Updated on 2024/04/22

写真a

 
ODASHIMA, Koshi
 
Affiliation
Faculty of Letters, Arts and Sciences, School of Culture, Media and Society
Job title
Professor
Degree
修士(文学) ( 早稲田大学 )
(BLANK)
修士 ( ロンドン大学クイーン・メアリー・アンド・ウエスト・フィールド・カレッジ )
Master of Arts

Research Experience

  • 2003
    -
    Now

    Waseda University, Professor

  • 1997
    -
    2003

    Waseda University, Associate Professor

  • 1996
    -
    1997

    Waseda University, Lecturer

  • 1995
    -
    1996

    Chuo University, Associate Professor

  • 1993
    -
    1995

    Chuo University, Lecturer

  • 1991
    -
    1993

    Senshu University, Part Time Lecturer

  • 1991
    -
    1993

    Chiba University, Part Time Lecturer

▼display all

Education Background

  •  
    -
    1991

    Waseda University   Graduate School, Division of Letters  

  •  
    -
    1990.08

    University of London, Queen Mary College   Graduate School, Master Course   English  

  •  
    -
    1987

    Waseda University   Graduate School, Division of Letters  

  •  
    -
    1984

    Waseda University   Faculty of Literature  

Professional Memberships

  •  
     
     

    日本演劇学会

  •  
     
     

    日本ロレンス協会

  •  
     
     

    日本英文学会

Research Areas

  • English literature and literature in the English language

Research Interests

  • 英語・英米文学

Awards

  • 湯浅芳子賞

    1996  

 

Papers

  • The Dramatic Structure of Widowing of Mrs. Holroyd

    Koshi ODASHIMA

       2013.03  [Refereed]

    Authorship:Lead author

  • 舞台翻訳の日本語

    表現と文体(明治書院)    2005

  • 上演翻訳におけるジェンダー意識

    演劇研究センター紀要・Ⅰ   Ⅰ,375-382  2003.03

  • 『ホルロイド夫人やもめになる』について

    英文学   第84,34-46  2002.09

  • 劇作家D.H.ロレンス

    英文学   第83,1-13  2002.03

  • なぜサイスンは躓くのか

    英文学/早稲田大学英文学会   79, pp.101-113 ( 79 ) 101 - 113  2000.03

    CiNii

  • 恋の三重奏/アラン・エイクボーン

    上演台本/松竹    1999.10

  • 短編集/ドナルド・マーグリーズ

    上演台本/ひょうご舞台芸術    1999.09

  • 太陽と月に背いて/クリストファー・ハンプトン

    上演台本/翼    1999.04

  • 英国性の探求-トム・ストッパードの「アルカディア」

    現代ヨーロッパ文学の動向-中心と周縁(中央大学人文科学研究所編)/中央大学出版部    1996.03

  • 「翼ある蛇」研究-ケイト・レズリーがアイルランド人であることについて

    Odashima Koshi

    日本ロレンス協会26回大会(松山大学)   ( 7 ) 15 - 28  1995.06

     View Summary

    What Kate Leslie has recognized in the final part of The Plumed Serpent is that she is more Irish than anything and that Celtic mysticism lies at the bottom of her soul. This reminds us that Lawrence once declared he was interested in what a woman is rather than what she feels, and that he was fascinated by Celtic people in Cornwall.'Softness, 'which Lawrence found especially attractive in Cornish people, is given to Kate and it proves to be the medium between her and Mexican people.<br>The repetition of the word'soft'at the end of The Plumed Serpent suggests that it is not so much the consciousness as the'softness'in Cipriano that makes Kate feel;'You won't let me go!'This open ending, where Kate is indecisive about her returning to England (not Ireland), reflects Lawrence's wish that his home country would recollect the Celtic softness. It also has the effect of'foregrounding'the author's interest in the relationship between individuals rather than that between races. The softness here leads to the tenderness in Lady Chatterley's Lover.

    DOI CiNii

  • シェイクスピア劇場

    三省堂    1995.04

  • L.P.ハートリー研究-「雇われ運転手」の象徴

    英語英米文学/中央大学英米文学会   35  1995.02

  • レイ・クーニー笑劇集

    劇書房    1994.03

  • ロレンスの暴力

    英語英米文学/中央大学英米文学会   34 ( 34 ) p151 - 172  1994.02

    CiNii

  • How They Passed through the Doorways in The Rainbow

    ほらいずん/早稲田大学英米文学研究会   26 ( 26 ) p97 - 86  1994.02

    CiNii

▼display all

Books and Other Publications

  • クマのプーさん 創作スケッチ:世界一有名なクマ 誕生のひみつ

    ( Part: Joint translator)

    東京美術  2018

  • 毎日使える 必ず役立つ 心理学

    ( Part: Joint translator)

    河出書房新社  2018

  • アルカディア

    ( Part: Sole translator)

    早川書房  2018

  • TRANSCULTURE

    Christopher BELTON, Koshi ODASHIMA( Part: Joint author)

    2017.03

  • ケンブリッジ・オックスフォード 合格基準

    ( Part: Joint translator)

    河出書房新社  2015

  • 『ノーベル文学賞にいまもっとも近い作家たち』

    ( Part: Contributor, T. ストッパード)

    青月社  2014

  • ピグマリオン

    ( Part: Sole translator)

    光文社  2013

  • ささやかながら信じる心があれば

    ( Part: Joint translator)

    NHK出版  2012

  • あなたは自分を利口だと思いますか?~オックスフォード大学・ケンブリッジ大学入試問題~

    ( Part: Joint translator)

    河出書房新社  2011

  • D.H.ロレンス全詩集 完全版

    ( Part: Joint translator)

    彩流社  2011

  • 『文芸年鑑』平成二十三年版

    ( Part: Contributor, 外観 演劇 '10)

    日本文芸家協会  2011

  • ロックンロール

    T.ストッパード( Part: Sole translator)

    早川書房  2010

  • 『文芸年鑑』平成二十二年版

    ( Part: Contributor, 外観 演劇 '09)

    日本文芸家協会  2010

  • 21世紀イギリス文化を知る事典

    ( Part: Contributor, イギリスの演劇 pp.560-575)

    東京書籍  2009.04

  • かいじゅうたちのいるところ ストーリーブック

    ( Part: Joint translator)

    河出書房新社  2009

  • かいじゅうたちのいるところ お絵かきブック

    サディー・チェスタフィールド文, キャロライナ・ファリアス絵, モーリス・センダック原作

    河出書房新社  2009

  • かいじゅうたちのいるところ

    ( Part: Joint translator)

    河出書房新社  2009

  • 三人姉妹

    ( Part: Joint translator)

    河出書房新社  2009

  • シェイクスピアについて僕らが知りえたすべてのこと

    ( Part: Joint translator)

    NHK出版  2008

  • ファイアベリー ~考えるカエル、旅に出る

    ( Part: Joint translator)

    NHK出版  2008

  • もう一日

    ( Part: Joint translator)

    NHK出版  2007

  • ニンジャ×ピラニア×ガリレオ

    ( Part: Joint translator)

    ポプラ社  2007

  • 欲望という名の電車

    ( Part: Sole translator)

    慧文社  2006

  • そして、愛する彼女のために

    ( Part: Joint translator)

    河出書房新社  2005

  • 天国の五人

    ( Part: Joint translator)

    NKK出版  2005

  • 20世紀英語文学辞典

    ( Part: Contributor, イギリス演劇)

    研究社  2005

  • ビューティフル・ファミリー

    ( Part: Joint translator)

    河出書房新社  2003

  • 『ロレンス文学鑑賞事典』(共編著)

    彩流社  2002.09

  • エミリーへの手紙

    ( Part: Joint translator)

    NHK出版  2002

  • コペンハーゲン

    ( Part: Sole translator)

    劇書房  2001

  • ビューティフル・ボーイ

    ( Part: Joint translator)

    河出書房新社  2001

  • シェイクスピア・ミステリー

    ( Part: Joint translator)

    朝日新聞社  2000

  • ビーン

    ( Part: Joint translator)

    河出書房新社  2000

  • Mr.ビーンの落書帳

    ( Part: Joint translator)

    河出書房新社  1998

  • 英国の著名小説家十人

    ( Part: Joint translator)

    開文社  1996

  • シェイクスピア劇場

    ( Part: Joint translator)

    三省堂  1995

  • レイ・クーニー笑劇集

    ( Part: Joint translator)

    劇書房  1994

  • ロレンス短編集

    ( Part: Joint translator)

    大阪教育図書出版 

▼display all

Works

  • 『ペギーからお電話!?』

    Artistic work 

    2001
    -
     

  • 『ディファイルド』

    Artistic work 

    2001
    -
     

  • 『すべて世は事も無し』

    Artistic work 

    2001
    -
     

  • 『おやすみ、こどもたち』

    Artistic work 

    2001
    -
     

  • 『プルーフ/証明』

    Artistic work 

    2001
    -
     

  • 『コミック・ポテンシャル』

    Artistic work 

    2001
    -
     

  • Dinner with Friends by D. Margulies

    Artistic work 

    2000
    -
     

  • 『川を越え、森を抜けて』(共訳)

    Artistic work 

    2000
    -
     

  • 『オーファンズ』

    Artistic work 

    2000
    -
     

  • 『天国から来たチャンピオン』

    Artistic work 

    2000
    -
     

  • 『水の記憶』

    Artistic work 

    2000
    -
     

  • ディナー、ウィズ、フレンズ(舞台翻訳)

    Artistic work 

    2000
    -
     

  • I Ought to Be in Pictures by N. Simon

    Artistic work 

    1999
    -
     

  • 『恋の三重奏』

    Artistic work 

    1999
    -
     

  • 『短編集』

    Artistic work 

    1999
    -
     

  • 『太陽と月に背いて』

    Artistic work 

    1999
    -
     

  • 銀幕の向うに(舞台翻訳)

    Artistic work 

    1999
    -
     

  • Kinder transport by D. Samuels

    Artistic work 

    1998
    -
     

  • 『陽ざかりの女たち』

    Artistic work 

    1998
    -
     

  • 『エイミィズ・ヴュー』

    Artistic work 

    1998
    -
     

  • 『トーチ・ソング・トリロジー』

    Artistic work 

    1998
    -
     

  • 『娘に祈りを』

    Artistic work 

    1998
    -
     

  • 『メッカへの道』

    Artistic work 

    1998
    -
     

  • エヴァ、帰りのない旅(舞台翻訳)

    Artistic work 

    1998
    -
     

  • 『イサドラ』

    Artistic work 

    1997
    -
     

  • 『ライフ・イン・ザ・シアター』

    Artistic work 

    1997
    -
     

  • 『ザ・フォーリナー』

    Artistic work 

    1997
    -
     

  • 『シャドーランズ』(共訳)

    Artistic work 

    1996
    -
     

  • 『レグと過ごした甘い夜』

    Artistic work 

    1996
    -
     

  • 『FUNNY MONEY』

    Artistic work 

    1995
    -
     

  • 『What A Sexy Dinner! 』

    Artistic work 

    1995
    -
     

  • 『GHETTO/ゲットー』

    Artistic work 

    1995
    -
     

  • 『It's Show Time! 』

    Artistic work 

    1994
    -
     

  • 『美女と野獣』

    Artistic work 

    1994
    -
     

  • 『パパ、I Love You!』(共訳)

    Artistic work 

    1994
    -
     

  • 『ラン・フォー・ユア・ワイフ』(共訳)

    Artistic work 

    1993
    -
     

  • 『ホロー荘の殺人』(共訳)

    Artistic work 

    1993
    -
     

▼display all

Misc

  • イギリス的情景

    資本市場 2015年9月~2018年8月    2015.05

    Article, review, commentary, editorial, etc. (trade magazine, newspaper, online media)  

  • 19世紀イギリスの酒と涙と『ジキルとハイド』と女と猿

    『酒と涙とジキルとハイド』プログラム    2014

    Article, review, commentary, editorial, etc. (other)  

  • 「アメリカ」を描く作家トレイシー・レッツ

    『8月の家族たち』プログラム    2014

    Article, review, commentary, editorial, etc. (other)  

  • 翻訳上演を待ちながら

    シアターガイド 2,013年5月~2014年4月    2013.05

    Article, review, commentary, editorial, etc. (trade magazine, newspaper, online media)  

  • 演劇時評

    萩尾瞳, 小田島恒志

    悲劇喜劇    2011.06

  • 演劇時評

    石原千秋 小田島恒志

    悲劇喜劇    2009.06

  • 舞台翻訳の舞台裏

    ドラマで楽しむ英会話/英会話上級    2006.10

  • 公的な場に書く私的なロンドン通信

    悲劇喜劇 2005年9月~2006年5月    2005.09

  • 英語読みの英語知らず

    ドラマで楽しむ英会話/いまから出直し英語塾    2005.04

    Article, review, commentary, editorial, etc. (trade magazine, newspaper, online media)  

  • イギリスの演劇

    せりふの時代/小学館   13, pp.78-81  1999.11

  • 身も蓋もない話

    「恋の三重奏」プログラム/松竹    1999.10

  • 拝啓、T先生

    「短編集」プログラム/ひょうご舞台芸術    1999.09

  • ハロー、ストレンジャー

    「クローサー」プログラム/キャスター・ウエストエンド・シアター    1999.07

  • 翻訳裏話

    「太陽と月に背いて」プログラム/翼    1999.04

▼display all

 

Syllabus

▼display all

 

Overseas Activities

  • D.H.Lawrenceの戯曲の真価および現代イギリス演劇の動向の研究

    2005.04
    -
    2006.03

    イギリス   ロンドン大学 Royal Holloway校

Sub-affiliation

  • Faculty of Letters, Arts and Sciences   Graduate School of Letters, Arts and Sciences

Internal Special Research Projects

  • D.Hロレンス作品のキャラクター分析:クリフォード・チャタレイの場合

    1996  

     View Summary

     クリフォード・チャタレイの分析に入る前段階として、前作『翼ある蛇』の主人公ケイト・レズリーの分析を終了した。 ロレンスが以前からケルト民族の「柔らかみ(softness)」に惹かれていたことに注目すると、ケイトを単にヨーロッパ人やイギリス人ではなくアイルランド人に設定した点は見過ごせない。『翼ある蛇』を‘soft’をキーワードに読み解くと、民族間の融合という大きなテーマの裏で個人と個人の交流を追求していたことが分かる。これが次作『チャタレイ夫人の恋人』の主題‘tenderness’に発展すると見做すことによって、一見溝があるかのように思われる一連の「指導者小説群」と『チャタレイ』の作者の視座が一貫したものだと分かる。『チャタレイ』では主人公コンスタンスをケルトの血を引くScottishに設定した。その夫クリフォードが病めるEnglandを、恋人メラーズが病気から回復するるEnglandを象徴することは歴然としている。然し、問題は余りにもクリフォードが「悪玉」然としていることである。G.Levineのように彼を「フランケンシュタイン」に準える論者もいれば、T.S.Eliotのようにこれを物語作成上の不備と考える論者もいる。これでは「人物が型に嵌るとその小説も死ぬ」と言ったロレンス自身の言葉に反することになる。 例えばクリフォードを『息子と恋人』のポール・モレルと比較してみる。すると無意識レベルでの「自己の肉体の破壊欲」が大地母神への男性の抵抗だと以前ロレンスが考え、描いていたことが浮き彫りになり、クリフォードも単にロレンスの思想上の攻撃目標ではなく、実体験に基いた「生きた」人間だと分かる。現在、この点でのevidenceをまとめ、論文執筆中。