近藤 康之 (コンドウ ヤスシ)

写真a

所属

政治経済学術院 政治経済学部

職名

教授

ホームページ

http://www.f.waseda.jp/ykondo/

兼担 【 表示 / 非表示

  • 政治経済学術院   大学院経済学研究科

  • 政治経済学術院   大学院政治学研究科

学位 【 表示 / 非表示

  • University of Tsukuba   PhD in Economics

  • 筑波大学   博士(社会経済)

所属学協会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     

    日本経済学会

  •  
     
     

    日本鉄鋼協会

  •  
     
     

    環境経済・政策学会

  •  
     
     

    廃棄物資源循環学会

  •  
     
     

    日本LCA学会

全件表示 >>

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 経済統計

  • 環境影響評価

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • ミクロ計量経済学、産業エコロジー、産業連関分析

論文 【 表示 / 非表示

  • Nexus between economy-wide metal inputs and the deterioration of sustainable development goals

    Keisuke Nansai, Yasushi Kondo, Damien Giurco, David Sussman, Kenichi Nakajima, Shigemi Kagawa, Wataru Takayanagi, Yosuke Shigetomi, SusumuTohno

    Resources, Conservation and Recycling   149   12 - 19  2019年10月

    DOI

  • Hypothetical extractions from a global perspective

    Erik Dietzenbacher, Bob van Burken, Yasushi Kondo

    Economic Systems Research    2019年01月

    DOI

  • Toward an integrated model of the circular economy: Dynamic waste input–output

    Shinichiro Nakamura, Yasushi Kondo

    Resources Conservation and Recycling   139   326 - 332  2018年12月

    DOI

  • Decomposition analysis of food waste management with explicit consideration of priority of alternative management options and its application to the Japanese food industry from 2008 to 2015

    Hidemichi Fujii, Yasushi Kondo

    Journal of Cleaner Production   188   568 - 574  2018年07月

     概要を見る

    The prevention and recycling of food waste contribute to a circular economy due to improvements in resource efficiency and energy recovery. This study introduces a framework for evaluating the prevention and utilization of food waste using Japanese food industry data from 2008 to 2015. To elucidate the changes in the amount of unutilized food waste, this study applies a decomposition analysis framework that classifies five factors: waste prevention, food recycling, heat recovery, volume reduction, and production scale. The results show that the amount of unutilized food waste throughout the food industry decreased between 2008 and 2011, primarily due to three factors: increased food waste recycling, volume reduction, and a decrease in production scale. However, the key factors driving changes in food waste management varied by food industrial sectors. The primary drivers of the decline in unutilized food waste were recycling in the food manufacturing industry, waste prevention in the retail industry, and a decrease in production scale in the food service industry. Thus, policies for food waste management should account for the diversity of characteristics across food industries and the food waste management strategies employed.

    DOI

  • Optimal Recycling of Steel Scrap and Alloying Elements: Input-Output based Linear Programming Method with Its Application to End-of-Life Vehicles in Japan

    Hajime Ohno, Kazuyo Matsubae, Kenichi Nakajima, Yasushi Kondo, Shinichiro Nakamura, Yasuhiro Fukushima, Tetsuya Nagasaka

    ENVIRONMENTAL SCIENCE & TECHNOLOGY   51 ( 22 ) 13086 - 13094  2017年11月  [査読有り]

     概要を見る

    Importance of end-of-life vehicles (ELVs) as an urban mine is expected to grow, as more people in developing countries are experiencing increased standards of living, while the automobiles are increasingly made using high-quality materials to meet stricter environmental and safety requirements. While most materials in ELVs, particularly steel, have been recycled at high rates, quality issues have not been adequately addressed due to the complex use of automobile materials, leading to considerable losses of valuable alloying elements. This study highlights the maximal potential of quality-oriented recycling of ELV steel, by exploring the utilization methods of scrap, sorted by parts, to produce electric-arc-furnace-based crude alloy steel with minimal losses of alloying elements. Using linear programming on the case of Japanese economy in 2005, we found that adoption of parts-based scrap sorting could result in the recovery of around 94-98% of the alloying elements occurring in parts scrap (manganese, chromium, nickel, and molybdenum), which may replace 10% of the virgin sources in electric arc furnace-based crude alloy steel production.

    DOI

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • Waste Input-Output Analysis: Concepts and Application to Industrial Ecology

    Shinichiro Nakamura, Yasushi Kondo

    Springer  2009年02月

受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本LCA学会功績賞(廃棄物資源循環分野における産業連関分析)

    2019年03月  

  • Most Cited Paper Award, RCR (Resources, Conservation and Recycling) Annual Awards for its highest number of citations among papers published in 2015 in RCR in the following three years 2015-2017; H. Ohno, K. Matsubae, K. Nakajima, Y. Kondo, S. Nakamura, T

    2018年01月  

  • Most Cited Paper Award, RCR (Resources, Conservation and Recycling) Annual Awards for its highest number of citations among papers published in 2015 in RCR in the following three years 2015-2017; H. Ohno, K. Matsubae, K. Nakajima, Y. Kondo, S. Nakamura, T. Nagasaka. Toward the efficient recycling of alloying elements from end of life vehicle steel scrap. Resources, Conservation and Recycling, 100, 11-20, 2015.

    2018年01月  

  • The Sir Richard Stone Prize, International Input-Output Association (IIOA) for the best paper during the period 2009-2010, K. Nansai, S. Kagawa, Y. Kondo, S. Suh, R. Inaba, K. Nakajima, Improving the completeness of product carbon footprints using a globa

    2011年06月  

  • The Sir Richard Stone Prize, International Input-Output Association (IIOA) for the best paper during the period 2009-2010, K. Nansai, S. Kagawa, Y. Kondo, S. Suh, R. Inaba, K. Nakajima, Improving the completeness of product carbon footprints using a global link input-output model: The case of Japan. Economic Systems Research 21(3), 267-290, 2009.

    2011年06月  

全件表示 >>

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 消費行動分析・効率性分析・サプライチェーン分析を統合した二酸化炭素排出評価

    研究期間:

    2020年04月
    -
    2025年03月
     

     概要を見る

    第一の課題では、自動車の動的離散選択モデルの推定を行い、需要政策が自動車の最終需要に付随するライフサイクルCO2排出量に与える影響を推計し、需要政策が温暖化緩和に果たす役割を定量的に明らかにする。第二の研究課題では、日本の自動車製造に不可欠な金属14部門に着目したサプライチェーンDEAを行い、金属生産の技術効率・サプライチェーン効率の向上が自動車の最終需要に付随するCO2排出量に与える影響を分析する。第三の研究課題では、第一と第二の課題で明らかになる自動車需要政策に伴う最終需要変化と金属部門の効率性向上に伴う投入変化を考慮したサプライチェーンネットワーク分析を行う

  • 世界の持続可能な食料生産と消費の実現に向けた政策を支援する環境ホットスポット分析

    研究期間:

    2019年04月
    -
    2022年03月
     

     概要を見る

    本研究では、世界の食料サプライチェーンにおいて日本の消費活動が食料生産の持続可能性に影響を与えるホットスポットを特定できる手法の開発を目指す。食料生産の持続可能性に関わる特に重要な環境要素として「水資源」、「栄養塩」、「土地」に着目し、持続可能性に関わる複数の環境側面の許容量(プラネタリー・バウンダリ)を包括的に評価する指標を開発すると共に、日本の活動に関わる複雑なサプライチェーン構造において持続可能性のリスクとして鍵となるポイントを抽出する手法を構築する。これにより、持続可能な食料生産と消費の実現に向けてより効率的かつ効果的な政策立案の支援に貢献できると期待される

  • 希少合金元素の高効率リサイクルを目指した多元物質ストック・フロー解析モデルの開発

    研究期間:

    2019年04月
    -
    2022年03月
     

  • 将来変化を考慮した世界の水資源利用の持続可能性への日本の責任フットプリント分析

    研究期間:

    2018年10月
    -
    2022年03月
     

     概要を見る

    本研究では、将来変化を反映した水資源利用のプラネタリー・バウンダリ指標を開発し、日本の生産・消費活動に起因する世界各国の環境容量超過リスクへの責任をフットプリントとして定量化し、その原因を見える化するために以下に示す3課題に取り組んでおり、これまでの研究実績として以下のような成果が得られている。【課題1: 将来における水資源賦存量および水需要の予測】水資源賦存量の将来予測に関して、海外の研究協力者とともに候補となる複数の既存水循環モデルの適用可能性についてThe Inter-Sectoral Impact Model Intercomparison Project(ISIMIP)での公開情報を元に事前検討を行い、最適なモデルの選定に向けて必要なデータ収集・整理を行った。需要面では灌漑用水を対象として将来の食料需要変化の予測に必要なデータ収集・加工を行い、回帰モデルも含めた予測手法の選定・評価を進めた。【課題2:将来変化を反映したプラネタリー・バウンダリ指標の開発】現状の水資源賦存量および需要予測に基づいたプラネタリーバウンダリ指標に関する見直し作業を進め、多面的な評価に向けた複数の側面に関する評価の可能性とその将来予測への適用可能性についての予備的検討を行った。【課題3:日本の生産・消費活動に起因する責任フットプリントの分析】各国における各セクターの水資源消費量の算定を行うと共に、国連が公表している貿易統計データベース(UN Comtrade)のデータを用いて国際産業連関分析モデルとの接続に向けたセクターの細分化作業を進めた。また、構造経路分解についてもセクターの細分化にも対応できるようモデルのアップデートを進めた。COVID-19による渡航制限などにより海外の共同研究者との協力作業が遅れている。特に将来における水資源賦存量および水需要の予測、将来変化を反映したプラネタリー・バウンダリ指標の開発部分の作業進捗が予定よりも遅れており、それに伴って国際産業連関分析モデルへの接合作業や対応する構造経路分解モデルの更新作業も当初計画よりやや遅れている。水資源賦存量、水需要の将来推計およびプラネタリー・バウンダリ指標の開発について、海外の研究協力者の協力が不可欠であり、綿密に連絡を取るためオンライン会議等を活用しながらできる限りの作業の遅延を回避する努力を行う。また、COVID-19対応の状況が安定して渡航可能な状態となり次第、早い段階で研究協力者の所属機関に滞在し、共同して分析作業を進める予定である。並行して、国際産業連関分析モデルと水消費量データとの接合に向けて過去の推計結果を基に優先的な対策が必要なセクターの抽出を行うなどにより、海外共同研究者との連携作業以外の部分で進められる作業を効率的に進める。海外共同研究者との連携作業が不可欠であるため、できるかぎりオンラインで進められることは推進しておき、状況が改善次第遅れを取り戻すべく作業を集中的に進めることを予定している

  • アジアのバリューチェーンを通じたPM2.5による健康被害の発生メカニズムの解明

    研究期間:

    2016年04月
    -
    2021年03月
     

     概要を見る

    大消費国である米国、中国、日本、ドイツ、英国に着目した消費者基準によるPM2.5に起因するアジア領域における早期死亡者に関する分析結果を国際学術雑誌で報告した。PM2.5の一次粒子と二次粒子前駆物質排出インベントリ,国際産業連関分析モデル,大気質輸送モデル,曝露リスク評価モデルを組み合わせ,消費国がアジアのサプライチェーンにおいて直接間接的に引き起こす早期死亡者を算定し,その早期死亡者数から逸失労働所得として経済損失額を明らかにした。更に,5カ国がアジアの国々にもたらす国際貿易を通じた付加価値に対する経済損失額の大きさを比較し,貿易に隠れた不公正について定量的な解析を行った。結果として,5カ国の消費は2010年にアジア域において,12.1百万トンの一次粒子を排出し,二次粒子前駆物質として,窒素酸化物を21.3 百万トン,二酸化硫黄を 26.0百万トン,一酸化炭素を159 百万トン,アンモニアを1.20百万トン,化石燃料起源とバイオマス起源の非メタン揮発性有機化合物をそれぞれ15.6 百万トンと10.7 百万トンを生じさせた。前駆物質により生成された二次粒子の濃度影響を含めて,一年間で約100万人の早期死亡者をアジア域に生じさせたことを確認した。年齢層別の早期死亡者を見ると,80歳以上の高齢者の死亡は多いが,下気道感染による疾患から乳幼児の死亡者も無視できないことが分かった。特に,中国とインドで多く生じ,5カ国の消費が年間1千500人の5歳未満の乳幼児を犠牲にした。約100万人の早期死亡者による経済損失被害は450億米ドルと推計された。アジア各国に与える被害額と貿易により生み出す付加価値を比べると,例えば,日本は被害額の割合が0.2%程度と小さいがラオスは4.1%と大きく,特に途上国において貿易の不公正が顕著であった。本年度は,5つの大消費国を対象にPM2.5によるアジア域での影響を消費基準勘定により明らかにする学際研究成果をオープンアクセスの国際学術雑誌(Environment International)に掲載することができた。特に,消費基準での早期死亡者を経済損失として理解し,貿易の不公正の存在を世界で初めて明らかにした点で学術的貢献は高いと考え,進捗は概ね順調であると判断する。今後は,昨年度より継続して進めている,消費基準による分析をサプライチェーンに分解して計算することを目的として,アジア各国の発生源別にPM2.5に起因する早期死亡者数を定量化し,早期死亡者数に関する原単位を整備する。これらの原単位を多地域間産業連関分析と組み合わせ,サプライチェーンを分解可能な消費基準の計算を可能にする

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • Identifying barriers to a circular economy by a dynamic waste input-output analysis: Can Cr and Ni from end-of-life products be effectively recycled?

    Yasushi Kondo, Shinichiro Nakamura, Kenichi Nakajima, Hajime Ohno

    13th Conference of the Socio-Economic Metabolism Section of the International Society for Industrial Ecology   (Berlin, Germany) 

    発表年月: 2019年05月

  • 行政報告データ等の活用による自治体レベルの物質循環分析の展望

    近藤康之, 橋本征二, 山田正人

    第14回日本LCA学会研究発表会   (福岡, 九州大学) 

    発表年月: 2019年03月

  • Uncertainty analysis with consideration of correlation between the elements of input-output table

    Jian Jin, Yasushi Kondo

    The 3rd International Conference on Economic Structures (ICES 2019)   (Ibaraki, Osaka, Japan) 

    発表年月: 2019年03月

  • Waste input–output analysis of prefectures in Japan to promote sound material cycles by using data in official reports collected for waste management

    Yasushi Kondo

    3RINCs 2019   (Bangkok, Thailand) 

    発表年月: 2019年02月

  • Metal dynamics of a circular economy: Identifying barriers to sustainable recycling

    Shinichiro Nakamura, Yasushi Kondo, Kenichi Nakajima, Hajime Ohno

    EcoBalance 2018   (Tokyo, Japan) 

    発表年月: 2018年10月

全件表示 >>

特定課題研究 【 表示 / 非表示

  • 将来シナリオの新しい経済分析とリサイクルの質を考慮した動的多元物質フロー分析

    2018年   加河茂美

     概要を見る

    産業構造と技術進歩の将来シナリオを検討するための手法を新たに開発し、リサイクルの質を考慮した動的多元物質ストック・フロー分析を実施することを目的として研究を実施した。具体的には、World Input-Output Databaseから得られる40カ国の1995~2008年の国別産業連関表を用いたクラスタ分析を実施した。また、動学的廃棄物産業連関モデル(dynamic waste input-output model, dWIO)の開発を行った。これは、スクラップの需給バランスと合金の元素組成を統合された枠組みで考慮することのできる点に特徴のあるモデルである。日本のデータに基づくシナリオ分析を行い、回収されたスクラップの超過供給や、鋼材の品質基準と整合しないリサイクルの生じる可能性を検討した。

  • ライフサイクル分析におけるサプライチェーンの可視化手法に関する研究

    2015年  

     概要を見る

    製品・サービスのサプライチェーンにおけるステークホルダーのあいだの取引量の情報は、産業連関表のかたちに整理することができる。本研究においては、とくにサプライチェーンに係る環境負荷の低減に資することを目的として、産業連関表のかたちに整理されたサプライチェーンを可視化するための手法開発を行った。研究開発は、産業連関分析の手法(構造経路解析と三角化)とフロー可視化手法(サンキー図とヒートマップ)を拡張して統合することにより実施した。図のかたちで可視化されたサプライチェーンの情報は、ステークホルダーによる意見交換と意思決定の際に活用されることが期待される。

  • 廃棄物等の広域移動と循環利用の地域産業連関分析

    2008年  

     概要を見る

     廃棄物等の循環利用を推進する観点から,利用可能な統計資料整備を含む知見の蓄積が十分でないと考えられるものに,社会経済システムに存在する物質量の推計(物質ストックの勘定の整備)がある。すなわち,将来に循環利用し得る資源(=廃棄物等)がどこに,どのような形態で,どれくらい存在しているかを把握することは,長期的な循環資源管理として重要である。この点について,産業連関分析の手法を応用した推計方法を開発し,日本のデータに適用した。具体的には,Nakamura et al. (2007, Journal of Industrial Ecology, vol. 11, no. 4)により提案された廃棄物産業連関物質フロー解析(waste input-output material flow analysis, WIO-MFA)の方法と,産業連関表のふた意表である固定資本マトリックスを組み合わせて,産業別投資財別の物質組成を推計した。ただし,土石系は含まず,金属とプラスチックを推計対象とした。その結果,平成12年において,平均で投資額百万円あたり500kg強の物質がストックに追加されていたこと,この投資金額あたり重要は産業間で大きなばらつきがあることなどが見出された。 さらに,スペクトラルグラフ理論を応用した産業クラスタの抽出,産業連関表の三角化による産業間物質フローの可視化についても検討を行った。2つの方法を組み合わせることにより,Simpson and Tsukui (1965, Review of Economics and Statistics, vol. 47, no. 4)によって指摘されていた,産業間ブロックを考慮した産業連関表の三角化が効率的に実行可能となった。

  • 産業連関分析と混合型LCAのための効率的算法の開発とその応用

    2004年  

     概要を見る

    産業連関表はLCAにおいて広く応用されておりEIO-LCAとも呼ばれているが,そこで用いられる数理モデルは伝統的な産業連関モデルとは異なるものであることが多い。すなわち,Joshi (2000, Journal of Industrial Ecology, vol. 2, no. 2-3) による分類に従えば,「評価対象製品を仮想的新製品と見なすモデル(モデル1)」の方が,伝統的な産業連関モデルに対応する「既存産業部門を分割する(産業部門分類を詳細化する)モデル(モデル2)」よりも広く用いられている。モデル1の方がよく用いられる原因は,モデル2における行部門の分割に必要なデータの入手が困難なことが多い点にもある。しかしながら,モデル1は製品の普及に起因する間接効果を不適切に無視してしまうという欠点を持つ。すなわち,「川上」への波及効果は補足できるものの,「川下」への波及効果は補足できない。ここで補足されない間接効果は,汎用機器・素材,標準化された部品などについては大きいと考えられる。本研究においては,シミュレーションによってこの種の間接効果が,総需要に占める中間需要の割合の大きい製品について無視し得ないほどの大きさであることを示した。「川下」への効果は評価対象製品の普及率と密接な関連があるので,普及率の変化に伴って原単位も変化し得ることを考慮し,これに対応した原単位を推計するための簡便法を提案した。

  • 廃棄物処理施設の立地に関する計量経済学的研究

    2002年  

     概要を見る

    廃棄物処理施設のうち,とくに焼却施設に注目し,その立地の変更が環境および経済に及ぼす影響を評価することを目的として研究を行った.評価の方法としては,不動産価格データを用いたヘドニック・アプローチによる評価も候補として考えられるが,今年度の研究では専ら産業連関分析による評価を行った.廃棄物産業連関モデルを線形計画問題へと拡張した方法により,二酸化炭素排出を最小にする場合,最終処分場消費を最小にする場合,いずれの場合でも,広域処理(多数の小規模施設を少数の大規模施設で置き換える.施設における処理効率は高まるが,輸送距離伸長に伴う環境負荷の増大等が予想される)が,最適な廃棄物管理方法として採用されることが明らかになった.また,持続可能な消費のあるべき姿を模索するために,線形計画問題の双対最適解の値を検討した.その結果,広域処理を含めた廃棄物管理方法の変更により,双対最適解の無視できない変化の生じる可能性が確認された.この点は,廃棄物処理施設の立地を含めた管理政策の変更により,持続可能な消費のあるべき姿自体が変化することを示唆する.なお,より詳細な地理情報を反映させられるように産業連関モデルを拡張することは,今後の重要な課題のひとつである.

 

現在担当している科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>