Updated on 2021/12/08

写真a

 
SAKANO, Shinya
 
Affiliation
Faculty of Commerce, School of Commerce
Job title
Professor

Concurrent Post

  • Affiliated organization   Center for International Education

  • Faculty of Commerce   Graduate School of Commerce

  • Faculty of Political Science and Economics   Graduate School of Economics

Research Institute

  • 2021
    -
    2022

    データ科学センター   兼任センター員

  • 2019
    -
     

    産業経営研究所   兼任研究所員

Education

  •  
    -
    1999

    Kyoto University   Graduate School, Division of Economics   Modern Economics  

  •  
    -
    1999

    Kyoto University   Graduate School, Division of Economics   Modern Economics  

  •  
    -
    1987

    Waseda University   Faculty of Political Economics   Economics  

Degree

  • Kyoto University   Doctor of Economics

  • 京都大学   博士(経済学)

Research Experience

  • 2009
    -
    2011

    Paris Dauphine University, visiting researcher

  • 2009
    -
     

    Waseda University, Faculty of Commerce, professor

  • 2009
     
     

    Waseda University, Faculty of Commerce, professor

  • 2002
    -
    2009

    Waseda University, Faculty of Commerce, associate professor

  • 2002
    -
     

    Niigata University, Faculty of Economics, associate professor

  • 2000
    -
    2001

    Gunma University, part-time instructor

  • 1999
    -
    2001

    Aizu University, part-time instructor

  • 1995
    -
    1997

    Niigata University, Faculty of Economics, full-time instructor

  • 1989
    -
    1990

    The Institute of Energy Economics, Japan Economist

▼display all

Professional Memberships

  •  
     
     

    Japan Statistical Society

  •  
     
     

    Japanese Economic Association

  •  
     
     

    日仏経済学会

 

Research Areas

  • Economic statistics

Papers

  • ADF-GLS Test and its Background

    Shin'ya SAKANO

      ( 431 ) 587 - 605  2012.03

  • ADF-GLS検定とその用例

    坂野慎哉

    京都大学経済論叢   183 ( 2 ) 37 - 47  2010

  • ADF-GLS検定について

    坂野慎哉

    早稲田商学   418/419   93 - 114  2009

  • 回帰の標準誤差をめぐって

    坂野慎哉

    産業経営   43   57 - 66  2008

  • Chow検定統計量と制約付き最小二乗推定量

    坂野慎哉

    早稲田商学   413/414   225 - 236  2007

  • ADF検定の検出力について

    坂野慎哉

    早稲田大学産業経営研究所 『現代経済学の最前線』     53 - 68  2006

  • 国立N大学経済学部卒業生の初職選択について

    早稲田商学   395  2002.12

  • Canova-Hansen検定について

    新潟大学経済論集    1998.10

  • 季節単位根の検定の検出力について

    新潟大学経済論集    1998.03

  • 季節単位根の検定における非確率的要素の処理について

    新潟大学経済論集    1998.03

  • 日本のマクロ経済変数に対する季節単位根の検定

    新潟大学経済論集    1997.10

  • 実物的景気循環モデルとその統計的性質について

    新潟大学経済論集    1997.10

  • 季節単位根の検定について

    新潟大学経済学年報    1996.12

  • 社会資本整備の中での道路整備に対する期待の推移と道路のもたらす経済的効用の関係に関する調査

    (財)財政経済協会    1996.03

  • 計量経済学における回帰診断

    日本統計学会誌    1993.12

▼display all

Books and Other Publications

  • 応用計量経済学Ⅲ

    坂野慎哉, 黒田祥子, 鈴木有美, 蓑谷千凰彦

    多賀出版  2004.05 ISBN: 4811543416

Research Projects

  • グローバル経済におけるビジネスと会計制度の変化に関する経済学的研究

    科学研究費助成事業(早稲田大学)  科学研究費助成事業(基盤研究(A))

    Project Year :

    2012
    -
    2016
     

     View Summary

    本年度は初年度であり、当初の計画にしたがい、各グループ((a)ビジネス経済、(b)グローバル経済、(c)経済制度)内とメンバー全体が参加する会合(月1回)を通して、複数の共同研究課題を始動させた。特に、重要なアジェンダとして、「経済成長や市場整備が遅れた国々における会計制度に関する研究」(以下「途上国のビジネス経済学研究」と呼称)を想定して、複数の共同研究課題を開始した。例えば、IFRSのマクロ経済や金融市場に与える影響、ビジネス慣習が企業のパフォーマンスに与える影響、会計制度のネットワークやメカニズムデザイン理論による分析などである。
    従来からのセミナー(通称「金曜セミナー」:第2・4金曜日)を開催し、学内外の有力な研究者を招聘することにより、経済学と関連分野の研究フロンティアの共有に努めた。さらに、会計分野における計量分析の現状を確認し、かつ、共同研究課題選定に資するため、今年度より「経済と会計ワークショップ」を開始した。初年度として、2013年3月に外国から有力なゲスト講演者を招聘し、キックオフ・イベント(国際ワークショップ)を開催した。(a)の理論研究に関しては、Waseda Lectures on Auction Theory and Behavioral Economicsと題して、公開連続講義を開催した。(b)と(c)に関しては、Waseda Lectures on Auction Theory and Behavioral Economicsとして、モンゴルとバングラディシュにおける会計簿記制度の現状について、お二人の現地専門家による公開連続講演会を開催した。
    主に次年度に繰り越された資金により、当プロジェクトの公式ホームページが開設された。メンバー間の情報交換やセミナーやワークショップ情報などが配信され、各研究課題の研究成果の公開も随時加わる予定である。

Presentations

  • Power of HEGY testing

    1999 Japanese Economic Association Annual Meeting at Tokyo University 

    Presentation date: 1999.09

 

Syllabus

▼display all