TANAKA, Fumio

写真a

Affiliation

Faculty of Letters, Arts and Sciences, School of Humanities and Social Sciences

Job title

Professor

Concurrent Post 【 display / non-display

  • Affiliated organization   Global Education Center

Education 【 display / non-display

  •  
    -
    1996

    Kokugakuin University   文学研究科   日本史学  

  •  
    -
    1996

    Kokugakuin University   Graduate School, Division of Letters  

  •  
    -
    1991

    Waseda University   School of Humanities and Social Sciences   日本史  

  •  
    -
    1991

    Waseda University   Faculty of Literature  

Degree 【 display / non-display

  • Kokugakuin University   (BLANK)

Research Experience 【 display / non-display

  • 2018.04
    -
    Now

    Waseda University   Faculty of Letters, Arts and Sciences   教授

  • 2007.04
    -
    2018.03

    Kanto Gakuin University   College of Economics   教授

  • 2001.10
    -
    2007.03

    Kanto Gakuin University   College of Economics   助教授

  • 1998.04
    -
    2001.09

    Kanto Gakuin University   経済学部   専任講師

  • 1996
    -
    1998

    島根県教育庁文化財課(埋蔵文化財調査センター) 主事

display all >>

Professional Memberships 【 display / non-display

  • 2018.04
    -
     

    早稲田大学史学会

  •  
     
     

    木簡学会

  •  
     
     

    古代交通研究会

  •  
     
     

    歴史科学協議会

  •  
     
     

    日本史研究会

display all >>

 

Research Areas 【 display / non-display

  • Japanese history

Research Interests 【 display / non-display

  • 古代史

  • The ancient history

Papers 【 display / non-display

  • 百済王氏と百済郡、高麗王氏・肖奈王氏と高麗郡

    田中史生

    須田勉・荒井秀規編『古代渡来文化研究2 古代日本と渡来系移住民―百済郡と高麗郡の成立』高志書院     11 - 32  2021.03  [Invited]

  • 「蕃俗」「殊俗」と日本古代国家

    田中史生

    金子修一先生古稀記念論文集 東アジアにおける皇帝権力と国際秩序     45 - 69  2020.03

  • 倭王権における百済移住民の役割

    田中史生

    『日本の中の百済―本州・四国地域』忠清南道歴史文化研究院     408 - 428  2019.12  [Invited]

  • 『日本書紀』と「帰化」

    田中史生

    白石太一郎先生傘寿記念論文集編集委員会編『古墳と国家形成期の諸問題』山川出版社     240 - 245  2019.10

  • 屯倉と韓国木簡―倭国史における韓国木簡の可能性―

    田中史生

    木簡と文字   ( 22 ) 137 - 156  2019.06  [Invited]

display all >>

Books and Other Publications 【 display / non-display

  • 渡来人と帰化人

    田中史生( Part: Sole author)

    株式会社KADOKAWA  2019.02

  • 古代日本と興亡の東アジア

    田中史生( Part: Edit)

    竹林舎  2018.01

  • 日本古代交流史入門

    鈴木靖民, 金子修一, 田中史生, 李成市( Part: Joint editor)

    勉誠出版  2017.06

  • 越境の古代史

    田中史生( Part: Sole author)

    株式会社KADOKAWA  2017.05

  • 国際交易の古代列島

    田中史生( Part: Sole author)

    株式会社KADOKAWA  2016.01

display all >>

Misc 【 display / non-display

  • 倭遣隋留学生、学問僧的素養

    田中史生

    唐都学刊   ( 106 ) 29 - 35  2008.08

  • 九―十一世紀東アジアの交易世界と奄美諸島

    田中史生

    東アジアの古代文化   ( 130 )  2007

  • 唐人の対日交易

    田中史生

    経済系   ( 229 )  2006

  • 7~11世紀の奄美・沖縄諸島と国際社会

    田中史生

    自然・人間・社会   ( 38 )  2005

  • 筑前国の銀の流通と国際交易―銀流通の前提を再考する―

    田中史生

    古代の銀と銀銭をめぐる史的検討   261-272  2004

display all >>

Works 【 display / non-display

  • 入唐僧慧萼の求法活動に関する基礎的研究

    2007
    -
     

  • 7~10世紀東アジアにおける海上を通じた人的物的文化交流

    2004
    -
    2006

  • 『入唐求法巡礼行記』に関する文献校定および基礎的研究

    2001
    -
     

  • 非文献資料の基礎的研究-木札-

    1996
    -
    1998

  • 非文献資料の基礎的研究-古印-

    1992
    -
    1994

Awards 【 display / non-display

  • 第3回 渡来文化研究大賞

    2021.03   高麗浪漫学会   『渡来系移住民』(岩波書店)

    Winner: 吉村武彦, 吉川真司, 川尻秋生編集, 吉村武彦, 千賀久, 亀田修一, 田中史生, 朴天秀著

  • 第4回 古代歴史文化賞 大賞

    2016.11   古代歴史文化普及協議会   『国際交易の古代列島』(角川選書)

Research Projects 【 display / non-display

  • グローバルな視野からみる和漢の「文」と日本古典籍をめぐる学術文化史研究

    基盤研究(C)

    Project Year :

    2020.04
    -
    2024.03
     

    河野 貴美子, 高松 寿夫, 陣野 英則, 田中 史生, 吉原 浩人

     View Summary

    近年、人文学、とりわけ古典をめぐる研究や教育を取り巻く環境は年々厳しさを増している。本研究は、こうした学界の現状を正面から見据え、日本における和漢の「文」と、日本古典籍をめぐる学術文化史をグローバルな視野から捉え、過去から現在に至る人文知の歩みについて研究を進めることにより、古典学の課題や意義を改めて問い直し、発信していくことを目指すものである。具体的には、①日本における「文」の概念をめぐる通史を描き出す研究、②東アジアと世界の古典学の比較研究、③日中古典籍の交流と融合をめぐる研究、以上三つの柱を設定して、ワークショップなどを通して研究を展開し、それぞれの成果を書籍としてまとめていく

  • 「移動」をキーワードとした渡来人研究の再構築

    基盤研究(C)

    Project Year :

    2019.04
    -
    2023.03
     

    田中 史生

     View Summary

    本研究は、古代の渡来人を「倭」「日本」への移動者と再定義し、移動の始点と終点の歴史的つながりや多様性をアジア史的視野のもとに解き明かすことで、国民史の克服を課題とする日本史学における渡来人研究の再構築を目指すものである。具体的な研究項目としては、①「帰化」「渡来」の用語の史料論的検討に基づく渡来人の定義の確定、②百済との比較からみた倭国における中国系渡来人と五経博士の特質の解明、③「帰化」の渡来人の移配政策の実態の解明、④渡来商人の活動地域の広がりの解明を設定している。
    4カ年計画の初年度となる本年度は、①について大きな成果が得られた。「帰化人」「渡来人」の用語をめぐっては、『日本書紀』の「帰化」記事を史実として認めるか否かで、約半世紀の論争があるが、斉明紀以前については潤色とすべきことがほぼ実証できたと考える。また、史料の「渡来」は、「来」(マウク)を基本とする一般的な移動を示し、そこに多様な移動の契機が包含されうることも確認できた。これらの分析結果の詳細は、論文「『日本書紀』と「帰化」」(『古墳と古代国家形成期の諸問題』山川出版社、2019年10月)として公表した。②については、基礎的な史料収集と検討を終え、その成果の一部を、韓国において論文「倭王権における百済移住民の役割」(『日本の中の百済―本州・四国地域』忠清南道歴史文化研究院、2019年12月、韓国語翻訳)として公表した。③についても、律令期の「帰化人」の東国移配政策に関しては分析を終え、その一部を「律令制国家の政治・文化と渡来系移住民」(『シリーズ 古代をひらく 渡来系移住民』岩波書店、2020年3月)において論じた。④については、九州に分布する渡来商人との関連性が指摘される石塔の調査を鹿児島県と中国浙江省において実施し、これまで指摘されていない日本の薩摩塔と中国の石塔との類似点を複数確認できた。

  • A Basic Study on the Influence of Ancient Japanese Culture in Substrate and Formation Process of Ainu Culture

    Grant-in-Aid for Scientific Research (C)

    Project Year :

    2015.04
    -
    2018.03
     

    MINOSHIMA Hideki, SEGAWA Takuro, INOUE Masataka, HARA Kyoko, NARA Tomonori, SUZUKI Kazuko, FUHIWARA Hiroaki

     View Summary

    I conducted a comparative study on the relationship between ancient Japan (especially the Tohoku district) culture, the Hokkaido culture of the same era and the Ainu culture from the aspect of religion and ritual.In particular, we examined the distribution, form and function of metal products and wood products related to religion and ritual.
    The religious and ritual tools of the Ainu culture could point out the possibility that there is origin in the Satsumon era.
    Also, In ancient Hokkaido and its adjacent areas, it was possible to point out the tendency that religious and ritual traces are found in important places in trade and exchange.

  • Comprehensive Study on the Development of the Writing Culture of the Ancient Japanese Archipelago

    Grant-in-Aid for Scientific Research (A)

    Project Year :

    2010.04
    -
    2016.03
     

    HIRAKAWA Minami, LEE Sungsi, INUKAI Takashi, OGURA Shigeji, NITO Atsushi, MIKAMI Yoshitaka, YOSHIOKA Masayuki, SHINKAWA Tokio, SEKIO Shirou, YAMAGUCHI Hideo, KOHNOSHI Takamitsu, ICHI Hiroki, ABE Soichiro, TANAKA Fumio, MORISHITA Shoji, TERASAKI Yasuhiro, NAKABAYASHI Takayuki, TAKAHASHI Kazuki, KOIKE Jun'ichi, NAGASHIMA Masaharu, TAKATA Kanta

     View Summary

    The achievement of the study is that on the basis of the actual materials, it revealed that the development of the writing culture of the ancient Japanese Archipelago was significantly influenced by the writing culture of the Korean Peninsula. In addition, the study involved close collaboration with three institutions in Korea including the National Museum of Korea, the National Research Institute of Cultural Heritage, and the National Research Institute of Maritime Cultural Heritage. The study proceeded effectively with their full support. The mutual trust among the researchers of Japan and Korea built through the study should greatly contribute to future studies. Furthermore, the study led to the special exhibition of the National Museum of Japanese History titled “A Connection of Characters: The Japanese Archipelago and the Korean Peninsula in Ancient Times" in which the achievement of the study was presented to the general public in an accessible and comprehensible manner.

  • Buddhism acceptance in ancient Japan, Buddhism exchanges in East Asia

    Grant-in-Aid for Scientific Research (B)

    Project Year :

    2012.04
    -
    2015.03
     

    SATO NAGATO, SUZUKI Yasutami, KANEKO Shuichi, SAKAYORI Masashi, IWAMI Kiyohiro, SASO Mamoru, TANAKA Humio, WANG Hai-yan, GE Ji-yong, LEE Yong-hyeon, YAMASAKI Masatoshi, KAWANO Yasuhiro, MIZOGUCHI Yuki, SAKURADA Marie

     View Summary

    2012 we were subjected to investigation of Zen temple in Korea. We conducted a research and recording of the inscription, was subjected to local researchers and exchange of opinions. 2013 - 2014, we have exploration Shanxi southern - Shaanxi Province in China. More specifically we investigate the Ennin’s root based on the "Nitto Guho Junrei Koki", was to restore the historical landscape and traffic path in the Tang Dynasty.
    At the end of fiscal 2014, and invited Japan, China and South Korea researchers, was held an international symposium. We have carried out and the confirmation of the latest research, the exchange of opinions with domestic and foreign researchers. In addition to published research results of 2012 - 2014 fiscal year. We are preparing to publish the results of this symposium as a book. Now, we are planning to be more widely published research results.

display all >>

Specific Research 【 display / non-display

  • 日本古代の渡来人に関する研究

    2018  

     View Summary

     本研究の目的は、古代の渡来人に関する研究を総体的・通史的に捉え直し、今日的課題に応えうる新たな渡来人論を、学界のみならず市民にも広く提起することである。 本研究が明らかにした主な点は以下のとおりである。① 古代史の帰化人・渡来人研究は近代の国民国家史と結びついて発展した。② 中華的な「帰化」は天智期に成立する。③ 9世紀に中華の論理が非膨張型に転換し、「帰化」の意味も変質した。 また本研究の成果は、2018年12月2日開催のシンポジウム「古代百済郡の成立と高麗郡」(主催:一般社団法人 高麗1300、日本高麗浪漫学会)や『渡来人と帰化人』(角川選書、2019年2月)において示した。これらにより、本研究は当初の目的を達成できた。

 

Syllabus 【 display / non-display

display all >>

 

Committee Memberships 【 display / non-display

  • 2019.06
    -
    2021.05

    歴史学研究会  委員

  • 2018.04
    -
     

    文化遺産国際協力コンソーシアム  東アジア・中央アジア分科会委員

  • 1995
    -
     

    歴史学研究会  日本古代史部会運営委員長

  • 1994
    -
     

    国史学会  編集委員