吉田 雅之 (ヨシダ マサユキ)

写真a

所属

教育・総合科学学術院 教育学部

職名

講師(専任)

兼担 【 表示 / 非表示

  • 文学学術院   文学部

学位 【 表示 / 非表示

  • 修士

所属学協会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     

    早稲田大学英語英文学会

  •  
     
     

    早稲田大学英語学会

  •  
     
     

    映画英語教育学会

  •  
     
     

    日本表現学会

  •  
     
     

    日本中世英語英文学会

 

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 英語・英米文学、言語学・音声学、英語学・英語史

論文 【 表示 / 非表示

  • 二ヶ国語放送を通して見た英語表現

    日本英語表現学会    1999年12月

  • Acronyms and Orthography

    早稲田大学英語学会   LINGUA 20  1999年01月

  • On Paul Harvey's Points of View

    神奈川県立外語短期大学紀要   16  1994年03月

  • A Note on the Compound Words in the Wycliffite Bible-- with special reference to the Book of Baruch

    相模女子大学紀要   54  1991年03月

  • EME ai and ei in the Wycliffite Bible『小島義郎教授還暦記念論文集』

    研究社    1988年08月

全件表示 >>

特定課題研究 【 表示 / 非表示

  • 言語の「音変化」が、文法・語彙など言語の他分野に与える影響(歴史言語学的考察)

    1999年  

     概要を見る

     英語史の流れのなかで中英語は発音の変化が激しかった時期で、それは写本間の多種多様な綴りの中に反映されている。「綴り」と「発音」の関係は必ずしも1対1とは限らず、慣用に従って実際の発音とは異なる綴りが使用されていた可能性も否定できない、同一作品内の綴りのゆれを子細に検討することにより、発音変化の手がかり、さらには文法や意味変化の手がかりを得ることも可能となる。 筆者は以前中英語の二重母音の綴りを調べ、解決されたとは到底言えない二重母音の発音の変遷について、通説とは若干異なる実態を示唆したことがあった。その後、発音だけでなく語形成との関連で写本間の異同を検討したこともあったが、常に中英語の持つ「語形・綴り字」の多様性を利用し、またそれに助けられて考察を進めてきた面がある。今回もその例に倣い、14世紀後半にウィクリフ派の訳した聖書の一部を用いて、文法との関連で語形の検討を行なうことにした。 二重母音の問題と並んで中英語時代の実態を把握しづらい問題に「 -ing 形」がある。古英語時代にさかのぼると二種類の異なる語形を持つ -ing 形は中英語に至って同一の語形となり、それに伴って動名詞と現在分詞は形のうえで見分けがつかなくなる。このたび資料として用いたテキストにおいて、わずかだが語形のうえで区別している状況を確認することができた。同一作品の写本間でこの書き分けをしているのはごく一部である。発音上、区別がつかなくなりつつある時期の貴重な事例を紹介し、相異なる二品詞がどのようにして融合したか、Curme を初めとした両者の区分上の論争解決に少しでも資することができれば幸いである。

海外研究活動 【 表示 / 非表示

  • 中世英国における翻訳事情と写本比較、中世英語の分析

    2009年03月
    -
    2010年03月

    イギリス   オックスフォード大学他

 

現在担当している科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>