十重田 裕一 (トエダ ヒロカズ)

写真a

所属

文学学術院 文化構想学部

職名

教授

兼担 【 表示 / 非表示

  • 文学学術院   大学院文学研究科

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1990年04月
    -
    1993年03月

    早稲田大学   文学研究科   博士後期課程 日本文学専攻  

  • 1987年04月
    -
    1990年03月

    早稲田大学   文学研究科   修士課程 日本文学専攻  

  • 1983年04月
    -
    1987年03月

    早稲田大学   第一文学部   日本文学専修  

学位 【 表示 / 非表示

  • 早稲田大学   修士(文学)

  • 早稲田大学   博士(文学)

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2003年04月
    -
    継続中

    早稲田大学文学部 教授

  • 1998年04月
    -
    2003年03月

    早稲田大学文学部 助教授

  • 1993年04月
    -
    1998年03月

    大妻女子大学短期大学部 専任講師

  • 1991年04月
    -
    1992年03月

    早稲田大学 助手

所属学協会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     

    日本比較文学会

  •  
     
     

    日本文体論学会

  •  
     
     

    早稲田大学国文学会

  •  
     
     

    昭和文学会

  •  
     
     

    日本文学協会

全件表示 >>

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 日本文学   日本近代文学

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 比較文学

  • 日本文学

  • 国文学

論文 【 表示 / 非表示

  • 占領期メディア検閲と横光利一『旅愁』 : プランゲ文庫所蔵の校正刷からの照明

    十重田裕一

    文学(岩波書店)   17 ( 6 ) 276 - 290  2016年11月  [招待有り]

  • Japanese Literature and Cinema from the 1910s to the 1950s

    Hirokazu Toeda, Haruo Shirane, Suzuki Tomi

    Cambridge History of Japanese Literature, Cambridge University Press     692 - 701  2016年  [査読有り]

  • せめぎ合う占領期事前検閲と改造社文芸出版 : 一九四五-四六年・横光利一『旅愁』を中心に (特集 発禁・検閲・自主規制)

    十重田裕一

    日本文学(日本文学協会)   64 ( 11 ) 54 - 64  2015年11月  [査読有り]

  • 二〇一四年秋、パリ、川端康成国際シンポジウム

    十重田裕一

    日本近代文学(日本近代文学会)   ( 92 ) 153 - 158  2015年05月  [査読有り]

  • 松本清張と新聞小説 (特集 清張と新聞)

    十重田裕一

    松本清張研究(北九州市立松本清張記念館)   ( 16 ) 30 - 41  2015年03月  [査読有り]

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 戦後日本文化再考

    坪井秀人 編( 担当: 共著,  担当範囲: 民間情報教育局の調査対象になった文芸雑誌と占領期検閲をめぐる序説)

    三人社  2019年10月 ISBN: 9784866912295

  • 「言論統制」の近代を問いなおす 検閲が文学と出版にもたらしたもの

    金ヨンロン, 尾崎名津子, 十重田裕一編( 担当: 共編者(共編著者))

    花鳥社  2019年07月

  • 東京百年物語3 一九四一〜一九六七

    ロバート・キャンベル, 十重田裕一, 宗像和重

    岩波書店  2018年12月

  • 東京百年物語2 一九一〇〜一九四〇

    ロバート・キャンベル, 十重田裕一, 宗像和重( 担当: 編集,  担当範囲: 解説)

    岩波書店  2018年11月

  • 東京百年物語1 一八六八〜一九〇九

    ロバート・キャンベル, 十重田裕一, 宗像和重

    岩波書店  2018年10月

全件表示 >>

Misc 【 表示 / 非表示

  • 〈書評〉黒田大河著『横光利一とその時代 モダニズム・メディア・戦争』

    十重田裕一

    昭和文学研究(昭和文学会)   ( 76 ) 234 - 236  2018年03月

  • 〈書評〉中村三春編著『映画と文学――交錯する想像力』

    十重田裕一

    映像学(日本映像学会)   ( 99 ) 82 - 85  2018年01月

  • 〈報告〉【特集1】 日本文学研究と越境、学際化、国際化――2017年の現在地 SGU国際日本学拠点の二〇一七年度上半期の活動

    十重田裕一, 金ヨンロン, 松本弘毅

    リポート笠間(笠間書院)   ( 63 ) 9 - 11  2017年11月

  • 〈座談会〉 東京の文学、文学の東京 (特集 東京の文学)

    十重田裕一

    文学(岩波書店)   17 ( 6 ) 2 - 25  2016年

  • 〈書評〉日高昭二著『占領空間のなかの文学―痕跡・寓意・差異』

    十重田裕一

    神奈川大学評論   ( 80 ) 156  2015年

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 「次代の中核研究者」(Key Researcher、~2019年3月)

    2014年04月   早稲田大学  

    受賞者: 十重田 裕一

  • 第6回松本清張研究奨励事業入選

    2004年  

    受賞者: 十重田 裕一

  • 窪田空穂賞

    1994年  

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 「法と文学」理論を日本近現代文学に応用するための基礎的研究:東京裁判を中心に

    特別研究員奨励費

    研究期間:

    2018年11月
    -
    2021年03月
     

    十重田 裕一, KIM YOUNG LONG

    担当区分: 研究代表者

     概要を見る

    研究を開始する初年度の課題は、日本近現代文学における東京裁判に関連する研究資料の収集及び整理であった。そのため、戦争裁判関係の研究会に参加するなど、資料を集めるためのネットワークを構築する一方で、特別研究員は、個別テクストの分析を行い、論文として発表している(10.研究発表を参考)。東京裁判と文学の試論ともいうべき本論考では、木下順二の『神と人とのあいだ』を手掛かりに、文学に戦争裁判を甦らせる契機を探ったものである。2018年度は、本作をはじめ、戦争裁判を描いた戯曲が次々へと舞台化された特記すべき年であった。新国立劇場開場20周年記念で朝鮮人BC級戦犯を描いた鄭義信の『赤道の下のマクベス』 が同年3月に、井上ひさしの東京裁判三部作の一作目として知られている『夢の裂け目』 が同年6月に舞台化されたのである。2018年に戦争裁判を正面から扱った数少ない文学作品が同時に舞台に甦られたという、このタイムリーな状況において、なぜ木下は1970年代に東京裁判を書いたのか(どのような同時代状況がそのような文学作品を生む土台となったのか)、それからだいぶ時間が経過した現在、舞台を前にした読者はどのような解釈へ導かれるか、また、本研究の中心的問いであった、裁判の速記録(法の言葉)を戯曲(文学の言葉)にしたことの意味、方法論などが論文のなかで追及された。
    共同研究の成果としては、ロバート キャンベル、十重田裕一(受入研究者)、宗像和重編『東京百年物語』(全三巻、岩波書店、2018年10月-12月)の刊行に際して、特別研究員は編集協力と梗概執筆を行なった。
    以上、当初予定していた2年間より1年半も研究期間が短縮されたため、研究成果は限られるが、研究は順調に開始し、これから継続していくうえで土台となる重要な視座を得ることができた。

  • 日本文化に現れる日常の描写におけるジェンダー・セクシュアリティの可能性

    特別研究員奨励費

    研究期間:

    2018年07月
    -
    2021年03月
     

    十重田 裕一, TING GRACE

    担当区分: 研究代表者

     概要を見る

    Since her arrival, the fellow has completed several academic articles related to her first book manuscript, as well as additional research using the library at Waseda University and other resources in the Tokyo area.
    <BR>
    Her article “The Disgust and Desire of Sweets: Consuming Femininities through Shojo Manga,” forthcoming in 2019 in the U.S.-Japan Women’s Journal, uses analyses of gendered Japanese popular culture to contribute to understandings of the relationship between food, femininities, and feminisms. Another article, titled “Ekuni Kaori’s Tears in the Night: The Brilliance of Queer Readings for Contemporary Japan,” is forthcoming in 2021 in the Journal of Japanese Studies and argues for the reevaluation of Japanese women writers as one way to challenge the “end of Japanese literature” narratives of the late 20th century and early 21st century.
    <BR>
    In addition to these publications, she has given academic talks related to her research in Japan and in the United States. In October 2018 at Kanagawa University, she presented on “‘Lesbian’ Representation in Japanese Media,” discussing forms of female homoeroticism and homosociality found across multiple genres in Japanese popular culture. In March 2019, as part of the Yanai Initiative Symposium titled The Woman in the Story, she presented a paper titled “Waseda Bungaku’s ‘Women’s Issue’: Transnational Feminist Encounters in the Twenty-First Century,” which dealt with forms of academic and popular feminism found in a special issue of female contributors.

  • 民間情報教育局(CIE)で調査対象となった文芸雑誌・総合雑誌の検閲の国際的研究

    基盤研究(C)

    研究期間:

    2018年04月
    -
    2021年03月
     

    十重田 裕一

    担当区分: 研究代表者

     概要を見る

    本年度は、民間情報教育局(CIE)の調査対象となった文芸雑誌・総合雑誌における、GHQ/SCAP(General Headquarters/Supreme Commander for the Allied Powers、連合国軍最高司令官総司令部)の検閲に関連する資料の収集を中心に行った。特に力を注いだのは、Survey of Selected Japanese Newspapers and Magazines(1948)に掲載されている文芸雑誌の三誌『近代文学』『新日本文学』『人間』に関連する資料の収集である。国内外の研究機関での調査を実施し、予定していた研究は順調に進み、当初の研究目的を達成できた。研究成果の中間報告として、数ある文芸雑誌の中で『新日本文学』『近代文学』『人間』が調査対象となった理由を考察し、論文「民間情報教育局の調査対象になった文芸雑誌と占領期検閲をめぐる序説」(坪井秀人編『戦後日本文化再考』三人社、2019年)を執筆した。本論文を含む論文集が、2019年度内に出版される予定である。今後は、『新日本文学』『近代文学』『人間』の三誌について、現存する検閲調書や校正刷と書き換えられた本文の検証を引き続き行いながら、Survey of Selected Japanese Newspapers and Magazinesと文学の検閲についての考察を継続していく。それにより、占領期の言論統制において文芸の占める割合がいかに大きく、いかなる表現が規制の対象となったかを検証し、占領期のアメリカ軍によるメディア検閲と日本文学との関連に新たな照明を当てる。さらに、横光利一とGHQ検閲に関する論考を含む著書『あるモダニストの光と影 横光利一の大正・昭和時代』(岩波書店)、坂口安吾とGHQ検閲との関連をまとめた文章を含む共編著『坂口安吾大事典』(勉誠出版)の出版の準備を進めた。

  • Nervous Systems: Japanese Modernism in the Realm of the Senses, 1920-1939

    研究期間:

    2019年09月
    -
    2020年09月
     

    十重田裕一, WARD Chelsea

    担当区分: 研究代表者

  • 共同研究「松本清張文学のメディアミックスに関する基礎的研究」

    研究期間:

    2019年
    -
    2020年
     

    研究代表者:志村三代子、研究分担者:斉藤綾子、十重田裕一

    担当区分: 研究分担者

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • Constructing a Portrait of the Literary God: Media and Literary Authors in Japan, 1920s-1940s

    Hirokazu Toeda

    International Symposium/Workshop in Japanese Literary and Visual Studies, Columbia University  

    発表年月: 2020年02月

  • The Light and Shadow of Matsumoto Seichō: Mass Media and Literature in Japan's Era of Rapid Economic Growth

    Hirokazu Toeda

    Matsumoto Seichō: Media,Adaptation, and Middlebrow Literature, UCLA  

    発表年月: 2020年02月

  • Tokyo as Protagonist: Stories of the City

    Hirokazu Toeda

    Workshop: Rethinking the Cultural Cartographies of Tokyo in Japanese Media, The University of British Columbia  

    発表年月: 2020年01月

  • Japanese Literature and Two Systems of Press Control: The Intersection of Home Ministry and GHQ/SCAP Censorship During the Occupation Period”

    Hirokazu Toeda  [招待有り]

    (The University of British Columbia) 

    発表年月: 2017年09月

  • 占領期メディア規制と出版文化 プランゲ文庫と岩波書店での調査を中心に

    十重田裕一, 尾崎名津子, 塩野加織

    第13回国際日本文化研究センター「戦後日本文化再考」   (立教大学) 

    発表年月: 2017年06月

全件表示 >>

特定課題研究 【 表示 / 非表示

  • 横光利一・川端康成を中心とする新感覚派文学研究の国際的基盤形成

    2019年  

     概要を見る

     「横光利一・川端康成を中心とする新感覚派文学研究の国際的基盤形成」に関わる2019年度の研究成果は、主に以下の国際シンポジウム・ワークショップにおける3つの国際発表である。 第1は、2020年1月31日に開催されたカナダ・バンクーバーのブリティッシュ・コロンビア大学での発表である。ここでは、川端康成の創作と日本の首都・東京との関連を歴史的・文化的視点から考察した。第2は、2020年2月14日に開催された米国・ロサンゼルスのカリフォルニア大学ロサンゼルス校での発表である。ここでは、松本清張の文学を高度経済成長期の日本文学と映画・テレビドラマ化のアダプテーションの観点から分析する際に、川端康成との比較・対照を行った。第3は、2020年2月28日に開催された米国・ニューヨークのコロンビア大学での発表である。ここでは、研究費で購入した資料を活用しながら、横光利一の作者性を歴史的・文化的視点から考察した。この発表は論文としてまとめ、2021年刊行予定の論文集に収録する予定である。 以上、2019年度の特定課題研究費を活用し、海外での発表を3回実施することで、横光利一・川端康成を中心とする新感覚派文学研究の国際的基盤を形成し、国内外の第一線の研究者と交流したことが大きな収穫となった。

  • 新感覚派時代を中心とする横光利一の国際的研究の展開

    2017年  

     概要を見る

     2004年4月から2005年3月まで、早稲田大学で特別研究期間を取得し、4〜6月には中華人民共和国の北京日本学研究センターに研究員として滞在し、研究に従事した。その後、8〜9月、2005年2〜3月にはフランス共和国に滞在、パリ第7大学に所属し研究を推進した。2005年3月には、アメリカ合衆国・コロンビア大学のドナルド・キーンセンターで招待講演を行うと同時に、同大学の教授陣、大学院生らと親交を深めた。研究期間中、アジア・欧洲・北米で研究活動を展開し、世界各国の多くの研究者との実りある学術交流を通じて、日本文学研究の国際化の基盤をつくることができたのが最大の収穫であった。

  • 横光利一の1930-40年代と二つのメディア検閲の総合的研究

    2016年  

     概要を見る

     本研究は、横光利一の1930-40年代と二つのメディア検閲との関連を総合的に研究することを目的として計画された。二つのメディア検閲とは、明治時代から第二次世界大戦敗戦まで帝国日本で実施された内務省の検閲と、アメリカ軍によって占領期に行なわれたGHQ/SCAP(General Headquarters/Supreme Commander for the Allied Powers 連合国軍最高司令官総司令部)の検閲である。横光利一が1930-40年代に発表した著作と同時代のメディア規制との関連を、内務省・GHQ/SCAPの資料調査と本文の校合を行うことで総合的に解明するべく、この作家の代表作『旅愁』を対象に研究を実施した。メリーランド大学プランゲ文庫における調査で得られた新資料を活用しながら、横光利一とメディア規制とのかかわりを内務省とGHQ/SCAPという、二つの異なる検閲との関連から総合的に分析する基盤をつくるべく、岩波文庫『旅愁』上巻・下巻を2016年8月、9月に刊行した。上巻には、研究成果の一部となる「解説」を執筆した。その後、学術論文を雑誌『文学』(岩波書店、2016年11月)に発表した。

  • 占領期の川端康成の文学的活動とメディア検閲

    2014年  

     概要を見る

     2014年9月17、18日の2日間にわたり、フランス共和国の首都・パリで川端康成の国際シンポジウムが開催された。この国際シンポジウムを、セシル坂井氏(パリ・ディドロ第7大学)、和田博文氏(東洋大学)、紅野謙介氏(日本大学)、マイケル・ボーダッシュ氏(シカゴ大学)とともに企画した。シンポジウムのタイトルは「川端康成21世紀再読―—モダニズム、ジャポニズム、神話を越えて」(Relire Kawabata au 21esiècle - modernisme et japonisme au-delà des mythes)である。十重田は、「占領期言語統制下の創作と出版活動」と題する研究発表において、アメリカ軍による占領終了前後に見られた錯綜するメディア規制と川端の小説との関連を考察した。&nbsp;

  • 横光利一直筆原稿の総合的研究

    2008年  

     概要を見る

    2008年度単年度の研究期間で重視したのは、横光利一の直筆原稿の蒐集と閲覧を通じて、これまで行ってきた当該研究テーマをより発展させる基盤をつくることであった。いくつかの図書館で調査を行うと同時に、横光利一の原稿(書簡)を購入するなど、その成果は十分に達成することができた。また、これまで調査をした横光利一の直筆原稿の見直しもあわせて行い、研究課題にかかげた「総合的」な研究としてまとめるべく、調査と考察を進めた。そうすることで得た成果の公表は、2009年度から2010年度にかけて行う予定である。すでに準備を整え、日本近代文学の直筆原稿を総合的に検討する研究会での報告を経た後に、学術論文としてまとめる段取りがついている。本格的な研究成果の公表は2009年度以降となるものの、2008年度中にも、関連する研究成果を公にしている。その一つが、「1926年、文学と映画との遭遇」(『比較文学研究』、東大比較文学会、2008年11月)である。横光利一に関するこの論文は、2008年5月にアメリカ合衆国のコロンビア大学(キーンセンター)、ハーバード大学(ライシャワーセンター)での講演をもとに学術論文としてまとめたものである。なお、発表は次年度になるが、すでに校正を終えている研究論文に、「メディアに映し出される〈文学の神様〉の欧州紀行――一九三六年、横光利一の外遊とその報道をめぐって――」(『横光利一 欧洲との出会い――「歐洲紀行」から「旅愁」へ――』、おうふう、2009年5月刊行予定)がある。この論文では、横光利一の欧州旅行での手帳を参照し、新聞・雑誌などのマス・メディアに掲載された横光をめぐる言説を考察しながら、彼の外遊とその報道について検討している。

全件表示 >>

海外研究活動 【 表示 / 非表示

  • 日本文学の国際共同研究の展開

    2019年03月
    -
    2020年03月

    アメリカ合衆国   カリフォルニア大学ロサンゼルス校

    アメリカ合衆国   スタンフォード大学

    アメリカ合衆国   ペンシルベニア州立大学

    カナダ   ブリティッシュ・コロンビア大学

    アメリカ合衆国   コロンビア大学

  • モダニズム文学の研究

    2004年04月
    -
    2005年03月

    フランス   パリ第7大学

    アメリカ   コロンビア大学

    中国   北京大学

 

現在担当している科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

 

委員歴 【 表示 / 非表示

  •  
     
     

    早稲田大学国文学会  評議委員

  •  
     
     

    日本比較文学会  編集委員、編集実務委員

  •  
     
     

    日本文体論学会  理事、常任理事、編集委員

  •  
     
     

    昭和文学会  常任幹事、幹事、編集委員、会務委員

  •  
     
     

    日本文学協会  委員、運営委員

全件表示 >>