ロー グレアム (ロー グレアム)

写真a

所属

国際学術院 国際教養学部

職名

教授

ホームページ

http://www.f.waseda.jp/glaw

兼担 【 表示 / 非表示

  • 国際学術院   国際コミュニケーション研究科

  • 附属機関・学校   グローバルエデュケーションセンター

  • 文学学術院   大学院文学研究科

学歴 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1981年

    University of Sussex Graduate School of Arts & Social Studies   English Literature   Modernism  

  •  
    -
    1981年

    University of Sussex Graduate School of Arts & Social Studies   English Literature   Modernism  

  •  
    -
    1977年

    エクシター大学、英国   文学部   英文学科  

学位 【 表示 / 非表示

  • サッセクス大学、英国   博士(文学)

  • University of Sussex, UK   D. Phil.(Doctor Philosophae)

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2004年
    -
     

    早稲田大学国際教養学部教授

  • 1995年
    -
    2004年

    早稲田大学法学部教授

  • 1992年
    -
    1995年

    早稲田大学法学部助教授

  • 1988年
    -
    1992年

    恵泉女学園大学人文学部助教授

  • 1985年
    -
    1988年

    東京大学教養学部外国人教師

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     

    Society for the History of Authorship, Readership & Publishing

  •  
     
     

    日本英文学会(『英文学研究』編集委員)

  •  
     
     

    British Association of Victorian Studies

  •  
     
     

    Wilkie Collins Society (Wilkie Collins Society Journal 編集者)

  •  
     
     

    Wilkie Collins Society

全件表示 >>

 

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 英語・英米文学

論文 【 表示 / 非表示

  • Review of Troy J. Bassett, The Rise and Fall of the Victorian Three-Volume Novel

    Style   53 ( 4 )  2020年12月  [査読有り]

  • Being Alone: Experiences of Isolation in the Imaginary Worlds of "His Dark Materials"

    Literary Geographies   6 ( 2 ) 1 - 6  2020年12月  [査読有り]

     概要を見る

    Because of its apparently unlimited freedom both to play with material settings and to explore the human consequences, fantasy fiction seems an appropriate context in which to consider the relationship between being alone and feeling alone.In other words, to consider the extent to which isolation as a psychological experience is shaped by isolation in the physical sense.

  • Nineteenth-century Soaps: Towards a Comparative Account of the Popular Victorian Serial Tale

    Transcommunication   7 ( 2 ) 107 - 126  2020年10月  [査読有り]

     概要を見る

    As the title suggests, the article focuses on the development during a period of rapid industrialization and urbanization of the various modes of cheap installment publication (in parts, in miscellanies, in newspapers, in paperback series) which in turn sought to address and indeed served to create a mass audience for narrative fiction. Among the popular genres emerging, the focus is particularly on varieties of domestic romance, which reached a broad family audience while disturbing traditional perceptions of class and gender roles. It endeavors to link together questions of generic form with those of publishing format, including price and distribution, periodicity and illustration. Making use of the concept of the “soap opera” as a device, the main thesis is that such developments in popular print culture in the nineteenth century should be recognized as precursors and facilitators of popular serial drama on film, radio and television, among other audio-visual media dominant in the twentieth century. It draws examples from a wide range of societies, with the three major case studies taken from England, France, and the United States, and briefer illustrations from East Asia, Latin America, and the British colonies.

  • The “realm of the dead” and Modern Media: The Strange Case of W.T. Stead

    Transcommunication   7 ( 1 ) 13 - 26  2020年06月  [査読有り]  [招待有り]

     概要を見る

    This articles centers on an account of the textual and publishing history of
    “Letters from Julia,” apparently received via automatic spirit writing by the British
    journalist W.T. Stead, which appeared in both magazine and book form during the
    1890s. The analysis underlines the damage done to Stead’s reputation as a modern
    journalist on account of his increasingly frequent recourse to metaphysics. At the
    same time it engages with Friedrich Kittler’s Gramophone, Film, Typewriter (1986), a
    post-humanist study of the three media inventions seen as defining modernity,
    which offers a general discussion of the relationship between this “realm of the
    dead” and modern communications. While Stead’s mystical view of the “realm of
    the dead” contrasts starkly with Kittler’s materialist conception, here it is argued
    that the German theorist’s own technological determinism cannot completely
    escape teleology. The creation of a significantly new media device does not
    automatically drive out the old, and the social and psychological consequences tend
    to be less than immediate. Clearly factors other than technological ones are
    involved. If the “Letters from Julia” provide less than convincing evidence of their
    origin in the world of spirits, they also suggest that the aura of manuscript was not
    lost quite so precipitately on the invention of the writing machine. In fact, the
    Remington typewriter remained for many decades predominantly a device for
    commercial rather than personal use. Indeed, many households did not own a
    device with a QWERTY keyboard before the personal computer boom of the 1980s,
    and until that period at least the hand-writing of personal documents such as letters
    and diaries remained the norm. The strange case of W.T. Stead thus suggests that
    cultural continuity can exist side by side with technological cleavage.

  • Serializing Fiction in the Australasian Press

    Graham Law

    Oxford Research Encyclopedia of Literature    2017年10月  [査読有り]  [招待有り]

    DOI

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • The Collected Letters of Wilkie Collins: Addenda and Corrigenda (12)

    William Baker, Andrew Gasson, Graham Law, Paul Lewis

    Wilkie Collins Society (London)  2018年12月

  • Companion to Victorian Popular Fiction(共著). Graham Law: 'Cricket' (1000 words), 'Tillotson's Fiction Bureau' (700 words), 'Dora Thorne', and 'Lucy, the Factory Girl' (both 100 words).

    Kevin Morrison, ed

    McFarland  2018年06月

  • The Collected Letters of Wilkie Collins: Addenda and Corrigenda (11)

    William Baker, Andrew Gasson, Graham Law, Paul Lewis

    Wilkie Collins Society (London)  2017年12月

  • Journalism and the Periodical Press in Nineteenth-Century Britain(共著). Graham Law. 'Wilkie Collins and "the discovery of an Unknown Public".' (6000 words)

    Joanne Shattock, ed

    Cambridge University Press  2017年03月

  • Thomas Hardy's Short Stories: New Perspectives (共著). Graham Law: "Neither Tales nor Short Stories? Issues of Authorship, Readership and Publishing in A Group of Noble Dames" (8000 words)

    Juliette Berning Schaefer, Siobhan Craft, Brownson, eds

    Routledge  2017年01月 ISBN: 9781472480033

全件表示 >>

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • ウィルキー・コリンズの小説とヴィクトリア朝の出版産業

    基盤研究(C)

    研究期間:

    2005年
    -
    2008年
     

     概要を見る

    この研究は、英国ヴィクトリア朝の大衆小説家であったウイルキー・コリンズの職業作家としての生涯を、当時の出版産業の発展に絡めて包括的・学術的に研究するという、学界初の試みであり、その意義を広く国際的に知らしめたことに成果がある。そして同時に、この研究結果は、図書に関する歴史学が未だそれ程発達しているとは言えない日本においての出版産業・出版史研究の前進に貢献するものであろう

  • ウィルキー・コリンズの小説とヴィクトリア朝の出版産業

    基盤研究(C)

    研究期間:

    2005年
    -
    2008年
     

     概要を見る

    この研究は、英国ヴィクトリア朝の大衆小説家であったウイルキー・コリンズの職業作家としての生涯を、当時の出版産業の発展に絡めて包括的・学術的に研究するという、学界初の試みであり、その意義を広く国際的に知らしめたことに成果がある。そして同時に、この研究結果は、図書に関する歴史学が未だそれ程発達しているとは言えない日本においての出版産業・出版史研究の前進に貢献するものであろう。

  • 新聞小説の国際比較

    基盤研究(C)

    研究期間:

    2001年
    -
    2002年
     

     概要を見る

    これまで二年間にわたる「新聞小説の国際比較」研究の中間的成果は、2003年一月の『文学』(岩波書店)に掲載された論文「世界の新聞小説の歴史をめぐって」、および、Book History6号(ペンステイト大学、2003年11月出版予定)において詳しい。世界の新聞小説を四地域(フランス、日本、アメリカ、イギリス)に分けて、地域ごとの第一資料、第二資料の調査、研究を行い、四地域に共通する主要な問題、つまり、首都、および、大都市と地方の新聞小説発行の関係、海外向けの小説配給業の発生と拡大、外国小説の翻訳掲載、そして、国際著作権法の発達の四点について、地域同士の特徴と、その共通性と相違を深く掘り下げることができた。新聞小説発行の形態において、フランス、日本は首都、大都市を中心とした「中央中心的」なものであり、たいして、アメリカ、イギリスは地方紙を配給業がつなぐ「脱中心的」なものであること。19世紀末期に始まった小説を海外に輸出する配給業は、世紀の最後の10年に大きな拡大し、四地域を繋ぐだけでなく、それぞれの植民地や属領にもその活動の手をのばしていること。海外からの小説の輸入にかんしては、アメリカ、日本においては盛んであり、フランス、イギリスはほぼ自給自足的であったが、外国語小説の翻訳は、フランス、日本において盛んであったこと。配給業の拡大、小説の翻訳の一般化にともなって生じた国際著作権の問題については、フランス、イギリスがその設立と著者の保護に積極的であり、つづいて、日本も追随し、アメリカが消極的だということ。こうしたことが、これまでの成果の大変大づかみな内容であり、最終的成果は、2005年出版予定のNovels in Newspaper(トロント大学出版)を参照されたい。

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • "Why Bother": Doing Japanese Studies in Japan through the Medium of English

    GSICCS First Anniversary Symposium, Waseda University, Tokyo  

    発表年月: 2014年01月

  • Old vs. New Journalism and the Public Sphere; or, Habermas Encounters Dallas and Stead

    W.T. Stead: Centenary Conference for a Newspaper Revolutions (British Library)  

    発表年月: 2012年04月

  • By the author of “Dora Thorne”?: A Case of Identity in the Fiction Factory

    SILS Faculty Seminar (Waseda University)  

    発表年月: 2011年10月

  • Serial Issues in a Digital World

    International Symposium: 'New Directions in Textual Scholarship', Saitama Univ.  

    発表年月: 2010年03月

  • Nineteenth-Century Soaps: Towards a Comparative Account of the Popular Victorian Serial.

    SHARP Regional Conference VI, Copenhagen, Denmark  

    発表年月: 2008年09月

全件表示 >>

特定課題研究 【 表示 / 非表示

  • ビクトリア朝の週刊新聞に連載された小説の目録作成

    2000年  

     概要を見る

     特定課題研究助成費の助けにより、ビクトリア朝期にロンドンで出版された、絵入り週刊新聞The GraphicとThe Illustrated London Newsに連載された小説の目録作成を終えることができた。完成したその目録の原稿(前書きと挿し絵を含む)は、クイーンズランド大学(University of Queensland)に送り、同大学のBarbara Garlick教授とPeter Edwards教授(共に、シリーズの監修者)に受け入れられた。Victorian Fiction Research Guideシリーズ中の第29巻として今秋出版予定である。 もう一方、地方週刊新聞に発表された連続物についての研究は現在も継続中である。調査は、自身で、あるいは現地の研究協力者を使って、次の3か所で行っている。British Library Newspaper Library, LondonThe Library, Pembroke College, University of CambridgeBolton Evening News Archive, Bolton Central Library, Greater Manchester 2000年夏には、英国で開かれた国際学界で、このテーマに関する論文をいくつか発表した(そのうちの2つについては別表参照)。さらに、同テーマに関連する4つの論文を学術雑誌等に投稿し、そのうちの1つはすでに出版され、別の1つは出版予定となっている。

  • メアリー・エリザベス・ブラドン(M. E. Braddon)による小説の連載について

    1999年  

     概要を見る

     ビクトリア朝期の新聞紙上における小説の連載及びシンジケート化についての研究の過程(主に、1997年4月から1年間の在外研究期間)では、多くの19世紀大衆小説作家達による作品の連載発表(初版)に関する、かなりの量の新しい情報を集めることができた。今回の研究対象のブラドンは、そういった作家達のひとりである。そして、このプロジェクトの目的は、さらに欠けている事実・情報を掘りおこし、ブラドン小説の連載出版に関する総合文献目録を作成することであった。 文書の調査は次の図書館で、主に該当分野に詳しい、現地の大学院研究者の協力を得て行われた。●Wolff Collection, The Harry Ransom Research Center, University of Texas●Royal Literary Fund Archives, The British Library Manuscripts Room, London●A. P. Watt Records, Wilson Library, University of North Carolina at Chapel Hill●A. P. Watt Archive, Berg Collection, New York Public Libraryまた、ビクトリア朝期の新聞(原版及びマイクロフィルム化されたもの)の調査は、ロンドンの大英図書館新聞図書館でも行われた。その調査のかなりの部分は、Dr. J. Carnell(University of London, Birkbeck College)――ブラドンの新しい伝記The Literary Lives of Mary Elizabeth Braddon(Hastings: Sensation Press, 2000)の著者――の協力によっている。 今回の研究を通して新しく得た、文献学的情報の多くは、別表にある2冊の著書に年表の形で発表されている。この情報の文学史・出版史的意義は、この2冊の著書、及び同じく別表の3つの学術論文において論じられている。ブラドンの後期のいくつかの小説では、連載出版の完全な詳細はまだ解明されていないが、これに対する研究は現在も続行中であり、それが明らかになった時点で、ブラドン作品連載出版に関する総合文献目録が、Victorian Fiction Research Guide series(Department of English, University of Queensland, Australia)の中の1冊として、Barbara Garlick教授監修の下で出版される予定である。

海外研究活動 【 表示 / 非表示

  • Rresearch on the English of authorship and publishing in the Victorian period.

    2011年04月
    -
    2011年09月

    イギリス   British Library

  • 19世紀のイギリス小説と出版産業

    2006年03月
    -
    2006年09月

    イギリス   ロンドン大学

 

現在担当している科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>