奥野 景介 (オクノ ケイスケ)

写真a

所属

スポーツ科学学術院 スポーツ科学部

職名

教授

ホームページ

http://www.f.waseda.jp/okunok/

兼担 【 表示 / 非表示

  • スポーツ科学学術院   大学院スポーツ科学研究科

  • 教育・総合科学学術院   教育学部

  • 附属機関・学校   グローバルエデュケーションセンター

学歴 【 表示 / 非表示

  •  
     
     

    早稲田大学   教育学部   教育  

  •  
     
     

    順天堂大学大学院   体育学研究科   コーチ学  

学位 【 表示 / 非表示

  • 修士

所属学協会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     

    日本水泳・水中運動研究会

  •  
     
     

    日本バイオメカニクス学会

  •  
     
     

    日本体育学会

 

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • スポーツ方法学、コーチ学、水泳

論文 【 表示 / 非表示

  • Contribution of hand and foot force to take-off velocity for the kick-start in competitive swimming

    Tsuyoshi Takeda, Shin Sakai, Hideki Takagi, Keisuke Okuno, Shozo Tsubakimoto

    JOURNAL OF SPORTS SCIENCES   35 ( 6 ) 565 - 571  2017年  [査読有り]

     概要を見る

    This study examines the hand and foot reaction force recorded independently while performing the kick-start technique. Eleven male competitive swimmers performed three trials for the kick-start with maximum effort. Three force platforms (main block, backplate and handgrip) were used to measure reaction forces during starting motion. Force impulses from the hands, front foot and rearfoot were calculated via time integration. During the kick-start, the vertical impulse from the front foot was significantly higher than that from the rearfoot and the horizontal impulse from the rearfoot was significantly higher than that from the front foot. The force impulse from the front foot was dominant for generating vertical take-off velocity and the force impulse from the rearfoot was dominant for horizontal take-off velocity. The kick-start's shorter block time in comparison to prior measurements of the grab start was explained by the development of horizontal reaction force from the hands and the rearfoot at the beginning of the starting motion.

    DOI

  • Contribution of hand and foot force to take-off velocity for the kick-start in competitive swimming

    Tsuyoshi Takeda, Shin Sakai, Hideki Takagi, Keisuke Okuno, Shozo Tsubakimoto

    JOURNAL OF SPORTS SCIENCES   35 ( 6 ) 565 - 571  2017年

     概要を見る

    This study examines the hand and foot reaction force recorded independently while performing the kick-start technique. Eleven male competitive swimmers performed three trials for the kick-start with maximum effort. Three force platforms (main block, backplate and handgrip) were used to measure reaction forces during starting motion. Force impulses from the hands, front foot and rearfoot were calculated via time integration. During the kick-start, the vertical impulse from the front foot was significantly higher than that from the rearfoot and the horizontal impulse from the rearfoot was significantly higher than that from the front foot. The force impulse from the front foot was dominant for generating vertical take-off velocity and the force impulse from the rearfoot was dominant for horizontal take-off velocity. The kick-start's shorter block time in comparison to prior measurements of the grab start was explained by the development of horizontal reaction force from the hands and the rearfoot at the beginning of the starting motion.

    DOI

  • A 200-m All-out Front-crawl Swim Modifies Competitive Swimmers' Shoulder Joint Position Sense

    A. Uematsu, Y. Kurita, K. Inoue, K. Okuno, T. Hortobagyi, S. Suzuki

    INTERNATIONAL JOURNAL OF SPORTS MEDICINE   36 ( 13 ) 1081 - 1086  2015年11月  [査読有り]

     概要を見る

    We tested the hypothesis that an all-out-effort 200-m front-crawl swim trial affects competitive swimmers' shoulder joint position sense. On Day 1, we measured shoulder joint position sense before and after the swim trial, and on Day 2 before and after 2 min of seated rest. On both days, shoulder joint position sense was measured in the seated position using electromagnetic movement sensors in a position-matching paradigm. An investigator abducted participants' left (reference) shoulder joint in the frontal plane to test angles of 90 degrees, 135 degrees, and 180 degrees. Participants then actively abducted the right (indicator) shoulder joint to match the position of the left, reference arm. After the 200-m all-out front-crawl swim trial, the indicator relative to the reference angle differed by 4.4 degrees toward adduction at the 180 degrees (vertical) testing position (P < 0.05). Variation in absolute matching error was 3.2 degrees or 2.2 times greater after swim compared with the no-swim control trial. An all-out 200-m front-crawl swim trial can selectively increase competitive swimmers' shoulder joint position sense error and increase variation in matching error in horizontal arm position.

    DOI

  • 09方-28-ポ-95 大学体育会競泳チームにおける3ヶ月間のアミノ酸サプリメント摂取による疲労軽減効果(09 体育方法,一般研究発表抄録)

    武田 剛, 奥野 景介

    日本体育学会大会予稿集   ( 64 )  2013年08月

    CiNii

  • 第6回日本水泳科学研究会レポート

    コーチングクリニック    2003年03月

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • DVD完全レッスン!水泳4泳法

    奥野景介

    日本文芸社  2011年04月 ISBN: 9784537208863

  • クロール

    奥野景介

    ベースボールマガジン社  2010年09月 ISBN: 9784583103006

  • 水泳コーチ教本(第二版)

    大修館書店  2006年

  • トップパフォーマンスへの挑戦

    早稲田大学スポーツ科学学術院

    ベースボールマガジン社  2006年

  • スイミングファステスト

    E. W. マグリシオ著, 高橋繁浩, 鈴木大地監訳

    ベースボールマガジン社  2005年12月

Works(作品等) 【 表示 / 非表示

  • 209年度日本水泳連盟優秀コーチ賞

    芸術活動 

    2009年12月
    -
     

  • 世界水泳選手権競技大会ローマ大会日本代表コーチ

    芸術活動 

    2009年08月
    -
     

  • 第25回ユニバーシアード競技大会夏季大会(セルビア)競泳日本代表ヘッドコーチ

    芸術活動 

    2009年07月
    -
     

  • 第29回オリンピック競技大会北京大会 日本代表選手を指導 4x100mメドレーリレー銅メダル獲得

    芸術活動 

    2008年08月
    -
     

  • 第29回オリンピック競技大会北京大会 競泳競技日本代表コーチ

    芸術活動 

    2008年08月
    -
     

全件表示 >>

特定課題研究 【 表示 / 非表示

  • 個人メドレー種目における一流競泳選手の泳ぎの特徴に関する研究

    2002年  

     概要を見る

     本研究では、個人メドレー種目に出場した一流競泳選手を対象に、レース分析結果をもとに泳ぎの特徴を把握し、各選手の競技力向上のための課題を策定することを目的とした。 本研究の特色は、メダル獲得の可能性の高い種目に着目し、一流競泳選手の泳ぎの特徴を明らかにすることである。その結果、競泳の国際大会での競技力向上に貢献できる。同時に一流競泳選手の優れた技能を獲得するための情報を蓄積できる。 研究方法は、日本水泳連盟医・科学委員会によって従来から行われてきたレース分析法にしたがって実施した。それは、試合会場の観客席からビデオカメラによってレースを録画し、その映像から、レースの各局面の情報を得るものである。レースは、4つの局面に分類する。すなわち、スタート局面はスタートから15mまでの区間、ターン局面はターン前5mからターン後7.5mまでの区間、フィニッシュ局面はゴール前5mの区間、そしてストローク局面は上記以外の区間に、それぞれ分類し、定義する。また、各局面の時間情報およびストローク情報を求める。すなわち、時間情報はスタート、ターン、およびフィニッシュ局面の所要時間およびおよび1ストロークサイクルあたりの所要時間(ストロークタイム)であり、ストローク情報はストローク局面における泳速度、ストローク長(1ストロークサイクルあたりに進む距離)、ストローク頻度(単位時間当たりのストローク数)である。 本研究の結果、個人メドレーを専門とする選手の競技会におけるレースパターンの特徴を把握することができ、競技力向上のためのコーチングに役立つ情報を得ることができた。それは、対象選手の個人内変動を追跡調査し、ストローク長やストローク頻度を個人メドレー種目で用いられる4泳法(バタフライ、背泳ぎ、平泳ぎ、クロール)の特徴を知り、レース戦略に役立たせることができた。

海外研究活動 【 表示 / 非表示

  • トップパフォーマンスのコーチングに関する研究

    2008年03月
    -
    2009年03月

    アメリカ   アリゾナ大学 他

 

現在担当している科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

 

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • J-WAVE

    J-WAVE 電話出演 

    2004年08月
    -
     

     概要を見る

    アテネ五輪特集で競泳競技に関する解説

  • 世界水泳2003バルセロナ(BS朝日)

    世界水泳2003バルセロナ(BS朝日) 

    2003年07月
    -
     

     概要を見る

    レースおよび活躍した選手における解説

  • パンパシ水泳2002横浜(BS朝日)

    パンパシ水泳2002横浜(BS朝日) 

    2002年08月
    -
     

     概要を見る

    レースおよび活躍した選手における解説