近藤 眞理子 (コンドウ マリコ)

写真a

所属

国際学術院 国際教養学部

職名

教授

兼担 【 表示 / 非表示

  • 附属機関・学校   グローバルエデュケーションセンター

  • 国際学術院   国際コミュニケーション研究科

学内研究所等 【 表示 / 非表示

  • 2018年
    -
    2023年

    ことばの科学研究所   プロジェクト研究所所長

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1989年10月
    -
    1996年09月

    エディンバラ大学大学院   言語学   音声学  

  • 1987年10月
    -
    1989年06月

    ロンドン大学ユニバーシティー・カレッジ・オブ・ロンドン   音声学科  

  • 1986年10月
    -
    1987年09月

    ロンドン大学インスティテュート・オブ・エデュケーション   Language and Literature in Education  

学位 【 表示 / 非表示

  • The University of Edinburgh (Scotland, UK)   Ph.D.in Linguistics

  • エディンバラ大学(英国[スコットランド])   言語学博士

  • University College London, University of London (UK)   M.A.in Phonetics

  • ロンドン大学ユニバーシティー・コレッジ・ロンドン(英国)   音声学修士

  • The Institute of Education, The University of London (UK)   M.A.in Language and Literature in Education

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     

    日本音響学会

  •  
     
     

    The Association of Laboratory Phonology

  •  
     
     

    The International Speech Communication Association

  •  
     
     

    The International Phonetic Association

  •  
     
     

    日本言語学会

全件表示 >>

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 言語学

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 音声学、音韻論、音声認識、音声習得、音声発話コーパス

論文 【 表示 / 非表示

  • Phonetic fluency of Japanese learners of English: automatic vs native and non-native assessment

    Kondo, Mariko, Fontan, Lionel, Le Coz, Maxime, Konishi, Takayuki, Detey, Sylvain

    Proceedings of Speech Prosody 2020     Paper No. 163  2020年05月  [査読有り]

  • 日本語母語話者の英語韻脚におけるリズム制御

    小西隆之, 近藤眞理子

    第33回音声学会全国大会予稿集_2019     21 - 25  2019年09月

  • Logarithmic duration to predict and discriminate singleton and geminate consonants in Japanese

    Amano Shigeaki, Yamakawa Kimiko, Kondo Mariko

    Proceedings of the International Congress of Phonetic Sciences 2019     Paper No. 2960 - Paper No. 2960  2019年08月  [査読有り]

  • Acoustic characteristics of Japanese short and long vowels: formant displacement effect revisited

    Yazawa Kakeru, Kondo Mariko

    Proceedings of the International Congress of Phonetic Sciences 2019     Paper No. 720 - Paper No. 720  2019年08月  [査読有り]

  • Language-dependent cue weighting: An investigation of perception modes in L2 learning

    Yazawa Kakeru, Whang James, Kondo Mariko, Escudero Paola

    Journal of Second Language Research     1 - 25  2019年04月  [査読有り]

    DOI

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • "Asymmetric acquisition of English liquid consonants by Japanese speakers" in 『The Corpus Phonology of English: Multifocal Analyses of Variation』

    近藤眞理子( 担当: 分担執筆)

    Edinburgh University Press  2020年07月

  • 言語研究と言語学の進展シリーズ①, 言語の構造と分析- 統語論、音声学・音韻論、形態論 , 第II部『最新の音声学・音韻論研究の進展』

    都田青子, 近藤眞理子, 西原哲雄( 担当: 共著)

    開拓社  2018年10月

  • 開拓社叢書29『現代言語理論の最前線』所収, "日本語話者の英語流音の認識"

    近藤眞理子( 担当: 共著)

    開拓社  2017年11月 ISBN: 9784758918244

  • 最新英語学・言語学用語辞典

    中野 弘三, 服部 義弘, 小野 隆啓, 西原 哲雄( 担当: 分担執筆)

    開拓社  2015年11月 ISBN: 9784758922159

  • Allophonic Variation in Japanese Consonants and Problems of Second Language Production

    Mariko Kondo( 担当: 分担執筆)

    Current Issues in Japanese Phonology: Segmental Variation in Japanese, van de Weijer, J. and Nishihara, T. (eds.), Kaitakusha  2013年01月 ISBN: 9784758921800

全件表示 >>

Misc 【 表示 / 非表示

  • 非日本語母語話者が発声した日本語音声の自然性評価

    山川仁子, 天野成昭, 近藤眞理子

    日本音響学会聴覚研究会資料   45 ( 9 ) 709 - 714  2015年12月

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • From corpus to target data as steps for automatic assessment of L2 speech: L2 French phonological lexicon of Japanese learners

    研究期間:

    2020年04月
    -
    2025年03月
     

     概要を見る

    The research is a multidisciplinary project involving linguists, computer scientists and second language education specialists. It aims at designing a methodological template for the development of automatic assessment systems of both phonetic forms and lexical use of L2 French phonological lexicon by Japanese learners. To do so, it is divided into two stages: (1) corpus parsing to determine essential targets; (2) specific data elicitation task design and completion to feed automatic systems

  • ポップアウト・ボイスの生成・知覚基盤の解明に基づく高性能拡声音技術の開発

    研究期間:

    2020年04月
    -
    2024年03月
     

     概要を見る

    雑音などの妨害音があっても非常に目立って聞き取りやすい音声をポップアウト・ボイスと呼ぶ。本研究では①ポップアウト・ボイスの音響物理的特性・生理的特性・知覚的特性・言語的特性を科学的に解明し,かつ②その科学的知見に基づいた技術的応用によってポップアウト・ボイスの音声合成方式,音声変換方式,および発声訓練法を開発する。このポップアウト・ボイスの技術的実現により,風雨の音などに妨害されて聞き取り難い防災無線等による避難情報等を確実に伝達できるように改善し,人々の命と安全の確保につなげる

  • 英語における日本語訛の強度と発話理解度の検証:母語の異なる英語ユーザーによる判定

    研究期間:

    2020年11月
    -
    2023年03月
     

  • 効果的音声コミュニケーションのためのL2音声自動評価および学習支援システムの開発

    挑戦的研究(萌芽)

    研究期間:

    2019年07月
    -
    2022年03月
     

  • A corpus-based multi-level analysis of spoken French produced by pre-advanced Japanese learners of French

    研究期間:

    2015年04月
    -
    2019年03月
     

     概要を見る

    本プロジェクトでは、初中級学習者に焦点を当て、フランス語の発話を音韻面だけではなく、様々なレベルから中間言語発達分析を進めてきた 。41名の学習者のフランス語発話を録音し、そのうち17名が第1回目の調査から1年後に再び録音を行い、経年調査を行った。合計25時間30分(214,278語)分の自然会話を転写し、75,873のアノテーションを手動で付加した。アノテーションが付加されることで、音韻や語彙文法レベルに関する初中級学習者の発話特徴の一端を明らかにすることができた。このアノテーション付きコーパスを活用することで、初中級レベルの学習者に対して効果的な指導を行うことが可能となるだろう。This project collected speech data from Japanese learners of French with an intermediate level of proficiency to determine what problems remain on the pronunciation level, but also lexical and grammatical levels. This will help French language educators in Japan improve their teaching curricula

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • Evaluation of Japanese accented English by native and non-native English speakers

    Kondo, Mariko  [招待有り]

    Jyvaskyla University, Finland   (フィンランド ユバスキラ大学)  フィンランド ユヴァスキュラ大学  

  • Building an ASR-free automatic tool for measuring the Speech Fluency of Japanese Learners of English

    Lionel FONTAN, Maxime LECOZ, 近藤眞理子

    New Sounds 2019 - International Symposium on the Acquisition of Second Language Speech   (早稲田大学) 

    発表年月: 2019年08月

  • Do Japanese learners use sufficient acoustic cues to manifest acceptable English stress?

    近藤眞理子, Lionel FONTAN, Maxime LE COZ, Sylvain DETEY, 小西隆之

    New Sounds 2019-International Symposium on the Acquisition of Second Language Speech   (早稲田大学) 

    発表年月: 2019年08月

  • 日本語母語話者の日本語の韻律制御

    近藤眞理子

    2019年度早稲田大学 ことばの科学研究所 研究発表会   (早稲田大学)  ことばの科学研究所  

    発表年月: 2019年05月

  • Teaching English pronunciation: features of Japanese learners and corpus-based research

    Kondo, Mariko  [招待有り]

    International Workshop on “Pronunciation teaching, corpora and automatic tools: English   (フランス)  Archean Labs & IRIT  

    発表年月: 2019年03月

全件表示 >>

特定課題研究 【 表示 / 非表示

  • 非母語話者間の効果的音声コミュニケーションのための英語音声自動評価システムの開発

    2019年   DETEY Sylvain, 小西隆之, FONTAN Lionel, LE COZ Maxime

     概要を見る

    日本語訛の英語の流暢さの自動評価システムを構築するために、まず人による評価を行い、それを基に自動評価システムを構築した。この評価システムを使って、別の日本語訛の英語音声の自動評価を行い、人間による評価と機械による評価を比較検証した。日本語話者と英語話者の英語発話を、英語話者が”流暢さ”の評定をし、その評定結果を元に流暢さの自動判定システムを構築した。この自動判定システムによる別の日本語訛の英語の評定値を、異なる16名の評定値との比較したところ、まあまあ高い相関を得られた(r=0.65)。これらの結果から、今回構築した自動判定システムの日本語訛の英語の流暢さの評価は、ある程度信頼度が高いといえる。

  • 第二言語から第三言語への音声習得のメカニズムの研究

    2018年   小西隆之, DETEY Sylvain

     概要を見る

    As a first step to investigating third language acquisition, I investigated acquisition of different accents of a second language (L2). I investigated whether subjects could acquire L2 phonemes in two different L2 accents, even though they had only been trained how to discriminate L2 phonemes in one of the L2 accents. Such tests help to understand if learners can extend their knowledge of L2 phonemes to third+ languages. The test focused on English liquid consonant acquisition by native Japanese speakers. Liquid consonants in English have different varieties depending on accent: varying from (post) alveolar approximant or retroflex (e.g. American English) ~ tap or flap (e.g. Scottish English). We first taught American English varieties of liquid consonants /l/ and /r/ to the native Japanese speakers, focusing on the articulation of /r/ which is an approximant produced with lip rounding. After five weeks training, they became able to discriminate American English /l/ and /r/. However, when we then tested their liquid discrimination ability of Scottish accent (Scottish tap is different from American English /r/), we found that their discrimination of Scottish English /l/ and /r/ was not very good. Therefore, training with American accent did not improve their discrimination ability of a different (Scottish tap) accent. 

  • 第二言語で習得された新しい範疇の音の第三言語音声習得における役割

    2017年   小西隆之, 矢澤翔

     概要を見る

     本研究では、”第二言語(L2)の音は第一言語(L1)の音素の調音から離れているほうが違いが際立ち、知覚されやすく、習得されやすい”というL2音声習得モデル理論を元に、アメリカ英語(L2)の/r/の習得が、/r/の調音が異なるスコットランド英語(第三言語)の/r/と/l/の知覚に影響を及ぼすかを検証した。日本語にはない円唇と舌の引き込みを伴うアメリカ英語の/r/(歯茎接近音)の訓練を受けた被験者グループと、訓練を受けないグループの/r/と/l/の知覚を比較したところ、訓練を受けたグループは、アメリカ英語の/r/の知覚能力が高くなったが、スコットランド英語のたたき音の/r/の知覚能力には影響せず、むしろ/l/に対する識別力が高くなった。 

  • バイリンガル音声合成を用いた英語の日本語訛の強度と発話理解度の判定

    2016年   小西隆行

     概要を見る

    日本語話者にとって英語の/l/と/r/がどのように聞こえているかを、/l/と/r/の割合を/r/100%から/l/100%まで変化させた英語音声と英語訛のある日本語音声を用い、日本語話者が英語らしいと感じる発音はどのようなものかを検証した。その結果、/l/の代わりに典型的な英語の/r/の音である後部歯茎接近音または反り舌音を多用した発話(80%以上)が、英語母語話者らしい英語の発音と判定された。一方、英語訛のある日本語の判定では、ラ行子音に/r/の音を多用した発話(60%以上)が英語話者の話す日本語と判定された。/l/の割合が80%の日本語を英語話者の日本語と判定した被験者はいなかった。

  • 文字表記の視覚効果と第二言語の音素認識の関係の検証と音声教育への応用

    2015年   ドゥテ・シルヴァン, ショート・グレゴリー

     概要を見る

     本研究は、日本語話者が苦手とする外国語音素の文字表記をかき分けることにより、それが第二言語の音素の認識に影響を与えるかどうかを、中学生を対象とし、調査した。英語の発音で日本語話者が最も苦手とする/l/と/r/、/b/と/v/の習得を、日本語の文字表記との関連から検証し、学習者に英語の発音を「バビブベボ」と「ヴァヴィヴヴェヴォ」またラ行は片仮名とアルファベットのLとRを組み合わせて書き分けさせることで、綴りの習得に差が出るか調査を行った。半年間という限られた期間の調査であったので、個人差も大きくはっきりと差が出たわけではないが、全体的な傾向として、書き分けをしたグループの学習者はコントロールグループと比較して、/l/-/r/、/b/-/v/とも、文字の認識に若干であるが有意な差が見られた。今後学校教育の限られた学習時間で、発音記号を十分教えられなくても、片仮名を用いて十分効果的な発音教育が行えるようになる可能性を示唆している。

全件表示 >>

海外研究活動 【 表示 / 非表示

  • 韻律単位の認識と発話リズム制御との関係と、音声自動認識装置への応用

    2007年10月
    -
    2009年03月

    オーストラリア   Macquarie Univ.

 

現在担当している科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

 

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2019年04月
    -
     

    Phonetic Society of Japan  Board member

  • 2019年04月
    -
     

    日本音声学会  理事

  • 2019年04月
    -
     

    Phonetic Society of Japan, Editor-in-Chief  Editor-in-Chief, Journal of Phonetic Society of Japan

  • 2019年04月
    -
     

    日本音声学会 編集委員長  『音声研究』編集委員長

  • 2016年04月
    -
     

    The Phonetic Society of Japan  Journal editor

全件表示 >>