NAITO, Masako

写真a

Affiliation

Faculty of Letters, Arts and Sciences, School of Humanities and Social Sciences

Job title

Professor

Concurrent Post 【 display / non-display

  • Faculty of Letters, Arts and Sciences   Graduate School of Letters, Arts and Sciences

  • Faculty of International Research and Education   Graduate School of International Culture and Communication Studies

Degree 【 display / non-display

  • Waseda University   MA

  • 早稲田大学   修士

  • University of London   MPhil

  • ロンドン大学   MPhil

  • Waseda University   PhD (Literature)

display all >>

Professional Memberships 【 display / non-display

  •  
     
     

    日本文体論学会

  •  
     
     

    日本言語学会

  •  
     
     

    日本中国語学会

  •  
     
     

    日本中国学会

  •  
     
     

    早稲田大学中国文学会

 

Research Areas 【 display / non-display

  • Linguistics

Research Interests 【 display / non-display

  • syntax, semantics, Chinese linguistics

Papers 【 display / non-display

  • Chinese "jian" and Japanese "to miru"

    Bulletin of the Graduate Division of Letters, Arts and Sciencesof Waseda University   第61輯  2016.02

  • A Study on the Chinese Grammar as a Form of Thinking

    Studies in Stylistics   第61号  2015.03

  • The Parataxis in Chinese and Its View of Language

    Journal of Waseda University Study of Chinese Literature   第40期  2014.12

  • The Sinogram-based Chinese Grammar and Its Exploration of Discourse

    Journal of Waseda University Society of Chinese Literature   第38期  2012.12

  • The Formulas in the Sinogram-based Theory

    Journal of Waseda University Society of Chinese Literature   第37期  2011.12

display all >>

Books and Other Publications 【 display / non-display

  • 一から始める中国語練習

    内藤 正子

    白水社  1999.07

  • 中国語研究 ことばの性相

    内藤 正子

    白帝社  1997.03

  • The Theory of Saussure in China

    内藤 正子

    Saussure and Linguistics Today/Bulzoni Editore Roma  1995

  • 中国語の手紙

    内藤 正子, 張 乃方

    白水社  1989.03

Specific Research 【 display / non-display

  • R.モリソンとJ.マーシュマンの中国文法書に見られる言語学的な価値について

    1996  

     View Summary

     R.モリソンは、A Dictionary of the Chinese languageの著者としてよく知られているが、中国語の文法書としては、A Grammar of the Chinese Language(1815)やDialogues and Detached Sentences in the Chinese Language(1816)等がある。今回はこの中からA Grammar of the Chinese Languageを中心に、一方、J.マーシュマンについては Elements of Chinese Grammar(1814)を取り上げ、両者がどのように中国語文法を解明していったか、言語学的側面から分析を試みる。A Grammar of the Chinese Languageについては、以下の項目に分けて考える。 1.grammarという概念 2.文法範疇 3.品詞及びその下位分類 4.中国語例文の特徴 5.テキストとしての特徴 次に Elements of Chinese Grammarの方は以下の項目に分けて考察する。 1.grammarという概念 2.ラテン文典の応用 3.中国古典からの引用 4.他の言語との比較・対照 5.研究書としての特徴

Overseas Activities 【 display / non-display

  • 中間言語仮説と変異についての研究

    2001.04
    -
    2002.03

    イギリス   ケンブリッジ大学

 

Syllabus 【 display / non-display

display all >>