KAWAKAMI, Yasuo

写真a

Affiliation

Faculty of Sport Sciences, School of Sport and Sciences

Job title

Professor

Homepage URL

http://www.f.waseda.jp/ykawa/index.htm

Profile

My main research interest is in the area of muscle mechanics, particularly on the relationship between in vivo muscle behavior and movement performance in humans.

Concurrent Post 【 display / non-display

  • Faculty of Sport Sciences   Graduate School of Sport Sciences

  • Affiliated organization   Global Education Center

Education 【 display / non-display

  • 1990.04
    -
    1991.03

    University of Tokyo   Graduate School, Division of Education  

  • 1988.04
    -
    1990.03

    University of Tokyo   Graduate School, Division of Education  

  • 1985.04
    -
    1988.03

    University of Tokyo   Faculty of Education  

  • 1983.04
    -
    1985.03

    The University of Tokyo  

Degree 【 display / non-display

  • The University of Tokyo   Ms. Sci.

  • The University of Tokyo   Ph.D.

Research Experience 【 display / non-display

  • 2021.04
    -
    Now

    Waseda University   Vice President

  • 2020.09
    -
    Now

    Waseda University   Comprehensive Research Organization   Director

  • 2005
    -
    Now

    Waseda University, Professor

  • 2003
    -
    2005

    Waseda University, Associate Professor

  • 1999
    -
    2003

    University of Tokyo, Associate Professor

display all >>

Professional Memberships 【 display / non-display

  •  
     
     

    Japan Society of Golf Sciences

  •  
     
     

    The Japanese Society of Ultrasonic Science on Bone and Muscular Tissue

  •  
     
     

    Japanese Society of Exercise Physiology

  •  
     
     

    Japan Society of Training Science for Exercise and Sport

  •  
     
     

    Japanese Society of Biomechanics

display all >>

 

Research Areas 【 display / non-display

  • Biomaterials

  • Biomedical engineering

  • Sports sciences

Research Interests 【 display / non-display

  • exercise physiology, sport biomechanics, in vivo measurement, muscle mechanics, muscle architecture, muscle-tendon unit, human, growth and aging, health promotion, sport performance

Papers 【 display / non-display

  • Effect of shod and barefoot running on muscle mechanical properties

    Saeki, J, Shiotani, H, Kawakami, Y

    J. Sports Med. Phys. Fitness.   online  2021  [Refereed]

    Authorship:Corresponding author

    DOI

  • Changes in morphological and mechanical properties of Achilles tendon after rupture and surgery: A follow-up survey of one patient

    Yasuo Kawakami, Taku Wakahara, Shinichi Kawamoto

    Japanese Journal of Bone and Muscle Ultrasound   20 ( 2 ) 5 - 16  2021  [Refereed]

    Authorship:Lead author, Corresponding author

  • Investigation of the association between human fascia lata thickness and its neighboring tissues’ morphology and function using B-mode ultrasonography

    Otsuka, S, Shan, X, Kurumisawa, K, Omura, S, Yamagishi, T, Naito, M, Kawakami, Y

    J. Anat.   online  2021  [Refereed]

    Authorship:Corresponding author

    DOI

  • Hamstrings load bearing in different contraction types and intensities : A shear-wave and B-mode ultrasonographic study

    Evangelidis, E, P, Shan, X, Otsuka, S, Yang, C, Yamagishi, T, Kawakami, Y

    PLoS One   16 ( 5 ) e0251939  2021  [Refereed]

    Authorship:Corresponding author

    DOI

  • Track distance runners exhibit bilateral differences in the plantar fascia stiffness

    Shiotani, H, Yamashita, R, Mizokuchi, T, Sado, N, Naito, M, Kawakami, Y

    Sci. Rep.   11 ( 1 )  2021  [Refereed]

    Authorship:Corresponding author

    DOI

display all >>

Books and Other Publications 【 display / non-display

  • Imaging: Ultrasound. In: Fascia: The Tensional Network of the Human Body.

    Kawakami, Y, Secco, A( Part: Joint author)

    Schleip R;Huijing P;Findley T・Elsevier and Churchill Livingstone  2021

  • 菊芋×運動レシピでイキキ! アクティブシニアライフのすすめ

    川上泰雄, 田中史子

    内閣府・SIP早稲田大学研究班  2019

  • 疲労と身体運動 スポーツでの勝利も健康の改善も疲労を乗り越えて得られる(分担執筆)

    川上泰雄

    杏林書院  2018

  • スポーツ科学で健康寿命延伸 Osteoporosis Japan PLUS

    川上泰雄

    ライフサイエンス出版  2017

  • 体の動きと熱を生み出す筋肉

    川上泰雄

    少年写真新聞社  2016

display all >>

Misc 【 display / non-display

  • スポーツ選手を対象とした骨格筋量の計測をどう捉えるか

    江間 諒一, 若原 卓, 川上 泰雄

    バイオメカニクス研究   23 ( 1 ) 52 - 59  2019  [Invited]

    Article, review, commentary, editorial, etc. (scientific journal)  

  • なぜ多関節トレーニングは二関節筋を肥大させないのか:筋活動レベルの変化様相の観点からの検討

    江間諒一, 稲見崇孝, 川上泰雄

    デサントスポーツ科学   37   138 - 146  2016.06

  • Applicability of anthropometric measures for estimating whole-body skeletal muscle volume in prepubertal children

    Megumi Ohta, Taishi Midorikawa, Yuki Hikihara, Shizuo Sakamotro, Yasuo Kawakami, Hiroaki Kanehisa, Tetsuo Fukunaga

    EUROPEAN JOURNAL OF CLINICAL NUTRITION   69   S23 - S24  2015.12

    Research paper, summary (international conference)  

  • 中高齢者における大腿部中央の筋厚および筋断面積に基づく膝関節伸展筋群の筋体積推定

    中谷深友紀, 高井洋平, 赤木亮太, 若原卓, 杉崎範英, 太田めぐみ, 川上泰雄, 福永哲夫, 金久博昭

    日本トレーニング科学会大会プログラム・抄録集   27th   50  2014.11

    J-GLOBAL

  • Eccentric exercise-induced delayed-onset muscle soreness and changes in markers of muscle damage and inflammation.

    Kanda K, Sugama K, Hayashida H, Sakuma J, Kawakami Y, Miura S, Yoshioka H, Mori Y

    Exer Immunol Rev (EIR)   19   74 - 87  2013

display all >>

Industrial Property Rights 【 display / non-display

  • 2足歩行ロボットの移動制御システム

    6311153

    高西 淳夫, 川上 泰雄, 橋本 健二, 阪口 正律, 大谷 拓也, 飯塚 晃弘, 八原 昌亨, 瓜生 和寛, 宮前 俊介, 濱元 伸也

    Patent

Works 【 display / non-display

  • Changes in architectural and functional characteristics during growth

    1993
    -
     

Awards 【 display / non-display

  • 日本バイオメカニクス学会 国際セッション奨励賞(共同研究者)

    2020.09   日本バイオメカニクス学会  

  • 日本トレーニング科学会 奨励賞(共同研究者)

    2019.09   日本トレーニング科学会  

  • 日本バイオメカニクス学会 奨励賞(共同研究者)

    2018.09   日本バイオメカニクス学会  

  • 日本バイオメカニクス学会 学会賞(共同研究者)

    2016.09   日本バイオメカニクス学会  

  • バイオメカニクス研究最優秀論文賞(共著者)

    2015.09   日本バイオメカニクス学会  

display all >>

Research Projects 【 display / non-display

  • サルコペニアの早期発見バイオマーカーの探索と新しいトレーニング評価技術の確立

    Project Year :

    2018.04
    -
    2022.03
     

     View Summary

    老化とともに生体内の骨格筋組織の量と質が減少することはサルコペニアと定義され、その診断ガイドラインが2010年より、国際的に作成されるようになってきた。本研究では、生体電気インピーダンス法を用いたサルコペニアの早期発見バイオマーカーを確立させることを第一の目的として研究を実施してきている。2018年には、ヨーロッパのサルコペニア診断ガイドラインが改訂され、2019年にはアジアのサルコペニア診断ガイドラインも改訂された。研究代表者が長年研究を進めてきた生体電気インピーダンス法は、サルコペニア診断の筋量評価における有用なツールとして、どちらのサルコペニア診断ガイドラインにおいてもその利用について言及され、特に2018年のヨーロッパのサルコペニア診断ガイドラインにおいては、研究代表者の主要論文が代表論文として引用されるなど、サルコペニア評価において、本研究の重要性が高まっている。昨年度、実際に高齢者の筋内組成が加齢に伴ってどのように変化するかについて調査を行い、いくつかのS-BISパラメータが加齢や筋力と関連していることが明らかにし、研究結果を複数の原著論文として発表することができた。今年度は、核磁気共鳴画像法(MRI)との比較研究を若齢者・高齢者で大規模な人数で実施することができ、さらに、安定同位体トレーサー技術を用いた方法との比較研究についても、海外研究機関との共同研究により結果を得ることが出来た。次年度以降は、得られたデータの解析を進め、論文化を進めていくものとする。予定している実験について、2019年度中におおよそ終えることができ、翌年度以降、丁寧な解析に時間を費やすことが出来る見込みである。今年度までの実験について、共同研究機関・研究分担機関を含め、おおむね順調に実施することができ、貴重なデータを得ることが出来た。そのため、翌年度以降、データ解析に時間をかけ、丁寧な分析を行うとともに、研究分担者らと協働しながら、本研究の目標達成のため、研究成果を発信していくものとする

  • Load distribution within the contracting hamstring muscles: relevance to strain injuries in sport

    Project Year :

    2017.11
    -
    2020.03
     

  • Evaluation of form-quality-function aspects of skeletal muscles: toward remarkable upgrading of physical movement performance for ordinary individuals and elite athletes

    Project Year :

    2016.04
    -
    2020.03
     

  • Evaluation of visceral and subcutaneous adiposity in humans: 3D analysis and establishment of prediction equations

    Project Year :

    2016.04
    -
    2019.03
     

  • 骨格筋を形・質・機能で捉える:一般人〜アスリートの身体運動能力躍進を目指して

    基盤研究(A)

    Project Year :

    2016
    -
    2019
     

display all >>

Presentations 【 display / non-display

  • 骨格筋メカニクスから考えるストレングストレーニングと外傷・障害予防

    川上泰雄

    第32回日本臨床スポーツ医学会 

    Presentation date: 2021.11

    Event date:
    2021.11
     
     
  • Effects of amino acid mixture on functional and morphological properties of achilles tendon

    Kawakami, Y, Shiotani, H, Otuska, S, Hui, L, Ichinose, H, Chi, Y, Kurumisawa, K, Yamada, Y, Shan, X, Saeki, J, Sado, N, Tanaka, F, Kumai, T, Nishitani, S, Takada, M, Toyoda, S, Uchida, H, Adachi, Y

    American College of Sports Medicine 68th Annual Meeting 

    Presentation date: 2021.06

    Event date:
    2021.06
     
     
  • Interrelationship between muscle size, and locomotor ability of the elderly

    Kawakami. Y

    1st International Online Conference on TU Health Science 

    Presentation date: 2021.03

  • 腱と筋膜を深堀りする夜!〜バイオメカニクスと解剖の見地から〜

    川上泰雄

    第2回 さいとう整形セミナー 

    Presentation date: 2021.03

  • ボディビルダーの減量における⼤腿部筋横断⾯積および⾮収縮要素横断⾯積の変化

    一瀬星空, 長瀬嘉剛, 佐渡夏紀, 呂匯, 山田雄基, 川上泰雄

    第33回日本トレーニング科学会大会 

    Presentation date: 2020.12

display all >>

Specific Research 【 display / non-display

  • 身体能力開発学の構築に向けて

    2021   田中史子

     View Summary

    当該研究課題について2020年度の科研費基盤(S)に申請したが不採択となり、本研究費を活用して2021年度の科研費基盤(S)に申請に向けての準備を行った。研究者間の連絡や基礎的な研究を進め、2020年度秋に申請書の作成、提出に至った。申請者らが確立してきたスポーツ科学・工学・医学研究領域の連携関係を、人間の身体運動のメカニズムの解明や身体運動能力の向上に資する研究に応用するものである。

  • 運動時の肉離れの発生機序に関する研究

    2020   Pavlos Evangelidis, Carmela Mantecon, Huub Maas

     View Summary

    スプリント系の競技種目で頻発する「肉離れ」(muscle strain injury)は、アスリートの競技生命に深刻な影響を及ぼす重篤な傷害である。本研究では、肉離れが多発する大腿後部の筋群(ハムストリングス)の詳細解析と、運動時の形状変化やストレス分布の生体計測を通じて、肉離れの発生機序についての知見を得ることを目的とした。人間の解剖体の当該筋の詳細な形状観察と、生体における安静時の形状の評価(筋束長・羽状角の筋内分布)を3次元超音波法を用いて実施した。また、人間生体について、膝関節屈曲中のハムストリングス各筋のストレス分布を超音波エラストグラフィ法を用いて計測した。

  • 下肢筋群の機能を高める新たな歩行様式の解明:健康寿命延伸に向けて

    2019  

     View Summary

     本研究では、日常で最も頻繁に行う運動である歩行の「トレーニング効果」に着目して、健康の維持・増進を視野に入れた研究を計画し、2019年度はそのための基礎研究を実施した。健常な成人男性と子ども(3〜8歳)を対象として、歩行中の筋活動の計測や3次元動作解析を通して歩行中の骨格筋メカニクスを探るとともに、その成長過程や筋量分布との関連性について検討した。子どもに特徴的な歩行の特徴や発育に伴う変化と、安定した成人歩行との違いについての知見を得ることができ、現在、論文の投稿準備中である。また、下腿三頭筋を構成する腱組織の力学的特性に関する研究を遂行し、腱組織に存在するユニークな振る舞いを解明した。

  • 総括班

    2018   上杉 繁, 鈴木克彦, 田中史子, 山岸卓樹, 永吉俊彦, 戚 维璜, アドゥアヨム アヘゴ アクエテビ

     View Summary

     科学研究費新学術領域(研究領域提案型)の再申請に向けて、国内外の研究グループの連携充実とグループ拡大に向けての準備を行った。メールベースでの情報のやりとりに加えて、実際に顔を合わせて、時間をかけてじっくりと討議をすることによって、これまでの申請(不採択)に磨きをかけた研究計画の策定を行った。結果的に、グループの拡大と研究計画の充実につながる活動を遂行することができた。奏功した進め方として、参画メンバーが顔を合わせる「研究合宿」と、参画メンバーを含むでコンソーシアム活動の相乗効果をあげることができる。残念ながら諸事情により申請に至ることができなかったが、次年度に申請をするための基盤は完成した。

  • 総括班

    2017   上杉 繁, 鈴木克彦, 秋本崇之, 田中史子

     View Summary

     科学研究費新学術領域研究(研究領域提案型)の本年度申請に向けて、スポーツ科学分野、医学分野、歯学分野、理工学分野、そして、様々な業種の企業が連携した研究グループの立ち上げと申請のための準備を行ってきた。対面やWeb会議システムを活用して、研究打ち合わせを円滑に行うための環境の構築を行い、学内学外の研究参画者との打ち合わせを実施し、研究計画の立案を進めた。 研究計画では新興・融合領域『身体能力開発学』の創成を目指し、短期(練習など)・中期(発育など)・長期(年代など)的変化という時間軸、解剖生理学的(筋骨格系など)、身体(全身動作など)、集団(学校など)サイズという空間軸の切り口で新興・融合研究を推進し、新学術領域として体系化する計画である。立案した研究計画をもとに2018年度科研費新学術領域研究(研究領域提案型)に申請を行い、現在は審査結果の開示を待っているところである。 また、申請をした研究計画に関係する準備的な研究として、アスリートの分析、自転車やランニング等の動作制御などに関する研究を進めた。さらに学会での視察・研究発表や国内・海外研究者との意見交換を行い、情報収集を行った。

display all >>

Overseas Activities 【 display / non-display

  • 骨格筋の形態的・機能的・質的特性と身体運動パフォーマンスの関連性

    2019.06
    -
    2020.06

    オランダ   フリー大学アムステルダム校

  • 骨格筋の張力伝達機構に関する研究

    2008.09
    -
    2009.08

    オランダ   フリー大学

 

Syllabus 【 display / non-display

display all >>

 

Committee Memberships 【 display / non-display

  • 2014.11
    -
    Now

    東京都西東京市 健康応援団 副団長

  • 2012
    -
    Now

    日本学術会議  健康・生活科学委員会 健康・スポーツ科学分科会 委員(副委員長2019〜2020)

  • 2011
    -
    Now

    日本学術会議  連携会員

  • 2011
    -
    Now

    日本体力医学会  評議員

  • 2011
    -
    Now

    日本超音波骨軟組織学会  副会長(2011〜2013),諮問委員,理事

display all >>

Social Activities 【 display / non-display

  • テレビ番組

    NHKBS8K  超人たちの人体「大地を駆ける」 

    2021.02
    -
     

  • WEB

    ハレバレ 

    2020.10
    -
     

     View Summary

    ハレバレに記事掲載。「イチから学ぶ、筋肉痛のメカニズム」

  • テレビ番組

    NHKスペシャル ミラクルボディー 

    2020.10
    -
     

     View Summary

    NHKスペシャル ミラクルボディー「驚異の人体“超適応”車いすレーサー」取材協力

  • テレビ番組

    天才てれびくん 

    2020.09
    -
     

     View Summary

    天才てれびくん「はやく走る裏ワザ!?ソニアとみやぞん電空SF」取材協力

  • WEB

    早稲田大学高等研究所ウェビナー 

    2020.08
    -
     

     View Summary

    身体教育医学研究所20周年記念イベントにて講演。 「筋肉研究第一人者とトップアスリートによるみんなのための『筋肉』の話」

display all >>

Media Coverage 【 display / non-display

  • テレビ番組出演

    TV or radio program

    NHK   チコちゃんに叱られる  

    2018.09

     View Summary

    NHK総合テレビ 「チコちゃんに叱られるに出演

  • テレビ番組

    TV or radio program

    NHK   あしたも晴れ!人生レシピ  

    2018.02

     View Summary

    NHK Eテレ 「あしたも晴れ!人生レシピ」 取材協力

  • テレビ番組出演

    TV or radio program

    NHK   偉人たちの健康診断  

    2017.10

     View Summary

    NHK BS プレミアム SIP「時間栄養・運動レシピ開発」プロジェクトの成果の一部を紹介. 偉人たちの健康診断「織田信長の隠れた病」に出演。

  • テレビ番組取材

    TV or radio program

    NHK   団塊スタイル 親の健康  

    2016.10

     View Summary

    NHK Eテレ 団塊スタイル 親の健康 (SIP「時間栄養・運動レシピ開発」プロジェクトの成果の一部を説明し、中高齢者が簡単にできる運動を紹介する)