KAWAKAMI, Ikuo

写真a

Affiliation

Faculty of International Research and Education, Graduate School of Japanese Applied Linguistics

Job title

Professor

Homepage URL

http://www.f.waseda.jp/kawakami/

Concurrent Post 【 display / non-display

  • Affiliated organization   Global Education Center

Education 【 display / non-display

  •  
    -
    1977

    Osaka University of Foreign Studies   Faculty of Foreign Language   Mongolian Language  

Degree 【 display / non-display

  • (BLANK)

  • 大阪大学   博士(文学)

  • (BLANK)

  • 大阪外国語大学   修士(文学)

Research Experience 【 display / non-display

  • 1999
    -
    2002

    Professor, Miyamgi University of Education

  • 1999
    -
    2002

    Professor, Miyamgi University of Education

  • 1993
    -
    1999

    Associate Professor, Miyagi University of Education

Professional Memberships 【 display / non-display

  •  
     
     

    日本語教育学会

  •  
     
     

    日本文化人類学会

 

Research Interests 【 display / non-display

  • Cultural Anthropology,Japanese Language Teaching

Papers 【 display / non-display

  • Memories as Children Crossing Borders and society

    KAWAKAMI, Ikuo

        15 - 34  2018.07  [Refereed]

  • 「移動する子ども」をめぐる研究主題とは何かー複数言語環境で成長する子どもと親の記憶と語りから

    川上郁雄

    ジャーナル「移動する子どもたち」-ことばの教育を創発する     1 - 19  2017.05  [Refereed]

     View Summary

    「移動する子ども」研究のテーマと課題を明らかにした論文

  • Workshop in the 38th Congress Transnational Identities and Linguistic Practices of the Speakers of Japanese in Multilingual Environments

    Miyake Kazuko, Kawakami Ikuo, Iwasaki Noriko, Hirataka Fumiya

    The Japanese Journal of Language in Society   19 ( 2 ) 98 - 103  2017

    CiNii

  • ベトナム系日本人ー「名づけること」と「名乗ること」あいだで

    川上郁雄

    マルチ・エスニック・ジャパニーズー〇〇系日本人の変革力     168 - 184  2016.05  [Invited]

  • 「ことばの力」とは何かという課題

    川上郁雄

    日本語学   ( 10月号 ) 56 - 64  2015.10  [Invited]

display all >>

Works 【 display / non-display

  • Research on Multilingual & Multicultural Process of Miyagi Prefecture.

    Other 

    2001
    -
     

  • Religion and Vietnamese Settlement in Brisbane, Australia

    1998
    -
     

  • Economic Contribution of Japanese Language Education to Australian Society

    1998
    -
     

  • Study on Vietnamese Families and their International Networks through Anthropological Approaches

    1998
    -
     

  • Adaptation and Cultural Changes of Vietnamese Residents in Japan

    1996
    -
    1997

display all >>

Research Projects 【 display / non-display

  • Study on sustainable development of teacher's practical competency in Japanese language education for children

    Project Year :

    2020.04
    -
    2024.03
     

  • Research on langauage competence of chidlren who learn Japanese oveseas and teaching material development

    Project Year :

    2015.04
    -
    2018.03
     

     View Summary

    This study explores how chidlren who were born and raised up in multilingual environments outside Japan have been living and how they think about their plurilingual and pluricultural competences through the intensive interviews on their life.Several interview researches were conducted in Thailand and Germany. The collected data on their life stories was analyzed by the analitical concept, Children Crossing Borders which focuses on the core of which one's experiences and memories are shaped by geographical mobility, linguistic mobility and language-education category mobility. As a result, experiences of their move in their life trajectories have been deeply influencing their langauage awareness and life strategies. It means that the viewpoint of Children Crossing Borders is indespensable in developing teaching material development of Japanese language

  • 海外で日本語を学ぶ子どもの日本語能力の把握と教材研究

    挑戦的萌芽研究

    Project Year :

    2015
    -
    2017
     

  • Collaborative practical research of Japanese Language Teaching for Children

    Project Year :

    2011.04
    -
    2016.03
     

     View Summary

    This study clarifies anything with the ability to learn in Japanese found by the children who does not assume Japanese a first language.We participated in practice based on the problem of the JSL curriculum , and investigated concurrently such as participation observation and an interview. By reporting the obtained result in HP or a research council., cooperation with the practice spot and educational administration which are engaged in a children's Japanese-language education in various places was aimed at.Since we performed description and dispatch of practice, cooperation with us and a practitioner was promoted , and it was possible to place our study as cooperative practice research as a result

  • Is Japan an Immigrant Country? A Comparative Study of Immigrant Citizenship Consciousness and Belonging in Japan and Australia

    Project Year :

    2011.11
    -
    2015.03
     

     View Summary

    This research project compares the sense of belonging and citizenship consciousness among the first and second generation Chinese, Brazilian and Vietnamese immigrants in Australia and Japan. Through this exercise, we hope to answer the question whether Japan is on its way to become an immigrant country. Through interviews, survey and media analysis in both countries, this study shows that different receiving contexts have created different levels of citizenship consciousness and different types of identity among immigrants originated from the same countries. This study clarifies issues surrounding immigrant incorporation in Japanese society

display all >>

Specific Research 【 display / non-display

  • 幼少期に複数言語環境で成長した老齢期の成人の複言語使用に関する実態と意識調査

    2018  

     View Summary

    本研究は幼少期に日本語を含む複数言語環境で成長した経験を持ち、老齢期に達した成人の複言語使用および複言語複文化能力に関する意識についての調査研究である。本研究の目的は、これらの人々が自らの複言語人生をどう捉え、かつ自らの複言語複文化能力をどう考え、人生の老齢期において複言語をどう使用しているかを明らかにすることである。具体的には、これまでと同様に「ライフストーリー・インタビュー」を用い、幼少期から現在までの人生を「ことばの軸」で語ってもらい、記述し、分析した。そのことにより、子どもから老齢期までの「人とことば」の関係を捉え直し、生涯における言語使用および教育のあり方を問い直すことを目指した。

  • 年少者日本語教育に関わる実践者の実践力向上を目指す持続可能な方法の開発

    2018  

     View Summary

     本研究は、日本語教育研究科が2008年より三重県鈴鹿市教育委員会と「教育支援に関する協定」を締結し、鈴鹿市内の40校の公立小中学校で展開している日本語教育実践の枠組みを検証し、教育現場の教員が「JSLバンドスケール」(川上郁雄研究室開発)をどのように利用しているのか、また日本語教育の実践にどう生かしているかを現地の調査を踏まえて明らかにし、それをもとに、実践者の資質を向上させるための持続可能な方法を探究することを目的に実施された。本「協定」は1期3年の協定期間で、4回継続されたので、2018年度は4期目の2年目に当たる。したがって、本研究は、これまでの11年間の日本語教育支援システムを分析した。

  • 幼少期に複数言語環境で成長した老齢期の成人の言語能力意識に関する質的研究

    2016  

     View Summary

    本研究は幼少期に日本語を含む複数言語環境で成長した経験を持ち、老齢期に達した人の複言語使用および複言語複文化能力に関する意識についての調査研究である。これらの人々が自らの複言語人生をどう捉え、かつ自らの複言語複文化能力をどう考え、人生の老齢期において複言語をどう使用しているかを明らかにする。具体的には、「ライフストーリー・インタビュー」を用い、幼少期から現在までの人生を「ことばの軸」で語ってもらい、記述し、分析した。そのことにより、子どもから老齢期までの「人とことば」の関係を捉え直し、生涯における言語使用および教育のあり方を問い直すことを目的として実施した。本年度は4人の方の調査協力を得た。 

  • 複言語使用者の言語バイオグラフィと言語ポートレート研究

    2016  

     View Summary

    本研究は、幼少期に複数言語環境で成長した人が、自らの複言語・複文化に対してどのような認識を持っているのか、そしてその認識がアイデンティティ形成や生き方にどのように影響しているのかを明らかにすることをめざした研究である。言語バイオグラフィ、言語ポートレートおよびライフストーリー・インタビュー調査を用いた方法および子どもの日本語教育に関わる実践者への聞き取り調査によって探究した。得られたデータを分析することによって、複言語使用者の複言語使用に関する個別の認識の実態を把握し、その実態から見える言語認識の特徴を概念化し、それらを言語教育と結びつけ、新たな言語教育実践の可能性を探究した。

  • グローバル・バンドスケール―複数言語環境で成長する子どもの日本語教育方法の開発

    2014  

     View Summary

    本研究は日本国外の複数言語環境で成長する子どもの日本語能力を把握するための「ものさし」となるグローバル・バンドスケールを作成することを目的とする研究である。今年度はその基礎研究として、日本国外の日本人学校、補習授業校を訪問し、実態調査を行った。同時に、これらの子どもの子どもたちに必要となる教材と教育方法について現地の関係者から聞き取り調査を行った。子どもの日本語能力は多様であり、そのため子どもの親も教師も、その日本語能力の把握に困難を感じていると同時に、教育方法についても手さぐり状態であった。本研究では、そのような現状を踏まえ、子どもたちの日本語能力を把握する方法について研究を行った。 

display all >>

Overseas Activities 【 display / non-display

  • オーストラリアにおけるESL教育および日本語教育に関する研究

    2008.09
    -
    2009.08

    オーストラリア   モナシュ大学

    オーストラリア   ニューサウスウェールズ大学

 

Syllabus 【 display / non-display

display all >>