川上 泰雄 (カワカミ ヤスオ)

写真a

所属

スポーツ科学学術院 スポーツ科学部

職名

教授

ホームページ

http://www.f.waseda.jp/ykawa/indexj.htm

プロフィール

バイオメカニクスや運動生理学の視点から身体運動の仕組みに迫るための研究を進めています。

兼担 【 表示 / 非表示

  • スポーツ科学学術院   大学院スポーツ科学研究科

  • 附属機関・学校   グローバルエデュケーションセンター

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1990年04月
    -
    1991年03月

    東京大学   教育学研究科博士後期課程   体育学  

  • 1988年04月
    -
    1990年03月

    東京大学   教育学研究科修士課程   体育学  

  • 1985年04月
    -
    1988年03月

    東京大学   教育学部   体育学健康教育学科(体育学コース)  

  • 1983年04月
    -
    1985年03月

    東京大学   理科II類  

学位 【 表示 / 非表示

  • 東京大学   教育学修士

  • 東京大学   博士(教育学)

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2021年04月
    -
    継続中

    早稲田大学   理事

  • 2020年09月
    -
    継続中

    早稲田大学   総合研究機構   機構長

  • 2005年
    -
    継続中

    早稲田大学 教授

  • 2003年
    -
    2005年

    早稲田大学 助教授

  • 1999年
    -
    2003年

    東京大学 助教授

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     

    日本ゴルフ学会

  •  
     
     

    日本超音波骨軟組織学会

  •  
     
     

    日本運動生理学会

  •  
     
     

    日本トレーニング科学会

  •  
     
     

    日本バイオメカニクス学会

全件表示 >>

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 生体材料学

  • 生体医工学

  • スポーツ科学

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 運動生理学、バイオメカニクス、解剖学、生体情報・計測、筋形状、筋腱複合体、筋力発揮特性、人体筋、成長・加齢、健康増進、スポーツパフォーマンス

論文 【 表示 / 非表示

  • アキレス腱の断裂・縫合術後の形態的・力学的特性の変化

    川上泰雄, 若原卓, 川本伸一

    日本超音波骨軟組織学術研究   20 ( 2 ) in press  2021年  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者, 責任著者

  • Investigation of the association between human fascia lata thickness and its neighboring tissues’ morphology and function using B-mode ultrasonography

    Otsuka, S, Shan, X, Kurumisawa, K, Omura, S, Yamagishi, T, Naito, M, Kawakami, Y

    J. Anat.   in press  2021年  [査読有り]

    担当区分:責任著者

    DOI

  • Hamstrings load bearing in different contraction types and intensities : A shear-wave and B-mode ultrasonographic study

    Evangelidis, E, P, Shan, X, Otsuka, S, Yang, C, Yamagishi, T, Kawakami, Y

    PLoS One   16 ( 5 ) e0251939  2021年  [査読有り]

    担当区分:責任著者

    DOI

  • Track distance runners exhibit bilateral differences in the plantar fascia stiffness

    Shiotani, H, Yamashita, R, Mizokuchi, T, Sado, N, Naito, M, Kawakami, Y

    Sci. Rep.   11 ( 1 )  2021年  [査読有り]

    担当区分:責任著者

    DOI

  • Inhomogeneous and anisotropic mechanical properties of the triceps surae muscles and aponeuroses in vivo during submaximal muscle contraction

    Shan, X, Otsuka, S, Li, L, Kawakami, Y

    J. Biomech.   121  2021年  [査読有り]

    担当区分:責任著者

    DOI

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • Imaging: Ultrasound. In: Fascia: The Tensional Network of the Human Body.

    Kawakami, Y, Secco, A( 担当: 共著)

    Schleip R;Huijing P;Findley T・Elsevier and Churchill Livingstone  2021年

  • 菊芋×運動レシピでイキキ! アクティブシニアライフのすすめ

    川上泰雄, 田中史子

    内閣府・SIP早稲田大学研究班  2019年

  • 疲労と身体運動 スポーツでの勝利も健康の改善も疲労を乗り越えて得られる(分担執筆)

    川上泰雄

    杏林書院  2018年

  • スポーツ科学で健康寿命延伸 Osteoporosis Japan PLUS

    川上泰雄

    ライフサイエンス出版  2017年

  • 体の動きと熱を生み出す筋肉

    川上泰雄

    少年写真新聞社  2016年

全件表示 >>

Misc 【 表示 / 非表示

  • スポーツ選手を対象とした骨格筋量の計測をどう捉えるか

    江間 諒一, 若原 卓, 川上 泰雄

    バイオメカニクス研究   23 ( 1 ) 52 - 59  2019年  [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • なぜ多関節トレーニングは二関節筋を肥大させないのか:筋活動レベルの変化様相の観点からの検討

    江間諒一, 稲見崇孝, 川上泰雄

    デサントスポーツ科学   37   138 - 146  2016年06月

  • Applicability of anthropometric measures for estimating whole-body skeletal muscle volume in prepubertal children

    Megumi Ohta, Taishi Midorikawa, Yuki Hikihara, Shizuo Sakamotro, Yasuo Kawakami, Hiroaki Kanehisa, Tetsuo Fukunaga

    EUROPEAN JOURNAL OF CLINICAL NUTRITION   69   S23 - S24  2015年12月

    研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

  • 中高齢者における大腿部中央の筋厚および筋断面積に基づく膝関節伸展筋群の筋体積推定

    中谷深友紀, 高井洋平, 赤木亮太, 若原卓, 杉崎範英, 太田めぐみ, 川上泰雄, 福永哲夫, 金久博昭

    日本トレーニング科学会大会プログラム・抄録集   27th   50  2014年11月

    J-GLOBAL

  • Eccentric exercise-induced delayed-onset muscle soreness and changes in markers of muscle damage and inflammation.

    Kanda K, Sugama K, Hayashida H, Sakuma J, Kawakami Y, Miura S, Yoshioka H, Mori Y

    Exer Immunol Rev (EIR)   19   74 - 87  2013年

全件表示 >>

産業財産権 【 表示 / 非表示

  • 2足歩行ロボットの移動制御システム

    6311153

    高西 淳夫, 川上 泰雄, 橋本 健二, 阪口 正律, 大谷 拓也, 飯塚 晃弘, 八原 昌亨, 瓜生 和寛, 宮前 俊介, 濱元 伸也

    特許権

Works(作品等) 【 表示 / 非表示

  • 発育にともなう筋の形態的・機能的特性の変化

    1993年
    -
     

受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本バイオメカニクス学会 国際セッション奨励賞(共同研究者)

    2020年09月   日本バイオメカニクス学会  

  • 日本トレーニング科学会 奨励賞(共同研究者)

    2019年09月   日本トレーニング科学会  

  • 日本バイオメカニクス学会 奨励賞(共同研究者)

    2018年09月   日本バイオメカニクス学会  

  • 日本バイオメカニクス学会 学会賞(共同研究者)

    2016年09月   日本バイオメカニクス学会  

  • バイオメカニクス研究最優秀論文賞(共著者)

    2015年09月   日本バイオメカニクス学会  

全件表示 >>

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • サルコペニアの早期発見バイオマーカーの探索と新しいトレーニング評価技術の確立

    研究期間:

    2018年04月
    -
    2022年03月
     

     概要を見る

    老化とともに生体内の骨格筋組織の量と質が減少することはサルコペニアと定義され、その診断ガイドラインが2010年より、国際的に作成されるようになってきた。本研究では、生体電気インピーダンス法を用いたサルコペニアの早期発見バイオマーカーを確立させることを第一の目的として研究を実施してきている。2018年には、ヨーロッパのサルコペニア診断ガイドラインが改訂され、2019年にはアジアのサルコペニア診断ガイドラインも改訂された。研究代表者が長年研究を進めてきた生体電気インピーダンス法は、サルコペニア診断の筋量評価における有用なツールとして、どちらのサルコペニア診断ガイドラインにおいてもその利用について言及され、特に2018年のヨーロッパのサルコペニア診断ガイドラインにおいては、研究代表者の主要論文が代表論文として引用されるなど、サルコペニア評価において、本研究の重要性が高まっている。昨年度、実際に高齢者の筋内組成が加齢に伴ってどのように変化するかについて調査を行い、いくつかのS-BISパラメータが加齢や筋力と関連していることが明らかにし、研究結果を複数の原著論文として発表することができた。今年度は、核磁気共鳴画像法(MRI)との比較研究を若齢者・高齢者で大規模な人数で実施することができ、さらに、安定同位体トレーサー技術を用いた方法との比較研究についても、海外研究機関との共同研究により結果を得ることが出来た。次年度以降は、得られたデータの解析を進め、論文化を進めていくものとする。予定している実験について、2019年度中におおよそ終えることができ、翌年度以降、丁寧な解析に時間を費やすことが出来る見込みである。今年度までの実験について、共同研究機関・研究分担機関を含め、おおむね順調に実施することができ、貴重なデータを得ることが出来た。そのため、翌年度以降、データ解析に時間をかけ、丁寧な分析を行うとともに、研究分担者らと協働しながら、本研究の目標達成のため、研究成果を発信していくものとする

  • ハムストリングスの収縮中ストレス分布の解析:スポーツにおける肉離れとの関連性

    研究期間:

    2017年11月
    -
    2020年03月
     

     概要を見る

    スプリント動作中に頻発するハムストリングスの肉離れの発生機序を探るという研究目的に関して、動的筋力計を用いて一定の角速度で膝関節伸展を行い、その際の超音波エラストグラフィ画像を、ハムストリングスを構成する3筋(大腿二頭筋、半腱様筋、半膜様筋)からリアルタイムで取得する、という実験系を前年度に確立した。この実験系のもとで、平成30年度は、1)筋活動様式や収縮強度が各筋の応答に及ぼす影響、2)各筋の解剖的特徴(大きさや形状)と超音波エラストグラフィによる剪断弾性率との関連性、の2点に関しての研究を進めた。令和元年度は、これに続き、3)異なる筋活動様式のもとでの筋疲労が各筋の負担度に及ぼす影響、4)等尺性・短縮性筋活動のもとでの大腿二頭筋長頭と半腱様筋の剪断弾性率の筋内分布と収縮強度の関連性、に関する研究を行った。研究の結果、筋の剪断弾性率と収縮強度の間に存在する非直線的な関係に筋による違いがあり、特に半腱様筋の「負担度」が高いこと、筋疲労は短縮性筋活動で顕著であるにも関わらず、大腿二頭筋長頭の「負担度」は伸長性筋活動のもとでの筋疲労に伴って低下することなどが示された。また、各条件下の各筋の応答には大きな個人差が存在することも明らかになった。上記の研究成果はこれまでに国内外含めて報告例がなく、極めて新規性が高い。実験結果は、ハムストリングスの肉離れを経験したスプリント系の選手の傷害の統計結果や内省と呼応するものであり、肉離れの発生機序の解明に大きく迫るものである。また、筋の反応に個人差が大きいことは、同様の運動を実施しても肉離れを経験しやすい者とそうでない者がいる、という事実と関係している可能性がある。研究成果は臨床上、また、骨格筋メカニクス研究上、大変意義深いものといえる。研究成果は査読付きの国際学会において2件の口頭発表として結実し、現在、学術論文の投稿準備中である。令和元年度が最終年度であるため、記入しない。令和元年度が最終年度であるため、記入しない

  • 骨格筋を形・質・機能で捉える:一般人~アスリートの身体運動能力躍進を目指して

    研究期間:

    2016年04月
    -
    2020年03月
     

     概要を見る

    骨格筋の「機能的・形態的・材質的」特性の機序解明や、可塑性に関する研究を発展させた。令和元年度に開始した子供に関する研究を進め、就学前児童・小学校低学年児童の身体特性や、歩・走・跳といった基本的な運動能力の発達の特徴について、筋特性との関連性から検討を行った。その結果、青年や成人には見られない、特徴的な歩行中の地面反力発揮パターンや、特異的な下肢筋群の相対発育などが示された。1年以上をかけて行った子供のデータ取得は一段落し、現在、投稿論文の準備中である。子供の健全発育を促すためのシューズの開発など、社会的な応用も視野に入れた研究を進めた。また、これまでのわれわれの研究を通じて明らかになってきた、骨格筋の重要な構成要素であるFascia(筋膜・腱膜を含む膜性組織)の部位特異性や性差、弾性特性の運動時の変化などについての研究が大きく進展し、研究論文の国際誌への掲載が進んだ。さらに、腱症の評価や、症状の悪化を食い止めるための栄養介入についての研究を国内で、高強度運動時の肉離れの発生機序に関する基礎的研究をオランダ、フリー大学の協力を仰ぎながら、進めることができた。年度末に生じた新型コロナウイルスのパンデミックの影響で、特に最後の研究におけるデータ取得が後半に滞ったが、臨床研究を今後さらに発展するための素地を作り上げた。研究サポートの対象となったエリートアスリートが2020年のオリンピックで活躍する機会は逸したが、2021年度以降のさらなる活躍を期待したい。この点に関連して、研究期間を通して実施中の、a)よい動作の体感・実践、b)身体能力の徹底解析とタレント発掘、c)最適コンディショニング法の提案、d)身体能力向上モダリティの開発、も継続・発展させた。研究成果は、学術論文以外にも国内外の学会発表やシンポジウム、ワークショップ、招待講演、研究室ホームページ等を通して公表した。令和元年度が最終年度であるため、記入しない。令和元年度が最終年度であるため、記入しない

  • 体幹部の内臓脂肪・皮下脂肪分布の定量:3次元解析と脂肪量の高精度推定式の開発

    研究期間:

    2016年04月
    -
    2019年03月
     

     概要を見る

    平成30年度にて研究終了予定であったが、研究の幅を大きく広げたため、180名の生体計測(内蔵脂肪・皮下脂肪・筋組織分布、運動能力、生活習慣の分析)に加えて、約1万人分のビッグデータ(身体形態、生活習慣)の解析に時間を要し、1年継続して分析を行った。生体計測のデータ取得は完了し、内臓脂肪及び一部の筋組織の一時分析は終了した。複雑な形状の腸管の間に存在する内臓脂肪の三次元分布は困難で、自動分析も不可能(内臓器官に存在するの脂質の同定と分析からの除外は手作業となる)であることから、分析に予想を大幅に上回る手間と時間がかかっている。研究用スマホアプリとして開発、公開した「メタボウォッチ」を通じて取得したビッグデータについては、使用者から提供されたデータからエラーをはじいたうえで、多変量解析が終了した。詳細な生体計測データと、ITによるビッグデータの照合・検証を現在行っているところであり、これらのデータを元にした推定式の作成までは至らなかった。継続して研究をすすめ、今後学術論文や学会での発表を行っていきたいと考えている

  • 骨格筋を形・質・機能で捉える:一般人〜アスリートの身体運動能力躍進を目指して

    基盤研究(A)

    研究期間:

    2016年
    -
    2019年
     

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 骨格筋メカニクスから考えるストレングストレーニングと外傷・傷害予防

    川上泰雄

    臨床スポーツ医学会  

  • 筋厚と形態計測値の組み合わせによる筋形状指標と肘関節屈曲トルクとの関係

    赤木亮太, 勝亦陽一, 美濃羽弘樹, 川上泰雄, 福永哲夫

    第60回日本体力医学会大会  

  • 野球選手における肘関節トルクのポジション特性

    勝亦陽一, 赤木亮太, 美濃羽弘樹, 川上泰雄, 福永哲夫

    第60回日本体力医学会大会  

  • 骨格筋メカニクスから考えるストレングストレーニングと外傷・障害予防

    川上泰雄

    第32回日本臨床スポーツ医学会  

    発表年月: 2021年11月

    開催年月:
    2021年11月
     
     
  • Effects of amino acid mixture on functional and morphological properties of achilles tendon

    Kawakami, Y, Shiotani, H, Otuska, S, Hui, L, Ichinose, H, Chi, Y, Kurumisawa, K, Yamada, Y, Shan, X, Saeki, J, Sado, N, Tanaka, F, Kumai, T, Nishitani, S, Takada, M, Toyoda, S, Uchida, H, Adachi, Y

    American College of Sports Medicine 68th Annual Meeting  

    発表年月: 2021年06月

    開催年月:
    2021年06月
     
     

全件表示 >>

特定課題研究 【 表示 / 非表示

  • 下肢筋群の機能を高める新たな歩行様式の解明:健康寿命延伸に向けて

    2019年  

     概要を見る

     本研究では、日常で最も頻繁に行う運動である歩行の「トレーニング効果」に着目して、健康の維持・増進を視野に入れた研究を計画し、2019年度はそのための基礎研究を実施した。健常な成人男性と子ども(3〜8歳)を対象として、歩行中の筋活動の計測や3次元動作解析を通して歩行中の骨格筋メカニクスを探るとともに、その成長過程や筋量分布との関連性について検討した。子どもに特徴的な歩行の特徴や発育に伴う変化と、安定した成人歩行との違いについての知見を得ることができ、現在、論文の投稿準備中である。また、下腿三頭筋を構成する腱組織の力学的特性に関する研究を遂行し、腱組織に存在するユニークな振る舞いを解明した。

  • 総括班

    2018年   上杉 繁, 鈴木克彦, 田中史子, 山岸卓樹, 永吉俊彦, 戚 维璜, アドゥアヨム アヘゴ アクエテビ

     概要を見る

     科学研究費新学術領域(研究領域提案型)の再申請に向けて、国内外の研究グループの連携充実とグループ拡大に向けての準備を行った。メールベースでの情報のやりとりに加えて、実際に顔を合わせて、時間をかけてじっくりと討議をすることによって、これまでの申請(不採択)に磨きをかけた研究計画の策定を行った。結果的に、グループの拡大と研究計画の充実につながる活動を遂行することができた。奏功した進め方として、参画メンバーが顔を合わせる「研究合宿」と、参画メンバーを含むでコンソーシアム活動の相乗効果をあげることができる。残念ながら諸事情により申請に至ることができなかったが、次年度に申請をするための基盤は完成した。

  • 総括班

    2017年   上杉 繁, 鈴木克彦, 秋本崇之, 田中史子

     概要を見る

     科学研究費新学術領域研究(研究領域提案型)の本年度申請に向けて、スポーツ科学分野、医学分野、歯学分野、理工学分野、そして、様々な業種の企業が連携した研究グループの立ち上げと申請のための準備を行ってきた。対面やWeb会議システムを活用して、研究打ち合わせを円滑に行うための環境の構築を行い、学内学外の研究参画者との打ち合わせを実施し、研究計画の立案を進めた。 研究計画では新興・融合領域『身体能力開発学』の創成を目指し、短期(練習など)・中期(発育など)・長期(年代など)的変化という時間軸、解剖生理学的(筋骨格系など)、身体(全身動作など)、集団(学校など)サイズという空間軸の切り口で新興・融合研究を推進し、新学術領域として体系化する計画である。立案した研究計画をもとに2018年度科研費新学術領域研究(研究領域提案型)に申請を行い、現在は審査結果の開示を待っているところである。 また、申請をした研究計画に関係する準備的な研究として、アスリートの分析、自転車やランニング等の動作制御などに関する研究を進めた。さらに学会での視察・研究発表や国内・海外研究者との意見交換を行い、情報収集を行った。

  • 骨格筋・腱特性の加齢変化とトレーニング効果:ロコモティブシンドロームの予防・改善

    2015年   稲見崇孝, 齋藤輝, 福田渉

     概要を見る

    The aims of our studies were to investigate the physical properties, association of muscle-tendon unit and physical activity functions, and their individual variations in elderly populations. To establish the methodology of the present study, we have performed the fundamental experiments on young populations focusing on the skeletal muscle hardness-length relationship and the functional roles of fascia by muscle contraction. Furthermore, the shoe insole possessing high bending stiffness was designed in order to improve the locomotive abilities. In addition, we performed a cross-sectional study on 210 participants of different ages to investigate the association between skeletal muscle properties and physical functions in relation to aging. A significant correlation between maximal walking speed and leg extension power was observed. It was concluded that for the improvement of locomotive abilities, leg extension power is important for the elderly. We are planning to reveal the relationship between skeletal muscle mass and locomotion abilities of elderly populations.

  • 骨格筋・腱特性の加齢変化とトレーニング効果:ロコモティブシンドロームの予防・改善

    2015年   稲見崇孝, 吉川亜有美

     概要を見る

    受動的な関節角度変化に伴って筋硬度が顕著に上昇する筋を同定し、関節の可動域を規定する因子を特定した。次に、全身麻酔および筋弛緩剤の投与は足関節可動域を変化させず、意識の有無は足関節可動性に影響しないことが明らかとなった。さらに、中・高齢 者向けの簡便なトレーニング方法の開発に向けて、中高齢者を対象に横断調査を行い、骨格筋の形態や機能と身体運動機能との関連性を評価した。今後、中高齢者における骨格筋の筋量や機能と身体運動機能との関連性を明らかにする予定である。

全件表示 >>

海外研究活動 【 表示 / 非表示

  • 骨格筋の形態的・機能的・質的特性と身体運動パフォーマンスの関連性

    2019年06月
    -
    2020年06月

    オランダ   フリー大学アムステルダム校

  • 骨格筋の張力伝達機構に関する研究

    2008年09月
    -
    2009年08月

    オランダ   フリー大学

 

現在担当している科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

 

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2014年11月
    -
    継続中

    東京都西東京市 健康応援団 副団長

  • 2012年
    -
    継続中

    日本学術会議  健康・生活科学委員会 健康・スポーツ科学分科会 委員(副委員長2019〜2020)

  • 2011年
    -
    継続中

    日本学術会議  連携会員

  • 2011年
    -
    継続中

    日本体力医学会  評議員

  • 2011年
    -
    継続中

    日本超音波骨軟組織学会  副会長(2011〜2013),諮問委員,理事

全件表示 >>

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • テレビ番組

    NHKBS8K  超人たちの人体「大地を駆ける」 

    2021年02月
    -
     

  • WEB

    ハレバレ 

    2020年10月
    -
     

     概要を見る

    ハレバレに記事掲載。「イチから学ぶ、筋肉痛のメカニズム」

  • テレビ番組

    NHKスペシャル ミラクルボディー 

    2020年10月
    -
     

     概要を見る

    NHKスペシャル ミラクルボディー「驚異の人体“超適応”車いすレーサー」取材協力

  • テレビ番組

    天才てれびくん 

    2020年09月
    -
     

     概要を見る

    天才てれびくん「はやく走る裏ワザ!?ソニアとみやぞん電空SF」取材協力

  • WEB

    早稲田大学高等研究所ウェビナー 

    2020年08月
    -
     

     概要を見る

    身体教育医学研究所20周年記念イベントにて講演。 「筋肉研究第一人者とトップアスリートによるみんなのための『筋肉』の話」

全件表示 >>

メディア報道 【 表示 / 非表示

  • テレビ番組出演

    テレビ・ラジオ番組

    NHK   チコちゃんに叱られる  

    2018年09月

     概要を見る

    NHK総合テレビ 「チコちゃんに叱られるに出演

  • テレビ番組

    テレビ・ラジオ番組

    NHK   あしたも晴れ!人生レシピ  

    2018年02月

     概要を見る

    NHK Eテレ 「あしたも晴れ!人生レシピ」 取材協力

  • テレビ番組出演

    テレビ・ラジオ番組

    NHK   偉人たちの健康診断  

    2017年10月

     概要を見る

    NHK BS プレミアム SIP「時間栄養・運動レシピ開発」プロジェクトの成果の一部を紹介. 偉人たちの健康診断「織田信長の隠れた病」に出演。

  • テレビ番組取材

    テレビ・ラジオ番組

    NHK   団塊スタイル 親の健康  

    2016年10月

     概要を見る

    NHK Eテレ 団塊スタイル 親の健康 (SIP「時間栄養・運動レシピ開発」プロジェクトの成果の一部を説明し、中高齢者が簡単にできる運動を紹介する)