Updated on 2022/11/28

写真a

 
JINNO, Takashi
 
Scopus Paper Info  
Paper Count: 0  Citation Count: 0  h-index: 0

Citation count denotes the number of citations in papers published for a particular year.

Affiliation
Faculty of Letters, Arts and Sciences, School of Humanities and Social Sciences
Job title
Professor

Concurrent Post

  • Faculty of Letters, Arts and Sciences   Graduate School of Letters, Arts and Sciences

Research Institute

  • 2020
    -
    2022

    高等研究所   兼任研究所員

Education

  •  
    -
    1983

    University of Tokyo   Graduate School, Division of Humanities   Western history  

  •  
    -
    1980

    University of Tokyo   Faculty of Literature   Western history  

Degree

  • 早稲田大学   博士(文学)

  • 東京大学   文学修士

Research Experience

  • 2008
    -
     

    Waseda University, Professor

  • 2007
    -
    2008

    The University of Tokyo, Professor

  • 1996
    -
    2007

    The University of Tokyo, Associate Professor

  • 1990
    -
    1996

    The University of Tokyo, Associate Professor

  • 1983
    -
    1990

    Kyoto University, Research Assistant

Professional Memberships

  •  
     
     

    "Ecclesia et societas" Workshop

  •  
     
     

    ヨーロッパ中世史研究会

  •  
     
     

    比較都市史研究会

  •  
     
     

    中世哲学会

  •  
     
     

    西洋史研究会

  •  
     
     

    日仏歴史学会

  •  
     
     

    早稲田大学史学会

  •  
     
     

    史学会

  •  
     
     

    日本西洋史学会

▼display all

 

Research Areas

  • History of Europe and America

Research Interests

  • Medieval Europe, Church, Society,Culture

Papers

  • 12世紀の教会知識人による東西教会の対話

    甚野尚志

    エクフラシス-ヨーロッパ文化研究-(早稲田大学ヨーロッパ中世・ルネサンス研究所)   1   82 - 95  2011.03

  • Intellectual Networks of Humanists at the Councils of Constance and Basel in the 15th Century

    Takashi Jinno

    Journal of Western Medieval History(The Korean Society for Western Medieval History)   20   215 - 240  2007.09

  • 王権と象徴、思想と芸術

    甚野尚志

    佐藤彰一・高山博・池上俊一編『西洋中世史研究入門-増補改訂版』(名古屋大学出版会)    2005

  • 教会文書

    甚野尚志

    高山博・池上俊一編『西洋中世学入門』(東京大学出版会)    2005

  • 「甦るローマ」-中世後期の教皇権と即位儀礼

    甚野尚志

    歴史学研究   794   155 - 162  2004.10

  • 西欧中世の教権と王権

    甚野尚志

    歴史学研究会編『現代歴史学の成果と課題 II 1980-2000年』    2003

  • 回顧と展望:西欧中世

    甚野尚志

    史学雑誌   109 ( 5 ) 313 - 321  2000.05

  • ランスのヒンクマールと「一日」参集会

    甚野尚志

    木村尚三郎編『学問への旅』山川出版社    2000

  • ソールズベリのヨハネスと『教皇史』

    甚野尚志

    『超域文化科学紀要』(東京大学駒場)   5   8 - 29  2000

  • ソールズベリのヨハネスと異教的俗信への批判

    甚野尚志

    中世思想研究   41   35 - 51  1999

  • ブレーメンのアダムと北方世界の「発見」

    甚野尚志

    『岩波講座・世界歴史12巻・遭遇と発見-異文化への視野』(岩波書店)    1999

▼display all

Books and Other Publications

  • Christianity and Violence in the Middle Ages and Early Modern Period. Perspectives from Europe and Japan

    Fernanda Alfieri, Takashi Jinno( Part: Joint editor)

    De Gruyter, Oldenbourg  2021.03

  • 15のテーマで学ぶ中世ヨーロッパ史

    堀越宏一, 甚野尚志

    ミネルヴァ書房  2013.01

  • 12世紀の歴史記述-ハーフェルベルクのアンセルムスと終末論的歴史-

    甚野尚志

    甚野尚志・益田朋幸編『ヨーロッパ中世の時間意識』(知泉書館)  2012.05 ISBN: 9784862851338

  • コンスタンツ公会議における教皇権と公会議-「ハエク・サンクタ」の解釈をめぐって-

    甚野尚志

    渡辺節夫編『ヨーロッパ中世社会における統合と調整』(創文社)  2011.02 ISBN: 9784423460665

  • 中近世ヨーロッパのキリスト教会と民衆宗教

    甚野尚志編

    文部科学省科学研究費補助金・基盤研究(B)・研究成果報告書  2010.03

  • 十二世紀ルネサンスの精神-ソールズベリのジョンの思想構造-

    甚野尚志

    知泉書館  2009.03 ISBN: 9784862850539

  • 中世ヨーロッパの社会観

    甚野尚志

    講談社学術文庫  2007.06 ISBN: 9784061598218

  • ローマ教皇の即位儀礼-中世盛期の定式化-

    甚野尚志

    歴史学研究会編『幻影のローマ-<伝統>の継承とイメージの形成-』(青木書店)  2006

  • 東大駒場連続講義 歴史をどう書くか

    甚野尚志編

    講談社  2006

  • 中世ヨーロッパを生きる

    甚野尚志, 堀越宏一編

    東京大学出版会  2004

  • この世のあるべき秩序-「教皇君主政」への道-

    甚野尚志

    堀越孝一編『新書ヨーロッパ史 中世篇』(講談社現代新書)  2003

  • ライヒェナウ修道院の祈念書

    甚野尚志

    渡辺節夫編『ヨーロッパ中世の権力編成とその展開』(東京大学出版会)  2003

  • 教会からみた中世ヨーロッパの政治社会

    甚野尚志編

    文部科学省科学研究費補助金・基盤研究(B)・研究成果報告書  2003

  • 宮廷批判の系譜

    甚野尚志

    高山博・池上俊一編『宮廷と広場』(刀水書房)  2002

  • 社会の危機と祈祷-「紀元千年」をめぐって-

    甚野尚志

    歴史学研究会編『再生する終末思想』(青木書店)  2000

  • 中世の異端者たち

    甚野尚志

    山川出版社  1996.07

▼display all

Works

  • ボーデン湖・コンスタンツ周辺地域(南西ドイツ)の教会と修道院の調査

    Other 

    2007.09
    -
    2007.10

Research Projects

  • 中近世ヨーロッパ社会における合意形成の起源と展開―合議制・代議制の理念と現実ー

    Project Year :

    2020.04
    -
    2023.03
     

     View Summary

    本研究は、中近世ヨーロッパにおける身分制議会に代表される代表制集会および合議制の起源とその歴史的展開を王国、諸侯領、教会、都市という4つの場を中心として検討する試みである。13名の研究分担者は、それぞれヨーロッパ各地域をカヴァーしており、、比較史的検討を通じて前近代ヨーロッパ社会の合意形成システムの全体的特質を明らかにすることをめざしている

  • Fundamental change of Catholic theological idea of reason on the research of early modern Western "Mirror of Prince"

    Project Year :

    2020.04
    -
    2023.03
     

  • Religion and Violence in the Medieval and Early Modern World

    Project Year :

    2018.04
    -
    2021.03
     

  • The Vicissitudes of Concepts of "Right Congition" in Medieval and Early Modern Europe

    Project Year :

    2017.04
    -
    2020.03
     

  • The Comparative Study of Political Ideology and Social System in Medieval Europe

    Project Year :

    2015.04
    -
    2018.03
     

     View Summary

    This research project was intended to make clear the medieval European world through the viewpoints of analyzing the political ideology(royal power, papal authority) and social system (kingdom, empire, cities, etc.). Thirteen researchers analyzed each area (kingdam and cities), and showed the differecne and uniquness of each area through the comparative hisotrical approach. As a result we could show some specific character of each kingdam(empire) and cities by the ideological and institutional analysis. This result will surely contribute to understand the reality of the medieval European World

  • The development and transformation of medieval Europe in aspect of relations between institution and political society

    Project Year :

    2013.10
    -
    2016.03
     

     View Summary

    As admitted “additionally” in the autumn of 2013, we lost half an year time to spend for this project. However, we could have 13 meetings with reports made by scholars in and out of this project, respectively: ① 5 meetings for review reports of the recent studies of Japanese scholars; ② 4 meetings for reports of recent tendencies of historical studies in the West; ③ 4 meetings for principal points of studies of the individual members of this project, especial- ly in the context of recent Western tendencies. We also could have 2 more open lectures by excellent academics from without, with fruitful results through very active discussions. Thus, we believe that we made sure progress in many points for the theme, and achieve mutual understandings of individual studies of members. These should work as the basement for our new book expected to be published in 2017

  • 中近世キリスト教世界の多元性とグローバル・ヒストリーへの視角

    科学研究費助成事業(早稲田大学)  科学研究費助成事業(基盤研究(A))

    Project Year :

    2013
    -
    2016
     

     View Summary

    2013年度はメンバーを報告者とする研究会を4回開催したのに加え、11月30日にはイタリアのブルーノ・ケスラー財団イタリア・ドイツ歴史研究所に所属するフェルナンダ・アルフィエーリ氏を基調報告者として招聘し国際シンポジウムを開催した。シンポジウムの統一テーマは「トレント公会議と近世キリスト教世界」であり、同公会議前後において、教会が良心や罪、さらにはそれに関係する諸問題をどのような形で再定義し、必要に応じて統制を進めていったのかについてアルフィエーリ氏の専門とするイタリアとヨーロッパ諸地域の状況を比較し、さらにグローバルな世界史の次元における同議論の応用可能性について検討した。同シンポジウムでは科研の研究分担者2名が報告者として壇に立ったほか、4名が報告後にコメントを行い、さらにはシンポジウムの結果を研究会での個別報告という形にフィードバックしている。
    シンポジウム、および諸研究会における議論を通じて2013年度について浮かび上がってきた問題点は、国内におけるヨーロッパ近世宗教史の従来の研究動向が、「宗派化」論に代表されるドイツ史、ドイツ国内における動向の影響下に枠組みを規定されており、グローバル的な視野はもとより、ヨーロッパ国内における比較可能性についても十分な注意がはらわれてこなかったという事実である。アルフィエーリ氏が専門とするイタリアは、カトリックに属しているのに加え、検閲や異端審問に代表される世俗権力と教会上の権威との関係も他地域とは異なっていた。これを受け、本国と植民地で両者の関係が異なるスペイン、ポルトガルなどを事例に、植民地における「ポスト・トレント」の宗教社会状況を、植民地個々の特殊性と同時に、世界各地に展開するイエズス会やフランシスコ会の審問制度をはじめとする上からのネットワークとの相互作用のせめぎあいの中で新たにとらえなおす必要性が示唆された。

  • 中近世キリスト教世界の多元性とグローバル・ヒストリーへの視角

    科学研究費助成事業(早稲田大学)  科学研究費助成事業(基盤研究(A))

    Project Year :

    2013
    -
    2016
     

     View Summary

    2013年度はメンバーを報告者とする研究会を4回開催したのに加え、11月30日にはイタリアのブルーノ・ケスラー財団イタリア・ドイツ歴史研究所に所属するフェルナンダ・アルフィエーリ氏を基調報告者として招聘し国際シンポジウムを開催した。シンポジウムの統一テーマは「トレント公会議と近世キリスト教世界」であり、同公会議前後において、教会が良心や罪、さらにはそれに関係する諸問題をどのような形で再定義し、必要に応じて統制を進めていったのかについてアルフィエーリ氏の専門とするイタリアとヨーロッパ諸地域の状況を比較し、さらにグローバルな世界史の次元における同議論の応用可能性について検討した。同シンポジウムでは科研の研究分担者2名が報告者として壇に立ったほか、4名が報告後にコメントを行い、さらにはシンポジウムの結果を研究会での個別報告という形にフィードバックしている。
    シンポジウム、および諸研究会における議論を通じて2013年度について浮かび上がってきた問題点は、国内におけるヨーロッパ近世宗教史の従来の研究動向が、「宗派化」論に代表されるドイツ史、ドイツ国内における動向の影響下に枠組みを規定されており、グローバル的な視野はもとより、ヨーロッパ国内における比較可能性についても十分な注意がはらわれてこなかったという事実である。アルフィエーリ氏が専門とするイタリアは、カトリックに属しているのに加え、検閲や異端審問に代表される世俗権力と教会上の権威との関係も他地域とは異なっていた。これを受け、本国と植民地で両者の関係が異なるスペイン、ポルトガルなどを事例に、植民地における「ポスト・トレント」の宗教社会状況を、植民地個々の特殊性と同時に、世界各地に展開するイエズス会やフランシスコ会の審問制度をはじめとする上からのネットワークとの相互作用のせめぎあいの中で新たにとらえなおす必要性が示唆された。

  • Dynamism of politics and religions in the European history and formations of states

    Project Year :

    2010
    -
    2012
     

     View Summary

    This project analysed the development od the structures of political power in the medieval and early modern times of Europe in relation to the plurality and process of confessional divisions of Christian sects(Catholic, Greek orthodox, Protestants).In the world of medieval and early modern Europe,Christian churches formed own religious organization plurally and at the same time churches and political powers were gradually conbined.Christian sects formed own blocks.We analysed the reality of each area, the forms of conflicts between sects,the systems of arbitrations, the formation of idea of tolerance.

  • ヨーロッパ史における政治と宗教のダイナミズムと国家的秩序の形成

    Project Year :

    2010
    -
    2012
     

  • 中世ヨーロッパにおける社会秩序と貴族の位相に関する比較史的研究

    Project Year :

    2009
    -
    2011
     

  • ヨーロッパ中近世のキリスト教会と民衆宗教

    Project Year :

    2007
    -
    2009
     

  • 中世ヨーロッパの権力構造とアイデンティティ複合

    Project Year :

    2006
    -
    2008
     

  • 地中海世界における社会変動と識字率

    Project Year :

    2002
    -
    2004
     

  • The political society in the european middle ages considered from the church

    Project Year :

    2000
    -
    2002
     

     View Summary

    In this year, we have investigated the relation between church and lay power with the aid of the result which we have done last year. As a result of our investigation we have made clear the various aspects of the church and medieval society. For example, the great influence of church on lay powers such as kingship or towns is understood between the members. Anyway, we could make progress about the reseach in the history of the relation between church and political society in European middle ages

  • 教会からみた中世ヨーロッパの政治社会

    Project Year :

    2000
    -
    2002
     

  • Communications in European Societies from Ancient to Modern

    Project Year :

    1999
    -
    2001
     

     View Summary

    The purpose of our studies was to investigate how societies developed their own distinctive features through various ways of communications available to them in the European history.The present world has reached a new stage of inter-state and inter-cultural relations due to the development and rapid spread of inter-net communications or computer-based telecommunications on the global basis. On this stage it is impossible that the shape of human relations stays unchanged. From this stand-point each participant started this comparative study, pursuing each one's subject in his/her field, hoping to offer some effective suggestions for a new image of the future society.The following are the subjects of the participants.Mariko Sakurai The public sphere and communications in ancient Greece.Katsumi Fukasawa The transferring movement of men and development of trade in early modern Mediterranean world.Hiroshi Takayama The interchanges of people in Medieval Kingdom of Sicily.Takashi Jinno Means and ways for communication in Medieval Europe.Hirotoshi Hiwaki Social associations in Ancient Rome.Hideki Yasunari Sociabilite in the Absolute Monarchy of France.As a result of the three years' studies we could elucidate the close relationship between various ways of communication and formation of societies in Europe

  • 西欧の歴史世界とコミュニケーション

    Project Year :

    1999
    -
    2001
     

  • 中世ヨーロッパにおける権力構造の比較史的研究

    Project Year :

    1996
    -
    1998
     

  • Commercial Trade and Transformation of Manners and Customs : Considered from a Perspective of Comparative Social History

    Project Year :

    1991
    -
    1993
     

     View Summary

    At first we picked up some kind of terms of commercial trade from our sources in various areas and periods. Then we put them in the computer. For that work we made reference to a lot of lexicons, concordances, and indexes and we collected "trade", "merchant", "stranger", and so on with a great number of cases.Secondly we picked up many cases that suggest the appearance of transformation in manners and customs caused by teh coming and going of merchants and goods. Above all, we gave our focus on the information that, brought with merchants and goods, might have influence on chage of traditional life style or old manners and customs.After these individual basic works, we had finally the work to make comparative studies on each area and period. We understood that we need consider trade activities into some kinds of categories in accordance with patterns of cases and survival conditions of sources in each area and period. For example, we had to make sure that various kinds of merchants were closely connected with those who produced goods in Ancient Mediterranean World, and that the act of merchants were bound up with that of pirats in Medieval Society of Japan. Further taking notice of the consciousness and thought of people, we could have new perspective to understand actual condition of folk belief and discrimination in each are

  • 商業交易と生活習俗の変容−比較社会史的考察−

    Project Year :

    1991
    -
    1993
     

  • Space Conceived by the Eighteenth Century Europeans

     View Summary

    While the Renaissance is the age of intricate harmony and 19th century is the age of infinite growth, the 17th and 18th centuries are the age of static systems spread out in open space. Through the investigations of 18th century Europeans' conception of space in various aspects ( natural, social and symbolic ), this interdisciplinary research project has brought into relief the episteme of that age.1-(1) In the 17th century, space is conceived as unitary and homogeneous, but in the 18th century, it becomes manifold and heterogeneous. The former is represented by Newton's space, the latter by Dideot's. (2) In the 17th century, system is conceived as a rigid structure which externally combines its elements, but in the 18th century, it is replaced by a network of internal relations found between various elements. The former if represented by Descartes' system, the latter by Montesquieu's. (3) Those transformations are decisive for the formation of the modern world view, because for the first time they make it possible to take into account the concrete variety of the world. We can no longer regard the 17th century as the decisive moment for the modernization and the 18th century only as its idle follower.2-(1) The space in the 18th century, however, is in a highly unstable equilibrium. Since the end of the century, it is involved into the spiral movement along time. (2) At that turning point, we find the "explosion of space" exemplified by Napoleon's empire or by the megalomaniac architecture of the "visionaries". It is after the extreme expansion that the space goes into the temporal movement

  • "North and South"in European History

     View Summary

    Recent trends towards further integration of the European Community drives us forcefully to remould our frame of reference based on the idea of a Europe as a system of nation states. Europe as such a system is being recast into one of an ever extending regionalism. How are we going to grapple with this new situation in the field of historical studies? We must first of all shed the old-fashioned framework of national history and ask questions not about nation states but about individuals and families on the one hand and about regions on the other. The present research project in particular attempts to re-examine history of Europe as a cluster of regions. The contrast between the North and the South was chosen as the symbolic common term of approach. Sample results of research by members of this project may be picked up. Kido described the contrast and regional difference in social terms between the South and the North in Great Britain and in England. Kawahara compared various methods of poor relief in urban districts of Italy on the one hand and the Low Countries on the other. Yasumura pointed out the intellectual influence of Erasmus of Rotterdam to sixteenth-century Spain and the watershed of the 1530s when the northern influence was brushed aside and the intellectual world of modern Spain came to be delimited by the conservative orthodoxy of the Catholic Church

  • Power-structure and identities in Medieval Europe

  • Christianity and popular religion in medieval and early modern Europe

     View Summary

    This project : Christianity and popular religion in medieval and early modern Europe has its 0riginality in comparing various areas and periods. We studied not only medieval period but also early modern period ,and not only west Europe but also east Europe, Russia, Byzanz, other areas where Christianity reached(for example,Central and South America, Japan). By this, our project could investigate the problem of popular religion as a common problem in the areas where Christianity influence

  • Comparative studies on the social order and the situation of nobles in Medieval Europe Comparative studies on the social order and the situation of nobles in Medieval Europe of nobles in Medieval Europe

     View Summary

    We could make clear the regional differences and the common character of Europeanmedieval society in the aspect of the possession of public powers by the noble classes. The results of our mutual studies were made public in the wider aspects, in the two symposiaentitled(1)"Local government and national ideologyin premodern Europe",(2)"Consensus building for shaping policy in medieval and early modern Occident". And they were published in our book "Integration and Adjustment in Medieval European Society", divided in the three parts : Jurisdiction and the system of dispute resolution ; Agreement and legislation in Diets ; Regnal systems for local government and integration of society

▼display all

Presentations

  • 「頭」のローマ、「四肢」のコンスタンティノープル−教皇の首位権の考察−

    「日本西洋史学会」第61回大会小シンポジウム(中世ヨーロッパ世界にとっての「ローマ」) 

    Presentation date: 2011.05

  • 12世紀西欧の知識人とビザンツ世界

    「ビザンツ学会」2010年度大会シンポジウム(ビザンツ文明を考える) 

    Presentation date: 2010.03

  • 十二世紀の知識人の終末観と東西教会合同の理念

    「早稲田大学ヨーロッパ中世・ルネサンス研究所」第2回研究会 

    Presentation date: 2010.01

  • 十二世紀中葉における「教皇首位権」と教会合同の理念−ハーフェルベルクのアンセルムスの『対話』をめぐって−

    「京都大学西洋史読書会」2009年度大会 

    Presentation date: 2009.11

  • 十二世紀ルネサンスの精神−「十二世紀ルネサンス」を真に再考するために−

    「西洋中世学会」第一回大会シンポジウム 

    Presentation date: 2009.06

  • コンスタンツ公会議における公会議主義と教皇の至高権

    「法制史学会」第61回総会 

    Presentation date: 2009.04

  • Intellectual Networks of Humanists at the Councils of Constance and Basel in the 15th Century

    The Sixth Japanese-Korean Symposium on Medieval History of Europe(Keio University) 

    Presentation date: 2007.08

  • 「甦るローマ」−中世後期の教皇権と即位儀礼−

    「歴史学研究会」2004年度大会(合同部会シンポジウム「ローマ概念の二千年」) 

    Presentation date: 2004.05

  • 12世紀の政治理念と「ローマの再生」

    第52回「日本西洋史学会」(小シンポジウム「ヨーロッパ中世における王権と権力の統合をめぐる諸問題」) 

    Presentation date: 2002.05

  • Kingship and poor relief:How can we explicate the historical context of the sources describing king’s poor relief in the middle ages?

    The Fourth Japanese-Korean Symposium on Medieval History of Europe(Tokyo Metropolitan University) 

    Presentation date: 1997.05

▼display all

Specific Research

  • 「長い宗教改革」とヨーロッパ的多様性の拡大-中世から近代へ-

    2017  

     View Summary

    本特定課題研究は、「宗教改革」をプロテスタントの独占物として捉えるのでなく、中世の教会改革や対抗宗教改革も含めて、中世から近代へと至るヨーロッパのキリスト教と社会の自己改革運動ととらえ、改革が異質な宗教集団 (マイノリティ)をいかに排除し、あるいはまた、いかに包摂しつつ宗教的な権威を確立したかを考察した。その上で、この問題をヨーロッパ内部の正統と異端、異教との関係として捉えるだけでなく、ヨーロッパ外部へのキリスト教の拡大と受容の問題にまで広げて考える見通しをえた。

  • ギリシア語翻訳者の活動と12世紀の知的復興

    2013  

     View Summary

    西欧の「十二世紀ルネサンス」の本質的な特徴のひとつは、ビザンツ世界からラテン語訳されたギリシア語の古典文献が西欧世界にもたらされ、西欧のスコラ学の文化形成に大きな影響を与えたことである。この問題を考察するために、特定課題の研究費で南イタリアに渡航し、ナポリ、サレルノなど12世紀の時代にギリシア語のラテン語訳文献が流入し知的な中心となっていた地域の大学や教会の遺跡を巡検し、また文書館の蔵書確認を行って、今後の「十二世紀ルネサンス」研究の深化への見通しを得ることができた。今回の渡航で、私がすでに文献資料で得ていた知識が実地調査で裏付けられ、十二世紀にギリシア語の翻訳がラテン世界に対していかなる文化的影響を与えたかという問題について、今後、論文にまとめるための多くの手がかりを得ることができた。とくに今回の研究の成果として、私が年来の考察対象の12世紀の人文主義者ソールズベリのジョンが十二世紀中葉に教皇庁に滞在したさい、南イタリアでギリシア語の文献に精通する知識人と接触し、思想的に影響を受けたという事実について考察を深めることができた。私自身、今回、ソールズベリのジョンが歩いたアプリア地方などに行き、今なお残るビザンツの聖堂を見ることで、ジョンが確かにギリシア文化の影響のなかで彼の思想を構築したことが確信できた。いずれにしてもビザンツ世界のギリシア語文献は、西欧十二世紀の時期にナポリやサレルノなどの南イタリアの知的な中心で、ラテン世界の知識人に大きな影響を与えたことが疑いないことがよく理解できた。また今回の研究では、西欧の「十二世紀ルネサンス」におけるビザンツ世界からの翻訳の文化的影響について、3人のイタリアの知識人の翻訳活動-ヴェネツィアのヤコブス、ピサのブルグンディオ、ベルガモのモーセ-の翻訳活動-についても文献の調査により考察し、彼らの行ったアリストテレスの『分析論前書・後書』、『トピカ』、『ソフィスト駁論』、『自然学』、『霊魂論』、『形而上学』などを翻訳、あるいは、ヨハネス・クリュソストモスやヨハネス・ダマスケヌスの神学の著作や、農業、医学、法学のギリシア語著作の翻訳の文化史的意義を確認することができた。

  • 西欧中世におけるテキストの伝承と思想の影響 -『ポリクラティクス』の場合-

    2009  

     View Summary

     十二世紀の知識人を代表するソールズベリのジョンの政治社会論の著作『ポリクラティクス』が中世後期にどのような影響を与えたかについて、関係する資料を研究費で購入し、また、パリでの1週間ほどの資料調査にもとづいて詳細に考察した。『ポリクラティクス』の残存するラテン語写本は、十二世紀のものが六点、十三世紀のものが十二点、十四世紀のものが二十九点、十五世紀のものが五十二点と、しだいに数を増していることからも、この著作が中世後期の政治・社会思想に与えた影響の大きさが理解できるので、ラテン語写本の制作との関連で今回考察するとともに、『ポリクラティクス』が、中世後期のイタリアの人文主義者や法学者に大きな影響を与えていることが今回の研究で明らかになった。その顕著な例は、十四世紀中葉のナポリ大学の法学者ルカス・デ・ペンナであり、彼が書いたローマ法の注釈書では、『ポリクラティクス』での法の議論や有機体的な国家論が詳細に紹介されている。また何より、ジョンの暴君論が、フィレンツェの有名な人文主義者コルッチョ・サルターティに影響を与えていることも注目に値する。サルターティーは、『ポリクラティクス』の暴君論の大きな影響を受けて、彼自身の『暴君論』(一四〇〇年)を書いており、今後、イタリアの人文主義への十二世紀の『ポリクラティクス』のようなテクストの影響関係について、さらなる研究を進める予定である。さらに『ポリクラティクス』は、ラテン語の書物として影響を与え続けたのみでなく、十四世紀後半には俗語フランス語のテキストとしても流布した。すなわちフランス王シャルル五世が、フランシスコ会士ドニ・フルシャに『ポリクラティクス』のフランス語訳を作らせ、その結果、ラテン語を理解できない王や宮廷人もその内容を理解できるようになったからである。このことは、中世後期になお『ポリクラティクス』が「君主の鑑」としての有用性をもつ書物であったことを示している。今回は、十四世紀のシャルル五世期に、なぜ、『ポリクラティクス』がフランス語訳されたのかまでは、十分な考察が及ばなかったので、この問題は、今後の課題としたい。

 

Syllabus

▼display all