扇原 淳 (オオギハラ アツシ)

写真a

所属

人間科学学術院 人間科学部

職名

教授

ホームページ

http://www.ogiharalab.com/

学歴 【 表示 / 非表示

  •  
     
     

    順天堂大学大学院   医学研究科   社会医学系衛生学専攻  

  •  
     
     

    筑波大学大学院   体育研究科   健康教育学専攻  

  •  
     
     

    東京理科大学   理工学部   応用生物科学科  

学位 【 表示 / 非表示

  • 順天堂大学   博士(医学)

経歴 【 表示 / 非表示

  •  
     
     

    早稲田大学人間科学学術院   Faculty of Human Sciences   教授

  •  
     
     

    早稲田大学人間科学学術院   Faculty of Human Sciences   准教授

  •  
     
     

    早稲田大学人間科学学術院   Faculty of Human Sciences   専任講師

  •  
     
     

    山口東京理科大学基礎工学部   Faculty of Science and Engineering   専任講師

  •  
     
     

    早稲田大学人間科学部   School of Human Sciences   助手

所属学協会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     

    日本家庭教育学会

  •  
     
     

    日本地域福祉学会

  •  
     
     

    日本公衆衛生学会

  •  
     
     

    Central Eurasia Studies society

  •  
     
     

    日本社会医学会

全件表示 >>

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 社会福祉学

  • 衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含まない

  • 衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含む

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 公衆衛生学

論文 【 表示 / 非表示

  • Analysis of health changes and the association of health indicators in the elderly using TCM pulse diagnosis assisted with ICT devices: A time series study

    Siyu Zhou, Atsushi Ogihara, Shoji Nishimura, Qun Jin

    European Journal of Integrative Medicine   27   105 - 113  2019年04月

     概要を見る

    © 2019 Elsevier GmbH Introduction: The utilization of information and communications technology (ICT) devices is a new way to record and analyze health data of the elderly. This time-series study aimed to analyze health changes, and the correlation between pulse manifestation and health indicators, in the elderly. Methods: We conducted continuous 93-day monitoring of health data and pulse records in 8 elderly participants. A time series method was used to analyze health changes in participants. The correlation between pulse manifestation and health indicators was analyzed using a structural equation model. Results: During the use of ICT devices, the number of steps taken by the elderly showed a significant increase (p < 0.05). According to the time series prediction formula, the number of steps predicted on day 94 was 8869.8. In practice, steps on day 94 were 8267.3; the difference between these values was within 10%. Personal health information, health habits, and physiological indicators had a direct impact on pulse manifestation; influence coefficients were 0.14, 0.18, and 0.05 respectively. Conclusion: Through the use of ICT devices, we can understand the health status of the elderly and make behavior predictions. Pulse manifestation data can indicate the health status of the elderly. Thus, ICT devices can be used as health management tools and assist doctors in making simple diagnoses.

    DOI

  • Correction to: Perceptions of traditional Chinese medicine for chronic disease care and prevention: A cross-sectional study of Chinese hospital-based health care professionals (BMC Complement AlternMed (2018) 18 (209) DOI: 10.1186/s12906-018-2273-y)

    Xiaoqing Fan, Fanli Meng, Dahui Wang, Qing Guo, Zhuoyu Ji, Lei Yang, Atsushi Ogihara

    BMC Complementary and Alternative Medicine   19 ( 1 )  2019年01月

     概要を見る

    © 2019 The Author(s). Following publication of the original article [1], the author reported that the funding information was missing from the original article. The funding information is as follows: This study was supported by the National Natural Science Foundation of China (No.71603068). The project is online and offline health management service path of middle-aged and young people's hypertension in community:a research based on process reengineering.

    DOI PubMed

  • Analysis of Pulse Diagnosis Data from a TCM Doctor and a Device by Random Forest

    Kiichi Tago, Atsushi Ogihara, Shoji Nishimura, Qun Jin

    Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics)   11717 LNAI   74 - 80  2019年

     概要を見る

    © 2019, Springer Nature Switzerland AG. Pulse diagnosis is a typical diagnosis of Traditional Chinese Medicine (TCM). However, it is not clear if there is any relationship between the result of pulse diagnosis and other health related data. In this study, we investigate this and analyze pulse diagnosis data from a TCM doctor and a pulse diagnostic instrument (PDI) by Random Forest. Subjects’ vital signs and pulse diagnosis data from a TCM doctor are used as training data. We classify vital signs which have the PDI’s diagnoses labels. As a result, classification accuracies were over 60% in all cases. Our experiment results imply that better pulse diagnosis may be made with assistance of personal health data analysis.

    DOI

  • Correlation Analysis of Health and Traditional Chinese Medicine (TCM) Pulse Diagnosis for the Elderly Using Wearable Devices

    Siyu Zhou, Atsushi Ogihara, Shoji Nishimura, Qun Jin

    Proceedings - 9th International Conference on Information Technology in Medicine and Education, ITME 2018     745 - 749  2018年12月

     概要を見る

    © 2018 IEEE. This study used wearable devices and traditional Chinese medicine (TCM) diagnosis, which verifies the promotion of wearable devices on the health habits of the elderly, and the correlation between pulse diagnosis and health. We used wearable devices and TCM diagnosis (including TCM doctor diagnosis and Pulse diagnosis instrument) to record health information for the elderly. One-way repeated measures analysis of variance (ANOVA) was used to determine health changes. Correlation analysis was used to determine the relationship between pulse and health indicators. There was significant change in the number of steps for the elderly before and after using the wearable device. Systolic blood pressure (SBP) was negatively correlated with pulse wave time. Diastolic blood pressure (DBP) was negatively correlated with pulse duration. Pulse diagnosis can be used as an indicator to report the health of the elderly. And used wearable devices can quantify health indicators and improve the health awareness.

    DOI

  • 高齢者における居住・食事形態とQOLとの関連

    上田 菜央, 信太 直己, 岩垣 穂大, 扇原 淳

    日本食生活学会誌   29 ( 2 ) 99 - 104  2018年09月  [査読有り]

     概要を見る

    高齢者の居住・食事形態とQOLの関連を明らかにすることを目的に、所沢市在住の65歳以上の高齢者1556名(男性712名、女性838名、不明6名)へWHO-QOL26を用いた質問紙調査を行った。その結果、孤食群(310名)は共食群(1060名)よりも、WHO-QOL26の「身体的領域」「環境領域」および全体QOLの得点が有意に低かった。また、居住形態が同居で、かつ食事形態が孤食の群(72名)では、QOLがとくに低いことが分かった。

全件表示 >>

Misc 【 表示 / 非表示

  • 生活支援コーディネーターと地域住民の協働による所沢市の「金山食堂だれでもランチ」の取り組み

    岩垣 穂大, 長瀬 健吾, 扇原 淳

    地域福祉実践研究   ( 11 ) 66 - 71  2020年06月

     概要を見る

    本稿では、筆者が生活支援コーディネーターとして関わった所沢地区の「金山食堂だれでもランチ」の取り組みを紹介する。所沢駅周辺を中心とした所沢地区において「孤立死」の問題が最重要課題として取り上げられた。そこで、地域の中で孤立をしている方、高齢者だけではなく障害がある方も、子どもたちも来られるランチ会を開催し、食を入り口につながりをつくることを地域の方と決め、金山食堂を立ち上げた。ある参加者は長期間自宅に引きこもりがちであったが、食堂の活動を通して外部と関わるようになり、自信を少しずつ取り戻していった。現在ではボランティアの中心となり調理を担当している。食堂でのつながりから畑づくりや自治会・町内会の行事など様々な活動に参加するようになり、就労も目指せるようになった。今後も生活支援コーディネーターと地域の住民が協働し、社会から孤立する人を地域につなぎ、安心して暮らせる地域共生社会の実現を目指していく。(著者抄録)

  • 大学生のヘルスリテラシーとがんの知識との関連(第5報) ピア学生の養成プロセス

    助友 裕子, 片山 佳代子, 扇原 淳

    日本公衆衛生学会総会抄録集   78回   363 - 363  2019年10月

  • 大学生のヘルスリテラシーとがんの知識との関連(第6報) ピア教育の効果検証

    片山 佳代子, 助友 裕子, 扇原 淳

    日本公衆衛生学会総会抄録集   78回   363 - 363  2019年10月

  • 大学生のヘルスリテラシーとがんの知識との関連(第7報) 中国大学生による検討

    鈴木 大介, 王 鴻, 周 馳, 扇原 淳, 助友 裕子, 片山 佳代子

    日本公衆衛生学会総会抄録集   78回   364 - 364  2019年10月

  • 大学生のヘルスリテラシーとがんの知識との関連(第2報) ピア教育開発過程

    助友 裕子, 片山 佳代子, 扇原 淳

    日本公衆衛生学会総会抄録集   77回   361 - 361  2018年10月

全件表示 >>

Works(作品等) 【 表示 / 非表示

  • 第5回東アジアスタディツアー(中国・高齢者福祉ビジネスの最前線)

    2017年09月
    -
     

  • 第18回中央アジアスタディツアーおよび国際学生シンポジウム(高齢者介護)

    2017年02月
    -
     

  • 第4回東アジアスタディツアー(韓国・生活の中の東洋医学)

    2016年09月
    -
     

  • 第3回東アジアスタディツアー(中国・高齢者福祉ビジネスの最前線)

    2016年03月
    -
     

  • 第17回中央アジアスタディツアーおよび国際学生シンポジウム(障害者福祉)

    2016年02月
    -
     

全件表示 >>

その他 【 表示 / 非表示

  • 精神保健福祉士...

     概要を見る

    精神保健福祉士

  • 社会福祉士...

     概要を見る

    社会福祉士

  • 高等学校教諭一種免許...

     概要を見る

    高等学校教諭一種免許状(理科)

  • 中学校教諭一種免許状...

     概要を見る

    中学校教諭一種免許状(理科)

  • 精神保健福祉士

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 秋野豊記念国連大学研究奨学賞

    2004年  

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 原発事故被災者の移住・帰還・避難継続における新たな居住福祉に関する人間科学的研究

    研究期間:

    2020年04月
    -
    2024年03月
     

     概要を見る

    本研究は、「帰還か移住か避難継続か」の選択を迫られる原発事故被災者が、今後数年間で安心して生活できる新たな居住環境をどのように構築していくのか、現状と問題点を明らかにし、「居住福祉」に資する心理社会的ケアの戦略を人間科学的学融合研究にて提言していくことにある。「居住は基本的人権である」と言われるように、被災者が安心・安全に生活できる基盤を構築するためには、内科学・心身医学・公衆衛生学・臨床心理学・発達行動学・社会学・社会福祉学・平和学・建築学・環境科学といった学融合的な調査研究が欠かせない。応募者らは2011年発災当時から被災者支援を目指した研究を継続させており、本課題にてさらに発展を目指す

  • ピアエデュケーションによる子宮頸がん及びHPV関連がん予防教育プログラムの開発

    研究期間:

    2016年04月
    -
    2020年03月
     

     概要を見る

    本研究は若年世代の男女を対象とする子宮頸がん並びにHPV関連がん予防教育の一法としてPeer Education (PE)を応用したプログラムを開発実践し、その効果を評価した。まず第1に、保健体育教員養成校の女子体育大学の協力を得て大学生を対象とする子宮頸がん教育プログラムを開発し、そのプロセスを評価した。初年度に主要な活動であった教材開発を行い、プロトタイプ版はがん患者らを含むがん専門家、産婦人科医師らからなる査読による評価の後、編集委員会の発足と共に年度ごとにデータの更新、修正を加え、最終年度に完成版「がんについて学ぶこと」冊子が開発された。第2に、開発した教材を用いて、Peerの養成を3-4年生を対象に実施した。養成には、開発教材を使った講義と、産婦人科医師による2回の座学を行い、その後のレポート制作や学生自らが作成するがん予防コンテンツ制作などの一連の活動などを元に、大学2年生(2016年入学コホート)にPEによる30分のがん予防講和が実施された。第3に、PEの効果を検証するために2016年入学者を4年間追跡した。①2016年5月にベースライン調査を全学年(1904名)に無記名自記式で実施した。主な調査項目は、がんのリスク要因14項目、HLS-EU-Q47日本語版であった。PEによる教育介入1週間後に②2017年後期にBLと同内容の事後調査を1939名に、③2018年後期に1784名に、④2019年後期に1527名に実施した。そして、2016年度2学年-2017年度3学年と、2017年2学年-2018年3学年のHLの変化をDifference-in-Differences-testによって平行トレンド仮定と共通ショック仮定を回帰分析で検証したところ、HLの3領域:DP(p<0.047)とHC(0.026)、HP (0.033)に統計的に有意な上昇が認められた。行動変容としてはBL調査時の4年生と2016年入学コホートの4年後(2019年に4年生)の子宮頸がん検診受診率を比較したと6.4%から17.8%へ上昇したことがわかった

  • 熟練介護者の暗黙知・熟練技術の学習を可能とするeラーニングシステムの開発

    挑戦的萌芽研究

    研究期間:

    2016年04月
    -
    2018年03月
     

     概要を見る

    本研究は,熟練介者がもつ食事介助に関する暗黙知・熟練技術を解明し,その知見を活用した研修プログラムの開発を目的としている.平成 28 年度は,熟練介護者の持つ一連の食事介助場面における暗黙知・技術の抽出のために,研究協力機関の高齢者福祉施設において,食事介助・口腔ケア場面の動画撮影(初任者・熟練介護者),熟練介護者へのヒアリングを行った.特に,撮影した動画をもとにした作業過程の分析を行い,熟練介護者が持つ食事介助・口腔ケアに関する意思決定フローチャートを作成した.その結果,熟練介助者は初任者と比較して,利用者の状態確認場面・頻度が異なっていることが明らかとなった.さらに食事介助者にウェアラブルのアイカメラを装着し,介助者側の目からみた映像を収集・解析した.その結果,食事介助における熟練介護者が有する暗黙知として,利用者の眼と喉を集中的に観察していること,その理由として,眼からは利用者の要求と状態のアセスメント,喉からは食事のスムーズな摂取と誤嚥状況のアセスメントを行っていることが明らかとなった.また,食事介助場面で出現する暗黙知と熟練技術を抽出し,食事介助フローにもとづいた重要場面と重要情報を組み込んだビジュアル・マニュアルを作成した.教育コンテンツの一つである確認テストの作成や,口腔ケアにおける動画コンテンツの作成が完了していないことから,やや遅れていると考えられる.前年度に開発した食事介助動画コンテンツ,ビジュアル・マニュアルに加え,事前事後テスト,さらには口腔ケアに関するコンテンツを作成し,研究の結果明らかになった熟練介護者が持つ暗黙知・熟練介護技術を実装した学習管理システム(動画コンテンツの配信,学習者の登録,学習履歴の管理,学習進捗の管理)を開発する.研究協力について同意の得られた高齢者福祉施設の職員を対象に,開発したシステムを活用してもらい,学習効果の測定に加えて,利便性を含めた開発システムの評価を行う.なお,学習履歴や BBS の書き込みの内容を分析し,高齢者介護施設職員の学習傾向や学習ニーズに関する特徴を洗い出す.得られた評価結果をシステムの改善に反映させ,高齢者介護施設職員向け研修プログラムのプロトタイプを提案する.研究成果の公表と専門家との情報交換を目的とする学会参加旅費への計上を予定している

  • 熟練介護者の暗黙知・熟練技術の学習を可能とするeラーニングシステムの開発

    挑戦的萌芽研究

    研究期間:

    2016年
    -
    2018年
     

     概要を見る

    本研究は,熟練介者がもつ食事介助に関する暗黙知・熟練技術を解明し,その知見を活用した研修プログラムの開発を目的としている.平成 28 年度は,熟練介護者の持つ一連の食事介助場面における暗黙知・技術の抽出のために,研究協力機関の高齢者福祉施設において,食事介助・口腔ケア場面の動画撮影(初任者・熟練介護者),熟練介護者へのヒアリングを行った.特に,撮影した動画をもとにした作業過程の分析を行い,熟練介護者が持つ食事介助・口腔ケアに関する意思決定フローチャートを作成した.その結果,熟練介助者は初任者と比較して,利用者の状態確認場面・頻度が異なっていることが明らかとなった.さらに食事介助者にウェアラブルのアイカメラを装着し,介助者側の目からみた映像を収集・解析した.その結果,食事介助における熟練介護者が有する暗黙知として,利用者の眼と喉を集中的に観察していること,その理由として,眼からは利用者の要求と状態のアセスメント,喉からは食事のスムーズな摂取と誤嚥状況のアセスメントを行っていることが明らかとなった.また,食事介助場面で出現する暗黙知と熟練技術を抽出し,食事介助フローにもとづいた重要場面と重要情報を組み込んだビジュアル・マニュアルを作成した.教育コンテンツの一つである確認テストの作成や,口腔ケアにおける動画コンテンツの作成が完了していないことから,やや遅れていると考えられる.前年度に開発した食事介助動画コンテンツ,ビジュアル・マニュアルに加え,事前事後テスト,さらには口腔ケアに関するコンテンツを作成し,研究の結果明らかになった熟練介護者が持つ暗黙知・熟練介護技術を実装した学習管理システム(動画コンテンツの配信,学習者の登録,学習履歴の管理,学習進捗の管理)を開発する.研究協力について同意の得られた高齢者福祉施設の職員を対象に,開発したシステムを活用してもらい,学習効果の測定に加えて,利便性を含めた開発システムの評価を行う.なお,学習履歴や BBS の書き込みの内容を分析し,高齢者介護施設職員の学習傾向や学習ニーズに関する特徴を洗い出す.得られた評価結果をシステムの改善に反映させ,高齢者介護施設職員向け研修プログラムのプロトタイプを提案する.研究成果の公表と専門家との情報交換を目的とする学会参加旅費への計上を予定している

  • 高齢者介護施設における感染症対策の科学的検証と施設職員研修プログラムの開発

    研究期間:

    2014年04月
    -
    2017年03月
     

     概要を見る

    本研究では,高齢者介護施設における感染対策の実態と感染対策を目的とした研修プログラムの開発とその評価を行った.その結果,集団感染が起こってから研修や感染マニュアルの整備を行っている可能性が否定できなかった.また,感染管理に関するビジュアルマニュアルを含む学習管理システムを開発し,その効果の検証を行った.その結果,開発した研修プログラムについては肯定的な評価を得られたが,画像コンテンツの表示の方法についてはいくつかの改善点が指摘された.今後は,学歴や職歴等の多様な背景を有する介護施設職員の個別性に配慮した感染対策研修プログラムのカスタマイズの方策について検討が必要である

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 重度障害者介護者の安全・健康管理に関する研究

    日本介護福祉学会第26回大会  

    発表年月: 2018年09月

  • テキストマイニングによる絵本の読み聞かせ感想文の分析

    日本家庭教育学会第33回大会  

    発表年月: 2018年08月

  • A Study on the Ritual in Marriage Process of Kazakhs named "Kyz Uzatu"

    The 6th Asian Rural Sociology Association International Conference  

    発表年月: 2018年08月

  • 大学生の運動習慣及び生活習慣とメンタルヘルスとの関連

    第59回日本社会医学会総会  

    発表年月: 2018年07月

  • 留学生のメンタルヘルスとライフスタイル及びソーシャル・キャピタルとの関連

    志水美友, 王 鴻, 岩垣穂大, 齋藤 篤, 扇原 淳

    第59回日本社会医学会総会  

    発表年月: 2018年07月

全件表示 >>

特定課題研究 【 表示 / 非表示

  • 思わず歩きたくなる街の条件に関する基礎的研究

    2020年  

     概要を見る

    近年,人々の徒歩移動による日常生活の中の身体活動量を増加させ,人々の健康増進に都市環境の側から働きかける仕組みとして都市のウォーカビリティという概念が注目されている.このウォーカビリティに関連して,思わず歩きたくなる街づくりを標榜する自治体も出てきている.しかしながら,ウォーカビリティや思わず歩きたくなる街を評価する指標について標準化されたものはない.そこで,本研究では,まずウォーカビリティ指標について先行研究を整理し,続いて,ウォーカビリティを構成する要素の一つとして,地域公共交通を取り上げ,現状分析を行った.その結果,ウォーカビリティの評価方法は主に,質問紙による評価,観察による評価,地理情報システムによる評価の3つであった. A市の地域公共交通について,ウォーカビリティの観点から検討した結果,特にバス停配置の点で課題があることが明らかとなった.

  • 災害対策と福祉対策をつなぐ避難行動要支援者対策の提案

    2018年  

     概要を見る

    本研究では,4つの実地調査と質問紙調査を行った.兵庫県A市およびB町では,ケアマネジャーや相談支援専門員が平常時のサービス等利用計画を作成する際に,自主防災組織や自治会等とともに,災害時のケアプランを作成していた.大分県C市では,当事者・市民団体・事業者・地域・行政の5者協働による災害時のケアプランを策定し,当事者も参加する避難訓練も実施していた.栃木県D市における各種障害者団体や事業者,地元高校と連携した避難所体験イベントに参加した.首都圏E市の全難病・小児慢性疾患患者を対象に,避難行動要支援者名簿に関する意向や災害への備えや地域支援者との関係について3月に調査を行い,現在データ解析中である.

  • 熟練介護者の暗黙知・熟練技術の学習を可能とするeラーニングシステムの開発

    2017年   山路 学

     概要を見る

    本研究では,熟練介護者のもつ暗黙知と熟練技術に関連する意思決定プロセスを明らかにし,それに基づく学習システムの開発を目的とした.特に,本研究では,歩行訓練と救急救命に関わる自暗黙知・熟練技術を検討した.8名の介護職員を対象に,作業時の動画撮影をもとに作業過程の分析を行い,熟練介護者が持つ意思決定フローチャートを作成した.その結果,救急救命に関しては,熟練介助者は初任者と比較して,作業手順そのものは大きな違いが見受けられなかったが,初任者の多くは,手順を覚えていないことによる手順違いが見受けられた.一方,歩行訓練では,介護者それぞれの裁量で行っており,熟練介護者と初任者による差はみられなかった.

  • 地域見守り活動と災害時要援護者対策に関わる個人情報の取扱いに関する研究

    2015年  

     概要を見る

    高齢者や障害者など災害時に特に配慮が必要な者について,避難支援を円滑に行うために,市区町村が保有する情報の管理・共有が課題となっている.本研究では,1742の全自治体へのアンケートを行うことにより,その現状と今後の課題について検証した.平成25年災害対策基本法改正以前の取組状況としては,災害時要援護者台帳・名簿の整備状況は,約80%と高い水準にあったが,要援護者1名ごとの個別計画の整備済み自治体は半数以下となっていた.集約された情報が自治体内部に留まらず,自治会や消防・警察などの支援関係者間での共有や,また平常時の見守り活動への活用さなど,各自治体の取組には大きな片寄りがあることがあきらかとなった.

  • 高齢者介護施設における感染症予防策に関する追跡調査

    2013年  

     概要を見る

    高齢者介護施設の感染管理の現状を把握し,現場に導入可能かつ効果的な感染管理方法を提示することを目的に,2013年11月時点で,WAMNETに掲載されている全国の特別養護老人ホームを対象に,質問紙調査を実施し,有効回答は466施設であった.その結果,過去2年間で,同時期に2人以上の感染症患者が出た施設は,インフルエンザが206施設と最も多く,次いでノロウイルスなどの消化器系感染症が168施設,疥癬が132施設であった.感染症発生時の対応について,処置に使用する備品の設置場所を全職員が把握できている施設の割合が多く,感染管理者が不在時の取り決めはない施設の割合が多かった.

全件表示 >>

 

現在担当している科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

 

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2018年
    -
     

    所沢市街づくり基本方針改定委員会  所沢市街づくり基本方針改定委員会委員

  • 2016年
    -
     

    所沢市保健医療福祉計画推進委員会  所沢市保健医療福祉計画推進委員会(副委員長)

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • FMきらら

    FMきらら 

    2004年06月
    -
     

     概要を見る

    番組名「ガンバレ受験生」
    テーマ:理系の魅力

  • テレビ山口

    テレビ山口 

    2002年10月
    -
     

     概要を見る

    番組名「県民のひろば」