IINO, Masakazu

写真a

Affiliation

Faculty of International Research and Education, School of International Liberal Studies

Job title

Professor

Concurrent Post 【 display / non-display

  • Affiliated organization   Center for International Education

  • Faculty of Education and Integrated Arts and Sciences   Graduate School of Education

  • Faculty of International Research and Education   Graduate School of International Culture and Communication Studies

  • Affiliated organization   Global Education Center

Degree 【 display / non-display

  • ペンシルベニア大学   博士

  • University of Pennsylvania   Ph.D.

  • ペンシルベニア大学   修士

  • University of Pennsylvania   MS

  • Ph.D.(University of Pennsylvania)

Research Experience 【 display / non-display

  • 1998
    -
    2000

    Rikkyo University, part-time lecturer

  • 1997
    -
    2000

    Obirin University, Associate Professor

  • 1996
    -
    1997

    California State University, Los Angeles, Assistant Professor

Professional Memberships 【 display / non-display

  •  
     
     

    日本国際文化学会

  •  
     
     

    American Association for Applied Linguistics

  •  
     
     

    日本言語政策学会(Japan Association for Language Policy)

  •  
     
     

    日本コミュニケーション学会(The Communication Association of japan)

  •  
     
     

    日本英語コミュニケーション学会

display all >>

 

Research Areas 【 display / non-display

  • Foreign language education

  • Linguistics

Research Interests 【 display / non-display

  • Sociolinguistics,Linguistic Anthropology,Intercultural Communication

Papers 【 display / non-display

  • Language attitudes of Korean traditional performing artists in Tokyo: Implications for language policy and planning (LPP) issues

    Saruhashi Junko, Iino Masakazu, Sakai Kazumi

    Language Policy   ( 17 ) 83 - 102  2021.03  [Refereed]

  • Going Beyond EMI: Plurilingual-Multicultural Education as an LPP mechanism

    Masakazu Iino

    Waseda Working Papers in ELF (English as a Lingua Franca)   Vol. 8   85 - 92  2019.09  [Refereed]

  • How Does 'Globalism' Affect Japanese English Education and Should It?

    Masakazu Iino

    The JASEC Bulletin   27 ( 1 ) 127 - 129  2018.12  [Refereed]

  • EMI(英語を媒介とする授業)とビジネス現場における「共通語としての英語」への意識調査、および英語教育への提言

    村田久美子, 小中原麻友, 飯野公一, 豊島昇

    早稲田教育評論   32 ( 1 ) 55 - 75  2018.03

display all >>

Books and Other Publications 【 display / non-display

  • 第17章 ポストコロナ時代の留学:多元化するつなぎ方、つながり方 in 「つながる」ための言語教育 : アフターコロナのことばと社会 (野沢, 恵美子;田中, 富士美;杉野, 俊子編)

    飯野公一( Part: Contributor, pp. 262-273)

    明石書店  2021.08 ISBN: 9784750352473

  • Fairness in College Entrance Exams in Japan and the Planned Use of External Tests in English. in Challenges in Language Testing Around the World: Insights for language test users. eds. B. Lanteigne, C. Coombe and J. D. Brown.

    Yuko Goto Butler, Masakazu Iino( Part: Contributor, pp. 47-56)

    Springer  2021

  • 「グローバル化によって日本での英語教育はどのように変わっていくのでしょうか」 (第3章 日本での英語の受容と広がり Q13) in 英語とつきあうための50の問い

    ( Part: Contributor)

    2020.03

  • Revisiting LPP (Language Policy and Planning) Frameworks from an ELF (English as a Lingua Franca) Perspective in English as a Lingua Franca in Japan: Towards Multilingual Practices (eds.) Mayu Konakahara, Keiko Tsuchiya

    Masakazu IINO( Part: Contributor)

    Palgrave Macmillan  2020.02

  • 'English'-medium instruction in a Japanese university: Exploring students' and lectures' voices from an ELF perspective in Murata, K. (ed.) English-Medium-Instruction from an English as a Lingua Franca Perspective: Exploring the higher education context

    ( Part: Contributor)

    Routledge  2019

display all >>

Works 【 display / non-display

  • オリンピックセンターにおける異言語使用上の諸問題に関するデータ収集

    1998
    -
     

  • Research on the language maintenance efforts in the Los Angeles area

    1997
    -
     

  • Research on the linguistic and cultural presentation in a homestay program

    1992
    -
    1995

Awards 【 display / non-display

  • The Japan Association of College English Teachers award (excellence in academic publication) 2017

    2017.08   The Japan Association of College English Teachers (JACET)   Exploring ELF in Japanese Academic and Business Context: Conceptualisation, research and pedagogic implications, Routledge, U.K. 2016

    Winner: Yano, Y, Terauchi, H, Araki, T, Iino, M, Konakahara, M, Tsuchiya, K, Widdowson, H

  • カリフォルニア州立大学システム創造的研究賞(California State University System Creative Leave Grant)

    1997  

Research Projects 【 display / non-display

  • Research on the realities of the use of ELF in multilingual business settings and implications for the development of global human resources

    Project Year :

    2019.04
    -
    2023.03
     

  • 非英語圏大学EMI(英語を媒介とする授業)プログラム実態調査と言語政策への提言

    Project Year :

    2017.04
    -
    2021.03
     

     View Summary

    本研究の目的は、アジア非英語圏(日本を含む)で増加しつつあるEMI(English Medium Instruction、英語を媒介とする授業)に焦点をあて、(1)日本人学生と外国人学生の英語および現地語の言語習得やコミュニケーション活動の実態を把握し、また(2)EMIプログラム卒業生への調査を実施することによって、仕事で求められている言語使用とカリキュラムとの連関を分析し、言語教育への政策提言を行うことである。本年度については、国内(秋田)にて授業観察、インタビューおよびフォーカスグループディスカッションを実施したほか、タイ、シンガポールでの、教員、学生、卒業生、ビジネスピープルとのインタ ビュー、授業、ビジネス現場観察等エスノグラフィックスタディーを行った。 今年度収録した、新規の録音 データの文字化、ディスコース分析、録画データのコンテント分析に加え、昨年度までに実施したデータの整理、分析も行った。その中間結果については、Asia TEFL, LPP conference, AALA, JACET等で学会発表を行った。また、Routledge, Palgrave Macmillan, 明石書店, Waseda Working Papers in ELF等から関連論文を出版した。次年度は新型コロナウイルスの拡大により複数の国際学会がキャンセルされる見通しであるが、データ分析、および7カ国共同研究プロジェクト(代表J. Jenkins, サザンプトン大学、A. Mauranen, ヘルシンキ大学)に向けたデータ収集、分析も継続する予定である。なお、本特定課題(基礎助成)研究は、科研(基盤(c)、研究代表者飯野公一)および科研(基盤(B)、研究代表者村田久美子)と関連を持ち実施された。2020年2月のシンガポールでのデータ収集まではおおむね順調に進展していたものの、その後の新型コロナウイルスの拡大により、タイおよび台湾でのデータ収集がキャンセルとなってしまった。次年度については渡航が再開されるかどうか不明であるため、オンライン等で可能なかぎり調査を進める予定である。2020年度については、新型コロナウイルスの拡大状況下、当初の予定どおり調査を遂行することに制限が課せられる可能性が大きい。国内、海外での現地調査が当面不可能となっているほか、研究発表を予定していた海外、国内での学会発表がすべてキャンセルとなってしまった。研究期間の一年延期も視野に入れる予定である

  • 非英語圏大学EMI(英語を媒介とする授業)プログラム実態調査と言語政策への提言

    基盤研究(C)(一般)

    Project Year :

    2017.04
    -
    2020.03
     

  • An investigation into the use of ELF in business and academic settings and its implications for English education of future global citizens

    Project Year :

    2014.04
    -
    2019.03
     

     View Summary

    The results of this research are threefold: deepening the understanding of ELF, explicating the reality of ELF use and attitudes towards ELF in both business and academic settings, and considering the implications for language pedagogy for enhancing English education of future global citizens. The ELF use in academic settings is explored in EMI (English-medium instruction) settings, where it is found students from various linguacultural backgrounds communicate effectively, deploying multilingual resources in their communication. The research has also explicated changes and differences in students’ attitudes towards ELF communication. The investigation into business settings has revealed business people are keenly aware of the diversity of ELF use and communication, which is made even clearer through interviews of business people in Asian business settings, where the use of ELF, the local language and the corporate language is intertwined in a complex and multilayered manner

  • Investing influences of study-abroad experiences on language learning and intercultural understanding in EMI programs

    Project Year :

    2013.04
    -
    2017.03
     

     View Summary

    This study investigated the influence of study abroad experiences on the Japanese students who were dispatched to the EMI (English medium instruction) programs in non-English speaking countries/regions, in term of their development of linguistic and cultural awareness. Based on the ethnographic study, employing on-line questionnaires, study-abroad portfolios, classroom observations, interviews, and focal group discussions, it was found that those students, being immersed in multilingual/multicultural environment, developed their skills to etically and emically analyze and recognize their use of language, such as Japanese, English, and local language(s), and to be freed from the externally imposed linguistic “nativism.

display all >>

Presentations 【 display / non-display

  • The same university, different policies, differing perceptions and constraints among students from two different EMI contexts in Japan

    Kumiko Murata, Masakazu Iino

    AILA2020(2021) 

    Presentation date: 2021.08

  • Language policies and practices of MME (Multilingual- Medium Education) in Japanese higher education

    Masakazu Iino, Kumiko Murata

    AILA2020(2021) 

    Presentation date: 2021.08

  • Multimodal discourse analysis of nation-specific festivals: Focusing on cyberspaces

    Junko Saruhashi, Masakazu Iino

    Sociolinguistic Symposium 23 

    Presentation date: 2021.05

  • 「つながるための言語教育」

    杉野俊子, 飯野公一, 柿原武史  [Invited]

    大学英語教育学会(JACET)言語政策研究会 2020年度年次特別研究会 

    Presentation date: 2021.02

    Event date:
    2021.02
     
     
  • The Push-Pull Factors of Study in Japan: A Narrative Study of Japanese Language Learners

    Fatmawati Djafri, Masakazu Iino

    the Thirteenth Conference on Applied Linguistics (CONAPLIN 13)  Universitas Pendidikan Indonesia

    Presentation date: 2020.11

display all >>

Specific Research 【 display / non-display

  • 非英語圏大学EMI(英語を媒介とする授業)プログラム実態調査と言語政策への提言

    2020  

     View Summary

    本研究の目的は、アジア非英語圏(日本を含む)で増加しつつあるEMI(English Medium Instruction)に焦点をあて、(1)日本人学生と外国人学生の英語および現地語の言語習得やコミュニケーション活動の実態を把握し、また(2)EMIプログラム卒業生への調査を実施することによって、仕事で求められている言語使用とカリキュラムとの連関を分析し、言語教育への政策提言を行うことである。本年度は、コロナ禍の影響によりフィールドワークがすべてキャンセルされ、その代替手段としてZoom等を利用したオンラインでのインタビューを行った。また、予定されていたSS (Sociolinguistic Symposium)23,AILA, ELF等の国際学会も翌年へ延期となった。国内では、日本英語コミュニケーション学会、JACET言語政策研究会等でオンラインにて発表を行った。また、Springer等から関連論文を出版した。

  • 非英語圏大学EMI(英語を媒介とする授業)プログラム実態調査と言語政策への提言

    2019  

     View Summary

    本研究の目的は、アジア非英語圏(日本を含む)で増加しつつあるEMI(EnglishMedium Instruction)に焦点をあて、(1)日本人学生と外国人学生の英語および現地語の言語習得やコミュニケーション活動の実態を把握し、また(2)EMIプログラム卒業生への調査を実施することによって、仕事で求められている言語使用とカリキュラムとの連関を分析し、言語教育への政策提言を行うことである。本年度は、国内(秋田)およびタイ,シンガポールにて、インタビュー調査等を実施し、現地でのエスノグラフィックスタディーを行った。その中間結果については、Asia TEFL, LPP conference, AALA, JACET等で学会発表を行った。また、Routledge, Palgrave Macmillan, 明石書店, WasedaWorking Papers in ELF等から関連論文を出版した。

  • 非英語圏大学EMI(英語を媒介とする授業)プログラム実態調査と言語政策への提言

    2018  

     View Summary

    本研究の目的は、アジア非英語圏(日本を含む)で増加しつつあるEMI(English Medium Instruction)に焦点をあて、(1)日本人学生と外国人学生の英語および現地語の言語習得やコミュニケーション活動の実態を把握し、また(2)EMIプログラム卒業生への調査を実施することによって、仕事で求められている言語使用とカリキュラムとの連関を分析し、言語教育への政策提言を行うことである。本年度は、国内およびタイ,シンガポールにて、インタビュー調査等を実施し、現地でのエスノグラフィックスタディーを行った。その中間結果については、ELF11, SS22, The 8th Waseda ELF International Workshopand Symposium, JASEC等で学会発表を行った。また、Routledge,早稲田大学教育総合研究所、JASEC等から関連論文を出版した。

  • 非英語圏大学EMI(英語を媒介とする授業)プログラム実態調査と言語政策への提言

    2017  

     View Summary

    本研究の目的は、アジア非英語圏(日本を含む)で増加しつつあるEMI(English Medium Instruction、英語を媒介とする授業)に焦点をあて、(1)日本人学生と外国人学生の英語および現地語の言語習得やコミュニケーション活動の実態を把握し、また(2)EMIプログラム卒業生への調査を実施することによって、仕事で求められている言語使用とカリキュラムとの連関を分析し、言語教育への政策提言を行うことである。本年度は、国内およびタイにて、インタビューおよびフォーカスグループディスカッションを実施し、現地でのエスノグラフィックスタディーを行った。その中間 結果については、ELF10, AILA, EMI-ELF Workshop, JASEC, JACET等で学会発表を行った。また、Routledge, 明石書店、早稲田大学教育総合研究所等から関連論文を出版した。

  • 非英語圏英語プログラムへの留学体験が言語習得、国際理解へ及ぼす影響に関する調査

    2016  

     View Summary

    本研究は「グローバル人材育成推進事業」(平成24年度全学推進型)に採択された本学から派遣された留学生のうち、非英語圏へ派遣される日本人学生に焦点をあて、彼らの留学体験が英語、現地語の言語習得、国際理解および異文化コミュニケーション能力に与える影響、効果を分析することを目的とする。本年度は、国内および台湾にて、インタビューおよびフォーカスグループディスカッションを継続し、現地でのエスノグラフィックスタディーを行った。その中間結果については、ELF9, JACET 2016, EMI-ELF Workshop, AAAL等で学会発表を行った。また、Routledge, Springer等から関連論文を出版した。

display all >>

Overseas Activities 【 display / non-display

  • アジア非英語圏における産学ELF(共通語としての英語)の使用に関する研究

    2017.04
    -
    2019.03

    台湾   国立台湾大学

    タイ   タマサート大学

    タイ   チュラーロンコーン大学

    米国   ペンシルベニア大学

  • 多言語社会における言語政策-マレーシアの英語 重視政策をめぐる論争と現状の調査を中心として

    2006.09
    -
    2008.03

    タイ   タマサート大学

 

Syllabus 【 display / non-display

display all >>

 

Social Activities 【 display / non-display

  • Toward a tolelant society for multilingualism

    Asahi Shinbun  (p. 16, 20181121) 

    2018.11
     
     

  • 毎日新聞

    毎日新聞 

    2015.03
    -
     

     View Summary

    英語が社内の共有ツールに(インタビュー記事)

  • 朝日新聞グローブ

    朝日新聞グローブ 

    2012.03
    -
     

     View Summary

    英語化の行方 Is English taking over the world?

  • NHK 週刊ニュース深読み

    NHK 週刊ニュース深読み 

    2011.10
    -
     

     View Summary

    グローバリゼーションと大学の国際化

  • テレビ朝日スーパーJチャンネル

    テレビ朝日スーパーJチャンネル 

    2009.01
    -
     

     View Summary

    オバマ大統領就任演説と麻生首相所信表明演説の解説。

Media Coverage 【 display / non-display

  • Toward a tolelant society for multilingualism

    Asahi Shinbun  

    p. 16, 20181121  

    2018.11