久保 健一郎 (クボ ケンイチロウ)

写真a

所属

文学学術院 文化構想学部

職名

教授

兼担 【 表示 / 非表示

  • 文学学術院   大学院文学研究科

  • 附属機関・学校   グローバルエデュケーションセンター

学位 【 表示 / 非表示

  • 早稲田大学   博士(文学)

所属学協会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     

    日本史研究会

  •  
     
     

    歴史学研究会

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 日本史

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 中世史

論文 【 表示 / 非表示

  • 村井報告を聞いて

    日本史研究   ( 560 ) 28 - 31  2009年04月

  • 天下と公儀

    信長公記を読む     163 - 179  2009年02月

  • 公儀と地域権力

    早稲田大学大学院文学研究科紀要   54   3 - 16  2009年02月

  • 「境目」の領主・再論

    史観   ( 159 ) 1 - 17  2008年09月

  • 戦国時代の徳政と大名

    早稲田大学大学院文学研究科紀要   53   19 - 33  2008年02月

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 戦国大名と公儀

    久保健一郎

    校倉書房  2001年02月

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 中世兵糧の基礎的研究

    研究期間:

    2011年04月
    -
    2014年03月
     

     概要を見る

    本研究では、日本中世の兵糧に関わる史料を収集して、存在形態、地域的特徴、時期的変遷等を多角的に検討した。その結果、ほぼ日本列島全域において、兵糧には、実際に食糧として消費される「モノとしての兵糧」の側面と、交換手段・利殖手段として用いられる「カネとしての兵糧」の側面があること、兵糧はこれらを示しながら、時代が下るにつれ、いよいよ戦争の中で重みを増していき、戦国社会においては、いわば戦争経済の中心となることを明らかにした。これらは戦争論・社会経済史の発展に寄与する成果と考える

  • 中世兵糧の基礎的研究

    基盤研究(C)

    研究期間:

    2011年
    -
    2013年
     

     概要を見る

    本研究では、日本中世の兵糧に関わる史料を収集して、存在形態、地域的特徴、時期的変遷等を多角的に検討した。その結果、ほぼ日本列島全域において、兵糧には、実際に食糧として消費される「モノとしての兵糧」の側面と、交換手段・利殖手段として用いられる「カネとしての兵糧」の側面があること、兵糧はこれらを示しながら、時代が下るにつれ、いよいよ戦争の中で重みを増していき、戦国社会においては、いわば戦争経済の中心となることを明らかにした。これらは戦争論・社会経済史の発展に寄与する成果と考える。

  • 備中国新見荘における総合的復原研究

    基盤研究(B)

    研究期間:

    2010年
    -
    2013年
     

     概要を見る

    備中国新見荘は岡山県新見市の高梁川上流域に存在した東寺領の荘園で、東寺百合文書等、豊富な中世史料が残存するため、中世荘園を研究する宝庫である。
    今回、広大な荘域全体にわたって、共同研究による総合的な復原研究を実現することができた。その過程で、荘園調査全般に役立つGISソフト「多層荘園記録システム」の開発を進め、これを基盤にして、『中世荘園の環境・構造と地域社会』(勉誠出版、2014年)などにその成果をまとめることができた。

  • 東アジア村落における水稲文化の儀礼と景観

    基盤研究(A)

    研究期間:

    2004年
    -
    2007年
     

     概要を見る

    本研究は東アジアにおける水田農耕と社会との歴史的・文化的な関係を明らかにするものである。とりわけ、東アジアにおける日本の位相を明確にすることを目的とし、分析を進めるにあたって、その視点を宗教的儀礼と村落景観に定め、具体的なフィールドを設定して研究の深化を図った。日本はインド文化の東限の地として知られるが、その位相を明確化するために東西の軸として中国と日本を設定し、水稲文化と仏教文化の伝播を中心に考察を行った。南北の軸としては、日本とインドネシア・バリ島を設定し、水田農耕や村落景観の究明を行った。前者については日本の東大寺を中心に据え、仏教文化と稲作との関係を考察し、東大寺境内での調査を実施して、2004年11月27日にはシンポジウム「古代・中世仏教寺院の水田開発と水稲文化」を実施した。また、2005年10月29日に実施したシンポジウム「ジャポニカの起源と伝播」においては、コメ作りのルートとして南方ルートを重視しつつ、日本の位相を考察し、古代から近世までの状況の一端を明らかにし得た。東西軸は、国家による仏教、国家による水利灌瀧が考察の対象となり、アンコールワットを中心とするカンボジアの調査がこれに大きく貢献した。
    南北軸については、インドネシア・バリ島での調査・研究を深めるとともに、愛媛県弓削島の調査を進めることができた。バリ島では、東部のバサンアラス村においてスバック・バサンアラスの報告書を入手することができ、水利に関する村の共同体として知られているスバックの現地報告書を日本で初めて全面的に翻訳し、「講座水稲文化研究II バリ島の水稲文化と儀礼-カランガスム県バサンアラス村を中心として-」に他の論文とともに掲載することができた。
    以上のことから東アジアの水田農耕社会の基盤部分が明らかになったといえよう。

  • 戦国大名後北条氏における公儀の構造と機能の研究

     概要を見る

    まず後北条氏関係文書約4500通の目録データベースを作成した。これには年月日・差出・充所等のほかにキーワードとして後北条氏における公儀を示す文言といわれる「大途」「公方」「公儀」を載せ、これらの使用者・使用対象・使用時期・使用方法等を検索できるようにした。「大途」文言の事例はおよそ120件、「公方」文言の事例はおよそ70件、「公儀」文言の事例はおよそ25件であった。これを基礎とした後北条氏関係文書の分析により、後北条氏における公儀の構造と機能を追究した。その結果、構造については当主ないし宗家のみが主体となる「大途」が支城主クラスの一族も主体となることができる「公方」「公儀」には見られない人格性・文書の発給主体・軍事的諸機能等の特徴を有していることを明らかにした。したがって「大途」は「公方」「公儀」に対して相対的に優位であり、「大途」を頂点とする公儀の構造を明らかにすることができた。特に「大途」の人格性は後北条氏における公儀の確立や維持に重要な規定を与えており、幕藩制国家における公儀に比して後北条氏の公儀の独自性を示していると考えた。この点は従来ほとんど追究されていないことであり、これを仮に公儀の人格的・イエ的構造と呼ぶことにした。機能については一般にいわれる訴訟→裁許や公共機能も再確認できたが、役賦課の正当性を示す機能や、上にも述べたように「大途」において見られる文書発給機能や軍事的諸機能をも見出すことができた。そしてこれらの必ずしも公共的でない機能が後北条氏の公儀においては重要な比重を占めていることを確認できた。なお毛利氏関係史料の調査・収集を行ったが、戦国期段階では公儀に類する文言はほとんど見出せなかった。後北条氏との大きな差異として留意し、今後追究したい

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 戦国時代の戦争経済と収取

    歴史学研究会日本中世史部会大会報告  

    発表年月: 2001年05月

特定課題研究 【 表示 / 非表示

  • 戦国大名権力における意思決定過程の研究

    2020年  

     概要を見る

      2020年度はコロナ禍により大幅に研究計画を変更せざるをえなかった。これまでに戦国大名権力の意思決定過程解明の一端として、小田原北条氏における3代当主氏康隠居後と4代当主氏政との関係、氏政隠居後と5代当主氏直との関係を検討していたが、北条氏においてさらに検討を重ねた。 初代宗瑞から2代氏綱への代替わり時期は、通説に対して近年異説が示されたが、あらためて検討すると、なお通説は有力であり、そこには宗瑞と氏綱が隠居と当主によって大名権力の頂点である「当主権力」を構成するありさまが見られることを明らかにした。これが戦国大名権力の意思決定過程をどのように規定するかのさらなる解明が課題である。

  • 戦国大名権力における意思決定手続きの研究

    2018年  

     概要を見る

      本特定課題では、戦国大名権力の意思決定過程を明らかにする前提として、あらためて戦国大名北条氏使用以前の「大途」を検討しつつ、15世紀半ば以降の大名・領主のイエを捉えかえした。その結果、少なくとも管見の限りの史料では、「大途」=具体的な人格とはならないことを明らかにした。ただし、抽象的重要性・重大性を示すものが具体的人格とオーバーラップしていくことは十分ありえる点に留意し、堀越公方府において一定の軍事力を担っている人物が「大都」(「大途」としばしば混用される)と表現されていることも確認した。以上のことから、「大途」といわれるような大名・領主の権力における頂点が15世紀半ば以降しだいに形成されていく点をより明確にする成果を得た。

  • 戦国大名権力における意思決定過程の研究

    2018年  

     概要を見る

     本特定課題では、戦国大名権力の意思決定過程を明らかにする前提として、あらためて戦国大名北条氏使用以前の「大途」を検討しつつ、15世紀半ば以降の大名・領主のイエを捉えかえした。その結果、少なくとも管見の限りの史料では、「大途」=具体的な人格とはならないことを明らかにした。ただし、抽象的重要性・重大性を示すものが具体的人格とオーバーラップしていくことは十分ありえる点に留意し、堀越公方府において一定の軍事力を担っている人物が「大都」(「大途」としばしば混用される)と表現されていることも確認した。以上のことから、「大途」といわれるような大名・領主の権力における頂点が15世紀半ば以降しだいに形成されていく点をより明確にする成果を得た。

  • 戦国大名領国における訴訟と裁判の研究

    2017年  

     概要を見る

     本研究では、戦国大名領国における訴訟・裁判において大名権力がどのように意思決定をしていくか、という問題に重点を置き、大名の隠居・当主の関係を検討した。  その結果、隠居は当主の決定を最優先とし、みずからは隠遁の身であるとの自覚もあるが、当主に道理に合わない点があれば、「意見」を加えることを辞さないことが明らかとなった。こうした大名裁判の安定化や信頼性に影響を及ぼす事態について、従来は隠居が権力を手放さないことから生ずるといったレベルで捉えられていたが、本研究では当主権力を隠居・当主が分割・分担しているものと考えた。この点、大名権力の裁判、意思決定研究における成果といえる。

  • 戦国大名権力における意思決定手続きの研究

    2017年  

     概要を見る

     本研究では、戦国大名権力が訴訟・戦争・外交などにおいて、どのように意思決定していったかを追求する一環として、大名の隠居・当主の関係を検討した。  その結果、戦争・外交において、隠居はしばしば当主に相並び、あるいは当主よりも大きな権限を振るっていることなどが明らかになった。訴訟を含め、さまざまな場での隠居・当主の関係をみても隠居が優位であることが多いが、当主の存在もまた重要であることも示した。以上のような事態は、従来、隠居が権力を手放さないといったレベルで捉えられていたが、本研究では、当主権力を隠居・当主が分割・分担しているものと考えた。この点、大名権力の意思決定研究における成果といえる。

全件表示 >>

 

現在担当している科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>