鈴木 克彦 (スズキ カツヒコ)

写真a

所属

スポーツ科学学術院 スポーツ科学部

職名

教授

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

https://www.f.waseda.jp/katsu.suzu/

プロフィール

2010-2013年度東京農工大学・早稲田大学共同大学院先進健康科学専攻教授、2013-2014年度オーストラリアクイーンズランド工科大学生命医科学部非常勤教授、2015-2017年 国際運動免疫学会(ISEI)会長、2017-2018年 Antioxidants 誌特集"Exercise and Inflammation"の Guest Editor

兼担 【 表示 / 非表示

  • 附属機関・学校   グローバルエデュケーションセンター

学歴 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2002年

    弘前大学   大学院医学系研究科   衛生学講座  

  •  
    -
    1999年

    弘前大学   医学部   医学科  

  •  
    -
    1993年

    早稲田大学   人間科学研究科   生命科学専攻  

  •  
    -
    1991年

    早稲田大学   人間科学部  

学位 【 表示 / 非表示

  • 弘前大学   博士(医学)

  • 早稲田大学   修士(人間科学)

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2013年
    -
     

    早稲田大学スポーツ科学学術院教授

  • 2008年
    -
     

    早稲田大学スポーツ科学部准教授

  • 2003年
    -
     

    早稲田大学人間科学部専任講師

  • 2002年
    -
     

    弘前大学医学部助手

  • 1999年
    -
    2001年

    国立国際医療センター病院第一専門外来部医師

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 2011年
    -
    継続中

    日本臨床スポーツ医学会

  • 2008年
    -
    継続中

    日本老年医学会

  • 2008年
    -
    継続中

    日本臨床生理学会

  • 2003年
    -
    継続中

    日本補完代替医療学会

  • 2000年
    -
    継続中

    国際運動免疫学会

全件表示 >>

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 内科学一般

  • スポーツ科学

  • 栄養学、健康科学

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 運動処方と運動療法、生活習慣病、エネルギー代謝と活性酸素、運動とトレーニングの分子機構、細胞、サイトカイン

論文 【 表示 / 非表示

  • Structure-Activity Relationship of Anthocyanidins as an Inhibitory Effect on Osteoclast Differentiation

    Narumi Hirata, Tsukasa Tominari, Ryota Ichimaru, Keita Taniguchi, Chiho Matsumoto, Kenta Watanabe, Michiko Hirata, Sihui Ma, Katsuhiko Suzuki, Florian M.W. Grundler, Chisato Miyaura, Masaki Inada

    BPB Reports   2 ( 1 ) 1 - 6  2019年  [査読有り]

    DOI

  • An acute eccentric exercise increases circulating myomesin 3 fragments

    Minjung Lee, Jaehoon Shin, Tatsuya Kato, Kazue Kanda, Satoshi Oikawa, Jun Sakuma, Kaoru Sugama, Yasuo Kawakami, Katsuhiko Suzuki, Takayuki Akimoto

    The Journal of Physiological Sciences   71 ( 1 ) 1 - 6  2021年12月  [査読有り]

     概要を見る

    <title>Abstract</title>Discovery of blood biomarkers to evaluate exercise-induced muscle damage have attracted many researchers and coaches. This study aimed to determine changes in circulating myomesin 3 fragments as a novel biomarker for exercise-induced muscle damage. Nine healthy males performed 10 sets of 40 repetitions of one-leg calf-raise exercise by the load corresponding to the half of their body weight. Muscle symptoms were evaluated by a visual analog scale (VAS). Blood samples were collected before and 2, 4, 24, 48, 72, and 96 h post-exercise. Plasma myomesin 3 fragments levels were significantly increased at 96 h after the eccentric exercise. The myomesin 3 fragments levels were correlated with other biomarkers of muscle damage and the muscle symptoms. These results suggest that the circulating myomesin 3 fragments levels are potential biomarkers reflecting eccentric exercise-induced muscle damage.

    DOI

  • Icing after eccentric contraction-induced muscle damage perturbs the disappearance of necrotic muscle fibers and phenotypic dynamics of macrophages in mice

    Masato Kawashima, Noriaki Kawanishi, Takaki Tominaga, Katsuhiko Suzuki, Anna Miyazaki, Itsuki Nagata, Makoto Miyoshi, Motoi Miyakawa, Tohma Sakuraya, Takahiro Sonomura, Takamitsu Arakawa

    Journal of Applied Physiology    2021年03月  [査読有り]

     概要を見る

    Icing is still one of the most common treatments to acute skeletal muscle damage in sports medicine. However, previous studies using rodents reported the detrimental effect of icing on muscle regeneration following injury. This study aimed to elucidate the critical factors governing the impairment of muscle regeneration by icing with a murine model of eccentric contraction-induced muscle damage by electrical stimulation. Because of icing after muscle injury, the infiltration of polynuclear and mononuclear cells into necrotic muscle fibers was retarded and attenuated, leading to the persistent presence of necrotic cellular debris. These phenomena coincided with the delayed emergence and sustained accumulation of Pax7+ myogenic cells within the regenerating area. Additionally, due to icing, delayed and/or sustained infiltration of M1 macrophages was noted in accordance with the perturbed expression patterns of inflammation-related factors, including tumor necrosis factor-α (TNF-α) and interleukin-10 (IL-10). The key myogenic regulatory factors (i.e., MyoD and myogenin) involved in the activation/proliferation and differentiation of myogenic precursor cells were not altered by icing during the regenerative process. A detailed analysis of regenerating myofibers by size distribution at day 14 after muscle damage showed that the ratio of small regenerating fibers to total regenerating fibers was higher in icing-treated animals than in untreated animals. These findings suggest that icing following muscle damage blunts the efficiency of muscle regeneration by perturbing the removal of necrotic myofibers and phenotypic dynamics of macrophages rather than affecting myogenic factors.

    DOI

  • Creatine Supplementation, Physical Exercise and Oxidative Stress Markers: A Review of the Mechanisms and Effectiveness

    Hamid Arazi, Ehsan Eghbali, Katsuhiko Suzuki

    Nutrients   13 ( 3 ) 869 - 869  2021年03月  [査読有り]

     概要を見る

    Oxidative stress is the result of an imbalance between the generation of reactive oxygen species (ROS) and their elimination by antioxidant mechanisms. ROS degrade biogenic substances such as deoxyribonucleic acid, lipids, and proteins, which in turn may lead to oxidative tissue damage. One of the physiological conditions currently associated with enhanced oxidative stress is exercise. Although a period of intense training may cause oxidative damage to muscle fibers, regular exercise helps increase the cells’ ability to reduce the ROS over-accumulation. Regular moderate-intensity exercise has been shown to increase antioxidant defense. Endogenous antioxidants cannot completely prevent oxidative damage under the physiological and pathological conditions (intense exercise and exercise at altitude). These conditions may disturb the endogenous antioxidant balance and increase oxidative stress. In this case, the use of antioxidant supplements such as creatine can have positive effects on the antioxidant system. Creatine is made up of two essential amino acids, arginine and methionine, and one non-essential amino acid, glycine. The exact action mechanism of creatine as an antioxidant is not known. However, it has been shown to increase the activity of antioxidant enzymes and the capability to eliminate ROS and reactive nitrogen species (RNS). It seems that the antioxidant effects of creatine may be due to various mechanisms such as its indirect (i.e., increased or normalized cell energy status) and direct (i.e., maintaining mitochondrial integrity) mechanisms. Creatine supplement consumption may have a synergistic effect with training, but the intensity and duration of training can play an important role in the antioxidant activity. In this study, the researchers attempted to review the literature on the effects of creatine supplementation and physical exercise on oxidative stress.

    DOI

  • A Low-Carbohydrate Ketogenic Diet and Treadmill Training Enhanced Fatty Acid Oxidation Capacity but Did Not Enhance Maximal Exercise Capacity in Mice

    Sihui Ma, Jiao Yang, Takaki Tominaga, Chunhong Liu, Katsuhiko Suzuki

    Nutrients   13 ( 2 ) 611 - 611  2021年02月  [査読有り]

     概要を見る

    The low-carbohydrate ketogenic diet (LCKD) is a dietary approach characterized by the intake of high amounts of fat, a balanced amount of protein, and low carbohydrates, which is insufficient for metabolic demands. Previous studies have shown that an LCKD alone may contribute to fatty acid oxidation capacity, along with endurance. In the present study, we combined a 10-week LCKD with an 8-week forced treadmill running program to determine whether training in conjunction with LCKD enhanced fatty acid oxidation capacity, as well as whether the maximal exercise capacity would be affected by an LCKD or training in a mice model. We found that the lipid pool and fatty acid oxidation capacity were both enhanced following the 10-week LCKD. Further, key fatty acid oxidation related genes were upregulated. In contrast, the 8-week training regimen had no effect on fatty acid and ketone body oxidation. Key genes involved in carbohydrate utilization were downregulated in the LCKD groups. However, the improved fatty acid oxidation capacity did not translate into an enhanced maximal exercise capacity. In summary, while favoring the fatty acid oxidation system, an LCKD, alone or combined with training, had no beneficial effects in our intensive exercise-evaluation model. Therefore, an LCKD may be promising to improve endurance in low- to moderate-intensity exercise, and may not be an optimal choice for those partaking in high-intensity exercise.

    DOI

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 別冊「医学のあゆみ」健康寿命延伸に寄与する体力医学

    鈴木政登編( 担当: 分担執筆,  担当範囲: 自然免疫・炎症に及ぼす運動の影響―そのメカニズム)

    医歯薬出版  2020年

  • Concurrent Aerobic and Strength Training: Scientific Basics and Practical Applications

    Schumann, M, Rønnestad, B編

    Springer  2019年11月

  • 管理栄養士講座『改定 感染と生体防御』

    酒井徹, 鈴木克彦編

    建帛社  2018年09月 ISBN: 9784767906324

  • アスリートの栄養アセスメント

    早稲田大学スポーツ栄養研究所, 田口素子編( 担当: 分担執筆,  担当範囲: 「心拍と血圧」「尿検査」「内科的所見」)

    第一出版  2017年12月 ISBN: 9784804113746

  • 『ニュー運動生理学Ⅱ』 鈴木克彦「サイトカイン」(分担執筆)

    宮村実晴編集

    真興交易医書出版部  2015年01月

全件表示 >>

Misc 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

産業財産権 【 表示 / 非表示

  • 好中球機能検査システムおよび好中球機能検査方法

    4869020

    鈴木 克彦, 佐藤 裕子

    特許権

Works(作品等) 【 表示 / 非表示

  • 特別研究期間(オーストラリアでの在外研究:1年間)

    2013年09月
    -
    2014年09月

  • トライアスロン競技選手の生体負担の評価とストレス制御に関する調査、医科学サポート

    その他 

    2007年09月
    -
     

  • 東京都健康長寿医療センター研究所主催の高齢者疫学調査における健診医担当

    その他 

    2006年05月
    -
     

その他 【 表示 / 非表示

  • 上記以外にも、免疫機...

     概要を見る

    上記以外にも、免疫機能測定法の基礎条件の検討、微量栄養素・薬物などの食細胞に対する影響の評価、炎症性疾患の機序究明・病態制御などの研究に取り組んで来ました。特に2011年から好中球機能測定法の開発と応用では特許を取得しています(http://jstore.jst.go.jp/seedsDetail.html?seeds_id=13505)。

受賞 【 表示 / 非表示

  • 国際運動免疫学会若手研究者賞

    2001年07月  

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 運動により分泌されるエクソソームの機能解析と生理的役割の解明

    研究期間:

    2020年10月
    -
    2024年03月
     

     概要を見る

    申請者らが確立した生体分子の網羅的解析法を改良することで、分泌エクソソームを同定するとともに、国際共同研究によって、エクソソームによる酸化ストレスおよび脳神経系機能の制御という観点から、運動による脳機能の向上の分子メカニズムの解明を行う。具体的には、定期的な運動により変動する分泌エクソソームを探索し、運動による酸化ストレスや生体機能の変動を制御する分泌エクソソームを同定するため、最先端のエクソソーム機能解析技術を用いて、運動トレーニングにより変動する分泌クソソームの探索を行い、運動による酸化ストレスや脳神経系機能の変動を制御する分泌エクソソームを同定する

  • 骨格筋由来の生理活性因子による運動効果の機序究明とバイオマーカーの開発

    研究期間:

    2020年04月
    -
    2024年03月
     

     概要を見る

    近年、エクソソームとよばれる顆粒がさまざまな生理作用を有することが明らかにされた。本研究では、血液や骨格筋の培養液などからエクソソームを単離・回収し、細胞内代謝環境の変化や筋収縮刺激に伴うエクソソームの量的・質的変動を明らかにし、運動に伴う骨格筋由来の生理活性因子による生体調節機構に新たな知見を得る。また、運動に伴うエクソソームの変動を検証し、運動やストレスを反映する新規バイオマーカーとしての妥当性を検討する

  • 身体と口、喉の渇きの時間的、定量的な関係解明

    研究期間:

    2020年04月
    -
    2023年03月
     

     概要を見る

    本研究では、スポーツ中に刻々変化する体の渇きを直接計測することが難しい現状を踏まえて、口腔の唾液や粘膜湿潤度を代替モニタリングすることで、その変動を精度よく検出することができるか否かを明らかにすることである。そこでまず体の渇きと喉、口の渇きの3者間の時間的、定量的の関係解明に取り組み、最適な口内指標の決定を試みる。その上で、実際のスポーツシーンでの検証作業を行う予定である。本研究成果に基づき、スポーツ選手の体の渇きを非侵襲的かつ簡便にモニタリングできるツールやセンサデバイスの開発に繋げ、コンディションの維持やパフォーマンスの最適発揮、脱水・熱中症の事故防止に貢献することが期待される

  • ケト適応状態における外因性ケトン体投与に対する運動能力と代謝への影響

    研究期間:

    2020年04月
    -
    2022年03月
     

     概要を見る

    A ketogenic diet (KD) is a special high-fat diet that contains minimum carbohydrate and could induce nutritional ketosis. Over time, the body will acclimate to use ketone bodies as a primary fuel to achieve keto-adaptation. We aim to apply exogeneous ketone bodies use on keto-adapted subjects

  • 伸張性運動に伴って生ずる筋損傷に対する非侵襲的なバイオマーカーの妥当性

    研究期間:

    2019年04月
    -
    2022年03月
     

     概要を見る

    激しい運動は時に筋損傷(EIMD)を誘発する。多くの先行研究では血中クレアチンキナーゼ(CK)を利用してきた。一方、近年骨格筋を構成する蛋白質であるタイチンのN-末端断片(TNF)が、EIMDに伴い尿中に遊離し、CKと同様の濃度変化を示すことが報告され、尿をEIMDの指標として使用できる可能性が示唆された。本研究は、運動に伴うEIMD評価におけるTNFの妥当性を検討するために、Ⅰ性別、年齢、運動経験が異なる者を対象にTNFの変化、およびⅡEIMDが発症しない持久性運動後のTNFの変化を観察することで特性の異なる被験者への応用や運動様式の違いによるTNFの変動動態を明らかにしていく

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

特定課題研究 【 表示 / 非表示

  • 運動・ストレス・老化に関する新規バイオマーカーの開発と機能解析

    2019年  

     概要を見る

    本研究では、マウスの骨格筋を1Hz、2秒間隔で1時間電気刺激し、筋の反復収縮を確認しつつ、放出因子の特性について解析した。まずエクソソームをNanoSightで分析したところ、エクソソームの粒径は50-200 nm に94.9%が存在し、102 nmにピークが認められた。また、液体クロマトグラフィーを用いてNonoLC-MS/MS 分析を行ったところ、プロテオミクスでは248種類もの物質がリストされた。NCBI databaseにより機能解析を進めたところ、他臓器に影響を及ぼす可能性がある47の生理活性物質が認められたが、興味深いことにマイオカインの代表とされてきたインターロイキン6(IL-6)は検出されなかった。一方、血液の一般生化学検査では腎機能の改善が認められたため、そのメカニズムについてリストアップされた物質との関連を解析する予定である。

  • 加齢性筋機能低下における翻訳速度変化とその原因因子の同定

    2018年  

     概要を見る

    &nbsp;本研究では、網羅的な翻訳動態解析が可能なリボソームプロファイリングと網羅的転写動態解析を活用して、マウスの運動モデルにおいて運動トレーニングに対する骨格筋適応機序を網羅的見知から解明することを目的とした。マウス運動モデルに加え、加齢マウスモデルの骨格筋サンプルを用いて、転写・翻訳動態における網羅的解析を行った。さらに、骨格筋におけるシステムレベルでのネットワーク変化を捉えるために、共発現遺伝子ネットワーク解析を行ったところ、翻訳動態特異的なネットワークが存在する可能性が示唆された。このネットワークを詳細に検討したところ、これまでリボソームや翻訳とは全く関係性が認められていない遺伝子も当該ネットワークに存在していた。

  • 一過性持久性運動における翻訳動態変化の網羅的解析

    2016年   佐古博皓

     概要を見る

    Ribosome profilingは、翻訳阻害剤等で翻訳中のリボソームをmRNA上に固定し、リボソームに包含されていないmRNA領域を酵素分解し、リボソームに包含され翻訳されていた領域を抽出・精製し次世代シーケンサーで解析することで、それぞれのmRNAが実際にどの程度翻訳されていたのかを網羅的に解析できる。本研究では、マウスの持久性運動によって骨格筋の個々の遺伝子の翻訳動態がどのように変化するのかを検討したが、運動の有無よりも転写動態と翻訳動態プロファイルとの間の差が大きいことが認められた。また、運動により転写・翻訳動態が有意に変動する遺伝子を解析したところ、転写レベルでは有意差が認められず翻訳動態のみが有意に増加した遺伝子が見つかった。

  • 運動・ストレス・老化に関する新規バイオマーカーの開発と予防医学・臨床医学への応用

    2015年   矢田 光一, 佐古 博皓, 荻野目 夏望

     概要を見る

    運動により骨格筋において血管新生やミトコンドリア新生が生じるが,この現象には老化遺伝子として注目されているSirt-1が関与している.近年,食品に含まれる機能性成分としてポリフェノールが注目されているが,ある種のポリフェノールも同様にSirt-1の発現亢進を介してミトコンドリア新生を亢進すると報告されている.そこで,運動時のポリフェノール摂取が骨格筋における血管新生およびミトコンドリア新生に及ぼす影響について検討した.C57BL/6雄性マウスをポリフェノール摂取の有無および運動の有無により4群に分けた.運動開始の1時間前にポリフェノールを200 mg/kg weight経口投与した.運動群のマウスには速度18m/min,5%の傾斜から始め,疲労困憊に至るまで30分おきに3 m/min速度を上げるトレッドミル走を負荷した.運動直後に解剖を行い,腓腹筋を採取した.運動関連遺伝子としてperoxisomeproliferatoractivated receptor γ coactivator-1(PGC-1)α,シトクロムc(Cytoc),COXⅣ,クエン酸合成酵素(CS),vascularendothelial growth factor(VEGF),Sirtuin1(Sirt-1)のmRNAをリアルタイムPCRで測定した.疲労困憊に至るまでの走行時間には,ポリフェノール投与の有無による差は認められなかった.また,運動によって骨格筋におけるPGC-1α,VEGF,Sirt-1の発現が有意に上昇したが,CS,Cytoc,COXⅣの発現は亢進しなかった.一方,ポリフェノール投与はいずれの遺伝子発現にも影響を及ぼさなかった.

  • 運動による抗酸化酵素の産生と動脈硬化症の抑制

    2013年  

     概要を見る

     動脈硬化症は、血管壁へ浸潤した免疫細胞の一種であるマクロファージがコレステロールを取り込み泡沫化することで発症する。これにともなう酸化ストレスの増大は動脈硬化症を促進することから、酸化ストレスを軽減することで動脈硬化症の発症を予防することが期待できる。運動は動脈硬化症の予防に効果的であることが運動介入研究や疫学研究により報告されているが、その分子メカニズムは明らかにされていない。本研究では、運動による動脈硬化症の抑制とその分子メカニズムについて、運動トレーニングによる抗酸化酵素の増加が酸化ストレスを軽減し動脈硬化症の発症を予防すると仮説を立て検証することを目的とした。トレーニングには自由走行ケージによる自発的な運動トレーニングを用いマウスのストレスを軽減した運動のみの効果を得られるよう工夫した。解剖はトレーニング期間最終日の一過性の運動の効果を取り除くため、運動トレーニング期間終了の24時間後に行った。血液は麻酔下で心臓より採血し、頸椎脱臼後、PBSにて灌流後に大動脈と骨格筋を採取した。動脈硬化巣の評価は採取した動脈から凍結検体を作成後、薄切しオイルレッドO染色にて評価した。骨格筋の抗酸化酵素の測定はウェスタンブロット法を用いた。その結果、運動トレーニング群はコントロール群に比べ摂餌量が多いにもかかわらず体重の増加は有意に抑制された。運動トレーニング群の骨格筋はトレーニング効果の指標である遅筋化が観察された。骨格筋抗酸化酵素は、運動トレーニング群はコントロール群に比べ分泌型の抗酸化酵素である細胞外抗酸化酵素の他、ミトコンドリアや細胞質の抗酸化酵素の発現を有意に増加した。分泌型の抗酸化酵素は血液中にも分泌されるため、血管の酸化ストレスを軽減し動脈硬化を抑制することが期待できる。現在動脈硬化症の組織学的評価と酸化ストレスの検討を進めており、運動トレーニングによる動脈硬化症の抑制が証明できれば、運動トレーニングによる動脈硬化症予防は、運動による抗酸化酵素の増加が一因であることを証明できる意義のある研究に発展すると考えている。

全件表示 >>

海外研究活動 【 表示 / 非表示

  • 運動・ストレス・老化に関する新規バイオマーカーの開発

    2013年09月
    -
    2014年09月

    オーストラリア   クイーンズランド工科大学

 

現在担当している科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

 

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2019年09月
    -
    継続中

    Frontiers in Sports and Active Living  Associate Editor

  • 2019年09月
    -
    継続中

    Frontiers in Physiology (IF 3.394)  Associate Editor

  • 2014年
    -
    継続中

    早稲田大学 スポーツ医科学クリニック 運営委員など

  • 2013年09月
    -
    継続中

    国際運動免疫学会次期会長・学会誌編集委員

  • 2012年10月
    -
    継続中

    早稲田大学保健センター管理委員会委員

全件表示 >>

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • TBS 人体科学ミステリー アノ有名人のカラダを最新科学で大解剖SP

    TBS 人体科学ミステリー アノ有名人のカラダを最新科学で大解剖SP 

    2013年09月
    -
     

     概要を見る

    80歳でエベレスト登頂に成功した冒険家三浦雄一郎氏の運動負荷試験と血液検査を担当した。
    http://6mj.tv/episode_3FF28363C7EC1E35309D748AC0F9DDDA.html

  • NHKスペシャル取材班 『42.195kmの科学』 角川書店

    NHKスペシャル取材班 『42.195kmの科学』 角川書店 

    2013年02月
    -
     

     概要を見る

    マラソンによる臓器傷害とメカニズムについて取材を受けた内容が紹介された(68-71ページ)。
    http://www.kadokawa.co.jp/book/bk_detail.php?pcd=321210000042

  • 毎日新聞

    毎日新聞 

    2013年01月
    -
     

     概要を見る

    運動と免疫に関する記事作成で取材を受けた。
    http://mainichi.jp/feature/news/20130119ddm010100004000c.html

  • 日経ヘルスプルミエ(日経BP社)

    日経ヘルスプルミエ(日経BP社) 

    2012年12月
    -
     

     概要を見る

    運動と免疫、健康増進に関する記事作成で取材を受けた。
    http://www.shop-nv.jp/35.html

  • Tarzan(マガジンハウス)

    Tarzan(マガジンハウス) 

    2012年10月
    -
     

     概要を見る

    運動と免疫に関する記事作成で取材を受け、激運動による免疫機能低下について解説した。

全件表示 >>