鷲崎 弘宜 (ワシザキ ヒロノリ)

写真a

所属

理工学術院 基幹理工学部

職名

教授

ホームページ

http://www.washi.cs.waseda.ac.jp/

プロフィール

早稲田大学グローバルソフトウェアエンジニアリング研究所所長、早稲田大学理工学術院基幹理工学部情報理工学科教授、国立情報学研究所客員教授。株式会社システム情報 取締役(監査等委員)。株式会社エクスモーション 社外取締役。1976年生まれ。99年早稲田大学理工学部情報学科卒業、01年同大学院理工学研究科情報科学専攻修士前期課程修了、03年博士後期課程修了、博士(情報科学)。02年同大学助手、04年国立情報学研究所助手。05年総合研究大学院大学助手。07年同研究所助教、および、同大学助教。08年早稲田大学理工学術院准教授、および、国立情報学研究所客員准教授。15年Ecole Polytechnique de Montreal客員滞在。16年早稲田大学教授、国立情報学研究所客員教授。再利用と品質保証を中心としたソフトウェア工学の研究と教育に従事。他の活動にACM-ICPC 2014 Asia Regional Tokyo Contest Director、IEEE CS Japan Chapter Chair、SEMAT Japan Chapter Chair、SamurAI Coding 2014-15/2015-16 Director、ISO/IEC/JTC1/SC7/WG20 Convenor、日科技連SQiP研究会運営小委員会副委員長、同研究会演習コース主査、IJSEKE、IEICE Transactions、コンピュータソフトウェア誌、品質誌 各論文誌編集委員、大学入試センター試験作問委員など。04年ソフトウェア科学会高橋奨励賞、06年情報処理学会SES2006優秀論文賞、08年情報処理学会山下記念研究賞、08年船井情報科学奨励賞、08年日経品質管理文献賞(対象文献執筆分担者)、09年テスト技術者振興協会善吾賞、FIT2009船井ベストペーパー賞、14年IWESEP 2014 Best Poster Award、16年 APSCIT Computer Research Contribution Award、17年 日本工学教育協会 工学教育賞、17年 日本国際賞 後席にて天皇皇后両陛下へ研究紹介。Int. J. of Agile and Extreme Software Development (IJAESD) Editor-in-Chief。情報処理学会シニア会員。 ICST 2017 Co-Program Chair, SEKE2010-2017 Asia Liaison, PPAP 2016-2017 Organizer, CSEE&T 2017 PC Co-Chair, DEPEND 2016-2017 Steering Committee Member, FASSI 2016-2017 Steering Committee Member, VALID 2016-2017 Steering Committee Member, APSEC 2018 PC Co-Chair, COMPSAC 2018 Local Chair, IEEE Computer Society Membership at Large for the Professional and Educational Activities Board (PEAB), IEEE Computer Society SWEBOK Steering Group Member.

兼担 【 表示 / 非表示

  • 理工学術院   大学院基幹理工学研究科

学内研究所等 【 表示 / 非表示

  • 2020年
    -
    2022年

    理工学術院総合研究所   兼任研究員

学歴 【 表示 / 非表示

  • 2001年04月
    -
    2003年03月

    早稲田大学大学院   理工学研究科   情報科学専攻博士後期課程  

  • 1999年04月
    -
    2001年03月

    早稲田大学大学院   理工学研究科   情報科学専攻修士前期課程  

  • 1995年04月
    -
    1999年03月

    早稲田大学   理工学部   情報学科  

学位 【 表示 / 非表示

  • 早稲田大学   博士(情報科学)

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2016年04月
    -
     

    国立情報学研究所   客員教授

  • 2016年04月
    -
     

    早稲田大学   理工学部   教授

  • 2008年04月
    -
    2016年03月

    国立情報学研究所   客員准教授

  • 2008年04月
    -
    2016年03月

    早稲田大学   理工学部   准教授

  • 2015年10月
    -
    2015年12月

    Ecole Polytechnique de Montreal   visiting

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     

    ISO/IEC/JTC1/SC7/WG20

  •  
     
     

    SEMAT Japan Chapter

  •  
     
     

    IEEE Computer Society Japan Chapter

  •  
     
     

    IEEE

  •  
     
     

    IEEE Computer Society

全件表示 >>

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 知能情報学

  • 情報セキュリティ

  • 計算機システム

  • ソフトウェア

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • ビジネスと社会のためのソフトウェアエンジニアリング

  • 情報・プログラミング教育

  • システムズエンジニアリング

  • ソフトウェアエンジニアリング

  • 計算機科学

論文 【 表示 / 非表示

  • The design of secure IoT applications using patterns: State of the art and directions for research

    Eduardo B. Fernandez, Hironori Washizaki, Nobukazu Yoshioka, Takao Okubo

    Internet of Things   15   1 - 25  2021年09月  [査読有り]

    DOI

  • Systematical Alignment of Business Requirements and System Functions by Linking GQM+Strategies and SysML

    Natsuki Mimura, Shuji Okuda, Hironori Washizaki, Katsutoshi Shintani, Yoshiaki Fukazawa

    International Journal of Service and Knowledge Management   5 ( 1 ) 15 - 35  2021年02月  [査読有り]

     概要を見る

    Many businesses strive to align their business goals, strategies, and systems. Because the relationships between goals, strategies, and systems are often vague, the level of success derived from their interrelationships may be ambiguous. In addition, adjusting the system to accommodate changing goals and strategies is becoming more difficult due to increasing agile developments. By linking GQM+Strategies and SysML, we propose a framework to systematically align business requirements and system functions.

  • Systematic Literature Review of Security Pattern Research

    Hironori Washizaki, Tian Xia, Natsumi Kamata, Yoshiaki Fukazawa, Hideyuki Kanuka, Takehisa Kato, Masayuki Yoshino, Takao Okubo, Shinpei Ogata, Haruhiko Kaiya, Atsuo Hazeyama, Takafumi Tanaka, Nobukazu Yoshioka, G. Priyalakshmi

    Information   12 ( 1 ) 1 - 27  2021年01月  [査読有り]

     概要を見る

    Security patterns encompass security-related issues in secure software system development and operations that often appear in certain contexts. Since the late 1990s, about 500 security patterns have been proposed. Although the technical components are well investigated, the direction, overall picture, and barriers to implementation are not. Here, a systematic literature review of 240 papers is used to devise a taxonomy for security pattern research. Our taxonomy and the survey results should improve communications among practitioners and researchers, standardize the terminology, and increase the effectiveness of security patterns.

    DOI

  • Data-Driven Persona Retrospective Based on Persona Significance Index in B-to-B Software Development

    Yasuhiro Watanabe, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, Kiyoshi Honda, Masahiro Taga, Akira Matsuzaki, Takayoshi Suzuki

    International Journal of Software Engineering and Knowledge Engineering   31 ( 01 ) 117 - 146  2021年01月  [査読有り]

     概要を見る

    Business-to-Business (B-to-B) software development companies develop services to satisfy their customers’ requirements. Developers should prioritize customer satisfaction because customers greatly influence agile software development. However, satisfying current customer’s requirements may not fulfill actual users or future customers’ requirements because customers’ requirements are not always derived from actual users. To reconcile these differences, developers should identify conflicts in their strategic plan. This plan should consider current commitments to end users and their intentions as well as employ a data-driven approach to adapt to rapid market changes. A persona models an end user representation in human-centered design. Although previous works have applied personas to software development and proposed data-driven software engineering frameworks with gap analysis between the effectiveness of commitments and expectations, the significance of developers’ commitment and quantitative decision-making are not considered. Developers often do not achieve their business goal due to conflicts. Hence, the target of commitments should be validated. To address these issues, we propose Data-Driven Persona Retrospective (DDR) to help developers plan future releases. DDR, which includes the Persona Significance Index (PerSI) to reflect developers’ commitments to end users’ personas, helps developers identify a gap between developers’ commitments to personas and expectations. In addition, DDR identifies release situations with conflicts based on PerSI. Specifically, we define four release cases, which include different situations and issues, and provide a method to determine the release case based on PerSI. Then we validate the release cases and their determinations through a case study involving a Japanese cloud application and discuss the effectiveness of DDR.

    DOI

  • What are the features of good discussions for shortening bug fixing time?

    Yuki Noyori, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, Hideyuki Kanuka, Keishi Ooshima, Shuhei Nojiri, Ryosuke Tsuchiya

    IEICE Transactions on Information and Systems, Vol. E104-D, No. 1, pp.1-12, 2021.    2021年  [査読有り]

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 人事実務 №1219(2021年4月号)

    鷲崎 弘宜

    産労総合研究所  2021年04月

     概要を見る

    スマートエスイー DX 時代のAI・IoT およびビジネス応用のイノベーティブ人材リカレント教育

  • QA to AQ 第8回

    鷲崎 弘宜, 長谷川 裕一, 濱井 和夫, 小林 浩, 長田 武徳, 田村 英雅, 陳 凌峰

    CodeZine  2021年03月

     概要を見る

    品質の可視化のためのパターン:「システム品質アンドン」「品質ロードマップ」「品質バックログ」

  • Veriserve Navigation vol.22(2021年3月号)

    鷲崎 弘宜

    株式会社ベリサーブ  2021年03月

     概要を見る

    パターンQA to AQによるAgile Quality(アジャイル品質)への変革と事例

  • 早稲田電気工学会EWE会報 62号

    鷲崎 弘宜( 担当範囲: 62号)

    早稲田電気工学会  2021年03月

     概要を見る

    コロナをチャンスとするAI・IoT・DXリカレント教育:スマートエスイー

  • QA to AQ 第7回

    鷲崎 弘宜, 長谷川 裕一, 濱井 和夫, 小林 浩, 長田 武徳, 田村 英雅, 陳 凌峰

    CodeZine  2021年02月

     概要を見る

    品質の特定と品質の可視化のためのパターン:「着陸ゾーンの再調整」「着陸ゾーンの合意」「システム品質ダッシュボード」

全件表示 >>

Misc 【 表示 / 非表示

  • ソフトウェア開発PBLにおけるチャットと成果物の関連付けによるコミュニケーション支援環境の開発とその初期評価

    工藤くりこ, 櫨山淳雄, 鷲崎弘宜

    電子情報通信学会技術研究報告知能ソフトウェア工学   118 ( 463 ) 57 - 62  2019年03月

  • ICSE 2018 参加報告

    吉岡 信和, 鵜林 尚靖, 石川 冬樹, 鄭 顕志, 鷲崎 弘宜

    コンピュータソフトウェア    2019年02月  [査読有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • セキュリティパターン研究の分類体系と文献調査

    鷲崎弘宜, XIA Tian, 鎌田夏実, 大久保隆夫, 小形真平, 海谷治彦, 加藤岳久, 鹿糠秀行, 田中昂文, 櫨山淳雄, 山本暖, 吉岡信和, 吉野雅之

    情報処理学会研究報告(Web)   2018 ( SE-198 ) Vol.2018‐SE‐198,No.25,1‐7 (WEB ONLY)  2018年03月

    J-GLOBAL

  • ソフトウェアプロダクトライン国際会議(SPLC2013)参加報告

    岸 知二, 石田 裕三, 坂田 祐司, 中西 恒夫, 野田 夏子, 野中 誠, 林 好一, 久住 憲嗣, 山内 和幸, 吉村 健太郎, 鷲崎 弘宜

    情報処理学会研究報告. ソフトウェア工学研究会報告   2013 ( 32 ) 1 - 3  2013年10月

    CiNii

  • 第15回プログラムのパターンランゲージ会議(PLoP2008)参加報告(実装,検証,報告)

    久保 淳人, 鷲崎 弘宜, 吉岡 信和, 井庭 崇, 大久保 隆夫

    情報処理学会研究報告. ソフトウェア工学研究会報告   2009 ( 31 ) 311 - 316  2009年03月

     概要を見る

    2008年10月にアメリカ・ナッシュビルにて開催された第15回プログラムのパターンランゲージ会議(PLoP2008)に参加したので,取り上げられた主な内容を報告する.本会議では27件のパターン論文と1件の研究論文が採録され,4トラックに分かれて議論された.

    CiNii

全件表示 >>

Works(作品等) 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

その他 【 表示 / 非表示

  • 早稲田大学基幹理工学...

    2014年12月
     
     

     概要を見る

    早稲田大学基幹理工学部准教授 鷲崎弘宜さんインタビュー
    http://engineer-shukatu.jp/archives/27511

  • 現状の「その先」に人...

    2014年
     
     

     概要を見る

    現状の「その先」に人間優先の高信頼情報システムを(読売オンライン)
    https://web.archive.org/web/20141026064202/http://www.fse.sci.waseda.ac.jp/dept/cs

  • Software r...

    2012年
     
     

     概要を見る

    Software reuse and quality assurance for reliable software engineering
    http://www.sci.waseda.ac.jp/sp/eng/research_profiles/fundamental/f2/2013/04/2479/

  • ソフトウェア設計の本...

    2012年
     
     

     概要を見る

    ソフトウェア設計の本質を学ぶ 〜アーキテクチャコース〜 アーキテクチャコースリーダー:鷲崎 弘宜 先生
    http://www.topse.jp/curriculum/list/interview/course_arch

  • OO エンジニアの輪...

    2004年05月
     
     

     概要を見る

    OO エンジニアの輪 ~ a第 26 回 鷲崎 弘宜さんの巻 ~
    http://www.ogis-ri.co.jp/otc/hiroba/others/OORing/interview26.html

受賞 【 表示 / 非表示

  • 科学技術分野の文部科学大臣表彰 科学技術賞(理解増進部門)

    2021年04月   文部科学省   先端スマートシステム技術の普及啓発  

    受賞者: 鷲崎 弘宜, 本位田 真一, 鄭 顕志, 内平 直志, 深澤 良彰

  • 功績賞

    2020年   情報処理学会ソフトウェア工学研究会   ソフトウェアパターンに関する研究コミュニティへの貢献  

    受賞者: 鷲崎 弘宜

  • Best Paper Award

    2019年12月   The 10th International Workshop on Empirical Software Engineering in Practice (IWESEP 2019)   Categorizing and visualizing issue tickets to better understand the features implemented in existing software systems  

    受賞者: Ryo Ishizuka, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, Shinobu Saito, Saori Ouji

  • IMS Japan 賞 特別賞

    2019年11月   一般社団法人 日本IMS協会   enPiT-Pro スマートエスイー オンライン教材  

    受賞者: スマートエスイー, 稲

  • 日本 e-Learning 大賞 2019 IT人財育成部門賞

    2019年11月   一般社団法人e-Learning Initiative Japan   enPiT-Pro スマートエスイー オンライン教材  

    受賞者: スマートエスイー, 稲

全件表示 >>

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • スマートシステム&サービス技術の産学連携イノベーティブ人材育成: スマートエスイー

    研究期間:

    2017年10月
    -
    2022年03月
     

     概要を見る

    IoT・クラウド、ビッグデータ、人工知能の各技術を活用しスマートシステム&サービスを開発運用し、領域を超えた価値創造をグローバルにリード可能な人材を育成するため、大学が得意な理論と企業の実践・豊富なケーススタディを用いた実践的教育を、参照モデルにより整理しビジネスからセンサまで全領域の体系的学びを実現する。また、共通例題の利用、システム&デザイン思考科目、プロジェクトベース学習、実問題を持ち込みマンツーマン指導で制作・研究する修了制作を通じ、特定領域を深めつつ技術群を組み合わせて価値を創造する実践力を養成する。さらに留学生と混ぜた実習や海外PBLを通じ多様性の理解と国際性を促進する。科目あたり12時間に抑え多数の科目群を柔軟に組み合わせ可能とし、座学部分をオンライン提供し学習の便を図る。これらを14大学・研究所と16企業・業界団体による大規模全国ネットワークにより実施し実践的教育を全国展開する。

  • ヘテロな開発運用時代の保守進化を支える全方向ソフトウェア追跡

    研究期間:

    2016年04月
    -
    2021年03月
     

     概要を見る

    多くのソフトウェアがモデリング・プログラミング言語を含む多様な環境を併用して開発され多様な実行環境で運用保守される今日のヘテロな開発運用時代において、その多様性を扱えるソフトウェアの要求や要素の追跡、変更・再利用支援技術の欠如が、迅速かつ高信頼なソフトウェア保守進化の妨げとなっている。本研究では、代表者および分担者らの研究成果を応用および発展させて、(1)言語を含む環境や成果物に対しロバストな網羅的追跡技術、(2)異なる追跡結果をまとめることによる高信頼追跡技術、(3)追跡結果に基づいて保守進化を促すための変更・再利用支援技術を確立する。結果として、ヘテロな開発運用時代において工程を超えた適切な抽象度における変更必要箇所の特定、変更、再利用を迅速かつ高精度に実現し、保守進化の基盤を与える。2019年度は、これまでの研究成果を踏まえて、関連研究のサーベイを継続しながら、高信頼なソフトウェア追跡に向けた設計に代表される多様な抽象度における典型的なパターンの特定およびセキュリティに代表される品質要求の実現および影響について要素技術および関連技術の調査研究を進めて、それらの基礎をなす要素技術も含めて、ヘテロな運用開発時代の典型例題や実課題への適用を通じて有用性を検証し、ジャーナル論文等としてまとめた。典型的なパターンとしては、特にアーキテクチャ設計および詳細設計における機械学習応用やIoT応用を軸とした形を特定し、追跡上の重要な特徴としてまとめた。また品質要求の追跡について特にセキュリティに着目し、脅威・脆弱性の情報から設計に至る一連の追跡に向けた要素技術および全体構成を実現した。ヘテロな開発運用時代におけるソフトウェアの要求や要素の追跡、変更・再利用を支援する技術の確立に向けて、周辺領域の調査も含めて順調に進めている。ヘテロな開発運用時代におけるソフトウェアの要求や要素の追跡、変更・再利用を支援する技術の確立およびまとめあげに向けて、実課題への適用を通じた有用性の検証を含めて進める予定である

  • ヘテロな開発運用時代の保守進化を支える全方向ソフトウェア追跡

    基盤研究(B)

    研究期間:

    2016年04月
    -
    2021年03月
     

     概要を見る

    多くのソフトウェアがモデリング・プログラミング言語を含む多様な環境を併用して開発され多様な実行環境で運用保守される今日のヘテロな開発運用時代において、その多様性を扱えるソフトウェアの要求や要素の追跡、変更・再利用支援技術の欠如が、迅速かつ高信頼なソフトウェア保守進化の妨げとなっている。本研究では、代表者および分担者らの研究成果を応用および発展させて、(1)言語を含む環境や成果物に対しロバストな網羅的追跡技術、(2)異なる追跡結果をまとめることによる高信頼追跡技術、(3)追跡結果に基づいて保守進化を促すための変更・再利用支援技術を確立する。結果として、ヘテロな開発運用時代において工程を超えた適切な抽象度における変更必要箇所の特定、変更、再利用を迅速かつ高精度に実現し、保守進化の基盤を与える。

  • セキュリティとプライバシーの知識を成果物に関連付ける根拠モデルに基づく学習環境

    研究期間:

    2017年04月
    -
    2020年03月
     

     概要を見る

    (1)プライバシーを考慮したソフトウェア開発のための知識体系を構築するために、メタモデルの開発を行った。そして、当該分野の既知の知識を、メタモデルをもとに整理した知識ベースの開発を行った。この時、既存の知識では、プライバシーの特性と原則間の知識を明示的に関連付けたものは存在せず、本研究でその間の関連づけを行うことに成功した。これによりプライバシー保護に対する脅威、それに対する抽象的な解決策、その抽象的な解決策から具体的な解決策に関する知識を一貫して辿ることができるようになった。この知識ベースの有効性を例題を通して明らかにした。その成果を国内の研究会で発表し、さらに査読付きの国際会議に投稿中である。(2)セキュリティ要求分析から設計をシームレスに支援するシステムについて、査読付国際ワークショップに投稿し、採録され、発表することができた。(3)本研究では、セキュリティやプライバシーを考慮したソフトウェア開発において、対象学習者は当該分野の知識を十分有していないため、知識ベースを提供することが重要で、その知識には相互に意味的関連があり、その関連を辿ることで効果的に学習が可能になるとともに、その知識を成果物に取り込むことが設計根拠になるという基本コンセプトを提案している。このアプローチの新規性を設計根拠の分野の文献調査により明らかにした。その成果を国際会議のポスターにおいて発表した。(4)機械学習を用いて、セキュリティに関する既存の異なるデータベース間の関連付けを行うことに成功した。その成果を国内の研究会で発表した。(5)最終年度にあたり、これまでの成果をまとめた最終報告書を作成した

  • ネットワークソフトウェア対象のセキュリティ・プライバシ・トラストのエコシステム

    研究期間:

    2017年04月
    -
    2020年03月
     

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • Landscape of Architecture and Design Patterns in IoT systems and ML systems

    鷲崎弘宜

    スマートエスイーセミナー: 機械学習とIoTのためのソフトウェア工学(テスト、パターンほか)  

  • Scratchでまなぶプログラミング的思考

    鷲崎弘宜

    『Scratchでたのしく学ぶプログラミング的思考』出版記念セミナー  

  • Preliminary Literature Review of Machine Learning System Development Practices

    Yasuhiro Watanabe, Hironori Washizaki, Kazunori Sakamoto, Daisuke Saito, Kiyoshi Honda, Naohiko Tsuda, Yoshiaki Fukazawa, Nobukazu Yoshioka

    45th IEEE Computer Society Signature Conference on Computers, Software and Applications (COMPSAC 2021)  

    発表年月: 2021年07月

    開催年月:
    2021年07月
     
     
  • Automated educational program mapping on learning standards in computer science

    Koki Miura, Daisuke Saito, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa

    45th IEEE Computer Society Signature Conference on Computers, Software and Applications (COMPSAC 2021)  

    発表年月: 2021年07月

    開催年月:
    2021年07月
     
     
  • Extracting features related to bug fixing time of bug reports by deep learning and gradient-based visualization

    Yuki Noyori, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, Keishi Ooshima, Hideyuki Kanuka, Shuhei Nojiri, Ryosuke Tsuchiya

    2021 IEEE International Conference on Artificial Intelligence and Computer Applications (ICAICA 2021)   (Dalian) 

    発表年月: 2021年06月

    開催年月:
    2021年06月
     
     

全件表示 >>

特定課題研究 【 表示 / 非表示

  • 若年層に対するAI・IoTを活用した高度プログラミング教育環境

    2020年  

     概要を見る

    超スマート社会の次を担う小学生を主とした若年層に対して、AIおよびIoTを活用する高度プログラミング学習が必要である。それを地域主体により持続的に進めるにあたり若年層に対する現状のプログラミング教育と超スマート社会実現技術とのギャップや、地域におけるプログラミング教育指導者の不足と持続性の欠如、ならびに、若年層から以降の段階における学びとの断絶といった課題がある。それらの解決に向けた取り組みとして本研究では、AI&IoTのためのプログラミング教育の枠組みの基礎を設計するとともに、全年代ルーブリック設計とカリキュラム接続に向けたプログラミング教育における一定の汎用性を備えたルーブリックの設計を実現した。

  • IoTシステムにおける追跡を通じた見える安全・安心の実現

    2019年  

     概要を見る

    IoTシステムの部分および全体としてモノ、情報、環境、人などの要素が適応的に協調することで安全を見える化し、全体として活動を止めず、さらに障害発生時において安全側へと誘導するSafety 2.0の実現が求められる。ここで「安全」とは狭義の利用者のセーフティに加えて、IoTシステムの利害関係者において不可欠なセキュリティやプライバシ、さらにはそれらを支えるトランスペアレンシ(透過性)や信頼性を含む広義の安全性を意味する。セキュリティやプライバシを含む広義の安全性確保と、その条件や制限の明示が必要である。しかしIoTシステムの利害関係者の境界はしばしば不明瞭となり、デバイスやサービスから安全性要求や目標まで辿ることは困難である。安全性の実現過程で関係する情報の流れも通常不可視であり、安全の持続的保証を困難とし安心を損なう。そこで本研究課題においては、応募者がクローズドなシステム向けに開発済みのトレーサビリティ(追跡関係)ツールを、メタモデルに対応するように拡張発展させ、ヘテロかつオープンなSystem of SystemsとしてのIoTシステムの開発運用において目標や要求、機能、安全性のあらゆる関心事を追跡およびその追跡関係(トレーサビリティ)を維持管理する仕組みの実現に向けた基礎調査を実施し、要件や特性を明らかとした。具体的には、応募者が世界で初めて実現した異なる成果物間のリンクを用いる推移的追跡、および設計や実装における呼び出し関係の解析の組み合わせにより、安全性を含む様々な関心事をオープンなIoTシステムの開発運用において追跡可能とする。

  • IoTシステム開発運用における共存・協調する安全の実現

    2018年  

     概要を見る

     IoTシステムの構成要素や環境、人が適応的に協調して安全を見える化し、全体として活動を止めないSafety2.0の実現が求められる。しかし従来の研究は企画段階もしくは実装・運用段階に分かれ、整合性のある形で結び付けて追跡する仕組みを欠く。具体的には、多様なデバイスやクラウドが事業領域や利害関係者を超えて繋がり複雑なIoTシステムにおいて 共存・協調する安全の難しさがありSafety2.0の開発運用の基盤が得られていない。そこで本研究では基盤を得ることに向けて必要な要素技術として、メタモデルやモデリング、デバイスを含む様々なシステム要素に対する要求や関心からのトレーサビリティに関する基礎調査を実施し、要件や特性を明らかとした。

  • クラウド環境におけるスマート・ソフトウェア・エコシステム

    2017年   小形 真平

     概要を見る

     ソフトウェアのシステム構成や環境、機能、要求が極めて多様かつダイナミックに変化するクラウドおよび分散処理(フォグ)コンピューティングの時代では、従来型の計画的な準備されたソフトウェア再利用、品質管理ではその開発運用の効率化・高信頼化を実現できない。 そこで本研究では、クラウド・フォグコンピューティング時代において、ソフトウェアシステムの企画から開発、運用に到るライフサイクル中のあらゆる情報・成果物を解析および必要な構成の自動推薦をえて、100%に近いレベルで再利用して新たなソフトウェアシステムを生み出し、またその結果を他のソフトウェアシステムの企画・開発・運用へと役立てる循環・進化・共存型の「スマート・ソフトウェア・エコシステム(生態系)」の技術的基盤の確立に向けた全体像の設計、ならびに、要素技術を調査研究することを目標とした。 具体的には、実現するスマート・ソフトウェア・エコシステムの全体を、次の具体的な特定領域に焦点を当てた2つのエコシステム群、ならびに、それらの高信頼化や組織化を支援する2つの支援技術基盤より構成するように設計した: A. 価値を含むプロダクトの分解・再利用を扱うプロダクトエコシステム、B. プロセスの分解・再利用を扱うプロセスエコシステム、C. プロダクト・プロセスの種別を超えて組織化を支援するエコシステム追跡・組織化、D. 各エコシステムおよび全体の品質を評価および改善するエコシステム高信頼化。 そのうえで、プロダクトエコシステムについて、クラウドサービスソフトウェアの要求からプログラム、テストに到るまで、ライフサイクルのあらゆる時点におけるあらゆる抽象度の成果物の循環的な分解・再利用・再構成を達成するために、共通メタモデルを実現した。同メタモデルに基づいて再利用可能なコンポーネント、典型的パターン、ソフトウェアのあちこちに散らばる事柄をモジュール化するアスペクトへと分解し、抽象化により抽象度の高い部品もあわせて用意して、再利用を意図せずに開発された多様な資産をエコシステムへ組み入れるプロセスの基本構成を合わせて実現した。

  • クラウドサービスのためのメタモデルに基づくセキュリティおよびプライバシ保証ケース

    2016年  

     概要を見る

    クラウドサービスのシステムおよびソフトウェアのセキュリティとプライバシの両方を扱う知識および保証ケースを一貫して扱う実用のメタモデルを、2015年度において情報科学国際交流財団の支援により構築しつつあるメタモデルを拡張する形で定義した。そのうえで、クラウドサービスのセキュリティおよびプライバシのポリシー・要求に対して、それがサービス上で確かに保証されていることを、開発運用上で用いたパターン等の知識を参照し紐づけることで明示する手法を実現した。

全件表示 >>

海外研究活動 【 表示 / 非表示

  • 多様なソフトウェアの解析および追跡と品質向上への応用

    2015年10月
    -
    2015年12月

    カナダ   École Polytechnique de Montréal

 

現在担当している科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

 

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2010年01月
    -
    2017年12月

    International Conference on Software Engineering & Knowledge Engineering (SEKE)  Asia Liaison

  • 2010年01月
    -
    2017年12月

    International Conference on Software Engineering & Knowledge Engineering (SEKE)  Asia Liaison

  • 2016年10月
    -
    2017年11月

    30th IEEE Interionational Conference on SOFTWARE ENGINEERING EDUCATION AND TRAINING  PC Co-Chair

  • 2016年10月
    -
    2017年11月

    30th IEEE Interionational Conference on SOFTWARE ENGINEERING EDUCATION AND TRAINING  PC Co-Chair

  • 2015年01月
    -
    2017年04月

    International Workshop on Patterns Promotion and Anti-patterns Prevention (PPAP)  Organizer

全件表示 >>