2022/05/25 更新

写真a

タニイ タカシ
谷井 孝至
所属
理工学術院 基幹理工学部
職名
教授

兼担

  • 理工学術院   大学院基幹理工学研究科

  • 理工学術院   大学院先進理工学研究科

学内研究所等

  • 2020年
    -
    2022年

    理工学術院総合研究所   兼任研究員

学位

  • Waseda University   Dr. of Eng.

  • 早稲田大学   博士(工学)

所属学協会

  •  
     
     

    日本神経回路学会

  •  
     
     

    日本建築学会

  •  
     
     

    応用物理学会

  •  
     
     

    日本表面科学会

 

研究分野

  • ナノバイオサイエンス

研究キーワード

  • ナノエレクトロニクス、ナノバイオテクノロジー

論文

  • In situ modification of cell-culture scaffolds by photocatalysis of visible-light-responsive TiO2 film

    Sho Kono, Kohei Furusawa, Atsushi Kurotobi, Kohei Hattori, Hideaki Yamamoto, Ayumi Hirano-Iwata, Takashi Tanii

    Japanese Journal of Applied Physics   57 ( 2 )  2018年02月

     概要を見る

    We propose a novel process to modify the cell affinity of scaffolds in a cell-culture environment using the photocatalytic activity of visible-light (VL)-responsive TiO2. The proposed process is the improved version of our previous demonstration in which ultraviolet (UV)-responsive TiO2 was utilized. In that demonstration, we showed that cell-repellent molecules on TiO2 were decomposed and replaced with cell-permissive molecules upon UV exposure in the medium where cells are being cultured. However, UV irradiation involves taking the risk of inducing damage to the cells. In this work, a TiO2 film was sputter-deposited on a quartz coverslip at 640 °C without O2 gas injection to create a rutile structure containing oxygen defects, which is known to exhibit photocatalytic activity upon VL exposure. We show that the cell adhesion site and migration area can be controlled with the photocatalytic activity of the VL-responsive TiO2 film, while the cellular oxidative stress is reduced markedly by the substitution of VL for UV.

    DOI

  • Atom probe tomographic assessment of the distribution of germanium atoms implanted in a silicon matrix through nano-apertures

    Y. Tu, B. Han, Y. Shimizu, K. Inoue, Y. Fukui, M. Yano, T. Tanii, T. Shinada, Y. Nagai

    NANOTECHNOLOGY   28 ( 38 )  2017年09月  [査読有り]

     概要を見る

    Ion implantation through nanometer-scale apertures (nano-apertures) is a promising method to precisely position ions in silicon matrices, which is a requirement for next generation electronic and quantum computing devices. This paper reports the application of atom probe tomography (APT) to investigate the three-dimensional distribution of germanium atoms in silicon after implantation through nano-aperture of 10 nm in diameter, for evaluation of the amount and spatial distribution of implanted dopants. The experimental results obtained by APT are consistent with a simple simulation with consideration of several effects during lithography and ion implantation, such as channeling and resist flow.

    DOI

  • 1.54 μm photoluminescence from Er:O<inf>x</inf>centers at extremely low concentration in silicon at 300 K

    Celebrano, Michele, Ghirardini, Lavinia, Finazzi, Marco, Shimizu, Yasuo, Tu, Yuan, Inoue, Koji, Nagai, Yasuyoshi, Shinada, Takahiro, Chiba, Yuki, Abdelghafar, Ayman, Yano, Maasa, Tanii, Takashi, Prati, Enrico

    Optics Letters   42 ( 17 ) 3311 - 3314  2017年09月  [査読有り]

     概要を見る

    © 2017 Optical Society of America. The demand for single photon emitters at λ = 1.54 μm, which follows from the consistent development of quantum networks based on optical fiber technologies, makes Er:O x centers in Si a viable resource, thanks to the 4 I 13/2 → 4 I 15/2 optical transition of Er 3+ . While its implementation in high-power applications is hindered by the extremely low emission rate, the study of such systems in the low concentration regime remains relevant for quantum technologies. In this Letter, we explore the room-temperature photoluminescence at the telecomm wavelength from very low implantation doses of Er:O x in Si. The lower-bound number of optically active Er atoms detected is of the order of 10 2 , corresponding to a higher-bound value for the emission rate per individual ion of about 10 4 s −1 .

    DOI

  • Effect of a radical exposure nitridation surface on the charge stability of shallow nitrogen-vacancy centers in diamond

    Taisuke Kageura, Kanami Kato, Hayate Yamano, Evi Suaebah, Miki Kajiya, Sora Kawai, Masafumi Inaba, Takashi Tanii, Moriyoshi Haruyama, Keisuke Yamada, Shinobu Onoda, Wataru Kada, Osamu Hanaizumi, Tokuyuki Teraji, Junichi Isoya, Shozo Kono, Hiroshi Kawarada

    APPLIED PHYSICS EXPRESS   10 ( 5 )  2017年05月  [査読有り]

     概要を見る

    A nitridation process of a diamond surface with nitrogen radical exposure far from the radio-frequency plasma for the stabilization of a negatively charged nitrogen-vacancy (NV%) centers near the surface is presented. At a nitrogen coverage of as high as 0.9 monolayers, high average Rabi contrasts of 0.40 +/- 0.06 and 0.46 +/- 0.03 have been obtained for single NV% centers formed by shallow nitrogen implantation with acceleration voltages of 1 and 2 keV, respectively. This indicates that nitrogen termination by a radical exposure process produces an electric charge state suitable for single NV- centers near the surface compared with the states obtained for alternatively terminated surfaces. (C) 2017 The Japan Society of Applied Physics

    DOI

  • Charge state stabilization of shallow nitrogen vacancy centers in diamond by oxygen surface modification

    Hayate Yamano, Sora Kawai, Kanami Kato, Taisuke Kageura, Masafumi Inaba, Takuma Okada, Itaru Higashimata, Moriyoshi Haruyama, Takashi Tanii, Keisuke Yamada, Shinobu Onoda, Wataru Kada, Osamu Hanaizumi, Tokuyuki Teraji, Junichi Isoya, Hiroshi Kawarada

    Japanese Journal of Applied Physics   56 ( 4 )  2017年04月

     概要を見る

    We investigated the charge state stability and coherence properties of near-surface single nitrogen vacancy (NV) centers in 12C-enriched diamond for potential use in nanoscale magnetic field sensing applications. The stability of charge states in negatively charged NV centers (NV-) was evaluated using one of the pulsed optically detected magnetic resonance measurements, Rabi oscillation measurements. During the accumulation of Rabi oscillations, an unstable shallow NV- was converted to a neutral state. As a result, the contrast of Rabi oscillations degraded, depending on charge state stability. We stabilized the NV- state of very shallow NV centers (∼2.6 ± 1.1nm from the surface) created by 1.2 keV nitrogen ion implantation by diamond surface modification, UV/ozone exposure, and oxygen annealing. This improvement indicates that we can suppress the upward surface band bending and surface potential fluctuations through Fermi level pinning originating from oxygen-terminated diamond surfaces.

    DOI

  • Effect of a radical exposure nitridation surface on the charge stability of shallow nitrogen-vacancy centers in diamond

    Kageura Taisuke, Kato Kanami, Yamano Hayate, Suaebah Evi, Kajiya Miki, Kawai Sora, Inaba Masafumi, Tanii Takashi, Haruyama Moriyoshi, Yamada Keisuke, Onoda Shinobu, Kada Wataru, Hanaizumi Osamu, Teraji Tokuyuki, Isoya Junichi, Kono Shozo, Kawarada Hiroshi

    Appl. Phys. Express   10 ( 5 )  2017年04月

     概要を見る

    A nitridation process of a diamond surface with nitrogen radical exposure far from the radio-frequency plasma for the stabilization of a negatively charged nitrogen-vacancy (NV) centers near the surface is presented. At a nitrogen coverage of as high as 0.9 monolayers, high average Rabi contrasts of 0.40 ± 0.06 and 0.46 ± 0.03 have been obtained for single NVcenters formed by shallow nitrogen implantation with acceleration voltages of 1 and 2 keV, respectively. This indicates that nitrogen termination by a radical exposure process produces an electric charge state suitable for single NVcenters near the surface compared with the states obtained for alternatively terminated surfaces.

    CiNii

  • Charge state stabilization of shallow nitrogen vacancy centers in diamond by oxygen surface modification

    Yamano Hayate, Kawai Sora, Kato Kanami, Kageura Taisuke, Inaba Masafumi, Okada Takuma, Higashimata Itaru, Haruyama Moriyoshi, Tanii Takashi, Yamada Keisuke, Onoda Shinobu, Kada Wataru, Hanaizumi Osamu, Teraji Tokuyuki, Isoya Junichi, Kawarada Hiroshi

    Jpn. J. Appl. Phys.   56 ( 4 )  2017年03月

     概要を見る

    We investigated the charge state stability and coherence properties of near-surface single nitrogen vacancy (NV) centers in 12C-enriched diamond for potential use in nanoscale magnetic field sensing applications. The stability of charge states in negatively charged NV centers (NV) was evaluated using one of the pulsed optically detected magnetic resonance measurements, Rabi oscillation measurements. During the accumulation of Rabi oscillations, an unstable shallow NVwas converted to a neutral state. As a result, the contrast of Rabi oscillations degraded, depending on charge state stability. We stabilized the NVstate of very shallow NV centers (∼2.6 ± 1.1 nm from the surface) created by 1.2 keV nitrogen ion implantation by diamond surface modification, UV/ozone exposure, and oxygen annealing. This improvement indicates that we can suppress the upward surface band bending and surface potential fluctuations through Fermi level pinning originating from oxygen-terminated diamond surfaces.

    CiNii

  • 可視光応答酸化チタンの光触媒作用を活用した液中表面改質と細胞パターニング

    河野 翔, 黒飛 敦, 服部 晃平, 山本 英明, 平野 愛弓, 谷井 孝至

    表面科学学術講演会要旨集   37 ( 0 )  2017年

     概要を見る

    酸化チタンの光触媒作用を活用して基板表面の細胞接着性を局所的に改質し、液中細胞パターニングを実現する。これまで紫外光を用いていたが、光照射時の細胞へのダメージ軽減を目的として、可視光で表面改質を実現する方法を検討した。可視光応答性を付与するため、ルチル型かつ酸素欠損型の酸化チタン薄膜を成膜し、表面改質実験を行った。この結果、可視光照射で液中表面改質することができ、細胞が改質領域に選択的に接着した。

    CiNii

  • 癌・正常細胞選別のためのマイクロ加工基板の作製と評価

    若林 洸, 竹内 祐子, 田中 学, 谷井 孝至

    表面科学学術講演会要旨集   37 ( 0 )  2017年

     概要を見る

    表面改質技術を用い、癌・正常細胞を簡便に選別可能なマイクロ加工基板の開発を行った。細胞接着/阻害領域を作り分け、細胞一つがかろうじて接着できるパターンを作製し、単一細胞の接着能を評価してきた。今回、接着領域を掘り下げたホール構造配列を作製すると、癌細胞が優先的に接着することが分かった。癌・正常細胞を50:50で混合播種した結果、98%の確率で癌細胞が接着し、細胞腫の選別が可能となった。

    CiNii

  • Identification of yield drift deformations and evaluation of the degree of damage through the direct sensing of drift displacements

    Ping Xiang, Akira Nishitani, Shohei Marutani, Kenzo Kodera, Tomohiko Hatada, Ryuta Katamura, Kiyoshi Kanekawa, Takashi Tanii

    EARTHQUAKE ENGINEERING & STRUCTURAL DYNAMICS   45 ( 13 ) 2085 - 2102  2016年10月  [査読有り]

     概要を見る

    Inter-story drift displacement data can provide useful information for story damage assessment. The authors' research group has developed photonic-based sensors for the direct measurement of inter-story drift displacements. This paper proposes a scheme for evaluating the degree of damage in a building structure based on drift displacement sensing. The scheme requires only measured inter-story drift displacements without any additional finite element analysis. A method for estimating yield drift deformation is proposed, and then, the degree of beam end damage is evaluated based on the plastic deformation ratios derived with the yield drift deformation values estimated by the proposed method. The validity and effectiveness of the presented scheme are demonstrated via experimental data from a large-scale shaking table test of a one-third-scale model of an 18-story steel building structure conducted at E-Defense. Copyright (C) 2016 John Wiley & Sons, Ltd.

    DOI

  • Identification of yield drift deformations and evaluation of the degree of damage through the direct sensing of drift displacements

    Ping Xiang, Akira Nishitani, Shohei Marutani, Kenzo Kodera, Tomohiko Hatada, Ryuta Katamura, Kiyoshi Kanekawa, Takashi Tanii

    EARTHQUAKE ENGINEERING & STRUCTURAL DYNAMICS   45 ( 13 ) 2085 - 2102  2016年10月  [査読有り]

     概要を見る

    Inter-story drift displacement data can provide useful information for story damage assessment. The authors' research group has developed photonic-based sensors for the direct measurement of inter-story drift displacements. This paper proposes a scheme for evaluating the degree of damage in a building structure based on drift displacement sensing. The scheme requires only measured inter-story drift displacements without any additional finite element analysis. A method for estimating yield drift deformation is proposed, and then, the degree of beam end damage is evaluated based on the plastic deformation ratios derived with the yield drift deformation values estimated by the proposed method. The validity and effectiveness of the presented scheme are demonstrated via experimental data from a large-scale shaking table test of a one-third-scale model of an 18-story steel building structure conducted at E-Defense. Copyright (C) 2016 John Wiley & Sons, Ltd.

    DOI

  • Quantitative comparison of cancer and normal cell adhesion using organosilane monolayer templates: an experimental study on the anti-adhesion effect of green-tea catechins.

    Rumi Sakamoto, Eisuke Kakinuma, Kentaro Masuda, Yuko Takeuchi, Kosaku Ito, Kentaro Iketaki, Takahisa Matsuzaki, Seiichiro Nakabayashi, Hiroshi Y Yoshikawa, Hideaki Yamamoto, Yuko Sato, Takashi Tanii

    In vitro cellular & developmental biology. Animal   52 ( 8 ) 799 - 805  2016年09月  [査読有り]  [国際誌]

     概要を見る

    The main constituent of green tea, (-)-Epigallocatechin-3-O-gallate (EGCG), is known to have cancer-specific chemopreventive effects. In the present work, we investigated how EGCG suppresses cell adhesion by comparing the adhesion of human pancreatic cancer cells (AsPC-1 and BxPC-3) and their counterpart, normal human embryonic pancreas-derived cells (1C3D3), in catechin-containing media using organosilane monolayer templates (OMTs). The purpose of this work is (1) to evaluate the quantitativeness in the measurement of cell adhesion with the OMT and (2) to show how green-tea catechins suppress cell adhesion in a cancer-specific manner. For the first purpose, the adhesion of cancer and normal cells was compared using the OMT. The cell adhesion in different type of catechins such as EGCG, (-)-Epicatechin-3-O-gallate (ECG) and (-)-Epicatechin (EC) was also evaluated. The measurements revealed that the anti-adhesion effect of green-tea catechins is cancer-specific, and the order is EGCG≫ECG>EC. The results agree well with the data reported to date, showing the quantitativeness of the new method. For the second purpose, the contact area of cells on the OMT was measured by reflection interference contrast microscopy. The cell-OMT contact area of cancer cells decreases with increasing EGCG concentration, whereas that of normal cells remains constant. The results reveal a twofold action of EGCG on cancer cell adhesion-suppressing cell attachment to a candidate adhesion site and decreasing the contact area of the cells-and validates the use of OMT as a tool for screening cancer cell adhesion.

    DOI PubMed

  • Quantitative comparison of cancer and normal cell adhesion using organosilane monolayer templates: an experimental study on the anti-adhesion effect of green-tea catechins.

    Rumi Sakamoto, Eisuke Kakinuma, Kentaro Masuda, Yuko Takeuchi, Kosaku Ito, Kentaro Iketaki, Takahisa Matsuzaki, Seiichiro Nakabayashi, Hiroshi Y Yoshikawa, Hideaki Yamamoto, Yuko Sato, Takashi Tanii

    In vitro cellular & developmental biology. Animal   52 ( 8 ) 799 - 805  2016年09月  [国際誌]

     概要を見る

    The main constituent of green tea, (-)-Epigallocatechin-3-O-gallate (EGCG), is known to have cancer-specific chemopreventive effects. In the present work, we investigated how EGCG suppresses cell adhesion by comparing the adhesion of human pancreatic cancer cells (AsPC-1 and BxPC-3) and their counterpart, normal human embryonic pancreas-derived cells (1C3D3), in catechin-containing media using organosilane monolayer templates (OMTs). The purpose of this work is (1) to evaluate the quantitativeness in the measurement of cell adhesion with the OMT and (2) to show how green-tea catechins suppress cell adhesion in a cancer-specific manner. For the first purpose, the adhesion of cancer and normal cells was compared using the OMT. The cell adhesion in different type of catechins such as EGCG, (-)-Epicatechin-3-O-gallate (ECG) and (-)-Epicatechin (EC) was also evaluated. The measurements revealed that the anti-adhesion effect of green-tea catechins is cancer-specific, and the order is EGCG≫ECG>EC. The results agree well with the data reported to date, showing the quantitativeness of the new method. For the second purpose, the contact area of cells on the OMT was measured by reflection interference contrast microscopy. The cell-OMT contact area of cancer cells decreases with increasing EGCG concentration, whereas that of normal cells remains constant. The results reveal a twofold action of EGCG on cancer cell adhesion-suppressing cell attachment to a candidate adhesion site and decreasing the contact area of the cells-and validates the use of OMT as a tool for screening cancer cell adhesion.

    DOI PubMed

  • Live-Cell, Label-Free Identification of GABAergic and Non-GABAergic Neurons in Primary Cortical Cultures Using Micropatterned Surface

    Sho Kono, Hideaki Yamamoto, Takatoshi Kushida, Ayumi Hirano-Iwata, Michio Niwano, Takashi Tanii

    PLOS ONE   11 ( 8 )  2016年08月  [査読有り]

     概要を見る

    Excitatory and inhibitory neurons have distinct roles in cortical dynamics. Here we present a novel method for identifying inhibitory GABAergic neurons from non-GABAergic neurons, which are mostly excitatory glutamatergic neurons, in primary cortical cultures. This was achieved using an asymmetrically designed micropattern that directs an axonal process to the longest pathway. In the current work, we first modified the micropattern geometry to improve cell viability and then studied the axon length from 2 to 7 days in vitro (DIV). The cell types of neurons were evaluated retrospectively based on immunoreactivity against GAD67, a marker for inhibitory GABAergic neurons. We found that axons of non-GABAergic neurons grow significantly longer than those of GABAergic neurons in the early stages of development. The optimal threshold for identifying GABAergic and non-GABAergic neurons was evaluated to be 110 mu m at 6 DIV. The method does not require any fluorescence labelling and can be carried out on live cells. The accuracy of identification was 98.2%. We confirmed that the high accuracy was due to the use of a micropattern, which standardized the development of cultured neurons. The method promises to be beneficial both for engineering neuronal networks in vitro and for basic cellular neuroscience research.

    DOI

  • Size-dependent regulation of synchronized activity in living neuronal networks

    Yamamoto, Hideaki, Kubota, Shigeru, Chida, Yudai, Morita, Mayu, Moriya, Satoshi, Akima, Hisanao, Sato, Shigeo, Hirano-Iwata, Ayumi, Tanii, Takashi, Niwano, Michio

    Physical Review E - Statistical, Nonlinear, and Soft Matter Physics   94 ( 1 )  2016年07月

     概要を見る

    © 2016 American Physical Society.We study the effect of network size on synchronized activity in living neuronal networks. Dissociated cortical neurons form synaptic connections in culture and generate synchronized spontaneous activity within 10 days in vitro. Using micropatterned surfaces to extrinsically control the size of neuronal networks, we show that synchronized activity can emerge in a network as small as 12 cells. Furthermore, a detailed comparison of small (∼20 cells), medium (∼100 cells), and large (∼400 cells) networks reveal that synchronized activity becomes destabilized in the small networks. A computational modeling of neural activity is then employed to explore the underlying mechanism responsible for the size effect. We find that the generation and maintenance of the synchronized activity can be minimally described by: (1) the stochastic firing of each neuron in the network, (2) enhancement in the network activity in a positive feedback loop of excitatory synapses, and (3) Ca-dependent suppression of bursting activity. The model further shows that the decrease in total synaptic input to a neuron that drives the positive feedback amplification of correlated activity is a key factor underlying the destabilization of synchrony in smaller networks. Spontaneous neural activity plays a critical role in cortical information processing, and our work constructively clarifies an aspect of the structural basis behind this.

    DOI

  • Quantitative Evaluation of Cancer Cell Adhesion to Self-Assembled Monolayer-Patterned Substrates by Reflection Interference Contrast Microscopy

    Takahisa Matsuzaki, Kosaku Ito, Kentaro Masuda, Eisuke Kakinuma, Rumi Sakamoto, Kentaro Iketaki, Hideaki Yamamoto, Masami Suganuma, Naritaka Kobayashi, Seiichiro Nakabayashi, Takashi Tanii, Hiroshi Y. Yoshikawa

    JOURNAL OF PHYSICAL CHEMISTRY B   120 ( 7 ) 1221 - 1227  2016年02月  [査読有り]

     概要を見る

    Adhesion of cancer cells with different metastatic potential and anticancer drug resistance has been quantitatively evaluated by using self-assembled monolayer (SAM)-patterned substrates and reflection interference contrast microscopy (RICM). Cell-adhesive SAM spots with optimized diameter could prevent cell cell adhesion and thus allowed the systematic evaluation of statistically reliable numbers of contact area between single cancer cells and substrates by RICM. The statistical image analysis revealed that highly metastatic mouse melanoma cells showed larger contact area than lowly metastatic cells. We also found that both cancer cell types exhibited distinct transition from the "strong" to "weak" adhesion states with increase in the concentration of (-)-epigallo-catechin gallate (EGCG), which is known to exhibit cancer preventive activity. Mathematical analysis of the adhesion transition revealed that adhesion of the highly metastatic mouse melanoma cells showed more EGCG tolerance than that of lowly metastatic cells. Moreover, time-lapse RICM observation revealed that EGCG weakened cancer cell adhesion in a stepwise manner, probably via focal adhesion complex. These results clearly indicate that contact area can be used as a quantitative measure for the determination of cancer phenotypes and their drug resistance, which will provide physical insights into the mechanism of cancer metastasis and cancer prevention.

    DOI

  • 21aBK-4 量子ビームを活用したダイヤモンド中のカラーセンター形成技術の現状

    小野田 忍, 春山 盛善, 寺地 徳之, 磯谷 順一, 小池 悟大, 東又 格, 稲葉 優文, 山野 楓, 加藤 かなみ, Muller Christoph, McGuinness Liam, Balasubramanian Priyadharshini, Naydenov Boris, Jelezko Fedor, 佐藤 真一郎, 大島 武, 加田 渉, 花泉 修, 谷井 孝至, 川原田 洋

    日本物理学会講演概要集   71 ( 0 ) 725 - 726  2016年

    CiNii

  • 光触媒作用を用いた液中表面改質による培養神経細胞の操作

    山本 英明, 平野 愛弓, 谷井 孝至, 庭野 道夫

    表面科学   37 ( 5 ) 224 - 229  2016年

     概要を見る

    Dissociated neurons form a uniform network in culture that covers the whole coverslip. The number of neurons in the network and extent of their axon/dendrite elaboration can be controlled by using micropatterned surfaces as growth scaffolds. "Defined" neuronal networks thus fabricated make it possible to study how structure of a network correlates with its functional properties. We first describe surface micropatterning techniques can be used to make an array of neurons and to direct axon-dendrite polarity of each cell. To create functional networks, the isolated neurons must subsequently be interconnected. To accomplish this, the cell-repellent domain between individual neurons needs to be altered from cell-repellent to cell-permissive in the culture medium, so that the neurons would be hard-wired. We developed for this purpose a novel surface modification method using titanium dioxide photocatalysis.

    CiNii

  • 21aBK-4 量子ビームを活用したダイヤモンド中のカラーセンター形成技術の現状

    小野田 忍, 春山 盛善, 寺地 徳之, 磯谷 順一, 小池 悟大, 東又 格, 稲葉 優文, 山野 楓, 加藤 かなみ, Muller Christoph, McGuinness Liam, Balasubramanian Priyadharshini, Naydenov Boris, Jelezko Fedor, 佐藤 真一郎, 大島 武, 加田 渉, 花泉 修, 谷井 孝至, 川原田 洋

    日本物理学会講演概要集   71 ( 0 ) 725 - 726  2016年

    CiNii

  • Neuraminidase-Dependent Degradation of Polysialic Acid Is Required for the Lamination of Newly Generated Neurons

    Mari Sajo, Hiroki Sugiyama, Hideaki Yamamoto, Takashi Tanii, Norio Matsuki, Yuji Ikegaya, Ryuta Koyama

    PLOS ONE   11 ( 1 )  2016年01月  [査読有り]

     概要を見る

    Hippocampal granule cells (GCs) are generated throughout the lifetime and are properly incorporated into the innermost region of the granule cell layer (GCL). Hypotheses for the well-regulated lamination of newly generated GCs suggest that polysialic acid (PSA) is present on the GC surface to modulate GC-to-GC interactions, regulating the process of GC migration; however, direct evidence of this involvement is lacking. We show that PSA facilitates the migration of newly generated GCs and that the activity of N-acetyl-a-neuraminidase 1 (NEU1, sialidase 1) cleaves PSA from immature GCs, terminating their migration in the innermost GCL. Developing a migration assay of immature GCs in vitro, we found that the pharmacological depletion of PSA prevents the migration of GCs, whereas the inhibition of PSA degradation with a neuraminidase inhibitor accelerates this migration. We found that NEU1 is highly expressed in immature GCs. The knockdown of NEU1 in newly generated GCs in vivo increased PSA presence on these cells, and attenuated the proper termination of GC migration in the innermost GCL. In conclusion, this study identifies a novel mechanism that underlies the proper lamination of newly generated GCs through the modulation of PSA presence by neuronal NEU1.

    DOI

  • Deterministic doping to silicon and diamond materials for quantum processing

    Takahiro Shinada, Enrico Prati, Takashi Tanii, Tokuyuki Teraji, Shinobu Onoda, Fedor Jelezko, Junnichi Isoya

    2016 IEEE 16TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON NANOTECHNOLOGY (IEEE-NANO)     888 - 890  2016年  [査読有り]

     概要を見る

    Nanoscale electronic devices will require the placement of dopants in a predetermined location, namely, a single atom control to explore novel functions for future nanoelectronics. Deterministic doping method, i.e. single-ion implantation, realizes ordered arrays of single-atoms in silicon, diamond and other materials, which might provide opportunities to single-dopant transport or single-photon source beneficial to quantum processing.

    DOI

  • Opportunity of single atom control for quantum processing in silicon and diamond

    Shinada, Takahiro, Enrico, Prati, Tamura, Syuto, Tanii, Takashi, Teraji, Tokuyuki, Onoda, Shinobu, Ohshima, Takeshi, McGuinness, Liam P, Rogers, Lachlan, Naydenov, Boris, Jelezko, Fedor, Isoya, Junichi

    2014 Silicon Nanoelectronics Workshop, SNW 2014    2015年12月  [査読有り]

     概要を見る

    © 2014 IEEE.Future CMOS will require the placement of dopants in a predetermined location, namely, a single atom control. Deterministic doping method, i.e. single-ion implantation, realizes ordered arrays of single-atoms in silicon, diamond and other materials, which might provide opportunities to single-dopant transport or single-photon source beneficial to quantum processing.

    DOI

  • Investigation of the silicon vacancy color center for quantum key distribution

    Yan Liu, Petr Siyushev, Youying Rong, Botao Wu, Liam Paul McGuinness, Fedor Jelezko, Syuto Tamura, Takashi Tanii, Tokuyuki Teraji, Shinobu Onoda, Takeshi Ohshima, Junichi Isoya, Takahiro Shinada, Heping Zeng, E. Wu

    OPTICS EXPRESS   23 ( 26 ) 32961 - 32967  2015年12月  [査読有り]

     概要を見る

    Single photon sources (SPS) are crucial for quantum key distribution. Here we demonstrate a stable triggered SPS at 738 nm with linewidth less than 5 nm at room temperature based on a negatively charged single silicon vacancy color center. Thanks to the short photon duration of about 1.3-1.7 ns, by using high repetition pulsed excitation at 30 MHz, the triggered single photon source generates 16.6 kcounts/s. And we discuss the feasibility of this triggered SPS in the application of quantum key distribution. (C) 2015 Optical Society of America

    DOI

  • Photopatterning Proteins and Cells in Aqueous Environment Using TiO2 Photocatalysis

    Hideaki Yamamoto, Takanori Demura, Kohei Sekine, Sho Kono, Michio Niwano, Ayumi Hirano-Iwata, Takashi Tanii

    JOVE-JOURNAL OF VISUALIZED EXPERIMENTS   2015 ( 104 )  2015年10月  [査読有り]

     概要を見る

    Organic contaminants adsorbed on the surface of titanium dioxide (TiO2) can be decomposed by photocatalysis under ultraviolet (UV) light. Here we describe a novel protocol employing the TiO2 photocatalysis to locally alter cell affinity of the substrate surface. For this experiment, a thin TiO2 film was sputter-coated on a glass coverslip, and the TiO2 surface was subsequently modified with an organosilane monolayer derived from octadecyltrichlorosilane (OTS), which inhibits cell adhesion. The sample was immersed in a cell culture medium, and focused UV light was irradiated to an octagonal region. When a neuronal cell line PC12 cells were plated on the sample, cells adhered only on the UV-irradiated area. We further show that this surface modification can also be performed in situ, i.e., even when cells are growing on the substrate. Proper modification of the surface required an extracellular matrix protein collagen to be present in the medium at the time of UV irradiation. The technique presented here can potentially be employed in patterning multiple cell types for constructing coculture systems or to arbitrarily manipulate cells under culture.

    DOI

  • 21473 層間変位計測に基づいた損傷モニタリングシステムのE-ディフェンスS造高層建物実験による検証 : その4 局部回転角の測定(損傷検知・振動台実験,構造II,学術講演会・建築デザイン発表会)

    小室 雅春, 畑田 朋彦, 片村 立太, 西谷 章, 谷井 孝至

    学術講演梗概集   2015 ( 0 ) 945 - 946  2015年09月

    CiNii

  • 21472 層間変位計測に基づいた損傷モニタリングシステムのE-ディフェンスS造高層建物実験による検証 : その3 損傷評価法の検証(損傷検知・振動台実験,構造II,学術講演会・建築デザイン発表会)

    畑田 朋彦, 片村 立太, 萩原 一, 谷井 孝至, 仁田 佳宏, 西谷 章

    学術講演梗概集   2015 ( 0 ) 943 - 944  2015年09月

    CiNii

  • Fluorescence Polarization Switching from a Single Silicon Vacancy Colour Centre in Diamond

    Yan Liu, Gengxu Chen, Youying Rong, Liam Paul McGuinness, Fedor Jelezko, Syuto Tamura, Takashi Tanii, Tokuyuki Teraji, Shinobu Onoda, Takeshi Ohshima, Junichi Isoya, Takahiro Shinada, E. Wu, Heping Zeng

    SCIENTIFIC REPORTS   5  2015年07月

     概要を見る

    Single-photon emitters with stable and uniform photoluminescence properties are important for quantum technology. However, in many cases, colour centres in diamond exhibit spectral diffusion and photoluminescence intensity fluctuation. It is therefore essential to investigate the dynamics of colour centres at the single defect level in order to enable the on-demand manipulation and improved applications in quantum technology. Here we report the polarization switching, intensity jumps and spectral shifting observed on a negatively charged single silicon-vacancy colour centre in diamond. The observed phenomena elucidate the single emitter dynamics induced by photoionization of nearby electron donors in the diamond.

    DOI PubMed

  • Fluorescence Polarization Switching from a Single Silicon Vacancy Colour Centre in Diamond

    Yan Liu, Gengxu Chen, Youying Rong, Liam Paul McGuinness, Fedor Jelezko, Syuto Tamura, Takashi Tanii, Tokuyuki Teraji, Shinobu Onoda, Takeshi Ohshima, Junichi Isoya, Takahiro Shinada, E. Wu, Heping Zeng

    SCIENTIFIC REPORTS   5  2015年07月  [査読有り]

     概要を見る

    Single-photon emitters with stable and uniform photoluminescence properties are important for quantum technology. However, in many cases, colour centres in diamond exhibit spectral diffusion and photoluminescence intensity fluctuation. It is therefore essential to investigate the dynamics of colour centres at the single defect level in order to enable the on-demand manipulation and improved applications in quantum technology. Here we report the polarization switching, intensity jumps and spectral shifting observed on a negatively charged single silicon-vacancy colour centre in diamond. The observed phenomena elucidate the single emitter dynamics induced by photoionization of nearby electron donors in the diamond.

    DOI

  • Fluorescence Polarization Switching from a Single Silicon Vacancy Colour Centre in Diamond

    Yan Liu, Gengxu Chen, Youying Rong, Liam Paul McGuinness, Fedor Jelezko, Syuto Tamura, Takashi Tanii, Tokuyuki Teraji, Shinobu Onoda, Takeshi Ohshima, Junichi Isoya, Takahiro Shinada, E. Wu, Heping Zeng

    SCIENTIFIC REPORTS   5  2015年07月  [査読有り]

     概要を見る

    Single-photon emitters with stable and uniform photoluminescence properties are important for quantum technology. However, in many cases, colour centres in diamond exhibit spectral diffusion and photoluminescence intensity fluctuation. It is therefore essential to investigate the dynamics of colour centres at the single defect level in order to enable the on-demand manipulation and improved applications in quantum technology. Here we report the polarization switching, intensity jumps and spectral shifting observed on a negatively charged single silicon-vacancy colour centre in diamond. The observed phenomena elucidate the single emitter dynamics induced by photoionization of nearby electron donors in the diamond.

    DOI

  • Drift displacement data based estimation of cumulative plastic deformation ratios for buildings

    Akira Nishitani, Chisa Matsui, Yushiro Hara, Ping Xiang, Yoshihiro Nitta, Tomohiko Hatada, Ryota Katamura, Iwao Matsuya, Takashi Tanii

    SMART STRUCTURES AND SYSTEMS   15 ( 3 ) 881 - 896  2015年03月  [査読有り]

     概要を見る

    The authors' research group has developed a noncontact type of sensors which directly measure the inter-story drift displacements of a building during a seismic event. Soon after that event, such seismically-induced drift displacement data would provide structural engineers with useful information to judge how the stories have been damaged. This paper presents a scheme of estimating the story cumulative plastic deformation ratios based on such measured drift displacement information toward the building safety monitoring. The presented scheme requires the data of story drift displacements and the ground motion acceleration. The involved calculations are rather simple without any detailed information on structural elements required: the story hysteresis loops are first estimated and then the cumulative plastic deformation ratio of each story is evaluated from the estimated hysteresis. The effectiveness of the scheme is demonstrated by utilizing the data of full-scale building model experiment performed at E-defense and conducting numerical simulations.

  • Surface modification of cell scaffold in aqueous solution using TiO&lt;inf&gt;2&lt;/inf&gt; photocatalysis and linker protein L2 for patterning primary neurons

    Kohei Sekine, Hideaki Yamamoto, Sho Kono, Takeshi Ikeda, Akio Kuroda, Takashi Tanii

    e-Journal of Surface Science and Nanotechnology   13 ( 0 ) 213 - 218  2015年

     概要を見る

    Titanium dioxide (TiO&lt
    inf&gt
    2&lt
    /inf&gt
    ) photocatalysis can be applied to pattern proteins and cells under aqueous solution. In this work, we extended the application of this technique to patterning primary neurons, a type of cell with relatively weak adhesibility. For this purpose, we employed ribosomal protein L2 (RPL2) that has high affinity toward silica and metal oxides, including TiO&lt
    inf&gt
    2&lt
    /inf&gt
    , to stably bind a neuronal adhesion protein laminin to the TiO&lt
    inf&gt
    2&lt
    /inf&gt
    surface. We utilized two types of molecular recognition to achieve this - binding of anti-laminin antibody to its antigen (laminin) and binding of protein A to the antibody. We show that a protein complex consisting of laminin/anti-laminin antibody/protein A-RPL2 is spontaneously formed by simply mixing the precursor proteins in solution phase. We then show that the surface coated with the protein complex supports stable growth of rat hippocampal neurons. Finally, we show that the cells can be selectively grown on the protein complex patterned with the TiO&lt
    inf&gt
    2&lt
    /inf&gt
    -assisted method. The protocol established in this work is a unique combination of a top-down micropatterning of the surface using TiO&lt
    inf&gt
    2&lt
    /inf&gt
    photocatalysis and a bottom-up self-assembly of biomolecules, which can be further applied to pattern a wide range of proteins and cells.

    DOI CiNii

  • Array of bright silicon-vacancy centers in diamond fabricated by low-energy focused ion beam implantation

    Syuto Tamura, Godai Koike, Akira Komatsubara, Tokuyuki Teraji, Shinobu Onoda, Liam P. McGuinness, Lachlan Rogers, Boris Naydenov, E. Wu, Liu Yan, Fedor Jelezko, Takeshi Ohshima, Junichi Isoya, Takahiro Shinada, Takashi Tanii

    APPLIED PHYSICS EXPRESS   7 ( 11 )  2014年11月  [査読有り]

     概要を見る

    Among promising color centers for single-photon sources in diamond, the negatively charged silicon-vacancy (SiV-) has 70% of its emission to the zero-phonon line (ZPL), in contrast to the negatively charged nitrogen vacancy (NV-), which has a broad spectrum. Fabricating single centers of useful defect complexes with high yield and excellent grown-in defect properties by ion implantation has proven to be challenging. We have fabricated bright single SiV- centers by 60-keV focused ion beam implantation and subsequent annealing at 1000 degrees C with high positioning accuracy and a high yield of 15%. (C) 2014 The Japan Society of Applied Physics

    DOI

  • In situ modification of cell-culture scaffolds by photocatalytic decomposition of organosilane monolayers

    Hideaki Yamamoto, Takanori Demura, Mayu Morita, Sho Kono, Kohei Sekine, Takahiro Shinada, Shun Nakamura, Takashi Tanii

    BIOFABRICATION   6 ( 3 )  2014年09月  [査読有り]

     概要を見る

    We demonstrate a novel application of TiO2 photocatalysis for modifying the cell affinity of a scaffold surface in a cell-culture environment. An as-deposited octadecyltrichlorosilane self-assembled monolayer (OTS SAM) on TiO2 was found to be hydrophobic and stably adsorbed serum albumins that blocked subsequent adsorption of other proteins and cells. Upon irradiation of ultraviolet (UV) light, OTS molecules were decomposed and became permissive to the adhesion of PC12 cells via adsorption of an extracellular matrix protein, collagen. Optimal UV dose was 200 J cm(-2) for OTS SAM on TiO2. The amount of collagen adsorption decreased when excessive UV light was irradiated, most likely due to the surface being too hydrophilic to support its adsorption. This UV-induced modification required TiO2 to be present under the SAM and hence is a result of TiO2 photocatalysis. The UV irradiation for surface modification can be performed before cell plating or during cell culture. We also demonstrate that poly(ethylene glycol) SAM can also be patterned with this method, indicating that it is applicable to both hydrophobic and hydrophilic SAMs. This method provides a unique tool for fabricating cell microarrays and studying dynamical properties of living cells.

    DOI

  • 21031 層間変位計測に基づいた損傷モニタリングシステムのE-ディフェンスS造高層建物実験による検証 : その2 計測および損傷評価結果(損傷検知:振動台実験(1),構造II,2014年度日本建築学会大会(近畿)学術講演会・建築デザイン発表会)

    畑田 朋彦, 片村 立太, 萩原 一, 谷井 孝至, 仁田 佳宏, 西谷 章

    学術講演梗概集   2014 ( 0 ) 61 - 62  2014年09月

    CiNii

  • 21030 層間変位計測に基づいた損傷モニタリングシステムのE-ディフェンスS造高層建物実験による検証 : その1 システムの概要(損傷検知:振動台実験(1),構造II,2014年度日本建築学会大会(近畿)学術講演会・建築デザイン発表会)

    片村 立太, 畑田 朋彦, 萩原 一, 谷井 孝至, 仁田 佳宏, 西谷 章

    学術講演梗概集   2014 ( 0 ) 59 - 60  2014年09月

    CiNii

  • In situ modification of cell-culture scaffolds by photocatalytic decomposition of organosilane monolayers.

    Yamamoto Hideaki, Demura Takanori, Morita Mayu, Kono Sho, Sekine Kohei, Shinada Takahiro, Nakamura Shun, Tanii Takashi

    In situ modification of cell-culture scaffolds by photocatalytic decomposition of organosilane monolayers.   6 ( 3 )  2014年

     概要を見る

    :We demonstrate a novel application of TiO2 photocatalysis for modifying the cell affinity of a scaffold surface in a cell-culture environment. An as-deposited octadecyltrichlorosilane self-assembled monolayer (OTS SAM) on TiO2 was found to be hydrophobic and stably adsorbed serum albumins that blocked subsequent adsorption of other proteins and cells. Upon irradiation of ultraviolet (UV) light, OTS molecules were decomposed and became permissive to the adhesion of PC12 cells via adsorption of an extracellular matrix protein, collagen. Optimal UV dose was 200 J cm(-2) for OTS SAM on TiO2. The amount of collagen adsorption decreased when excessive UV light was irradiated, most likely due to the surface being too hydrophilic to support its adsorption. This UV-induced modification required TiO2 to be present under the SAM and hence is a result of TiO2 photocatalysis. The UV irradiation for surface modification can be performed before cell plating or during cell culture. We also demonstrate that poly(ethylene glycol) SAM can also be patterned with this method, indicating that it is applicable to both hydrophobic and hydrophilic SAMs. This method provides a unique tool for fabricating cell microarrays and studying dynamical properties of living cells.

    DOI

  • 相対変位と局所傾斜角度の同時計測に関する実験的研究

    松谷 巌, 片村 立太, 井原 郁夫, 谷井 孝至, 仁田 佳宏, 西谷 章

    日本建築学会技術報告集   19 ( 43 ) 951 - 954  2013年10月

     概要を見る

    We have developed a noncontact-type relative displacement sensor for structural health monitoring which is capable of measuring relative displacement and rotation angle of the object independently. The sensor is composed of a laser as a measurement target and two position sensitive detectors (PSDs). The accuracy of the sensor system was experimentally evaluated to be 0.10 mm in the relative displacement measurement and 0.22 mrad in the rotation angle measurement respectively. These results indicate that the developed sensor system has a sufficient accuracy for structural health monitoring.

    DOI CiNii

  • 21056 非接触型センサを用いた建物の層間変位計測システム : その9 E-defense実験データによる検証(センシング技術,2013年度日本建築学会大会(北海道)学術講演会・建築デザイン発表会)

    松井 智沙, 西谷 章, 谷井 孝至, 仁田 佳宏, 畑田 朋彦

    学術講演梗概集   2013 ( 0 ) 111 - 112  2013年08月

    CiNii

  • Improving zero-mode waveguide structure for enhancing signal-to-noise ratio of real-time single-molecule fluorescence imaging: A computational study

    Takashi Tanii, Rena Akahori, Shun Higano, Kotaro Okubo, Hideaki Yamamoto, Taro Ueno, Takashi Funatsu

    Physical Review E - Statistical, Nonlinear, and Soft Matter Physics   88 ( 1 )  2013年07月

     概要を見る

    We investigated the signal-to-noise ratio (S/N) of real-time single-molecule fluorescence imaging (SMFI) using zero-mode waveguides (ZMWs). The excitation light and the fluorescence propagating from a molecule in the ZMW were analyzed by computational optics simulation. The dependence of the S/N on the ZMW structure was investigated with the diameter and etching depth as the simulation parameters. We found that the SMFI using a conventional ZMW was near the critical level for detecting binding and dissociation events. We show that etching the glass surface of the ZMW by 60 nm enhances the S/N six times the conventional nonetched ZMWs. The enhanced S/N improves the temporal resolution of the SMFI at physiological concentrations. © 2013 American Physical Society.

    DOI PubMed

  • Improving zero-mode waveguide structure for enhancing signal-to-noise ratio of real-time single-molecule fluorescence imaging: a computational study.

    Tanii Takashi, Akahori Rena, Higano Shun, Okubo Kotaro, Yamamoto Hideaki, Ueno Taro, Funatsu Takashi

    Improving zero-mode waveguide structure for enhancing signal-to-noise ratio of real-time single-molecule fluorescence imaging: a computational study.   88 ( 1 )  2013年

     概要を見る

    :We investigated the signal-to-noise ratio (S/N) of real-time single-molecule fluorescence imaging (SMFI) using zero-mode waveguides (ZMWs). The excitation light and the fluorescence propagating from a molecule in the ZMW were analyzed by computational optics simulation. The dependence of the S/N on the ZMW structure was investigated with the diameter and etching depth as the simulation parameters. We found that the SMFI using a conventional ZMW was near the critical level for detecting binding and dissociation events. We show that etching the glass surface of the ZMW by 60 nm enhances the S/N six times the conventional nonetched ZMWs. The enhanced S/N improves the temporal resolution of the SMFI at physiological concentrations.

  • Probing Single-Molecule Enzymatic Dynamics of B-Glucosidase using Zero-Mode Waveguides

    Iizuka, Ryo, Toshimitsu, Ikumi, Tahara, Kentaro, Arai, Hirokatsu, Tetsuka, Toshihiro, Matsuoka, Koji, Ryu, Shou, Asano, Yuji, Tanii, Takashi, Igarashi, Kiyohiko, Samejima, Masahiro, Funatsu, Takashi

    BIOPHYSICAL JOURNAL   104 ( 2 ) 178A - 178A  2013年  [査読有り]

  • Differential neurite outgrowth is required for axon specification by cultured hippocampal neurons

    Hideaki Yamamoto, Takanori Demura, Mayu Morita, Gary A. Banker, Takashi Tanii, Shun Nakamura

    JOURNAL OF NEUROCHEMISTRY   123 ( 6 ) 904 - 910  2012年12月  [査読有り]

     概要を見る

    Formation of an axon is the first morphological evidence of neuronal polarization, visible as a profound outgrowth of the axon compared with sibling neurites. One unsolved question on the mechanism of axon formation is the role of axon outgrowth in axon specification. This question was difficult to assess, because neurons freely extend their neurites in a conventional culture. Here, we leveraged surface nano/micro-modification techniques to fabricate a template substrate for constraining neurite lengths of cultured neurons. Using the template, we asked (i) Do neurons polarize even if all neurites cannot grow sufficiently long? (ii) Would the neurite be fated to become an axon if only one was allowed to grow long? A pattern with symmetrical short paths (20 mu m) was used to address the former question, and an asymmetrical pattern with one path extended to 100 mu m for the latter. Axon formation was evaluated by tau-1/MAP2 immunostaining and live-cell imaging of constitutively-active kinesin-1. We found that (1) neurons cannot polarize when extension of all neurites is restricted and that (2) when only a single neurite is permitted to grow long, neurons polarize and the longest neurite becomes the axon. These results provide clear evidence that axon outgrowth is required for its specification.

    DOI

  • Reduction of threshold voltage fluctuation in field-effect transistors by controlling individual dopant position

    Masahiro Hori, Keigo Taira, Akira Komatsubara, Kuninori Kumagai, Yukinori Ono, Takashi Tanii, Tetsuo Endoh, Takahiro Shinada

    APPLIED PHYSICS LETTERS   101 ( 1 )  2012年07月  [査読有り]

     概要を見る

    To investigate the impact of only the dopant position on threshold voltage (V-th) in nanoscale field-effect transistors, we fabricated transistors with ordered dopant arrays and conventional random channel doping. Electrical measurements revealed that device performance could be enhanced by controlling the dopant position alone, despite varying dopant number according to a Poisson distribution. Furthermore, device-to-device fluctuations in V-th could be suppressed by implanting a heavier ion such as arsenic owing to the reduction of the projected ion struggling. The results of our study highlight potential improvements in device performance by controlling individual dopant positions. (C) 2012 American Institute of Physics. [http://dx.doi.org/10.1063/1.4733289]

    DOI

  • 構造ヘルスモニタリングのための5自由度層間変位センサの開発

    松谷 巌, 片村 立太, 伊庭 美麓, 近藤 秀昭, 金川 清, 畑田 朋彦, 仁田 佳宏, 谷井 孝至, 庄子 習一, 西谷 章, 大泊 巌

    日本機械学会論文集 C編   78 ( 789 ) 1451 - 1459  2012年

     概要を見る

    We have developed a novel relative-story displacement sensor for structural health monitoring which is capable of measuring the 5-DOF movement of building layers. Three pairs of infrared-light emitting diode arrays and position sensitive detector units were used for simultaneously measuring the relative displacement, the local inclination angle, and the torsion angle between two adjacent layers. For verification, laboratory tests were carried out using a shaking table, a motorized micrometer, and a rotation stage. In the static experiment, it is verified that the local inclination angle and the torsion angle can be measured as well as the relative-story displacement using the sensor system. The resolution of the sensor system in the displacement measurement, that in the inclination angle measurement, and that in the torsion angle measurement were evaluated to be 0.10 mm, 34.4 μrad, and 14.6 μrad, respectively. In the dynamic response experiment, the accuracy of the sensor system was experimentally evaluated to be 0.20 mm in the relative-displacement measurement, 110 μrad in the inclination angle measurement, and 90 μrad in the torsion angle measurement, respectively. These results indicate that the developed sensor system has a sufficient accuracy for structural health monitoring.

    DOI CiNii

  • Deterministic ドープシリコンデバイスと量子輸送現象

    品田 賢宏, 堀 匡寛, GUAGLIARDO Filipo, 小野 行徳, 熊谷 国憲, 谷井 孝至, PRATI Enrico

    電子情報通信学会技術研究報告. SDM, シリコン材料・デバイス   111 ( 426 ) 1 - 5  2012年01月

     概要を見る

    単一イオン注入法によって、ドーパントが"deterministic(決定論的)"に注入されたシリコンデバイスを試作し、量子輸送特性を調査した。リンドナーを2個、6個、10個をチャネルに沿って1次元に配列させたところ、個数の増加に伴い2つの特徴的な輸送特性を観測した。1つは1個のドナーが有する2つの準位D^0とD^-を介する単一電子トンネリングに起因する特性、もう1つはドナー間カップリングによるHubbardバンドの形成に起因する特性である。ドーパント添加型デバイスの極限形として、1個のドーパントが制御されたデバイス開発に"deterministic"単一イオン注入法は効果的手段となることを実証した。

    CiNii

  • Deterministic ドープシリコンデバイスと量子輸送現象

    品田 賢宏, 堀 匡寛, GUAGLIARDO Filipo, 小野 行徳, 熊谷 国憲, 谷井 孝至, PRATI Enrico

    電子情報通信学会技術研究報告. ED, 電子デバイス   111 ( 425 ) 1 - 5  2012年01月

     概要を見る

    単一イオン注入法によって、ドーパントが"deterministic(決定論的)"に注入されたシリコンデバイスを試作し、量子輸送特性を調査した。リンドナーを2個、6個、10個をチャネルに沿って1次元に配列させたところ、個数の増加に伴い2つの特徴的な輸送特性を観測した。1つは1個のドナーが有する2つの準位D^0とD^-を介する単一電子トンネリングに起因する特性、もう1つはドナー間カップリングによるHubbardバンドの形成に起因する特性である。ドーパント添加型デバイスの極限形として、1個のドーパントが制御されたデバイス開発に"deterministic"単一イオン注入法は効果的手段となることを実証した。

    CiNii

  • Deterministicドープシリコンデバイスと量子輸送現象(機能ナノデバイス及び関連技術)

    品田 賢宏, 堀 匡寛, GUAGLIARDO Filipo, 小野 行徳, 熊谷 国憲, 谷井 孝至, PRATI Enrico

    電子情報通信学会技術研究報告. SDM, シリコン材料・デバイス   111 ( 426 ) 1 - 5  2012年01月

     概要を見る

    単一イオン注入法によって、ドーパントが"deterministic(決定論的)"に注入されたシリコンデバイスを試作し、量子輸送特性を調査した。リンドナーを2個、6個、10個をチャネルに沿って1次元に配列させたところ、個数の増加に伴い2つの特徴的な輸送特性を観測した。1つは1個のドナーが有する2つの準位D^0とD^-を介する単一電子トンネリングに起因する特性、もう1つはドナー間カップリングによるHubbardバンドの形成に起因する特性である。ドーパント添加型デバイスの極限形として、1個のドーパントが制御されたデバイス開発に"deterministic"単一イオン注入法は効果的手段となることを実証した。

    CiNii

  • Deterministicドープシリコンデバイスと量子輸送現象(機能ナノデバイス及び関連技術)

    品田 賢宏, 堀 匡寛, GUAGLIARDO Filipo, 小野 行徳, 熊谷 国憲, 谷井 孝至, PRATI Enrico

    電子情報通信学会技術研究報告. ED, 電子デバイス   111 ( 425 ) 1 - 5  2012年01月

     概要を見る

    単一イオン注入法によって、ドーパントが"deterministic(決定論的)"に注入されたシリコンデバイスを試作し、量子輸送特性を調査した。リンドナーを2個、6個、10個をチャネルに沿って1次元に配列させたところ、個数の増加に伴い2つの特徴的な輸送特性を観測した。1つは1個のドナーが有する2つの準位D^0とD^-を介する単一電子トンネリングに起因する特性、もう1つはドナー間カップリングによるHubbardバンドの形成に起因する特性である。ドーパント添加型デバイスの極限形として、1個のドーパントが制御されたデバイス開発に"deterministic"単一イオン注入法は効果的手段となることを実証した。

    CiNii

  • In-situ guidance of individual neuronal processes by wet femtosecond-laser processing of self-assembled monolayers

    Hideaki Yamamoto, Kazunori Okano, Takanori Demura, Yoichiroh Hosokawa, Hiroshi Masuhara, Takashi Tanii, Shun Nakamura

    APPLIED PHYSICS LETTERS   99 ( 16 )  2011年10月  [査読有り]

     概要を見る

    In-situ guidance of neuronal processes (neurites) is demonstrated by applying wet femtosecond-laser processing to an organosilane self-assembled monolayer (SAM) template. By scanning focused laser beam between cell adhesion sites, on which primary neurons adhered and extended their neurites, we succeeded in guiding the neurites along the laser-scanning line. This guidance was accomplished by multiphoton laser ablation of cytophobic SAM layer and subsequent adsorption of cell adhesion molecule, laminin, onto the ablated region. This technique allows us to arbitrarily design neuronal networks in vitro. (C) 2011 American Institute of Physics. [doi:10.1063/1.3651291]

    DOI

  • Impact of a few dopant positions controlled by deterministic single-ion doping on the transconductance of field-effect transistors

    Masahiro Hori, Takahiro Shinada, Yukinori Ono, Akira Komatsubara, Kuninori Kumagai, Takashi Tanii, Tetsuo Endoh, Iwao Ohdomari

    APPLIED PHYSICS LETTERS   99 ( 6 )  2011年08月  [査読有り]

     概要を見る

    As semiconductor device dimensions decrease, the individual impurity atom position becomes a critical factor in determining device performance. We fabricated transistors with ordered and random dopant distributions on one side of the channel and evaluated the transconductance to investigate the impact of discrete dopant positions on the electron transport properties. The largest transconductance was observed when dopants were placed on the drain side in an ordered distribution; this was attributed to the suppression of injection velocity degradation on the source side and the uniformity of the electrostatic potential. Thus, the control of discrete dopant positions could enhance the device performance. (C) 2011 American Institute of Physics. [doi:10.1063/1.3622141]

    DOI

  • 21424 非接触型センサを用いた建物の層間変位計測システム : その6 5自由度層間変位センサの開発(計測・診断システム開発,構造II)

    松谷 巌, 片村 立太, 畑田 朋彦, 高橋 元一, 谷井 孝至, 仁田 佳宏, 西谷 章

    学術講演梗概集. B-2, 構造II, 振動, 原子力プラント   2011   847 - 848  2011年07月

    CiNii

  • Application of Organosilane Monolayer Template to Quantitative Evaluation of Cancer Cell Adhesive Ability

    Takashi Tanii, Kosuke Sasaki, Kota Ichisawa, Takanori Demura, Yuichi Beppu, Hoan Anh Vu, Hoan Thanh Chi, Hideaki Yamamoto, Yuko Sato

    JAPANESE JOURNAL OF APPLIED PHYSICS   50 ( 6 )  2011年06月  [査読有り]

     概要を見る

    The adhesive ability of two human pancreatic cancer cell lines was evaluated using organosilane monolayer templates (OMTs). Using the OMT, the spreading area of adhered cells can be limited, and this enables us to focus on the initial attachment process of adhesion. Moreover, it becomes possible to arrange the cells in an array and to quantitatively evaluate the number of attached cells. The adhesive ability of the cancer cells cultured on the OMT was controlled by adding (-)-epigallocatechin-3-gallate (EGCG), which blocks a receptor that mediates cell adhesion and is overexpressed in cancer cells. Measurement of the relative ability of the cancer cells to attach to the OMT revealed that the ability for attachment decreased with increasing EGCG concentration. The results agreed well with the western blot analysis, indicating that the OMT can potentially be employed to evaluate the adhesive ability of various cancer cells. (c) 2011 The Japan Society of Applied Physics

    DOI

  • Fabrication of Zero-Mode Waveguide by Ultraviolet Nanoimprint Lithography Lift-Off Process

    Junichi Wada, Shou Ryu, Yuji Asano, Taro Ueno, Takashi Funatsu, Takao Yukawa, Jun Mizuno, Takashi Tanii

    JAPANESE JOURNAL OF APPLIED PHYSICS   50 ( 6 )  2011年06月  [査読有り]

     概要を見る

    Zero-mode waveguides for single-molecule fluorescence imaging were fabricated using a simple desktop UV nanoimprint lithography system. An array of 30- to 150-nm-diameter nanoholes was successfully fabricated in an aluminum layer on a thin quartz plate by the single-step lift-off process using the UV-curable resist NIAC 707. Using the nanoholes, we performed real-time single-molecule fluorescence imaging to visualize the cochaperonin GroES binding with and dissociating from the chaperonin GroEL immobilized within the nanoholes. The demonstration revealed that the fluorescence from the GroES binding with the GroEL was three times stronger than the fluorescence from the GroES undergoing Brownian motion, and the real-time single-molecule fluorescence imaging was feasible using the zero-mode waveguide fabricated by the UV nanoimprint lithography lift-off process. (C) 2011 The Japan Society of Applied Physics

    DOI

  • Development of Lateral Displacement Sensor for Real-Time Detection of Structural Damage

    Iwao Matsuya, Ryota Tomishi, Maya Sato, Kiyoshi Kanekawa, Yoshihiro Nitta, Motoichi Takahashi, Satoru Miura, Yasutsugu Suzuki, Tomohiko Hatada, Ryuta Katamura, Takashi Tanii, Shuichi Shoji, Akira Nishitani, Iwao Ohdomari

    IEEJ TRANSACTIONS ON ELECTRICAL AND ELECTRONIC ENGINEERING   6 ( 3 ) 266 - 272  2011年05月  [査読有り]

     概要を見る

    We have developed a novel sensor that enables us to measure the relative story displacement of a building structure in real time. This lateral displacement sensor (LDS) is composed of a light-emitting diode (LED) array, which is fixed on the ceiling, and a position-sensitive detector (PSD) unit, which is placed on the floor. We optimized the LDS to achieve high accuracy in lateral displacement measurement. The accuracy was evaluated to be 60 mu m by conducting shaking table tests. Two LDSs were implemented in an actual building equipped with an active variable stiffness (AVS) system, and the building was vibrated with seismic waveforms by an exciter placed on the rooftop. The seismic displacement of the second floor relative to the first floor was measured using the LDS. Furthermore, the inclination angle of the second floor could be measured using the LDS during the seismic vibration. Using the AVS system, we realized the residual displacement of the second floor without inducing damage to the building, and succeeded in real-time residual displacement measurement for the first time. These results indicate that the LDS is useful for the health diagnosis of a building structure. (C) 2011 Institute of Electrical Engineers of Japan. Published by John Wiley & Sons, Inc.

    DOI

  • Enhancing Single-Ion Detection Efficiency by Applying Substrate Bias Voltage for Deterministic Single-Ion Doping

    Masahiro Hori, Takahiro Shinada, Keigo Taira, Akira Komatsubara, Yukinori Ono, Takashi Tanii, Tetsuo Endoh, Iwao Ohdomari

    APPLIED PHYSICS EXPRESS   4 ( 4 )  2011年04月  [査読有り]

     概要を見る

    A single-ion implantation technique that enables us to implant dopant ions one-by-one into semiconductors until the desired number is reached has been developed. The key to controlling the ion number is to detect secondary electrons (SEs) emitted from a target upon ion incidence. The SE detection efficiency currently achieved is 90% due to the low probability of SE emission, but has been enhanced to almost 100% by increasing the number of SEs by controlling the substrate bias voltage. This improvement has accelerated the prospects for realizing single-dopant devices, which are necessary for the ultimate control of the ion number. (C) 2011 The Japan Society of Applied Physics

    DOI

  • 単一原子ドーピング法と離散的ドーパントデバイス評価

    品田 賢宏, 堀 匡寛, 平 圭吾, 小松原 彰, 谷井 孝至, 大泊 巌, 小野 行徳, 遠藤 哲郎

    電気学会研究会資料. EDD, 電子デバイス研究会   2011 ( 35 ) 1 - 4  2011年03月

    CiNii

  • 局所変形角と相対変位を測定可能な構造ヘルスモニタリング用層間変位センサの開発

    松谷 巌, 片村 立太, 佐藤 摩弥, 近藤 秀昭, 伊庭 美麓, 金川 清, 仁田 佳宏, 谷井 孝至, 庄子 習一, 西谷 章, 大泊 巌

    日本機械学会論文集 A編   77 ( 777 ) 736 - 740  2011年

     概要を見る

    We propose a novel relative-story displacement sensor for structural health monitoring. The sensor is composed of three pairs of position sensitive detector (PSD) units and light emitting diode (LED) arrays, and is capable of measuring both the local inclination angle of the PSD unit and the relative displacement between the PSD unit and the LED array. By immobilizing the LED arrays on the ceiling and the PSD units on the floor, we can accurately measure the relative-story displacement in real time. We have verified the measurement accuracy of the developed sensor using a shaking table and a θ stage, and the accuracy was evaluated to be approximately 0.15 mm in the displacement and 0.1 mrad in the local rotation angle. The results indicate that the developed sensor is applicable to the relative-story displacement measurement for the diagnostics of an actual building.

    CiNii

  • A Relative-Story Displacement Sensor for Structural Health Monitoring Capable of Measuring the Local Inclination Angle and the Relative Displacement

    松谷 巌, 片村 立太, 佐藤 摩弥, 近藤 秀昭, 伊庭 美麓, 金川 清, 仁田 佳宏, 谷井 孝至, 庄子 習一, 西谷 章, 大泊 巌

    日本機械学会論文集A編   77 ( 777 ) 736 - 740  2011年

     概要を見る

    We propose a novel relative-story displacement sensor for structural health monitoring. The sensor is composed of three pairs of position sensitive detector (PSD) units and light emitting diode (LED) arrays, and is capable of measuring both the local inclination angle of the PSD unit and the relative displacement between the PSD unit and the LED array. By immobilizing the LED arrays on the ceiling and the PSD units on the floor, we can accurately measure the relative-story displacement in real time. We have verified the measurement accuracy of the developed sensor using a shaking table and a θ stage, and the accuracy was evaluated to be approximately 0.15 mm in the displacement and 0.1 mrad in the local rotation angle. The results indicate that the developed sensor is applicable to the relative-story displacement measurement for the diagnostics of an actual building.

    CiNii

  • In situ guidance of individual neurites by wet femtosecond-laser processing of organosilane monolayers

    Hideaki Yamamoto, Kazunori Okano, Takashi Tanii, Takanori Demura, Yoichiroh Hosokawa, Shun Nakamura

    NEUROSCIENCE RESEARCH   71   E236 - E237  2011年  [査読有り]

    DOI

  • Measuring Relative-Story Displacement and Local Inclination Angle Using Multiple Position-Sensitive Detectors

    Iwao Matsuya, Ryuta Katamura, Maya Sato, Miroku Iba, Hideaki Kondo, Kiyoshi Kanekawa, Motoichi Takahashi, Tomohiko Hatada, Yoshihiro Nitta, Takashi Tanii, Shuichi Shoji, Akira Nishitani, Iwao Ohdomari

    SENSORS   10 ( 11 ) 9687 - 9697  2010年11月  [査読有り]

     概要を見る

    We propose a novel sensor system for monitoring the structural health of a building. The system optically measures the relative-story displacement during earthquakes for detecting any deformations of building elements. The sensor unit is composed of three position sensitive detectors (PSDs) and lenses capable of measuring the relative-story displacement precisely, even if the PSD unit was inclined in response to the seismic vibration. For verification, laboratory tests were carried out using an X theta-stage and a shaking table. The static experiment verified that the sensor could measure the local inclination angle as well as the lateral displacement. The dynamic experiment revealed that the accuracy of the sensor was 150 mu m in the relative-displacement measurement and 100 mu rad in the inclination angle measurement. These results indicate that the proposed sensor system has sufficient accuracy for the measurement of relative-story displacement in response to the seismic vibration.

    DOI

  • 711 局所変形角と相対変位を測定可能な構造ヘルスモニタリング用層間変位センサの開発(OS7-3 非破壊評価と構造モニタリング)

    松谷 巌, 片村 立太, 佐藤 摩弥, 近藤 秀昭, 伊庭 美麓, 金川 清, 仁田 佳宏, 谷井 孝至, 庄子 習一, 西谷 章, 大泊 巌

    M&M材料力学カンファレンス   2010   434 - 436  2010年10月

     概要を見る

    We propose a novel relative-story displacement sensor for structural health monitoring. The sensor is composed of three pairs of position sensitive detector (PSD) units and light emitting diode (LED) arrays, and is capable of measuring both the local inclination angle of the PSD unit and the relative displacement between the PSD unit and the LED array. By immobilizing the LED arrays on the ceiling and the PSD units on the floor, we can accurately measure the relative-story displacement in real time. We have verified the measurement accuracy of the developed sensor using a shaking table and a θ stage, and the accuracy was evaluated to be approximately 0.15 mm in the displacement and 0.1 mrad in the local rotation angle. The results indicate that the developed sensor is applicable to the relative-story displacement measurement for the diagnostics of an actual building.

    CiNii

  • Single-molecule Study on the Decay Process of the Football-shaped GroEL-GroES Complex Using Zero-mode Waveguides

    Tomoya Sameshima, Ryo Iizuka, Taro Ueno, Junichi Wada, Mutsuko Aoki, Naonobu Shimamoto, Iwao Ohdomari, Takashi Tanii, Takashi Funatsu

    JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY   285 ( 30 ) 23157 - 23162  2010年07月  [査読有り]

     概要を見る

    It has been widely believed that an asymmetric GroEL-GroES complex (termed the bullet-shaped complex) is formed solely throughout the chaperonin reaction cycle, whereas we have recently revealed that a symmetric GroEL-(GroES)(2) complex (the football-shaped complex) can form in the presence of denatured proteins. However, the dynamics of the GroEL-GroES interaction, including the football-shaped complex, is unclear. We investigated the decay process of the football-shaped complex at a single-molecule level. Because submicromolar concentrations of fluorescent GroES are required in solution to form saturated amounts of the football-shaped complex, single-molecule fluorescence imaging was carried out using zero-mode waveguides. The single-molecule study revealed two insights into the GroEL-GroES reaction. First, the first GroES to interact with GroEL does not always dissociate from the football-shaped complex prior to the dissociation of a second GroES. Second, there are two cycles, the "football cycle " and the "bullet cycle," in the chaperonin reaction, and the lifetimes of the football-shaped and the bullet-shaped complexes were determined to be 3-5 s and about 6 s, respectively. These findings shed new light on the molecular mechanism of protein folding mediated by the GroEL-GroES chaperonin system.

    DOI

  • 光位置検出素子を利用した非接触型相対変位計測システム

    松谷 巌, 大塩 真, 冨士 良太, 佐藤 摩弥, 金川 清, 高橋 元一, 三浦 悟, 鈴木 康嗣, 畑田 朋彦, 片村 立太, 仁田 佳宏, 谷井 孝至, 庄子 習一, 西谷 章, 大泊 巌

    日本建築学会技術報告集   16 ( 33 ) 469 - 472  2010年06月

     概要を見る

    Recently, relative displacement measurement attracts much attention because of its capability for directly monitoring damages of a building structure. We have developed a noncontact-type relative displacement monitoring system by arranging a two-dimensional PSD paired with a LED array on each story, and investigated the feasibility of this system from the viewpoint of measurement accuracy.

    DOI CiNii

  • An Experimental Study on Relative Displacement Sensing Using Phototransistor Array for Building Structures

    Kiyoshi Kanekawa, Iwao Matsuya, Maya Sato, Ryota Tomishi, Motoichi Takahashi, Satoru Miura, Yasutsugu Suzuki, Tomohiko Hatada, Ryuta Katamura, Yoshihiro Nitta, Takashi Tanii, Shuichi Shoji, Akira Nishitani, Iwao Ohdomari

    IEEJ TRANSACTIONS ON ELECTRICAL AND ELECTRONIC ENGINEERING   5 ( 2 ) 251 - 255  2010年03月  [査読有り]

     概要を見る

    We propose a novel sensor for directly measuring the relative displacement of a building structure. The sensor is composed of a laser light source and a phototransistor (PT) at-ray. The PT array is immobilized on the floor together with a photo scattering plate made of glass, whereas the laser light source is separately immobilized on the ceiling. The photo scattering plate is placed in front of the PT array and distributes the laser beam oil the multiple PTs. The relative displacement between the ceiling and the floor is estimated by the distribution of the PT output voltages, and the displacement is estimated with a resolution finer than the interval between the PTs. The accuracy of the relative displacement sensor (RDS) is experimentally assessed by conducting a shaking table test exhibiting several waves from harmonic sinusoidal waves to real seismic waves. We discuss the feasibility of real-time monitoring system utilizing this sensor. (C) 2010 Institute of Electrical Engineers of Japan. Published by John Wiley & Sons, Inc.

    DOI

  • Measuring relative-story displacement and local inclination angle using multiple position-sensitive detectors.

    Matsuya Iwao, Katamura Ryuta, Sato Maya, Iba Miroku, Kondo Hideaki, Kanekawa Kiyoshi, Takahashi Motoichi, Hatada Tomohiko, Nitta Yoshihiro, Tanii Takashi, Shoji Shuichi, Nishitani Akira, Ohdomari Iwao

    Measuring relative-story displacement and local inclination angle using multiple position-sensitive detectors.   10 ( 11 )  2010年  [査読有り]

     概要を見る

    :We propose a novel sensor system for monitoring the structural health of a building. The system optically measures the relative-story displacement during earthquakes for detecting any deformations of building elements. The sensor unit is composed of three position sensitive detectors (PSDs) and lenses capable of measuring the relative-story displacement precisely, even if the PSD unit was inclined in response to the seismic vibration. For verification, laboratory tests were carried out using an Xθ-stage and a shaking table. The static experiment verified that the sensor could measure the local inclination angle as well as the lateral displacement. The dynamic experiment revealed that the accuracy of the sensor was 150 μm in the relative-displacement measurement and 100 μrad in the inclination angle measurement. These results indicate that the proposed sensor system has sufficient accuracy for the measurement of relative-story displacement in response to the seismic vibration.

    DOI

  • Green tea epigallocatechin gallate exhibits anticancer effect in human pancreatic carcinoma cells via the inhibition of both focal adhesion kinase and insulin-like growth factor-I receptor

    Yuko Sato, Hoang Anh Vu, Yuuichi Beppu, Hoang Thanh Chi, Kousuke Sasaki, Hideaki Yamamoto, Phan Thi Xinh, Takashi Tanii, Yukihiko Hara, Toshiki Watanabe, Iwao Ohdomari

    Journal of Biomedicine and Biotechnology   2010  2010年

     概要を見る

    The exact molecular mechanism by which epigallocatechin gallate (EGCG) suppresses human pancreatic cancer cell proliferation is unclear. We show here that EGCG-treated pancreatic cancer cells AsPC-1 and BxPC-3 decrease cell adhesion ability on micro-pattern dots, accompanied by dephosphorylations of both focal adhesion kinase (FAK) and insulin-like growth factor-1 receptor (IGF-1R) whereas retained the activations of mitogen-activated protein kinase and mammalian target of rapamycin. The growth of AsPC-1 and BxPC-3 cells can be significantly suppressed by EGCG treatment alone in a dose-dependent manner. At a dose of 100M which completely abolishes activations of FAK and IGF-1R, EGCG suppresses more than 50 of cell proliferation without evidence of apoptosis analyzed by PARP cleavage. Finally, the MEK1/2 inhibitor U0126 enhances growth-suppressive effect of EGCG. Our data suggests that blocking FAK and IGF-1R by EGCG could prove valuable for targeted therapy, which can be used in combination with other therapies, for pancreatic cancer. Copyright © 2010 Hoang Anh Vu et al.

    DOI PubMed

  • Green Tea Epigallocatechin Gallate Exhibits Anticancer Effect in Human Pancreatic Carcinoma Cells via the Inhibition of Both Focal Adhesion Kinase and Insulin-Like Growth Factor-I Receptor

    Hoang Anh Vu, Yuuichi Beppu, Hoang Thanh Chi, Kousuke Sasaki, Hideaki Yamamoto, Phan Thi Xinh, Takashi Tanii, Yukihiko Hara, Toshiki Watanabe, Yuko Sato, Iwao Ohdomari

    JOURNAL OF BIOMEDICINE AND BIOTECHNOLOGY    2010年  [査読有り]

     概要を見る

    The exact molecular mechanism by which epigallocatechin gallate (EGCG) suppresses human pancreatic cancer cell proliferation is unclear. We show here that EGCG-treated pancreatic cancer cells AsPC-1 and BxPC-3 decrease cell adhesion ability on micropattern dots, accompanied by dephosphorylations of both focal adhesion kinase (FAK) and insulin-like growth factor-1 receptor (IGF-1R) whereas retained the activations of mitogen-activated protein kinase and mammalian target of rapamycin. The growth of AsPC-1 and BxPC-3 cells can be significantly suppressed by EGCG treatment alone in a dose-dependent manner. At a dose of 100 mu M which completely abolishes activations of FAK and IGF-1R, EGCG suppresses more than 50% of cell proliferation without evidence of apoptosis analyzed by PARP cleavage. Finally, the MEK1/2 inhibitor U0126 enhances growth-suppressive effect of EGCG. Our data suggests that blocking FAK and IGF-1R by EGCG could prove valuable for targeted therapy, which can be used in combination with other therapies, for pancreatic cancer.

    DOI

  • Single-Molecule Imaging of 1:2 Groel-Groes Complexes in Zero-Mode Waveguides

    Sameshima, Tomoya, Ueno, Taro, Wada, Junichi, Iizuka, Ryo, Aoki, Mutsuko, Shimamoto, Naonobu, Ohdomari, Iwao, Tanii, Takashi, Funatsu, Takashi

    BIOPHYSICAL JOURNAL   98 ( 3 ) 34A - 34A  2010年  [査読有り]

  • Room Temperature Resonant Photocurrent in an Erbium Low-doped Silicon Transistor at Telecom Wavelength

    M. Celebrano, L. Ghirardini, M. FInazzi, G. Ferrari, Y. Chiba, A. Abdelghafar, M. Yano, T. Shinada, T. Tanii, E. Prati

    Nanomaterials 9 (2019) 416  

  • Nitrogen-Terminated Diamond Surface for Nanoscale NMR by Shallow Nitrogen-Vacancy Centers

    S. Kawai, H. Yamano, T. Sonoda, K. Kato, J. Buendia, T. Kageura, R. Fukuda, T. Okada, T. Tanii, T. Higuchi, M. Haruyama, K. Yamada, S. Onoda, T. Ohshima, W. Kada, O. Hanaizumi, A. Stacey, T. Teraji, S. Kono, J. Isoya, H. Kawarada

    J. Phys. Chem. C 123 (2019) 3594  

  • GeVn complexes for silicon-based room-temperature single-atom nanoelectronics

    S. Achilli, N. Manini, G. Onida, T. Shinada, T. Tanii, E. Prati

    Sci. Rep. 8 (2018) 18054  

  • Impact of modular organization on dynamical richness in cortical networks

    H. Yamamoto, S. Moriya, K. Ide, T. Hayakawa, H. Akima, S. Sato, S. Kubota, T. Tanii, M. Niwano, S. Teller, J. Soriano, A. Hirano-Iwata

    Science Advances 4 (2018) eaau4914  

  • LithographicallyEngineeredShallowNitrogen-VacancyCentersinDiamondforExternalNuclearSpinSensing

    R.Fukuda, P.Balasubramanian, I.Higashimata, G.Koike, T.Okada, R.Kagami, T.Teraji, S.Onoda, M.Haruyama, K.Yamada, M.Inaba, H.Yamano, F.Stürner, S.Schmitt, L.P.McGuinness, F.Jelezko, T.Ohshima, T.Shinada, H.Kawarada, W.Kada, O.Hanaizumi, T.Tanii, J.Isoya

    New.J.Phys.20(2018)083029  

  • Insitumodificationofcell-culturescaffoldsbyphotocatalysisofvisible-light-responsiveTiO2film

    S.Kono, K.Furusawa, A.Kurotobi, K.Hattori, H.Yamamoto, A.Hirano-Iwata, T.Tanii

    Jpn.J.Appl.Phys.57(2018)027001,1-5.  

  • Room-temperature1.54ƒÊmphotoluminescencefromEr:Oxcentersatextremelylowconcentrationinsilicon

    M.Celebrano, L.Ghirardini, M.Finazzi, Y.Shimizu, Y.Tu, K.Inoue, Y.Nagai, T.Shinada, Y.Chiba, A.Abderghafar, M.Yano, T.Tanii, E.Prati

    Opt.Lett.42(2017)3311.  

  • Atomprobetomographicassessmentofthedistributionofgermaniumatomsimplantedinasiliconmatrixthroughnano-apertures

    Y.Tu,B.Han, Y.Shimizu, K.Inoue, Y.Fukui, M.Yano, T.Tanii, T.Shinada, Y.Nagai

    Nanotechnology28(2017)385301.  

  • Effectofaradicalexposurenitridationsurfaceonthechargestabilityofshallownitrogen-vacancycentersindiamond

    T.Kageura, K.Kato, H.Yamano, E.Suaebah, M.Kajiya, S.Kawai, M.Inaba, T.Tanii, M.Haruyama, K.Yamada, S.Onoda, W.Kada, O.Hanaizumi, T.Teraji, J.Isoya, S.Kono, H.Kawarada

    Phys.Express10(2017)055503  

  • Identificationofyielddriftdeformationsandevaluationofthedegreeofdamagethroughthedirectsensingofdriftdisplacements

    P.Xiang, A.Nishitani, S.Marutani, K.Kodera, T.Hatada, R.Katamura, K.Kanekawa, T.Tanii

    EARTHQUAKEENGINEERING&STRUCTURALDYNAMICS45(2016)2085-2102.  

  • "Live-cell,label-freeidentificationofGABAergicandnon-GABAergicneuronsinprimarycorticalculturesusingmicropatternedsurface"

    S.Kono, H.Yamamoto, T.Kushida, A.Hirano-Iwata, M.Niwano, T.Tanii

    PLOSONE11(2016)e0160987.  

  • "Size-dependentregulationofsynchronizedactivityinlivingneuronalnetworks"

    H.Yamamoto, S.Kubota, Y.Chida, M.Morita, S.Moriya, H.Akima, S.Sato, A.Hirano-Iwata, T.Tanii, M.Niwano

    Phys.Rev.E94(2016)012407.  

  • Deterministicdopingtosiliconanddiamondmaterialsforquantumprocessing.InNanotechnology(IEEE-NANO)

    Shinada,T.Prati, E.Tanii, T.Teraji, T.Onoda, S.Jelezko, F.&Isoya, August

    2016IEEE16thInternationalConferenceon(pp.888-890).IEEE.  

  • 光触媒作用を用いた液中表面改質による培養神経細胞の操作

    山本英明, 平野愛弓, 谷井孝至, 庭野道夫

    表面科学37,224-229(2016).  

  • Quantitativecomparisonofcancerandnormalcelladhesionusingorganosilanemonolayertemplates:Anexperimentalstudyontheanti-adhesioneffectofgreen-teacatechins

    R.Sakamoto, E.Kakinuma, K.Masuda, Y.Takeuchi, K.Ito, K.Iketaki, T.Matsuzaki, S.Nakabayashi, H.Y.Yoshikawa, H.Yamamoto, Y.Sato, T.Tanii

    InVitroCell.Dev.Biol.-Animal52(2016)799-805.  

  • QuantitativeEvaluationofCancerCellAdhesiontoSelf-AssembledMonolayer-PatternedSubstratesbyReflectionInterferenceContrastMicroscopy,

    T.Matsuzaki, K.Ito, K.Masuda, E.Kakinuma, R.Sakamoto, K.Iketaki, H.Yamamoto, M.Suganuma, N.Kobayashi, S.Nakabayashi, T.Tanii, H.Yoshikawa

    J.Phys.Chem.B120(2016)1221.  

  • Neuraminidase-dependentDegradationofPolysialicAcidIsRequiredfortheLaminationofNewlyGeneratedNeurons

    M.Sajo, H.Sugiyama, H.Yamamoto, T.Tanii, N.Matsuki, Y.Ikegaya, R.Koyama

    PLOSONE11(2016)e0146398.  

  • PhotopatterningProteinsandCellsinAqueousEnvironmentusingTiO2Photocatalysis

    H.Yamamoto, T.Demura, K.Sekine, S.Kono, M.Niwano, A.Hirano-Iwata, T.Tanii

    JournalofVisualizedExperiments104(2015)  

  • Driftdisplacementdatabasedestimationofcumulativeplasticdeformationratiosforbuildings

    A.Nishitani, C.Matsui, Y.Hara, P.Xiang, Y.Nitta, T.Hatada, R.Katamura, I.Matsuya, T.Tanii

    SmartStructuresandSystems15,881(2015).  

  • FluorescencePolarizationSwitchingfromaSingleSiliconVacancyColourCentreinDiamond

    Tamura,TakashiTanii, TokuyukiTeraji, ShinobuOnoda, TakeshiOhshima, JunichiIsoya, TakahiroShinada,EWu,HepingZeng

    ScientificReports5,12244(2015).  

  • SurfaceModificationofCellScaffoldinAqueousSolutionUsingTiO2PhotocatalysisandLinkerProteinL2forPatterningPrimaryNeurons

    KoheiSekine,HideakiYamamoto, ShoKono,TakeshiIkeda, AkioKuroda, TakashiTanii

    e-JournalofSurfaceScienceandNanotechnologyVol.13,213-218(2015).  

  • Arrayofbrightsilicon-vacancycentersindiamondfabricatedbylow-energyfocusedionbeamimplantation

    SyutoTamura, GodaiKoike, AkiraKomatsubara,TokuyukiTeraji, ShinobuOnoda,LiamP.McGuinness, LachlanRogers, BorisNaydenov,E.Wu,LiuYan, FedorJelezko, TakeshiOhshima, JunichiIsoya, TakahiroShinada, dTakashiTanii

    Appl.Phys.Express7,115201(2014).  

  • Insitumodificationofcell-culturescaffoldsbyphotocatalyticdecompositionoforganosilanemonolayers

    HideakiYamamoto, TakanoriDemura, MayuMorita, ShoKono, KoheiSekine, TakahiroShinada, ShunNakamura, TakashiTanii

    Biofabrication6(2014)035021(8pp).  

  • AnExperimentalStudyonSimultaneousMeasurementofRelativeDisplacementandLocalInclinationAngle

    I.Matsuya, K.Katamura, K.Ihara, T.Tanii, Y.Nitta, A.Nishitani

    AIJJ.Technol.Des.19(2013)951-954.  

  • Improvingzero-modewaveguidestructureforenhancingsignal-to-noiseratioofreal-timesingle-moleculefluorescenceimaging

    T.Tanii, R.Akahori, S.Higano, K.Okubo, H.Yamamoto, T.Ueno, T.Funatsu

    Acomputationalstudy,Phys.Rev.E88(2013)012727.  

  • Differentialneuriteoutgrowthisrequiredforaxonspecificationbyculturedhippocampalneurons

    H.Yamamoto, T.Demura, M.Morita, G.Banker, T.Tanii, S.Nakamura

    JournalofNeurochemistry123(2012)904-910.  

  • Anderson-Motttransitioninarraysofafewdopantatomsinasilicontransistor

    E.Prati, M.Hori, F.Guagliardo, G.Ferrari, T.Shinada

    NatureNano.7,pp443-447(2012).*The2ndauthorwasaposdocoftheTANIIresearchgroup  

  • Reductionofthresholdvoltagefluctuationinfield-effecttransistorsbycontrollingindividualdopantposition

    M.Hori, K.Taira, A.Komatsubara, K.Kumagai, Y.Ono, T.Tanii, T.Endoh, T.Shinada

    Appl.Phys.Lett.101,013503(2012).  

  • Developmentof5-DOFRelative-StoryDisplacementSensorforStructuralHealthMonitoring

    I.Matsuya, R.Katamura, M.Iba, H.Kondo, K.Kanekawa, T.Hatada, Y.Nitta, T.Tanii, S.Shoji, A.Nishitani, I.Ohdomari

    TransactionsoftheJapanSocietyofMechanicalEngineersC78,(2012)1451-1459  

  • Quantumtransportindeterministicallyimplantedsingle-donorsinSiFETs

    T.Shinada, M.Hori, F.Guagliardo, G.Ferrari, A.Komatubara, K.Kumagai, T.Tanii, T.Endo, Y.OnoandE.Prati

    IEDMTech.Dig.(2011)697-700  

  • MeasurementofActualBuildingMotionsonForcedVibrationTestbyNoncontact-TypeRelativeStoryDisplacementSensors

    T.Hatada, M.Takahashi, R.Katamura, Y.Suzuki, I.Matsuya, K.Kanekawa, Y.NittaandA.Nishitani

    2010,proceedingsofFifthWorldStructuralControlandMonitoring  

  • Single-moleculestudyonthedecayprocessofthefootball-shapedGroEL-GroEScomplexusingzero-modewaveguides

    T.Sameshima, R.Iizuka, T.Ueno, J.Wada, M.Aoki, N.Shimamoto, I.Ohdomari, T.Tanii, T.Funatsu

    TheJournalofBiologicalChemistry285(2010)23159  

  • MeasurementofRelativeStoryDisplacementsbyNoncontact-TypeSensorsonForcedVibrationTestofanActualBuilding

    T.Hatada, M.Takahashi, Y.Suzuki, I.Matsuya, K.Kanekawa, Y.Nitta, A.Nishitani

    JournalofStructuralandConstructionEngineering,AIJ,2010,75(2010)1257  

  • Developmentofnoncontact-typerelativestorydisplacementmonitoringsystem

    I.Matsuya, R.Tomishi, M.Sato, K.Kanekawa, M.Takahashi, S.Miura, Y.Suzuki, T.Hatada, M.Oshio, R.Katamura, Y.Nitta, T.Tanii, S.Shoji, A.Nishitani, dI.Ohdomari

    ProceedingsofThe5thANCRiSST,2010,550  

  • PerformanceevaluationofMOSFETswithdiscretedopantdistributionbyone-by-onedopingmethod

    T.Shinada, M.Hori, Y.Ono, K.Taira, A.Komatsubara, T.Tanii, T.Endoh, I.Ohdomari

    Proc.SPIEAdvancedLithography,2010  

  • In-situ guidance of individual neuronal processes by wet femtosecond-laser processing of self-assembled monolayers

    H.Yamamoto, K.Okano, T.Demura, Y.Hosokawa, H.Masuhara, T.Tanii, S.Nakamura

    Appl. Phys. Lett. 99 (2011) 163701  

  • Impact of a few Dopant Positions Controlled by Deterministic Single-Ion Doping on the Transconductance of Field-Effect Transistors

    M.Hori, T.Shinada, Y.Ono, A.Komatsubara, K.Kumagai, T.Tanii, T.Endoh, I.Ohdomari

    Appl. Phys. Lett. 99 (2011) 062103  

  • A Relative-Story Displacement Sensor for Structural Health Monitoring Capable of Measuring the Local Inclination Angle and the Relative Displacement

    I.Matsuya, R.Katamura, M.Sato, H.Kondo, M.Iba, K.Kanekawa, Y.Nitta, T.Tanii, S.Shoji, A.Nishitani, I.Ohdomari

    Transactions of the Japan Society of Mechanical Engineers Part A 77 (2011) 736  

  • Relative-Story Displacement Sensor for Measuring Five-Degree-of-Freedom Movement of Building Layers

    I.Matsuya, R.Katamura, M.Sato, M.Iba, H.Kondo, K.Kanekawa, M.Takahashi, T.Hatada, Y.Nitta, T.Tanii, S.Shoji, A.Nishitani, I.Ohdomari

    Proceedings of SPIE Smart Structures / NDE 2011, 7981 (2011) 79810C  

  • Application of Organosilane Monolayer Template to Quantitative Evaluation of Cancer Cell Adhesive Ability

    T.Tanii, K.Sasaki, K.Ichisawa, T.Demura, Y.Beppu, H.A.Vu, H.T.Chi, H.Yamamoto, Y.Sato

    Jpn. J. Appl. Phys. 50 (2011) 06GL01  

  • Enhancing Single-Ion Detection Efficiency by Applying Substrate Bias Voltage for Deterministic SIngle-Ion Doping

    M.Hori, T.Shinada, K.Taira, A.Komatsubara, Y.Ono, T.Tanii, T.Endoh, I.Ohdomari

    Applied Physics Express 4 (2011) 046501  

  • Fabrication of Zero-Mode Waveguide by Ultraviolet Nanoimprint Lithography Lift-Off Process

    J.Wada, S.Ryu, Y.Asano, T.Ueno, T.Funatsu, T.Yukawa, J.Mizuno, T.Tanii

    Jpn. J. Appl. Phys. 50 (2011) 06GK07  

  • Relative-Story Displacement Sensor for Structural Health Monitoring Capable of Measuring the Local Inclination Angle and the Relative Displacement

    I.Matsuya, R.Katamura, M.Sato, H.Kondo, M.Iba, K.Kanekawa, Y.Nitta, T.Tanii, S.Shoji, A.Nishitanim, I.Ohdomari

    Transactions of the Japan Society of Mechanical Engineers A 77, 2011, in press  

  • Development of Lateral-Displacement Sensor for Real-Time Detection of Structural Damage

    I.Matsuya, R.Tomishi, M.Sato, K.Kanekawa, Y.Nitta, M.Takahashi, S.Miura, Y.Suzuki, T.Hatada, R.Katamura, T.Tanii, S.Shoji, A.Nishitani, I.Ohdomari

    IEEJ Transactions on Electrical and Electronic Engineering, 6, (2011), 266-272  

  • Green Tea Epigalocatechin Gallate (EGCG) Exhibits Anticancer Effect in Human Pancreatic Carcinoma Cells via Inhibition of both Focal Adhesion Kinase and Insulin-like Growth Factor-I Receptor

    H.A.Vu, Y.Beppu, H.T.Chi, K.Sasaki, H.Yamamoto, P.T.Xinh, T.Tanii, Y.Hara, T.Watanabe, Y.Sato, I.Ohdomari

    Journal of Biomedicine and Biotechnology, 2010, 290516  

  • Reliable Single Atom Doping and Discrete Dopant Effects on Transistor Performance

    T.Shinada, M.Hori, Y.Ono, K.Taira, A.Komatsubara, T.Tanii, T.Endoh, I.Ohdomari

    IEDM Tech. Dig., 2010, 592  

  • Noncontact-type relative displacement monitoring system using position sensitive detector

    I.Matsuya, M.Oshio, R.Tomishi, M.Sato, K.Kanekawa, M.Takahashi, S.Miura, Y.Suzuki, T.Hatada, R.Katamura, Y.Nitta, T.Tanii, S.Shoji, A.Nishitani, I.Ohdomari

    AIJ Journal of Technology and Design 16, 2010, 469-472  

  • A Relative-Story Displacement Sensor Resolving the Angular Error Problem

    I.Matsuya, M.Sato, H.Kondo, M.Iba, K.Kanekawa, T.Tanii, A.Nishitani, I.Ohdomari, R.Katamura

    Proceeding of IEEE SENSORS 2010 Conference, 1441-1444.  

  • Measuring Relative-Story Displacement and Local Inclination Angle Using Multiple Position-Sensitive Detectors

    I.Matsuya, R.Katamura, M.Sato, M.Iba, H.Kondo, K.Kanekawa, M.Takahashi, T.Hatada, Y.Nitta, T.Tanii, S.Shoji, A.Nishitani, I.Ohdomari

    Sensors 10, 2010, 9687-9697  

  • An Experimental Study on Relative Displacement Direct Sensing in Real Time using Phototransistor Array for Building Structures

    K.Kanekawa, I.Matsuya, M.Sato, Y.Nitta, T.Tanii, A.Nishitani, S.Shoji, I.Ohdomari, T.Hatada, M.Takahashi

    proceedings of Fifth World Structural Control and Monitoring  

  • An Optical Lateral-Displacement Sensor for Measuring the Interstory of a Building

    I.Matsuya, R.Tomishi, M.Sato, K.Kanekawa, T.Hatada, Y.Nitta, T.Tanii, S.Shoji, A.Nishitani, I.Ohdomari

    proceedings of Fifth World Structural Control and Monitoring  

  • Single-molecule study on the decay process of the football-shaped GroEL-GroES complex using zero-mode waveguides

    T.Sameshima, R.Iizuka, T.Ueno, J.Wada, M.Aoki, N.Shimamoto, I.Ohdomari, T.Tanii, T.Funatsu

    The Journal of Biological Chemistry 285 (2010) 23159  

  • An Experimental Study on Interstory Displacement Measurement Using Phototransistor Array

    K.Kanekawa, I.Matsuya, M.Sato, R.Tomishi, M.Takahash, S.Miura, Y.Suzuki, T.Hatada, R.Katamura, Y.Nitta, T.Tanii, S.Shoji, A.Nishitani, I.Ohdomari

    Proceedings of The 5th ANCRiSST, 2010, 161  

  • Development of noncontact-type relative story displacement monitoring system

    I.Matsuya, R.Tomishi, M.Sato, K.Kanekawa, M.Takahashi, S.Miura, Y.Suzuki, T.Hatada, M.Oshio, R.Katamura, Y.Nitta, T.Tanii, S.Shoji, A.Nishitani, I.Ohdomari

    Proceedings of The 5th ANCRiSST, 2010, 550  

  • An Experimental Study on Relative Displacement Sensing Using Phototransistor Array for Building Structures, IEEJ Transactions on Electrical and Electronic Engineering 5, 2010, 251.

    K.Kanekawa, I.Matsuya, M.Sato, R.Tomishi, M.Takahashi, S.Miura, Y.Suzuki, T.Hatada, R.Katamura, Y.Nitta, T.Tanii, S.Shoji, A.Nishitani, I.Ohdomari

     

  • Performance enhancement of semiconductor devices by control of discrete dopant distribution, Nanotechnology 20, 2009, 365205.

    M.Hori, T.Shinada, K.Taira, N.Shimamoto, T.Tanii, T.Endo, I.Ohdomari

     

  • Effect of the C-Terminal Truncation on the functional Cycle of Chaperonin GroEL, Implication that the C-Terminal Region Faciliates the Transaction from the Folding-Arrested to the Folding-Competent State, The Journal of Biological Chemistry 283, 2008,

    M.Suzuki, T.Ueno, R.Iizuka, T.Miura, T.Zako, R.Akahori, T.Miyake, N.Shimamoto, M.Aoki, T.Tanii, I.Ohdomari, T.Funatsu

     

  • Real-Time Imaging of Single-Molecule Fluorescence with a Zero-Mode Waveguide for the Analysis of Protein-Protein Interaction, Analytical Chemistry 80, 2008, 6018.

    T.Miyake, T.Tanii, H.Sonobe, R.Akahori, N.Shimamoto, T.Ueno, T.Funatsu, I.Ohdomari

     

  • Single Molecule Imaging of Chaperonin Functions Using Zero-Mode Waveguides, Biophys. J. 554A, 2007.

    T.Ueno, T.Tanii, N.Shimamoto, T.Miyake, H.Sonobe, I.Oodomari, T.Funatsu

     

  • Ultrasensitive Detection of Biomolecules Using Functionalized Multi-Walled Carbon Nanotubes, Sens. & Actuat. B 124, 2007, 161.

    P.-A.Hu, T.Tanii, G-J.Zhang, T.Hosaka, I.Ohdomari

     

  • Selectivity Improvement in Protein Nanopatterning with a Hydroxy-Terminated Self-Assembled Monolayer Template, Nanotechnology 18, 2007, 305034.

    T.Miyake, T.Tanii, T.Zako, T.Funatsu, I.Ohdomari

     

  • Protein Adsorption on Self-Assembled Monolayers Induced by Surface Water Molecule, Jpn. J. Appl. Phys. 46, 2007, 3277.

    Y.Kanari, Y.Shoji, H.Ode, T.Miyake, T.Tanii, T.Hoshino, I.Ohdomari

     

  • A Novel Approach to Au Nanoparticle-Based Identification of DNA Nanoarrays, Frontiers in Bioscience 12, 2007, 4773.

    G.-J.Zhang, T.Tanii, Y.Kanari, C.Yasumuro, T.Matsukawa, M.Masahara, I.Ohdomari

     

  • Nanometer-Sized Polyradical Particles; Organic Magnetic Dot Array Formed on a Silicon Microfabricated Substrate, Journal of Polymer Science A, 2006 521.

    M.Tanaka, S.Imai, T.Tanii, Y.Numao, N.Shimamoto, I.Ohdomari, H.Nishide

     

  • Production of Nanopatterns by a Combination of Electron Beam Lithography and a Self-Assembled Monolayer for an Antibody Nanoarray, Journal of Nanoscience and Nanotechnology 7, 2007, 410.

    G.-J.Zhang, T.Tanii, K.Yuzo, I.Ohdomari

     

  • Packing of Submeter-Sized Polysterene Particles within the Micrometer-Sized Recessed Patterns on Silicon Substrate, Science and Technology of Advanced Materials 7, 2006, 451.

    M.Tanaka, N.Shimamoto, T.Tanii, I.Ohdomari, H.Nishide

     

  • Nanopatterning of Hdroxy-Terminated Self-Assembled Monolayer Taking Advantage of Terminal Group Modification, Chemical Physics Letters 426, 2006, 361.

    T.Miyake, T.Tanii, K.Kato, T.Hosaka, Y.Kanari, H.Sonobe, I.Ohdomari

     

  • Enhancement of field emission characteristics of tungsten emitters by single-walled carbon nanotube modification, Appl. Phys. Lett. 88, 2006, 33116.

    D.Ferrer, T.Tanii, I.Matsuya, G. Zhong, S.Okamoto, H.Kawarada, T.Shinada, I.Ohdomari

     

  • Nanoscale Patterning of Protein Using Electron Beam Lithography of Organosilane Self-Assembled Monolayers, small 1, 2005, 833.

    G.-J.Zhang, T.Tanii, T.Zako, T.Hosaka, T.Miyake, Y.Kanari, T.Funatsu, I.Ohdomari

     

  • A Novel Process for Fabrication of Gated Silicon Field Emitter Array Taking Advantage of Ion Bombardment Retarded Etching, Jpn. J. Appl. Phys. 44, 2005, 5191.

    T.Tanii, S.Fujita, Y.Numao, I.Matsuya, M.Sakairi, M.Masahara, I.Ohdomari

     

  • Hybridization of Deoxyribonucleic Acid and Immobilization of Green Fluorescent Protein on Nanostructured Organosilane Templates, Jpn. J. Appl. Phys. 44, 2005, 5851.

    T.Tanii, T.Hosaka, T.Miyake, Y.Kanari, G.-J.Zhang, T.Funatsu, I.Ohdomari

     

  • Electron Beam Lithography on Organosilane Self-Assembled Monolayer Resist, Jpn. J. Appl. Phys. 43, 2004, 4396.

    T.Tanii, T.Hosaka, T.Miyake, I.Ohdomari

     

  • Selective Deposition of Polystyrene Nano-particles in the Nanoetchpit-Array on a Silicon Substrate, Chem. Commun., 2004, 978.

    M.Tanaka, T.Hosaka, T.Tanii, I.Ohdomari, H.Nishide

     

  • Attachment of DNA to Microfabricated Arrays with Self-Assembled Monolayer, Thin Solid Films 464, 2004, 452.

    G.-J.Zhang, T.Tanii, T.Miyake, T.Funatsu, I.Ohdomari

     

  • Selective Growth of Carbon Nanostructures on Nickel Implanted Nanopyramid Array, Appl. Surf. Sci. 234, 2004, 72.

    D.Ferrer, T.Shinada, T.Tanii, J.Kurosawa, G.Zhong, Y.Kubo, S.Okamoto, H.Kawarada, I.Ohdomari

     

  • Preferential Immobilization of Biomolecules onto Silicon Microstructure Array by Means of Electron Beam Lithography onto Organosilane Self-Assembled Monolayer Resist, Appl. Surf. Sci. 234, 2004, 102.

    T.Tanii, T.Hosaka, T.Miyake, G.-J.Zhang, T.Zako, T.Funatsu, I.Ohdomari

     

  • Patterning of DNA Nanostructures on Silicon Surface by Electron Beam Lithography of Self-Assembled Monolayer, Chem. Commun., 2004 786.

    G.-J.Zhang, T.Tanii, T.Funatsu, I.Ohdomari

     

  • The immobilization of DNA on microstructured patterns fabricated by maskless lithography, Sens. & Actuat. B 97, 2004, 243.

    G.-J.Zhang, T.Tanii, T.Zako, T.Funatsu, I.Ohdomari

     

  • Fabrication of ultrathin Si Channel Wall For Vertical Double-Gate Metal-Oxide-Semiconductor Field-Effect Transistor (DG MOSFET) by Using Ion-Bombardment-Retarded Etching (IBRE), Jpn. J. Appl. Phys. 42, 2003, 1916.

    M.Masahara, T.Matsukawa, K.Ishii, Y.Liu, M.Nagao, H.Tanoue, T.Tanii, I.Ohdomari, S.Kanemaru, E.Suzuki

     

  • Novel Nanoprocess for Vertical Double-Gate MOSFET Fabrication by Ion-Bombardment-Retarded Etching, Extended Abstracts of the 2002 International Conference on Solid State Devices and Materials, 2002, 426.

    M.Masahara, T.Matsukawa, K.Ishii, Y.Liu, M.Nagao, H.Tanoue, T.Tanii, I.Ohdomari, S.Kanemaru, E.Suzuki

     

  • Fabrication of Adenosine Triphosphate-Molecule Recognition Chip by Means of Bioluminous Enzyme Luciferase Jpn. J. Appl. Phys. 40, 2001, L1135.

    T.Tanii, T.Goto, T.Iida, M.Koh-Masahara, I.Ohdomari

     

  • Simple Fabrication of Silicon Nanopyramids for High Performance Field Emitter Array, Extended Abstracts of the 2001 International Conference on Solid State Devices and Materials, 2001, 578.

    T.Tanii, T.Goto, T.Iida, M.Koh-Masahara, I.Ohdomari

     

  • Novel Process for High-Density Buried Nanopyramid Array Fabrication by Means of Dopant Ion Implantation and Wet Etching, Jpn. J. Appl. Phys. 40, 2001, 2837.

    M.Koh, T.Goto, A.Sugita, T.Tanii, T.Iida, T.Shinada, T.Matsukawa, I.Ohdomari

     

▼全件表示

書籍等出版物

  • ナノテクノロジー大辞典

    2004年

  • 実験化学講座

    2004年

  • シングルイオン注入法を用いたナノスケール表面改質

    2002年

  • 図解 ナノテクノロジーのすべて

    2001年

  • とことんやさしいナノテクノロジー

    2001年

産業財産権

  • 変位計測装置

    5610427

    谷井 孝至, 仁田 佳宏, 金川 清, 松谷 巌, 大泊 巌, 西谷 章, 庄子 習一

    特許権

  • 変位計測装置

    5544619

    松谷 巌, 大泊 巌, 西谷 章, 庄子 習一, 谷井 孝至, 仁田 佳宏, 金川 清

    特許権

  • 傾斜角度測定器

    庄子 習一, 仁田 佳宏, 谷井 孝至, 大泊 巌, 西谷 章, 金川 清, 松谷 巌, 冨士 良太

    特許権

  • 変位計測装置、及び変位計測方法

    谷井 孝至, 金川 清, 松谷 巌, 大泊 巌, 西谷 章, 庄子 習一, 仁田 佳宏

    特許権

  • 変位計測システムを用いた建築物の施工管理方法

    5137875

    庄子 習一, 谷井 孝至, 松谷 巌, 大泊 巌, 西谷 章, 仁田 佳宏, 金川 清

    特許権

  • 検出装置及び検出方法

    5188844

    谷井 孝至, 金川 清, 大泊 巌

    特許権

  • 微小開口膜、生体分子間相互作用解析方法及びその装置

    谷井 孝至, 島本 直伸, 大泊 巌, 上野 太郎, 船津 高志

    特許権

  • 繊維状カーボンの形態・位置制御方法、その方法を用いて位置制御された繊維状カーボン

    大泊 巌, 品田 賢宏, 谷井 孝至

    特許権

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 決定論的ドーピング法に基づく量子物性制御とその確率的情報処理・量子計測への応用

    研究期間:

    2018年04月
    -
    2023年03月
     

     概要を見る

    本研究では、決定論的ドーピング法の多元化、新たな量子物性の発現と制御、それらが動作を支配するデバイス・回路の創製、確率的情報処理・量子計測の展開を目指している。本年度は、以下の項目に取り組んだ。①決定論的ドーピング法の多元化と量子機能の発現:室温で量子準位系の利用が期待されるドーパント(Ge、Er)、及び窒素-空孔(NV)センターをそれぞれSi、及びダイヤモンド表面に配列形成するプロセスを構築すると共に、以下に示す量子準位系の生成と評価を進めた。(1)Ge-空孔(GeVn)/Si:深い準位を作るGeイオン注入と続く低温熱処理によって生成されるGeVnに対して第一原理計算を行い、ドナー準位を同定した。室温での量子輸送を期待させる結果を得た。(2)Er/Si:2準位系を作るErを注入し、1.5um帯の赤外光照射による光励起電流を計測した。Erの光吸収スペクトルに比例する光励起電流を観測し、赤外領域での光吸収能を見出した。(3)Er-酸素複合体/Si:3次元アトムプローブ法により、単一フォトン源として期待されるEr-Ox複合体の分布を捉えることに成功し、光学的活性との関連性調査を開始した。(4) NVセンター/ダイヤモンド:NVセンターの生成収率を向上させると共に、基板表面の水素核スピンを検出(ナノNMR)できることを見出した。②単一ドーパント量子ドットを用いたTHz波検出器の開発:テラヘルツ検出の周波数帯域に応じた最適なアンテナ構造を設計し、デバイスとの結合を行った。③単一ドーパントデバイスの回路実装:単一ドーパントデバイスの特性・物理現象を解析し、既に単電子デバイス用に開発済みのシミュレーターの単ドーパント系への拡張を進めた。これを基に、想定される単ドーパントデバイスの回路構成を検討し、具体的なシミュレーションとその動作検証を行い、その有用性を確認した。決定論的ドーピング法における注入可能な元素の拡充、及びドーパントが作る量子準位系の作製と評価が順調に進んでいる。これらの知見が、単一ドーパントデバイス上に構成される回路用のシミュレーター開発にフィードバックされ、革新的な情報処理を創出すべく、同デバイス固有の特性が柔軟に導入可能なシミュレーターへと拡張が図られている。加えて、NVセンター/ダイヤモンド系において、生成したNVセンターのほぼ全てを用い、水素核スピンが検出され、タンパク質等比較的大きな分子が少数個存在する系、及び水分子等比較的小さな分子に対して、言わばナノNMRの可能性が示されるなど新たな量子計測の展開が生まれている。①決定論的ドーピング法の多元化と量子機能の発現:(1)Ge-空孔(GeVn)/Si:GeVnの1次元量子ドット配列系に拡張した計算に着手する。これにより、1次元量子ドット配列中の量子ランダムウォーク等の電子輸送機構の計算と実験による検証を進める。(2)Er/Si:Er注入領域面積および注入個数を低減することにより、単一不純物原子による光励起電流の計測および単一光子放出を目指す。(3)Er-酸素複合体/Si:Er-酸素の複合体の量とフォトルミネッセンス発光強度の関連について、より定量的な解析を実施する。これにより、ドーパント分布-発光分布の相関を得る一連の実験体系を構築し、Erのみならず、本課題の狙いであるSi及びダイヤモンド表面上に導入した他のドーパント種へも適用し、量子ドットとして機能する個々のドーパントを自在に配置するプロセスの開発を目指す。(4) NVセンター/ダイヤモンド:タンパク質等比較的大きな分子が少数個だけあれば、それを検出できる系に拡張すること、及び水分子等比較的小さな分子のNMRが実行できるようにする。②単一ドーパント量子ドットを用いたTHz波検出器の開発と量子コヒーレント制御:テラヘルツ応答の検出周波数帯域、検出感度の両面から最適なドーパント分布やチャネル形状の設計に目処を付け、単一ドーパントに基づく量子ドットを用いたTHz波検出器の開発に着手する。③単一ドーパント量子物性制御デバイスの回路実装:世界初となる単ドーパントデバイス用の回路シミュレーターの完成を目指す。具体的には、単一ドーパントデバイスならではの特性・物理現象を抽出し、理論化を進めると共に、シミュレーターの拡張を図っていく

  • ダイヤモンド表面での実神経細胞回路構築とNVセンタを用いた自発発火活動の長期計測

    研究期間:

    2018年06月
    -
    2021年03月
     

     概要を見る

    光検出磁気共鳴計測を活用してダイヤモンド表面に構築した神経細胞回路の自発発火を表面近傍のNVセンターを介して計測できる手法を構築する。具体的には,(1)ガラス基板上で培ってきた,表面マイクロパターニングによる神経細胞回路の構築法を,これまで神経細胞足場として活用されたことがないダイヤモンド表面でも実行可能にする第1段階と,(2)ダイヤモンド表面に構築した実神経細胞回路を伝搬するパルス電流を,NVセンタを磁気プロ―ブとする光検出磁気共鳴法によって,リアルタイムかつ長期間にわたって計測できる方法論を構築する第2段階とからなる。2018年度には共焦点顕微鏡上で長期間にわたって神経細胞を培養できる環境の構築と、上記(1)の段階に着手した。前者については、共焦点顕微鏡のステージにマウントできる小型の細胞培養装置を自作し、やはり自作した小型の温湿度および二酸化炭素濃度制御装置にそれを接続した。温湿度および二酸化炭素濃度の制御に関する問題は今のところ見られていない。ダイヤモンド基板を介して神経細胞と対物レンズとの間に励起光および蛍光を通す必要があるが、この部分の設計・試作については2019年度に持ち越すこととした。後者の(1)については、Ibダイヤモンド(100)基板表面を窒素終端したもの、またはその表面にポリリジンをコートしたものを用意し、ラット初代培養を行って、神経細胞の接着および成長を評価した。当初期待した窒素終端表面に神経細胞は接着せず、ポリリジンコート表面で神経細胞は遜色なく成長することを見出した。共焦点顕微鏡に搭載する小型の細胞培養装置を自作することにより、やはりそれまでに自作されていた共焦点顕微鏡のステージに整合性よくマウントできたため。これにより、ダイヤモンド基板と対物レンズとの間の仕様についても2019年度に問題なく進められる見通しである。上記の(1)第1段階と,(2)第2段階とのうち、2019年度に(1)を完了し、2020年度に向けて順次(2)に移行する方針をとる。第一段階では、①CVDダイヤモンド表面に対する電子線リソグラフィとプラズマ処理によるダイヤモンド表面終端基(酸素終端表面/水素終端表面)のパターニング(連携者:早稲田大・川原田洋教授)、②接着分子の自己吸着特性を利用した神経細胞の足場パターン(細胞接着表面/細胞非接着表面)の形成、③胎生18日ラット大脳皮質神経細胞の播種とパターン形状に沿った神経細胞の長期培養法の構築を行う。第2段階では、下記①から③の実験を通して、ダイヤモンド上の神経細胞回路の自発発火をNVセンターで捕捉する:①単一NVセンター配列およびアンサンブル系(δドープ層)上に構築したモデル系(金属配線等)を用いた直流磁場計測、②単一NVセンター配列上への神経細胞回路のアライメントおよび長期培養と自発発火計測、③NVセンターのアンサンブル系(δドープ層)での長期培養と自発発火計測を試みる

  • ダイヤモンドNVセンタを活用する光パルス磁気共鳴法の創薬応用を目指した高度化

    研究期間:

    2017年04月
    -
    2020年03月
     

     概要を見る

    医薬品開発における薬物探索など、創薬への応用展開を念頭に、1分子のタンパク質を標的とする光パルス磁気共鳴法の実行可能性評価を行う。このために、標的タンパク質と薬物候補の結合状態を、ダイヤモンド基板表面の浅い窒素-空孔複合欠陥を用いた光パルス磁気共鳴法を用いて測定することが本研究の最終目標である。2017年度に共焦点顕微鏡の光学系のセットアップと改良を行ったが、2018年度には光パルス磁気共鳴法の実装を行い、単一NVセンタの単一電子スピン操作およびスピン状態の計測を室温で実行できることを確認した。具体的にはローエンドFPGAを用いて、電子回路を自作のHDLで記述し、その周辺回路を自作した。これにより汎用装置に比して1/50程度まで安価に実装できることを示した(2019年春季応用物理学会Poster Award)。並行して、1分子のタンパク質を標的とする光パルス磁気共鳴法の実装を行った。具体的には、ダイヤモンド表面にナノスケールの微小容器(これに1分子タンパク質閉じ込める)を形成し、その容器の直下に単一NVセンタを形成するプロセスを構築した。12C濃縮CVDダイヤモンド(100)薄膜に電子線リソグラフィー、窒素イオン注入、ICPドライエッチングを行うことにより、微小容器形成とその直下の単一NVセンタの形成を試みた。ダイヤモンド表面近傍に単一NVセンターを配列形成でき、それらすべてがナノNMR応用(ダイヤモンド表面の少数個のプロトン検出)に適用できることを示した(2018年秋季応用物理学会Poster Award)。ドライエッチングとの組み合わせにより、さらに微小容器を自己整合的に形成でき、原子間力顕微鏡と共焦点顕微鏡観察により配列形成した微小容器の直下に単一NVセンタが形成できていること、加えて、単一NVセンタが十分な電荷安定性およびコヒーレンス特性を示すことを確認した。12C濃縮CVDダイヤモンド(100)薄膜に電子線リソグラフィー、窒素イオン注入、ICPドライエッチングを行うことにより、微小容器形成とその直下の単一NVセンタの形成できることは当初から予想できていたが、それらが十分な電荷安定性およびコヒーレンス特性を示すかどうかについては、試作するまで不明であった。今回の初めての試作で十分な電荷安定性およびコヒーレンス特性を獲得できたため。これまでの研究実施により、光学測定系のセットアップおよびダイヤモンドの加工をおおむね完了できたので、最終年度には最終目標である1分子のタンパク質を標的とする光パルス磁気共鳴法の実行可能性評価を行う。特に、ダイヤモンド表面に微小容器を配列形成することにより、その中の少数個の分子の並進・回転運動を妨げないが、微小容器直下の単一NVセンターの観察体積外への分子拡散を防止できることのメリットを十分に引き出す。このため、タンパク質だけでなく小分子(例えばH2O)のナノNMRも試みる

  • ダイヤモンド中のNVセンターのナノ配列作製による数量子ビット量子レジスタの実現

    研究期間:

    2014年04月
    -
    2017年03月
     

     概要を見る

    室温量子スピンとして優れたNVセンダ同士の相互作用に着目した。量子レジスタの多量子ビット化をめざして、短い距離(~13 nm)のNVセンダ配列を規則的なナノホール配列をもつマスク注入により作製する技術を開発した。平均距離~5nmの高濃度NVセンタを作製し、離散的時間結晶の生成を室温で実証した。単一NVセンタにもナノホール注入を応用し、量子センサー・アレイを作製した。量子アルゴリズムを高磁場測定と組み合わせたナノNMRにおいて超微量の試料のケミカルシフトを観測する高分解能を達成した。高品質結晶合成により、結晶中の離れた位置のSiV-センタから識別できない単一光子を発生することに成功した

  • 革新的蛍光相関分光装置の開発

    研究期間:

    2014年04月
    -
    2017年03月
     

     概要を見る

    蛍光相関分光法を分子間相互作用検出に利用する際の大きな問題点の一つとして、計測される並進拡散が分子間相互作用検出に関して必ずしも敏感な尺度とはならないことが挙げられる。この問題を解決するために、蛍光偏光を利用し、分子間相互作用の変化に応じてより鋭敏に反応する回転拡散計測を行う、新たな蛍光相関分光装置を開発した。また高速に広い計測レンジで多チャンネルの信号の同時取得を安定して行える解析プログラムの構築にも成功した。更にこの手法の汎用化の為に重要性が明らかとなってきた蛍光標識法開発に注力し、独自の蛍光タンパク質変異体を使用することにより、新規蛍光標識技術を確立した

  • 生体分子間相互作用を網羅する新型1分子蛍光イメージング法の開発

    研究期間:

    2014年04月
    -
    2017年03月
     

     概要を見る

    生体分子間の結合・解離を時間軸上で解析できるゼロモード導波路(ZMW)を用いたリアルタイム1分子蛍光イメージング法を高度化するために,ZMWと蛍光共鳴エネルギー移動(FRET)とを組み合わせた新しい1分子蛍光イメージング法が高い実行可能性を評価した。さらに本手法を拡張するための要素技術の開発-DNAアプタマを用いたセンサ応用,DNA切断イベントの1分子計測,細胞の特定部位のアライメント法の開発-にも取り組んだ

  • 決定論的ドーピング法による量子物性制御

    研究期間:

    2013年04月
    -
    2017年03月
     

     概要を見る

    本研究では、10nm以下の領域へのドーピングを実現し、次世代デバイスに適応可能な決定論的ドーピング法の確立を第1の目的とし、単一ドーパントシリコンデバイス、単一シリコン-空孔ダイヤモンドデバイスをはじめとする量子デバイスの物性制御を第2の目的とした。具体的には、①10nm以下の領域への単一ドーパントドーピングプロセスモジュールの開発に成功し、②単一ドーパントシリコンデバイス量子輸送、及び③単一ドーパントシリコン-空孔ダイヤモンド量子発光の観測と制御に成功した。将来のCMOSテクノロジーの延伸に資する決定論的ドーピング法の確立、及びその量子物性制御を実現したことは大きな成果である

  • ナノ加工ガラスを用いた細胞膜タンパク質一分子蛍光その場観察手法の開発

    研究期間:

    2008年04月
    -
    2013年03月
     

     概要を見る

    細胞膜タンパク質間相互作用のリアルタイム1分子蛍光イメージングを可能にするナノ導波路を光学シミュレーションにより設計、実際にガラス基板上に作製するプロセスを構築し、導波路の形状に依存した実行可能性を評価した。掘下型導波路と埋込型 導波路の2 種類の作製プロセスを確立し、特に掘下型構造において従来の6 倍以上のS/N でタンパク質間相互作用を解析できることを示した。埋込型導波路については、最終目標である膜タンパク質間相互作用解析には至っていないが、要素技術を構築し、1分子蛍光を検出できることを見出した

  • シリコンナノ構造配列を用いた微小電子源の開発

     概要を見る

    申請者らが発見したシリコン基板のイオン照射減速エッチング現象を用いて、簡便かつ高性能な冷陰極型の微小電子源を作製するプロセスを構築することを目的として研究を行った。イオン照射減速エッチング現象とは、電子デバイス製造のためのイオン注入技術をナノ加工に応用したもので、イオン注入を施した部位に、ウェハスケールで選択的にナノ構造を作製する技術である。このイオン照射減速エッチングを利用して、これまでに、ダブルゲート型MOSFETや、2極管構造の電界放出素子の作製が達成されていたが、ゲート電極つきの3極管構造や、さらに先端にカーボンナノチューブなどの修飾を行った例はこれまでに実現されていなかった。特にイオン照射減速エッチングは注入したイオン種に依存しないので、触媒金属を打ち込むことによって、カーボンナノチューブなどの電子放出特性のよい材料を選択的にエミッタ先端に修飾することができ、電子放出特性を大幅に改善することが可能となる。我々がこの方針で研究を行った結果、主として下記の3つの成果を獲得した。(1)イオン照射減速エッチングを用いて、ゲート電極を有する3極管構造をナノスケールで実現できるプロセスを構築し、閾値電圧3oVで安定な電子放出を実現した。(2)Niイオンを触媒として注入することにより、シリコンのナノ加工(Niイオン照射減速エッチング)と同時に、注入イオンを核とした選択的な繊維状カーボンの修飾に成功した(特許出願中)。(3)W針の先端に単層のカーボンナノチューブを選択的に、高いスループットで修飾する技術を開発し、閾値電圧の低減と電子放出の時間安定化を実現した

  • ナノ開口基板を用いたシャペロニンGroELの1分子機能解析

     概要を見る

    本研究では、シャペロニンGroELの両側に2個のGroESが同時に結合したFootball型複合体(FB)の有無を明らかにし、1分子解析を通じてそのタイミングを明らかにしようとしている。今年度、蛍光共鳴エネルギー移動(FRET)を指標にすることで、蛍光分光器を用いてGroELとGroESの結合率の測定に成功し、1)FBは、反応サイクルの約40%で形成されている2)GroELへ2個目のGroESが結合できるのは、GroESが約300nM以上になったときである2)FBの形成率は、ADPにより著しく阻害される3)ATP加水分解が非常に遅い変異GroEL(D398A)はFBを形成する ことを明らかにし、従来の反応サイクルのモデルを大きく訂正する必要性を示した(Sameshima et.al.,投稿中)。さらにFBの形成過程を詳細に理解するため、昨年度開発したナノ開口基板を用いて、500nM蛍光標識GroESと4.5uM無標識GroES存在下でGroELとの結合解離反応を1分子解析した。蛍光分光器の実験結果から、大腸菌内の発現濃度と同じ約5μMのGroES存在下ではFBが形成されることが分かっている。事前の予想とは異なり、GroELとGroESの結合時間は、FBが形成されない20nM GroES存在下での1分子解析の結果と同じであった。そこで、FBが形成される様子を直接可視化するため、500nM Cy3-GroESと500nM Cy5-GroES存在下で、ナノ開口基板上に固定されたGroELへの相互作用を観察した。ほとんどの場合、両側のリングにGroESが交互に結合解離を繰り返していたが、同時にCy3-GroESとCy5-GroESが結合している状態も観察された。現在、その詳細を解析している

  • ナノ加工スライドガラスを用いた次世代一分子イメージング法の開発

     概要を見る

    従来の一分子蛍光イメージング法では観察不可能であった、大きな解離定数を有する弱い生体分子間相互作用を観察できる次世代のイメージング法を開発することを目的として本研究を推進した。この新手法は、生体分子を固定するスライドガラスに金属のナノ開ロを配列形成し、そのナノ開口内に閉じ込められる近接場をプローブとして一分子同士の相互作用をリアルタイムで可視化する。すなわち、溶液中に浮遊する多数のタンパク質の中の1分子が、ナノ開口内に固定したタンパク質1分子と結合・解離する瞬間を観察可能にするものである。(1)金属ナノ開口の形状とタンパク質の配置を工夫することにより、原理的に10μMの高濃度色素存在下で一分子イメージングできることを計算機シミュレーションにより明らかした。(2)「金属ナノ開口形状とタンパク質配置」に関する2種類の実現方法を特許出願した。具体的には、金属ナノ開口の底部を掘り下げ、観察領域をニアフィールドではなく、ファーフィールドに配置することが、高いS/Nと信号強度を同時に獲得できる鍵となる。(3)一分子蛍光強産とS/N比を実測し、1μMまでの高濃度色素存在下においては明瞭に一分子観察できることを証明した。これ以上の濃度においては、背景光ノイズが上昇しS/N比が低下し始める。(4)シャペロニンGroELとコシャペロニンGroESをモデルタンパク質として用い、1μMの蛍光標識GroES溶液中でのGroEL-GroES間一分子相互作用リアルタイムイメージングに成功した。(5)これまで提唱されていた、GroEL-GroES間の結合モデルに関する2つの相矛盾する定説、すなわち「フットボール型結合モデル」と「ツーストローク型結合モデル」に関して検証し、後者の妥当性を明らかにした

  • ドーパントイオン照射によるナノスケール表面改質素過程のリアルタイムSTM観察

     概要を見る

    ナノスケール半導体デバイス中のドーパントの原子論的挙動を解明するため、イオン照射によるシリコン(Si)表面の改質素過程をリアルタイムに観察するシステムを開発した。熱処理や不活性処理されたSi表面におけるイオン照射誘起構造の核形成・消長過程を捉えることに成功した。また、三次元的構造の極微細なトランジスタの電気伝導機構の解明に関する研究を、実験および計算の両面から実施した

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • Self-align fabrication of nano-reservoir with NV center in diamond surface for nuclear magnetic resonance of small molecules

    Kazuto Kawakatsu, Yu Ishii, Yuki Hata, Yuta Saito, Kosuke Nakamura, Kirou Nagaoka, Takahiro Sonoda, Tetsuya, Tatsuishi, Tokuyuki Teraji, Shinobu Onoda, Taisei Higuchi, Keisuke Yamada, Takeshi Oshima, Takahiro Shinada, Hiroshi Kawarada, Wataru Kada, Osamu Hanaizumi, Junichi Isoya, Takashi Tanii

    32nd International Microprocesses and Nanotechnology Conference   (International Conference Center Hiroshima, Hiroshima, Japan) 

    発表年月: 2019年10月

  • An experimental study on the spontaneous firing of single isolated autaptic neurons using micropatterned substrates

    Honoka Takahashi, Koki Sato, Mihoko Ishida, Soichiro Oguma, Takeshi Hayakawa, Kouhei Hattori, Hideaki Yamamoto, Ayumi Hirano-Iwata, Takashi Tanii

    The 4th International Symposium on Creation of Life Innovation Materials for Interdisciplinary and International Researcher Development   (Sendai city information & industry plaza) 

    発表年月: 2019年10月

  • A computational study on the spontaneous firing pattern of single autaptic neurons – The contribution of AMPA and NMDA current –

    Mihoko Ishida, Kouhei Hattori, Akira Nakanishi, Takeshi Hayakawa, Hideaki Yamamoto, Ayumi Hirano-Iwata, Takashi Tanii

    The 4th International Symposium on Creation of Life Innovation Materials for Interdisciplinary and International Researcher Development   (Sendai city information & industry plaza) 

    発表年月: 2019年10月

  • Microcontact printing of scaffold proteins for engineering neuronal network functions

    Hideaki Yamamoto, Satoshi Moriya, Katsuya Ide, Takeshi Hayakawa, Hisanao Akima, Shigeo Sato, Shigeru Kubota, Michio Niwano, Sara Teller, Jordi Soriano, Takashi Tanii, Ayumi Hirano-Iwata

    The 4th International Symposium on Creation of Life Innovation Materials for Interdisciplinary and International Researcher Development   (Sendai city information & industry plaza) 

    発表年月: 2019年10月

  • 単一NVセンター規則配列と単一細胞パターニングを用いた神経細胞回路の自発発火パターンの長期計測に向けて

    谷井孝至, 石田実穂子, 石井邑

    量子生命科学会第1回大会   (東京大学弥生講堂 一条ホールおよびアネックス) 

    発表年月: 2019年05月

  • Implantation of nitrogen compound ion beam for fabricating coupled triple Nv centers

    Shinobu Onoda, Moriyoshi Haruyama, Taisei Higuchi, Wataru Kada, Atsuya Chiba, Yoshimi Hirano, Tokuyuki Teraji, Ryuji Igarashi, Sora Kawai, Hiroshi Kawarada, Yu Ishii, Ryosuke Fukuda, Takashi Tanii, Junichi Isoya, Takeshi Ohshima, Osamu Hanaizumi

    Hasselt Diamond Workshop 2019-SBDD XXIV   (cultuurcentrum Hasselt, Hasselt, Belguim) 

    発表年月: 2019年03月

  • イオン注入による単一不純物欠陥の規則的配列形成をその応用

    谷井孝至, 品田高宏, 寺地徳之, 小野田忍, 大島武, McGuuinness Liam, Jelezko Fedor, Liu Yan, Wu E, 加田渉, 花泉修, 川原田洋, 磯谷順一  [招待有り]

    第66回応用物理学会春季学術講演会   (東京工業大学大岡山キャンパス) 

    発表年月: 2019年03月

  • 高被覆率窒素終端(111)ダイヤモンドの作製

    立石 哲也, 薗田 隆弘, 河合 空, 山野 颯, Jorge J. Buendia, 蔭浦 泰資, 石井 邑, 永岡 希朗, 福田 諒介, 谷井 孝至, 春山 盛善, 山田 圭介, 小 野田 忍, 加田 渉, 花泉 修, Alastair Stacey, 神田 一浩, 上村 雅治, 寺地 徳之, 磯谷 順一, 河野 省 三, 川原田 洋

    第66回応用物理学会春季学術講演会   (東京工業大学大岡山キャンパス) 

    発表年月: 2019年03月

  • C5N4Hnイオン注入による双極子結合したNVセンターの 形成

    春山 盛善, 小野田 忍, 樋口 泰成, 加田 渉, 千 葉 敦也, 平野 貴美, 寺地 徳之, 五十嵐 龍治, 河合 空, 川原田 洋, 石井 邑, 福田 諒介, 谷井 孝至, 磯谷 順一, 大島 武, 花泉 修

    第66回応用物理学会春季学術講演会   (東京工業大学大岡山キャンパス) 

    発表年月: 2019年03月

  • ダイヤモンド中単一NVセンターのパルス光磁気共鳴測 定のためのローエンドFPGAへのフォトンカウンタの実装

    永岡 希朗, 畑 雄貴, 川勝 一斗, 石井 邑, 福田 諒 介, 寺地 徳之, 小野田 忍, 大島 武, 品田 高宏, 川 原田 洋, 磯谷 順一, 谷井 孝至

    第66回応用物理学会春季学術講演会   (東京工業大学大岡山キャンパス) 

    発表年月: 2019年03月

  • Computational modeling of spontaneous firing patterns generated by single autaptic neurons

    Kouhei. Hattori, Takeshi Hayakawa, Akira Nakanishi, Mihoko Ishida, Hideaki Yamamoto, Ayumi Hirano-Iwata, Takashi Tanii

    The 7th RIEC International Symposium on Brain Functions and Brain Computer   (東北大学) 

    発表年月: 2019年02月

  • An experimental study on spontaneous firing of a single neuron on micropatterned substrates

    Koki Sato, Takahiro Nakane, Honoka Takahashi, Kouhei Hattori, Hideaki Yamamoto, Ayumi Hirano-Iwata, Takashi Tanii

    The 7th RIEC International Symposium on Brain Functions and Brain Computer   (東北大学) 

    発表年月: 2019年02月

  • Surface modification with visible-light-responsible TiO2 thin film

    Atsushi Kurotobi, Sho Kono, Takayuki Ichikawa, Hideaki Yamamoto, Ayumi Hirano-Iwata, Tanii Takashi

    The 7th RIEC International Symposium on Brain Functions and Brain Computer   (東北大学) 

    発表年月: 2019年02月

  • Fabrication of coupled Nv centers by adenine ion beam implantation

    Shinobu Onoda, Moriyoshi Haruyama, Taisei Higuchi, Wataru Kada, Atsuya Chiba, Yoshimi Hirano, Tokuyuki Teraji, Ryuji Igarashi, Sora Kawai, Hiroshi Kawarada, Yu Ishii, Ryosuke Fukuda, Takashi Tanii, Junichi Isoya, Takeshi Ohshima, Osamu Hanaizumi

    The 1st International forum on Quantum sensing   (東京工業大学大岡山キャンパス) 

    発表年月: 2019年02月

  • 1H NMR Detection on Nitrogen Terminated Diamond by Shallow Nitrogen Vacancy Centers

    Takahiro Sonoda, Sora Kawai, Hayate Yamano, Jorge J. Buendia, Taisuke Kageura, Yu Ishii, Kiro Nagaoka, Ryosuke Fukuda, Moriyoshi Haruyama, Takashi Tanii, Keisuke Yamada, Shinobu Onoda, Wataru Kada, Osamu Hanaizumi, Alastair Stacey, Kazuhiro Kanda, Takuyuki Teraji, Shozo Kono, Junichi Isoya, Hiroshi Kawarada

    2018 MRS Fall Meeting & Exhibit   (Boston, Massachusetts) 

    発表年月: 2018年11月

  • 窒素終端ダイヤモンド中の浅いNVセンターを用いた1H-NMR

    立石哲也, 薗田隆弘, 河合空, 山野颯, Jorge J. Buendia, 蔭浦泰資, 石井邑, 永岡希朗, 福田諒介, 谷井孝至, 春山盛善, 山田圭介, 小野田忍, 加田渉, 花泉修, Alastair Stacey, 神田一浩, 上村雅治, 寺地徳之, 磯谷順一, 河野省三, 川原田洋

    第32回ダイヤモンドシンポジウム   (電気通信大学) 

    発表年月: 2018年11月

  • 有機化合物イオン注入によるNVセンターの多量子ビット形成

    小野田忍, 春山盛善, 樋口泰成, 加田渉, 千葉敦也, 平野貴美, 寺地徳之, 五十嵐龍治, 河合空, 川原田洋, 石井邑, 福田諒介, 谷井孝至, 磯谷順一, 花泉修, 大島武

    第32回ダイヤモンドシンポジウム   (電気通信大学) 

    発表年月: 2018年11月

  • Computational Modeling of Spontaneous Firing Patterns Generated by Single Autaptic Neurons

    Kouhei Hattori, Takeshi Hayakawa, Akira Nakanishi, Mihoko Ishida, Hideaki Yamamoto, Ayumi Hirano-Iwata, Takashi Tanii

    The 28th Annual Conference of the Japanese Neural Network Society   (Okinawa Institute of Science and Technology (OIST)) 

    発表年月: 2018年10月

  • Lithographically Engineered Shallow Nitrogen-Vacancy Centers in Diamond for External Nuclear Spin Sensing

    R Fukuda, P Balasubramanian, I Higashimata, Y Ishii, K Nagaoka, S Kawai, T Sonoda, T Teraji, S Onoda, M Haruyama, K Yamada, M Inaba, H Yamano, F Stuerner, S Schmitt, L, P McGuiness, F Jelezko, T Ohshima, T Shinada, H Kawarada, W Kada, O Hanaizumi, J Isoya, T Tanii

    (International Center, Sendai, Japan) 

    発表年月: 2018年10月

  • エネルギーイオン注入によりSi基板中に注入したErとOの複合体形成観察およびフォトルミネッセンス計測

    魏啓楠, アブデルガファ愛満, 鈴木雄大, 清水康雄, 井上耕治, 永井康介, 品田高宏, 谷井孝至

    東北大学金属材料研究所付属量子エネルギー材料科学国際研究センター 平成30年度大洗研究会   (東北大学金属材料研究所) 

    発表年月: 2018年10月

  • Controlled Creation of Erbium-Oxygen Centers in Silicon by Deterministic Ion Implantation for Room-Temperature Photoluminescence at Telecom Wavelength

    R Fukuda, P Balasubramanian, I Higashimata, Y Ishii, K Nagaoka, S Kawai, T Sonoda, T Teraji, S Onoda, M Haruyama, K Yamada, M Inaba, H Yamano, F Stuerner, S Schmitt, L, P McGuiness, F Jelezko, T Ohshima, T Shinada, H Kawarada, W Kada, O Hanaizumi, J Isoya, T Tanii

    (Congress Centrum Wburg, Germanyürz) 

    発表年月: 2018年10月

  • 窒素終端ダイヤモンド中の浅い単一NVセンターを用いたNMR測定(Ⅱ)

    立石哲也, 薗田隆弘, 河合空, 山野颯, J. J. Buendia, 蔭浦泰資, 石井邑, 永岡希朗, 福田諒介, 谷井孝至, 春山盛善, 山田圭介, 小野田忍, 加田渉, 花泉修, A. Stacey, 神田一浩, 上村雅治, 寺地徳之, 磯谷順一, 河野省三, 川原田洋

    第79回応用物理学会秋季学術講演会   (名古屋国際会議場) 

    発表年月: 2018年09月

  • シリコン中におけるエルビウム-酸素複合体の室温発光特性の理解

    清水 康雄, 涂 远, アブデルガファ 愛満, 鈴木 雄大, 魏 啓楠, 谷井 孝至, 品田 高宏, Prati Enrico, Celebrano Michele、Finazzi Marco、Ghirardini Lavinia, 井上 耕治, 永井 康介

    第79回応用物理学会秋季学術講演会   (名古屋国際会議場) 

    発表年月: 2018年09月

  • 浅い単一NVセンターの規則配列を用いたナノNMRのスピンノイズ解析

    石井邑, 福田諒介, PriyadharshiniBalasubramanian, 東又格, 永岡希朗, 河合空, 薗田隆弘, 寺地徳之, 小野田忍, 春山盛善, 山田圭介, 稲葉優文, 山野颯,FelixM.Stuerner, SimonSchmitt,LiamP.McGuinness, FedorJelezko, 大島武, 品田高宏, 川原田洋, 加田渉, 花泉修, 磯谷順一, 谷井孝至

    第79回応用物理学会秋季学術講演会  

    発表年月: 2018年09月

  • Properties of Shallow Nitorogen Vacancy Centers in Nitrogen Terminated Diamond and Detection of Nuclear Magnetic Resonance

    Takahiro Sonoda, Sora Kawai, Hayate Yamano, Kanami, Kato, Jorge J, Buendia, Taisuke Kageura, Yu Ishii, Kiro Nagaoka, Ryosuke Fukuda, Takuma Okada, Moriyoshi Haruyama, Takashi, Tanii, Keisuke Yamada, Shinobu Onoda, Wataru Kada, Osamu Hanaizumi, Alastair Stacy, Tokuyuki Teraji, Shozo Kono, Junichi Isoya, Hiroshi Kawarada

    (University of Tokyo) 

    発表年月: 2018年09月

  • Growth of single crystal diamond and fabrication of spin defects for quantum science and thchnology applications

    JunichiIsoya,TokuyukiTeraji, HitoshiSumiyama, ShinobuOnoda, TakashiTaniiandHiroshiKawarada

    The69thDiamondConference  

    発表年月: 2018年07月

  • Fabrication of spin defects in diamond for quantum science and technology: from single to ensemble

    ShinobuOnoda,TokuyukiTeraji, HitoshiSumiyama, TakashiTanii, JunichiIsoya

    InternationalConferenceonchallengesinQuantumInformationScienceCQIS2018  

    発表年月: 2018年04月

  • マイクロパターン上で培養された単一神経細胞の自発発火活動の解析

    中根任宏, 佐藤晃揮, 服部晃平, 山本英明, 谷井孝至

    第65回応用物理学会春季学術講演会   (早稲田大学西早稲田キャンパス) 

    発表年月: 2018年03月

  • 窒素終端ダイヤモンド中の浅いNVセンターを用いたNMR測定

    薗田隆弘, 河合空, 山野颯, 加藤かなみ, J. J. Buendia, 蔭浦泰資, 石井邑, 福田諒介, 岡田拓真, 春山盛善, 谷井孝至, 山田圭介, 小野田忍, 加田渉, 花泉修, A. Stacy, 寺地徳之, 河野省三, 磯谷順一, 川原田洋

    第65回応用物理学会春季学術講演会   (早稲田大学西早稲田キャンパス) 

    発表年月: 2018年03月

  • An experimental and computational study on spontaneous firing pattern of a single neuron

    KouheiHattori, ShoKono,TomoyaYoneyama, AkiraNakanishi, HideakiYamamotoa, dTakashiTanii

    The6thRIECInternationalSymposiumonBrainFunctionsandBrainComputer  

    発表年月: 2018年02月

  • Charge Stability and Coherence Property of Shallow Nitrogen Vacancy Center in Nitrogen Terminated Diamond for DNA Detection

    S.Kawai, H.Yamano, T.Sonoda, K.Kato, J.J.Buendia, E.Suaebah, T.Kageura, M.Inaba, R.Fukuda, T.Okada, M.Haruyama, T.Tanii, K.Yamada, S.Onoda, W.Kada, O.Hanaizumi, A.Stacey, T.Teraji, S.Kono, J.Isoya, H.Kawarada

    2017MRSFall&Exhibit  

    発表年月: 2017年11月

  • 窒素終端ダイヤモンド中の浅いNVセンターのスピン特性

    薗田隆弘, 河合空, 山野颯, 加藤かなみ, J.J.Buendia, 蔭浦泰資, 福田諒介, 岡田拓真, 谷井孝至, 春山盛喜, 山田圭介, 小野田忍, 加田渉, 花泉修, 寺地徳之, 磯谷順一, A.Stacey, 河野省三, 川原田洋

    第31回ダイヤモンドシンポジウム  

    発表年月: 2017年11月

  • An experimental and computational study on spontaneous firing pattern of a single neuron

    KouheiHattori, ShoKono,TomoyaYoneyama, AkiraNakanishi, HideakiYamamotoa, dTakashiTanii

    第27回日本神経回路学会全国大会  

    発表年月: 2017年09月

  • Charge Stability of Shallow Nitrogen Vacancy Center in Diamond with Radical Exposure Nitridation Surface for DNA Detection

    SoraKawai, HayateYamano, MikiKajiya, KanamiKato, JorgeJ.Buendia, TaisukeKageura, MasafumiInaba, RyosukeFukuda, TakumaOkada, ItaruHigashimata, MoriyoshiHaruyama, TakashiTanii, ShinobuOnoda, WataruKada, OsamuHanaizumi, TokuyukiTeraji, ShozoKono,JunichiIsoyaandHiroshiKawarada

    2017InternationalConferenceonSolidStateDevicesandMaterials  

    発表年月: 2017年09月

  • 生体分子パターンの形状による神経細胞回路のモジュー ル間相互作用の制御

    井手克哉, 山本英明, 守谷哲, 脇村桂, 谷井孝至, 秋間学尚, 久保田繁, 佐藤茂雄, 庭野道夫, 平野愛弓

    第78回応用物理学会秋季学術講演会  

    発表年月: 2017年09月

  • 可視光応答酸化チタン薄膜の光触媒能を利用した細胞の液中パターニング(II)

    河野翔, 黒飛敦, 服部晃平, 山本英明, 谷井孝至

    第78回応用物理学会秋季学術講演会  

    発表年月: 2017年09月

  • シリコン中に共注入した酸素がエルビウム分布に与える影響

    清水康雄, 涂远, アブデルガファ愛満, 矢野真麻, 鈴木雄大, 谷井孝至, 品田高宏, EnricoPrati,MicheleCelebrano,MarcoFinazzi, LaviniaGhirardini, 井上耕治, 永井康介

    第78回応用物理学会秋季学術講演会  

    発表年月: 2017年09月

  • 窒素終端およびシリコン終端ダイヤモンド中の浅いNVセンターのスピン特性

    薗田隆弘, 河合空, 山野颯, 加藤かなみ, 蔭浦泰資, 福田諒介, 岡田拓真, 春山盛善, 谷井孝至, 山田啓介, 小野田忍, 寺地徳之, 加田渉, 花泉修, 河野省三, 磯谷順一, 川原田洋

    第78回応用物理学会秋季学術講演会  

    発表年月: 2017年09月

  • 可視光応答酸化チタンの光触媒作用を活用した液中表面改質と細胞パターニング

    河野翔, 黒飛敦, 服部晃平, 山本英明, 平野愛弓, 谷井孝至

    第37回表面科学学術講演会  

    発表年月: 2017年08月

  • マイクロ構造に対する接着差を利用した癌・正常細胞選別ー表面接着性によるライブセル・ラベルフリーな癌・正常細胞判別胞の提案ー

    若林洸, 竹内祐子, 田中学, 谷井孝至

    第37回表面科学学術講演会  

    発表年月: 2017年08月

  • Atom Probe Study of Erbium and Oxygen Co‐Implanted Silicon

    YasuoShimizu,YuanTu, AymanAbdelghafar, MaasaYano, YudaiSuzuki, TakashiTanii, TakahiroShinada, EnricoPrati,MicheleCelebrano, Marco Finazzi, LaviniaGhirardini, KojiInoue, Yasuyoshi Nagai

    2017SiliconNanoelectronicsWorkshop  

    発表年月: 2017年06月

  • Revisiting room-temperature 1.54 um photoluminescence of ErOx centers in silicon at extremely low concentration

    EnricoPrati,MicheleCelebrano,LaviniaGhirardini, PaoloBiagioni, MarcoFinazzi, YasuoShimizu,YuanTu, KojiInoue, YasuyoshiNagai, TakahiroShinada, YukiChiba,AymanAbdelghafar, MaasaYano, TakashiTanii

    2017SiliconNanoelectronicsWorkshop  

    発表年月: 2017年06月

  • マイクロ加工表面を用いた培養神経回路のモジュール性制御

    井手克哉, 山本英明, 松村亮佑, 谷井孝至, 吉信達夫, 庭野道夫, 平野愛弓

    第64回応用物理学会春季学術講演会  

    発表年月: 2017年03月

  • シリコン中に形成されたエルビウム不均一分布の3次元アトムプローブ評価

    清水康雄, 涂远, アブデルガファ愛満, 矢野真麻, 鈴木雄大, 谷井孝至, 品田高宏, E.Prati, 井上耕治, 永井康介

    第64回応用物理学会春季学術講演会  

    発表年月: 2017年03月

  • Er:O共注入Si MOSFETのフォトルミネッセンスおよび光励起電流計測

    アブデルガファ愛満, 矢野真麻, 千葉悠貴, E.Prati, M.Celebrano, L.Ghirardini, M.Finazzi, G.Ferrari, 品田高宏, 谷井孝至

    第64回応用物理学会春季学術講演会  

    発表年月: 2017年03月

  • 可視光応答酸化チタン薄膜の光触媒能を利用した細胞の液中パターニング

    古澤昂平, 河野翔, 藤城翔偉, 山本英明, 谷井孝至

    第64回応用物理学会春季学術講演会  

    発表年月: 2017年03月

  • モジュール構造型培養神経回路の計算論的モデリング

    山本英明, 守谷哲, 井手克哉, 松村亮佑, 秋間学尚, 久保田繁, 谷井孝至, 佐藤茂雄, 庭野道夫, 平野愛弓

    第64回応用物理学会春季学術講演会  

    発表年月: 2017年03月

  • 浅い単一 NV センターの規則的配列を用いた表面の水素核スピンの検出

    福田諒介, 東又格, 岡田拓真, 加賀美理沙, 寺地徳之, 小野田忍, 春山盛善, 山田圭介, 稲葉優文, 山野楓, P.Balasubramanian, F.Stuerner, S.Schmitt, L.McGuinness, F.Jelezko, 大島武, 品田高宏, 川原田洋, 加田渉, 花泉修, 磯谷順一, 谷井孝至

    第64回応用物理学会春季学術講演会  

    発表年月: 2017年03月

  • イオン注入による原子空孔の形成とNVセンターへの変換効率

    小野田忍, 立見和雅, 春山盛善, 寺地徳之, 磯谷順一, 山田圭介, 谷井孝至, 川原田洋, 品田高宏, 加田渉, 花泉修, 大島武

    第64回応用物理学会春季学術講演会  

    発表年月: 2017年03月

  • 表面終端がダイヤモンド中の浅いNVセンターへ与える影響

    河合空, 山野颯, 梶家美貴, 加藤かなみ, 蔭浦泰資, 稲葉優文, 福田諒介, 岡田拓真, 東又格, 春山盛善, 谷井孝至, 山田圭介, 小野田忍, 寺地徳之, 加田渉, 花泉修, 磯谷順一, 川原田洋

    第64回応用物理学会春季学術講演会  

    発表年月: 2017年03月

  • N-V中心NMRのためのダイヤモンド表面の電荷安定性

    川原田洋, 山野颯, 河合空, 梶家美貴, 加藤かなみ, 蔭浦泰資, 稲葉優文, 岡田拓真, 東又格, 春山盛善, 谷井孝至, 山田圭介, 小野田忍, 寺地徳之, 加田渉, 花泉修, 磯谷順一

    第64回応用物理学会春季学術講演会  

    発表年月: 2017年03月

  • Synchronization in neuronal networks with modular geometry

    H.Yamamoto, T.Tanii, S.Kubota, S.Sato, M.Niwano, A.Hirano-Iwata

    The5thRIECInternationalSymposiumonBrainFunctionsandBrainComputer  

    発表年月: 2017年02月

  • Controlling modularity of cortical neuronal networks using micropatterned surfaces

    K.Ide, H.Yamamoto, R.Matsumura, T.Tanii, M.Niwano, A.Hirano-Iwata

    The5thRIECInternationalSymposiumonBrainFunctionsandBrainComputer  

    発表年月: 2017年02月

  • In situ modification of cell-culture scaffolds by photocatalysis of visible-light-responsible TiO2 film

    S.Kono, K.Furusawa, S.Fujishiro, H.Yamamoto, T.Tanii

    The5thRIECInternationalSymposiumonBrainFunctionsandBrainComputer  

    発表年月: 2017年02月

  • A computational study on spontaneous activity of a single neuron

    K.Hattori, S.Kono, H.Yamamoto, T.Tanii

    The5thRIECInternationalSymposiumonBrainFunctionsandBrainComputer  

    発表年月: 2017年02月

  • Structure-function Relationships in Living Neuronal Networks: a Surface Engineering Approach

    H.Yamamoto, A.Hirano-Iwata, T.Tanii, M.Niwano  [招待有り]

    10thAnniversaryInternationalSymposiumonNanomedicine(ISNM2016)  

    発表年月: 2016年11月

  • 磁気センサー応用に向けた単一のNVセンターの作製と状態の評価

    梶家美貴, 加藤かなみ, 河合空, 山野楓, S.Evi, 蔭浦泰資, 稲葉優文, 東又格, 春山盛善, 谷井孝至, 山田圭介, 小野田忍, 寺地徳之, 加田渉, 花泉修, 磯谷順一, 河野省三, 川原田洋

    第30回ダイヤモンドシンポジウム  

    発表年月: 2016年11月

  • 酸素雰囲気中の熱処理による浅いNVセンターのスピン特性改善

    河合空, 山野颯, 梶家美貴, 加藤かなみ, 蔭浦泰資, 稲葉優文, 岡田拓真, 東又格, 春山盛善, 谷井孝至, 山田圭介, 小野田忍, 寺地徳之, 加田渉, 花泉修, 磯谷順一, 川原田洋

    第30回ダイヤモンドシンポジウム  

    発表年月: 2016年11月

  • 量子センシングのための浅い単一NVセンターの規則配列形成:イマージョンオイル中の水素核スピン計測

    東又格, 岡田拓真, 加賀美理沙, 寺地徳之, 小野田忍, 春山盛善, 山田圭介, 稲葉優文, 山野楓, P.Balasubramanian, F.Stuerner, S.Schmitt, L.McGuinness, F.Jelezko, 大島武, 品田高宏, 川原田洋, 加田渉, 花泉修, 磯谷順一, 谷井孝至

    第30回ダイヤモンドシンポジウム  

    発表年月: 2016年11月

  • Charge State Stabilization of Shallow nitrogen Vacancy Centers in Diamond by Different Oxygen Surface Modification

    H.Yamano, S.Kawai, K.Kato, T.Kageura, M.Inaba, T.Okada, I.Higashimata, M.Haruyama, T.Tanii, K.Yamada, S.Onoda, W.Kada, O.Hanaizumi, T.Teraji, J.Isoya, H.Kawarada

    SSDM2016  

    発表年月: 2016年09月

  • イオン注入を用いたSiVセンターの作製と生成収率のエネルギー依存性評価

    加賀美理沙, 東又格, 岡田拓真, 寺地徳之, 小野田忍, 春山盛善, 大島武, 品田高宏, 加田渉, 花泉修, 磯谷順一, 谷井孝至

    第77回応用物理学会秋季学術講演会  

    発表年月: 2016年09月

  • ナノホールレジストマスクを用いたNVセンター配列の作製Ⅱ

    岡田拓真, 東又格, 加賀美理沙, 寺地徳之, 小野田忍, 山田圭介, 春山盛善, 稲葉優文, 山野颯, P.iBalasubramanian, B.Naydenov, L.McGuinness, F.Jelezko, 大島武, 品田高宏, 川原田洋, 加田渉, 花泉修, 磯谷順一, 谷井孝至

    第77回応用物理学会秋季学術講演会  

    発表年月: 2016年09月

  • ナノホールレジストマスクを用いた低エネルギーイオン注入による量子センシングのためのNVセンター配列の作製

    東又格, 岡田拓真, 加賀美理沙, 寺地徳之, 小野田忍, 春山盛善, 山田圭介, 稲葉優文, 山野颯, P.Balasubramanian, L.PMcGuinness, B.Naydenov, F.Jelezko, 大島武, 品田高宏, 川原田洋, 加田渉, 花泉修, 磯谷順一, 谷井孝至

    第77回応用物理学会秋季学術講演会  

    発表年月: 2016年09月

  • 表面酸化によるダイヤモンド中の浅いNVセンターのコヒーレンス特性

    河合空, 山野颯, 梶家美貴, 加藤かなみ, 蔭浦泰資, 稲葉優文, 岡田拓真, 東又格, 春山盛善, 谷井孝至, 山田圭介, 小野田忍, 寺地徳之, 加田渉, 花泉修, 磯谷順一, 川原田洋

    第77回応用物理学会秋季学術講演会  

    発表年月: 2016年09月

  • DNAのNMR検出に向けたNH2終端ダイヤモンド中の浅いNVセンター

    梶家美貴, 加藤かなみ, 河合空, 山野颯, SuaebahEvi, 陰浦泰資, 稲葉優文, 東又格, 春山盛善, 谷井孝至, 山田圭介, 小野田忍, 寺地徳之, 加田渉, 花泉修, 磯谷順一, 河野省三, 川原田洋

    第77回応用物理学会秋季学術講演会  

    発表年月: 2016年09月

  • 有機単分子膜パターンにより細胞間接続を制御した2細胞神経回路の構築と解析

    河野翔, 藤森壮也, 山本英明, 谷井孝至

    第77回応用物理学会秋季学術講演会  

    発表年月: 2016年09月

  • 非接触型センサを用いた建物の層間変位計測システム その12 データ処理機能を内蔵した小型統合センサの開発

    服部晃平, 丸谷翔平, 畑田朋彦, 片村立太, 西谷章, 谷井孝至

    2016年度日本建築学会大会  

    発表年月: 2016年08月

  • Fabrication of nitrogen-vacancy centers by implantation through nano-holes in resist mask

    I.Higashimata, G.Koike, T.Teraji, S.Onoda, M.Inaba, P.Balasubramanian, L.P.McGuinness, B.Naydenov, F.Jelezko, T.Ohshima, T.Shinada, H.Kawarada, J.Isoya, T.Tanii

    The67thDiamondConference  

    発表年月: 2016年07月

  • Spontaneous activity of cultured neuronal networks with defined numbers of neurons: a computational study

    H.Yamamoto, Y.Chida, A.Hirano-Iwata, T.Tanii, S.Kubota, M.Niwano

    10thFENSForumforNeuroscience  

    発表年月: 2016年07月

  • 磁気センサー応用に向けた単一のNVセンターの作製と状態の評価

    山野颯, 加藤かなみ, 蔭浦泰資, 稲葉優文, 東又格, 小池悟大, 春山盛善, 谷井孝至, 小野田忍, 寺地徳之, 加田渉, 花泉修, 磯谷順一, 川原田洋

    第63回応用物理学会春季学術講演会  

    発表年月: 2016年03月

  • 磁気センサー応用に向けた単一のNVセンターの作製と状態の評価

    山野颯, 加藤かなみ, 蔭浦泰資, 稲葉優文, 東又格, 小池悟大, 春山盛善, 谷井孝至, 小野田忍, 寺地徳之, 加田渉, 花泉修, 磯谷順一, 川原田洋

    第63回応用物理学会春季学術講演会  

    発表年月: 2016年03月

  • 表面終端による浅いNVセンターの電荷状態

    加藤かなみ, 山野颯, 蔭浦泰資, 瀬下裕志, 稲葉優文, 東又格, 小池悟大, 谷井孝至, 磯谷順一, 寺地徳之, 小野田忍, 春山盛善, 加田渉, 花泉修, 川原田洋

    第63回応用物理学会春季学術講演会  

    発表年月: 2016年03月

  • 表面マイクロ改質技術を活用した培養神経細胞/回路の構造制御

    山本英明, 平野愛弓, 谷井孝至, 庭野道夫

    第35回表面科学学術講演会  

    発表年月: 2015年12月

  • 表面水素終端化による浅いNVセンターへの影響

    山野颯, 稲葉優文, 蔭浦泰資, 加藤かなみ, 小池悟大, 谷井孝至, 小野田忍, 寺地徳之, 磯谷順一, 川原田洋

    第29回ダイヤモンドシンポジウム  

    発表年月: 2015年11月

  • keVからサブGeVのイオン注入を用いて形成したNVセンターの特性評価

    小野田忍, 春山盛善, 寺地徳之, 磯谷順一, C.Müller, L.McGuinness, P.Balasubramanian, B.Naydenov, F.Jelezko, 小池悟大, 東又格, 稲葉優文, 大島武, 加田渉, 花泉修, 谷井孝至, 川原田洋

    第29回ダイヤモンドシンポジウム  

    発表年月: 2015年11月

  • 表面終端と帯電膜による浅いNVセンターの電荷状態

    加藤かなみ, 稲葉優文, 山野楓, 蔭浦泰資, 谷井孝至, 小池悟大, 磯谷順一, 小野田忍, 寺地徳之, 川原田洋

    第29回ダイヤモンドシンポジウム  

    発表年月: 2015年11月

  • ナノホールレジストマスクを用いたNVセンタ配列の作製

    小池悟大, 東又格, 寺地徳之, 小野田忍, 稲葉優文, P.Balasubramanian, B.Naydenov, F.Jelezko, 大島武, 品田高宏, 川原田洋, 磯谷順一, 谷井孝至

    第29回ダイヤモンドシンポジウム  

    発表年月: 2015年11月

  • Laser-Scanning Photocatalytic Lithography of Organosilane Monolayers for Fabrication of Artificial Neuronal Circuits

    K.Sekine, H.Yamamoto, S.Kono, S.Fujishiro, T.Ikeda, A.Kurodaa, dT.Tanii

    28thInternationalMicroprocessesandNanotechnologyConference  

    発表年月: 2015年11月

  • Identification of Normal-Cancer Cells by the Difference in their Adhesion on Organosilane Monolayer Templates: A Feasibility Study

    YukoTakeuchi, RumiSakamoto, HikaruWakabayashi, HideakiYamamoto, YukoSato, TakashiTanii

    28thInternationalMicroprocessesandNanotechnologyConference  

    発表年月: 2015年11月

  • ナノホールレジストマスクを用いたNVセンタ配列の作製

    東又格, 小池悟大, 寺地徳之, 小野田忍, 稲葉優文, PriyadharshiniBalasubramanian, BorisNaydenov, FedorJelezko, 大島武, 品田高宏, 川原田洋, 磯谷順一, 谷井孝至

    第76回応用物理学会秋季学術講演会  

    発表年月: 2015年09月

  • Geの1次元配列を有するMOSトランジスタの室温伝導特性

    千葉悠貴, EnricoPrati, 矢野真麻, アブデルガファ愛満, 品田高宏, 谷井孝至

    第76回応用物理学会秋季学術講演会  

    発表年月: 2015年09月

  • マイクロパターン上での培養による興奮性-抑制性神経細胞の非標識判別II

    河野翔, 櫛田昂歳, 山本英明, 谷井孝至

    第76回応用物理学会秋季学術講演会  

    発表年月: 2015年09月

  • ナノホールマスク注入ドーパントイオン分布の3次元アトムプローブ計測―シングルイオン注入法の照準位置精度の向上―

    矢野真麻, 千葉悠貴, 清水康雄, 井上耕治, 永井康介, 谷井孝至, 品田高宏

    第76回応用物理学会秋季学術講演会  

    発表年月: 2015年09月

  • 層間変位計測に基づいた損傷モニタリングシステムのE-ディフェンスS造高層建物実験による検証 その4 局部回転角の測定

    小室雅春, 畑田朋彦, 片村立太, 西谷章, 谷井孝至

    日本建築学会大会(関東)  

    発表年月: 2015年09月

  • 層間変位計測に基づいた損傷モニタリングシステムのE-ディフェンスS造高層建物実験による検証 その3 損傷評価法の検証

    畑田朋彦, 片村立太, 萩原一, 谷井孝至, 仁田佳宏, 西谷章

    日本建築学会大会(関東)  

    発表年月: 2015年09月

  • Array of bright silicon-vacancy centers in diamond fabricated by low-energy focused ion beam implantation

    ItaruHigashimata, SyutoTamura, GodaiKoike, AkiraKomatsubara,TokuyukiTeraji, ShinobuOnoda,LiamP.McGuinness, LachlanRogers, BorisNaydenov,EWu,LiuYan, FedorJelezko, TakeshiOhshima, JunichiIsoya, TakahiroShinada, TakashiTanii

    DiamondQuantumSensingWorkshop2015  

    発表年月: 2015年08月

  • Fabrication of nitrogen-vacancy center array using a nanohole resist mask

    GodaiKoike, ItaruHigashimata, TakumaOkada, RisaKagami, TokuyukiTeraji, ShinobuOnoda, MasafumiInaba, PriyadharshiniBalasubramanian, BorisNaydenov, FedorJelezko, TakeshiOhshima, TakahiroShinada, HiroshiKawarada, JunichiIsoya, TakashiTanii

    DiamondQuantumSensingWorkshop2015  

    発表年月: 2015年08月

  • Live-cell, label free identification of excitatory-inhibitory neurons on micropatterned surfaces

    ShoKono,TakatoshiKushida, HideakiYamamoto, TakashiTanii

    EighthInternationalConferenceonMolecularElectronicsandBioelectronics  

    発表年月: 2015年06月

  • Single ion implantation of Ge dopant impurity in silicon transistors

    EnricoPrati, 千葉悠貴, 矢野真麻, 熊谷国憲, 堀匡寛, 品田高宏, 谷井孝至

    Silicon_NanoelectronicsWorkshop2015  

    発表年月: 2015年06月

  • Single-molecule FRET measurements using molecular beacon

    TakatoshiKushida, SatoshiIzumi, HideakiYamamoto, TakashiTanii

    The5thInternationalSymposiumonAdvancedMaterials  

    発表年月: 2015年06月

  • 有機シラン単分子膜パターン基板への接着差を用いた癌細胞の選別

    竹内祐子, 柿沼瑛介, 坂本留美, 山本英明, 佐藤裕子, 谷井孝至

    第62回応用物理学会春季学術講演会  

    発表年月: 2015年03月

  • モレキュラービーコンを用いた1分子FRET計測系の構築

    和泉聡志, 大久保幸太朗, 櫛田昂歳, 山本英明, 谷井孝至

    第62回応用物理学会  

    発表年月: 2015年03月

  • マイクロパターン神経細胞回路の活動様式に関する理論的考察

    千田雄大, 山本英明, 平野愛弓, 石原広識, 藤森壮也, 谷井孝至, 久保田繁, 庭野道夫

    第62回応用物理学会春季学術講演会  

    発表年月: 2015年03月

  • Computational modeling of the spontaneous activity in micropatterned neuronal networks

    Y.Chida, H.Yamamoto, A.Hirano-Iwata, K.Ishihara, S.Fujimori, T.Tanii, S.Kubota, M.Niwano

    3rdRIECInternationalSymposiumonBrainFunctionsandBrainComputer  

    発表年月: 2015年02月

  • In Situ Modification of Cell-Culture Scaffolds by Photocatalytic Decomposition of Organosilane Monolayers on Titanium Dioxide

    ShoKono,HideakiYamamoto, KoheiSekine, TakashiTanii

    The5thInternationalSymposiumonAdvancedMaterialsDevelopmentandIntegrationofNovelStructuralMetallicandInorganicMaterials(2014)  

    発表年月: 2014年11月

  • Adhesibility-Dependent Cell Sorting Using Organosilane Monolayer Template and Green-Tea Catechin

    RumiSakamoto, EisukeKakinuma, YukoTakeuchi, HideakiYamamoto, TakashiTanii

    The5thInternationalSymposiumonAdvancedMaterialsDevelopmentandIntegrationofNovelStructuredMatellicandInorganicMaterials(AMDI-5)Conjunctionwith6thIBBFrontierSymposium  

    発表年月: 2014年11月

  • Optimization of micropattern geometry for long-term culture of isolated neurons and identification of excitatory-inhibitory cell types

    HideakiYamamoto, ShoKono, TakatoshiKushida, AyumiHirano-Iwata, MichioNiwano, TakashiTanii

    Neuroscience2014  

    発表年月: 2014年11月

  • Fabrication of micropatterned substrate for live-cell, label free identification of excitatory-inhibitory neurons

    ShoKono,TakatoshiKushida, HideakiYamamoto, TakashiTanii

    The7thInternationalSymposiumonSurfaceScience  

    発表年月: 2014年11月

  • Surface modification in aqueous solution using TiO2 photocatalysis and a linker protain L2 for patterning primary neurons

    KoheiSekine,HideakiYamamoto, ShoKono,TakeshiIkeda, AkioKuroda, TakashiTanii

    The7thInternationalSymposiumonSurfaceScience  

    発表年月: 2014年11月

  • 有機シラン単分子膜パターン基板を用いたモジュール構造型培養神経回路の構築

    石原広識, 藤森壮也, 山本英明, 谷井孝至

    第75回応用物理学会秋季学術講演会  

    発表年月: 2014年09月

  • ナノスリット導波路を用いた細胞内生体分子のリアルタイム蛍光イメージング

    大久保幸太朗, 櫛田昂歳, 和泉聡志, 山本英明, 谷井孝至

    第75回応用物理学会秋季学術講演会  

    発表年月: 2014年09月

  • ダイヤモンドへの低エネルギーSiイオン注入におけるSi-Vセンタ生成収率の評価

    田村崇人, 小池悟大, 谷井孝至, 寺地徳之, 小野田忍, 大島武, FedorJelezko,EWu, 品田賢宏, 磯谷順一, LiamP, Mcguinness,LachlanRogers,ChristophMüller, BorisNaydenov,LiuYan

    第75回応用物理学会秋季学術講演会  

    発表年月: 2014年09月

  • マイクロ加工基板を用いた興奮性/抑制性神経細胞判別法の開発

    河野翔, 櫛田昂歳, 山本英明, 谷井孝至

    第37回日本神経科学大会  

    発表年月: 2014年09月

  • Quantitative evaluation of cancer cell adhesion by functional substrate and optical interferometric technique

    HiroshiYoshikawa, MasamiSuganuma, TakashiTanii  [招待有り]

    The12thJapan-KoreaJointSymposiumonCancerandAgingResearch  

    発表年月: 2014年06月

  • マイクロパターン上への細胞接着過程のタイムラプス解析 -緑茶カテキンを含む培養液中でのがん細胞と正常細胞の比較-

    坂本留実, 益田顕太朗, 柿沼瑛介, 伊藤耕作, 池滝健太郎, 松崎賢寿, 吉川洋史, 中林誠一郎, 山本英明, 佐藤裕子, 谷井孝至

    第61回応用物理学会春季学術講演会   (青山学院大学) 

    発表年月: 2014年03月

  • マイクロパターン上での培養による興奮性-抑制性神経細胞の非標識判別

    櫛田昂歳, 河野翔, 山本英明, 谷井孝至

    第61回応用物理学会春季学術講演会   (青山学院大学) 

    発表年月: 2014年03月

  • 酸化チタンの光触媒能とリンカータンパク質RPL2を活用した神経細胞パターニング

    関根浩平, 山本英明, 池田丈, 黒田章夫, 谷井孝至

    第61回応用物理学会春季学術講演会   (青山学院大学) 

    発表年月: 2014年03月

  • 1次元リン(P)ド―パント配列を有する長チャネルトランジスタの低温伝導特性評価

    熊谷国憲, Enrico Prati, 堀匡寛, 福井結子, 谷井孝至, 品田賢宏

    第61回応用物理学会春季学術講演会   (青山学院大学) 

    発表年月: 2014年03月

  • 有機単分子膜パターンを用いた細胞接着制御と評価

    谷井孝至, 山本英明  [招待有り]

    第61回応用物理学会春季学術講演会   (青山学院大学) 

    発表年月: 2014年03月

  • Live-cell, label-free identification of excitatory-inhibitory neurons in culture using surface micropatterns

    S. Kono, H. Yamamoto, T. Kushida, T. Tanii

    The2ndRIECInt.Symp.onBrainFunctionsandBrainComputer  

    発表年月: 2014年02月

  • Intrinsic activity of defined neuronal networks in culture

    H. Yamamoto, T. Tanii

    The2ndRIECInt.Symp.onBrainFunctionsandBrainComputer  

    発表年月: 2014年02月

  • ナノ構造配列を用いたリアルタイム1分子蛍光イメージング法の開発

    谷井孝至  [招待有り]

    早稲田大学―関西大学研究交流セミナー「MEMSとナノテクノロジーの融合とその応用」   (関西大学(千里山キャンパス)) 

    発表年月: 2013年12月

  • Application of Surface Modification Techniques in Cancer and Neuroscience Research

    Takashi TANII, Hideaki YAMAMOTO  [招待有り]

    The4thInternationalSymposiumonAdvancedMaterialsDevelopmentand IntegrationofNovelStructuredMetallicandInorganicMaterials  

    発表年月: 2013年12月

  • 基板表面性状制御によるがん細胞/神経細胞の接着制御と接着能評価

    谷井孝至  [招待有り]

    2013年真空・表面科学合同講演会   (早稲田大学理工学術院) 

    発表年月: 2013年11月

  • Fabrication of Silicon-Vacancy Center Array in Diamond by Low-Energy Single-Ion Implantation

    Syuto Tamura, Akira Komatsubara, TokuyukiTeraji, Shinobu Onoda, Liam McGuinness, Fedor Jelezko, Takeshi Ohshima, Junichi Isoya, Takahiro Shinada, Takashi Tanii, Lachlan Rogers, Kay Jahnke

    2013JSAP-MRSJointSymposia  

    発表年月: 2013年09月

  • マイクロ加工基板上での単一神経細胞の長期培養

    河野翔, 山本英明, 森田麻裕, 谷井孝至

    第74回応用物理学会秋季学術講演会   (同志社大学) 

    発表年月: 2013年09月

  • リアルタイム一分子蛍光イメージング法のSN比を向上するゼロモード導波路の設計

    大久保 幸太朗, 日向野 駿, 上野 太郎, 船津 高志, 山本 英明, 谷井 孝至

    第74回応用物理学会秋季学術講演会   (同志社大学) 

    発表年月: 2013年09月

  • 光干渉法を用いたがん細胞‐有機シラン単分子膜間接着の定量評価

    伊藤 耕作, 松崎 賢寿, 柿沼 瑛介, 益田 顕太朗, 坂本 留実, 菅沼 雅美, 中林 誠一郎, 谷井 孝至, 吉川 洋史

    第74回応用物理学会秋季学術講演会   (同志社大学) 

    発表年月: 2013年09月

  • 有機シラン単分子膜パターン基板を用いた癌細胞の接着能評価

    柿沼 瑛介, 益田 顕太朗, 坂本 留実, 伊藤 耕作, 松崎 賢寿, 吉川 洋史, 中林 誠一郎, 山本 英明, 品田 賢宏, 佐藤 裕子, 谷井 孝至

    第74回応用物理学会秋季学術講演会   (同志社大学) 

    発表年月: 2013年09月

  • Improving Single Dopant Detection Efficiency by Controlling Substrate Bias in Single Ion Implantation Method

    M.Hori, T.Shinada, K.Taira, A.Komatsubara, Y.Ono, T.Tanii, T.Ebdoh, I.Ohdomari

    ProceedingsofTECHCON2010   (TexasAmerica) 

    発表年月: 2013年09月

  • Fabrication of Novel Cell Chips Using In-Situ Surface Modification

    Takashi Tanii, Hideaki Yamamoto  [招待有り]

    CollaborativeConferenceonMaterialsResearch(CC3DMR2013)  

    発表年月: 2013年06月

  • 素子数が規定された培養神経細胞ネットワークにおける自発的神経活動の解析

    山本英明, 森田麻裕, 出村崇徳, 河野 翔, 谷井孝至, 中村 俊

    第36回日本神経科学大会   (国立京都国際会館京都) 

    発表年月: 2013年06月

  • 有機シラン単分子膜パターン基板を用いた癌細胞の接着能評価

    柿沼 瑛介, 一澤 晃太, 益田 顕太朗, 山本 英明, 品田 賢宏, 佐藤 裕子, 谷井 孝至

    第60回応用物理学会春季学術講演会   (神奈川工科大学) 

    発表年月: 2013年03月

  • マイクロ加工基板上にパターニングされた神経細胞における極性形成(Ⅱ)

    河野翔, 山本英明, 出村崇徳, 森田麻裕, 中村俊, 谷井孝至

    第60回応用物理学会春季学術講演会   (神奈川工科大学神奈川) 

    発表年月: 2013年03月

  • 酸化チタンの光触媒作用を用いた有機シラン単分子膜の液中分解と細胞培養環境での細胞接着足場改質

    出村崇徳, 山本英明, 森田麻裕, 河野翔, 中村俊, 谷井孝至

    第60回応用物理学会春季学術講演会   (神奈川工科大学神奈) 

    発表年月: 2013年03月

  • 1 分子蛍光イメージングのための埋込型ナノ導波路の設計

    井上 あゆ

    応用物理学会   (神奈川工科大学) 

    発表年月: 2013年03月

  • 1 分子蛍光イメージングのための埋込型ナノ導波路の設計

    井上 あゆ

    応用物理学会   (神奈川工科大学) 

    発表年月: 2013年03月

  • マイクロパターン基板上の微小神経回路における自発的神経活動

    森田麻裕, 山本英明, 出村崇徳, 河野翔, 中村俊, 谷井孝至

    第60回応用物理学会春季学術講演会   (神奈川工科大学神奈川) 

    発表年月: 2013年03月

  • 緑茶カテキンが癌細胞特異的に細胞接着能を抑制する作用機序の調査

    益田 顕太朗, 一澤晃太, 柿沼瑛介, 山本 英明, Hoan Thanh Chi, 佐藤 裕子, 品田賢宏, 谷井 孝至

    第60回応用物理学会春季学術講演会   (神奈川工科大学) 

    発表年月: 2013年03月

  • ダイヤモンドへの低エネルギーイオン注入による発行センターの規則配列作製Ⅱ

    田村 崇人, 小松原 彰, 寺地 徳之, 小野田 忍, 大島 武, C.Müller, B. Naydenov, L.Mcguinness, 品田 賢宏, 磯谷 順一, F.Jelezko, 谷井 孝至

    春季第60回応用物理学関係連合講演会   (神奈川工大学神奈川) 

    発表年月: 2013年03月

  • Micropatterned neuronal network in culture as a model system of CNS local circuit

    H. Yamamoto, T. Tanii, S. Nakamura  [招待有り]

    7thInternationalSymposiumonMedical,Bio-,andNano-Electronics  

    発表年月: 2013年03月

  • In-situ modification of cell-culture scaffolds by TiO2 photocatalysis

    H. Yamamoto, T. Demura, M. Morita, S. Kono, S. Nakamura, T. Tanii

    6thInternationalSymposiumonNanomedicine(ISNM2012)  

    発表年月: 2012年11月

  • Surface engineering techniques for designing neuronal networks in vitro

    H. Yamamoto, T. Tanii, S. Nakamura  [招待有り]

    1stRIECInternationalSymposiumonBrainFunctionsandBrainComputer  

    発表年月: 2012年11月

  • 有機シラン単分子膜パターン基板を用いたがん細胞の接着能評価-がん転移に対する緑茶カテキンの効果の定量評価-

    柿沼瑛介, 一澤晃太, 益田顕太朗, 佐藤裕子, 谷井孝至

    第17回日本フードファクター学会学術集会第9回日本カテキン学会総会合同大会2012  

    発表年月: 2012年11月

  • Interaction Kinetics of Proteins Confined within a Nanocavity Evaluated by Real-Time Single-Molecule Fluorescence Imaging

    劉 暁宇

    InternationalMicroprocessesandNanotechnologyConference2012   (KobeHyogo) 

    発表年月: 2012年11月

  • Photocatalytic Decomposition of Organosilane Monolayer on TiO2 and its Application to In-Situ Modification of a Cell-Culture Surface

    T. Demura, H. Yamamoto, M. Morita, S. Kono, S. Nakamura, T. Tanii

    25thInternationalMicroprocessandNanotechnologyConference(MNC2012)   (KobeJapan) 

    発表年月: 2012年11月

  • Fabrication of the ordered array of optical centers in diamond by low energy ion implantation

    A.Komatsubara, T.Teraji, M.Hori, K.Kumagai, S.Tamura, T.Ohshima, S.Onoda, T.Yamamoto, C.Müller, B.Naydenov, L. McGuinness, F.Jelezko, T.Tanii

    InternationalMicroprocessesandNanotechnologyConference2012   (KobeHyogo) 

    発表年月: 2012年11月

  • Evaluated by Real-Time Single-Molecule Fluorescence Imaging

    Shou Ryu, Shun Higano, Kotaro Ohkubo, Yuji Asano, Ayu Inoue, Taro Ueno, Takashi Funatsu, Takashi Tanii

    InternationalMicroprocessesandNanotechnologyConference2012   (KobeMerikenParkOrientalHotel) 

    発表年月: 2012年11月

  • 培養海馬神経細胞の軸索決定における突起伸長の役割

    山本英明, 出村崇徳, 森田麻裕, Gary A. Banker, 谷井孝至, 中村 俊

    第35回日本神経科学大会   (名古屋国際会議場愛知) 

    発表年月: 2012年09月

  • ダイヤモンドへの低エネルギーイオン注入による発光センターの規則配列作製

    小松原 彰, 寺地 徳之, 堀 匡寛, 熊谷 国憲, 田村 崇人, 大島 武, 小野田 忍, 山本 卓, C.Müller, B.Naydenov, L.McGuinness, F.Jelezko, 谷井 孝至, 品田 賢宏, 磯谷 順一

    秋季第73回応用物理学会学術講演会   (愛媛大学愛媛) 

    発表年月: 2012年09月

  • リアルタイム1分子蛍光イメージング法を用いた金属ナノ開口内部でのシャペロニンGroELとコシャペロニンGroES間相互作用の解析

    日向野 駿, 劉 暁字, 浅野 裕次, 井上 あゆ, 大久保 幸太朗, 上野 太郎, 船津 高志, 谷井 孝至

    応用物理学会   (愛媛大学愛媛) 

    発表年月: 2012年09月

  • 低エネルギー集束イオンビームによるがん細胞のAu照射効果

    坂口 雄紀, 郷家 ひさ, 谷井 孝至, 秋本 崇之, 品田 賢宏

    秋季第73回応用物理学会学術講演会   (愛媛大学愛媛) 

    発表年月: 2012年09月

  • スパッタ法により堆積した酸化チタン膜の光触媒作用を用いた有機シラン単分子膜の液中表面改質と細胞パターニング

    森田麻裕, 出村崇徳, 山本英明, 中村 俊, 谷井孝至

    第59回応用物理学関連連合講演会   (早稲田大学東京) 

    発表年月: 2012年03月

  • リアルタイム1分子蛍光イメージング法を用いたナノ孔内部でのタンパク質間相互作用の解析

    劉 暁宇, 日向野駿, 浅野裕次, 井上あゆ, 上野太郎, 船津高志, 谷井孝至

    応用物理学会   (早稲田大学) 

    発表年月: 2012年03月

  • マイクロ加工基板上にパターニングされた神経細胞における極性形成

    山本英明, 出村崇徳, 森田麻裕, Gary Banker, 谷井孝至, 中村 俊

    第59回応用物理学関連連合講演会   (早稲田大学東京) 

    発表年月: 2012年03月

  • 単一イオン注入法を用いたヒ素イオンの位置と個数を制御したトランジスタの低温伝導特性評価

    堀 匡寛, EnricoPrati,FilippoGuagliardo, 小野行徳, 小松原彰, 熊谷国憲, 谷井孝至, 遠藤哲郎, 大泊巌, 品田賢宏

    春季第59回応用物理学関係連合講演会   (早稲田大学東京) 

    発表年月: 2012年03月

  • ヒ素イオン注入による注入イオンのストラグリング抑制効果の評価

    熊谷 国憲, 堀 匡寛, 小松原 彰, 谷井 孝至, 品田賢宏

    春季第59回応用物理学関係連合講演会   (早稲田大学東京) 

    発表年月: 2012年03月

  • ダイヤモンドへの低エネルギーイオン注入による発光センターの作製

    小松原 彰, 堀 匡寛, 熊谷 国憲, 谷井 孝至, 寺地 徳之, 磯谷 順一, 品田 賢宏

    春季第59回応用物理学関係連合講演会   (早稲田大学東京) 

    発表年月: 2012年03月

  • 有機シラン単分子膜パターン基板を用いた 緑茶カテキンを含む培養液中での細胞接着能の評価

    一澤 晃太, 益田 顕太朗, 山本 英明, 佐藤 裕子, 谷井 孝至

    第59回応用物理学会春季学術講演会   (早稲田大学) 

    発表年月: 2012年03月

  • Surface nano/micro-modification techniques for designing neuronal networks in vitro

    H. Yamamoto, T. Demura, M. Morita, T. Tanii, S. Nakamura  [招待有り]

    5thInternationalSymposiumonNanomedicine(ISNM2011)  

    発表年月: 2012年03月

  • Fabrication of Artificial Neuronal Circuit by In-Situ Guidance of Individual Neurites Using Photocatalytic Decomposition of Organosilane Monolayer

    T. Tanii, T. Demura, M. Morita, H. Yamamoto, S. Nakamura  [招待有り]

    3rdInternationalWorkshoponNanostructures&Nanoelectronics   (東北大学宮城) 

    発表年月: 2012年03月

  • Fabrication of Artificial Neuronal Circuit by In-Situ Guidance of Individual Neurites Using Photocatalytic Decomposition of Organosilane Monolayer

    T.Tanii, T.Demura, M.Morita, H.Yamamoto, S.Nakamura  [招待有り]

    3ndInternationalWorkshoponNanostructure&Nanoelectronics   (東北大学宮城) 

    発表年月: 2012年03月

  • 人工神経細胞回路の構築のための表面ナノ/マイクロ改質技術

    山本英明, 谷井孝至, 中村俊  [招待有り]

    第17回情報バイオトロニクス研究会   (東北大学、宮城) 

    発表年月: 2012年01月

  • Photocatalytic decomposition of organosilane monolayer on TiO2 under aqueous condition and its application to cell patterning

    T.Demura, H.Yamamoto, M.Morita, S.Nakamura, T.Tanii

    ISSS-6(InternationalSymposiumonSurfaceScience)   (船堀タワーホール) 

    発表年月: 2011年12月

  • Effect of Green-Tea Catechins on Normal- and Cancer-Cell Adhesiveness Evaluated Using an Organosilane-Modified Surface Pattern

    一澤晃太, 益田顕太朗, 山本英明, 佐藤裕子, 谷井孝至

    ISSS-6(InternationalSymposiumonSurfaceScience)   (タワーホール船橋) 

    発表年月: 2011年12月

  • In Situ Guidance of Individual Neuronal Processes by Wet Femtosecond-Laser Processing of Self-Assembled Monolayers

    H. Yamamoto, K. Okano, T. Demura, Y. Hosokawa, T. Tanii, S. Nakamura

    MRSFallMeeting2011  

    発表年月: 2011年11月

  • 有機シラン単分子膜パターン基板を用いた正常細胞および癌細胞の接着能に対する緑茶カテキン効果の評価

    益田 顕太朗, 一澤晃太, 山本 英明, 出村崇徳, 森田麻裕, 立花宏文, 佐藤 裕子, 谷井 孝至

    第8回日本カテキン学会   (京都平安ホテル) 

    発表年月: 2011年09月

  • 液中レーザープロセスによる細胞培養環境場での神経突起誘導

    山本英明, 岡野和宣, 谷井孝至, 出村崇徳, 細川陽一郎, 中村 俊

    第34回日本神経科学大会   (パシフィコ横浜、神奈川) 

    発表年月: 2011年09月

  • Impact of a Few Dopant Positions Controlled by Single-Ion Implantation on Transconductance of FETs

    M.Hori, T.Shinada, A.Komatsubara, Y.Ono, K.Kumagai, T.Tanii, T.Endo, I.Ohdomari

    ProceedingsofTECHCON2011   (TexasAmerica) 

    発表年月: 2011年09月

  • UVNIL リフトオフプロセスを用いた1分子蛍光観察のためのゼロモード導波路の作製

    谷井孝至, ライオネル ウォード, 劉 暁宇, 浅野裕次, 水野 潤, 上野太郎, 船津高志, 湯川隆生

    第72回応用物理学会学術講演会   (山形大学) 

    発表年月: 2011年09月

  • 砒素イオン注入によるドーパント位置制御効果

    小松原 彰, 堀 匡寛, 小野 行徳, 谷井 孝至, 遠藤 哲郎, 大泊 巌, 品田 賢宏, 熊谷 国憲

    秋季第72回応用物理学会学術講演会   (山形大学, 山形) 

    発表年月: 2011年09月

  • 単一イオン注入法による位置と個数を制御したデバイスの低温伝導特性評価

    堀 匡寛, Enrico Prati, Filippo Guagliardo, 小野 行徳, 小松原 彰, 熊谷 国憲, 谷井 孝至, 遠藤 哲郎, 大泊 巌, 品田 賢宏

    秋季第72回応用物理学会学術講演会   (山形大学, 山形) 

    発表年月: 2011年09月

  • 酸化チタンの光触媒作用を用いた細胞接着表面の液中パターニング

    出村崇徳, 山本英明, 森田麻裕, 一澤晃太, 益田顕太朗, 細川陽一郎, 中村 俊, 谷井孝至

    第72回応用物理学会学術講演会   (山形大学、山形) 

    発表年月: 2011年08月

  • 液中レーザープロセスによる細胞培養環境場での神経突起誘導とその機構

    山本英明, 岡野和宣, 出村崇徳, 細川陽一郎, 谷井孝至, 中村 俊

    第72回応用物理学会学術講演会   (山形大学、山形) 

    発表年月: 2011年08月

  • Impact of a few Dopant Positions Controlled by Single-Ion Implantation on Transconductance of FETs

    M.Hori, Y.Ono, A.Komatsubara, K.Kumagai, T.Tanii, T.Endoh, I.Ohdomari, T.Shinada

    11thInternationalWorkshoponJunctionTechnology(IWJT2011)   (KyotoJapan) 

    発表年月: 2011年06月

  • ドーパント位置制御による電界効果トランジスタの 相互コンダクタンス評価

    堀 匡寛, 品田 賢宏, 平 圭吾, 小松原 彰, 小野 行徳, 谷井 孝至, 遠藤 哲郎, 大泊 巌

    春季第58回応用物理学関係連合講演会   (神奈川工大学, 神奈川) 

    発表年月: 2011年03月

  • 基板バイアス印加による単一イオン個数制御性の 検証

    堀 匡寛, 品田 賢宏, 平 圭吾, 小松原 彰, 小野 行徳, 谷井 孝至, 遠藤 哲郎, 大泊 巌

    春季第58回応用物理学会学術講演会   (神奈川工大学, 神奈川) 

    発表年月: 2011年03月

  • 液中レーザプロセスによる細胞培養環境場での神経突起誘導

    山本英明, 岡野和宣, 谷井孝至, 出村崇徳, 細川陽一郎, 増原宏, 中村俊

    第58回応用物理学関連連合講演会   (神奈川工科大学、神奈川) 

    発表年月: 2011年03月

  • 酸化チタンの光触媒作用を用いた液中神経突起誘導

    出村崇徳, 一澤晃太, 山本英明, 中村俊, 谷井孝至

    4大学ナノ・マイクロファブリケーションコンソーシアム拠点形成シンポジウム   (川崎市産業振興会館、神奈川県) 

    発表年月: 2011年03月

  • Fabrication of Zero-Mode Waveguide by Ultraviolet Nanoimprint Lithography Lift-Off Process

    J. Wada, S. Ryu, Y. Asano, T. Yukawa, J. Mizuno, T. Tanii

    InternationalMicroprocessesandNanotechnologyConference2010  

    発表年月: 2010年11月

  • A Relative-Story Displacement Sensor Resolving the Angular Error Problem

    I. Matusya

    IEEESENSORS2010Conference  

    発表年月: 2010年11月

  • Evaluation of Cell Adhesion Using Organosilane Monolayer Template

    佐々木康祐, 出村崇徳, 一澤晃太, 山本英明, 谷井孝至, Hoan Anh Vu, Hoan Thanh Chi, 佐藤裕子

    ICOS2010   (静岡県コンベンションアーツセンター) 

    発表年月: 2010年10月

  • 局所変形角と相対変位を測定可能な構造ヘルスモニタリング用層間変位センサの開発

    松谷 巌

    日本機械学会M&M2010材料力学カンファレンス   (長岡技術科学大学、新潟) 

    発表年月: 2010年10月

  • 建築構造物の層間変位と局所傾斜角の同時計測システムの開発

    佐藤摩弥

    秋季第71回応用物理学会学術講演会   (長崎大学、長崎) 

    発表年月: 2010年09月

  • 有機シラン自己組織化単分子膜上での初代培養神経細胞のパターニング

    山本英明, 谷井孝至, 中村俊

    第71回応用物理学会学術講演会   (長崎大学、長崎) 

    発表年月: 2010年09月

  • 局所回転角度と層間変位の同時計測を可能にする非接触式センサの検討

    松谷 巌

    電気学会基礎・材料・共通部門大会   (琉球大学、沖縄) 

    発表年月: 2010年09月

  • 非接触型センサを用いた建物の層間変位計測システム その2 PSD層間変位センサの基本特性

    松谷 巌

    日本建築学会大会,構造II   (富山大学、富山) 

    発表年月: 2010年09月

  • An Experimental Study on Relative Displacement Direct Sensing in Real-Time using Phototransistor Array for Building Structures

    I. Matusya

    TheFifthWorldConferenceonStructuralControlandMonitoring(5WCSCM)   (TokyoJapan) 

    発表年月: 2010年07月

  • Enhancement of Electron Transport Property in FET with Asymmetric Ordered Dopant Distribution

    M.Hori, T.Shinada, K. Taira, T.Tanii, Y.Ono, T.Endoh, I.Ohdomari

    18thInternationalConferenceonIonImplantationTechnology(IIT2010)   (KyotoJapan) 

    発表年月: 2010年06月

  • ナノ改質を施したスライドガラス上での神経細胞のパターニング

    山本英明, 谷井孝至, 中村俊

    日本分子生物学会第10回春期シンポジウム   (ホテル松島大観荘、宮城県) 

    発表年月: 2010年06月

  • Single Molecule Fluorescence Imaging Using Nano- structure Array

    T.Tanii  [招待有り]

    2ndNIMS(MANA)-WasedaInternationalSymposium2010年12月  

▼全件表示

特定課題研究

  • ダイヤモンド表面での実神経細胞回路構築とNVセンタを用いた自発発火活動の長期計測

    2021年  

     概要を見る

    ダイヤモンドは高い生体適合性を有するため、細胞計測への応用性が高い。ダイヤモンド中のNVセンターの電荷状態の違いを積極的に利用することで、神経細胞の膜電位を計測できる可能性がある。本研究では、NVセンター含有ナノダイヤモンドを塗布した導電性透明基板と溶液との電位差を電気化学的に制御しながらNVセンターからの蛍光を計測することで、蛍光ナノダイヤモンドが神経細胞の膜電位計測に資する性能を有するかを実験的に調査した。溶液中の蛍光ナノダイヤモンドを用いて、最小で振幅100mVの印加パルスに対応した蛍光強度変化を観測できたが、神経細胞の膜電位計測には、応答時間と感度のさらなる向上が必要である。

  • Er注入Siナノピラーを活用するSiフォトニクス

    2021年  

     概要を見る

    これまでに、220 nm厚のSOI基板上のナノピラーにErとOを共添加すると、発光強度が最大で約20倍増大されることを見出している。一方、同ナノピラーからはEr由来でない近赤外発光の存在も確認されている。本研究では、Er由来でない近赤外発光の抑制およびErとOの共添加条件と発光強度の関係性の解明を研究目的とし、①Oイオン注入②Erイオン注入③ドライエッチングのいずれか、または、その複合によりSi結晶内部に欠陥が生じて、Er由来でない近赤外発光が生じると仮定した。コロナ感染症予防の観点から、ナノピラー中にErと酸素を共注入する実験装置の利用を研究期間に確保することができなかったため、これについては今後の継続課題とした。

  • 実神経細胞回路の接続と自発発火パターンの制御

    2020年   服部晃平

     概要を見る

    マイクロパターニング技術を用いてガラス基板表面に細胞接着領域と非接着領域をパターニングし、個々の直径100umの円形パターン上でオータプスを有する孤立した単一神経細胞を成長させた。この単一神経細胞の自発発火パターンを計測した結果、長いバースト発火、周期的バースト発火、および、短いバースト発火に分類され、さらに、この3種の自発発火パターンがHodgkin–HuxleyモデルにおけるAMPAおよびNMDAコンダクタンス成分の寄与によって説明できること数理モデルを用いて明らかにした。

  • 不純物イオン注入による酸化チタンへの可視光応答性付与とその細胞パターニング応用

    2019年  

     概要を見る

    酸化チタンへの可視光応答能(可視光照射による光触媒能)付与を目的として、集束イオンビームを用いて不純物イオンを酸化チタン表面に注入し、その光触媒能を実験的に評価した。スパッタ法を用いて、石英上のアナターゼ酸化チタンに、低エネルギーのAu、Er,、Fe、Siの4種イオンビームを注入し、その基板表面にオクタデシルシラン単分子膜を成膜して可視光(波長:420-440nm)を照射し、光触媒能によって単分子膜が分解した表面にのみ蛍光標識分子を吸着させることで、局所的な可視光応答能を評価できる方法を構築した。

  • シリコンフォトニクスのための単一Er注入Siデバイスの開発

    2018年  

     概要を見る

    シングルイオン注入法を用いて少数のエルビウム原子をシリコンPNダイオードまたはMOSトランジスタのアクティブ領域に注入し、エルビウムからの発光を電気的に制御できるデバイスを試作・評価することが本研究の目的である。このために20nm程度まで薄膜化したSOIウェハにPNダイオードとnチャネルMOSトランジスタとを、学内のクリーンルーム共有設備を利用して試作するプロセスを開発した。これにより、両デバイスのアクティブ領域からの発光が上方より観察できる構造をもつデバイスが試作されたが、エレクトロルミネセンス計測では十分な光量の発光が観察されず、熱処理中のエルビウムの外方拡散により試作デバイスのアクティブ領域に十分なエルビウム原子が残らなかった可能性が示唆された。

  • イオン注入によるダイヤモンドのカラーセンタ形成プロセスの構築と単一光子源への応用

    2017年  

     概要を見る

    量子通信用の単一光子源の実現を目指して、単結晶ダイヤモンド中に単一カラーセンタを形成するためのプロセス開発を行った。IIa結晶中にSiイオン注入によりSiVセンタを、また、窒素を多量に含むIb基板にNiを打ち込むことでNE8センタを作製できる条件を探索した。Ni打ち込みではNi由来のホトルミネッセンス(波長783nm)が計測されたが、NE8由来の発光ではなかった。一方、Si打ち込みでは単一SiVセンタの形成(波長738nm)を確認できた。20keVから18MeVまでのエネルギー範囲において打ち込みSi原子数 に対するSiV生成収率がエネルギーによらず一定であることを見出した。

  • シリコンフォトニクスのための単一Er注入Siデバイスの開発

    2016年  

     概要を見る

    室温で光子を1個ずつ放出する新しいシリコンフォトニクス素子を開発し,その発光特性を活かして量子情報処理・通信に活用できるように,従来のシリコン電界効果トランジスタ(MOS FET)を高度化することが本研究の目的である.具体的には,たった1原子のエルビウムをチャネルに持つFETを作製し,電流注入によってこれらの単一原子からの発光を制御できるデバイスを開発する.チャネル中にエルビウムを注入したMOS FETの試作を行い、電気伝導特性を評価すると同時に、エルビウムと酸素の共注入と熱処理を施した際のEr:Oクラスター生成を3次元アトムプローブ測定によって同定した。

  • シリコンフォトニクスのための単一不純物原子シリコンデバイスの開発

    2015年  

     概要を見る

    イオン注入を用いてSi FETのチャネル領域にErまたはGeといった、Siバンドギャップ中に深い準位を形成する不純物トを注入し、フォトルミネッセンスまたはFET電流によるインパクトイオン化によるエレクトロルミネッセンスを単一ドーパントレベル、すなわち単一フォトン検出を行った。Er注入においては、酸素原子との共注入によりEr:O比と発行強度の関係を評価した。60 keVでGeイオンを注入したFETではデバイスの耐圧の制限から、インパクトイオン化に至らず、発光は観察されなかった。一方、集束イオンビーム装置を用いてEr原子を20 keVで注入したデバイスでは、1.5 um領域からのフォトルミネッセンスの計測に成功した。

  • 量子情報通信のためのケイ素-空孔対ダイヤモンド単一光子源の作製

    2014年  

     概要を見る

    集束イオンビーム装置を用いて単結晶ダイヤモンド薄膜にSi原子を打ち込み、Siと空孔からなる色中心であるSiV-センタを作製し、ドースと生成収率との関係を明らかにした。その結果、照準した位置に共焦点顕微鏡分解能以下の位置精度でSiV-センタの発光スポットを形成できること、1スポットあたり20個のSi原子を打ち込むと、生成収率15%でSiV-センタが生成されること、形成したスポットの中に単一のSiV-センタも存在すること、単一SiV-センタが単一光子源として機能すること、および、長時間の熱処理を施すとイオン注入で形成されたSiV-センタの輝度も十分に高いことを見出した。

  • Siイオン注入によるダイヤモンド基板中Si-V発光センターの作製と量子情報通信のための単一光子源への応用

    2013年  

     概要を見る

     ダイヤモンド単結晶中のカラーセンタは古くからダイヤモンドの色を決定する欠陥として研究されてきた。本研究では、中でもケイ素と原子空孔からなるSi-Vセンタに着目し、これを量子情報通信のための単一光子源として応用するために、ダイヤモンド単結晶中にケイ素1原子とそれに隣接する2個の原子空孔を、研究者の独自技術であるシングルイオン注入法を用いて配列形成する手法を試みた。具体的には、ダイヤモンド表面にケイ素原子を1原子ずつ注入し、このイオン注入によって生成される原子空孔と注入されたケイ素原子とを熱処理によって結合させる。注入位置にSi-Vセンタが形成できたかどうかの確認は、共焦点顕微鏡を用いたホトルミネッセンスにより行い、負に帯電したSi-Vセンタからの波長738nmの発光を観測することによって行う。また、共焦点顕微鏡を用いて、アンチバンチング計測を行うことによって、ケイ素イオン注入位置に単一のSi-Vセンタ、すなわち単一光子源が生成されることを確認する。このために、イオン注入と熱処理条件を探索した。 1スポットあたり1000個のケイ素イオンを集束イオンビーム装置(60keV)を用いて注入し、10%水素フォーミングガス中で1000℃、1時間の熱処理を施した。この結果、共焦点顕微鏡の分解能に匹敵する500nm間隔で、Si-Vセンタを配列形成することに成功した。また、ホトルミネッセンスにおけるSi-Vセンタからの発光強度は1スポットあたりのケイ素イオン注入量に比例した。このことは、上記の熱処理条件において、注入したケイ素イオンおよびイオン注入によって導入された空孔欠陥は複合欠陥をとるよりも、Si-Vセンタとしての構造、すなわちdivacancy構造になりやすいことを示唆している。 一方、共焦点顕微鏡でのホトルミネッセンス観察前に熱混酸処理およびアンモニア過酸化水素水処理を施すと、表面のコンタミネーションが除去されて、ホトルミネッセンス計測において背景光が低減した。これにより、1スポットあたり20個という極めて少数の原子を注入した位置からの発光も捕捉することができた。しかも、配列中の0.5%程度のスポットで、この発光が単一のSi-Vセンタが生成されていることを実証した。 現時点では、0.5%程度と生成率は低迷しているが、本研究での成果は、①イオン注入と熱処理によってSi-Vセンタを形成できること、②イオン注入によるSi-Vセンタの生成率は一定でドースに比例すること、③熱混酸処理およびアンモニア過酸化水素水処理がダイヤモンド表面からの背景光除去に有効であること、④1スポットあたりに20個程度のケイ素イオンを注入すれば単一のSi-Vセンタ、すなわち単一光子源を形成できることを実験的に実証したことである。

  • ナノ加工を用いた局所神経回路の構築

    2013年   山本英明

     概要を見る

     脳の機能素子である神経細胞は、シナプス結合によってネットワークを形成し、シグナルの伝達/処理を行う。脳は外部刺激を受けていない状態でも活動しているが、例えばその情報処理中枢である大脳皮質における自発的神経活動は、ランダムではなく、巨視的に視るとある特定の順番とタイミングをもっている。この自発活動は興奮性/抑制性神経細胞からなる再帰的ネットワークから生み出され、機能的には、例えば将来の入力への期待を表現するための内部モデルを脳内に造り出していると考えられている。したがって、脳機能の神経基盤を探求する上で、自発的神経活動の発生機序を明らかにすることは重要である。そこで我々は、半導体微細加工技術を用いて培養神経回路の素子数を外因的に制御し、その微小神経回路内の神経細胞の自発活動を観察することで、神経回路内で自発活動が起こるために必要な細胞数や、自発活動の発生における抑制性神経細胞の役割を調べた。 Poly (ethylene glycol) (PEG) silane(細胞接着阻害領域)、Poly-D-Lysine(PDL; 細胞接着可能領域)から成るPDL / PEGのパターン(200&#181;m×200 &#181;m; 500 &#181;m×500 &#181;m; 1000 &#181;m×1000 &#181;m)をガラス基板上に作製した。この基板上に胎生18日のラット胎児大脳皮質神経細胞を播種し、グリア細胞と共培養することにより、パターン内に神経回路を構築させた。培養開始から10-11日目において、構築した神経回路で起こる自発活動を、蛍光色素Fluo-4を用いたCa2+イメージングによって計測した。また、NeuN(神経細胞マーカー)とGABA(抑制性神経細胞マーカー)の共染色により、神経回路を構成する抑制性細胞の割合を評価した。 マイクロパターン基板上に培養神経細胞をパターニングし、Ca2+イメージングによって神経回路の自発活動を計測することに成功した。寸法の異なるパターン上の神経回路の活動を比較したところ、神経回路の大きさが増加するとともに自発的バースト活動の頻度が増加することが分かった。また、たかだか十数個の細胞からなる神経回路でも自発活動が発生することを確認することができた。これは、従来考えられていたよりもはるかに少ない数の素子数からなる神経回路であっても、cell assemblyとしての機能を持ちうることを示唆している。

  • がん細胞および神経細胞内応答解析のための表面ナノ加工基板の開発

    2013年   山本英明

     概要を見る

     細胞培養液中で基板表面の細胞親和性を局所的に改質することにより,接着細胞の伸展面積や遊走方向,さらには神経細胞の突起伸長経路を制御することができる.私たちはこれまでに,酸化チタン(TiO2)の光触媒作用を活用して,TiO2表面の細胞接着阻害膜を培養液中において分解除去し,そこにコラーゲンなどの足場タンパク質を物理吸着させることで,基板表面の細胞親和性を局所的に改質でき,細胞の液中パターニングに応用できることを示してきた.しかしながら,初代神経細胞などの接着力の弱い細胞への応用を試みたところ,物理吸着した足場タンパク質の安定性が不十分で,神経細胞を接着させることができなかった.そこで, TiO2に高い親和性を示すタンパク質をリンカーとして用いることで,初代神経細胞の接着を支持するラミニンを被改質領域に安定に固定し,さらにその領域に初代神経細胞を選択的に接着させることを試みた. スライドガラス表面にTiO2膜をスパッタ法により成膜した.細胞接着阻害膜にはオクタデシルシラン単分子膜 (OTS SAM)を用い,表面を改質する直前に,基板を血清入り培地に一晩浸漬した.リンカータンパク質とラミニンが複合体を形成し,さらにこの複合体がTiO2上に吸着することは免疫沈降法により確認した.細胞はラット海馬神経細胞を用い,Neurobasal培地で培養した. リンカータンパク質を介してラミニンを結合させたTiO2基板表面上では,培養開始から2週間以上に渡ってラット海馬神経細胞が安定に成長した.また,OTS SAM/TiO2に対して蛍光顕微鏡の光学系で集光した紫外光を照射したところ,ラミニンは光改質した領域に選択的に吸着し,神経細胞を改質領域上にパターニングすることができた.未照射領域への非特異的な細胞接着はほとんど確認されなかった.リンカータンパク質を用いてラミニンが安定にパターニングできるようになったことは,TiO2の光触媒能を活用した液中表面改質技術が初代神経細胞にも応用できることを意味する.

  • 液中表面ナノ改質を用いた人工神経細胞回路の形成と神経回路数理モデルの実験的検証

    2012年  

     概要を見る

    脳の高次機能の理解と脳型機能の創発は現代に残された大きな課題の1つである。しかしながら、未だ記憶や情動のメカニズムの理解には至っていない。この理由は、実神経細胞を用いて、脳中の局所神経回路を人工的に再構成できないことにあると考える。あたかも“基板上に電子回路を作製するがごとく”任意の神経回路を基板上に再現できれば、回路の諸定数とその動作を詳細に調べることができ、脳機能の解明を大きく前進させるはずである。この目的のために、我々は、酸化チタンの光触媒能を活用して、複数の神経細胞を要素とする任意の局所回路をガラス基板パターン上に再構成することを試みた。その結果、下記の進展および達成があった。1)昨年度に独自に発見した「神経細胞が接着した後、神経突起を伸長できる長さを非対称的に1本だけ長く伸長できるように、細胞接着阻害領域を予め作成しておくと、その長い1本が優先的に軸策となる」という現象に関して、他グループから報告されている「神経突起に加わる応力が軸索/樹状突起の分化を決定する」という現象と矛盾するかどうかを調査した。このために、突起伸長を誘導するパターン形状の長さだけでなく湾曲も加えることにした。パターン湾曲による曲率の変化により、神経突起に加わる応力を制御できる。結果は、パターン湾曲の有無に依存せず、最終的に最も長く伸長できた突起が優先的に軸索に分化することを確認した。2)マイクロパターン基板上に培養神経細胞をパターニングし、Ca2+イメージングによって神経回路の自発活動を計測することに成功した。寸法の異なるパターン上の神経回路の活動を比較したところ、神経回路の大きさが増加するとともに平均発火頻度が増加することが分かった。また、たかだか十数個の細胞からなる神経回路でも自発活動が発生することを確認することができた。これは、従来考えられていたよりもはるかに少ない数の素子数からなる神経回路においても、cell assemblyとしての機能を持ちうることを示唆している。上記の結果は、任意の神経回路をガラス基板上に再現するための要素技術が整ったことを意味する。

  • 液中表面ナノ改質を用いたフィードバック型神経回路の作製と解析法の構築

    2011年  

     概要を見る

     脳の高次機能の理解と脳型機能の創発は現代に残された大きな課題の1つである。しかしながら、未だ記憶や情動のメカニズムの理解には至っていない。この理由は、実神経細胞を用いて、脳中の局所神経回路を人工的に再構成できないことにあると考える。あたかも“基板上に電子回路を作製するがごとく”任意の神経回路を基板上に再現できれば、回路の諸定数とその動作を詳細に調べることができ、脳機能の解明を大きく前進させるはずである。 この目的のために、我々は、酸化チタンの光触媒能を活用して、複数の神経細胞を要素とする任意の局所回路をガラス基板上に再構成することを試みた。その結果、下記の進展および達成があった。1)微粒子の酸化チタンをガラス基板表面にスピンコートして薄膜状にしたものと、スパッタ法によって酸化チタンを蒸着したものを作成し、その表面にオクタデシルシラン単分子膜を成長させる方法を構築した。2)上記1)の2つの方法で作成したオクタデシルシラン単分子膜のどちらも、神経細胞の接着を阻害することが分かった。ただし、スパッタ法で作成した酸化チタン膜の方が、細胞の非特異的な接着が少なかった。3)蛍光顕微鏡の水銀ランプまたは光リソグラフィ用のDeepUV光を局所的に照射したところ、酸化チタンの光触媒作用によって、照射部位の単分子膜が分解することが分かった。光触媒作用による分解は水中や細胞培養液中でも起きた。スピンコート法、スパッタ法のどちらでも、堆積後に充分なアニールを施すことによって光触媒作用が発現した。4)上記3)の結果は、水に対する接触角の低下、赤外吸収分光法によるC-H伸縮振動ピークの減少から確かめられた。5)細胞接着阻害膜を光触媒作用を用いて培養液中で分解すると、その部位にのみ細胞が接着し、細胞接着部位をパターニングできることが分かった。6)神経細胞が接着した後、神経突起を伸長できる長さを非対称的に1本だけ長く伸長できるように、細胞接着阻害領域を予め作成しておくと、その長い1本が優先的に軸策となることが分かった。上記の結果は、任意の神経回路をガラス基板上に再現するための要素技術が整ったことを意味する。

  • 有機シラン単分子膜成長ダイナミクスおよび微視的構造解明

    2007年   三宅丈雄, 山本英明

     概要を見る

    【背景と目的】成長メカニズムにおける基礎的な学理構築の必要性と単分子膜としての応用性の高さから、魅力的なソフトマターである有機シラン自己組織化単分子膜(SAM)を研究対象とし、大規模計算機シミュレーションによる予測と実験的検証の両面から成長過程の動的素過程を解析し、膜構造と膜質に関する微視的描像を解明することを目的として研究を推進した。有機シランSAMにおける最重要課題は、高い応用性が示されているにもかかわらず、実験的に膜構造を決定する手法に乏しく、その結果、構造が未解明なまま放置されていることに加え、成膜時に外場が与える影響によって、成長様式や膜構造が異なり、実験室単位で質の異なる膜を対象として議論がなされていることである。【研究成果】シミュレーションによる成果: ・同種分子を用いて成膜した有機シランSAMであっても、下地酸化膜との化学結合(アンカリング)の数と、単分子膜同士の  架橋(クロスリンク)の数に違いがあり、これが異なる膜質の原因となっている。 ・アンカリングやクロスリンクの数が増加すると、膜は結晶性(六方細密充填構造)からアモルファス構造に変化する。実験による成果: ・液相で堆積したSAMと、気相で堆積したSAMの間には、成長過程とできあがる構造に大きな違いがある。 ・液相で成長するSAMはデンドライト成長し、気相で成長するSAMは一様成長する。 ・液相で成長するSAMは比較的結晶性を有するのに対し、気相で成長したSAMはアモルファスである。 ・膜の結晶性は、気相/液相といった堆積方法の差でなく、成膜温度に直接的に起因するようである。 ・有機シランSAMを電子線レジスト代替として用いる際の現像液であるHFに対し、結晶性を有するSAMより、アモルファスであるSAM  の方が耐性がある。このことは、CVDで成膜したアモルファスのSAMの方が電子線レジスト代替として優れていることを示す。 ・有機シランSAMの電子線照射に対する感度はSAMの末端基に大きく依存する。

  • シリコンナノ構造配列を用いた微小電子減の開発

    2002年  

     概要を見る

    「シリコンナノ構造配列を用いた微小電子源の作製」 先鋭なシリコンナノ構造配列は、フラットパネルディスプレイやマルチ電子線リソグラフィ用の微小電子源として期待されている。その理由は、①材料としてシリコンを用いることにより、従来の微細加工を利用した高密度配列形成が可能なこと、②微小電子源と同一基板上に制御用の集積回路を組み込めること、③ナノスケールで先鋭な構造や低い仕事関数が、他の材料と比較して、電界放出に有利であること、などである。 我々は、独自に発見したアルカリ溶液中でのイオン照射減速エッチング現象を利用して、鋭い先端を有するシリコンのナノピラミッド配列を自己整合的に一括で作製する技術を開発し、微小電子源配列への応用を推進してきた。本研究の成果を以下にまとめる。 (1) TMAHを用いた3極管構造の作製TMAH中におけるイオン照射減速エッチング現象を用いて、シリコンナノテーブル配列を作製し、この形状を有効に利用して引出し電極を有するシリコン微小電子源を完成した。プロセスは、以下のステップから構成される。①イオン注入を用いて、Si(100)表面に配列状にイオン照射損傷を導入する。②損傷領域をマスクとして、TMAH中でシリコン減速エッチング現象を利用して、ナノテーブル配列を作製する。③熱酸化により、テーブルの先鋭化と引出し電極下の絶縁膜(熱酸化膜)を成長させる。④引出し電極として、ニオブを堆積する。⑤フッ酸を用いて、テーブル部分を選択的にリフトオフし、3極管構造を作製する。このプロセスは、マスク合わせを全く用いずに、自己整合的に引出し電極を有する3極管構造を作製でき、作製された微小電子源は現在最小のものである。引出し電極と、尖鋭な電子源を近接できることから、低閾値電圧での電子放出を期待できる。加えて、イオン注入がピラミッド先端の電気伝導型制御とナノテーブル構造作製の両方の役割を果たし、熱酸化がテーブルの先鋭化、ドーパントイオンの活性化および絶縁層堆積を兼ねるため、従来のプロセスよりプロセスステップ数を大幅に削減することが可能である。加えて、プロセス全体にわたって、ドライエッチングではなくウェットエッチングのみを採用していることから、ウェハスケールかつ低コストで製造できる点に特長がある。(2) TMAHを用いた3極管構造からのエミッション評価(1)で作製した3極管構造を超高真空チェンバ内にセッティングし、エミッション実験を行った。シリコンウェハ裏面にオーミック電極を作製してエミッタに通電し、ゲート電極にはワイヤーボンディングにより電圧を印加した。コレクタは透明導電性ガラス上に蒸着した蛍光板となっており、エミッションの有無を蛍光スポットとして観察できるようになっている。真空度は5E-7Pa以下で行われた。ゲート電圧に約30Vの電圧を印加したところ、コレクタ電流とともに、蛍光スポットが観察できた。I-V特性は良好な電界放出を示し、10時間以上の長時間にわたってエミッションを持続することができた。(1)(2)に示すように、本研究を通じて、従来のプロセスより有利なプロセスを開発し、現在報告されている中でも最も微細な微小電子源配列を完成し、低閾値電圧でのエミッションを確認した。

  • シリコンナノ構造配列を用いた微小電子の作成

    2001年  

     概要を見る

    「シリコンナノ構造配列を用いた微小電子源の作製」 先鋭なシリコンナノ構造配列は、フラットパネルディスプレイやマルチ電子線リソグラフィ用の微小電子源として期待されている。その理由は、①材料としてシリコンを用いることにより、従来の微細加工を利用した高密度配列形成が可能なこと、②微小電子源と同一基板上に制御用の集積回路を組み込めること、③ナノスケールで先鋭な構造や低い仕事関数が、他の材料と比較して、電界放出に有利であること、などである。 我々は、独自に発見したアルカリ溶液中でのイオン照射減速エッチング現象を利用して、鋭い先端を有するシリコンのナノピラミッド配列を自己整合的に一括で作製する技術を開発し、微小電子源配列への応用を推進してきた。本研究の成果を以下にまとめる。 (1) シリコンナノピラミッド配列(2極管構造)からの電子放出特性評価異なる電気伝導型(p/n型)のSi(100)基板に様々なドーパントイオン(リン、ホウ素、アルゴン等)を照射し、照射損傷をマスクとして、ヒドラジン一水和物中で異方性エッチングを行い、ナノピラミッド配列を作製した。ピラミッドは熱酸化とその後の酸化膜剥離により先鋭化し、ピラミッド先端からの電子放出特性を超高真空中で評価した。基板の電気伝導型とピラミッド先端の電気伝導型は、走査型マクスウェル応力顕微鏡を用いた表面電位の測定により同定した。全ての電気伝導型とドーパントイオン照射の場合でも、良好な電界放出特性を示したが、特にp型基板にドナーイオンを注入して作製したナノピラミッドにおいて、高い時間安定性を得た。これは、ピラミッド先端に形成されるP/N接合界面の空乏層中における熱的なキャリア生成が、ピラミッド形状や先端の仕事関数の影響による素子ごとの特性のばらつきを自発的に制御するためであると考えられる。したがって、基板の電気伝導型やドーパントイオン種に依存せずに、自己整合的に一括で作製できる我々のプロセスは、従来のシリコン微小電子源作製プロセスと比較して、スループットの観点から優れていると結論できる。(2) 4メチル水酸化アンモニウム(TMAH)を用いたシリコンナノピラミッド配列の作製これまでは、シリコンの異方性エッチングにヒドラジン一水和物を用いていたが、この溶液は発がん性を有し、爆発性の観点からも危険性が高い。そこで、人体や環境への影響が少ない4メチル水酸化アンモニウム(TMAH)を用いて、シリコンのイオン照射減速エッチング現象を調査した。イオン照射したSi(100)基板を80度、2.38%のTMAH(NMD-3)を用いてエッチングしたところ、イオン照射減速エッチング現象を確認できた。すなわち、未照射領域のエッチレートに対し、照射領域のエッチレートが著しく低下し、エッチングマスクとして機能することが分かった。なお、照射するイオンとして、リン、ホウ素およびアルゴンのいずれにおいても、有効なイオン照射減速エッチング現象が確認できた。ただし、TMAHの有するエッチングレートの面方位依存性から、{100}に対する{111}面のエッチレート選択比がヒドラジン一水和物より低く、異方性エッチングすると構造にアンダーカットが生じることが分かった。TMAHの有するこれらの性質を利用すると、ナノスケールのテーブル構造を制御よく作製できる。(3) TMAHを用いた3極管構造の作製(2)の結果、TMAH中におけるイオン照射減速エッチング現象を用いて、シリコンナノテーブル配列を作製し、この形状を有効に利用して引出し電極を有するシリコン微小電子源を完成した。プロセスは、以下のステップから構成される。①イオン注入を用いて、Si(100)表面に配列状にイオン照射損傷を導入する。②損傷領域をマスクとして、TMAH中でシリコン減速エッチング現象を利用して、ナノテーブル配列を作製する。③熱酸化により、テーブルの先鋭化と引出し電極下の絶縁膜(熱酸化膜)を成長させる。④引出し電極として、ニオブを堆積する。⑤フッ酸を用いて、テーブル部分を選択的にリフトオフし、3極管構造を作製する。このプロセスは、マスク合わせを全く用いずに、自己整合的に引出し電極を有する3極管構造を作製でき、作製された微小電子源は現在最小のものである。引出し電極と、尖鋭な電子源を近接できることから、低閾値電圧での電子放出を期待できる。加えて、イオン注入がピラミッド先端の電気伝導型制御とナノテーブル構造作製の両方の役割を果たし、熱酸化がテーブルの先鋭化、ドーパントイオンの活性化および絶縁層堆積を兼ねるため、従来のプロセスよりプロセスステップ数を大幅に削減することが可能である。加えて、プロセス全体にわたって、ドライエッチングではなくウェットエッチングのみを採用していることから、ウェハスケールかつ低コストで製造できる点に特長がある。(1)から(3)に示すように、本研究を通じて、従来のプロセスより有利なプロセスを開発し、現在報告されている中でも最も微細な微小電子源配列を完成した。

▼全件表示

海外研究活動

  • ダイヤモンド窒素-空孔欠陥を用いた4量子ビット量子レジスタの作製

    2016年04月
    -
    2016年07月

    ドイツ   Ulm大学, MaxPlanck研究所

 

現在担当している科目

▼全件表示