MIKOSHIBA, Yoshiyuki

写真a

Affiliation

Faculty of Letters, Arts and Sciences, School of Culture, Media and Society

Job title

Professor

Homepage URL

http://www.f.waseda.jp/mikoyuki/

Concurrent Post 【 display / non-display

  • Affiliated organization   Global Education Center

Education 【 display / non-display

  •  
    -
    1995

    Waseda University   Graduate School, Division of Letters   哲学  

  •  
    -
    1995

    Waseda University   Graduate School, Division of Letters   哲学  

Degree 【 display / non-display

  • 修士

Professional Memberships 【 display / non-display

  •  
     
     

    The Japan Society for Ethics

  •  
     
     

    Japanische Kant-Gesellschaft

  •  
     
     

    Waseda University Philosophical Society

  •  
     
     

    The Philosophical Association of Japan

  •  
     
     

    Max-Scheler-Gesellschaft e.V.

display all >>

 

Research Areas 【 display / non-display

  • Philosophy and ethics

Research Interests 【 display / non-display

  • Kant, philosophy, ethics

Papers 【 display / non-display

  • 書評:船木祝『カントの思考の漸次的発展』

    図書新聞   ( 3485 )  2021.02

    Authorship:Lead author

  • 書評:ヘッフェ『自由の哲学』

    御子柴善之

    図書新聞   ( 3475 ) 5 - 5  2020.12

     View Summary

    ヘッフェ『自由の哲学』の書評。

  • カント義務論と道徳的自己認識の問題

    御子柴善之

    早稲田大学大学院文学研究科紀要   第65輯   11 - 25  2020.03

     View Summary

    カント倫理学の中心概念である「自己自身に対する義務」における第一の義務、すなわち「道徳的自己認識」を研究した。

  • Kants Ethik der "uebersinnlichen Natur" als Grundlage einer Kritik des heutigen Nationalismus

    Mikoshiba, Yoshiyuki

    哲学世界   ( 41 ) 1 - 11  2019.02

     View Summary

    カントの「超感性的自然」概念を再検討することで、今日のナショナリズムを批判する手掛かりを得る。

  • カント義務論と「自己自身に対する義務」の問題

    御子柴善之

    思想   ( 1135号 ) 80 - 93  2018.10  [Invited]

     View Summary

    カント義務論において「自己自身に対する義務」が第一の義務とされる理由を研究するとともに、この「義務」を正当化する理路を検討する。

display all >>

Books and Other Publications 【 display / non-display

  • カント 純粋理性批判

    御子柴善之( Part: Sole author)

    (株)KADOKAWA  2020.12 ISBN: 9784047036376

  • それでも、「信頼」の可能性を問う

    早稲田大学文学学術院総合人文科学研究センター研究部門, 現代日本における, 信頼社会, 再構築のための総合的研究( Part: Contributor)

    文化書房博文社  2018.11 ISBN: 9784830113116

     View Summary

    早稲田大学文学学術院総合人文科学研究センターに設置された研究部門「現代日本における『信頼社会』再構築のための総合的研究」の研究成果を論文集としてまとめた。その中に、「『信頼回復』という問題」という論文を載せた。

  • カント哲学の核心ー『プロレゴーメナ』から読み解く

    御子柴善之

    NHK出版  2018.09 ISBN: 9784140912522

     View Summary

    カントの批判哲学について、その核心を、『プロレゴーメナ』を用いて説明する。

  • グローバル化時代の人権のために―哲学的考察

    御子柴善之, 舟場保之, 寺田俊郎( Part: Joint editor)

    上智大学出版  2017.04 ISBN: 9784324102589

     View Summary

    グローバル化時代において、グローバル化によって人権を脅かされている人を念頭に、人権を哲学的に考察する。視点は、人権と尊厳、法と道徳、人権と政治に置かれる。

  • 自分で考える勇気-カント哲学入門

    御子柴善之

    岩波書店  2015.03 ISBN: 9784005007981

display all >>

Research Projects 【 display / non-display

  • カント義務論における「自己自身に対する義務」の研究

    Project Year :

    2017.04
    -
    2021.03
     

     View Summary

    2019年度の主たる成果は、2019年9月5日(エッセン大学)と9月6日(ゲーテ大学・フランクフルト)で開催された、第13回日独倫理学コロキウム(Pluralismus und Universalismus in der globalisierten Welt:グローバル化した世界における多元主義と普遍主義)を開催し、そこでDie japanischen Umweltgedanken angesichts des Begriffs des Anthropozaens(人新世概念に直面した日本の環境思想)と題する研究発表を行ったことである。この研究発表は、本研究の最終年度においてカントの「自己自身に対する義務」概念を用いて、地球環境問題の倫理を根拠づけるための第一歩となった。同時に、「人新世」という概念の登場によって、日本で人口に膾炙している「人間と自然との関係を守る」ことが環境保護である、という言い方の限界も明らかになったことを指摘した。当該のコロキウムにおいては、日本人研究者三名とドイツ人研究者・学生が集まり、熱心が議論が展開された。同年度には、さらに論文「カント義務論と道徳的自己認識の問題」と題する論文を執筆し、それを早稲田大学大学院文学研究科紀要(第65輯)に発表した。この論文は前年度の研究発表に基づくものだが、論文化する際に加筆することによって、「自己自身に対する義務」の中心に位置づく「自己認識」の内実を明らかにすることができた。そこでは悟性を中心とする認識が、理論的認識においては悟性と感性との関係において、道徳的認識においては悟性と理性との関係において成立することを指摘するとともに、カント義務論のける道徳的自己認識の意義を三つ取り出した。それは、自己知における謙抑、自己の途上性の認識、他者関係の再発見、である。研究代表者の研究そのものは「順調」に進行している。カントの「自己自身に対する義務」に対して、その内実を探り、歴史的背景を探り、その自己認識との関係も論じることができたからである。しかしながら、一点、残念なことがある。それは2020年4月にドイツ人研究者、ハイナー・クレメ氏を日本に招聘し、カント義務論にかんする研究会・講演会を開催する予定だったにもかかわらず、それが新型コロナウィルス蔓延の影響を受け、実現不可能になったことである。すでに航空券も購入し、ホテルも予約し、クレメ教授の発表原稿の日本語訳も準備していたにもかかわらず、突然の感染症蔓延により、これらをすべてキャンセルせざるをえなくなった。この事態により、本研究計画が含んでいた海外の研究者を招聘して研究会・講演会を開催するという企画が実現不可能になった。2020年度においても、同じ感染症の影響を免れることができないからである。他方、2019年度には博士後期課程の大学院生を一人、リサーチアシスタントとして雇用し、地球環境問題や人新世にかんする論文を収集することができた。これは本研究を前進させるにあたって資するところが大きかった。本研究は、2020年度を最終年度とする。したがって、本研究計画全体の中で予定してきた企画で、なお実現していない部分を遂行しなければならない。しかし、困難な企画が二つある。第一に、ドイツ人研究者を招聘して日本で研究会・講演会を開催したいが、それは困難である。そのためには早々に新型コロナウイルス感染症が終息しなければならないが、現在、それを見通すことができないからである。第二に、第14回日独倫理学コロキウムをドイツで開催するのも、同じ理由で困難である。そこで、今後の研究推進においては、次の三点を中心に据えることにしたい。第一に、「自己自身に対する義務」を基軸としたカント義務論を環境倫理と接続すること。これは2019年度に開始した研究の継続である。第二に、2019年に開催した第13回日独倫理学コロキウムの報告書の完成。これは、ドイツ参加者から原稿が届かずに停滞しているものだが、それを入手し、完成させたい。第三に、「自己自身に対する義務」を否定しているJ・S・ミルの『自由論』を再検討し、カントとミルとの視点の相違を明らかにしたい。なお、今年度の研究の全体を貫くテーマとして、「義務」と「責任」との関係を明らかにすることを試みたい。一般に、「義務」は義務論の、「責任」はケア論のテーマとして論じられ、双方は互いに還元できないあるいは還元してはいけないものとされている。他方、環境問題に対しては、自然環境に対する「ケア的関係」の重要性が語られる。そこで、本研究で地球環境問題を義務論的に論じるにあたり、ケア論の長所を取り込む工夫ができないかどうかを検討したい。以上の全体をもって、2020年度に本研究を適切に完了したい

  • Investigations into philosophical conceptions of "human rights" in the globalized world

    Project Year :

    2012.04
    -
    2016.03
     

     View Summary

    The primary result of this research project is that it brought about an international academic exchange by holding Japan-Germany Ethics Colloquium four times (three in Germany and one in Japan). The members of the project could continuously discuss the human-rights issues in the globalized world with German researchers who were dealing with those issues. The following can be counted as the outcomes of the discussions which often referred to Kant’s practical philosophy. First of all, it was confirmed that human rights could not be realized merely by some social institution or organization, though they could not be realized without the latter. Secondly, it was confirmed that there were disagreements among the opinions about the relationship between human rights and human dignity, and the logic of each opinion was clarified. Thirdly, the way the politics of human rights is related with morality was clarified together with the meaning of such morality

  • A Theoretical Study for the Formulation of Community Care-ethics based on the Trends of the Socialization of Care

     View Summary

    The public nursing care insurance program, which was introduced in Japan in 2000, gave the elderly more opportunities to make use of the social-welfare system than before. But a shortage of care staff emerges as a problem of the elderly care. One therefore expects volunteers will participate in community-based care.In this theoretical study for the formulation of community care-ethics based on the trends of the socialization of care I attempt to provide a philosophical basis for community care, and analyze a slogan, which is on everybody's lips, "care to maintain the dignity of the elderly". I make reference to the philosophy of Immanuel Kant and contemporary environmental debates in the prosecution of this study.The following four points are Listed as the results of this study.1. A critique of benevolence is requisite for volunteers' participation in community care, because the benevolence without critique lulls volunteers into complacency and raises problems on the side of clients. The hard distinction between practical reason and pure practical reason, which Kant made, provides an available criterion for the critique.2. To maintain the dignity of the elderly is "jemanden fuer voll zu nehmen" in German, i. e. to take anyone as a whole, which you can't understand.3. To maintain the dignity of a client members of a community should create an environment, in which care staffs can feel their own dignity, because one feels firstly one's own dignity. The community care and the community care-ethics are requisite to establish that environment.4. When the community care-ethics has only an external imposition, it loses its morality. In order to cast aside this concern it is appropriate to adopt an idea, "duties to oneself, which Kant advocated

  • Theoretical Inquiry for Constructing a Global Ethics in the Present World

     View Summary

    This research project aimed to continue and develop the discussions of 'Philosophical Forum for Reflecting on <9.11> from Diverse Viewpoints', in which we had tried to respond, as philosophers in a broader sense, to the challenges of the international society exemplified in the incident of <9.11>. With this aim we carried out theoretical inquiries into the basis of a global ethics, i.e. an ethics which the global community should need under the ever increasing tension. We took up and discussed such topics as terrorism and violence, justice and law, war and peace, human rights and gender, global environment, pluralism and education, while at the same time we tried to find a new way of philosophical thinking in the public sphere, and successfully created a form of public sphere, where individuals could engage in 'public use of reason' (Kant) and argue on equal terms, solely appealing to the power of speech.In this public sphere, we examined and made use of the resources provided by the tradition of philosophy and developed dialogical reflections in communication with citizens and experts from different fields, such as law, gender studies, religion, education, environmental studies. Through this process we located those problems which needed to be solved in order to construct a global ethics and identified some theoretical grounds for a global ethics

  • Comprehensive survey of the philosophical and ethical education for cultivating citizenship as the social foundation

     View Summary

    We have searched into the ways how to cultivate citizenship as the actual social foundation through the philosophical and ethical education, having not only developed the educational contents, which follow the subject of high school 'ethics' and are accomplished in the 4 years in university, but also tried to testify them in the actual lessons. The theoretical and ideal basis of this research is, on one hand, the concept of kantian citizenship, which is the core of his thought concerning enlightenment, and the special research into the relation between rhetoric and philosophy, which has been piled up since the age of ancient Greek on the other hand. We presented the result in the international philosophical congress in Hong Kong,(2009), Japanese Society of Philosophy(2010), and Japanese Society of Ethics(2011), all raising discussions

Presentations 【 display / non-display

  • Pflicht und Verantwortung in Hinsicht auf Kants Begriff der Verbindlichkeit

    Yoshiyuki MIKOSHIBA

    Verantwortung im Anschluss an Recht, Ethik und Politik  (On Line)  14.Deutsch-japanisches Ethik-Kolloquium

    Presentation date: 2020.09

     View Summary

    Pflicht und Verantwortung in Hinsicht auf Kants Begriff der Verbindlichkeit

  • Die japanischen Umweltgedanken angesichts des Begriffs des Anthropozaens

    Yoshiyuki Mikoshiba

    Pluralismus und Universalismus in der globalisierten Welt  (Frankfurt am Main)  13. Deutsch-japanisches Ethik-Kolloquium

    Presentation date: 2019.09

     View Summary

    j

  • カント義務論と道徳的自己認識の問題

    御子柴善之

    京都ヘーゲル読書会  (京都)  京都ヘーゲル読書会

    Presentation date: 2019.01

     View Summary

    カントの「自己自身に対する義務」における道徳的自己認識の問題を論じた。

  • グローバル化の時代における規範に関する三極対立構造

    舟場保之, 寺田俊郎, 御子柴善之

    日本カント協会第43回学会  (香川大学) 

    Presentation date: 2018.11

     View Summary

    舟場保之大阪大学教授を筆頭とし、寺田俊郎上智大学教授と三人で、グローバル化の時代における法と倫理、ナショナリズムの位置づけ、世界市民主義のあり方について、ポスター発表を行った。

  • Die Ethik der uebersinnlichen Natur angesichts des banalen Nationalismus

    御子柴善之

    第12回日独倫理学コロキウム  (エッセン)  寺田俊郎、舟場保之、御子柴善之

    Presentation date: 2018.09

     View Summary

    第12回日独倫理学コロキウムは、2018年9月5日(フランクフルト)と7日(エッセン)に開催された。7日に、「どこにでもあるナショナリズムと対峙するカントの超感性的自然の倫理学」という題名で研究発表を行った。

display all >>

Specific Research 【 display / non-display

  • 難民問題に対峙したドイツにおける「連帯」の哲学的研究

    2016  

     View Summary

    本研究は、2016年9月にドイツ連邦共和国のフランクフルトにて、第10回日独倫理学コロキウム「グローバルな危機の時代における連帯と人権」を開催すること、また、そこで研究発表をすることを主たる目的とし、資料収集、論文執筆、ドイツへの渡航を行うものである。予定通り、同コロキウムを9月7日に開催し、そこで邦訳「連帯共同体における献身の構えと排除」という題目で研究発表を行った。その中心的主張は、排除なしの連帯共同体を構想するには、既存の共同体を前提しない不完全義務の理解が必要だというものである。

  • グローバル化時代における世界市民主義の日独共同研究

    2009  

     View Summary

    本研究課題の中心事項は、ドイツ連邦共和国ボンにある早稲田大学ヨーロッパセンターで、第三回日独倫理学コロキウムを開催することである。この企画を2009年8月21日に実施し、当日前後に参加者の事情でプログラム変更を余儀なくされたものの、全体として盛会のうちに終了することができた。以下、当日の参加者の氏名、所属、発表題目、そのポイントを記す。舟場保之氏(大阪大学准教授)の発表「言明<格率が公表性と一致しない>が意味するものは何か」は、カントの『永遠平和のために』に見られる、表題に含まれる言明の意味を検討することで、カントが『道徳形而上学』で国際法レベルにおける国際会議の必要性を論じたことの積極的意義を論じた。A・ニーダーベルガー氏(フランクフルト大学講師)の発表「国家横断的民主主義の理論と国際法の古典的著述家たち(グロティウス、プーフェンドルフ、ヴァッテルの著作におけるコスモポリタン的な法の限界と可能性)」は、グロティウス、プーフェンドルフ、ヴァッテルの所説を取り上げ、主権国家という制度を克服する意義とその困難を論じた。寺田俊郎氏(明治学院大学准教授)の発表「グローバルな責任:人間愛ではなく人権の問題である」は、カントの「困窮した他者を助ける義務」という観念を他の著作を踏まえて検討し、その現代的意義と限界を論じた。御子柴(本学)の発表「社会倫理の一原理としての信頼:永遠平和のための第6予備条項からの展望」は、カントの「信頼」概念への言及を端緒とし、さらにジンメル、ボルノーらの所説を検討することで、現代社会に信頼を不断に回復することの意義を論じた。M・バウム氏(ブッパータール大学教授)の発表「カントと倫理的公共体」は、カントが『宗教論』で論じる、「人類の人類に対する義務」としての「倫理的公共体」形成を再検討することで、社会化そのものが道徳的に必然的であることを主張した。M・ルッツ=バッハマン氏(フランクフルト大学教授)の発表「カントにおける平和の義務とグローバル化時代における普遍的責任のコンセプト」は、カントにも見られる「民主的平和論」を再検討し、カントの思想を現代的な政治哲学の見地から補完するための必要事項を明らかにした。以上が上記コロキウムの概要である。全体として、カントの倫理思想、法思想は、必要な補完が行われるなら、現代的な政治状況においてアクチュアルな意義を主張できるものであることが確認された。なお、この議論を継続すべく、すでに2010年8月に第四回コロキウムが予定されており、そのための準備会合を二回、早稲田大学で開催したことを付記する。

  • グローバル化時代における倫理的責任の研究

    2011  

     View Summary

    「グローバル化時代における倫理的責任の研究」と題した本研究の中心は、本年度で5回目を迎えた日独倫理学コロキウムをドイツ連邦共和国のボンで開催することだった。計画通り、同コロキウムは「グローバル化時代の倫理学Ⅱ-<9.11>から10年が過ぎて-」という題目の下、2011年8月26日に開催された。研究発表は、以下の6本である。「任意の、いつでも解消可能な集まりとしての会議」舟場保之氏(大阪大学)、「討議倫理と異文化相互間倫理の問題」W・クールマン氏(アーヘン工科大学)、「<9.11>に対峙して、我われはどのように道徳哲学的な思考を展開できるか」寺田俊郎氏(上智大学)、「2001年9月11日以降の哲学-変わってしまった世界における実践哲学の課題のために」M・ルッツ&not;=バッハマン氏(フランクフルト大学)、「グローバル・エシックスにおける自己自身に対する義務」御子柴善之(早稲田大学)、「カントと政治哲学におけるコスモポリタニズムをめぐる論争」A・ニーダーベルガー氏(フランクフルト大学)。今回のコロキウムは、冒頭よりたいへん緊張感に満ちた議論が展開され、ドイツ側出席者から5回の中で最高に充実していたという感想が聞かれるほどだった。その内容は、一方で、カント哲学を基盤としつつも、他方で、<9.11>から10周年であることを全員が踏まえ、討議倫理、ハーバーマスの所説、アメリカ合衆国市民によるピースフル・トゥモロウズの動向にも言及することによって、グローバル化時代における倫理学を再考するものとなった。なお、当日の原稿は、すでに冊子として印刷済である。また、コロキウムに先んじて、第4回コロキウムの発表原稿を「グローバル化時代における倫理的責任」という題名の下、冊子として印刷した。今回のコロキウムの成功に基づいて、すでに第6回日独倫理学コロキウムを、「グローバル化時代における人権」という題目の下、2012年8月に、今回と同じくボンで開催することが決定している。本コロキウムが、早稲田大学の施設を基盤としつつ、日本とドイツの倫理学研究者が交流する場として確立しつつある。なお、2011年3月には、本コロキウム参加者であるルッツ=バッハマン氏とニーダーベルガー氏を編著者とする著作『平和構築の思想-グローバル化の途上で考える-』が、舟場氏と御子柴の監訳によって梓出版社から翻訳・刊行されたことを、本コロキウムに関連する成果として付言しておきたい。

  • 東日本大震災以降の「信頼」概念再検討に向けた、映像研究と哲学研究の領域横断的考察

    2013  

     View Summary

     本研究の中心課題は、2013年12月7日(土)に、文学学術院総合人文科学研究センターの研究部門、「現代日本における「信頼社会」再構築のための総合的研究」のシンポジウム開催に際して、映画を上映すること、その上映料を(研究費の大半を用いて)支出することだった。本研究では予定どおり、同日、戸山キャンパスの38号館AV教室において映画「先祖になる」(2012年)を、池谷薫監督をお招きして上映した。上映に先立ってミーティングを行い、上映後は、まず同監督に講演をいただき、その後、本研究部門の構成員である、藤本一勇教授、堀内正規教授、松永美穂教授と同監督とによる討議を行った。映画上映に際しては100名弱、討論に際しては50名強の参加者を得て、シンポジウムは盛会のうちに閉会した。 映画「先祖になる」は、東日本大震災の後、岩手県陸前高田市に住む77歳の人物が、自宅を再建するに至るまでのドキュメンタリーである。本研究は、この作品そのもののみならず、監督からこの作品の製作過程をうかがうことで、震災後の「信頼」について、学横断的に考えた。まず、この作品には、「信頼」の強さが表現されている。その「強さ」の裏づけとして機能しているのは、地域共同体の信仰である。作品の中では、祭りや樹木伐採後の所作にそれが表現されていた。次に、この作品には、「信頼」を生きる人に伴う孤独が表現されてもいた。「信頼」は、個人の人格的自由を基盤とするものであるがゆえに、その主体に孤立が訪れることもある。さらに、この作品は、「信頼」という問題を扱うに際し、個人的・個別的事象を手掛かりにすることの有効性をも明らかにしていた。これは本研究部門において、研究手法にかんする議論が分かれるところであったがゆえに、大いに参考になった。最後に、ドキュメンタリー制作における、製作者と被写体との信頼関係についても、監督から示唆を得ることができた。 なお、映画上映とは別に、書籍購入など資料収集にも研究費を使用した。これらは、「信頼」や「信頼回復」がキーワードになったかに見える現代日本社会で、なお「信頼社会」を再構築するために、なにが考えられるべきであり、なにが必要であるのかを明らかにしていくための手がかりとなるだろう。  

  • グローバル化した世界における「人権」概念の社会倫理学的研究

    2014  

     View Summary

    本研究は、研究者が代表者を務めている科研費研究「グローバル化した世界における哲学的『人権』概念の研究」との連携において構想されたものである。予定通り第8回日独倫理学コロキウム「人権への問い-法と道徳-」を開催することができた。また、同じく研究者が代表者を務めている研究部門(総合人文科学研究センター)、「信頼社会」研究の2014年度第2回研究会において数土直紀教授(学習院大学教授)をお招きし、「一般的信頼の変容と社会変動」という題目の下、講演をいただくことができた。これらの研究集会を踏まえ、「人権」概念の根拠づけに社会倫理や道徳性がどのように必要になるかを検討した。

display all >>

Overseas Activities 【 display / non-display

  • 現代ドイツ応用倫理学におけるカント哲学の受容と変容

    2007.04
    -
    2008.03

    ドイツ   生命諸科学における倫理のためのドイツ情報センター

 

Syllabus 【 display / non-display

display all >>

 

Committee Memberships 【 display / non-display

  • 2020.04
    -
    Now

    日本カント協会  会長

  • 2009.04
    -
    2011.03

    日本哲学会  委員

  • 2007.04
    -
    2020.03

    日本カント協会  常任委員

  • 2004.04
    -
    2006.03

    日本カント協会  委員

  •  
    -
    2019.03

    日本倫理学会  評議員