Updated on 2022/11/29

写真a

 
OBINATA, Sumio
 
Scopus Paper Info  
Paper Count: 0  Citation Count: 0  h-index: 0

Citation count denotes the number of citations in papers published for a particular year.

Affiliation
Faculty of Letters, Arts and Sciences
Job title
Professor Emeritus

Education

  •  
    -
    1978

    Waseda University   Graduate School, Division of Letters  

  •  
    -
    1978

    Waseda University   Graduate School, Division of Letters  

  •  
    -
    1973

    Waseda University   Faculty of Literature  

Degree

  • 早稲田大学   文学修士

  • (BLANK)

  • 早稲田大学   博士(文学)

  • (BLANK)

Research Experience

  • 1999
    -
     

    Waseda University, Professor

  • 1996
    -
    1998

    Tokyo Metropolitan College, Professor

  • 1991
    -
    1995

    Tokyo Metropolitan Junior College of Commerce, Professor

  • 1986
    -
    1990

    Tokyo Metropolitan Junior College of Commerce, Assistant Professor

  • 1983
    -
    1985

    Tokyo Metropolitan Junior College of Commerce, Instructor

Professional Memberships

  •  
     
     

    早稲田大学史学会

  •  
     
     

    歴史教育者協議会

  •  
     
     

    歴史科学協議会

  •  
     
     

    日本史研究会

  •  
     
     

    歴史学研究会

 

Research Areas

  • Japanese history

Papers

  • 大学史資料センターのこれまでとこれから

    大日方純夫

    早稲田大学史記要   46   1 - 17  2015.03

  • 小野梓の米英留学—履歴事項の検証と確定—

    大日方純夫

    早稲田大学史記要   45   19 - 35  2015.03

  • 大学史資料センターの存在意義と東伏見移転

    大日方純夫

    早稲田大学史記要   45   1 - 18  2014.03

    CiNii

  • 東アジア史のなかの「領土」問題

    大日方純夫

    法学セミナー   ( 708 ) 36 - 37  2014.01

  • 維新政府の密偵

    大日方純夫

    本郷   ( 108 ) 21 - 23  2013.11

    CiNii

  • 日中韓3国の共同作業から見えてくるもの—『未来をひらく歴史』から『新しい東アジアの近現代史』へ—

    大日方純夫

    歴史学研究   ( 910 ) 2 - 10  2013.10

  • 書評「藤野豊『戦後日本の人身売買』」

    大日方純夫

    ジェンダー史学   9 ( 9 ) 103 - 106  2013.10

    CiNii

  • 東アジアにおける歴史和解—共通歴史書づくりの取り組みから—

    大日方純夫

    法と民主主義   No.481   27 - 33  2013.09

  • 書評「姫嶋瑞穂著『明治監獄法成立史の研究—欧州監獄制度の導入と条約改正をめぐって—』」

    大日方純夫

    法制史研究   62   188 - 193  2013.03

  • 大隈重信政府追放の真相を探る—「明治一四年の政変」再考—

    大日方純夫

    早稲田大学史記要   44   239 - 270  2013.02

    CiNii

  • 東京専門学校開校当時の国際交流—大隈重信とE・S・モース—

    大日方純夫

    早稲田大学史記要   44   1 - 6  2013.02

    CiNii

  • 歴史研究と歴史教育の共同

    大日方純夫

    歴史地理教育   ( 799 ) 18 - 23  2013.01

  • 首都東京における警視庁の地域支配

    大日方純夫

    部落問題研究   ( 203 ) 48 - 71  2013.01

  • 遠山史学における「自由民権」の位置

    大日方純夫

    歴史学研究   ( 895 ) 22 - 28  2012.08

  • 内務省の検閲と第二次世界大戦前日本の出版文化

    大日方純夫

    検閲・メディア・文学/新曜社     69 - 77  2012.03

  • 自由民権運動と明治一四年の政変

    大日方純夫

    講座明治維新4 近代国家の形成/有志舎     123 - 158  2012.03

  • 『慶應義塾史事典』『福沢諭吉事典』の完成に寄せて

    大日方純夫

    近代日本研究   ( 21 ) 257 - 272  2012.02

  • 「百五十年史」と早稲田大学の創立期

    大日方純夫

    早稲田大学史記要   43   1 - 14  2012.02

    CiNii

  • 南北朝正閏問題の時代背景

    大日方純夫

    歴史評論   ( 740 ) 4 - 17  2011.12

  • 近代日本の「大陸政策」の構造—台湾出兵問題を中心として—

    大日方純夫

    東北亜歴史論叢(韓国:東北アジア歴史財団)   ( 32 ) 143 - 182  2011.06

  • 「満都の悪少年」と警察-日露戦後の社会史

    大日方純夫

    青少年問題   ( 642 ) 12 - 17  2011.04

  • 発足五〇年—〈センター〉としての大学史資料センター

    大日方純夫

    早稲田大学史記要   42   1 - 15  2011.03

    CiNii

  • 国ではなく、国民のための近現代史教育

    大日方純夫

    戦争を知らない国民のための日中歴史認識/勉誠出版     149 - 168  2010.12

  • 日清戦争前後の日本政治における東アジア秩序の構想

    大日方純夫

    日清戦争期の韓国・中国・日本の政治戦略(韓国:東北アジア歴史財団)     176 - 247  2009.05

  • 教科書執筆者が考える歴史の教員養成

    大日方純夫

    歴史評論   ( 706 ) 37 - 46  2009.02

  • 日清戦後の社会と民衆—絵画から読む

    大日方純夫

    歴史地理教育   ( 735 ) 10 - 17  2008.10

  • 日本の近現代史をどう学ぶか

    大日方純夫

    生活教育   ( 714 ) 48 - 55  2008.05

  • 日本近代史研究の焦点—歴史教育からの問い、歴史教育への問い

    大日方純夫

    史海   ( 55 ) 24 - 36  2008.05

  • 生活革命としての明治維新

    大日方純夫

    歴史地理教育   ( 723 ) 16 - 23  2007.12

  • 警察行政と社会運動-相関関係と分析視角

    大日方純夫

    部落問題研究   181   107 - 122  2007.06

  • Historical consciousness and Japan, China and South Korea's shared history teaching materials

    Obinata Sum

    POLITICAL SCIENCE   58 ( 2 ) 3 - 13  2006.12  [Refereed]

     View Summary

    Relations between Japan, China and South Korea continue to be influenced by differing views of history. These diverse perceptions persist in part because of the different ways in which historical events are taught in each country. In 2005, however, a common history teaching resource, 'History to Open the Future - the modem history of Japan, China and South Korea' was published almost simultaneously in each of the three countries. This article, from one of the co-authors, elaborates on the rationale for the book, the process by which it came about, and the impact that the book has had on historical understanding among teachers, students and the general public.

  • 「帝国軍隊」の確立と「男性」性の構造

    ジェンダー史学   ( 2 ) 21 - 32  2006.10

  • 日中韓三国共通歴史教材づくりにおける議論点

    歴史科学   ( 185 ) 23 - 31  2006.08

  • 共通歴史教材をどうつくるのか

    東アジア共同体を設計する/日本経済評論社    2006.06

  • 早稲田大学の建学理念と教育

    私立大学の源流/学文社    2006.03

  • 『未来をひらく歴史』日中韓共同執筆の意義と課題

    日本の科学者   40 ( 12 ) 3 - 6  2005.12

  • 未来をひらく歴史—戦争認識の課題—

    平和教育   ( 69 ) 6 - 11  2005.12

  • 大隈重信と日本近代史のあいだ—大隈宛の手紙は何を語るか—

    早稲田大学史記要   37巻   63 - 87  2005.12

  • 日本社会の歴史認識の変化と教育の課題

    教育   2005年 ( 11 ) 38 - 45  2005.11

  • 日中韓3国で近現代史を共同執筆

    出版ニュース   ( 6月中旬号 ) 6 - 9  2005.06

  • 原敬のなかの「大隈重信」—二人の“政党政治家”の交錯—

    早稲田大学史記要   36巻  2004.12

  • 2003年の歴史学界—回顧と展望—近現代(一総説、四政治・外交2)

    史学雑誌   第113編 ( 5 )  2004.05

  • 宮島誠一郎の対外認識と対外活動—1880年前後の対清問題を中心に

    幕末維新期の情報活動と政治構想 宮島誠一郎研究/梓出版社    2004.03

  • 「伝統と文化」論議の問題視角

    歴史評論   No.647  2004.03

  • 「自由民権」をめぐる運動と研究—顕彰と検証の間

    自由民権   No.17  2004.03

  • 「日本人」はどうつくられたか

    日本の科学者   vol.38,No.9  2003.09

  • いま、自由民権運動をどう取り上げるか

    歴史地理教育   656号  2003.07

  • 岩崎允胤著『日本近代思想史序説 [明治期前篇]』上・下

    日本の科学者   vol.38,No.5  2003.05

  • 民衆の警察化—過去と現在

    法と民主主義   No.377  2003.04

  • 教科書から立ち現れる女性たちの姿—中学校新歴史教科書八点の分析—

    総合女性史研究   第20号  2003.03

  • 日本史・歴史教科書の争点 50問50答

    国土社    2003.02

  • 犬養毅と田中義一〈書でみる日本の歴史 第6回〉

    文人の眼   6  2003.01

  • 歴史認識と学力

    日本の科学者   vol.37,No.11  2002.11

  • 日本近現代史を問う

    学習の友社    2002.11

  • 第二次大隈内閣と山県有朋〈書でみる日本の歴史 第5回〉

    文人の眼   5  2002.11

  • 近代日本成立期研究の見取図

    歴史評論   No.631  2002.11

  • 台湾出兵と副島種臣〈書でみる日本の歴史 第2回〉

    文人の眼   2  2002.05

  • 家族論のゆくえ

    日本の科学者   vol,37,No.4  2002.04

  • 征韓論と木戸孝允〈書でみる日本の歴史 第1回〉

    文人の眼   1  2002.03

  • 上福岡市史 通史編下巻

    埼玉県上福岡市    2002.03

  • 最近の教科書問題と歴史学の課題

    日本歴史学協会年報   17  2002.03

  • 教科書問題と人権

    部落   680  2001.09

  • 歴史教育が担うべきもの

    歴史地理教育   626,pp.60-65  2001.07

  • 歴史を歪める天皇論と戦争責任問題

    徹底批判国民の道徳/大月書店    2001.06

  • 近代国家にとって犯罪とは何か

    木野評論   32,pp.130-137  2001.03

  • 日本現代史

    青木書店    2000.11

  • 検証『国民の歴史』 近代史からの解析

    季刊戦争責任研究   29,pp.10-17  2000.09

  • イギリスやアメリカは日本の朝鮮支配をどう見ていたか

    世界史から見た日本の歴史38話/文英堂   pp.260-267  2000.09

  • 国民国家をめぐる歴史研究の動向

    歴史教育・社会科教育年報/三省堂   pp.172-181  2000.08

  • 内務省社会局官僚と社会事業行政

    近代日本の経済官僚/日本経済評論社   pp.173-213  2000.06

  • 今、なぜ、『戦争論』なのか

    熊本歴史科学研究会会報   51,pp1-27  2000.06

  • 近代天皇制と三つの花

    歴史評論   602,pp.14-28  2000.06

  • 明治維新と日本の近代化

    徹底批判『国民の歴史』/大月書店   pp.205-215  2000.05

  • 警視庁統計書

    クレス出版   pp.1-10  2000.03

  • 明治新政府とキリスト教—諜者の動向を中心に

    早稲田大学大学院文学研究科紀要   45-4, pp.3-17  2000.02

  • 明治期の村落文書

    改訂新版古文書入門 下/河出書房新社   pp.137-170  2000.01

  • 近代史の研究動向の特徴とその問題点

    静岡県近代史研究   25, pp.1-20  1999.10

  • 歴史研究から見た日本とアジアの関係

    月刊社会教育   526,pp.6-13  1999.08

  • 君たちは戦争で死ねるか

    大月書店    1999.08

  • 明治建白書集成 第8巻

    筑摩書房    1999.07

  • 澤大洋著『都市民権派の形成』

    自由民権/町田市立自由民権資料館   12,pp.107-112  1999.03

  • 黒船の衝撃,世界の中の明治維新

    日本20世紀館/小学館    1999.02

  • 近代史の研究動向の特徴と問題点

    静岡県近代史研究会第21回総会    1998.10

  • 過去を未来にどう架橋するか

    歴史地理教育   585,pp.28-37  1998.10

  • 国民の戦争認識・近現代史論争と教科書裁判

    家永教科書裁判のすべて/民衆社   pp.99-106  1998.08

  • 百年前の「一国の首都」東京—その歴史的成り立ち

    東京都立短期大学特定研究報告書   pp.81-89  1998.03

  • 上福岡市史 近代資料編

    埼玉県上福岡市    1998.03

▼display all

Books and Other Publications

  • 維新政府の密偵たち

    大日方純夫

    吉川弘文館  2013.10 ISBN: 9784642057684

  • 日本社会の歴史 下 近代〜現代

    大日方純夫ほ

    大月書店  2012.11 ISBN: 9784272520978

  • 自由民権期の社会

    大日方純夫

    敬文舎  2012.10 ISBN: 9784906822027

  • 警察 近代ヨーロッパの探究13

    林田敏子, 大日方純夫編著

    ミネルヴァ書房  2012.01 ISBN: 9784623061235

  • 日本近現代史を読む

    大日方純夫ほ

    新日本出版社  2010.01

  • ジェンダー視点から戦後史を読む

    米田佐代子, 大日方純夫, 山科三郎編

    大月書店  2009.12

  • “新しい内務省史”構築のための基礎的研究

    大日方純夫

    (科学研究費補助金研究成果報告書)  2008.03

  • 近現代史考究の座標

    大日方純夫

    校倉書房  2007.08

  • 男性史 全3巻

    大日方純夫, 阿部恒久, 天野正子編

    日本経済評論社  2006.12

  • 講座戦争と現代3 近代日本の戦争をどう見るか

    大日方純夫, 山田朗編

    大月書店  2004.02

  • 日本家族史論集13 民族・戦争と家族

    大日方純夫編

    吉川弘文館  2003.05

  • はじめて学ぶ日本近代史 下

    大日方純夫

    大月書店  2003.03

  • 日本家族史論集2 家族史の展望

    大日方純夫編

    吉川弘文館  2002.06

  • はじめて学ぶ日本近代史 上

    大日方純夫

    大月書店  2002.03

  • 近代日本の警察と地域社会

    大日方純夫

    筑摩書房  2000.04

  • 警察の社会史

    大日方純夫

    岩波書店  1993

  • 日本近代国家の成立と警察

    大日方純夫

    校倉書房  1992

  • 自由民権運動と立憲改進党

    大日方純夫

    早稲田大学出版部  1991

  • 天皇制警察と民衆

    大日方純夫

    日本評論社  1987

▼display all

Research Projects

  • Local Historic Research on the Social Status, the Marginal Status and Buraku Problem

    Project Year :

    2009.04
    -
    2013.03
     

     View Summary

    We set the four areas for the research; namely “megalopolis Osaka and its surrounding areas”, “areas in western Japan”, “traditional capital Kyoto and its surrounding areas”, “megalopolis Tokyo and its surrounding areas”. The research has clarified the change of social structures in those areas. The research has deepened the study on the social status and the marginal status. The formation, development and the actual process of solution of “Buraku problem” has been clarified substantially, and the progress in the structure of local control has been studied. In addition, the research has developed the historical study on “iki-daore”, the dead or the sick on the street, in modern days

  • Local Historic Research on the Social Status, the Marginal Status and Buraku Problem

    Project Year :

    2009
    -
    2012
     

     View Summary

    We set the four areas for the research; namely “megalopolis Osaka and its surrounding areas”, “areas in western Japan”, “traditional capital Kyoto and its surrounding areas”, “megalopolis Tokyo and its surrounding areas”. The research has clarified the change of social structures in those areas. The research has deepened the study on the social status and the marginal status. The formation, development and the actual process of solution of “Buraku problem” has been clarified substantially, and the progress in the structure of local control has been studied. In addition, the research has developed the historical study on “iki-daore”, the dead or the sick on the street, in modern days.

  • A Sociological inquiry in a Positivistic View into Social Integration Theory and Its Practical Logic Applicable in Japanese Socio-Cultural Context of 'Risk Society'

    Project Year :

    2009
    -
    2011
     

     View Summary

    Japanese society, a highly modernized society, is assumed to be a risk society, and thus this study aims to investigate in a positivistic view problematics produced in social and/or community acceptance of others under the risk society surroundings. This sociological study tries in particular to explicate theoretically a current socio-cultural contexts of a risk society in which social diversification due to lack of the acceptance is intensified, the sociological investigation which aims to approach to the problematics in the concepts of 'politicization and sub-politicization' shown in the U. Becik's argument of reflexive modernization. It is performed in the three years-process : in the first year, it fully summarizes, to construct working hypotheses for a social survey, the previous studies concerning the social acceptance and the risk society and reflexive modernization ; in the second year, we constructed a questionnaire to prove hypotheses, and executed a web survey on the people's value concern ; and in the third year, we tried to construct a theory of the social or the community acceptances of others or constructs troublesome to community by studying the result of the survey, and we explicated among others a type of causal relation of traditional community relations to a positive understanding and acceptance of others in society or a community.

  • Studies of East Asian Community with Reference to the Legacy of Empires

    Project Year :

    2006
    -
    2009
     

     View Summary

    Our project has contributed to scholarly investigations on East Asian Community in terms of the collection of historical materials on "Asianism" in postwar Japan, the promotion of mutual historical understandings between Japan and Korea, and the development of new methodologies for Asian Studies. The Construction of the database of Japan Socialist Party documents, the publication of three volume bulletins on "Historical Recognition in Japan and Korea," and three volume book series "Ajiagaku no susume (Introduction to Asian Studies)" are the examples of our accomplishments.

  • Baseline Study for the Formulation of the New History of the Home Ministry

     View Summary

    Although the Home Ministry was a key national organization in the pre-World War II period in Japan, researches have scarcely been made to grasp the whole picture of the organization. In order to overcome such a situation and formulate the new history of the Home Ministry, this study promoted the baseline research of the organization mainly during 1910s to 40s when the Home Ministry and internal affairs were reorganized and transformed.Through two years of study, the following results were achieved. First, with the object of grasping the status of research on the Home Ministry and internal affairs, relevant books and articles were investigated, which were cataloged under the categories of general administration, officials, local administration, police administration, social administration, public health administration, shrine (religious) administration, public works administration, air defense administration, and overseas territories/borders, and the preparation for Web publication (preliminary version) was completed. Secondly, in order to collect the personnel data of the Home Ministry officials, the database of personnel information of officials Who worked at the headquarters of the Home Ministry from 1887(Meiji 20) to 1943(Showa 18) were established based on the directory of government officials that the Cabinet issued, and the preparation for Web publication was completed. Thirdly, a research for historical sources, especially which central and other organizations own, was promoted with the aim of grasping the whereabouts of historical materials relating to the Home Ministry and internal affairs. Personal history data at the Modern Japanese Political History Materials Room at the National Diet Library were particularly photocopied and collected to prepare a baseline for full-scale research. The whereabouts of the historical materials issued by the department of social affairs were researched and the list was made. Fourth, the〈new history of the Home Ministry〉study group was organized mainly with doctorate students, which deepened the research through fourteen study meetings and proceeded with cataloging of research literature and establishment of personnel data. Lecturers were invited from outside four times to obtain specialist knowledge on the baseline study. Fifth, documents about Hoichi Nakano, a Home Ministry official (local official) during the Taisho to the beginning of Showa Period, were obtained in the course of the study. By organizing and interpreting the documents, a new historical material was added to the study of the Home Ministry officials and internal affairs. Through the process above, the specific baseline for the formulation of the new history of the Home Ministry was solidified

Presentations

  • 女性史・ジェンダー史、そして男性史

    第二回東アジア人文学フォーラム 

    Presentation date: 2010.12

  • 近代日本の軍事的編成と「男性」性の構造

    第二回東アジア人文学フォーラム 

    Presentation date: 2010.12

Specific Research

  • 内務省社会局官僚と社会行政の展開

    1999  

     View Summary

     社会局とは、第一次世界大戦後の社会問題の深刻化、社会運動の高まりに対応して設置された内務省の一部局であり、内務行政が社会行政に本格的に進出したことを明確に示す特徴的な機構であった。本研究では、この内務省社会局にあって社会事業の推進にあたった官僚たちを検討の俎上にのせ、官僚としての基本性格とその政策構想を探ることを課題とした。研究にあたっては、まず、基本史料の調査・収集を重点的にすすめ、国立国会図書館憲政資料室所蔵「大野緑一郎関係文書」、法政大学大原社会問題研究所所蔵「協調会文庫」などに含まれる社会局関係史料、とくに救貧法制の立法化に関係する基礎史料を調査・収集した(「救貧法問題資料」「救護法案」「救護法案資料」「救護法沿革資料」「公救護法案」「公救護法参考書」など)。また、山崎巌・灘尾弘吉などを中心とする社会事業官僚の著作の調査を実施し、著書をはじめ、『社会事業』『社会政策時報』『斯民』などの雑誌に掲載された論策を収集した。さらに、官僚たちの談話・回想類の収集にもつとめた。そのうえで、人事関係の資料にもとづいて社会局の全般的官僚配置をおさえつつ、収集史料に依拠して社会事業官僚の位置に検討を加え、その性格を探った。つづいて、山崎・灘尾という二人の官僚に注目して社会事業官僚の政策構想を探りつつ、1920年代半ばから30年代にかけての社会事業行政の展開方向を見通した。とくに山崎については、著書『救貧法制要義』に即して救護法にかけた社会事業行政の構想を検討し、西欧における救貧の理念・現実と、日本における救貧の伝統・現実をどのようにみていたのか、そして、いかなる救貧システムを導入しようとしたのかに分析を加えた。また、灘尾については、著書『社会事業行政』などを主たる素材としながら、戦時体制下の社会事業のあり方を展望した。

Overseas Activities

  • 近現代における都市社会史の比較研究

    2007.04
    -
    2008.03

    イギリス   ロンドン大学