YAMANISHI, Yuji

写真a

Affiliation

Faculty of Letters, Arts and Sciences, School of Culture, Media and Society

Job title

Professor

Concurrent Post 【 display / non-display

  • Affiliated organization   Global Education Center

  • Faculty of Letters, Arts and Sciences   Graduate School of Letters, Arts and Sciences

  • Faculty of Education and Integrated Arts and Sciences   School of Education

Degree 【 display / non-display

  • 修士

Professional Memberships 【 display / non-display

  •  
     
     

    世界新教育学会

  •  
     
     

    日本比較教育学会

  •  
     
     

    日本教育学会

  •  
     
     

    (特活)開発教育協会

  •  
     
     

    日本国際理解教育学会

 

Research Areas 【 display / non-display

  • Education

Papers 【 display / non-display

  • 「地域そして文化からみる開発教育」『開発教育-公正な地球社会のための教育』

    山西優二

    開発教育協会   ( 50 ) 4 - 12  2004.08

  • 「地域からこれからの開発教育を考える」『自然と人間を結ぶ-農村文化運動』

    山西優二

    農山漁村文化協会   ( 172 ) 11 - 18  2004.04

  • 「開発教育の地域展開に向けて」『開発教育-公正な地球社会のための教育』

    山西優二

    開発教育協会   ( 47 ) 32 - 39  2003.02

  • 「教育方法の基本原理と参加型学習-新しい教育創造に向けての試論-」『開発教育-公正な地球社会のための教育』

    山西優二

    開発教育協議会   ( 42 ) 4 - 10  2000.08

Books and Other Publications 【 display / non-display

  • 「参加型学習とは何か-豊かな人間関係の構築に向けて-」『やってみよう参加型学習!日本語教室のための4つの手法〜理念と実践〜』

    山西優二

    スリーエーネットワーク  2005.01

  • 「多文化共生に向けての教育を考える」『外国人の定住と日本語教育』

    山西優二

    ひつじ書房  2004.09

  • 「開発教育の視点からみた教育協力」『教育協力-日本と世界の取り組みから-』

    山西優二

    早稲田大学平山郁夫記念ボランティアセンター  2004.03

  • 「新しい教育づくりに向けての学校と地域の連携」『わーい!NGOが教室にやってきた!-学校と地域がつくる国際理解教育-』

    山西優二

    武蔵野市国際交流協会  2003.12

  • 「開発教育の地域展開に向けて-地域の持つ意味を考える」『持続可能な開発のための学び』

    山西優二

    開発教育協会  2003.03

display all >>

Research Projects 【 display / non-display

  • Refugee Issues and Citizenship education in Education for International Understanding; Development of teaching materials based on European collaborative practices

    Project Year :

    2017.04
    -
    2020.03
     

  • Professional Knowledge and Assessment of Professionalism in a Multicultural Society

    Project Year :

    2013.04
    -
    2016.03
     

     View Summary

    This research aims at establishing an accreditation system for the “Multicultural Society Coordinator”, which approaches problem solving arising from the condition of an increasingly multicultural society in Japan. Firstly, we analyzed the nature of Multicultural Society Coordinators’ intellectual ability results from the “tacit knowledge” and revealed the fact that “practical intelligence” developed through the process of their actions, should be examined. Moreover, as for determination of their professionalism, we sorted out a four element classification of targets of practical intelligence: 1) knowledge, 2) skill, 3) attitude, and 4) philosophy/will and also showed the framework of the professional intelligence assessment.Furthermore, we carried out the provisional qualification assessment to examine our conditional framework effectively functions and in conclusion, the study proposed the approach of the Multicultural Society Coordinator Accreditation System

  • Synthetic Study on Sustainability and Resilience of Education in Asian Countries

    Project Year :

    2012.04
    -
    2016.03
     

     View Summary

    This study focused on five countries in Asia and the Pacific. These are Indonesia, New Zealand, the Philippines, Sri Lanka and Japan. By making the most of questionnaire and interviews in Japan and overseas, the study identified some of the characteristics of sustainability and resilience of these countries. As regard with resilience, which was one of the key concept of the research design, five elements of redundancy, robustness, diversity and autonomy were emphasized and found that some countries were strong while others were weak in terms of autonomy and others. The research also found some of the issues and/or challenges for schools or communities to be more sustainable

  • アジア諸国における教育の持続可能性とレジリエンスに関する総合的研究

    基盤研究(B)

    Project Year :

    2012
    -
    2015
     

     View Summary

    平成25年度も引き続き研究会を重ね、国際調査のための初年度に作成した質問紙調査項目について仙台市を中心とした現場の教員に試験的に回答してもらった。回答しずらい箇所などにさらに改良を加え、確定版(日本語版)を作成した。さらにプロトタイプとして活用するための英訳版を作った。調査対象国の調査を主に担うカウンターパートに連絡をとり、調査への協力を確約してもらえた国から調査を実施した。具体的には、スリランカを皮切りに、ニュージーランド、インドネシアである。各国、60~100強の回答を得ることができ、また聴取り調査も実施することが適った。質問紙調査の回答は入力作業で整理し(ニュージーランドのみインターネット上の直接回答)、国別の報告書(要約版)を作成する可能性が拓けるところまで来た。なお、トルコは政情不安となり、調査対象地から外した。タイはチュラロンコン大学の附置センターから協力が可能であるとの回答を得たが、こちらも政情不安時期と重なり、調査を断念した。これらの不安要素から、フィリピンを新たな対象国として想定することになった。
    上記のような海外調査に加え、当初から予定していた国内のレジリエンス事例の調査にも着手し始めた。具体的には、釜ヶ崎芸術大学を集中的に調査し、レポートにまとめた。さらに、被災地での本格的なアンケート調査に備え、試験的に仙台市や気仙沼市でアンケート調査を実施した。陸前高田市については交渉途中で年度末を迎え、継続課題となった。さらに、レジリエンスの関連図書(和書・洋書)や論文を購入・収集し、理論面での強化をはかった。

  • Synthetic Study on Sustainability and Resilience of Education in Asian Countries

    Project Year :

    2012
    -
    2015
     

     View Summary

    This study focused on five countries in Asia and the Pacific. These are Indonesia, New Zealand, the Philippines, Sri Lanka and Japan. By making the most of questionnaire and interviews in Japan and overseas, the study identified some of the characteristics of sustainability and resilience of these countries. As regard with resilience, which was one of the key concept of the research design, five elements of redundancy, robustness, diversity and autonomy were emphasized and found that some countries were strong while others were weak in terms of autonomy and others. The research also found some of the issues and/or challenges for schools or communities to be more sustainable

display all >>

 

Syllabus 【 display / non-display

display all >>