西村 昭治 (ニシムラ ショウジ)

写真a

所属

人間科学学術院 人間科学部

職名

教授

ホームページ

http://www.waseda-nishimura.jp/

兼担 【 表示 / 非表示

  • 人間科学学術院   大学院人間科学研究科

学歴 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1990年

    早稲田大学   理工学研究科   物理学及び応用物理学  

  •  
    -
    1990年

    早稲田大学   理工学研究科   物理学及び応用物理学  

  •  
    -
    1983年

    早稲田大学   理工学部   数学科  

学位 【 表示 / 非表示

  • Master of Science

  • 早稲田大学   修士(理学)

  • Osaka University, Japan   Doctor of Philosophy (Human Sciences)

  • 大阪大学   博士(人間科学)

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2006年
     
     

    早稲田大学人間科学術院教授

  • 2004年
    -
    2006年

    早稲田大学人間科学術院助教授

  • 2006年
    -
     

    早稲田大学人間科学術院教授

  • 1999年
    -
    2004年

    早稲田大学人間科学部助教授

  • 1999年
    -
    2004年

    早稲田大学人間科学部助教授

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     

    電子情報通信学会

  •  
     
     

    情報処理学会

  •  
     
     

    植物学会

  •  
     
     

    個体群生態学会

  •  
     
     

    日本生態学会

全件表示 >>

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 教育工学

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 教育工学、遠隔教育、eラーニング

論文 【 表示 / 非表示

  • Cyber-Enabled Well-Being Oriented Daily Living Support Based on Personal Data Analysis

    Seiji Kasuya, Xiaokang Zhou, Kiichi Tago, Shoji Nishimura, Qun Jin

    IEEE Transactions on Emerging Topics in Computing   8 ( 2 ) 493 - 502  2020年04月

     概要を見る

    IEEE We are living in a cyber-physical-social environment with a variety of lifestyles and values. Living support has become important in such a diverse society. Owing to the ability to collect a large amount of personal data or life logs in the cyber-physical-social environment, it is now possible for us to provide living support based on personal data analysis. Moreover, analyzing such data can facilitate a deep understanding of an individual. In this study, we focus on the provision of cyber-enabled well-being oriented daily living support for an individual based on personal data analytics. Three categories of personal data are identified from an individual & #x0027;s daily life data. In this paper, we discuss the basic concept, model, and framework for well-being oriented personal data analysis in order to offer suggestions and advice to improve the living quality of an individual. Finally, we report a feasibility study with an application scenario by using personal and environmental data.

    DOI

  • Waseda University's e-school: 10 years of e-education in Japan

    Shoji Nishimura, Douglass J. Scott

    Reshaping Medical Practice and Care with Health Information Systems     173 - 204  2016年02月

     概要を見る

    In 2003, the School of Human Sciences, Waseda University (Japan), established the e-School, Japan's first complete undergraduate program enabling students to earn their bachelor degrees solely through e-learning. Supported by the availability of high-speed Internet connections, it has become possible to economically transmit high-quality videotaped lectures across Japan and throughout the world. Waseda's e-School has many features that contribute to its success, among these are that lecture contents are transmitted with an image quality that allows students to easily read what is written on the blackboard. In addition, online classes are relatively small-21 students on average-and new classes are created to respond to students' needs and interests. This chapter outlines the e-School's first 10 years of operation: Its history, curriculum, administration, and management learning system. Data are also presented for student engagement with the e-School system for the first ten years of operation (2003-2012).

    DOI

  • Personal Data Analytics for Well-Being Oriented Life Support: Experiment and Feasibility Study

    Seiji Kasuya, Xiaokang Zhou, Shoji Nishimura, Qun Jin

    ADVANCES IN DIGITAL TECHNOLOGIES   282   172 - 179  2016年  [査読有り]

     概要を見る

    In this study, we concentrate on a feasibility study on personal data analysis for well-being oriented life support. We introduce our basic concept and model to describe the personal data collected from people's daily life, and discuss how to utilize the personal analysis to provide users with the individualized services in their daily lives. Finally, we present the experimental analysis based on people's daily activity data, to demonstrate the feasibility of our proposed approach.

    DOI

  • A Framework of Personal Data Analytics for Well-Being Oriented Life Support

    Seiji Kasuya, Xiaokang Zhou, Shoji Nishimura, Qun Jin

    ADVANCED MULTIMEDIA AND UBIQUITOUS ENGINEERING: FUTURE INFORMATION TECHNOLOGY, VOL 2   354   443 - 449  2016年  [査読有り]

     概要を見る

    Nowadays, we are living in a well-suited social environment with a variety of lifestyles and values. Life support has become important in such a diversified society. Along with continuously collecting the tremendous amount of personal big data generated in the social environment, it is possible for us to provide the life support based on personal data analytics. Moreover, analyzing such a kind of data can facilitate deep understanding of individual life. In this study, we focus on personal data analytics to support well-being oriented life. Three categories of personal data are classified from the collection of individuals' daily life data, and a framework of well-being oriented personal data analysis is proposed, which can provide people with suggestions and advices to improve their living life.

    DOI

  • Ubi-Liven: A Human-Centric Safe and Secure Framework of Ubiquitous Living Environments for the Elderly

    Qun Jin, Bo Wu, Shoji Nishimura, Atsushi Ogihara

    2016 FOURTH INTERNATIONAL CONFERENCE ON ADVANCED CLOUD AND BIG DATA (CBD 2016)     304 - 309  2016年  [査読有り]

     概要を見る

    The world has become an aging society with exponentially increasing social security benefit expenditure and nursing care costs. To help solve these issues and challenges, utilization of advanced ICT is highly expected to allow more elderly people to remain independent for their proactive social participation irrespective of age. In this study, we propose a human-centric safe and secure framework of ubiquitous living environments (Ubi-Liven) for the elderly people towards seamless integration of the cyber-enabled ubiquitous holistic living support system with a physical living environment. We further address and discuss the design and technical issues for the implementation of a smart living environment on the fly under the proposed framework, empowered by ubiquitous assistive technologies such as cloud, IoT and big data analytics based on life logs to provide holistic support for the elderly's activities of daily living and healthcare.

    DOI

全件表示 >>

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 熟練介護者の暗黙知・熟練技術の学習を可能とするeラーニングシステムの開発

    研究期間:

    2016年04月
    -
    2018年03月
     

     概要を見る

    本研究では,熟練介護者の食事介助に関する暗黙知・技術を抽出し,それを習得するためのeラーニングシステムの基礎となるコンテンツを開発することを目的とした.高齢者福祉施設において食事介助・口腔ケアを対象とし,熟練介助者と経験の浅い介助者を動画撮影(定点カメラ,アイカメラ),ヒアリングを行い,熟練介護者の暗黙知抽出作業を行った.さらに,作業分析を行い熟練介護者の意思決定フローを作成した.その結果,熟練介助者は相手の目を見て状態確認を行い,嚥下確認として喉を見ることが,経験の浅い介助者との違いとして見られた.このフローよりビジュアルマニュアルを作成し,eラーニングシステムの基礎コンテンツとした.高齢者介護の現場では,介護技術の標準化によるサービスの質の向上が課題となっており,この課題解決のために有効な研修が求められている.本研究で作成した,ビジュアルマニュアルは,文字と静止画が主体であった従来のマニュアルと比べ,視覚的・感覚的に理解しやすく,短期間に技術を習得できるだけでなく,教える側の質を均質化することができる.高齢者のみならず介護現場で開発・利活用された事例の報告はない.本研究の結果を用いてeラーニングシステムを構築することで,介護サービスの標準化・質向上に寄与することが考えられ,誤嚥性肺炎の低下につながり,医療費の低下や要介護者の QOL向上に結びつくことが予想される

  • 放送通信連携サービスの開発研究

    研究期間:

    2005年
    -
    2013年
     

  • 授業中に発現する能動的学習行動が学習促進に及ぼす効果に関する実証的研究

    基盤研究(B)

    研究期間:

    2004年
    -
    2007年
     

     概要を見る

    授業中に発現する能動的学習行動が学習促進に及ぼす効果に関する実証的研究をテーマとして、本研究は進められた。この研究は、1)教室授業場面における児童の挙手行動と2)ノートテイキィング、3)テキストへのアンダーライニングおよび4)eラーニングを併用した講義型授業におけるeラーニングの利用の様態についての研究がまとめられている。それらの結果は、以下のようにまとめることができる。
    1)実際の教室授業場面の観察を通し、児童の挙手行動のメカニズムの検討を行った。その結果、挙手は児童個人の信念だけではなく、児童の授業認知などの学級環境要因によって規定されていることが示された。
    2)講義におけるノートテイキング行動と事後テスト得点との関連について検討した。講義の情報をキーセンテンスごとに分類し、ノートテイキングされた項目とその量について調べ、授業ごと2週間後に課したテストの得点との関係について分析した。その結果、直後テスト、2週間後のテスト、どちらにおいてもノートテイキング量とテスト得点の間に強い相関が認められた。
    3)テキストを読みながら学習者が自発的に下線をひく行為が、文章理解に及ぼす影響について章の難易度と読解時間という2要因に着目し、テキストにあらかじめつけておいた下線強調の比較という観点から、実践的に検討した。その結果、テキストの下線強調は、文章の難易度や読解時間の長さにかかわらず、強調部分の再生を高める効果をもつことが示された。
    4)講義型授業をアーカイブ化したeラーニング教材を、講義型授業に付加する形で用意した。講義型授業を受講した後、アーカイブ化したeラーニング教材がどのように利用されるか検討した。その結果、学習者は学習中の自己評価から授業を再受講する必要性を感じた場合に、授業をeラーニングで再受講することが確認された。

  • e-learning機能を付加した高次講義型授業方式の実践と評価

    萌芽研究

    研究期間:

    2004年
    -
    2006年
     

     概要を見る

    本年度は最終年度にあたり、最も大規模な実践研究を行った。教育実践の概要は以下のとおりである。2006年度後期(2006年10月〜2007年1月)早稲田大学人間科学部(通学制)で実施された講義「教育測定評価論」を対象とした。学生数約140人。eラーニング教材として同授業をライブ録画し、編集を施した教材が併行利用された。eラーニング教材は、講義動画,パワーポイント資料,およびBBSによる質疑応答機能から構成されていた。学習者には授業開始と同時に、eラーニング教材が提供され、それの利用方法について入念な説明と予備的試行が行われた。以後、授業内容からみた3つの主要テーマに関連したレポートの提出が求められた。
    この研究の眼目は、eラーニング教材の利用の状況と学習者のレポートの評価の関連性を分析することにある。全ての学習者のeラーニング教材の学習履歴と評価の関連性が分析された。結果の概要を述べる。(1)評価の得点に応じて、上位群,中位群,下位群の3群に分けた場合、中位群,下位群の学生において、eラーニング教材の利用を重ねた場合、高い得点上昇率が見られた。(2)これに比べ、上位群においてはeラーニング教材の利用と評価の得点との関連の有意性は見出されなかった。しかし、このグループのeラーニング教材の利用傾向を見ると、個人差が大きく、eラーニング教材の利用ストラテジーを詳細に調べる必要性指摘できる。この件に関しては、中位群,下位群においてもその必要性を感じる。拘束性の少ない自由な学習環境において、学習者がどのような学習行動を自発的にとるかの研究が必要である。

  • ブロードバンドを利用した新しい高等教育の有機的モデルとプロトタイプの開発

    基盤研究(B)

    研究期間:

    2003年
    -
    2006年
     

     概要を見る

    フルオンデマンドによるeラーニングのコースを実質的に成果のあるものにするためには、教員、コーチ、サポートスタッフの3種類の人的資源がそれぞれに割り当てられた仕事をこなすこと、そしてラーニング・マネジメント・システム(LMS)を含むeラーニングシステムが学習者の学習を促進するような機能をもつことが必要である。
    教員の仕事は大きく分けて、コースの設計、実施、評価と改善の3つに分類できる。eラーニングになってとりわけ重要なことは、コースの設計と詳細化における仕事に重心が移ることである。eラーニングにおける教員の仕事はコースの設計と詳細化という部分に重心が移った。それによってコースの実施段階では教員を補佐し、実質的に授業運営の大きな部分を担う人材が必須のものとなった。それがコーチである。コーチの仕事は、大きく分けて、学習活動の促進、雰囲気と規範作り、議論プロセスの主導の3つである。LMSについては、有償・無償のものを含めてさまざまな種類のものが利用できる。最低限、ビデオ配信、BBS、レポート・テストのやりとりができるシステムであればeラーニングを実施することができる。しかし、eラーニング授業をもっと着実なものにするためには、それぞれの機能についていっそうの工夫が必要である。将来的な学習環境について述べる。現在の環境は、学習者がLMSにログインして、そこで学習のリソースを見て、自分の手元でノートを取るというような形になっている。しかし、将来的には、Webブラウザを開けば、すぐにそこが自分の学習用のワークスペースになっているようなイメージにしたい。

全件表示 >>

特定課題研究 【 表示 / 非表示

  • 深層学習で最適な手指の動きを伝達するeラーニングシステムの提案と指導手法の確立

    2018年   玉城 絵美

     概要を見る

    An instructional support system wasdeveloped for piano performance instruction that trains the user on proper handposition by using myoelectric stimulation in the wrist area through trackingsensors that determine if the hand is in the proper position on the keyboard.The myoelectric stimulation device uses PossessedHand to control hand form. Ithas 28 non- erosive pad-type electrodes positioned around the wrist to providemyoelectric stimulation to the fingers. Leap Motion was used for the handtracking sensors. By using this system, students can correct their handposition even when students and instructors are not in the same room. Thissuggests that e-learning is possible, even for content that requiresverbalization and visualization such as the movements used in playing a musicalinstrument. The result was submitted to IEEE Transaction on Learning Technologies

  • オンデマンド授業コンテンツの多言語字幕化

    2016年  

     概要を見る

     人間科学部eスクールの配当科目である人間科学概論(全8週分、合計約6万字)は既に聴覚障害者対応のために日本語字幕が付与されている。今回、授業担当者全員の許諾の上、バルセロナ自治大学翻訳通訳学部の協力の下その日本語字幕をスペイン語に翻訳した。日本語字幕にはオンデマンドコンテンツに挿入するタイミングが記録されているので、それに従い、スペイン語字幕をオンデマンドコンテンツに挿入し、人間科学概論のスペイン語字幕作業が完了した。また、同時に一部をカザフスタンからの交換留学生の協力で字幕のロシア語化を実施した。

  • 3Dアニメーションによるオープンソース・デジタル教材コンテンツの開発と評価

    2016年  

     概要を見る

     様々な性別や年齢の教師キャラクターに同じ教授内容を喋らせることが必要であると考え、人間による実際の教師の発話を文字化して、それを再音声化するシステムを構築した。具体的には録音した人間の発話を、音声認識システムにより文字化し、それを音声合成システムにより音声化し、3Dアニメーションがあたかも話しているように口の動きと同期させるシステムを構築した。 音声認識エンジンには京都大学が開発したオープンソースの語彙連続音声認識エンジンJulius、日本語音声合成エンジンには名古屋工業大学が開発した、オープンソースのOpen JTalkを利用し、口の動きとの動機はMMD4Mecanim LipSync Pluginを用いUnity上で開発を行った。

  • モーションキャプチャ活用によるフィギュアスケートを対象とした遠隔教授法の開発

    2015年  

     概要を見る

    正しい動作を正確に記録するにはモーションキャプチャーシステムは有用である。従来のモーションキャプチャーシステムでは、マーカー(光学式)やケーブル等の制約でフィギュアスケートではその活用が難しかった。無線式モーションキャプチャースーツをを選手(日本スケート連盟特別強化選手)に着用してもらい、実際にスケートリンクで様々なスピンやジャンプを行ってもらい3Dデータ化した。その3Dデータを視覚化し様々な方向、及びタイムラインで視聴するためのビューワーを開発した。また、多言語化した教材として活用できるように当該ビューワーをGoogle CourseBuilderに埋め込むとともに自動翻訳機能を実装した。

  • 学習支援者組織を包含した多言語MOOCsの構築

    2014年   向後 千春, 浅田 匡, 金 群, 森本 豊富, 尾澤 重知, 扇原 淳, 竹中 宏子

     概要を見る

    本研究課題の第一の目的は人間科学学術院(特にeスクール)が持つオンデマンドコンテンツの有効活用のために世界各地の日本語教育部門を持つ高等教育機関と連携し、オンデマンドコンテンツの多言語化を継続的に行うための体制を構築することにある。そのために、アルファラビ・カザフ国立大学(カザフスタン)東洋学部と人間科学学術院の間に学術交流協定を締結した。また、コンテンツ配信システムに関しては、Google Cource Builderを用いた多言語対応のプロトタイプを構築した。

全件表示 >>

海外研究活動 【 表示 / 非表示

  • フィンランドにおける中等教育に関する調査研究

    2007年03月
    -
    2008年03月

    フィンランド   ヘルシンキ大学

 

現在担当している科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>