991.08

  • ソシアリゼーション

    原田宗彦

    体育の科学   41 ( 7 ) 508 - 514  1991.07

  • ソシアリゼーション

    原田宗彦

    体育の科学   41 ( 7 ) 508 - 514  1991.07

  • ソシアリゼーション

    原田宗彦

    体育の科学   41 ( 7 ) 508 - 514  1991.07

  • ソシアリゼーション

    原田宗彦

    体育の科学   41 ( 7 ) 508 - 514  1991.07

  • ソシアリゼーション

    原田宗彦

    体育の科学   41 ( 7 ) 508 - 514  1991.07

  • ソシアリゼーション

    原田宗彦

    体育の科学   41 ( 7 ) 508 - 514  1991.07

  • ソシアリゼーション

    原田宗彦

    体育の科学   41 ( 7 ) 508 - 514  1991.07

  • ソシアリゼーション

    原田宗彦

    体育の科学   41 ( 7 ) 508 - 514  1991.07

  • ソシアリゼーション

    原田宗彦

    体育の科学   41 ( 7 ) 508 - 514  1991.07

  • ソシアリゼーション

    原田宗彦

    体育の科学   41 ( 7 ) 508 - 514  1991.07

  • ソシアリゼーション

    原田宗彦

    体育の科学   41 ( 7 ) 508 - 514  1991.07  [Refereed]

  • 会員定着に必要なフィードバック・メカニズム(スポーツ・マネジメント短期連載シリーズ6)

    原田宗彦, J.クロンプトン

    スポーツビジネス   7   55 - 59  1991.07

  • ソシアリゼーション

    原田宗彦

    体育の科学   41 ( 7 ) 508 - 514  1991.07

  • ロイヤルティの高い会員に対するマーケティング(スポーツ・マネジメント短期連載シリーズ5)

    原田宗彦, J.クロンプトン

    スポーツビジネス   6   19 - 23  1991.06

  • 体育・スポーツ施設の経営

    原田宗彦

    体育の科学   41 ( 5 ) 357 - 361  1991.05

  • サービスクオリティを探る(スポーツ・マネジメント短期連載シリーズ4)

    原田宗彦, J.クロンプトン

    スポーツビジネス   5   27 - 32  1991.05

  • 公共サービスのマーケティング

    原田宗彦

    遊時創造     1 - 459  1991.05

  • 会員はなぜ退会するのか (スポーツ・マネジメント短期連載シリーズ3)

    原田宗彦, J.クロンプトン

    スポーツビジネス   4   20 - 26  1991.04

  • スポーツの経済学的側面-スポーツ消費者について-

    原田宗彦

    Japanese J. of Sports Sciences   10 ( 4 ) 248 - 252  1991.04

  • クラブ・ビジネスのアイデンティティ(スポーツ・マネジメント短期連載シリーズ2)

    原田宗彦, J.クロンプトン

    スポーツビジネス   3   23 - 27  1991.03

  • あなたのクラブは販売志向かマーケティング志向か(スポーツ・マネジメント短期連載シリーズ1)

    原田宗彦, J.クロンプトン

    スポーツビジネス   2   43 - 48  1991.02

  • 2000年のスポーツクラブ-スポーツクラブの将来予測に関する調査報告-

    原田宗彦

    スポーツビジネス   1   20 - 26  1991.01

  • スポーツ参加者のライフスタイルに関する研究

    原田宗彦, 菊池秀夫

    体育学研究   35 ( 3 ) 241 - 251  1990.12

     View Summary

    The purpose of the present study is to apply and test lifestyle concept in the field of sport management research. The AIO (Activities, Interests, and Opinions) approach is used to operationalize the lifestyle concept. Questionnaires containing 41 AIO statements are administered to a total of 585 members of a privately owned sport club in Osaka,Japan. Three hundred ninety-four usable questionnaires were returned, resulting in a response rate of 67.4%. Factor analysis is used to identify the overall structure of club member's lifestyle. Factor scores are then compared for differences in generation and gender status. The findings of the study include:(1) There exist ten factors representing dimensions of sport participant's lifestyle. They are named as 'Self-Confidence','Weak-Will','Nihilistic','Sports','Affirmative','Brand Conscious'and 'Health Conscious' factors, respectively. (2) When generation is considered, mean scores differ significantly for 6 of the 10 factor dimensions. (3) When both generation and gender are considered, mean factor scores differ significantly for 4 of the 10 factor dimensions. These findings confirm that lifestyle is an observable construct and differs according to generation and gender. It is suggested that the future research has to consider the idea of lifestyle segmentation and its application for sport club management.

    DOI CiNii

  • レクリエーション・ハンドブック

    原田宗彦, 江橋慎四郎

    国土社     93 - 150  1990.12

  • World Congress on Sports for All-スポーツ・フォア・オール国際会議報告-

    原田宗彦, 田中喜代次

    体育の科学   40 ( 9 ) 731 - 735  1990.09

  • 2000年に向けてのスポーツ・フォア・オール

    原田宗彦

    体協時報   8   16 - 19  1990.08

  • 高齢者のスポーツ参加に関する縦断的研究

    原田宗彦, 長積 仁

    自由時間研究   7   2 - 9  1990.03

  • 高齢者におけるスポーツ参加の社会学的研究

    原田宗彦, 長積 仁

    大阪ガスグループ福祉財団研究調査報告集   3   115 - 120  1990.03

  • 生活必需品としてのスポーツ

    原田宗彦

    体育の科学   40 ( 1 ) 6 - 9  1990.01

  • アメリカにみる企業フィットネスと健康づくり

    原田宗彦

    NOMA経営教育情報   27   4 - 7  1990.01

  • 90年代の企業フィットネス

    原田宗彦

    体育科教育   1   43 - 46  1990.01

  • アメリカにおけるレクリエーション行政発達小史

    原田宗彦

    自由時間研究   5   44 - 48  1989.11

  • スポーツクラブの内側

    原田宗彦

    体育科教育   10   53 - 55  1989.10

  • スポーツ・レクリエーションの経済学

    原田宗彦

    体育の科学   39 ( 10 ) 771 - 778  1989.10

  • フィジカル・フィットネス-ウェルネス・アプローチ-

    原田宗彦, 青樹和夫

    ベースボール・マガジン社   第1,5,6,7,8,13,14章  1989.09

  • 2巡目を迎えた新しい国民体育大会の意義と目的に関する調査

    原田宗彦, 細川 磐, 鴨井 啓, 又吉弦貴, 長積 仁, 土肥啓一郎, 富山浩三

    大阪体育大学紀要   20   111 - 118  1989.08

  • スポーツ行動研究における連関分析の応用

    原田宗彦

    大阪体育大学紀要   20   103 - 110  1989.08

  • 学習指導要綱から見たスポーツの国際化

    原田宗彦

    体育の科学   39 ( 3 ) 196 - 199  1989.03

  • 21世紀を担う青少年の健全育成と野外教育活動のための国際シンポジウム報告

    原田宗彦

    体育の科学   38 ( 12 ) 971 - 975  1988.12

  • 民間スポーツクラブ会員のライフスタイルの構造

    原田宗彦, 菊池秀夫

    鹿屋体育大学紀要   3   97 - 107  1988.11

  • 社会体育「専門職」のマーケットに関する研究

    原田宗彦, 田口守隆, 富山浩三

    大阪体育大学紀要   19   86 - 96  1988.11

  • トリム&フィットネス・シンポジウム報告

    原田宗彦

    体育の科学   38 ( 10 ) 813 - 816  1988.10

  • 「自由時間・文化・社会に関する国際会議」に出席して

    原田宗彦, 永吉宏英

    体育の科学   36 ( 7 ) 553 - 557  1988.07

  • レクリエーションの基礎理論

    原田宗彦, 池田 勝, 永吉宏英, 西野 仁

    杏林書院   第1,2,3,5章  1988.07

  • ヨーロッパにおけるスポーツ・フォア・オール

    原田宗彦

    体育の科学   37 ( 12 ) 957 - 963  1987.12

  • スポーツ経営へのライフサイクル理論の応用

    原田宗彦, 世戸俊男

    体育の科学   37 ( 8 ) 629 - 634  1987.08

  • レクリエーション活動の実際

    原田宗彦, 五林正隆, 橘 直隆, 塚本真也, 林 信惠, 福田芳則, 守能信次

    杏林書院   第1章第1節   1 - 11  1987.07

  • スポーツ・マーケットに関する研究

    原田宗彦, 菊池秀夫

    体育の科学   37 ( 6 ) 474 - 484  1987.06

  • レクリエーション学の方法

    原田宗彦, 青木泰三

    ぎょうせい   第2章  1987.06

  • 野外教育の理論と実践

    原田宗彦, 川西正志, 菊池秀夫, 酒井哲雄, 佐野信三, 仲川寿男, 永吉宏英, 江橋慎四郎

    杏林書院   第3,4章第1節  1987.06

  • The influence of occupational communities upon leisure satisfaction.

    原田宗彦

    鹿屋体育大学紀要   2   111 - 119  1987.04

  • 体育学会への提言-パラダイムの整備とその再考-

    原田宗彦

    体育の科学   37 ( 3 ) 214 - 217  1987.03

  • 民間における社会体育指導者の養成

    原田宗彦

    体育の科学   37 ( 1 ) 15 - 19  1987.01

  • アメリカにおける野外教育の実際

    原田宗彦

    体育の科学   36 ( 7 ) 544 - 547  1986.01

  • スポーツ・レクリエーション施設の企画と運営

    原田宗彦, 江橋慎四郎

    産業調査会   第2章第2節   81 - 86  1985.03

  • RESPONSE ERROR IN SELF-REPORTED RECREATION PARTICIPATION

    DR CHASE, M HARADA

    JOURNAL OF LEISURE RESEARCH   16 ( 4 ) 322 - 329  1984  [Refereed]

  • Stability of the factor Structure of outdoor recreation behavior of the users of federal recreation areas.

    原田宗彦

    レクリエーション研究   10   29 - 38  1983.03

  • 北米における余暇行動研究の動向

    原田宗彦

    レクリエーション研究   9   35 - 44  1982.03

▼display all

Books and Other Publications

  • スポーツマネジメント

    原田宗彦編著

    大修館書店  2008.01 ISBN: 9784469266597

  • スポーツ産業論第4版

    原田宗彦編著

    株式会社杏林書院  2007.05 ISBN: 9784764415751

  • On the Ball (邦訳タイトル:アメリカ・スポーツビジネスに学ぶ経営戦略)

    原田宗彦

    大修館書店  2006.07 ISBN: 4469266183

  • 図解スポーツマネジメント

    山下秋二, 原田宗彦編著

    大修館書店  2005.04 ISBN: 4469265713

  • スポーツマーケティング

    原田宗彦編著

    杏林書院  2004.04 ISBN: 4469265462

  • スポーツイベントの経済学

    原田宗彦

    平凡社新書  2002.06 ISBN: 4582851452

  • レジャー・スポーツサービス論

    原田宗彦編著

    建帛社  1997.03 ISBN: 4767937108

  • 公共サービスのマーケティング

    原田宗彦

    遊時創造  1991.05 ISBN: 4946468005

  • レクリエーションの基礎理論

    原田宗彦, 永吉宏英, 西野仁, 池田勝

    杏林書院  1989.06 ISBN: 4764415275

▼display all

Research Projects

  • Study on sport regional strategy by hybrid business management entity

    Japan Society for the Promotion of Science  Grants-in-Aid for Scientific Research

    Project Year :

    2017.04
    -
    2020.03
     

    Harada Munehiko

     View Summary

    The purpose of this study is to clarify the necessity of strategically introducing a hybrid business entity as a new concept in order to promote regional sports in Japan. For that purpose, it is necessary to develop inner and outer policies at the same time, and we searched for a regional sports commission that introduced the idea of sports tourism, which is a mechanism to move people in sports. Specifically, by conducting a hearing survey of three organizations, the Kakegawa Sports Association, Izumo Sports 21, and Sports Community Karuizawa, it became possible to present a prototype of a financially independent business entity. The research results were published in a book called "Sports Regional Strategy" (Gakugei Pub.Co.Ltd., 2020).

  • A study about policy innovation concerning sport and tourism

    Japan Society for the Promotion of Science  Grants-in-Aid for Scientific Research

    Project Year :

    2014.04
    -
    2017.03
     

    Munehiko Harada

     View Summary

    Since deciding to host the 2020 Tokyo Olympic and Paralympic Games, there has been growing interest in "sport tourism" that provides a mechanism for moving people by sports. At the same time, a movement towards the establishment of "local sport commission", a promotion organization for sports tourism, began in municipalities throughout the country. The purpose of this study is to analyze the current trends in sports policy innovation accompanying establishment of local sport commission which is done nationwide by web survey. As a result, as a new policy subject, it was clarified the increase in the exchange population based on sports tourism and the fact that interest in attracting sports training camps is rising

  • Empirical research on loccaly attached professional sports and topophilia

    Japan Society for the Promotion of Science  Grants-in-Aid for Scientific Research

    Project Year :

    2011.04
    -
    2014.03
     

    HARADA Munehiko

     View Summary

    The purpose of this study is to verify the impact of the appearance of new locally attached professional basketball team upon the level of the place attachment and the team identification among fans and the residents of two teams. These two teams are named Iwate Big Bulls and Shinshu Brave Warriors and the hometown are Iwate and Nagano prefecture respectively. The results of this study indicated that team identification increased every year, but the level of the place attachment was pretty much stable during the three years. It can be concluded that the newly appeared locally attached professional basketball team does not have direct impact on PA but has certain amount of influence on team identification

  • Research report on a study of training curriculum of sport facility manager induced by the designated facility administrator system

    Japan Society for the Promotion of Science  Grants-in-Aid for Scientific Research

    Project Year :

    2005
    -
    2006
     

    HARADA Munehiko

     View Summary

    The designated facility administration system was adopted in Japan in fiscal year 2006 with a view to privatizing public facilities. While the system has been successful to a certain degree, the "training of experts" with a viewpoint of who is going to manage the public facilities under the new system, and specific discussions on the "formulation of a training curriculum," have been put on the back burner. The reasons behind this delay have been the absolute lack of empirical knowledge, such as the specific nature of the operations required of the designated manager, and the necessary licensing and qualifications. Therefore, the objective in our present study was to develop training curriculum for sports managers who operate under the designated facility administration system. A two-year survey of experts revealed that the competencies required for facilities maintenance were, in descending order of necessity, "disaster prevention, first-aid treatment, and safety supervision," "swimming pool water quality control," and "maintenance, building and repairs," while the relevant qualifications were "certificate of completion of Grade A Fire Prevention Management course," "swimming pool hygiene manager," and "certification of completion of Automatic External Defibrillator course." Competencies shared with organizational management were, in descending order of importance, "budget planning and cost management (budget planning)," "corporate ethics and compliance (understanding the specifics of the rules and regulations)," and "corporate ethics and compliance (complying with the rules and regulations)." The competencies required specifically in organizational management were, in descending order of importance, "staff management and effective personnel deployment," "risk management," "having a mind for business and the ability to see the big picture," "relationship-building with the local community, schools, NPOs, and sporting organizations," and "dealing with first aid, accidents, and disaster prevention," while relevant qualifications were "athletic facility manager," "athletic facility operations manager," and "senior athletic facility manager." We look forward to this information being utilized as basic data in the development of manager training curriculum under the designated facility administration system

  • The relationship between sport promotion and city development

    Japan Society for the Promotion of Science  Grants-in-Aid for Scientific Research

    Project Year :

    1999
    -
    2002
     

    HARADA Munehiko, FUJIMOTO Junya, NAGAZUMI Hitoshi

     View Summary

    Sport promotion in Japan started from the era of "Shakai-taiiku," which mainly led by the local government and the corporation, to the era of "Community sport" based upon resident's spontaneous sport participation. As time goes on and the pattern of sport behavior changed, the era of "Life-long sport" emerged. To cope with the new era, what we need is an attractive sporting event and community sport club which is easy to access. However, the sport promotion system is not well organized and difficult to respond quickly changing sport needs. The purpose of this study is to acquire basic information regarding the relationship between sport and community development in Japan. To do so, the authors investigated three different cases. These are : (1)the development of the city through sport event as a catalyst (Akita prefecture and the Worlds Games, Sapporo city and FIFA World Cup, and Nobeoka city and Athletic event), (2)revitalization of the city through local sport promotion (Kobe city and sport NPO, Fukuoka city and community sport program, Iwata city and the local currency), and (3)the establishment of the systematic relationship between the city and professional sport. The authors found that a variety of promotional effort conducted by the resident, the local government, the corporations, and other related organizations activated the systematic relationship between sport and community. In other words, a variety of promotional effort became a trigger to induce local innovation that produced collaboration among diverse organizations in the local community

  • The role of the National Sports Festival as a life-long spoirt promotion strategy

    Japan Society for the Promotion of Science  Grants-in-Aid for Scientific Research

    Project Year :

    1996
    -
    1998
     

    HARADA Munehiko, NAGAZUMI Masashi, FUJIMOTO Junya

     View Summary

    The National Sports Festival (NSF), which was started in 1946, has been held annually as a national festival of sports for propagating sports broadly among the nation, uplifting the sports spirit, and improving the health and fitness of all people, Recognizing the value of such event, the central government has been subsidizing the host prefecture to develop its sports facillitites and to organize various inhabitant's sports meetings.The Festival rotates annually among prefectures, and finished the first round in 1987. The host prefectures for the second-round then need to consider the new role of the NSF. The purpose of this study is to (1) investigate the chronologial impact of the NSF which was held in Osaka Prefecture in 1997 upon host community, and to (2) analyze how to make efficient use of the legacy of such large-scale sporting event such as new stadium, new indoor arena, and a large number of sport volunteers who helped to organize the event.This study consists of three chronologically conducted social surveys. The first survey was conducted in December, 1996, a year before the event, and the total of 1,123 samples was collected. The second survey was conduceted in December, 1997, right after the event, to find out the social/economic impact of the event.Finnaly, the third survey was conducted in December, 1998, a year after the event, to analyze the post-event impact upon host community. At the same time, a case study has been conduceted by aquiring the information about Higashi Shikoku NSF(1993), Aichi NSF (1994), Fukushimal NSF (1995), Hiroshima NSF (1996), and Osaka NSF (1996).The major findings indicated that the hosting the large-scale event provide host community a good opportunity to build a variety of new sports facilities, to increase in permanent level of local interest and participation in types of activities increase local pride and community spirit, but at the same time, negative impacts such as ecological damage, overcrowding, increase in administrative cost have been reported. Also, newly constructed sports faicilities have to be well managed not to suffer a heavy deficit. Towards the future, NSF should emphasized such new aspects of large-scale sport event as marketing life-long sport and community development to enhance the quality of life of host community

  • A Study of Development for Information Retrieval System of Sport Sciences

    Japan Society for the Promotion of Science  Grants-in-Aid for Scientific Research

    Project Year :

    1985
    -
    1988
     

    SHIBAYAMA Hidetaro, NOGAWA Haruo, KIKUCHI Hideo, KAWANISHI Masashi, YAMAGUCHI Yasuo, IKEDA Masaru

     View Summary

    There is an increasing need for sport information based on scientific studies, under the circumstances of declining trends of Japanese national teams in international sport events and the expansion of erroneous sport and health information. The purpose of this study was to develop an information retrieval system for sport sciences. Based on research in sport databases in Japan and foreign countries, Kanoya Information System on Sport Sciences (KISS) was developed. Characteristics of KISS database are as follows: 1) it's easy to access the necessary information quickly, 2) it includes not only bibliographic information and abstract but also full text, 3) it consists of computer and optical fiber disk file system, and 4) users can get a copy of full text in five seconds. The following information is included in KISS: author, title, source, publication year, abstract, descriptor, document type, language, document number and full text. Furthrmore, KISS thesaurus which includes both Japanese and English was developed. To date, documentation on elderly's sport, corporate fitness and recreation , and sport leader have been stored. Future tasks are to develop an online service system for users outside our university

▼display all

 

Social Activities

  • NHK「ニュース深読み」

    NHK「ニュース深読み」 

    2012.01
    -
     

     View Summary

    ダルビッシュ投手の移籍に関連して、野球選手とサッカー選手の移籍について討論する。共演者:桂文珍、村上リカコ、玉木正之他

Internal Special Research Projects

  • プロ野球パリーグにおける観戦者行動に関する研究

    2009   松井くるみ

     View Summary

    本研究は、プロスポーツ観戦者の感情に着目し、(1)プロスポーツ観戦者の将来ファン行動(F.B.)予測モデルを検証することと、(2)プロ野球観戦者、プロサッカー観戦者を比較し、共通点・相違点を明らかにし、それぞれのファンの特徴を明らかにすることを目的とした。大学生を対象とした予備調査では、調査で用いた感情尺度や将来ファン行動尺度等のワ―ディングと信頼性を確認した。本調査では、埼玉西武ライオンズ観戦者とFC東京観戦者を対象に、その場で回答してもらう訪問留置法と、観戦後に郵送してもらう郵送法による2種類の質問紙調査を実施し、測定尺度として、不確認期待 (Trail, 2005)5項目,、自尊心反応(Trail, 2005)2因子6項目、将来ファン行動(Trail, 2005)4項目、感情 (隅野, 2005)14因子44項目、満足度 (隅野, 2005; Madrigal, 1995)3項目を設定した。データ分析では、感情14因子44項目の因子間相関およびパス係数を判断基準に、因子構造の再検討を行った。その結果、7因子32項目が適切な構造であると確認された。続いて、7因子32項目を感情項目とし、仮説モデルの検証およびプロ野球観戦者、プロサッカー観戦者の比較をするため、多母集団分析を行った。モデルの適合度については、RMSEA以外の指標は当てはまりがよいとされる数値を得られなかったが、プロ野球観戦者、プロサッカー観戦者のモデルにおいて、すべての仮説を支持する有意なパスが得られた。さらに特徴的な結果として、満足度と将来ファン行動の関係がプロ野球観戦者には見られず、満足度よりも自尊心反応であるBIRGingが将来ファン行動に影響を与えていることが示された。またプロサッカー観戦者は先行研究同様に、満足度が将来ファン行動に最も影響を与えていることなどが明らかになった。

  • スポーツファンの経験価値構造に関する研究

    2008  

     View Summary

    1993年にスタートしたJリーグは、プロ化することによって企業スポーツをエンターテイメントスポーツへと発展させ、顧客を創造し、ファンの数を飛躍的に増やした。まさにスポーツ界の「ブルーオーシャン戦略」が実を結んだと言えよう。当時のスタジアムは、サッカーファンがこれまでに見たことのない華やかなで、目新しい劇場となったのである。当時のファンは、プロサッカーという新しい経験に酔い、深い感動と地域の誇りを手に入れたのである。しかしリーグがスタートして15年目を迎えた今、恐れるべきは非日常的経験の日常化であり、飽きられることの怖さである。Jリーグ開幕当初は爆発的な人気を呼び、一時的流行(ファッズ)の様相を呈していた。その後、一時的な熱狂は過ぎ去り、流行は沈静化し、ファン離れの現象が起きた。その後地域密着化とワールドカップ大会の開催によって観客数はバブル期の水準まで盛り返したものの、昨季の総入場者数は759万6056人と前年より12万1517人の減になるなど、飽和期への移行が懸念される。問題となるのは、Jリーグのスタジアム観戦者調査でも示されたような29歳以下の青少年マーケットの縮小である。2000年と2006年を比較すると、18歳以下が12.6%から7.4%へ、19-22歳が11.2%から7.1%へ、そして23-29歳が26%から16.3%に大きく落ち込むなど、このマーケットは7年間で5割から3割へと激減したのである。ここには、ファンの固定化とともに、青少年のサッカー離れという現象が潜んでいる。折しもJリーグは、現在760万人の年間総観客数を、2010年に1100万人にするというイレブン・ミリオン・プロジェクトを立ち上げたが、その鍵となるのが、何をさておいてもスタジアムへ来なければならない<理由づくり>である。別の言葉で言うと、サッカーのライブ観戦でしか得られない経験価値の提供であり、ファンに深い感動を与え、クラブと横浜に対する誇りを自覚させる、気分と精神が高揚する時間の提供である。そこで本研究は、横浜マリノスFCがファンに提供する経験価値を複数の調査によって明らかにし、今後のクラブ経営に活用できるデータを集め、分析し、形式知として現場にフィードバックすることを目的とした。そのため、今回の調査では、マリノス・ファンの経験価値という感情的課題に取り組むため、戦略的トライアンギュレーション(方法論的複眼)の視点から、以下に示すように、定性的データと定量的データを組み合わせた調査を実施する。なお得られた定性的データは、QDA(Qualitative Data Analysis)ソフトウェアによる分析を試み、定量的データはSPSSを用いて分析を行った。その結果、スポーツ観戦における経験価値尺度を開発するとともに、定量的分析の結果、経験価値の構成概念として、審美性、遊び、サービス、投資効果の4つが抽出された。また経験価値インタビューにおいては、感動から不満足まで、スポーツ観戦時に揺れ動く、細かな感情の変化が明らかになった。

  • わが国のトップスポーツ・リーグにおける地域密着型クラブの創生過程に関する研究

    2007  

     View Summary

    本研究は、イレブン・ミリオン・プロジェクトの一環として、サッカーファンの経験価値を探るという文脈の中で、横浜F・マリノスがファンに提供する経験価値を複数の調査によって明らかにし、今後のクラブ経営に活用できるデータを集め、分析し、形式知として現場にフィードバックすることを目的とした。研究は、予備調査-1(2007年6月9日F・マリノスvs千葉:日産スタジアム) において、親和図法のブランドイメージ、顧客インターフェース情報、観戦経験(自由記述)のデータを収集した。 予備調査-2(2007年8月29日F・マリノスvsFC東京:三ッ沢球技場)においては、経験価値尺度を作成するための自由記述データを収集した。 そして2007年9月22日にF・マリノスvs浦和レッズ(日産スタジアム)において本調査を実施して、経験価値インタビュー、顧客インターフェース、経験価値尺度に関するデータを収集した。本研究で得られた知見を総合的に解釈した結果、ファンビジネスのマネジメントにおいては、以下の4点に留意して戦略を立てるべきであることが明らかになった:1.ファンの観戦行動は遊び(自由時間行動)であり、レジャーである。したがってそこには、自発性と目的性が不可欠の要素となる;2.遊びが根底にあるために、従来の消費者行動理論が役立たない。すなわち、真面目なあるいは合理的な経済活動を前提にした消費者行動理論が適応できない世界である;3.ホモ・エコノミクスという経済学が好む人間観からホモ・ルーデンスという人間観への転換が必要である ⇒ 経済的合理性から快楽消費へ;4.ファン行動は社会行動であり、ファン・コミュニティは共感反応の喚起装置である。したがって、スポーツは友人や仲間で見たほうが絶対に楽しい。浦和と横浜の観戦時同伴者数、そして友人の割合を比べた場合、同伴者数は、7.4人対2.4人と浦和が圧倒的に多人数での観戦となっている。また友人の割合も77.6%と横浜の約2倍の割合であるなど、共感反応を起こす仲間の多さが、経験価値と深く結び付いているのではないかということが示唆された。