Updated on 2022/05/25

写真a

 
WATANABE, Hiroshi
 
Affiliation
Faculty of Science and Engineering, School of Fundamental Science and Engineering
Job title
Professor
Profile
Hiroshi Watanabe received his B.E., M.E. and Ph.D. degrees from Hokkaido University, Japan, in 1980, 1982 and 1985, respectively. He joined Nippon Telegraph and Telephone Corporation (NTT) in 1985, and was engaged in the research and development of image and video coding system at NTT Human Interface Labs. and NTT Cyber Space Labs. until 2000. He has been involved with the development of JPEG, MPEG standards under JTC 1/SC 29. In 2000, He moved to Waseda University as a Professor at the Graduate School of Global Information and Telecommunication Studies. He is currently a professor at the Department of Communications and Computer Engineering, School of Fundamental Science and Engineering. He served as an ISO/IEC JTC 1/SC 29 Chairman from November 1999 to 2006. He was an associate editor of IEEE Transactions of Circuits and Systems for Video Technology as well as Communications. His research interests include image and video processing, video coding, and multimedia distribution. He is a member of a steering committee of PCSJ. He is a member of IEEE, IEICE, IPSJ, ITE and IIEEJ.

Concurrent Post

  • Faculty of Science and Engineering   Graduate School of Fundamental Science and Engineering

  • Affiliated organization   Global Education Center

Research Institute

  • 2020
    -
    2022

    理工学術院総合研究所   兼任研究員

  • 2020
    -
    2022

    国際情報通信研究センター   兼任研究員

Education

  • 1980.04
    -
    1985.03

    Hokkaido University   Graduate School, Faculty of Engineering   Electronic Engineering  

  • 1976.04
    -
    1980.03

    Hokkaido University   Faculty of Engineering   Electronic Engineering  

Degree

  • Hokkaido University   Doctor of Engineering

  • 北海道大学   工学博士

Research Experience

  • 2013.04
    -
     

    Waseda University, School of Fundamental Science and Engineering   Dept. of Communications and Computer Engineering   Professor

  • 2001.04
    -
    2013.03

    Waseda University, Graduate School of Global Information and Telecommuniaction Studies   Professor

  • 2000.09
    -
    2001.03

    Waseda University, Global Information and Telecommunication Institute   Professor

  • 1995.04
    -
    2000.09

    NTT Human Interface Laboratories   Senior Research Engineer, Supervisor

  • 1991.03
    -
    1994.03

    NTT Human Interface Laboratories, Senior   Distinguished Senior Research Engineer

  • 1990.06
    -
    1991.05

    Bell Communications Research   Visiting Researcher

  • 1987.04
    -
    1989.03

    NTT Human Interface Laboratories   Senior Research Engineer

  • 1987.04
    -
    1989.03

    NTT Human Interface Laboratories   Dept. of Visual Communication   Research Engineer

  • 1985.04
    -
    1987.03

    NTT Yokosuka Electrical Communication   Dept. of Visual Communication   Researcher

▼display all

Professional Memberships

  •  
     
     

    IEEE (The Institute of Electrical and Electronic Engineers)

  •  
     
     

    画像電子学会

  •  
     
     

    映像情報メディア学会

  •  
     
     

    情報処理学会

  •  
     
     

    画像符号化シンポジウム

  •  
     
     

    IEEE Circuits and Systems Society

  •  
     
     

    電子情報通信学会

  •  
     
     

    電子情報通信学会

  •  
     
     

    画像電子学会

  •  
     
     

    映像情報メディア学会

▼display all

 

Research Areas

  • Database

Research Interests

  • Information technology, Communication Engineering

Papers

  • Improvement of Feature Representation in Clustering of Manga Character Faces

    H. Yanagisawa, K. Kyogoku, R. Jain, H. Watanabe

    FIT2019   H-029  2019.09

  • Land Cover Classification and Change Detection Analysis of Multispectral Satellite Images Using Machine Learning

    SPIE Remote Sensing 2019, Image and Signal Processing for Remote Sensing XXV   11155-56  2019.09

  • Hand Joints Detection on Noisy Hand Poses Using Variational Autoencoder

    Khin Sabai Htwe, Takaaki Ishikawa, Hiroshi Watanabe

    The 6th IIEEJ International Conference on Image Electronics and Visual Computing (IEVC 2019)   4B-2  2019.08

  • A Study on 3D Reconstruction from Omnidirectional Movie and Registration Method

    Y. Kato, J. Hawa, H. Watanabe

    ITE Annual Conference   34B-3  2019.08

  • Image Quality Improvement of Sequential Images by Different Combination Orders of Learning-based and Reconstruction-based Super Resolution

    T. Hori, Y. Kato, H. Watanabe

    ITE Annual Conference   32B-1  2019.08

  • A Study on Sport Scene Matching

    R. Osawa, T. Ishikawa, H. Watanabe

    ITE Annual Conference   31C-3  2019.08

  • Deep Learning Based Speaker Recognition System

    ITE Annual Conference   13B-1  2019.08

  • Analyzing Hand Action Recognition using Spatial Temporal Graph Convolutional Networks (ST-GCN)

    ITE Annual Conference   11B-3  2019.08

  • Application of Omnidirectional Video to LSD-SLAM by Image Conversion and Alignment

    Y. Kato, J. Hara, H. Watanabe

    情報処理学会オーディオ・ビジュアル複合情報処理(AVM)研究会   AVM105, No.14, pp.1-4  2019.06

  • Feature Extraction of Point Cloud for Noise Shaping of Point Cloud

    H. Akatsuka, J. Hara, H. Watanabe

    情報処理学会オーディオ・ビジュアル複合情報処理(AVM)研究会   AVM105, No.13, pp.1-4  2019.06

  • Classification of Signal Japanese Character with Pose Estimation and Machine Learning

    H. Kobayashi, T. Ishikawa, H. Watanabe

    IEICE General Conference   D-12-62  2019.03

  • Basic Study on Lip Reading for Japanese Speaker by Machine Learning

    R. Asami, T. Ishikawa, H. Watanabe

    IEICE General Conference   D-12-61  2019.03

  • Creation of Reference Model of Multiple Dancers Using Machine Learning

    K. Inada, T. Ishikawa, H. Watanabe

    IEICE General Conference   D-12-60  2019.03

  • Alignment for Skeleton Coordinated Data Obtained from Sports Video

    S. Yokoi, T. Ishikawa, H. Watanabe

    IEICE General Conference   D-12-59  2019.03

  • Generation of Wagashi Images by GAN and Its Evaluation

    Y. Oyama, H. Watanabe

    IEICE General Conference   D-12-40  2019.03

  • A Study on Feature Extraction of Point Cloud

    H. Akatsuka, J. Hara, H. Watanabe

    IEICE General Conference   D-12-39  2019.03

  • Detection of Corresponding Lines from Omnidirectional Images

    T. Aoki, J. Hara, H. Watanabe

    IEICE General Conference   D-12-36  2019.03

  • 3D Reconstruction from Omnidirectional Video Using LSD-SLAM

    Y. Kato, J. Hara, H. Watanabe

    IEICE General Conference   D-12-35  2019.03

  • Sign Language Analysis with Monocular RGB Camera

    T. Yanagisawa, T. Ishikawa, H. Wataneb

    IEICE General Conference   D-12-34  2019.03

  • Content-Independent Speaker Recognition System based on Neural Networks

    H. Song, H. Watanabe

    IEICE General Conference   D-12-96  2019.03

  • A Study on GAN Using Capsule Network

    K. Marusaki, H. Watanabe

    IEICE General Conference   D-12-8  2019.03

  • Characteristics of Bit Depth Extention by Super Resolution

    S. Umeda, H. Watanabe, T. Ikai, T. Hashimoto, T. Chujo, N. Ito

    IEICE General Conference   D-12-7  2019.03

  • Image Quality Enhancing by Multi-Step Super-Resolution

    N. Yano, H. Watanabe

    IEICE General Conference   D-11-9  2019.03

  • Quality Improvement of Sequential Images Using Super Resolution

    T. Hori, H. Watanabe

    IEICE General Conference   D-11-6  2019.03

  • Comparison of Machine Learning Classifiers for Land Cover Mapping in Google Earth Engine,

    Nyein Soe Thwal, T. Ishikawa, H. Watanabe

    IEICE General Conference   BS-4-21  2019.03

  • An Evaluation of The Impact of Dataset Bias in Pretrained VGG Network on The Performance of Neural Network Based Style Transfer

    Z. Gong, H. Watanabe

    IEICE General Conference   BS-4-19  2019.03

  • Complex Character Retrieval from Comics using Deep Learning

    R. Jain, H. Watanabe

    IEICE General Conference   BS-4-18  2019.03

  • Study on Feature Extraction of Point Cloud Using Principal Component Analysis

    H. Akatsuka, J. Hara, H. Watanabe

    情報処理学会オーディオビジュアル複合情報処理研究会   AVM104-003  2019.02

  • スポーツ情報処理と映像表現への期待

    渡辺裕

    NHK技研 R&D   No.173, pp.2-3  2019.01

  • Clustering of Comic Character Images for Exraction of Major Characters

    H. Yanagisawa, T. Yamashita, H. Watanabe

    ITE Online Journal   Vol. 73, No.1, pp.199-204  2019.01

  • Automatic Self-Improvement Scheme in Optical Flow-Based Motion Estimation for Sequential Fisheye Images

    Arief Suryadi Satyawan, Junichi Hara, Hiroshi Watanabe

    ITE Transactions on Media Technology and Applications   Vol. 7, No. 1, pp.20-35  2019.01

  • Manga Character Clustering with DBSCAN Using Finetuned CNN Model

    H. Yanagisawa, T. Yamashita, H. Watanabe

    IWAIT-FMIA 2019   No.202  2019.01

  • Joint Super-Resolution and Bit Depth Extention by DNN

    S. Umeda, H. Watanabe, T. Ikai, T. Hashimoto, T. Chujo, N. Ito

    IWAIT-FMIA 2019   No.201  2019.01

  • Sequence Alignment of Time-Series Multidimensional Data Extracted from Sports Video

    S. Yokoi, T. Ishikawa, H. Watanabe

    ITE SIP Technical Report   ME2018-115 (SIP2018-03-12), pp.43-46  2018.12

  • 縦方向の回転運動に対するOpenPose”

    S. Kawashima, T. Ishikawa, H. Watanabe

    ITE SIP Technical Report   ME2018-110 (SIP2018-03-07), pp.25-28  2018.12

  • OpenPoseを用いた複数ダンサーの姿態評価の基礎検討

    K. Inada, T. Ishikawa, H. Watanabe

    ITE SIP Technical Report   ME2018-109 (SIP2018-03-06), pp.21-24  2018.12

  • Mapping Urban Land Cover by Using Landsat Sentinel Images and Open Social Data

    Nyein Soe Thwal, Takaaki Ishikawa, Hiroshi Watanabe

    ITE Winter Annual Convention   22D-4  2018.12

  • Visual Improvement of Image Quality by Multiple-Step Super-Resolution

    N. Yano, H. Watanabe

    ITE Winter Annual Convention   14D-5  2018.12

  • On Quality Improvement of Super Resolution Processing for Coded Images

    S. Umeda, N. Yano, H. Watanabe

    ITE Winter Annual Convention   14D-4  2018.12

  • Pose Estimation of Rotation Invariant Motion Using OpenPose

    S. Kawashima, T. Ishikawa, H. Watanabe

    ITE Winter Annual Convention   13D-3  2018.12

  • Evaluation of Action Synchronization and Shape for Multiple Dancers Using OpenPose

    K. Inada, T. Ishikawa, H. Watanabe

    ITE Winter Annual Convention   13D-2  2018.12

  • Event Recognition in SPorts Video Using Motion Similarity

    S. Yokoi, T. Ishikawa, H. Watanabe

    ITE Winter Annual Convention   13D-1  2018.12

  • Improving Detection of Hand Joints in RGB Images using Maximum Confidence Value

    Khin Sabai Htwe, Takaaki Ishikawa, Hiroshi Watanabe

    ITE Winter Annual Convention   12D-5  2018.12

  • Data Augmentation Using CapsGAN Considering Generated Image Quality

    T. Matsuda, K. Marusaki, H. Watanabe

    ITE Winter Annual Convention   12D-4  2018.12

  • Comparison of CNN based Illustration Drawing-Style Classification Systems

    Hangyu Song, Hiroshi Watanabe

    ITE Winter Annual Convention   12D-3  2018.12

  • Noise Shaping of 3D Point Clouds Using Omni Image Features

    H. Akatsuka, J. Hara, H. Watanabe

    ITE Winter Annual Convention   11D-5  2018.12

  • Simultaneous Localization and Mapping Using Omnidirectional Camera

    T. Aoki, H. Watanabe, J. Hara

    ITE Winter Annual Convention   11D-4  2018.12

  • Basic Study of Evaluation of Body Shape for Multiple Dancer Using OpenPose

    K. Inada, T. Ishikawa, H. Watanabe

    2018 Picture Coding Symposium, 2018 Image Media Processing Symposium (PCSJ/IMPS2018)   P-5-7  2018.11

  • Super-Resolution Technology Using Multiple Output Images of Example-Based Super-Resolution

    N. Yano, H. Watanabe

    2018 Picture Coding Symposium, 2018 Image Media Processing Symposium (PCSJ/IMPS2018)   P-4-8  2018.11

  • 全天球カメラを用いた自己位置推定と環境地図作成の基礎検討

    青木, 渡辺, 原

    2018年画像符号化シンポジウム・2018年映像メディア処理シンポジウム(PCSJ/IMPS2018)   P-4-7  2018.11

  • Boundary Detection of 3D Point Clouds Using Omni Image Features

    H. Akatsuka, J. Hara, H. Watanabe

    2018 Picture Coding Symposium, 2018 Image Media Processing Symposium (PCSJ/IMPS2018)   P-3-9  2018.11

  • Basic Study on Lip Reading for Japanese Speaker by Machine Learning

    R. Asami, T. Ishikawa, H. Watanabe

    2018 Picture Coding Symposium, 2018 Image Media Processing Symposium (PCSJ/IMPS2018)   P-3-8  2018.11

  • Hand Joints Detection Using Initial Hand Detector on Egocentric Views

    Khin Sabai Htwe, Takaaki Ishikawa, Hiroshi Watanabe

    2018 Picture Coding Symposium, 2018 Image Media Processing Symposium (PCSJ/IMPS2018)   P-3-3  2018.11

  • Event Recognition in Sports Video Using Body Part Coordinates

    S. Yokoi, T. Ishikawa, H. Watanabe

    2018 Picture Coding Symposium, 2018 Image Media Processing Symposium (PCSJ/IMPS2018)   P-2-10  2018.11

  • Rotation-Invariant Pose Detection Using OpenPose to Rotate Action

    S. Kawashima, T. Ishikawa, H. Watanabe

    2018 Picture Coding Symposium, 2018 Image Media Processing Symposium (PCSJ/IMPS2018)   P-2-7  2018.11

  • Land Cover Classification Using Landsat and Sentinel Images by Integrating Pixel and Object-based Segmentation Approach

    Nyein Soe Thwal, Takaaki Ishikawa, Hiroshi Watanabe

    2018 Picture Coding Symposium, 2018 Image Media Processing Symposium (PCSJ/IMPS2018)   P-2-3  2018.11

  • Comparison of CNN based Illustration Drawing-Style Classification Systems

    Hangyu Song, Hiroshi Watanabe

    2018 Picture Coding Symposium, 2018 Image Media Processing Symposium (PCSJ/IMPS2018)   P-1-10  2018.11

  • Quality improvement of Super-Resolution Image for Video Coding

    S. Umeda, N. Yano, H. Watanabe

    2018 Picture Coding Symposium, 2018 Image Media Processing Symposium (PCSJ/IMPS2018)   P-1-8  2018.11

  • Sentiment Analysis on Text of Comics

    S. Sheng, H. Watanabe

    IEICE Society Conference   A-10-18  2018.09

  • The Performance of Self-Enhancement Method in Optical Flow-Based Motion Estimation for Sequential Fisheye Images with Sudden Movement of the Objects

    Arief Suryadi Satyawan, Junichi Hara, Hiroshi Watanabe

    IEICE Society Conference   BS-7-8  2018.09

  • A Study on Improvement of Comic Character Facial Image Clustering System Using CNN

    H. Yanagisawa, T. Yamashita, H. Watanabe

    ITE Annual Conference   12B-2  2018.08

  • Scene Flow Estimation from Squential Stereo Fisheye Images

    Arief Suryadi Satyawan, Junichi Hara, Hiroshi Watanabe

    International Conference on Signals and Systems 2018, (ICSygSys2018)   DSP2-5  2018.05

  • Deformation Influence Evaluation of Character Face Detection Using CNN

    T. Yamashita, H. Yanagisawa, H. Watanabe

    IPSJ National Convention   5Y-03  2018.03

  • Position Estimation and Distance Measurement from Omni-directional Cameras

    T. Aoki, H. Watanabe, H. Song

    IPSJ National Convention   2U-05  2018.03

  • 3D Reconstruction Using LiDAR and Omni-directional Image

    H. Akatsuka, H. Watanabe

    IPSJ National Convention   2U-04  2018.03

  • Quantize parameter dependent super resolution characteristics in Future Video Coding

    S. Umeda, N. Yano, H. Watanabe, T. Ikai, T. Chujo, N. Ito

    IPSJ National Convention   2U-03  2018.03

  • Quality Improvement of FVC Encoded Image Using Super-Resolution Considering Feature Directionality

    N. Yano, S. Umeda, H. Watanabe, T. Ikai, T. Chujo, N. Ito

    IPSJ National Convention   2U-02  2018.03

  • Coincidence Evaluation of Multiple People’s Dance Using OpenPose

    K. Inada, T. Ishikawa, H. Watanabe

    IPSJ National Convention   2U-01  2018.03

  • Batting Statistics Prediction by Analyzing Swing of Baseball Players

    S. Yokoi, T. Ishikawa, H. Watanabe

    IEICE General Conference   D-12-45  2018.03

  • Improvement of Walking Detection Method for Texting While Walking Detection Using Pose Estimation

    K. Kato, H. Watanabe

    IEICE General Conference   D-12-44  2018.03

  • Prediction of Next Day’s Sea-Level Pressure by Support Vector Regression

    Tin Nilar Lin, Hiroshi Watanabe

    IEICE General Conference   D-20-11  2018.03

  • Instance Segmentation on Omni-directional Images Based on Mask R-CNN

    Mengcheng Song, Junichi Hara, Hiroshi Watanabe

    IEICE General Conference   BS-2-13  2018.03

  • An Improvement of Motion Estimation on Sequential Fisheye Images

    Arief Suryadi Satyawan, Junichi Hara, Hiroshi Watanabe

    IEICE General Conference   BS-2-12  2018.03

  • Data Driven Cyber-Physical System for Landslide Detection

    Z. Liu, T. Tsuda, H. Watanabe, S. Ryuo, N. Iwasawa

    Mobile Networks and Applications, The Journal of SPECIAL ISSUES on Mobility of Systems, Users, Data and Computing (Springer)   No.11036  2018.03

  • Robust 3D Reconstruction with Omni-directional Camera based on Structure from Motion

    Mengcheng Song, Junich Hara, Hiroshi Watanabe

    International Workshop on Advanced Image Technology (IWAIT2018)   No.105, pp.1-4  2018.01

  • Deep Learning Based Super-Resolution for Future Video Coding

    Seiya Umeda, Niai Yano, Hiroshi Watanabe, Tomohiro Ikai, Takeshi Chujoh, Norio Ito

    International Workshop on Advanced Image Technology (IWAIT2018)   No.89, pp.1-4  2018.01

  • Scene Flow from Stereo Fisheye Images

    Arief Suryadi Satyawan, Junichi Hara, Hiroshi Watanabe

    International Workshop on Advanced Image Technology (IWAIT2018)   No.77, pp.1-4  2018.01

  • A Study on Object Detection Method from Manga Images Using CNN

    Hideaki Yanagisawa, Takuro Yamashita, Hiroshi Watanabe

    International Workshop on Advanced Image Technology (IWAIT2018)   No.16, pp.1-4  2018.01

  • A Study on Texting While Walking Recognition Method Using Pose Estimation and Grasped Object Recognition

    K. Kato, H. Watanabe

      22B ( 2 )  2017.12

  • A Study on Bike Racer Identification Using Joint Position Information

      25C ( 5 )  2017.12

  • A Study on Improvement of Manga Character Face Image Clustering

      22B ( 8 )  2017.12

  • Super-Resolution Technology Considering Directionality of Image

      14B ( 2 )  2017.12

  • Weather data estimation by sensitive features selection

    Tin Nilar Lin, H. Watanabe

      13B ( 6 )  2017.12

  • 多段ニューラルネットワークを用いた動物の品種識別

    渡部, 渡辺

    2017年映像情報メディア学会冬季大会   13B ( 1 )  2017.12

  • Comparison of Manga Object Detection Method Using CNN

    H. Yanagisawa, H. Watanabe

      P1 ( 10 )  2017.11

  • Deep Learning Face Parts Game

      P5 ( 2 )  2017.11

  • 姿勢情報を用いた自転車選手識別手法に関する一検討

    高木, 石川,渡辺

    映像情報メディア学会メディア工学研究会(スポーツ情報処理時限研究会合同開催)   ME2017 ( 121 ) 25 - 27  2017.11

  • 畳込みニューラルネットによるマンガオブジェクト認識メカニズムの一検討

    柳澤, 山下,渡辺

    電子情報通信学会,パターン認識・メディア理解研究会   PRMU2017 ( 79 )  2017.10

  • V-SLAMとマーカARを併用したペン型デバイスによる空中描画システム

    小林, 石川,渡辺

    映像情報メディア学会年次大会   34B ( 3 )  2017.09

  • ステレオ全天球カメラからの距離計測の基礎検討

    青木,松田, 原,渡辺

    映像情報メディア学会年次大会   33B ( 5 )  2017.09

  • 姿勢情報を用いた自転車選手識別の基礎検討

    高木, 石川,渡辺

    映像情報メディア学会年次大会   14D ( 4 )  2017.09

  • 関節角度情報を用いた歩きスマホ認識

    加藤,渡辺

    映像情報メディア学会年次大会映像情報メディア学会年次大会   13D ( 4 )  2017.09

  • ボロノイ図に基づく3次元優勢領域によるパスコース評価について

    横井,浅見, 石川,渡辺

    映像情報メディア学会年次大会   13D ( 3 )  2017.09

  • Ship Classification Using Faster Region Convolution Neural Network (Faster R-CNN) for Automatic Identification of Marine Vessels

    K. J. Ngeno, H. Yanagisawa, H. Watanabe

      H ( 39 )  2017.09

  • Data Augmentation Using DCGAN Considering Generated Image Quality

      H ( 38 )  2017.09

  • Walking Detection for Texting While Walking Recognition by Pose Estimation

      H ( 36 )  2017.09

  • Water Level Prediction for Disaster Management Using Machine Learning Models

    Tin Nilar Lin, H. Watanabe

      H ( 29 )  2017.09

  • Motion Estimation on Fish-Eye Images Using Modified Motion Model

    Arief Suryadi Satyawan, J. Hara, H. Watanabe

      H ( 23 )  2017.09

  • Deep Learning特徴量を用いたマンガキャラクター顔画像の分類

    柳澤,渡辺

    FIT2017(第16回科学技術フォーラム)   H ( 1 )  2017.09

  • 姿勢推定による肘と肩の角度情報を用いた歩きスマホ認識

    加藤, 渡辺

    映像情報メディア学会スポーツ情報処理時限研究会   4 ( 7 )  2017.07

  • 3次元優勢領域図を利用したパスコースの決定

    横井, 浅見, 石川, 渡辺

    映像情報メディア学会スポーツ情報処理時限研究会   4 ( 6 )  2017.07

  • Adaptive Video Streaming in Hybrid Landslide Detection System with D-S Theory

    Liu, Zhi, Kanai, Kenji, Takeuchi, Masaru, Tsuda, Toshitaka, Watanabe, Hiroshi

    2017 IEEE International Conference on Smart Computing, SMARTCOMP 2017    2017.06  [Refereed]

     View Summary

    © 2017 IEEE. Disaster detection is an important research topic and draws great attentions from both industry and academia. In this paper, we study the hybrid landslide detection system, which utilizes the video surveillance camera and multiple kinds of sensors and can detect the landslide automatically. Edge processing is adopted in this hybrid system to fuse the sensor data based on the Dempster-Shafer (D-S) theory, i.e. utilizing multiple sensors' information to calculate the possibility of the landslide. Edge processing can make faster decisions than the control center, the results of the edge processing are then used to schedule the sensor's transmission frequency and video transmission under the network constraints in this system. The simulation results show that the proposed scheme outperforms the competing schemes in typical network scenarios.

    DOI

  • Adaptive Video Streaming in Hybrid Landslide Detection System with D-S Theory

    Z. Liu, K. Kanai, M. Takeuchi, T. Tsuda, H. Watanabe

    IEEE International Conference on Smart Computing (SMARTCOMP)     1 - 6  2017.05  [Refereed]

  • [Foreword] Welcome to the Special Section on Sports-Information Technology

    Watanabe Hiroshi

    ITE Transactions on Media Technology and Applications   5 ( 2 ) 35 - 35  2017.04

    CiNii

  • Trajectory Visualization of Ego-Motion Videos with Pedestrian Based on Monocular Visual Odometry and Machine Learning

    Y. Zhang, H. Watanabe

    IEICE General Conference   BS-1 ( 8 )  2017.03

  • Motion Estimation on Fish-Eye Images

    A. S. Satyawan, J. Hara, H. Watanabe

    IEICE General Conference   BS-1 ( 9 )  2017.03

  • Ship Identification for Port Security using Faster Region Convolution Neural Network

    K. J. Ngeno, Hiroshi Watanabe

    IEICE General Conference   BS-1 ( 12 )  2017.03

  • Convolutional Pose Machinesを用いた歩きスマホ認識

    加藤, 渡辺

    IEICE総合大会   D-12 ( 56 )  2017.03  [Refereed]

  • X-means法を用いたマンガキャラクターの自動分類に関する検討

    柳澤, 渡辺

    IEICE総合大会   D-12 ( 40 )  2017.03

  • Recognition of Panel Structure in Comic Images Using Faster R-CNN

    H. Yahagisawa, H. Watanabe

    International Workshop on Image Electronics and Visual Computing 2017   4C ( 2 )  2017.03

  • Data Augmentation Using DCGAN for Breed Identification

    H. Watabe, H. Watanabe

    International Workshop on Image Electronics and Visual Computing 2017   4C ( 3 )  2017.03  [Refereed]

  • Phase Competition and Superconductivity in κ-(BEDT-TTF)2X: Importance of Intermolecular Coulomb Interactions

    Watanabe Hiroshi, Seo Hitoshi, Yunoki Seiji

    Journal of the Physical Society of Japan   86 ( 3 )  2017.02

    CiNii

  • ボロノイ図を用いたサッカーの3次元優勢領域の決定

    横井, 石川, 渡辺

    映像情報メディア学会スポーツ情報処理時限研究会   3 ( 1 )  2017.02

  • Welcome to the special section on sports-information technology

    Watanabe, Hiroshi

    ITE Transactions on Media Technology and Applications   5 ( 2 )  2017.01

  • Faster R-CNNを用いたマンガ画像の構造解析

    柳澤, 渡辺

      P-2 ( 10 )  2016.11

  • 線路脇カメラと鉄道車載カメラによる障害物検出の検討

    加藤, 渡辺

      P-3 ( 16 )  2016.11

  • レンズ歪補正動き補償方式に関する一検討

    高木, 渡辺, 河村, 内藤

      P-3 ( 19 )  2016.11

  • DCGANによる生成画像品質の猫品種識別性能に及ぼす影響について

    渡部, 渡辺

      P-4 ( 16 )  2016.11

  • DCGANを用いたデータオーギュメンテーションによる猫の品種識別について

    渡部, 渡辺

    2016映像情報メディア学会年次大会   24D ( 5 )  2016.09

  • レンズ歪ブロックを用いた動き補償方式の検討

    高木, 渡辺, 河村, 内藤

    FIT2016(第15回科学技術フォーラム)   I ( 033 )  2016.09

  • Faster R-CNNを用いたマンガ画像からのメタデータ抽出

    柳澤, 渡辺

    2016映像情報メディア学会年次大会   14B ( 1 )  2016.09

  • Trajectory data visualization of sports video based on SLAM

    Y. Zhang, H. Watanabe

    ITE Annual Convention 2016   34C ( 1 )  2016.09

  • BS-3-27 Empty Scene and Non-empty Scene Detection from Wi-Sun Acceleration Sensor(BS-3. Advanced Networking Technologies for Innovative Information Networks)

    Liu Zhi, Sigg Stephan, Tsuda Toshitaka, Watanabe Hiroshi

    Proceedings of the IEICE General Conference   2016 ( 2 ) "S - 64"-"S-65"  2016.03

     View Summary

    Wireless sensor networks (WSNs) are widely deployed to help detect disaster such as landslides, etc. in countries like Japan due to their efficiency and low cost. But there are various problems in these systems, such as the different kind of noise (such as random visit from animals, which leads to unnecessary false alarms). Orthogonally, context aware activity recognition draws increasing attention recently, where different environmental or martial sensors are adopted for activity recognition in various application scenarios. This paper studies a disaster detection system utilizing the Wi-Sun acceleration sensors together with the Wi-Sun signal fluctuation and considers the detection of human beings in the scene of interest. Hence, the false alarms introduced by the animals' walk in, etc. could be detected using similar method. During the detection process, not only the wireless signal but also the acceleration value collected by the sensors are adopted for a better detection result. Then feature values are calculated for event detection based on the data samples. K nearest neighbors (KNN) is used to classify the events in the scene of interest: empty and non-empty. The detection results are promising as shown in the result section and the proposed method is applicable to a real landslide to avoid animal- induced false alarms.

    CiNii

  • D-21-4 A study on creation method for e-comic trailers

    NOGUCHI Taki, WATANABE Hiroshi

    Proceedings of the IEICE General Conference   2016 ( 2 )  2016.03

    CiNii

  • D-21-3 A study on major character identification in comics

    NAGAO Kazuki, WATANABE Hiroshi

    Proceedings of the IEICE General Conference   2016 ( 2 )  2016.03

    CiNii

  • D-12-12 A Study of Multi-view Face Detection for Characters in Comic Images

    Yanagisawa Hideaki, Watanabe Hiroshi

    Proceedings of the IEICE General Conference   2016 ( 2 )  2016.03

    CiNii

  • D-11-53 A Study on Motion Compensation Method with Radial Distortion Correction

    Takagi Masanori, Watanabe Hiroshi, Kawamura Kei, Naito Sei

    Proceedings of the IEICE General Conference   2016 ( 2 )  2016.03

    CiNii

  • D-11-20 Utilization of Background Subtraction Method for Railway Operation Image

    KATO Kimimaru, WATANABE Hiroshi

    Proceedings of the IEICE General Conference   2016 ( 2 )  2016.03

    CiNii

  • Empty Scene and Non-empty Scene Detection from Wi-Sun Acceleration Sensor

    Z. Liu, S. Sigg, T. Tsuda, H. Watanabe

    IEICE General Conference   BS-3 ( 27 )  2016.03

  • 鉄道運行映像に対する背景差分法の適用

    加藤, 渡辺

    電子情報通信学会総合大会   D-11 ( 20 )  2016.03

  • レンズ歪み補正付き動き補償方式の検討

    高木, 渡辺, 河村, 内藤

      D-11 ( 53 )  2016.03

  • マンガキャラクターのマルチビュー顔検出に関する検討

    柳澤, 渡辺

      D-11 ( 12 )  2016.03

  • コミックにおける主要キャラクター同定の検討

    長尾, 渡辺

      D-21 ( 3 )  2016.03

  • 電子コミックトレーラーの作成手法の検討

    野口, 渡辺

    電子情報通信学会総合大会   D-21 ( 4 )  2016.03

  • Traffic deduction exploring sensor data's intra-correlations in train track monitoring WSN

    Liu, Zhi, Tsuda, Toshitaka, Watanabe, Hiroshi

    2015 IEEE SENSORS - Proceedings    2015.12  [Refereed]

     View Summary

    © 2015 IEEE.WSNs are good options to help monitor the scene of interest and notify the unusual happening to control center. But sensors' high sampling rates lead to tremendous network traffic over the bandwidth-limited and energy-critical WSNs, hence how to reduce the network traffic while maintaining the unusual events monitoring function becomes important. In this paper, we investigate the intra-correlations of the data generated by each sensor at different time instances. And we propose a traffic deduction algorithm exploring the sensor data's intra-correlations which could reduce the data volume significantly and guarantee the parameters needed for unusual detection are delivered.

    DOI

  • R-CNNを用いたマンガキャラクター検出に関する一検討

    柳澤, 渡辺

      I-4 ( 12 ) 1 - 2  2015.11

  • Cat and dog face detection using deformable part model

    H. Watanabe, H. Zhang

    PCSJ-IMPS Symposium   I-3 ( 12 ) 1 - 2  2015.11

  • Traffic Deduction Exploring Sensor Data's Intra-Correlations in Train Track Monitoring WSN

    Z. Liu, T. Tsuda, H. Watanabe

    IEEE Sensors 2015   7 ( 171 ) 1 - 4  2015.10  [Refereed]

  • マンガ要約手法に関する一考察

    藤岡, 渡辺

    電子情報通信学会ソサイティ大会   A20 ( 11 )  2015.09

  • A-20-11 A Study on Digesting Method for Comics

    FUJIOKA Kyohei, WATANABE Hiroshi

    Proceedings of the IEICE Engineering Sciences Society/NOLTA Society Conference   2015  2015.08

    CiNii

  • Sensor Data Characteristics in the Wireless Train Track Unusual Notification Sensor Network

    Z. Liu, T. Tsuda, H. Watanabe

    IEICE Technical Report on Communication Quality   CQ2015 ( 39 ) 101 - 106  2015.07

  • An effective normalization algorithm at deep learning for passenger detection in railway operation videos

    J. Zhang, H. Watanabe

    The 1st International Conference on Advanced Imaging   ( T109-2 )  2015.06  [Refereed]

  • 多層畳み込みニューラルネットワークを用いた人物認識における正規化効果

    張, 石井, 渡辺

    電子情報通信学会総合大会   D-12-24  2015.03

  • マンガの複数キャラクターに対する顔検出率について

    柳澤, 石井, 渡辺

    電子情報通信学会総合大会   D-12-31  2015.03

  • ディープラーニングを用いたオブジェクト認識における整流・マックスプーリング効果

    張, 石井, 渡辺

    情報処理学会全国大会   2P-08  2015.03

  • On face detection rate for characters in comic images

    Yanagisawa Hideaki, Ishii Daisuke, Watanabe Hiroshi

    Proceedings of the IEICE General Conference   D-12 ( 31 )  2015.02

    CiNii

  • Effect of Normalization at Deep Convolutional Neural Networks for Human Recognition

    Zhang Jie, Ishii Daisuke, Watanabe Hiroshi

    Proceedings of the IEICE General Conference   D-12 ( 24 )  2015.02

    CiNii

  • マンガの構成要素に基づく自動シーン分割処理に関する一検討

    石井, 柳澤, 三原, 永森, 渡辺

    情報処理学会AVM研究会研究報告   Vol.2014-AVM87 ( No.15 ) 1 - 4  2014.12

  • A basic study on human detection for train operation video

    J. Zhang, H. Watanabe

    PCSJ-IMPS 2014   I-5-01  2014.11

  • 放送の「こと」づくり

    渡辺裕

    映像情報メディア学会誌    2014.10

  • 2値線画像解析のための2値方向パターンヒストグラム特徴量HBOP

    石井, 渡辺

    早稲田大学GITS/GITI紀要2013-1014     33 - 44  2014.10

  • Interpolation-Free Fractional Pixel Motion Estimation Based on Data Trend Approximation

    Chang-Uk Jeong, Hiroshi Watanabe

    Waseda Univ. GITS/GITI Research Bulletin 2013-1014     52 - 62  2014.10  [Refereed]

  • Face detection for comic images with deformable part model

    H. Yanagisawa, D. Ishii, H. Watanabe

    The 4th International Workshop on Image Electronics and Visual Computing 2014 (IEVC2014)   4A-1  2014.10

  • マンガにおけるHOG+AdaBoostによる顔画像検出の性能評価

    陳, 柳澤, 張, 石井, 渡辺

    映像情報メディア学会年次大会   17-4  2014.09

  • マンガ画像からの顔検出におけるパーツ特徴量の一検討

    柳澤, 石井, 陳, 渡辺

    映像情報メディア学会年次大会   17-9  2014.09

  • A Note on Face Detection of Comic Image with Different Background

    M. Chen, H. Yanagisawa, D. Ishii, H. Watanabe

    2014 IEICE General Conference   BS-1-47   1 - 2  2014.03

  • A note on content caching and delivery based on AVC and SVC

    M. Takafuji, H. Nakazato, H. Watanabe

    情報処理学会AVM研究会研究報告   Vol.2014-AVM84 ( No.3 ) 1 - 5  2014.02

  • 2値線画特徴量を用いたマンガ画像解析に関する一検討

    石井, 張, 石上, 渡辺

    情報処理学会AVM研究会研究報告   Vol.2014-AVM84 ( No.5 ) 1 - 4  2014.02

  • “HTML5 CanvasおよびSVGにおける自動選択アルゴリズムを用いた描画パフォーマンスの最適化

    山本, 渡辺

    情報処理学会AVM研究会研究報告   Vol.2014-AVM84 ( No.6 ) 1 - 4  2014.02

  • マンガからの自動人物検出と識別に関する一検討

    石井大祐, 渡辺裕

    画像電子学会論文誌   Vol. 42 ( No. 4 ) 457 - 465  2013.07

  • マンガ固有の特徴を利用したマンガ登場人物識別に関する一検討

    石井, 山﨑, 渡辺

    情報処理学会AVM研究会研究報告   Vol.2013-AVM80 ( No.1 ) 1 - 4  2013.04

  • マンガ上のキャラクター識別に関する一検討

    石井, 山﨑, 渡辺

    情報処理学会全国大会   3D-2  2013.03

  • フーリエ記述子と色情報を用いた野菜識別手法

    山﨑, 石井, 渡辺

    情報処理学会AVM研究会研究報告   Vol.2012-AVM79 ( No.27 ) 1 - 4  2012.12

  • Multi Size Eye Detection on Digitized Comic Image

    D. Ishii, T. Yamazaki, H. Watanabe

    IIEEJ 3rd Image Electronics and Visual Computing Workshop (IEVC 2012)    2012.11

  • A Modified Parabolic Prediction Based Fractional Pixel Motion Estimation Using Preset Corrector

    C. Jeong, H. Watanabe

    The 18th Asia-Pacific Conference on Communications (APCC 2012)    2012.10  [Refereed]

  • Interpolation-Free Fractional Pixel Motion Estimation Based on Data Trend Approximation

    C. Jeong, H. Watanabe

    International Conference on Signals and Electronic Systems (ICSES 2012)    2012.09  [Refereed]

  • マンガ画像における瞳検出の解像度依存性に関する検討

    石井, 渡辺

    2012年度画像電子学会年次大会(Media Computing Conference 2012)   R2-4  2012.06

  • マンガ画像からの自動キャラクター位置検出に関する検討

    石井, 渡辺

      Vol.2012-AVM76 ( No.2 ) 1 - 5  2012.02

  • Automatic Scale Detection for Contour Fragment Based on Difference of Curvature

    Kei Kawamura, Daisuke Ishii, Hiroshi Watanabe

    IEICE TRANSACTIONS ON INFORMATION AND SYSTEMS   E94D ( 10 ) 1998 - 2005  2011.10  [Refereed]

     View Summary

    Scale-invariant features are widely used for image retrieval and shape classification. The curvature of a planar curve is a fundamental feature and it is geometrically invariant with respect it the coordinate system. The curvature-based feature varies in position when multiscale analysis is performed. Therefore, it is important to recognize the scale in order to detect the feature point. Numerous shape descriptors based on contour shapes have been developed in the field of pattern recognition and computer vision. A curvature scale-space (CSS) representation cannot be applied to a contour fragment and requires the tracking of feature points. In a gradient-based curvature computation, although the gradient computation considers the scale, the curvature is normalized with respect to not the scale but the contour length. The scale-invariant feature transform algorithm that detects feature points from an image solves similar problems by using the difference of Gaussian (DoG). It is difficult to apply the SIFT algorithm to a planar curve for feature extraction. In this paper, an automatic scale detection method for a contour fragment is proposed. The proposed method detects the appropriate scales and their positions on the basis of the difference of curvature (DoC) without the tracking of feature points. To calculate the differences, scale-normalized curvature is introduced. An advantage of the DoC algorithm is that the appropriate scale can be obtained from a contour fragment as a local feature. It then extends the application area. The validity of the proposed method is confirmed by experiments. The proposed method provides the most stable and robust scales of feature points among conventional methods such as curvature scale-space and gradient-based curvature.

    DOI

  • Sub-pixel position prediction techniques based on Bazier curve

    C. Jeong, H. Watanabe

    IPSJ AVM Technigal Report   Vol.2011-AVM73 ( No.8 ) 1 - 6  2011.07

  • Automatic preview generation of comic episodes for digitized comic search.

    Keiichiro Hoashi, Chihiro Ono, Daisuke Ishii, Hiroshi Watanabe

    MM’11 Proceedings of the 19th ACM international conference on Multimedia     1489 - 1492  2011

    DOI

  • A Study on Frame Position Detection of Digitized Comics Images

    D. Ishii, H. Watanabe

    Workshop Picture Coding Symposium   WP3-17   124 - 125  2010.12

  • A Linear Model-Based Sub-Pixel Motion Estimation Method For H.264/AVC Standard

    C. Jeong, H. Watanabe

    Workshop Picture Coding Symposium   WP1-5   11 - 12  2010.12

  • 多重記述符号化における冗長係数群の最適化手法

    石川, 渡辺

    情報処理学会AVM 研究会研究報告   Vol.2010-AVM71 ( No.21 ) 1 - 6  2010.12

  • A Vertically Symmetrical Linear Model-Based Fractional-Pixel Motion Estimation Algorithm for H.264/AVC Encoder

    C. Jeong, H. Watanabe

    IPSJ SIG Technical Report   Vol.2010-AVM71 ( No.20 ) 1 - 5  2010.12

  • 全変動最小化の高速計算手法

    河村, 石井, 渡辺

    電子情報通信学会論文誌   Vol. J93-D ( No.3 ) 326 - 335  2010.03

  • コミック画像の文字位置特定に関する検討

    河村, 石井, 渡辺

    電子情報通信学会総合大会   D-12-52  2010.03

  • 過完備変換係数の最適化における画質評価に関する考察

    石川, 渡辺, 坂東, 高村, 如澤

    電子情報通信学会総合大会   D-11-87  2010.03

  • 四元数を用いた画像符号化方式の検討

    石川, 渡辺

    画像符号化シンポジウム PCSJ2009   P-4.03   75 - 76  2009.10

  • 領域分割に基づくベクタ表現を用いた画像符号化方式の検討

    河村, 石井, 渡辺

    画像符号化シンポジウムPCSJ2009   P-3.09  2009.10

  • フレーム理論に基づく信号の冗長度制御方式

    石川, 渡辺

    FIT2009   I-045   331 - 332  2009.09

  • 線画の混在する画像におけるテキスト領域抽出の改善手法

    河村, 石井, 渡辺

    FIT2009   H-027  2009.09

  • [招待講演]モバイルディジタルテレビジョンのためのビデオ符号化

    渡辺

    信学技報 MoMuC2009-28   vol.109 ( no.204 ) 9 - 14  2009.09

  • フレーム展開による画像の多重記述符号化に関する検討

    石川, 渡辺

    情報処理学会 AVM 研究会研究報告   Vol.2009-AVM65 ( No.16 ) 1 - 6  2009.07

  • コミック画像のコマ分割処理における制御パラメータに関する検討

    石井, 河村, 渡辺

    電子情報通信学会パターン認識・メディア理解研究会   PRMU2009-34   187 - 192  2009.05

  • [チュートリアル招待講演]MPEGビデオ符号化方式

    渡辺 裕

    電子情報通信学会技術研究報告   NS2009-14   71 - 76  2009.04

  • グラデーションメッシュ最適化手法の検討

    河村, 石井, 渡辺

    電子情報通信学会総合大会   D-11-36  2009.03

  • 角度と複比を用いた複数車線検出に関する一検討

    谷, 河村, 渡辺

    電子情報通信学会総合大会   D-11-68  2009.03

  • 並列木複素ウェーブレット変換のブロック歪に関する考察

    石川, 渡辺, 坂東, 高村, 上倉, 八島

    電子情報通信学会総合大会   AS-3-3  2009.03

  • Noise Shapingを用いた並列木複素wavelet変換符号化に関する基礎的考察

    坂東, 高村, 上倉, 八島, 石川, 渡辺

    電子情報通信学会総合大会   D-11-57  2009.03

  • 高ダイナミックレンジ画像生成におけるゴースト除去手法に関する検討

    高木, 渡辺

    電子情報通信学会総合大会   D-11-51  2009.03

  • Automatic Scale Detection Based on Difference of Curvature

    K. Kawamura, D. Ishii, H. Watanabe

    2009 International Workshop on Advanced Image Technology (IWAIT 2009)    2009.01

  • グラデーションメッシュによる画像符号化の基礎検討

    河村, 石井, 渡辺

    画像符号化シンポジウム PCSJ2008   P-5.04  2008.10

  • アンチエイリアシングを考慮したベクタ表現による濃淡画像符号化に関する一検討

    石井, 河村, 渡辺

    画像符号化シンポジウム PCSJ2008   P-2.04  2008.10

  • 画像の不確定性符号化におけるレート制御方式に関する検討

    石川, 渡辺

    画像符号化シンポジウム PCSJ2008   P-2.02  2008.10

  • フレーム展開による画像の不確定性符号化に関する検討

    石川, 渡辺

    FIT2008   I-016  2008.09

  • 複比を用いた複数車線検出に関する検討

    谷, 河村, 渡辺

    FIT2008   H-040  2008.09

  • スケール不変な曲線特徴に関する検討

    河村, 石井, 渡辺

    河村, 石井, 渡辺   H-025  2008.09

  • 移動物体が存在する複数画像からの高ダイナミックレンジ画像生成に関する検討

    高木, 渡辺

    情報処理学会AVM研究会   2008AVM62-03  2008.09

  • SPORT: An algorithm for Divisible Load Scheduling with result collection on heterogeneous systems

    Abhay Ghatpande, Hidenori Nakazato, Olivier Beaumont, Hiroshi Watanabe

    IEICE TRANSACTIONS ON COMMUNICATIONS   E91B ( 8 ) 2571 - 2588  2008.08

     View Summary

    Divisible Load Theory (DLT) is an established mathematical framework to study Divisible Load Scheduling (DLS). However, traditional DLT does not address the scheduling of results back to source (i.e., result collection), nor does it comprehensively deal with system heterogeneity. In this paper, the DLSRCHETS (DLS with Result Collection on HET-erogeneous Systems) problem is addressed. The few papers to date that have dealt with DLSRCHETS, proposed Simplistic LIFO (Last In, First Out) and FIFO (First In, First Out) type of schedules as solutions to DLSRCHETS. In this paper, a new polynomial time heuristic algorithm, SPORT (System Parameters based Optimized Result Transfer), is proposed as a solution to the DLSRCHETS problem. With the help of simulations, it is proved that the performance of spoRT is significantly better than existing algorithms. The other major contributions of this paper include, for the first time ever, (a) the derivation of the condition to identify the presence of idle time in a FIFO schedule for two processors, (b) the identification of the limiting condition for the optimality Of FIFO and LIFO schedules for two processors, and (c) the introduction of the concept of equivalent processor in DLS for heterogeneous systems with result collection.

    DOI

  • フレーム展開による信号の冗長度制御方式に関する検討

    石川, 渡辺

    電子情報通信学会画像工学研究会技術報告 IE2008-43   Vol.108 ( No.127 ) 61 - 66  2008.07

  • Analysis of Divisible Load Scheduling with result collection on heterogeneous systems

    Abhay Ghatpande, Hidenori Nakazato, Olivier Beaumont, Hiroshi Watanabe

    IEICE TRANSACTIONS ON COMMUNICATIONS   E91B ( 7 ) 2234 - 2243  2008.07  [Refereed]

     View Summary

    Divisible Load Theory (DLT) is an established framework to study Divisible Load Scheduling (DLS). Traditional DLT ignores the result collection phase, and specifies no solution to the general case where both the network speed and computing capacity of the nodes are heterogeneous. In this paper, the DLS with Result Collection on HETerogeneous Systems (DLSRCHETS) problem is formulated as a linear program and analyzed. The papers to date that have dealt with result collection, proposed Simplistic LIFO (Last In, First Out) and FIFO (First In, First Out) type of schedules as solutions. The main contributions of this paper are: (a) A proof of the Allocation Precedence Condition, which is inconsequential in LIFO or FIFO, but is important in a general schedule. (b) A proof of the Idle Time Theorem, which states that irrespective of whether load is allocated to all available processors, in the optimal solution to the DLSRCHETS problem, at the most one processor that is allocated load has idle time, and that the idle time exists only when the result collection begins immediately after the completion of load distribution.

    DOI

  • Divisible load scheduling with result collection on heterogeneous systems

    A. Ghatpande, H. Nakazato, O. Beaumont, H. Watanabe

    In Proc. Heterogeneous Computing Workshop (HCW2008) held in the IEEE International Conference on Parallel and Distributed Processing Symposium (IPDPS2008)    2008.04  [Refereed]

  • 曲率空間尺度を用いたベクタ変換の評価手法に関する検討

    河村, 石井, 渡辺

    情報処理学会AVM研究会   2007AVM60-05  2008.03

  • 直感的な曲線操作を実現するベクタ変換の検討

    河村, 石井, 渡辺

    情報処理学会全国大会   4B-6  2008.03

  • 複素ウェーブレットの疎表現における係数選択手法の検討

    高橋, 渡辺

    情報処理学会全国大会   3Y-2  2008.03

  • ベクタ表現を用いた画像のエッジ再現手法に関する一検討

    石井, 河村, 渡辺

    情報処理学会全国大会   3Y-1  2008.03

  • グローバル動き補償を用いた背景フレーム補間手法に関する検討

    東, 渡辺

    情報処理学会全国大会   3W-4  2008.03

  • 全変動ノルムの離散化手法に関する検討

    河村, 石井, 渡辺

    電子情報通信学会総合大会   D-11-82  2008.03

  • 位置ずれを持つ画像に対する高ダイナミックレンジ画像の生成手法に関する検討

    高木, 渡辺

    情報処理学会AVM研究会   2007AVM59-17  2007.12

  • 疑似TVノルムの数値計算とその領域分割への応用に関する検討

    河村, 石井, 渡辺

    情報処理学会AVM研究会   2007AVM59-10  2007.12

  • 方向性フィルタバンクによる動画像符号化方式に関する基礎検討

    石川, 渡辺

    画像符号化シンポジウム PCSJ2007   P-3.02  2007.11

  • 人工的な多値画像のベクター変換

    河村, 石井, 渡辺

    画像符号化シンポジウム PCSJ2007   P-2.21  2007.11

  • 動画像の時空間ベクタ表現に関する一検討

    石井, 河村, 渡辺

    画像符号化シンポジウム PCSJ2007   P-1.03  2007.11

  • ベクター表現に適した小数画素精度の改良境界線検出に関する検討

    河村, 石井, 渡辺

    FIT2007   I-045  2007.09

  • 人工的な多値画像のベクタ変換を考慮した領域分割に関する検討

    河村, 石井, 渡辺

    情報処理学会AVM研究会   2007AVM58-07  2007.09

  • 双対木複素ウェーブレットにおける Energy Compaction の検討

    高橋, 渡辺

    情報処理学会AVM研究会   2007AVM58-06  2007.09

  • コミックのコマ分割処理に関する一検討

    石井, 河村, 渡辺

    電子情報通信学会論文誌D   Volume J90-D ( No.7 ) 1667 - 1770  2007.07

  • ベクター表現に適した少数画素精度の改良境界線検出に関する検討

    河村, 石井, 渡辺

    情報処理学会AVM研究会    2007.03

  • ベクター表現による文字や網点を含む画像符号化システム

    河村, 山本, 石井, 渡辺

    情報処理学会全国大会   3B-1  2007.03

  • コミック画像におけるコマ分割処理の高速化に関する検討

    石井, 河村, 渡辺

    情報処理学会全国大会   1P-2  2007.03

  • 複雑背景における物体検出法

    伊谷, 渡辺

    電子情報通信学会総合大会   D-12-152  2007.03

  • 照明変化のある環境下での移動物体検出の検討

    谷, 伊谷, 渡辺, 富永

    電子情報通信学会総合大会   D-11-102  2007.03

  • 複数画像によるダイナミックレンジ向上に関する検討

    高木, 河村, 渡辺, 富永

    電子情報通信学会総合大会   D-11-67  2007.03

  • 縮小画像を用いたフレーム補間におけるギャップ処理手法に関する検討

    東, 渡辺

    電子情報通信学会総合大会   D-11-65  2007.03

  • 電子透かしを埋め込んだベクター画像の客観評価手法に関する検討

    河村, 山本, 石井, 渡辺

    電子情報通信学会総合大会   D-11-42  2007.03

  • 方向性フィルタバンクを用いた多重記述符号化における係数補間に関する検討

    石川, 渡辺

    電子情報通信学会総合大会   D-11-32  2007.03

  • 時空間画像のJPEG 2000符号化によるPSNRの周期的変動の低減に関する検討

    加藤, 渡辺

    電子情報通信学会総合大会   D-11-28  2007.03

  • エッジ成分のベクトル化による空間スケーラブル符号化

    山本, 河村, 渡辺

    電子情報通信学会総合大会   D-11-8  2007.03

  • FGS映像における受信画質劣化防止に関する一検討

    秋間, 渡辺, 富永

    電子情報通信学会総合大会   D-11-7  2007.03

  • View Interpolation を用いた多視点符号化の効率改善に関する一検討

    後藤, 内藤, 渡辺

    電子情報通信学会総合大会   D-11-6  2007.03

  • 複雑な背景における物体検出法の検討

    伊谷, 渡辺

    電子情報通信学会PRMU研究会   2006PRMU12-09  2006.12

  • FGSビデオ受信時におけるビットストリームの信頼性に関する検討

    秋間, 渡辺, 富永

    情報処理学会AVM研究会   2006AVM55-20  2006.12

  • 方向性フィルタバンクによる多重記述符号化に関する検討

    石川, 渡辺

    情報処理学会AVM研究会   2006AVM55-19  2006.12

  • 複素ウェーブレットを用いた画像符号化における情報量削減手法に関する検討

    高橋, 河村, 渡辺

    画像符号化シンポジウム PCSJ2006   P-5.09  2006.11

  • 画像の不確定性符号化について

    石川, 渡辺

    画像符号化シンポジウム PCSJ2006   P-3.02  2006.11

  • コミックのコマ分割処理に関する一検討

    石井, 河村, 渡辺

    画像符号化シンポジウム PCSJ2006   P-2.07  2006.11

  • ベクター表現によるマンガ符号化システム

    河村, 山本, 石井, 渡辺

    画像符号化シンポジウム PCSJ2006   P-2.06  2006.11

  • 奥行き情報を用いた多視点映像符号化の符号量削減

    後藤, 内藤, 渡辺

    画像符号化シンポジウム PCSJ2006   P-1.03  2006.11

  • Bit Rate Reduction of Vector Representation of Binary Images

    Y. Yamamoto, K. Kawamura, H. Watanabe

    International Conference on Image Processing 2006 (ICIP2006)   WP-P3.7  2006.10  [Refereed]

  • 動きオブジェクトベースのフレーム補間手法に関する検討

    東, 渡辺

    FIT2006   J-069  2006.09

  • 分割線選択によるコミックのコマ分割処理に関する検討

    石井, 河村, 渡辺

    FIT2006   J-033  2006.09

  • 文字や網点を含む低解像度多値画像のベクター表現に関する検討

    河村, 山本, 渡辺

    FIT2006   J-032  2006.09

  • 複素ウェーブレット変換を用いた画像符号化に関する一検討

    高橋, 河村, 渡辺

    FIT2006   J-031  2006.09

  • JPEG特許に関する最近の話題

    渡辺

    情報処理学会誌   Vol.47 ( No.9 )  2006.09

  • SPORT: Extended Simulations and Results for Divisible Load Scheduling on Heterogeneous Systems

    A. Ghatpande, H. Nakazato, H. Watanabe

    IEICE Society Conference   BS-15-3  2006.09

  • ベクター表現による文字や網点を含む画像符号化システム

    河村, 山本, 石井, 渡辺

    情報処理学会AVM研究会   2006AVM54-06  2006.09

  • A Study on Spatial Scalable Coding Using Vector Representation

    Y. Yamamoto, K. Kawamura, H. Watanabe

    IEEE International Conference on Multimedia Expo (IEEE ICME2006)   MA1-P2.4  2006.07  [Refereed]

  • イントラ符号化にベクター表現を用いた動画像圧縮に関する検討

    河村, 山本, 渡辺

    情報処理学会全国大会   2F-2  2006.03

  • ベクトル表現を用いた空間スケーラブル符号化

    山本, 河村, 渡辺

    電子情報通信学会総合大会   D-11-1  2006.03

  • 映像シーンに適応したスケーラビリティ選択手法

    高橋, 石川, 渡辺, 富永

    電子情報通信学会総合大会   D-11-19  2006.03

  • フレーム補間におけるギャップ処理に関する検討

    東, 渡辺, 永吉, 富永

    電子情報通信学会総合大会   D-11-20  2006.03

  • カラー画像の特性を考慮した超解像手法に関する検討

    早雨, 河村, 永吉, 渡辺, 富永

    電子情報通信学会総合大会   D-11-92  2006.03

  • 線画の混在する画像におけるテキスト領域の抽出に関する検討

    河村, 山本, 渡辺

    電子情報通信学会総合大会   D-11-99  2006.03

  • 人物のふるまいに着目した動的特徴量からの人物照合に関する一検討

    守屋, 河村, 渡辺, 富永

    電子情報通信学会総合大会   D-12-96  2006.03

  • 逆転音声による音声・音楽の半開示スクランブルに関する検討

    本多, 河村, 渡辺, 富永

    電子情報通信学会総合大会   D-14-15  2006.03

  • ベクトル表現を用いた空間スケーラブル符号化に関する一検討

    山本, 河村, 渡辺

    情報処理学会AVM研究会   2005AVM51-14   75 - 80  2005.12

  • 動画像圧縮におけるベクター表現の符号化に関する検討

    河村, 山本, 渡辺

    情報処理学会AVM研究会   2005AVM51-15   81 - 86  2005.12

  • 品質変動低減のためのJPEG2000符号量制御方式

    佐野, 内藤, 渡辺

    情報処理学会AVM研究会   2005AVM51-17   93 - 98  2005.12

  • 複雑な環境における物体検出法の一検討

    伊谷, 渡辺

    画像符号化シンポジウム PCSJ2005    2005.11

  • ベクトル表現を用いた時空間スケーラブル符号化におけるエッジ再構成に関する検討

    山本, 河村, 渡辺

    画像符号化シンポジウム PCSJ2005    2005.11

  • イントラ符号化にベクター表現を用いた動画像圧縮に関する検討

    河村, 山村, 渡辺

    画像符号化シンポジウム PCSJ2005    2005.11

  • 映像シーンに適応したスケーラビリティ選択手法に関する検討

    高橋, 後藤, 石川, 渡辺, 富永

    画像符号化シンポジウム PCSJ2005   P-5.13  2005.11

  • 動き補償付時間方向フィルタリングにおける適応的Update 手法に関する一検討

    後藤, 石川, 渡辺

    画像符号化シンポジウム PCSJ2005    2005.11

  • 時空間画像のJPEG 2000 符号化におけるSNR の周期的変動に関する考察

    加藤, 石川, 渡辺

    画像符号化シンポジウム PCSJ2005   P-2.18  2005.11

  • ディジタルシネマのフリッカー低減を目的とした符号化手法

    石川, 渡辺

    画像符号化シンポジウム PCSJ2005   P-2.17  2005.11

  • H.264 Inter予測における動き補償ブロックサイズ高速決定手法

    常松, 渡辺

    情報処理学会AVM研究会   2005AVM50-3  2005.10

  • ベクトル変換におけるパスの本数と点の個数に関する検討

    河村, 山本, 渡辺

    FIT2005   J-075  2005.09

  • 時空間スケーラビリティを考慮したセルアニメーションにおけるエッジ再構成に関する一検討

    山本, 河村, 渡辺

    FIT2005   J-068  2005.09

  • JPEG2000によるHDTV低遅延符号化のための符号量制御方式

    佐野, 内藤, 渡辺

    FIT2005   J-062  2005.09

  • Motion JPEG 2000における前後フレームを用いたフリッカー低減手法の検討

    伊谷, 渡辺

    FIT2005   J-061  2005.09

  • 時空間画像のJPEG 2000符号化におけるSNR揺らぎについて

    加藤, 石川, 渡辺

    FIT2005   J-060  2005.09

  • Gradation Approximation for Vector Based Compression of Comic Images

    K.Kawamura, Y.Yamamoto, H.Watanabe

    IEEE International Conference on Image Processing (ICIP2005)   WedAmPO6  2005.09  [Refereed]

  • SPORT: A Near-Optimal Solution to Divisible Load Scheduling on Heterogeneous Systems

    A.Ghatpande, H.Nakazato, H.Watanabe

    2005 IEICE Society Conference   BS-9-4  2005.09

  • H.264/AVC におけるIntra 予測モードの決定手法に関する検討

    常松, 渡辺

    電子情報通信学会論文誌D-II   Vol. J88-D2 ( No.9 ) 1979 - 1981  2005.09

  • 空間スケーラビリティを用いた画像解像度変換法

    石川, 渡辺

    画像電子学会誌   Vol. 34 ( No. 5 ) 548 - 557  2005.09

  • Motion JPEG 2000における静動領域判定に基づくフリッカー低減手法の検討

    伊谷, 渡辺

    情報処理学会AVM研究会   2005AVM49-14  2005.07

  • “フィルムグレインを考慮したH.264/AVC符号化方式に関する一検討

    後藤, 常松, 渡辺

    情報処理学会AVM研究会   2005AVM49-06  2005.07

  • H.264における動き補償ブロックサイズ高速決定手法に関する一検討

    常松, 後藤, 渡辺

    情報処理学会AVM研究会   2005AVM49-04  2005.07

  • 時空間画像の符号化に関する一考察

    加藤, 渡辺, 安田

    情報処理学会全国大会   3W5  2005.03

  • 通過点削減によるベクトル表現の符号化効率改善

    山本, 河村, 渡辺, 富永

    情報処理学会全国大会   1L5  2005.03

  • ベクター変換における符号化効率の改善

    河村, 山本, 渡辺

    情報処理学会全国大会   3W4  2005.03

  • 時空間画像の符号化による時間軸ノイズの低減に関する一考察

    加藤, 渡辺, 安田

    電子情報通信学会総合大会   D-11-67  2005.03

  • Motion JPEG 2000におけるフリッカー低減手法の検討

    伊谷, 石川, 渡辺, 富永

    電子情報通信学会総合大会   D-11-61  2005.03

  • フィルムグレインを考慮したH.264/AVCモード決定手法に関する一検討

    後藤, 常松, 渡辺, 富永

    電子情報通信学会総合大会   D-11-56  2005.03

  • モードの偏りを用いたH.264/AVC FRExt Intra モード決定手法

    常松, 渡辺

    電子情報通信学会総合大会   D-11-55  2005.03

  • 二値画像のベクトル表現における符号化効率改善

    山本, 河村, 渡辺, 富永

    電子情報通信学会総合大会   D-11-30  2005.03

  • ベクター表現における階層的変換手法の検討

    河村, 山本, 渡辺

    電子情報通信学会総合大会   D-11-6  2005.03

  • H.264/AVC FRExtにおけるIntra予測モードの決定手法に関する一検討

    常松, 渡辺

    情報処理学会AVM研究会   2004AVM47-25  2004.12

  • Motion JPEG2000を利用したマルチ解像度変換システム

    石川, 渡辺

    情報処理学会AVM研究会   2004AVM47-25  2004.12

  • Motion JPEG2000低遅延符号化のための時間方向ビット配分

    佐野, 内藤, 渡辺

    情報処理学会AVM研究会   2004AVM47-24  2004.12

  • ベクター表現の階層化に関する検討

    河村, 山本, 渡辺

    情報処理学会AVM研究会   2004AVM47-23  2004.12

  • Distributed Video Encoding on Single-level Heterogeneous Processor Trees

    A.Ghatpande, H.Nakazato, H.Watanabe

    画像符号化シンポジウム PCSJ2004   P-5.11  2004.11

  • 二値画像のベクトル化における符号量削減に関する検討

    山本, 河村, 渡辺, 富永

    画像符号化シンポジウム PCSJ2004   P-2.04  2004.11

  • H.264/AVCにおけるIntra予測モードの決定手法に関する一検討

    常松, 渡辺

    画像符号化シンポジウム PCSJ2004   P-5.16  2004.11

  • Distributed Video Encoding on Single-level Heterogeneous Processor Trees

    A.Ghatpande, H.Nakazato, H.Watanabe

    画像符号化シンポジウム PCSJ2004   P-5.11  2004.11

  • ベクター表現における符号量制御に関する検討

    河村, 山本, 渡辺

    画像符号化シンポジウム PCSJ2004   P-5.04  2004.11

  • JPEG2000 Precinct構造を用いた低遅延HDTV符号化方式

    佐野, 内藤, 渡辺

    情報処理学会AVM研究会   2004AVM46-02  2004.10

  • ベクター変換における曲線最適化アルゴリズムの一検討

    河村, 渡辺

    FIT2004   J-025  2004.09

  • JPEG2000 Precinct構造による低遅延HDTV符号化方式

    佐野, 内藤, 渡辺

    FIT2004   J-076  2004.09

  • Vector representation of binary images containing halftone dots

    K.Kawamura, H.Watanabe, H.Tominaga

    IEEE International Conference on Multimedia Expo 2004 (ICME2004)   TP2-1  2004.07  [Refereed]

  • 網点を含む2値画像のベクトル表現による高能率符号化に関する検討

    河村, 渡辺

    画像電子学会年次大会    2004.06

  • スプライトを適応的に利用したMPEG-4映像符号化システム

    秦泉寺, 岡田, 八島, 渡辺

    画像電子学会誌   No.33, Vol.3  2004.06

  • モバイル環境におけるユーザクラスタリングを用いた情報推薦システムの検討

    金田, 渡辺

    情報処理学会AVM研究会   2003AVM44-04  2004.03

  • マンガ符号化における網点の多階調近似処理の評価

    河村, 渡辺, 富永

    情報処理学会全国大会   3Z-1  2004.03

  • マンガ符号化における濃度勾配検出法の改良

    河村, 渡辺, 富永

    情報処理学会AVM研究会   2003AVM44-03  2004.03

  • ディジタルシネマにおける階層符号化に関する検討

    石川, 田邉, 渡辺

    電子情報通信学会総合大会   D-11-15  2004.03

  • Motion-JPEG2000の符号量制御のためのROI符号化に関する検討

    佐野, 渡辺, 富永

    電子情報通信学会総合大会   D-11-17  2004.03

  • Motion JPEG2000映像配信のためのマルチ解像度変換法

    田邉, 石川, 渡辺

    情報処理学会AVM研究会   2003AVM44-19  2004.03

  • Motion JPEG2000におけるフリッカー雑音とタイリングの関係について

    加藤, 石川, 渡辺

    情報処理学会AVM研究会   2003AVM44-18  2004.03

  • 2値画像のベクトル表現における網点の階調近似処理に関する検討

    河村, 渡辺, 富永

    電子情報通信学会総合大会   D-11-106  2004.03

  • マンガ符号化における網点のグラデーション処理の検討

    河村, 渡辺, 富永

    情報処理学会AVM研究会   2003AVM43-8  2003.12

  • 網点を含んだ2値画像のベクトル表現に関する検討

    河村, 渡辺, 富永

    画像符号化シンポジウム PCSJ2003   P-2.13  2003.11

  • ROIを利用したMotionJPEG2000の符号量制御に関する検討

    佐野, 渡辺, 富永

    画像符号化シンポジウム PCSJ2003   P-2.14  2003.11

  • Motion JPEG 2000における最適解像度変換法

    田邉, 渡辺, 富永

    画像符号化シンポジウム PCSJ2003   P-1.02  2003.11

  • An Architecture for Distributed Video Encoding on the Internet

    A.Ghatpande, H.Nakazato, H.Watanabe

    画像符号化シンポジウム PCSJ2003   P-2.02  2003.11

  • Distributed computing for real-time video processing

    H.Watanabe, A.Ghatpande, H.Nakazato

    1st International Conference on Ubiquitous Computing (ICUC) 2003,    2003.10

  • マンガの超高圧縮符号化に関する検討

    河村, 渡辺, 富永

    情報処理学会AVM研究会   2003AVM42-2  2003.10

  • Distributed computing for real-time video processing

    H.Watanabe, A.Ghatpande, H.Nakazato

    1st International Conference on Ubiquitous Computing (ICUC) 2003,    2003.10

  • 大規模コンテンツ配信のためのアプリケーションレベル・マルチキャストツリー構築に関する検討

    清水, 亀山, 渡辺

    FIT2003   L-011  2003.09

  • モバイル環境におけるユーザの嗜好と位置を利用した情報推薦システムの検討

    金田, 亀山, 渡辺

    FIT2003   M-092  2003.09

  • Motion JPEG2000におけるフリッカー雑音と量子化誤差の関係について

    加藤, 田邉, 渡辺, 富永

    FIT2003   J-039  2003.09

  • JPEG2000におけるテキスト分離符号化方式に関する検討

    石川, 富永, 渡辺

    FIT2003   J-036  2003.09

  • A novel content distribution architecture utilizing network distance prediction

    N.Shimizu, W.Kameyama, H.Watanabe

    World Multiconference on Systemics, Cybernetics and Informatics (SCI) 2003   Proc. Vol  2003.07  [Refereed]

  • A novel content distribution architecture utilizing network distance prediction

    N.Shimizu, W.Kameyama, H.Watanabe

    World Multiconference on Systemics, Cybernetics and Informatics (SCI) 2003   Proc. Vol  2003.07

  • Transcoding by automatic ROI extraction from JPEG2000 bitstream

    H.Watanabe, T.Ogita

    PCS2003   WP1.4-7  2003.04

  • Transcoding by automatic ROI extraction from JPEG2000 bitstream

    H.Watanabe, T.Ogita

    PCS2003   WP1.4-7  2003.04

  • IDG基礎から学ぶ 情報圧縮技術

    亀山, 金子, 渡辺

    (株)IDGジャパン   ISBN4-87280-486-4  2003.04

  • 差分画像を利用したアニメーション映像からのオブジェクト抽出

    中神, 渡辺, 富永

    情報処理学会AVM研究会   2003AVM40-06  2003.03

  • ホストの相対的位置情報を利用したコンテンツ配信に関する検討

    清水, 亀山, 渡辺

    電子情報通信学会総合大会   B-6-170  2003.03

  • Wavelet符号化を動画像に適用した際の視覚的歪みに関する検討

    加藤, 田邉, 渡辺, 富永

    電子情報通信学会総合大会   D-11-15  2003.03

  • Motion JPEG2000における最適解像度変換法の検討

    田邉, 渡辺, 富永

    情報処理学会AVM研究会   2003AVM40-04  2003.03

  • ディジタル放送教科書(上)- IDG情報通信シリーズMPEG-1/MPEG-2/ MPEG-4

    (株)IDGジャパン   ISBN4-87280-477-5  2003.02

  • A novel decoder-downloadable system for content-oriented coding

    IEEE Global Telecommunications conference GLOBECOM02   GEN-01-1  2002.11

  • モバイルカメラを利用した地理情報提示方法に関する基礎検討

    金田, 吉沢, 亀山, 渡辺

    映像メディア処理シンポジウム IMPS2002   I-2.11  2002.11

  • アニメーション映像における動き情報検出の検討

    中神, 渡辺, 富永

    画像符号化シンポジウム PCSJ2002   P-4.03  2002.11

  • Wavelet変換符号化における量子化歪について

    田邉, 加藤, 渡辺, 富永

    画像符号化シンポジウム PCSJ2002   P-3.02  2002.11

  • A novel decoder-downloadable system for content-oriented coding

    N.Shimizu, T.Miyazawa, W.Kameyama, H.Watanabe, H.Tominaga

    IEEE Global Telecommunications conference GLOBECOM02   GEN-01-1  2002.11  [Refereed]

  • MPEG-4 very low bitrate video coding by adaptively utilizing sprite

    K.Jinzenji, S.Okada, N.Kobayashi, H.Watanabe

    IEEE International Conference on Multimedia Expo (ICME)   WedAmPO3: Compression II  2002.08

  • MPEG-4 very low bitrate video coding by adaptively utilizing sprite

    K.Jinzenji, S.Okada, N.Kobayashi, H.Watanabe

    IEEE International Conference on Multimedia Expo (ICME)   WedAmPO3: Compression II  2002.08

  • MPEG-4 very low bitrate video coding by adaptively utilizing sprite

    K.Jinzenji, S.Okada, N.Kobayashi, H.Watanabe

    IEEE International Conference on Multimedia Expo (ICME)   WedAmPO3: Compression II  2002.08

  • MPEG-4 very low bitrate video coding by adaptively utilizing sprite

    K.Jinzenji, S.Okada, N.Kobayashi, H.Watanabe

    IEEE International Conference on Multimedia Expo (ICME)   WedAmPO3: Compression II  2002.08

  • MPEG-4 very low bitrate video coding by adaptively utilizing sprite

    K.Jinzenji, S.Okada, N.Kobayashi, H.Watanabe

    IEEE International Conference on Multimedia Expo (ICME)   WedAmPO3: Compression II  2002.08  [Refereed]

  • A Study on two-layer coding for animation images

    O.Nakagami, T.Miyazawa, H.Watanabe, H.Tominaga

    IEEE International Conference on Multimedia Expo (ICME)   WedAmPO3: Compression II  2002.08  [Refereed]

  • MPEG-4 very low bitrate video coding by adaptively utilizing sprite

    K.Jinzenji, S.Okada, N.Kobayashi, H.Watanabe

    IEEE International Conference on Multimedia Expo (ICME)   WedAmPO3: Compression II  2002.08  [Refereed]

  • A Study on two-layer coding for animation images

    O.Nakagami, T.Miyazawa, H.Watanabe, H.Tominaga

    IEEE International Conference on Multimedia Expo (ICME)   WedAmPO3: Compression II  2002.08

  • Pixel-based extraction of moving objects for sprite coding

    World Multiconference on Systemics, Cybernetics and Informatics (SCI)   Proc. Vol. III  2002.07

  • A study on content-oriented coding scheme and decoder downloadable system

    World Multiconference on Systemics, Cybernetics and Informatics (SCI)   Proc. Vol. III  2002.07

  • Pixel-based extraction of moving objects for sprite coding

    S.Watanabe, K.Jinzenji, H.Watanabe

    World Multiconference on Systemics, Cybernetics and Informatics (SCI)   Proc. Vol. III  2002.07  [Refereed]

  • A study on content-oriented coding scheme and decoder downloadable system

    O.Nakagami, N.Shimizu, T.Miyazawa, W.Kameyama, H.Watanabe, H.Tominaga

    World Multiconference on Systemics, Cybernetics and Informatics (SCI)   Proc. Vol. III  2002.07  [Refereed]

  • Dynamic ProgrammingとFeedback Algorithmによる閉曲線近似法

    宮澤敏記, 中神央二, 渡辺裕, 富永英義

    画像電子学会第30回年次大会   No.20  2002.06

  • 物体形状の推定と表面質感に関する一考察

    巽英之, 渡辺裕, 大谷淳

    画像電子学会第30回年次大会   No.19  2002.06

  • 二層構造によるアニメーション画像符号化の検討

    中神央二, 宮澤敏記, 渡辺裕, 富永英義

    画像電子学会第30回年次大会   No.15  2002.06

  • コンテントオリエンティッド符号化実現のためシステム提案

    清水直人, 宮澤敏記, 亀山渉, 渡辺裕, 富永英義

    画像電子学会第30回年次大会   No.14  2002.06

  • MPEG-2ビットストリームからのROI抽出とトランスコーダへの適用

    田邉集, 泰泉寺久美, 渡辺裕, 富永英義

    画像電子学会第30回年次大会   No.9  2002.06

  • JPEG2000トランスコーダにおけるROI自動抽出と評価

    荻田健夫, 渡辺裕

    画像電子学会第30回年次大会   No.10  2002.06

  • Dynamic ProgrammingとFeedback Algorithmによる閉曲線近似法

    宮澤敏記, 中神央二, 渡辺裕, 富永英義

    画像電子学会第30回年次大会   No.20  2002.06  [Refereed]

  • A Study on Extraction of Moving Objects Using Watershed Transform

    S.Watanabe, K.Jinzenji, H.Watanabe

    画像電子学会第30回年次大会   No.8  2002.06

  • 平滑化操作によるアニメーション画像符号化の検討

    中神央二, 宮澤敏記, 渡辺裕, 富永英義

    電子情報通信学会総合大会   D-11-54  2002.03

  • 平滑化操作によるアニメーション画像符号化の検討

    中神央二, 宮澤敏記, 渡辺裕, 富永英義

    情報処理学会オーディオビジュアル複合情報処理研究会   2002AVM36-11  2002.03

  • デコーダダウンローダブルシステムにおけるフレキシブルデコーダ構成

    清水直人, 宮澤敏記, 亀山渉, 渡辺裕, 富永英義

    電子情報通信学会総合大会   D-11-119  2002.03

  • デコーダダウンローダブルシステムにおけるスケジューリング方式の検討

    宮澤敏記, 清水直人, 亀山渉, 渡辺裕, 富永英義

    電子情報通信学会総合大会   D-11-120  2002.03

  • スプライトを用いたMPEG-4超高圧縮符号化方式:VideoESPER

    泰泉寺久美, 岡田重樹, 小林直樹, 渡辺裕, 米原紀子

    情報処理学会オーディオビジュアル複合情報処理研究会   2002AVM36-8  2002.03

  • ROIの自動抽出に基づくJPEG2000トランスコーダの一検討

    電子情報通信学会総合大会   D-11-118  2002.03

  • Pixel-based extraction of moving objects for sprite coding

    電子情報通信学会総合大会   D-11-96  2002.03  [Refereed]

  • MPEG-2 Bit Stream からの動領域抽出法の検討

    田邉集, 泰泉寺久美, 渡辺裕, 富永英義

    情報処理学会オーディオビジュアル複合情報処理研究会   2002AVM36-7  2002.03

  • JPEG2000を用いた静止画中の物体の質感表現の検討

    電子情報通信学会総合大会   D-11-172  2002.03

  • Dynamic Programmingによるセル画アニメーション内均等色輪郭線符号化の検討

    情報処理学会オーディオビジュアル複合情報処理研究会   2002AVM36-12  2002.03

  • Pull型サービスにおけるデコーダダウンローダブルシステムの構成及び評価

    宮澤敏記, 清水直人, 亀山渉, 渡辺裕, 富永英義

    画像符号化シンポジウム PCSJ2001   P-P2.06  2001.11

  • 箱で運んだ会議ドキュメント

    渡辺裕

    画像電子学会誌   30;5;pp.629-630  2001.09

  • MPEG-4 Very Low Bitrate Video Compression Using Sprite Coding

    K.Jinzennji, H.Watanabe, S.Okada, N.Kobayashi

    IEEE International Conference on Multimedia and Expo 2001 (ICME'01)   TA0.02  2001.08  [Refereed]

  • MPEG-4 Very Low Bitrate Video Compression Using Sprite Coding

    K.Jinzennji, H.Watanabe, S.Okada, N.Kobayashi

    IEEE International Conference on Multimedia and Expo 2001 (ICME'01)   TA0.02  2001.08

  • Sprite Coding in Object-based Video Coding Standard: MPEG-4

    H.Watanabe, K.Jinzenji

    World Multiconference on Systemics, Cybernetics and Informatics (SCI) 2001   Vol.XIII;pp.420-425  2001.07

  • Animation Image Coding

    T.Miyazawa, W.Kameyama, H.Watanabe, T.Sakatani, H.Tominaga

    World Multiconference on Systemics, Cybernetics and Informatics (SCI) 2001   Vol.XIII;pp.404-409  2001.07

  • Sprite Coding in Object-based Video Coding Standard: MPEG-4

    H.Watanabe, K.Jinzenji

    World Multiconference on Systemics, Cybernetics and Informatics (SCI) 2001   Vol.XIII;pp.420-425  2001.07

  • Animation Image Coding

    T.Miyazawa, W.Kameyama, H.Watanabe, T.Sakatani, H.Tominaga

    World Multiconference on Systemics, Cybernetics and Informatics (SCI) 2001   Vol.XIII;pp.404-409  2001.07

  • MPEG-4スプライト符号化を用いた超低レート動画像圧縮

    秦泉寺久美, 渡辺裕, 岡田重樹, 小林直樹

    電子情報通信学会論文誌D-II   J84-D-II;5;pp.758-768  2001.05

  • An Approach to MPEG-4 Multi Mode Coding Using Sprite Coding

    S.Okada, K, Jinzenji, H.Watanabe, N.Kobayashi

    International Picture Coding Symposium PCS2001   pp.421-424  2001.04

  • An Approach to MPEG-4 Multi Mode Coding Using Sprite Coding

    S.Okada, K, Jinzenji, H.Watanabe, N.Kobayashi

    International Picture Coding Symposium PCS2001   pp.421-424  2001.04

  • アニメーション画像符号化の基礎検討

    宮澤敏記, 亀山渉, 渡辺裕, 阪谷徹, 富永英義

    電子情報通信学会   D-11-16  2001.03

  • アニメーション画像符号化における輪郭線抽出と近似方式の検討

    宮澤敏記, 亀山渉, 渡辺裕, 阪谷徹, 富永英義

    情報処理学会AVM研究会   AVM32-12, pp. 65-70  2001.03

  • Information Technology:Multimedia Standards-what's next?

    Hiroshi Watanabe

    ISO Bulletin   32-1 page4  2001.01

  • スプライト符号化を利用したMPEG-4マルチモード符号化方式の研究

    岡田重樹, 秦泉寺久美, 渡辺裕, 小林直樹

    画像符号化シンポジウムPCSJ2000   P-P. 2. 05  2000.11

  • MPEG-4, JPEG2000符号化の現在と将来像

    画像符号化シンポジウムPCSJ2000   パネリストセッション  2000.11

  • Visual Communication in Mobile Era

    MoMuC2000   パネリスト  2000.10

  • Visual Communication in Mobile Era

    MoMuC2000   パネリスト  2000.10

  • SC29 and Multimedia

    MoMuC2000   キーノートスピーカー  2000.10

  • MPEG-4スプライト符号化を用いた超低レート動画像圧縮

    秦泉寺久美, 岡田重樹, 渡辺裕, 小林直樹

    画像電子学会研究会   0-03-02;pp.7-13  2000.09

  • Automatic Two-layer Video Object Plane Generation Scheme and Its Application to MPEG-4 Video Coding

    K.Jinzenji, S.Okada, H.Watanabe, N.Kobayashi

    IEEE International Symposium on Circuits and Systems, ISCAS2000   pp.606-609  2000.05  [Refereed]

  • Automatic Two-layer Video Object Plane Generation Scheme and Its Application to MPEG-4 Video Coding

    K.Jinzenji, S.Okada, H.Watanabe, N.Kobayashi

    IEEE International Symposium on Circuits and Systems, ISCAS2000   pp.606-609  2000.05

  • Bitstream Scaling by Reference Frame Altering

    清水淳, 嵯峨田淳, 渡辺裕, 小林直樹

    電子情報通信学会論文誌D-(]G0002[)   J83-D-II,3,967-976  2000.03

  • 背景スプライトを用いた動画像圧縮に関する一考察

    電子情報通信学会全国大会   D-11-52  2000.03

  • 参照フレーム変更によるビットストリームスケーリング

    清水淳, 嵯峨田淳, 渡辺裕, 小林直樹

    電子情報通信学会論文誌D-II   J83-D-II,3,pp.967-976  2000.03

  • スプライト符号化に適したショット判定方法

    電子情報通信学会全国大会   D-11-53  2000.03

  • スプライト符号化に適したショットの判定方法

    情報処理学会オーディオビジュアル複合情報処理研究会   2000-AVM-28,28-11,pp.61-66  2000.03

  • Global Motion Estimation for Sprite Production and Application to Video Coding

      J83-D-II,2,535-544  2000.02

  • スプライト生成のためのグローバルモーション算出法と符号化への適用

    秦泉寺久美, 渡辺裕, 小林直樹

    電子情報通信学会論文誌D-II   J83-D-II;2,pp.535-544 ( 2 ) 535 - 544  2000.02

  • スプライト生成のためのグローバルモーション算出法と符号化への適用

    電子情報通信学会論文誌D-II   J83-D-II;2,pp.535-544  2000.02

  • 二層ビデオオブジェクト自動生成とMPEG-4符号化への適用

    電子情報通信学会画像工学研究会   IE99-115,pp.49-54  1999.12

  • スプライン/DCTハイブリッド符号化方式を用いたアニメーション映像における領域抽出の検討

    映像情報メディア学会マルチメディア情報処理研究会   MIP99-76,pp.23-30  1999.11

  • Next-generation Multimedia Coding Standard: MPEG-4

    NTT Review   11;6,pp.73-74  1999.11  [Refereed]

  • Video Coding Using Global Motion and Brightness-variation Compensation with Complexity Reduction

      J82-B/9,1676-1688  1999.09

  • 演算量低減を考慮したグローバル動き・輝度変化補償動画像符号化

    電子情報通信学会論文誌B   J82-B;9,pp.1676-1688  1999.09

  • 演算量低減を考慮したグローバル動き・輝度変化補償動画像符号化(共著)

    電子情報通信学会論文誌B   J82-B/9,1676-1688  1999.09

  • アニメーション映像における領域抽出の一検討

    画像符号化シンポジウム(PCSJ '99)   P.3.15,pp.65-66  1999.09

  • VOP自動生成とMPEG-4符号化への適用

    画像符号化シンポジウム(PCSJ '99)   P.4.03,pp.73-74  1999.09

  • MPEG-2ビデオ符号化チップSuperENCにおける1-passVBR制御方式

    画像符号化シンポジウム(PCSJ '99)   P.1.02,pp.5-6  1999.09

  • 次世代マルチメディア符号化国際標準MPEG-4

    NTT技術ジャーナル   11;8,pp.56-57  1999.08

  • Automatic VOP Production Scheme for Very Low Bit Rate Video Coding

    Picture Coding Symposium '99   pp.299-302  1999.04

  • Automatic VOP Production Scheme for Very Low Bit Rate Video Coding

    Picture Coding Symposium '99   pp.299-302  1999.04

  • Global brightness-variation compensation for video coding

    IEEE Trans. Circuit & Systems for Video Technology   8/8,988-1000  1998.12  [Refereed]

  • Obtaining higher resolution in Asia-Advances in digital signal processing for HDTV

    IEEE Signal Processing Magazine   ,52-62  1997.07

  • A Dynamic Computation Resource Scalable Algorithm for Software Video CODEC

      J80-D-II,2,444-458  1997.02

  • 動的演算量スケーラブルアルゴリズムによるソフトウェア画像符号化(共著)

    電子情報通信学会論文誌D-(]G0002[)   J80-D-II,2,444-458  1997.02

  • 64kbit/s video coding algorithm using adaptive gain/shape vector quantization

    EURASIP, Signal Processing, Image Communication   1/2,87-102  1987.02

  • MPEG-2 Coding Control Technology

    NTT R&D   46/6,589-594

  • MPEG2符号化制御技術(共著)

    NTT R&D   46/6,589-594

▼display all

Books and Other Publications

  • そこが知りたい最新技術 オーディオ・ビデオ圧縮入門

    亀山, 金子, 渡辺

    (株)インプレスR  2007.04

  • 改訂版ディジタル放送教科書(上)(下)

    亀山, 花村, 渡辺ほか

    (株)インプレス  2004.10 ISBN: 4844320270

  • Fundamentals of Digital Image Compression

    1996

  • ディジタル画像圧縮の基礎(共著)

    日経BP社  1996

Industrial Property Rights

  • 画像符号化方法、画像符号化装置および画像符号化プログラム

    5561611

    渡辺 裕, 石川 孝明

    Patent

  • 画像符号化方法、画像符号化装置および画像符号化プログラム

    5626728

    石川 孝明, 渡辺 裕

    Patent

  • 画像符号化装置、画像符号化方法および画像符号化プログラム

    5035926

    渡辺 裕, 石川 孝明

    Patent

  • 画像符号化装置、画像符号化方法および画像符号化プログラム

    5076150

    渡辺 裕, 石川 孝明

    Patent

Awards

  • 情報処理学会情報規格調査会標準化貢献賞

    2005  

  • 日本規格協会標準化文献賞奨励賞

    1998  

  • 画像電子学会技術賞

    1997  

  • 映像情報メディア学会丹羽高柳著述賞

    1997  

  • 電子情報通信学会学術奨励賞

    1988  

Research Projects

  • Improving the accuracy of human motion analysis by machine learning

    Project Year :

    2020.04
    -
    2023.03
     

  • Research on Automatic Digest Creation for Large Scale Comic Database

    Project Year :

    2017.04
    -
    2020.03
     

  • Research on Automatic Digest Generation for Comic Retrieval

    Project Year :

    2013.04
    -
    2016.03
     

     View Summary

    It is important to extract metadata contained in comics for realizing automatic digest generation system. The most important metadata is comic characters. In this research, we focused on the improvement of comic character extraction. Through experiments, we showed that Deformable Part Model (DPM), which is based on HOG features, is effective for extraction. We also studied on main character identification without prior knowledge by clustering. By this approach, positive and negative samples can be fed into DPM. Further, "Role Community Model", which is the method to identify the weight of each page by counting locations of character's appearance and their relations, can be used to realize automatic comic digest

  • マンガ検索のための自動要約生成に関する研究

    科学研究費助成事業(早稲田大学)  科学研究費助成事業(基盤研究(C))

    Project Year :

    2013
    -
    2015
     

     View Summary

    研究目的:マンガエピソードの自動要約生成には、登場キャラクターリストの自動生成が必須である。キャラクターの抽出には、その顔画像抽出が最も有効である。したがって、自然画像からの顔画像抽出を目的として開発されてきたハール変換型(Haar-like)の特徴量を、線画像主体で描かれるマンガ画像に対しても動作するように修正・拡張を行い、抽出精度の向上を目指している。
    研究方法:キャラクター抽出を目的とした特徴量として、対象をハール変換型(Haar-like)のみに限定せず、勾配ヒストグラム(HOG)を基盤としたDeformable Part Modelなどの最新の手法も線画像に適用してその効果を確認した。また判別にはサポートベクターマシーン(SVM)を用いることとした。
    キャラクター抽出には、マンガのキャラクター顔画像を数多く集積したデータセットが必要となる。そこで研究に協力的なマンガ作家の好意により、いくつかのマンガを提供してもらい顔画像(正例)切出し及び不正解画像(負例)切出しを行い、データベース化に向けた作業に入った。
    研究成果:1. 勾配ヒストグラム(HOG)特徴量を用いてキャラクター抽出を試みる場合、正例と負例画像の識別の際にキャラクターが含まれる背景画像も抽出性能に影響を与えることが分かった。背景がセリフ入りの吹き出し画像、オノマトペが含まれる画像、それ以外に3分類した場合、オノマトペが背景に存在する場合には、キャラクター抽出への影響は小さいことが分かった。(電子情報通信学会総合大会において発表)
    2. 勾配ヒストグラム(HOG)を基盤としたDeformable Part Modelは、顔画像中のいくつかの部分の相対的位置関係を利用するため、ハール変換型(Haar-like)特徴量よりもマンガキャラクターの顔画像抽出精度が高いことが分かった。(IEVC2014に投稿中)

  • Object-based Video Coding

    Project Year :

    2000
    -
    2001
     

  • Animation Image Coding

    Project Year :

    2000
    -
     
     

▼display all

Specific Research

  • 敵対的生成ネットワークを用いた映像・音楽生成の高精度化

    2020   Ahmad Yunnis Mousssa

     View Summary

    Ahmad Yunis Moussa and Hiroshi Watanabe: “Audio Translation with Conditional Generative Adversarial Networks,” IEEE The 2nd International Conference on Artificial Intelligence in Information and Communication (ICAIIC 2020), 9B-1, Feb. 2020を研究基盤として、深層学習のひとつである敵対的生成ネットワークを用いて音響信号を合成する際の音質改善を図った。

  • 機械学習による人物運動解析の高精度化

    2019   Khin Sabai Htwe, 稲田健太郎, 大澤遼平, 山川敦也

     View Summary

    本研究では,映像のみから人物の姿勢情報を機械学習により推定し,推定された人物の部位座標ベクトルを目的に応じて処理することにより,動作認識や個人認識の識別率を向上させることに成功した.体操競技において倒立状態の姿勢推定を可能にした.ダンスのような集団行動における動作タイミングの一致度を推定する手法について提案した.さらに,手話解析への適用を行い,映像上で手の重なりがない条件下での認識率を改善した.また,野球における投球動作解析のように同一シーンの整合が必要となる場合に,推定された部位座標を基に特徴ベクトルを生成することで,時系列整合アルゴリズムを用いて同一シーンの自動抽出を行えることを示した.

  • マンガ要約生成の自動化に関する研究

    2016   柳澤秀彰

     View Summary

    本研究では,Faster R-CNN(Regions with CNN features)を使用したマンガコンテンツの検出およびコマ内容の認識を提案した.コマやフキダシ,キャラクターといったオブジェクトは作品毎の形状変化が大きいため,既定の画像特徴量を用いた検出は困難である.従って,畳み込みニューラルネットワーク(CNN: Convolutional Neural Network)によって生成される特徴量のマンガへの適用について検討した.また,マンガコンテンツに固有な物体の配置に対応するため,複数の1クラス検出器の組み合わせによる検出手法を提案した.実験結果では,未知の5作品のマンガ画像に対する検出率とコマ構造認識率の観点から提案手法を評価した.その結果,52.8 - 84.9%の精度でコマ構造の認識が可能であることが分かった.

  • 顔画像認識に基づいた動物の品種識別

    2016   渡部宏樹

     View Summary

    本研究では,動物の顔画像に基づく品種識別性能向上のために,DCGANを用いたCNNのデータオーギュメンテーション手法を提案した.実験では,猫および犬の顔画像を対象とし,提案手法の性能を品種識別の正解率により評価した.その結果,DCGANを用いた類似画像追加と従来の画像変換によるデータオーギュメンテーション手法の組み合わせにより,猫の場合で0.8%,犬の場合で1.3%の正解率の向上を確認した.さらに,生成画像の品質が提案手法に及ぼす影響についての調査を行った.実験の結果,品質の良い画像を加える手法の方がより高い性能を発揮することが分かった.

  • 超高精細ビデオ符号化のための動きベクトル検出の研究

    2013  

     View Summary

    本研究では,動き推定誤差データの曲面近似に基づく画素補間が不要な小数画素精度動き推定手法を提案した.実験結果では,提案手法の性能をPSNRとビットレートの観点から評価した.その結果,MPEG-4 AVC (Advanced Video Coding) 及びMPEG-4 HEVC (High Efficiency Video Coding) のいずれの符号化方式と組み合わせても,R-D性能の点から劣化がほとんどなく且つ演算量が14-46%削減されることが分かった.まず,整数画素精度の動き推定マッチング誤差を,縦横画素位置を変数とする2次元データとして取扱い誤差曲面を生成した.次に,その曲面に対する数学的モデルとして,9個あるいは6個のパラメタからなる放物線関数(パラボリック形式)を用いた.予備実験を行い,実験から得られた誤差曲面とモデル関数とを照合した.その結果,曲面のある小領域では,中心位置の誤差演算時において45度方向に位置する画素の誤差からの寄与が非常に少ないことが分かった.したがって,中心位置とその縦横4画素からなる誤差に与える5個の係数(パラメタ)からなるモデルにより,十分誤差を近似できることが分かった.さらにより簡単な縦横分離形式でも十分な精度で近似できることが分かった.この1次元放物線を決定するパラメタの定義域についても検討した.また,放物線と比べてより自由度の高いいくつかのスプライン曲線の導入について検討した.スプライン曲線には,Cardinal-Spline, Hermite-Spline, Bézier-Spline, Non-Uniform Rational B-Spline (NURBS) などがある.このうち,3点の制御点で描ける2次形式のBézier-Splineによる誤差表面近似に基づく少数画素精度動き推定手法を提案した.実験の結果,整数画素精度の動き推定にBézier-Splineに基づく提案手法を組み合わせた方式は,より精度の細かなベクトルを選ぶ傾向にあることがわかった.Bézier-Splineの曲線を規定する係数の導出において、しきい値により場合分けすると,より性能が向上することが分かった.そこで提案方式をMPEG-HEVCと組み合わせ,その性能評価を行った.HEVCはAVCと比較して,符号化画像が同一の品質であれば,符号化レートが50%に削減できる超高圧縮符号化方式であり,2013年1月に仕様が凍結された最新の方式である.AVCは現在では幅広く普及しており,Blu-Ray Diskやハンディカム用のAVCHDで用いられている高圧縮符号化方式である.AVCでは動き補償のためのブロックサイズは主に16x16画素であったが,HEVCでは動き補償のためのブロックサイズが64x64画素にまで拡大可能となっている.したがってBézier-Splineの曲線を決定するしきい値を調節することとした.AVC,HEVCいずれの方式と組み合わせても,提案方式はR-Dの観点から劣化はなく,演算量が14-46%に低減できることが分かった.また処理時間をCPU time (msec) で評価した場合でも,13-36%に低減できることが分かった.したがって本提案方式は,8k画像 (水平画素数8000) のように超高精細に向かいつつある今後のテレビジョン画像を対象とする符号化器や,モバイル端末のようにCPU能力が低い符号化器において,演算処理量の低減に大きく貢献する技術である.

 

Syllabus

▼display all